[AFCチャンピオンシップ] 韓国U-22、ベトナムを2-1で下して"本戦進出"
スポータルコリア




※一部要約

チョン・チョンヨン監督が率いる韓国U-22代表がベトナムを制圧し、AFCチャンピオンシップ本戦の舞台に進出した。

チョン・チョンヨン監督が率いる韓国U-22代表は23日、2018AFCチャンピオンシップ予選I組最終戦でベトナムを相手に2-1の勝利をおさめた。

韓国は前の試合で東ティモールを相手に0-0の衝撃的な引き分けを記録して危機感を覚えたが、この日のベトナム戦の勝利で勝ち点7になり、首位に上がって本戦進出を確定させた。




U-22代表、ベトナムを2-1で撃破・・・U-23アジア選手権本戦行き
スポーツソウル




※一部要約

来年のU-23アジア選手権本戦は2020東京オリンピックの出場権が与えられる大会ではない。
東京オリンピック最終予選を兼ねたU-23アジア選手権は2020年1月に行われる。
だが韓国がこの日ベトナムに勝てずにアジアの16ヶ国に与えられる来年の大会本戦行きに失敗すれば、2020年のU-23アジア選手権の抽選で1グループから脱落し、さらには3グループまで押されることもあり得た。
強豪チームとアジア選手権本戦ではなく、予選から対決するシナリオを、今回のベトナム戦勝利で避けられるようになった。


【関連記事】
【U-22】韓国ネチズン反応:韓国がFIFAランキング196位の東ティモールと衝撃的な引き分け
韓国メディア「東ティモールと引き分けた韓国U-22代表、ベトナムに勝てなければ来年のU-23アジア選手権本戦挫折」


"弱体じゃない"安逸だった韓国サッカーの恥
MKスポーツ




※一部要約

韓国がAFC U-23選手権予選脱落の危機に追い込まれた。

韓国は21日、ベトナム・ホーチミンで行なった東ティモールとの2018AFC U-23チャンピオンシップ予選I組2次戦に0-0で引き分けた。
キム・シンファン監督が指揮した東ティモールの圧迫を90分ずっと突破できなかった。

衝撃的な引き分けだった。
韓国が東ティモールと歴代の代表チームの試合で勝てなかったのは初めてである。
2016AFC U-23チャンピオンシップ予選でも3-0で勝ったことがあった。

東ティモールはFIFAランキングが196位である。
AFC加盟国の中で下から4番目だ。
19日にベトナムに0-4で負けた東ティモールは本戦進出に挫折した。
だが23日に1得点18失点のマカオと最終戦を残しており、歴代最高の成績に挑戦する。

東ティモールが歴史的な試合をした中で、韓国は最悪の状況に直面した。
開催国ベトナムが東ティモールとベトナムを連覇し、韓国を抜いてグループ1位に上がった。



[442.u23] 韓国、東ティモールと"イライラ"0-0の引き分け
FourFourTwo




※一部要約

チャンスは多かったが活かせなかった。
東ティモールの密集守備と速いカウンターのテンポを勝ち抜けず、韓国は無得点で引き分けをおさめた。

21日、ベトナム・ホーチミンのトンニャット・スタジアムでチョン・ジョンヨン監督が率いる大韓民国U-22代表が、AFC U-23チャンピオンシップ予選2次戦(東ティモール)を行なった。
0-0の引き分けで試合は終わった。





#チョン・ジョンヨン監督の戦評

「サッカーとはこうなのだ。状況によって良かったり、悪い結果になることもある。今日の試合は難しいと思った。芝の事情や運動場の条件のためである。私たちは相手が全員下がったときにできる方法は、パスではなくセットピースでの決定力だ。そこでの集中力が落ちていた。私たちの選手は最善を尽くして試合に臨んだ。東ティモールの闘魂が良かったと思う。この場を借りて東ティモールにお祝い申し上げる」




U-22サッカー代表、東ティモールと衝撃的な引き分け
ジョイニュース24




※一部要約

1位になるためには23日のベトナムとの3次戦に無条件で勝たなければならない。
ベトナムは黄金世代と評価されている。
A代表の資源も多数含まれている。
Kリーグファンにも知られているルアン・スアン・チュオン(江原FC)も選出されている。
ホームのメリットを持って戦うベトナムを超えてこそ中国で行われる本戦へ行くことができる。

主審の終了の笛が鳴ると、選手は強張った表情を解くことができなかった。
一方、東ティモールの選手は優勝したかのように喜んだ。
試合結果を克明に代弁したシーンだった。



KFA、連盟にシン・テヨン号の早期招集を公式要請
スポーツ朝鮮




※一部要約

4日、シュティーリケ監督に次いでA代表の指揮棒を手にすることになったシン監督は時間と戦っている。
すぐ来月の31日にイラン、9月5日にウズベキスタンとロシアワールドカップアジア地区最終予選9・10次戦を行う。
この2試合でロシア行きが決まる。

運命の2連戦まで50日ほどしか残っていない。
シン監督は"精神力、使命感、犠牲精神"という選手選抜基準を公開し、選手の奮起を促した。
「イ・ドングでも選ぶことはあり得る」という言葉で無限競争を宣言した。
既存の主軸選手はもちろん、これまで招集を受けられなかった選手もモチベーションになっている様子だ。

問題は招集である。
FIFAの規定によると、代表はイラン戦の3日前である8月28日に招集が可能になる。
シン監督の色を注入させるには時間が絶対的に不足している。
しかもイラン戦は親善試合ではなく、文字通り断頭台マッチである。
なのでシン監督は「大韓サッカー協会と韓国プロサッカー連盟が(代表招集を)一週間繰り上げてくれれば感謝するだろう」と、事実上の早期招集を要請した。
今回の対戦では、ちょうどプレシーズンを終えた海外派の代わりに、シーズン真っ最中のKリーガーが中心となる可能性が高く、いつのときよりも早期招集の必要性が切実だ。

大韓サッカー協会が最近、プロサッカー連盟に早期招集を口頭で要請したことがわかった。
プロ連盟は近いうちに協会が公文書で正式に申し込めば、理事会やKリーグクラブの代表者会議を経て早期招集を受け入れるか決める計画である。
代表の招集日を一週間繰り上げたとき観客動員に影響を受ける江原、全南、浦項、光州、済州、尚州の意志が何より重要だ。

Kリーグの日程は過密だが、大乗的次元で受け入れる可能性が高い。
ワールドカップ進出の有無はKリーグにとっても重要な部分であるからだ。
すでにサッカー協会の技術委員として活動しているソ・ジョンウォン水原監督と、ファン・ソンホンFCソウル監督は「できる範囲の中で助けられる部分は助けになる」と早期招集の要請のときは協力するという意向を明かしている。



シン・テヨン号が参考にする日本の国内派中心の招集計画
スポータルコリア




※一部要約

日本サッカー協会は残り2回のロシアワールドカップ最終予選を国内派中心に行う計画だ。
同じ境遇のシン・テヨン号としては役立つ動きである。

12日、日本のスポーツニッポンをはじめとする日本メディアは、西野朗日本サッカー協会技術委員長の国内派招集計画を大きく取り扱った。

日本は8月31日にホームでオーストラリアと最終予選8次戦を行なった後、9月5日にサウジアラビア遠征試合に発つ。
日本はB組1位だが、2・3位であるオーストラリアとサウジとは勝ち点1の差しかない。
2試合を勝ってこそ、自力で本戦行きを確定させることができる。

西野委員長は、2試合の勝利のためには国内派中心に準備しなければならないと強調した。
彼は「ハリルホジッチ監督に戦略について話す席を作るだろう」と伝えた。

西野委員長のこのような計画は、試合が行われる8月末と9月初めは、ヨーロッパでプレーする選手の調子が正常ではないためである。
欧州リーグは8月中旬に開幕する。
通常は9月中旬まで良い競技力を出すことができない。
また、6月に行われたイラク戦で、コンディションの落ちたヨーロッパ派と体調の良かった国内派の間の不協和音を繰り返さないという意味も含まれていた。

これは韓国にも同じように適応される。
韓国も残り2試合のイラン・ウズベキスタン戦に勝ってこそ、自力で本戦に進出することができる。
シン・テヨン監督はKリーグクラシックの試合を観戦し、国内派選手のコンディションを点検している。

かつての代表で犯した失敗は、コンディションが良くなくてもヨーロッパでプレーしている選手に依存する傾向が大きかったという点だった。
これは日本も同じだった。
西野委員長はその失敗を繰り返さないという考えを出した。
シン・テヨン監督にとっても十分参考となり、再考させられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング