武藤嘉紀、韓国アイドルを圧倒するイケメン美貌
NextDaily




※一部要約

サッカー選手武藤嘉紀が話題の中、彼の容姿が目を引いている。

武藤嘉紀は温かそうな容姿と優れたサッカーの実力で多くのファンを保有している。

特に武藤嘉紀は普段、自身のSNSアカウントに色んな写真を上げて、ファンとコミュニケーションをしている。

武藤嘉紀は26歳の姿らしく、いつもエネルギー溢れるシーンが入った写真を多く掲載している。

また、武藤嘉紀の写真に接したネチズンは様々な反応を見せた。



"日代表FW"武藤、ニューカッスル行き迫る…移籍金140億
インターフットボール




※一部要約

日本代表FW武藤嘉紀がマインツを去ってニューカッスル・ユナイテッドに移籍する。

英国"スカイスポーツ"は26日、「ニューカッスルが武藤の移籍でマインツと合意した」と公式発表した。

FC東京でプロの舞台にデビューした武藤は、2015-16シーズンを前にマインツに移籍した。
昨シーズンは30試合に出場して10得点5アシストを記録し、そのような活躍を基に2018ロシアワールドカップに日本代表として参加した。

"スカイスポーツ"は「950万ポンド(約140億ウォン)の移籍金で武藤の獲得に合意した」として、「現在武藤はニューカッスルとマインツの移籍金合意をした後、ワークパーミット取得のため東京からニューカッスルに向かっている」と伝えた。



レアル・ベティス、"ドラゴンボール"活用のオフィシャルで広告効果"大当たり"(映像)
ゴールドットコム




※一部要約

レアル・ベティスが乾貴士獲得の発表方法にアニメーション映像を選んだ。
日本の代表的アニメーションであるドラゴンボールやドラえもんをパロディにした映像である。

スペイン・プリメーラリーガのレアル・ベティスが、日本人選手の乾貴士と2021年までの契約を結んだ。
乾は2018ロシアワールドカップにも参加する、日本のベテラン代表選手だ。

乾はドイツ2部リーグのVfLボーフムを経てフランクフルト、スペインのエイバルに至るまでヨーロッパの舞台で活躍し、様々なクラブの関心を集めてきた。
169センチ59キロの小さな体格の乾は、速いドリブルと鋭いパス能力を持っていて、MFとしてプレーメーカーの役割で卓越している。

レアル・ベティスは乾貴士獲得の発表方法にアニメーション映像を選んだ。
オフィシャル映像がレアル・ベティスの公式ツイッターに掲載され、現在の紹介数は約230万を記録中である。
日本の代表的アニメーションのドラゴンボールやドラえもんをパロディにした映像である。



日本メディア「本田、Kリーグ行きの可能性ある…問題は移籍金」
スポータルコリア




※一部要約

Kリーグで本田圭佑を見られるだろうか。
日本メディアが本田のKリーグ移籍の可能性を分析した。

本田は日本代表出身のMFだ。
2008年に名古屋グランパスを去ってヨーロッパの舞台を踏み、2014年にイタリアのACミランに移籍した。
だが本田のミラン生活は順調ではなかったし、2017年にメキシコのパチュカーのユニフォームを着た。

パチューカとの契約期間は6月30日までである。
今シーズン、リーグ32試合に出場して10ゴール7アシストを記録したが、パチューカと同行する可能性は低い。
現地メディアによると本田はパチューカとの別れを考えている。

本田の今後の行き先が注目されている中、日本メディアが興味深い可能性を提起した。
日本"フットボールウェブ・ゾーン"は"フォックススポーツアジア"を引用し、本田の行き先を予想した。
アメリカやスペイン行きもあるが、アジア舞台の復帰の可能性も低くない。

本田がアジア舞台を選ぶ場合、計5ヶ国が範囲に入ると報じた。
まずタイだった。
メディアは「タイは東南アジア上位圏の国だ。本田がタイ行きを決めれば興行で大いに役立つだろう。タイ代表選手が日本リーグで活躍しているので両国の雰囲気も良い」と伝えた。



イ・スンウに押された日スターが"ヨーロッパ10ゴール達成"
MKスポーツ




※一部要約

イ・スンウ(ヴェローナ)の4年前の圧倒的な技量に絶望した日本の有望株の切歯腐心が、ヨーロッパプロサッカー進出初年度に1シーズン10得点という実を結んだ。

堂安律(フローニンゲン)は30日、エクセルシオールカフェとのオランダ・エールディビジ33ラウンドのホーム試合(4-0勝ち)で、右ウィングとしてフルタイムを消化して1ゴールを決めた。

1得点を追加した堂安律は今シーズン、カップ大会を含めて30試合10ゴール4アシストになった。
平均77.5分で90分当たりの攻撃ポイント0.54は、ヨーロッパデビューシーズンの選手としては非の打ち所がない成績だ。

堂安律は2014AFC U-16選手権準決勝で先発で出て交代なしで最後までプレーしたが、イ・スンウが2得点して韓国の4強行きを主導するのを防げなかった。

当時、スペイン・ラ・リーガのFCバルセロナが愛重する有望株だったイ・スンウの実力をフィールドで体験した堂安律は、挫折感とともにヨーロッパへの熱望が強くなったという裏話である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング