「中国、これも冒涜か?」足セレモニーに相次ぐ反論
国民日報




※一部要約

韓国U-18サッカー代表の優勝トロフィー冒涜論難が佳境に入った。
中国サッカーファンは連日韓国サッカーを狙い、呪詛に近い非難を浴びせている。
だが一部の国内外のサッカーファンの間からは、中国サッカーが過度に鋭敏な反応をしているという批判も出ている。
海外の有名サッカー選手もしているありふれたセレモニーであり、中国の韓国サッカーに対するコンプレックスが凝集されて表出したのではないかという指摘だ。


190601000502636a.jpg


中国の新浪スポーツは30日、「韓国U-18サッカー代表が、パンダカップの優勝トロフィーを踏んで軽蔑する行動を取った。中国サッカーファンにとっては屈辱であり、選手とファンが怒った」として、「中国サッカーファンは韓国に復讐することを待っている」と報じた。

このメディアはまた、日本サッカーを取り上げて韓国サッカーの非マナーを批判した。
新浪スポーツは「日本は2018ロシアワールドカップ16強戦でベルギー相手に敗れた」として、「ファンはとても悲しんだが、泣きながらも応援席に落ちたゴミを拾うなど、畏敬心を抱かせる行動を見せた」と讃えた。



[オフィシャル] "パンダカップの醜態"サッカー協会、公正委を開いて懲戒の有無を決定
スターニュース




※一部要約

大韓サッカー協会がパンダカップ侮辱の醜態について、公正委員会を開いて懲戒の有無を決めると明かした。

大韓サッカー協会は31日、「長らく"尊重"が最高の価値であると選手、指導者、審判および関係者にキャンペーンを展開してきた主体として、今回の状況を深刻に受け入れている」と明かした。

続けて「協会は代表の帰国後に即時、指導者や当該選手との面談を通じて、現場で事件の経緯と一人ひとりの意見を確認した。指導者と選手本人はすべて深く反省している。協会は今回の事件に関して公正委員会を開き、懲戒の有無などを決める予定である。公正委員会は6月中に開催される予定」と付け加えた。

協会は「今回の事件に関して国民に皆様や中国サッカー協会、そして成都サッカー協会に再び頭を下げ、謝罪の言葉を申し上げる。多くの方々の叱責を謙虚に受け入れ、同じことが繰り返されないように万全を期する」と繰り返し謝罪した。






パク・チソン「サッカーより子供2人を育てることがはるかに大変」
NEWSIS




※一部要約

「水原市民の皆さんのおかげで、水原に愛情を持つしかないサッカー人になりました」

パク・チソン元代表選手が20日午後、水原裁判所総合庁舎3階の多目的ホールで行われた"水原裁判所の家族とともにするパク・チソン、ペ・ソンジェのトークコンサート"で、「水原で育って水原の影響をたくさん受けた。水原市民の皆さんが、パク・チソンが出たことを誇って下さって感謝する」と語った。

今回のトークコンサートは水原出身で大韓民国サッカーの伝説パク・チソン元代表選手と、大韓民国最高のスポーツキャスターであるペ・ソンジェSBSアナウンサーを招待し、これまでの経験と人生から出る知恵を共有するために用意された。

現在、家族と英国で暮らしているパク選手は、近況を尋ねる質問に「一人目は英語に慣れていて、15ヶ月の二人目はまだ話せなくて跳ね回っている」と伝えた。

それとともに「2人とも体力がすごくて大変だ。現役に戻って運動するほうがマシみたいだ。この世に育児ほど難しいものはないと思う」と育児に対する苦労をあらわした。






イ・スンウ-久保含む、全世界の"ネクストメッシ"24人公開(英メディア)
スポータルコリア




※一部要約

かつてリオネル・メッシ(FCバルセロナ)の後継者に挙げられたイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)が、英国メディアの注目を浴びた。

英国"ザ・サン"は全世界に散らばる"ネクストメッシ"を紹介した。
計24人が含まれ、韓国のメッシであるイ・スンウや日本のメッシである久保建英(FC東京)が名前を上げた。

"ザ・サン"は「21歳のウィンガーはセリエBでなかなか良いシーズンを送り、ジャカルタ・パレンバンアジア大会で国家的英雄になった。トッテナム・ホットスパーのソン・フンミンの助けとなった。これは軍服務を避けられるという意味である」と光を当てた。

イ・スンウとは違い、日本の期待の主・久保にさらに高評価を下した。
"ザ・サン"は「まだ17歳に過ぎないが、その名前(ネクストメッシ)に見合った多くの機会を得ている。メッシのようにバルセロナのカンテラで育ち、18歳でスペイン復帰が予定されている。15歳10ヶ月11日でJリーグ最年少ゴールを記録し、東京で優れた活躍を繰り広げている」と賛辞を送った。


190512061206936a.jpg




"韓国のメッシ"イ・スンウ-"日本のメッシ"久保…外信、第2のメッシ紹介
インターフットボール

190508145209881.jpg


※一部要約

日本のメッシは久保だった。
"ゴールドットコム"は「久保は15歳の年齢でJリーグで得点した若い選手だ。バルセロナユースで4年間練習し、U-11の試合で30試合74ゴールを決めた」と紹介した。



"サッカー外交乱脈の様相"政府が出なければならないとき
デイリアン




※一部要約

大韓民国は去年2月、全世界人の祭典である平昌冬季オリンピックを成功裏に開催し、世界万国に位相を轟かせた。

オリンピックを通じて私たちの産業や文化などを積極的に伝えて国家ブランドについての理解や好感を高め、これは国際関係での影響力増大も大いに牽引した。

特に北韓との関係において、単一チームの参加や合同芸術公演などで南北交流に尽力し、スポーツを前面に出したスポーツ外交が両国間の関係回復に肯定的な影響を与えた。

このように、スポーツ外交は他国との友好増進に多大な影響を与える。
単にスポーツだけでなく、さらには国家間の外交に発展してより大きな波及効果を享受することも可能となる。

平昌オリンピックでは南北関係に肯定的な影響を与え、第3次南北首脳会談と北美首脳会談にまで続いたりもした。


190506060122943a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング