ベント「アジアカップのエントリー、すべての可能性を開いている…実力さえあれば」
聯合ニュース




※一部要約

2019AFCアジアカップを前に、最後の"玉石選別"のためにKリーガーなどアジアリーグの選手を呼んだパウロ・ベント代表監督は、「すべての選手に可能性は開かれている」と強調した。

ベント監督はアジアカップに備えた始めて招集練習が行われた11日、蔚山総合運動場で取材陣と会い、「最終エントリーは今回の練習で選手を点検した後に決める」と語った。

ベント監督はKリーガーや日本・中国リーグでプレーする選手で23人のチームを設け、今回の練習を進める。

ヨーロッパでプレーする選手は合流しないだけに、アジアカップ最終エントリーに入るための"生存競争"が繰り広げられる。





彼は「アジアカップエントリーの選抜基準は最終的に実力、クオリティだ。今回の練習で競争し、意志を見せてほしい」として、「これまで固めてきた代表をベースに、選手を見守って発掘するだろう」と付け加えた。

ベント監督はアジアカップ直前、もしくは途中で"ヨーロッパ派"の選手が合流することについては「私たちの代表を経験している選手がいるので、スタイルや戦術はしっかりわかっていると思う」として、「今回は彼らがいないが、いつもと同様に練習し、新しい選手と一つのチームを作れるように努める」と計画を明かした。



ファン・ウィジョ「アジアカップ、成長の機会になったら…良い勢いを維持しなければ」
NEWSIS




※一部要約

最高の1年を過ごしたサッカー代表FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)が、来年1月にUAEで行われるAFCアジアカップを成長の足場にするという覚悟を明かした。

ファン・ウィジョは12日、蔚山総合運動場での練習を前に、「新年に行われる最初の大会だ。個人的にも良い姿を見せてこそ、より良い舞台、そしてより大きな成長ができるだろう」として、「アジアカップを通じて成長できる機会になれば良い」と語った。

ベント号で不動の1トップの席を確固たるものにしたという評価が支配的である。
アジアカップ最終エントリーの乗船は確定的だ。

今年、日本プロサッカーJリーグで2年目を迎えたファン・ウィジョは、リーグで16ゴールを固め打ちして得点部門3位に名前を上げた。
カップ大会まで含めれば何と21ゴールだ。



"ヨーロッパラブコール"ファン・ウィジョ+ファン・インボム、冬より夏に行く
スポTVニュース




※一部要約

「当面はアジアカップに集中する時期だ」

パウロ・ベント監督体制の韓国代表で中心選手に浮上した2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会金メダリストのファン・ウィジョ(26、ガンバ大阪)とファン・インボム(22、大田シチズン)のヨーロッパ進出説が続いている。

ファン・ウィジョがドイツやスペインなど複数クラブの関心を集めていることがわかった中、ファン・インボムはドイツメディアがボルシア・メンヒェングラートバッハやベルダー・ブレーメン、ハンブルクSVなど関心を見せているチーム名を具体的に報じた。

偶然にも両選手はどちらも国内屈指のエージェント会社イヴァンスポーツと契約している。
イヴァンスポーツ側は「外信の報道に根拠がないわけではない」として、ヨーロッパのチームが両選手に関心を見せているのは事実と語った。

だがすぐに両選手が2019年1月に開かれるヨーロッパサッカーの移籍市場でヨーロッパのリーグに進出するには、現実的な問題がある。
12月中旬に招集されて1月5日から2月1日まで行われる2019UAEアジアカップを準備する状況だからである。



"26試合25ゴール"ファン・ウィジョ、「ファン・ソンホン先輩に追いつけるよう努力する」
OSEN




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表が21日午後、仁川国際空港から帰国した。
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)やキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、Kリーガー13人など計15人が入国した。
他の海外派選手はオーストラリアから所属チームに直帰した。

ベント号は韓国サッカー史の1ページを飾った。
ベント監督就任後に行った6試合で3勝3分けの無敗行進を続け、1997年に代表専任監督制が施行されて以降、監督デビュー最多無敗記録を作った。

ベント号の皇太子であるファン・ウィジョはこの日の帰国インタビューで「シュート練習をかなりした。DFがポジションを取る前に蹴ろうとするのがチャンスに繋がった」として、「アジア大会から代表と所属チームでゴール感覚を維持している秘訣は、自信が最も大きい。できるだけゴール内にシュートをしようと努力している」と得点行進の秘訣を明かした。

ファン・ウィジョは最近の3ヶ月間で、所属チームと代表で26試合25ゴールを奪った。
今シーズン合わせて33ゴールを記録し、絶頂の得点力を誇示している。

ファン・ウィジョはファン・ウィジョら伝説的なストライカーと比較されることについて「サッカー選手として本当に光栄だ。サッカーを始めたときからファン・ソンホン先輩を見て成長した。ファン・ソンホン先輩に追いつけるよう努力する」と誓った。

ファン・ウィジョは来シーズンに33ゴールを越えるという抱負も伝えた。
「個人的に来シーズンは33ゴール以上を決めたい。来年はさらに発展し、より多くのゴールを決めたい」



足元も好セーブ能力も2%足りないキム・スンギュ、ベント号の守門将争いは振り出しに
OSEN




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は17日に行われたオーストラリアとのAマッチ評価試合で、前半22分のファン・ウィジョの先制ゴールにもかかわらず、後半追加時間にキム・スンギュのキャッチミスで同点ゴールを許して1-1で引き分けた。

キム・スンギュはナンバーワン守門将としての確かな競技力を証明できなかった。
キム・スンギュはベント監督就任後に行ったAマッチ5試合で、3回も先発出場して厚い信任を受けていた。
チョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンが並んで1試合の先発に留まっているのと比べれば、格別な信頼だった。

ベント監督がキム・スンギュを好む理由の中で、ビルドアップ能力を外すことはできない。
3人のGKの中で足元が最も良いという評価を受けている。
だがキム・スンギュは3試合もチャンスを掴みながらも、ビルドアップで合格点を受けられなかった。
数回のパスミスを犯し、危機を自ら招いた。
オーストラリア戦も同様だった。

キム・スンギュはオーストラリア戦でずっと好セーブショーを続けたが、最後のミスで安定感を植え付けられなかった。
競争は現在進行形である。
キム・スンギュは足元と好セーブ能力のどちらも、2018ロシアワールドカップのスターであるチョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンと比べて、確実な優位を占められなかった。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング