"韓国と交渉した"ケイロス、2019年までイランに残る
スポータルコリア




※一部要約

カルロス・ケイロス監督が2019年のアジアカップまでイラン代表を指揮する見通しだ。
イラン体育会の高位幹部まで、ケイロス監督の残留を確信した。

イラン日刊紙"テヘラン・タイムズ"は15日、「ケイロス監督がイランサッカー代表に残留する。ケイロス監督は2019年のAFCアジアカップまでイランを導く見通し」と報じた。

ケイロス監督は2011年にイラン代表の指揮棒を手にした。
イランはケイロス監督の下、実利的なサッカーでアジア最高の席に上がった。
2回のワールドカップでは16強進出に失敗したが、2018FIFAロシアワールドカップでは特有の色でポルトガルとスペインを苦しめた。

ワールドカップ後にイランとの決別説が出回った。
契約延長をしなかった状況で、大韓サッカー協会と交渉した状況が捉えられた。

コロンビア代表就任説もあった。
だがケイロス監督はイラン代表に残る見通しである。
イランサッカー協会はケイロス監督の要求を受け入れ、残留に総力を尽くした。
イラン体育次官のモハマド・レザ・ダヴァルザニも「ケイロスは2019年のアジアカップまで残るだろう」と確信した。






"1人2役"本田、カンボジア代表監督挑戦
ベストイレブン




※一部要約

本田圭佑が今度は監督に挑戦する。
それも代表監督としてキャリアを始める。

日本サッカーメディア<サッカーキング>によると、最近オーストラリアクラブのメルボルン・ヴィクトリーと契約した本田がカンボジアで記者会見を行い、カンボジアサッカー代表監督および団長を歴任すると報じた。
この報道によると、本田はメルボルンで現役としてキャリアを続けながらも、Aマッチなどの国際大会では監督としてカンボジアA代表を指揮するという。

本田は「カンボジアサッカーが指向すべきサッカースタイルを作り出すことが目標」と語った。
また、「カンボジア内でPR活動を展開していくだろう」と語った。
本田はメルボルンで練習しながら、一週間に数回カンボジアのコーチングスタッフとテレビ会議を開き、意見を交換すると発表された。

本田のカンボジア指令塔就任は様々な面で特異なケースである。
現役選手が監督としても活動する事例はしばしばあった。
1980年代にリバプールのレジェンドであるケニー・ダルグリッシュが、リバプールを引き受けてリーグ優勝を導いたことがあった。
だが通常は、選手権監督は一つのチームでされていた。
だが本田はオーストラリアクラブで選手としてプレーしてカンボジアを指揮する、独特の事例を残した。
このような状況が可能な理由は、本田が2018FIFAロシアワールドカップ直後に代表引退を宣言したためである。
日本A代表にはもう行かないが、本田はAマッチ期間でも相変わらず忙しいようだ。



AG男子サッカー組分け、23日再抽選の見通し…3ヶ国追加
OSEN




※一部要約

稀代の寸劇によってアジア大会男子サッカーの組み合わせ抽選が再び行われる。
アジア大会2連覇を狙う男子代表にとって悪材料である。

マレーシア"ザ・スター"とタイ"バンコク・ポスト"は21日、「アジアサッカー連盟(AFC)はアジア大会男子サッカーのグループリーグ再抽選を命令した。再抽選は23日にジャカルタで行われる」と報じた。

AFCは5日、韓国を含む2018インドネシア・ジャカルタ-パレンバンアジア大会の参加国24チームを、4チームずつの6組にした。

今回のアジア大会は8月18日に開幕し、9月2日まで行われる。
特に他種目に比べて長期レースのサッカーは、開幕式が行われる前の14日から始まる。
決勝戦は閉幕式直前の9月1日に行われる計画だ。

キム・ハクボム監督が率いる韓国U-23代表はキルギスタン、マレーシア、バーレーンとE組に配置された。
相対的に楽な組分けで、アジア大会2連覇に向かう第一歩は軽くなりそうだった。



[ワールドカップレビュー] "ネイマール1ゴール1アシスト"ブラジル、メキシコを2対0で下して"8強行き"
スポーツ朝鮮

20180703010716202.jpg


※一部要約

ブラジルがメキシコを下して8強に上がった。

ブラジルは2日午後11時、サマーラ・アリーナで行われたメキシコとの2018ロシアワールドカップ16強戦で1ゴール1アシストを記録した"エース"ネイマールの活躍を前面に出し、2対0で勝った。
ブラジルはワールドカップのメキシコ戦で5試合無敗行進(4勝1分け)を継続した。
ブラジルは7日午前3時、カザン・アリーナでベルギー-日本戦の勝者と8強戦を行う。


20180703010716202a.jpg

20180703010716202b.jpg

20180703010716202c.jpg

20180703010716202d.jpg



"カバーニ"ウルグアイ、ポルトガルに2-1勝ち…フランスと8強で激突
マイデイリー




※一部要約

カバーニが2ゴールを放ったウルグアイが、ロナウドが沈黙したポルトガルを下して8強に進出した。

ウルグアイは1日、ロシアのフィシュト・スタジアムで行われた2018FIFAロシアワールドカップ16強戦のポルトガルとの試合で、マルチゴールを放ったカバーニの活躍に酔って2-1の勝利をおさめた。

これで8強に上がったウルグアイは、アルゼンチンを下したフランスと大会8強戦を行う。








Page Top

ブログパーツ アクセスランキング