ドラマを抜いたパク・ハンソ症候群、リアルタイム視聴率16%突破
スポTVニュース




※一部要約

ドラマ"運命と怒り"を欠放して、パク・ハンソ監督が指揮するベトナム代表の2018AFFスズキカップ決勝2次戦がSBS TVを通じて生中継された。
リアルタイム視聴率が16%を突破し、パク・ハンソ症候群がバブルではなかったということが証明された。

聯合ニュースは15日、リアルタイム視聴率調査会社ATMAによるとこの日の午後9時30分から11時21分までSBS TVが生中継したベトナム-マレーシア戦の視聴率が16.31%と集計されたと報じた。
ATAMはソウル首都圏700世帯を基準に視聴率を調査している。

期待に応えたパク・ハンソ監督のベトナムは、15日夜にハノイのミーディン国立競技場で行われたスズキカップ決勝2次戦でマレーシアを1-0で下した。
1次戦の2-2の引き分けに続き、1勝1分けで10年ぶりに東南アジア最強を決めるスズキカップの頂点に上った。

SBSによると、1次戦の視聴率は4.706%を記録し、試合後半には何と7%を突破したりもした。
そのような視聴率は韓国プロ野球中継を含め、2018年の一年にケーブルチャンネルで放送されたスポーツプログラムの中で最高の視聴率を占めた。

1次戦の視聴率は2010年以降にケーブルチャンネルで放送されたすべてのスポーツコンテンツの中で最高記録の数値だ。
さらに決勝1次戦の試合は、当日の同時間帯に放送された一部地上波のドラマまで抜く気炎を上げた。
2次戦を地上波で中継したSBSは、優勝セレモニーまで中継した。



中にアジアクォーター復活の動き、代表DFに貪欲な目つき
ゴールドットコム




※一部要約

中国スーパーリーグが1年で外国人選手の政策に再び手を加える。
これまではバブルを取り除くことに焦点を合わせていたが、AFCチャンピオンズリーグでの不振で再び外国人選手の補強に力を与える見通しだ。
アジアクォーターの復活も有力である。
その余波はKリーグと代表選手に影響を及ぼすしかない。

スーパーリーグは去年、外国人選手の制度を変更した。
アジアクォーターを廃止し、4人の保有を3人の出場に規模を減らした。
夏には外国人選手の獲得にかかる費用にも上限ラインを引いた。
移籍金バブルで否定的な問題が起こり、600万ドル(約72億ウォン)以上の移籍金を支払った外国人選手の獲得には、100%の税金を幼少年発展基金のファンドに出す一種の贅沢税を付与した。

唐突な制度変化に衝撃が起きたが、各クラブは受け入れるしかなかった。
今シーズンを準備する過程で、以前ほど世界的な選手がスーパーリーグに来ることはなかった。
代わりに上位圏のチームは迂回戦略を使った。
完全移籍ではなくレンタル方式で有名選手を連れてきた。

アジアクォーター廃止はスーパーリーグに渡った韓国選手の直撃弾となった。
チャンピオンズリーグのために韓国選手を保有するクラブはあったが、出場機会は凸凹だった。
キム・ヨングォン(広州恒大)はチームがAFCチャンピオンズリーグ16強で脱落すると、すぐ2軍を中心にプレーした。
ホン・ジョンホ(江蘇蘇寧)は全北現代にレンタルで去って脱出口を用意した。
チーム内の立場が特別だったクォン・ギョンウォン(天津権健)くらいが確かな主戦だった。

脆くもこの制度は1年で再び振り出しに戻る雰囲気である。
各チームの成績不振により利害関係が絡まっているからだ。
スーパーリーグはAFCチャンピオンズリーグで天津権健の1チームが8強に上がるのに留まった。
自国リーグでは大手の広州恒大が上海上港に押されて優勝を逃した。



イランのアリ・ダエイ「アジアカップ決勝戦、イランと日本の対決」
マイデイリー




※一部要約

アジアカップ最多ゴール記録を持っているイランのアリ・ダエイが、日本のアジアカップ決勝行きを予想した。

ダエイは10日、AFCのHPでアジアカップの展望を伝えた。
1993年から2006年までイラン代表で活躍し、Aマッチ149試合で109ゴールを放ったダエイは、バイエルン・ミュンヘンで活躍して全盛期を過ごすなど、アジアを代表するFWとして活躍した。
ダエイはアジアカップで通算14ゴールを放ち、最多得点者に上がっている。

ダエイはアジアカップの優勝争いについて、「日本が強力な優勝候補だと思う。私たちイランも高いレベルにあると思う。イランが決勝に上がれることを望んでいる」という意をあらわした。
続けて「日本はワールドカップで素晴らしいサッカーを繰り広げることができることを示した。かなりの発展をした。日本とイランがトーナメントの序盤で対決しなければ、両チームが決勝戦で対決する可能性がかなり高い」と強調した。

イランの戦力については「過去2-3年の間にイランはかなり発展した。選手は代表で長い間活躍しているし、互いをよく理解している」と評価した。

一方、韓国は来月UAEで行われるアジアカップで通算3回目の優勝に挑戦する。
韓国は来月7日にフィリピンを相手に大会初戦を行う。



2018AFCアウォーズに韓国はなかった…韓国人受賞者"ゼロ"
聯合ニュース




※一部要約

韓国サッカーが2018AFCアウォーズで4年ぶりに受賞者を1人も輩出できなかった。

AFCは29日、オマーン・マスカットで"2018AFCアウォーズ"を開き、今年にアジアサッカーを輝かせた選手や監督、各国サッカー協会を表彰した。

だが今年の授賞式で"韓国"は呼ばれることができなかった。
韓国サッカーがAFCアウォーズで受賞者を出せなかったのは、2014年の授賞式以来4年ぶりだ。

今年、韓国はAFCアウォーズの候補発表で水原三星のチョン・セジンが唯一"今年の有望株"候補に上がり、日本の西川潤とサウジアラビアのトゥルキ・アル・アマルと争ったが、受賞の栄光はアル・アマルになった。

去年"今年の国際選手賞"を授かったソン・フンミンが2年連続受賞を期待したが、日本の長谷部誠が受賞者に決まった。

北韓は"AFC今年のサッカー協会"の中で発展部門賞を授かった。



本田が率いるカンボジア、ラオス制圧…"6Gで初勝利"
スターニュース




※一部要約

日本サッカー代表の本田圭佑が率いるカンボジアがラオスに完勝をおさめた。
"監督"本田は6試合で初勝利を上げる感激を享受した。

本田が率いるカンボジアサッカー代表は20日午後8時30分、カンボジアにあるプノンペン競技場で行われたラオスとの"2018東南アジア連盟チャンピオンシップ(以下スズキカップ)"グループリーグA組3次戦に3-1で勝利した。
前半だけで2ゴールを決め、簡単に試合を手にした。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング