レアル・ベティス、"ドラゴンボール"活用のオフィシャルで広告効果"大当たり"(映像)
ゴールドットコム




※一部要約

レアル・ベティスが乾貴士獲得の発表方法にアニメーション映像を選んだ。
日本の代表的アニメーションであるドラゴンボールやドラえもんをパロディにした映像である。

スペイン・プリメーラリーガのレアル・ベティスが、日本人選手の乾貴士と2021年までの契約を結んだ。
乾は2018ロシアワールドカップにも参加する、日本のベテラン代表選手だ。

乾はドイツ2部リーグのVfLボーフムを経てフランクフルト、スペインのエイバルに至るまでヨーロッパの舞台で活躍し、様々なクラブの関心を集めてきた。
169センチ59キロの小さな体格の乾は、速いドリブルと鋭いパス能力を持っていて、MFとしてプレーメーカーの役割で卓越している。

レアル・ベティスは乾貴士獲得の発表方法にアニメーション映像を選んだ。
オフィシャル映像がレアル・ベティスの公式ツイッターに掲載され、現在の紹介数は約230万を記録中である。
日本の代表的アニメーションのドラゴンボールやドラえもんをパロディにした映像である。



日本メディア「本田、Kリーグ行きの可能性ある…問題は移籍金」
スポータルコリア




※一部要約

Kリーグで本田圭佑を見られるだろうか。
日本メディアが本田のKリーグ移籍の可能性を分析した。

本田は日本代表出身のMFだ。
2008年に名古屋グランパスを去ってヨーロッパの舞台を踏み、2014年にイタリアのACミランに移籍した。
だが本田のミラン生活は順調ではなかったし、2017年にメキシコのパチュカーのユニフォームを着た。

パチューカとの契約期間は6月30日までである。
今シーズン、リーグ32試合に出場して10ゴール7アシストを記録したが、パチューカと同行する可能性は低い。
現地メディアによると本田はパチューカとの別れを考えている。

本田の今後の行き先が注目されている中、日本メディアが興味深い可能性を提起した。
日本"フットボールウェブ・ゾーン"は"フォックススポーツアジア"を引用し、本田の行き先を予想した。
アメリカやスペイン行きもあるが、アジア舞台の復帰の可能性も低くない。

本田がアジア舞台を選ぶ場合、計5ヶ国が範囲に入ると報じた。
まずタイだった。
メディアは「タイは東南アジア上位圏の国だ。本田がタイ行きを決めれば興行で大いに役立つだろう。タイ代表選手が日本リーグで活躍しているので両国の雰囲気も良い」と伝えた。



イ・スンウに押された日スターが"ヨーロッパ10ゴール達成"
MKスポーツ




※一部要約

イ・スンウ(ヴェローナ)の4年前の圧倒的な技量に絶望した日本の有望株の切歯腐心が、ヨーロッパプロサッカー進出初年度に1シーズン10得点という実を結んだ。

堂安律(フローニンゲン)は30日、エクセルシオールカフェとのオランダ・エールディビジ33ラウンドのホーム試合(4-0勝ち)で、右ウィングとしてフルタイムを消化して1ゴールを決めた。

1得点を追加した堂安律は今シーズン、カップ大会を含めて30試合10ゴール4アシストになった。
平均77.5分で90分当たりの攻撃ポイント0.54は、ヨーロッパデビューシーズンの選手としては非の打ち所がない成績だ。

堂安律は2014AFC U-16選手権準決勝で先発で出て交代なしで最後までプレーしたが、イ・スンウが2得点して韓国の4強行きを主導するのを防げなかった。

当時、スペイン・ラ・リーガのFCバルセロナが愛重する有望株だったイ・スンウの実力をフィールドで体験した堂安律は、挫折感とともにヨーロッパへの熱望が強くなったという裏話である。



ドルトムント、日MF中島の獲得に関心…移籍金265億
インターフットボール




※一部要約

ボルシア・ドルトムントが日本MF中島翔哉の獲得に関心を持っている。

ポルトガル"ア・ボラ"は25日、「今シーズンの中島はポルティモネンセで非常に印象的な活躍を繰り広げている」として、「そのような状況でブンデスリーガのドルトムントとシュツットガルトが彼に関心を持たないわけにはいかなかった」と伝えた。

中島は東京ヴェルディユースチームを経て、2012年にブロの舞台でデビューした。
その間に日本の各級代表を経て頭角を現し、2014年にFC東京へ移籍することになった。

2016年のAFC U-23チャンピオンシップに参加して日本を優勝に導き、大会最優秀選手に選ばれて注目を集めた。
そして2017年8月にFC東京を去ってポルトガルのポルティモネンセにレンタル移籍した。



[ブンデスレビュー] "バチュアイデビュー戦+マルチゴール"BVB、ケルンに3-2勝ち…2位跳躍
インターフットボール

20180203062959159.jpg


※一部要約

新入生ミシー・バチュアイのデビューゴールが炸裂したボルシア・ドルトムントが、ケルン遠征で気持ちの良い勝利をおさめた。

ボルシア・ドルトムントは3日、ラインエネルギーシュタディオンで行われた2017-18ドイツ・ブンデスリーガ21ラウンドのケルン遠征で3-2の勝利をおさめた。
これでドルトムントは勝ち点34でリーグ2位に上がった。(※現在は4位)
ケルンは最下位を維持した。


20180203062959159a.jpg

20180203062959159b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング