Kリーグでプレーしたパータルの平壌遠征「ホテルの上をミサイルが飛んで行った」
ソウル新聞




※一部要約

「遠征最終日に私たちのホテルの部屋の上からミサイルが発射された。私たちはそのようなことにまったく準備できておらず、早くここを抜け出さなければという思いだけだった」

インドプロサッカー・ベンガルールFCのMFであり、去年国内Kリーグの全北で6試合だけプレーしたエリク・パータルが、世界で最も秘密の国であり、アメリカと激しい核脅威の攻防を繰り広げている北韓遠征に行った所感を、19日に英国BBCで打ち明けて目を引いた。
ベンガルールは国内でもよく知られている4・25サッカークラブとのAFCカップ準決勝のホーム1次戦を3-0でリードした状態で、13日に平壌の綾羅島5・1競技場を訪れて遠征2次戦を0-0で引き分け、タジキスタンのFCイスティクラルとの決勝に進出した。

パータルはソーシャルメディアに文章を上げて平壌遠征が安全なのか心配していたが、AFCが前もって踏査チームを送って安全であるという判断を下し、遠征に発った。
彼は「戦争が起きるかもしれない、それか不安定な地域でサッカーをするということだった。だが北韓は聞いていたものとはまったく違うところだった」と振り返った。

インド・ムンバイを出発して中国・北京を経由し、11日に平壌の順安国際空港に到着したが、係留場に飛行機が一台しかなくて驚いた。
遠征キット、サッカーシューズやサッカーボールなどの手荷物が紛失し、2時間も待たなければならなかった。
すべての店や出入国事務所の職員も退勤していて、電気も通ってない空港でベンガルールの選手だけが残っていた。



シュティーリケ、中天津デビュー戦大敗…長春に1-5の敗北
スポータルコリア




※一部要約

シュティーリケ元韓国代表監督が、中国スーパーリーグの天津泰達の指揮棒を手にして初めて行った試合で大敗した。

シュティーリケ監督が率いる天津は15日、ホームの泰達フットボールスタジアムで行われた長春亜泰との世紀リーグ戦に1-5で敗れた。
前半だけで3ゴールを許してリードされた天津は、後半にも特別な状況を作れないまま力なく崩れた。

シュティーリケ監督は9日、降格圏に遅れを取っている天津を救う消防士に指名された。
現在15位に留まっている天津は、残り7試合をシュティーリケ監督に任せて残留を頼んだ。

天津のシュティーリケ監督に対する期待感はかなりのものだった。
11日のAFPによると、天津は「シュティーリケ監督が1部リーグ残留を成し遂げる」として、「シュティーリケ監督はアジア圏で長く活動し、アジア文化をよく理解していて長所がある」と言った。

幸い天津は後半追加時間に1ゴールを挽回して零敗は免れた。



[WC最終予選] サウジ、日本を下して12年ぶりに本戦行き
NEWSIS




※一部要約

サウジアラビアが日本を破ってワールドカップ本戦行きに成功した。

サウジは6日、キング・アブドゥッラー・スポーツシティで行われた2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選B組最終戦で日本を1-0で下した。

サウジは勝点19でオーストラリアと肩を並べたが、ゴール得失でリードして2位で直行チケットを手にした。

サウジがワールドカップ本戦に出るのは2006ドイツ大会から12年ぶりであり、通算5回目である。

サウジ戦に関係なく1位を確定していた日本は、勝点20でレースを終えた。

サウジが残り1枚のチケットを手にして、オーストラリアはプレーオフに追い出された。
オーストラリアはA組3位のシリアと10月初めにホーム・アンド・アウェイで勝負をする。
そこで勝ったチームが北中米5位チームと大陸間プレーオフを行う。



[アジア予選3行要約] オーストラリア、千辛万苦の末にタイに2-1勝ち…WC本戦は日本に手に
スポTVニュース




※一部要約

三行で要約した2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選10次戦、オーストラリアvsタイ

1.道のりが遠いオーストラリア、ゴールポストだけで2回当てた前半戦
2.3転4起、ゴールをこじ開けたオーストラリア
3.オーストラリアのロシア行きは日本の手に






主将アフメドフ「韓国戦、ウズベクサッカーが終わることもあり得る」
マイデイリー




※一部要約

ウズベキスタンの主将アフメドフが韓国戦を前に決死の覚悟を示した。

韓国とウズベキスタンは6日、タシュケントで2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選A組最終戦を行う。
2位韓国と4位ウズベキスタンはワールドカップ本戦行きが不透明な状況である。
韓国はウズベキスタンに勝ってこそ、自力でワールドカップ本戦行きを確定できる。
シリアにゴール得失で遅れを取った4位のウズベキスタンは、自力本戦直行が不可能な中、韓国に勝利をおさめてこそワールドカップ行きの可能性を上げることができる。

ウズベキスタンのアフメドフは4日、FIFAのHPで「韓国戦は私たちの最後のチャンスだ。韓国に勝たなければウズベキスタンサッカーは終わることもあり得る」と覚悟を伝えた。

アフメドフは「私たちは4年前のワールドカップ予選でプレーオフに進出した。韓国と価値点が同じだったが、ゴール得失で遅れて最終予選を3位で終えた。その後ヨルダンとのプレーオフで敗れた」として、「今回はワールドカップ本戦直行を望んでいる。4年前と同じ状況は避けたい」と意欲を見せた。

特にアフメドフは「韓国が怖い相手なのは事実だが、私たちのホーム試合だ。ファンのためにしなければならない義務がある。自分たちの任務を果たさなければならない。他のオプションはない」と韓国戦必勝の覚悟を伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング