キム・ハクボム号のアンサングヒーロー、GKアン・チャンギとアン・ジュンス
NEWSIS




※一部要約

キム・ハクボム監督が率いる韓国はオーストラリアとの2020AFC U-23チャンピオンシップ準決勝で、キム・デウォンとイ・ドンギョンのゴールによって2-0で勝利、決勝進出に成功した。

3枚の東京オリンピック本戦チケットを握り、1988年のソウルオリンピックから9回連続でオリンピックの舞台を踏むことになった。

キム監督の変化の激しいローテーションが話題の今回、まだグラウンドを踏めていない選手が2人いる。
GKのアン・ジュンスとアン・チャンギだ。

ジョーカー活用のために交代カードをすべてフィールドプレーヤーに使った面もあるが、大会の重要度やポジションの特性を考慮すれば、当然の部分でもある。
主戦GKは極度の不振や負傷がなければ、あまり交代しない。

キム・ハクボム監督は東京オリンピック出場権を手にして、まず最初に彼らを取り上げた。
彼は「実際、これまで競技場で出られなかったのはGKの2人だ。代えるのは非常に難しい」と率直に語った。

それとともに「GKというポジションは代えるのが容易ではない。オリンピック出場のかかる試合だったので、選手も理解しているだろう。選手すべてがチームに溶け込み、一つになって過ごしている」として、彼らが"アンサングヒーロー(unsung hero)"だと強調した。

アンサングヒーローは"見えない、名もなき英雄"という意味で、あまり目立たないが黙々と自分の役割をしっかり遂行する人々のことを言う。


200123072103074a.jpg


アン・ジュンス(鹿児島ユナイテッド)は日本Jリーグで活動中で、アン・チャンギ(仁川大)は23人中唯一の大学生である。
アン・ジュンスはU-23代表所属として3試合に出場し、6失点をした。
アン・チャンギは2試合で2失点だ。

アジア大会、AFCチャンピオンズリーグなどの国際経験が豊富で、Kリーグ1三連覇を達成した全北現代の主戦GKソン・ボムグンの席を狙うのは現実的に難しい。

だが練習時、常にソン・ボムグンとグループを作ってGKの特別練習を誠実に遂行する。
出場の有無とは関係なく、チームに貢献するシーンである。
ミックスゾーンを通るときも、決して表情は暗くない。
"ワンチーム"に相応しく、常に明るい表情で同僚とともにしている。

オリンピック出場権は確保したが、26日のサウジアラビアとの決勝戦で、2人の選手のどちらかがゴールを守る可能性は希薄だ。
1次目標は達成し、これから初優勝という2次目標に挑戦するためだ。

それでもアン・ジュンスとアン・チャンギはともに汗を流し、応援して初優勝に力を加えるだろう。



[現場REVIEW] 韓国サッカー、オーストラリア下して9連続オリンピック本戦進出…サウジと決勝戦
スポTVニュース




※一部要約

オーストラリアのゴールポストを3回も叩いて試合を支配した韓国が、オーストラリアを下して2020東京夏季オリンピック男子サッカー本戦進出権を手にした。

韓国は22日夜、タイ・バンコクのタマサート・スタジアムで行われたオーストラリアとの2020AFC U-23チャンピオンシップ4強戦で2-0の勝利をおさめた。
9回連続オリンピック本戦進出に成功した。


200123001312903a.jpg

200123001312903b.jpg




[パトゥムターニーLIVE] 韓国、オーストラリアに2-0の完勝…キム・ハクボム号、もう東京に行く
ベストイレブン

200123000808247.jpg


※一部要約

韓国は後半11分にキム・デウォン、後半31分にイ・ドンギョンの連続ゴールによってオーストラリアを軽く退け、2020東京オリンピック本戦への道を大きく開いた。
韓国は26日夜9時30分に予定されている決勝戦で、サウジアラビアを相手に大会の優勝カップをかけて争うことになった。


200123000808247a.jpg



大韓サッカー協会、ナイキと最大・最長のパートナー契約
MKスポーツ




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)がナイキと歴代最大の金額で最長期のパートナー契約を結んだ。

KFAはナイキコリアと今年から2031年まで、2400億ウォン・プラスアルファでパートナー社契約を結んだ。
1年200億ウォン(現物含む)に達する歴代最大規模である。
期間も合計12年で、これまでで最も長いKFAパートナー契約だ。




サッカー協会、ナイキと"12年で2400億+α"超大型契約
NEWSIS




※一部要約

サッカー協会は今回の契約で、韓国サッカー及び代表の競争力強化のための安定した財源を確保した。
ナイキはワールドカップ本戦9回連続進出、世界初のオリンピック8回連続進出などの優れた成果を上げている韓国サッカーと、パートナーシップを強固にすることになった。



"東京行きチケット戦争"8日開始…キム・ハクボム号の9連続オリンピック進出挑戦
聯合ニュース




※一部要約

2020東京オリンピック男子サッカー本戦に上がるための、韓国U-23サッカー代表の険難な挑戦がついに始まる。
舞台は2020AFC U-23チャンピオンシップだ。

東京オリンピック男子サッカー最終予選を兼ねるAFC U-23チャンピオンシップは、韓国時間で8日午後7時15分にタイ・ランシットのタンマサート・スタジアムで行われるA組のイラク-オーストラリアの試合を皮切りに、19日間の熱戦に突入する。

東京オリンピックへのアジアチケットは4枚だ。
すでに開催国の日本が1枚手にしているだけに、今大会の結果で残りの3チームが決まる。
つまり最終3位以内に入ってこそ、東京オリンピック本戦に出ることができる。

ただし、日本も今大会に参加しているのが変数である。
日本が4強以上の成績をおさめれば、4位チームまでが東京行きのチケットを手にする。

2014年に始まったこの大会は、2016年大会からオリンピック予選を兼ねている。

去年の大会で4位に終わった韓国は、今大会で歴代初優勝と9回連続オリンピック本戦進出の二兎を捕らえるという意志を固めている。






[オフィシャル] キム・ジンス、国産Kリーグの年俸キング登極!…1位クラブも全北
スターニュース




※一部要約

キム・ジンスが国内選手の中で2019シーズンの年俸キングに登極した。
外国人選手の年俸1位も全北現代のロペスだった。
国内選手の年俸1~5位がすべて全北の選手であり、年俸1位のチームもやはり全北現代だった。

韓国プロサッカー連盟は30日、2019シーズンKリーグ1の11クラブとKリーグ2の9クラブの選手年俸を発表した(軍チームの尚州と警察義務服務選手が含まれる牙山は除外)。

選手年俸は契約書に記載された基本給と各種手当て(出場手当て、勝利手当て、引き分け手当て、その他手当てなど)を加えて算出された。

算出対象は2019シーズンのリーグ終了時点を基準として、各クラブに登録された選手である(シーズン途中に移籍、レンタル、契約解除した選手は除外)。
手当てはFAカップやAFCチャンピオンズリーグを除いたハナワンキューKリーグ2019の試合に対する手当てだけを対象に計算した。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング