[オフィシャル] ユン・イルロク"サプライズ"ヨーロッパ行き、フランス・リーグ1のモンペリエに入団
フットボールリスト




※一部要約

Jリーグの横浜との契約が終了したユン・イルロクが、フランス・リーグ1で6位を走るモンペリエに"サプライズ"入団した。

横浜退団後にKリーグ復帰説が出回っていた状況で、思いがけない移籍のニュースだ。
2018年にFCソウルを去って横浜に入団したユン・イルロクは、去年済州ユナイテッドにレンタルされて、1シーズンで34試合に出場して11ゴールを記録した。
モンペリエはユン・イルロクを移籍金なしで獲得し、背番号24のユニフォームを受けたユン・イルロクの映像を公開して入団のニュースを伝えた。

ユン・イルロクが入団したモンペリエの次の試合は、20日月曜日のカーンとのフランスカップ32強戦である。



[現場REVIEW] "フィルミーノ決勝ゴール"リバプール、トッテナムを1-0で下してリーグ21試合無敗行進
スポTVニュース

200112042311046.jpg


※一部要約

トッテナムもリバプールの無敗行進を止められなかった。

リバプールは12日、英国ロンドンのトッテナム・ホットスパー・スタジアムで行われた2019-2020シーズン・プレミアリーグ22ラウンドで、トッテナムを1-0で下した。
リバプールは21試合で20勝1分けを取った。
シーズンの半分が過ぎる時点まで無敗行進をして、優勝に近づいている。

ソン・フンミンは先発出場してフルタイムの活躍をしたが、攻撃ポイントを記録できなかった。


200112042311046a.jpg

200112042311046c.jpg

200112042311046b.jpg



[U-23現場レビュー] "イ・ドンジュン劇場ゴール"キム・ハクボム号、中国1-0撃破!…グループ1位安着
インターフットボール

200110002507831.jpg


※一部要約

東京オリンピック本戦進出を狙うキム・ハクボム号が、中国戦でジョーカーのイ・ドンジュンによる劇場ゴールで勝利した。

キム・ハクボム監督が率いる大韓民国U-23サッカー代表は9日午後10時15分、タイ・ソンクラーのティンスラノンスタジアムで行われた中国との2020AFC U-23チャンピオンシップC組1次戦に1-0で勝利した。
これで韓国はイランとウズベクを越えてグループ1位になった。


200110002507831a.jpg

200110002507831b.jpg

200110002507831c.jpg



ドイツメディア、「ファン・ヒチャン、350億でウォルヴァーハンプトン移籍完了…1月にすぐ移籍」
スポTVニュース

191228081808443.jpg


※一部要約

ドイツの地域紙ハングルク・モアゲンポストは韓国時間28日夜中、インターネット版のニュースでファン・ヒチャンのウォルヴァーハンプトン移籍の取引が完了したと記した。

報道によると、ファン・ヒチャンは最近ウォルヴァーハンプトン移籍の噂が広がっていたが、すでに交渉は完了した。
ハングルク・モアゲンポストにはファン・ヒチャンが英国の金額で最大2300万ポンド、ユーロ貨幣で2700万ユーロ(約350億ウォン)を記録してウォルヴァーハンプトンに移籍すると書いていた。


191228081808469a.png


ザルツブルク側はウォルヴァーハンプトンとの交渉を認めつつも、2019-20シーズン中はチームを去らないという立場を取ってきた。
だがハングルク・モアゲンポストは、2020年1月にすぐファン・ヒチャンがウォルヴァーハンプトンに合流する予定で、2月にあるRCDエスパニョールとの2019-20ヨーロッパリーグ32強戦にファン・ヒチャンがウォルヴァーハンプトン所属でプレーすることになるだろうと報じた。

報道の通りなら、ファン・ヒチャンがウォルヴァーハンプトンに移籍すれば14人目の韓国人プレミアリーガーになる。



移籍有力となっているキ・ソンヨン、セルティックで復活するか
スポーツ朝鮮




※一部要約

キ・ソンヨン(ニューカッスル)が全盛期の始まりを告げたセルティックで復活できるか。

サッカー専門メディア"フットボールインサイダー"などの英国現地メディアは26日、キ・ソンヨンのセルティック行きに関する内容を一斉に報じた。
現地メディアは、セルティックを率いるニール・レノン監督が1月の移籍市場でキ・ソンヨンの復帰を推進していると明かした。

セルティックはキ・ソンヨンにとって忘れられないチームだ。
キ・ソンヨンは2010年から2012年までセルティクのユニホームを着て、87試合プレーして11ゴール9アシストを記録した。
入団新年は適応に苦しんだが、2シーズン目から確固たる主戦に位置づけられた。
セルティックでの活躍によってスウォンジー・シティに移籍し、イングランド・プレミアリーグに足を踏み入れ、スウォンジー・シティとサンダーランドで良い活躍を繰り広げた。
その間に南アフリカ、ブラジル、ロシアで三度のワールドカップも経験した。

だがキ・ソンヨンは現在のチームのニューカッスルでまったく機会を掴めずにいる。
昨シーズンにラファエル・ベニテス監督がいたときは重用されたが、今シーズンにスティーヴ・ブルース監督が就任してからは3試合でプレーしたのがすべて。
ブルース監督は最近のインタビューで「キ・ソンヨンが主戦でプレーできないのを認めなければならない。他チームの戸を叩く権利がある」と語った。

これでキ・ソンヨンの移籍説が膨らんだ。
来夏に契約が満了するが、ニューカッスルにとっては1月の移籍市場で彼を送ってこそ、移籍金を手にすることができる。

キ・ソンヨンにとってもセルティック行きは悪くないカード。
キ・ソンヨンももう30代に入った。
現実的にEPLの舞台で主戦としてプレーするのが難しいのなら、次善策を見つけるのが賢明かもしれない。
金をたくさん貰えても、中東や中国のクラブに行くには多少早い時点でもある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング