ユベントス、新監督にピルロ選任 [オフィシャル]
スポーツ京郷



※一部要約

監督交代を決めたイタリアプロサッカーのユベントスが、クラブのレジェンドであるアンドレア・ピルロを後任監督に座らせた。

ユベントスは9日、クラブHPでピルロを1軍監督に選任したと発表した。
契約期間は2022年6月までだ。

ユベントスは前日、UEFAチャンピオンズリーグ16強脱落が確定した後、マウリツィオ・サッリ監督を更迭することに決めた。




[オフィシャル] "伝説"ピルロ、ユベントスの新監督に選任…破格的決定
STNスポーツ



※一部要約

新監督探しに入ったユベントス。
当初はSSラツィオのシモーネ・インザーギ監督、FAのマウリシオ・ポチェッティーノ元トッテナム・ホットスパー監督らが取り上げられた。

だがユベントスの選択はピルロだった。
当初、ピルロはU-23チームの監督に選任され、当該チームを率いる予定だった。
だが9日の<ディ・マルジオ>の報道によると、アンドレア・アニェッリ会長がピルロ選任を強く推し、結局ピルロがU-23ではなく1軍に就任することになった。



"ロナウドマルチゴール"ユベントス、アウェイ多得点で押されてチャンピオンズリーグ16強脱落
東亜ドットコム



※一部要約

イタリア・セリエAのユベントスはオリンピック・リヨンとのチャンピオンズリーグ16強2次戦に勝利したが、アウェイ多得点の原則によってチャンピオンズリーグ8強進出に失敗した。

ユベントスは8日、イタリア・トリノにあるアリアンツ・スタジアムで行われたオリンピック・リヨンとの2019-20UEFAチャンピオンズリーグ16強2次戦で、クリスティアーノ・ロナウドの2得点に力づけられ2-1で勝利した。

先にユベントスはリヨンとの1次アウェイ試合に0-1で敗れていて、2次戦では必ず2ゴール差以上の勝利が必要だった。
だが2-1の1点差勝利に留まり、1・2次戦合計2-2となった。
アウェイでゴールを放ったリヨンが、アウェイ多得点優先の原則によって8強に上がった。




"ロナウドマルチゴール"ユベントス、"アウェイ多得点"リヨンに首根っこ…8強挫折
インターフットボール

200808061022616.jpg

※一部要約

後半の追加時間は6分与えられ、ユベントスに最後のチャンスが与えられた。
後半47分にイグアインが右サイドでFKを取り、ロナウドがキッカーとして出たが、シュートは守備の壁を越えられなかった。
結局、ユベントスは試合終了まで1ゴールを成功させることができず、16強でチャンピオンズリーグの挑戦を終えた。



[UCL16強②] "ジェズス1ゴール1アシスト"マンシティ、レアルに2-1勝ちで合計4-2で8強行き…リヨンと対決
スポータルコリア



※一部要約

マンチェスター・シティがホームでレアル・マドリードに勝利して8強行きを祝った。

マンシティは8日午前4時、英国マンチェスターのエティハド・スタジアムで行われたレアルとの2019/2020UEFAチャンピオンズリーグ16強2次戦のホーム試合に2-1で勝利した。
1次戦と合計4-2で上回って8強行きを達成し、オリンピック・リヨンと4強行きをかけて争う。




マンシティ8強進出の中で光ったデ・ブライネの"クラス"
ベストイレブン



※一部要約

この日の試合で誰よりも光っていた選手はデ・ブライネだった。
マンチェスター・シティは前半序盤からピッチを幅広く使ってレアル・マドリードを攻略した。
デ・ブライネは中盤で中心となって試合を調整した。

トレードマークのチャンスメイキングも続いた。
この日、マンチェスター・シティのすべての攻撃はデ・ブライネのつま先を経ていたと言っても過言ではなかった。
前方に位置していたスターリング、ガブリエル・ジェズスらに絶えず良質なキーパスを供給した。

レアル・マドリードには優れたMFが多い。
だが2018年のバロンドール受賞者であるルカ・モドリッチ、ワールドカップウィナーのトニ・クロースはこの日、デ・ブライネのライバルにならなかった。
デ・ブライネはマンチェスター・シティの中盤の指揮者であり、マンチェスター・シティはデ・ブライネの活躍でUCL8強進出を確定させた。



[オフィシャル] マンシティ、来シーズンのUCL参加確定…CAS、「出場禁止は不適切」
インターフットボール



※一部要約

マンチェスター・シティが来シーズンのUEFAチャンピオンズリーグに進出できることになった。

UEFAは2月、マンシティに重い懲戒を下した。
財政的フェアプレー(FFP)ルール違反の疑惑で、2020-21シーズンからの2シーズンの間、UEFA主管のクラブ対抗戦に出られないというものだった。
つまりチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグのどちらにも参加できない。
追加で3000万ユーロ(約408億ウォン)の罰金も課せられた。

これに対してマンシティは、直ちに声明書で控訴を予告した。
特にマンシティの立場は「UEFAが問題を提起し、UEFAが起訴し、UEFAが判決を下した奇異な事件だ。できるだけ速やかに公正な判決を追求するため、スポーツ仲裁裁判所(CAS)に控訴の手続きを取る」というものだった。





リバプール30年ぶりにEPL優勝!マンシティ、チェルシーに敗北
スポーツ朝鮮

200626093207243.jpg

※一部要約

リバプールが30年ぶりにイングランド・プレミアリーグ優勝を達成した。

25日午後、英国ロンドンのスタンフォード・ブリッジで行われたチェルシーとマンシティの試合で、チェルシーが2対1で勝利した。
これでマンシティは勝ち点63に留まった。
7試合を残した状況で1位のリバプール(勝ち点86)との勝ち点差は23。
残りの試合でマンシティがすべて勝ち、リバプールがすべて負けても、マンシティはリバプールに追いつけない状況となった。
結局、リバプールが座ったまま優勝を決めた。

200626093207243a.jpg

200626093207243b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング