"パク・チュホ-ファン・インボムAマッチ初ゴール"韓国、パナマと2-2…4G無敗
OSEN




※一部要約

ベント号がパナマと引き分けて4試合無敗行進を記録した。

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表は16日夜8時、天安総合運動場で行われたパナマとのAマッチ評価試合に2-2で引き分けた。
パク・チュホとファン・インボムが続けてAマッチデビューゴールを炸裂させたが、引き分けに満足しなければならなかった。

これで韓国はベント監督が指揮棒を取ってから4試合(2勝2分け)無敗を記録することになった。
コスタリカ(2-0)、チリ(0-0)、ウルグアイ(2-1)ら強豪を相手に善戦を繰り広げた。

韓国はこの日、守備ですきを露呈してパナマに2ゴール許した。
パナマがAマッチで2ゴール以上を記録したのは、2017年10月のグレナダ戦(5-0勝ち)以降で初めてである。
最近の6連敗を含めて7試合無勝を記録していたパナマはこの日、再び引き分けを記録することになった。


181016221130406a.jpg

181016221130406b.jpg



冬が終わって吹く薫風…アイドルを彷彿とさせるほどのベント号人気
OSEN




※一部要約

冬が終わったのか。
サッカー界に暖かい薫風が吹いている。

2018インドネシア・ジャカルタ-パレンバンアジア大会で甦ったサッカー熱はウルグアイ戦でも続いた。
この日、ソウルワールドカップ競技場は6万の観客で満杯になった。

アジア大会以降、9月のコスタリカ戦とチリ戦に続いて3試合連続で有効座席売り切れだ。
16日のパナマ戦まで、4試合連続の売り切れを目前にしている。

特に観客の年齢層が代表の未来を明るくさせた。
ほとんどが10代の学生と20代序盤の若年層だった。
相対的に見つけにくかった女性ファンの比重が高まった。

公開オープントレーニングでも、増加したファンのサッカー人気を実感することができた。
午前10時30分に公開予定のオープントレーニングのため、9時からファンは列を作って待っていた。


181013140105433a.jpg


代表は1時間ほど練習をした後、ファンに近づいた。
待っていたファンは選手の名前を叫んでサインと写真撮影を要請した。
選手もやはりファンとの時間を楽しみ、誠実にファンサービスに臨んだ。

惜しい点もあった。
練習場全体を広く使うと、位置によっては選手が1人も来ないところもあった。
練習場の外角にいた女性ファンは、喉が張り裂けんばかりに名前を叫んだが、選手が来ずに泣きべそをかいたりもした。

長い冬が終わったかのように、微細ではあるが暖かい薫風がサッカー界に吹き始めた。
これから韓国サッカー界が久しぶりに戻ってきたこの暖かい風を続けられるか注目されている。


181013140105433b.jpg



ファン・ウィジョが韓国-ウルグアイの統計的MVP…2位はチョン・ウヨン
MKスポーツ




※一部要約

韓国-ウルグアイの評価試合を統計的に分析した結果、ファン・ウィジョとチョン・ウヨンがTOP2にあらわれた。

ソウルワールドカップでは12日、韓国-ウルグアイのAマッチ親善試合が行われた。
FIFA世界ランキング55位の韓国が5位のウルグアイを2-1で下し、相手戦績史上初の勝利の喜びを享受した。

統計会社"オプタスポーツ"は9月のAマッチまで一般に公開していたアジア開催国の国家対抗戦の個人別記録を、関係者専用のサービスに変更した。
代わりに10点満点-平均6点方式の電算評点を配布し、選手1人1人の活躍像をある程度推測できるように配慮した。

韓国-ウルグアイの"オプタスポーツ"統計基盤の電算評点を見ると、ファン・ウィジョが9点で単独1位、チョン・ウヨンが8点で2位に上がった。

ファン・ウィジョは後半21分に先制ゴール、チョン・ウヨンは13分後に決勝ゴールで韓国・ウルグアイ戦の勝利を牽引した。
4-2-3-1でファン・ウィジョはワントップとして67分、チョン・ウヨンは守備型MFとしてフルタイムを消化した。

主将ソン・フンミンはPKミスの余波で韓国・ウルグアイ戦の評点が5に留まった。
PKは最新のサッカー指標"得点期待値"で0.75~0.8と測定される、ゴールの可能性が非常に高い状況なので、失敗すれば統計的に叱責を受けるしかない。


■韓国・ウルグアイ戦スターティングメンバー"オプタスポーツ"評点

9点:ファン・ウィジョ
8点:チョン・ウヨン
7点:ホン・チョル、キ・ソンヨン
6点:キム・スンギュ、チャン・ヒョンス、イ・ヨン
5点:ソン・フンミン
4点:キム・ヨングォン、ファン・ヒチャン、ナム・テヒ



[A-現場レビュー] "ファン・ウィジョ-チョン・ウヨンゴール"ベント号、"ランキング5位"ウルグアイを2-1で撃沈…3G無敗
InterFootball

181012215225172.jpg


※一部要約

ファン・ウィジョとチョン・ウヨンの得点砲を稼働させたベント号が、FIFAランキング5位に輝くウルグアイをホームで制圧した。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表(FIFAランキング55位)は12日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われた"南米の強豪"ウルグアイとの評価試合でファン・ウィジョ、チョン・ウヨンの得点砲によって2-1の勝利をおさめた。

この日の勝利で代表はベント監督就任から3試合無敗(2勝1分け)行進を走って上り調子を継続し、上岩には何と6万人を越える観客が訪れて韓国サッカーの熱気を実感させた。


181012215225172a.jpg

181012215225172b.jpg

181012215225172c.jpg

181012215225172d.jpg

181012215225172e.jpg

[試合結果]

大韓民国(2):ファン・ウィジョ(後半20分)、チョン・ウヨン(後半34分)
ウルグアイ(1):ベシーノ(後半26分)



[A-招集] "ソク・ヒョンジュンと競争"ファン・ウィジョ、「FWなら常に競争しなければ」
InterFootball




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表が8日、坡州NFCに招集されて10月のAマッチ2連戦を準備する。
韓国は12日にソウルワールドカップ競技場でウルグアイと試合をした後、16日に天安総合運動場でパナマと一戦を行う。

9月のベント号1期からベント監督に2回目の招集を受けたファン・ウィジョは「代表は常にワクワクして緊張する席だ。いつもより良い姿を見せなければならない。短期間だが準備をしっかりやって良い姿を見せる」と代表で見せる覚悟をあらわした。

9月のメンバーにはファン・ウィジョと同じポジションにチ・ドンウォンがいたが、今回は負傷で落馬した。
代わりにソク・ヒョンジュンが新たに合流し、FWの競争を予告した。

これについてファン・ウィジョは「FWは常に競争をする席だ。準備をしっかりして良いプレーを見せる」として、ストライカーにとって競争は当然の宿命であると言及した。

ファン・ウィジョは9月のAマッチでベント監督にどういう感じを受けたのか。
「あまりにカリスマがあり、情熱が溢れる方だ」と説明し、「練習中に一つ一つ細かく教えたり、言葉が多い方ではない。攻撃的なプレーを望んでいる。それに合うように準備する」と答えた。

最後にファン・ウィジョは、今回の10月のAマッチに先立って「FWとして得点すれば当然嬉しい。得点できなくてもチームの役に立たなければならない。チャンスができれば必ずゴールを決める」と誓った。


181008154511716a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング