虎か?ライオンか?…2020年にサッカー代表のエンブレム・ユニフォームが変わる!
KBS




※一部要約

2020年にサッカー代表のエンブレムが変わる。
これまでの虎よりはライオンに似ている新エンブレムの候補が海外のサッカー用品専門サイトに流出し、新エンブレムは代表の2020シーズンの新ユニフォームにつけられる予定である。

大韓サッカー協会は4日、協会エンブレムの変更を推進していると明かした。
新エンブレムは早ければ来年2~3月頃、ナイキ社のサッカー代表2020シーズンユニフォームの発表と同時に公開される予定である。
新エンブレムの確定はさらに遅れる可能性もある。

海外のサッカー用品専門サイト"フッティヘッドライン(FOOTY HEADLINES)"は1日、"韓国サッカー代表のまったく新しいエンブレムが流出した"という文章を掲載した。
フッティヘッドラインはこのエンブレムを既存のエンブレムと比較し、未来志向的で攻撃的な虎の顔を形象化したと評価した。

だがデザインに対するネチズンの評価はあまり肯定的ではない。
虎よりライオン、さらには猫に似てるという評価もあった。

もちろんこのデザインが太極戦士の左胸につけられる可能性は低いとみられる。
サッカー協会はこのエンブレムについて「まだ新エンブレムは確定してない」として、「今、様々なデザイン会社を通じてエンブレムの候補を選んでいる最中」と明かした。



韓国サッカーのFIFAランキングが40位圏に押し出される…日本が亜1位を奪う
ヘラルド経済




※一部要約

韓国サッカーがFIFA世界ランキングの順位で40位圏に押し出された。

28日にFIFAが発表した11月の男子サッカー世界ランキングを見ると、韓国は1459点で先月より2段階落ちた41になった。
9月の37位から2ヶ月連続して2段階の下落だ。

これは11月に行った2回のAマッチで、無得点で1分け1敗をおさめた記録がそのまま反映されたのである。

パウロ・ベント監督が率いる韓国代表は14日のレバノンと2022カタールワールドカップアジア地区2次予選遠征試合に0-0で引き分け、続けて19日にはブラジルとの親善試合に0-3で完敗した

韓国は42位のオーストラリアにもランキングポイント2点差で追われ、AFC所属国家の3位まで脅かされることになった。

日本は28位でアジアで最も高い順位を占めた。
イランは6段階落ちて33位に押された。



[アブダビ現場レビュー] ブラジルに"レベル差実感"韓国、0-3の完敗…ベント号"2敗目"
スポータルコリア




※一部要約

パウロ・ベント監督が指揮する韓国サッカー代表が、南米最強のブラジルの壁を実感した。

韓国は午後10時30分、UAEアブダビのムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアムで行われたブラジルとの評価試合でパケタ、コウチーニョ、ダニーロに連続ゴールを許して0-3で完敗した。

これで韓国は2019アジアカップのカタールとの8強戦に続いてFIFAランキング3位のブラジル戦まで、ベント監督就任後に2敗目を喫した。
補薬を飲んだブラジルは最近のAマッチ5試合無勝から脱した。








[アブダビLIVE] ブラジル戦敗北の雪辱を夢見るキム・ヨングォン、「必ず勝ちたい」
ベストイレブン




※一部要約

「ブラジル相手にはいつも負けた記憶しかない。今回は必ず勝ちたい」

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表がブラジルとのAマッチ親善試合を4日後に控え、アラブ首長国連邦のアブダビで練習を再開した。
14日午後3時、レバノンと2022FIFAカタールワールドカップアジア2次予選の4次戦に0-0で引き分けた後、15日深夜にアブダビのベースキャンプに戻った。

19日にアブダビのモハメド・ビン・ザーイド・スタジアムでブラジルと親善試合を控えているベント号は15日午後5時、ブラジル戦に備えた練習を始めた。
前日にレバノン戦を消化した選手もすべて練習に参加して回復訓練を行った。
試合でプレーしなかった選手は正常に練習した。

練習前に行われたインタビューで、副主将のキム・ヨングォンがブラジル戦の記憶を思い出した。
まずキム・ヨングォンは「昨日、選手同士で話を一度した。(※レバノンと引き分けて)良くない雰囲気で行くことはできない。改めてブラジル戦を準備することにした。難しい試合はこれからも多いが、そのたびに引けをとってはならない」と、レバノン戦で引き分けた後に選手が雰囲気の雰囲気を試みていると伝えた。



[ベイルート現場レビュー] "ファン・ウィジョゴールポスト"韓国、レバノンと苦しい0-0の引き分け…グループ1位は維持
スポータルコリア




※一部要約

韓国サッカーが再びレバノンに足首を掴まれた。
ゴールポスト不運で引き分けに終わり、薄氷のグループ1位争いを続けた。

韓国は14日、ベイルートにあるカミールシャムーン・スポーツシティスタジアムで行われた2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選4次戦のレバノン遠征試合に0-0で引き分けた。
この日の引き分けで韓国は2勝2分け(勝ち点8)を記録し、北韓(勝ち点7)、レバノン(勝ち点7)の追撃を続けて受けることになった。








Page Top

ブログパーツ アクセスランキング