[Interビュー] フランスで新たな挑戦のファン・ウィジョ、「もう1ヶ月、たくさん学びながら適応中」
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョがフランスの地を踏んで1ヶ月という時間が流れた。
ファン・ウィジョは新たな舞台で無我夢中で適応中であり、2回リーグアンの舞台を走った。
惜しさが多かったというファン・ウィジョは、まだシーズン序盤と言って今後の活躍を誓った。

19日、ボルドー市内にあるホテルでファン・ウィジョと会った。
前日のボルドーとモンペリエの試合で、ファン・ウィジョは先発出場して63分間活躍した。
ボルドーはモンペリエと1-1の引き分けをおさめた。


190821060334004a.jpg


ファン・ウィジョはガンバ大阪を去り、今シーズンを控えてジロンダン・ボルドーに巣を作った。
ボルドーはファン・ウィジョに大きな期待をかけている。
アジア選手としては決して少なくない移籍金(約26億ウォン)を投資し、モンペリエとのホーム開幕戦のときのマッチデープログラムの表紙モデルもファン・ウィジョだった。
ファン・ウィジョにかける期待を伺えるような項目だった。

ファン・ウィジョは「惜しい部分が多かった。個人的に準備をかなりした。すごく残念だった」として、「シーズン序盤だ。ボルドーに来てもう1ヶ月になった。少しずつしっかり適応しながら、着実に試合に出場することが重要」と語った。



イタリアの南北有望株、初戦は冨安だけ出場
フットボールリスト




※一部要約

イタリアで韓国、北韓、日本の21歳有望株3人が激突を準備している。
イタリア・セリエAの前にしたコパ・イタリアの試合では、日本の冨安健洋だけが先発でプレーした。

今シーズンのセリエAはエラス・ヴェローナのイ・スンウ、カリアリのハン・グァンソン、ボローニャの冨安健洋が同時に集まり、北東アジアの有望株3人が争う舞台となった。
17日から19日に行われた"2019/2020コパ・イタリア"3ラウンドには、3チームがすべて参加した。
3ラウンドは昨シーズンのセリエA9位以下と新たに昇格したチームまで、12チームが参加する。
ヴェローナ、カリアリ、ボローニャはすべて3ラウンドの参加基準に含まれていた。

冨安は19日、ボローニャがピサを3-0で下した試合に先発でプレーし、イタリアの舞台でデビュー戦を行った。
ピサはセリエBのクラブである。
日本代表の主戦DFである冨安は、ボローニャが700万ユーロ(約94億ウォン)を投資して野心的に獲得した選手だ。
主戦として出場機会を受ける可能性は高い。

イ・スンウとハン・グァンソンは出場できなかった。
イ・スンウは19日、ヴェローナがクレモネーゼに1-2で敗れた試合でベンチを守った。
ハン・グァンソンは同日、カリアリがキエーボを2-1で下した試合のリストに入らなかった。

イ・スンウと冨安は対決を控えている。
26日に行われるセリエA開幕戦で、ヴェローナとボローニャが対決する。
もし両選手が同時に出場すれば、韓国と日本の代表選手の興味深い対決が見られる。
イ・スンウは青少年代表時代から、日本への強いライバル意識と自信を明らかにしてきた。



[現場レビュー] "ファン・ウィジョ63分"ボルドー、モンペリエと1対1の引き分け
スポーツ朝鮮

190818045015400.jpg


※一部要約

ファン・ウィジョがジロンダン・ボルドーの最初のホーム試合で先発出場した。
63分プレーしたが攻撃ポイントを記録できなかった。
ボルドーは引き分けた。

ボルドーは17日午後、フランス・ボルドーにあるヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われたモンペリエとのリーグ1・2ラウンドのホーム試合で1-1の引き分けをおさめた。

ファン・ウィジョは先発のワントップで出撃した。
幅広い動きで背後のスペースに続けて入り込んだ。
問題は支援。
ボルドーの2列目の支援は貧弱だった。
まだタイミングが少し合わない様子だった。
むしろ中盤でボールを渡してカウンターを許したりもした。

両チームは勝ち点1ずつを分け合った。


190818045015400a.jpg

190818045015400b.jpg



ヴェローナ、イ・スンウ移籍させる…ユリッチ監督のプランから除外
スポーツトゥデイ




※一部要約

イ・スンウがイヴァン・ユリッチ監督のプランから除外された様子だ。

イタリア・ヴェローナの地元メディア"Tg Gialloblu"は13日、「ヴェローナのユリッチ監督はイ・スンウを放棄しようとしている」として、「イ・スンウはユリッチ監督が必要としていない選手の1人」と伝えた。

イ・スンウは2017年にヴェローナに入団した。
初シーズンでイタリア・セリエAの強い競り合いに適応できなかったイ・スンウは、主戦競争で押されてリーグ14試合の出場に終わった。

その間に所属チームはセリエBに降格したが、むしろこれがイ・スンウにとってチャンスになった。
新たに就任したファビオ・グロッソ監督がイ・スンウを重用し始めた。
出場時間は初シーズンの344分出場から、2シーズン目は1589分で4倍以上に増えた。

イ・スンウは増えた出場時間で、俊足と闘志溢れるプレーでチームをセリエA昇格に導いた。
そんなイ・スンウの将来には花道が広がっているようだった。

だが今シーズンを前にヴェローナはユリッチ監督を新たな指令塔に選任し、彼はイ・スンウを排除することに決めた。

このメディアは「ベルギーからイ・スンウへのオファーが来た」として、「だがまだ確定していることはない」と伝えた。



リーグアンデビューのファン・ウィジョ、期待感を高めた出発
スポTVニュース




※一部要約

チームは負けたがファン・ウィジョはフランスの舞台に安着した。

ボルドーは11日午前3時、スタッド・レイモン・コパで行われた2019-20シーズンのフランス・リーグアン1ラウンドのアンジェとの試合に1-3で敗れた。

ファン・ウィジョは2列目のアタッカーとして先発出場した。
試合序盤から活発な動きを見せた。
素早いサイド突破で相手DFを揺さぶった。
チャンスがあればシュートをするなど、積極的な動きも良かった。
試合開始直後にチャンスを掴んでシュートをしたが、ゴールポストをわずかに外れたのが惜しかった。

ファン・ウィジョは先制ゴールに貢献した。
前半2分にファールを得て、プレヴィユがこのFKで先制ゴールを決めた。
良い位置でFKを得たファン・ウィジョの活躍だった。

ファン・ウィジョは前半とは違って後半はやや振るわず、後半22分に交代させられた。
特にボルドーが立て続けに3ゴールを献上して守備が一気に崩れ、シーズン開幕戦は敗北に終わった。

ボルドーは敗れたが、ファン・ウィジョは移籍してから初めての公式戦だったという点を考慮すれば、残りのシーズンで十分期待できる活躍をした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング