牙山ムグンファ「来年のKリーグ参加は決まってない」協議で訂正
STNスポーツ




※一部要約

牙山ムグンファが13日、訂正報道資料を通じて「牙山市の動きにクラブが拡大解釈した結果、2019シーズンのリーグ参加および2020シーズンの市民クラブ創立の有無に関して、決まっていることはない」として、「クラブの慎重ではない判断によって、リーグ参加および市民クラブ創立を長らく待って下さっていた牙山ムグンファプロサッカー団のファンと、牙山市民に正確な事実関係を伝えられなかった点に深く謝罪を申し上げる」と伝えた。

牙山は12日、報道資料を配布して、来シーズンのKリーグ参加と2020シーズンの市民クラブ創立の可能性を伝えていた。

牙山は「12月20日までに市民クラブへの転換を確定させた場合、プロサッカー連盟が来年のKリーグ2参加の機会の付与と、14人の選手が所属選手として残れるように協力するだろう」と各提案を明かしていた。

だが確定ではなく協議中の事案に訂正し、「牙山は2019Kリーグ2参加の有無などを総合的に検討し、早い期間内に正確な事実関係を伝えられるよう最善の努力をする」と語った。



[Kリーグ決算①] "157万"有料観客最高値、Kリーグは"進化"している
InterFootball




※一部要約

ぱっと目には見られないが、確実にKリーグは進化している。
今年はKリーグ1・2を合わせて合計157万人の有料観客が入場して最近6年間で最高値を記録し、VARの全面施行、統合マーチャンダイジング事業、Kリーグデータポータル、Kリーググラウンド公認制、八百長根絶など、多様な努力によってKリーグはゆっくりとだが少しずつ進化していた。

韓国プロサッカー連盟は11日午後1時30分、サッカー会館で12月2週目のKリーグ週間ブリーフィングを通じて、2018年のKリーグを決算する時間を取った。
全北現代の優勝で幕を下ろしたKリーグ1では様々な記録が溢れ、Kリーグが継続して発展しているということを証明した。

特に注目すべきは、Kリーグの有料観客だ。
連盟は今年から無料チケットの根絶、有料観客の拡大を通じてクラブの財政健全化に貢献するため、全体観客ではなく有料観客だけを公式発表している。
そのような状況で、2018年だけでKリーグ1・2を合わせて合計1570585人の有料観客が入場し、最近6年間で最高値を記録した。

これまでKリーグは"彼らだけのリーグ"という嘲弄を受け、観客がずっと減少しているという話が多かったが、実情は違った。
最近6年間で最も多くの観客が訪れた2013年と比較したとき、当時は合計228万人の観客がKリーグを訪れたが、有料観客は約141万人に過ぎなくて、2016年も有料観客は151万人だった。
それと比較したとき、今年は約157万人の有料観客が訪れて、憂慮とは異なり有料観客が増加していることを証明した。



"イ・サンホ飲酒運転"FCソウル謝罪「大きな責任を感じる」
デイリアン




※一部要約

飲酒運転をして摘発され、懲役刑の執行猶予を宣告されたイ・サンホの所属チームFCソウルが公式謝罪した。

イ・サンホは9月に泥酔状態で運転中、警察の取り締まりで摘発され、それをクラブと連盟に知らせていなかったが、最近に裁判所の有罪判決で当該の事実が把握された。

これについて韓国プロサッカー連盟は飲酒運転で裁判所から有罪判決を宣告されたイ・サンホに対し、賞罰委員会の開催を通じた懲戒の前に、Kリーグ公式戦出場を60日間禁じる活動停止措置を下した。

事態の深刻性を認識したFCソウルもすぐに謝罪した。

ソウルはクラブ公式チャンネルで「12月6日午後5時頃、報道機関の取材陣の問い合わせ電話で、初めてイ・サンホ選手の飲酒運転の内容に接した」として、「その後、選手に関連の内容が事実であることを確認し、規定によって即刻韓国プロサッカー連盟への報告措置を進めた」と明かした。

続けて「7日に選手との面談はもちろん、様々なチャンネルを通じてより詳細な事実関係を把握した。FCソウルは今回の事案の深刻性を考慮し、これに適当な懲戒の手続きを進行中である」と伝えた。

それとともにソウルは「理由の如何を問わず所属選手の過ちについて大きな責任を感じる。また、これによって心を痛めたファンの皆様に心から謝罪の言葉を申し上げる」として、「今後このようなことが再発しないよう最善の努力を尽くす」



[K-現場メモ] 上岩の遠征席に集結した"連合軍"、ソウル残留に冷水を浴びせる雰囲気
InterFootball

181209161548803.jpg


※一部要約

ソウルワールドカップ競技場の遠征席が色とりどりのユニフォームで染まった。
釜山サポーターズだけでなく、FCソウルのライバル水原、全北、安養など様々なチームのファンが"ソウル降格"を叫んだが、ソウルはこれみよがしに残留に成功した。

FCソウルは9日午後2時10分、ソウルワールドカップ競技場で行われた釜山アイパークとのKEBハナ銀行Kリーグ昇降プレーオフ2018・2次戦のホーム試合で、パク・チュヨンの劇場ゴールによって1-1の引き分けをおさめた。
6日に釜山で行われた1次戦に3-1で勝利をおさめていたソウルは、合計1勝1分けでKリーグ1残留を確定させた。

1次戦の釜山九徳総合運動場には釜山のユニフォームを着たファンだけでなく、全北や水原、慶南など様々なユニフォームを着たサッカーファンが捉えられた。
ソウルに友好的な感情を持ってないクラブたちだった。


181209161548803a.jpg

181209161548803b.jpg



Jリーグ、ハン・スンギュよ来い…4チームが貪欲な目つき、スペインも関心
スポTVニュース




※一部要約

2018シーズンKリーグのヤングプレーヤー賞を受けたMFハン・スンギュ(22、蔚山現代)が、日本Jリーグの関心を集めている。
欧州リーグランキング1位に上がっているスペイン・ラ・リーガのクラブもハン・スンギュ獲得を検討している。

サッカー界の移籍市場に詳しい関係者は、2018シーズンに輝かしい活躍を繰り広げたハン・スンギュが、2019シーズンを準備するJ1リーグクラブの関心を集めていると伝えた。
J1リーグの中位圏3~4チームがハン・スンギュ獲得のために動きを見せている。

2017年に蔚山に入団したハン・スンギュは5年契約を結んでいる。
まだ蔚山と契約が3年残っている。
J1リーグのチームはハン・スンギュ獲得のために移籍金を支払う意向があることがわかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング