[済州国際ユース] 日本チーム、英国チームに強勢…鹿島、カーディフに3-2で勝利
STNスポーツ




※一部要約

日本チームが英国チームに強勢を見せている。

鹿島アントラーズU-15は13日、済州西帰浦市にあるカン・チャンハク総合競技場1球場で行われた2019済州国際ユースサッカー大会E組2次戦のカーディフ・シティU-15との試合に3-2で勝利した。
前日の12日にガンバ大阪がニューカッスル・ユナイテッドを4-1で下していた。
日本チームが英国チームに優位の状況が続いている。






女子サッカーのイ・グンミン、マンシティ入団…チ・ソヨンとチョ・ソヒョンに続いて英舞台
韓国経済TV




※一部要約

女子サッカー代表のイ・グンミンがイングランドの舞台を踏む。

マンチェスター・シティは7日、クラブ公式HPでイ・グンミンと2年契約に合意したと公式発表した。

イ・グンミンはチ・ソヨン(28、チェルシー・レディース)とチョ・ソヒョン(30、ウェストハム)に続いてイングランド女子スーパーリーグ(WSL)に進出した3人目の韓国人選手となった。

イ・グンミンは2010年のFIFA女子U-17ワールドカップのときに韓国の優勝を導き、今年6月にはFIFA女子ワールドカップに韓国代表として参加し、主軸FWでプレーした。

2013年3月6日のキプロスカップの南アフリカ戦でAマッチにデビュー、通算54試合16ゴールを記録した。

国内の女子実業サッカーWKリーグでも代表的なFWとして活躍した。



"ルナールマルチゴール"韓国、女子WCでフランスに0-4の完敗
STNスポーツ




※一部要約

韓国が初戦で完敗した。

韓国女子代表は8日午前4時、フランス・パリにあるパルク・デ・プランスで行われたフランス女子代表との2019FIFA女子ワールドカップA組1次戦に0-4で敗北した。






新世界、女子サッカーに100億ウォン支援…サッカー協会のメインパートナーに
韓国日報




※一部要約

新世界グループが女子サッカーでは初めて大韓サッカー協会とメインパートナー湿布契約を結んだ。
支援金額は100億ウォン規模に達する。
厳しい環境でも好成績を出している韓国女子サッカーの発展に青い火が灯った。

大韓サッカー協会は15日、新世界と公式パートナーを結び、2024年までの5年間で女子代表の競技力向上のために現金100億ウォンが支援されると明かした。
新世界は現金支援とともに、女子サッカーの底辺拡大のために代表練習プログラムなどを支援する予定である。

新世界は女子サッカーの成長の可能性を高く評価したことがわかった。
実際、女子サッカーは2010年にU-17女子ワールドカップ優勝とU-20女子ワールドカップ3位、2015年にカナダ女子ワールドカップ16強進出、2018年にジャカルタ-パレンバンアジア大会で銅メダルなど、厳しい環境の中でも着実に好成績を成し遂げてきた。

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長は報道資料で「新世界グループの後援は女子サッカー発展の大きな転換点になるだろう」と明かした。
ホ・ビョンフン新世界グループ副社長も「今回の後援協約が、女子サッカーの成長の小さな足場になれるよう努力する」として、「韓国女子サッカーが国内スポーツファンの期待に好かれる人気スポーツに発展することを期待する」と伝えた。



[ハン・ジュンのサッカー幻想曲] "イ・ガンイン選出"青少年ワールドカップ、U-18統合はどうだろう
スポTVニュース




※一部要約

FIFA U-20ワールドカップは先見のワールドカップと呼ばれる世界のサッカー有望株の祭典だった。
今はそうじゃない。
20再以下の年齢でプロ1軍主戦としてプレーする選手が参加できず、"半分の大会"に地位が落ちた。

韓国サッカー最高の有望株と呼ばれるMFイ・ガンイン(18、バレンシア)とウィンガーのチョン・ウヨン(20、バイエルン・ミュンヘン)の選出問題も難航していた。
最終的に両選手とも参加が有力な状況だが、もし参加が不発となればもう一度U-20ワールドカップの地位と成果に打撃を与えかねなかった。
最高の選手が来ない大会であれば、価値をしっかりと認められるのは難しい。

1977年にチュニジアで最初の大会が開催されたFIFA U-20ワールドカップは、リオネル・メッシが6ゴールを固め打ちしてアルゼンチンを優勝させた2005年大会まで、FIFAワールドユースチャンピオンシップという名称で行われていた。
ディエゴ・マラドーナ(1979年)、ロベルト・プロシネチキ、ズボニミール・ボバン(1987年)、パブロ・アイマール(1997年)、ダニ・アウベス(2003)らがこの大会の活躍を成人の舞台まで続けた。

2007年大会からFIFAはU-20ワールドカップという名称をつけた。
17歳以下の国際大会はU-17ワールドカップとして同年に開催される。
問題は過去10年間の大会に参加した選手のレベルが落ち、それによって関心が下がっている。
ユース育成システムの全世界的な先進化と、10代選手のプロ契約が日常化された現代サッカーの現実に、U-20ワールドカップが合っていないという意見が出てきている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング