日・西野の屈辱…タイメディア「パク・ハンソを研究して学べ」
ヘラルド経済




※一部要約

タイサッカー代表の指令塔である日本人の西野朗監督が、隣国のベトナム代表を率いているパク・ハンソ監督のせいで屈辱を受けた。

ベトナムメディア"ラオドン"は先月30日、「タイメディアが自国代表の西野朗監督に、パク・ハンソ監督を見て、研究して学ばなければならないとアドバイスした」と報じた。

パク・ハンソ監督以前にベトナムより優位にいたタイは、パク・ハンソ監督が指揮棒を取った後に苦戦を免れることができず、7月にロシアワールドカップの日本代表で好成績をおさめた西野監督を選任した。

韓日の監督のため、東南アジアのミニ韓日戦で関心を集めたパク・ハンソのベトナムと西野のタイは、ワールドカップ2次予選でUAE、マレーシア、インドネシアとともにG組に入った。

先月5日に行われたG組1次戦の試合では、ベトナムがタイ遠征で貴重な0-0の引き分けをおさめて勝ち点1を得て、パク・ハンソ監督が判定勝ちした格好になった。

ラオドンによると、タイメディアは西野監督にベトナムで成功神話を記しているパク・ハンソ監督を見て、研究してこそ成功できると鋭いアドバイスを厭わなかった。

特にタイの"フォックススポーツ"は「成人代表とU-23を兼任するだけに、西野監督はベトナムでパク・ハンソ監督が見せている姿を見習わなければならない」と単刀直入に指摘した。

このメディアは「西野監督はU-23代表ではタイサッカーの未来のため、選手を養成しなければならない。これはパク・ハンソ監督がベトナムで成し遂げた業績」と遠慮なく比較した。



[SWイシュー] リーグ4位?FAカップ優勝チーム?ACLのチケット1枚はどこに
スポーツワールド




※一部要約

AFCチャンピオンズリーグ出場権の最後の1枚はどのチームのものなのだろうか。

歴代級の観客興行で巡航しているKリーグが結末に向かっている。
アマチュアとプロチームが彩るFAカップもやはり、優勝チームを決めるまで数試合しか残っていない。

来シーズンのACLに立ち向かうチームも、ある程度輪郭があらわれた状態。
Kリーグに割り当てられた数字は3+1。
Kリーグ1優勝チームが本戦に直行し、リーグ3位のクラブがプレーオフに進出する構図である。

FAカップ準決勝1次戦の結果により、リーグ4位に回ってくる可能性も開かれた。
AFCの規定上、ACLにはプロチームしか出られない。
つまり4強に上がった軍警チームの尚州尚武と、非プロチームの大田コレイルと華城FCは優勝してもACLに出場できない。

ところが唯一優勝チーム特典を享受できる水原が華城に0-1で"ジャイアントキリング"されて、変数が浮上した。
水原が来月2日にホームで行う2次戦に逆転勝ちすれば、水原はACL出場権を手にすることができるが、週末の尚州尚武戦まで無気力な競技力が続いているので、赤信号がさらに赤くなった状況。






"UELデビュー"ウー・レイ、決定的チャンス逃す…中メディア、「試合を決められたのに…」
OSEN




※一部要約

中国サッカー界の自負心ウー・レイが、ヨーロッパ対抗戦の公式デビュー戦に先発出場したが、攻撃ポイントを記録できずに残念な思いをした。

ウー・レイは20日午前4時、スペイン・バルセロナのRCDEスタジアムで行われた2019-2020シーズンのヨーロッパリーグ(UEL)H組1次戦のフェレンツヴァーロシュとの試合に出場したが、攻撃ポイントを上げられなかった。
エスパニョールは1-1の引き分けを記録した。

ウー・レイは4-4-2の前方FWのポジションに立って出場した。
前方で活発に動いて相手ゴールを狙ったが、まともなチャンスはできなかった。

ウー・レイは前半と後半に威嚇的な攻撃を試みたが、相手GKに阻まれた。
この日、ウー・レイは4本のシュートのうち、枠内シュートを2本記録した。
だがオフサイドを5回もおかした。

特に1-1で拮抗していた後半29分、ウー・レイはアドリア・ペドロサのクロスを受けるために身を投げだしたが、シュートにまで繋げられなかった。
これについて中国メディア"新浪スポーツ"は「ウー・レイが試合を決めるチャンスを掴んだが、逃してしまった」と惜しさをあらわした。

ウー・レイは奮闘したが、チームの勝利を導けなかった。
サッカー統計専門業者"フースコアード"はウー・レイに対して評点6.4を与えた。



中メディア「ヒディンクと契約解除を交渉中…後任は孫継海」
フットボールリスト




※一部要約

中国サッカー協会がフース・ヒディンク中国U-22代表監督を放出するという報道が出てきた。

中国天津市に基盤を置く"毎日新報"は19日、中国サッカー協会内部の消息筋を引用して「中国サッカー協会とヒディンク監督が契約解除のための交渉を進めている」と主張した。

ヒディンク監督は最近、北韓と辛うじて1-1の引き分けをおさめ、ホームでのベトナムとの親善試合でも0-2で敗れて、大きな非難に直面した。
このメディアはその部分が更迭原因の一つと認めつつも、別の理由にも言及した。

「中国サッカー協会がヒディンクを更迭しようとする理由の一つは、国内リーグでプレーする若い選手への関心を持たない部分だ」

このメディアはヒディンクが去れば、中国国内派監督が指揮棒を譲り受ける可能性が高いと予想した。
「ヒディンク監督の後任は孫継海が有力」と明かした。

マンチェスター・シティでプレーした孫継海は現在、U-20代表でコーチングスタッフとして働いている。

ヒディンク監督は去年10月、"2020東京オリンピック"に出場する中国オリンピック代表を引き受けた。



東アジアカップ、男子韓日戦-女子南北戦を釜山アジアドで開催
マイデイリー




※一部要約

東アジアサッカー連盟(EAFF)が、12月10日から18日まで大韓民国の釜山で開催する東アジアカップ"2019EAFF E-1チャンピオンシップ"の12試合を行う競技場を確定させた。

まず大会3連覇を狙う大韓民国男子代表は、3試合とも釜山アジアド主競技場で行う。
12月11日の香港との初戦を皮切りに、リッピ監督が率いる中国とは15日、2年ぶりに同大会で会う日本とは18日に試合をする。

来年2月に東京オリンピック予選を控えている女子代表は、12月10日の中国との開幕戦と17日の韓日戦の2試合は釜山九徳競技場で行い、15日の北韓戦は釜山アジアド主競技場で行う。

東アジアサッカー連盟のチョン・モンギュ会長は「男女のアジアサッカー強国である5ヶ国8チームが釜山に集まり、大会を行うことになって嬉しく思う」として、「今冬は釜山だけでなく、全国におられる多くのサッカーファンが、釜山アジアド主競技場と釜山九徳競技場を訪れて下さり、アジア最高のサッカーを楽しまれるよう願っている」と明かした。


[男子部試合日程]
12月10日(火)19:30 中国vs.日本@釜山九徳
12月11日(水)19:30 韓国vs.香港@釜山アジアド
12月14日(土)19:30 日本vs.香港@釜山九徳
12月15日(日)19:30 韓国vs.中国@釜山アジアド
12月18日(水)16:15 香港vs.中国@釜山アジアド
12月18日(水)19:30 韓国vs.日本@釜山アジアド

[女子部試合日程]
12月10日(火)16:15 韓国vs.中国@釜山九徳
12月11日(水)16:20 日本vs.北韓@釜山アジアド
12月14日(土)15:55 中国vs.日本@釜山九徳
12月15日(日)16:15 韓国vs.北韓@釜山アジアド
12月17日(火)16:15 北韓vs.中国@釜山九徳
12月17日(火)19:30 韓国vs.日本@釜山九徳



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング