[U-20ワールドカップ] 「久保のために待ってます」実感できた日本の"久保症候群"
スポーツ京郷




※一部要約

「久保のために待ってます」

24日、FIFA U-20ワールドカップD組2次戦の日本-ウルグアイ戦が終わった後のミックスゾーンで、選手を待っていたある日本記者が言った。
日本記者はこの日、"日本のメッシ"と期待してやまない久保建英に会うために集まっていた。

この日、久保は前半20分にFW小川航基が負傷でグラウンドを出て、思っていたより早く投入された。
前半には特別な活躍がなかったが、後半が始まるとすぐ何度も良いチャンスを作って深い印象を残した。

試合後、日本選手が一人二人出てきてミックスゾーンで記者とインタビューをしている中、久保の姿はなかなか見つからなかった。
久保がドーピングテストの対象者に選ばれたからだった。
久保は他の選手が全員出ていき、しばらく経った午後11時40分くらいになって暗い表情でミックスゾーンに入ってきた。



[U-20現場レビュー] "スキアッパカッセゴール"ウルグアイ、日本を2-0で撃破・・・16強行き確定
インターフットボール




※一部要約

ウルグアイがニコラス・スキアッパカッセの決勝ゴールで日本を撃破した。
2連勝のウルグアイは16強行きを確定した。

ウルグアイは24日、水原ワールドカップ競技場で行われたFIFA U-20ワールドカップコリア2017D組2次戦で日本に2-0で勝利した。

2連勝を走ったウルグアイは勝ち点6を記録してD組1位に上がり、南アフリカとの3次戦の結果に関係なく16強行きを確定した。
1勝1敗の日本は3位に押し出された。








[南アフリカ-日本] 久保、南アフリカを倒す左脚アシスト・・・日本のメッシは本物だった
スポータルコリア




※一部要約

4年の飛び級は無理ではなかった。
満15歳の年齢でU-20ワールドカップに出た"日本のメッシ"久保建英(15、FC東京U-18)は4歳上の兄と十分競争して圧倒する能力を証明した。

日本は21日、水原ワールドカップ競技場で行われた南アフリカとのFIFA U-20ワールドカップコリア2017D組1次戦で、2-1で逆転勝ちした。
前半を0-1でリードされた日本は、後半に小川航基、堂安律の連続ゴールで初勝利を上げた。

ゴールを決めた小川と堂安が勝利の最大の貢献者だが、この日の試合でフォーカスは他の選手に合わされていた。
今大会に最年少選手として出場した久保である。

久保は2001年生まれだ。
今大会は1997年生まれ以降の選手が出場できる。
普通なら久保は4年後の大会に出る。
少し早くても2年後の大会だ。
なので久保の"4年飛び級"について国内外から視線が集まった。

久保は投入直後に鋭いスルーパスを出した。
少しずつ試合に適応した彼は、後半27分に勝負を決めるアシストを上げた。

若い年齢に似合わない試合を読む目、適切なタイミングを理解するセンス、そして同僚に確実なチャンスを与えるパスまで、三拍子揃ったプレーだった。
日本の元川悦子サッカー専門記者は久保について「まだ若くて背は低いが、頭脳が優れている。キックも良い選手」と言った。
彼女の言葉通り、久保は南アフリカ相手に自分の長所をすべて出した。

久保はバルセロナユース出身である。
バルサユースチームで数多くのゴールを決め、日本のメッシというニックネームがついた。
そして久保は30分余りの時間で強烈なインパクトを残し、自分の名前の前についた別称が本物であることを示した。



[U-20水原LIVE] 底力を誇示した日本、南アフリカに2-1の逆転勝ち
ベストイレブン




※一部要約

日本が南アフリカにピリッとした勝利をおさめた。
先に失点して引っ張られる難しい流れを、逆転勝ちでひっくり返す底力を見せた。

日本は21日午後5時、水原ワールドカップ競技場で行われた2017FIFA U-20ワールドカップコリアD組1ラウンドで、南アフリカに2-1で勝利した。
日本は前半7分に南アフリカのFWマージマンに失点したが、後半3分の小川航基、後半27分の堂安律の連続ゴールで勢いをひっくり返して大会初勝利を達成した。




[U-20ワールドカップ] 列島が待っていた16歳"天才少年"久保
日刊スポーツ




※一部要約

逆転ゴールの主人公は堂安律だったが、みんなの視線は断然久保に向けられた。
日本の観客はもちろん、彼の試合を見るために大挙して大韓民国を訪れた日本取材陣も、久保がアシストをした瞬間、一斉に手が忙しなくなった。
バルセロナユース出身の"サッカーの天才"と呼ばれる久保は、飛び級を繰り返して自分の年齢より3~4歳上の"兄"とともに今大会に出場し、熱い関心を一身に受けていた。





この日の久保の成績は、後半追加時間を含めて34分出場して1アシストだった。
だが久保が上げた1アシストは、日本サッカーにとって単なる1ポイント以上の意味をもたらした。
"久保フィーバー"という言葉ができるほど、久保への期待が高い国だ。
そんな中で久保が"検証の舞台"同然のU-20ワールドカップで攻撃ポイントを記録したので、日本サッカーは当分幸せな"久保フィーバー"が続くものとみられる。



[U-20] 日本のメッシついに登場!世界を驚かせるか
スポータルコリア




※一部要約

ついに日本サッカーの天才が全世界の前に姿を現す。
日本U-20代表の満15歳FW久保建英(FC東京U-18)だ。

日本は21日、水原ワールドカップ競技場で南アフリカを相手にFIFA U-20ワールドカップコリア2017D組1次戦を行う。
この試合で話題の日本FW久保が出る予定である。

2001年生まれの久保はU-20ワールドカップに出場する最年少選手である。
久保の他にもセネガルのFWニアンが2001年生まれだ。

20歳以下の選手は突出した技量を持たない限り、年齢があるほど技量の差が大きい。
なので1997年生まれ以降が出場できる今大会で、多くのチームが選手のほとんどを1997年生まれの選手団を構成した。
韓国も21人のエントリーの半分以上である11人が1997年生まれである。

なので2001年生まれの選手は、試合の出場より将来を見越して抜擢したとみられる。
だが久保は違う。
日本U-20代表で久保は4歳上の兄たちと対等に試合をするもう一人の攻撃資源である。

久保は韓国のペク・スンホ、イ・スンウのようにFCバルセロナユースチーム出身だ。
ペク・スンホ、イ・スンウがそうだったように、小学校のとき天才的な才能を示してバルセロナユースチームに入団した。
そしてペク・スンホ、イ・スンウがバルサの懲戒によって1年間の公式戦出場が禁止されたとき、久保も懲戒で出場禁止の対象選手に含まれていた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング