"被疑者"コ・ジョンス、起訴意見検察送致…選手不正選抜疑惑
フットボールリスト




※一部要約

大田シチズンの選手不正選抜疑惑に関して、コ・ジョンス元監督が被疑者の身分で検察に送致された。

大田地方警察庁は23日、コ・ジョンス元監督を含む元・現職大田クラブ関係者、キム・ジョンチョン大田市議会議長ら12人を起訴意見で検察に送致した。

当該の事件は2018年に行われた選手選抜テストのとき、採点表が操作されたという情報提供で捜査が始まった。
キム・ジョンチョン議長は当時、指揮棒を取っていたコ・ジョンス監督に特定の選手を推薦した疑惑を受けている。

警察は選手推薦で圧力が作用したと見て、当該の過程で不正請託と対価性の有無を調べた。
コ・ジョンス元監督は5月に更迭され、警察の取り調べ当時の参考人身分から、取り調べ後に被疑者の身分に切り替えられた。

一方、大田は5月のチェ・ヨンギュ代表理事就任後、高強度の革新方案を用意して施行に乗り出している。
透明な選手選抜を含め、クラブ正常化のための自力救済努力に力を入れている状況だ。
最近では地元企業から2億ウォンの発展後援金を誘致した。



"3人死傷者"交通事故を起こした済州UTDイ・チャンミン選手に禁固刑
NEWSIS




※一部要約

去年、済州で交通事故を起こして3人の死傷者を出した済州ユナイテッドFC所属のイ・チャンミンサッカー選手に禁固刑が宣告された。

済州地裁は8日、交通事故特例法(スピード違反・中央線侵犯・前方不注意)違反容疑で裁判にかけられたイ・チャンミン選手に、禁固10ヶ月執行猶予2年を宣告した。

イ・チャンミン選手は去年11月5日8時48分頃、済州西帰浦市好近洞付近の道路で、自身のランドローバー車両を運転していて、対向のモーニング車両と衝突した。

この事故でモーニングの後部座席に座っていたホン某(69・女性)さんが大怪我をして、119で病院に運ばれたが亡くなった。
また、モーニングの運転者と別の同乗者である2人も全治8~12週の大怪我をした。
被害者は西帰浦市の某リゾートで働く同僚で、退勤途中で事故に遭った。

調査結果、当時イ選手は制限速度時速30キロの道路を時速100キロの速度で車両を走らせ、中央線を越えてモーニング車両と衝突したことが明らかとなった。
血中アルコール濃度は測定されなかった。



[オフィシャル] チョン・モンギュ、FIFA評議会委員の再選に失敗…韓国サッカー外交の危機
スポーツソウル




※一部要約

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が、ッファイ評議会委員の再戦に失敗した。

AFCは6日、マレーシア・クアラルンプールで総会を開き、任期4年のFIFA評議会委員のアジア(男性)を担う5人を選んだ。
2017年に無血入城で2年任期のFIFA評議会委員職に当選したチョン会長は再戦に挑戦したが、8人の候補者のうち1人が辞退して7人に減った状況にもかかわらず、上位5人以内に入ることができなかった。

チョン会長はアジア5地域から1人ずつ選ぶAFC副会長職でも落選した。
モンゴルの候補との票対決で押された。

チョン会長の落選により、韓国サッカーは外構で大きな問題を経験する見通しだ。
チョン会長は二度の挑戦の末に2年前に評議会委員に当選し、チョン・モンジュン前大韓サッカー協会名誉会長が2011年にFIFA副会長から落選して失った韓国外交の立地を回復させたが、今回再び苦杯をなめた。






チャン・ヒョンスら兵役特例要員8人、捜査を受ける
デイリアン




※一部要約

奉仕活動時間を偽って提出して物議を醸したチャン・ヒョンス(28・FC東京)ら、兵役特例の恩恵を受けた芸術および体育要員が捜査を受ける方針である。

国会国防委員会所属のキム・ビョンギ議員(共に民主党)は24日、芸術および体育要員84人のうち47人の奉仕活動実績に問題があるという事実を確認したと発表した。

特に彼らのうち、チャン・ヒョンスら虚偽提出による取り消しの実績時間が24時間以上の8人については、文化体育観光部と兵務庁の主管の下で捜査するという方針だ。



スポーツも超微細粉塵非常…サッカーAマッチは「最悪のときはキャンセル可能」(総合)
聯合ニュース




※一部要約

史上最悪の超微細粉塵が連日猛威を振るい、スポーツ界も対策の準備で非常事態となった。

超微細粉塵が深刻な室外スポーツ競技を強行すれば、選手はもちろん観客が長時間、超微細粉塵に露出して健康を害することもあるからだ。

競技団体は対策の準備に忙しい。

1日にプロサッカーが幕を上げた中で韓国プロサッカー連盟は、超微細粉塵の"警報"状況が続けば、試合をキャンセルあるいは延期できる根拠をすでに用意した。

プロサッカー連盟は6日、Kリーグ1の12クラブとKリーグ2の10クラブに公文書を送り、超微細粉塵の発令に伴う試合のキャンセルなどを喚起した。

連盟の関係者は「突然の試合のキャンセルによるクラブ関係者と競技場を訪れた観客の混乱を防ぐ次元で、規定の内容をもう一度伝えた」として、「クラブはチケットの払い戻しなど、キャンセルに伴う対策を用意しなければならないだろう」と説明した。

3月のAマッチを控えている大韓サッカー協会も、超微細粉塵が心配事である。

サッカー協会はAマッチが行われる時間に超微細粉塵が最悪の状況である場合、"Aマッチそのものをキャンセルできる"という内部の立場を決めた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング