"横浜韓国人ユース"ユ・ジハ、プロ直行を夢見る
アジア経済




※一部要約

日本プロサッカーの横浜FマリノスU-18ユースチームにはユ・ジハが活躍している。

ユ・ジハはHM Sportsと浦項市が共催した"第4回浦項韓日中U-18最強交流戦"で日本人の同僚25人と共に故国の地を踏んだ。
彼は横浜のCBとして大会3試合をすべて消化した。
185センチの長身を活かした打点の高いヘディングと安定したビルドアップで攻守ともに優れた活躍を見せた。

横浜は今大会で2勝1敗を記録して大会に参加したJリーグクラブの3チームで最も良い成績を上げた。
去年の12月27日に"大韓民国高校サッカー最強者"蔚山現代U-18との試合に1-5で敗れたが、28日の浦項スティーラースU-18戦に3-1で勝利したのに続いて、29日の城南FC U-18に2-0で勝利して2連勝した。

ユ・ジハは「韓国人として故国に帰ってきて、Kリーグのユースチームと試合できる機会を得ることになってありがたさを感じる。蔚山との試合で完敗したのは恥ずかしいが、浦項・城南戦で日本チーム特有のパスプレーとビルドアップにより勝利をおさめることができて嬉しい」と言った。

父親の日本支社発令により小学5年生のときに韓国を去ったユ・ジハは、横浜ジュニアユースを経て横浜U-18に入団した。
かつてレアル・マドリードとバルセロナの関心を集めたりもして、去年3月には大韓民国U-17代表チームに招請選手の資格で抜擢されたりもした。
その年の8月にはJリーグU-16代表チームのリストに外国人選手として唯一名前を上げ、9月に行われた"2015JリーグU-17チャレンジカップ"に主戦で出て優勝に貢献した。



日本湘南ユース、"落ちているゴミを拾う人間になろう"の意味は?
フットボールリスト




※一部要約

Jリーグの湘南ベルマーレU-18は"第4回浦項韓日中U-18最強交流戦"で好成績をおさめられなかった。
だが人間性だけは最高だった。

湘南U-18チームはHM Sportsと浦項市が共催した"2016浦項韓日中U-18最強交流戦"で大きく注目されることができなかった。
共に参加した横浜FマリノスU-18チームと鹿島アントラーズうー18チームは、日本の高校サッカー1部リーグの"高円宮杯U-18サッカーリーグ2016"プレミアリーグに所属しているが、湘南は3部リーグ格の"神奈川県U-18サッカーリーグ"に所属するチームである。
湘南は今大会で1勝2敗を記録した。

成績は残念だった。
だが湘南ユースの選手は実力とは別に注目を浴びた。
人間性のためである。
湘南の選手はグラウンド内はもちろん、競技場外でもマナーのある姿を見せた。
宿舎では廊下を通る人すべてに挨拶し、食後に自ら布巾を持ってきて食卓を掃除したりもした。

湘南のHPにはサッカーアカデミーのスローガンが書かれている。
サッカー技術と人間関係の向上、地域との連携などは他チームのアカデミーでも見られる一般的な内容である。
だが最後に書かれた「落ちているゴミを拾う人間になろう」という文はやや特異だった。



鹿島アントラーズU-17、韓国化した理由は?
マイデイリー




※一部要約

鹿島アントラーズU-17チームは7月に浦項で行われた"2016KリーグU17チャンピオンシップ"に参加し、8強戦で脱落の苦杯をなめた。
鹿島はGLで2勝1敗をおさめてトーナメントに進出したが、水原U-17メタン高との8強戦で0-4の大敗をして準決勝進出に失敗した。

当時の鹿島は典型的な日本スタイルのサッカーを披露した。
高いボール支配率を基にパスプレーで相手の弱点を狙った。
組織力と精巧さでKリーグのユースチームより優れていたが、体力とスピードでは劣勢を見せていた。
特に韓国選手との競り合いで苦戦し、簡単にボールを奪われる姿を何度も演出した。

それから5ヶ月後、鹿島が韓国を再び訪れた。
27日から29日まで慶北浦項で行われた"2016第4回浦項韓・日・中U18最強交流戦"参加のためだった。
鹿島の初戦の相手は"2016アディダスKリーグジュニア"前期リーグと後期リーグの両方でB組2位を占めた"伝統の強豪"浦項U-18だった。
多くの人々が浦項の楽勝を予想していた。

だが蓋を開けてみると違った。
技量の面では浦項が優位だったが、鹿島選手の闘志が実力差を縮めた。
鹿島選手は積極的な競り合いで相手を苦しめた。
浦項もやはり黙っているだけではなかった。
試合中ずっと拮抗した神経戦が続いた。
親善試合ではめったに見られない警告カードとレッドカードが一枚ずつ出た。

試合結果は2-0で浦項の勝利に終わった。
敗れたが鹿島にも成果はあった。
チャンピオンシップ後に鍛えてきたフィジカルを国際大会でテストして見ることができたためである。



高1でJリーグ登録、横浜の椿直起
アジア経済




※一部要約

慶北浦項でしている2016第4回浦項韓・日・中U18最強交流戦に参加している横浜FマリノスU-18には、プロチームの2種登録を受けている選手が所属している。
その中でサイドMFの椿直起は高校1年生である。
椿は8月に3人の兄とともにプロチームF横浜マリノスの2種登録リストに名前を上げた。

2000年代まではあどけない顔の"未成年"選手をKリーグでしばしば見られた。
過去にFCソウル、城南一和、江原FCなどで活躍したハン・ドンウォンは、2002年5月1日に安養LG所属として蔚山現代とのアディダスカップで交代出場し、Kリーグ最年少出場記録(16歳25日)を打ち立てた。

イングランド・プレミアリーグのクリスタル・パレスで活躍しているイ・チョンヨンもやはり道峰中を中退して16歳の年齢でソウルに入団し、蔚山現代出身のキム・スンギュは現代中卒業後に蔚山現代と契約し、現代高3年だった2008年11月にプロデビューした。

だが最近ではそのような姿を見られない。
未成年者勤労基準法が強化されたためである。
勤労基準法によると、18歳未満の年少者は原則的に雇用が禁止されている。
この法に抵触しないためプロチームは高校卒業以上の選手と入団契約を結んでいる。

日本は違う。
未成年の選手がプロリーグで活躍できる道がある。
各チームに所属しているユース選手をプロチームに2種登録すれば、Jリーグに出場させることができる。
日本サッカー界の神童久保建英はFCバルセロナユース所属だった2014年、18歳未満の海外選手獲得禁止規定の違反で公式戦に出場できなくなると、すぐに日本へ戻った。
彼は去年5月にFC東京U15に入団し、9月にFC東京で2種登録、11月5日にFC東京U-23所属としてJ3リーグのAC長野戦で交代出場してJリーグ最年少出場記録(15歳5ヶ月1日)を打ち立てた。

椿も同じである。
彼は27日の蔚山現代U-17現代高との大会初戦に先発出場し、前半5分に速いスピードで左サイドを突破したのに続き、DF二人にマルセイユターンを披露して観客に驚かせた。
後半12分にはペナルティエリア内右側でドリブルをしていてDFに脚をかけられPKを取ったが、ゴール右を狙ったシュートがミン・ドンファンGKのファインプレーに阻まれてしまった。

だが心残りは長続きしなかった。
後半22分に中盤の左サイドでボールを受けて突破した後、ペナルティエリア左角付近から右足で巻くシュートでゴールを貫いた。
この日の試合で横浜は前半だけで3ゴールを許して厳しい試合を繰り広げた。
後半開始と同時に椿を筆頭にサイド攻撃が生き返って鋭い攻撃を続けたが、3-4の1ゴール差の敗北で試合を終えた。



[442.interview] サウサンプトンが語る"ユースというのは・・"
FourFourTwo




※一部要約

22日から坡州NFCで第2回2016リーグ幼少年指導者アカデミーが行われた。
運動場に降りていく23クラブのU18チームの監督やコーチ陣は3グループに分かれ、術技の授業を受けていた。
笑い声がとりわけ大きかったグループが目を引いた。
彼らの中にはあどけない顔の外国人コーチがいた。

サウサンプトンユースアカデミーのコーチ、ルーク・ミドルウィックス(22)である。
彼は2泊3日で坡州に留まり、ユース指導者を教育する。
<フォーフォーツー>はミドルウィックスに会った。
サウサンプトンの哲学と指導方式、そしてミドルウィックス個人の話をする。


Q.会えて嬉しい。昨日韓国人コーチと練習したがどうだったか?

A.本当に楽しかった!ユース選手を育成するコーチのための席であると聞いていた。私の意図をよく理解して応えていたいので本当に良かった。素晴らしかった。アメリカやドイツでサッカーを経験したが、韓国でも良い経験をした。私のほうがより助けを受けたみたいだ。


Q.韓国に来る飛行機の中で"これだけは必ず教えなければ"と考えたことはあったか?

A.何かを教えるというよりは練習を通じて強調したいことがあった。最も重要なのは楽しさだ。2番目としては、攻撃時に相手の守備を圧迫することと支配することを強調したかった。(442:適用は上手くいったか?)本当に感動的だった。(韓国の指導者やコーチ陣の)レベルが予想したものよりはるかに高かった。(坡州NFCの)施設も良かった。練習するのに不足はなかった。みんな理解力が早かった。言語の障害はあったがまったく問題にならなかった。


Q.自身がサウサンプトンでユース選手を指導するスタイルはどうなのか?

A.実際にコーチするのはそれほどすごいことではない。試合や練習が終わったら、まず"そう、そうだ、よくやった"と言う。それで試合のシーンを振り返る。例えばゴールを決めたシーンが出る。私たちが訓練、練習したものが土台になって出たゴールなら自分にやりがいを感じる。逆にそういうゴールじゃなければ、それも選手が自分で感じることができる。また練習することになるキッカケになる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング