英メディアの憂慮…「ソン・フンミン、コロナ確診のファン・ヒチャンとセレモニーをした」
OSEN



※一部要約

英国メディアがソン・フンミンの体の状態に神経を尖らせている。

英国"HITC"は9日(※19日の間違い)、「トッテナムファンはソン・フンミンがAマッチで撮った写真について悲しんでいる」として、最近コロナ確診判定を受けたファン・ヒチャンとのゴールセレモニーの写真を公開した。

コロナの第2余波が激しい。
韓国代表も今回のAマッチ期間に8人近い確診者が出た。
特にカタール戦で先制ゴールを決めてフルタイムを消化したファン・ヒチャンも、試合後にコロナ陽性が確認された。

ファン・ヒチャンのゴールセレモニーの写真を見たHITCは「トッテナムのソン・フンミンもファン・ヒチャンのゴールセレモニーを祝った。問題はファン・ヒチャンがコロナ陽性反応を示したこと」と憂慮した。

HITCは「ソン・フンミンがコロナに罹っても驚きではない。ファン・ヒチャンは韓国代表で発生した10件のコロナ陽性の一部に過ぎない。7人の選手と3人のスタッフが感染した」と溜め息をついた。

トッテナムは地獄の日程を控えている。
マンチェスター・シティ-チェルシー-アーセナルと順にリーグ戦を行うだけでなく、ヨーロッパリーグの試合も控えている。

HITCは「もしソン・フンミンが隔離されなければならないなら、こうした重要な試合を逃すだろう。モウリーニョ監督は明らかに地獄の日程でソン・フンミンがともにすることを望んでいるだろう」と強調した。



2試合連続ゴールのファン・ウィジョ、やはり最前方が"ピッタリ"
ニュース1

201118000544255.jpg

※一部要約

最前方FWで出たファン・ウィジョが身に合った服を着たかのように2試合連続得点に成功した。
ウイングで出て無得点に終わっている所属チームでの競技力とは180度違う活躍だ。

ファン・ウィジョは17日にオーストリア・マリア・エンツァースドルフのBSFZアリーナで行われたカタールとの評価試合で1ゴール1アシストを記録し、2-1の勝利を導いた。

15日、メキシコとの今年最初のAマッチで最前方FWとして先発出場、得点を記録していたファン・ウィジョはこの日も最前方を担った。

ファン・ウィジョは試合開始と同時に強いプレスを繰り広げて相手のボールを奪取、ファン・ヒチャンの先制ゴールをアシストした。
試合開始わずか16秒だった。
ファン・ウィジョの積極性と利他的な姿がすべてよく表れたシーンだった。

ファン・ウィジョの活躍はそれで終わらなかった。
ファン・ウィジョは同点ゴールを許してから主導権を奪われていた前半28分、強力なミドルシュートで流れを持ってきた。

ミドルシュートで予熱を終えたファン・ウィジョは、前半36分に再びリードするゴールを炸裂させた。
左サイドからソン・フンミンが低くて速いクロスを送ると、相手ゴールに駆け寄ってボールの方向だけをサッと変えるシュートでカタールのゴールネットを揺さぶった。
難しい動作だったが、ファン・ウィジョは相手の牽制を突破して得点に繋げた。



"親善試合"に過ぎないのにサッカー協会はなぜ8人集団確診でも試合をするのか
スポーツ韓国



※一部要約

ワールドカップではない。
ワールドカップでもしないほうが正しいのではないか。
たかが"親善試合"に過ぎない。
オーストリア到着後に合計3回のコロナ19検査をして、するたびに確診者が出てきている。
選手6人と協会職員2人がコロナ19で確診になったのに、大韓サッカー協会はカタールとの評価試合を強行するという立場だ。

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は17日午後10時にオーストリアのBSFZアリーナでAマッチ評価試合のカタールとの試合を行う。

15日のメキシコ戦に2-3で破れる前、2回の検査で何と7人が確診となった。
サッカー協会の職員1人とチョ・ヒョヌ、クォン・チャンフン、ファン・インボム、イ・ドンジュンに続いてキム・ムンファン、ナ・サンホまで選手6人が確診となった。

さらに16日に発表されたコロナ19・3次検査では協会の職員1人が追加で確診となり、何と8人もコロナ19に罹った。

世論は悪化している。
何と8人が確診となったのに、"評価試合"のカタール戦を行うと明かしたためである。
メキシコ戦は判断を下すのに時間が足りなかったとしても、カタール戦は明らかにこの間の状況を認知して判断できたのに、試合強行を選んだ。



[オフィシャル] 韓国-カタール戦正常開催確定、ベント号のスタッフ1人コロナ確診
スターニュース



※一部要約

韓国-カタール戦は正常に行われる。

KFAは16日、「コロナ19陽性反応がスタッフから1人追加発生したことにより、FIFAおよびUEFAの規定に基づきカタールとのAマッチ試合を予定通り行うことにした」と明かした。

同時にKFAは「カタール戦が終わった後、選手団およびコーチングスタッフの迅速な復帰のため、関連団体との議論を緊密に続けている」と付け加えた。

KFAは17日午後2時(以下すべて現地時間基準)にキックオフされるカタールとのAマッチを2日前にして、15日17時30分にコロナ19遺伝子増幅検査を実施した結果、選手の中からは追加確診者がおらず、スタッフの中から1人陽性反応が出たと16日に知らせた。
選手団およびコーチングスタッフはFIFAの規定により、試合キックオフ72時間以内にコロナ19遺伝子増幅検査を受けることになっている。

これにより現在25人の代表選手のうち6人がコロナ19陽性判定を受け、19人は出場可能な状態である。
KFAはは出場可能選手が13人以上(GK1人含む)なら試合進行が可能だというFIFAとUEFAの規定により、カタールサッカー協会との協議の末に試合を行うことに決めた。

先の14日、メキシコサッカー協会とオーストリアサッカー協会はFIFA/UEFAの規定と10月・11月Aマッチの事例に基づき試合進行を希望し、KFAも諸条件を考慮して両協会の要求を受け入れていた。





ベント号のチョン・ウヨン「メキシコ戦はもう少し賢くプレーすべきだった…カタール戦で挽回」
スポーツ東亜



※一部要約

韓国サッカー代表の守備型MFチョン・ウヨンが、15日に行われたメキシコ戦の敗北について「もう少し賢くプレーすべきだった」と反省した。

チョン・ウヨンは16日、大韓サッカー協会のインタビューで「前半はピンチをよく凌いだと思ったが、後半に集中力が落ちた。練習のときにたくさんしていた後方ビルドアップの過程のディテールで心残りがあった。補完が必要」と明かした。

チョン・ウヨンはメキシコとの評価試合で、自分のポジションである守備型MFの代わりに守備陣を指揮するCBで出た。
パウロ・ベント監督が率いる韓国代表はファン・ウィジョの先制ゴールでリードしたが、後半22分からの3分間で立て続けに3失点して逆転負けを喫した。
相手の強力な前方プレスに韓国守備陣は対応できなかった。

チョン・ウヨンは「選手が1年ぶりに集まった。選手構成も新型コロナウイルス感染症など色んな理由により変化した状況で、強豪メキシコを相手に最適な戦術の5バックで出て、前半はよく耐えた」としつつも、「後半に集中力低下で失点したのは、私を含めて守備選手すべてが責任を感じている」と強調した。
続けて「サッカーはチームスポーツだ。誰か1人の間違いというより、DFはもちろん11人全体のミスだと考えなければならない」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング