[APBC] "実力差痛感"ソン・ドンヨル号、日本に雪辱失敗…準優勝で仕上げ
マイデイリー




※一部要約

韓国は予選で日本に喫した敗北を雪辱できなかった。

ソン・ドンヨル監督が率いる韓国野球代表は19日、東京ドームで行われた2017アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)の日本との決勝戦に0-7で敗れた。
韓国は日本との予選敗北の雪辱に失敗し、準優勝で大会を終えた。


20171119220451182a.jpg

20171119220451182b.jpg

20171119220451182c.jpg



大谷のML挑戦確定…日本ハム、ポスティング許容を公式発表
OSEN




※一部要約

日本プロ野球の看板スター大谷翔平のメジャーリーグ挑戦が正式決定した。

日本ハムファイターズの竹田憲宗社長と栗山英樹監督は10日、東京都内で記者会見をして大谷のポスティングシステムを通じたメジャーリーグ移籍を認めると公式発表した。
これで大谷のメジャーリーグ進出は規定事実化された。

大谷は今月中にポスティングシステムを申し込む。
移籍金の上限額2000万ドルを支払う意志を明かした球団と移籍交渉を進む。
少なくとも12月中にメジャーリーグの移籍チームが明らかになる可能性が高い。
メジャーリーグの新しい労使協定によって、24歳未満は契約金が制限されてマイナー契約で入団する。

大谷は高卒で入団し、投打兼業の怪物に成長した。
2015年は15勝、防御率2.24、勝率7割5分を記録して三冠王を手にした。
2016年には時速165キロの最高スピードを記録して10勝、防御率1.86の投球をした。
打者でも3割2分2厘、22ホームラン、67打点を記録して正規リーグMVPを受賞した。



[キム・ヒソンのカットイン] ムン・ジェイン大統領の"KS始球"、ひたすら羨ましいばかりの韓国サッカー
日刊スポーツ




※一部要約

KIAと斗山の2017韓国シリーズ1次戦が行われた25日の光州起亜チャンピオンズフィールド。
午後6時30分に合わせて始球者がマウンドに登場すると、すぐに観客席をいっぱいに満たした2万余りのファンが歓呼した。
ムン・ジェイン大統領が韓国野球代表の青いジャンパーを着て、手を振って登場したためである。
予告なしに登場したムン大統領の始球に拍手と歓呼を上げ、試合を控えていた選手も驚いた表情で"大統領の始球"を見守った。
極秘裏に行われたムン大統領の"韓国シリーズ始球作戦"が成功裏に終わった瞬間。





"大統領の野球始球"は馴染みのないシーンではない。
歴代の大統領では5人目、回数では7回目(キム・ヨンサム3下位)の始球者である。

スポーツ政策に格別な関心と愛情を注いだキム・ヨンサム元大統領は、1994年と1995年の韓国シリーズ1次戦、そして1995年の正規リーグ開幕戦など計3回も始球した。
ノ・ムヒョン元大統領の場合は韓国シリーズではなかったが、2003年に大田球場で行われたオールスター戦に始球者として出た。
イ・ミョンバク元大統領は2008年の正規シーズン開幕戦に始球予定だったが、事前に情報が流出し、警備上の問題を理由にキャンセルされた。
代わりに2011年9月に蚕室球場を訪れ、家族とともに試合を観戦した。
セントルイス・カージナルスと韓国代表の親善試合で始球したイ・スンマン元大統領。
プロ野球創設前の高校野球始球に出たパク・チョンヒ元大統領まで。
歴代大統領12人のうち、半分以上がマウンドを踏んだわけだ。



[WBC] アメリカ、宗主国の面目を立てる・・・プエルトリコを下して初優勝
MKスポーツ




※一部要約

アメリカが"野球宗主国"の面目を立てた。

アメリカは23日、ドジャースタジアムで行われたプエルトリコとのワールドベースボールクラシック決勝戦に8-0で勝利、大会で優勝した。

アメリカはこれまでWBCでなかなか頭を上げられなかった。
2009年の4強脱落が最高成績だったし、2006年と2013年には決勝ラウンドにも上がれなかった。
アメリカの不振は決勝戦など重要な日程がアメリカで行われるWBCの興行不振の最大の理由に挙げられたりもしていた。





だが今回は違った。
先発のストローマンが6回までたった1本のヒットも出させない圧倒的な投球をして雰囲気を盛り上げ、打線が着実に得点を上げて初優勝の栄光を手にした。



[WBC] アメリカ、日本を下して史上初の決勝進出!プエルトリコと激突
スターニュース




※一部要約

アメリカが日本を破ってWBC決勝の舞台に初めて上がった。

アメリカは22日、LAドジャースタジアムで行われた2017ワールドベースボールクラシック4強で日本を2-1で下した。

先発投手のロアークからジョーンズ、ダイソン、ミラー、マランソン、ニシェク、グレガーソンに続くマウンドが日本打線を完全に封じ込めた。
得点シーンのたびに日本内野陣の失策が重なる幸運もあった。

特に2009年の2回大会4強で日本に4-9で敗れていたアメリカは、8年ぶりに雪辱に成功した。




[WBC] マウンドはワールドクラス・・日を泣かせた痛恨の守備の失策
スターニュース




※一部要約

日本のマウンドはワールドクラスだった。
だが致命的な守備の失策2つで涙をのんだ。

日本は22日、LAドジャースタジアムで行われた2017ワールドベースボールクラシック4強でアメリカに1-2で惜しくも敗れた。
投手はメジャーリーグ最高級打線を効果的に抑えていたが、守備が惜しかった。
失点シーンのたびに守備の失策が重なった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング