"ラ・リーガ2連続出場"久保、PKGまで誘導…マジョルカは血戦の末に0-0の引き分け
スポTVニュース




※一部要約

日本期待の主である久保建英が、アスレティック・ビルバオ戦に出場した。
リーグ2試合連続出場にPKまで誘導したが、チームは勝利できなかった。

マジョルカは14日午前4時、スペイン・マジョルカのイベロスター・エスタディで行われた2019-20シーズンのスペイン・プリメーラリーガ4ラウンドで、ビルバオと0-0で引き分けた。
久保は3ラウンドのバレンシア戦に続いてビルバオ戦まで、2試合連続出場に成功した。

Aマッチ休息期が終わって戻ってきたリーグは激しかった。
両チームは一糸不乱に動いて先制ゴールに総力を尽くした。
マジョルカはビルバオのサイドに食い込んで隊形を揺さぶり、ビルバオはムニアインとウィリアムズがカウンターにスピードをつけてマジョルカのゴールを狙った。

両チームはゴールが切実だった。
激しいサイド、中盤の戦いで互いの陣営に進入した。
久保は右サイドでプレスとカウンターをした。
ロペスがビルバオのボールポストを強打したが、ゴールネットを揺さぶれなかった。
後半34分に久保がPKを誘導したが、キッカーがキックに失敗した。

試合終了直前、ビルバオが総力を尽くした。
ビデオ判定(VAR)の結果、マジョルカDFババのハンドでPKが宣言された。
アドゥリスがキックに失敗し、試合は引き分けに終わった。



"中島ゴール+久保出場"日本、ミャンマー遠征で2-0の勝利
スポTVニュース




※一部要約

日本が中島翔哉と南野拓実のゴールでワールドカップ予選の初戦に勝利した。

日本は10日夜、ミャンマー・ヤンゴンのトゥウンナYTCで行われた2022FIFAカタールワールドカップアジア2次予選F組の初戦でミャンマーを2-0で下した。






[Aマッチレビュー] "久保ゴールポスト+デビューゴール霧散"日本、パラグアイを2-0で制圧
インターフットボール




※一部要約

日本がパラグアイを制圧して4試合ぶりにAマッチ勝利のニュースを伝えた。
後半に交代投入された久保建英は感覚的な左足シュートを試みたが、ゴールポストに阻まれてデビューゴールのチャンスを逃した。

日本は5日午後7時20分、鹿島サッカースタジアムで行われた親善試合でパラグアイに2-0で勝利した。
6月のコパ・アメリカに招待チームの資格で出場したが2分け1敗で脱落した日本は、4試合ぶりにAマッチの勝利を手にした。

日本がまず先制ゴールを放った。
前半23分に長友のクロスが守備に当たって屈折したボールを、大迫がノンストップ左足シュートでパラグアイのゴールネットを揺さぶった。

雰囲気を上げた日本は追加ゴールを作り出した。
華麗なパスプレーでスペースを作った日本は、前半30分に南野が酒井のクロスを受けて軽く得点を上げた。

日本は後半23分、交代投入された久保が角度のない状況から強力なシュートをしたが、クロスバーを強打して惜しい思いをした。

その後パラグアイが挽回ゴールのために日本の守備陣を攻略しようとしたが、思い通りにならなかった。
これ以上のゴールは出ず、試合は日本の2-0の勝利で終わった。



日、代表リスト発表…久保抜擢、国内派はわずか4名
ベストイレブン




※一部要約

森保一監督が率いる日本サッカー代表が、2022FIFAカタールワールドカップアジア2次予選から海外派を総動員する雰囲気だ。
Jリーグでプレーしている選手は4名しかいない。

森保監督は今回のリストで、最近日本サッカー界の中で大きく注目されている久保建英をはじめとして、ヨーロッパでプレーする選手を総動員した。
最近レアル・サラゴサに入団した香川真司らは排除されたりしたが、現在起用できるヨーロッパ派をすべて稼働させた様子だ。
森保監督の招集を受けた国内派選手は、現在2019日本J1リーグ首位のFC東京でプレーするMF橋本拳人とベテランFW永井謙佑、そして最近日本国内で注目されているDF畠中槙之輔、コンサドーレ札幌の主砲・鈴木武蔵のわずか4人だけである。






浮き立つ日本にAFC相槌、久保-安部のエル・クラシコに関心
スポータルコリア




※一部要約

日本の有望株のスペイン進出が好況だ。
久保建英に続いて安部裕葵もFCバルセロナに入団した。

久保と安部の行き先はよりによってスペインの名門であるレアル・マドリードとバルセロナである。
彼らがアジアの舞台に注視し始めたなか、有望株の2人が選ばれた日本は当然浮き立つしかない。

浮き立つ日本にAFCも口添えした。
15日、公式SNSアカウントで久保と安部がそれぞれレアル・マドリード、バルセロナのユニフォームを着た合成写真を掲載した。
ラ・リーガ進出を意味するただの掲示物だが、解釈によっては今後エル・クラシコダービーで彼らの対決を期待する日本の当然の視線に、AFCが報いた格好である。




"久保-安部"を前面に出す日本の野望、"2050年までにワールドカップ優勝の目標"
スポータルコリア




※一部要約

スペインメディア"マルカ"は15日、「バルセロナは日本の最も賢い才能の1人である安部裕葵と契約を結んだ」と伝えた。

久保と安部のスペイン進出は、ヨーロッパ5大リーグで活躍する日本選手がますます増えているということを意味する。
"マルカ"は「日本サッカーは上昇の勢いに乗っている。新しい選手の移籍は偶然ではなく、日本サッカー協会が1990年代末くらいから施行した緻密な戦略の結実だ」と強調した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング