"ヨーロッパ派点検"キム・ハクボム「ソン・フンミンのAGの意思確認、私も選ぶ考え」
スポTVニュース

20180424174317059.jpg


※一部要約

キム・ハクボムU-23代表監督がヨーロッパ出張を終えた所感を発表した。
彼は最大の関心事だったソン・フンミン(26、トッテナム・ホットスパー)に会い、「アジア大会出場の意思を確認したし、自分の選ぶ考え」と明確な意思を明かした。
ただまずは6月に繰り広げられるワールドカップが先という事実を再び強調した。

キム監督は2日にヨーロッパ派選手のコンディションを見守るために出国し、約3週間ぶりに帰ってきた。
ヨーロッパ派選手のコンディションとともに、年齢に関係なく抜擢する"ワイルドカード"3人のうちの1人として指名していたソン・フンミンの出場の意思を確認するためだった。
キム監督は今回の日程で"ソン・フンミンのアジア大会出場の意思"を確認してきたことがわかった。

キム監督は「ソン・フンミンは今回の日程の対象ではなかった。日程が合ったのであって話をして、練習するのを見て食事をした。だがワールドカップが先だ。ソン・フンミンはアジア大会に対する情熱が大きいのを感じた」と語った。


20180424174317059a.jpg


キム監督は抜擢が有力なソン・フンミンやファン・ヒチャン以外に、去年ワールドカップでプレーしたイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ペク・スンホ(ジローナ)、ソ・ヨンジェ(ハンブルク)、キム・ジョンミン(リーフェリング)らの競技力も確認した。

彼は「ペク・スンホやイ・スンウだけでなくソ・ヨンジェ、キム・ジョンミン選手も見てきた。(※アウストリア・ウィーンの)イ・ジンヒョンは負傷でチェックできなかった。残りの選手はすべてチェックした。会って食事もして意思も確認した。選抜の関係は会議を経て選ぶだろう。選手は熱心にしていた。私が年齢の幅を広げたので、若い選手もやってやろうという意思を示した」と語った。

キム監督は翌月のロシアワールドカップ代表の招集時期に合わせて一度選手を招集し、焼き入れをする方法を考えている。


20180424174317059b.jpg



[JSカップ] "コ・ジュンヒゴール"U-19、ベトナムと1-1の引き分け…JSカップ2位で締め括り
スポータルコリア




※一部要約

熱い一戦、最後まで勝負を決められなかった。

チョン・ジョンヨン監督が率いる大韓民国U-19代表は22日、水原ワールドカップ競技場で行われた2018水原ワールドカップ競技場で行われたJSカップU-19国際青少年サッカー大会の最終戦で、ベトナムU-19代表と1-1で引き分けた。
メキシコに次いで大会を2位で締め括った。





韓国がまず機先を制した。
前半12分、CKの攻撃で流れを続けた状況。
相手の不安定なボール処理を捕らえた。
敵陣に残っていたコ・ジュンヒが左足ミドルシュートでゴール角を差した。

ベトナムも追いついた。
カウンターでチャンスを伺っていたベトナムは、前半36分に追撃に成功した。
ボールバウンド後の状況を逃さなかった。
DFコ・ジュンヒを弾き出してGKパク・ジミンの背を越える同点ゴールを作った。

乱打戦だったが追加点はなかった。
U-19代表は今大会を1勝1分け1敗で締め括った。
メキシコに次いで2位である(※3位モロッコ、4位ベトナム)。



赤い悪魔、ロシアワールドカップで団体応援を構成しない
アジア経済




※一部要約

韓国サッカー代表の公式サポーターである"赤い悪魔"が6月14日に開幕する2018ロシアワールドカップ期間に"団体応援団"を設けない。

14日、あるメディアはイ・ドンヨプ赤い悪魔議長が「今回のロシアワールドカップ期間には、都合上で全体が一度に移動する"団体遠征応援団"は設けない方向に決めた」として、「代わりに会員各自が移動して競技場で会い、一緒に応援することになるだろう」と立場を明かした。




ロシアワールドカップで"赤い悪魔"団体応援団なし
ソウル経済


※一部要約

このような決定は費用の負担のためである。
今回のロシアワールドカップには赤い悪魔の会員が70人余り遠征応援に発つ。
団体応援の場合、1人当たり600万ウォン余りの費用が発生する。
イ議長は「負担になる価格なので個別に移動してチケットを買う方向に変更した」と説明した。



U-19代表ジョ・ジヌ、ストライカーからセンターバックに
大韓サッカー協会




※一部要約

「もうCBのほうがもっと気楽になりました」

1年前までFWとして韓国U-19代表メンバーに上がっていたジョ・ジヌ(松本山雅、日本)である。
18日に開幕する"2018水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会"を前にして、今回の招集メンバーではDFで名前を上げた。
ジョ・ジヌは11日午後、坡州代表トレーニングセンター(NFC)で行われた安養との練習試合で、1クォーターではCBとしてイ・ジェイク(江原FC)と呼吸を合わせ、2クォーターではキム・ヒョンウ(中央大)と2トップでプレーした。

2-0の勝利で試合を終えた後、ジョ・ジヌに会った。
去年6月に木浦で行われた3次招集練習以降、久しぶりに代表に乗船したジョ・ジヌは「ほぼ1年ぶりだ。良い選手と一緒にできて嬉しい気持ちになった。久しぶりに来たので緊張感もある。これまで見せられなかったことなどを見せなければならない。緊張半分、ワクワク半分だ」と語った。



[オフィシャル] ワールドカップ2ヶ月前、韓国のFIFAランキング"59位→61位"
スポータルコリア




※一部要約

FIFAランキングが出た。
韓国サッカーは61位だ。

FIFAは12日、関連資料を発表した。
試合結果のポイントにマッチ加重値、相手の加重値、所属地域の加重値などを漏れなく考慮している。
韓国は今回の評価で520点の61位を占めた。
59位だった先月と比べて小幅下落した。

韓国はヨーロッパ遠征2連戦で3月のAマッチデーを過ごした。
北アイルランド、ポーランドと順に激突した。
結果は1-2、2-3の敗北。

最上位圏は大きな変動がなかった。
ドイツが1位、ブラジルが2位の席を強固に守った。
ベルギーが3位に躍進してポルトガルとアルゼンチンがそれぞれ4、5位を占めた。
フランスは7位、スペインは8位である。

アジア圏ではイランが相変わらず最も高かった。
36位の評価を受けた。
40位オーストラリア、60位日本、そして韓国がその次である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング