FIFAワールドカップ、2026年から48ヶ国出場・・・満場一致で確定
スポータルコリア




※一部要約

FIFAのワールドカップ48ヶ国拡大が現実に近づいた。

"ニューヨーク・タイムズ"など海外の複数メディアは10日、「ジャンニ・インファンティーノFIFA会長が推進していたワールドカップの48ヶ国拡大が成された。投票の結果、満場一致で当該の事案を確定した」と緊急打電した。

今回の案は2026ワールドカップから適用される。
ワールドカップの歴史で新たな時代が開かれることになった。

本戦チケットの配分にも少なくない変化があるとみられる。
報道によるとヨーロッパ16枚、アフリカ9.5枚、アジア8.5枚、南米と北中米にそれぞれ6.5枚、オセアニア1枚になる見通しである。




[オフィシャル] FIFA、ワールドカップ48ヶ国参加改編案を満場一致で通過
スターニュース




※一部要約

現体制の32ヶ国出場は"1998年フランスワールドカップ"から続いてきた。
FIFAは2013年から出場国を拡大しようとする動きを少しずつ見せてきた。

前任会長のブラッター会長はしばしばアフリカとアジアのサッカー連盟の声を反映し、出場国をさらに拡大するべきと主張してきた。
だが2015年にFIFAの不正腐敗スキャンダルが炸裂して有耶無耶になっていた。

ブラッターの席を引き継いだインファンティーノ会長は腐敗スキャンダルが整理されると、すぐに再び出場国拡大の動きを見せた。

最終的にFIFAがチューリッヒで行われた委員会で改編案を可決したことにより、2016年から48ヶ国体制のFIFAワールドカップが開かれることになった。



英BBC「ブラジルプロチームの飛行機墜落事故・・・76人死亡、5人生存」
スポータルコリア




※一部要約


ブラジルクラブのシャペコエンセ選手団を含む計81人の乗客を乗せた飛行機が墜落した。
英国"BBC"が速報した死亡者数によると何と76人に達していて、サッカー界にも衝撃が伝わっている。





これに対してサッカー界では哀悼の波が続いている。
ブラジルを代表するサッカースターのネイマールも、個人のSNSで哀悼を表した。
マンチェスター・ユナイテッドとアーセナルが義援金を支援したという報道も伝えられている。




ブラジルサッカークラブが飛行機墜落、76人死亡・・・Jリーガー含まれ衝撃
スポTVニュース




※一部要約

墜落して飛行機本体が分離し、現在は霧や豪雨で救助作業に難航していると伝えられた。
シャペコエンセには最近まで日本Jリーグでプレーしていた選手も相当数含まれていた。



キム・ナミル「ソン・フンミンの態度を指摘、チームの雰囲気のために必要だった」
スポーツ韓国




※一部要約

サッカー代表の核心守備選手として活躍したキム・ナミルが、最近膨らんでいたソン・フンミンの態度論難について立場を明かした。

キム・ナミルは4日、京畿道の安城フットサルドーム球場で行われた"チーム2002安城フットサルドーム球場"建設記念イベントに参加し、聯合ニュースらメディアとのインタビューで「代表チーム内の状況をよく知らない」と線を引いてから、「監督様が公開的に選手の態度問題を取り上げたというのは、色んな意味があるのだろう」と語った。

続けて「内部の問題を一度確かめてから進むようだ」として、「代表チームの雰囲気のためには悪くないだろう」と意見を伝えた。

先にシュティーリケ監督は代表チームメンバーを発表して、ソン・フンミンに不遜な態度を直さなければならないと苦言を残した。
交代に抗議して水差しを蹴飛ばすなど、競技場の内外で見えた彼の行動を叱責したのである。

キム・ナミルは「シュティーリケ監督の言葉には目的がある」として、問題を予め遮断するためのシュティーリケ監督の腹案だと解釈した。
また、「実際にグラウンド内で謙虚な態度を見せる必要はないだろう」として、「監督様も萎縮した行動を見せるのを望んではないだろう」と付け加えた。



イ・グァンジョン前オリンピック監督死亡・・・享年52歳
スポータルコリア




※一部要約

イ・グァンジョン前オリンピック代表チーム監督が死去した。
享年52歳。

大韓サッカー協会は26日「イ・グァンジョン前監督が26日明け方に死去した」と関連の便りを伝えた。

イ前監督は2014仁川アジア大会で金メダルをもたらした。
28年ぶりに達成した優勝の快挙だった。
続けてリオオリンピックを狙って準備中だった。




白血病闘病のイ・グァンジョン前オリンピック代表チーム監督が死亡
スポーツ朝鮮




※一部要約

2013年11月に彼は仁川アジア大会の指揮棒を取ったが1年の短期契約だった。
アジア大会の成績を見守ってから契約延長を検討するという意味だった。
反転は華やかだった。
歴代最弱体という評価の中で、決勝に上がるまで非難の世論も広まっていた。
彼は揺るがなかった。

もう異論はもちろん論難もなかった。
イ監督はリオオリンピック代表チームに無欠入城した。
自惚れはなかった。
浮き足立つこともなかった。
いつもそうしたように、謙虚にオリンピックの旅程を準備していた。

だが青天の霹靂のような便りが飛び込んだ。
神の嫉妬はあまりにも苛酷だった。
イ監督は急性白血病と戦い、ついに起きることはなかった。
葬儀室はサムスンソウル病院に設けられた。



[単独] インターナショナルチャンピオンカップ、2017年の韓国開催を推進
フットボールリスト




※一部要約

世界最大規模のプレシーズン大会インターナショナルチャンピオンカップ(ICC)が韓国を狙っている。
来夏にKリーグチームとヨーロッパの名門クラブの対決を推進するというニュースだ。

2009年に"ワールドフットボールチャレンジ"という名称で最初に始まったICCは、ヨーロッパと北米で主に7~8月を前後して、ヨーロッパの名門クラブのプレシーズン親善試合が繰り広げられてきた。
13年以降はオーストラリアや中国などアジアの地でも開催されている。

消息筋によると、ICCは2017年夏に韓国での試合を推進している。
すでにいくつかのKリーグクラブとは接触をし始めた。
アジア最高のサッカーの実力を備えているだけでなく、最高のインフラを持っている韓国Kリーグのチームと世界的名門チームとの対決は、もう不自然ではない構図である。

歴代のICC大会の中で最も大きな規模で開催された2016年の夏は、全17チームが参加した。
マンチェスター・ユナイテッド、FCバルセロナ、レアル・マドリード、パリ・サンジェルマン、レスター・シティ、リバプール、ボルシア・ドルトムントなど様々な国の名門クラブがアメリカとヨーロッパ、オーストラリア、中国などの地で走った。
毎年参加チームと開催地の規模は大きくなっている。

飛躍的発展の理由は明快だ。
興行が保障されているからである。
2014年にアメリカとカナダで行われたICCは平均49395人の観客を呼んだ。
その年は単一試合で10万9318人の入場記録まで立てられた。
マンUとレアル・マドリードの対決だった。
アメリカ、オーストラリア、中国などのスポーツマーケティング企業らが、毎年成功開催のために衆知を集めている。
2015年と2016年もほとんどの参加チームがかなり良い利益を得た。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング