35歳、闘魂のイ・グノ「毎瞬間を最後という覚悟で」
スポーツ朝鮮




※一部要約

正月連休を控えた22日、"蔚山の精神的支柱"イ・グノは大邸のあるトレーニングセンターで、リハビリの真っ最中だった。

蔚山の同僚がタイ・チェンマイの冬季キャンプで玉の汗を流しているしているそのとき、イ・グノもやはり同僚と同じ気持ちで熾烈に新シーズンを準備していた。

2005年Kリーグに入団し、海千山千をすべて経験したプロ16年目のベテランであるイ・グノにとっても、昨年は忘れられない一年である。
キャプテンとしてシーズン最終日まで、"14年ぶりの優勝"の目標だけを見据えて走った。
2013年に蔚山でアジアチャンピオンズリーグ優勝の歴史を記した"レジェンド"、蔚山で選手生活のフィナーレを美しく飾る覚悟で戻ってきた彼にとっても、リーグ優勝は切実な夢だった。

2018年にロシアワールドカップの解説委員として活躍した後、6年半ぶりに蔚山のユニフォームを再び着たイ・グノは、初年度の2018年に22試合で4ゴールを記録した。
蔚山はリーグ3位になった。
昨シーズンは18試合で2ゴール5アシストを記録した。
1位の全北と同じ勝ち点、1ゴール差で準優勝を記録した。
いつまでも惜しい昨シーズンの話を切り出そうとすると、イ・グノはクールに答えた。
「振り払わないといけません。もうすべて振り払いました」



[単独] "腹ペコ"全北、"多用途カード"ナ・サンホまで抱える
スポーツ東亜




※一部要約

Kリーグ1の4連覇とアジアの頂点へ向けた全北現代の戦力補強は続く。
今度は代表MFナ・サンホを抱えた。

Kリーグの移籍市場に詳しい複数の関係者は23日、「全北がナ・サンホと一緒にする。日本Jリーグの東京から1年レンタルの形式で同行するとみられる」と耳打ちした。

U-23のキム・ハクボム号の一員として2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを首にかけたナ・サンホは、代表のパウロ・ベント監督が大切にしている資源だ。
2018年11月のオーストラリアとの評価試合でAマッチデビューした彼は、着実に姿を見せている。

全北のジョゼ・モライス監督も、多用途攻撃カードとして活用できるナ・サンホをずっと注視してきた。
同じ国籍のベント監督の推薦に従った可能性も排除できない。
最近、ブラジルウインガーのロペスを中国スーパーリーグの上海上港に移籍させることになった空白を、全北は忠実に埋めて2020シーズンを備えている。



全北現代ロペスが70億で上海上港移籍、発表だけ残す
スポーツ朝鮮




※一部要約

全北は4年間ともにしてきたロペスを送り、新外国人FWを獲得することにした。
ロペスの売却による移籍金収入を、新FW獲得に投資するのだ。
全北はロペスを上海上港に送り、移籍金600万ドル(推定)の収入が発生する。
我が国の金額で約70億ウォンに達する巨額である。
近いうちに全北と上海の両クラブが細部条件を済ませ、サイン後に発表する予定だ。

全北は最近のKリーグで最高の成績を上げつつも、毎シーズンチームの核心選手を売り、その金で再投資している。
代表FWキム・シヌク、DFキム・ミンジェ、MFキム・ボギョンらを売った。
キム・シヌクを昨夏中国の上海申花に送り、70億ウォン以上を稼いだ。
キム・ミンジェは去年はじめに北京国安へ移籍させ、巨額の移籍金が発生した。
キム・ボギョンは2017年夏に日本の柏レイソルに行き、今月はじめに再獲得した。

国内屈指のエージェントは「ロペスは新たなモチベーションを見つけた。巨額年俸のオファーを受けた。全北も上海上港の巨額移籍金のオファーを拒否するのは難しかっただろう」と語った。
ロペスは去年のKリーグ最高年俸選手で、16億5210万ウォンを受けていた。
上海上港では年俸が2倍以上に上る見通しである。

全北はロペス移籍の空白を埋めるため、代替選手を探しているところだ。
2月12日のアジアチャンピオンズリーグGL初戦(横浜マリノス)を控え、時間は残っている。
上海上港が28日にACLプレーオフに勝利すれば、全北と同組で対決を繰り広げることになる。



"新たな挑戦"邦本、「最も印象的な選手はキム・ジンス-イ・ドングとの呼吸を努力している」
OSEN




※一部要約

緑色のユニフォームを着た邦本が頂点のための挑戦を始めた。

全北に新たに入団した邦本はおとなしい性格だ。
プレースタイルとは違い普段あまり話さない寡黙な性格の選手である。

だが慶南で2シーズン過ごした邦本は、Kリーグ最高の左足の選手の1人だった。
惜しい慶南生活を後にして、新たな挑戦のためにチームを移した。
Kリーグとアジア制覇に挑戦する全北に入った。

全北が邦本にかける期待は大きい。
昨シーズンにアジアクォーターでプレーしたイビニとは完全に異なる評価を受けている。
すでにKリーグで自分の長所を証明した邦本は、新たな挑戦について静かだが大きな期待をあらわした。

スペイン・マルベリャで行われている全北のキャンプで会った邦本は、静かに部屋で休んでいた。
19日、全北は2回目の休日を迎えた。
もちろん外に出ていった選手もあまりいなかったが、邦本は特に日程を決めずに部屋で休んでいた。



[オフィシャル] チョ・ヒョヌ、大邸を去って蔚山で新たな出発
スポーツ京郷




※一部要約

代表GKチョ・ヒョヌが蔚山現代に新たな巣を作った。

年末からの4週間の基礎軍事訓練を終えたチョ・ヒョヌは20日、蔚山との契約書にサインして新たな出発を伝えた。
大邸FCのゴールを守ってきたチョ・ヒョヌは、昨シーズンが終わってFA資格を得た。
海外移籍を試みたが上手く行かない状況で、昨シーズン後にキム・スンギュがJリーグに戻った蔚山が強力なラブコールを送った。

チョ・ヒョヌは2013年に大邸でプロの舞台にデビューした後、7シーズン大邸だけでプレーし、Kリーグで210試合(259失点)に出場した。
2015年と2016年にはKリーグチャレンジ(現Kリーグ2)で、2017~2019年にはKリーグ1でベストイレブンに選ばれ、5年連続でリーグ最高のGKと認められた。

チョ・ヒョヌは2017年11月に行われたセルビアとの親善試合を皮切りに、Aマッチ16試合(14失点)で代表のGKを守った。
チョ・ヒョヌは2018年のロシアワールドカップではGL3試合にすべて出場した。
特にドイツとのGL最終戦では輝かしい好セーブで2-0、無失点勝利に貢献した。
ジャカルタ・パレンバンアジア大会でもワイルドカードとして出場し、金メダル獲得に力を加えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング