"サッカー崛起"中の夢、「マンU有望株チョンも中国系!5年暮せば帰化可能」
OSEN



※一部要約

中国の"搜狐"は15日、「中国サッカーに詳しい"帰化"専門家によると、タヒス・チョンは中国系だ。彼が帰化すれば中国代表選手としてプレーできる」と報じた。

サッカー崛起を夢見る中国は、自国選手の成長が鈍く、外国選手の大挙帰化を推進している。
ブラジルの外国人FWだけでなく、中国系の混血サッカー選手の積極的な帰化を推進している。

コロナによって全世界のAマッチが中断された状況で、中国は戦力補強のためにサッカー帰化の行政手続きの推進に熱を上げている。
すでに5人以上の帰化選手が代表に合流した状態である。



イ・チョンスが挙げた韓国サッカーの天才TOP5の1位は?「あのようにボールを蹴る人は見たことない」
世界日報



※一部要約

元サッカー選手のイ・チョンスが、韓国サッカーの天才5人を挙げた。
4位にはイ・チョンス自身を入れて目を引いた。

イ・チョンスは13日、スポーツ専門ユーチューブチャンネル"タッチプレー"に出演、パク・チャンハSPOTV解説委員とともに"イ・チョンスが選ぶサッカーの天才TOP5"を公開した。

イ・チョンスはまずキム・ビョンス(現江原FC監督)を5位に選んだ。
イ・チョンスは「(キム・ビョンス監督についての)話をすごく聞いた。創造性がとても優れていたそうだ」として、「自分のスタイル、天才だけのノウハウで選手を教えるので、江原FCのアタッカーが良くなっている」と明かした。

続けて4位にはイ・チョンス本人を挙げた。
イ・チョンスは「もし自分がキム・ビョンス監督のプレーをもっと見ていれば順位は変わったかもしれない」と前置きし、「私は本当に熱心にやったし、天才という言葉をたくさん聞いた。ちょうど4位が合ってるだろう」と説明した。



ネイバー、スポーツニュースのコメントも中断…「選手の苦痛深刻」
TV朝鮮



※一部要約

ネイバーが芸能ニュースのコメントを廃止したのに続き、スポーツニュースのコメントも暫定廃止することに決めた。
一部の選手を狙った悪質コメントの問題が深刻だという判断からである。

ネイバーは一部の選手の名誉を傷つけて貶めるコメントが出て、モニタリングや技術を強化していたが、コメントの程度とそれによる選手の苦痛が看過する水準を越え、スポーツニュースのコメントを暫定中断すると明かした。

最近、女子バレーボール選手出身の故コ・ユミン(25)さんが極端な選択をした背景として悪質コメントが取り上げられ、スポーツ界を中心に"スポーツニュースのコメントを禁止してほしい"という要求が出てきていた。




ネイバー、今日からスポーツニュースにコメント書けない
韓国経済



※一部要約

ネイトもこの日からスポーツニュースのコメントサービスを暫定中断する。
先にカカオは7日、ポータル"ダウム"のスポーツニュースのコメントを中断していた。



バネガ「本物の髪か?」"毛髪移植"嘲弄…コンテは「後で来い!」
スポータルコリア



※一部要約

インテル・ミラノのアントニオ・コンテ監督が怒った。
エベル・バネガが敏感な部分に触れたからだ。

インテル・ミラノは22日、ドイツ・ケルンのラインエネルギーシュタディオンで行われた2019/2020UEFAヨーロッパリーグ決勝で、セビージャに2-3で逆転負けした。
インテル・ミラノは準優勝に留まった。

優勝失敗も悲痛だが、コンテ監督が試合中に怒った。
前半途中に審判の判定に不満をあらわす過程で、タッチライン近くにいたバネガが、コンテ監督を嘲弄する姿が捉えられた。

バネガはコンテ監督を見つめたまま、自分の頭を擦る行為をした。
現地メディアによると、バネガは「本物か一度見てみよう」と言ったと伝えられている。

コンテ監督はバネガの嘲弄に怒りを抑えられなかった。
彼はバネガに向けて「試合後に来い!」と大声を張り上げた。
幸い、コーチングスタッフがコンテ監督を落ち着かせて、衝突までには至らなかった。





[単独] キ・ソンヨンのエージェント"詐称"摘発…告訴直前のハプニングで終わりそう
スポーツ朝鮮



※一部要約

"エージェント詐称に騙されないでください"

最近、キ・ソンヨンのエージェントを詐称する"事件"が起きたことが明らかとなった。

この件は刑事告発直前に真相が確認され、ハプニングで終わる見通しだ。
キ・ソンヨンのエージェント社側が、大乗的な次元で詐称行為者をひとまず善処することにしたためである。

だが、あるサッカーファンの詐称行為で"フェイクニュース"が広がり、多くのサッカーファンとサッカー界の市場秩序が混乱に陥ったという点で苦さを残した。

事件の顛末はこうだ。
キ・ソンヨンのエージェント社であるシーツーグローバルは最近、偶然に偽エージェントS氏のオンライン詐称行為を知ることになった。
キ・ソンヨンが大きな関心の中で、FCソウル復帰入団を終える頃だった。
オンライン上でキ・ソンヨンの契約条件に関するフェイクニュースが広がっており、周囲の知人からフェイクニュースの真偽を尋ねる問い合わせが相次いだりもした。
当初は単なるイタズラだと思ったという。

だがS氏が自身の個人SNSなどに残したメッセージや各種オンライン活動を点検した結果、事態の深刻性に驚いた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング