マルセロ、済州から日大宮に移籍・・・24日告別戦
ニュース1




※一部要約

済州ユナイテッドのブラジル出身FWマルセロが日本Jリーグ大宮アルディージャに移籍する。

済州は22日、「FWを補強を狙っているJリーグ大宮アルディージャから、マルセロ獲得を望む意志を告げられた。選手の意志を尊重して移籍を決めた」と発表した。

2016年に済州に入団したマルセロは、Kリーグ通算48試合に出場して17ゴール11アシストを記録するなど、Kリーグの最高級FWとして活躍した。

マルセロは24日に済州ワールドカップ競技場で行われる浦項スティーラースとの試合を最後に日本へ渡る計画だ。
マルセロは浦項戦で済州ファンの情熱的な応援に、感謝と別れの挨拶をする計画である。



チョン・スンヒョンのサガン鳥栖行きが迫る、移籍金の綱引き・・・キム・ドフンの反応は
スポーツソウル




※一部要約

21日、蔚山文殊競技場で行われた済州ユナイテッドとのKリーグクラシック15ラウンドの前に会ったキム・ドフン蔚山現代監督は、主力CBチョン・スンヒョンの話に苦笑いを浮かべた。
チョン・スンヒョンは今夏、蔚山を去って日本Jリーグサガン鳥栖のユニフォームを着る可能性が高くなった。

最近、韓国選手の輸入に再び熱を上げているJリーグが、韓国産DFの獲得にも積極的に乗り出している。
サガン鳥栖は次世代のA代表守備陣を担うべき才能と評価されているチョン・スンヒョンに目をつけた。
来月開かれる夏の移籍上で、チョン・スンヒョン獲得のため蔚山と交渉のテーブルについた。
サガン鳥栖は今シーズン、18チーム中12位を走っている。
15試合で15ゴール決めたが、問題は17ゴールを許した守備陣にあった。
韓国人DFキム・ミンヒョクが重心を取っているが、残りの守備要員が自分の役割を果たせずにいるとみて、チョン・スンヒョンを戦力補強順位の1位として目をつけた。

188センチの長身であるチョン・スンヒョンは、制空権の能力を前面に出す対人守備に優れた守備資源である。
サガン鳥栖は韓国選手を獲得してかつてJ1首位まで上がるなど、"信頼して使う韓国産"の効果をはっきりと享受してきた。
特にチョン・スンヒョンのようなスタイルの韓国DFは、体の小競り合いを避ける日本DFの弱点を補完できる有用なカードである。
満23歳で成長の可能性が無尽蔵であることも、サガン鳥栖が財布を開く理由だ。

キム監督は「率直にチョン・スンヒョンは私たちのチームにとって非常に重要な役割を果たしてきた選手なので、シーズン中に他チームへ出すのはあまり望ましくない。だが選手にとって良い機会になるなら、監督として必ずしも止めるつもりはない」と言った。



移籍市場の"大魚"ユン・ビッカラム、高い身代金で全北との交渉"難航"
聯合ニュース




※一部要約

Kリーグクラシックの首位を走る全北現代のチェ・ガンヒ監督が、移籍市場に出たMFユン・ビッカラムのエージェントと最近会い、レンタル条件についての意見を交わしたことがわかった。

現在、中国スーパーリーグの延辺でプレーしているユン・ビッカラムは、兵役の問題を解決するため、軍チームである尚州尚武や警察チームである牙山ムガンファの入団前に、6ヶ月ほどKリーグのクラブでレンタル選手としてプレーする計画だ。

ユン・ビッカラムのレンタル競争に出るクラブが多くなって上昇した身代金が、レンタル契約の障害物として作用している。

全北のクラブ関係者は「年俸とは別に巨額のレンタル料を要求され、その条件を受け入れるか悩んでいる」として、「ユン・ビッカラムは私たちのチームの選手とポジションが重なっているし、入団前の数ヶ月だけのプレーなので、巨額を支出するのは簡単ではない」とやや否定的な立場を見せた。

首位奪還を狙う済州ユナイテッドと、4位にランクされた蔚山現代もユン・ビッカラムに関心を見せているが、身代金が高くて気軽に乗り出せないことがわかった。

ユン・ビッカラム獲得の有無を秤にかけていたFCソウルは、代表に抜擢されたイ・ミョンジュ(アル・アイン)を取る方へ旋回した。






[速報] チェ・ガンヒ監督、全北クラブを通じて「亡くなった元スカウトに会った」と確認
スポTVニュース




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が「亡くなった元スカウトA氏に会った事実がある」と全北のクラブ関係者が確認した。

全北の関係者は17日、スポTVニュースとの電話通話で「チェ・ガンヒ監督とスカウトA氏が13日会っていたと監督に確認した。どんな言葉を交わしたのかはまだわからない」と語った。

全北現代の元スカウトA氏は16日午前、全州ワールドカップ競技場で亡くなったまま発見された。
A氏は発見当時、首をくくったまま倒れていて、遺書は発見されなかった。

この事件を担当している警察関係者は「A氏は14日にチェ・ガンヒ監督と会うと妻に話してから家に帰ってこなかった。その後全州ワールドカップ競技場で亡くなったまま発見された」と語った。

A氏がチェ・ガンヒ監督に会ってから亡くなるまで、2~3日の時間があったと把握される。
チェ監督がクラブに伝えた言葉によると、13日に会った可能性が高い。



全北現代の元スカウトが亡くなったまま競技場で発見、審判買収事件の関与が影響を与えたのか
スポーツQ


去年5月に記者会見で公式謝罪の立場を明かしているイ・チョルグン元団長とチェ・ガンヒ監督


※一部要約

韓国サッカーにいたたまれないニュースが伝えられた。
全北現代の元スカウトがホーム競技場で冷たい遺体で発見された。
サッカーファンは大きな衝撃に包まれた。

16日、全北警察庁によると、午前8時頃に全州ワールドカップ競技場の西門付近で、全北の元スカウトであるA氏が亡くなったまま発見された。

競技場に出勤した全北のクラブ職員であるイ氏が発見し、警察に通報した。
A氏は首をくくったまま倒れていて、周囲に遺書は発見されなかった。

全北のある関係者は「予想できないことが起きて非常に困惑していて、何も言うべきことがない」と語り、別の要人も「言葉では表現できなほど良い人だったし、サッカーを本当に愛していた人だった。本当にあまりにも残念である」と故人の冥福を祈った。

去年、Kリーグを騒がせた全北の審判買収事件と切り離して考えるのは簡単ではない。
A氏は2013年に二人の審判に数百万ウォンを果たした容疑で裁判になった。
当時A氏は対価性はなかったとして抗弁したが、裁判所は彼の主張を受け入れず、懲役刑(※懲役6ヶ月執行猶予2年)を宣告した。

サッカーファンはインターネットのポータルサイトやサッカー関連コミュニティで、全北に攻撃的反応を見せている一方、ともに故人の冥福を祈っている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング