[ラ・リーガ17R] "スアレス-メッシゴール"バルサ、レアルとのエル・クラシコで3-0勝ち…"無敗首位+スーペルコパの負け雪辱"
スポータルコリア




※一部要約

バルセロナがレアル・マドリードとの今シーズン最初のリーグでのエル・クラシコで笑った。

バルサは23日、マドリードのサンチャゴ・ベルナベウで行われたレアルとの2017/2018プリメーラ・リーガ17ラウンド遠征に3-0で勝利した。

これで開幕からリーグで17試合連続無敗(14勝3分け、勝ち点45)行進を続け、2位のアトレティコ・マドリード(勝ち点36)との差を広げるのに成功した。
また、スーペルコパ・デ・エスパーニャで喫した2連敗の痛みを返した。

ホームチームのレアル(勝ち点31)で4位を維持したが、最近のリーグ6試合連続無敗を続けられず、首位バルサとの差は15点に広がってしまった。


20171223225909317a.jpg

20171223225909317b.jpg

20171223225909317c.jpg



マンチェスターの乱闘劇に相撲の話を出したベンゲル、なぜ?
スポーツ京郷




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が最近話題になっているマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティの乱闘劇について、厳しい忠告を与えた。
ところがその過程で日本の相撲に言及して関心を集めた。

ベンゲル監督は13日、英国BBC放送のインタビュー映像で「私もその(乱闘劇の)消息を聞いたが、それについて何も見ることができてない」として、「だがそのようなことは大きなダービーマッチでは起こり得ること」と語った。

11日にオールドトラフォードで行われたマンUとマンシティの試合は、マンシティが2-1で勝利した。
だが試合後にマンシティの選手がロッカールームで大音量の音楽をかけて喜びを思う存分あらわし、機嫌の悪くなったモウリーニョ監督が直接マンシティのロッカールームに行って自制を求めた。
その過程でマンシティの選手とモウリーニョ監督の間で舌戦が繰り広げられ、そこにマンUの選手が加勢して雰囲気が険悪になると、最終的に集団の小競り合いにまで広がった。
マンシティのコーチであるミケル・アルテタは、飛んできた飲料のビンに当たって額が裂けたりもした。

ベンゲル監督は「そのような大きな試合で負けた後は、相手に100%の祝福を送るのはすごく難しいこと」と語った後、突然相撲の話を持ち出した。
彼は1995~1996年に日本Jリーグの名古屋グランパスの監督を引き受けた経験があり、日本文化をよく知っている。



[UCL対陣] チャンピオンズ16強対陣確定…トッテナムvsユーベ、PSGvsレアル実現
インターフットボール




※一部要約

ビッグマッチが実現した。
ソン・フンミンのトッテナムは昨シーズンの準優勝チーム・ユベントスと対決する。
そこにPSG-レアル、バルセロナ-チェルシーの対決も関心が集まる。

UEFAは11日、スイス・ニオンのUEFA本部で2017-18UEFAチャンピオンズリーグ16強の対陣抽選式を行った。
今回の対陣抽選式にはレアル・マドリード、リバプール、バイエルン・ミュンヘンなあどで活躍したシャビ・アロンソらが参加して席を輝かせた。





ユベントスvsトッテナム
バーゼルvsマンシティ
ポルトvsリバプール
セビリアvsマンU
レアル・マドリードvsパリ・サンジェルマン
シャフタールvsASローマ
チェルシーvsバルセロナ
バイエルン・ミュンヘンvsベシクタシュ



[ヨーロッパPO 3行要約] "悪夢が現実に"イタリア、スウェーデン戦逆転失敗…15回連続WC行き挫折
スポTVニュース




※一部要約

3行で要約した2018年ロシアワールドカップヨーロッパ地区プレーオフ2次戦イタリアvsスウェーデン

1. 開始から攻勢、切実なイタリア
2.イタリアはFWだけで3人投入、全身で堪えたスウェーデン
3.悪夢が現実に、イタリアはワールドカップ本戦行きに失敗


20171114070757261a.png


◆試合情報

2018年ロシアワールドカップヨーロッパ地区プレーオフ2次戦、2017年11月14日午前4時45分(韓国時間)、サンシーロ、ミラノ(イタリア)

イタリア 0-0(0-0) スウェーデン



セルビア監督「韓国サッカーは大きく発展…タフな試合を予想」
ニュース1




※一部要約

ムラデン・クルスタイッチセルビア監督が、韓国サッカーは過去と比べて発展したとして、タフな試合を予想した・

セルビアは14日午後8時、蔚山文殊競技場で韓国と評価試合を行う。
クルスタイッチ監督は試合前日の13日、文殊競技場で行われた記者会見で「12日午後に初練習をした。韓国の歓待をありがたく思う」として、「韓国はワールドカップに出場するチームなので良いチームだ。タフな試合になると予想する。良い試合をできるようにする」との意向を明かした。

クルスタイッチ監督の訪韓は今回が初めてではない。
彼は2000年にユーゴスラビア代表として韓国を訪問、2回の評価試合をした経験がある。

クルスタイッチ監督は「選手時代の2000年と今の韓国サッカーを比べると、(韓国が)発展したことがわかる。これは国際大会でおさめた成績から知ることができる」として、「韓国相手に競技場で印象的な競技力を引き出せるように準備している」と明かした。

セルビアは10日に行った中国との評価試合に2-0で勝ったことがある。
そのときセルビアは、相対的に優位な体格と力を全面に出して完勝した。

クルスタイッチ監督は「(セルビアの)身体的条件が優れているので自然と出てくるプレーだ。(韓国戦では)特に体格的な優位を活かす戦術やサッカーについては考えていない」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング