[ロシアWC] ホームで韓国を下した中国、祝祭の雰囲気
スポTVニュース




※一部要約

中国がホームで行われたサッカーの試合で初めて韓国を下し、中国は祝祭の雰囲気一色である。

マルチェロ・リッピ監督が率いる中国は23日に行われた2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選A組6次戦で韓国に1-0で勝った。
中国サッカー協会は最終予選で1勝もおさめられなかった中国が難敵韓国を下したことについて感激したと言った。
中国サッカー協会はウェイボーで「夢が本当に最高の現実になった。最後まで戦った代表戦士と最善を尽くしたコーチ陣に感謝する」と記した。

また、「とてつもない勢いを見せてくれた賀竜スタジアムの観客に感謝する。代表チームに関心を持って見守ってくれたすべてのサッカーファンに感謝する。私たちは皆ともに泣いて笑って興奮した」と明かした。

中国共産党機関紙の人民日報はウェイボーで「中国が決めたのは1ゴールだが、得たものは13億人の中国人の心」として、「韓国戦では決起を吹き出し、気力で私たちは勝利をおさめた。本当にスッキリした瞬間だ」と喜んだ。

人民日報は続けて「リッピ監督就任から一度も負けたことがなく、中国には(まだワールドカップ本戦進出の)希望がある」として、「死の峠を越えて命をつないだ。中国チームが奇跡を起こすことを望む」と祈願した。

中国プロサッカーの広州恒大は代表の勝利を祝う特別ポスターを作り、クラブのHPに上げた。
リッピ監督と契約しようとしたが代表チームに譲り、代表の先発陣に所属チームの選手5人も送り出した広州は、勝利後に選手が観客と歓呼するシーンで「天下のすべての人とともに祝賀する」と記した。



[サッカー] "名将"リッピの存在・・・中国がよりチクチクする理由
ニュース1




※一部要約

韓国は23日午後8時35分、中国長沙の賀竜スタジアムで中国と2018FIFAロシアワールドカップアジア地区最終予選A組6次戦を行う。

9回連続ワールドカップ本戦出場を狙う韓国は、今回の対戦で勝ち点3が必要だ。
韓国は現在3勝1分け1敗でイランに次いで2位を記録中である。
だが3位のウズベキスタンの激しい追撃を受けている。
主将キ・ソンヨンは「中国戦の結果によって1位に上がったり3位に落ちることもある」と中国戦の重要性を語った。

重要な試合だが気になる点が多い。
まず試合が中国で行われるという点である。
中国ホームのファンの熱狂的な応援が予想される。
そこに最近サード(THAAD・高高度ミサイル防衛体系)の設置で両国関係が荒れ、一部の過激な中国ファンの突発的な行動も憂慮されている。

また、今シーズンのACLで中国スーパーリーグがKリーグチームを相手に2勝1分けを記録し、自信を持つようになったもの変数になり得る。

だが最も韓国が警戒しなければならないのはリッピ監督だ。
リッピ監督は言葉の必要がない名将である。

去年10月に中国代表を引き受けたリッピ監督は、短い時間でチームを率いてから11月にカタールと初戦を繰り広げた。
リッピ監督は初戦から自身が楽しんで使ってきた4-3-3のフォーメーションを持ち出して良い試合をした。
決定力不足で最終的には笑えなかったが、韓国に緊張感をもたらすには十分だった。

キ・ソンヨンもやはり「カタール戦を分析したがチームがとても整備されている。攻撃的運営をしていた。最初の試合では2-3で負けているので、やってみる価値はあると考えてもいるようだ。もっと強く出てくるだろう。対策をしなければならない」と警戒した。

中国の指揮棒を手にして5ヶ月になった"名将"リッピ監督の存在は韓国が最も警戒し、気になる部分である。



広州恒大が「爆買い」終了へ、中国人選手中心の編成に方針転換
AFP=時事

【AFP=時事】中国スーパーリーグ(1部)の強豪で、昨季のリーグ王者でもある広州恒大(Guangzhou Evergrande FC)が14日、2020年までに所属選手を中国人だけで固めると発表し、資金力にものをいわせて海外スターを集めた近年の強化方針を180度転換する意向を明らかにした。

 国営新華社(Xinhua)通信によれば、クラブオーナーを務める不動産王の許家印(Xu Jiayin)氏は、2010年代が終わるまでに外国籍選手をすべて放出する計画を持っているという。報道によると、シーズン開幕に向けたイベントの席上で許家印オーナーは「世界最高の指揮官の下で、選手はすべて国内選手で固めるという構成がクラブの理想形になる。われわれの目的は中国サッカーの発展であり、すべてはそこに向けて進めるべきだと考えている」と語ったとされている。

 広州恒大は、不動産大手の恒大集団(Evergrande Group)と、電子商取引(EC)で国内最大手のアリババ(阿里巴巴、Alibaba)が共同保有するクラブで、許家印オーナーは、今までよりも健全な経営にかじを切ることを示唆している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000033-jij_afp-socc




広州、2020年までに外国人選手"0人"を推進
スポータルコリア




※一部要約

広州の財政が悪化したわけではない。
広州は相変わらず多くの資金を誇っている。
それでも外国人選手を出そうとしているのは、中国内のサッカーを眺める視線が変わったためである。
中国サッカー協会はサッカーチームが巨額を投じて外国人選手を獲得することに否定的だ。
特に2~3年間で天文学的金額で外国人選手を獲得すると、すぐに中国サッカー協会が外国人選手獲得の規制とユース選手育成のための規定を作ったほどである。

広州の政策の変化は中国サッカー協会の規定に足並みを揃えるためだ。
規定を強行に施行すれば、巨額を投じて外国人選手を獲得することに負担が生じる。

また先を争って高い身代金の外国人選手を獲得して、財政の健全性に警告が来ている。
クラブを所有する個人や企業の財布は相変わらず分厚いが、数年間ずっと巨額を使うのは負担になるしかない。

現在広州はジャクソン・マルティネス、グラール、アラン、パウリーニョら南米出身選手を保有している。
アジアクォーターではキム・ヒョンイルと6ヶ月の短期契約を結んだ。
負傷中のキム・ヨングォンとも現在契約を維持している。

クラブオーナーの構想が実現されるなら、彼らは2~3年以内に広州を去ることになる。



ブラジル、韓国の地を踏めない・・・U-20ワールドカップ南米予選脱落
ヘラルド経済




※一部要約

サッカー強国ブラジルが今年韓国で開催されるU-20ワールドカップ本戦進出に挫折した。

ブラジルは12日に終了した2017FIFA U-20ワールドカップ南米地区予選で5位に終わり、本戦進出が失敗に終わった。

ブラジルはこの日、キトのアタウアルパオリンピックスタジアムで行われたコロンビアとの南米予選最終戦に0-0で引き分けた。

ブラジルは1勝3分け1敗の勝ち点6で5位に終わって本戦進出に失敗した。

計4枚の出場権がかかっていた南米ではウルグアイとエクアドル、ベネズエラ、アルゼンチンが出場権を獲得した。

ブラジルはU-20ワールドカップで計優勝5回、準優勝4回を記録し、前回大会の2015年大会でも決勝に進出していた。

U-20ワールドカップは5月に我が国で開催され、計24ヶ国が参加する。




ブラジル、韓国U-20ワールドカップ予選脱落・・・アルゼンチン劇的進出
スポータルコリア




※一部要約

最終戦でブラジルとアルゼンチンの悲喜が交錯した。
ブラジルは最終戦の前まで1勝2分け1敗で本戦行きのマジノ線である4位を守っていた。
最終戦の相手も決勝ラウンドで勝利のなかったコロンビアで、内心本戦行きに自信があった。

だがブラジルはコロンビア遠征で0-0の引き分けに終わった。
勝ち点1の追加に留まっている間、アルゼンチンに奇跡が起こった。
ブラジルに押されて5位で最終戦に臨んだアルゼンチンは、3位のベネズエラ相手に2-0の勝利を手にした。

最終戦の結果でブラジルとアルゼンチンの順位が入れ替わった。
アルゼンチンが2勝1分け2敗(勝ち点7)で4位に辛うじて入った反面、ブラジルは勝ち点6に留まって韓国行きが挫折した。



[単独] キム・ナミル、チェ・ヨンスの下に・・・江蘇蘇寧の正式コーチ就任
ニュース1




※一部要約

指導者として新たなサッカー人生を準備していた"元真空掃除機"がチェ・ヨンス監督に抱えられた。
去年まで水原三星でGKを指導していたシン・ボムチョルGKコーチもチェ・ヨンス師団に加勢した。

キム・ナミルコーチが中国スーパーリーグのビッグクラブ江蘇蘇寧のコーチングスタッフに合流した。
最近、江蘇蘇寧の現地キャンプが整えられた日本沖縄でニュース1と会ったチェ・ヨンス監督は「キム・ナミルコーチがクラブと正式契約を結んだ。そして水原にいたシン・ボムチョルコーチも一緒になる予定」と伝えた。

2016年の初めに現役引退を宣言したキム・ナミルは、その後大韓サッカー協会が主催する講習会に参加するなど、指導者への転身を試みていた。
そんな中で突然中国行きのニュースが伝わった。

去年11月に中国のあるメディアが、江蘇蘇寧と広州恒大の中国FAカップ決勝1次戦が終わった後、空港で江蘇選手と共に移動しているキム・ナミルの写真を掲載し、少なくない話題を起こしていた。
状況的にはコーチだったがクラブの正式発表はなかった。
その後の報道もやはり出てこなくて気がかりだけが大きくなっていた。

実際に正式コーチに就任したわけではなかったので、追加的な話が出てくることはなかった。
クラブがキム・ナミルという指導者を見守る、一種のテスト期間だったわけである。
今年はじめにもキム・ナミルコーチ自身が「まだ決まったことは何もない」という言葉で慎重な立場を見せていた。

だが沖縄で会ったキム・ナミルは「チェ・ヨンス監督の下でたくさんのことを学んでいる。今はすべてのことが新鮮でワクワクする」と遠回しにコーチに就任した意を伝えた。
チェ・ヨンス監督もやはり「強固な支援軍を得た。キム・ナミルコーチは特別なDNAを持っている。良い指導者になる」という言葉で事実を認めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング