[同門の便り] 大分トリニータのムン・キョンゴン、日本日王杯でプロデビュー
光云大学校アルマス




※一部要約

ムン・キョンゴン(生活体育14’)が長く待った末にプロデビューを味わった。

ムン・キョンゴンが先発出場した大分トリニータは6日午後7時、維新陸上競技場で行われた第98回日王杯全日本サッカー選手権2次戦のレノファ山口FCとの試合で、後半8分に岩田が先制ゴールを放ったが、相手に2ゴールを許して1-2で敗れた。

この日の試合で2失点したが、ムン・キョンゴンは優れた好セーブを多く見せて可能性を認められた。
前半7分に相手FWとの1対1の状況で身を挺して失点のピンチから脱し、後半序盤にはDFの脚に当たって屈折したシュートを足を伸ばして防いだ。

プロデビュー戦を行ったムン・キョンゴンは、アルマスとの電話インタビューで「デビュー戦でかなり緊張したが、前半にシュートを顔に打たれて気が楽になった。長く待った末に得たデビュー戦だったので、負けて残念だ。それでもコーチングスタッフが肯定的に評価したので感謝している。さらに精進する」と語った。



"Jリーグから5年ぶりにカムバック"イ・テホ、「Kリーグはタフ」
OSEN




※一部要約

今シーズンにKリーグの舞台にデビューした江原FCのDFイ・テホ(※2018年にイ・ジュヨンから改名)は、去年まで5年間日本Jリーグで活躍していた。
成均館大を卒業して、2013年にJリーグのモンテディオ山形に入団してプロデビューした。

2015年に6ヶ月間、天安市庁でプレーしたキャリアを除けば、ジェフユナイテッド、カマタマーレ讃岐などJリーグで選手生活を続けた。

イ・テホは国内サッカーファンには、2014仁川アジア大会のグループリーグのラオス戦と、8強の日本戦に出場して顔を知らせた。
当時、28年ぶりに金メダルを取ったアジア大会代表のメンバーとして好印象を残した。

今シーズンに江原のユニフォームを着て、初めて国内プロサッカーの舞台に登場したイ・テホは、前半期の全6試合に出場した。
CBだが1得点も記録し、充実した活躍をした。



[SPOイシュー] イ・グノに続いてクォン・チャンフンも負傷…攻撃陣も超非常
スポTVニュース

20180520065426414.png


※一部要約

イ・グノに続いてクォン・チャンフンも負傷が疑われる。
シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表が超非常になった。

ディジョンは20日、ディジョンのスタッド・ガストン・ジェラールで行われた2017-18シーズン・フランス・リーグアン最終戦のアンジェとの試合に2-1で笑った。
クォン・チャンフンは先発出場して後半32分に交代した。

ディジョンが2-1で勝った。
ホームで行われた最終戦で笑った。
ディジョンはリーグ11位で終えて1部リーグ残留を確定させた。
ところが悪材料が発生した。
後半に交代したクォン・チャンフンの体調のためである。

クォン・チャンフンは後半32分に交代したが、右のサッカーシューズを脱いで医療スタッフの助けを借りて競技場を出た。

すでに1日前に江原のイ・グノが慶南FCとのKリーグ1・14ラウンドの試合で、後半4分に膝を負傷して交代していた。

江原の関係者はイ・グノの状態について「MRIの結果、右内側靭帯は僅かに損傷しているが、ワールドカップ出場には問題ない」としたが、すぐ21日の招集から坡州NFCで行う練習には正常に参加できない状況だ。

クォン・チャンフンもやはり負傷の程度がわかれば、招集練習の序盤だけともにできないのか、キム・ミンジェやヨム・ギフンのように最悪の状況ではワールドカップに出られないのかが決まる。

大韓民国サッカー代表の新たなエースであるクォン・チャンフンの負傷の便りでシン・テヨン号の憂慮が大きくなった。


20180520065426475a.jpg



"幻想デビューゴール"イ・スンウ、6.9点でチーム内最高評点
スポTVニュース




※一部要約

イ・スンウが33分を消化して強烈なデビューゴールを記録した。

エラス・ヴェローナは6日、イタリア・セリエA36ラウンドのACミラン遠征に1-4で敗れた。
これでヴェローナは勝ち点25で19位を維持し、残り2試合にすべて勝利しても降格圏を抜け出せない。

この試合で負ければ降格が確定するヴェローナの選手は熱心にプレーしたが、試合を変えられなかった。

だがイ・スンウは輝いた。
後半40分にイ・スンウはCKが流れてくると、すぐに強力なノンストップミドルシュートを決めて、自身のセリエAデビューゴールを成功させた。

試合後、サッカー統計サイト"フースコアード"は交代で投入されて33分を消化したイ・スンウに評点6.9を与えた。
チーム内で最も高い評点である。
ヴェローナの選手は概ね評点が低かった。



"降格切迫"ヴェローナ、去就について選択を下さなければならないイ・スンウ
STNスポーツ




※一部要約

エラス・ヴェローナのイ・スンウに選択のときが近づいた。

ヴェローナは29日、スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディで行われた2017/18シーズンのイタリア・セリエA35ラウンドのSPAL2013との試合に1-3で敗れた。
ヴェローナは4連敗に陥った。

この日の敗北でヴェローナは事実上の降格が確定した。
現在、セリエの20チームはすべて3試合ずつ残している。
ヴェローナは勝ち点25で19位を記録中である。
降格を避けられるマジノ線である17位のSPALとの勝ち点差は7だ。

さらに暗鬱なのは、ヴェローナはSPALにゴール得失でもやはり20点も遅れている。
なのでヴェローナが残り3試合で全勝をおさめ、SPALが全敗をおさめなければならないという計算になる。
この条件が満たされたとしても、18位のキエーヴォもやはり残り3試合で1分け2敗か3敗の成績をおさめてこそ、降格脱出が可能である。
それこそ針の穴だ。

事実上、迫る所属チームの降格を前に、イ・スンウも選択をしなければならないときが近づいた。
イ・スンウの選択肢は3つあるが、実質的な選択肢は2つである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング