FCバルセロナが来年に中国、日本で試合…韓国は外れる
イーデイリー




※一部要約

スペイン・プロサッカー"ラ・リーガ"の名門クラブであるFCバルセロナのアジアツアーから韓国が除外された。

リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、サミュエル・ウムティティら華やかなスタープレーヤーが所属するFCバルセロナは17日、クラブHPで「チームのブランド世界化拡張戦略により、来年に中国と日本を訪れることにした」として、「中国と日本は戦略的に最も重要な10ヶ国のうちの2ヶ所」と明かした。
続けて「FCバルセロナは中国と日本で事業を拡大し、新たなファンを見つけるために努めている」として、「クラブHPで日本語、中国語、インドネシア語のサービスをするのも同じ脈絡」と説明した。
今回のアジアツアーで残念ながら韓国は外れた。




バルセロナ、中国・日本で親善試合…韓国は除外
スポーツ京郷




※一部要約

日本メディアはバルセロナが日本プロサッカーJリーグのヴィッセル神戸と親善試合を行うと予想した。
ヴィッセル神戸の親企業はバルセロナのメインスポンサーである楽天だ。
バルセロナのフランチャイズスターのアンドレス・イニエスタが5月にヴィッセル神戸へ移籍したこともある。



危機のマンU-ニューカッスルの先発ラインナップ発表、キ・ソンヨンメンバー外
Newsen




※一部要約

キ・ソンヨンが強豪マンUを相手に欠場する。

マンチェスター・ユナイテッドとニューカッスル・ユナイテッドの"2018-2019イングランド・プレミアリーグ"8ラウンドの試合が10月7日、英国マンチェスターのオールド・トラフォードで行われる。

両チームはどちらも最近の雰囲気が悪い。
マンUは最近の公式戦で4試合連続無勝である。
ジョゼ・モウリーニョ監督は更迭論に苦しめられている。
選手団内でも監督との葛藤があるというニュースが続いた。

ニューカッスルは今シーズンに勝利がない。
2分け5敗でリーグ18位である。
シーズン序盤にトッテナム、チェルシー、マンシティ、アーセナルの強豪と続けて会ったりしたが、最近2試合でクリスタル・パレス、レスター・シティを相手にも1分け1敗に終わった。

ニューカッスルはジョンジョ・シェルヴェイ、モハメド・ディアメで中盤を構成した。
マンUはロメル・ルカク、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチら主力選手をほとんど先発に投入した。
アレクシス・サンチェスはベンチから試合を始める。



[ワールドカップレビュー] "20年ぶりのチャンピオン"フランス、クロアチアを4-2で撃破…通算2回目の優勝達成!
スポTVニュース




※一部要約

フランスがクロアチアを下して1998年に自国で行われたワールドカップから20年ぶりに、通算2回目の優勝を達成した。

フランスは15日午前0時、ルジニキ・スタジアムで行われた決勝戦のクロアチアとの試合に4-2で勝利した。
グリーズマン、ポグバ、ムバッペが皆得点した。
16強から3試合連続で120分延長の血戦を行ったクロアチア熱風を、フランスが撃破した。


20180716020251187a.jpg

20180716020251187b.jpg

20180716020251187c.jpg



"アザール楔のゴール"ベルギー、イングランドを2-0で下して3位で有終の美
マイデイリー

20180715005222493.jpg


※一部要約

"黄金世代"ベルギーが"サッカー宗主国"イングランドを退けて3位を占め、有終の美を飾った。

ベルギーは14日午後11時、サンクトペテルブルク・スタジアムで行われたイングランドとの2018FIFAロシアワールドカップ3位決定戦で、ムニエとアザールの連続ゴールによって2-0で勝利した。


20180715005222493a.jpg

20180715005222493b.jpg

20180715005222493c.jpg



"リバプール移籍"ナビ・ケイタ、腕部位の"戦犯旗"タトゥーで論難
スポーツトゥデイ




※一部要約

最近リバプールに合流したナビ・ケイタが、腕の部位に彫られた戦犯旗タトゥーで論難を醸している。

ケイタは27日にリバプールに合流した。
リバプールは公式HPでケイタのクラブ合流のニュースを伝えた。

だがケイタのタトゥーが国内ファンの間で話題になった。
ケイタの腕の部位には"戦犯旗"が彫られていた。

国内ファンのみならず、アジアの多くの国で戦犯旗は良くないものと認識されている。
"旭日旗"とも言われる戦犯旗は、第2次世界大戦のときの日本軍国主義の象徴のような旗だ。

最近、FIFAが公式チャンネルで広報したワールドカップ映像に戦犯旗が登場したときも、国内ファンの積極的な抗議によって当該の掲示物が削除されたこともあった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング