[オフィシャル] 練習中に負傷した大邸FCの翼、十字靭帯破裂""
インターフットボール




※一部要約

大邸FCが悪材料に遭った。
中盤で活力素の役割を果たしていた翼が練習中に十字靭帯破裂の負傷をして、現在は負傷の治療のために日本へ帰国した状態である。

大邸FCは7日、公式SNSで翼の負傷の程度を伝えた。
大邸は「翼選手が練習中に負傷し、精密検査をした結果、十字靭帯破裂の診断を受けました。現在、治療のために日本へ帰国した状態です。翼選手が元気に復帰できるよう、ファンの皆様に多くの激励をお願いします」と伝えた。






ドイツメディア「アウクスブルク、チョ・ヒョヌに関心を持て」
MKスポーツ




※一部要約

チョ・ヒョヌ(28、大邸FC)がドイツの有力メディアから"ブンデスリーガのクラブが主戦GKとして検討するだけの選手"という好評を受けた。

ドイツのスポーツ紙"キッカー"は4日、「ブンデスリーガのアウクスブルクは2019-20シーズンの主戦GKが必要だ。チョ・ヒョヌに関心を持つべきだ」という趣旨の記事を報じた。

アウクスブルクは2018-19シーズン、レンタル選手の身分でゴールを守っていたグレゴール・コベルの去就が不透明である。
コベルの現所属チームのホッフェンハイムは、"アウクスブルクに完全に譲渡するつもりはない。再び使いたいならさらに1年レンタルせよ"との立場だというのが"キッカー"の説明だ。

"キッカー"は「アウクスブルクは来シーズンの主戦GKについて、様々な可能性を検討している。そのうちの1人がチョ・ヒョヌ獲得になり得る」と予想した。

チョ・ヒョヌは2018ロシアワールドカップF組3次戦で、6回の好セーブなど、ディフェンディングチャンピオンのドイツの得点チャンスを8回も防ぎ、韓国の2-0の勝利で大きな功績を立てた。

当時、ドイツはチョ・ヒョヌの神がかり的なゴール前での死守と、後半追加時間の相次ぐ失点で韓国に崩れた。
2大会連続優勝どころか、GL脱落および歴代ワールドカップ最低成績の22位で大会を終える恥をかいた。

"キッカー"もやはりアウクスブルク関連の記事で、チョ・ヒョヌのロシアワールドカップでの活躍を紹介した。
ドイツを代表するスポーツメディアが興味を示しただけに、移籍説はしばらく静まらないだろう。



[オフィシャル] コン・フオン、仁川とのレンタル早期終了に合意…ヨーロッパ挑戦推進
スポータルコリア




※一部要約

ベトナム出身Kリーガー1号のグエン・コン・フオンが仁川ユナイテッドを去った。

仁川は2日、「コン・フオンが仁川を去ることになった。私たちのクラブは、ヨーロッパの舞台で新たな挑戦をしたいというコン・フオン本人の意志を受け入れ、相互合意の下でレンタル早期終了に合意した」と明かした。

パク・ハンソ監督が率いるベトナム代表の看板FWとして知られるコン・フオンは、今シーズンに1年のレンタルで仁川に入団した。
2ラウンドの慶南FC戦での交代出場を皮切りに、計8試合に出場したが攻撃ポイントを記録できなかった。

そんなコン・フオンが最近、仁川に新たな挑戦を望んでいるという意志をあらわした。
6月15日から7月15日までの1ヶ月間行われるフランスリーグのトライアル期間を活用し、ヨーロッパの舞台に挑戦してみたいという内容だった。

深く悩んだ末、仁川は大乗的次元でコン・フオンの意志を受け入れることにした。
フランスのビザ発給の問題などで早い決定を望んでいた選手本人の以降を受け入れ、6月1日付でレンタル早期終了に合意することになった。

コン・フオン「仁川で良い姿を見せたかったが、そうできずに自分に惜しさがすごく残る。私よりさらに素晴らしい外国人選手を取ることを願っている」として、「仁川が上手くいくよう応援する。仁川での思い出を忘れないだろう。私も常にどこであっても最善を尽くす選手になる」と別れの挨拶を伝えた。



邦本の父親「2回放出された息子、慶南FCに行って嬉しかった」
慶南道民日報




※一部要約

邦本タダハキ(※タダアキ?)(58)氏。
勘の良い人は名前で誰なのかわかっただろう。

慶南FCの核心MFとしての地位を確立した邦本宜裕の父親だ。
22日、ACLのジョホール・ダルル・タクジムとのGL最終戦を直接応援するため、昌原サッカーセンターを訪れた。

試合開始前、バスから降りて父親と少し会った邦本は、劇場ゴールで父親の応援に応えた。

彼とインタビューしながら"やはり血は争えない"と思った。

大学までサッカー選手生活をしていたというタダハキ氏は、日本プロサッカーのJリーグが発足する1年前、腰の負傷でサッカー選手人生を諦めなければならなかったと語った。

その後指導者に転向し、今は日本の大学チームのコーチとして働いていると語った。



[フォト] キム・ミヌ"速い突破"
スポーツ朝鮮




※一部要約

24日、仁川サッカー専用競技場でKリーグ1の仁川ユナイテッドと尚州尚武の試合が行われた。
尚州のキム・ミヌが突破を試みている。




[フォト] キム・ミヌ-ユン・ビッカラム"勝利は私たちが担う"
スポーツ朝鮮




※一部要約

尚州のキム・ミヌとユン・ビッカラムがFKを準備している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング