エウケソンを含む外国人6人が帰化中の中…「これはブラジル2軍じゃないのか」
OSEN




※一部要約

中国"捜狐ドットコム"は21日、「無分別な外国人帰化が続けば、中国男子サッカー代表はベストイレブンが外国人帰化選手で構成され、世界のサッカー史を新たに記すだろう」と批判した。

野心的な中国のサッカー崛起の結末は帰化だった。
2022FIFAカタールワールドカップ本戦舞台の進出にオールインした中国は、自国選手の成長を信じるより急な火消しに乗り出した。

復帰したマルチェロ・リッピ監督の要請で、ニコラス・イェナリスを筆頭に混血選手を大挙代表に合流させ、体躯の拡大に乗り出した。

混血選手の帰化以上に関心を集めたのが外国人の帰化である。
すでにエウケソンがAFCの承認を受け、ワールドカップ2次予選から出撃する。

エウケソンに続いてグラールアランアロイージオフェルナンジーニョら最低5人の中国スーパーリーグ長寿外国人が先を争って帰化を申請した。
中国サッカー協会も制限を設けずにすべて受け入れる計画だ。

"捜狐ドットコム"は「エウケソンに続いてグラールも2020年くらいに中国代表のユニフォームを着ることができる」として、「他の3人もやはり関連部署の承認だけを待っている状態」と伝えた。





ブラジル"テラ"は「中国の帰化ラッシュについて、多くのブラジル選手が希望を見た。ブラジルの代わりに、スーパーリーグで活躍して帰化を通じて代表選手の夢まで叶えたがっている」と説明した。

このままなら中国は攻撃ラインのほとんどを帰化選手で設ける可能性が高い。
"捜狐ドットコム"は「こんなことをするなら先に言及した6人に、5人をさらに帰化させて世界サッカー史上初の全員が帰化選手のチームを設けよう」と批判した。

"捜狐ドットコム"は「中国内でも反発が大きい。自国選手の発展を無視した過度な処置だという批判が多い」として、「もしワールドカップに出ても、中国代表ではなくブラジル2軍と見なければならない。これが栄光なのかわからない」と疑問を呈した。



韓他種目を口にした中、「帰化サッカー選手を恥ずかしがるな」
ベストイレブン




※一部要約

中国サッカー界の最近の話題は断然"帰化"である。
自国選手の限界を痛感し、認めた中国は、マルチェロ・リッピ監督の強い要請で、より優れている外国選手を一人二人と代表に収集している。

その結果、アーセナルユース出身のニコ、長年中国スーパーリーグ(CSL)で活躍してきたエウケソンが中国代表のユニフォームを着ることになった。
彼らは2022FIFAカタールワールドカップ2次予選から中国のためにプレーするという。
そのため中国は看板FWのウー・レイとニコ、エウケソンが作り出す新たなシナジーに期待している。

中国メディア<新浪スポーツ>は自国の帰化政策を眺める韓国ネチズンの視線を記事化し、外部の論調がどうであれ、彼らは彼らだけの行く道を進めば良いと強調した。
他種目を持ち出して韓国を批判したりもした。

<新浪スポーツ>は「帰化選手を恥じる必要はない。韓国バスケも中国バスケに勝つため、アメリカの大学から選手を発掘している」として、「日本のラグビー代表もチームの3分の1くらいが帰化人だ」と、サッカーではない他種目の事例に言及した。

サッカーの発展という名目の下、投資に投資を繰り返している中国は結局、最後の手段である帰化というカードまで出した。
万が一、帰化カードを発動させても特別な反転を成し遂げられなければ、特にワールドカップ本戦進出に失敗すれば、その衝撃は非常に大きくなる見通しだ。



"韓日メッシ"イ・ガンインVS久保、東京オリンピックで対決するか?
KBS




※一部要約

リオネル・メッシのように大きくない体格に、素早くもボールをキープする能力やドリブルに優れた選手を、大抵はメッシと呼ぶ傾向がある。
そのような理由でロナウドやジダンは多くないが、メッシはどの国にも1人くらいいるという笑い話がサッカー界にはある。

中国サッカーではエスパニョールに進出したウー・レイが中国のメッシと呼ばれ、パク・ハンソ号のコン・フオンはベトナムのメッシと呼ばれ、タイではソングラシンがメッシという称号を受けている。
大韓民国のメッシはイ・ガンインで、日本では久保建英が日本のメッシと呼ばれる。

その中でイ・ガンインと久保は様々な面で似ているところがあり、比較対象として取り上げられるに値する。
両選手は2001年度に生まれた同い年で、若い年齢で注目を浴びた。
2人とも左利きであり、満10歳の年齢だった2011年に並んでヨーロッパに進出したという点も同じだ。






FAになったコ・ミョンジン、韓国-中東-日本から"熱い関心"
フットボールリスト




※一部要約

FA資格を得たコ・ミョンジン(31)にほぼすべてのアジアが注目している。

移籍市場に詳しい関係者の多くは、コ・ミョンジンを韓国や中東、そして日本のすべてが欲しがっていると明かした。
ある関係者は「韓国とカタール(アル・ラーヤン)で実力を検証されたし、移籍金もない選手なので関心を示すチームが多い」と語った。

夏の移籍市場の締め切りを一週間後にしているKリーグ1チームの多くは、コ・ミョンジンを連れてくるために努めている。
上位圏チームはもちろん、下位圏にいるチームも即戦力としてコ・ミョンジンを迎えようとしている。
MFの品薄状態が広がっているため、多くのチームがコ・ミョンジンに注目している。



"ベトナム選手初のヨーロッパ進出"コン・フオン「良いモデルになりたい」
STNスポーツ




※一部要約

ベトナム代表の看板スターであるコン・フオンが、ベルギー1部リーグのシント・トロイデン(STVV)に入団した。
レンタル契約でSTVVに入団したベトナムプロサッカーHAGL FC所属のコン・フオンは、ベトナム選手で初めて欧州リーグでプレーすることになった。

2015年にHAGL FCに入団、プロデビューしたコン・フオンは、去年までに79試合に出場して29ゴールを記録した。
コン・フオンは2016年シーズンを前に日本の水戸ホーリーホックにしばらくレンタル移籍をして6試合プレーし、今年は仁川ユナイテッドにレンタル移籍して8試合に出場した後、ヨーロッパ挑戦などを理由にレンタル契約を解除したことがある。

仁川との契約解除後、ヨーロッパの舞台に挑戦したコン・フオンは、6月にタイで行われたキングスカップで活躍して健在さを伝えたこともあった。

一方、2018-19シーズンにリーグ7位を記録して、リーグ中位圏という遵守した成績を上げたSTVVは、今年にコン・フオンなど充実した戦力補強によってリーグ上位圏躍進を狙う。

コン・フオンはDJマネジメントを通じて「海外のヨーロッパで初めてプレーするベトナム選手というタイトルもすごく嬉しいが、同時に重い責任も感じている。ただヨーロッパを経験しに行くというより、必ず成功して後にヨーロッパ進出を夢見るベトナム選手の良いモデルになりたい」と入団の所感を明かした。




コン・フオン、ベルギー1部のシント・トロイデン移籍確定 [公式発表]
スポーツ韓国




※一部要約

シント・トロイデンは日本企業が所有中のクラブで、冨安健洋や遠藤航など日本人選手4人が所属するチームだ。

一方、コン・フオンの今回のヨーロッパ進出は、ベトナム選手で初のヨーロッパ進出ではない。
2009年にレ・コン・ビンがポルトガルのレイションイスでプレーしたことがある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング