覚悟を明かすオーストラリアU-23サッカー代表監督
OSEN




※一部要約

グラハム・アーノルド豪州U-23サッカー代表監督が21日午後、タイ・バンコクのラジャマンガラ・スタジアムで行われた記者会見で、取材陣の質問を受けている。




[写真] アーノルド監督と握手を交わすキム・ハクボム監督
OSEN




※一部要約

キム・ハクボム監督とオーストラリアのグラハム・アーノルド監督が握手を交わしている。



8強挫折の西野タイ監督「私たちには未来がある」
ニュース1




※一部要約

史上初のオリンピック進出に挑戦したタイが8強でサウジアラビアに惜敗、次に期することになった。
チームの首長である日本の指導者西野朗監督は「私たちには未来がある」と所感を明かした。

西野監督が率いるタイU-23代表は18日午後、タイ・バンコクのタマサート競技場で行われたAFC U-23チャンピオンシップ(オリンピックアジア地区最終予選)のサウジアラビアとの8強戦に0-1で惜敗した。

この日の試合ではタイ現地メディアだけでなく、日本取材陣の姿もあちこちで見ることができた。
西野監督は日本代表出身で、今大会ではベトナム(※タイの間違い)の史上初の8強進出を導いた。
それとは逆に森保一監督が率いる日本U-23代表は、GLで拙戦の末に1分け2敗で早期脱落して監督交代説まで出ている状況だ。

試合後に西野監督は「前半の序盤は良かった。だがその後の試合内容は満足できなかった」とした。
審判の判定には何も言わなかった。

彼は「選手がさらに挑戦し、発展するように願う」として、「この年代の多くの選手はまだ国際大会の経験がなかった。だが彼らにはさらに発展し、経験する未来がある」と激励した。
続けて「タイには未来がある。迫るアジア大会、ひいては2026年のワールドカップを見て準備しなければならない」と付け加えた。

タイ現地のファンは西野監督に絶対的な支持を送った。
あちこちで日章旗を持って応援するファンの姿が見え、日本代表のユニフォームを着て競技場に入るファンもいた。

敗れはしたが、試合後にタイのファンは"西野"を連呼し、西野監督への応援を止めなかった。



バンコクを覆ったベトナムの赤い波…心を一つにして"パク・ハンソマジック"念願
ニュース1




※一部要約

ベトナムと北韓のU-23サッカー代表の対決が繰り広げられるタイ・バンコクのラジャマンガラ競技場が、ベトナムサッカーファンの赤い波で覆われた。
彼らは再び"パク・ハンソマジック"を念願した。

パク監督が率いるベトナムU-23代表は16日午後10時15分、北韓とAFC U-23チャンピオンシップD組3次戦を行う。

試合開始1時間前から、タイ・バンコクのラジャマンガラ競技場ではベトナムの"金星紅旗"が作り出す赤い波でうねった。

タイと地理的に近いベトナムから多くの遠征ファンが移動、自国サッカー史上初のオリンピック進出を念願するためにタイを訪れたものとみられる。

彼らは試合開始前から競技場周辺に集まり、ヘアバンドやフェイスペインティングをしながら応援を準備した。
あちこちから"パク・ハンソ"監督の名前を連呼したりもしていた。




[ベトナム-北韓現場] パク・ハンソ号、北韓に虚しい1対2の逆転負け…8強進出失敗
スポーツ朝鮮




※一部要約

パク・ハンソ監督が率いるベトナムが8強進出に失敗した。
韓国との対決も失敗に終わった。

ベトナムは16日、タイ・バンコクのラジャマンガラ国立競技場で行われた2020AFC U-23チャンピオンシップD組最終戦で、北韓に1対2で敗れた。
勝ち点2のベトナムはこの日の北韓との試合で無条件に勝利をおさめ、アラブ首長国連邦-ヨルダン戦の結果を見守らなければならなかった。
2チームの勝敗が決まれば、ベトナムが北韓に勝ちさえすればグループ2位で8強進出だった。

結局ベトナムは2分け1敗、勝ち点2のグループ最下位で今大会を終えた。
アラブ首長国連邦・ヨルダン戦の結果を見るまでもなく自壊した。
先のGL2試合では引き分けを記録したが、攻撃で威力を見せられなかったのが痛かった。
北韓戦の最後には荒いプレーで退場選手が出るなど、マナーでも負けるゲームをしてしまった。



"0勝6敗"北・中・日東アジアサッカーの没落"ショック"、韓国だけ生き残った
スターニュース




※一部要約

東アジアサッカーがアジア圏でも力を発揮できないまま頭を下げた。
韓国を除いてすべて脱落した。
特に西南アジア圏の国に次々と敗れたという点で、衝撃的なことと受け止められている。

北韓サッカー代表は13日に行われた2020AFC U-23チャンピオンシップD組2次戦で、UAEに0-2で敗れた。
先にヨルダンに1-2で敗れた北韓は2連敗を喫した。
北韓は残りのベトナム戦の結果にかかわらず、早くも8強トーナメント進出に挫折した。

東京オリンピック開催国の日本はB組に属した。
だがサウジアラビアとシリアにそれぞれ1-2で敗れ、2連敗で早期脱落が確定した。

韓国と同じC組の属する中国もやはり頭を下げた。
中国は韓国に0-1で敗れた後、ウズベキスタンに0-2で完敗して脱落の苦杯をなめた。

無論、日本は今大会で全力を尽くす必要がなかった。
開催国の資格で東京オリンピックに自動進出するからだ。
だが日本現地では森保一監督の更迭説が膨らむほど、脱落の後爆風が吹いている。

北韓や日本、中国はわずか1勝もおさめられないまますべて脱落した。
2次戦まで終えた3チームの成績を合わせると0勝6敗である。

一方、彼ら3ヶ国とは違い、韓国だけは生き残って東アジア国家の自尊心を守った。

韓国は15日にウズベキスタンとグループ1位をかけて激突する。
そこで勝利すればD組のUAEとヨルダン(以上1勝1分け)、あるいはベトナム(2分け)と会う。



ベイル、中国行き事実上霧散…手取り年俸180億のため
スポTVニュース




※一部要約

ガレス・ベイルはレアル・マドリードに残る。
中国スーパーリーグに導入されたサラリーキャップが足を引っ張った。
年俸に耐えられない。

夏にベイルの中国行きが急流に乗った。
だがレアル・マドリードの拒絶で失敗に終わった。
冬にもベイル移籍説が出回っているが、容易ではない見通しだ。
事実上、レアル・マドリードに残留するという分析が多い。

27日の日本日刊紙"日刊スポーツ"によると、中国スーパーリーグにサラリーキャップが導入される。
外国人の場合は手取り年俸300万ユーロ(約38億ウォン)に制限され、中国人は130万ユーロ(約16億ウォン)に制限される。
バブルを取り除いてリーグの競争力を高めようという判断である。

ベイルはレアルで手取り1400万ユーロ(約180億ウォン)を貰っている。
サラリーキャップが導入されれば耐えられない。
特別法を作ってもいいが、可能性は低い。
スペイン日刊紙"アス"も「ベイルの中国行きは事実上霧散」として、レアル・マドリード残留に重きを置いた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング