日サッカー大宮もファーベーク元監督を追悼…昇格PO戦で黙祷
聯合ニュース




※一部要約

日本プロサッカーJ2リーグの大宮アルディージャも、癌と戦って亡くなったピム・ファーベーク元監督を追悼した。

63歳で28日に亡くなったファーベーク監督はJ2リーグの発足を控えた1998年7月、大宮で初の外国人司令塔として就任してプロチームとしての礎を築いた。

大宮は29日、クラブのHPに森正志代表理事の名前で「ピム・ファーベーク監督の突然の訃報にクラブ関係者全員が深い悲しみに包まれている。クラブを代表して哀悼の意を表し、安らかに永眠することを心より祈る」と追悼文を載せた。

森代表は「Jリーグ進出を控えてプロクラブにしていく過程で、グラウンド内外で専門性を植え付けクラブの礎を築いた」と故人の業績を讃えた。

それとともに大宮は、12月1日に日本埼玉のNACK5スタジアム大宮でモンテディオ山形と行うJ1昇格プレーオフ1ラウンドの前に黙祷し、選手は喪章をつけてプレーすると明かした。

一方、2003シーズンにファーベーク監督の指揮を受けた京都パープルサンガ(現・京都サンガFC)もこの日、クラブのHPに声明を出して「サッカーに対して誰よりも誠実で、選手と職員に配慮するとても暖かい指導者だった」と故人の冥福を祈った。



[SWイシュー] "アシアナ航空"買収のチョン・モンギュKFA会長、遠征の多い代表の"翼"つけるか
スポーツワールド




※一部要約

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が率いるHDCグループがアシアナ航空を抱えた。
海外遠征試合の多い韓国サッカー代表にも好材料として作用するか注目が集まっている。

国籍2位の航空会社であるアシアナ航空の新オーナーが決まった。
12日に売却優先対象者に"HDC現代産業開発-未来アセット大宇コンソーシアム"を選定した。
HDC現代産業開発がアシアナ航空買収の手続きを終えれば、持株会社のHDCグループは財界20位圏の大企業に跳躍する。

チョン・モンギュ会長が引き受けている大韓サッカー協会にも肯定的影響を及ぼすという期待感が大きい。
特に国家間の対抗戦が毎年行われ、相対的に海外遠征試合がずっと行われるので、"航空"の側面でより効率的な行政が可能になり得る。

それだけではない。
最近は欧州リーグで活躍する選手が増え、航空便がさらに重要になった。
代表招集時の航空便は大韓サッカー協会が提供する。

サッカーは発展している。
飛行に伴う選手団のコンディション調整も試合に影響を与え得る。
そのような部分で、大韓サッカー協会の首長が運営する企業が航空会社を抱えたというのは、好材料として作用することができる。






現役サッカー選手「日本チームと訴訟中」知人を騙して金横領
KBS




※一部要約

現役プロサッカー選手が「日本サッカーチームとの訴訟で金が必要だ」という嘘で知人を騙し、金を横領して懲役刑を宣告されました。

ソウル中央地方法院の刑事9単独は詐欺の容疑で起訴されたサッカー選手イ某氏に、懲役1年執行猶予2年を宣告して社会奉仕200時間を命じました。

3月に自分が騙されていることを知ることになった知人がイ氏を警察に告訴し、警察は9月にイ氏を拘束して起訴の意見で検察に送致しました。

裁判所は「被害者が示談して処罰を望んでいない点、同種の犯罪で処罰を受けた前歴がない点など、様々な条件を総合した」と量刑の理由を明かしました。



"ロナウドノーショー"観客、初の刑事告訴…「65000人のファンを欺罔」
NEWSIS




※一部要約

いわゆる"ロナウドノーショー(No Show)"事態のときの観客の一部が、主催社と韓国サッカー連盟、チケット販売社を対象に初の刑事告訴状を出した。

被害観客の法律代理人を引き受けたキム・ミンギ弁護士は20日、この事件を捜査中のソウル水西警察署にザ・フェスタのロビン・チャン代表と韓国プロサッカー連盟のクォン・オガプ総裁を詐欺の疑いで、NHNチケットリンクのコ・ヨンジュン代表を業務上横領の疑いで告訴する告訴状を提出した。

"ロナウド事態訴訟カフェ"はこの日、文書を通じて「クリスティアーノ・ロナウド選手が最低45分出場するという広告に騙され、一般的なチケット代よりはるかに高い値段を払って競技場を訪れた」として、「65000人のサッカーファンに欺罔して損害を与えたザ・フェスタと韓国サッカー連盟は刑事処罰を受け、速やかに被害者の損害を全額賠償しなければならない」と主張した。

続けて「事態の円満な解決のため、ザ・フェスタと韓国サッカー連盟に解決策の用意を促したが、彼らは真の謝罪や解決策なしに、時間が過ぎて人々の記憶からこの事件が忘れられることだけを願っているようだ」と批判した。






"父兄暴行疑惑"チョン・ジョンソン監督、待機発令中にも父兄動員で"酒席"
アジア経済




※一部要約

父兄への性的暴行と横領の疑惑を受けているチョン・ジョンソンソウル彦南高等学校サッカー部監督であり、韓国高等学校サッカー連盟会長が、無期限の待機発令を受けている状態でも、選手の父兄に酒席を設けるようにしていたことがわかった。

25日にKBSは、チョン監督が11日に開幕した全国高校サッカー大会が行われた慶南陜川のある旅館で、父兄と数回酒席を設けたと報じた。
大会が始まってからはほぼ一日も欠かさず、深夜まで酒席があったというのが父兄の説明である。
食事と酒のすべてを父兄が用意したことがわかった。

チョン監督は現在、横領と性的暴行の疑惑により、学校では待機発令の状態である。
高校サッカー連盟では会長職務が停止している状態だ。

だが父兄は依然としてチョン監督の影響力を恐れていると伝えられた。
ある父兄は「目をつけられたら子供が試合でプレーできないかと思って…リーグの時間をすべて(※プレーして)満たさなければ、大学に入るのにも問題がある」と説明した。

これについてチョン監督側は「父兄ではなく知人との酒席」と釈明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング