WC監督の推定年俸1位はレーヴ、"5億7000万"シン・テヨンは25位
Newsen




※一部要約

"ディフェンディングチャンピオン"ドイツを率いるレーヴ監督がワールドカップ本戦32ヶ国の監督の中で最高年俸だ。
シン・テヨン監督は25位と推定される。

英国"デイリー・ミラー"は5月10日、"2018ロシアワールドカップ"に出場する本戦32ヶ国の監督の年俸順位を公開した。

1位はブラジルワールドカップチャンピオンのドイツのヨアヒム・レーヴ監督である。
331万ポンドと韓貨で約48億ウォンだ。
その後にチッチブラジル監督とディディエ・デシャンフランス監督(302万ポンド、韓貨約44億ウォン)が続く。

アジア監督の中ではカルロス・ケイロスイラン監督が158万ポンド(韓貨約24億ウォン)で最高年俸ある。
ガレス・サウスゲートイングランド監督と同額で共同7位に該当する。

シン・テヨン監督は39万2500万ポンド(韓貨約5億7000万ウォン)の年俸で、ワールドカップ初戦の相手であるスウェーデンのヤン・アンデルソン監督とともに共同25位に上がった。

ただし、監督の細部契約内容は推定値である場合が多く、この資料を事実と受け入れるのは難しい面がある。



[キム・ソンジンのフットボールトーク] "板門店宣言"にサッカー単一チームと京平サッカー戦を見る
スポータルコリア




※一部要約

ムン・ジェイン大統領とキム・ジョンウン国務委員長の歴史的な南北首脳会談が成功裏に幕を下ろした。
南北の首脳は"板門店宣言"を通じて、和解と協力を約束した。
スポーツでは8月に行われる2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会関連の協力に目が向く。

"板門店宣言"と言われる南北首脳会談の主な合意内容の中では、南北関係発展のために"各界各層の多方面的交流、協力及び往来、接触の活性化"をすると発表した。
そして「2018年のアジア大会をはじめとする国際試合に共同で進出し、民族の知恵や才能、団結された姿を全世界に誇示することにした」という内容を入れて、アジア大会の共同入場や単一チームの構成などを推進することにした。

これは2月に行われた2018平昌冬季オリンピックの成功的な共同入場、女子アイスホッケー単につチームの続編ものである。
文化、スポーツ分野の交流を通じて南北関係を改善し、発展するという双方の考えが込められている。

実際、今回の南北首脳会談でアジア大会の共同入場、単一チームの構成が事実上決まるという観測が支配的だった。
大韓体育会は会談の前、アジア大会に出場する40種目の競技団体に単一チームの意思を1次問い合わせした。
その中で卓球、バスケットボール、柔道、体操、テニス、カヌー、漕艇の7種目の団体が肯定的な反応を見せた。
現在としては卓球、女子バスケットボールなどで単一チームの構成の可能性が高いという雰囲気である。



CAS、チョン・モンジュン元FIFA副会長の懲戒を解除…サッカー関連活動の再開可能
ニュース1




※一部要約

チョン・モンジュン元FIFA副会長のFIFAから受けた制裁が解除された。

国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)は9日、チョン元副会長に対する制裁を解除し、罰金5万スイスフランも取り消した。
これでチョン元副会長は国内および国際サッカー関連の活動を再開できることになった。

CASはFIFAが課した5年の制裁期間を1年3ヶ月に軽減し、制裁は2017年1月7日に満了したと決めた。
CASは、FIFAが手続きを遅らせたためチョン元副会長が早く制裁から脱する機会を持てなかったと指摘した。

チョン元副会長は、CASが既存の制裁を全面的に取り消さなかったことに対して遺憾を表明した。
チョン元副会長は「この4年間は私の名誉と自負心が毀損された苦痛のときだったが、FIFAが再びサッカーファンの尊敬と愛を受ける団体になるために努力する」と明かした。



Jリーガーのキム・ボギョン-ユン・ソギョン、障害青少年の夢を応援する
MKスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーリーグの柏レイソルでプレーしているキム・ボギョンとユン・ソギョンが障害青少年の夢を応援した。

ソウル特別市障害者福祉施設協会は4日、「"世界障害者の日"を迎え、障害青少年を対象に、自分の夢を前もって体験する"障害者グローバル挑戦団"を先週末、日本千葉県で進めた」と明かした。

"障害者グローバル挑戦団"はソウル特別市の障害青少年を対象に、海外で達成したい夢を受け付けて体験するプログラムであり、今回はハサン障害者福祉館を利用しているオ・ジョンソク(17・知的障害3級)のサッカー選手の夢を育んだ。

日本の舞台で活躍中のキム・ボギョンとユン・ソギョンはオ・ジョンソク君を競技場に直接招き、試合観戦後にドリブルなどの基本的なサッカー技術を教えた。

キム・ボギョンは「長い時間ではなかったが、こうした意味のあるイベントに才能の寄付で参加できて良かった。特にオ・ジョンソクが今後大きな選手に成長できるようずっと応援する」と伝えた。



韓国、ワールドカップパワーランキング29位…ドイツ1位-日本27位(英ガーディアン)
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表が、英国日刊紙"ガーディアン"の選定したロシアワールドカップパワーランキングで29位を占めた。
1位は"ディフェンディングチャンピオン"のドイツが占めた。

ペルーを最後にロシアワールドカップに進出する32ヶ国がすべて決まった。
まず韓国が所属するアジアからは計5チームが本戦に進出した。
アジア地区最終予選A組2位を記録した韓国を筆頭に日本、イラン、サウジ、オーストラリアがアジア代表として出場する。
永遠の優勝候補イタリアがワールドカップ本線進出に失敗し、常連客のアメリカも脱落の苦杯をなめた。

ワールドカップ進出国がすべて決まった状況で、英国日刊紙"ガーディアン"は16日、ロシアワールドカップ進出国32チームのパワーランキングを選定して発表した。
シン・テヨン監督が率いる韓国は32チーム中29位に終わった。
ワールドカップに初めて出るパナマ、アジアの2チームであるサウジアラビアとオーストラリアが韓国より順位の低いチームだった。

ガーディアンが選定したワールドカップパワーランキングで最も高いチームは"ディフェンディングチャンピオン"ドイツである。
ドイツはヨーロッパ予選で10戦全勝を記録するなど、圧倒的な姿を見せて本戦のチケットを手にしたし、今回のワールドカップで2連覇を狙っている。
その後にブラジル(2位)、スペイン(3位)、フランス(4位)、ベルギー(5位)が続いた。

アジアではイランが26位で最も高評価を受け、日本が27位を記録した。
そこに開催国ロシアも24位に留まった。
最近韓国と評価試合を行ったセルビアとコロンビアはそれぞれ19位と20位だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング