興奮した日本、「久保デビュー、歴史的瞬間が来た」
スポTVニュース




※一部要約

久保建英のA代表デビューで日本列島が興奮に覆われた。

日本は9日、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとのキリンチャレンジカップに2-0で勝利した。
この試合で久保はAマッチデビュー戦を行った。
満18歳5日。
久保は市川大祐(当時17歳322日)に次いで日本歴代2番目の最年少でAマッチデビューに成功した。

久保のデビューに日本メディアは興奮に陥った。
日本メディア"東京スポーツ"は「日本のオリンピックのエースの株価が急騰している。エルサルバドル戦でデビューした彼は、いたるところで好プレーをしてチームの2-0の勝利に貢献した」と評価した。

試合を見守った長友佑都は「ドラえもんのような選手だ。ドリブル、パスのどちらも良い。すべてを持っている選手」と評価した。
久保がプレーしたエルサルバドル戦は、平均視聴率13.8%を記録した。
果たして久保は日本代表でどのような歴史を作るのか注目されている。



"イ・ガンインと同じ2001年生まれ"久保、Aマッチデビュー…日最年少2位
スポータルコリア




※一部要約

"2001年生まれ"の久保建英がAマッチデビュー戦を行った。

日本は9日午後7時、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとの親善試合に2-0で勝利した。
5日のトリニダード・トバゴとの最初の評価試合に0-0で引き分けた日本は、6月のAマッチ日程を1勝1分けで終えた。

エルサルバドル戦は日本サッカーにとって意味のある日だった。
日本サッカーの未来であり、"日本のメッシ"と呼ばれる久保がAマッチデビュー戦を行ったからだ。
久保は後半22分に南野拓実と交代して競技場を踏んだ。

2001年6月4日生まれの久保は、イ・ガンインと同い年である。
正解に言えばイ・ガンイン(2月19日生まれ)より4ヶ月若い。
だがAマッチデビューは先にした。
エルサルバドル戦に出場した久保は、"18歳5日"の年齢でAマッチの第一歩を踏み出した。

日本サッカー史上2番目に若いデビューだ。
1998年4月1日、韓国を相手にAマッチデビューした市川大祐が17歳322日の年齢で最年少記録を保有中である。



"ルナールマルチゴール"韓国、女子WCでフランスに0-4の完敗
STNスポーツ




※一部要約

韓国が初戦で完敗した。

韓国女子代表は8日午前4時、フランス・パリにあるパルク・デ・プランスで行われたフランス女子代表との2019FIFA女子ワールドカップA組1次戦に0-4で敗北した。






[現場REVIEW] "オ・セフン千金決勝ゴール"韓国、日本に1-0勝ち…8強でセネガルと激突
スポTVニュース

190605044022926.jpg


※一部要約

韓国が運命の韓日戦に勝って8強に上がった。

韓国は5日、ポーランドのルブリンスタジアムで行われた2019FIFA U-20ワールドカップ16強の日本との試合で、オ・セフンの決勝ゴールによって1-0の勝利をおさめた。
韓国は8強戦でセネガルと4強のチケットをかけて争う。


190605044022926a.jpg

190605044022926b.jpg

190605044022926c.jpg

190605044022926d.jpg



[U20ワールドカップ] ポーランドで"散歩セレモニー"を夢見る太極戦士
聯合ニュース




※一部要約

南アフリカワールドカップを控えていた2010年5月24日、日本の埼玉スタジアム。
当時、マンチェスター・ユナイテッドで活躍していた韓国サッカー代表キャプテンのパク・チソンが前半6分、日本に先制ゴールを放った。

それから相手サポーターの前を無表情でゆっくり走って過ぎ去っていった。
いわゆるパク・チソンの"散歩セレモニー"。
特別な言葉やジェスチャーがあったわけではないが、日本の観客席は沈黙に陥った。
この日、日本は韓国を供え物にしてワールドカップ出征式を祝おうとしていたところだった。

その後、このセレモニーはサッカー韓日戦勝利の象徴となった。
当時、韓国は後半追加時間のパク・チュヨンのPKゴールにより2-0で勝った。
パク・チソンのゴールは決勝ゴールになった。

太極戦士は宿敵日本との対決の勝利の喜びを、しばしば散歩セレモニーであらわした。

日本東京で行われた2017EAFF E-1チャンピオンシップの日本との男子部最終戦で、後半24分にヨム・ギフンが韓国の優勝を予感させる4ゴール目を放った後、選手は一斉に"散歩セレモニー"を再演した。

やはり日本と対決した2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会決勝では、延長戦にファン・ヒチャンが決勝ゴールを決めた後、日本の応援側にゆっくり散歩するように走っていった。
韓国は2-1で日本を退けて大会2連続で頂点に上った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング