[韓国・イラン現場レビュー] "ファン・ウィジョチップショットゴール"ベント号、難敵イランと1対1の引き分け、イ・スンウ出場
スポーツ朝鮮




※一部要約

パウロ・ベントサッカー代表監督が果敢に実験し、内容も手にした。

代表は11日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われたイラン代表との代表親善試合で、後半に1ゴールずつ取って1対1で引き分けた。
後半12分にファン・ウィジョが感覚的なチップショットで重苦しい0の流れを崩した。
イランのゴールが開かれたのは2011年1月のアジアカップから8年4ヶ月ぶり。
イラン戦無勝(6試合)は断ち切れなかったが、ワールドカップ予選を控え、強敵を相手に期待以上のパフォーマンスを繰り広げたという点で得るものが多い一勝負だった。






[SWイシュー] ファン・ウィジョの理由のある移籍説、挑戦する準備できた
スポーツワールド




※一部要約

「挑戦したいのは合っている」

ファン・ウィジョ(27・ガンバ大阪)が移籍説について口を開いた。
本人も知らないと答えが、挑戦の意思は十分だった。

ファン・ウィジョは大韓民国を代表するFWだ。
2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会でものすごいゴール決定力を誇り、代表の主戦FWに成長した。
今シーズンの所属チームでは停滞しているが、7日のオーストラリアとの6月のAマッチでは、後半の交代投入10分目に決勝ゴールを決め、健在さを誇示した。
ボックス内の得点力だけはアジア最高と言っても過言ではない。

着実な活躍は他リーグのラブコールに繋がった。
この日の試合前、アメリカ現地メディアでMLS所属のバンクーバー・ホワイトキャップスがファン・ウィジョを狙っているというニュースが伝えられた。
ガンバ大阪と今月を最後に契約が満了する彼を抱え、攻撃力を補強するという話だった。



[現場REVIEW] "オ・セフン千金決勝ゴール"韓国、日本に1-0勝ち…8強でセネガルと激突
スポTVニュース

190605044022926.jpg


※一部要約

韓国が運命の韓日戦に勝って8強に上がった。

韓国は5日、ポーランドのルブリンスタジアムで行われた2019FIFA U-20ワールドカップ16強の日本との試合で、オ・セフンの決勝ゴールによって1-0の勝利をおさめた。
韓国は8強戦でセネガルと4強のチケットをかけて争う。


190605044022926a.jpg

190605044022926b.jpg

190605044022926c.jpg

190605044022926d.jpg



ファン・ウィジョに向けられたベントの信頼…「態度から技量、いずれも最高だ」
ベストイレブン




※一部要約

パウロ・ベント監督が最前方FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)に対する信頼と信心の意を強くあらわした。

ファン・ウィジョは昨シーズンにJリーグ1の16ゴールを含め、公式戦で20ゴールを記録して跳躍した。
だが今シーズンはやや停滞している。
リーグ2ゴールを含め、カップ大会まで合わせて3ゴールに留まっている。

ベント監督はそれでも6月のAマッチ評価試合を控え、ファン・ウィジョを招集した。
ベント監督が2018年8月に就任して以降、ファン・ウィジョはわずか一度も漏れることなく代表メンバーに名前を上げている。
これまでスカッドの中で2人のFWを選抜しながら、ファン・ウィジョだけは据え付けで先発している。

ベント監督は「ファン・ウィジョはこれまでともにして見せてきた姿がとても、ともて良いと言える。すでに代表でともにしたときに、多くのものをもたらしてきた。非常に良い技量と態度を見せた」と高く評価した。
現在の所属チームでの不振はまったく問題にならないという意見である。

続けて「ファン・ウィジョはすでに競争力を十分に示した。私は常に2人のFWを招集してきた。チ・ドンウォン、ソク・ヒョンジュンらを経たし、現在はイ・ジョンヒョプがいるが、ファン・ウィジョはすべての招集のたびにともにした。ファン・ウィジョが所属チームで出場機会が少し減っても、優れた能力を持つ選手だというのは証明されている。これまで練習で見せた姿は最高だった」と強調した。






[U20ワールドカップ] ポーランドで"散歩セレモニー"を夢見る太極戦士
聯合ニュース




※一部要約

南アフリカワールドカップを控えていた2010年5月24日、日本の埼玉スタジアム。
当時、マンチェスター・ユナイテッドで活躍していた韓国サッカー代表キャプテンのパク・チソンが前半6分、日本に先制ゴールを放った。

それから相手サポーターの前を無表情でゆっくり走って過ぎ去っていった。
いわゆるパク・チソンの"散歩セレモニー"。
特別な言葉やジェスチャーがあったわけではないが、日本の観客席は沈黙に陥った。
この日、日本は韓国を供え物にしてワールドカップ出征式を祝おうとしていたところだった。

その後、このセレモニーはサッカー韓日戦勝利の象徴となった。
当時、韓国は後半追加時間のパク・チュヨンのPKゴールにより2-0で勝った。
パク・チソンのゴールは決勝ゴールになった。

太極戦士は宿敵日本との対決の勝利の喜びを、しばしば散歩セレモニーであらわした。

日本東京で行われた2017EAFF E-1チャンピオンシップの日本との男子部最終戦で、後半24分にヨム・ギフンが韓国の優勝を予感させる4ゴール目を放った後、選手は一斉に"散歩セレモニー"を再演した。

やはり日本と対決した2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会決勝では、延長戦にファン・ヒチャンが決勝ゴールを決めた後、日本の応援側にゆっくり散歩するように走っていった。
韓国は2-1で日本を退けて大会2連続で頂点に上った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング