[U-20ワールドカップ] 韓国、イングランドに0-1負け・・・グループ2位で16強行き
マイデイリー




※一部要約

韓国がイングランドに敗れてFIFA U-20ワールドカップ16強トーナメントにグループ2位で合流することになった。

韓国は26日午後、水原ワールドカップ競技場で行われた2017 FIFA U-20ワールドカップA組3次戦でイングランドに0-1で敗れた。
すでに2勝をおさめて16強行きを早期に確定していた韓国は、この日の敗北で2勝1敗を記録し、グループ2位で16強に進出することになった。
韓国は30日午後、天安でC組2位チームと16強戦を行うことになった。
C組ではポルトガルとイランが2位争いをしている。
韓国に勝ったイングランドは、2勝1分けの成績とともにグループ1位で16強に進出することになった。








トッテナムのソン・フンミン、レスター戦で20・21ゴール炸裂・・・"レアルかな?"
フォーカスニュース




※一部要約

トッテナムのソン・フンミンがレスター・シティとの2016-17プレミアリーグ37ラウンドで2ゴールを記録し、チームの6-1の大勝を牽引した。

ソン・フンミンは19日、キングパワースタジアムで行われたレスター・シティとの遠征試合で、前半36分と後半26分にそれぞれ1ゴールずつ決めてリーグ13・14号ゴールであり、シーズン20・21号ゴールを記録した。

これでソン・フンミンはチャ・ボングン元監督がレバークーゼン時代の1985-86シーズンに記録した韓国人のヨーロッパ1シーズン最多ゴールの19ゴールを更新した。


2017051901065348423_M.jpg


ソン・フンミンの幻想的な活躍に、国内サッカーファンも様々は反応を吐き出した。
彼らはポータルサイトで「フンミンよダメだ、レアルに行こう」、「ソン・フンミンは上手くやったしチームが本当に良かった」、「ソン・フンミンの21号ゴールを祝福。私がソン・フンミン時代に生きているのが本当に気持ち良い」、「起伏さえちょっと減らせばアジアレベルでは越えられない壁になるだろう」といった反応を見せた。



存在感を失ったイ・チョンヨン、国内Uターンを悩むときである
スポータルコリア




※一部要約

"ブルードラゴン"イ・チョンヨン(29、クリスタルパレス)が自分の未来のために決断を下すときが来た。

イ・チョンヨンが再び欠場した。
彼は14日に行われたハル・シティとのプレミアリーグ37ラウンドに欠場した。
6日のマンチェスター・シティ戦で後半に交代出場して33分ほどプレーし、2連続出場を期待していたが、相変わらずイ・チョンヨンの席はなかった。

イ・チョンヨンはマンシティ戦ではっきりと良い姿を見せたわけでもない。
マンシティ戦の前まで13試合連続で欠場し、実践感覚は明らかに落ちていた。
与えられた時間で熱心にプレーしたが、それだけだった。

イ・チョンヨンのハル・シティ戦欠場も、マンシティ戦の不振が作用した公算が高い。
サム・アラダイス監督のイ・チョンヨンを眺める視線が変わってないということを示したのである。

イ・チョンヨンはパレスと来年6月まで契約している。
契約期間は残り1年である。
アラダイス監督のイ・チョンヨンの起用を見たとき、パレスがイ・チョンヨンと再契約する可能性は極めて低い。
これまでイ・チョンヨンはパレスで31試合に出場して1ゴールを決めただけである。
31試合中、交代出場は22試合に達する。

イ・チョンヨンは残り1年間、パレスでもう一度挑戦することができる。
パレスは今シーズン残留したので、来シーズンもプレミアリーグで走る。
選手としてプレミアリーグの舞台にいるということほど、光栄なことはない。



[トットナム ウェストハム] ソン・フンミン、チーム内最高評点で慰め
デイリアン




※一部要約

"ソンセーショナル"ソン・フンミンが敗北の中でもチーム内最高評点で活躍を認められた。

ソン・フンミンは6日、ロンドンスタジアムで行われたウェストハムとのEPL遠征試合で左サイドの攻撃手として先発出場し、フルタイムを消化した。

だがトッテナムが0-1で敗れたため頭を下げるしかなかった。

特に、この日得点に成功していればチャ・ボングンFIFA U-20ワールドカップ組織委員会副委員長が持っている記録を越えて新たな歴史を作れるところだったが、チーム全体の不振の中で一人では何もできなかった。

ソン・フンミンは奮闘したが、トッテナムが試合の主導権を完全に奪われ、ボールを受ける機会が多くなかった。
ウェストハムの密着守備にもかかわらず活発な運動量を前面に出して競技場を駆け回ったが、同僚のパスは毎回ソン・フンミンを無視した。

これに対してソン・フンミンは直接活路を開きに出た。
事実上、一人で孤軍奮闘したソン・フンミンだった。

試合直後、ヨーロッパのサッカー統計サイトのフースコアードドットコムは、ソン・フンミンにチーム内最高の評点7.07を与えた。

ハリー・ケイン(6.19)、デレ・アリ(6.32)、エリクセン(6.70)らのFWが概して低い評点を受けた中、事実上ソン・フンミン一人が際立って見えた試合だった。



ファン・ヒチャン、リート戦で2G連続ゴール・・・リーグ二桁ゴール"-1"
スポーツ朝鮮

20170430113810481.jpg


※一部要約

ザルツブルクは30日、レッドブルアリーナで行われたオーストリア・ブンデスリーガ31ラウンドで、ファン・ヒチャンの後半33分の同点ゴールに力づけられ、リートと1-1で引き分けた。

リーグ22試合で9ゴール炸裂させた。
リーグカップ1ゴール、ヨーロッパリーグ2ゴールなどを含めてシーズン12ゴールである。
リーグ二桁得点までわずか残り1ゴールになった。


20170430113810481a.jpg

20170430113810481b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング