野球の伝説チャン・フン、「ハリルホジッチ解任は正しい選択。日本人監督大歓迎」
OSEN




※一部要約

日本国内で日本サッカー代表の論難が熱い。
野球界の伝説も最近、日本代表について自分の意見を明かした。

日本プロ野球の伝説である在日同胞の野球評論家チャン・フン氏は15日、日本TBSの朝番組サンデーモーニングの生放送に出演し、最近の日本代表を取り巻く日本サッカー協会(JFA)の動きを絶賛した。

JFAは9日、日本代表のハリルホジッチ監督の電撃解任を発表し、理事会にかけて後任監督に西野朗技術委員長を内定した。
JFAは更迭理由に選手とハリルホジッチ監督の摩擦のためであると明かした。

だがハリルホジッチ監督はJFAの主張に真っ向から反論し、真実の攻防を予告している状態だ。
ハリルホジッチ監督は「疎通の不在で私を更迭したというJFAの主張は嘘である。一部の人間がJFAの背後から糸を引いているようだ。腹が立つ」と強く反発している状態だ。

安定性と連続性を追求しているJFAが、ワールドカップまで残り2ヶ月余りの時点で監督更迭を強行したという点で、日本国内でも大きな論難を起こしている。
サンデーモーニングのコーナーに出演したチャン・フン氏は「ハリルホジッチ監督を解任して西野朗技術委員長を任命した動きは正しい。協会はよくやった」と評価した。



日レジェンド中田、「ハリルホジッチ更迭の判断が遅れた」
スポータルコリア




※一部要約

日本サッカーのレジェンド中田英寿が、日本サッカー協会のハリルホジッチ監督更迭のタイミングに惜しさをあらわした。

15日の日本"スポーツ報知"によると、中田は12日に東京でスポーツビジネス講師として出て引退後に事業家、FIFA広報大使など多様な人生を過ごしている自分について語った。
現在、中田は日本伝統酒の事業をしている。

講義中にはハリルホジッチ監督更迭について、自分の考えも語った。
日本サッカー協会は9日、2018ロシアワールドカップでの不振を憂慮してハリルホジッチ監督を更迭し、技術委員長だった西野朗監督を新任指令塔に選任した。
日本サッカー協会は西野監督体制で、2ヶ月後に行われるワールドカップに臨む予定である。

中田は「窮地に追い込まれたのかもしれないが、判断が遅れた」と語った。
いくら厳しい状況でも、大会開幕前に監督を更迭するのは良い選択ではなく、ハリルホジッチ監督体制でワールドカップに臨むのが難しいなら、前に監督交代をしていなければならなかったという意味だった。

また彼は「たとえ良い結果が出ても上積みされない」として、ワールドカップで良い結果を出しても日本サッカーの未来に役立つ経験にはならないと語った。



赤い悪魔、ロシアワールドカップで団体応援を構成しない
アジア経済




※一部要約

韓国サッカー代表の公式サポーターである"赤い悪魔"が6月14日に開幕する2018ロシアワールドカップ期間に"団体応援団"を設けない。

14日、あるメディアはイ・ドンヨプ赤い悪魔議長が「今回のロシアワールドカップ期間には、都合上で全体が一度に移動する"団体遠征応援団"は設けない方向に決めた」として、「代わりに会員各自が移動して競技場で会い、一緒に応援することになるだろう」と立場を明かした。




ロシアワールドカップで"赤い悪魔"団体応援団なし
ソウル経済


※一部要約

このような決定は費用の負担のためである。
今回のロシアワールドカップには赤い悪魔の会員が70人余り遠征応援に発つ。
団体応援の場合、1人当たり600万ウォン余りの費用が発生する。
イ議長は「負担になる価格なので個別に移動してチケットを買う方向に変更した」と説明した。



[クォン・ヨンジュンの強いSダイアリー] ハリルホジッチ日本監督"中途更迭"と反面教師
スポーツワールド




※一部要約

日本サッカーがハリルホジッチ代表監督を中途更迭し、激しい後爆風を迎える危機である。
これは韓国サッカーに大きなメッセージを投げかけている。

日本サッカー協会(JFA)は8日、日本代表を率いていたハリルホジッチ監督を電撃解任し、後任に西野朗技術委員長を内定した。
JFA側は「ハリルホジッチ監督と選手団の疎通の不在が理由」と説明した。

旧ユーゴスラビア出身のハリルホジッチ監督は、フランスの名門パリ・サンジェルマン、コートジボワール、アルジェリアなどクラブと代表の指揮棒を手にして名声を知らしめた指導者である。
特に2014ブラジルワールドカップのとき、アルジェリア代表を率いて韓国を相手に4-2の大勝を奪ったこともあった。
JFAは当初、世界的名将のハリルホジッチ監督を迎えて日本サッカー代表の発展を期待したが、ずっと不協和音を出して期待ほどの成果を出せなかった。
そして日本サッカー史上初のワールドカップ本戦進出確定後の監督交代という強硬姿勢を取った。

するとハリルホジッチ前監督は怒った。
日本の日刊スポーツは11日、「ハリルホジッチ監督はJFAが説明した更迭理由について強く反発し、"嘘と捏造"という表現をした」として、「現在フランスに留まっているハリルホジッチ前監督は、近い内に東京で記者会見を行って真実を明かすという計画を伝えた」と報じた。



早期招集はない…シン・テヨン号、ロシア行きの"最終ロードマップ"は?
スポーツソウル




※一部要約

2018ロシアワールドカップ本戦に出場する"シン・テヨン号"が5月21日に最終練習に出る。

大韓サッカー協会の関係者は「シン・テヨン監督が率いるサッカー代表は、規定により5月21日から坡州サッカー代表トレーニングセンター(NFC)に集まり、焼入れをする予定」として、「それより一週間前の5月14日に最終エントリーを発表する」と明かした。
代表は当初、5月15~16日に行われるACL16強2次戦の後に早期招集する方法を模索したが、同月19~20日に行われるKリーグ1の日程の延期が難しい状況で、韓国がF組の属していてワールドカップの日程が比較的後の方であるため規定に伴う正規招集を決めた。

本戦の競争力を測る評価試合はまず国内で5月28日にホンジュラス戦、6月1日にボスニア・ヘルツェゴビナ戦の2回に渡って行われる。
ボスニア・ヘルツェゴビナ戦は国内で最後のAマッチなので、試合後に出征式も行われる。

続けて6月3日にキャンプ地のオーストリア・ザルツブルクに出国する代表は、6月7日に現地で南米ボリビアとAマッチを行い、3日後の10日にはセネガルと非公開練習試合を行う。
6月12日にロシアワールドカップのベースキャンプであるサンクトペテルブルクに入る。
"シン・テヨン号"はサンクトペテルブルクに滞在し、グループリーグの試合が行われるたびに当該都市へチャーター機で移動する。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング