[速報] ベンゲル監督、22年でアーセナルと別れ…「感謝する」
スポTVニュース




※一部要約

アーセン・ベンゲルアーセナル監督が22年でチームを去る。

アーセナルは20日、クラブHPでベンゲル監督との別れを発表した。
ベンゲル監督は今シーズンまでチームを率いてからアーセナルを去る。

ベンゲル監督は「クラブと綿密な検討や議論の末に、私は今シーズン後に退くのが適切な時期だと感じた。多くの時間を良いクラブに献身する特権を与えてくれたアーセナルに感謝する」と別れの挨拶を残した。

ベンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮棒を取った後、22年間チームを率いた。
2003-04シーズンにはイングリッシュ・プレミアリーグで無敗優勝という大記録を残したこともある。

昨シーズン、アーセナルはベンゲル監督就任後に初めてUEFAチャンピオンズリーグに進出できなかった。
今シーズンもやはりそうなる可能性が高い。
ベンゲル監督は成績への負担感を感じてチームを去るものとみられる。



[UCL8強] "ロナウド劇的ゴール"レアル脂汗8強行き、ユベントス戦1-3負けも総合4-3の優位
スポータルコリア

20180412060806601.jpg


※一部要約

レアル・マドリードがユベントスのゴール行進で危機を迎えたが、辛うじて4強行きのチケットを守った。

レアルは12日午前3時45分、スペイン・マドリードのサンチャゴ・ベルナベウで行われたユベントスとのUEFAチャンピオンズリーグ8強2次戦に1-3で敗れた。
これで1勝1敗の同率になったが、1次戦の3-0勝利を合わせて4-3で上回って4強行きのチケットを守った。


20180412060806601a.jpg

20180412060806601b.jpg



[EPLレビュー] "ポグバ後半2ゴール"マンU、マンシティに3-2の逆転勝ち…早期優勝阻止
インターフットボール

20180408032410094.jpg


※一部要約

優勝がかかった歴史的なマンチェスターダービーの勝者はマンチェスター・ユナイテッドだった。
"論難の中心"ポール・ポグバが後半だけで2ゴールを奪ってマンUの勝利を導き、マンシティの早期優勝を阻止した。

マンチェスター・ユナイテッドは8日、英国マンチェスターにあるエティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・シティとのイングリッシュ・プレミアリーグ(EPL)33ラウンド、別名マンチェスターダービーでポグバの後半の2ゴールに力づけられて3-2で逆転勝ちした。
この日の勝利でマンUはリーグ5連勝と同時に勝ち点71でリーグ2位を守り、マンシティの早期優勝を阻止した。


20180408032410094a.jpg

20180408032410094b.jpg

20180408032410094c.jpg


[試合結果]

マンシティ(2):コンパニ(前半25分)、ギュンドアン(前半30分)
マンU(3):ポグバ(後半8分)、ポグバ(後半10分)、スモーリング(後半24分)



[UCL現場レビュー] "サラー1ゴール-1アシスト"リバプール、マンシティに3対0!!4強進出青信号
スポーツ朝鮮




※一部要約

リバプールがマンチェスター・シティを倒してヨーロッパチャンピオンズリーグ4強進出に有利な高地を占めた。

リバプールは4日、英国リバプールのアンフィールドで行われたマンシティとのUCL8強1次戦で1ゴール1アシストを記録したモハメド・サラーの活躍に力づけられ、3対0で勝利した。
リバプールは10日にエティハド・スタジアムで2次戦を行う。


20180405053905490a.jpg

20180405053905490b.jpg

20180405053905490c.jpg

20180405053905490d.jpg



[GOAL LIVE] ポーランドのナバウカ監督「大韓民国、予想通り良い試合をした」
ゴールドットコム




※一部要約

大韓民国代表との評価試合で3-2の勝利をおさめたポーランドのアダム・ナバウカ監督が試合後、記者会見で大韓民国代表に対する意見を出した。

ナバウカ監督は27日の両チームの試合後、現場で行われた記者会見で大韓民国代表に対する本記者の質問に「私たちは最近それぞれ異なる2チームのスタイルと会ったが、ナイジェリアと大韓民国はスタイルがまったく違っていたと思う」と口を開いた。

彼は続けて「今日の試合は私たちにとって良い練習資料になるだろうし、間違いなく日本との試合を準備するのに役立つだろう」と語った。

続けて「韓国は非常の良い試合をした」として、「特にチームワークが良かったし、その部分はすでに予想していたので驚きはない」と語った。

ナバウカ監督はポーランド自身の競技力については「勝ったこと自体が重要だと思う」として、「親善試合を通じてワールドカップを準備する過程だと考えていて、(決勝ゴールの主人公である)ジエリンスキ選手がずっと発展している姿を見せていて嬉しい」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング