"5回目のAマッチ"クォン・スンテ、誰よりも安定感が溢れていた
スポーツ韓国




※一部要約

5回目のAマッチを行なったクォン・スンテ(鹿島アントラーズ)が安定した姿を見せ、韓国の勝ち点3を守った。

シュティーリケ監督が率いる韓国は28日午後8時にソウルワールドカップ競技場で行われた2018FIFAロシアワールドカップアジア地区最終予選7次戦で、前半4分に炸裂したホン・ジョンホの決勝ゴールに力づけられてシリアに1-0の勝利をおさめた。

この日の試合で最も際立った活躍をした選手は、決勝ゴールを記録したホン・ジョンホではなく守門将クォン・スンテだった。
前回の中国戦に続いて再びシュティーリケの選択を受けたクォン・スンテは、他の代表GKとは違う安定感が溢れる姿を見せた。

ワールドカップ最終予選で中国との1次戦はチョン・ソンリョン、2~5次戦はキム・スンギュが先発出場したが、不安なシーンを頻繁に演出した。
だが6次戦からGKグローブをつけたクォン・スンテは、ベテランらしい安定感をシリア戦でも誇示した。

単に好セーブだけではなかった。
GKの守備のリーディング能力は、動物的な反射に劣らない重要な徳目。
ベテランGKクォン・スンテは一貫して大声を出し、DFに発破をかけた。
守備ラインが少しでも乱れると、クォン・スンテの激しい叱責がすぐに飛んだ。



[WC予選レビュー] ""韓国、シリアに1-0で脂汗の勝利・・・2位を維持
インターフットボール




※一部要約

シュティーリケ号がひとまず足元の火は消した。
韓国代表がホームでシリアに脂汗の勝利をおさめA組2位を維持し、危機から脱した。

シュティーリケ監督が率いる韓国代表は28日、ソウルワールドカップ競技場で行われた2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選A組7次戦のシリアとのホーム試合で、ホン・ジョンホの決勝ゴールに力づけられ1-0で勝利した。
この日の勝利で韓国は勝ち点13でA組2位を維持し、危機から脱した。


20170328215212614a.jpg

20170328215212614b.jpg

20170328215212614c.jpg

20170328215212614d.jpg



"シュティーリケ号900日"韓国はシリア戦勝利も大言壮語できないチームになった
Newsen




※一部要約

シュティーリケ体制の前まで韓国がこれだけシリア戦を心配したことがあっただろうか。

シュティーリケ監督が率いる大韓民国サッカー代表は3月28日、ソウルワールドカップ競技場でシリア相手に"2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選"A組7次戦に出る。
23日に中国相手に0-1で無気力に敗れたシュティーリケ号に向けられた疑問は天を衝く状況だ。

韓国は"アジア最強"を自負するチームである。
世界の舞台であるワールドカップでは16強進出も難しかったが、少なくとも1990年代からは日本・イランとともにアジアサッカーを代表するチームだった。
アジアカップでも韓国は21世紀に入って2004年大会を除けば毎回4強に上がった。

そんな韓国が今では、シリアに勝てるのか疑う状況にまで追い込まれた。
前例が証明している。
シュティーリケ号はすでに一段下の中国との2回の対決で拙戦を繰り広げた。
1次戦では3-2の冷や汗の勝利、2次戦では0-1の敗北を記録した。


20170328060104a.jpg


過去にもワールドカップ予選で危機を迎えたことはあった。
それでもFIFAランキング95位のシリア級のチーム相手に、負けることを心配したことはなかった。
過去にも弱体相手に無気力に負けたことはあったが、試合前からこんなに不安なことはなかった。
かつては"勝てたのに負けた"だったが、今では"勝つと確信できない"に変わった。

シュティーリケ監督は3月24日で韓国サッカー史上最長期間の就任監督になった。
シュティーリケ監督が指揮して915日で、韓国はFIFAランキング90位圏チーム相手にも"負けそうな"チームになった。
いっそのことシリア戦も負けたほうが韓国サッカーの未来にとっては良いことになるかもしれない。



静かな雰囲気の中、シュート練習に邁進したシュティーリケ号
ベストイレブン




※一部要約

前の試合での無得点問題を打破するという意志が反映されたのか。
シュティーリケ号が試合前日のオープントレーニングでシュート練習に邁進する姿を見せた。
シリアの鉄壁守備を絶対に破るという覚悟が反映されたようだった。

韓国代表は28日、ソウルワールドカップ競技場で2018FIFAロシアワールドカップアジア地区最終予選A組7次戦を行う。
決戦を行う前日の27日午後4時、坡州NFCでは韓国-シリア戦を控えた韓国代表の練習が15分間取材陣に公開された。

ほとんどの練習のスタートがそうであるように、シュティーリケ号の選手は軽く体を解して予熱をつけた。
取材陣に許された時間が終わりになる頃、韓国代表は2つに分かれて本格的なシュート練習に入った。
選手は概ね良い体のコンディションを保っているようだった。

シリアは強大なイラン相手にも無失点の引き分けをおさめる底力を見せたが、韓国が電光掲示板の数字を0ではなく他の形に変えるためには、シュティーリケ号の選手のつま先が鋭くなければならない。
訪れたチャンスを絶対ゴールに繋げなければならない。
堅い守備を誇るシリア相手には、思ったほど多くのチャンスはない公算が大きい。



[記者会見] "キャプテン"キ・ソンヨン、「言葉より競技場で示す」
インターフットボール




※一部要約

韓国は28日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われる2018FIFAロシアワールドカップアジア最終予選7次戦でシリアと対決する。
試合前日に代表チームは坡州大韓民国サッカー代表トレーニングセンター(NFC)で事前記者会見を行い、シリア戦の覚悟を伝えた。

絶対に勝利が必要な試合である。
A組に属している韓国は3勝1分け2敗の勝ち点10で2位にいる。
ワールドカップ本戦直行が可能な順位だが、先日中国戦で敗れて不安が大きくなった。
3位ウズベキスタンとはわずか1点、4位シリアとは2点差だ。
今回の対戦で負ければシリアに2位を譲ることもあり得る。

キ・ソンヨンは中国戦後に苦しさを吐露し、今の代表には変化が必要だと打ち明けた。
彼は「選手たちが各自ワールドカップ出場について切実だということを理解しなければならない」として、「今日の中国戦に負けたこともすごく腹立たしいが、これまで最終予選をやってきて、最終的に良い結果を得られないパターンが続いている。今後は選手だけでなくコーチングスタッフすべてが変わらなければならない。そうでなければワールドカップに出るのは難しい」と強調した。

今回の記者会見でキ・ソンヨンは「選手は満足できるほどの成績じゃないことをよくわかっている。特に選手にたくさん言う部分はないと思う。選手も結果に対して負担を抱えているだろう。だがここに来ている選手は大韓民国でサッカーが最も上手な選手だ。そういう選手ならこのような状況でも自分の能力を見せなければならないと思う。それができなければチームが厳しくなることもあり得る。今回の機会を通じて、自分が大きな選手であると見せなければならない。主将としてたくさんの準備をしている。言葉より競技場で示すことが重要だ。中国戦よりも良い競技力を見せると確信している」と覚悟を明かした。

続けてチームの雰囲気について「私も人間なので試合の結果が良くなければ当然落ち込むしかない。それをどうやって早く良い雰囲気に変えるかが、強いチームになる過程である。サッカーは個人種目ではなく団体種目であり、互いに力を合わせなければならない。互いに精神的・肉体的に準備を上手くできなければならない。今の状況で自信をつけるためには、自分自身がしっかりと準備をしなければならない。主将としてミーティングでも色んな話もした。監督様も良い話をした。雰囲気は当時(中国戦)よりも良くなった。明日の試合を期待している。楽な雰囲気で試合をするだろう」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング