「2部リーグでもベンチ」イ・スンウ、3オプションにも押された
国民日報




※一部要約

昨シーズンにセリエAからの降格を免れられなかったエラス・ヴェローナが、今シーズンに入って換骨奪胎した姿を見せている。
ヴェローナはシーズン当初からリーグで無敗行進(4勝1分け)を続けている。
だがイ・スンウは相変わらず席を占められず、空回りしている様子だ。

イ・スンウは26日に行われたスペツィアとのセリエB・5ラウンドに出られなかった。
競争ポジションに主戦級選手がおらず、当初は先発出場が予想されていたが、結局欠場した。
8月のジャカルタ・パレンバンアジア大会と9月のAマッチで活躍してから所属チームに復帰したイ・スンウは、3ラウンドと4ラウンドに連続交代出場していた。

この日の試合でイ・スンウの代わりに左サイドアタッカーとして先発出場した選手は、チュニジア代表のカリム・ラリビだった。
今夏ヴェローナに入団した彼は、主に中央攻撃型MFを消化する。
左サイドのアタッカーに起用されたことはあるが、好みのポジションではないだけでなく、成績も良くなかった。
換言するなら、イ・スンウは専門ウィングの資源でもないラリビとの主戦競争にも押されたのだ。

右サイドアタッカーの席はさらに手強い。
ブラジル20歳以下代表でもプレーしていたリデル・マトスは最近、勢いに乗った活躍を繰り広げて右サイドアタッカーの主戦を奪った。
マトスはこの日の試合でも1得点1アシストを上げるなど、全得点に関与して勝利を手動した。

イ・スンウが先発メンバーからずっと除外される理由は単純である。
体格が矮小でイタリア特有の"カンヌキ守備"とプレスを耐え抜けないためだ。
足技は良いが、身体条件を克服するには無理がある。



キム・ギヒが経験したMLS「一緒に楽しむ文化が力」
ゴールドットコム




※一部要約

キム・ギヒが活躍中のシアトル・サウンダーズはアメリカプロサッカーMLSで最高の人気チームだ。
シアトルは今シーズン、ホームで1試合当たりの平均観客数が40623人。

また、キム・ギヒはMLSに移籍してアメリカの舞台を経験するのはもちろん、ズラタン・イブラヒモビッチらのビッグリーグ出身FWとぶつかる機会が増えた。
彼は24日、イブラヒモビッチが身を置くLAギャラクシーとの2018シーズンMLS29ラウンドの遠征試合にも先発出場し、フルタイムを消化した。
キム・ギヒは5月を皮切りに4ヶ月以上、シアトルが行った21試合で連続先発出場中である。

シアトルはこの日、ギャラクシーに0-3の大敗を喫した。
だがキム・ギヒが守備の核として活躍中のシアトルはこの日の前までの3ヶ月間、13試合連続で相手を無失点か1失点で防いでいた。
実際、シアトルは今シーズンにわずか32ゴールしか許しておらず、MLSの計23チームの中で最小失点を記録中だ。
キム・ギヒは最近数年間でシアトルの主戦DFであり、ロシアワールドカップに出場したパナマ代表の主将ロマン・トーレスとの主戦競争を勝ち抜き、毎試合先発出場している。
すでに彼は今シーズン、MLSが毎ラウンド後に選定する今週のチーム(ベストイレブン)にも3回入っている。

キム・ギヒはギャラクシー戦を終えた後、ロッカールームで取材陣と会い、大敗したことに惜しさをあらわしながらも、この半年ほどで経験したアメリカの舞台には十分満足していると語った。




「静かだった」ソン・フンミン最低評点5点、ラメラに最高8点
Newsen




※一部要約

ソン・フンミンがチーム内共同最低点を受けた。

トッテナム・ホットスパーは9月23日、英国ブライトンのアメックス・スタジアムで行われた"2018-2019イングランド・プレミアリーグ"6ラウンドの遠征試合で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに2-1で勝利した。
エリック・ラメラの決勝ゴールがトッテナムに勝ち点3をもたらした。

先発出場したソン・フンミンはおとなしい方だった。
前半に3本のシュートを試みたソン・フンミンは、後半22分にラメラと交代して競技場を出た。
代表の日程で休息期が短かったソン・フンミンは最近、試合の出場時間を流動的にしている。

試合後、英国の"フットボールロンドン"が発表した選手評点で、ソン・フンミンはチーム内最低点の5点を受けた。
このメディアはソン・フンミンに「早い時間にクロスバーを越えるシュートがあったがが、この大韓民国のスターは再び静かな試合をした」という評を残した。

最高点は決勝ゴールの主人公ラメラだった。
ラメラは得点シーンでカウンターの始まりと終わりを担った。
左サイドからボールを展開した後、ボックス内に侵入してダニー・ローズのクロスを正確に処理した。
ラメラは今シーズン、リーグ戦を交代出場だけで3試合消化し、2ゴール1アシストを記録中だ。

フットボールロンドンはラメラに評点8をつけて「再び重要な貢献だった。トッテナムの2ゴール目の始まりと終わりだった。サイドで攻撃性をさらに吹き込み、仕上げは完璧だった。試合を再び変えた」と記した。

一方、ソン・フンミンとともにクリスティアン・エリクセン、キーラン・トリッピアー、エリック・ダイアーが5点で最低点を受けた。



[現場REVIEW] "ジェソンフルタイム-チョンヨン欠場"キール、ボーフムに2-2の劇的引き分け…"コリアンダービー挫折"
スポTVニュース




※一部要約

"コリアンダービー"は挫折した。
ホルシュタイン・キールのイ・ジェソンは先発フルタイムをプレーした。
だがボーフムのイ・チョンヨンが欠場した。

キールは22日午後8時、ホルシュタイン・シュタディオンで行われたドイツ・ブンデスリーガ2・6ラウンドのボーフムとの試合に2-2で引き分けた。
イ・ジェソンは攻守で活発だった。
だが支援が足りなかった。
攻撃ポイントを上げることができなかった。


180922215329528a.jpg

180922215329528b.jpg



イ・ガンイン"ゴールポスト2+FK誘導4"…ユベントスU19圧倒
MKスポーツ




※一部要約

イ・ガンインにとって2歳差は何でもなかった。
すでに成人2軍に昇格した選手らしかった。

スペインのエスタディオ・アントニオ・プチャデスでは19日、2018-19シーズンUEFAユースリーグH組1次戦のバレンシア-ユベントスが行われた。
19歳以下のチャンピオンズリーグに該当する大会に臨んだバレンシアは、ユベントスに0-1で敗れた。

イ・ガンインは4-4-1-1の攻撃型MFとしてフルタイムを消化した。
前半34分と後半17分に相次いで決定的シュートを打ったが、ゴールポストに当たる不運でユースリーグのバレンシア・ユベントス戦の勝利を導けなかった。

チームは敗れたが、イ・ガンインの存在感は圧倒的だった。
バレンシアU-19の専門キッカーとして出て、3回のFKと4回のCKを蹴った。

ユベントス19歳以下チームは、イ・ガンインを止める過程でファールを4回するなど、手に負えない様子がはっきりとわかった。

バレンシアは2017年7月のU-19公式昇格に続き、2018年1月からは成人Bチームにイ・ガンインを編入させた。

イ・ガンインはバレンシア2軍所属でスペイン3部リーグ15試合2得点。
1試合当たり45.0分を消化し、攻撃型MFと右ウィングで起用されている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング