CAS、チョン・モンジュン元FIFA副会長の懲戒を解除…サッカー関連活動の再開可能
ニュース1




※一部要約

チョン・モンジュン元FIFA副会長のFIFAから受けた制裁が解除された。

国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)は9日、チョン元副会長に対する制裁を解除し、罰金5万スイスフランも取り消した。
これでチョン元副会長は国内および国際サッカー関連の活動を再開できることになった。

CASはFIFAが課した5年の制裁期間を1年3ヶ月に軽減し、制裁は2017年1月7日に満了したと決めた。
CASは、FIFAが手続きを遅らせたためチョン元副会長が早く制裁から脱する機会を持てなかったと指摘した。

チョン元副会長は、CASが既存の制裁を全面的に取り消さなかったことに対して遺憾を表明した。
チョン元副会長は「この4年間は私の名誉と自負心が毀損された苦痛のときだったが、FIFAが再びサッカーファンの尊敬と愛を受ける団体になるために努力する」と明かした。



Jリーガーのキム・ボギョン-ユン・ソギョン、障害青少年の夢を応援する
MKスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーリーグの柏レイソルでプレーしているキム・ボギョンとユン・ソギョンが障害青少年の夢を応援した。

ソウル特別市障害者福祉施設協会は4日、「"世界障害者の日"を迎え、障害青少年を対象に、自分の夢を前もって体験する"障害者グローバル挑戦団"を先週末、日本千葉県で進めた」と明かした。

"障害者グローバル挑戦団"はソウル特別市の障害青少年を対象に、海外で達成したい夢を受け付けて体験するプログラムであり、今回はハサン障害者福祉館を利用しているオ・ジョンソク(17・知的障害3級)のサッカー選手の夢を育んだ。

日本の舞台で活躍中のキム・ボギョンとユン・ソギョンはオ・ジョンソク君を競技場に直接招き、試合観戦後にドリブルなどの基本的なサッカー技術を教えた。

キム・ボギョンは「長い時間ではなかったが、こうした意味のあるイベントに才能の寄付で参加できて良かった。特にオ・ジョンソクが今後大きな選手に成長できるようずっと応援する」と伝えた。



韓国、ワールドカップパワーランキング29位…ドイツ1位-日本27位(英ガーディアン)
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表が、英国日刊紙"ガーディアン"の選定したロシアワールドカップパワーランキングで29位を占めた。
1位は"ディフェンディングチャンピオン"のドイツが占めた。

ペルーを最後にロシアワールドカップに進出する32ヶ国がすべて決まった。
まず韓国が所属するアジアからは計5チームが本戦に進出した。
アジア地区最終予選A組2位を記録した韓国を筆頭に日本、イラン、サウジ、オーストラリアがアジア代表として出場する。
永遠の優勝候補イタリアがワールドカップ本線進出に失敗し、常連客のアメリカも脱落の苦杯をなめた。

ワールドカップ進出国がすべて決まった状況で、英国日刊紙"ガーディアン"は16日、ロシアワールドカップ進出国32チームのパワーランキングを選定して発表した。
シン・テヨン監督が率いる韓国は32チーム中29位に終わった。
ワールドカップに初めて出るパナマ、アジアの2チームであるサウジアラビアとオーストラリアが韓国より順位の低いチームだった。

ガーディアンが選定したワールドカップパワーランキングで最も高いチームは"ディフェンディングチャンピオン"ドイツである。
ドイツはヨーロッパ予選で10戦全勝を記録するなど、圧倒的な姿を見せて本戦のチケットを手にしたし、今回のワールドカップで2連覇を狙っている。
その後にブラジル(2位)、スペイン(3位)、フランス(4位)、ベルギー(5位)が続いた。

アジアではイランが26位で最も高評価を受け、日本が27位を記録した。
そこに開催国ロシアも24位に留まった。
最近韓国と評価試合を行ったセルビアとコロンビアはそれぞれ19位と20位だった。



[単独] ネイバー、サッカー連盟の"請託文字"を受けて記事を隠した状況を捕捉
エムスプラニュース




※一部要約

国内ポータルサイトのニュースメディア検索占有率70%を誇る"ネイバー"は、ニュース編集の公正性論難が膨らむたびに「透明で、公正なプラットフォームを作るため努力してきた」と主張した。
一部のメディアと市民社会が「外部の請託を受けて記事を編集したのではないか」という疑惑を提起すると、「まったく事実ではない」と直ちに法的対応に出ると怒った。

だが"エムスプラニュース"の取材結果、ネイバー高位層が直に記事の再配置の請託を受け、これを指示した状況が明らかとなった。
プロサッカー"Kリーグ"を主管する韓国プロサッカー連盟が"連盟批判の記事をニュース需要者があまり見られないところに再配置してほしい"と請託すると、すぐにネイバーがこれを積極的に受け入れたという疑惑である。


20171020164423491a.jpg



[海外サッカー] ベッカムの助言「韓国は強いチーム…楽しまないと」
NEWSIS




※一部要約

世界的サッカースターのデービッド・ベッカムが思い浮かべた韓国サッカーの印象は精神力、肉体的な強さだった。

AIAグループのグローバル広報大使の資格で韓国を訪れたベッカムは20日午後、松坡区のソウル蚕室ロッテワールドタワーで行われた記者懇談会で、韓国サッカーに関する質問に「韓国サッカーは精神的、身体的に強い。成功的な業績を残す準備のできたチーム」と語った。

小奇麗なスーツ姿でイベント場所に入ったベッカムは、AIAグループが戦略的に推進しているヘルス&ウエルネスサービスのAIAバイタリティーに関することを話し始めた。

物静かな口調で、引退後の家族との健康的な生活について紹介した彼は、記者会見でサッカーに関する質問が出ると、すぐに目を輝かせた。

ベッカムは"ワールドカップに出る韓国サッカーに助言をしてほしい"という要請に、「サッカーの話をするのはいつも嬉しい。質問してくれてありがとう」として、本格的に返事をし始めた。

ベッカムは、最近の韓国サッカーが手に負えない時間を過ごしていることについて「代表は常に難しい時期を経験することがあり得る。イングランドもやはり、良いときも悪いときもあった。代表では常にあり得る現象」と説明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング