"ベトナムの国民的英雄"パク・ハンソ監督、水原JSカップ全試合観戦
イーデイリー




※一部要約

パク・ハンソベトナムサッカー代表監督が18日に水原ワールドカップ競技場で開催される2018水原JSカップU19国際青少年サッカー大会を訪れる。

JSファウンデーション(※パク・チソンが理事長の財団)は、パク・ハンソベトナム代表監督が忙しい日程の中でベトナムU19代表への応援と激励のため、2018水原JSカップに参加する予定だと11日に明かした。

1月に行われたAFC U-23チャンピオンシップで準優勝を導いたパク・ハンソ監督は、先月30日にヨルダン・アンマンで行われた2019AFCアジアカップ3次予選最終戦でホームのヨルダンと1:1の引き分けを記録し、アジアカップ予選無敗(2勝4分け)でベトナム代表を11年ぶりにアジアカップ本戦に進出させた。

忙しい日程の中で今回の水原JSカップを訪れるパク・ハンソ監督は、「国際大会を通じて今後のベトナムU-23、成人代表を導く次世代の有望株を直接点検する良い機会なので、3試合すべて観戦する計画だ」として、「U-19の有望株選手が今回のJSカップ参加により、良い経験と選手に一歩成長できる機会になることを願う」と明かした。

2018水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会は、開催国の大韓民国とメキシコ、モロッコ、ベトナムの4ヶ国のU-19青少年代表が参加し、18日から22日までの計3日間でフルリーグ方式で大会最強チームを決める。
JSファウンデーションが主催し、大韓サッカー協会主管、水原市がサッカー発展と底辺拡大のため後援する。



"娘バカ"パク・チュホ、人形みたいな容姿"バカになるだろうね"
RPM9




※一部要約

サッカーのパク・チュホ選手がリアルタイム検索後に上がっては下がって、ネチズンの間で話題だ。

パク・チュホは蔚山現代サッカーチームのDFで、1987年生まれである。

ネチズンはパク・チュホの妻と娘に関心を見せている。

2人はまだ結婚式を挙げられてないが、2人の間には人形みたいな娘がいる。

妻のSNSを通じてパク・チュホが娘バカの姿を見せていたりもしている。

一方、2008年にJリーグの水戸ホーリーホックに入団してプロ生活を始めたパク・チュホはジュビロ磐田、バーゼルFC、FSVマインツ05、ドルトムントなどを経て10年近く海外でキャリアを積んだ。
国内の舞台は今回が初めてである。



微細粉塵の空爆に無防備、息詰まるサッカー場
蹴球ジャーナル




※一部要約

"ティ~"、"ティ~"と携帯電話がまた鳴った。
毎日のように微細粉塵警報の文字が飛び込んでくる。
春の招かざる客が今年も違わず訪れた。
微細粉塵が空をぼうっと覆っている。
外出するときにマスクは必需品になった。
野外活動を自制しなければならないなら、外に出ないのが上策だ。
だがサッカー場は違う。
試合が行われれば選手、指導者、観客、進行要員はどうすることもできず微細粉塵を吸う。
適当な対策もないのでさらに問題である。

環境部は27日、超微細粉塵の予報基準を先進国レベルに大きく強化した。
年を重ねるにつれて微細粉塵による被害が深刻化しているという傍証だ。
"悪い"段階の基準を51㎍/m³以上から36㎍/m³に下げた。

世界保健機関(WHO)の国際がん研究所は2013年、微細粉塵を1群発がん物質に区分して「肺がんはもちろん、膀胱がんとの関連性も見える」と語った。
微細粉塵の"非常に悪い"段階で1時間息をするのは、密閉された空間で1時間40分タバコの煙を吸い込むのと同じという研究結果もある。

四方が開けたサッカー場は微細粉塵にそのまま晒される。
選手やファンら、競技場にいる皆が被害者である。
特に選手は健康に直撃弾を受ける。
試合中には呼吸の量が倍に増える。
体を解す時間まで合わせれば、約2時間発がん物質を吸い込むわけだ。



[パク・サンギョンのJサッカー] 韓国サッカーの発展、出発点は"共存"だ
スポーツ朝鮮




※一部要約

去年、日本Jリーグの指導者4人がヨーロッパで研修を始めた。

FCポルト(ポルトガル)、デュッセルドルフ(ドイツ)、アンデルレヒト(ベルギー)、レアル・ソシエダ(スペイン)、ノービサード(セルビア)などヨーロッパの各地を回る日程だ。
単なる"現地視察"ではなく、長期間滞在して様々な方法の評価プログラムを経る形である。
日本サッカー協会(JFA)とJリーグ事務局の共助が作った結果だ。
別名JJP(JFA・Jリーグ合同育成プログラム)と命名された指導者研修プログラムは、JFAとJリーグが"世界の舞台で通用できる指導者"を育成しようというモットーの下で施行されたプログラムである。

村井満Jリーグ議長はJJPの意義をこう説明した。
「過去3大会を振り返ったとき、ワールドカップ4強の成績を上げたチームの指導者の面々は、すべて自国監督や当該国の言語を駆使できる人物だった。また、先発11人のうち半分以上が自国リーグ所属だった。日本が2030年のワールドカップで4強を目標にするなら、Jリーグが日本人指導者をしっかり育てて、ワールドカップに出場する選手を国内から輩出できるリーグにならなければならない。協会と協力して世界サッカーの流れがわかる優れた指導者を常に輩出したい。それが私たちに与えられた使命であり、結果的に日本サッカーだけでなくJリーグの価値を高めることになる」



ソン・フンミンのふくらはぎを"グッと"踏んだバルザーリ…「腹立たしい非マナー」
韓国日報




※一部要約

イタリア・ユベントスのDFアンドレア・バルザーリが、試合中にソン・フンミンのふくらはぎを踏むなどの悪質的な反則を続けてスポーツファンに袋叩きにされている。

ソン・フンミンの所属チーム・トッテナムは8日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたUEFAチャンピオンズリーグ16強2次戦のホーム試合でユベントスと対決した。
ソン・フンミンはこの日の試合で前半39分に先制ゴールを奪ったが、トッテナムは後半に入ってユベントスに2ゴールを許して1対2で逆転負けした。

先発出場したソン・フンミンはユベントスの選手から荒い牽制を受けた。
特にバルザーリの非マナーは眉をひそめさせた。
前半32分のボール競り合いの過程でソン・フンミンが倒れると、すぐにバルザーリはソン・フンミンを避けずに彼の脚を故意に踏んだ。
ソン・フンミンは苦しがったが、バルザーリは気にしなかった。
このシーンはそのまま中継され、スポーツファンの非難が殺到した。

試合後、英国メディア"ザ・サン"は「ソン・フンミンへの腹立たしいファールを見ることができた」とバルザーリを非難した。
アメリカのソーシャルニュースサイトのレディット(Reddit)には、バルザーリの行動について「汚い足」という掲示物が上がった。
バルザーリのSNSであるインスタグラムにも非難のコメントが休む間もなく走っている。
スポーツファンはバルザーリの行動について「本当に汚いプレーだった」と批判的意見を残した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング