"WC最悪の試合"ポーランド戦を飾る日メディア、「西野は勝負師」
ベストイレブン



※一部要約

2018FIFAロシアワールドカップでは、"歴代最悪の試合"に挙げられるほどの勝負が繰り広げられた。
H組3ラウンドの日本-ポーランド戦だ。
当時、西野朗監督が率いていた日本は、0-1で負けているにもかかわらず、後方でボールを回して時間を稼いだ。
そのまま試合が終われば、フェアプレールールでセネガルを抜いてグループ2位で16強に進出できたからである。

結論から言えば、日本は志を成した。
スタジアムの全員がブーイングを浴びせる中でも、屈せずに黙々とボールを回して、試合を"無意味"にさせた。
迫力溢れるワールドカップの一戦を観戦したかった観客は、まともに戦う意志すらない日本選手団を見ることが複雑で、癪に障るしかなかった。
高価なワールドカップのチケットを購入したのが惜しかったのだ。

一方、日本メディア<東京スポーツ>はその事件から2年が経った現在、あのときのあの試合を"再評価"した。
まともに戦っていれば日本は負けていたとして、結局はトーナメント進出のための西野監督の決断は正しかったと擁護した。



日、オリンピックサッカーのため"伝説の1軍"を3月から構成
MKスポーツ




※一部要約

日本サッカー協会がアジアU-23チャンピオンシップのGL脱落で大きな衝撃を受けた。
開催国で臨む2020東京オリンピック成功のために成人代表の評価試合まで利用し、別名"伝説の1軍"を4ヶ月早く招集するという腹案である。

日本の"フットボールゾーン"は16日、「3月のAマッチ親善2連戦で、海外派とワイルドカードなど2020東京オリンピックサッカー代表の最精鋭選手を招集する」と報じた。

2020東京オリンピック日本代表は、食野亮太郎が唯一のヨーロッパ派として行ったAFC U-23チャンピオンシップのGLで1分け2敗・3得点5失点の無勝で脱落する侮辱を受けた。

日本がAFC U-23チャンピオンシップのGLで脱落したのは初の事例だ。
自然と日本サッカー協会内部では"伝説の1軍"をできるだけ早く構成し、2020東京オリンピックが開幕する前までに最大限長く手足を合わせなければならないという共感が形成された。

成人代表の仮面をかぶった2020東京オリンピックの日本の"伝説の1軍"は、3月27日に南アフリカ、30日にコートジボワールとホーム評価試合を行う。



"10人"日本、カタールと1-1"唯一の勝ち点"…グループ最下位脱落の侮辱 [U-23]
OSEN




※一部要約

日本U-23サッカー代表が勝ち点1をおさめ、それでもまだ面目を保った。

森保一監督が率いる日本は16日、タイ・バンコクのラジャマンガラ・スタジアムで終えた2020AFC U-23チャンピオンシップB組3次戦のカタールとの試合に1-1で引き分けた。

これで日本は今大会で行った3試合で1分け2敗、グループ最下位で終えた。
先の2連敗でGLからの脱落が確定し、2020東京オリンピック開催国として侮辱を受けた日本だった。

特に日本はこの大会で初めてGL脱落の苦杯をなめた。
2013年の初回大会で8強に上がった日本は、2016年の2回大会では韓国を退けて優勝したりもした。
2018年の3回大会のときも8強に進出した。






"早期脱落"日、タイ代表に熱狂…「親日国で西野監督のチームなので応援」
OSEN




※一部要約

日本"スポニチアネックス"は15日、「西野朗監督が率いるタイU-23代表が史上初のトーナメントに進出した。快挙にタイのファンは涙を流した」と報じた。

タイは勝ち点4でオーストラリアに続いて2位で8強トーナメント進出を確定させた。
タイがトーナメントに進出したのは大会開始以降で初めてだ。

スポニチアネックスは「A代表とU-23代表を兼任している西野監督は、実質的にチームを作って2ヶ月にしかならない。すでに攻撃力は確かだ。短期間でチームを整備して快進撃を始めた」と強調した。

日本の司令塔を離れて休息を取っていた西野監督の次の行き先はタイだった。
東南アジアサッカーの盟主と自信を持っていたタイは、パク・ハンソ監督就任後のベトナムに圧倒されて自尊心が崩れている状況。





結局、タイは西野監督を選任して再整備に乗り出した。
2022カタールワールドカップ2次予選と2019東南アジア(SEA)ゲーム8では期待以下だったが、自国で行われたU-23チャンピオンシップでは名誉挽回に成功した。

面白いことに西野監督の代わりに、森保一監督体制でワールドカップとオリンピックを準備している日本サッカーが揺れている。
特に今回のU-23チャンピオンシップでは、2連敗で史上初のGLで脱落する屈辱を味わった。

自ずと日本では早期脱落した自国代表の代わりに、西野監督のタイを応援する姿を見せている。
ヤフースポーツのベストコメントで、ある日本ネチズンは「タイは親日国で西野監督のチームなので応援する。日本は監督が変わるまで応援しない」という文章を残したりもした。

別のネチズンもやはり「タイの試合を見たが攻守の切り替えが良く、確かに組織が格別なサッカーをしていた。個人の技量だけに依存していた日本代表とはレベルが違った」や、「私たち日本ファンは別の意味で涙を流している」と反応した。



亜は獲れという日メディア、「金メダルを取るにはU23チャンピオンシップで優勝せよ」
ベストイレブン




※一部要約

年初に繰り広げられる2020AFC U-23チャンピオンシップは、2020東京オリンピックの出場権がかかる重要な大会だ。
アジアに割り当てられたチケットはちょうど3枚であり、これは本戦に上がった国々が熾烈な戦いをしなければならないという意味である。

一方、開催国の資格ですでに出場資格を確保している日本は、この競争から抜けている。
AFC U-23チャンピオンシップでどういう成績をおさめようと、彼らはオリンピック本戦に出る。

だが日本はこの大会を気軽にすることができない雰囲気である。
今月行われたE-1チャンピオンシップの優勝失敗で、森保一監督に向けられた世論がやや批判的になり、何よりオリンピック開催国の自尊心を守るため、手強いチームというイメージを植え付ける必要性が生じたからだ。
さらに、この前森保監督が"オリンピック金メダル"という果敢な目標をメディアの前で掲げたりもした。

そのため日本メディア<フットボールチャネル>は29日の記事で「AFC U-23チャンピオンシップはオリンピック前にある最後の真剣勝負の場である。オリンピック金メダルを目標に掲げる日本なら、優勝以外は考えられない」として、オリンピックで頂点に上がるためには、アジアは絶対に獲らなければならないという点を強調した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング