[ブンデスレビュー] "バチュアイデビュー戦+マルチゴール"BVB、ケルンに3-2勝ち…2位跳躍
インターフットボール

20180203062959159.jpg


※一部要約

新入生ミシー・バチュアイのデビューゴールが炸裂したボルシア・ドルトムントが、ケルン遠征で気持ちの良い勝利をおさめた。

ボルシア・ドルトムントは3日、ラインエネルギーシュタディオンで行われた2017-18ドイツ・ブンデスリーガ21ラウンドのケルン遠征で3-2の勝利をおさめた。
これでドルトムントは勝ち点34でリーグ2位に上がった。(※現在は4位)
ケルンは最下位を維持した。


20180203062959159a.jpg

20180203062959159b.jpg



マンシティ、日163cmのウィンガー伊藤の獲得に関心
OSEN




※一部要約

マンチェスター・シティが日本出身のウィンガー伊藤達哉を狙っている。

マンシティのニュースを専門に扱っているシティ・ウォッチは7日、日本メディアの報道を引用してマンシティが伊藤に関心を見せているビッグクラブのうちの1チームだと報じた。

163センチの短身ウィンガーの伊藤は両サイドをどちらも消化できる能力を持っている。
今シーズンにドイツ・ブンデスリーガの舞台にデビューし、7試合を消化して潜在力を存分に誇っている。

伊藤に関心を見せているクラブはマンシティの他にもインテル・ミラノ、ベンフィカ、トリノ、シャルケ、フランクフルト、ヴォルフスブルク、PSVアイントホーフェン、レッドブル・ザルツブルクなどである。
特に香川真司らがドイツで成功をおさめているブンデスリーガnビッグクラブが関心を見せている。

Aマッチ経験が一度もない伊藤がマンシティに移籍することになれば、ワークパーミットの発給を受けられないので、すでに多くの期待の主がそうしてきたようにNACブレダやFCジローナのようなところにレンタルで経験を積む見通しだ。

一方、ハンブルクは2013年に柏レイソル所属だった伊藤と契約を結んだ。



[ブンデス7R] "香川幻想ゴール"BVB、アウクスを2-1で制圧…クジャチョル57分
スポータルコリア

20171001004140544.jpg


※一部要約

ドルトムントがアウクス遠征で勝利した。
勝ち点3を取ってリーグ首位維持に成功した。
クジャチョルは57分間グラウンドを走った。

ドルトムントは30日、WWKアリーナで行われたブンデスリーガ7ラウンドのアウクス遠征に2-1で勝利した。
勝ち点3を確保したドルトムントはリーグ首位を維持した。


20171001004140544a.jpg

20171001004140544b.jpg



[EPL 3R] "ラッシュフォード決勝ゴール"マンU、レスターに2-0の完勝…3連勝行進
スポータルコリア




※一部要約

マンUがホームでレスター・シティに完勝した。
新星ラッシュフォードがレスターのゴールネットを揺さぶり、勝利の青い鳥になった。

マンUは27日、マンチェスターにあるオールド・トラフォードで行われた2017/2018シーズン・イングランド・プレミアリーグ3ラウンドのレスター戦に2-0で勝利した。
マンUはレスター戦の勝利で快調の3連勝行進を走った。


20170827032117868a.jpg

20170827032117868b.jpg



[ルセムコラム:ブンデス開幕特集①] アウクスとケルンの核心になった韓・日選手たち
ネイバースポーツ




※一部要約

「我々のチームにとって大迫は代わりになる選手がいない」

実際にケルンはジョン・コルドバが負傷すればセラー・ギルシが代わりをすれば良く、マルセル・リッセが倒れたらクリスティアン・クレメンスがプレーすればの良いのです。
かなりの選手は抜けても代わりの選手がいるという意味です。
しかし大迫のようなタイプの選手は、ケルンのスカッドにはいそうにありません。
シュテーガー監督は憂鬱になるしかないのです。

「大迫は試合の中で勝負を決められる能力を持っている選手だ。彼を代えるのは難しいこと」

昨シーズンの大迫はブンデスリーガでプレーするアジア選手の中で最も影響力のある選手と評価されました。
昨シーズン7ゴール8アシストを上げた彼は、所属チームのケルンを25年ぶりにヨーロッパクラブ対抗戦に導きました。
大迫はそれだけ能力を見せた選手なので、監督は心配して頭を悩ませるしかありません。

日本人にとってケルンはブンデスリーガ進出史の始まりを知らせた都市です。
伝説の奥寺康彦が約40年前にケルンのユニフォームを着てブンデスリーガの頂点に上りました。
ブンデスリーガ優勝を経験した日本選手は奥寺が初めてでした。
その奥寺は今でもブンデスリーガに関心を持って見守っているようです。
その中でも直属の後輩である日本選手を注意深く見ているのは当然のことでしょう。
彼は日本選手が着実にブンデスリーガに進出している理由を説明しました。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング