[リーグ・アンレビュー] クォン・チャンフン、リヨン戦で"デビュー+14分出場"・・・ディジョンは2-4負け
インターフットボール




※一部要約

クォン・チャンフンがオリンピック・リヨン相手にデビュー戦を行った。
チームは惜しくも逆転負けした。

ディジョンは20日、フランス・リヨンにあるパルク・オリンピック・リヨンで行われたリヨンとのリーグ・アン26ラウンドの試合に2-4で敗れた。
クォン・チャンフンは後半33分に投入されてデビュー戦を行ったが、チームの逆転負けを見守るしかなかった。

ディジョンは後半33分にベルモンテを外してクォン・チャンフンを投じた。
だがディジョンはすぐに失点を許した。
後半35分にトリッソが強力なシュートで再び勝負を振り出しに戻した。

同点を許したディジョンは急激に崩れた。
ペナルティエリア内でタバレスがファールを犯して後半39分にラカゼットが決めて再逆転に成功した。
続けて後半45分にフェキルが楔のゴールまで決めて試合を4-2で終えた。




クォン・チャンフン左ウィングで仏デビュー、リヨン遠征で2-4の逆転負け
フットボールリスト




※一部要約

先週末カーンとのホーム試合で2-0の勝利をおさめたディジョンは再びマルチーゴールの得点に成功したが、痛恨の逆転負けで勝ち点の追加に失敗した。
勝ち点27でリーグ16位に留まった。
降格圏から遠ざかることができなかった。
ディジョンの次の試合は韓国時間で25日の深夜3時にキックオフするナントとの遠征試合である。
短い時間だったがチームプレーの中で素早い動きを見せたクォン・チャンフンは、この試合でより多くの出場時間が与えられることを期待される。






ポルトガルメディア「ソク・ヒョンジュン、ポルトを去ってハンガリーリーグに行く」
スポTVニュース




※一部要約

ヨーロッパ残留かKリーグ復帰か。
岐路に立っていたソク・ヒョンジュンがヨーロッパ挑戦を続けるものとみられる。
今度はハンガリーリーグである。

13日、ポルトガルメディアは「FCポルトがソク・ヒョンジュンの状況を先ほど解決した」として、「ハンガリーリーグのデブレツェンにレンタル移籍する」と報じた。
続けて「ソク・ヒョンジュンはすでにハンガリーにいて、デブレツェンの発表があるだろう」と付け加えた。

ヴィトーリアFC、FCフローニンゲンで活躍したソク・ヒョンジュンは去年1月にポルトに移籍した。
"ポルトガルの名門"ポルトの壁は高かった。
主戦競争で押されたソク・ヒョンジュンは7ヶ月余りの後にトラブゾンスポルにレンタルされて機会を狙った。

トラブゾンスポルとのレンタル契約が早期に終わったソク・ヒョンジュンは、すべての可能性を開いておき、最終的にハンガリーを選んだ。
デブレツェンは2016-17シーズンのハンガリー1部リーグで12チーム中10位を走っている。




[オフィシャル] ソク・ヒョンジュン、ハンガリーのデブレツェンに移籍確定
インターフットボール




※一部要約

デブレツェンは13日、HPでソク・ヒョンジュンのレンタル獲得を公式発表した。

昨夏にソク・ヒョンジュンはFCポルトで出場機会を掴むためにトルコ進出を決めた。
ソク・ヒョンジュンはトラブゾンスポルへレンタル後、10月までは主戦の席を確保しそうだった。

だが最も重要な得点がなかった。
9月22日に5部チームを相手にしたカップ大会でゴールをしてから得点記録は止まっていた。

結局トラブゾンスポルは得点力を見せられなかったソク・ヒョンジュンとのレンタル契約を解除した。
移籍締切の最後にフランスのバスティア移籍が不発となり残念な思いをして、ソク・ヒョンジュンはポルトに戻らなければならなかった。

だが戻ってきたポルトにも彼の席はなく、結局ハンガリーリーグ進出を決めたのである。



"ヨーロッパ残留かKリーグ復帰か"ソク・ヒョンジュンの去就、今月末に決定
スポTVニュース




※一部要約

トラブゾンスポル(トルコ)と決別し、ポルト(ポルトガル)でも立場の狭いソク・ヒョンジュンが苦悩に陥った。
ヨーロッパ残留とKリーグ復帰をめぐって選択の岐路に立った。

トラブゾンスポルは1日にソク・ヒョンジュンとの契約解除を発表した。
ポルトで主戦競争から押され、トラブゾンスポルへのレンタルで雰囲気の反転を試みたが、結局成功的な結果を出すことはできなかった。
ヨーロッパサッカーの冬の移籍市場は閉じられたので、ヨーロッパ内の移籍も容易ではなさそうに見える。
現在移籍が可能なリーグはロシア、ギリシャ、スウェーデン、ノルウェーなど制限的であり、兵役問題などの個人的な事情まであるのでヨーロッパでずっと夢を続けることは簡単ではないだろうという意見がある。

ソク・ヒョンジュンの知人によると、休暇を取っているソク・ヒョンジュンはすべての可能性を開いている。
彼は「(ソク・ヒョンジュンの去就に関して)1位は移籍が可能なヨーロッパのリーグに移ることだ。冬の移籍市場は終わったが、それでもロシアや北欧など移籍できるリーグは結構ある」として、「ヨーロッパ内の移籍が上手く進まなかったとき、Kリーグ復帰で糸口を掴むだろう。Kリーグ開幕前の2月末までには行き先が決まるだろう」と語った。

ソク・ヒョンジュンはポルト移籍前、ヴィトーリアFCやFCフローニンゲンでプレーしてゴール感覚をつけた。
シュティーリケ監督の招集を受けて代表チームでも大活躍したのがこのときである。
悩みは深いが迅速で賢い選択が必要だ。



"好事魔多し"ク・ジャチョル、3号ゴールを炸裂させた試合で足首負傷
イーデイリー




※一部要約

ブンデスリーガのアウクスブルクで活躍中のク・ジャチョルが足首負傷という悪材料に遭った。

アウクスブルクは7日、クラブツイッターで「ク・ジャチョルが足首靭帯の負傷で当分試合に出られなくなった」として、「早く治ることを祈る」と明かした。

ク・ジャチョルは6日、ブレーメンとの正規リーグ19ラウンドのホーム試合でシーズン3号ゴールと劇的な決勝ゴールのアシストをするなど最高の活躍を繰り広げた。

だが後半24分にシュートの過程で相手チームの選手とぶつかって足首を負傷した。
そのとき競技場の外に出て治療を受け、グラウンドに再び入った。

足首の痛みでも最後まで試合を消化して勝利を導いたク・ジャチョルは試合後の検査の結果、足首靭帯を負傷したことが明らかとなった。



ヨーロッパの舞台を踏んだキム・ジェウ「アジア出身の先入観を破る自信を得た」
スポーツソウル




※一部要約

"シン・テヨン号"のDFであるキム・ジェウ(19・SVホルン)はサッカー人生で忘れられない時間を過ごしている。
彼は去年1月、スポーツソウルの高校有望株企画シリーズの"明日に向かって走れ"で6人目の主人公として扱われた選手である。
キム・ジェウは去年1月にはU-20代表チーム乗船とヨーロッパ進出を漠然とした夢だけに考えていた。
だがわずか1年で彼の望みは現実になった。
彼は高校生としては異例の去年8月にオーストリア2部リーグのホルンに入団してヨーロッパの舞台を踏み、去年12月と先月にU-20代表チームの済州島とポルトガルのキャンプに合流して太極マークを付けた。
10代で夢を叶えたキム・ジェウとU-20代表チームのキャンプ地であるポルトガル・トロイアで会い、彼のヨーロッパ生活を尋ねてみた。

キム・ジェウのヨーロッパ進出は突然実現した。
去年8月にホルンの関係者が韓国を訪れてキム・ジェウの活躍像を直接見守ってから入団オファーをし、彼はホルンのラブコールを聞いて2週でオーストリアに発った。
彼は「入団オファーを受けてかなり悩んだ。だがどうせ行かなければならない道なら早くやってみようという考えでオーストリア行きを決めた。急に事が進んで友人にちゃんと挨拶できずに行ったくらいだった」と記憶を思い出した。
去年8月にチームに合流したキム・ジェウは、10月に就労ビザが発行されたことで翌日にデビュー戦を行った。
高校でFWからDFにポジションを転向した彼は、ずっとCBの選手としてやってきた。
だがホルンではSBに変身した。
彼は190センチ台の長身なのでSBへの転向は異彩を放った。
彼は「チームに合流したとき、監督がSBへの転向を希望した。新たな挑戦をしてみたかった」として、「私たちのチームの両SBは190センチ台だ。CBの中には207センチの同僚もいる」と言って笑った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング