ドイツメディア「ソン・フンミン優勝、リュ・スンウ尚武…クォン・チャンフン-ペク・スンホも兵役恩恵望む」
スポータルコリア



※一部要約

ドイツサッカー専門誌がクォン・チャンフン(26、フライブルク)をはじめとするコリアンリーガーの兵役義務に光を当てた。

"キッカー"は17日、「韓国のすべての男性は兵役の義務を持つ。だがクォン・チャンフン側は例外規定を利用しようと考えている」と伝えた。

現在、ドイツ・ブンデスリーガで活躍する韓国選手の中で最も差し迫っている立場なのはクォン・チャンフンだ。
チ・ドンウォン(29、マインツ)とイ・ジェソン(28、ホルシュタイン・キール)は最古参だが、それぞれ2012ロンドンオリンピック銅メダルと2014仁川アジア大会金メダルで兵役恩恵を受けた。

メディアは「韓国は北韓との戦争が公式に終わっていない。約20ヶ月間の軍服務はキャリアで不利に作用する。服務期間はどんどん短くなっているが、義務は変わらない」と説明した。

続けて「韓国サッカー選手にも例外はない。だが例外的なケースはある」と付け加えた。



モンペリエ、ボルドーを2-0で制圧…ファン・ウィジョーユン・イルロクの対決霧散
SBS



※一部要約

フランスプロサッカーの舞台でファン・ウィジョとユン・イルロクの対決は不発となった。

ボルドーは8日午前にフランス・ボルドーのヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーでモンペリエと行った2020-2021フランスプロサッカー・リーグアン10ラウンドのホーム試合に0-2で敗れた。

ボルドーでプレーする韓国代表FWファン・ウィジョは先の8~9ラウンドでは連続して先発出場したが、この日は交代選手リストに入ったが結局グラウンドを踏めなかった。

モンペリエのMFユン・イルロクはすでに勝負が決まった後半45分に交代投入され、追加時間の3分ほどを消化した。
ユン・イルロクは最近3試合連続で交代出場した。




"ファン・ウィジョ欠場"ボルドー、"ユン・イルロク交代"モンペリエに完敗
NEWSIS



※一部要約

モンペリエは2連勝で5勝2分け3敗(勝ち点17)を記録して6位に上がった。

一方、2連敗したボルドーは3勝3分け4敗(勝ち点12)で12位に留まった。



"イ・スンウには短かった13分"S.トロイデン、ヘンクに1-2の敗北
スポータルコリア



※一部要約

イ・スンウに十分な時間は与えられなかった。
シントトロイデンはヘンクに敗れ、下位圏を脱することができなかった。

シントトロイデンは8日午前に行われた2020/2021ベルギープロリーグ12ラウンドでヘンクに1-2で敗れた。
勝ち点9を維持したシントトロイデンは15位に順位を下げた。

シントトロイデンは後半36分、アサモアに代えてイ・スンウを投入して攻撃に力をさらに加えた。
ヘンクはエブエ・クアシを入れて守備を強化した。

イ・スンウには時間があまりに短かった。
追加時間は4分与えられたが、ボールを持てる機会はあまり来なかった。
後半追加時間にはデ・リッダーが退場する不運もあった。

イ・スンウはわずか一度のチャンスで強力な右足ミドルシュートを試みたりしたが、方向が惜しかった。
結局追加ゴールは生まれず、試合はシントトロイデンの1-2の敗北で終わった。



"ファン・ヒチャン排除"オルモまで上げたライプツィヒ、天才監督の意中がわからずもどかしい
STNスポーツ



※一部要約

"天才"ユリアン・ナーゲルスマン監督の意中がわからないので、もどかしくならざるを得ない。

RBライプツィヒは5日、ドイツ・ザクセン州ライプツィヒにあるRBアリーナで行われた2020/21シーズンUEFAチャンピオンズリーグH組3次戦のパリ・サンジェルマンFCとの試合に2-1で勝利した。

ライプツィヒが直前の試合であるマンチェスター・ユナイテッド戦の0-5の大敗を乗り越えて立ち上がったその瞬間、競技場にファン・ヒチャンはいなかった。
ファン・ヒチャンはPSG戦に備えたリストには招集されたが、この日に先発はもちろん交代でも出場できなかった。

直前のシーズンにライプツィヒの姉妹クラブRBザルツブルクで大活躍したファン・ヒチャンである。
なので今夏ライプツィヒに移籍して多くの期待を受けた。
だがファン・ヒチャンは現在、すべての大会で6試合の出場(リーグ4、ポカール1、UCL1)に留まっている。
それすら、ポカールの出場を除けばすべて交代出場に留まっている。

そのような状況でファンはPSG戦にファン・ヒチャンの反転を期待したが、今回の対戦では最初から排除されて衝撃を受けた。
しかもファン・ヒチャンの入るポジションに攻撃型MFのダニ・オルモをFWとして起用したというのがさらに衝撃的だった。

単に適応期と見るのも無理がある。
ファン・ヒチャンと入団同期のクライファート、ベンヤミン・ヒンリヒス、アレクサンダー・セルロートらは少なからず先発出場もするなど、チャンスを与えられているからだ。

満33歳で最年少UCL4強行き監督など、多くの記録を持っている天才監督ナーゲルスマンである。
戦術的な理由で彼を排除しているのかもしれないし、適応期のため配慮を理由に彼を排除しているのかもしれない。
別の理由で彼を排除しているのかもしれない。
その正確な意中がわからないので、もどかしさが増している状況だ。



「イ・ガンイン、プレスに適応して試合を上手く読まなければ…」西メディアの指摘
エクスポーツニュース



※一部要約

スペインメディアがイ・ガンインの改善点を指摘した。

イ・ガンインは2日に行われた2020/21シーズンのスペイン・プリメーラリーガ8ラウンドのヘタフェとの試合に先発出場して59分を消化した。
4試合ぶりの先発だったが、チームメイトのコレイアが後半10分に退場して競技場を後にした。

この日のイ・ガンインは自分の長所を遺憾なく発揮した。
前半38分にヘタフェの選手をマルセイユターンで剥がし、ずば抜けた脱プレス能力を誇示した。
中央で左右にボールを繋げてチャンスを提供した。

だがスペインメディアのデポルティーボ・バレンシアーノは3日、「イ・ガンインがもっと良くなるためにはどうすべきか?」と改善点を羅列した。

メディアは「イ・ガンインはチーム内で最も才能のあるサッカー選手でスペースを開けてあったが、フェタへのプレスで彼のボール調達が遅れた。試合をもっと上手く読み、プレスに適応しなければならないが、できなかった」と評価した。

続けて「イ・ガンインは90分間試合でプレーしたことがない。継続して出場できなかった」と述べた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング