[ブンデスレビュー] "レバンドフスキ劇場ゴール"ミュンヘン、ベルリン遠征で1-1の劇的引き分け
インターフットボール




※一部要約

単独首位のバイエルン・ミュンヘンがベルリン遠征で劇的な引き分けを記録した。

バイエルン・ミュンヘンは18日、ドイツ・ベルリンにあるオリンピアシュタディオンで行われたブンデスリーガ21ラウンドのヘルタ・ベルリン遠征試合で、後半追加時間に炸裂したレバンドフスキの劇的な同点ゴールに力づけられ1-1の引き分けを記録した。
この日の引き分けによりミュンヘンは勝ち点50でリーグ単独首位を守った。


20170219013414730a.jpg




[ブンデス21R] "レバンドフスキ劇的ゴール"ミュンヘン、ベルリン遠征で1-1の引き分け
スポータルコリア

20170219012707931.jpg


※一部要約

後半34分にベルナトとコマンを交代して勝負に出て、試合終了直前に同点ゴールを放った。
後半追加時間にレバンドフスキが劇的な同点ゴールを放って試合は1-1の引き分けで終わった。


20170219012707931a.jpg



[UCL16強] "ディ・マリア2ゴール"PSG、バルサに4-0の大勝・・・8強行き青信号
スポータルコリア




※一部要約

パリ・サンジェルマンがホームでFCバルセロナに完勝した。

PSGは15日、パリのパルク・デ・プランスで行われた2016/2017UEFAチャンピオンズリーグ16強1次戦でディ・マリアとドラクスラー、カバーニの連続ゴールに力づけられ4-0の勝利をおさめた。
これでPSGは8強進出に青信号が灯った。


20170215063607269a.jpg

20170215063607269b.jpg

20170215063607269c.jpg



"また態度問題"バロテッリ、ニース2軍に墜落・・・"信頼を失った"
インターフットボール




※一部要約

復活の翼を広げたように見えた。
だがマリオ・バロテッリの墜落は相変わらず続いている。
ニースでも席を失ったのだ。

最高の才能と評価されたバロテッリは最近数年間、屈辱的なときを過ごしている。
バロテッリは昨シーズンを最後にACミランのレンタルから戻ってきてリバプールで新たな挑戦をしたいという意志を明確にしていた。
だがバロテッリはユルゲン・クロップ監督の計画に含まれなかった。
実際クロップ監督は「バロテッリはもう新しいチームを探さなければならない」と移籍を勧めたりもした。

これに対してバロテッリはベシクタシュやナポリ、アヤックスなどの名門クラブへの移籍を狙った。
だがこれらはすべて彼の獲得に関心がなかった。

それで目線を低くしたバロテッリはハル・シティ、キエーボ、ベローナ、サッスオーロ、ニースなどに視線を向けるしかなく、最終的にニース行きを選んだ。

これは最高の選択かと思えた。
ニースに移ったバロテッリはリーグ13試合で9ゴールを記録し、復活の羽ばたきを始めたと評価された。

だが不誠実な態度は相変わらずだった。
最近危険なタックルで懲戒を受けて物議を醸し、今度は態度の問題で試合に出られないのだ。
監督の気持ちも離れたものとみられる。

イタリアの"ガゼッタ・デロ・スポルト"は12日、「バロテッリとニースのロマンスは終わった」として、「ニースのリュシュアン・ファーブルはバロテッリが十分な守備加担をしないという理由で外した。すでにバロテッリは2軍に落ちた」と明かした。

このようにニースで戦力外に分類されたバロテッリ、彼はまた最悪の試練を目前にしている。



UEFA今年のチームを発表・・・ロナウド-メッシ-グリーズマン含む
スポータルコリア




※一部要約

2016年にヨーロッパで最も優れた活躍をした選手で構成された今年のチームが発表された。

UEFAは5日、2016年の今年のチームを公開した。
バロンドールを受賞したクリスティアーノ・ロナウドをはじめとしてリオネル・メッシ、アントワーヌ・グリーズマンら最高の選手が含まれた。

今年のチームの選定方式はファン投票である。
最大の人気を享受した選手はレアル・マドリードのDFセルヒオ・ラモスである。
計488908票を得た。
ロナウド(450220票)とメッシ(418449票)が後に続いた。

2016年で最も輝いたチームはレアルが選ばれた。
2015/2016UEFAチャンピオンズリーグとFIFAクラブワールドカップ優勝により、ヨーロッパはもちろん世界最高のチームにそびえ立った。




[公式発表] "ロナウド-メッシ含む"UEFA今年のチームを公開・・・EPL"0"
インターフットボール




※一部要約

ラ・リーガは11人中8人で世界最高のリーグであることを証明した。
セリエAが2人、ブンデスリーガは1人である。
プレミアリーグは1人もいなかった。

チーム別ではレアル・マドリードが4人で最多だった。
バルセロナ(3人)、ユベントス(2人)が後に続いた。


▲UEFA今年のチーム11人

GK:ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)

DF:セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)、ジェラール・ピケ(バルセロナ)、ジェローム・ボアテング(バイエルン・ミュンヘン)、レオナルド・ボヌッチ(ユベントス)

MF:アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)、トニ・クロース(レアル・マドリード)、ルカ・モドリッチ(レアル・マドリード)

FW:ロナウド(レアル・マドリード)、メッシ(バルセロナ)、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ)



[クラブWC映像] レアルのラモス「ビデオ判定、2002ワールドカップのスペインの疑心をなくす」
スポTVニュース




※一部要約

レアル・マドリードのセルヒオ・ラモスがクラブワールドカップに導入されたビデオ判定に賛成する意見を明かした。
ラモスは2002年の韓日ワールドカップ8強戦の韓国とスペインの試合を例にあげた。

レアル・マドリードは17日、横浜インターナショナルスタジアムで2016FIFAクラブワールドカップ記者会見を行った。
ジネディーヌ・ジダン監督と主将ラモスが記者会見に参加した。

ラモスはインタビュー中、最近"深刻な問題"であるビデオ判定について質問を受けた。
ラモスは「1000通りの意見があり得る事案だ。FIFAはサッカー発展のために努力している。すでに技術は私たちの人生に溶け込んでいる。テニスの場合はホークアイの助けがとても正確だ。試合をする選手として、サッカーの発展は肯定的だと思う」と明かした。

ラモスはビデオ判定の長所を話して韓日ワールドカップを例にあげた。
ラモスは「もちろんクラブワールドカップのようなテスト期間には(ビデオ判定は)最良の結果を得られないこともある。だが重要な試合で出る疑い(doubts)を止められるなら、ビデオ判定は良いと思う。韓日ワールドカップのスペインの試合で起きたことがそういう例示である」と語った。

2002韓日ワールドカップ8強戦で、スペインは韓国のゴールネットを2回揺さぶったが得点を認められなかった。
主審はファールとゴールラインアウトを宣言した。
スペインはPK戦で3-5で敗れて脱落した。
韓日ワールドカップ当時、ラモスは16歳でスペインU-17代表選手だった。

(※動画は日本からは見れないので割愛)



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング