興奮した日本、「久保デビュー、歴史的瞬間が来た」
スポTVニュース




※一部要約

久保建英のA代表デビューで日本列島が興奮に覆われた。

日本は9日、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとのキリンチャレンジカップに2-0で勝利した。
この試合で久保はAマッチデビュー戦を行った。
満18歳5日。
久保は市川大祐(当時17歳322日)に次いで日本歴代2番目の最年少でAマッチデビューに成功した。

久保のデビューに日本メディアは興奮に陥った。
日本メディア"東京スポーツ"は「日本のオリンピックのエースの株価が急騰している。エルサルバドル戦でデビューした彼は、いたるところで好プレーをしてチームの2-0の勝利に貢献した」と評価した。

試合を見守った長友佑都は「ドラえもんのような選手だ。ドリブル、パスのどちらも良い。すべてを持っている選手」と評価した。
久保がプレーしたエルサルバドル戦は、平均視聴率13.8%を記録した。
果たして久保は日本代表でどのような歴史を作るのか注目されている。



"イ・ガンインと同じ2001年生まれ"久保、Aマッチデビュー…日最年少2位
スポータルコリア




※一部要約

"2001年生まれ"の久保建英がAマッチデビュー戦を行った。

日本は9日午後7時、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとの親善試合に2-0で勝利した。
5日のトリニダード・トバゴとの最初の評価試合に0-0で引き分けた日本は、6月のAマッチ日程を1勝1分けで終えた。

エルサルバドル戦は日本サッカーにとって意味のある日だった。
日本サッカーの未来であり、"日本のメッシ"と呼ばれる久保がAマッチデビュー戦を行ったからだ。
久保は後半22分に南野拓実と交代して競技場を踏んだ。

2001年6月4日生まれの久保は、イ・ガンインと同い年である。
正解に言えばイ・ガンイン(2月19日生まれ)より4ヶ月若い。
だがAマッチデビューは先にした。
エルサルバドル戦に出場した久保は、"18歳5日"の年齢でAマッチの第一歩を踏み出した。

日本サッカー史上2番目に若いデビューだ。
1998年4月1日、韓国を相手にAマッチデビューした市川大祐が17歳322日の年齢で最年少記録を保有中である。



代表の先輩たち、口を揃えてU-20の弟を称賛「韓日戦に必ず勝って優勝まで」
韓国日報

190603161422198.jpg


※一部要約

代表の先輩たちがポーランドで行われているFIFA U-20ワールドカップで活躍中の後輩に、暖かいアドバイスとともに韓日戦の必勝を依頼した。

パウロ・ベント監督は6月のAマッチ親善戦の2試合を控えた3日、坡州NFCに代表選手25人を招集した。
この日、選手は一様にイ・ガンインをはじめとするU-20代表の後輩の競技料に賞賛を惜しまなかった。

久しぶりに代表に合流したキム・ボギョンは「試合をすべて見たのではないが、ハイライトはすべて見た」として、「イ・ガンインやチョ・ヨンウクらは、私がその年齢のときのプレーよりはるかに良く、期待が大きい」と後輩を褒め称えた。
キム・ボギョンは「上手くやっているが、良い試合をしてもミスが結果を左右することがあるので、90分間競技力を上げて最後まで試合を上手く解いていくように願う」とアドバイスした。

2015年に韓国で行われた20歳以下ワールドカップで16強に上がったペク・スンホは、スペインで一緒にプレーするイ・ガンインの話を切り出した。
ペク・スンホは「今大会はガンインが試合前から本当に重要だと思っていた大会」として、「しっかり準備したし、臨んでいる姿を見れば、切実であることが感じられる。きっと良い結果になるだろう」と予想した。



U20ワールドカップで来たる5日0時に韓日戦…「16年前の逆転負けを雪辱する」
世界日報




※一部要約

チョン・ジョンヨン監督が率いるU-20サッカー代表が、5日に日本と16強戦を繰り広げる。

2003年のUAE大会の16強戦で韓国は、日本との延長の勝負で決勝ゴールを許して敗北した。

韓国は日本との男子サッカーの年代別代表の歴代戦績ですべて上回っている。

A代表は41勝23分け14敗で、U-23代表は7勝4分け5敗で優勢だ。

特にU-20代表の戦績では、何と28勝9分け6敗で一方的に上回っている。
U-17代表(11勝9分け5敗)とU-14代表(26勝10分け7敗)でも日本に優位を見せている。

だが韓国は2003年のUAE大会で日本と会い、1-2で逆転負けした。

そのため太極戦士の勝利欲も大きくならざるを得ない。

日本との16強の対戦を受けて、チョン・ジョンヨン監督は「日本だとしても特別なわけではない」として、「私たちの選手が自信を持ち、コンディション調整さえ上手くやれば十分に良い結果を出せると確信している」と語った。

一方、韓国が16強で日本を退ければ、セネガル-ナイジェリアの勝者と8強で対決する。



[U-20ワールドカップ] 日本が"1位"イタリアと引き分けて16強直行…韓日戦の可能性
デイリアン




※一部要約

日本がイタリアと引き分け、グループ2位でU-20ワールドカップ16強に上がった。

日本は30日、ポーランドのビドゴシュチ競技場で行われた"2019 U-20ワールドカップ"B組3次戦で、イタリアと無得点で引き分けた。
PKを含めて10本のシュートを記録したが、ゴールを決めることはできなかった。

イタリア戦で勝ち点を追加した日本は勝ち点5を記録、グループ1位のイタリアに次いでグループ2位で16強に直行した。
2017年に韓国で行われた大会に続いて2連続16強進出である。

韓国に劣らず手強いグループに編成された日本は、初戦でオウンゴールをしつつもエクアドルと1-1で引き分けた。
2次戦ではメキシコに3-0で完勝し、最終戦でイタリアと引き分けてグループ2位を確定させた。

B組2位で16強に進出した日本は、韓国が属するF組2位と16強で会う。
客観的な戦力上、アルゼンチンかポルトガルとの対決になる可能性が高い。
最終戦を残した中、30日現在のF組2位は韓国だ。

F組の日程は終わってないが、2003年大会に続いて韓日戦が行われる可能性は残っている。
現在の順位通りにGLが終われば、韓日戦(16強)は来月5日午前12時30分にポーランド・ルブリンで行われる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング