[ヨーロッパPO 3行要約] "悪夢が現実に"イタリア、スウェーデン戦逆転失敗…15回連続WC行き挫折
スポTVニュース




※一部要約

3行で要約した2018年ロシアワールドカップヨーロッパ地区プレーオフ2次戦イタリアvsスウェーデン

1. 開始から攻勢、切実なイタリア
2.イタリアはFWだけで3人投入、全身で堪えたスウェーデン
3.悪夢が現実に、イタリアはワールドカップ本戦行きに失敗


20171114070757261a.png


◆試合情報

2018年ロシアワールドカップヨーロッパ地区プレーオフ2次戦、2017年11月14日午前4時45分(韓国時間)、サンシーロ、ミラノ(イタリア)

イタリア 0-0(0-0) スウェーデン



セルビア監督「韓国サッカーは大きく発展…タフな試合を予想」
ニュース1




※一部要約

ムラデン・クルスタイッチセルビア監督が、韓国サッカーは過去と比べて発展したとして、タフな試合を予想した・

セルビアは14日午後8時、蔚山文殊競技場で韓国と評価試合を行う。
クルスタイッチ監督は試合前日の13日、文殊競技場で行われた記者会見で「12日午後に初練習をした。韓国の歓待をありがたく思う」として、「韓国はワールドカップに出場するチームなので良いチームだ。タフな試合になると予想する。良い試合をできるようにする」との意向を明かした。

クルスタイッチ監督の訪韓は今回が初めてではない。
彼は2000年にユーゴスラビア代表として韓国を訪問、2回の評価試合をした経験がある。

クルスタイッチ監督は「選手時代の2000年と今の韓国サッカーを比べると、(韓国が)発展したことがわかる。これは国際大会でおさめた成績から知ることができる」として、「韓国相手に競技場で印象的な競技力を引き出せるように準備している」と明かした。

セルビアは10日に行った中国との評価試合に2-0で勝ったことがある。
そのときセルビアは、相対的に優位な体格と力を全面に出して完勝した。

クルスタイッチ監督は「(セルビアの)身体的条件が優れているので自然と出てくるプレーだ。(韓国戦では)特に体格的な優位を活かす戦術やサッカーについては考えていない」と伝えた。



[UCL] "メッシ2ゴール炸裂"バルサ、ユベントスに3-0の完勝…D組初勝利申告
スポータルコリア

20170913054138836.jpg


※一部要約

FCバルセロナがメッシの2ゴールを前面に出してユベントスを制圧した。

バルサは13日、カンプ・ノウで行われたユベントスとの2017/2018UEFAチャンピオンズリーグD組1次戦に3-0で勝利した。
メッシが2ゴールを決め、ラキティッチが1ゴールを加えて強敵を倒した。


20170913054138836a.jpg

20170913054138836b.jpg



[EPL ISSUE] "77日-5G"デ・ブール、EPL史上最短試合
インターフットボール




※一部要約

フランク・デ・ブール監督が77日-5試合でクリスタルパレスから更迭された。
彼はイングリッシュプレミアリーグの歴史上で最も短い試合で更迭された監督として記録された。

パレスは11日、クラブのHPで「デ・ブール監督と朝に会い、更迭に合意した」と発表した。

続けて「デ・ブール監督の献身と努力に謝意を表する。新監督は近いうちに選任され、デ・ブール監督の幸運を祈る」と伝えた。

一方、デ・ブール監督の後任にはロイ・ホジソン監督が有力であることがわかった。




イ・チョンヨンのミスの後よりによって…パレスのデ・ブール監督、77日で更迭
スポーツ韓国




※一部要約

よりによってイ・チョンヨンのミスの後に起きたことだった。
前日行われたバーンリー戦でイ・チョンヨンはシーズン初の先発出場に成功したが、酷いバックパスのミスを犯した。
そのバックパスから得点が炸裂し、結局この失点でパレスは0-1で敗れた。



北サッカー新星ハン・グァンソン、北核実験でイタリアリーグ退出説
ヘラルド経済




※一部要約

北韓の核実験の余波が、最近の欧州リーグを熱くして人気を呼んでいる北韓"サッカーの新星"ハン・グァンソンの運命に影響を及ぼすのか注目されている。

国際社会の強い憂慮にもかかわらず核実験を強行した北韓に対し、11日に強力な対北制裁案を評決する予定の中、対北制裁の中には北韓への原油提供中断、北韓労働者追放などの内容が含まれていることがわかった。
また、EU次元では北韓労働者の雇用禁止を別途で推進中である。
ヨーロッパに北韓労働者は多くないが、続いている北韓の核開発に警告をするため、直接的にヨーロッパの北韓労働者に対して制裁を加えるということだ。

その場合、ハン・グァンソンがヨーロッパの国の主なターゲットになり得る。
イタリアのプロサッカーチームに移籍したハン・グァンソンは、毎試合ゴールを奪うなど、期待以上の活躍でイタリア現地ファンから大きな歓声を受けている。
ついにはイタリアリーグの名門チームであるユベントス、世界サッカーの最上級リーグであるアーセナル、エバートンまでハン・グァンソンに関心を持っているという裏話である。

国連とEU次元で対北制裁案が決議されれば、ハン・グァンソンのヨーロッパ生活に変化が予想される。

ハン・グァンソンは今年3月にセリエAのカリアリに移籍し、北韓選手で初めてヨーロッパの中央の舞台でゴールを決めた。
昨夏にセリエBのペルージャにレンタルされ、勢いに乗った試合感覚を誇っている。
2部リーグの2試合で一回のハットトリックを記録し、別の試合で1ゴール決めるなど、計4ゴールを決めてチームの連勝を導いた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング