FIFAワールドカップ、2026年から48ヶ国出場・・・満場一致で確定
スポータルコリア




※一部要約

FIFAのワールドカップ48ヶ国拡大が現実に近づいた。

"ニューヨーク・タイムズ"など海外の複数メディアは10日、「ジャンニ・インファンティーノFIFA会長が推進していたワールドカップの48ヶ国拡大が成された。投票の結果、満場一致で当該の事案を確定した」と緊急打電した。

今回の案は2026ワールドカップから適用される。
ワールドカップの歴史で新たな時代が開かれることになった。

本戦チケットの配分にも少なくない変化があるとみられる。
報道によるとヨーロッパ16枚、アフリカ9.5枚、アジア8.5枚、南米と北中米にそれぞれ6.5枚、オセアニア1枚になる見通しである。




[オフィシャル] FIFA、ワールドカップ48ヶ国参加改編案を満場一致で通過
スターニュース




※一部要約

現体制の32ヶ国出場は"1998年フランスワールドカップ"から続いてきた。
FIFAは2013年から出場国を拡大しようとする動きを少しずつ見せてきた。

前任会長のブラッター会長はしばしばアフリカとアジアのサッカー連盟の声を反映し、出場国をさらに拡大するべきと主張してきた。
だが2015年にFIFAの不正腐敗スキャンダルが炸裂して有耶無耶になっていた。

ブラッターの席を引き継いだインファンティーノ会長は腐敗スキャンダルが整理されると、すぐに再び出場国拡大の動きを見せた。

最終的にFIFAがチューリッヒで行われた委員会で改編案を可決したことにより、2016年から48ヶ国体制のFIFAワールドカップが開かれることになった。



[ソ・ヒョンウク] ロナウド、日本、FIFAのハッピーエンド(クラブワールドカップ決算)
ソ・ヒョンウクMBCサッカー解説委員




※一部要約

2016FIFAクラブワールドカップはヨーロッパチャンピオンのレアル・マドリードの優勝で幕を閉じた。
レアルと鹿島アントラーズの対決が繰り広げられた決勝戦は、鹿島の予想を超える善戦のおかげで、歴代級の"面白い"勝負が進行された。
延長戦まで行ってから決まった最終的な勝者はレアルだったが、両チームとも拍手を受ける資格は十分な結末だった。
大会を主催したFIFAもやはり、決勝戦のチケットが売り切れるなど興行が成功し、初めて導入したビデオ判定(VAR)に自信を得るキッカケとなって気持ちの良い閉幕を迎えた。

2016年はロナウドにとって忘れられない一年として記憶されるだろう。
所属チームをUEFAチャンピオンズリーグの頂点に、代表チームをUEFAユーロ2016の頂点に上げた功績で、個人通算4回目のバロンドールまで受賞したロナウドにとって、クラブワールドカップは完璧な一年を華やかに締める舞台として遜色なかった。

サッカー界は昔から保守的である。
規定を変更したり新しいテクノロジーを導入することに慎重だ。
数多くの誤審論難にもかかわらず、それを改善できる各種技法を適用することに積極的ではない。
だがインファンティーノ会長体制のFIFAはもう少し積極的な変化を望んでいるようだ。
今大会で"ビデオ判定(Video Assistant Refrees)"と言われるVARを果敢に導入し、今後もこれを継続的に押し通すつもりだ。
サッカー界内部の反対世論は相変わらず手強い水準なのに加え、今大会でもレアル・マドリードの監督や選手を中心に否定的な意見が続出したが、大会が終わる前にVARシステムの成功を確信する広報戦略を展開したのがその証拠である。
FIFAは決勝前日の17日、インファンティーノ会長がマルコ・ファン・バステン技術分科委員長を同行させて横浜競技場に現れ、VARの成功を誇示する記者会見まで行った。
実際にFIFAは今大会でVARが勝負どころのたびに重要な役割を果たしたのを見て、このシステムの実戦での有効性を確認したと評価している。
今回のクラブワールドカップは、サッカー界がメジャー大会でVARを導入する時期を繰り上げることに、大きな力を与えたわけである。



ジダン「鹿島、スペインでプレーできるだけの選手がいた」
ゴールドットコム




※一部要約

2016FIFAクラブワールドカップ王者についたレアル・マドリードのジネディーヌ・ジダン監督が、決勝の相手だった鹿島アントラーズと選手を好評した。

レアルは18日、横浜国際競技場で行われた鹿島とのFIFAクラブワールドカップ決勝戦に4-2で勝利した。
試合前から客観的な戦力でリードしていたレアルが優勢だと予想されていたが、鹿島の底力も侮れなかった。

リードしていたが1-2で逆転まで許したレアルは、その後クリスティアーノ・ロナウドのハットトリックの活躍で通算二度目のクラブワールドカップのトロフィーを苦労して手にした。
試合後、ジダン監督は自分たちを敗北直前まで追い詰めた鹿島の底力を高く評価した。

スペイン日刊紙"アス"とのインタビューで彼は「私たちが苦しむことはわかっていたし、相手は良い試合をできるチームなので驚くべきことはなかった。鹿島は情熱的に走って戦った。スペインでプレーできるだけの選手も何人かいた」と明かした。

クラブワールドカップを最後に今年の日程を締めくくったレアルは、年末まで休暇を取ってからシーズン後半期に突入する。


【関連記事】
【クラブW杯】韓国ネチズン反応…レアル・マドリードが120分の血闘の末に鹿島アントラーズを下して優勝



[クラブワールドカップ] "ロナウドハットトリック"レアル、120分の血闘の末に通算2回目の世界チャンピオン登極・・・鹿島に4-2勝ち
スポータルコリア




※一部要約

ハットトリックを達成したロナウドがレアル・マドリードの世界チャンピオン登極を導いた。

レアルは18日、横浜国際競技場で行われた鹿島アントラーズとの2016FIFA日本クラブワールドカップ決勝戦で、延長の接戦の末に4-2で勝利した。
正規時間を2-2で引き分けたレアルは、延長戦でロナウドが2ゴールを決めて世界チャンピオンの席についた。

2014年のクラブワールドカップで優勝したレアルは2年ぶりに再び優勝した。

レアルは賞金500万ドル(約59億ウォン)の賞金を受けた。
善戦して準優勝した鹿島は400万ドル(約48億ウォン)の賞金を手にした。


20161218220103a.jpg

20161218220103b.jpg

20161218220103c.jpg



[クラブWC映像] レアルのラモス「ビデオ判定、2002ワールドカップのスペインの疑心をなくす」
スポTVニュース




※一部要約

レアル・マドリードのセルヒオ・ラモスがクラブワールドカップに導入されたビデオ判定に賛成する意見を明かした。
ラモスは2002年の韓日ワールドカップ8強戦の韓国とスペインの試合を例にあげた。

レアル・マドリードは17日、横浜インターナショナルスタジアムで2016FIFAクラブワールドカップ記者会見を行った。
ジネディーヌ・ジダン監督と主将ラモスが記者会見に参加した。

ラモスはインタビュー中、最近"深刻な問題"であるビデオ判定について質問を受けた。
ラモスは「1000通りの意見があり得る事案だ。FIFAはサッカー発展のために努力している。すでに技術は私たちの人生に溶け込んでいる。テニスの場合はホークアイの助けがとても正確だ。試合をする選手として、サッカーの発展は肯定的だと思う」と明かした。

ラモスはビデオ判定の長所を話して韓日ワールドカップを例にあげた。
ラモスは「もちろんクラブワールドカップのようなテスト期間には(ビデオ判定は)最良の結果を得られないこともある。だが重要な試合で出る疑い(doubts)を止められるなら、ビデオ判定は良いと思う。韓日ワールドカップのスペインの試合で起きたことがそういう例示である」と語った。

2002韓日ワールドカップ8強戦で、スペインは韓国のゴールネットを2回揺さぶったが得点を認められなかった。
主審はファールとゴールラインアウトを宣言した。
スペインはPK戦で3-5で敗れて脱落した。
韓日ワールドカップ当時、ラモスは16歳でスペインU-17代表選手だった。

(※動画は日本からは見れないので割愛)



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング