イ・スンウ、わずか4試合でシーズンレビュー"好評"…コン・フオンは"失敗事例"
フットボールリスト




※一部要約

イ・スンウがシント・トロイデンでの最初のシーズンで、わずか4試合の消化に留まったにもかかわらず好評を引き出した。

新型コロナウイルス感染症がヨーロッパ全域を強打し、サッカーリーグも全面的に中断した。
19日、ベルギーサッカー協会はリーグ中断期限を4月3日から5月1日に延期した。
5月まで状況が良くならなければ、このままシーズンを終える可能性も考えている。

イ・スンウは最近の3試合連続出場した勢いが途切れてしまった。
所属チームのシント・トロイデンはリーグ6位にまで与えられる"プレーオフ1"進出権を取れなかった。
"プレーオフ2"を準備するチームは、事実上来シーズンの準備に入る。

シーズン農業を終えたシント・トロイデンは、結実の評価を受けるときが来た。
現地メディア(ブートバル・ベルギー)が今シーズンのシント・トロイデンの全体的なシーズン評を下した。
イ・スンウへの個人評も含まれていた。

日本企業DMMがチームを買収してから2シーズン目である。
立石敬之CEOの抱負は、3年以内にプレーオフ1に進出するというものだった。
クラブを買収した最初のシーズンだった2018/19シーズンは、正規リーグ7位を記録して6位までに与えられるプレーオフ1のチケットを目前で逃した。
シント・トロイデンの戦力を考慮すれば突風を起こしたシーズンだったし、現地メディアもシント・トロイデンの善戦に注目し始めた。
だが今シーズンは昨シーズンに見せた野心や期待からは大きく遠ざかった。
正規リーグ12位に退歩した姿を見せ、現地メディアからの関心も遠ざかった。



仏メディア、「ソク・ヒョンジュン、コロナ19感染確認」…韓選手-リーグ1初
OSEN




※一部要約

ソク・ヒョンジュンがコロナウイルスに感染したことが確認された。

フランス"フットメルカート"は14日、「トロワのソク・ヒョンジュンがコロナ19に感染したことが確認された」と報じた。

韓国代表FW出身のソク・ヒョンジュンは昨夏の移籍市場でトロワに入団した。

2009年にアヤックスでサッカー生活を始めたソク・ヒョンジュンはフローニンゲン、マリティモ、アル・アハリ、ナシオナル、ポルト、トラブゾンスポルを渡ってヨーロッパだけでキャリアを続けている。

ヨーロッパへの挑戦精神と誠実な態度で好評を受けていたソク・ヒョンジュンは、2016年にシン・テヨン監督のU-23代表に合流してブラジルのリオオリンピックにも出場したことがある。


200314071409636a.png



イ・ガンインも負傷、松葉杖使用を捕捉…右足首捻挫(西メディア)
インターフットボール




※一部要約

スペインの"ラジオ・マルカ・バレンシア"は13日、「イ・ガンインが右足首を挫いた。彼は足を踏めずに松葉杖を利用している」として、イ・ガンインが松葉杖を使って車に乗る映像を公開した。

イ・ガンインは11日、ホームで行われたアタランタとのUEFAチャンピオンズリーグ16強2次戦のホーム試合で、交替リストに名前を上げたがグラウンドを踏めなかった。

2日後、イ・ガンイン負傷のニュースがスペインメディアを通じて伝えられた。
イ・ガンインは今シーズン中盤に筋肉の負傷で治療を受けたのに続き、右足首まで負傷してしまった。

イ・ガンインだけでなくサッカー代表のソン・フンミン、ファン・ヒチャンも負傷でリハビリに邁進している。
現在、スペインのラ・リーガはコロナ19でシーズンを中断した状況で、サッカー代表の3月のAマッチ日程もやはり延期され、イ・ガンインは十分回復できる時間を確保した。



キ・ソンヨン-久保、エイバル戦終了後に親しく抱擁
ゴールドットコム

200308083509787.jpg


※一部要約

大韓民国代表の元主将キ・ソンヨンと日本代表の未来・久保建英が、エイバル戦後に親しく抱擁を交わした。

最近、Kリーグ復帰を打診して失敗に終わった後、ラ・リーガに進出したキ・ソンヨンは7日、エイバルを相手にラ・リーガデビュー戦を行った。
ニューカッスル時代に試合に出られなかったことを考慮すれば、予想より早くて鼓舞的なラ・リーガデビューだった。

奇しくもキ・ソンヨンはこの日の試合で2ゴールにすべて関与し、2ゴール目を直接記録したりもした日本代表の久保建英と交替してラ・リーガデビューをした。
交替シーンのときも、キ・ソンヨンと久保は軽く抱擁を交わした。

両チームの試合が終了した後、ツイッター上でスペインのアジア選手のニュースを主に伝える"フットボールアジアスペイン"は、キ・ソンヨンと久保が試合終了後に親しく抱擁するシーンを共有し、「両選手は仲良く過ごしているようだ」と付け加えた。

これはキ・ソンヨンがマジョルカに入団するというニュースが伝えられた直後、一部の日本ファンが過去の韓日戦でキ・ソンヨンが見せたセレモニーについて言及し、両選手の関係について憂慮をあらわしたこともあるという点を考慮すれば、意味のあることだ。

キ・ソンヨンと久保の肯定的な共存は、残りのシーズンでマジョルカの残留のために重要な部分である。
また、両選手はそれぞれ大韓民国代表の元主将の象徴的選手で、もう1人は日本サッカーの未来を担う選手に挙げられているという点を考慮すれば、今後の韓日サッカーの関係にも影響を及ぼし得る。



イ・ガンインの市場価値が半年で201億に下落…久保と価値同率
スポータルコリア




※一部要約

"ゴールデンボーイ"イ・ガンインの市場価値が半年で下落した。

ドイツ"トランスファーマーケット"は5日、スペイン・ラ・リーガで活躍中の選手のうち、67人の市場価値を調整した。
イ・ガンインも調整対象だった。

イ・ガンインは今回の調整で、500万ユーロ(約67億ウォン)下落した1500万ユーロ(約201億ウォン)を記録した。
"トランスファーマーケット"でイ・ガンインの市場価値が下落したのは今回が初めてである。

1500万ユーロは"日本サッカーの未来"久保建英と同じである。
久保は去年12月、1500万ユーロに市場価値が上がってからこれを維持している。




イ・ガンイン、ラ・リーガ"身代金下落傾向TOP10"…今や日・久保と同率
ベストイレブン

200306110911606.png


※一部要約

"身代金下落傾向TOP10"部門では、レアル・マドリードのエデン・アザールの下落幅が最も大きかった。
アザールはこれまで1億2000万ユーロと評価されていたが、今回の集計で1億ユーロと再評価された。

2番目に下落幅が大きかった選手は、アトレティコ・マドリードのジョアン・フェリックスだった。
フェリックスは1億ユーロから1000万ユーロ減った9000万ユーロを推算された。
莫大な移籍金に比べて、活躍がやや足りなかった点が作用した格好である。

イ・ガンインも身代金下降傾向TOP10に入った。
イ・ガンインはこれまで2000万ユーロで同年代の最上位圏と評価されていたが、今回500万ユーロ減って1500万ユーロになった。

一方、日本の新星・久保建英は、<トランスファーマルクト>の今回の調整で市場価値が上昇した。
イ・ガンインと同じ2001年生まれの久保はこれまで1000万ユーロと集計されていたが、今は1500万ユーロと評価されている。
ラ・リーガでの着実な出場が肯定的影響を及ぼしたようだ。


200306110911606a.png



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング