女子U-19サッカー、韓日戦で惜しい敗北
ノーカットニュース




※一部要約

女子サッカーの有望株が韓日戦で涙を流した。

ホ・ジョンジェ監督が率いるU-19女子サッカー代表は31日、タイのチョンブリー・スタジアムで行われた2019AFC U-19チャンピオンシップB組2次戦で日本に0対2で敗れた。




韓国U-19女子サッカー、日本に0-2の完敗
NEWSIS




※一部要約

韓国は前半16分に菅野奏音(日本テレビ)、後半39分に山本柚月(日本テレビ)に連続ゴールを許して完敗した。

今大会は8チームが2組に分かれてGLを行い、各組1・2位が4強トーナメントを行って優勝チームを決める。

決勝に上がった2チームと3~4位戦の勝者、合計3チームが来年7月にナイジェリアで行われる2020FIFA U-20女子ワールドカップの出場権を得る。



[イシューフォーカス] 国家予算8億投入、"第2のイ・ガンイン探し"公正-透明にしなければ
スポータルコリア




※一部要約

イ・ガンイン(18、バレンシア)。

幼い頃にサッカー芸能番組で国民に笑みを与えたこの選手は、7月にU-20ワールドカップでゴールデンボールを受賞、韓国をFIFA主管大会で史上初の準優勝に導いた。
年齢は数字に過ぎないとアピールするかのように、飛び級して兄の間で存在感を誇った。
実力とリーダーシップを備えた"末っ子兄"という渾名までついた。

勢いを続けたイ・ガンインはA代表に堂々と名前を載せた。
2022カタールワールドカップアジア地区予選でプレーするなど、将来の韓国サッカーを導く逸材と評価されている。
最近は所属チームのバレンシアでも徐々に出場時間を増やして地位を固めているところだ。
今や国民すべてが知っているスターに成長した。

第2のイ・ガンインを発掘するために政府が乗り出した。
2020年に仮称"僕もシュットリ"事業プロジェクトを施行する。

過去に大韓サッカー協会は幼少年の"優秀選手留学プロジェクト"を施行した。
2002韓日ワールドカップ以降、幼少年の育成とヨーロッパの先進システム導入の必要性が求められ、2002年から2009年まで技術の発展期に該当する16歳前後の有望株を選抜し、サッカー先進国に進出させた。
そのときに成長した選手は韓国サッカーの中枢的役割を果たした。

国内の幼少年システムは政府機関が短期の成果に重点を置き、長期的見識から地道な投資を継続できないのが最大の問題点である。
"優秀選手留学プロジェクト"は、将来を見据えて成功した政策の代表的事例だ。
このプレジェクトで成長した選手にはソン・フンミン、チ・ドンウォン、ナム・テヒらがいる。






女子代表監督にUEFA女子チャンピオンズ優勝を導いた"コリン・ベル"選任
ゴールドットコム




※一部要約

空席だった女子サッカー代表監督にハダーズフィールド主席コーチ出身のコリン・ベル(Colin Bell)が任命された。
契約は2022女子アジアカップ本戦までの3年である。

大韓サッカー協会は18日、女子サッカー代表監督にハダーズフィールド主席コーチ出身のコリン・ベルを選任したと伝えた。
女子代表監督に外国人が選任されたのは今回が初めてだ。
大韓サッカー協会は8月、WKリーグ6連覇を導いたチェ・インチョル監督を女子代表監督に選任した。
だが過去に選手への暴言および暴行をしたという疑惑に包まれ、チェ・インチョル監督は10日で辞任した。
その後、代表はファン・インソン監督代行体制でアメリカ女子代表と2連戦を行った。

大韓サッカー協会は慎重に悩んだ末、2015年のUEFA女子チャンピオンズリーグ優勝を導いたコリン・ベル監督を任命した。
英国生まれのベル監督は28歳で選手を引退して指導者生活を始めた。

キム・パンゴン代表戦力強化委員長は「コリン・ベル監督は世界最高レベルの女子ブンデスリーガで勝率80%を記録し、UEFA女子チャンピオンズリーグとドイツカップ優勝を導いた名将」として、「また、アイルランド女子代表監督を引き受けて、劣悪な環境にもかかわらずチームのFIFAランクを歴代最高に上げた」と明かした。

キム委員長は「クラブはもちろん、代表監督経験まで備えた指導者で、現代サッカーへの高い理解や確固たるサッカー哲学、選手中心のチームマネジメント、親和力など、様々な面から見て大韓民国女子代表を発展させられる適任者と判断した」と選任の背景を説明した。



[オフィシャル] "暴言-暴行論難"チェ・インチョル監督、女子代表を自主的に辞退
インターフットボール




※一部要約

チェ・インチョル監督が9日、KFA代表戦力強化委員会の選任小委員会で、女子サッカー代表の監督職を辞任するという意思を表明した。
KFA代表はチェ監督の意思を尊重して辞任を受諾することに決めた。

チェ監督は小委員会に伝えた謝罪文で「今回メディアで報じられたことに対する責任を痛感し、代表の監督職を降ろしたい。時間が経ったことなのでなかったことにしたり、正当化できないということをよくわかっているため、申し訳ない気持ち」として、「私の間違った言動で傷ついた選手に、この場を借りて深い謝罪をしたい。傷ついた心を癒やすには、私の謝罪は不十分かもしれない。だが深い反省をしているので、少しでも私の心の込もった謝罪が伝わってほしい」と被害を受けた選手に謝罪の気持ちを伝えた。
また、「最後にもう一度、私の過ちを心から謝罪し、成熟した姿勢を備えた指導者に生まれ変わる」と明かした。

キム・パンゴン委員長は「監督の選任過程が円滑にできない点を申し訳なく思う。監督の力量の点検に多くのエネルギーを注いだが不十分だった。今後の代表監督の資格について、検証を強化する方案を用意する予定」と語った。

キム・パンゴン委員長は10日午前10時にサッカー会館で、女子代表のチェ・インチョル監督辞任および今後の監督選任の手続きに関するブリーフィングを行う予定である。



サッカー協会、チェ・インチョル女子監督"暴行疑惑"事実の有無を確認
NEWSIS




※一部要約

大韓サッカー協会がチェ・インチョル(47)新任女子代表監督の選手暴行説に関して、事実の有無を確認して今後措置をとる方針を決めた。

サッカー協会の関係者は5日、「チェ・インチョル監督への疑惑が膨らんだ。事実の有無を調べる」と語った。

先月29日に女子代表の新任監督として指揮棒を取ったチェ監督は最近、メディアの報道を通じて過去に選手を暴行したという疑惑を受けている。

チェ監督に対する疑惑が事実なら、サッカー協会の人事検証システムは正常に稼働していない。

チェ監督は2012年に現代製鉄の監督に就任し、去年までにWKリーグ6回連続優勝を導いた。

その前には2008年からU-20女子代表を率いて2010FIFA U-20女子ワールドカップ3位の成績を出し、2010年に成人代表を指揮して、その年の広州アジア大会で銅メダルを手にした。

キム・パンゴン協会代表戦力強化委員長はチェ監督を選任して「女子小中高チームをはじめとして、成人代表まですべての年代を指導した経験があり、20年近く女子サッカーの指導者として女子サッカー発展への情熱と意志が格別だった」と明かしていた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング