"PK鉄槌"オーストラリア、ホンジュラスを下してWC31番目の鍵を獲得
スポーツ朝鮮




※一部要約

31番目のロシア行きのチケットの主人公はオーストラリアだった。

オーストラリアは15日、シドニーANZスタジアムで行われたホンジュラスとのロシアワールドカップ大陸間プレーオフ2次戦に3対1で勝利、本戦チケットを手にした。
両チームは1次戦に0対0で引き分けていた。
これでオーストラリアは4回連続でワールドカップ本戦に出場することになった。


20171115195701913a.jpg

20171115195701913b.jpg



[公式記者会見] 韓国戦を控えるコロンビア監督、「最高の戦力で出る」(一問一答)
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表は10日、水原ワールドカップ競技場で南米の強豪コロンビアと激突する。
その後コロンビアは中国へ渡って評価試合を行い、韓国は14日に蔚山でセルビアと対決する。

評価試合を前に韓国とコロンビアが9日、試合が行われる水原ワールドカップ競技場で公式記者会見を行った。

先にコロンビアのホセ・ペケルマン監督は「今年の親善試合はアフリカ、ヨーロッパ、アジアのチームと試合をした。様々な大陸、国と試合をすることが助けになると判断し、ワールドカップの準備のために必要だ。特に今回の11月のAマッチで韓国・中国と評価試合をする理由は、アジアサッカーをきちんと知りたかったためである」と所感を明かした。

2018ロシアワールドカップ本戦進出に成功したコロンビアは、FIFAランキング13位を誇る南米の強豪である。
今回の韓国戦でもハメス・ロドリゲス、フアン・クアドラード、カルロス・バッカら世界的選手を招集し、ワールドカップ本戦の準備のため総力戦を予告した。






"ファルカオの空白なし"コロンビア、"バッカ-ハメス"で満たす
スポーツソウル




※一部要約

大韓民国サッカー代表の警戒対象が多くなった。
エースのラダメル・ファルカオが負傷で抜けたが、コロンビアは何の心配もない。
錚々たるFWがファルカオの空席を満たす。

韓国とコロンビアは10日、水原ワールドカップ競技場で評価試合を行う。
コロンビアは評価試合を控え、主戦級選手を大挙招集した。
ファルカオが負傷で抜けた中、ハメス・ロドリゲス、フアン・クアドラードらが名前を上げた。

コンディションの良いファルカオの招集メンバー除外は明らかに残念だが、代わりにコロンビアは他の選手でその空白を最小化する計画である。
コロンビアメディア"asコロンビア"は8日、「ファルカオは抜けたが代表は何の問題もない。カルロス・バッカ、ドゥバン・サパタ、ミゲル・ボルハという代替者らがいる」と報じた。
ファルカオ級ではないが、十分な戦力を設けたというのが現地の反応だ。

何よりもロドリゲスの存在も大きな関心である。
ロドリゲスはAマッチ51試合に出場して21ゴール14アシストを記録している。
このメディアは「ハメスはコロンビアのすべてのFWと合わせてことがある。"ファルス9(※偽の9番)"でも良い姿を見せた」と期待感をあらわした。

ファルカオはいないがロドリゲス、バッカら空席を満たす選手は多い。
シン・テヨン号がコロンビア相手にどのような姿を見せるのか期待が集まっている。



中、21年ぶりにFIFAランキングで韓を追い越す…どのような意味なのか?
ネイバースポーツ




※一部要約

先日、韓中両国メディアが同時に関心を示した一つのニュースがあった。
最近発表されたFIFAランキングである。
中国は57位(アジア地域4位)で、21年ぶりに韓国(62位)を逆転した。
1996年以降、初めて韓国を越えたわけだ。
中国は1996年4月に56位で当時59位の韓国に一度上回ったことがある。
FIFAランキングは1993年から集計され始め、中国は今回まで歴史的に正確に2回、韓国の上に名前を上げた。

そのような順について、両国メディアやファンの反応も興味深い。
少なくない韓国メディアとネチズンが、韓国サッカーの恥辱と受け取っているようだ。
あるメディアは中国スーパーリーグが韓国代表の実力に影響を及ぼし、少なくない韓国選手が所属チームで出場機会を得られていないにもかかわらず、ただ金のために中国を去らないという記事を出したりもした。

逆に中国メディアやサッカーファンは、相対的に冷静は反応を見せた。
その上、ある人はこのような順位は決して祝福すべきことではないと批判した。
韓国は最終的に"2018ロシアワールドカップ"本戦に進出したが、中国はまた脱落の苦杯をなめたという理由のせいだった。
中国が最も最近、それも中国サッカー史上唯一のワールドカップ本戦進出は、"2002韓日ワールドカップ"のときである。


36486581102a.jpg



MLSに押されるメキシコ-同じ格好の韓国サッカー…自国リーグの競争力が必要だ
OSEN




※一部要約

資金力を前面に出す北米プロサッカー・メジャーリーグサッカー(MLS)の進撃にメキシコサッカーチームが恐怖に震えている。
中国サッカーの資金力に圧倒されている韓国サッカーの姿を思い出させる。

メキシコのスターが、メキシコ行きの代わりにアメリカ行きを選んだ。
カルロス・ベラが2018年1月の冬の移籍市場でMLSのロサンゼルス・フットボールクラブに向かう。
ベラは2列目のサイドアタッカーと最前方FWの役割ができる選手である。
彼はアーセナルでヨーロッパ舞台にデビューしてから、ソシエダで本来の技量を繰り広げた。
ベラは昨シーズンもリーグ35試合に出場して9ゴールを決める優れた活躍を見せた。

興味深い点は、ベラがソシエダを去って向かうLA FCが、MLSに新たに加入した新生チームという点である。
NBAのレジェンドであるマジック・ジョンソン、MLBのレジェンドであるノマー・ガルシアパーラ、アメリカ女子サッカーの伝説ミア・ハム、ユーチューブ創業者のチャド・ハーリー、LAドジャースのオーナーであるピーター・グーバーら、LA地域の名士がクラブ運営と経営に参加する予定だ。

LA FCは2018シーズンからMLSに参加する予定である。
相変わらずヨーロッパの舞台で競争力を持っているスターが、MLSの新生チームに参加するという点は、多くの話題を呼んだ。
さらに驚くべき点は、ベラが母国リーグの名門クラブであるデポルティーボ・グアダラハラ(以下チーバス)を断ってLA行きを選んだという点だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング