イタリアメディア、「セリエクラブ、パク・チュホに関心」
OSEN




※一部要約

イタリアサッカー専門メディア"TMW"は26日、「ドルトムントⅡ(2軍チーム)所属のパク・チュホがイタリア行きを選ぶかもしれない。イタリアクラブが彼に関心を持っている。彼は移籍のため、現在いくつかのイタリアクラブと話をしている」と報じた。

TMWはパク・チュホが韓国代表出身の左SBであり、マインツやバーゼルでしてドルトムントに移籍したと紹介した。
パク・チュホはドルトムントで守戦の確保に困難を経験している。

ドルトムントはパク・チュホをプレシーズンアジアツアーのメンバーから除外し、事実上の"戦力外"通知を飛ばした。
もうプレーできるチームを探して去るときである。
パク・チュホにとっては2018ロシアワールドカップを考えれば、なおさら先発出場の機会が切実だ。


20170726083011645a.png


すでにドイツメディアが、ギリシャのAEKアテネがパク・チュホに関心を持っていると報じたことがある。
まだ彼の活躍を覚えているチームは残っている。
イタリアでもギリシャでも新たな挑戦に出るときだ。
パク・チュホがどのチームのユニフォームを着ることになるのか関心が集まっている。



チ・ドンウォン、アウクス再契約メンバーから除外
スポータルコリア




※一部要約

ドイツ・アウクスブルクの最前方FWチ・ドンウォンが所属チームの再契約メンバーに名前を上げられず不安感を高めている。

アウクスブルクは25日、公式HPで主軸選手の再契約のニュースを伝えた。
ダニエル・バイアー、カイウビー、フィリップ・マックス、ジェフリー・ハウウェレーウまでの計4人。
アウクスブルク側は一度に何と4人の選手と再契約に成功し、家の取り締まりに乗り出した。





大挙再契約の発表の中で、唯一目につかなかった選手がいる。
チ・ドンウォンがそうだった。
アウクスブルクとチ・ドンウォンの契約期間は2018年6月30日までで、すでに残り期間が1年を過ぎている状況である。
通常の再契約の手続きであれば、4人の選手よりももっと先に再契約が実現するべきだった。
だがチ・ドンウォンは今回のアウクスブルクが発表した再契約のメンバーに名前を上げられなかった。

チ・ドンウォンは昨シーズン、ブンデスリーガ34ラウンドの全試合で姿をあらわした。
先発出場も24回で、何と70%に達する先発出場率を誇った。
チームの最前方FWという点を考慮すれば、無視できない数値である。



イ・スンウ、今週中にバルサBの練習合流・・・去就決定も早まりそう
聯合ニュース




※一部要約

スペイン・プロサッカーの名門FCバルセロナのユースチーム所属であるイ・スンウが、今週中に所属クラブのプロチームであるバルセロナBの練習に合流する。

イ・スンウの国内エージェント社であるチーム・トゥエルブは25日、「イ・スンウ選手が今週中にバルセロナBの練習に参加する予定」と明かした。

イ・スンウはこの日招集予定の10人の練習メンバーに入ったが、自分の進路に関する具体的な"ビジョン提示"をクラブに求め、練習不参加を宣言した。

イ・スンウ側は「イ・スンウ選手が練習に専念し、クラブとの交渉を併行することになるだろう」と説明した。

イ・スンウは9月になる前にプロ契約をしなければならない中で、残留とレンタル、移籍の中から一つを選ばなければならない。

だがバルサBは2リーグに昇格した後、ホンジュラス出身の有望株チョコ・ロサノとブラジル出身のヴィチーニョを獲得し、2人の"非ヨーロッパ出場クォーター"を埋めているので、イ・スンウの立地は広くない状況である。

来年まで契約しているイ・スンウは、主戦で安定した出場時間を確保することが急務なだけに、レンタルより完全移籍を積極的に推進する可能性が高い。

ドルトムントを含めて7~9クラブの獲得オファーを受けているイ・スンウは、バルサBの練習に合流することで、去就をめぐってクラブとの交渉もスピードを増す見通しだ。



バルセロナの立場「イ・スンウ、私たちが決めたところにレンタルで行きなさい」
スポーツソウル




※一部要約

FCバルセロナがイ・スンウに投じたメッセージは簡潔である。
契約期間が残っているので、決めたところにレンタルで行きなさいということだ。

クラブのユースディレクターとして働き、バルセロナBの2部昇格とともにこの前団長に昇格したペップ・セグラが最近、スペインメディアとのインタビューで選手のレンタルの方針を明確に示した。
彼は「バルセロナBの新シーズンのエントリーは25人だが、38人も練習に呼んだ」という指摘に「当然25人に減らすだろう」として、「他の選手はレンタル方式で移ることになり、成人3軍の性格であるバルセロナCの新設は現実的ではない。なので前からそうだったようにレンタル政策を維持するつもりだ」と伝えた。
彼は続けて「今後もバルセロナBに新しい選手がさらに入ってくるかは見守ろう。すべてのことが起こり得る」と言った。

これはバルセロナがイ・スンウ側に伝えた考えともほとんど同じである。
イ・スンウに最近、フランスのクラブが大きな関心をあらわしているが、FIFAの懲戒時期だった2014年に結んだ5年契約が障害物になっている。
契約満了時まで毎シーズン、プレーすべきチームとそれに伴う年俸が決まっていることがわかった。
2017~2018シーズンからは当然、成人2軍チームに合った年俸を受ける。
バルセロナBが昨シーズンのように3部リーグにいれば、ペク・スンホのように大きな問題は起きなかっただろう。
スペイン3部リーグには外国人クォーターの制限がないからである。
だが2部リーグは1チーム当たり非ヨーロッパ選手を2人しか置けないので問題が生じた。

バルセロナはイ・スンウらに再契約をして契約期間を伸ばしてから、レンタルで行きなさいという立場である。
バルセロナBは去年リオオリンピックでホンジュラス代表としてプレーした24歳のアントニー・ロサノを獲得するなど、"ユースを育ててバルセロナBに配置、1軍の架け橋にする"というユース政策を事実上放棄し、2部リーグ残留に集中している。
一人前になった選手を連れてきている。
そのような状況でもう一つの特徴は、バルセロナがイ・スンウらレンタルを推進している選手に対し、自分たちが指定したチームに行くことを望んでいるという点である。
完全移籍や契約解除で新たなチームを探すことを推進している選手にとっては喜ばしい政策ではない。


【関連記事】
韓国ネチズン反応:バルセロナで事実上席を失ったイ・スンウ側「今週中に去就決定」


"バルサ出身"チャン・ギョルヒ、ギリシャ・アステラスと2+1年契約
聯合ニュース




※一部要約

FCバルセロナ・フベニールAとの契約が終わったDFチャン・ギョルヒが、ギリシャプロサッカー1部リーグのアステラス・トリポリスFCのユニフォームを着てヨーロッパの舞台でプロデビュー戦を行うことになった。

チャン・ギョルヒ側は20日、「チャン・ギョルヒがアステラスの入団テストを終え、クラブと2年契約に1年の延長オプションが入った契約書にサインした」として、「2017-2018シーズンから1軍の試合に出る前提条件で契約を終えた」と明かした。

2011年にバルセロナユースチームに入団したチャン・ギョルヒは、6月30日に契約が終わって自由契約身分になった。

ヨーロッパ残留と日本Jリーグ進出で悩んでいたチャン・ギョルヒは、最近ラブコールを送ってきたアステラスで入団テストを受け、スタイコス・ヴェルゲティス監督の目を引いて入団契約をすることになった。

アステラス・トリポリスFCはギリシャ・トリポリをホームにするクラブで、1931年に創立して86年の歴史を持つチームである。

2016-2017ギリシャ・スーパーリーグでは16チーム中12位に終わり、ヨーロッパクラブサッカー対抗戦の出場権を取れなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング