[UCL現場レビュー] "サラー-オリギゴール"リバプール、トッテナムを退け6回目のCL優勝!ソン・フンミンフルタイム
スポーツ朝鮮

190602055707894.jpg


※一部要約

リバプールがトッテナムを退けてヨーロッパチャンピオンズリーグ(UCL)の優勝カップを掲げた。
通算6回目だ。

リバプールは1日夜、スペイン・マドリードのワンダ・メトロポリターノで行われたトッテナムとのUCL決勝戦で2対0で勝利した。
前半2分にモハメド・サラーが決勝ゴールを決めた。
後半42分にオリギが楔のゴールを刺した。


190602055707894a.jpg

190602055707894b.jpg



"モウラハットトリック"トッテナム、アヤックス戦で3-2の大逆転勝ち…UCL決勝行き
スポーツソウル




※一部要約

ソン・フンミンがフルタイムをプレーした中、彼の所属チームであるイングランドのトッテナムが3-2の大逆転勝ちを手にして史上初のUEFAチャンピオンズリーグ決勝のチケットを握った。
トッテナムは9日、オランダ・アムステルダムのヨハン・クライフ・アリーナで行われた2018~2019UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2次戦のアヤックスとの遠征試合で、後半にルーカス・モウラがハットトリックを炸裂させて3-2で勝った。
遠征多得点の原則により、劇的に決勝進出に成功した。

トッテナムは前半だけで2失点して、反転の糸口を見つけられなかった。
2試合合わせて0-3で大きく遅れを取ることになった。
逆転は不可能に見えた。

だが1986年のメキシコワールドカップの得点王であり、有名な解説者のギャリー・リネカーはSNSに「0-3がひっくり返ったのはいつだったか」として、前日に4-0の大勝を手にして遠征試合の0-3の完敗を挽回したリバプールの事例を取り上げた瞬間から、トッテナムも変わり始めた。
ポチェッティーノ監督は後半開始と同時にMFビクター・ワニアマを変えて長身FWフェルナンド・ジョレンテを入れ、最後の勝負の賭けに出たが、これが攻撃優位を確保して大反転の出発点となった。






[現場REVIEW] "アンフィールドの奇跡!"リバプール、バルサに4-0で大勝…CL決勝進出(合計4-3)
スポTVニュース

190508060512057.jpg


※一部要約

リバプールがアンフィールドで奇跡を起こした。

リバプールは8日午前4時、アンフィールドで行われた2018-19UEFAチャンピオンズリーグ4強2次戦でバルセロナに4-0で完勝、1・2次戦合計4-3で劇的な4強(※決勝の間違い)進出を確定させた。
1次戦の遠征に0-3で敗れて奇跡を望まなければならなかったが、その奇跡を現実に起こした。


190508060512057a.jpg

190508060512057b.jpg

190508060512057c.jpg

190508060512057d.jpg


リバプール4-0(1-0)バルセロナ
合計スコア4-3
得点:7 '78' オリギ、54 '56' ワイナルドゥム /



[現場オフィシャル] トットナム、マンシティとUCL8強激突…バルサ-マンUと当たる
スポーツソウル




※一部要約

ソン・フンミンの所属チームであるイングランドのトッテナムが、2018~2019UEFAチャンピオンズリーグ8強でマンシティと当たる。

UEFAは15日午後8時、スイス・ニヨンにあるUEFA本部で今シーズンのチャンピオンズリーグ8強及び準決勝・決勝の対戦表を一気に決めた。

8強は来月10~11日(1次戦)、17~18日(2次戦)に行われる。
続いて準決勝は5月1~2日(第1戦)、8~9日(第2戦)に行われる。
決勝は6月2日、スペイン・マドリードのアトレティコ・マドリードのホーム球場ワンダ・メトロポリターノで一発勝負で開催される。
レアル・マドリードが脱落した中、4年ぶりに新たなチャンピオンが誕生することになる。


190315210004134a.jpg

190315210004134b.jpg



"国際化"に尽力するラ・リーガ、韓国に注目の理由「韓国のファンはサッカーを知っている」
ゴールドットコム




※一部要約

「ラ・リーガは国際化に尽力しており、韓国は私たちにとって非常に重要な市場だ。収益のためでもなく、ビジネスのためでもない。韓国にはすでにサッカー文化が定着している。また、韓国のサッカーファンはサッカーを本当に感じて理解できる」

リーグの"国際化"を夢見るラ・リーガ、彼らはリーグのブランド価値を世界的にさらに高め、国際的な規模の広いファン層を確保することに努めている。
"国際化"と"成長"という明確な目標を立て、成功的な成果を上げているラ・リーガは、韓国市場に注目している。
理由は何なのか。
ラ・リーガのアジアコミュニケーション担当のハビエル・イバニェスと会ってラ・リーガの成長の動力、そして韓国市場の重要性などについて言葉を交わした。

2013年にハビエル・テバスがラ・リーガの新任会長に就任した。
テバス会長がラ・リーガの経営を担い、特に強調したのが"リーグの国際化"である。
テバス会長のビジョンは、ラ・リーガがスペインを越えて全世界的に人気を得て、愛されるリーグに成長しなければならないというものだった。
そして彼はラ・リーガの哲学を変え始めた。

ラ・リーガのアジアコミュニケーションの担当者ハビエル・イバニェス氏は、テバス会長のビジョンと情熱のおかげで「働きがいがある」として、全職員が一つの目標に向かって努力してシナジーを出していると伝えた。
それと同時に「ラ・リーガの真の望みは成長だ。だがスペイン内での成長には限界があり、目を外に向けると外に多くの国が見えた」として、テバス会長の指揮の下でラ・リーガは"成長"と"国際化"という明確な目標を立てることができたと伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング