浮き立つ日本にAFC相槌、久保-安部のエル・クラシコに関心
スポータルコリア




※一部要約

日本の有望株のスペイン進出が好況だ。
久保建英に続いて安部裕葵もFCバルセロナに入団した。

久保と安部の行き先はよりによってスペインの名門であるレアル・マドリードとバルセロナである。
彼らがアジアの舞台に注視し始めたなか、有望株の2人が選ばれた日本は当然浮き立つしかない。

浮き立つ日本にAFCも口添えした。
15日、公式SNSアカウントで久保と安部がそれぞれレアル・マドリード、バルセロナのユニフォームを着た合成写真を掲載した。
ラ・リーガ進出を意味するただの掲示物だが、解釈によっては今後エル・クラシコダービーで彼らの対決を期待する日本の当然の視線に、AFCが報いた格好である。




"久保-安部"を前面に出す日本の野望、"2050年までにワールドカップ優勝の目標"
スポータルコリア




※一部要約

スペインメディア"マルカ"は15日、「バルセロナは日本の最も賢い才能の1人である安部裕葵と契約を結んだ」と伝えた。

久保と安部のスペイン進出は、ヨーロッパ5大リーグで活躍する日本選手がますます増えているということを意味する。
"マルカ"は「日本サッカーは上昇の勢いに乗っている。新しい選手の移籍は偶然ではなく、日本サッカー協会が1990年代末くらいから施行した緻密な戦略の結実だ」と強調した。



[コパC組③] 日本、エクアドルと1-1で引き分けて脱落…パラグアイ8強行き
スポータルコリア




※一部要約

遅れて発動がかかった日本が、エクアドルと引き分けて8強進出に失敗した。

日本は25日午前8時、ブラジル・ベロ・オリゾンテのミネイロン競技場で行われた2019コパ・アメリカC組3次戦で、中島翔哉の先制ゴールにもかかわらずエクアドルと1-1の引き分けに終わった。
これで2分け1敗の勝ち点2でグループ3位に留まった。
B組3位のパラグアイに得失点差で遅れを取り、8強行きのチケットを逃した。
エクアドルは1分け2敗の勝ち点1で最下位を記録した。


190625100413723a.jpg

190625100413723b.jpg



コパ・アメリカを軽んじた日本、降り注ぐ批判
国民日報




※一部要約

2019南米サッカー選手権(コパ・アメリカ)に招待された日本サッカー代表への批判が続いている。
オリンピック(U-23)戦力の選手団を構成したからだ。
日本は2020東京オリンピック開催国である。

コパ・アメリカに参加している日本代表の平均年齢は22.3歳。
出場12ヶ国の中で最も若い。
選手団23人のうち、Aマッチ経験のない選手が何と17人に達するほどである。
来年の東京オリンピックを備えた選手構成で代表を設けた状況と見ることができる。
オリンピックは3枚のワイルドカードを除けば、残りの選手は23歳以下の選手で代表を設けなければならない。

コパ・アメリカは南米国家の最強者の席を決める、サッカー選手権大会だ。
1916年に始まり、100年を超える歴史を持つ。
大陸カップの中で最も長い歴史を誇る大会で、南米にとっては特別な意味があると見ることができる。
アルゼンチンやブラジルなど、ほとんどのチームが最精鋭で戦力を構成した。
今回の日本代表の選手構成に「大会への尊重がない」という批判が出る理由はそのためである。

ラフェエル・ドゥダメルベネズエラ監督が最初に苦言を呈した。
大会中に「日本の選手構成は大会への尊重が欠如している」として、「日本、特に23歳以下の選手で構成されたチームの招待には同意できない」と語った。

エドゥアルド・ベリッソパラグアイ監督もやはり意見をともにした。
「参加チーム数が少なくて招待チームが必要なら、地理的に近くてレベル差も大きくない北中米のチームを招待すれば良い」と語った。
日本の招待が理解できないという不満を遠回しに語ったわけだ。






[コパC組②] "三好マルチゴール"日本、ウルグアイと接戦の末に2-2で引き分け
スポータルコリア




※一部要約

1次戦で大敗を喫した日本がウルグアイと引き分けをおさめた。

日本は21日午前8時、ブラジルのアリーナ・ド・グレミオで行われたウルグアイとの2019コパ・アメリカ・ブラジルC組2次戦で2-2の引き分けを記録した。








チリにボコボコ…名が泣く"日本のイ・ガンイン"久保建英
国民日報




※一部要約

日本が2019南米サッカー選手権大会のコパ・アメリカでチリに大敗した。
日本でイ・ガンインのように次世代エースに成長している久保建英は世界の高い壁を実感した。

日本は18日、チリと行ったC組1次戦に0対4で敗れた。
同組でウルグアイに0対4で敗れたエクアドルとともにC組共同3位である。
8強進出のための現実的な戦略として、エクアドルとの3位争いに集中する可能性が高まった。

日本はJリーグを中心に構成した選手団を派遣した。
日本のFC東京からレアル・マドリード・カスティージャ(2軍)に移籍を確定させた久保建英も合流した。
久保は日本でイ・ガンインのような位置づけを持つ。
イ・ガンインと久保はともに2001年生まれだ。

日本メディアはイ・ガンインと久保が今後、スペイン・プリメーラリーガで善意の競争を繰り広げると見ている。
ただしイ・ガンインは2019FIFA U-20ワールドカップでゴールデンボールを受賞し、久保より先んじている。

久保に向けられた日本メディアと世論の高い期待感は、チリ戦で虚しく崩れてしまった。
久保は何も見せられなかった。
久保は4-4-2のフォーメーションで最前方の2トップの左FWとsちえ先発出場したが、チリのゴールを脅かせなかった。
零敗を喫したこの試合で攻撃ポイントも作れなかった。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング