2014英選定の世界サッカー有望株だった17歳のソ・ジョンヒョン…近況は?
世界日報




※一部要約

英国メディアのガーディアンが過去4年間で選定した世界最高のサッカー有望株の近況に言及し、2014年の有望株で名前の上がったサッカー選手ソ・ジョンヒョン(21)の近況に注目が集まっている。

2014年から毎年、将来が最も期待される世界の10代のサッカー選手を紹介してきたガーディアンは9日、彼らの近況を公開するコーナーを新設した。

ガーディアンは「毎年世界のあちこちで活躍している最高の有望株を選定し、5年間彼らの成長を見守ろうというのが私たちの趣旨」と当該コーナー新設の理由を説明した。

当該の新設コーナーに韓国選手からはソ・ジョンヒョン(2014)、イ・スンウ(2015)、キム・ジョンミン(2016)が名前を上げた。

一番最初に長柄の上がったソ・ジョンヒョンは、2014年の選定時に浦項スティーラーズ傘下ユースの浦項製鉄高の選手だった。

ガーディアンソ・ジョンヒョンの近況を伝え、「2015年10月までアジア最高の新鋭に選ばれていて、続いて去年まで浦項ユースチームで活躍していたが、今はチームを去った」と説明した。

実際、ソ・ジョンヒョンのツイッターには2014年3月以降に新しい便りがない。
2016年に高校卒業後、浦項スティーラーズにすぐ入団せずに大学進学後に入団する選手に含まれていたことがわかった。
近況については伝えられていない。



“韓国のメッシ”が「日本の自尊心を踏みにじるセレモニー」に「本当に知らなかった」と弁明

 U-23韓国代表のFWイ・スンウがアジア大会決勝のU-21日本代表戦(延長2-1)で物議を醸したゴールパフォーマンスについて口を開いた。韓国『中央日報』が伝えている。

 問題となっていたのは、イ・スンウがゴール直後に日本のトヨタ自動車株式会社の看板によじ登り、両耳に手をつけて喜んだパフォーマンス。当時、韓国『国際新聞』では「偶然にもイ・スンウが上がった看板は、日本の自動車企業のトヨタのものだった。彼の意図とは関係なく、結果的に日本の自尊心を踏みにじるセレモニーとなった」と報じていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-01876300-gekisaka-socc




日メディアの難癖…「イ・スンウ、日本の自尊心を踏みにじって知らなかったと弁明」
OSEN




※一部要約

日本メディアが相変わらずアジア大会決勝戦の敗北について不満をあらわしている。

日本の"ゲキサカ"は15日、韓国メディアを引用して2018アジア大会決勝当時のイ・スンウのセレモニーについて怒りをあらわした。

韓国は1日、日本との2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー決勝戦で、延長戦の末に2-1で勝利して大会2連覇に成功した。



キム・テヨン審判がなぜ論難?「誤審で国際的恥晒し」、「問題があるにはあった」
ジョイニュース24




※一部要約

ベトナムサッカー代表が1日、アジア大会3~4位戦でアラブ首長国連邦(UAE)に敗れた後、この試合に参加したキム・テヨン審判の資格を剥奪しろという国民請願が青瓦台の掲示板に作られた。

"不公正判定"によって、パク・ハンソ号のアジア大会史上初のメダル獲得の挑戦に失敗したという主張である。

また、3日にはキム・テヨン審判への捜査を促す請願文が掲載された。

一方、ベトナムは1日に行われたUAE代表との2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会男子サッカー3~4位戦で、前後半を1-1で終えた後にPK戦で3-4で敗れた。

この日、キム・テヨン審判はUAE選手のハンドリングのファール、服を引っ張るファール、PKの状況で試合を進めるなど、多くの誤解を生む不公正判定をしたという論難が起きていた。

この報せに触れたネチズンは「誤審で国際的恥晒し」、「問題があるにはあった」、「台無しにした」などの反応を見せた。



訪韓取り消しで謝罪したロナウド、「申し訳ない気持ちです」
ベストイレブン




※一部要約

製品のプロモーションイベントで韓国を訪れる予定だった"スーパースター"クリスティアーノ・ロナウドが、残念ながら日程を取り消した。
最近ユベントス移籍が決まってキャリアで大きな変化が起き、新チームへの適応のため忙しい時間を過ごしているためである。

そのためロナウドは、彼の訪問を待ち焦がれていた韓国ファンのために"謝罪文"を送ってきた。
ロナウドの韓国訪問の日程を調整していたコリアテック側は、報道資料を通じて彼のメッセージを公開した。

「韓国ファンの皆さん、今回のSIXPADプロモーションのために韓国を訪問することができない点について、とても残念に思います。私の状況による難しい決定ですが、皆さんもご存知の通り、私の人生で大きな変化が起きました。今回の日程では、どうしても皆さんと会う時間を作るのが難しかったのです。私を迎えるため素晴らしい準備をしているという便りをよく聞いていたので、なおさら申し訳ない気持ちです。できるだけ早く皆さんのお目にかかれることを期待しています」

ロナウドを待っていたファンにとっては失望感が大きくなるしかないが、彼はできるだけ早く韓国を訪れると約束した。
今夏の出会いは失敗に終わったが、新シーズンにユベントスでロナウドが順調に安着すれば、来夏に彼が韓国に来る機会が再び訪れるかもしれない。



[単独] "訪韓"ロナウド、専用機で25日午前入国→8時間の日程を消化
韓国日報




※一部要約

"世界的サッカースター"クリスティアーノ・ロナウドが25日に訪韓して8時間の日程を消化する予定だ。
数十人の警護人員と4人以上の専用通訳が配置される。

10日、複数の芸能スポーツ関係者は、スター韓国に「ロナウドが23日と24日の両日に日本を訪問した後、25日に午前に専用機に乗って韓国に入国する」と明かした。

続けて「ロナウドも韓国のファンに会う期待感に膨らんでいる。今回の訪韓イベントには、歴代最高規模の警護人員が配置される予定で、専用通訳だけでも4人以上」と付け加えた。

また、関係者は「韓国では計8時間のイベント日程を消化することになる。ロナウドは専用機を利用するので、出国時間を正確に知るのは難しい。タイトなスケジュールのため、イベントを終えてから夜に韓国を去ると見ている」と付け加えた。

ロナウドの訪韓はマンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着てFCソウルと親善試合をした2007年以来、初めてである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング