[SPOイシュー] ファン・インボムのドイツ行き?「公式な交渉はない。無資格の代理人が乱立」
スポTVニュース




※一部要約

「ファン・インボム選手のエージェントは一体何人なんですか?」

代表MFファン・インボム(22、大田シチズン)のドイツ進出説が提起されている。
ファン・インボムは入隊前から見込みがあり、ヨーロッパクラブの注目を浴びていた。
だが肝心なファン・インボムの移籍交渉の権利を持つ当事者は、事実無根という立場である。

2015年に大田シチズンで、誕生日基準で満18歳の年齢でデビューし、クラブ最年少デビューゴールの記録を打ち立てて頭角を現したファン・インボムが、Kリーグに4年残っている理由は兵役だった。
ファン・インボムは2017年に義務警察として牙山ムグンファに入団した。

2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会の金メダルでヨーロッパ行きの障害物がなくなり、ヨーロッパ進出への期待感が高まっている。

最近、大田シチズンとイ・ヨンジュン代表は、ドイツの数クラブからファン・インボムの移籍金について問い合わせを受けたと語った。
様々なエージェントがクラブを訪れ、ファン・インボムの獲得はどうかというオファーをしたということだ。
ファン・インボムのエージェントは一体何人なのかという言葉まで聞いた。

ファン・インボムの移籍が実現するには、まず大田シチズンに公式オファーをしなければならない。
その過程で、ファン・インボムの個人交渉権はイヴァンスポーツにある。



韓国プロサッカー連盟、八百長拒絶のイ・ハンセムに7000万ウォンの褒章
OSEN




※一部要約

韓国プロサッカー連盟が八百長の提案を果敢に退けた牙山ムグンファのイ・ハンセムに7000万ウォンの褒賞金を支給することを決定、17日にサッカー会館5階の連盟会議室で褒賞金授与式を行ったことを明かした。

イ・ハンセムは先月21日、試合に関して不正行為をしてほしいという前職サッカー選手チャン・ハクヨンの提案を断固として断り、それをすぐクラブに伝えて、持ちかけた人間が検挙されることに大きく貢献した。

連盟はイ・ハンセムが連盟の不正防止教育マニュアルによって模範的な対処をしたとして、良い前例を残して今後のKリーグの試合で、関連の不正行為が足を入れることができないという警戒心を植え付けた点などを高く評価した。
これに対して連盟の賞罰規定により、イ・ハンセムに7000万ウォンの褒賞金を支給することに決めた。

連盟の賞罰規定の褒章基準によると、不正行為および不法行為の申告者には1000万ウォン以上1億ウォン以下の褒賞金を支給できる。
この日の授与式にや、連盟のクォン・オガプ総裁が参加してイ・ハンセムへの褒章を行った。

イ・ハンセムは「いつも連盟とクラブが主管する不正防止教育を忠実に履行していた。私だけでなく、Kリーグ選手の誰もが私のように行動していただろう。私や同僚、そしてファンの舞台であるKリーグが不正行為で汚染されることは今後も決してない」という所感を明かした。



警察庁「選手の補充計画はない」…確固たる意志を通達
スポーツ東亜

181016171740602.jpg


※一部要約

警察庁が義務警察の補充計画にスポーツ選手を入れる意志がないという点を明確にした。
そうした内容をKリーグ2の牙山ムグンファプロサッカー団へ12日に公文書で通達し、KBO(韓国野球委員会)にも同内容の公文書が15日に着いたことがわかった。
15日午後に韓国プロサッカー連盟とKBOの関係者がソウル地方警察庁を直接訪問したが、変わることはなかった。

プロサッカー連盟の関係者は16日、「警察庁を直接訪問したが、結果的に成果はなかった。KBOと一緒に"一部でも良いので選手を義務警察に追加選抜できるよう手助けして欲しい"という原則的な話だけをして帰ってきた」と雰囲気を伝えた。
続けて「まだ時間があるので、続けて警察庁に助けを要請するつもり」と付け加えた。

KBOよりプロサッカー連盟のほうが至急である。
軍警チームの牙山ムグンファは、来年のKリーグ1に直で昇格する資格が与えられるリーグ1位を走っている。
牙山は今年のKリーグ2で優勝しても、現状では来年のチームに残留する選手が14人しかおらず、正常なリーグ参加が不可能である。
牙山市が新たにプロチームを創立しても、規定上はKリーグ1ではなくKリーグ2で再出発することになる。

また、牙山ムグンファがなくなれば、Kリーグで活躍する選手が選手生活を続けながら兵役義務を済ませられる方法が減る。
選手生活において、2年の空白を体験する20代初中盤の選手が多数出てくると予想され、キャリア断絶の問題が発生する。
サッカー界にとっては大きな損失だ。

警察庁は2022年までに義務警察制も廃止することにした政府の決定により、次々と義務警察の人材を減らしていく予定である。
それに伴い、警察庁はこれ以上スポーツ選手を義務警察に選抜しない方針を固めた。



シーズン中に退いて電撃復帰…ソ・ジョンウォン監督が再び水原に
ゴールドットコム




※一部要約

ソ・ジョンウォン監督が水原三星監の督職に戻ってきた。
AFCチャンピオンズリーグ8強1次戦を前に電撃的に辞任してから1ヶ月半ぶりである。
辞任した監督がシーズン中に再び復帰するのは異例的なので目を引いている。

水原は15日の報道資料で、8月28日にクラブの成績および一身上の都合で監督職の辞意を明かしていたソ・ジョンウォン監督が、指令塔に復帰したと発表した。
ソ・ジョンウォン監督は報道資料で「年内に残っているチームの重要な試合を、責任感を持って終わらせるべきだという気持ちと、復帰を望むクラブの要求に応じるために復帰を決心した」と明かした。

全北現代とのチャンピオンズリーグ8強1次戦を前日に前にソ・ジョンウォン監督が辞任を発表した後、水原はイ・ビョングン首席コーチが監督代行体制でチームを引き受けた。
水原はチャンピオンズリーグ8強1次戦で全北を3-0で下した後、2次戦では0-3で敗れたがPK戦まで行く接戦の末に4強に上がった。

その後、水原はリーグ7試合で1勝4分け2敗を記録して、2位争いで遅れを取って5位まで落ちてきた。
チャンピオンズリーグでは4強1次戦で鹿島アントラーズに2-0でリードしてから、2-3で逆転負けした。
水原は済州とのFAカップ8強戦と、チャンピオンズリーグ8強2次戦、Kリーグスプリットラウンドの6試合を残している。

水原が後任監督の選任作業に入ったという噂が出て、何人かの指導者の名前が下馬評に上がったりもした。
だがソ・ジョンウォン監督が電撃的に復帰し、そのような噂も水面下に沈むことになった。
ドイツに渡って家族とともに時間を過ごしていることがわかったソ・ジョンウォン監督は、再び自分の席に戻ってきた。



元サッカー代表チャン・ハクヨン、八百長を持ちかけて緊急逮捕
聯合ニュース




※一部要約

引退選手のチャン・ハクヨンが現職プロサッカー選手に八百長を持ちかけて拘束された事実が一歩遅れて明らかとなった。

韓国プロサッカー連盟の関係者は「先月21日にチャン・ハクヨンが、釜山のあるホテルでKリーグ2の牙山ムグンファ所属のイ某選手と会い、翌日の釜山アイパークとの試合で前半20分以内に退場すれば5000万ウォンを払うと持ちかけた」として、「イ某選手はチャン・ハクヨンの提案を拒否した後、警察に申告してクラブにその事実を伝えた」と14日に明かした。

この関係者は「イ某選手の素早い措置により、警察はチャン・ハクヨンが宿泊しているホテルの客室に乗り込んで緊急逮捕した」と説明した。

連盟は「事件発生直後にこの事実を公開しようとしたが、共犯検挙の警察の非公開捜査に協力するため、事件発生の事実を伝えられなかった」と付け加えた。

Kリーグは2011年に韓国プロスポーツ全体に広がった八百長の直撃弾を受け、全構成員が対国民に謝罪するなど、はしかに罹った。

その後、連盟は不正行為防止の教育や定期ワークショップを開き、Kリーグクリーンセンターホットラインなどを運用して、八百長を予防している。

連盟の関係者は「チャン・ハクヨンは警察の捜査に、八百長を持ちかけたのは今回の事件が初めてだと述べた」として、「この事件はKリーグの構成員が八百長の提案を退けた模範事例」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング