シュティーリケ監督、今シーズンを最後に"サッカー界"引退…「最後の契約」
スポータルコリア




※一部要約

ウリ・シュティーリケ監督が今シーズンを最後に引退する。

ドイツの放送局"Ran"は11日、「シュティーリケ監督が30年の指導者キャリアを終える。彼はスポルト1を通じて、天津泰達の今シーズンのスーパーリーグが終わったら引退すると明かした」と報じた。

シュティーリケ監督は2017年の下半期に天津の指揮棒を取った。
天津はシュティーリケ監督が指揮棒を取った後、2017年と2018年にそれぞれ13位と14位を記録して残留に成功した。
昨シーズンは30試合12勝5分け13敗で7位に順位を上げた。

天津は去年12月、シュティーリケ監督と1年の再契約を結んだ。
彼の最後の契約である。
シュティーリケ監督は今シーズンを最後に天津の指揮棒を下ろすと同時に、指導者キャリアを終えることに決めた。
彼はスポルト1を通じて「今回が私のサッカーキャリアで最後の契約」と引退を示唆した。

シュティーリケ監督は引退後、休息を取る予定である。
彼は「ドイツであれどこであれ働かない」として、「アンダルシア(スペイン)の太陽が当たる家で引退生活を楽しむ」と説明した。



中国スーパーリーグ、2020シーズンの4月開幕を計画
マイデイリー

200317160309835.jpg


※一部要約

全世界各国のサッカーリーグが中断されている中、コロナ19発源地の中国が来月のスーパーリーグ開幕を目標としている。

中国の搜狐ドットコムは17日、「中国サッカー協会は2020シーズンの計画をいくつか持っている。開幕時期は最も早ければ4月中旬を計画していて、遅くとも7月前には開幕するべきという考えだ。7月前に開幕してこそ、今年中にシーズンを終えることができる」と伝えた。

栄光kなどのヨーロッパ現地メディアも、中国スーパーリーグ開幕の可能性に関心を示した。
英国のミラーは17日、「中国サッカー協会は中国スーパーリーグが4月18日に開幕することを計画している。スーパーリーグのクラブは中国以外の国でコロナ19に感染するのを避けるため、中国に戻っている。去年の中国スーパーリーグ優勝チームの広州恒大はドバイにキャンプを構え、武漢卓爾はスペインでキャンプを消化した。最近、中国でのコロナ19拡散が急減していて、中国スーパーリーグのクラブは中国に戻っている」と言及した。

一方、コロナ19拡散でスペイン・プリメーラリーガ、イングランド・プレミアリーグ、イタリア・セリエAなどは3月に予定されていた試合をすべて4月以降に延期した。
また、3月に予定されていた2022カタールワールドカップアジア地区予選の試合も延期になるなど、コロナ19拡散によって全世界のサッカーの日程が中断されている状況だ。



「韓サッカーは並外れている、私たちにはないフィジカル」…中メディアの羨望
ベストイレブン




※一部要約

ある中国メディアが、韓国サッカー選手は自分たちと日本にないフィジカル的強みを備えているとして、羨ましさを間接的にあらわした。

最近、中国<新浪スポーツ>は数年間での中国サッカーの成長の勢いが鈍いことについて「日本選手はシステムに強みを見せる。韓国選手はフィジカルが非常に良い。これは中国と日本の選手には見つけにくい(韓国だけの)強みだ」と惜しさをあらわした。

中国サッカーは習近平主席の"サッカー崛起"の下で自国のスーパーリーグを膨張させるなど、最近の数年間で莫大な投資を浴びせた。
それにもかかわらず、成人代表はもちろん、青少年レベルでも苦戦を免れていない。
マルチェロ・リッピやフース・ヒディンクのような名将を連れてきて座らせても、簡単には既存のレベルを脱することができていない。

それについて<新浪スポーツ>は、選手の力量そのものが不足していることを原因と指摘した。
<新浪スポーツ>は「韓国選手は人口数に比べて、中国選手よりフィジカル的にも潜在力の側面でも優秀だ。中国サッカーは高いフィジカル能力を備える選手を発掘することについての重要性を見逃しているようだ」と、中国サッカーの人材発掘能力や自国選手の持って生まれた資質の不足を批判した。



覚悟を明かすオーストラリアU-23サッカー代表監督
OSEN




※一部要約

グラハム・アーノルド豪州U-23サッカー代表監督が21日午後、タイ・バンコクのラジャマンガラ・スタジアムで行われた記者会見で、取材陣の質問を受けている。




[写真] アーノルド監督と握手を交わすキム・ハクボム監督
OSEN




※一部要約

キム・ハクボム監督とオーストラリアのグラハム・アーノルド監督が握手を交わしている。



8強挫折の西野タイ監督「私たちには未来がある」
ニュース1




※一部要約

史上初のオリンピック進出に挑戦したタイが8強でサウジアラビアに惜敗、次に期することになった。
チームの首長である日本の指導者西野朗監督は「私たちには未来がある」と所感を明かした。

西野監督が率いるタイU-23代表は18日午後、タイ・バンコクのタマサート競技場で行われたAFC U-23チャンピオンシップ(オリンピックアジア地区最終予選)のサウジアラビアとの8強戦に0-1で惜敗した。

この日の試合ではタイ現地メディアだけでなく、日本取材陣の姿もあちこちで見ることができた。
西野監督は日本代表出身で、今大会ではベトナム(※タイの間違い)の史上初の8強進出を導いた。
それとは逆に森保一監督が率いる日本U-23代表は、GLで拙戦の末に1分け2敗で早期脱落して監督交代説まで出ている状況だ。

試合後に西野監督は「前半の序盤は良かった。だがその後の試合内容は満足できなかった」とした。
審判の判定には何も言わなかった。

彼は「選手がさらに挑戦し、発展するように願う」として、「この年代の多くの選手はまだ国際大会の経験がなかった。だが彼らにはさらに発展し、経験する未来がある」と激励した。
続けて「タイには未来がある。迫るアジア大会、ひいては2026年のワールドカップを見て準備しなければならない」と付け加えた。

タイ現地のファンは西野監督に絶対的な支持を送った。
あちこちで日章旗を持って応援するファンの姿が見え、日本代表のユニフォームを着て競技場に入るファンもいた。

敗れはしたが、試合後にタイのファンは"西野"を連呼し、西野監督への応援を止めなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング