イ・ドンギョンの劇的FKゴール、中タックル「ハリウッドアクションの疑い」
スターニュース




※一部要約

中国の新浪スポーツは20日、「韓国のハリウッドアクションが疑われる。ヨルダン選手は顔を隠して泣いた」と伝えた。

キム・ハクボム監督が率いる韓国U-23サッカー代表は19日、ヨルダンとの2020AFC U-23チャンピオンシップ(東京オリンピック最終予選)8強戦に2-1で勝利した。

劇的な勝負が演出された。
後半追加時間4分、1-1の状況でイ・ドンギョンがペナルティアーク付近で得たFKのチャンスで、幻想的な左足ゴールを炸裂させた。

だが中国メディアはFKを得る過程で問題点を提起した。
新浪スポーツは「韓国はハリウッドアクションでFKを得た。ヨルダン選手は判定に不満を提起したが、審判は判定を覆さなかった。そうして韓国の勝利で終わった」と指摘した。

それとともに「もし試合が延長に入っていれば、何が起きたかわからない。ヨルダンにとってはあまりに惜しい結果であり、一部の選手はユニフォームで顔を隠して泣いた。観客席では韓国の女性ファンが涙を流して喜んだ」と伝えた。



マンUレジェンドのパク・チソン「ヨーロッパで様々な経験、韓国サッカーの接ぎ木方法を模索中
東亜ドットコム




※一部要約

パク・チソンは17日、ソウル三成洞で行われたコーラー×マンチェスター・ユナイテッド・グローバルパートナーシップ記念マンUレジェンド招請イベントに参加した。
マンU公式スポンサーであるコーラーは、マンUアンバサダーとして活動中のパク・チソンを招請し、プレスセッションをはじめとしてファンイベント、VIPイベントなどを行った。

最近、大韓サッカー協会の幼少年本部長をやめたパク・チソンは「最大の理由は距離のため。英国にいて韓国の仕事をしなければならない状況だった。直面すべきことがあったがしっかり遂行できないと思い、ヨーロッパで学ぶべきことがまだ多いと思った」と語った。

彼は、自分が学んだヨーロッパの幼少年政策を韓国サッカーに接ぎ木する方法については「私が学んだことをすぐ韓国サッカーに活用するのか考えるのは時期尚早だと思う。重要なのは今どのようにヨーロッパがしていて、どういう方向に行うのかを学んでから決まるだろう」と伝えた。

同時に「そのときの韓国の実情がどう変わるかわからない。どの席でどういう仕事をするのかはまだわからない。全体的なシステムを学んでいる。何が本当に好きなのかを探しているところだ。必ず何かをするというより、何をするのかを見つけている段階だと思う」と明かした。



「腹が痛いのか?」…日ポータルで"ソン・フンミン"を検索すれば出る写真
SBS




※一部要約

日本のポータルサイトに掲載されたソン・フンミン選手のプロフィール写真で論難が起きています。

昨日(19日)、多くのオンラインコミュニティでは、"ヤフージャパン"でソン・フンミン選手の名前を検索して出てくるプロフィール写真について指摘する文章が上がっていました。





当該のポータルでソン・フンミンを検索すると、一般的な顔写真の代わりに試合中にタックルする写真が登場します。
問題の写真は先月4日に行われたイングランド・プレミアリーグのトッテナムとエバートンの試合で、アンドレ・ゴメス選手が深刻な負傷をしたソン・フンミン選手のタックルシーンです。

この日に即退場させられたソン・フンミンは、故意性のないタックルで相手選手が負傷すると衝撃を受けて涙を見せ、試合後にゴメスの回復を祈る謝罪文を送ったことが伝えられました。
このようにソン・フンミンにとって心の重荷になるような瞬間がプロフィール写真に載り、クリックすればバックタックルの関連記事にリンクされます。





ソン・フンミンの名前の漢字表記も間違っていました。
ソン・フンミンの"ミン"で、聡明のミン(慜)を使う代わりに、ペクソンのミン(民)が使われていたのです。
検索結果は"손흥민(※ソン・フンミン)"、"Son Heung-Min"、"孫興慜"などハングルや英語、漢文で検索しても同じです。

これに対してネチズンは、ヤフージャパンが悪意的にソン・フンミンのプロフィールにこのような内容を上げたのではないかと疑問を呈しています。
「腹が痛いのか?」、「何の問題もない写真になぜソン・フンミンだけこんな写真なのか」、「本当に幼稚だ」などの反応で怒りをあらわしています。



"ユ・サンチョル監督の闘病記事にも"…悪質コメントの悪霊、スポーツも蝕んでいる
スポーツ朝鮮




※一部要約

「口にするのも難しいほどです。人がどうしてあんなことできるのか…」

24日の尚州戦を終え、私的な席で会ったイ・チョンス仁川戦力強化部長は首を横に振った。
ユ・サンチョル仁川監督に対する悪質コメントのためだった。

ユ監督は19日、クラブの公式チャンネルで自身の体調を明かした。
膵臓がん4期。
現役時代から情熱的で献身的だったユ監督だっただけに、ファンは大きな衝撃を受けた。
サッカー界では応援の波が続いた。
ともにぶつかっていた同僚監督は「ユ監督は強い。必ず乗り越える」と応援のメッセージを送った。
ファンも参加した。
オン・オフラインで力を与えた。
ユ監督は「応援の声に接するたびに鼻先がジーンとして、胸もジーンとする。本当に感謝する。私は絶対に諦めないという思いがさらに強まった」と感謝した。

だが一部のファンの中では違った。
ユ監督の闘病の記事にも悪質コメントを書き込んだ。
その事実を知ったイ室長は大きな衝撃を受けた。
ユ監督も同じである。
イ室長は「監督が記事についたコメントを読んでいる。ほとんど応援のメッセージだ。それを通じて多くの力を貰っているとおっしゃっている。だがところどころに衝撃的なコメントがある。口にするのも難しい水準だ。ユ監督も見て大きな衝撃を受けた」とした。
続けて「私への悪口ではないが、後輩として、人として耐えられなかった。すべてキャプチャーした。シーズンが終わったら措置を取るつもり」と憤りを爆発させた。



"海外年俸33億"未申告プロサッカー選手…9億の税金爆弾
NEWSIS




※一部要約

海外リーグでプレーするプロサッカー選手が、30億ウォンを越える年俸所得を申告せず、国内で約9億ウォンの所得税を払わなければならないという裁判所の判断が出た。

当該の選手は、主に海外で暮らしていたので自分は国内の納税義務がない"非居住者"と主張したが、裁判所は納税義務がある"居住者"とみなした。

ソウル行政法院行政4部は、サッカー選手A氏がソウル城東税務署長を相手に起こした総合所得税賦課の処分取り消し訴訟で、原告の敗訴を判決したと10日に明かした。

代表出身のプロサッカー選手であるA氏は、2016年2月から約2年間中国スーパーリーグで活躍していたが、2016年度の総合所得税の申告額が問題となった。
移籍初年度に受けた年俸など、33億6000万ウォン余りを国内で申告しなかったのだ。

税務当局はA氏に対する税務調査を進めてそのような事実を知ることになり、総合所得税で約9億1000万ウォンを納付せよと告知した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング