"アンタクト(※untact=un+contactで韓国産英語)韓日戦"韓国の勝利?…全員ヨーロッパ組の日本、メキシコに0-2で膝
ソウル新聞



※一部要約

全員ヨーロッパ組で構成された日本サッカー代表がメキシコとの評価試合で完敗した。

日本は18日午前にオーストリア・グラーツのメルクールアリーナで行われた北中米の強豪メキシコとの評価試合で、後半にラウル・ヒメネスとイルビング・ロサノに連続ゴールを打たれて0-2で跪いた。
先にメキシコは15日、パウロ・ベント監督が率いる韓国代表に3-2で逆転勝ちしたことがある。
FIFAランキング11位のメキシコはオーストリア遠征評価試合を2勝(5得点2失点)で終えた。
14日のパナマとの試合に1-0で勝った日本(27位)は1勝1敗(1得点2失点)、前日夜にカタールを2-1で制圧した韓国(38位)も1勝1敗(4得点4失点)。




"メキシコ戦敗北"日本、韓国のように5分間で"嵐の失点"
フットボールリスト



※一部要約

メキシコの反撃は後半から行われた。
韓国戦のときと同様に強い前方プレス、早い攻撃展開で日本の守備陣を苦しめた。

韓国が連続失点して逆転された状況と似ていた。
両チームとも同じような時間帯に5分間の猛攻を凌げずに失点した。



"南野PK決勝ゴール"日本、パナマ戦1-0勝利"3G無失点無敗"
OSEN



※一部要約

日本が南野拓実(リバプール)の決勝ゴールで勝利を手にした。

日本は14日にオーストリア・グラーツのメルクールアリーナで終わったパナマとの親善試合で、後半に炸裂した南野のPK得点をしっかり守って1-0で勝利した。

これで日本は最近2連勝を走っていた。
日本は10月のカメルーンとの試合に0-0で引き分けた後、コートジボワールとの試合では1-0で勝利したことがある。
3試合で無失点試合を繰り広げ、無敗(2勝1分け)行進を続けた。

一方、パナマは最近の4試合無敗行進を締め切った。
パナマはニカラグアと0-0で引き分けた後、グアテマラとの試合に2-0で勝ち、コスタリカとの2連戦にどちらも1-0で勝利、最近3連勝を走っていた。
パナマは2018年10月の日本との親善試合に0-3で敗れたことがある。

前半を0-0で終えた日本は、後半15分に南野がボックス内で相手のファールを誘った。
久保のスルーパスを受けた南野は相手GKに躓いてPKを取った。
直接キッカーに乗り出した南野は、落ち着いて蹴って得点に成功した。
その後、追加点を上げられなかった日本は無失点で試合を終えて勝利を手にした。
パナマは後半33分に1人退場してさらに厳しい試合をした。



日メディア、"SONの親友"オーリエ警戒…「日本を沈没させたあのDF」
スターニュース



※一部要約

日本メディアがコートジボワールとの評価試合を前に、ソン・フンミンと昵懇の同僚として知られるセルジュ・オーリエを極度に警戒している様子だ。

日本サッカーメディアのウルトラサッカーは13日、「日本サッカー代表が2014年以降、6年ぶりにコートジボワールと会う。特に警戒すべき選手はSBオーリエだ。2014ブラジルワールドカップのグループリーグの日本戦で2アシストを記録し、日本を1-2で沈没させたあのDF」と報じた。

日本は直近の対決でコートジボワールに痛恨の逆転負けを喫した。
2014年6月に行われたワールドカップC組予選1次戦で、前半16分に本田圭佑が先制ゴールを決めたが、後半だけで2失点して敗れた。
1勝の生贄として目をつけていたコートジボワールに跪いた日本は結局、1分け2敗の最下位で大会を終えた。

オーリエは国内サッカーファンに、ソン・フンミンと親しい同僚として知られている。
7月にソン・フンミンは、弟を銃器の事故で亡くしたオーリエに感激の抱擁をして、感動的なシーンを演出したりもした。





"南野先発-久保ゴールポスト"日、オランダ遠征でカメルーンと0-0の引き分け
インターフットボール



※一部要約

ヨーロッパ遠征に発った日本サッカー代表がカメルーンと引き分けた。

日本は9日午後9時、オランダ・ユトレヒトのスタディオン・ハルヘンワールトでアフリカの強豪カメルーンと親善試合を行った。
その結果、両チームは無得点で0-0の引き分けをおさめた。

後半追加時間に日本が決定的チャンスを掴んだ。
ペナルティボックスの外右側でFKを得た日本は、久保がキッカーに出た。
久保の左足シュートはカメルーンのクロスバーを強打して外に出た。
それと同時に主神は終了のホイッスルを吹いた。





カメルーン戦を控えた森保日監督、「できるだけ多くの選手を起用する」
ベストイレブン



※一部要約

森保一日本サッカー代表監督が、カメルーン戦でできるだけ選手の技量を点検するという意向をあらわした。

森保一監督が率いる日本は今日(9日)夜9時、オランダ・ユトレヒトのスタディオン・ハルヘンワールトで予定されているAマッチ親善試合でカメルーンを相手にする。
日本にとっては2019年12月に釜山で行われたEAFF E-1フットボール チャンピオンシップ韓国戦以降、10ヶ月ぶりに行うAマッチで日本国内ではかなりの関心がある。

日本メディア<産経スポーツ>によると、森保監督は8日の記者会見で「コロナ19事態にもかかわらず、Aマッチ開催のために努力されたすべての方に感謝している。選手も感謝の気持でプレーしなければならない」と切り出し、「選手が臨んでいる姿勢を見ると、勝利をファンにもたらすために最善を尽くす姿を見せていた。招集された23人全員が試合をするかについての保証はないが、できるだけ多くの選手を送り出したい。その一方で、チームの戦力を引き上げられれば良いだろう」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング