"マレーシアのソン・フンミン"ラシド、韓日クラブから関心
ベストイレブン




※一部要約

"マレーシアのソン・フンミン"サファウィ・ラシドが韓国と日本のクラブから関心を集めているというニュースが伝えられた。
マレーシアメディア<ニュー・ストレーツ・タイムズ>はマレーシアのエージェンシー"アイ・ウォン・スポーツ"のディレクターの言葉を借り、ラシドの移籍説を詳細に報じた。

Jリーグ側ではラシドの"成長の可能性"に高い評価を下しているようだ。
今年22歳のラシドはタイのチャナティップ・ソングラシンのように、もう1人のJリーグのスターに育つ可能性を持つ選手である。
1997年生まれのラシドはすでにマレーシア代表として活躍し、ベトナムは北韓を相手に得点を記録したことがある。
同時に<ニュー・ストレーツ・タイムズ>は、来年からASEANクォーターを作ることしたKリーグ側からもラシドへの問い合わせが来たという情報も公開した。



電通に韓国とアジア市場の未来を問う
ベストイレブン




※一部要約

韓国メディア:電通にJリーグの2兆ウォン契約のビハインドストーリーを聞いてみた」の続き


市場の論理で見たとき、2兆ウォンを越える中継権は過分とみられる。
サッカーコンテンツ(試合)の量とうい側面では、Jリーグでなくとも投資する対象があるからだ。
最近ダビド・ビジャ、フェルナンド・トーレス、ルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタらの世界的スターを相次いで獲得しているのとは別に、ヨーロッパ5大リーグなどのメインストリームに比べてJリーグの魅力が落ちるのは明らかである。

「率直にプラットフォームの立場では、今は価値が不足していても、毎年1000試合のコンテンツなら投資して価値を十分に引き上げられるだろうと判断した。スポーツOTTプラットフォームの特殊性も作用した。地上波は当該の時間に1試合しか中継できない。だがスポーツOTTプラットフォームは同時に10試合行われていてもすべて中継が可能で、視聴者は好みによってコンテンツを選択できる。そのようなことが画期的な観点だ。様々な形の試合が、コンテンツとしてはとても適切だ。もちろんJリーグの価値も反映された。コンテンツそのものの力も確実に持っている」

アジアパートを別個で管理し、韓国や周辺の市場についても熟知しているようだった。
韓国ではマーケティング企業のチームトゥエルブに出資し、戦略的提携も結んだ。
事実上、韓国市場の拠点の役割をチームトゥエルブが果たしている。
今度行われる東アジアカップなど、韓国市場にも事業を伸ばしている。
その他、タイやベトナムを筆頭とした東南アジア市場に、かなりの投資を注いでいる。
そして韓日両国の市場の差(規模を除く)がどこから始まっているのかを聞かないわけにはいかなかった。



[CSLレビュー] チェ・ガンヒの大連、ホームで武漢に1-2負け…4G無勝
インターフットボール




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が率いる大連一方が、"最下位"武漢卓爾に敗北した。
これで大連は4試合勝利できず、不振から脱することができなかった。

大連は11日午後4時30分、大連スポーツセンターで行われた2019中国スーパーリーグ9ラウンドのホーム試合で、武漢に1-2で敗れた。
この日の敗北で大連はリーグ9試合で1勝4分け4敗を記録し、13位に落ちた。

前半序盤から激しい試合が続いた。
前半だけで3枚のイエローカードが出た。

後半は大連が攻撃を主導し、武漢がカウンターをする形で進んだ。
大連は立て続けに武漢のゴールを攻撃したが、むしろ後半13分に武漢に先制ゴールを許した。
後方から来た好パスをレオが右足の正確なシュートでゴールネットを揺さぶった。

だが武漢のリードは長くなかった。
大連は後半21分、好パスを受けたカラスコがGKを軽くかわして押し込み、同点ゴールに成功した。

勢いを掴んだ大連はその後に何度かチャンスを手にしたが、ゴールに結びつけることができなかった。
チャンスを活かせなかった大連は結局、後半43分に武漢のクアシに逆転ゴールを許して跪いた。



チェ・ガンヒの大連、よりによってジョナタン-シュティーリケの天津に膝"4G目も無勝"
OSEN




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が率いる大連一方が再び敗れ、初勝利に失敗した。

大連は7日、大連スポーツセンターで行われた2019中国スーパーリーグ(CSL)4ラウンドのホーム試合で、天津泰達に1-2で敗れた。

これで2連敗に陥った大連は2分け2敗、勝ち点2となった。
開幕から1勝もおさめられず、16クラブのうち13位に上がっている。

大連はニャシャ・ムシェクウィ、ヤニック・カラスコ、マレク・ハムシクの3人衆を前に出してシーズン初勝利に挑戦した。
だが前半15分に相手のジョナタンに先制ゴールを許した。
大連は後半7fンに同点ゴールで降り出しにした。
だが後半37分に再びジョナタンに失点して勝負を譲ってしまった。

ジョナタンは大邸FC、水原三星で活躍したFWである。
全北現代時代のチェ・ガンヒ監督を誰よりもよく知っている選手だ。
さらに天津の司令塔はウリ・シュティーリケ監督である。
シュティーリケ監督もやはり2017年6月に更迭されるまで、ほぼ3年間韓国代表を率いていいた知韓派だ。



[インタビュー] チョン・ウヨン「シャビとプレーするのは祝福…カタールは亜で見るのが難しい」
スポTVニュース




※一部要約

チョン・ウヨンが所属するアル・サッドがカタール・スターズリーグで優勝した。
チョン・ウヨンは5日のアル・アリとのリーグ21ラウンドで、後半追加時間に幻想的なFKゴールを決めてチームの7-2の勝利を助けた。
この日に優勝を確定させたアル・サッドは、6年ぶりにカタールリーグの頂点に上った。

2018ロシアワールドカップ直後の去年6月、チョン・ウヨンはヴィッセル神戸からカタールの名門アル・サッドに移籍した。
長い間チョン・ウヨンを注視してきたアル・サッドは、バイアウト金額(500万ドル・約57億ウォン)を出して彼を獲得した。

チョン・ウヨンはアル・サッドで世界的スターのシャビ・エルナンデス、ガビらと呼吸を合わせた。
来シーズンからは"中東メッシ"ナム・テヒもチームに合流する。
ナム・テヒは2月にアル・サッドと3年契約を結んだ。
早くチームに溶け込んだチョン・ウヨンは今シーズン、AFCチャンピオンズリーグと国王カップの制覇にも挑戦する。

チョン・ウヨンはA代表でも活躍している。
代表はキ・ソンヨンとク・ジャチョルが引退を宣言し、中盤は新たな枠組み作りに突入した。
パウロ・ベント監督はチョン・ウヨンに信頼を送っている。
チョン・ウヨンはベント監督就任後、14回のAマッチのうち11試合に出場した。

チョン・ウヨンは9日にスポTVニュースとのインタビューで、リーグ優勝の所感とカタールサッカーの現レベル、自分のサッカー哲学、代表生活などについての考えを明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング