韓国サッカー、2016年のFIFAランキング37位で締め切り・・・亜2位
ヘラルド経済




※一部要約

韓国サッカーがFIFAの順位を30位圏で2016年を締め切った。

韓国は22日にFIFAが発表した12月のラインキングで、先月と同じ37位を維持したまま今年を終えた。

韓国サッカーは2013年2月の38位から同年3月に47位に落ちてから、3年9ヶ月ぶりの先月に30位圏に復帰したことがあった。




韓国、FIFAランキング37位で2016年を締め切り・・・亜1位はイラン
OSEN




※一部要約

韓国はAFC会員国の中で2位に上がった。
イランが先月より1段階上がった29位になって相変わらずAFC会員国の中で1位を記録した。
3位は日本が占めてオーストラリアが後に続き、サウジアラビア、ウズベキスタン、アラブ首長国連邦、中国が名前を上げた。

Aマッチがなかったので上位圏も変動がなかった。
全体1位がアルゼンチンになってブラジル、ドイツ、チリ、ベルギー、コロンビア、フランス、ポルトガル、ウルグアイ、スペインが後に続いて10位まで形成した。



韓国、11月のFIFAランキング37位・・・3年9ヶ月ぶりに30位圏
スポーツソウル




※一部要約

韓国サッカーが3年9ヶ月ぶりにFIFAランキング30位圏に進入した。

シュティーリケ監督が率いる男子サッカー代表チームは、24日にFIFAのHPが発表したFIFAランキングで先月の44位より何と7段階跳ね上がった37位となった。
2013年2月の38位から3年9ヶ月ぶりに30位圏内に入ったのである。
37位は2013年の34位以降、サッカー代表チームの最高ランキングだ。




[サッカー] 韓国、3年9ヶ月ぶりにFIFAランキング30位圏に進入
NEWSIS




※一部要約

韓国は今月にウズベキスタンとカナダを下して点数を積んだ。
そこに2012年11月にオーストラリアにやられた1-2の敗北がポイント集計から外されて順位が大きく上がった。

FIFAは最近4年間の記録だけを基にランキングを算定する。

イランが30位(797点)でアジア1位を守り、45位(644点)の日本が後に続いた。
オーストラリアが636点で48位を占めた。

アルゼンチンが1634点で全体の1位を守り、ブラジル(1544点)がドイツ(1433点)を押し退けて2位を奪還した。
チリ(1404点)とベルギー(1368点)、コロンビア(1345点)が4~6位に位置した。



勝っても気まずい。不透明な"シュティーリケ号"の未来
OSEN




※一部要約

韓国が願った結果である。
ウズベキスタンに勝てなければ、2018ロシアワールドカップ本戦進出の可能性は非常に低くなっていた。
絶対に勝たなければならない試合だった。
試合前日にク・ジャチョルが「断頭台マッチ」と言うほど、韓国にとっては勝利が切実な試合だった。
それだけに勝利は喜ぶ他ない。

だが最近の韓国の不振を誘発した問題点は直らなかった。
先に行われた最終予選の4試合で、0-0の引き分けを記録したシリア戦を除いてすべて失点した韓国は、ウズベキスタン相手にもゴールを奪われた。
シュティーリケ監督は招集直後から守備に力を注いだが、その成果を得られなかった。

守備が不安なのは長期的に問題になるしかない。
ウズベキスタン戦のように攻撃陣が解決しても、厳しい試合にならざるをえない。
すでに韓国は先月行われたイラン遠征で、守備の不安で困難に陥り致命的な結果になるということを確認していた。

さらに韓国が誇る攻撃も問題点が露呈した。
シュティーリケ監督は先発にイ・ジョンヒョプを出したがまったく活躍できなかった。
むしろ交代投入されたキム・シヌクの活躍で韓国は逆転勝ちを編み出した。

攻撃と守備どちらも変化が必要である。
成功的だったという評価を聞いた去年までのことはすべて忘れなければならない。
基本的な枠組みを守らなければならないのは正しいが、最終予選5試合での内容はすべて良くなかった。
過去に安住する姿を続けるならば、韓国サッカーの未来は不透明である。




[SPOイシュー] サッカー協会がシュティーリケを再信任・・・最後まで行く
スポTVニュース




※一部要約

大韓サッカー協会の高位関係者は16日、「代表チームは結果で語るものだ。ウズベキスタン戦は勝ち点3が無条件に必要な状況だったし、それが目標だった」として、「目標は達成したので監督を交代する理由がない。シュティーリケ監督と最後まで行く」と語った。

イラン遠征の0-1の敗北の衝撃が去っていなかった先月18日、"2017 U-20ワールドカップ"の準備状況のブリーフィングに参加したチョン・モンギュ大韓サッカー協会長が、シュティーリケ監督の去就についての質問に「代表チームは結果が重要だ。結果によって冷静に合理的に評価するだろう」と明かしたことと同じ脈絡である。

当初はウズベク戦の結果によってシュティーリケ監督をはじめとする技術委員の全員辞任が予告されるなど、ウズベク戦を前にシュティーリケ監督と代表チームはもちろん、サッカー協会全体が緊張感に包まれていた。
ウズベク戦は文字通り背水の陣を敷いた"断頭台マッチ"だった。

サッカー協会はシュティーリケ号のこれまでの試合の内容に不十分な点があったとしても、ウズベク戦の前に目標としていた勝ち点3を取ったということに意味を与えた。
21、21日に開かれる技術委員会で"シュティーリケ号"の過去の試合内容を評価し、競技力向上のための深度のある議論があるという説明も付け加えた。



"同点ゴールアシスト"パク・チュホ、ボルトとの出会いに「期待できますかね?」と笑う
スポーツ京郷




※一部要約

「そうですね。そうなれば期待できますかね?」

ウサイン・ボルトと会うことになることについてパク・チュホが出した変事である。

世界陸上の短距離の帝王であるボルトは最近、ドルトムントに合流して選手とともにチーム練習に参加するというニュースを伝えたことがある。
パク・チュホもまたこの話を聞き、かなり関心がある表情だった。

パク・チュホは15日、ソウルワールドカップ競技場で行われた2018ロシアワールドカップアジア最終予選のウズベキスタン戦が終わった後、「ボルトが私たちのチームで練習するということを聞いた。すごく面白いことになりそうだ」と笑みを浮かべた。

ボルトは以前、マンチェスター・ユナイテッドの親善試合に参加し、クリスティアーノ・ロナウドら主力選手にスピードを出す方法についてアドバイスしたことがよく知られている。
パク・チュホもまたボルトにそのような点を学びたいが、すぐに首を横に振った。
パク・チュホは「ボルトにスピードの出し方を学びたい。だが私の走力の限界値は決まっているようだ」と語った。

パク・チュホはウズベキスタン戦でナム・テヒの同点ヘディングゴールをアシストするなど、攻撃で印象的な活躍をした。



[A-POINT] 温度差はっきり・・・切実な韓国と余裕のあるウズベク
インタフットボール




※一部要約

試合を控えた両チームの温度差がはっきりとしている。
ホームチームの大韓民国は勝利を切実に望んでいる一方、遠征チームのウズベキスタンは余裕のある姿だ。

韓国とウズベクは迫る15日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われる2018FIFAロシアワールドカップアジア最終予選5次戦で対決する。
現在韓国は勝ち点7で3位、ウズベクは勝ち点9で2位である。
本戦に直行できる1・2位に上がるために両チームとも勝利が必要だ。

まず切実な方は韓国である。
現在3位の韓国は今回の対戦で負ければ、2位ウズベクと5点差に広がる。
残り5試合の状況で勝ち点5差は埋めにくい差である。
その言葉は1986年のメキシコワールドカップからの8回連続ワールドカップ本戦進出の歴史が途切れるということだ。

試合前のシュティーリケ監督のインタビューも切実で切羽詰まっていることを感じた。
シュティーリケ監督は「明日の試合は言うまでもなく重要性をわかっている。最終予選で激しい順位争いをしている2チームの対決だ。ウズベクは明日の試合で勝ち点差を広げ、私たちは2位奪還が目標である。かなり多くのことがかかっている」と明かした。

一方、ウズベクは試合二日前に韓国に到着する余裕を見せた。
芝の適応練習を行ったウズベク代表は、余裕のある笑みで練習に臨んでいた。
練習前にソウルワールドカップ競技場の造形物と写真を撮るなど、韓国選手より負担が少ないのが目に見えた。

事実上のワールドカップ本戦行きがかかっている断頭台マッチを控え、二つの代表チームの雰囲気が異なっている。
切実な韓国と余裕のあるウズベクだ。
果たしてこの雰囲気が断頭台マッチをどのような結果に導くのか成り行きが注目される。
すべての準備は終わった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング