野球の伝説チャン・フン、「ハリルホジッチ解任は正しい選択。日本人監督大歓迎」
OSEN




※一部要約

日本国内で日本サッカー代表の論難が熱い。
野球界の伝説も最近、日本代表について自分の意見を明かした。

日本プロ野球の伝説である在日同胞の野球評論家チャン・フン氏は15日、日本TBSの朝番組サンデーモーニングの生放送に出演し、最近の日本代表を取り巻く日本サッカー協会(JFA)の動きを絶賛した。

JFAは9日、日本代表のハリルホジッチ監督の電撃解任を発表し、理事会にかけて後任監督に西野朗技術委員長を内定した。
JFAは更迭理由に選手とハリルホジッチ監督の摩擦のためであると明かした。

だがハリルホジッチ監督はJFAの主張に真っ向から反論し、真実の攻防を予告している状態だ。
ハリルホジッチ監督は「疎通の不在で私を更迭したというJFAの主張は嘘である。一部の人間がJFAの背後から糸を引いているようだ。腹が立つ」と強く反発している状態だ。

安定性と連続性を追求しているJFAが、ワールドカップまで残り2ヶ月余りの時点で監督更迭を強行したという点で、日本国内でも大きな論難を起こしている。
サンデーモーニングのコーナーに出演したチャン・フン氏は「ハリルホジッチ監督を解任して西野朗技術委員長を任命した動きは正しい。協会はよくやった」と評価した。



LAA大谷、MLデビュー初の三塁打炸裂…3打点爆発
東亜ドットコム




※一部要約

初めて敬遠を勝ち取るなど、存在感を誇示した大谷翔平のバットが再び力強く回った。
メジャーリーグデビューから初の三塁打を叩いた。

大谷は13日、アメリカ・ミズーリ州カンザスシティのカウフマン・スタジアムで行われたカンザスシティ・ロイヤルズとの遠征試合に8番指名打者で先発出場した。

この日の大谷は3-0でリードしていた7回2死満塁のチャンスで、カンザスシティの救援ブランドン・マウラーの96.7マイルのファストボールを打ち返し、右中間を割る一掃3打点三塁打を打った。

これで大谷は12日のテキサス・レンジャーズ戦に続いて2試合連続安打を記録し、先の敬遠で2試合連続マルチ出塁まで達成した。

これで大谷は今シーズン、打者として7試合で打率0.346と3ホームランに11打点、出塁率0.414、OPS1.183などを記録した。



宗主国アメリカの衝撃「大谷、地球人ではないのは明らか」
NEWSIS




※一部要約

大谷翔平の威力的な投球に、アメリカメディアが再び驚いた。

大谷派9日、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで行われた2018メジャーリーグのオークランド・アスレチックスとのホーム試合に先発登板、7イニング1被安打12奪三振1四球無失点の力投を繰り広げて、チームの6-1の勝利を導いた。

最近3試合連続ホームランを炸裂させて打者としての株を上げた大谷は、今度は先発投手として出て7回1アウトまでパーフェクトピッチングを記録するなど、驚くべき歩みを続けている。

大谷はシーズン2勝目を手にして、防御率は4.50から2.08に下げた。

LAタイムズは「大谷は初のホーム試合の登板で完璧な投球をした。ホーム試合の初打席でホームランを打った大谷は、ホーム試合の初登板で"パーフェクトゲーム"目前まで行った」と絶賛した。

デッドスピンドットコムは「大谷が地球人ではないのは明らかだ」と報じ、ヤフースポーツは「大谷がホームファンの度肝を抜いた」と伝えた。



"本物の怪物"大谷、3試合連続ホームラン炸裂(1報)
Newsen




※一部要約

大谷が3試合連続ホームランを記録した。

LAエンゼルスの大谷翔平は4月7日、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムのエンゼルスタジアムで行われた"2018メジャーリーグ"のオークランド・アスレチックスとの試合でホームランを記録した。

大谷はこの日の試合に8番指名打者で出場した。

大谷はチームが0-6でリードされていた2回裏、走者のいない状況で初めて打席に入り、94マイルのファストボールを飛ばてフェンスを越えるシーズン3号ホームランを打ち上げた。

大谷は3試合連続ホームランを打ち上げ、怪物の名声を続けた。
大谷の打率は0.467になった。




大谷+3G連続ホームラン+押し出し四球…LAA、13-9の逆転勝ち(総合)
OSEN


※一部要約

4打数1安打2打点を記録した大谷のシーズン打率は4割2分9厘から3割8分9里に下がった。

一方、エンゼルスは13-9の逆転ドラマを演出した。
先発のブリッドウェルが1回2/3イニングで7被安打(3被ホームラン)6失点で崩れて苦しい勝負が予想されたが、7-9でリードされていた7回に一挙5得点で勝負の勢いをひっくり返した。



大谷、2G連続砲+マルチヒット爆発…チームはサヨナラ勝ち(総合)
OSEN




※一部要約

大谷翔平(LAエンゼルス)が二日連続ホームランを炸裂させるなど大活躍し、チームもサヨナラ勝ちをおさめた。

大谷は5日、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスのエンゼルスタジアムで行われた2018メジャーリーグのクリーブランド・インディアンスとの試合に8番指名打者として先発出場し、2試合連続ホームランを含む5打数2安打1四球2打点を記録した。

これで大谷は2試合連続ホームラン、マルチヒットを同時に達成して絶頂の打撃感を続けた。
シーズン打率は4割2分9厘(13打数6安打)をマークした。

大谷の2本目のホームランの打球速度は100マイル(約161キロ)だった。
前日打ったホームランの打球速度105マイル(約168km)より遅かった。
だが打球の発射角度が26度だった。
25度前後の打球発射角度からホームランは良く出ることが知られているが、大谷は理想的な打球発射角度を披露したわけである。
2本目のホームランの飛距離は400フィート(約122メートル)だった。

一方、試合はエンゼルスが延長13回裏にザック・コザートのサヨナラホームランで3-2の勝利をおさめた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング