[オフィシャル] "日本ガンバFW"食野、マンシティ入団確定…レンタル有力
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョとガンバ大阪でプレーしていた食野亮太郎もチームを去る。
EPL優勝チームのマンチェスター・シティが行き先だ。
ただし食野はワークパーミットを通過できず、すぐにヨーロッパ内の他クラブへレンタルされる可能性が提起されている。

ガンバ大阪は9日、公式HPで「食野をマンシティに送ることを決めた」と発表した。
2017年にガンバ大阪に合流した食野は、2年でチームを移すことになった。

食野はガンバ大阪が大事にしている有望株だった。
今シーズンにU-23チームと1軍を行き来して活躍した。
J3リーグ所属のU-23で8試合8ゴール2アシストを決めるなど大活躍し、1軍でも12試合3ゴールで優れた成績を残した。
サイドの資源で最前方FWも消化できる選手である。

宮本恒靖監督をはじめとして、ガンバ大阪は食野を引き止めることを望んだが、ヨーロッパ進出を望む選手の意思を止められなかったことがわかった。
食野はイングランドの移籍市場の締め切り前に承認を受けたという。
ガンバ大阪はファン・ウィジョをジロンダン・ボルドーに送ったのに続いて、食野までマンシティに移籍させることになった。



"NO SHOW"対処もスーパースターのメッシ、SNSで直接謝罪
ベストイレブン




※一部要約

リオネル・メッシがアメリカツアーに出られなくなった。
メッシは自分の出場を待っていたアメリカファンに向けて、SNSで直接誠意に満ちた謝罪のメッセージを伝えた。

メッシは最近、ふくらはぎを負傷した。
バルセロナはクラブHPの声明書を通じ、メッシが負傷で痛みを感じて練習を中断し、プレシーズンの日程をともにできないと伝えた。

誰よりもこのニュースが残念だったのは、アメリカのメッシファンだった。
メッシを含めたバルセロナ選手団は8日と11日にアメリカで、ナポリを相手にアメリカのファンの前でプレーする計画だったからである。

これに対してメッシは直接SNSに謝罪文を残した。
メッシは「アメリカのファンとともにしたかったが、負傷でそれができなくなった。だが私たちはすぐに会えるはずだ。アメリカファンの愛にいつも感謝を申し上げる」として、アメリカのファンの虚脱した心を慰めた。

メッシは直接謝罪文を残すほど、アメリカツアーを尊重する姿を見せた。
これに対してアメリカファンもやはり、惜しさの中でもメッシの早い回復を願っている。



"ナルカンド"ロナウドは最初からプレーする気がなかった
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ナルカンド(※悪辣な強盗+ロナウド)"クリスティアーノ・ロナウドは最初からプレーする気がなかった。

"ロナウドノーショー"の後爆風が激しい。
26日にソウルワールドカップ競技場で行われたユベントスとチームKリーグの親善試合で、"主演"ロナウドはついにプレーしなかった。
ロナウドを見るために巨額を投じた65000人余りのファンは怒った。
直ちに集団訴訟に出た。
主催社のザ・フェスタは連日言論プレーをして、自分たちも被害者だと抗弁している。
プロサッカー連盟もユベントス側に抗議書簡を送り、直接言論ブリーフィングに出て対応した。

肝心の当事者ロナウドは沈黙している。
サッリ監督は「筋肉が良くない」と言ったが、ロナウドは復帰後に初めて上げたインスタグラムに、憎らしい表情でランニングマシンに乗っていた
すぐイベントに参加する余裕まで見せた。
ファンがさらに怒った理由である。
実際、ザ・フェスタの進行がいくら未熟だったとしても、プロサッカー連盟が(※厳しい日程の中で試合日を)間違った日に決めたとしても、ロナウドがわずか1分でも試合でプレーしていれば、これほど問題が大きくなることはなかっただろう。

だがロナウドは最後までグラウンドにそっぽを向いた。
ウォーミングアップすらしなかった。
すでにファンサイン会も参加しなかったロナウドは、ベンチにも最も遅く座った。
ザ・フェスタとユベントスの契約によると、ロナウドは必ず45分以上出場しなければならなかった。
例外条項はウォームアップ注の負傷、試合中の負傷だけだった。
いずれも該当しなかった。
だがサッリ監督は「ロナウドの体調が良くなかったので前日に欠場が決まった」と説明し、それは明らかに契約違反だった。

より正確には、守る意思がなかった。
スポーツ朝鮮の取材結果、ロナウドは試合出場に対する意思がなかった。
ユベントスの中国での日程を担当した現地の代理店をよく知る国内エージェントは「ロナウドが韓国に来る前、中国の代理店側の関係者が"おそらくロナウドはプレーしない"と言った。"ロナウドは中国での日程のせいですごく疲れて癇癪を起こした"と言った」と語った。
続けて「ユベントス側の関係者がオロオロしながらロナウドと話していたが、ロナウドはすべて冷酷に断ったと言っていた」として、「おそらくユベントスの関係者は早くにロナウドがプレーしないということも知っていただろう」と説明した。

また別の関係者もやはり「ロナウドの中国でのスケジュールはすごく窮屈だった。すでに怒っていた状態だったし、試合でプレーしない可能性が高いという話がかなり出回っていた」と語った。

それでも試合を強行し、さらに試合時間に遅れた。
そこに試合時間を短縮してほしいというカプチルまでした。
これは韓国ファンに対する完璧な欺瞞である。
私たちがロナウドに、ユベントスに怒らなければならない理由だ。



[現場フォーカス] ユベントス、傷だけを残した10時間…二度と会えない悪縁
スポータルコリア




※一部要約

チームKリーグとユベントスが26日、ソウルワールドカップ競技場で会った。
ユベントスは23年ぶり、クリスティアーノ・ロナウドは12年ぶりの訪韓で、ファンの期待は絶頂に達した。
UEFAチャンピオンズリーグの頂点を狙うチームと、バロンドール5回受賞の選手がともに登場するというのは、想像するだけでも楽しいことだった。

だがこれは想像だけに終わった。
まさかと思っいたことが、ドミノのように押し寄せてきた。
最初の入国から遅れた。
台風で飛行が2時間遅れたためである。
そこまではどうしようもない自然現象でもあった。
だが不誠実だったファンサイン会の態度に、1時間も遅れたキックオフなど。
最低45分はプレーすると契約したというロナウドは、ベンチにだけ留まって"最悪の訪韓"を完成させた。





ロナウドの出場時間に神経を尖らせたのは、9年前のことのためである。
2010年に訪韓したFCバルセロナもやはり、Kリーグ選抜チームと競った。
世界的スターに浮上したリオネル・メッシは当時、ベンチから試合を始めた。
体の状態が良くないという理由だった。
巨額を投じたファンにとっては惜しかったわけだ。
今でも好評を受けるイベントではないにしても、15分間プレーして2ゴールを固め打ちしたメッシのパフォーマンスが、慰めといえば慰めだった。

ユベントスが韓国に滞在した時間は10時間余りである。
26日午後3時直前に仁川国際空港から入国した彼らは、翌日の深夜1時頃に再び飛行機に乗った。
ロナウドが窮屈な日程に怒ったという話も出ている。
これを進めた主催側の責任もまた、重くなるしかない状況。
これほどの波紋であれば、再会が不可能なのはもちろん、今後のビッグクラブ招待にも影響がなくはないとみられる。



45分プレーすると言ったのに…ベンチだけ守ったロナウド"契約違反" [チームKリーグ-ユベントス]
MKスポーツ




※一部要約

大会主催側の主張が事実なら契約違反だ。
クリスティアーノ・ロナウドはプレーしなかった。
ソウルワールドカップ競技場のピッチには立たず、ベンチに座っていた。
90分ずっと。

ロナウドは26日、ソウルワールドカップ競技場で行われたチームKリーグとユベントスの親善試合に欠場した。
同僚とともに競技場を訪れたが、彼は出なかった。

キックオフは50分も遅れた。
だが"払い戻し"を求めて席を離れるサッカーファンはいなかった。
彼らは喜んで時間をさらに費やして待った。
ロナウドのユベントスを見るためである。

ロナウドが先発出場メンバーから除外されたが、あまり同様はしなかった。
ロナウドは訪韓前、21日のトッテナム・ホットスパー戦で63分、24日のインテル・ミラノ戦で90分を消化した。

出場時間の制限は予想された絵だった。
そして主催側は「ロナウドは45分以上プレーすると契約されている」と言及した。
皆はロナウドが後半開始と同時にジョーカーとしてプレーすると予想した。

だがロナウドは試合前はもちろん、ハーフタイムにも体を解さなかった。
ユベントスの選手はタッチラインの外で体を解してプレーする準備をしていたが、ロナウドは列外にいた。
ベンチでぽつんと座っていた。

無駄骨となったのは結局、高い金を払って貴重な時間を割いて競技場を訪れたサッカーファンだった。
ユベントスを見たかったが、彼らが見たかったのはロナウドがプレーするユベントスだった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング