[サッカー] "中国化論難"に対するファン・ソンホン-ホン・ミョンボの異口同音
ニュース1




※一部要約

数ヶ月前から一部のサッカーファンの間で繰り広げられている、いわゆる"中国化論難"は、中国リーグに進出した韓国代表級選手ら、特にDFの技量が以前より落ちたという誰かの個人的見解から始まった。

その後"中国に進出したら技量が退歩する"という声が大きくなり、諸説乱舞が行き交った。
現在のところは韓国よりレベルの落ちる中国代表の競技力と中国リーグのレベルを一括りにして、"中国進出=技量低下"という論理が展開されたのである。

中国リーグは日増しに発展しているというのが全世界のサッカー界の共通した見解だ。
世界的な監督と選手が中国に向かっている。
もちろん天文学的な金額を彼らにもたらして、"金で作られた舞台"という否定的な見解も明らかにある。
だがどんな背景で誕生しようと、高いレベルの指導者と選手が集まり、全体的なシーンの質的・量的膨張が起きているのも事実である。

韓国ファンが非難の弓を引くターゲットは、事実上DFだ。
最近中国リーグでプレーしている何人かのDFが、代表チームでミスを犯して"中国化論難"に燃料を投じて火を付けた。
だがこれもまた同意しにくい側面がある。
韓国サッカー史を合わせて最も偉大なFWとDFだったファン・ソンホンFCソウル監督とホン・ミョンボ杭州緑城監督の共通した声である。

FCソウルを率いて来年ACLの舞台に再挑戦するファン・ソンホン監督は、11月にニュース1のインタビューのとき「今のアジアサッカーのレベルは手強い」と言ってから、「移動距離や不慣れな環境とうい不便さだけなら、中東チームのほうがマシということもある。中国や日本クラブの実力は良い。特に中国の急成長は警戒しなければならない」という見解を明かした。

ホン・ミョンボ監督は23日、ホン・ミョンボ慈善試合のメディアデイに参加して「中国リーグには世界的なFWが多い。ブラジル代表級選手が多い。これは逆に、防ぐDFは競技力が高くなければ持ちこたえるのが難しいという意味」と強調した。

特級ストライカーだったファン・ソンホン監督も、最高のDFだったホン・ミョンボ監督も"中国化論難"については否定的な見解を明かしたというわけである。
真剣な考察なしに"中国化"云々とするのは誤った認識という異口同音だった。
事実よりさらに重要なことは別にある。
論難の是非を離れて"私たちのほうがもっと優れている"という考え自体が常に危険な発想だ。



[ハローブンデスリーガ] 日本人主将酒井・・・ハンブルク反騰ののキー
スポーツ東亜




※一部要約

過去数年間、経営について多くの批判を受けてきたドイツブンデスリーガの名門ハンブルクが、今シーズンの長期低迷から抜け出す変化の兆しを見せている。
日本選手としては初めてヨーロッパ1部リーグクラブの主将を引き受けた酒井高徳がこうした変化を象徴している。

先月19日、ハンブルクの新司令塔マルクス・ギスドルは新キャプテンに酒井を任命した。
当時ギスドル監督は「私たちには新たな体系と構造が必要だった。今回の決定が肯定的な効果につながると信じ、新鮮な変化をもたらすだろう」と期待していた。

酒井は2012年にシュツットガルトのユニフォームを着てブンデスリーガでデビューした。
ハンブルクには2015~2016シーズンに入団し、わずか1年5ヶ月でチームを代表する主将の腕章をつけた。
注目すべき点は、日本人の父とドイツ人の母の間に生まれた混血だが、ドイツに来る前までドイツ語をまったく話せなかったということだ。
だが「酒井はドイツに早く溶け込むため、言語習得に相当な力を入れた。合わせて特有の親和力と人々をまとめる能力があり、感嘆に適応することができた」という日本メディアの報道内容通り、彼が主将になるまでは刻苦の努力があった。
さらには今シーズンのブンデスリーガで最年少主将である。
ブンデスリーガ18クラブの主将の平均年齢は30.2歳だ。



"膝負傷"シャルケ内田、21ヶ月ぶりに復帰
スポーツ東亜




※一部要約

負傷に苦しめられていた内田篤人がグラウンドに復帰した。

内田は去年3月のレアル・マドリードとのCL16強戦で膝の負傷に遭い、試合に出ることができなかった。
負傷の程度は深刻で、内田は引退まで直面することになった。

最終的に内田は昨夏に手術をして復帰を熱望した。
その結果21ヶ月が過ぎた現在、ついに試合に出場できる水準まで回復した。

内田は9日に行われたザルツブルクとのヨーロッパリーグの試合に出場した。
この消息を聞いた香川真司は「同じサッカー選手としてすごく嬉しい。早く一緒に代表チームでもしたい」と伝えた。

一方、内田は鹿島アントラーズ所属だった2010年5月にシャルケへ移籍した。
その後彼は2010南アフリカワールドカップ、2011アジアカップ、2013FIFAコンフェデレーションズカップ、2014ブラジルワールドカップをすべて消化し、日本になくてはならない核心DFとして位置づけられていた。



[UCLイシュー] "76秒で2ゴール"香川、UCL最短時間マルチゴール
インターフットボール




※一部要約

記録の豊作だった。
そしてその中心にドルトムントの香川真司がいた。

ドルトムントは23日、ジグナルイドゥナパルクで行われたレギア・ワルシャワとのUEFAチャンピオンズリーグF組5次戦で8-4の大勝を勝ち取った。
4勝1分けの勝ち点13で首位を走り、16強を早くも確定した。

この日ドルトムントはUCLの舞台で新たな歴史を記した。
1試合で8人が得点に加担する珍しい風景を演出した。
またこの試合は計12ゴールが炸裂した。
2003年のモナコ-デポルティボ戦の8-3のスコアを超えた。
二つともUCLの舞台で初めての出来事である。

個人記録も出た。
香川は前半17、18分にマルチゴールを決めた。
正確には76秒で2ゴールを炸裂させ、ドルトムントが早目に勝機を掴む一助となった。
これはUCL史上最速のマルチゴールである。
英国BBCとテレグラフなどがこのニュースを報じた。

香川の前にはガレス・ベイルがトッテナムのユニフォームを着ていた2010-11シーズンのインテルとのGLで、後半45分に2ゴールを奪った。
当時トッテナムはインテルに4-3で敗れたが、ベイルはこの試合でハットトリックを達成してスター誕生を予告した。
香川は77秒のベイルを抜いて1位を占めた。
3位はオランダの伝説ファン・バステン(当時ACミラン、82秒)である。

今シーズンに主戦競争で困難を経験していた香川は、UCLで5年ぶりにゴールを味わって主戦競争で青信号を灯した。



[UCL] "EPLとは異なる状況"レスター、軽く16強進出
MKスポーツ




※一部要約

イングランドチャンピオンのレスター・シティがクラブ史上初のUEFAチャンピオンズリーグトーナメントに進出した。

レスターは23日、キングパワースタジアムで行われたUEFAチャンピオンズリーグG組5次戦でクラブ・ブルージュを2-1で退けた。
4勝1分けを記録し、最終戦を残して3位FCコペンハーゲンとの勝ち点差を7に広げて16強進出のチケットを早くも手にした。

レスターは今シーズン、ディフェンディングチャンピオンらしくなくリーグでグラグラしている。
12試合で3勝3分け6敗の勝ち点12に終わっている。
20クラブのうち14位である。
今シーズンのチャンピオンズリーグで4勝を手にする前の終末のリーグ戦では間違いなく敗れた。
先週末はワトフォードに1-2で敗れたが、ブルージュには2-1で勝った。
アイロニーである。




UCL16強行きを導いた岡崎、「レスターの歴史を記す」
インターフットボール




※一部要約

勝利の主役は岡崎だった。
先発出場してジェイミー・ヴァーディと攻撃の責任を担った。
前半5分にサイドを上ってきたフクスのクロスを、ゴール前に飛び込んで左足ノンストップシュートでゴールネットを揺さぶった。
ボールは早くバウンドしたが落ち着いて上手く処理した。

岡崎は公式HPで試合の所感を明かした。
岡崎は「サイドにいるフクスはいつも私の動きをよく見てくれる。本当に良いクロスだった。彼に感謝する。チームが勝って嬉しい」と笑った。

続けて16強進出について「信じられない」としつつも、「モチベーションになる。もっと上に行けると思う。レスターの歴史を記したい。チームにもっとたくさん助けになる」と誓った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング