日本、ベネズエラに惨敗…韓日戦以来2年ぶりに"ホーム4失点"
MKスポーツ




※一部要約

日本の森保号が"吹田惨事"を体験した。
ベネズエラをホームに呼んで何と4ゴールを許して完敗した。

日本サッカーA代表は19日、吹田で行われたベネズエラとの親善試合に1-4で大敗した。
キックオフ33分でサロモン・ロンドンに3ゴールを許した。
ベネズエラの世界ランキングは26位で、28位の日本より4段階高い。

森保一監督の就任後、1試合での最多失点タイ記録だ。
2019年の南米サッカー連盟コパ・アメリカのGL1次戦でチリに0-4で大敗したことがある。

今回のベネズエラ戦の場所は遠征ではなくホームだった。
日本がホームで4ゴールを許したのは、2017東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1チャンピオンシップ韓日戦の1-4の敗北以来、2年ぶりだ。






[AマッチREVIEW] "南野決勝ゴール"日本、キルギ2-0撃破
スポTVニュース




※一部要約

日本が南野の決勝ゴールに力づけられ、キルギスタンを撃破した。

日本は14日午後8時18分、2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選F組4次戦のキルギスタン遠征試合に2-0で勝った。
前半に南野がPK、後半に原口がFKで得点した。

先の2次予選の3試合で無失点の3連勝を記録中だった日本は、キルギスタンまで捉えて最終予選進出で有利な高地に上がることになった。
日本はキルギスタン戦の後、19日にベネズエラを相手にホームで親善試合を行う。

拮抗した試合が続いた。
日本は前半31分にサイドを突破され決定的なシュートチャンスを許したが、権田GKのスーパーセーブがあった。
結局、日本は前半39分に南野がPKを得た。
キッカーとして出た南野が成功し、前半を日本が1-0でリードした。

日本は後半9分に原口がアーク正面から試みたFKで追加ゴールを決めた。
GKを完全に欺いた。
日本は後半20分、後半24分の相手の決定的なチャンスを防いだ。
危機を克服した日本は、交代選手を活用して無失点で試合を終えた。



日本、U-17ワールドカップで"ヨーロッパチャンピオン"オランダに3-0完勝
ニュース1




※一部要約

日本が2019FIFA U-17ワールドカップでヨーロッパチャンピオンのオランダに完勝する異変を起こした。

日本は28日午前8時、ブラジル・ビトリアのクレーベル・アンドラージで行われた大会D組1次戦でオランダを3-0で大破した。

大陸予選のアジアとヨーロッパのチャンピオン間の対決として関心を集めたが、日本はこの日オランダを終始圧倒した。
日本は前半36分と後半24分の若月大和の連続ゴールにより2-0でリードした。

それに加えて後半32分にはVARの末に宣言されたPKのチャンスを与えられ、西川が決めて鑑賞した。
西川はこの日、若月の2ゴールをアシストして1ゴール2アシストを記録した。

日本と同組に属するセネガルは先に、同日午前5時に行われたアメリカとの試合で4-1の大勝をおさめた。



サッカー日本代表、東京五輪ユニは迷彩柄を初採用

ッカー日本代表が20年東京五輪で使用するユニホームに、初めて迷彩風のデザインが採用されることが21日、分かった。A代表、世代別代表ともに着用することになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191022-10210894-nksports-socc




日本、東京オリンピックで"軍服連想"デザインのユニフォーム着用
スポータルコリア




※一部要約

日本サッカー代表の新ユニフォームのデザインが公開された。
サッカーのユニフォームでは異例的なカモフラージュデザインが適用された。

22日、日本"日刊スポーツ"が日本の新ユニフォームデザインの試案イメージを公開した。
伝統的に使ってきた青色のカラーを基調に黒と白が適用された、軍服を連想させるカモフラージュデザインで成り立っていた。



"ラ・リーガ2連続出場"久保、PKGまで誘導…マジョルカは血戦の末に0-0の引き分け
スポTVニュース




※一部要約

日本期待の主である久保建英が、アスレティック・ビルバオ戦に出場した。
リーグ2試合連続出場にPKまで誘導したが、チームは勝利できなかった。

マジョルカは14日午前4時、スペイン・マジョルカのイベロスター・エスタディで行われた2019-20シーズンのスペイン・プリメーラリーガ4ラウンドで、ビルバオと0-0で引き分けた。
久保は3ラウンドのバレンシア戦に続いてビルバオ戦まで、2試合連続出場に成功した。

Aマッチ休息期が終わって戻ってきたリーグは激しかった。
両チームは一糸不乱に動いて先制ゴールに総力を尽くした。
マジョルカはビルバオのサイドに食い込んで隊形を揺さぶり、ビルバオはムニアインとウィリアムズがカウンターにスピードをつけてマジョルカのゴールを狙った。

両チームはゴールが切実だった。
激しいサイド、中盤の戦いで互いの陣営に進入した。
久保は右サイドでプレスとカウンターをした。
ロペスがビルバオのボールポストを強打したが、ゴールネットを揺さぶれなかった。
後半34分に久保がPKを誘導したが、キッカーがキックに失敗した。

試合終了直前、ビルバオが総力を尽くした。
ビデオ判定(VAR)の結果、マジョルカDFババのハンドでPKが宣言された。
アドゥリスがキックに失敗し、試合は引き分けに終わった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング