ト・ジョンファン「FCバルセロナ、南北単一サッカーチームとの試合を要請」
ソウル新聞




※一部要約

スペイン・プロサッカーの名門クラブFCバルセロナが、来年7月に南北単一サッカー代表と試合がしたいという意向を伝えてたことがわかった。

ト・ジョンファン文化体育観光部長官は、大山文化財団が発行する季刊"大山文化"冬号に掲載されたインタビューで、南北関係で発生する難局を克服する方法を説明し、その内容を明かした。

ト長官は「サッカー選手のリオネル・メッシが所属するFCバルセロナが、来年7月に南北単一サッカー代表と試合がしたいという意向を伝えてきた」として、「多くの国で南北がともにする隊列に参加すると言っている」と説明した。

また、「2032年にオリンピックを共催しようという提案を南北首脳が発表すると、すぐ国際オリンピック委員会(IOC)がどうやって交際するのかスイスのIOC本部を訪れて説明してほしいという書簡を送った」とも伝えた。



イ・チャンミンの処罰の水位…警察「死亡事故だが執行猶予可能」
スポTVニュース




※一部要約

死亡交通事故を起こした済州ユナイテッドのイ・チャンミンはどういう処罰を受けることになるだろうか。

イ・チャンミンは5日、済州の西帰浦市の道路でランドローバーSUVを運転中、向かい側から来る軽自動車と衝突した。
軽自動車に乗っていたホン某氏(68、女性)が亡くなり、同乗者2人が怪我をした。

警察関係者は「片道1車線で事故が起きた。双方向で交流するカーブだった。モーニングの後部座席に座っていた人が亡くなった。運転手は重傷、もう一名は軽症である。重傷者の命は深刻な状況ではない」と語った。

警察関係者は「以前は(被害者が)死亡すればすぐに拘束された。だが今は不拘束捜査の原則によって調査が進められ、合意期間も与えられる。合意されればほとんど執行猶予が出る。交通事故は過失だ。故意ではない。裁判所はこのような点を考慮する方である」と語った。

イ・チャンミンの死亡交通事故の調査結果は、早ければ来週中に出てくる見通しだ。



サッカー代表A選手、兵役特例の奉仕活動の証拠書類を操作した疑惑
NEWSIS




※一部要約

2014仁川アジア大会のサッカー金メダルで兵役特例を受け、体育要員として服務中の現サッカー代表A選手が、奉仕活動の証明書類を偽って提出したという疑惑が提起された。

23日、国会国防委員会所属の正しい未来党ハ・テギョン議員が兵務庁と文化体育観光部などの関係機関から提出された資料によると、現サッカー代表A選手は去年12月から母校のK高校の後輩を対象にサッカー技術などを教えた。

2014仁川アジア大会のサッカー種目で金メダルを取ったA選手は、兵役特例の対象になって体育要員に編入された状態だった。

A選手は去年12月から約2ヶ月間、母校の後輩と練習し計196時間の奉仕活動をしたとして、関連写真とともに証明書類を提出した。

兵役法によると、オリンピック3位以上の入賞者とアジア大会1位の入賞者は、体育要員に編入されて4週間の基礎軍事訓練を受け、体育分野で34ヶ月間勤めて特技を活用した544時間の奉仕活動をしなければならない。



韓国行きに安堵するチリ、日本行きが辛いコスタリカ
ベストイレブン




※一部要約

日本北海道を直撃した地震のため日本で足止めをくらっているチリサッカー代表に向けられた韓国ファンの関心がかなり熱い。
11日夜、水原ワールドカップ競技場で予定されているKEBハナ銀行soccer代表招請親善試合で、パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表と一戦を繰り広げるためである。
もちろんアルトゥーロ・ビダルらの世界的名声を誇るスターも一緒で、サッカーファンの関心はさらに熱い。

チリ選手団は都市全体が大規模停電に陥っているホテルに明かりが入らず、スマートフォンのライトを照らしながら苦しい生活をしていることがわかった。
7日夜に札幌ドームで予定されていた日本サッカー代表との親善試合が不発になった状況で、突如迫った自然災害のせいで最悪の条件に置かれることになったのだ。
だが物騒がしい日本を脱出することに成功した。
フジTVによると、地震の余波で一時閉鎖されていた札幌の玄関・新千歳空港が再開された。

新千歳空港は7日午前から国内線のいち部が再開され、8日からは完全に機能を取り戻したと伝えられた。
大韓サッカー協会の関係者もこの事実を確認した。
7日夜に高陽総合運動場で行われたコスタリカ戦が終わった後、ベストイレブンと会ったある関係者は「明日(8日)にチリ選手団がチャーター機で韓国に入ってくる」と説明した。
日本で良くない時間を過ごしたが、ともかく韓国では正常な試合をすることができる状況である。



[公式発表] FIFA、2022カタールワールドカップを11月21日に開幕…史上初
スポTVニュース




※一部要約

FIFAが2022年のカタールワールドカップを11月に開幕することにした。

ジャンニ・インファンティーノFIFA会長は13日に行われた2018ロシアワールドカップコンフォームで、「2022年のカタールワールドカップは11月21日から12月18日に行われる」と発表した。

これまでのワールドカップは6月に開催され7月に終わっていた。
だがカタールは地理的環境のため、真夏の気温が50度に迫る。
カタールがワールドカップの開催地に選ばれたときから提起されてきた不満だった。

だがカタール側は競技場内のエアコンの稼働などを代案に挙げた。
しかし結局そのようなものですべてを解決することにはならなかった。

カタールワールドカップが11月に開催されれば、8月に開幕して翌年5月に終わるヨーロッパサッカーの日程に大きな問題が生じるとみられる。
まだFIFAは正確な代案を明かしてない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング