"コロナ19確診"サッカー代表8人が中央医療院移送…2人退院
NEWSIS



※一部要約

メキシコおよびカタールとの評価試合のためオーストリアに行き、新型コロナウイルス感染症で確診になった韓国サッカー代表の選手とスタッフが26日午前、チャーター機で入国してから国立中央医療院(NMC)に移送された。
そのうち2人は退院した。

サッカー代表は合計48人のうちコロナ19に感染した人員は、選手とスタッフを合わせて合計11人である。
選手7人、スタッフ4人だ。

確診者8人が入国直後、国立中央医療院に移送された。
スタッフは4人全員、選手は7人のうち4人だけが入国した。

選手4人はチョ・ヒョヌ(蔚山現代)、イ・ドンジュン、キム・ムンファン(以上釜山アイパーク)、ナ・サンホ(城南FC)だとわかった。
チョ・ヒョヌ選手はチャーター機に乗る前に実施したコロナ19検査で陰性判定を受けたが、国内確診者の隔離解除基準を満たしておらず他の確診者と一緒に移動したという。

クォン・チャンフン(フライブルク)、ファン・ヒチャン(ライプツィヒ)、ファン・インボム(ルビン・カザン)ら残りの選手3人は所属チームのあるドイツとロシアへ向かった。



"スーパースター"ロナウド、コロナ19確診
YTN



※一部要約

ポルトガル国籍の"スーパースター"クリスティアーノ・ロナウドがコロナ19に罹りました。

ポルトガルサッカー協会は現地時間13日に発表した声明で、ロナウドがコロナ19陽性判定を受けて現在隔離中だと明かしたとAP通信などが伝えました。




ロナウド、コロナ19確診判定を受ける
ハンギョレ

201014095035121.jpg

※一部要約

ロナウドは12日のフランスとの試合後、同僚とともに食事をする姿をあらわす写真をツイッターに上げたことがある。
協会はロナウド以外の残りの選手がその日の午前にコロナ検査を受け、全員陰性判定を受けたと伝えた。
ポルトガルの選手は陰性判定を受けたが、ロナウドと試合をしたスペインやフランスの選手もコロナの危険に晒された状態だと<ロイター>通信は伝えた。

201014095035121a.jpg



ニュースコメント中断一ヶ月…安らかなスポーツ選手と楽しさを失ったファン
マネートゥデイ



※一部要約

国内2大ポータルのネイバーとカカオ(ダウム)が、芸能ニュースに続いてスポーツニュースのコメントを廃止してから一ヶ月が過ぎたが、成果について行き違った評価が出ている。
選手は悪質コメントから保護されて精神的な被害が減ったという肯定的な見解がある一方、コミュニケーションと公論の場が消えたという指摘も少なくない。
これについてネイバーとカカオは、悪質コメントを源泉遮断するだけの技術力が備われば、コメントサービスを再開するという立場である。

先月7日、ネイバーはスポーツニュースのコメントを暫定中断すると発表し、同日にカカオはスポーツのコメントサービスを中断した。
当時、ネイバーは「残念ながら一部の選手を標的に、名誉を傷つけて貶めるコメントが着実に生成され、悪質コメントの程度とそれによって傷つく選手の苦痛が、見逃す水準を越えたという判断になった」と説明した。

両社のスポーツコメント廃止は、先月1日に起きた女子バレーボール選手の故コ・ユミンによる極端な選択が始発点だった。
事件直後、コ選手が生前に悪質コメントについて自分の心境を明かしているインタビュー映像が公開され、スポーツ選手が悪質コメントに心理的苦痛を受けていて、ポータルはそれを放置しているという非難が起きた。
それに対して主要ポータルは、最終的にスポーツニュースでもコメントサービスを暫定中断することにした。



[単独] ホン・ミョンボ専務、"コロナ防疫守則違反"…大学大会でファンと"フォトタイム"
日刊スポーツ



※一部要約

ホン・ミョンボ大韓サッカー協会専務理事が、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の防疫守則を違反する姿が捉えられた。

27日、江原・太白の太白総合競技場では"第56回秋季大学サッカー連盟戦"の試合が繰り広げられた。
この日に発表されたコロナ19の新規確診者は441人で、2月の大邸・慶北中心の1次大流行期以降で初めて一日400人を突破した。

大韓民国全体が緊張した。
この大会を主催した韓国大学サッカー連盟もまた同じだった。

幸い、この大会は徹底した管理の中で安全に終えた。
主催側は無観客の大会を決めた。
また、大会に出る選手や関係者の状態を几帳面に把握し、競技場の入り口に熱画像カメラを設置して芳名録を作成するなど、防疫に最善を尽くした。

だが"玉に瑕"があった。
サッカー協会役員の資格で競技場を訪れたホン・ミョンボ専務が、ソーシャルディスタンスを無視する行動を見せたのだ。



警察、"ロナウドノーショー"捜査暫定保留…ギャンブル広告を露出した主催社のみ起訴意見送致
KBS



※一部要約

有名サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウドが去年の来韓試合に出場しなかった、いわゆる"ロナウドノーショー"事件への捜査が暫定保留されました。

ソウル水西警察署は、詐欺容疑などで告訴されたロナウドと主催社のザ・フェスタ、ユベントスについて先月31日にソウル中央地検へ捜査保留の意見で送致したと今日(20日)明かしました。

彼らとともに告訴された韓国プロサッカー連盟とチケット販売代理店であるチケットリンクは、ロナウドが試合に出場しないことを予め知っていて共謀したものではないとして、不起訴意見で検察に渡しました。

ただし、ザ・フェスタが当該の試合中に海外ブックメーカーの広告を電光掲示板に掲示した(国民体育振興法違反)容疑については、起訴意見で送検しました。

去年7月、チームKリーグとユベントスのイベント試合で、ロナウドは事前に伝えられた契約条件とは異なり、試合でプレーしなくて詐欺容疑で告訴されていました。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング