イ・ガンインvs久保、スペインで分かれた"韓日サッカー天才"の未来
スポーツ京郷



※一部要約

韓国のイ・ガンインと日本音久保建英。
2001年生まれの同年齢の2人は、似ている共通点が多い。
同じような体格条件、左足を主に使う攻撃型MFで、早くからスペインの名門チームの選択を受けるほど、優れた才能を見せてきた。
イ・ガンインはバレンシア、久保はバルセロナのユースで技量を積んだ。

スペイン・プリメーラリーガでプレーする韓日サッカーの未来の明暗が分かれている。
株価を盛んに高めていたイ・ガンインが停滞している間、日本の久保が出てきた。

イ・ガンインはスペイン1部の舞台に先にデビューした。
イ・ガンインは2018年10月31日のコパ・デル・レイ32強1次戦で出場機会を得て、バレンシアのクラブ史上最年少デビュー外国人選手の記録を作った。
去年はFIFA U-20ワールドカップ準優勝と同時に、ゴールデンボールまで受賞した。

ところが2019~2020シーズンにイ・ガンインは試練のときを過ごしている。
チーム内の立場がなかなか良くならない。
イ・ガンインは5日のリーグ34ラウンドのグラナダ戦でもベンチを守った。
チームは2-2で引き分けた。
イ・ガンインは、新たに指揮棒を手にしたボロ・ゴンサレス新任監督体制で、2日のアスレティック・ビルバオ戦に続いて2試合連続でベンチを守った。
チームは90分内でシュートが3本に過ぎなかったが、イ・ガンインは最後まで呼ばれなかった。

イ・ガンインは先月19日のレアル・マドリード戦で、後半31分に交代投入されたが、相手DFのセルヒオ・ラモスからボールを奪おうとして張り切って駆け寄り、退場したことがある。
今シーズンだけですでに退場が2回目である。
シーズン序盤は筋肉の負傷で出場できなかったこともある。



日メッシ久保、ATM相手に"キーパス5本-ドリブル6回成功"…恐ろしい成長ぶり
インターフットボール



※一部要約

久保建英が恐ろしい成長ぶりを見せている。
強豪チームのアトレティコ・マドリード相手にも優れた活躍を繰り広げ、チームの攻撃を導いた。

マジョルカは4日午前5時、スペイン・マドリードのワンダ・メトロポリターノで行われた2019-20シーズン・プリメーラリーガ34ラウンドで、アトレティコに0-3で完敗した。
これでマジョルカはリーグ18位に留まり、降格圏脱出に失敗した。

チームは敗れたが、先発出場した久保の活躍は目についた。
久保は前半4分、単独でアトレティコの選手2人を抜き、右サイドをえぐってチャンスを作った。
続けて後半13分にも右サイドを完全に制してから左足シュートを試みて、ゴールを脅かした。
その他にも単独でアトレティコ・マドリードのプレスを凌いで同僚にチャンスを作った。

久保の活躍は指標上でも明確だった。
単独でキーパス5本を記録し、ドリブルも6回成功してチームの攻撃を導いた。
相手が強い守備で有名なアトレティコだった点を考慮すれば、さらに目につく活躍だった。

久保の活躍にレアルも注目している。
来シーズンにマジョルカが降格しても、ラ・リーガ1部チーム移籍によって成長ぶりを続ける計画だ。



0-3の大敗でも…久保は違う!"評点7.7"全体3位
スポータルコリア



※一部要約

久保建英はマジョルカが大敗しても確かな存在感を発揮した。

マジョルカは4日午前5時、スペイン・マドリードのワンダ・メトロポリターノで行われた2019/2020スペイン・プリメーラリーガ34ラウンドで、アトレティコ・マドリードに0-3で敗れた。
勝ち点29を維持して18位に留まったマジョルカは、降格圏から脱することができなかった。

マジョルカの攻撃は久保を中心に回った。
まるでエース遊びのようだった。
最前方に立った久保は、攻撃陣営を自由に動いてアトレティコの守備を揺さぶった。
フルタイムの間に8回のドリブル突破を試みて、6回成功させた。
両チームを合わせて最多の記録だ。

パスの失も違った。
46本のパスを試みたが、そのうち何と39本を成功させた。
成功率で見れば85%である。
キーパスも5本で両チームを合わせて最多を記録した。

マジョルカでは久保しか見えなかった。
チームは0-3で大敗したが、試合後に英国"フースコアードドットコム"は、久保に7.7という高い評点を与えた。
アルバロ・モラタ(8.5)とコケ(8.5)に次いで全体3番目の高評価だった。




PSG、久保獲得に"移籍金+年俸1347億"準備(西メディア)
スポータルコリア



※一部要約

久保は現在、マジョルカのエースだ。
チームは依然として18位に留まっているが、最近存在感を示して降格圏脱出の先鋒に立っている。
彼の去就が関心事だ。
元所属チームのレアル・マドリードにはポジションがない。
なので再レンタルが有力である。
レアルと懇意のレアル・ソシエダを含めてPSG、ACミラン、セルティックなどのビッグクラブも動向を注目している。

スペイン"ドンバロン"は2日、「PSGが久保獲得に本格的に乗り出した。本気だ。PSGはマドリードのスター獲得にスピードを出すため、交渉の席に座る」と報じた。

久保の未来、そしてPSGが用意する具体的な条件も公開された。
メディアは「ミランが久保を追っている。元バルセロナの選手はセンセーションを起こしている。他に可能性がなければ、来シーズンはレアルの一員になるとみられる」として、「PSGのレオナルドスポーツディレクターが久保を熱望している。移籍金として5000万ユーロ(約674億ウォン)をオファー、可能ならば素早い対話を望んでいる。それとは別に、選手年俸が5000万ユーロに達するかもしれない。移籍作業に合計1億ユーロ(1347億ウォン)がかかるかもしれない。狂った金額」と舌を巻いた。

PSGは1年前にも久保獲得に挑戦したが、水泡に帰していた。
レアルは久保を未来とみなしている。
もっと経験と積んでから再び呼び込む計画だ。
どのような結論を下すのか気になる。





"久保2アシスト含め3ゴール関与"マジョルカ、セルタに5-1の大勝
STNスポーツ



※一部要約

レアル・マジョルカが久保建英を前面に出してセルタ・デ・ビーゴを5-1で退けた。

レアル・マジョルカは1日、2019/20シーズン・スペイン・プリメーラリーガ33ラウンドのセルタ・デ・ビーゴとの試合に5-1で勝利した。
18位のマジョルカは17位のセルタとの勝ち点差を5に縮めた。




「賢い久保、2アシスト+印象的なプレー」西アス賛辞
スポータルコリア



※一部要約

久保の活躍が光った。
この日、右サイドのアタッカーで先発出場して、前半40分と後半15分に同僚のゴールをアシストした。
公式2アシスト。
チームが決めた5ゴールのうち、4ゴールに関与して真価を発揮した。
これで今シーズン、リーグ30試合で3ゴール4アシストの記録を続けた。

スペイン"アスは"公式チャンネルで、久保のセルタ・デ・ビーゴ戦の活躍像を公開した。
同時に「非常に印象的なプレーを繰り広げた。19歳の日本代表はマジョルカの勝利の主役だ。チームの5ゴールのうち、4ゴールで重要な役割を果たした。賢かったし、全体的な技術が効果的だった」と賛辞を送った。



「歴代級の破格」…イ・スンウがドレッドヘアに驚きの変身
マイデイリー



※一部要約

サッカー選手のイ・スンウが、破格的なヘアスタイルに変身した。

イ・スンウは23日、インスタグラムに稲妻の絵文字だけを記したまま近況の写真を載せた。
別名ドレッドヘアスタイルで、横髪は短く刈り、上の髪を編み上げて結んだスタイルだ。
破格的な変身である。
いつも自由奔放な性格のイ・スンウなだけに、ヘアスタイルもやはり個性の強いスタイルを選んだ様子だ。
ほとんどのネチズンも驚いたという反応で、「スンウはどんな髪型もよく似合ってる」などのコメントを残している。

イ・スンウはベルギーのシント・トロイデンでプレーしている。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング