"無断退勤"ロナウド、最悪の場合2年の出場懲戒
スポTVニュース




※一部要約

クリスティアーノ・ロナウドが懲戒の危機に陥った。

ユベントスは11日、アリアンツ・スタジアムで行われた2019-20シーズンのイタリア・セリエA12ラウンドで、ACミランに1-0の勝利をおさめた。
この勝利でユベントスは勝ち点32でインテル・ミラノ(勝ち点31)を越え、首位疾走を続けることになった。

この試合でロナウドは、後半10分にパウロ・ディバラと交代させられた。
ロナウドと交代したディバラはゴールを記録し、チームの勝利を導いた。
結局、ロナウドはサッリ監督としばらく話をしてからロッカールームを退場した。
ロナウドが悪態をついたという話も出ている。

スペインのスポーツ紙"アス"によると、ロナウドは無断退勤でセリエAの懲戒危機に置かれた。
悪童カッサーノはロナウドの行動を見て「試合が終わる前に去った?そうはできない。なぜならドーピングテストがあるから」と語った。

カッサーノは「私は2年の懲戒を避けるため、競技場に急いで戻らなければならなかった」として、過去に似たようなケースがあったと打ち明けた。
だがロナウドはカッサーノとは違い、競技場を去ってから再び戻ることはなかった。
最悪の場合、ロナウドは2年の出場懲戒を受けることもある。




無断退勤で頭にきたユベントスの選手、"ロナウド謝れ"
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ロナウド謝れ!"

いくら世界最高と呼ばれるスタープレーヤーでも、してはならない行動がある。
だがクリスティアーノ・ロナウドはときどき、この事実を忘れるようだ。
結局、ファンの怨声だけでなくチームメイトの非難まで受けることになった。
イタリア・セリエAのユベントスの選手団が、ロナウドの"無断退勤"に怒った。
正式に謝罪を要求してきた。

英国大衆紙ザ・サンは13日、イタリアメディアを引用して「ユベントスの選手がロナウドの謝罪を要求した」と報じた。
これはロナウドが前日に行われたセリエAのACミラン戦で見せた行動に憤慨したからだ。

いつでも起き得る、よくある試合中のワンシーンである。
先発で出た看板FWが振るわずに試合が停滞したとき、監督が局面を変えるために選手交代をするのは当然だ。
これは感情の問題ではなく、ビジネスの問題である。
腹を立てたり惜しがったりする理由はまったくない。

だがロナウドの非常に強い自尊心は、それを容認できなかった。
ロナウドは交代させられ、ベンチではなくすぐに選手団のロッカールームに抜け出し、試合がまだ終わる前に球場を去ってしまった。
文字通り"無断退勤"をしたのだ。
ロナウドはそのような行動の理由について口を閉ざしているが、交代に心を痛めたようである。

問題は、このような行動が起きてから、ユベントスの選手団が動揺しているという点だ。
サッリ監督は「もしロナウドが試合終了前に去ったとすれば、同僚と必ず解決しないといけない問題」と指摘した。
クラブはひとまず独自の懲戒を下さないことにしたが、むしろ同僚が憤慨している。
ロナウドがチームワークを害する行動をしたということ。
結局、ファビオ・パラティッチ団長とパベル・ネドベド副会長がロナウドと会って釈明を聞くことにした。



「メッシばりのプレー」ウーデゴール、忘れられた天才の復活
スポータルコリア




※一部要約

かつて特急有望株だったマルティン・ウーデゴールが再び天才的才能に目覚めている。

スペインメディアがウーデゴールの活躍を絶賛している。
ウーデゴールは27日に行われたデポルティーボ・アラベスとの2019/2020スペイン・プリメーラリーガ6ラウンドで、決勝ゴールをアシストしてソシエダの3-0の完勝を導いた。

今回だけではない。
ウーデゴールは今シーズンのラ・リーガ6試合で2ゴール1アシストを上げ、順調に適応している。
元の所属チームはレアル・マドリードだが、ラ・リーガで走るのは今シーズンが初めてである。

ウーデゴールは4年前、イ・スンウとともに1998年生まれの3大有望株として取り上げられた天才だ。
10代の年齢でレアル・マドリードと契約して大きく注目されたが、デビューは容易ではなかった。
結局ヘーレンフェーンやフィテッセなどにレンタルされ、忘れられた天才と呼ばれた。

だが地道な出場でウーデゴールは成長した。
昨シーズンはフィテッセでキャリアハイの11ゴール12アシストを上げて、華やかに復活した。
レアル・マドリードも潜在力を認めて契約に延長し、ソシエダでレンタルで過ごして適応の機会を与えた。

ウーデゴールは少しずつ全世界が期待した才能を爆発させている。
アスは「ウーデゴールの繊細なサッカーに感嘆するとき」と期待を隠さなかった。



ビエリ「2002ワールドカップ16強戦、私が韓国人なら恥ずかしがった」
スポータルコリア




※一部要約

クリスティアン・ビエリが7日、スペインの"マルカTV"に出演して2002韓日ワールドカップ16強の韓国とのしあいについて振り返った。

ビエリはこのインタビューで2002年韓日ワールドカップ当時、イタリアが16強戦で韓国に敗れて脱落した記憶を語った。
彼は「私たちには勝つチャンスがあったが、ワールドカップで起き得るとは思わないことが起きた。私が韓国人なら恥ずかしかっただろう」と語った。

当時、イタリアは16強戦で韓国と会って1-2で敗れた。
延長線でアン・ジョンファンがゴールデンゴールを決めてイタリアを倒した。

ビエリは「トッティ、マルディーニ、私への韓国のファールは取られなかった。その試合が一つのスキャンダルだという事実はそこにある」とも語った。
その他にビエリは、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシのどちらがより良いのか評価してほしいという質問に「どの歴史を見ても2人の選手が同時にこれだけ多くのゴールを決めたことはなかった」と現役最高のスターを同時に讃えた。



[オフィシャル] バルサ-ドルトムント-インテル、UCL歴代級"死の組"
スポータルコリア




※一部要約

UEFAチャンピオンズリーグの組み合わせ抽選が完了した。

30日午前1時にモナコで行われたUEFAチャンピオンズリーグ2019/20シーズン組み合わせ抽選で、歴代級の死の組が出た。

F組が全サッカーファンの目を引くこととなった。
FCバルセロナ(ポット1)、ボルシア・ドルトムント(ポット2)がまず選ばれた。

ポット3からインテル・ミラノがF組に入ってきて場内がざわめいた。
スティーヴン・チャンインテル・ミラノ会長の硬い表情が画面に捉えられたりもした。
ポット4からF組に入ったスラヴィア・プラハの関係者は、虚脱した笑みを作るほどだった。






西アス、「アンス・ファティvs久保のエル・クラシコ」と過度な期待
スポータルコリア




※一部要約

スペインメディアが今後のエル・クラシコを展望した。
ところが主人公はアンス・ファティと久保建英だ。

アンス・ファティの登場にスペインサッカー界が熱い。
アンス・ファティは26日、スペイン・バルセロナのカンプ・ノウで行われたレアル・ベティスとの2019/2020スペイン・プリメーラリーガ2ラウンドのホーム試合(5-2勝ち)で、後半33分に交代してグラウンドを踏んだ。
若い年齢にもかかわらず、鋭い動きで相手を脅かした。
何より満16才298日でバルセロナ史上2番目に若い年齢でデビュー戦を行ったことに意味があった。

"アス"は「アンス・ファティはセビージャ下部チームに身を置いていた。U-11チームでプレーしていた当時、レアルのユニフォームを着て親睦次元の試合に出場した経験がある。選手本人と彼の父親はレアルのファンと良い関係を維持していた。このときはご執心だったが、レアルは獲得に力を入れなかった」と報じた。

結局、アンス・ファティはバルセロナの積極的な求愛で入団契約を結んだ。
1年後にラ・リーガ主催のU-12国際大会に出場して得点王を占め、優勝トロフィーを掲げた。
当時、日本の期待の主である久保と同じチームに所属していたことがわかった。
"アス"は2人の格別な縁に注目した。
久保は今夏の移籍市場でFC東京からレアルに移籍した。
続けてマジョルカにレンタルされた。

アスは「おそらく私たちはバルセロナとレアルのエル・クラシコで、ビッグスターのアンス・ファティと久保を見ることになるだろう」とやや強引な主張を展開し、過度な期待感をあらわした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング