パク・ハンソ、西野との3回目の対決も笑った
MKスポーツ




※一部要約

パク・ハンソベトナム監督が西野朗タイ監督との3回目の対決でも再び勝負をつけられなかった。
だがGKのミスで2ゴールを許しても、底力を発揮して"GL脱落"のアッパーカットを飛ばした。

ベトナムは5日、フィリピン・マニラで行ったタイとの2019東南アジア競技大会男子サッカーB組5次戦に2-2で引き分けた。

これで4勝1分け(勝ち点13)を記録したベトナムはB組1位で4強トーナメントに進出した。
7日の準決勝の相手はA組2位のカンボジアだ。

一方、ベトナムに必ず勝たなければならなかったタイ(勝ち点10)は、2ゴール差のリードを守れずにGLで脱落した。
ラオスに完勝したインドネシア(勝ち点12)がB組2位になった。

ベトナムとタイは東南アジアサッカーの長いライバル同士である。
パク監督と西野監督が指揮棒を取り、"司令塔韓日戦"まで加わって競争がさらに激しくなった。

タイの攻勢に苦しんだベトナムは反撃を始めた。
前半15分に1ゴールを挽回した。

ベトナムは後半23分に得たPKに失敗した。
だが幸運があった。
主審はタイGKが先に動いたとして、PKを再び蹴るよう命じた。
パク監督はキッカーを交代した。
ゴール左隅に正確に蹴って決めた。

60年ぶりの東南アジア競技大会金メダルを狙うベトナムは、7日午後9時にカンボジアと4強戦を行う。
勝てば10日午後9時にミャンマー-インドネシア戦の勝者と優勝を争う。



シュティーリケ、中代表監督に急浮上…「韓国にアジアカップ準優勝」
スポTVニュース




※一部要約

ウリ・シュティーリケ監督が中国代表の次期監督候補に上がった。
中国メディアはアジアカップ準優勝を根拠に挙げた。

現在、中国代表監督は空席である。
マルチェロ・リッピ監督がシリア戦敗北の後にチームを去った。
2019年のアジアカップが終わって戻ってきたが、状況は変わらなかった。
中国メディアは「リッピ監督の辞任は脱出と違わない」と批判している。

リッピ監督の後任に注目が向く。
ルイス・スコラーリ監督が「中国サッカーは私に喜びを与えた。中国での生活が懐かしい。中国はかなり変化している。10年後には韓国、日本、オーストラリアのレベルに到達する」と関心を示した。

18日、中国"スポーツシーエヌ"によると、候補は様々だった。
広東地域のメディアを引用報道し、その中にはウリ・シュティーリケ監督がいた。
「シュティーリケはドイツ出身でアジアでの競争を主導した。2015年に韓国代表を率いてアジアカップで準優勝した」と讃えた。

シュティーリケ監督は2014年に韓国代表に赴任して2017年まで指揮した。
ロシアワールドカップアジア最終予選で戦術と指導力に疑問が生じて電撃更迭された。
2017年9月に天津に赴任し、降格圏のチームを救った。
中国が次期代表監督に取り上げる理由だ。
もちろん現地で最も望まれている監督はスコラーリのようである。






ACL狙う大邸FC、残り2試合に死活をかける
スポーツワールド




※一部要約

AFCチャンピオンズリーグのチケット確保のために退くことのできない大邸FCが、江原遠征に出る。

大邸は3日午後2時、春川松岩スポーツタウンで江原FCとKリーグ1・2019・37ラウンドの試合を行う。

今シーズンのKリーグ1が終結に向かっている。
36ラウンドまで行った現在、1チームあたり2試合を残している。
大邸は江原、ソウルを相手に最後の2試合を行う。
勝ち点51を積んでいる大邸は3位のソウル(勝ち点55)と勝ち点4、5・6位の江原と浦項(勝ち点50)と勝ち点1差を維持している。

3位を目標にしている大邸は、2試合とも勝利して場合の数を確かめなければならない。
江原戦と同時刻に行われる試合で、ソウルが浦項に勝利すればソウルは3位を確定でき、大邸が江原に勝利をおさめてソウルが敗れれば、12月1日午後3時にDGB大邱銀行パークで行われる最終戦で両チームが3位をかけて勝負を繰り広げるものとみられる。

大邸が今度の試合で江原を相手に勝利をおさめてACL進出挑戦を続けられるか、ファンの関心が集まっている。



ベトナム、タイと0-0…"間接韓日戦"引き分けで一段落
マネーS




※一部要約

パク・ハンソ監督が率いるベトナムサッカー代表が、ライバルのタイと引き分けをおさめた。

ベトナムは19日、ベトナム・ハノイのミーディン国立競技場で行われたFIFA2022カタールワールドカップアジア地区2次予選G組5次戦のタイとの試合で0-0の引き分けをおさめた。

今回の対戦は韓日司令塔の知略対決でも大きな関心を集めた。
パク監督が支えているベトナムを狙い、タイが日本代表出身の西野朗に指揮棒を任せたからだ。

一方、この日の試合で3勝2分けを記録したベトナムは、勝ち点11でG組首位を守った。
タイ(2勝2分け1敗の勝ち点8)は、同日にインドネシアに2-0で勝ったマレーシア(3勝2敗の勝ち点9)に押されて3位に落ちた。

これまでワールドカップ最終予選に進めなかったベトナムは、G組1位を固めて最終予選進出を狙う。
アジア地区最終予選は各グループ1位が直行し、2位のうち好成績の4チームが追加で合流する方式である。



ヒディンク、リッピも諦めた中サッカー…「スコラーリ関心ある」
マイデイリー




※一部要約

世界的名将のフース・ヒディンクとマルチェロ・リッピ監督が中国サッカーを諦めたなか、かつて広州恒大を指揮したルイス・フェリペ・スコラーリ監督が次期司令塔に取り上げられている。

中国の新華ネットは16日、「スコラーリ監督は中国代表の監督職に関心がある」と報じた。

スコラーリ監督は中国サッカー協会が公式オファーをすれば来る計画である。

ブラジル出身で2002韓日ワールドカップで優勝したスコラーリ監督はポルトガル、チェルシー、ブニョドコル、広州恒大など、多くのクラブを指導してきた。
そして去年からブラジルのパルメイラスを指揮し、9月に更迭された。

スコラーリ監督は中国サッカーに馴染みのある人物だ。
2015年に広州の監督を引き受け、スーパーリーグ3連覇とアジアチャンピオンズリーグ優勝を果たした。

だがリッピ監督はもちろん、ヒディンクも驚いて去ったところが中国である。
リッピ監督も広州では成功したが、中国代表では失敗した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング