済州ユナイテッド所属の選手が交通事故…相手運転手ら3人死傷
聯合ニュース




※一部要約

済州ユナイテッドFC所属のプロサッカー選手A氏(25)が死亡交通事故を起こした容疑で警察の捜査を受ける予定である。

6日、西帰浦消防署などによると、5日午後8時49分頃にランドローバーSUVを運転していたサッカー選手A氏が、向かい側から来た乗用車と衝突した。

この事故で乗用車に乗っていたホン某氏(68、女性、慶南)が重傷で病院に運ばれたが亡くなった。

乗用車に同乗していたイ某氏(52、女性)ら2人も怪我をした。

A氏には大きな負傷がないことがわかった。

警察はランドローバーの車両が中央車線を越えて事故を起こしたと見て、A氏を立件・捜査する予定である。

また、目撃者を相手に正確な事故原因を調べている。



"チャン・ヒョンスの実名公開は国会に嘘をついたから"
世界日報




※一部要約

「チャン・ヒョンス選手が嘘さえつかなければここまでにはならなかったでしょう」

最近会った正しい未来党のハ・テギョン議員室の関係者は、兵役特例の奉仕活動を膨らませた疑惑が露呈したサッカー代表出身チャン・ヒョンス(27、FC東京)についてこう語った。

9月のジャカルタ・パレンバンアジア大会で野球代表のオ・ジファン(LGツインズ)の金メダル獲得以降、全社会的に兵役特例制度の改善に対する要求が激しかった。
その前の8月にハ議員は、国防委の全体会議で「ヴァイオリンやピアノのようなクラシック音楽のコンクールで1等になれば兵役特例を与えるのに、大衆音楽でビルボード1位になっても兵役特例を与えない」と指摘したりもしていた。

特例制度に対する批判が提起される間、兵役免除者らの奉仕活動についての最初の問題提起は先月2日に出てきた。
世界日報は<2~3時間の才能寄付で1日最大16時間の認定"皇帝奉仕">というタイトルの記事を出した。
記事の中でチャン・ヒョンスはサッカー選手B氏として登場した。

記事では、芸術・体育兵役免除者は4週間の基礎軍事訓練を受けてから2年10月以内に特技活用の奉仕活動を544時間履修しなければならないが、この基準は一般の奉仕活動者の一日最大8時間の認定とは異なっていて"特典"論難があると指摘した。
芸術・体育要員は一日最大16時間まで認められることができて"皇帝奉仕"という批判が出て、要員と機関の意向さえ合えばいくらでも時間の操作が可能だという指摘が提起された。

ハ議員は23日、報道資料を出して「A選手はオフシーズンを利用して集中的に奉仕活動をしたと書類で提出したが、証明写真を検討した結果、A選手が奉仕活動をしたと主張している12月18日は大雪注意報が発令されており、大雪で運動場はすべて雪原だった」と主張し、虚偽の奉仕活動疑惑を提起した。



大韓サッカー協会、"愛国歌の代わりに北韓国歌"AFCに公式抗議
イーデイリー




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)が19歳青少年代表の試合直前に、愛国歌の代わりに北韓の国歌が流れたエラーについて、主催側のアジアサッカー連盟(AFC)に公式抗議した。

22日にインドネシア・ブカシで行われた2018AFC U-19チャンピオンシップのヨルダンとの試合直前、私たちの代表の国歌演奏の時間に、北韓の国歌が演奏されるハプニングが発生した。

北韓の国歌が流れると、代表のコーチングスタッフやチームマネージャーがすぐ大会関係者に是正することを要求し、北韓の国歌を途中で止めてから愛国歌を再びかけた。

大韓サッカー協会は、試合終了後の2時間以内に競技監督官に抗議書を提出しなければならないという大会規定のため、試合終了後に現場ですぐ略式の抗議書類を送った。

また、正式な問題提起のためには48時間以内にAFC事務局に書面で公式書簡を追加で送らなければならないという規定に合わせ、23日に協会名義の抗議公文書を送る予定である。

各級サッカー代表の公式国際試合で、愛国歌の代わりに北韓の国歌がが慣れた事故が起きたのは今回が初めてである。



2014英選定の世界サッカー有望株だった17歳のソ・ジョンヒョン…近況は?
世界日報




※一部要約

英国メディアのガーディアンが過去4年間で選定した世界最高のサッカー有望株の近況に言及し、2014年の有望株で名前の上がったサッカー選手ソ・ジョンヒョン(21)の近況に注目が集まっている。

2014年から毎年、将来が最も期待される世界の10代のサッカー選手を紹介してきたガーディアンは9日、彼らの近況を公開するコーナーを新設した。

ガーディアンは「毎年世界のあちこちで活躍している最高の有望株を選定し、5年間彼らの成長を見守ろうというのが私たちの趣旨」と当該コーナー新設の理由を説明した。

当該の新設コーナーに韓国選手からはソ・ジョンヒョン(2014)、イ・スンウ(2015)、キム・ジョンミン(2016)が名前を上げた。

一番最初に長柄の上がったソ・ジョンヒョンは、2014年の選定時に浦項スティーラーズ傘下ユースの浦項製鉄高の選手だった。

ガーディアンソ・ジョンヒョンの近況を伝え、「2015年10月までアジア最高の新鋭に選ばれていて、続いて去年まで浦項ユースチームで活躍していたが、今はチームを去った」と説明した。

実際、ソ・ジョンヒョンのツイッターには2014年3月以降に新しい便りがない。
2016年に高校卒業後、浦項スティーラーズにすぐ入団せずに大学進学後に入団する選手に含まれていたことがわかった。
近況については伝えられていない。



“韓国のメッシ”が「日本の自尊心を踏みにじるセレモニー」に「本当に知らなかった」と弁明

 U-23韓国代表のFWイ・スンウがアジア大会決勝のU-21日本代表戦(延長2-1)で物議を醸したゴールパフォーマンスについて口を開いた。韓国『中央日報』が伝えている。

 問題となっていたのは、イ・スンウがゴール直後に日本のトヨタ自動車株式会社の看板によじ登り、両耳に手をつけて喜んだパフォーマンス。当時、韓国『国際新聞』では「偶然にもイ・スンウが上がった看板は、日本の自動車企業のトヨタのものだった。彼の意図とは関係なく、結果的に日本の自尊心を踏みにじるセレモニーとなった」と報じていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-01876300-gekisaka-socc




日メディアの難癖…「イ・スンウ、日本の自尊心を踏みにじって知らなかったと弁明」
OSEN




※一部要約

日本メディアが相変わらずアジア大会決勝戦の敗北について不満をあらわしている。

日本の"ゲキサカ"は15日、韓国メディアを引用して2018アジア大会決勝当時のイ・スンウのセレモニーについて怒りをあらわした。

韓国は1日、日本との2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー決勝戦で、延長戦の末に2-1で勝利して大会2連覇に成功した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング