観客もいない奇怪な南北サッカー、南北関係の現住所を象徴
ニュース1




※一部要約

15日に平壌で行われた韓国・北韓のワールドカップアジア予選の試合は無観客で行われ、これは南北関係の現住所を赤裸々にあらわしす時代の挿絵だと英国のフィナンシャル・タイムズ(FT)が16日報じた。

FTはムン・ジェイン政府発足後に韓国は南北和解政策を繰り広げたが、北韓が今年に入って再びミサイルを発射して南北関係が冷却し、史上初の無観客試合は南北関係の現住所を赤裸々にあらわしていると評価した。

"0-0"の引き分けで終わったこのゲームを前に、韓国は試合を生放送できるように取材陣を送って応援団も派遣する計画だったが、北韓はそうした要請に応じなかった。

これは去年の平昌オリンピックとはまったく異なる風景だ。
2018平昌オリンピックのときは、金正恩北韓国務委員長の妹である金与正最高人民会議代議員が平昌を直々に訪れ、南北が和解する姿を全世界に見せた。

専門家はムン・ジェイン大統領がドナルド・トランプ政府が北韓制裁を緩和するようアメリカを説得できず、韓国の北韓支援も実現させられずに、南北関係が再び冷却の局面に入り込んだためと分析している。

BBCは「2018年の南北関係では有意義な進展があったが、現在は連帯関係がそれほど良くない方」として、1990年の南北統一サッカーから現在の南北関係まで、歴史を簡略に説明した。

BBCは特に、観客がいなかったことについて「かつて見たことのない、世界で最も特異なサッカーダービーになるだろう」と伝えた。



ロナウドと180度違った…ベッカムが見せたワールドクラスのファンサービス
スポータルコリア




※一部要約

さすがデイビッド・ベッカムはスーパースターだった。
7月に国内サッカーファンの公憤を買ったクリスティアーノ・ロナウドとはあまりに違った。

ベッカムが久しぶりに韓国を訪れた。
彼はハングルの日である9日、永登浦のタイムズスクエアでアディダス創立70周年を記念するランニングシューズの発売イベントに参加した。
この日、ベッカムはハングルの日を迎えて"ペク・カラム"というハングル名も授かった。

2002韓日ワールドカップを前にイングランド代表のメンバーとして韓国を訪れたベッカムは、その後親善試合や個人イベントの出席などで何度も韓国を訪れた。
韓国に来るたびに彼は様々なイベントに参加し、完璧なファンサービスを見せた。

この日も同じだった。
彼は多くのファンの前で、一貫して明るく笑みを浮かべた。
ファンサイン会のときは予定にもなかった自撮りタイムも設けて、突然の写真要請にもベッカムを笑みを浮かべた。






ロナウド「私の体脂肪が7%なのは正しい…それでも息子とときどきピザを食べる」
スポータルコリア




※一部要約

クリスティアーノ・ロナウドがユーチューブチャンネル"ChrisMD"とインタビューした内容が1日公開された。

このチャンネルはインタビューが2ヶ月前に行われたと映像開始前に伝えた。
序盤に進行者が「体脂肪率が7%くらいと言われているが事実か」と聞くと、ロナウドは自信満々に「7%なのは正しい」として、練習の秘訣を公開した。
ロナウドは「私の生活の60~70%はサッカーに捧げている。それは単に体を鍛える練習をするだけというのではない。最高の試合のために準備するすべてのことを言う」とした。

彼は満34歳だが、身体年齢はそれより10歳以上若いという所見を聞いた。
この日、イタリアメディア"ガゼッタ・デロ・スポルト"はこの映像インタビューを紹介し、ロナウドが自分の練習の秘訣を公開したことに焦点を合わせた。
このメディアによると、ロナウドは「私の成功の秘訣の90%は、体の状態を上手く維持したからだ。練習を上手くやって、回復も上手くやることが重要だ」として、「かといって一日中ジムにいるだけではない。私もサッカーで疲れるときがあり、年をとって自分の体についてもっとよく知ることになって、練習や体の管理が簡単になった。練習で最も重要なのは、量ではなく質」と語った。

ロナウドは映像インタビューで「ときには息子とピザを食べる。退屈な父親になりたくない」と付け加えた。

8分ほどの映像の中では、進行者とロナウドが卓球をするシーンもある。
進行者がロナウドに「卓球は上手いのか」と聞くと、ロナウドは「マンU時代に私がチーム内で最も卓球が上手かった」と自慢したりもした。



イ・ヨンピョが打ち明けた"イ・イムセンビンタ事件"の誤解と真実
スターニュース




※一部要約

イ・ヨンピョがファンとのトークコンサートでイ・イムセン水原三星監督について言及した。
選手時代に起きたハプニングについて、誤解が多いと強調したのだ。

イ・ヨンピョは27日、ソウル広津区のCGV建大入口で行われたトークコンサートで、約100人余りのサッカーファンと会う時間を持った。
韓国プロサッカー選手協会が用意したこの席に、イ・ヨンピョは選手協理事の資格で参加した。

イ・ヨンピョ理事は水原のユニフォームを見て思い出したことがあると言い、イ・イムセン水原監督についての話をした。
彼は「イムセン兄さんは本当にサッカー界で善良で、性格が良いことで有名な方」と話し始めた。

イ・ヨンピョ理事は安養LG(ソウルの前身)の選手時代だった2002年、ボールの競り合いを繰り広げ、当時富川SK(済州の前身)所属で興奮した"先輩"イ・イムセンに顔を叩かれたことがあった
2月に行われたKリーグ開幕メディアデーでも、キム・ドフン蔚山現代監督が笑ってこの事件に言及したことがある。

するとファンが嘆声とともに反応を示した。
イ理事は「当時は実際、先輩があのようにしても後輩に謝らない雰囲気だった。だがその日の夜、私に直接申し訳ないという電話が来た。その後も(イ・イムセン監督とは)親しくしている」と説明した。

ずっとついて回っているレッテルについて、申し訳ないという感情もあらわした。
イ・ヨンピョ理事は「ときどきイムセン兄さんの記事を見るたびに、良くないコメントが目につく。今後は誰かがその事件について言及したら、違うということを言ってほしい。誤解があまりに多い事件というのを広く伝えたい」と頼んだ。



[オ・ジャンウン引退③] オ・ジャンウン、指導者の出発に先立って…"勉強"しようとする理由
スポータルコリア




※一部要約

指導者として新たな出発を準備するオ・ジャンウンが、今後の覚悟を明かした。

オ・ジャンウンは最近引退を発表し、指導者として新たな出発を準備している。
最近、これまでプロ生活を助けてくれた人々に挨拶回りをしているオ・ジャンウンは、プロ初の所属チームであるFC東京にも行ってきた。
こおで10日間自分を指導した監督やコーチはもちろん、ともにした選手やクラブ職員に会ってアドバイスを聞いた。

オ・ジャンウンは「プロ初の所属チームだっただけに、挨拶しなければという考えで来たのだが、より多くのことを得た。長い時間が姿が、覚えている方々が多くて感謝の気持になった」として、「指導者として新たな出発を準備すると言ったので、激励もかなりして下さった。力をかなり貰った」と所感を明かした。

続けてオ・ジャンウンは「日本にいてプロチームとユースチームの練習はもちろん、J1リーグからJ3リーグまでできるだけサッカーをたくさん見てきた。多くのところへ行き、サッカーやユースシステムについても見て回ることができた。短い10日だったが、少しでも勉強ができる時間だった」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング