[単独] "故意敗北"高校サッカー指導者への軽い懲戒論難
KBS



※一部要約

8月にいわゆる"負けようとする論難"で大きな波紋を起こした高校サッカーの指導者に対して、大韓サッカー協会が"軽い懲戒"を下してサッカー界の顰蹙を買っている。
さらにわずか1年前の似たタイプの事件については重い懲戒を下したことがあり、公平性や学縁論難まで起きている。

大韓サッカー協会は先月末、スポーツ公正委員会を経て、8月の無学期全国高校サッカー選手権大会で故意敗北論難に包まれたAとBの学校指導者に、それぞれ資格停止6ヶ月の懲戒を決めた。

当時、2人の指導者は並んで予選を突破した状態であり、16強で強豪チームと会わないためにわざと勝たない試合運営をした。
FWがGKとの1対1でゴールを決めようとせず、GKが前に出てきて呆気なくボールを奪われるなど、誰が見ても明白な"負けようとする試み"だった。

当時、映像がインターネットを通じて伝えられてサッカー協会は真相の調査に着手し、一旦懲戒小委員会を開いて両チームの監督に1ヶ月出場停止の懲戒を下した。
協会はこのとき「ひとまず懲戒小委員会で臨時の懲戒を下した後、近いうちにスポーツ公正委を開いて最終懲戒を決める計画」と明かしていた。



"仁川は他と違うところ"…2年目、今や堂々とした2年目、成熟した"監督"キム・ジョンウ
ベストイレブン



※一部要約

選手時代に声もなく強いMFとして名を馳せた"骨ジョンウ"のキム・ジョンウ大建高監督が、2年目の指導者として体験する所感を伝えた。

2003年から2012年まで韓国サッカー代表の主軸MFとして活躍したキム・ジョンウ監督は去年、仁川ユナイテッドU18大建高の監督として現場に姿をあらわした。
キム監督は大建高の指揮棒を手にした新年、全国体育大会の高等部優勝とKリーグジュニアリーグ前後期でそれぞれ3位の成績を上げて、指導者としての芽を見せた。

大建高は14日から慶北の浦項市一円で行われている2020KリーグU18チャンピオンシップに参加中である。
主軸が負傷で大挙外れた大建高は、14日午後6時に行われた開幕戦で、富川FC1995U18に1-3で完敗した。
上位圏を狙う仁川にとってはPKだけで2ゴールを奪われるなど、やや心残りのある結果となった。

心残りがあるのはキム監督も同じだった。
キム監督は15日、大建高が宿舎に利用している浦項市内のあるモーテルのロビーで取材陣と会い「内容と結果とも非常に残念だ。コロナで運動場の使用が滞り、規格の小さい学校の運動場で練習するなど、上げていくのに難しさがあった。負傷の選手は試合でプレーできなかった」として惜しんだ。



韓国、2023FIFA女子ワールドカップ誘致撤回…なぜ?
NEWSIS




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)が梗塞した南北関係とFIFAの変更した大会運営方式による国内法抵触問題などで、2023FIFA女子ワールドカップの誘致申請を撤回した。

大韓サッカー協会は2023FIFA女子ワールドカップ誘致計画書の最終提出日である13日、誘致申請の撤回を決めたと公式発表した。

大韓サッカー協会はその背景として▲南北関係の梗塞でもう南北共催の推進が難しくなった点、▲FIFAの新たな大会運営方式が国内法とぶつかり、結果的に文化体育観光部の承認を受けられな点、▲女子ワールドカップを男子ワールドカップの水準に上げるため、FIFAが強化した施設基準の要件を地方自治体が受け入れられなかった点などを挙げた。

大韓サッカー協会は4月に2023FIFA女子ワールドカップ誘致申込書をFIFAに提出していた。






女子U-19サッカー、韓日戦で惜しい敗北
ノーカットニュース




※一部要約

女子サッカーの有望株が韓日戦で涙を流した。

ホ・ジョンジェ監督が率いるU-19女子サッカー代表は31日、タイのチョンブリー・スタジアムで行われた2019AFC U-19チャンピオンシップB組2次戦で日本に0対2で敗れた。




韓国U-19女子サッカー、日本に0-2の完敗
NEWSIS




※一部要約

韓国は前半16分に菅野奏音(日本テレビ)、後半39分に山本柚月(日本テレビ)に連続ゴールを許して完敗した。

今大会は8チームが2組に分かれてGLを行い、各組1・2位が4強トーナメントを行って優勝チームを決める。

決勝に上がった2チームと3~4位戦の勝者、合計3チームが来年7月にナイジェリアで行われる2020FIFA U-20女子ワールドカップの出場権を得る。



[イシューフォーカス] 国家予算8億投入、"第2のイ・ガンイン探し"公正-透明にしなければ
スポータルコリア




※一部要約

イ・ガンイン(18、バレンシア)。

幼い頃にサッカー芸能番組で国民に笑みを与えたこの選手は、7月にU-20ワールドカップでゴールデンボールを受賞、韓国をFIFA主管大会で史上初の準優勝に導いた。
年齢は数字に過ぎないとアピールするかのように、飛び級して兄の間で存在感を誇った。
実力とリーダーシップを備えた"末っ子兄"という渾名までついた。

勢いを続けたイ・ガンインはA代表に堂々と名前を載せた。
2022カタールワールドカップアジア地区予選でプレーするなど、将来の韓国サッカーを導く逸材と評価されている。
最近は所属チームのバレンシアでも徐々に出場時間を増やして地位を固めているところだ。
今や国民すべてが知っているスターに成長した。

第2のイ・ガンインを発掘するために政府が乗り出した。
2020年に仮称"僕もシュットリ"事業プロジェクトを施行する。

過去に大韓サッカー協会は幼少年の"優秀選手留学プロジェクト"を施行した。
2002韓日ワールドカップ以降、幼少年の育成とヨーロッパの先進システム導入の必要性が求められ、2002年から2009年まで技術の発展期に該当する16歳前後の有望株を選抜し、サッカー先進国に進出させた。
そのときに成長した選手は韓国サッカーの中枢的役割を果たした。

国内の幼少年システムは政府機関が短期の成果に重点を置き、長期的見識から地道な投資を継続できないのが最大の問題点である。
"優秀選手留学プロジェクト"は、将来を見据えて成功した政策の代表的事例だ。
このプレジェクトで成長した選手にはソン・フンミン、チ・ドンウォン、ナム・テヒらがいる。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング