[現地リポート] 8人制が定着した日サッカー…「私たちも最初はすごく論争があった」
スポーツソウル




※一部要約

「日本も最初は8人制サッカー導入についてすごく論争がありました。しかしパスサッカーを指向する日本を活かすのは結局8人制でした。反対していた指導者も少しずつ共感し始めました」

Jリーグ・セレッソ大阪U-12は去年、日本国内のプロ傘下ユースおよび一般の学校サッカーなど9000余りのチームが参加した8人制全国大会でチャンピオンになった。
セレッソU-12の8人制サッカーの底力は、2ヶ月前に国内でも証明された。
慶北盈徳で行われた2018MBC有望株サッカー大会で頂点に上がった。
当時、韓国や中国の東アジアだけでなく、オランダやポルトガルのヨーロッパのプロユースが出場したが、セレッソは断然際立っていた。
グループリーグでは韓国が誇る全北現代ユースを6-0で、中国の上海ラッキースターを7-1でそれぞれ軽く退けた。
決勝でもスポルティング(ポルトガル)に6-0で大勝し、8人制だけは別のレベルであることを証明した。

8人制の競技場は既存の68メートル×48メートル(初等基準)より横が約12メートル、縦が約6メートル短い。
ヨーロッパの主要国はもちろん、日本も2011年から8人制を導入した。
8人制は選手数が11人制より少なく、ボールを扱う機会がより多い。
ショートパスのときも個人戦術の活用を最大化しなければならないので、基本テクニックを固めるのに良い。
大韓サッカー協会は今年を8人制の導入時期とした。
2019年から全面施行する予定である。
だが8人制に向けられた甲論乙駁は相変わらずだ。
出場選手の減少に伴う財政的な問題でチーム運営が容易ではないという見解をはじめとして、指導者と父兄間の摩擦、選手の中学進学後の11人制への適応の有無など、解決問題は山積みである。


20180420054015832a.jpg



[ヨルダンLive] よく戦ったユン・ドクヨ号が4強脱落…日-オーストラリア1対1の引き分け"残忍な場合の数"
スポーツ朝鮮




※一部要約

ユン・ドクヨ号のヨルダンアジアカップ4強行きが惜しくも不発に終わった。
ベトナムとの最終戦に完勝したが、同時刻に同組のオーストラリアと日本が1対1で引き分けてグループ3位に押された。

ユン・ドクヨ監督が率いる女子サッカーA代表は13日、ヨルダン・アンマンのキング・アブドラⅡスタジアムで行われたヨルダン女子サッカーアジアカップB組予選のベトナムとの最終戦に4対0で勝利した。


20180414053505456a.jpg

20180414053505456c.jpg


オーストラリア-日本戦の状況を知らない太極娘子が、最後まで1ゴールでも多く決めるために死力を尽くす姿は涙ぐましかった。
4対0の完勝、3試合無失点の無敗を記録したが惜しくも4強の前で志を成すことができなかった。



セレッソ大阪U-12、2018MBC有望株サッカー大会優勝…スポルティングに6-0の大勝
スポーツソウル




※一部要約

日本Jリーグのセレッソ大阪U-12が2018MBC国際有望株サッカー大会(8人制)の頂点に上った。

セレッソU-12は28日、盈徳郡民運動場で行われた大会決勝戦のスポルティング(ポルトガル)との試合に6-0で大勝して優勝した。

鳥居塚伸人セレッソ大阪U-12監督は「スポルティングがかなり攻撃的に出てくると予想していた」として、「落ち着いて(守備に)重きを置き、私たちだけの色の通りに試合を解いていった」と語った。
それとともに「日本ではなく海外に出て世界の色んな文化を持つチームと試合をしたことは、選手にとって大きな経験になるだろう」と喜んだ。

3位決定戦ではセレッソ大阪エリートが東ティモールU-12選抜を1-0で下した。
今大会のMVPにはセレッソU-12の主将ワタナベ・サツキが選ばれた。

8人制サッカーは細かな技術や創造的プレーを学んで身につけるサッカーシステムとして、ヨーロッパや日本で定着した競技方式である。
国内で幼少年サッカーの8人制大会の底辺拡大に尽力するため、MBC有望株サッカー財団は2014年から心血を注ぎ、国内大会だけでなく国際大会まで開催している。



"エースウェイ"二十の青春が夢を育むところ、Jグリーン堺
スポーツ東亜




※一部要約

日本の10余りの大学は今年始め、エースウェイ(Aceway・代表ナム・ギム)に韓国有望株のスカウトを助けて欲しいという意向を伝えた。
すでに日本の主要大学のコーチングスタッフやスカウトが国内大会の現場を訪れて回っていることがわかった。

国内のU-18(サンウ高)およびU-22(ソウルデジタル大学)のクラブを運営しているエースウェイが、着実に国内のアマチュア選手の日本サッカー留学を手助けしているためである。
そのため日本Jリーグクラブの入団を目的に、大阪堺をホームにしたエースウェイジャパン(Aceway Japan)を設立した。

エースウェイジャパンはJリーグの様々なクラブの入団テストを支援し、日本体育大学で学べる機会を提供する。

出帆3年目を迎えたエースウェイジャパンの2018シーズンの日程も本格化した。
21日、高校サッカー部で活動していた20歳の青春たちが現地に出発した。
ひとまず1次支援は締め切られたが、エースウェイジャパンは技量が確認された資源は募集時期に束縛されることなく、一定の検証作業を経て追加選抜する計画である。

明日のスターを夢見る青年が希望を膨らませているところがある。
Jグリーン堺だ。
大阪近隣の堺市が直接運営しているここでは、総合サッカータウンの形態で構成されていて、人工と天然芝を合わせて全16のグラウンドを保有している。
悪天候に備えて丸い屋根が設置された人工芝のフットサル場は別。



日本サッカー留学を手伝う"エースウェイ"
スポーツ東亜




※一部要約

日本の主要大学が韓国サッカーの有望株の需給に積極的に飛び込んだ。

サッカー部を運営している10の日本の大学は最近、エースウェイ(Aceway・代表ナム・ギム)を通じて韓国選手のスカウトに乗り出すという意志を伝えた。
時期は2月からで、日本の主要大学のコーチングスタッフやスカウトが国内の高校大会の現場を直接訪れ、選手発掘および点検に出る計画だ。

国内のU-18(18歳以下・サンウ高)とU-22(22歳以下・ソウルデジタル大学)のクラブを同時運営しているエースウェイは、国内のアマチュア選手の日本サッカー留学を手伝っている。
同時にJリーグ入団を目的に、大阪堺にあるエースウェイジャパン(Aceway Japan)の成長にも心血を注いでいて、日本の多くのサッカー人との活発な交流を続けている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング