中国スーパーリーグ、外国人出場規定を3人にグンと減らす
韓国スポーツ経済




※一部要約

手綱が解かれた黄砂マネーに中国政府が直接出てきてブレーキをかけた。
自国プロリーグの外国人選手の出場が従来の5人から3人に減る。

中国サッカー協会は15日、このような内容を入れた改正された選手団管理規程を各クラブに伝え、迫る今シーズンから適応することにした。

今回の管理規程では、AFCのアジアクォーター規定(外国人選手3人+AFC会員国選手1人)とは別にローカルルールを適用する。
1試合当たりの外国人選手の出場限度(先発・交代を含む)は3人に制限するという強硬措置である。
これまでスーパーリーグは外国人選手4人+アジアクォーター1人で5人がすべて出場することができた。
今後は出場限度3人の制限がかかる。

また、自国選手のために1チーム当たりの出場リストに23歳以下の選手2人を義務的に入れ、1人は必ず先発ラインナップに入れなければならないという規定が新設されたと伝えられた。



イランメディア「ケイロスサッカー代表チーム監督が辞意表明
聯合ニュース




※一部要約

カルロス・ケイロスイラン代表監督が7日に辞意を表明したとイラン現地メディアが報じた。

アミール・アベディニイランサッカー協会(IFF)理事は現地メディアに「7日にサッカー協会はケイロス監督から辞任するという手紙を受けた」と語った。

イランサッカー協会は彼の辞意表明の事実を公式に確認することはなかった。
現地メディアは国内リーグ選手の代表チーム選出問題で辞表を出したと解釈している雰囲気である。

彼はロシアワールドカップアジア地区最終予選の準備のため、UAEドバイで今月2日から一週間の日程で代表チームの練習キャンプを整え、イラン国内のプロサッカーリーグ監督と摩擦を起こした。

イラン国内の名門チーム・ペルセポリスのブランコ・イバンコビッチ監督が核心選手を選出したとして強い不満をあらわしたためである。

イバンコビッチ監督は「私たちはACLの準備をしなければならないのに、ケイロスは私たちの核心戦力を無駄な練習をするために選出した」として、「私たちがAFCの試合で負けたらケイロスが責任を負うべき」と非難した。

実際イラン代表は当初ドバイでモロッコと親善試合をしようとしたが取り消され、結果的に時間と金だけを浪費したという批判も起こった。

あいにくイバンコビッチ監督は"トラブルメーカー"ケイロス監督の代わりに代表チームを引き受けるという報道がしばしば出てくる人物である。

ケイロス監督はこれまで代表チームへの支援不足などを理由に何度も辞任すると言ってきたが、イランサッカー協会が差し戻して監督職を続けてきた。

したがって今回の辞意表明も自分の統制力を確認するための一種の示威だという解釈も出ている。

イランはワールドカップアジア地区最終予選で韓国が属するA組1位になっている。



[クラブWC] Jリーグチャンピオンを脅かした"アウトサイダー"キム・デウク
スポTVニュース




※一部要約

Jリーグチャンピオンの鹿島アントラーズがFIFAクラブワールドカップの初戦で苦戦した。
鹿島を脅かした主役はオークランド・シティの韓国人選手キム・デウクだった。

鹿島は8日、横浜スタジアムで行われた2016FIFAクラブワールドカッププレーオフのオークランド・シティとの試合で、後半22分の赤崎、後半43分の金崎の連続ゴールに力づけられて2-1で逆転勝ちした。
6強に上がった鹿島は11日に大阪でマメロディ・サンダウンズと対決する。

鹿島は勝利をおさめたが、手強いオークランドの戦力に苦戦した。
日本チャンピオンの鹿島を脅かした選手はキム・デウクだった。
キム・デウクは後半6分に鹿島のゴールネットを揺さぶる先制ゴールを炸裂させた。
後半終盤の鹿島の攻勢が激しかったときも速さを発揮してオークランドの逆襲を導いた。

キム・デウクは2010年にKリーグの大田シチズンで活躍した。
2010年に大田所属で2試合プレーした。
警察庁で兵役を終えてからは韓国水力原子力所属として選手生活を続けた。
2014年に大きな決断をした。
ニュージーランドのオークランドに移籍して第2のサッカー人生を始めた。

国内では"アウトサイダー"だったがニュージーランドでは主軸選手である。
キム・デウクは去年のクラブワールドカップに出場したのに続き、2年連続でこの大会を走った。
日本の壁は超えられなかった。
去年はサンフレッチェ広島に0-2で敗れた。
雪辱を狙っていてゴールまで炸裂させて奮闘したが、今回も勝運がなかった。



[WC南米予選] "ネイマールゴール"ブラジル、アルゼンチンに3-0の完勝・・・首位奪還
スポータルコリア




※一部要約

ブラジルがホームでアルゼンチンを完全に制圧した。

ブラジルはウルグアイを越えて南米予選で首位奪還に成功した。
ブラジルは11日、ベロオリゾンテにあるエスタディオ・ミネイロンで行われたアルゼンチンとの2018FIFAロシアワールドカップ南米予選11次戦で3-0の完勝をおさめた。
試合の結果により南米予選で首位奪還に成功した。


20161111103904a.jpg

20161111103904b.jpg



リバプール、韓国戦決勝ゴールのイランFWアズムンに関心
ベストイレブン




※一部要約

イングランドプレミアリーグのリバプールがアジアFWに関心を示した。
他でもない韓国-イランの2018FIFAロシアワールドカップアジア地区3次予選で決勝ゴールを決めたサルダル・アズムンだ。

英国メディア<ガーディアン>は9日、イランの若いFWアズムンがアンフィールドに入城する可能性について注目した。
<ガーディアン>は「リバプールは1月の冬の移籍市場でダニー・イングスとサディオ・マネの空白を埋めるための対処を準備している。その適任者はFKロストフのアズムン」と報じた。

最近のEPLで勢いに乗った競技力によってリーグ最高の席まで狙っているリバプールが、1995年生まれのアジアFWを即戦力感として狙っているという事実はかなり興味深い。
だがアズムンの最近のフォームを見れば、自然と頷く。
アジア選手だがすでにロシアプレミアリーグのルビン・カザンとロストフでプレーし、ヨーロッパの舞台の適応を終えたアズムンは、今シーズンもチーム内で完璧な主戦として11試合に出場している。
特にUEFAチャンピオンズリーグでは3次予選のRSCアンデルレヒトとプレーオフのアヤックス戦で続けて決勝ゴールを炸裂させ、チームを32強本戦に上げる核心任務を担った。

それだけではない。
代表チームでもすでになくてはならない主軸資源である。
アザディスタジアムで行われた韓国戦ですでによく知られているように、アズムンは速いスピードで背後のスペースを崩しながらゴール前の決定力まで高く、DFが相手にするのが難しいスタイルだ。
すでに代表チームでも20試合15ゴールというあんぐりとする記録を続けている。




リバプール、"韓国戦決勝ゴール"イランのアズムン獲得に関心
スターニュース




※一部要約

リバプールはアズムンの得点力に注目しているとみられる。
アズムンは代表での得点が多いだけでなく、ヨーロッパ対抗戦でも10試合4ゴールを決めた。
2日に行われたUCLのアトレティコ・マドリード戦でも得点を記録した。

一方、アズムンは今回の11月のイラン代表メンバーには懲戒で除外された。
9月のカタールとのワールドカップ最終予選で相手選手との乱闘劇によって事後懲戒を受けたためである。


【関連記事】
【W杯最終予選】韓国ネチズン「踏んづけてやる」…イランのエースFWアズムン「A組、日本が属したB組より容易だ」
【アジア最終予選】韓国ネチズン「0-1で幸いだ」…韓国代表がイランに完敗、シュート1本で枠内0に終わる



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング