シャビ「偶然ではない予想、韓国の戦力を知ってカタールの書類を選んだ」
MKスポーツ




※一部要約

2019AFCアジアカップで最高の話題はシャビ・エルナンデスのカタール優勝の予言だった。
だがシャビは自分の予想が決して偶然ではないと強調した。

シャビは大会前、"アル・カススポーツチャンネル"に出演してカタールの優勝を予想した。
8強のうち7チーム、4強のうち3チームを当て、彼の予想通りカタールと日本が決勝で優勝を争った。
これに対してシャビは"毛抜き道士"と呼ばれた。

彼は大会直後、"アル・カススポーツチャンネル"と再びインタビューを行った。
AFCがこのインタビューを紹介し、彼は自分のカタール優勝の予想は決して偶然ではないと語った。





シャビは8強の韓国戦に関する話も取り上げた。
韓国は8強でアブドゥルアジズ・ハテムのミドルシュートによって0-1で敗れた。

シャビは「8強でカタールの勝利を予想したのは、彼ら(韓国)の戦力をよく知っているのでカタールを選んだのだ」として、正確な分析であり単なるリップサービスではなかったと語った。



[単独インタビュー] トルシエ③「2026ワールドカップ本戦が目標、ベトナムの未来を育てる」
スポTVニュース




※一部要約

フランスから始まりアフリカ、東アジアと西アジアを行き来し、指導者キャリアを続けてきたフィリップ・トルシエ元日本代表監督の今の職責はベトナムPVF(Promotion Fund of Vietnamese Football Talents F.C.)アカデミーの技術委員長である。
PVFアカデミーはベトナムサッカー協会が運営する公式機関ではないが、緊密に協力してベトナムサッカーの未来の人材の養成に最も大きな投資が行われている。

ポール・スコールズ、ライアン・ギグスらが技術顧問として参加しているPVFアカデミーは、老練で実体的な方法論を持ち、アジアサッカーで成果を上げたトルシエ元日本代表監督を技術委員長として迎えた。
トルシエ委員長はフランスから選手育成のため、13人の各界の専門家を同行し、ベトナム・ハノイへ向かった。

PVFアカデミーはベトナム最大の企業ビングループで運営している私設アカデミーだが、収益を追求しない徹底した社会貢献事業である。
自己の事業ですでにとてつもない収益をおさめているベトナムのサムスンと言われるビングループは、稼いだ金を国家と国民に返すという考えで、選手を全額無償で教育している。
練習場の建設に300億ウォン余りを使い、年間150億ウォン余りを投資して運営中だ。

トルシエはベトナムの下部リーグに参加するPVFチームを総指揮している。
2チームが2部、1チームが3部に属し、そのうちの1チームをまず1部リーグに上げるための作業も進行中である。
トルシエ委員長はベトナム15歳選抜チームを率い、江原道で行われている第5回アリスポーツカップU-15国際サッカー大会の参加日程で韓国に来た。


─なぜベトナム、PVFを選んだのか。

私はオファーを受けるたびに、どんな挑戦なのかで決めた。3月に初めてPVFの関係者と会った。それからベトナムに行って施設を見て回り、公式の人士らとミーティングをしてビジョンを聞いた後、良い挑戦だと思った。私の経験から方向性について共感し、2024年のパリオリンピック、2026年のワールドカップ本戦進出プロジェクトは美しいと感じた。私の哲学と経験で、このプロジェクトを達成したいと思った。なので私のスタッフを連れてきた。彼らを連れてくることができたのも重要なポイントだった。PVFアカデミーは成功のための最高の条件を備えている。ベトナムの人々の期待が大きいのがわかる。この挑戦が幸せだ。


─PVFアカデミーはフランスのクレールフォンテーヌと同じような概念なのか?

合っている。正確だ。ほぼ同じと見て良い。差があるとすれば、クレールフォンテーヌはパリ地域だけを対象としており、年齢の募集にも違いがある。私たちはベトナム全域の有望株を探す。



アジア大会に続いてU-16チャンピオンシップでも"韓日戦"実現するか
スポーツ韓国

181004074201226yduw.jpg


※一部要約

再び決勝戦の舞台でサッカー韓日戦が実現する可能性が出た。
今回は16歳以下青少年代表だ。

キム・ジョンス監督が率いるU-16代表は4日午後9時45分、2018AFC U-16チャンピオンシップ4強戦のタジキスタン戦を控えている。

もしタジキスタンを下して決勝に進出すれば、日本-オーストラリア戦の勝利チームと大会優勝をかけて争うことになる。

状況的に"決勝韓日戦"が実現する可能性は低くない。
客観的な戦力で韓国はタジキスタンに、日本はオーストラリアにそれぞれ上回っているからだ。

ウィリアムヒルなどのブックメーカーもやはり、韓国がタジキスタンに楽勝をおさめると予想していて、日本もやはりオーストラリアに優勢だという予想を一斉に出している状況である。


181004074201226yduwa.jpg


もし韓国と日本が大会決勝に進出すれば、2018アジア大会の続いて再び決勝戦でサッカー韓日戦が繰り広げられる。

範囲をもう少し広げれば、去年12月のEAFF E-1チャンピオンシップのときも、"優勝"をかけて韓日戦が繰り広げられた。

大会がフルリーグ方式で行われ"トーナメントの決勝"ではなかったが、当時は韓国が勝てば優勝、日本は引き分けでも優勝だった状況という点で、決勝戦と変わらなかった。

そして当時に韓国は日本を4-1で大破し、敵地で優勝カップを掲げた。


181004074201226yduwb.jpg


AFC U-16チャンピオンシップ決勝で韓日戦が実現したことはない。
韓国は4回、日本は3回決勝に上っているが、互いに決勝の相手になったことはまだない。

もし決勝戦で向き合うことになれば、韓国と日本はどちらも"大会最多優勝"という記録をかけて対決することになるという点で、その意味はより大きくなる見通しだ。

2回ずつ頂点に上っている韓国と日本は、北韓や中国など他の4チームとともにこの大会で共同最多優勝を記録中である。



韓国女子サッカーで初めて日本プロチームの指導者になった彼女
ベストイレブン




※一部要約

海の向こうの日本の地で、韓国女子サッカーで初めて指導者資格証を取った人物がいる。
日本J3リーグの鹿児島ユナイテッドでコーチとして活動中のモク・ソンジョン氏である。
日本サッカー界に韓国人コーチが多くないなか、女性としてその道を切り拓きつつあるモク・ソンジョン氏のしっかりとした目標や夢は興味深い。

モク・ソンジョン氏が日本と縁を結んだのは2013年だった。
最初から日本の舞台で初の女性指導者というタイトルを意識したわけではなかった。
最初は日本に渡って選手生活を続けることに集中するのも忙しかった。

しかし当時モク・ソンジョン氏を指導していた監督が「日本で選手生活をするだけでなく、韓国でできない経験をするのはどうか」とアドバイスし、それをキッカケにU-6チームとU-12チームを指導することになった。
そのときも指導者の道に完全に入るつもりはなかった。
自分でも「当時は指導者が私の道になるとはまったく思わなかった」と告白したほどである。

だが一度することいなればきちんと井戸を掘るモク・ソンジョン氏の性格が発揮された。
はどうせすることになったついでに、少しでもより良く教えたいという考えで熱心に努力した。
自分の授業を聞く子供たちがもっとたくさん発展することを望んだし、勉強しなければ子供たちを教えることに限界があると考え、日本サッカー協会のD級キッズリーダーの資格証を取った。
続けて、どうすればもっと体系的に指導できるのかを悩み、C級まで取って指導者の道に入った。



[パレンバンLive] "痛恨のオウンゴール"韓、日本に1対2の惜敗"決勝挫折"
スポーツ朝鮮

28201812090.jpg


※一部要約

ユン・ドクヨ号が日本との4強戦で惜しくも敗れた。

ユン・ドクヨ監督が率いる大韓民国女子サッカー代表は28日、ジャカルタ-パレンバンアジア大会の日本との4強戦に1対2で惜敗した。

一方、ユン・ドクヨ監督と選手は31日の3-4位決定戦で3回連続銅メダルに挑戦する。


28201812090a.jpg

28201812090b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング