AFCと争う広州恒大、ACLに"外国人"が7人?
ベストイレブン



※一部要約

広州恒大が帰化選手に関して中国サッカー協会(CFA)の支援を受け、AFCと激しく争っている伝えられた。

広州恒大は現在、守備陣の一角である蒋光太の国籍問題に関してAFCと議論していると伝えられた。
蒋光太は過去にティアス・ブラウニングと呼ばれていたイングランド出身のDFであり、2019年に祖父が中国人だったという理由で中国国籍を取得したことがある。

新浪ドットコムによると、中国サッカー協会は10月にFIFAへ公文書を送り、蒋光太の中国国籍取得の事実を伝えたことがあった。
広州恒大は2020AFCチャンピオンズリーグ東アジア地区トーナメントのエントリー登録のとき、蒋光太を外国人選手ではなく自国選手として登録できるよう取り計らったのだ。

まだA代表の招集を受けていないが、蒋光太は中国代表でデビューする条件を備えた状態だ。
だがAFCはこれに関して拒否する意向を明かした状態だ。
エントリー登録は10月19日に締め切られた状態だが、その前に蒋光太のエントリー上の国籍整理の問題をはっきりと仕上げることができなかった。
現在、蒋光太はひとまず外国人選手としてエントリーに登録された状態である。



キム・ミンジェ選出は拒否した北京、コンゴ代表の要求は受諾
ゴールドットコム



※一部要約

中国スーパーリーグのシーズンを終えた北京国安がキム・ミンジェの代表選出要請を拒否した。

いつもなら世界各国のプロクラブは、FIFAが主管するAマッチ期間に代表に招集された選手の選出を拒否する権利がない。
だがFIFAは新型コロナウイルス感染症のパンデミック期間に行われるAマッチでは、選手の安全のため所属チームが選出の可否を最終決定できるようにしてある。

パウロ・ベント韓国代表監督は、何と11ヶ月ぶりに公式Aマッチを行う今月の代表リストに核心DFのキム・ミンジェを選出したが、彼の所属チーム北京国安がこれを拒否して戦力に支障をきたすことになった。

だが北京国安は、キム・ミンジェの選出を要請した大韓サッカー協会には拒否の意思を伝えたが、FWセドリック・バカンブのコンゴ民主共和国(コンゴDR)代表の選出は許諾した状況が捉えられた。
バカンブは最近、北京の選手団から離脱してコンゴ代表に合流した。
逆にキム・ミンジェは北京国安が選出に反対し、チームに残ってAFCチャンピオンズリーグの試合を準備中だ。



"水原と同組"ジョホール、政府の反対でACL出場放棄
聯合ニュース



※一部要約

プロサッカー水原三星と2020AFCチャンピオンズリーグG組に入ったジョホール・ダルルが、政府のカタール遠征不許可で大会参加を放棄した。

ジョホールは11日、クラブのSNSアカウントで「国家安保会議(NSC)が、2020AFCチャンピオンズリーグ出場のためにチームがドーハに移動することを許可しないという通知をしてきた」として、「アジア最高の大会にチームが出場できなくなり非常に残念」と明かした。

クラブは「マレーシア政府の決定を尊重する。新型コロナウイルス感染症の確診者が増加し、安全措置が施行されるべきという点も理解する」として、「選手団の安全が優先である。2021シーズンを前にコロナ19が終息するよう祈る」と付け加えた。

ジョホールはAFCチャンピオンズリーグG組で1勝1敗(勝ち点3)を記録し、ヴィッセル神戸に続いて2位を走っていた。
コロナ19の余波で広州恒大がまだ1試合も行えていない中で、水原は2敗で最下位だった。



ベトナムを倒そうとするタイ…日・西野監督、「最終予選に行く」
ベストイレブン



※一部要約

ベトナムメディア"VOH"が、タイ代表の目標はベトナム代表を倒すことだと強調した。
東南アジア最強の席をめぐってライバル意識が強い両チームは現在、2022FIFAカタールワールドカップアジア地区2次予選で激しく争っている。

状況はパク・ハンソ監督が率いるベトナムに有利だ。
ベトナムは勝ち点11でG組1位を走っているため最終予選直行が可能である。
一方、西野朗監督が率いるタイは3位に落ちた状況で、脱落のプレッシャーを受けている。

それでも西野監督は8日のタイメディアとのインタビューで、必ず最終予選に辿り着くという意志をあらわした。
西野監督は「チームが必要とする要素を満たす。最終予選に行くことも目標だ。それだけでなく、2021AFF(ASEANサッカー連盟)チャンピオンシップも念頭に置いている」と様々な大会で最善の結果を出すと強調した。

続けて西野監督は「新選手にチャンスを与えたかった。戦術面で大きな変化はないだろう。タイのスタイルは同一に維持される」と、今回のキャンプ招集リストにニューフェイスを多数呼んだのはタイの欠点を補完するためだと説明した。

西野監督は就任後、パク監督のベトナムをなかなか追い越せなかった。
その間にパク監督はワールドカップ予選とAFFチャンピオンシップ、SEAゲーム(東南アジア競技大会)で常勝疾走し、ベトナムの地位を高めた。
果たしてベトナムを越えるという目標を立てた西野監督が変わった姿を見せられるのか注目される。



Kリーグ4チーム、11月21日からACL日程再開"場所は未定"
スポーツ東亜



※一部要約

アジアサッカー連盟(AFC)が、コロナ19の余波で11月に延期となった2020AFCチャンピオンズリーグ東アジア地区の試合の細部日程を再調整して発表した。

AFCは6日、公式HPで2020AFCチャンピオンズリーグ東アジア地区グループリーグの試合日程を公開した。

今シーズンのACLにはFCソウル、蔚山現代、水原三星、全北現代が参加中である。
彼らが属するE~H組のチームは11月18日からグループリーグの日程を再開する。
だが試合会場は依然として未定だ。





Page Top

ブログパーツ アクセスランキング