[ブンデス7R] "香川幻想ゴール"BVB、アウクスを2-1で制圧…クジャチョル57分
スポータルコリア

20171001004140544.jpg


※一部要約

ドルトムントがアウクス遠征で勝利した。
勝ち点3を取ってリーグ首位維持に成功した。
クジャチョルは57分間グラウンドを走った。

ドルトムントは30日、WWKアリーナで行われたブンデスリーガ7ラウンドのアウクス遠征に2-1で勝利した。
勝ち点3を確保したドルトムントはリーグ首位を維持した。


20171001004140544a.jpg

20171001004140544b.jpg



[EPL 3R] "ラッシュフォード決勝ゴール"マンU、レスターに2-0の完勝…3連勝行進
スポータルコリア




※一部要約

マンUがホームでレスター・シティに完勝した。
新星ラッシュフォードがレスターのゴールネットを揺さぶり、勝利の青い鳥になった。

マンUは27日、マンチェスターにあるオールド・トラフォードで行われた2017/2018シーズン・イングランド・プレミアリーグ3ラウンドのレスター戦に2-0で勝利した。
マンUはレスター戦の勝利で快調の3連勝行進を走った。


20170827032117868a.jpg

20170827032117868b.jpg



[ルセムコラム:ブンデス開幕特集①] アウクスとケルンの核心になった韓・日選手たち
ネイバースポーツ




※一部要約

「我々のチームにとって大迫は代わりになる選手がいない」

実際にケルンはジョン・コルドバが負傷すればセラー・ギルシが代わりをすれば良く、マルセル・リッセが倒れたらクリスティアン・クレメンスがプレーすればの良いのです。
かなりの選手は抜けても代わりの選手がいるという意味です。
しかし大迫のようなタイプの選手は、ケルンのスカッドにはいそうにありません。
シュテーガー監督は憂鬱になるしかないのです。

「大迫は試合の中で勝負を決められる能力を持っている選手だ。彼を代えるのは難しいこと」

昨シーズンの大迫はブンデスリーガでプレーするアジア選手の中で最も影響力のある選手と評価されました。
昨シーズン7ゴール8アシストを上げた彼は、所属チームのケルンを25年ぶりにヨーロッパクラブ対抗戦に導きました。
大迫はそれだけ能力を見せた選手なので、監督は心配して頭を悩ませるしかありません。

日本人にとってケルンはブンデスリーガ進出史の始まりを知らせた都市です。
伝説の奥寺康彦が約40年前にケルンのユニフォームを着てブンデスリーガの頂点に上りました。
ブンデスリーガ優勝を経験した日本選手は奥寺が初めてでした。
その奥寺は今でもブンデスリーガに関心を持って見守っているようです。
その中でも直属の後輩である日本選手を注意深く見ているのは当然のことでしょう。
彼は日本選手が着実にブンデスリーガに進出している理由を説明しました。



"韓国企業買収"AFCテュビズ、二兎を狙う
デイリアン




※一部要約

スポーツビジネス企業スポーティズンが買収したベルギープロサッカー団のAFCテュビズが6日、開幕戦を行なった。

今年で買収4年目を迎えるAFCテュビズは、現地で積んだノウハウを基に、昇格とプラットフォームビジネスの安着を目標にした。

AFCテュビズは2014年にスポーティズンが買収して国内に伝えられた。
チェルシーのエースでありベルギー代表のエデン・アザールがユース時代に成長したクラブとして有名なAFCテュビズは、2015年にKBSの芸能番組"青春FCハングリーイレブン"で国内ファンの認知度がアップした。

買収後に様々な試みを通じて現地の経験を積んだAFCテュビズは今シーズン、いつのときもよりも昇格について強い意志を見せている。

有望株の獲得も多かった。
買収後にヨーロッパで積み重ねたネットワークを基に、ヨーロッパ名門クラブの有望株をレンタル移籍させるプラットフォームビジネス事業が始まった。

アジア選手への関心も放ってはいない。
イ・ジェゴン(22)、オ・ジャンウォン(19)、ハスンジュン(19)ら韓国人有望株の他にも、日本人有望株の坂井大将(20)を獲得した。

AFCテュビズの関係者は「今後、韓国・中国・日本サッカーなど東アジアの有望株について追加獲得を考慮中だ。アジア選手のヨーロッパ舞台進出の橋頭堡の役割を果たすだろう」と明かした。



柴崎、スペイン1部リーグのヘタフェ"10番"割り当て
スポータルコリア




※一部要約

スペイン1部リーグのヘタフェに移籍した日本代表出身MF柴崎岳が所属チームから10番を割り当てられた。

ヘタフェは21日、クラブの方式HPで柴崎の獲得を発表した。
発表にともなう柴崎の契約期間は4年である。

柴崎は2月、スペイン2部のテネリフェにレンタルで印象的な活躍を繰り広げた。
スペイン・プリメーラリーガ昇格をかけて繰り広げられた最終プレーオフ戦でヘタフェと会って敗れたが、お墨付きを得ることに成功した。
テネリフェとの契約満了後のヘタフェ移籍も一瀉千里に進められた。

柴崎に信頼を送ったヘタフェは10番まで与えて満足感をあらわした。
サッカーにおいて10番は意味するところが大きい。
一般的にチームの象徴、あるいは攻撃の核心として起用される選手にだけ与えられる番号である。

降格して1年で再びプリメーラリーガに復帰したヘタフェは、柴崎ら新選手の合流に支えられ、ラ・リーガでの突風を準備中だ。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:テネリフェ退団の柴崎岳がリーガ昇格チームのヘタフェに移籍決定


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング