"ヨーロッパ派ベスト11"日本、ヨーロッパ進出選手何人なのか?
ゴールドットコム




※一部要約
アジアカップで準優勝した"永遠のライバル"日本の原動力は何だったのか?
様々な要因はあるだろうが、そのうちの一つはヨーロッパ派の力だった。

先月28日に行われた日本とイランのアジアカップ4強戦は、日本サッカー史にとって意義のある日だった。
アジア最強を自負するイランを3-0で下した結果も重要だったが、先発出場した選手の面々が記念碑的だった。
森保一監督はフィールドプレーヤー10人を、すべてヨーロッパ派の選手で出してきた。
唯一の国内派としてイランの攻撃を無失点で防いだGK権田修一は、決勝戦を前にポルトガル1部リーグのポルティモネンセ移籍を確定させた。

この日、日本が放った3ゴールはすべて、当然ヨーロッパ派のつま先から出た。
マルチゴールを記録してイラン撃破の先頭に立った大迫勇也は、ドイツ・ブンデスリーガのベルダー・ブレーメン所属である。
勝利を確定させる楔のゴールの主人公・原口元気もブンデスリーガのハノーファー96でプレーしている。



トゥールーズ、日DF昌子源の入団を公式発表
STNスポーツ




※一部要約

日本代表出身DF昌子源がフランス・リーグアンのトゥールーズFCに移籍した。


トゥールーズは4日、公式HPとSNSで「サムライブルーの昌子源と2022年までの入団契約を結んだ」と明かして事実を公式発表した。
フランスメディア<フランス24>は、昌子の移籍金は約300万ユーロと予想した。

昌子源のトゥールーズ移籍は去年すでにほぼ確定した状態だった。
前所属チームの鹿島アントラーズが公式HPで昌子のトゥールーズ移籍に言及していた。
その後、昌子はトゥールーズのメディカルテストを難なく通過してトゥールーズに正式入団することになった。


190105152426977.jpg


一方、昌子は鹿島時代と同様に背番号3が入ったユニフォームを着用する予定である。



日の期待感上昇、"新たなビッグ3"並んで得点砲稼働
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本サッカー界が揺れている。
新たなビッグ3の誕生に期待感をあらわしている。

日本メディアのスポーツ報知は4日、「日本代表の顔とも言える南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、堂安律(フローニンゲン)がリーグですべてゴールを決めた。新たなビッグ3が並んでチームの勝利に貢献し、2019UAEアジアカップ出場で肯定的な姿を見せた」と報じた。




EPLウォルバーハンプトン、"日新星"中島獲得秒読み
スポーツアジア




※一部要約

日本サッカー界の新たな星に浮上したポルティモネンセのウィンガー中島翔哉のビッグリーグ入りが秒読みに入った。

ポルトガルメディア"ア・ボラ"は6日、イングリッシュ・プレミアリーグのウォルバーハンプトン・ワンダラーズとポルティモネンセが中島翔哉の移籍交渉が仕上げの段階に至ったと報じた。
移籍金は約2000万ユーロ(約260億ウォン)と予想されるとこのメディアは付け加えた。

昨シーズン29試合に出場して10ゴール10アシストを記録し、ヨーロッパの舞台に軟着陸した中島は、俊足を主な武器にしたドリブル突破能力や鋭いクロス、冷静なフィニッシュ能力を持っていて、ヨーロッパで高い評価を受けてきた。



[パク・ムンソン] 変わり者・本田圭佑
パク・ムンソン コラム




※一部要約

本田圭佑。

国内サッカーファンにとって少し特異な感じの日本サッカー選手だ。

国内で日本サッカー選手はあまり好感ではない。
歴史的な認識に、地理的なライバル意識などの影響である。
以前の"柴崎事件"が大きな話題になったのもそのためだ。

ところが本田は少し違う。
好感まではなくても、はっきり非好感でもない。
一般的な日本選手とは違う本田の線の太いプレースタイルに、がっしりしたフィジカル、さっぱりとしたFKなどが及ぼすイメージのためだ。

日本でも本田は目立つ選手として有名である。
0トップからサイドアタッカー、2列目の攻撃的MFまですべてでき、日本選手最高の左足無回転FKの能力を持っている本田は、日本でも特別な選手として通じる。
日本選手として初めて3回のワールドカップ本戦で連続ゴールを決めたことと、連続アシストを記録したキャリアだけでも、本田は特別だ。

本田は選手の才能だけで目立っているのではない。
行く道の選択が独特だった。
日本名古屋で上手くプレーし、オランダの小さなクラブであるフェンロに発った。
フェンロが2部に降格しても残り、1シーズンですぐにチームを1部に復帰させた。
フェンロで再び半シーズンプレーし、ヨーロッパの様々なクラブとリーグのラブコールを受けたが、本田が選んだところはロシアのCSKAモスクワだった。
本田はロシア・プレミアリーグでプレーする初めての日本選手であったほど、本田の選択は異例的だった。



イ・スンウより小さい日・翔哉、ポルトガルで15-15迫る
MKスポーツ、カン・デホ記者




※一部要約

イ・スンウの成人の大会キャリアもいつの間にか4年目である。
まだ席を占められない最大の理由に、公式プロフィール基準で173センチという矮小な体格が言及されるが、顔向けできないくらいに10センチ近く小さい日本選手が2シーズン連続でヨーロッパプロサッカーで大活躍している。

2016AFC U-23選手権MVPの中島翔哉は身長が164センチに過ぎないが、2018-19ポルトガル・プリメーラリーガで8試合4得点3アシストで現地の相次ぐ好評を受けている。

中島翔哉は今シーズン、ポルティモネンセ所属としてポルトガル1部リーグで平均89.6分の体力と、90分当たりの攻撃ポイント0.88という生産性を同時に見せている。

ポルティモネンセは2017年8月29日にJ1リーグのFC東京から中島翔哉をレンタルし、2018年1月6日に完全移籍させた。
入団後、カップ大会を含めて42試合14得点16アシスト。
15ゴール-15アシスト達成が目前だ。

2017-18シーズンのプリメーラリーガで29試合10得点12アシスト、単一シーズン10ゴール-10アシストを成し遂げた中島翔哉は、"瞬間的な活躍"という疑いを実力で克服した。

ヨーロッパ進出後、FC東京や東京ヴェルディやカターレ富山など日本プロサッカーでの個人成績を凌駕する上り調子も印象的だ。

ポルトガルは2018年10月25日基準のUEFAクラブリーグランキングで6位に上がっている。
そのような最高級の舞台で、中島翔哉は左ウィングをメインポジションに猛威を振るっている。

左ウィングはイ・スンウのメインポジションでもある。
だが2018-19シーズンでのカップ大会を含めた公式戦出場時間はヴェローナのウィング資源で6位に留まるなど、同格と比較するほどの状況ではない。

ポルトガル現地でも中島翔哉の決定的パス(シュートチャンス創出)やスルーパスの精密さと創造性を認めている雰囲気だ。
セットピースのキッカーにも出るなど、キック能力まで好評を受けてプリメーラリーガで常勝疾走している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング