下位圏に足を引っ張られた韓-日、ロシア行き非常
スポーツ朝鮮




※一部要約

韓国と日本が並んで頭を下げた。

韓国は14日、ドーハで行われたカタールとの2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選A組8次戦に2対3で惨敗した。
この日の敗北で韓国は3位ウズベキスタンとの差を広げることができなかった。

不名誉な記録も作った。
韓国は1983年のシンガポールアジアカップでの敗北(0対1)以降、(※カタール相手に)33年間無敗行進を走っていた。
だが33年ぶりに呆れる敗北を喫した。
同時に韓国は何と56年ぶりにワールドカップ予選で3ゴール以上を許して面子を潰した。

隣国日本も同じような状況だ。
客観的な戦力で差はあった。
順位がそれを証明していた。
一方のイラクはすでに本戦行きが挫折した状態だった。

下位圏に逆襲を許した日本、DF酒井宏樹まで負傷して悩みを抱えることになった。
ハリルホジッチ日本監督は試合後、「残念だ。満足してない。イラクにチャンスを与えないようにしたが、最終的に引き分けで試合を終えた」と溜息をついた。






日本、イラクと1-1の引き分け・・・僅かの差でB組1位
スターニュース




※一部要約

日本がイラクと引き分けをおさめて勝ち点3獲得に失敗した。
同時にB組の版図が霧の中になった。

日本は13日、イラン・テヘランにあるPASスタジアムで行われたイラクとの"2018ロシアワールドカップ"アジア地区最終予選B組8次戦で1-1の引き分けを記録した。
早い先制ゴールにもかかわらず、痛恨の同点ゴールを許した。

これで日本(5勝2分け1敗、勝ち点17)は最終予選で7試合無敗行進(5勝2分け)を走ったが、2位サウジアラビア(5勝1分け2敗、勝点16)との勝ち点差は1に縮まった。
3位オーストラリア(4勝4分け、勝点16)との差も減った。


20170613231919379a.jpg

20170613231919379b.jpg



[U-20] "10年ぶりの出場"日本、ワールドカップ脱落のその後
スポーツ朝鮮




※一部要約

10年ぶりの出場だった。

日本は2007年以降、何と10年ぶりにU-20ワールドカップの舞台を踏んだ。
だが世界の壁は高かった。
日本は先月30日に大田ワールドカップ競技場で行われたベネズエラとのFIFA U-20ワールドカップ16強で、延長の接戦の末に0対1で敗北、挑戦に終止符を打った。

現場で大会を取材していたある日本の取材陣は「今大会に出場した選手は2020年の東京オリンピックに備えている。ほとんどが3年後の東京オリンピックの主軸になるだろう。経験を通じてオリンピックの準備に大いに役立つだろう。U-20の大会を10年ぶりに踏んだだけでも意味がある」と語った。

2020年の東京オリンピックを正標準している日本代表。
日本サッカー協会は若い選手の挑戦に力を与える予定である。
日本は今大会に出場した代表を"東京オリンピック世代"と呼び、徹底して管理している。

U-20ワールドカップを終えてからも足早に動いている。
協会は新司令塔に日本人を選任する方向で糸口を掴み、Jリーグクラブの監督を物色している。
長谷川健太ガンバ大阪監督が嘱望されていると報じられた。
スポーツ報知は"A代表監督がオリンピック監督を兼任する方案も多角的に検討している"と伝えた。

今大会に参加した選手への管理も続いている。
スポニチアネックスは1日、"内山篤監督が久保は3年後にはオリンピックだけでなくAマッチで活躍できるように支援しなければならない"というコメントを引用し、支援の重要性を強調した。
2020年の東京オリンピックを狙っている日本は、U-20ワールドカップ後に一段と早く動いている。



[U-20 TOLD] 日本を沈没させたエレーラ、「私たちが優勝するだろう」
ベストイレブン




※一部要約

FIFA) U-20ワールドカップコリア2017 16強戦で日本相手に決勝ゴールを決め、ベネズエラを8強に上げたヤンヘル・エレーラが「私たちがチャンピオンになるとう事実をよくわかっている」と強い自信をあらわした。

エレーラは試合終了後、FIFAドットコムとのインタビューで「ベネズエラは最高になれるという信念を持っている。私たちは素晴らしい選手で構成されており、それに見合った結果を出すことを夢見ている」と語り、自信溢れる目標を明かした。

エレーラは30日に行われた16強の日本戦で、108分間続いた0-0の均衡を破る非常に貴重なゴールを決めた。

エレーラは「ゴールネットが波打った瞬間の所感を言葉ですべて表現するのは難しい。すごく幸せだ。私たちは繰り返しセットピースの練習をし、あの瞬間にボールがどこへ来るのか正確に判断できた」と得点の状況について明かした。
エレーラは今大会の本戦進出のための南米予選でも、ペルーを相手に劇的決勝ゴールを決めて、チームの韓国行きを導いたことがある。
重要な瞬間のたびに勝負を決める英雄だったわけだ。

一方、ニューヨーク・シティFC所属のエレーラは最近、EPLのマンチェスター・シティに移ることがすでに確定した状況である。
パトリック・ビエラニューヨーク・シティFC監督は、エレーラがアンドレア・ピルロを越えることもできる才能を持っていると絶賛を惜しまなかった。



[U-20大田] ベネズエラ、接戦の末に日本を1-0で撃破・・・大会初の8強
ベストイレブン




※一部要約

延長線まで続いた拮抗した0の均衡を破った国は南米のベネズエラだった。
千辛万苦の末に勝者になったベネズエラが今大会初の8強の高地で空気を吸う感激を享受した。





ベネズエラは6月1日に仁川サッカー専用競技場で行われる16強のアメリカ-ニュージーランド戦の勝者と、U-20ワールドカップ4強進出のチケットをかけて争う。
大会が終盤に入って体力の回復が鈍くなっていき、ベネズエラは延長線まで行なっただけに、実力を離れて精神的な側面がより強調される勝負が予想される。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング