マラドーナ、アイマール、シン・テヨンの異口同音、「サッカーを楽しめ」
ベストイレブン




※一部要約

ディエゴ・マラドーナとパブロ・アイマールはサッカーのスタイルは違っていたかもしれないが、彼らのサッカーの見方は正確に一致していた。
サッカーを楽しめなければならないという点である。
これはシン・テヨン韓国U-20代表監督も同じだった。

14日正午、水原にある華城行宮簡易フットサル場でFIFA U-20ワールドカップコリア2017組み合わせ抽選のレジェンドマッチで、チームマラドーナとチームアイマールのイベント試合が行われた。
チームマラドーナはマラドーナのハットトリックに力づけられ、アイマールを前面に出したチームアイマールを4-3で撃破した。

イベントが終わった直後、アルゼンチンのサッカースターとシン監督はインタビューに応じた。
やや短い質疑応答の時間だったが、彼らのサッカー哲学を短くも太く垣間見ることができた時間だった。

現場にいた全員が見たように、マラドーナはイベントマッチに参加した選手の中で最も熱心にプレーした。
若い選手との競り合いを厭わなかったし、ずっとボールを求めて叫び、ゴールを決めるために執念を発揮した。
レジェンドが適切に勝負欲を見せたので、試合を見守った人々はおかげで興味深い観戦を続けることができた。

なので「なぜそんなに熱心にしたのか」という質問がマラドーナに投げかけられた。
マラドーナは「幼いころに最も身近に接することができたスポーツがサッカーだった。おもちゃのようだった。そのときに始まったサッカーとの縁は今でも切れずにいる」とサッカーが与えた楽しさのおかげで、今でもボールを情熱的に蹴ることができると説明した。

アイマールもマラドーナと同じような考えを明かした。
韓国サッカーに対する印象を尋ねると、すぐアイマールは「マラドーナが言ったように、おもちゃを扱うようにサッカーを楽しまなければならない。最も重要なことは、それに関係のある幼少年の育成でもある。それでこそ大人になっても良い姿を維持することができる」と楽しむサッカーを支持した。

二人のレジェンドのサッカー哲学を聞いたシン監督は「我が国から言えば、サッカーの先輩が来られたのだ。マラドーナとアイマールがU-20ワールドカップの広報のために応援してくれて嬉しい。マラドーナやアイマールが言ったように、私たちも楽しむサッカーをする。楽しくやってその流れを受けて頑張るつもり」と来るU-20ワールドカップでも楽しいサッカーを見せると語った。



[縮地法] メッシもチョン・ジョグクもPKキックで失敗する理由
フットボールリスト




※一部要約

先週末に開幕した2017シーズンのKリーグでPK成功率は0%だった。
Kリーグクラシックの尚州尚武と江原FCの試合で、江原FWチョン・ジョグクのシュートはクロスバーを越え、KリーグチャレンジのFC安養と水原FCの試合では安養FWキム・ヒョギのシュートを水源FCのGKイ・サンウクが好セーブした。

一般的にPKはキッカーに有利であると知られている。
ゴールから11メートルの距離から放たれるキッカーのシュートは、コースや強度さえ確実なら物理的にGKが対応するのは難しい。
問題はキッカーが常に完璧にキックすることができないところにある。
なのでPKは技術より心理の領域だとみなされている。

去年Kリーグクラシックで20ゴールを記録して得点王になったチョン・ジョグクは、20ゴール中7ゴールをPKで成功させた。
成功率は100%だった。
チョン・ジョグクは江原に移籍してからプレシーズン期間に記録した8ゴール中4ゴールもPKで決め、100%の成功率を記録した。
チョン・ジョグクは"フットボールリスト"とのインタビューで「PKをしっかり決めるのも簡単ではないことだ。蹴る前にあらかじめ決めて、断固として仕上げている」と秘訣を明かしたことがある。

チョン・ジョグクは今シーズン開幕戦で出た失敗の理由に"負担感"を挙げた。
満33歳のベテランFWにとっても、江原FCへの溢れる巨大な期待感に応えなければならないという心理的負担は小さくなかった。

「その日に悩んだのは事実である。初戦でチームにとって重要な試合なので、絶対に成功させなければならないというのがすごく強かった。いつもより力が入りすぎたようだ。負担になったのもあった。シンプルに行けば良かったのだが、考えが多くなった」
江原FCの選手団はシーズンの準備でずっと大きな注目や期待と戦ってきたし、予期できない失敗の背景となった。



善行長兄のフンブ、韓流監督の鷲、芸能主戦のアンヌ・・・"2002の英雄"はどこで何をしてるのか?
京郷新聞




※一部要約

2002韓日ワールドカップのイタリアとの16強戦で値千金の同点ゴールを決めて吠えたソル・ギヒョンがいつの間にか代表チームのコーチになった。
多くのサッカーファンは"コーチソル・ギヒョン"を見て、久しぶりに2002韓日ワールドカップの栄光の瞬間を再び想起して思い出に浸った。

韓国サッカーの輝かしい歴史を作った英雄は現在、ほとんどが指導者に変身して中枢的な役割を果たしている。

"ワールドカップの主将"ホン・ミョンボは引退してから早くに指導者としての地位を確立して常勝疾走した。
ホン・ミョンボは代表チームコーチ、青少年代表チームとアジア大会代表チーム監督を経て、2012ロンドンオリンピックの監督として銅メダルを手にする快挙を達成した。
2014ブラジルワールドカップ本戦の1年前に代表チームの指揮棒まで掴んだが、GLで1分け2敗で脱落して初めて苦杯をなめた。
その後空白期があった彼は、去年中国プロサッカーの杭州の指揮棒を掴んでから2年目のチームを率いている。


20170209215506a.jpg


"長兄"ファン・ソンホンはKリーグを代表する名将としての地位を確立した。
引退後に釜山アイパーク、浦項スティーラースの監督を経てからFCソウルを指揮している。
"鷲"チェ・ヨンスはFCソウルで監督としての成功街道を走り、昨シーズン途中に中国プロサッカーの江蘇蘇寧に移籍してチームをリーグ準優勝に導き指導力を認められた。

GKのイ・ウンジェとチェ・ウンソンはプロチームのコーチとして、昨シーズンに現役から引退したキム・ビョンジは解説委員として活躍中である。

DFのイ・ミンソンとキム・テヨンは現役のプロコーチとして、チェ・ジンチョルは昨シーズンの後半まで浦項の監督として活躍した。
イ・ヨンピョはKBS解説委員として韓国サッカーのために苦言を惜しまずにいる。
MFのユ・サンチョル(蔚山大)とユン・ジョンファンは監督としてチームを率いている。


20170209215506b.jpg


イタリアとの16強戦の決勝ゴールの主人公"テリウス"アン・ジョンファンは放送人としての地位を確立した。
末っ子のイ・チョンスも解説委員として放送活動を兼ねている。
2015シーズンを最後の引退してから指導者の過程を踏んだチャ・ドゥリは、去年10月にサッカー代表チームの戦力分析官に抜擢された。

2002ワールドカップが産んだ最高のスターパク・チソンはヨーロッパで成功的な選手生活を終えて引退した後、去年から英国レスターのデ・モントフォート大学でスポーツマネジメントを学んでいる。

1979年生まれのヒョン・ヨンミン(全南)は不惑に届きそうだが、徹底した自己管理で相変わらずKリーグの舞台を走っている。



韓日レジェンドマッチ推進・・・パク・チソンと中田が対決?
ベストイレブン




※一部要約

韓国サッカー最高のレジェンドの1人であるパク・チソンと、日本サッカーが生んだ天才MF中田英寿が中盤で激しい争いを繰り広げる。
最前方ではファン・ソンホンと三浦がゴールゲッターの自尊心対決を行い、最後方を死守するCBの位置に立ったホン・ミョンボと井原は守備ラインを指揮して相手の攻勢を防ぐ。

サッカーファンなら一度くらいは想像してみた、韓日両国のサッカーレジェンドが一堂に会して雌雄を決することが現実になるかもしれない。
いわゆる"韓日レジェンドマッチ"である。
過去数十年間韓国と日本の両国を代表したスーパースターが、日本・静岡総合競技場で大激突の準備をしていることがわかった。

最近、日本サッカー協会(JFA)は大韓サッカー協会(KFA)に公文書を一枚送った。
2017年1月8日、日本・静岡で韓国と日本を代表するサッカースターが一堂に会して、レジェンドマッチを開催しようという提案が含まれた公文書だった。






"3週連続企画"から"住民後援会"まで・・・・日本がサッカーを消費する方法
日刊スポーツ




※一部要約

取材のために日本・川崎へ行ったときのことである。

12日明け方、宿でテレビを見ていると興味深いテレビプログラムが目についた。
日本の有名コメディアンである矢部浩之のニックネームを冠する"やべっちFC日本サッカー応援宣言"だった。
ちょうど進行者の矢部を含む出演者が、日本代表チームについて言葉を交わしていた。
午前12時10分に始まり35分ほど行われる短い放送だが、サッカーの内容だけは豊富だった。
Jリーグを語るときはミックスゾーンに選手を呼び止め、その日の自分のプレーを直接説明するコーナーでファンの気になることを解決し、日本代表の左右のSBである酒井高徳、酒井宏樹をスタジオに呼んでポジションについて対談を行うなど、コンテンツも多様だった。

好奇心が生まれて調べてみると、"やべっちFC"は、韓日ワールドカップを控えていた2002年4月に始まって12年続いている由緒あるプログラムだった。
元日本代表の中山雅史、中田浩二や代表チームの試合の専門解説者など、出演陣も専門性を備えていて、12年以上サッカーファンから人気を得ている。


20160922070304a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング