"シン・テヨンの男"ソン・ジュフン、新風を起こすか
ジョイニュース24




※一部要約

シン・テヨン韓国代表監督の中にはソン・ジュフン(アルビレックス新潟)が入っていた。

シン・テヨン監督は25日、サッカー会館でロシア・モロッコと評価試合を行う選手23人を発表した。
全員海外派だけで構成された代表は類例を探すのが難しい。

その中で注目を集める選手が1人いた。
ソン・ジュフンである。

シン監督の愛弟子でもある。
彼は2016リオデジャネイロオリンピックのとき抜擢が有力だったが、負傷で落馬して代表に名前を上げられなかった。
シン監督は「当時はソン・ジュフンをベストメンバーと見ていた」と振り返り、「出国の一日前に怪我をしてともにできなかったが、その後もずっと見ていた」と継続的な関心を持っていたと語った。

彼は「(今回の機会に)選んでみるべきだと思った。(ソン・ジュフンは)我が国のストッパーが持っていないワイルドさを持っている。テストしてみる良い機会だと思う」と語り、ソン・ジュフンを選んだ理由を説明した。

彼が言った"ワイルドさ"とは、体格的な優位を意味する可能性が高い。
日本のサッカーデータ分析サイトである"フットボールラボ"は、ソン・ジュフンを評価し、守備の状況での制空権に17点をつけた。
比較的高い点数である。

またソン・ジュフンは、"フットボールラボ"が評価した守備ポイントを121.06点取っている。
90分単位で換算すれば5.91点だが、これはリーグの全選手の中で50位に該当する数値である。
昨シーズンまで仁川で活躍し、今シーズンに日本の舞台でも良い活躍を続けているマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)が9点台で6位になっているので、ソン・ジュフンの記録はすごく高い数値とは見られない。

もちろんこの記録だけでソン・ジュフンの未来を予測することはできない。
シン・テヨン監督のサッカーをよくわかっている点、また今シーズンにチームが苦戦している中でも安定して機会を与えられ、主軸選手に位置している点は鼓舞的だ。
初の成人代表に抜擢されたソン・ジュフンがどんな姿を見せるのか関心が傾く。



"イ・チョンヨン-ファン・ウィジョ復帰"シン・テヨン号2期発表"イ・スンウ-ペク・スンホ除外"
スポーツ朝鮮




※一部要約

イ・チョンヨン(クリスタルパレス)とファン・ウィジョ(ガンバ大阪)が復帰した。
イ・スンウ(エラス・ヴェローナ)とペク・スンホ(ジローナ)は外れた。

シン・テヨンA代表監督は25日にソウル新門路のサッカー会館で、来月のヨーロッパ遠征2連戦に出場する代表メンバーを発表した。
シン・テヨン号は10月7日にロシアともモスクワで評価試合を行う。
10日にスイスで予定されていたチュニジア戦はキャンセルになり、代わりにモロッコと試合をする予定だ。

今回のメンバーにはヨーロッパや中国、日本、中東でプレーしている太極戦士が網羅された。
注目を集めていた"U-20ワールドカップ"メンバーは今回も選ばれなかった。
25日にセリエAデビュー戦を行ったイ・スンウと、最近ジローナBで安定的に出場しているペク・スンホ、オーストリア・ウィーンの主戦メンバーとして活躍しているイ・ジンヒョンは、すべて今回のメンバーに名前を上げることができなかった。


20170925102742343a.jpg

20170925102742343b.jpg



"2期シン・テヨン号"海外派総動員令、スンウ-スンホは選ばれるだろうか
スポーツ朝鮮




※一部要約

"2期シン・テヨン号"が姿を現す。
全員海外派だ。

シン・テヨン韓国サッカーA代表監督は25日、来月のロシア・チュニジアとの親善Aマッチに出場して戦う代表メンバーを発表する。
A代表は10月7日にロシアとモスクワで、10日に場所をスイスに移してチュニジアと評価試合をする。
我が国は6日のウズベキスタン遠征で、無得点で引き分けて千辛万苦の末にロシアワールドカップ本戦進出を確定させた。
シン・テヨン監督は今回のヨーロッパ遠征で、一ヶ月ぶりに本格的なロシア本戦への歩みを見せる。

シン・テヨン監督は今回発表するメンバーをすべて海外派で満たした。
彼は最近、記者と会った席で「KリーグのチームはすでにA代表のために何度が犠牲になった。今回の10月のAマッチ期間にKリーグの試合が行われる。また、全チームがとても重要な状況で、Kリーガーの選出は敏感なことでもある。なので今回は海外派を総動員することに決めた。海外派でもメンバーをすべて満たすことができる」と語った。
10月のAマッチ期間(2~10日)である8日にKリーグの試合が組まれている。
このKリーグの日程は、A代表の早期選出に応えて調整されたものである。

今回のメンバーにはヨーロッパや中国、日本、中東でプレーしている太極戦士がすべて網羅される予定だ。
シン・テヨン号1期のメンバーに入ったヨーロッパ派のソン・フンミン、キ・ソンヨン、クォン・チャンフンや中国派のキム・ヨングォン、チョン・ウヨン、キム・ギヒ、キム・ジュヨン、クォン・ギョンウォン、日本派のチャン・ヒョンス、キム・ボギョン、キム・スンギュ、キム・ジンヒョン、中東派のナム・テヒらが再び選出される可能性が高い。
コンディションが良くないと伝えられたファン・ヒチャン、ク・ジャチョル、チ・ドンウォンらは選出が不透明な状況である。


20170924170252634a.jpg



怒ったサッカーファン、ついにロウソクを持つ…「ヒディンクを選任しろ」
世界日報




※一部要約

韓国サッカー代表と大韓サッカー協会の歩みに角を生やしたサッカーファンが、ついにロウソクまで持ち出す。

ソウル鍾路警察署の関係者は「23日土曜日の14時から17時の間にサッカー協会会館の前で"サッカーを愛する国民"の集いが集会を開く」と伝えた。

代表はシュティーリケ監督が更迭され、シン・テヨン監督が新たに就任した後に行った2018ロシアワールドカップ最終予選で、続けざまの拙戦の末に、漁夫の利でワールドカップ本戦行きのチケットを手にした。

合わせて主将を引き受けたキム・ヨングォン選手の失言論難、拙戦の後で見せたシン・テヨン監督の胴上げなど代表の身内の祝福論難、ヒディンク財団からキム・ホゴン大韓サッカー協会副会長に送ったメッセージに関する真実の攻防など、絶え間ない論難が続き、韓国サッカーファンの怒りがおさまるとは考えづらい。

青瓦台の請願および提案掲示板には、フース・ヒディンク監督を選任しろという内容の請願文と、それに同意する文が終わることなく上がってきている。




"ヒディンクを連れてこい"サッカーファンが午後2時にロウソク集会を予告
釜山日報




※一部要約

集会を予告したサッカーファンは、ヒディンク監督の就任に加え、サッカー協会の刷新を求めている。
また、別のネチズンはコメントで「何よりもサッカー協会の無原則で一方的な行政に厳しい忠告を与えなければならない」として、「横領事件のような不正や、無能で無責任な行政に対する改善も要求しなければならない」と言った。



チュニジア監督「韓国との親善戦反対」…理由は?
フットボールリスト




※一部要約

ナビル・マールールチュニジア代表監督が韓国とする親善試合に反対したというニュースが出てきた。

チュニジアメディアは13日、マールール監督がチュニジアサッカー協会会長に韓国とヨーロッパでする親善試合(10月10日)をしないでほしいと語っていたと報じた。

マールール監督は、ヨーロッパに飛んで韓国と試合をするなら、7日にギニアと行う"2018ロシアワールドカップ"アフリカ予選5次戦をしくじるかもしれないと心配した。
彼は「ギニアとの試合の3日後に試合をしなければならない」と憂慮した。

チュニジアはA組で3勝1分けの1位である。
来月7日に3位のギニアとする試合で勝てば、本戦に直行できる。
チュニジアはワールドカップに4回出場している。
最後に出たワールドカップは"2006ドイツワールドカップ"である。
チュニジアはFIFAランキング34位だ。

「韓国とする親善戦を受諾すれば、選手の集中力が乱れるだろう。私たちは集中力の分散を望んでない。ギニアのコナクリでギニアに勝ち、ロシアワールドカップ本戦に行くチャンスを掴みたいからだ」

チュニジア監督の望みは叶わなかった。
韓国とチュニジアは10日、当初の場所であったフランス・カンヌではなくスイスの某所で試合をすることにした。
大韓サッカー協会は「ほとんど場所は決まった。最後の確認中」と言った。

マールール監督は2015年にクウェートを率いて"2015オーストラリアアジアカップ"で韓国と対決したことがある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング