野球-サッカー-バスケのAG代表メンバー、なぜ非難を受けるのか
オーマイニュース




※一部要約

"2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会"を前に、一部の種目では代表メンバーを取り巻く各種論難が絶えることなく続いている。
主に人気スポーツの球技種目が集中的に俎上に載せられた。

野球のオ・ジファン、サッカーのファン・ウィジョ、バスケットボールのホ・ウン-ホ・フン兄弟らが代表的である。
アジア大会では伝統的に優勝への期待があり、金メダルには兵役恩恵という利害関係までかかわっていて、国民的な関心は高まるほかない。
最近ではかつて"監督固有の権限"と思われていた選手選抜で様々な世論が形成される。
これは代表に対する全体的な評価にも影響を及ぼす。

オ・ジファン(LG)は6月の代表1次最終メンバー発表のときから論難の中心に立った。
1990年生まれで満27歳を越えたオ・ジファンは尚武と警察庁野球団の志願が不可能な状態で、今年のアジア大会で金メダルを取れなければ、現役で入隊しなければならない状況である。
プロ最精鋭の選手が出場するアジア大会の野球種目は、韓国が過去5大会で4回も頂点に上ったほど、金メダル獲得の可能性がかなり高い。

だが多くの野球ファンは、オ・ジファンが露骨に兵役恩恵を狙って軍入隊を忌避する小細工を使ったとして、気まずい視線を送っている。
同じようなケースにパク・ヘミン(サムスン)もいるが、世論の非難はオ・ジファンだけに集中している様子だ。
代表で内野のバックアップ要員に分類されるオ・ジファンのリーグ成績やポジション活動度が、他の選手に比べてそれほど高くなく、アジア大会のたびに膨らむ"球団別兵役義務未修者案配"という疑惑から自由でないためだ。

実際はオ・ジファンに集中する世論の怒りは、選手個人というより以前から"合法的兵役忌避の窓口"に変質したアジア大会と韓国野球界に対する不信が累積した結果と言える。
アジア大会にプロ最精鋭のメンバーを送り出す国は、事実上韓国だけである。
チュ・シンス(テキサス)のようにアジア大会で兵役恩恵を得た後は代表にずっと参加しなかったり、ナ・ジワン(KIA)のように負傷と不振を隠して代表に乗船して同僚の活躍で"無賃乗車"する事例が、ファンの間で膨らんでいる"兵役恩恵無用論"を力づけるキッカケとなった。
さらに野球代表は、"銀メダルを祈願する"という笑えない嘲弄にまで苦しめられている状況だ。



[世界卓球選手権] 単一チーム、日本に準決勝で惜敗…南北9人すべて"感動の銅メダル"
スポTVニュース

20180504203720747.jpg


※一部要約

207年ぶりに力を結集した南北女子単一チームが惜敗した。

南北単一チームコリアは4日、スウェーデン・ハルムスタッドで行われたITTF(国際卓球連盟)団体戦世界選手権大会女子の部4強戦で、日本にゲームスコア0-3で敗れた。


20180504203720747a.jpg

20180504203720747b.jpg


今回の世界卓球選手権大会で韓国と北韓は女子8強戦に並んで進出して対決する予定だった。
だが韓国と北韓、国際卓球連盟が単一チームの構成に合意し、南北単一チームは8強戦なしで4強戦に出ることになった。
これは他の参加国すべての同意を得た内容である。

日本に敗れたが韓国と北韓の単一チームは並んで銅メダルを受ける。
世界選手権大会団体戦は3位決定戦がないためである。

韓国が女子団体戦で銅メダルを取ったのは、4強に上がった2012年のドルトムント大会以来6年ぶりだ。



[速報] 世界卓球選手権で南北女子単一チーム電撃発表!4強で日-ウクライナ戦の勝者と激突
スポーツ朝鮮




※一部要約

スウェーデン・ハルムスタッドで開催されている2018年国際卓球連盟(ITTF)世界卓球選手権で女子団体南北単一チームが電撃構成された。

3日午後、大韓卓球協会は世界選手権の現場で南北単一チーム構成のニュースを電撃的に伝えた。
韓国と北韓は並んで団体戦8強に進出し、この日の午後5時に4強行きを争う予定だった。
試合のわずか30分前に南北単一チームの電撃結成のニュースが突如伝えられた。
韓国と北韓、ITTFが単一チームの構成で合意した。

それに伴い、女子団体南北単一チームは8強戦なしに4強へともに進出することになった。
南北単一チームの名前で銅メダルを確保した。
韓国は2012年のドルトムント大会以降6年ぶりの4強、北韓は2016年のクアラルンプール大会に続いて2連続4強を記録することになった。


20180503180707520a.jpg
20180503180707520b.jpg



ボストンマラソンで"日本の公務員"川内優勝
聯合ニュース




※一部要約

日本人"公務員マラソンランナー"が由緒あるボストンマラソンで優勝の栄光を占めた。

川内優輝は17日に行われた第122回アメリカ・ボストンマラソンで2時間15分58秒の記録で、男子部出場者の中で一番最初に決勝ラインを通過した。

寒い天候の中で強風が吹き、雨まで降って全体的に記録が低調だった。

2014年の仁川アジア大会の銅メダリストでもある河内は、"公務員マラソンランナー"として有名だ。

日本人のボストンマラソン優勝は、1987年の瀬古利彦以来31年ぶりである。

試合後に河内は「私の人生で最高の日だ。ボストンマラソンは世界最高の大会じゃないか」と涙を流した。






[平昌Live] 「よくやった、イ・サンファ!」美しい銀!小平が日女子スピードスケート初の金
スポーツ朝鮮




※一部要約

"スピードスケートの女帝"イ・サンファが美しい銀メダルを首にかけた。
自身最後のオリンピックでアジアスケーター初の女子スピードスケート500メートルでオリンピック3連続メダルを首にかけた。

イ・サンファは18日午後8時56分、江陵スピードスケーティング場で行われた平昌オリンピック女子スピードスケート500メートルで、"ライバル"小平奈緒に続いて銀メダルを手にした。
2010バンクーバーの金メダル、2014ソチオリンピックの金メダルに続いて、"ホーム"平昌オリンピックの輝かしい銀メダルでオリンピック3連続メダルの偉業を記した。


20180218215132585a.jpg

20180218215132585b.jpg

20180218215132585c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング