東京金候補?キム・ハクボム号は最終予選だけを考え中
スポーツ朝鮮




※一部要約

23歳以下代表を率いるキム・ハクボム号のコーチングスタッフは、大韓サッカー協会で悪名(?)高い。

出張費を最も多く貰うチームだからだ。
キム・ハクボム監督をはじめとして、コーチが23歳以下の選手を見られるところであれば、どこでも訪れている。
Kリーグの舞台はもちろん、ナショナルリーグ、大学サッカー、高校サッカーまで見守っている。

彼らがこうして歩き回る理由は、やはり1年後に迫った2020東京オリンピックのためである。
去年にジャカルタ-パレンバンアジア大会で金メダルを取って軟着陸に成功したキム・ハクボム号は、東京オリンピックを正標準している。
まだ本格的な出港もしてないが、すでに金の見通しが出た。
アメリカのスポーツデータ会社のグレースノートは、"東京オリンピックで韓国は金メダル10個で総合10位に上がる"と展望し、特に男子サッカーで金メダルの可能性を予想した。
韓国の歴代最高成績は2012年のロンドンオリンピック銅メダルだ。

実際、キム・ハクボム号の戦力は歴代最高と評価される。
U-20ワールドカップゴールデンボールの主人公イ・ガンイン(バレンシア)をはじめとしてペク・スンホ(ジローナ)、チョン・ウヨン(フライブルク)、イ・スンウ(エラス・ヴェローナ)ら、能力を認められた海外派が並んでいる。
キム・テウォン(大邱)、チョ・ギュソン(安養)、イ・スビン(浦項)ら猛威を振るうKリーガーに、チョ・ヨンウク(ソウル)やチョン・セジン(水原)らU-20ワールドカップで準優勝したメンバーまでいる。
そこにワイルドカードが加勢すれば、隙のない戦力が完成される。

もちろん本戦に行くことになったときの話である。
キム・ハクボム号の視線は、ひたすら来年1月にタイで行われるAFC U-23チャンピオンシップに向けられている。
ここで3位以内に入ってこそ本戦に出られる。
容易ではない大会だ。
アジアはますます上向き平準化されている。
年代別の大会では特に格差がより小さい。
さらにトーナメントで行われるだけに、一度狂いが生じれば脱落の苦杯をなめることもある。



[オフィシャル] "無難な組分け"韓国、2022カタールWC2次予選で北韓とH組
インターフットボール




※一部要約

難しい敵はひとまず避けた。
韓国サッカー代表が2022カタールワールドカップ2次地区予選で、北韓とH組に編成された。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は17日、マレーシア・クアラルンプールで行われた2022カタールワールドカップアジア地区2次予選の組み合わせ抽選でH組に編成された。
韓国はレバノン、北韓、トルクメニスタン、スリランカと対決を繰り広げる。

韓国はFIFAランキングによってイラン、日本、オーストラリア、カタール、アラブ首長国連邦、サウジアラビア、中国とトップシードを配分された。
だが2番ポットにいるイラク、ウズベキスタンら強豪チームと会うこともあったので、グループ編成に関心が集中した。

だが難敵は避け、結果的に無難な組分けになった。
韓国は北韓と同組になって南北対決が実現し、平壌遠征が行われるかに関心が集まっている。







韓国、北韓とカタールワールドカップ2次予選で対決…平壌遠征実現するか
スポーツソウル




※一部要約

◇2022年カタールワールドカップアジア2次予選組み合わせ抽選の結果

A組=中国、シリア、フィリピン、モルディブ、グアム

B組=オーストラリア、ヨルダン、台湾、クウェート、ネパール

C組=イラン、イラク、バーレーン、香港、カンボジア

D組=サウジアラビア、ウズベキスタン、パレスチナ、イエメン、シンガポール

E組=バングラデシュ、オマーン、インド、アフガニスタン、カタール

F組=日本、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴル

G組=UAE、ベトナム、タイ、マレーシア、インドネシア

H組=韓国、レバノン、北韓、トルクメニスタン、スリランカ



「U-20サッカー代表に兵役恩恵を」…兵務庁「検討したことがない」
聯合ニュース




※一部要約

青瓦台の国民請願掲示板には12日、"FIFA U-20ワールドカップで優勝したら選手に兵役恩恵を与えよう"という文章が上がった。

書いた人物は「国民経済の苦しい現実に、大人が国民に希望を与えられない現実の中で、若い青少年がすでに決勝へ進出して国民に希望を与えている」と記した。

また、「もし決勝でウクライナを破って優勝すれば、これは2002年のワールドカップ4強に勝る結実」として、「海外でプレーする選手をはじめとして、すべての選手の未来を開かせる意味で、特別法により兵役免除の恩恵を与えることを切望する」と付け加えた。

国威を宣揚したスポーツ選手に与えられる兵役特例の範囲拡大に賛成する比率が、以前よりさらに高まっているという調査結果も出た。

世論調査専門機関のリアルメーターが12日、19歳以上の男女を対象に調査した結果によると、回答者の504人中55.2%が"スポーツ選手の兵役特例の拡大"に賛成した。
反対の回答率は36.6%だった。

リアルメーターは「賛成の世論は1年前より大幅増加した」と分析した。

だが現在、政府次元で兵役特例が検討されたことはない。

兵務庁側は"兵役恩恵"の主張について「今のU-20に関して、現在兵務庁で検討していることはない」と明かした。



[現場REVIEW] "負けたがよく戦った"韓国、ウクライナに1-3の逆転負け…惜しい準優勝で締めくくり
スポTVニュース




※一部要約

目前で優勝カップが消えた。
先制ゴールを決めて最後まで戦ったが、試合をひっくり返せなかった。
史上初の優勝を狙ったが、準優勝で大会を締めくくった。

韓国は16日午前1時、ポーランド・ウッチにあるウッチスタジアムでキックオフしたウクライナとの2019FIFA U-20ワールドカップ決勝戦に1-3で敗れた。
韓国は前半5分にイ・ガンインのPKでリードしたが、ウクライナに3ゴールを許して跪いた。


190616030625599a.jpg

190616030625599b.jpg

190616030625599c.jpg



[韓国・イラン現場レビュー] "ファン・ウィジョチップショットゴール"ベント号、難敵イランと1対1の引き分け、イ・スンウ出場
スポーツ朝鮮




※一部要約

パウロ・ベントサッカー代表監督が果敢に実験し、内容も手にした。

代表は11日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われたイラン代表との代表親善試合で、後半に1ゴールずつ取って1対1で引き分けた。
後半12分にファン・ウィジョが感覚的なチップショットで重苦しい0の流れを崩した。
イランのゴールが開かれたのは2011年1月のアジアカップから8年4ヶ月ぶり。
イラン戦無勝(6試合)は断ち切れなかったが、ワールドカップ予選を控え、強敵を相手に期待以上のパフォーマンスを繰り広げたという点で得るものが多い一勝負だった。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング