チェ・ガンヒの大連、よりによってジョナタン-シュティーリケの天津に膝"4G目も無勝"
OSEN




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が率いる大連一方が再び敗れ、初勝利に失敗した。

大連は7日、大連スポーツセンターで行われた2019中国スーパーリーグ(CSL)4ラウンドのホーム試合で、天津泰達に1-2で敗れた。

これで2連敗に陥った大連は2分け2敗、勝ち点2となった。
開幕から1勝もおさめられず、16クラブのうち13位に上がっている。

大連はニャシャ・ムシェクウィ、ヤニック・カラスコ、マレク・ハムシクの3人衆を前に出してシーズン初勝利に挑戦した。
だが前半15分に相手のジョナタンに先制ゴールを許した。
大連は後半7fンに同点ゴールで降り出しにした。
だが後半37分に再びジョナタンに失点して勝負を譲ってしまった。

ジョナタンは大邸FC、水原三星で活躍したFWである。
全北現代時代のチェ・ガンヒ監督を誰よりもよく知っている選手だ。
さらに天津の司令塔はウリ・シュティーリケ監督である。
シュティーリケ監督もやはり2017年6月に更迭されるまで、ほぼ3年間韓国代表を率いていいた知韓派だ。



[インタビュー] チョン・ウヨン「シャビとプレーするのは祝福…カタールは亜で見るのが難しい」
スポTVニュース




※一部要約

チョン・ウヨンが所属するアル・サッドがカタール・スターズリーグで優勝した。
チョン・ウヨンは5日のアル・アリとのリーグ21ラウンドで、後半追加時間に幻想的なFKゴールを決めてチームの7-2の勝利を助けた。
この日に優勝を確定させたアル・サッドは、6年ぶりにカタールリーグの頂点に上った。

2018ロシアワールドカップ直後の去年6月、チョン・ウヨンはヴィッセル神戸からカタールの名門アル・サッドに移籍した。
長い間チョン・ウヨンを注視してきたアル・サッドは、バイアウト金額(500万ドル・約57億ウォン)を出して彼を獲得した。

チョン・ウヨンはアル・サッドで世界的スターのシャビ・エルナンデス、ガビらと呼吸を合わせた。
来シーズンからは"中東メッシ"ナム・テヒもチームに合流する。
ナム・テヒは2月にアル・サッドと3年契約を結んだ。
早くチームに溶け込んだチョン・ウヨンは今シーズン、AFCチャンピオンズリーグと国王カップの制覇にも挑戦する。

チョン・ウヨンはA代表でも活躍している。
代表はキ・ソンヨンとク・ジャチョルが引退を宣言し、中盤は新たな枠組み作りに突入した。
パウロ・ベント監督はチョン・ウヨンに信頼を送っている。
チョン・ウヨンはベント監督就任後、14回のAマッチのうち11試合に出場した。

チョン・ウヨンは9日にスポTVニュースとのインタビューで、リーグ優勝の所感とカタールサッカーの現レベル、自分のサッカー哲学、代表生活などについての考えを明かした。



[★現場] "韓物品を投擲"ファルカオの非マナー爆発、実力もマナーも負けた
スターニュース




※一部要約

ファルカオの非マナー行為がサッカーファンの眉をひそめさせた。
オフザボールの状況で、韓国代表選手団が使う物品(応急キットボックス)を投げた。

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表は26日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われたコロンビア代表との親善試合に2-1で勝利した。

コロンビアは実力でもマナーでも負けた。
非マナーの状況は後半43分頃に発生した。
コロンビアのCKを韓国守備陣がよく防いだ。
続いてチョ・ヒョヌがグラウンドに倒れてオフザボールの状況が発生した。

コロンビアは1-2で負けていた。
状況が差し迫っていた。
特にハメス・ロドリゲスやファルカオのようなスタープレーヤーはなおさら急ぐしかなかった。

だがその瞬間に彼らの非マナープレーが出た。
韓国が時間をかけたと判断したからなのか、不満混じりのジェスチャーをいっぱいに取った。

ついにファルカオの非マナー行為が爆発した。
韓国選手が使う応急キットボックスを突然ラインの外へ向けて投げ捨てたのだ。
自国でもなく、韓国選手が使うものだった。
明らかな非マナー行為だった。

コロンビア選手は試合後も敗北を認められない姿を見せ、韓国ファンのブーイングを一身に受けた。
コロンビアは実力でもマナーでも負けた。






「ケイロスは韓国の主敵」…コロンビアメディア、拳ジャガイモ事件に照明
ベストイレブン




※一部要約

韓国戦を控えているコロンビアのメディアが、カルロス・ケイロスコロンビア代表監督と韓国代表の関係にスポットを当てて、チェ・ガンヒ元代表監督に拳ジャガイモを飛ばした過去のエピソードまで紹介した。

スペイン<マルカ>のコロンビア版は、26日午後8時にソウルワールドカップ競技場で行われる親善試合のコロンビア戦を前に、"ケイロス監督は韓国の主敵だ"というヘッドライン記事を載せた。

このメディアは2013年6月18日に蔚山文殊競技場で行われた2014FIFAブラジルワールドカップアジア地区最終予選の韓国-イラン戦を紹介し、当時ケイロスかのt句が1-0で勝利を確定させた後でチェ監督に向けて拳ジャガイモを飛ばした事件にスポットを当てた。

その他に、ケイロス監督は韓国を相手にとても強い姿を見せてきた。
まるで韓国がどの手を使うのか知っている人間であるかのように、上手に韓国を料理した。
ケイロス監督就任後、イランは韓国に一度も負けたことがない。
4勝1分けの圧倒的優位を見せてきた。
すべて1-0の勝利であり、就任から最後の対決までの5試合で1ゴールも許さない底力を誇示した。

そんな彼が今度はコロンビア代表の指揮棒を手にして韓国遠征に出る。
2017年8月31日のFIFAロシアワールドカップアジア地区最終予選の試合(0-0の引き分け)以来、約1年7ヶ月ぶりの韓国遠征である。
韓国にとっては死神と変わらないケイロス監督が、韓国戦の無敗記録を6試合に伸ばすのかに関心が集まる。
韓国としては"ケイロスジンクス"を払い落とさなければならない課題に直面した。


190324115206320.png



"14億の中・自尊心"ウー・レイ、3732日ぶりにヨーロッパ5大リーグで得点
マイデイリー




※一部要約

14億の中国大陸の自尊心ウー・レイ(※武磊)が、3732日ぶりにヨーロッパ5大リーグで得点した中国選手になった。

ウー・レイは2日、スペインのRCDスタジアムで行われたレアル・バリャドリードとのプリメーラリーガ26ラウンドのホーム試合に先発出場し、デビューゴールを放った。

スペインの舞台に進出してから最初の得点に成功したウー・レイは、中国選手として初めてリーガでゴールを決めた選手になった。

エスパニョールの3-1の勝利を導いたウー・レイは、後半39分に交代してホームファンの起立拍手を受けた。

"大陸ロナウド"ウー・レイのゴールに14億の中国も揺れた。
中国メディアの新浪スポーツは「ウー・レイは3732日ぶりにヨーロッパ5大リーグで得点した選手になった」と報じた。

これまでの5大リーグの得点は、2008年にドイツ・ブンデスリーガでプレーしていたシャオ・ジャイだった。
それから約10年ぶりにヨーロッパビッグリーグで得点者が出てきたのだ。




興奮した中メディア、「ウー・レイ、3732日ぶりに5大リーグの得点者
ベストイレブン




※一部要約

ウー・レイは1991年生まれのソン・フンミンより1歳上で、中国代表のFWである。
そのため中国メディアではソン・フンミンの比較対象としてしばしば取り上げられたりもする。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング