入隊のキム・ミヌ「軍生活をしっかりする」と挙手敬礼
蹴球ジャーナル




※一部要約

「挙手敬礼をきちんとしました。行っても上手くしなければならないので」

練習はしなかったというが形はかなり出ている。
代表の左SBキム・ミヌは今後21ヶ月間軍人として過ごす。

去年Kリーグクラシックの水原三星とA代表で大活躍したキム・ミヌは15日、陸軍論山訓練所に入所する。
約5週間の基礎軍事訓練を終えた後、来年10月14日まで尚州尚武に身を置くことになる。

軍入隊を前にキム・ミヌは「顔は明るいが内心では悩みが多い。多くの人が軍生活のアドバイスをしたが、特にキム・ウンソン先輩は"お前自身を下げておかなければならない"と言っていた。忍耐しなければならないという意味に理解した。しっかり適応する」と明かした。



チャン・ヒョンス「今年は日本サッカーの所属チームで優勝-ワールドカップ出場が目標」
聯合ニュース




※一部要約

去年、韓国サッカー選手の中で誰よりも内容が充実した活躍をしたDFチャン・ヒョンスが、今年は所属チームの優勝とワールドカップ出場という二兎の狩りに出る。

チャン・ヒョンスは14日、聯合ニュースとのSNSインタビューで、今年の希望に所属チームの優勝を最初に挙げた。

去年7月に中国スーパーリーグの広州富力からFC東京に移籍し、3年6ヶ月ぶりに実家チームに復帰したチャン・ヒョンスは「今シーズンはできるだけ多くの試合でプレーして所属チームで重要な選手になりたい」として、「特に正規リーグでもカップ大会でも絶対に優勝を一度してみたい」と語った。

チャン・ヒョンスは去年の後半期に11試合出場で2ゴールを記録した。

だが所属チームのFC東京はJ1リーグで10勝10分け14敗で全体18クラブ中13位に終わった。



[代表チーム顕微鏡] Jリーグで新たな出発のユン・イルロク、ワールドカップ本戦は可能だろうか
スポーツ韓国




※一部要約

ユン・イルロク(25・横浜マリノス)は洗練された選手だ。
基本技がしっかりしていて技術が優れている。
DF1~2人くらいは簡単にかわすことができ、虚を突くパスで得点チャンスを作り出す。
チームが必要とするときには背後のスペースを崩してゴールを割ったりもする。

ユン・イルロクは早くから頭角を現した。
2009年にナイジェリアで行われたU-17ワールドカップで代表の8強進出を導いた。
韓国サッカーの伝説に位置づけられるソン・フンミン、代表の主戦SBキム・ジンス、"蔚山の虎"イ・ジョンホらとダイナミックなサッカーを披露した。
2014年の仁川アジア大会は負傷で多くの試合でプレーできなかったが、金メダルを取って軍免除の恩恵も受けた。

国が認めた才能はプロでも常勝疾走した。
ユン・イルロクは2011シーズンに慶南FCに入団して、素早い適応力を見せた。
"エース"ユン・ビッカラムとの競争に押され、下がり目のFWやサイドアタッカーを行き来したが問題なかった。
特別なスピードとサッカーセンスを基に、26試合4ゴール5アシストを記録した。
不敵な10代の少年のプロデビューは成功的だった。

翌年にはユン・ビッカラムが城南FCに巣を移し、さらに高く舞い上がった。
ユン・イルロクは慶南の確固たるエースとして42試合6ゴール2アシストを記録した。



[現地新年インタビュー] "NO.1守門将"キム・スンギュ「ブラジルの経験、ロシアで証明する」
スポーツソウル




※一部要約

「ブラジルでの心残りをロシアで晴らしたい」

サッカー代表の守門将キム・スンギュ(28・ヴィッセル神戸)の2018年最大の目標は、断然ロシアワールドカップである。
"シン・テヨン号"出帆から重用を受けたGKの中で、ワールドカップ本戦を経験しているのはキム・スンギュが唯一だ。
4年前のブラジルワールドカップを控え、Kリーグクラシックの蔚山現代の主戦守門将の地位を固めたキム・スンギュの勢いは熱く燃え上がった。
2010南アフリカワールドカップで主戦として活躍したチョン・ソンリョンに押されて本戦のグループリーグ1~2次戦ではプレーできなかったが、ベルギーとの3次戦に主戦で出場した。
韓国は0-1で敗れたが、大舞台に初めて立ったことが信じられないほど、神懸かり的な好セーブショーを繰り広げ、"キム・スンギュ時代"を知らしめた。

ところが2014年末にシュティーリケ元監督が代表に就任してから、守門将の"地殻変動"が起きた。
キム・ジンヒョンが重用されて2015オーストラリアアジアカップの主戦として出場した。
キム・スンギュは再び2番手に押されたようだった。
だがワールドカップ予選を基点に、キム・スンギュは再び先発陣に含まれることになった。
シュティーリケ体制でAマッチ38試合中17試合を消化してキム・ジンヒョン(11試合)、クォン・スンテ(5試合)を抜いて最多出場時間を記録した。
アジアGKでは珍しく動物的な瞬発力と高さを持つ彼の技量は、シン・テヨン号出帆後も注目された。
負傷で参加しなかった東アジアカップの3試合を除き、去年のシン・テヨン号体制で行った6試合中4試合で先発出場した。
ワールドカップ最終予選2連戦(イラン、ウズベク)などの重大な試合は、すべてキム・スンギュがGKブローブをはめた。
彼は最近、日本大阪で行ったスポーツソウルとの新年インタビューで「競争はいつも私を成長させるので楽しんでいる」として、「4年前のブラジルワールドカップの心残りを新年にロシアで晴らす」と誓った。



[現地インタビュー] "セレッソ再契約"キム・ジンヒョン「ワールドカップとACLのどちらも笑いたい」
スポーツソウル




※一部要約

「ワールドカップに行っても、行けなくても代表のため犠牲になりたい」

27日に日本Jリーグ・セレッソ大阪との1年の再契約を発表した代表GKキム・ジンヒョンが、最近練習場の舞洲スポーツアイランドでスポーツソウルと会った席で最も強調した部分は、"代表のための犠牲"だった。
シン・テヨン号が良い雰囲気を2018ロシアワールドカップ本戦まで引っ張るため、1粒の小麦になるということだった。
キム・ジンヒョンは「率直にワールドカップを6ヶ月前にして代表内の(GK)競争が激しくなって負担を感じているが、チームのためには望ましいこと」として、「いつの間にかGKの中で先站にあった。ワールドカップ本戦に私が行っても、行けなくても、チームが上手くいくため、競争している選手とまとまった雰囲気を作れるよう犠牲になって努力する」と語った。

シン・テヨン監督が率いるサッカー代表のGK争いの構図は、史上最も激しいという評価が出るほど主戦の輪郭を描くのが難しい。
キム・ジンヒョンは2015オーストラリアアジアカップのとき、シュティーリケ監督体制で主戦として活躍したが、その後のワールドカップ最終予選ではキム・スンギュに席を譲った。
最近の"シン・テヨン号"ではキム・スンギュだけでなくチョ・ヒョンウ、キム・ドンジュンらも加勢し、息詰まる善意の競争を続けている。
最近日本で幕を下ろした東アジアカップでも、キム・スンギュは初戦の中国戦(2-2引き分け)に先発出場した。
彼は「中国戦のときは勝てた試合を逃したので残念な気持ちが大きかった」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング