[オフィシャル] ルーニー、13年ぶりにエバートン復帰確定・・・2年契約
スポータルコリア




※一部要約

ウェイン・ルーニーが13年ぶりに実家チームのエバートンに復帰した。

エバートンは9日、クラブの公式HPでルーニーの復帰を伝えた。
契約期間は2年である。

ルーニーは2004年にエバートンを去ってマンUに合流した。
その後マンUで559試合253ゴール145アシストを記録し、オールドトラフォードの生ける伝説になった。
だがジョゼ・モウリーニョ監督体制で立場が揺れ、リーグ5ラウンドのワトフォード戦以降は交代や欠場まで経験していた。




"実家復帰"ルーニー、「マンUの他にはひとえにエバートンだけ」
インターフットボール




※一部要約

ルーニーは「何年か前にも話していた。私がマンUを去るなら、プレーしたいチームはエバートンだけだと。私は他のプレミアリーグのチームでプレーしたくなかった」として、「エバートンが私に関心があることがわかったとき、私の代理人に"行って彼らに伝えてほしい。現実にしようと、そこは私が行きたいところだ"と言った」と、エバートン復帰に強い意志があったことを語った。



[オフィシャル] マンU、ルカク獲得を公式発表・・・移籍金合意
スポータルコリア




※一部要約

最終的にロメル・ルカクを抱えたのはマンチェスター・ユナイテッドだった。
マンUはチェルシーを出し抜いてルカク獲得に成功し、順調に補強作業を進められるようになった。

マンUは8日、クラブの公式チャンネルでルカク獲得のニュースを伝えた。
発表によると、マンUはエバートンとルカク獲得で合意し、メディカルを進めると伝えた。





今夏の移籍市場でFW獲得に死活をかけていたマンUは、大いに心配事を減らすことができた。
ズラタン・イブラヒモビッチが自由契約でチームを去り、事実上残っていた最前方の資源はマーカス・ラッシュフォードくらいだった。
ルカクという検証されたFWを連れてきて、来シーズンのリーグ-チャンピオンズリーグの日程に備えられるようになった。



ロナウド、「レアルを去る、後戻りしない」(西マルカ)
スポータルコリア




※一部要約

クリスティアーノ・ロナウドがレアル・マドリードとの別れを同僚に告げた。

スペイン日刊紙マルカは17日「ロナウドがレアルを去ることに決めた。サッカーではなく他の理由のためである。ロナウドはスペインでの生活に満足できずにいる。チームメイトに次の通り言った」と報じた。

「私はレアル・マドリードを去る。私の決定である。後戻りしない(Me voy del Madrid,lo tengo decidido. No hay marcha atras)」

原因は脱税疑惑である。
英国公営メディアBBCによると、ロナウドは2011年から2014年までの計4年間で186億ウォンを脱税した。
スペイン検察はロナウドが脱税した容疑を掴み、起訴を決めた。

脱税疑惑が膨らむと、すぐに所属チームのレアルはロナウドの無罪を主張した。
ロナウドも「良心に背いてない」と関連の疑惑を否定した。

だがなかなか状況が静まらず、スペインでの生活に幻滅を感じた格好である。
2017FIFAロシアコンフェデレーションズカップに参加しているロナウドは、チームメイトに「レアルを去る」と打ち明けた。






[U-20水原LIVE] イングランド、ベネズエラを下して史上初優勝
ベストイレブン




※一部要約

イングランドがベネズエラを下して史上初のU-20ワールドカップで優勝した。

イングランドU-20代表は11日、水原ワールドカップ競技場で行われたFIFA U-20ワールドカップコリア2017決勝戦で、前半35分のドミニク・キャルバート・ルーウィンのゴールに力づけられ、ベネズエラU-20代表に1-0で勝利した。
これでイングランドは今年で40年の歴史を迎えるU-20ワールドカップで史上初の優勝をする栄誉を味わった。







[U-20水原LIVE] 真夏の夜の夢、30346人とともにしたフィナーレ
ベストイレブン




※一部要約

待望の決勝戦が水原で行われた。
空は大会を見守るのに素晴らしい天気だった。
真夏の蒸し暑さは消え、涼しさだけが残っていた。
グラウンドを走る選手にとっても良かったが、試合を観戦する各国の観客にとっても最高の視聴条件だった。
誰かの夢が叶えられる真夏の夜、多くのサッカーファンと選手がともに席を輝かせた。

予想通り競技場には多くの観客が集まった。
何と30346人だった。
決勝戦であることを考慮しても、韓国の試合ではないマッチアップにこれだけ多くの人が集まったという事実は鼓舞的だった。
現場で見守っていても、場内の四方には相当な数の群衆が集まっていた。
ベネズエラとイングランドの国旗を手にした人々、トッテナム・ホットスパーやアーセナルのユニフォームを着たファン、顔にフェイスペインティングをした熱狂的ファンまで、色とりどりだった。
それでもウェーブをするときだけは皆一つだった。

試合の結果、真夏の夜の夢はイングランドが達成した。
だがベネズエラもよく戦ったし、ともにした30346人の地球村の人々も本当に素晴らしかった。
U-20ワールドカップが国際大会であることを実感した瞬間だった。
今夏、各国のサッカー青年が見た夢は、そのような祝祭の雰囲気の中で美しく幕を下ろした。



イタリアの疑心「また韓国?またエクアドル審判?」
蹴球ジャーナル




※一部要約

"第2のモレノ審判か?"

すでに15年が過ぎた。
今でもイタリアサッカーは韓国の地に気がかりがある。
U-20ワールドカップ4強に上がって最高の成績を更新しているのに、疑いの目を送っている。
2002年の大田での"悪夢"を再び取り上げて憤りを露わにした。

イタリアは5日、水原ワールドカップ競技場で行われたザンビアとの8強戦に3-2で勝利した。
初の4強進出は簡単ではなかった。
前半4分に先制ゴールを許した。
また、前半終盤に主戦DFが退場させられた。
それでも二度の同点ゴールで勝負を延長に持ち込み、その後千金ゴールで勝利した。

劇的な逆転にもかかわらず、イタリアメディアは前半のレッドカードが誤審だったと批判した。
状況はこうである。
ザンビアのカウンターのときにペッツェッラが手を相手FWの肩をそっとかけた。
主審はPKを宣言し、ペッツェッラに退場を命じた。
その後、ビデオ判定(VAR)でPKがFKに変わったが、レッドカードは維持された。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング