[写真] ムゴシャ-チェ・キュベック、"一触触発"
OSEN




※一部要約

仁川と済州が引き分けに終わり、降格圏脱出に失敗した。

仁川と済州は18日、仁川サッカー専用競技場で行われたKリーグ1・2019の26ラウンドの対決で0-0の引き分けを記録した。
勝利をおさめれば降格圏脱出の機会があった仁川と済州は、仲良く勝ち点1ずつを追加した。

仁川は4勝7分け15敗の勝ち点19で慶南と同率になったが、多得点で押されて順位の反騰に失敗した。
済州は勝ち点を追加したが3勝9分け14敗の勝ち点18で最下位に留まった。

後半終盤、仁川のムゴシャと済州のチェ・キュベックが神経戦を繰り広げている。




[フォト] チェ・キュベック、惜しい挨拶
日刊スポーツ




※一部要約

試合後、チェ・キュベックら選手がファンに挨拶している。



「仁川で私はブーイングを受ける存在だったのか」…目頭を赤くしたナム・ジュンジェ
マイデイリー




※一部要約

トレードで済州ユナイテッドのユニフォームを着て、実家チームの仁川ユナイテッドを訪れたナム・ジュンジェが、仁川ファンの冷ややかなブーイングを受けた。
試合後に目頭を赤くしたナム・ジュンジェは、深い溜め息を吐き出して頭を下げた。

降格圏で争っている仁川と済州は18日午後7時、仁川サッカー専用競技場で行われたKリーグ1・2019の26ラウンドで、得点なしで0-0の引き分けを記録した。
"勝ち点6"試合で両チームは勝ち点1ずつを取るのに留まった。

これで11位の仁川は勝ち点19になり、12位の済州は勝ち点18になった。

熱かった試合と同じくらい関心を集めたのは、夏の移籍市場でトレードによって運命が変わった二人の選手だった。
ナム・ジュンジェが仁川から済州に、キム・ホナムが済州から仁川にそれぞれユニフォームを着替えた。

ナム・ジュンジェとキム・ホナムがどちらも去る過程で寂しさを吐露して論難となり、移籍後のインタビューで仁川を相手に自分のトレードマークであるレゴラスセレモニーをすると言って仁川ファンの怒りを買ったナム・ジュンジェは、試合中ずっとブーイングを受けた。

仁川サポーターズは試合中、ナム・ジュンジェがボールを持つたびにブーイングを浴びせた。
そして"夜逃げ"という垂れ幕をかけてナム・ジュンジェを非難した。
ナム・ジュンジェは試合後に仁川を象徴する青色のチョッキをわざわざ着て、サポーター席に歩いていって挨拶までしたが、ファンの反応は冷ややかだった。






"134日ぶりの勝利"慶南、城南撃破 [GOAL LIVE]
ゴールドットコム




※一部要約

慶南FCが21試合ぶりに勝利の報せを伝え、長い不振から脱出した。
134日ぶりの勝利だった。

慶南は10日、昌原サッカーセンターで行われたKリーグ1・2019の城南FCとの25ラウンドの対決で、キム・ヒョギのマルチゴールに力づけられ2-0で勝利した。
慶南は21試合ぶりに勝ち、城南の4連勝の挑戦を阻止した。

試合前、ホームの慶南は10分け10敗で20試合勝利がなく、何よりも勝利が切実だった。

リードをしっかり守った慶南は城南に勝利し、蒸し暑い中で競技場を訪れた3683人のホームのファンにスッキリするゴールと勝利で報いた。






江原地方自治体が日本とのスポーツ・文化・青少年交流を相次いで中断
NEWSIS




※一部要約

江原地方自治体が日本の韓国輸出規制強化に反発し、スポーツ・文化・青少年交流の中断を相次いで宣言している。

8日、江陵市によると、16~18日に江陵カーリングセンターで行われる韓中日女子カーリング親善大会は、日本なしで韓中大会として行われる。

江陵市が最近の韓日葛藤の事態を反映し、日本の1チームを招待しないと決めたためである。

原州文化財団は9月3~8日に行われる2019原州ダイナミックダンシングカーニバルに招待予定だった日本の6つの公演チームの公演日程をすべて取り消した。

江原道教育庁は今月に日本大阪で行われる国際科学祝典と、学生交流25人の10月の日本訪問、日本鳥取県との交流事業をすべて取り消した。

それだけでなく、教職員の国外研修の対象国を日本からオーストラリアとシンガポールに変更した。

学校でも日本との交流を全面的に取り消した。

19の学校が日本研修を取り消したり、延期した。

地方自治体の関係者は「日本との葛藤がさらに激しくなると思う」として、「地方自治体のこのような決定は、民間団体にまで拡大するとみられる」と語った。



歴史の中に消えた警察サッカーチーム…牙山サッカーの明日は?
スポーツ東亜




※一部要約

"警察サッカーチーム"牙山ムグンファが歴史の中に消えた。

パク・ドンヒョク監督が率いる牙山は4日、イ・スンシン総合運動場で行われた釜山アイパークとのKリーグ2・2019の22ラウンドホーム試合(0-1負け)で、警察チームとしての終わりを告げた。

義務警察制度が廃止され、チーム運営の基本である"選手需給"が不可能になった状況で牙山は今シーズンのリーグ参加が不透明な状況だったが、クラブ解体は傘下ユースの大会出場不可に繋がりかねないという点を挙げて世論の説得に乗り出し、既存のプロ選手を編入させてシーズンに参加することができた。

牙山は40人余り(警察の14人を含む)でチームを設けてきたが、12人が12日に転役を控えている。
残りの義務警察はイ・ミョンジュとチュ・セジョンの2人だけだが、彼らも9月には身分が変わる。
警察の選手は普段、内務生活をして訓練も受け、試合のスケジュールによってチームに合流する"二軒"生活をしてきた。
牙山が今回の釜山戦を"警察サッカー団の公式お別れ試合"と早くから釘を差していた理由である。

もう牙山は残りの30人余りでチームを運営しなければならない。
豊かではないが残りのシーズンの消化は不可能ではない。
本当の問題は、選択の瞬間も訪れたという点だ。
2020年にもリーグに続けて参加するには、市民クラブ転換が必須である。
それ以外は解体しかない。

韓国プロサッカー連盟は2020年度の参加チーム構成のため、「9月末までにプロチーム転換について答えてほしい」と牙山に伝えた状態だ。
これに対して牙山側は「もう少し待ってほしい」という立場だが、時間が解決できる問題ではない。

サッカー界は警察サッカーチームとは別に、牙山サッカーの存続を望んでいる。
だが異常な構造でプロリーグに参加することも望んでいない。
果たして牙山サッカーの明日はどうなるのか。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング