[オフィシャル] チョン・モンギュ、FIFA評議会委員の再選に失敗…韓国サッカー外交の危機
スポーツソウル




※一部要約

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が、ッファイ評議会委員の再戦に失敗した。

AFCは6日、マレーシア・クアラルンプールで総会を開き、任期4年のFIFA評議会委員のアジア(男性)を担う5人を選んだ。
2017年に無血入城で2年任期のFIFA評議会委員職に当選したチョン会長は再戦に挑戦したが、8人の候補者のうち1人が辞退して7人に減った状況にもかかわらず、上位5人以内に入ることができなかった。

チョン会長はアジア5地域から1人ずつ選ぶAFC副会長職でも落選した。
モンゴルの候補との票対決で押された。

チョン会長の落選により、韓国サッカーは外構で大きな問題を経験する見通しだ。
チョン会長は二度の挑戦の末に2年前に評議会委員に当選し、チョン・モンジュン前大韓サッカー協会名誉会長が2011年にFIFA副会長から落選して失った韓国外交の立地を回復させたが、今回再び苦杯をなめた。






チャン・ヒョンスら兵役特例要員8人、捜査を受ける
デイリアン




※一部要約

奉仕活動時間を偽って提出して物議を醸したチャン・ヒョンス(28・FC東京)ら、兵役特例の恩恵を受けた芸術および体育要員が捜査を受ける方針である。

国会国防委員会所属のキム・ビョンギ議員(共に民主党)は24日、芸術および体育要員84人のうち47人の奉仕活動実績に問題があるという事実を確認したと発表した。

特に彼らのうち、チャン・ヒョンスら虚偽提出による取り消しの実績時間が24時間以上の8人については、文化体育観光部と兵務庁の主管の下で捜査するという方針だ。



スポーツも超微細粉塵非常…サッカーAマッチは「最悪のときはキャンセル可能」(総合)
聯合ニュース




※一部要約

史上最悪の超微細粉塵が連日猛威を振るい、スポーツ界も対策の準備で非常事態となった。

超微細粉塵が深刻な室外スポーツ競技を強行すれば、選手はもちろん観客が長時間、超微細粉塵に露出して健康を害することもあるからだ。

競技団体は対策の準備に忙しい。

1日にプロサッカーが幕を上げた中で韓国プロサッカー連盟は、超微細粉塵の"警報"状況が続けば、試合をキャンセルあるいは延期できる根拠をすでに用意した。

プロサッカー連盟は6日、Kリーグ1の12クラブとKリーグ2の10クラブに公文書を送り、超微細粉塵の発令に伴う試合のキャンセルなどを喚起した。

連盟の関係者は「突然の試合のキャンセルによるクラブ関係者と競技場を訪れた観客の混乱を防ぐ次元で、規定の内容をもう一度伝えた」として、「クラブはチケットの払い戻しなど、キャンセルに伴う対策を用意しなければならないだろう」と説明した。

3月のAマッチを控えている大韓サッカー協会も、超微細粉塵が心配事である。

サッカー協会はAマッチが行われる時間に超微細粉塵が最悪の状況である場合、"Aマッチそのものをキャンセルできる"という内部の立場を決めた。






アジアの人口38%だけが見るワールドカップ、参加国拡大の正当性
スポーツ韓国




※一部要約

FIFAの2018決算報告書によると、2018ロシアワールドカップを南米の人口96.5%が視聴し、アジアは38.4%しか視聴しなかった。
なぜこれほどの差が生じたのだろうか。

FIFAは全世界で4歳上の人口の51.3%に該当する35億7200万人がロシアワールドカップを視聴したと伝えた。

これは歴代最多水準で、クロアチアとフランスの決勝戦の場合、1分でも見た人が11億2000万人だったほどである。

だが今回の報告書の興味深い点は、地域別で視聴人口の偏差が激しかったという点だ。
ブラジルやアルゼンチンに代表される"サッカーがすべて"の国が多い南米は、人口の96.5%がワールドカップを視聴したという。
一方、アジアは38.4%しか見なかった。

理由は参加国と人口数の問題である。
世界の人口1・2位である中国(14億1500万人)とインド(13億5400万人、2018統計庁KOSISの資料)がワールドカップの敷居にも入ることができず、ワールドカップの視聴人口は減るしかなかった。
世界の人口3位であるアメリカの人口を4倍にしても中国・インドには届かないほど、中国とインドにはとてつもない人口が集まっている。



ト・ジョンファン「FCバルセロナ、南北単一サッカーチームとの試合を要請」
ソウル新聞




※一部要約

スペイン・プロサッカーの名門クラブFCバルセロナが、来年7月に南北単一サッカー代表と試合がしたいという意向を伝えてたことがわかった。

ト・ジョンファン文化体育観光部長官は、大山文化財団が発行する季刊"大山文化"冬号に掲載されたインタビューで、南北関係で発生する難局を克服する方法を説明し、その内容を明かした。

ト長官は「サッカー選手のリオネル・メッシが所属するFCバルセロナが、来年7月に南北単一サッカー代表と試合がしたいという意向を伝えてきた」として、「多くの国で南北がともにする隊列に参加すると言っている」と説明した。

また、「2032年にオリンピックを共催しようという提案を南北首脳が発表すると、すぐ国際オリンピック委員会(IOC)がどうやって交際するのかスイスのIOC本部を訪れて説明してほしいという書簡を送った」とも伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング