[インターPOINT] 伊で主戦を押された本田-長友、日代表チーム泣きっ面
インターフットボール




※一部要約

立つ瀬がない。
本田圭佑と長友佑都が険しいシーズンを送っている。

二人は日本サッカー代表の核心資源である。
だが最近試合出場数が減り、自身と競技力の低下に繋がるのではないかという憂慮を生んでいる。

本田は所属するACミランは19日、ホームでジェノアに1-0の勝利をおさめて6位に跳躍した。
本田は待機メンバーに名前を上げたが出場は不発となった。
試合前、負傷者が多くて機会が与えられるという現地報道が流れたが"説"に終わった。
1月25日のユベントスとのコパ・イタリアで時間稼ぎ用に投入されてから二ヶ月近くグラウンドを踏むことができていない。

本田は今シーズン、リーグ5試合で116分しかプレーしていない。
モンテッラ監督の構想から外れて久しい。
今シーズンを最後に契約が終わる。
アメリカMLS行きの可能性が提起されている。

長友も思わしくない。
インテルは19日、トリノ遠征で2-2で引き分けた。
長友もやはりベンチで試合を見守って出場機会が与えられなかった。
2試合連続で先発除外である。
5日のカリアリ遠征で後半43分に交代で入って2分消化した。
今シーズンはリーグ9試合で503分プレーした。
本田よりはマシである。
だが立場が不安なのは同じだ。

本田と長友の状況を心配している人物がいる。
日本代表のハリルホジッチ監督だ。
16日、2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選6次戦(アラブ首長国連邦)、7次戦(タイ)のメンバーに二人を入れた。
ハリルホジッチ監督は「本田、長友はチームにとても重要な存在」と言いつつも、「試合に出られず感覚が落ちている」と憂慮した。

二人は負担を抱えて代表に合流する。
代表で反転のキッカケを用意するのか、そうでなければ振るわない競技力で失望をもたらすのか注目される。



ファン・ヒチャン、SVリート戦でシーズン8号ゴール爆発・・チームは6-1の完勝
Newsen




※一部要約

ファン・ヒチャンが得点砲を稼働した。

レッドブル・ザルツブルクは2月20日に行われたSVリートとのオーストリアブンデスリーガ25ラウンド遠征試合で6-1の大勝を手にした。
最前方FWで先発出場したファン・ヒチャンは後半36分得点に成功した。

ファン・ヒチャンは今シーズンにリーグで5ゴール、ヨーロッパリーグで2ゴール、カップ大会で1ゴールを加えて計8ゴールを放っている。
ザルツブルクはリーグ22試合を14勝4分け4敗の勝ち点46で単独首位を走っている。




ファン・ヒチャン"8号ゴール"に隠された日本FW南野の大活躍
スポータルコリア




※一部要約

大韓民国のファン・ヒチャンはこの日、ソリアーノと共に2トップのFWで先発出場して90分のフルタイムを走った。
この日チームの6ゴール目をPKで成功させて大勝の一助となった。





だがスポットライトを受けた選手は他でもなく、この日ハットトリックを記録した日本人FW南野だった。
この日右サイドの攻撃手で出た南野は90分のフルタイムを出場し、ハットトリックを記録しただけでは物足らず、後半26分にはラドジェビッチのゴールをアシストするなど、満点の活躍を繰り広げた。

オーストリア現地メディアもやはり南野を絶賛した。
ウィーンの地元紙"クーリア"は「南野祭りだった。ザルツブルクは南野のおかげで勝った」と報じ、"シュテンダード"もまた「力、技術を基にザルツブルクの大勝を助け、リーグ9号ゴールを記録して得点ランキングもリーグ2位に上がった」と絶賛を惜しまなかった。

一方、ファン・ヒチャンは最近安定した出場機会を基に主戦の地位を固めた。
最近はリーグ7試合連続出場で先発出場し、2得点を上げた。
同じアジア出身として南野と善意の競争が期待されるところである。



[サッカー] "中国化論難"に対するファン・ソンホン-ホン・ミョンボの異口同音
ニュース1




※一部要約

数ヶ月前から一部のサッカーファンの間で繰り広げられている、いわゆる"中国化論難"は、中国リーグに進出した韓国代表級選手ら、特にDFの技量が以前より落ちたという誰かの個人的見解から始まった。

その後"中国に進出したら技量が退歩する"という声が大きくなり、諸説乱舞が行き交った。
現在のところは韓国よりレベルの落ちる中国代表の競技力と中国リーグのレベルを一括りにして、"中国進出=技量低下"という論理が展開されたのである。

中国リーグは日増しに発展しているというのが全世界のサッカー界の共通した見解だ。
世界的な監督と選手が中国に向かっている。
もちろん天文学的な金額を彼らにもたらして、"金で作られた舞台"という否定的な見解も明らかにある。
だがどんな背景で誕生しようと、高いレベルの指導者と選手が集まり、全体的なシーンの質的・量的膨張が起きているのも事実である。

韓国ファンが非難の弓を引くターゲットは、事実上DFだ。
最近中国リーグでプレーしている何人かのDFが、代表チームでミスを犯して"中国化論難"に燃料を投じて火を付けた。
だがこれもまた同意しにくい側面がある。
韓国サッカー史を合わせて最も偉大なFWとDFだったファン・ソンホンFCソウル監督とホン・ミョンボ杭州緑城監督の共通した声である。

FCソウルを率いて来年ACLの舞台に再挑戦するファン・ソンホン監督は、11月にニュース1のインタビューのとき「今のアジアサッカーのレベルは手強い」と言ってから、「移動距離や不慣れな環境とうい不便さだけなら、中東チームのほうがマシということもある。中国や日本クラブの実力は良い。特に中国の急成長は警戒しなければならない」という見解を明かした。

ホン・ミョンボ監督は23日、ホン・ミョンボ慈善試合のメディアデイに参加して「中国リーグには世界的なFWが多い。ブラジル代表級選手が多い。これは逆に、防ぐDFは競技力が高くなければ持ちこたえるのが難しいという意味」と強調した。

特級ストライカーだったファン・ソンホン監督も、最高のDFだったホン・ミョンボ監督も"中国化論難"については否定的な見解を明かしたというわけである。
真剣な考察なしに"中国化"云々とするのは誤った認識という異口同音だった。
事実よりさらに重要なことは別にある。
論難の是非を離れて"私たちのほうがもっと優れている"という考え自体が常に危険な発想だ。



[ハローブンデスリーガ] 日本人主将酒井・・・ハンブルク反騰ののキー
スポーツ東亜




※一部要約

過去数年間、経営について多くの批判を受けてきたドイツブンデスリーガの名門ハンブルクが、今シーズンの長期低迷から抜け出す変化の兆しを見せている。
日本選手としては初めてヨーロッパ1部リーグクラブの主将を引き受けた酒井高徳がこうした変化を象徴している。

先月19日、ハンブルクの新司令塔マルクス・ギスドルは新キャプテンに酒井を任命した。
当時ギスドル監督は「私たちには新たな体系と構造が必要だった。今回の決定が肯定的な効果につながると信じ、新鮮な変化をもたらすだろう」と期待していた。

酒井は2012年にシュツットガルトのユニフォームを着てブンデスリーガでデビューした。
ハンブルクには2015~2016シーズンに入団し、わずか1年5ヶ月でチームを代表する主将の腕章をつけた。
注目すべき点は、日本人の父とドイツ人の母の間に生まれた混血だが、ドイツに来る前までドイツ語をまったく話せなかったということだ。
だが「酒井はドイツに早く溶け込むため、言語習得に相当な力を入れた。合わせて特有の親和力と人々をまとめる能力があり、感嘆に適応することができた」という日本メディアの報道内容通り、彼が主将になるまでは刻苦の努力があった。
さらには今シーズンのブンデスリーガで最年少主将である。
ブンデスリーガ18クラブの主将の平均年齢は30.2歳だ。



"膝負傷"シャルケ内田、21ヶ月ぶりに復帰
スポーツ東亜




※一部要約

負傷に苦しめられていた内田篤人がグラウンドに復帰した。

内田は去年3月のレアル・マドリードとのCL16強戦で膝の負傷に遭い、試合に出ることができなかった。
負傷の程度は深刻で、内田は引退まで直面することになった。

最終的に内田は昨夏に手術をして復帰を熱望した。
その結果21ヶ月が過ぎた現在、ついに試合に出場できる水準まで回復した。

内田は9日に行われたザルツブルクとのヨーロッパリーグの試合に出場した。
この消息を聞いた香川真司は「同じサッカー選手としてすごく嬉しい。早く一緒に代表チームでもしたい」と伝えた。

一方、内田は鹿島アントラーズ所属だった2010年5月にシャルケへ移籍した。
その後彼は2010南アフリカワールドカップ、2011アジアカップ、2013FIFAコンフェデレーションズカップ、2014ブラジルワールドカップをすべて消化し、日本になくてはならない核心DFとして位置づけられていた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング