"イ・スンウvs久保"韓日戦が実現するか関心
蹴球ジャーナル




※一部要約

2017 U-20ワールドカップで韓国と日本の両国の境遇が相反している。
開催国韓国は23日にアルゼンチンを2-1で下して2連勝でA組1位に上がり、16強行きを確定した。
一方、翌日にD組の日本は水原ワールドカップ競技場でウルグアイに0-2で跪いて1勝1分けで3位に滑った。

両国とも3次戦が残っていて、他の組の結果を確認しなければならないが、順位がこのまま維持されれば韓日戦が実現する余地がある。
A組1位はCDE組の3位の一つと16強で対決する。

24日、水原ワールドカップ競技場を訪れたチェ・ヨンジュン技術委員は「韓国がD組の国と会うなら、南アフリカが気楽だろう」と語った。
日本については「互いによくわかっていて、韓日戦は負担になる」とできるなら避けたいと明かした。

日本も同じ立場だ。
この日の試合を見守った日本のある記者は「8強で会うならわからないが、16強で韓国に会うのは望まない」と語った。

だが韓日戦は相変わらず熱い関心が溢れる試合である。
アジアのライバルとして常に名勝負を演出してきた両国なので、大会の熱気をさらに高めることができる。
両国のマッチが実現するれば、スペイン・バルセロナの先輩後輩であるイ・スンウと久保建英の二人のFWの技量対決も注目される。





もちろん韓日戦は多くの条件が合ってこそ実現される。
日本はイタリアとのGL最終戦で良い結果を得られなければ脱落もあり得る。
内山篤日本監督は「韓国戦を前もって考えるより、イタリア戦に集中する」と明かした。

もし16強で韓日戦が行われるなら、決勝戦以上の今大会最大のビッグマッチになるのは明らかに見える。



"代表復帰"イ・グノ、「責任感を感じる」
マイデイリー




※一部要約

江原FC所属としては初めて代表に選抜されたイ・グノが、責任感を感じると明かした。

イ・グノは22日、ソウル新門路のサッカー会館で発表された2018ロシアワールドカップアジア最終予選のカタール戦に出場する代表メンバーに名前を上げた。
イ・グノは2014年12月のオーストラリアアジアカップ以降、約2年6ヶ月ぶりにシュティーリケ号に乗船した。

イ・グノは江原FCでの突出した活躍により太極マークを付けた。
今シーズンに江原FCが行なった12試合にすべて出場してフルタイムを消化したイ・グノは、試合MVP2回とラウンドベスト11に3回選ばれた。

リーグ最上級に当たる数値である。
3ゴール2アシストで攻撃ポイント部門でも共同9位にいる。
25回のファールを勝ち取り、この部門で共同3位に上がっている点で、イ・グノがどれだけこまめに前方で動いているかを確認することができる。

シュティーリケ監督は「イ・グノは最近の活躍が良かった。特にFCソウル戦を見たが、以前のような鋭さが生き返ったのを確認した。思っていた通り、最高の技量を見せているので呼んだ」として、「運動量が豊富で熱心にプレーする選手だ。相手に脅威を与えられる選手だと判断し、再び招集した」と説明した。

イ・グノは「代表に選ばれてすごく嬉しい。今の状況は代表にとっても重要な時期だ。責任感を感じていて、準備をしっかりするべきだという気がしている。代表は個人的なことよりチーム的なことが重要だ」として、「代表については心を無にしていた。こうして機会が来た。選ばれたことより結果が重要だ。今喜ぶより、準備をしっかりしてカタール遠征で勝ち点3を取らなければならない」と所感を明かした。



イ・スンウのゴールを見た日本、"メッシ-マラドーナ級"ゴールを体験しても相変わらず驚かされる
スポーツQ




※一部要約

バルセロナの有望株イ・スンウに向けられた日本の反応が熱い。
"飛び級"でU-20ワールドカップに合流した久保建英(16・FC東京)と比べて完成段階に向かいつつあるイ・スンウを見る日本の反応は賞賛一色だ。

イ・スンウは23日、アルゼンチンとの2017U-20ワールドカップA組2次戦で、前半18分に幻想的なドリブル突破に続く感覚的なチップシュートで先制ゴールを炸裂させた。

イ・スンウのゴールに対し、日本の人気コミュニティ2chの反応は熱かった。
「これはメッシじゃないのか」、「最近4試合で4ゴール1アシストだなんて本当に危険だ。大会最優秀選手(MVP)も狙える」など羨望でいっぱいの反応が出てきている。

韓国は2014年9月のAFC U-16チャンピオンシップ8強で日本に会った。
そのときイ・スンウは試合前から日本は難しい相手じゃないとして自信を示していた。
日本はイ・スンウのインタビューに憤慨する反応を示したが、試合後は彼を認めるしかなかった。

当時、イ・スンウは前半に先制ゴールを決めたのに続き、後半開始と同時にハーフライン前から60メートルほどを爆発的なドリブル突破で日本守備を順に押し倒し、GKまで抜く屈辱的なゴールをプレゼントした。
ディエゴ・マラドーナ、リオネル・メッシのゴールを思い出させる作品だった。


238967_227316_547a.jpg


日本にもイ・スンウと同じくらい期待を受ける有望株の久保がいる。
彼はイ・スンウと同様に、バルセロナユースで活躍した。

だがまだ若い年齢のため、フルタイムを消化するのは無理だという評価が出ている。
日本サッカーファンはイ・スンウには及ばないという事実を認める雰囲気だ。

2chネチズンは「久保は安定感がありテクニックも優れパスも上手いが、スピードや瞬発力、突破力はイ・スンウがはるかに上のようだ」、「久保がMVP級の活躍をすれば最高だが無理だろう」とまだ久保に比べてイ・スンウが先んじているという反応を見せている。



[U-20現場レビュー] "イ・スンウ-ペク・スンホゴール"韓国、アルゼンチンを2-1で倒して大会初の16強確定
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン号がアルゼンチンを倒して早々に16強を確定した。

シン・テヨン監督が導く大韓民国U-20代表は23日、全州ワールドカップ競技場で行われたFIFA U-20ワールドカップコリア2017A組2次戦で、アルゼンチンに2-1の勝利をおさめた。
これで韓国は3次戦のイングランド戦に関係なく2位を確保し、16強を確定した。


20170523215432184a.jpg

20170523215432184b.jpg

20170523215432184c.jpg



[シュティーリケメンバー発表] グノ-チャンミン-イルス-ジェソンKリーガー大挙抜擢
スポーツ朝鮮




※一部要約

シュティーリケ監督がA代表に新顔を大挙抜擢した。
ガラリと変わった姿である。
Kリーグクラシックで大活躍している選手を選んだ。
イ・グノ、イ・チャンミン、ファン・イルス、イ・ジェソンらを選んだ。
また、中東でプレーしているイ・ミョンジュを久しぶりに抜擢した。
ヨーロッパ派のイ・チョンヨン、パク・チュホも呼んだ。
一方、まだ負傷から完全に回復してないク・ジャチョルは選ばなかった。

3月に選出されてなかった選手は計11人である。
イ・チャンミンとファン・イルスはA代表に初めて抜擢された。
イ・グノは2014年12月のオーストラリアアジアカップ以降、初めての抜擢である。

韓国はカタールと来月13日に遠征8次戦を行う。
韓国は現在、予選A組2位(勝ち点13)を走っている。
3位ウズベキスタンが勝ち点12でピタッと後ろを追っている。
1位はイラン(勝ち点17)だ。
1~2位までがロシアワールドカップ本戦に直行する。

シュティーリケ号は6月3日に中東UAEに出国してから現地適応練習に入る。
9日にイラクと親善試合を行う。


◇シューティケ号、2018ロシアワールドカップ最終予選カタール戦のメンバー(24人)

GK=キム・ジンヒョン(30・セレッソ大阪)、キム・スンギュ(27・ヴィッセル神戸)、クォン・スンテ(33・鹿島アントラーズ)、チョ・ヒョヌ(26・大邱)

DF=ホン・ジョンホ(28・江蘇蘇寧)、チャン・ヒョンス(26・広州富力)、カク・テヒ(36・ソウル)、キム・ミンヒョク(25・サガン鳥栖)、キム・チャンス(32・蔚山)、チェ・チョルスン(30)、キム・ジンス(25・以上全北)、パク・チュホ(30・ドルトムント)

MF=キ・ソンヨン(28・スウォンジー・シティ)、イ・チョンヨン(29・クリスタルパレス)、ソン・フンミン(25・トッテナム)、イ・ミョンジュ(27・アル・アイン・UAE)、ナム・テヒ(26・レフウィヤ)、ハン・グギョン(27・アル・ガラファ)、イ・ジェソン(25・全北)、ファン・イルス(30)、イ・チャンミン(23・以上済州)

FW=ファン・ヒチャン(21・ザルツブルク)、イ・グノ(32・江原)、チ・ドンウォン(26・アウクスブルク)

*待機リスト=チョン・ソンリョン(川崎)、オ・ジェソク(ガンバ大阪)、キム・ギヒ(上海申花)、コ・ミョンジン(アル・ラーヤン)、クォン・チャンフン(ディジョン)、チョン・ジョグク(江原)






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング