アン・ジョンファンが母のピットゥー論難に「いつ会ったのか記憶にもない…苦々しい思い」
ファイナンシャルニュース




※一部要約

スポーツ解説者のアン・ジョンファンさんが、母親と母方の叔父に関わるピットゥー(借金+MeToo)報道について、「苦々しい」と辛い心境を吐露した。

25日、SBS funEはアンさんの母親と母方の叔父が事業家のイ某氏から"サッカー選手の息子の世話役"を名目に1億5000万ウォン余りを借りたのに、20年目に「あいつ(アン・ジョンファン)が返す金」と責任を回避していると報じた。

この日、アンさんはイーデイリーとのインタビューで、突然のピットゥー報道に「苦々しい」と心境を明かした。

彼は「母親が"息子の練習、養育"を名目に借りた金のうち、実際に自分が受けた支援や金は一銭もなかった」として、「ときどき"自分がそんな金銭的支援でしっかりと食べ、好条件で運動をしていれば、もっと素晴らしい選手になっていたのではないか"とも考えた」と語った。

それとともに「実際には貧しい暮らしで運動だけに専念したが、それでも確認してから母親の借金が正しければすべて返済してあげ、家を売ったり年俸をすべてつぎ込んで返したりもした」と主張した。

続けて彼は「ところがある瞬間から、実際には借りてないのに借りたと言って金を要求する人々も多くなった」として、「そのときから私も自分の家族を守るべきだという気がした。子供たちがこういう報道を見てどう思うだろうか」と辛い心境を吐露した。

最後にアンさんは「生んでくれた母親だが、いつ会ったのか記憶も思い出せない」として、「もちろん誰かに金を貸した人の気持ちは理解するが、私に連絡もなく"アン・ジョンファン"という"ピットゥー"報道が出ることに自愧感(※自ら恥じる気持ち)がある」と付け加えた。



"韓国8強脱落"シャビの予想、何と80%的中"ベトナムは間違った" [亜カップ現場]
スターニュース




※一部要約

FCバルセロナでプレーしていた"生ける伝説"シャビ・エルナンデスは、今回のアジアカップを前に大会結果を予想した。
現在までにどのくらい合っているのだろうか。

韓国の16強の相手は"中東の伏兵"バーレーンに確定した。
韓国とバーレーンの16強戦は22日午後10時、ドバイのラシッド・スタジアムで行われる。

その他、残りの16強の対戦もすべて確定した。
まず韓国がバーレーンを下せば、8強でカタール-イラク戦の勝者と会う。

アラブ首長国連邦-キルギスタン、オーストラリア-ウズベキスタンの16強マッチアップも確定した。
ここで勝利したチーム同士が8強で対決し、勝てば韓国と準決勝で遭遇することもある。

トーナメントの反対側ではヨルダン-ベトナム、日本-サウジアラビア、タイ-中国、イラン-オマーンの16強マッチアップが完成した。






パク・チソンが見たパク・ハンソ監督「選手を引き込むリーダーシップが卓越」
スポーツソウル




※一部要約

大韓民国が"パク・ハンソ熱風"だ。
去年の秋、誰もが止めたベトナムサッカー代表就任を押し切った彼の業績は目覚ましい。
23歳以下アジア選手権準優勝、アジア大会4強を達成すると、15日にはAFFスズキカップ優勝を10年ぶりにベトナムにもたらし、韓国とベトナム両国の国民的英雄に浮上した。

"韓国サッカーのアイコン"パク・チソンJSファウンデーション理事長にとっても、パク監督は忘れられない人物である。
2人は喜びと悲しみをともに分かち合った。
2002年の韓日ワールドカップでコーチ・選手として同じ釜の飯を食べて"4強神話"を合作したが、3ヶ月後にパク監督が指揮棒を取った釜山アジア大会では準決勝でイランにPK戦で敗れて頭を下げた。
パク理事長は当時、背番号10を貰うほどパク監督の絶対的な信頼を受けていた。
2人は4月、クアラルンプールのAFCハウスで行われた指導者研修の現場でも懐かしい邂逅をした。
パク理事長はAFCの社会貢献委員を担っている。


181223150059327a.jpg


パク理事長は22日、水原ワールドカップ競技場で行われた奨学金伝達式で、パク監督を思い浮かべた。
選手とのコミュニケーションが"パク・ハンソ神話"の原動力だと伝えた。
パク理事長は「パク監督の最大の長所は選手とのコミュニケーション」として、「選手を引き込み、選手中心の姿を見せることがベトナムサッカーと上手く合致したのだと思う」と好評した。
パク監督の業績が、韓国指導者の名声を上げることに大きな役割を果たすと見た。
パク理事長は「パク監督が良い結果をずっと出しているのは、私も個人的に嬉しい」として、「韓国指導者が他国で認められるのは、韓国サッカーの影響力をさらに広げることができる基盤になり、個人的にお祝い申し上げる。良いことだ」と解釈した。



済州ユナイテッド所属の選手が交通事故…相手運転手ら3人死傷
聯合ニュース




※一部要約

済州ユナイテッドFC所属のプロサッカー選手A氏(25)が死亡交通事故を起こした容疑で警察の捜査を受ける予定である。

6日、西帰浦消防署などによると、5日午後8時49分頃にランドローバーSUVを運転していたサッカー選手A氏が、向かい側から来た乗用車と衝突した。

この事故で乗用車に乗っていたホン某氏(68、女性、慶南)が重傷で病院に運ばれたが亡くなった。

乗用車に同乗していたイ某氏(52、女性)ら2人も怪我をした。

A氏には大きな負傷がないことがわかった。

警察はランドローバーの車両が中央車線を越えて事故を起こしたと見て、A氏を立件・捜査する予定である。

また、目撃者を相手に正確な事故原因を調べている。



"チャン・ヒョンスの実名公開は国会に嘘をついたから"
世界日報




※一部要約

「チャン・ヒョンス選手が嘘さえつかなければここまでにはならなかったでしょう」

最近会った正しい未来党のハ・テギョン議員室の関係者は、兵役特例の奉仕活動を膨らませた疑惑が露呈したサッカー代表出身チャン・ヒョンス(27、FC東京)についてこう語った。

9月のジャカルタ・パレンバンアジア大会で野球代表のオ・ジファン(LGツインズ)の金メダル獲得以降、全社会的に兵役特例制度の改善に対する要求が激しかった。
その前の8月にハ議員は、国防委の全体会議で「ヴァイオリンやピアノのようなクラシック音楽のコンクールで1等になれば兵役特例を与えるのに、大衆音楽でビルボード1位になっても兵役特例を与えない」と指摘したりもしていた。

特例制度に対する批判が提起される間、兵役免除者らの奉仕活動についての最初の問題提起は先月2日に出てきた。
世界日報は<2~3時間の才能寄付で1日最大16時間の認定"皇帝奉仕">というタイトルの記事を出した。
記事の中でチャン・ヒョンスはサッカー選手B氏として登場した。

記事では、芸術・体育兵役免除者は4週間の基礎軍事訓練を受けてから2年10月以内に特技活用の奉仕活動を544時間履修しなければならないが、この基準は一般の奉仕活動者の一日最大8時間の認定とは異なっていて"特典"論難があると指摘した。
芸術・体育要員は一日最大16時間まで認められることができて"皇帝奉仕"という批判が出て、要員と機関の意向さえ合えばいくらでも時間の操作が可能だという指摘が提起された。

ハ議員は23日、報道資料を出して「A選手はオフシーズンを利用して集中的に奉仕活動をしたと書類で提出したが、証明写真を検討した結果、A選手が奉仕活動をしたと主張している12月18日は大雪注意報が発令されており、大雪で運動場はすべて雪原だった」と主張し、虚偽の奉仕活動疑惑を提起した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング