[単独] アジアサッカーの新たな枠組みが開かれる…AFC、"ネイションズリーグ"3年以内の導入有力
韓国日報




※一部要約

アジアでもUEFAネイションズリーグの形態の国家対抗リーグ戦が3年以内に導入されるものとみられる。
"アジアネイションズリーグ(仮称)"が現実化すれば、AFCアジアカップに代表されるアジアサッカーの国家対抗戦が通年で行われることになり、FIFAのAマッチデイの風景も大きく変わる。

最近のAFCの関係者によると、AFCはリーグ形態の国家対抗戦アジアネイションズリーグを導入する方向で進め、具体的な施行案を立てている。
これは今年から北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)と南米サッカー連盟(CONMEBOL)がUEFAネイションズリーグと同じような国家対抗リーグ戦を施行することに決め、今後のAマッチデイの期間にアジア諸国は同大陸、あるいはアフリカのチームとだけ試合を行わなければならない可能性が高くなった環境などを考慮しての判断であるとみられる。

実際、韓国などのアジア諸国は去年にUEFAネイションズリーグが始まった後、Aマッチデイの期間にヨーロッパの強豪チームと評価試合を行うことができない身分となった。
パウロ・ベント監督が率いる韓国代表は去年にコスタリカやチリ、ウルグアイ、パナマらヨーロッパ以外のチームと評価試合を行い、日本もまた韓国と評価試合の相手を交代して試合を行うなど、事情は似ていた。
だが今年から北中米と南米までネイションズリーグの体制に突入することになり、アジアのチームはワールドカップやコンフェデレーションズカップを除けば、事実上ヨーロッパ・北中米・南米の強豪と対決する機会がほとんどなくなる。





アジアネイションズリーグの導入が確定すれば、2023年のアジアカップ予選もこの大会で代替される可能性が高まる。
また、AFCが稼ぐ中継権料、スポンサー収益などが全体の会員国に等しく分配され、UAEアジアカップで急成長した東南アジアの国の反射利益も同時に上がり、サッカー底辺の上向き平準化もできるという見通しが出てくる。

ただし、導入までに解決すべき課題も多い。
まずAFCが目標に設定したネイションズリーグ導入の予定時期が2022年のカタールワールドカップ3次予選(2021年)および本戦(2022年)の時期と重なるうえ、ヨーロッパとは違って国家間の移動距離も長く、大会の運営方法を決めるのにかなりの陣痛が予想される。
そこに相対的にヨーロッパ派の選手が多い韓国や日本の場合、自国選手の所属チームとの摩擦が大きくなる可能性が高い。
AFCの関係者は「基本的な施行時期と方向が設定されれば、各国協会と十分な議論を経るだろう」と伝えた。



[アブダビLIVE] カタール、UAEを4-0で大破…全勝・無失点で決勝行き
ベストイレブン




※一部要約

完璧だった。
完璧な競技力だったし、完璧な勝利だった。
カタールの堅固で効率的なサッカーの前に、UAEは到底歯が立たなかった。

29日夜11時、UAEアブダビにあるモハメド・ビン・ザーイド・スタジアムで行われた2019AFC・UAEアジアカップ4強2試合目で、カタールがUAEを4-0で下して決勝戦に進出した。
カタールは前半戦と後半戦にそれぞれ2ゴールずつ放ち、UAEを完璧に制圧した。

これで史上初の決勝戦に上がったカタールは、2月1日11時、先着した日本と待望の2019アジアカップ決勝戦を行って優勝に挑戦する。








"惨敗"ケイロス、記者会見場でイラン記者と"一触即発" [亜カップ現場]
スターニュース




※一部要約

カルロス・ケイロスイランサッカー代表監督が惨敗後、自国記者の鋭い質問に憤りを爆発させた。

ケイロス監督が率いるイランサッカー代表は28日、UAEアル・アインで行われた日本サッカー代表との2019AFCアジアカップ4強戦で0-3と完敗した。

これで日本は2011年のカタール大会以降の決勝進出に成功、8年ぶりの優勝に挑戦する。
アラブ首長国連邦-カタール戦の勝者と2月1日に決勝戦を行う。

一方、イランは再び4強に満足しなければならなかった。
イランは1976年以降、43年間も大会で優勝できなかった。

試合後に公式記者会見が行われた。
慣例通りに敗将が先に入ってきた。
ケイロス監督はポケットに片手を入れたまま壇上に上がった。
表情は沈鬱だった。
ただし、通訳と一緒に来なくてしばら待たなければならなかった。
2分くらいの時間が過ぎた。
ケイロス監督は何も喋らないまま静かに座っていた。

やがてイランの通訳が記者会見場に入ってきた。
公式記者会見が始まった。



韓日代理戦争!パク・ハンソマジック…列島を飲み込んでしまえ!
スポーツワールド




※一部要約

"パク・ハンソマジック"が日本列島まで飲み込む勢いだ。

パク・ハンソ監督が率いるベトナムサッカー代表は24日夜10時、日本との"2019UAEアジアカップ"8強戦に出る。
グループリーグ3位で16強の最終列車に乗ったベトナムは、8強戦でヨルダンをPK戦の末に4-2(1-1)で勝利した。
ベトナム史上2回目のアジアカップ8強進出だ。

ベトナムはすでに熱狂に陥った。
市民は街頭に飛び出して"パク・ハンソマジック"を叫んで歓呼している。
ベトナムメディアによると、国営テレビ"VTV"のベトナム-日本戦の中継放送の広告料は30秒基準で8億ドン、韓貨で約3800万ウォンに策定した。
これは2018ロシアワールドカップ決勝戦の中継放送の広告料と同じである。
パク・ハンソ号はすでにスズキカップ決勝戦で30秒基準9億5000万ドン(約4千600万ウォン)を取り、歴代最高の広告料を記録したことがある。
それだけ関心が"関心"している。

日本戦に立ち向かうベトナムの最大の武器は"パク・ハンソマジック"だ。
自信を前面に出して勢いを活かすという意志である。
先にパク・ハンソ監督はベトナムサッカーの歴史を作った。
ベトナムU-23サッカー代表を率いた2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会のグループリーグで日本を相手に1-0の勝利をおさめた。
ベトナムサッカー史上で日本戦初勝利だった。
当時、日本U-23代表監督は、現在アジアカップで日本A代表を率いる森保一監督である。





もしベトナムが日本を破れば、金の座布団に座る。
パク・ハンソ監督はすでにベトナムサッカー代表に40億ウォンを越える金をもたらした。
そこに大会8強戦に進出する活躍で、ベトナム文化体育観光部を含め現地の銀行と企業から30万4000ドル(約3億4000万ウォン)のスポンサー支援金、ベトナムサッカー連盟(VFF)とVFF会員から6万5000ドル(約7000万ウォン)を受けた。

日本を破ってベトナムサッカー史上初の4強に進出すれば、組織委員会から報奨金100万ドル(約11億3000万ウォン)を追加で受ける。
すべての面で"パク・ハンソマジック"だ。



チェ・ガンヒ-ジャルディムと契約解除-破棄の事態、信頼を失った中国スーパーリーグの危機
シングルリスト




※一部要約

中国スーパーリーグが危機を迎えた。
世界的選手をかき集めてアジアサッカーの版図に変化を招いた中国スーパーリーグは、莫大な資金力を基に韓国や日本を抜くために努力した。
2019年、彼らが望んだアジア最高の夢は、クラブの財政難と常識外の行動で消えつつある。

昨シーズンに全北現代をKリーグ1優勝に導き、中国スーパーリーグの天津天海(前・天津権健)にチームを移したチェ・ガンヒ監督は、クラブの財政難でシーズン開始前にチームを去る可能性が高まった。
17日に中国の新浪スポーツは「天津は今シーズン赴任したチェ・ガンヒ監督に、財政難を理由に契約解除の公文書を送った」と伝えた。





今シーズンにフランス・リーグ1のASモナコの監督職から退いたレオナルド・ジャルディム監督は、中国スーパーリーグの大連一方の指揮棒を取る予定だった。
ポルトガルのマイス・フットボールは18日、「ジャルディム監督あ一方の監督を引き受けないと伝えた」と報じた。

マイス・フットボールは、ジャルディム監督は大連一方の監督就任が確定的だったが、細部条件を調整していたところ、クラブ首脳部がオファーした契約と異なる内容の契約書を持ってきたことに怒り、契約を解除したと明かした。

エージェントのホルヘ・メンデスがジャルディム監督を説得したが、結局契約までには至らなかった。
スペインでキャンプ中だった大連一方は、ジャルディム監督と彼の師団がすべて撤収し、問題の深刻性を悟った。

資金はもちろん、信頼まで失った中国スーパーリーグは、チェ・ガンヒ監督に続いてジャルディム監督の契約破棄により、アジアはもちろん全世界のサッカー人の非難を受けている。
このようなやり方でアジアサッカーのリーグを制覇するという中国スーパーリーグは、批判を受けて当然である。
今回の事件の後で様々な問題が再び炸裂するかもしれない。
中国スーパーリーグがこれを解決する答えを出さなければならない番だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング