[Aマッチレビュー] "ルカク決勝ゴール"ベルギー、日本戦3連敗脱出…1-0の辛勝
インターフットボール

20171115064105213.jpg


※一部要約

ベルギーがついに日本を破った。

ベルギーは15日午前4次45時、ヤン・ブレイデルスタディオンで行われた評価試合で日本に1-0の勝利をおさめた。
これでベルギーは日本戦3連敗から脱し、勝利とともに15試合(11勝4分け)無敗行進を走った。
日本は3試合無勝(1分け2敗)の泥沼に陥った。


20171115064105213a.jpg

20171115064105213b.jpg

20171115064105213c.jpg



アディダス、ドイツ-スペインなど2018ワールドカップユニフォーム公開
インターフットボール




※一部要約

アディダスがドイツやスペイン、アルゼンチンなど9ヶ国の代表選手が2018ロシアワールドカップで着用するユニフォームを公開した。

"アディダスフットボール"は6日、公式HPで「ロシアワールドカップで使用されるユニフォームをを公開する」と明かした。
アディダスと契約を結んでいるスペイン、ドイツ、ロシア、日本など各国サッカー協会もすぐに選手がロシアワールドカップで着てプレーするユニフォームを公開した。


20171106192248849a.png


独特の模様が特徴である。
ドイツ代表のユニフォームには正面に金色のパッチとともに黒色のグラフィック模様が入って目を引き、スペイン代表のユニフォームには右側に、メキシコ代表には左右の両サイドに独特のグラフィック模様が入っている。

コロンビア代表とベルギー代表にユニフォームにも、各国を象徴する色のグラフィック模様が入っていて、日本代表のユニフォームにはドット模様が全体的に入っている。



苦しいのは日本サッカーも同じ…ハイチと"冷や汗"の引き分け
国民日報




※一部要約

サッカーのせいで苦しい国は韓国だけではない。
隣国日本も韓国と同様にロシアワールドカップ本戦進出権を確保した後、競技力論難で苦しんでいる。
日本がハイチと冷や汗の引き分けをおさめた。

日本は10日、横浜の日産スタジアムでハイチと行った親善試合に3対3で引き分けた。
ハイチは北中米の最貧国だ。
国内総生産(GDP)は国際通貨基金(IMF)の今年の集計で12位の韓国(1兆4981億ドル)の79億ドルである。
GDP世界139位だ。
3位の日本(4兆8412億)と比べると0.1%である。

サッカーへの投資は事実上皆無だが、FIFAランキングは韓国(51位)より高い48位だ。
今月の集計で7段階上がって50位台から脱した。
それでも40位の日本より順位は低い。
そんなハイチ相手に日本は冷や汗をかいた。

危機の日本を救った主人公はドルトムント所属のエース香川真司だった。
香川は後半45分に劇的な同点ゴールを炸裂させた。

日産スタジアムの観客席の片隅からは、振るわない競技力に抗議する声が漏れた。
日本サッカー代表選手に向けたブーイングだった。
日本もやはりワールドカップ本戦開幕までの残り8ヶ月が険難だ。



韓国と正反対の日本のポゼッションサッカー論難
ベストイレブン




※一部要約

韓国でもポゼッションサッカーの虚数について論難が起きている中、日本では正反対の観点から甲論乙駁が広がっている。
ハリルホジッチ日本代表監督が支配率は勝利と何の関係もないと主張しているが、日本サッカーの関係者はハリルホジッチ監督の懐疑感を示している。

日本メディア<日刊ゲンダイ>によると、ハリルホジッチ監督は今回の10月のAマッチ2連戦に出場する選手のエントリー発表公式記者会見で、ポゼッションサッカー無用論を繰り広げた。

ニュージーランド戦で競技力があまり良くなく、メディアやファンの批判を買っているが、このとき提起された論難がある。
果たしてハリルホジッチ監督のサッカー哲学が、日本サッカーに合っているかだ。
ハリルホジッチ監督は就任当初から選手の運動量とフィジカルについてかなり強調していた。
旺盛にグラウンドを走ることができる体力を備えているのはもちろん、相手選手と激しく競り合う闘争心のある試合姿勢を選手に求めている。
パスを通じてボールを支配し、それによって作られたチャンスをゴールに繋げるプレーを楽しんでいた日本サッカーとは、まったく色の異なるサッカーだ。

だがハリルホジッチ監督は自分の主張を曲げていない。
ハリルホジッチ監督はメンバー発表記者会見で「日本では指導者やメディアを通じて"ポゼッション"という言葉をしばしば聞く。支配率が高ければ勝てるという話だ。だがこれは間違った主張」と声を高めた。
何と20分間もこの主題について力説したが、単に個人的見解を明かすだけでなく、特定の試合の記録まで取り上げて自分の主張を後押しした。

2017-2018UEFAチャンピオンズリーグのパリ・サンジェルマンとバイエルン・ミュンヘンの対決である。
32強B組2ラウンドで行われた両チームの対決で、パリ・サンジェルマンはバイエルン・ミュンヘンに3-0で完勝した。



[Aマッチ] "終了3分前決勝ゴール"日本、ニュージーランドに2-1の冷や汗勝ち
スポータルコリア

20171006211536862.jpg


※一部要約

日本がニュージーランドとのAマッチ親善試合で辛うじて勝利した。

日本は6日、愛知県名古屋の豊田スタジアムで行われたキリンチャレンジカップ2017のニュージーランドとの親善試合に2-1で勝った。


20171006211536862a.jpg

20171006211536862b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング