ヒディンク、中国サッカーを辛辣に批判…「技術、体力、選手選抜に問題」
スポータルコリア




※一部要約

フース・ヒディンク監督がムチを振るった。
中国サッカーの指摘をして現状を点検した。

中国サッカー協会は10日、公式HPでヒディンク監督選任を発表した。
公式発表によると、ヒディンク監督は2020年の東京オリンピック本戦進出を目標に、中国U-21代表を率いる。

ヒディンク監督は中国サッカー協会の発表前に、U-21代表の点検に入った。
9月に曲靖4ヶ国親善大会を訪れて中国の若手選手の活躍を見守った。
来年のオリンピック予選を準備するための下絵だった。

点検を終わらせた後、ニンジンよりもムチを振るった。
28日の中国日刊紙"ZYニュース"によると、U-21代表の3点を指摘した。
ヒディンク監督は「(中国選手の)技術と体力が良くない。戦術的な問題もある。選手の選抜にも根本的な問題点がある」と辛辣に批判した。

ヒディンク監督の批判は、今後実行する哲学を物語っている。
技術と体力を強調した戦術に基づいてチームを作る考えであり、中国サッカー協会も選手の推薦をできるだけ排除するつもりだ。



ヒディンク、「中国は東京オリンピック出場を望んでいる」…イングランド式指導を予告
スポータルコリア




※一部要約

フース・ヒディンク監督が中国U-21選手にイングランドスタイルを移植する計画である。

ヒディンク監督は2020東京オリンピックを準備する中国U-21代表の指揮棒を取る予定だ。
中国サッカー協会の発表がないだけで、ヒディンク監督の就任は事実上確定している状態である。
すでにヒディンク監督は中国で直接試合を観戦し、選手の把握に入った。

彼はオランダTVサッカープログラムの"ベロニカ"で「私はイングランドスタイルの監督として仕事をするだろう」と語った。
ヒディンクは様々な国、リーグで指導者生活をしてきた。
彼はチェルシーの監督を引き受けたこともあり、イングランドスタイルが何なのかをよく知っている。

ヒディンク監督は自分が見たとき、中国U-21代表に最も合っているスタイルに、イングランドの速くて力のあるサッカーを挙げた。
これを中国U-21代表に移植するという意味だった。

彼はオランダ、韓国、オーストラリアを率いてワールドカップの舞台を踏んだが、オリンピックは経験できていなかった。
ヒディンク監督は「東京オリンピックは自分にとっても魅力的だった」として、自分の最後の舞台をオリンピックとみなした。



"韓国-イラン戦"が終わってから捉えられた"ソン・フンミンのマナー"…イラン選手を励ます
MBN




※一部要約

ソン・フンミン選手の"マナー"に注目が集まってます。

昨日行われた男子アジア大会サッカー16強戦で、韓国はイランに2対0で勝利しました。


0001279221a.jpg

0001279221b.jpg


試合後、グラウンドに横たわっているイラン選手に近づき、励ます姿が捉えられました。

ソン・フンミン選手は茫然自失の表情をしたイラン選手に握手を求め、抱擁をして励ましました。

ソン・フンミン選手が励ます姿が伝えられると、すぐにファンは「実力だけが優れているのではない」、「これが本当のスポーツ精神だ」と言いました。


0001279221c.jpg



ヒディンク、中国オリンピック監督就任…"年俸147億+3年契約"(中メディア)
スポータルコリア




※一部要約

フース・ヒディンク監督が中国オリンピック代表の指揮棒を取る。
3年契約でマルチェロ・リッピ監督の年俸の半分に準ずる金額を受ける。

中国地域紙"広州日報"は20日、「ヒディンク監督が中国オリンピック代表に赴任する。9月始めに中国オリンピック代表を公式に指揮する見通しだ。ヒディンク監督は中国サッカー協会と3年契約を結んだ」と報じた。

年俸も天文学的である。
"広州日報"によると、中国サッカー協会は現中国代表A代表のリッピ監督の年俸の半分でオファーした。
リッピ監督は中国代表に赴任したときの年俸が2300万ユーロ(約294億ウォン)だったが、その半分である1150万ユーロ(約147億ウォン)を受ける見通しだ。

中国サッカー協会がヒディンク監督を選任した理由は明白である。
2002韓日ワールドカップで韓国の4強神話を作ったヒディンク監督に、中国神話を任せたわけだ。
中国サッカー協会は2020東京オリンピックで中国が成果を上げることを願っている。






"パク・ハンソマジックシーズン2"…ベトナム、日本撃破ですぐ現地メディア・ファンが熱狂
韓国経済




※一部要約

2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカーでベトナムサッカー代表が日本を破ってグループ1位で16強に進出すると、すぐにベトナム現地からパク・ハンソ監督への賛辞が溢れている。

オンラインメディアのVNエクスプレスは、ベトナムサッカー代表がアジア大会男子サッカーD組3次戦で日本に1-0で勝ったニュースを、HPのメイン画像のトップ記事で扱った。

このメディアは試合過程を詳細に紹介し、「ベトナムは成し遂げた。これからさらに大きな挑戦が待っているが、国民の皆が喜んでいる」と伝えた。

日刊ベトナムニュースやベトナム通信(VNA)なども「ベトナムが日本を破ってグループ1位で上がった」として、パク・ハンソ監督の選手交代などの戦術変化を詳細に紹介した。

ベトナムがU-23の試合やAマッチで日本を破ったのは、今回が初めてである。
そのためベトナムの現地メディアだけでなく、フェイスブックやサッカーファンのページなど、SNSでもパク監督とベトナム代表を応援する文が溢れている。


0003998005a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング