大岩鹿島監督、「支配率で押されても結果は支配した」
ベストイレブン




※一部要約

大岩剛鹿島アントラーズ監督が水原三星遠征試合で勝利したことについて、満足だという反応を見せた。
水原にボール支配率で押される試合をしたが、様々な要件を考慮して出した全体的な戦略は上手くいったと自評した。

ソ・ジョンウォン監督が率いる水原三星は21日、水原ワールドカップ競技場で行われた2018AFCチャンピオンズリーグH組2ラウンドのホーム鹿島アントラーズ戦に1-2で敗れた。
水原は前半8分と後半14分に鹿島のFW金崎に続けて失点して引きずられ、後半43分に炸裂したクリストバムの1ゴールに満足しなければならなかった。

試合後に大岩監督は「今日の試合で勝敗を決したのは最初のゴールだった。そのゴールを決めて機先を制したのが分岐点だった。全体的に選手が攻守に渡って熱心にプレーしてくれた」と勝因を指摘した。

水原のエース・デヤンを効果的に防いだ点について大岩監督は「攻撃的なとても良い選手を防ぐのは簡単ではなかった」と指摘し、「だが昌子源と植田直通らDFがよくやった。セカンドボールの状況になったとき上手く対処した」と封鎖の原動力を指摘した。

通常、日本クラブが韓国チームを相手にするときは支配率で優位を占めるが違う様相になったという反応に、大岩監督は余り気を使わないという姿勢を取った。
大岩監督は「水原の攻撃力が優れているうえに遠征試合だった。グラウンドコンディションも考えた」と語り、「何より結果に集中した。効果的にゴールを決めようとした。支配率は落ちたかもしれないが、試合は支配したと思う」と語った。

クォン・スンテが主戦GKの曽ヶ端に代わって遠征試合でゴールを守ったことに関しては「Kリーグ経験があるから意図的に先発で送り出したのではない。GKだけでなく全ポジションで激しい競争をしていて、曽ヶ端とクォン・スンテも同じだ。どの選手が出ても信頼している」と語った。

一方、記者会見に同席した鹿島勝利の主役である金崎は、次のこのような結果を出すという抱負を明かした。
金崎は「遠征試合だが勝ち点3が目標だった。前の試合では引き分けたが、今日の試合はどうしても勝ちたかった。まだチームがすべき課題は多い。これからも良い結果を出せるようにする」と語った。



[ACL] 蔚山キム・ドフン監督「ホームで勢いを維持する」
スターニュース




※一部要約

蔚山現代のキム・ドフン監督がホームでの勝利を誓った。

キム・ドフン監督は19日、ACLグループリーグ2次戦の川崎フロンターレとの試合を前日にした事前記者会見に参加した。

蔚山は13日に行われたメルボルン・ヴィクトリーとの1次戦遠征で3-3の引き分けをおさめた。
今はホームで初勝利を狙っている。
蔚山は20日午後7時、蔚山文殊競技場で川崎と2018AFCチャンピオンズリーグF組2次戦を行う。


─試合前の所感は。

ホームでのACL初戦を行う。
最初のオーストラリア遠征では競技力や結果が目標に達することができなかったが、最初の試合であることを考慮すれば悪くなかった。
ホームでその勢いを維持する。


─オーストラリア遠征では守備で問題を露呈したが。

先制ゴールの雰囲気を維持したかったが、すぐに失点してそうはできなかった。
試合後に選手と、得点後に慌てず自分たちのペースを維持しようと語った。



韓国で再起を始動の邦本…「日本のメッシと呼ばれたい」
慶南道民日報




※一部要約

EPLのマンチェスター・ユナイテッドで13年間プレーし、昨シーズンにエバートンFCに復帰したストライカーのウェイン・ルーニーになぞらえて"クーニー"という愛称で呼ばれている邦本宜裕。
だが彼は"メッシ"と呼ばれることを望んでいる。
「私が目標にしているのはメッシ」として、「メッシも左利きで、私も左利きだ。私が目標にしてるのはメッシなので、メッシと呼ばたい」と語った。

9日、南海キャンプ中の邦本に会ってキム・ヒョヌンの通訳でインタビューをした。
2人はアビスパ福岡で1年間同じ釜の飯を食べた経験がある。


─自分のプレースタイルは?

ボールキープと管理を上手くすることが一番の長所だと思っている。
2人、3人来ても慌てずにボールキープやかわしたりする。
プレスが激しくてもパスや連携をしてプレーすることが私が最も得意としていることだ。


─去年も慶南に来て練習し、チームに合流して2ヶ月近く経ったが、経験してみてどうか?

去年は練習生だったので深く考えなかったが、チーム員になったら先輩もすごくよくしてくれてチームの雰囲気も良い。
このチームをよく選んだみたいだ。



アジア舞台に帰ってきた全北、柏ジンクスも越える
OSEN




※一部要約

アジアの頂点奪還を夢見る全北のジンクスは過去の記憶でしかなかった。
全北が柏戦の劇的な逆転勝ちでアジア舞台の復帰を知らせた。

チェ・ガンヒ監督が率いる全北現代は13日、全州ワールドカップ競技場で行われた日本の柏レイソルとの2018ACLグループリーグ1次戦で、前半に2ゴールを許したが後半のダッコン(※黙って攻撃)により3-2で逆転勝ちした。

全北はこの日の前まで柏を相手に歴代戦績1分け5敗、6試合連続無勝で振るわなかった。
Kリーグとアジア舞台を号令した全北だが、唯一柏を相手には試合が上手く解けなかった。





シーズン前に最強の戦力構築に成功した全北は、今シーズンにアジア舞台の頂点奪還を夢見ている。
全北は自身を苦しめてきた"柏ジンクス"まで乗り越え、頂点奪還のための旅程を始めた。



[ACL記者会見] "友情は友情、勝負は勝負"チョ・ソンファン監督、「Kリーグ1の準優勝チームらしく臨む」
スポータルコリア




※一部要約

ホイッスルが鳴ればもはや友情はない。
済州ユナイテッドのチョ・ソンファン監督がセレッソ大阪ユン・ジョンファン監督との譲れない勝負を予告した。

済州は2月14日、Jリーグ日王杯優勝チームのセレッソ大阪と2018AFCチャンピオンズリーグのグループリーグG組初戦を行う。

セレッソを率いる指令塔はユン・ジョンファン監督である。
かつて済州の前身である富川SKでチョ・ソンファン監督と同じ釜の飯を食べた仲だが、友情は友情で勝負は勝負だ。

チョ・ソンファン監督は記者会見でユン・ジョンファン監督の業績を尊重しつつも、勝利への熱望を隠さなかった。

まずチョ・ソンファン監督は「ユン・ジョンファン監督、セレッソ選手団、日本メディアの皆さんに感謝を伝えたい。済州島に来たことを歓迎する。試合の前にセレッソには3大会の優勝をお祝いする言葉を話したい」と祝福のメッセージを伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング