日の緻密なサッカー行政、KFAもベントとともに長期プランを立てなければならない
スポーツ朝鮮




※一部要約

苦々しかった。
韓日プロサッカーの格差は2018ロシアワールドカップで明確だった。
内容はもちろん、結果まで日本が圧倒した。
否定できな現実だった。
日本サッカーの上り調子は16強で幕を下ろした。
ただし、ヨーロッパサッカーとは違った色でグループリーグを突破した。
自分たちが立てたビジョンと政策を通じ、数年間準備して結果を生んだ。
しかもワールドカップ開幕のわずか2ヶ月前に代表の首長が変わっている。
それでも競技力は乱高下しなかった。
すでに安定したシステムの中で"ワンチーム"になっていたからだ。





それだけではない。
さらに明るい未来という希望を得た。
17~19歳の年代別代表23人(19歳19人、18歳3人、17歳1人)を選抜し、成人代表のロシア内のベースキャンプに合流させ、11日間一緒に練習を受けさせた。
ポジション別ではGK3人、DF8人、MF8人、FW4人。
特に"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英は、17歳で唯一選ばれた。
彼らはロシアのルビン・カザンU-20との練習試合もした。
当然、日本が行ったワールドカップの試合も観戦した。
4年後のワールドカップをプレーする選手の先経験は、日本サッカーが国際舞台で高い競争力を維持できる強力な力になり得る。



韓国、8月のFIFAランキング57位…"ワールドカップ優勝"フランスが1位躍進
スポーツトゥデイ




※一部要約

新しいFIFAランキングが公開された。
2018ロシアワールドカップで優勝したフランスが1位に上がったなか、韓国は57位を維持した。

FIFAは16日、公式HPで8月のランキングを公開した。
2018ロシアワールドカップ後に初めて公開されたランキングであり、ワールドカップの成績によって大きな変動があった。

ロシアワールドカップで1勝2敗の成績で16強進出に失敗した韓国は57位を維持した。
一方、16強進出に成功した日本は前のランキングより6段階も跳ね上がって55位に位置して韓国を抜いた。

AFC加盟国の中ではイランが前の順位よりも5段階上がり、共同32位になり最も高い順位を記録した。
43位を記録したオーストラリアがその後に続いた。

一方、ワールドカップ優勝の栄光を手にしたフランスは、なんと6段階も上がって1位になった。
ベルギーとブラジルがその後に続いた。

一方、前のランキングで1位だったドイツはなんと14段階も落ちて15位まで押し出された。



[SPO TALK] "鹿島デビュー"チョン・スンヒョン「2022カタールWCの主戦DFが目標」
スポTVニュース




※一部要約

鹿島アントラーズに移籍したチョン・スンヒョンがデビュー戦を成功裏に行った。
チョン・スンヒョンは5日、清水エスパルスとの試合に先発出場し、後半追加時間に決勝ゴールをアシストした。
FKの状況でチョン・スンヒョンがヘディングでボールを落とし、西大伍が体を投げ出してゴールネットを揺さぶった。
鹿島の後方を堅く守ったチョン・スンヒョンの活躍に力づけられ、清水を1-0で下した。

チョン・スンヒョンはスポTVニュースとのインタビューで、デビュー戦を行った所感や移籍を決心した背景、ワールドカップの舞台での経験や長期的目標を明かした。

チョン・スンヒョンは先月23日、チームない最高水準の年俸を受けて鹿島アントラーズに移籍した。
サガン鳥栖で27試合プレーし、2ゴールを決めた。
所属チームでの活躍を基に、2018ロシアワールドカップ最終メンバー23人にも入った。
ワールドカップに出場はできなかったが、可能性は十分認められた。

ワールドカップ後、チョン・スンヒョンに対するJリーグおよびKリーグ、西アジアのラブコールが殺到した。
全北現代とサウジアラビアの名門アル・イテハドなどが獲得を推進した。

だがチョン・スンヒョンはJリーグの鹿島アントラーズを選んだ。
チョン・スンヒョンは「最も活躍できるチームを選んだ。未来のための決定」と明かした。



ヨーロッパ進出が静かな太極戦士、"最強"ドイツ戦勝利のプレミアムはないのか?
スポーツソウル




※一部要約

"大魚"を釣って期待したプレミアムはまだあらわれずにいる。
韓国サッカー代表は2018ロシアワールドカップで16強進出に失敗した。
だがグループリーグ最終戦でFIFAランキング1位のドイツを2-0で下して大会最大の変事を演出した。

ドイツ戦勝利の後、ヨーロッパメディアは韓国選手に手厚い評価を吐き出した。
また、外信を通じて韓国選手のヨーロッパ進出の可能性に対する報道も列を成した。
だが今すぐにでも実現しそうだった太極戦士のヨーロッパ行きは、なかなか実現していない。
グループリーグを終えてから1ヶ月あまりが過ぎたが、太極戦士のヨーロッパ移籍のニュースは静かである。

ヨーロッパ行きに最も近づいている走者はワールドカップで大活躍したDFキム・ヨングォンだ。
彼はワールドカップ直後、フランスのスタッド・レンヌとトルコのベシクタシュのラブコールを受けているという現地メディアの報道が出るほど、多くの関心を集めている。
2012年夏から中国スーパーリーグの広州恒大で活躍しているキム・ヨングォンは、ロシアワールドカップをキッカケにヨーロッパ行きの意志を固め、近い将来夢を叶える可能性が高く見える。

ワールドカップは基本的に国家対抗戦だが、選手は自分の技量を披露するショーケースにできる。
より大きな舞台へ向かうための躍進の場とすることができ、自分の身代金を引き上げられるチャンスになったりもする。
韓国代表ではロシアワールドカップを通じてチョ・ヒョンウ(大邸)、ムン・ソンミン(仁川)らがサプライズスターに浮上した。
2人の場合は兵役問題が障害物となり、ヨーロッパ進出でスピードを出せずにいる。
チョ・ヒョンウの場合はジャカルタ-パレンバンアジア大会にワイルドカードで合流するが、金メダルを取れなければ今年末に軍に入隊しなければならない境遇である。

ヨーロッパ移籍市場は来月末まで続くので、まだ時間はある。
ただしワールドカップ直後より、時間が経つほどプレミアムは経るほかない。



[ワールドカップ決算④] ドイツを下した韓国、16強に上がった日本"アジアの可能性と限界"
スポTVニュース




※一部要約

「アジアチームは相変わらず世界のサッカーとの格差が大きい」
SBS解説委員として2018ロシアワールドカップを行ったパク・チソンは、21世紀に入って世界のサッカーとの距離を縮めたアジアサッカーが停滞していると語った。
2014ブラジルワールドカップでアジアの参加国は1勝も上げられないままグループリーグですべて脱落したことがある。

成績的に2018ロシアワールドカップでアジアチームは発展した。
A組に属したサウジアラビアは開催国ロシアに開幕戦で0-5の惨敗を喫したが、ウルグアイに2次戦で0-1の惜敗、エジプトとの最終戦で2-1の勝利をおさめて有終の美を飾った。

サウジはファン・マルバイク監督体制でアジア予選を突破したが、本戦の準備過程で監督交代を断行して混乱をきたした。
だがロシア戦の惨敗を克服する底力を見せた。
アジア予選で見せた粘り強さも取り戻した。


20180716140652928a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング