レスター地元紙「レスター、"トッテナムのターゲット"キム・ミンジェ争奪戦に加勢」
スポータルコリア



※一部要約

レスター・シティがキム・ミンジェ争奪戦に加勢したというニュースである。

英国レスターの地元紙"レスターシャー・ライブ"は21日、「レスターがトッテナム・ホットスパーのターゲットであるキム・ミンジェの争奪戦に参戦した。キム・ミンジェはプレミアリーグとセリエAの関心を集めている」と報じた。

英国"90min"も「レスターが"怪物"という異名を持つ選手に関心がある。CBの獲得はブレンダン・ロジャース監督の再優先順位だ。現在、当該ポジションに怪我人が発生した」と説明した。

レスターは急いでCBを探している。
当初はウェスレイ・フォファナを望んでいたが、サンテティエンヌが彼を引き止める必死だ。
これに対してロジャース監督は、別のオプションを考慮中だと伝えられた。



鈍かったバレンシア、パス成功率100%のイ・ガンイン…45分の活躍で評点6.3
フットボールリスト



※一部要約

イ・ガンインが45分活躍してシーズン2回目の公式戦を終えた。

20日、スペインのビーゴ・バライドスで行われた2020-2021ラ・リーガ2ラウンドで、バレンシアはセルタ・デ・ビーゴに1-2で跪いた。
シーズン初の敗北だ。

イ・ガンインはマキシ・ゴメスとともに最前方で先発として出場した。
だが前試合で2アシストを上げて大活躍した流れを続けられなかった。
シュートはなく、キーパス1本を記録した。
パスを18回試みてすべて成功し、自分の役割を果たした。

ヨーロッパサッカー統計サイト"フースコアード・ドットコム"は、イ・ガンインに6.3の評点を与えた。
得点したゴメスとアシストしたヴァスがそれぞれ7.7と7.6で高い評点を受けた。
中盤に配置されたジョフレイ・コンドグビアも7.3で悪くない活躍を繰り広げた。
バレンシアの選手はほとんどが6点台の評点で、振るわないという評価を受けた。



PK与えたキム・ミンジェ、また叩いた中メディア「中国でプレーする考えがなさそう」
スポータルコリア



※一部要約

キム・ミンジェ(24、北京国安)が中国スーパーリーグでPKを与えた。
現地メディアは北京の勝利にもかかわらず、キム・ミンジェの競技力を指摘するのに忙しかった。

キム・ミンジェは1日に行われた中国スーパーリーグB組8ラウンドの重慶当代力帆との試合に先発出場してフルタイムを消化した。
最後方で守備を導いたキム・ミンジェは、北京の5-2の大勝に力を加えた。
最近3試合連続で勝利のなかった北京は久しぶりの勝利を手にした。

キム・ミンジェにとっては勝利の喜びより、心残りが少し大きい試合だった。
5-1で終わりそうだった後半45分、相手FWを防ぐ過程で不正確なタックルによってマルシーニョを倒した。
PKが宣言されて結局失点を提供した。

キム・ミンジェのプレーを指摘する声が大きかった。
中国の新郎スポーツは「北京は攻撃力を示したが、守備は相変わらず安心できない。競技力論難のあるキム・ミンジェがまだ改善されていない。キム・ミンジェが振るわず、多くの北京ファンを怒らせている」と鋭い批判をした。



イ・ガンイン、プレシーズン交代出場…久保との対決判定勝ち
ジョイニュース24



※一部要約

膝の負傷から回復したイ・ガンインが、所属チームのプレシーズンマッチに出た。

バレンシアは29日、スペイン・ムルシアのピナタールアリーナでビジャレアルとプレシーズンマッチを行った。
イ・ガンインは先発ラインナップからは外れたが、交代リストに名前を上げた。

彼はバレンシアが0-1でリードされていた後半20分、マヌ・バジェホに代わってグラウンドに入った。
イ・ガンインは攻撃ポイントを上げられなかったが、試合終了まで活発にグラウンドを走った。
負傷の後遺症はなかった。

イ・ガンインと同じく、日本サッカーの期待株に挙げられる久保建英も後半に交代投入された。

久保はレアル・マドリード所属だが、昨シーズンにRCDマジョルカにレンタルされ、11日にビジャレアルに再レンタルされてイ・ガンインとこの日プレシーズンの対決が実現した。

久保は1-1になってから交代でグラウンドに出てきて、イ・ガンインは久保とグラウンドでミニ韓日戦を行った。

バレンシアは後半36分に逆転ゴールを入れた。
ペナルティエリア左側からゴメスが左足シュートで決めた。
バレンシアはビジャレアルに2-1で勝ち、23日のカステリョン戦(1-0勝ち)に続いてプレシーズン2連勝を上げた。



[ファクトチェック] "トッテナムではなくラツィオ?"キム・ミンジェ、ヨーロッパ行きはどこに向かってるのか
スポーツ朝鮮



※一部要約

"怪物"キム・ミンジェのヨーロッパ進出は可能なのか。

先月16日、"キム・ミンジェのトッテナム・ホットスパー行き迫る"という報道が出た。
以前から何度も"ヨーロッパクラブのラブコールを受けている"という報道が続いていたが、今度は違った。
"90%以上合意を終えた"、"10日以内に結果が出る"という具体的な話まで出てきた。
キム・ミンジェのヨーロッパ行きを望むファンが多いだけに、当然反響も大きかった。
さらにソン・フンミンがプレーするイングランド・プレミアリーグのトッテナムだった。

しかし、その後は説が続くだけで具体的な進展状況は伝えられなかった。
その間にキム・ミンジェは中国入りし、現在はリーグを消化中である。
正常な体調ではないため、ベストの競技力ではない。
中国メディアがキム・ミンジェ叩きに乗り出すなど、雰囲気は良くないが、キム・ミンジェは依然としてヨーロッパ行きを望んでいる。
最近になって気流が変わっている。
トッテナムよりイタリア・セリエAのラツィオのほうが積極的になっている様子だ。

果たして現在、キム・ミンジェのヨーロッパ行きの可能性はどれくらいなのか。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング