[インタビュー] "Kリーグデビューゴール"阿部拓馬「韓国生活に満足…サムギョプサル、サムゲタン最高
スポーツソウル




※一部要約

荒いあごひげを生やしてグラウンドを走る姿を見たとき、"男らしい男"のように感じた。
だが近くに立つとまったく感じが違った。
柔らかい言葉一つ、内気な笑みを浮かべて美少年のような雰囲気を漂わせていた。

韓国生活2ヶ月目の蔚山現代の日本人アタッカー阿部拓馬は21日、蔚山のクラブハウスで行ったスポーツソウルとのインタビューで「韓国料理の中ではサムギョプサル、サムゲタンが一番好き」として、妻や9ヶ月の娘と満足な生活をしていると笑った。
阿部は前日、蔚山文殊競技場で行われた大邸FCとのKリーグクラシック30ラウンドで、韓国舞台でのタビューゴールを打ち上げた。
チームが2-1でリードしていた後半12分、イ・ヨンジェのパスを受け、ペナルティボックス正面からミサイルのようなミドルシュートでゴールを決めた。
蔚山は終盤に1ゴールを許して3-2で勝ったが、拓馬の一発が決勝ゴールになった。
Kリーグ8試合目で出た初得点。
彼は「イ・ヨンジェがパスを上手くしてくれた。私がボールを持ったとき、同僚が動いてくれてサイドに(相手の守備が)集中し、中央が空いていた。すぐに左足シュートを試みた」として、「日本でも韓国でもゴールはいつも嬉しい」と言った。

1987年生まれの彼は、数え年で30を過ぎた。
夏の移籍市場で突然韓国行きを決心したのは、新たな環境での挑戦に対する渇望だった。
2010年にJ2リーグの東京ヴェルディでプロデビューした阿部は、2013~2014年にドイツ・ブンデスリーガ2部のアーレンでプレーしたことがある。
2015年にヴァンフォーレ甲府を通じてJリーグに復帰した後、去年からFC東京でプレーしていた。
プロデビュー所期の東京ヴェルディ時代に、1シーズンで18ゴール決めたことがあるが、その後は二桁得点がなかった。
今シーズンのJリーグ10試合でも1ゴールも決めておらず、カップ大会だけで3ゴールを記録していた。
自ら変化を夢見ていた。



全北にかかった急ブレーキ…彼らは勝ち抜けることができるだろうか?
ベストイレブン

20170921073748756.jpg


※一部要約

上手くいっていた全北現代に急ブレーキがかかった。
単に1試合に敗れたためのブレーキではない。
優勝レースに赤信号がつき、常勝疾走していた新鋭は致命的なミスで頭を下げてしまった。
弱り目に祟り目で、チェ・ガンヒ監督が自身の将来を暗示するような発言を残した。
本当に急ブレーキだ。

全北は前日の20日、全州ワールドカップ競技場で行われたKリーグクラシック2017の30ラウンドの尚州尚武戦に1-2で敗れた。
全北はチョン・ヒョクが前半32分にFKで先制ゴールを記録したが、後半15分と追加時間に尚州に1ゴールずつ許して1-2の逆転負けを喫した。

まず全北に迫った悪材料はキム・ミンジェの退場である。
今シーズンのKリーグはもちろん、韓国サッカー全体を合わせても手を挙げられるほどの活躍をしているキム・ミンジェは、尚州戦で前半22分と前半39分に続けてイエローカードを受けて退場した。
プロ通算初の退場だった。
キム・ミンジェはすでに最初の警告を受けていたにもかかわらず、無理なプレーで2回目の警告まで受けてチームに大きな悪影響を及ぼした。


20170921073748756a.jpg



チョ・ヨンチョル転役…蔚山キム・ドフン号"千軍万馬"になって戻ってきた
スポーツソウル




※一部要約

チョ・ヨンチョルが尚州尚武で軍服務を終えて蔚山現代に復帰した。

チョ・ヨンチョルは13日、蔚山のクラブハウスに復帰、KリーグクラシックとFAカップの同時優勝を狙っているチームの千軍万馬になって戻ってきた。
ただでさえスボティッチの他にこれといったワントップがいなかったキム・ドフン監督としては、チョ・ヨンチョルの加勢でさらに多彩な攻撃戦術を構想できるようになった。
主力FWであるイ・ジョンホやオルシャらと、どのようなシナジーを出すのかが関心事である。

チョ・ヨンチョルはJリーグの横浜FC、アルビレックス新潟、大宮アルディージャを経てカタールSCで活躍し、2015年7月に故郷のチームでる蔚山に入団した。
その年のシーズン直後に尚州に入団した後、2シーズンで42試合5ゴールを記録した。

チョ・ヨンチョルは「尚州で軍服務をしながら良い経験を多くした。早く転役して蔚山で助けとなり、ファンに愛される選手になりたいという気持ちが大きかった」と語った。
それと同時に「尚州でも蔚山の試合をほとんどチェックしていた。チームが追求しているスタイルや、所属選手がどんな心構えでプレーしているのかよくわかっている。そういう姿に感銘した。私も早くチームに適応し、一員となって手助けしたい」と語った。



イラン戦の運営に対するKリーグ監督の名残
ベストイレブン




※一部要約

イラン戦は韓国サッカーの9回連続ワールドカップ本戦進出を目の前で逃した残念な一戦だった。
それに対する名残はプロサッカー現場の一線にいる監督も禁じ得なかった。

シン・テヨン監督が率いる韓国サッカー代表は先月31日、ソウルワールドカップ競技場で行われるた2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選9次戦で、イランと0-0の引き分けをおさめた。
これで韓国は勝ち点1を追加して2位の席を維持したが、最終戦のウズベキスタン戦の結果によって、ワールドカップ本戦行きが決まる状況に置かれた。

イラン戦は韓国にとって非常に残念な結果だった。
後半5分にエザトラヒが退場して早い時間から数的優位を占め、残りの40分でどう試合を運営するかによって勝利を手にすることができた。
だがシン監督は多少遅い時間に交代カードを出すなどの消極的な戦術運用で、ゴールを決めて勝っていれば9回連続本戦行きを確定できる絶好の機会を逃した。

そうした惜しさは現場のKリーグ監督も感じていた。
2日、Kリーグの試合が行われた現場で会ったA監督は「その日の精神力は良かった。だが勝とうとする意欲がけが先んじていた。相手に寄せるばかりで、何をするかもわかってないようだった。代表選手ならそういうものを作り出さなければならない」と名残に言及した。

続けてA監督は「私たちは試合運営で惜しさを見せた。選手交代も同様だ。イ・ドングはあまりにも遅く投入されたし、(※長身FWの)キム・シンウクを入れるなら、クロスの優れたヨム・ギフンの投入も考えるべきだった。キム・ボギョンのような優秀な資源も使わなかったのが残念だ。負けても攻勢をかけるべきだった。退場後にイランが密集守備をするのは当然だった。だがそれを突き破らないと勝てない。90分をめぐって(戦略を)立てなければならなかったが、ゴールを急いで試合が解けなかった」と韓国が足りなかった点を説明した。

B監督もやはりイラン戦の結果が残念のなのは同じだった。
彼は「選手は意欲が溢れていたが、良い試合ができなくて残念だ。あまり自信がなかった。できる選手が多かったし、経験豊富なク・ジャチョルのような選手が試合を調整するべきだった。ソン・フンミンも中間でキープレーヤーの役割をしてほしかったが、それができずに残念な試合になった」と語った。



江原FCが平昌を去る…新ホームスタジアムが春川で確定
聯合ニュース




※一部要約

Kリーグクラシックの江原FCが来年から春川松岩スポーツタウン主競技場を新たなホームスタジアムに使用することにした。

春川市の関係者は22日、電話通話で「江原FCと新ホームスタジアムの活用に関する協議を終えた」として、「まずは来シーズンから松岩総合運動場で江原FCがホーム試合を行うことに確定した」と明かした。

この関係者は「現在、松岩総合運動場の施設は、Kリーグ競技場をするのに問題ない。照明施設も完備していて夜間競技も開催できる」と語った。

江原はKリーグクラシックに昇格する前だった昨シーズンまで、江陵総合運動場でホーム試合を行なっていたが、昨シーズン後に江陵市が競技場の使用を拒否し、平昌アルペンシアスキージャンピングセンターを改築して新ホームスタジアムとして活用した。

だが平昌アルペンシア競技場は、2018平昌冬季オリンピックでスキージャンプ種目が行われ、再びホームスタジアムを探さなければならなくなった。

江原は選手団クラブハウスがある江陵と、首都圏が近い原州市らと協議を続け、春川に方向を定めた。

江原は春川市にホームスタジアム使用案を提案し、20億ウォンの支援金も求めたことがわかった。
だが協議の過程で要求金額が全額貫徹されることがなかった。

関係者は「道内に20億ォン規模の支援金を与えられる市は多くないだろう」と明かした。

江原FCは大規模支援金の確保には失敗したが、春川にホームスタジアムを移転して観客動員とマーケティングでかなりの効果を得ると予想している。

江原は平昌をホームに使用し、首都圏との距離や交通の問題で観客誘致に失敗していた。

今シーズン前半期の平均有料観客で1335人を記録し、12クラブの中で最下位を記録した。

だが各種公共交通機関が完備されている春川にホームを移し、観客動員で息を吹き返す見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング