「20歳の冨安、亜最高DFになる」日本興奮
OSEN




※一部要約

アジアカップ決勝に上がった日本サッカーが、20歳の特級DFの誕生に沸き立った。

日本は29日、2019UAEアジアカップ準決勝戦でイランに3-0で完勝した。
優勝候補イランを圧倒して決勝戦に先着した。

この日、アメリカ"フォックススポーツ"アジア版は、日本の勝因を伝えた。
2ゴールを決めた大迫勇也とともに、DF冨安健洋の活躍にスポットを当てた。
冨安はイラン音看板ストライカーであるサルダル・アズムンをカチコチに縛り、無失点勝利に貢献した。

フォックススポーツは「冨安の試合を読む能力は年齢(20歳)を飛び越えている。とても若い選手で、日本サッカーの将来を担うべき存在」として、「これから数年後にはアジアで最も優れたDFの1人に成長するだろう」と将来の潜在力を高評価した。

1998年生まれの冨安は188センチ、78キロの体格条件を備えたDFで、2016年にアビスパ福岡に入団した。
2018年からベルギーのシント・トロイデンVVでプレーしている。
21日のサウジアラビアとの16強戦ではヘディングゴールを決めて1-0の勝利を導いた。



日本は"WC16強"-亜カップ決勝"…その間に韓国は"脱落-脱落"
スポーツ韓国




※一部要約

2018ロシアワールドカップを前に日本は最悪の状況を迎えた。
3月のAマッチでマリに1-1、ウクライナに1-2で敗れてワールドカップ懐疑論に直面すると、日本サッカー協会はワールドカップ3ヶ月前に果敢にハリルホジッチ監督を更迭した。

消防士として西野朗監督が選任され、全世界はワールドカップの3ヶ月前に韓国を交代した日本のワールドカップ失敗を予想した。

だがいざ蓋を開けてみると、日本はワールドカップ16強に進出した。
そして再び交代した森保一監督体制下で、日本は大会最強の戦力に数えられていたイランまで下して2019アジアカップ決勝まで進出した。

その間に韓国はワールドカップでグループリーグ脱落、アジアカップ8強で脱落していた。
2014ブラジルワールドカップでともに大失敗を味わい、2015アジアカップでは日本が8強脱落、韓国が準優勝で韓国がリードしていたのに、4年間で韓国と日本サッカーの格差はかなり広がった。
韓国と日本は永遠の好敵手でありライバルなのに、一気に格差が生まれた様子だ。

日本は28日午後11時にアラブ首長国連邦のアル・アインで行われた2019AFCアジアカップ4強のイラン戦で、大迫勇也の2ゴールによって3-0で勝利して決勝に進出した。



[亜カップ現場] "大迫マルチゴール"日本、"難敵"イランを3-0で大破!"8年ぶりの優勝挑戦"
スターニュース




※一部要約

日本サッカー代表が"難敵"イランに完勝して決勝に安着した。

日本サッカー代表(FIFAランキング50位)は28日午後11時、UAEアル・アインにあるハッザーア・ビン・ザーイド・スタジアムで行われたイラン代表(FIFAランキング29位)との2019AFCアジアカップ4強戦に3-0で勝利した。

これで日本は2011カタール大会の優勝から8年ぶりの優勝に挑戦する。
この日勝利した日本は、2月1日ににアラブ首長国連邦-カタール戦の勝者とアブダビのザイード・スポーツシティ・スタジアムで決勝戦を行う。
一方、イランは日本の壁を超えられずに再び4強で満足しなければならなかった。
イランは1976年以降、43年間優勝できずにいる。


190129010724896a.jpg

190129010724896b.jpg

190129010724896c.jpg



[AC現場レビュー] "堂安PKゴール"日本、パク・ハンソのベトナムを1-0で下して4強進出
インターフットボール




※一部要約

日本がパク・ハンソ監督が率いるベトナムを制圧して4強進出に成功した。

日本代表は24日夜10時、UAEドバイにあるアル・マクトゥーム・スタジアムで行われたベトナムとの2019AFCアジアカップ8強戦に1-0で勝利した。
これで日本は一番最初に4強進出に安着し、ベトナムは惜しくも8強で挑戦を止めることになった。


190124235338949a.jpg

190124235338949b.jpg

190124235338949c.jpg



[チェ・ヨンジェ in UAE] ミックスゾーンでコミュニケーションする日本サッカー協会長
日刊スポーツ




※一部要約

"ミックスゾーン"、別名・共同取材区域と呼ばれるところ。

試合を終えて出てくる選手と取材陣が自由にインタビューできるスペースだ。
記者会見形式の堅さから抜け、司会者も進行者もなしで選手と取材陣が虚心坦懐に言葉をやり取りできる、サッカー場で唯一の場所でもある。

インタビュー対象を別々に指定することはない。
ミックスゾーンを通り過ぎる選手の中から、話したい選手の誰とも言葉を交わすことができる自由が与えられる。
形式から外れた"フリースペース"と言える。

自由に行われるのであらゆる質問が行き来する。
質問用紙がなく、返答を予想することもできない。
ときには意地悪な質問、ときには当惑する質問もここでは許される。
冗談やイタズラも溢れている。
ミックスゾーンで選手と取材陣の笑い声を簡単に聞くことができる理由である。
公式記者会見ではできな話を引き出すときもある。
ときには涙の場所になったりもする。

ミックスゾーンの核心は、そういうわけで"コミュニケーション"だ。

21日、UAEのシャルジャ・スタジアム。
ここで日本とサウジアラビアの2019UAEアジアカップ16強戦が行われた。
試合後、ミックスゾーンに一番最初に姿をあらわした人物は、多くの取材陣を驚かせた。
彼は田嶋幸三日本サッカー協会会長だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング