「メッシばりのプレー」ウーデゴール、忘れられた天才の復活
スポータルコリア




※一部要約

かつて特急有望株だったマルティン・ウーデゴールが再び天才的才能に目覚めている。

スペインメディアがウーデゴールの活躍を絶賛している。
ウーデゴールは27日に行われたデポルティーボ・アラベスとの2019/2020スペイン・プリメーラリーガ6ラウンドで、決勝ゴールをアシストしてソシエダの3-0の完勝を導いた。

今回だけではない。
ウーデゴールは今シーズンのラ・リーガ6試合で2ゴール1アシストを上げ、順調に適応している。
元の所属チームはレアル・マドリードだが、ラ・リーガで走るのは今シーズンが初めてである。

ウーデゴールは4年前、イ・スンウとともに1998年生まれの3大有望株として取り上げられた天才だ。
10代の年齢でレアル・マドリードと契約して大きく注目されたが、デビューは容易ではなかった。
結局ヘーレンフェーンやフィテッセなどにレンタルされ、忘れられた天才と呼ばれた。

だが地道な出場でウーデゴールは成長した。
昨シーズンはフィテッセでキャリアハイの11ゴール12アシストを上げて、華やかに復活した。
レアル・マドリードも潜在力を認めて契約に延長し、ソシエダでレンタルで過ごして適応の機会を与えた。

ウーデゴールは少しずつ全世界が期待した才能を爆発させている。
アスは「ウーデゴールの繊細なサッカーに感嘆するとき」と期待を隠さなかった。



ビエリ「2002ワールドカップ16強戦、私が韓国人なら恥ずかしがった」
スポータルコリア




※一部要約

クリスティアン・ビエリが7日、スペインの"マルカTV"に出演して2002韓日ワールドカップ16強の韓国とのしあいについて振り返った。

ビエリはこのインタビューで2002年韓日ワールドカップ当時、イタリアが16強戦で韓国に敗れて脱落した記憶を語った。
彼は「私たちには勝つチャンスがあったが、ワールドカップで起き得るとは思わないことが起きた。私が韓国人なら恥ずかしかっただろう」と語った。

当時、イタリアは16強戦で韓国と会って1-2で敗れた。
延長線でアン・ジョンファンがゴールデンゴールを決めてイタリアを倒した。

ビエリは「トッティ、マルディーニ、私への韓国のファールは取られなかった。その試合が一つのスキャンダルだという事実はそこにある」とも語った。
その他にビエリは、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシのどちらがより良いのか評価してほしいという質問に「どの歴史を見ても2人の選手が同時にこれだけ多くのゴールを決めたことはなかった」と現役最高のスターを同時に讃えた。



[オフィシャル] バルサ-ドルトムント-インテル、UCL歴代級"死の組"
スポータルコリア




※一部要約

UEFAチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選が完了した。

30日午前1時にモナコで行われたUEFAチャンピオンズリーグ2019/20シーズン組み合わせ抽選で、歴代級の死の組が出た。

F組が全サッカーファンの目を引くこととなった。
FCバルセロナ(ポット1)、ボルシア・ドルトムント(ポット2)がまず選ばれた。

ポット3からインテル・ミラノがF組に入ってきて場内がざわめいた。
スティーヴン・チャンインテル・ミラノ会長の硬い表情が画面に捉えられたりもした。
ポット4からF組に入ったスラヴィア・プラハの関係者は、虚脱した笑みを作るほどだった。






西アス、「アンス・ファティvs久保のエル・クラシコ」と過度な期待
スポータルコリア




※一部要約

スペインメディアが今後のエル・クラシコを展望した。
ところが主人公はアンス・ファティと久保建英だ。

アンス・ファティの登場にスペインサッカー界が熱い。
アンス・ファティは26日、スペイン・バルセロナのカンプ・ノウで行われたレアル・ベティスとの2019/2020スペイン・プリメーラリーガ2ラウンドのホーム試合(5-2勝ち)で、後半33分に交代してグラウンドを踏んだ。
若い年齢にもかかわらず、鋭い動きで相手を脅かした。
何より満16才298日でバルセロナ史上2番目に若い年齢でデビュー戦を行ったことに意味があった。

"アス"は「アンス・ファティはセビージャ下部チームに身を置いていた。U-11チームでプレーしていた当時、レアルのユニフォームを着て親睦次元の試合に出場した経験がある。選手本人と彼の父親はレアルのファンと良い関係を維持していた。このときはご執心だったが、レアルは獲得に力を入れなかった」と報じた。

結局、アンス・ファティはバルセロナの積極的な求愛で入団契約を結んだ。
1年後にラ・リーガ主催のU-12国際大会に出場して得点王を占め、優勝トロフィーを掲げた。
当時、日本の期待の主である久保と同じチームに所属していたことがわかった。
"アス"は2人の格別な縁に注目した。
久保は今夏の移籍市場でFC東京からレアルに移籍した。
続けてマジョルカにレンタルされた。

アスは「おそらく私たちはバルセロナとレアルのエル・クラシコで、ビッグスターのアンス・ファティと久保を見ることになるだろう」とやや強引な主張を展開し、過度な期待感をあらわした。



[オフィシャル] "日本ガンバFW"食野、マンシティ入団確定…レンタル有力
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョとガンバ大阪でプレーしていた食野亮太郎もチームを去る。
EPL優勝チームのマンチェスター・シティが行き先だ。
ただし食野はワークパーミットを通過できず、すぐにヨーロッパ内の他クラブへレンタルされる可能性が提起されている。

ガンバ大阪は9日、公式HPで「食野をマンシティに送ることを決めた」と発表した。
2017年にガンバ大阪に合流した食野は、2年でチームを移すことになった。

食野はガンバ大阪が大事にしている有望株だった。
今シーズンにU-23チームと1軍を行き来して活躍した。
J3リーグ所属のU-23で8試合8ゴール2アシストを決めるなど大活躍し、1軍でも12試合3ゴールで優れた成績を残した。
サイドの資源で最前方FWも消化できる選手である。

宮本恒靖監督をはじめとして、ガンバ大阪は食野を引き止めることを望んだが、ヨーロッパ進出を望む選手の意思を止められなかったことがわかった。
食野はイングランドの移籍市場の締め切り前に承認を受けたという。
ガンバ大阪はファン・ウィジョをジロンダン・ボルドーに送ったのに続いて、食野までマンシティに移籍させることになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング