ワールドカップ2次予選"平壌試合"録画中継キャンセル…放送非適合(総合)
聯合ニュース




※一部要約

地上波3社が最後までしがみついた韓国サッカー代表の2022カタールワールドカップ2次予選"平壌遠征"試合の放送は結局、録画中継まで失敗に終わった。

KBSは17日、「この日の午後5時に放送予定だったカタールワールドカップアジア地区2次予選3次戦韓国・北韓の試合の録画中継をキャンセルする」と明かした。

先に地上波はこの日の午前、映像がDVDの形で選手団を通じて入り次第、分量や画の状態などを確認してから放送すると予告していた。

KBSは試合終了後も放送権料などについて最後まで交渉していたが、正常に放送するのが難しいという最終判断に至ったとみられる。

ただしKBSは録画中継のキャンセルについての公式的な説明をしていない。






"未曾有の無観客試合"北韓の答えはなかった
ノーカットニュース




※一部要約

試合開始1時間30分前。
平壌の金日成競技場の観客出入り口は固く閉じられていた。
当初は4万の観客が予想されていたが、ついに出入り口は開かれなかった。
29年ぶりの平壌南北戦は無観客試合で行われた。

団長の資格で選手団と同行した大韓サッカー協会のチェ・ヨンイル副会長は17日、仁川空港から帰国してから「無観客試合になって驚いた」として、「1時間30分前に競技場へ行った。門が開くだろう、観客が5万入ってくるだろうと予想していたが、最後まで門が開かなかった。選手と監督すべてが驚いた」と語った。

無観客試合について、これといった答えも聞けなかった。
北韓の関係者は質問を逃れるのに忙しかった。

チェ・ヨンイル副会長は「無観客試合試合について説明がなかった。話をさせても目を合わせることもせず、聞いても返事をちゃんとしようとしなかった」として、「なぜこうなったのかと聞くと、わからないと言った。正確な答えもなく、話を投げ出した。冷ややかな雰囲気だった」

大韓サッカー協会のチョン・モンギュ会長も平壌を訪れた。
だが北韓はまともな待遇さえしなかった。

チェ・ヨンイル副会長は「私たちが入るところは中央でなければならなかった。ところが私たちの席だけサイドに配置されていた。中央に入らなければならないのに、最初から行けないようにしていた」として、「幸い会長は入ってからFIFAのジャンニ・インファンティーノ会長と会った。ただし深い話はしなかったようだ」と語った。



[南北戦] 29年ぶりの平壌遠征0-0、歴代級の"異様な"試合で引き分けた
スポーツ朝鮮




※一部要約

我々の太極戦士が29年ぶりに行われた無観客の平壌遠征で北韓と無得点で引き分けた。

韓国は15日、平壌の金日成競技場で繰り広げられた北韓との2022カタールワールドカップアジア予選遠征3次戦に0対0で引き分けた。
韓国は2勝1分けで北韓と勝ち点7で同率になったが、ゴール得失の差で上回ってグループ首位を守った。
韓国選手団は16日に中国北京を経て帰国する。
韓国の男子A代表は1990年の南北統一サッカー大会以降、今回29年ぶりに北韓を訪れて対決した。
韓国は北韓とのAマッチ戦績で7勝9分け1敗を記録した。

サッカー協会によると、試合序盤から様相は拮抗した。
前半20分までは優劣をつけるのが難しいほど対等だった。
伯仲した緊張感の中で、南北の選手がグラウンドで一度神経戦をした。
それに対して競技監督官が安全要員を待機させたと伝えられた。

ベント号は波状攻勢を浴びせたが、北韓の激しい密集守備をついに突破できずに引き分けた。


191015194119507a.jpg

191015194119507b.jpg



"ベント号のゴール狩人"ファン・ウィジョは勝ち点3の考えを優先 [GOAL LIVE]
ゴールドットコム




※一部要約

ファン・ウィジョはベント号の発足後に最も多くの得点を担ってきたFWだ。
18試合で出た26ゴールのうち、9ゴールを彼が決めた。
世界的な選手になった主将ソン・フンミンも、代表内の立場ではファン・ウィジョより優位だと自信を持つことができないほどである。

ゴール狩人のファン・ウィジョは得点への意欲を隠さないが、それよりもさらに強調するのが勝利だ。
ワールドカップ2次予選だが、毎試合勝ち点3を目標にしなければならないというのを先に語った。
自分の得点はそのための一つのツールでしかないという話をした。

10日にスリランカ戦、15日に北韓戦を行う2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選のために代表に合流したファン・ウィジョは招集2日目の8日、取材陣とのインタビューで「FWがゴールを早く決めれば、私たちのチームは楽に安定的な試合をすることができる」として、「チャンスが来たときできるだけゴールを決めたい」と語った。

今シーズンに初めてヨーロッパで選手生活をしているファン・ウィジョは、様々な経験を積んで発展している。
ボルドーは最近になり、戦術的理由でファン・ウィジョをサイドアタッカーとして活用中だ。

ベント監督もファン・ウィジョのそのような経験が選手としての発展を導くと語った。
だが代表では中央でプレーしなければならないと釘を差したことがある。
ファン・ウィジョも「自信のある席だ。すぐに適応できる」とベント監督の信頼に応えた。



ファン・ウィジョ2号ゴール申告…41日ぶりに得点砲
デイリアン




※一部要約

ベント号不動の1トップであるファン・ウィジョが久しぶりに得点砲を稼働させた。

ファン・ウィジョは6日、フランスのトゥールーズ・スタジアムで行われたトゥールーズとの"2019-20フランスリーグアン"正規リーグ9ラウンドの遠征試合で得点を記録した。

左サイドのアタッカーとして先発出場したファン・ウィジョは、2-0でリードしていた後半8分に幻想的なミドルシュートで楔のゴールを炸裂させ、チームの3-1勝利を牽引した。

8月25日のディジョン戦でフランス舞台のデビューゴールを炸裂させたファン・ウィジョは、41日にぶりにリーグ2号ゴールを記録することになった。

ボルドーはこの日の勝利でシーズン4勝3分け2敗(勝ち点15)を記録し、4位に上がって来シーズンのCL進出への希望を抱くことになった。

一方、この日の試合を最後にファン・ウィジョは、パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表に合流、2022カタールワールドカップアジア地区2次予選のスリランカ、北韓との試合に出る予定だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング