済州出身ペドロ、帰化による日代表チームを希望
スポーツソウル




※一部要約

Kリーグクラシックの済州ユナイテッドで大活躍したことのあるペドロ・ジュニオールが、帰化を通じて日本代表チームでプレーしたいという意向を明かした。

ペドロは23日、ブラジルのあるラジオ放送とのインタビューで「(日本帰化について)私が考慮しているのは事実だ。日本代表でプレーすることを夢見てきた」と語った。
日本の"フットボールチャンネル"などの主要メディアもペドロが帰化を希望しているというニュースを足早に伝えた。
現時点で具体的に帰化作業がされているわけではない。
ペドロは「まだ公式に私の立場を日本サッカー協会に伝えてはいない」として、「ただし所属クラブに意向を明かしたが、それ以上の進展はない。(帰化は)そんなに容易ではないだろう」と語った。




元済州ゴールゲッターペドロ、「日本に帰化したい」
ベストイレブン




※一部要約

ペドロは2013シーズンに済州ユナイテッドで活躍し、29試合に出場して17ゴールを炸裂させ、その年の最高の外国人選手として韓国ファンの賛辞を受けた選手である。
当然済州が再契約すると予想していたが、ペドロはそれを振り切って日本ヴィッセル神戸に去って惜しさを与えた。
結果的に済州は代替者にロペスを獲得してその席を完璧に埋め、ペドロもやはり日本で3シーズンプレーして公式戦基準93試合で35ゴールを決めるなど相変わらず素晴らしい技量を見せたので、両者とも良い結果に繋がった別れでもあった。
だがKリーグで長く活躍することを願ったファンも多かっただけに、早い別れを告げたペドロの決定に惜しさを感じたファンも多かった。

一方<フットボールチャネル>は、ペドロが最近閉幕し2016FIFA日本クラブワールドカップでレアル・マドリードと一進一退の攻防をして世界的注目を浴びた鹿島アントラーズに入団すると明かした。
ペドロは「仮契約に署名して2年契約」として、鹿島入団の事実を明かした。



[WC予選レビュー] "清武ゴール"日本、サウジを2-1で下して"危機脱出"
インターフットボール

20161115212603.jpg


※一部要約

日本が首位を走っていたサウジアラビアを下して危機から脱出した。

日本は15日、埼玉スタジアムで行われたサウジとの2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選B組5次戦に2-1で勝利した。

これで勝ち点10を記録した日本は、サウジアラビアと同率となったが、ゴール得失で押されて2位にランクした。
だがオーストラリアがタイに勝てば再び3位に押し出される。


20161115212603a.jpg

20161115212603b.jpg




[日本-サウジ] ハリルホジッチの決断、また別の解決士登場
スポータルコリア




※一部要約

日本が貴重な勝ち点3を追加した。
本田、香川の代わりに清武、原口が解決士ににょきりと立った。

ハリルホジッチ監督は決断を下した。
所属チームで十分にプレーできなかった本田、香川をベンチに座らせた。

主導権と比べて得点成功率は高くはなかったが、妙手で勝利を手にした。



"幸運のPK"日、サウジに2対1の勝利
スポーツ朝鮮




※一部要約

ハリルホジッチ日本監督がとりあえず一息ついた。

日本がサウジアラビアに完勝して雰囲気の反転に成功した。
日本は15日、埼玉スタジアムで行ったサウジとの2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選B組5次戦に2対0で勝った。(※2対1の間違い)
この日の勝利で日本は勝ち点10(ゴール得失+4)になり、サウジ(勝ち点10・ゴール得失+3)を引きずり下ろして2位を狙えるようになった。

日本は序盤から強い圧迫を前面に出してサウジのパスを遮断した。
だがサウジも日本の攻勢に肉弾防御で対抗し、ゴールはなかなか炸裂しなかった。

ホームの利点が日本を微笑ませた。
前半45分に日本が先制ゴールを取った。
ペナルティエリア内正面で清武弘嗣が試みたシュートがサウジDFの左脇付近に当たったが、主審はすぐにPKを宣言し、キッカーとして出た清武がゴール左隅を正確に揺らして機先を制した。

サウジは後半45分に追撃ゴールを決めて追撃の手綱を緩めなかった。
だが終盤のチャンスは日本の守備に阻まれ、結局日本の1ゴール差の勝利で終わった。



模擬試験を上手く終えた"平行理論"韓日サッカー、本試験では?
スポーツ韓国




※一部要約

模擬試験は上手く終えた。
両国とも同じ日程で同じタイプの相手に会った"平行理論"だった。
もう残りは本試験である。
本試験でも両国はともに笑えるだろうか。

韓国A代表は11日、忠南の天安総合運動場で行われたカナダとのAマッチ親善試合で、前半のキム・ボギョンとイ・ジョンヒョプの連続ゴールによって2-0で勝利した。

この日韓国は、前半10分にナム・テヒのスルーパスを受けたキム・ボギョンの左足トーキック先制ゴールによって1-0でリードした。
前半25分にはペナルティボックス内で瞬間的にルーズボールの状況が起きると、すぐにイ・ジョンヒョプがターニング右足シュートで232日ぶりにAマッチ復帰ゴールを申告した。

日本もやはり韓国の試合の40分前に、鹿島サッカー競技場で行われたAマッチ親善試合のオマーン戦で、前半だけで2ゴールを決めた大迫勇也の活躍によって4-0で勝利した。

ドイツブンデスリーガ・ケルン所属の大迫勇也は前半だけで2ゴールを決め、スペインプリメーラリーガ・セビージャ所属の清武弘嗣が1ゴール2アシストを記録するなど、海外派の活躍が目立った日本サッカーの大勝だった。



日本、サウジを下してAFC U-19チャンピオンシップ頂上
デイリアン




※一部要約

日本U-19代表がAFC U-19チャンピオンシップでサウジを制圧し、頂上に上った。
この大会で日本が優勝したのは初めてである。

日本は31日、バーレーン国立競技場で行われたサウジとの決勝戦で、0-0の引き分けを記録した後のPK戦で5-3で勝利した。

すでに来年5月に韓国で開催される2017FIFA U-20ワールドカップ本戦行きを確定している両チームだったが、決勝戦であるだけに激しい勝負を繰り広げた。

サウジは前半に日本のゴールポストを叩いて気勢を上げたと見られたが、日本もやはり小川と三好を前面に出して何度か相手を脅かした。
だが両チームはとうとう正規時間内に勝負をつけられず、結局PK戦に突入した。

PK戦でも両チームはみな落ち着いてゴールを成功させ、3-3まで拮抗した。
だがサウジの4人目のキッカーがゴールを成功させられず、結局最後のキッカーがミスせずキックを決めた日本が5-3で劇的な勝利をおさめて優勝を手にした。

一方、韓国は来年国内で開催されるFIFA U-20ワールドカップで、開催国の資格で自動出場権を確保している。
だが20日にサウジとのGL3次戦に1-2で敗れ、2勝1敗をおさめたが8強進出に失敗して自尊心を傷つけられた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング