[ハン・ジュンのサッカー幻想曲] "イ・ガンイン選出"青少年ワールドカップ、U-18統合はどうだろう
スポTVニュース




※一部要約

FIFA U-20ワールドカップは先見のワールドカップと呼ばれる世界のサッカー有望株の祭典だった。
今はそうじゃない。
20再以下の年齢でプロ1軍主戦としてプレーする選手が参加できず、"半分の大会"に地位が落ちた。

韓国サッカー最高の有望株と呼ばれるMFイ・ガンイン(18、バレンシア)とウィンガーのチョン・ウヨン(20、バイエルン・ミュンヘン)の選出問題も難航していた。
最終的に両選手とも参加が有力な状況だが、もし参加が不発となればもう一度U-20ワールドカップの地位と成果に打撃を与えかねなかった。
最高の選手が来ない大会であれば、価値をしっかりと認められるのは難しい。

1977年にチュニジアで最初の大会が開催されたFIFA U-20ワールドカップは、リオネル・メッシが6ゴールを固め打ちしてアルゼンチンを優勝させた2005年大会まで、FIFAワールドユースチャンピオンシップという名称で行われていた。
ディエゴ・マラドーナ(1979年)、ロベルト・プロシネチキ、ズボニミール・ボバン(1987年)、パブロ・アイマール(1997年)、ダニ・アウベス(2003)らがこの大会の活躍を成人の舞台まで続けた。

2007年大会からFIFAはU-20ワールドカップという名称をつけた。
17歳以下の国際大会はU-17ワールドカップとして同年に開催される。
問題は過去10年間の大会に参加した選手のレベルが落ち、それによって関心が下がっている。
ユース育成システムの全世界的な先進化と、10代選手のプロ契約が日常化された現代サッカーの現実に、U-20ワールドカップが合っていないという意見が出てきている。



"ヨーロッパ派ベスト11"日本、ヨーロッパ進出選手何人なのか?
ゴールドットコム




※一部要約
アジアカップで準優勝した"永遠のライバル"日本の原動力は何だったのか?
様々な要因はあるだろうが、そのうちの一つはヨーロッパ派の力だった。

先月28日に行われた日本とイランのアジアカップ4強戦は、日本サッカー史にとって意義のある日だった。
アジア最強を自負するイランを3-0で下した結果も重要だったが、先発出場した選手の面々が記念碑的だった。
森保一監督はフィールドプレーヤー10人を、すべてヨーロッパ派の選手で出してきた。
唯一の国内派としてイランの攻撃を無失点で防いだGK権田修一は、決勝戦を前にポルトガル1部リーグのポルティモネンセ移籍を確定させた。

この日、日本が放った3ゴールはすべて、当然ヨーロッパ派のつま先から出た。
マルチゴールを記録してイラン撃破の先頭に立った大迫勇也は、ドイツ・ブンデスリーガのベルダー・ブレーメン所属である。
勝利を確定させる楔のゴールの主人公・原口元気もブンデスリーガのハノーファー96でプレーしている。



日本は"WC16強"-亜カップ決勝"…その間に韓国は"脱落-脱落"
スポーツ韓国




※一部要約

2018ロシアワールドカップを前に日本は最悪の状況を迎えた。
3月のAマッチでマリに1-1、ウクライナに1-2で敗れてワールドカップ懐疑論に直面すると、日本サッカー協会はワールドカップ3ヶ月前に果敢にハリルホジッチ監督を更迭した。

消防士として西野朗監督が選任され、全世界はワールドカップの3ヶ月前に韓国を交代した日本のワールドカップ失敗を予想した。

だがいざ蓋を開けてみると、日本はワールドカップ16強に進出した。
そして再び交代した森保一監督体制下で、日本は大会最強の戦力に数えられていたイランまで下して2019アジアカップ決勝まで進出した。

その間に韓国はワールドカップでグループリーグ脱落、アジアカップ8強で脱落していた。
2014ブラジルワールドカップでともに大失敗を味わい、2015アジアカップでは日本が8強脱落、韓国が準優勝で韓国がリードしていたのに、4年間で韓国と日本サッカーの格差はかなり広がった。
韓国と日本は永遠の好敵手でありライバルなのに、一気に格差が生まれた様子だ。

日本は28日午後11時にアラブ首長国連邦のアル・アインで行われた2019AFCアジアカップ4強のイラン戦で、大迫勇也の2ゴールによって3-0で勝利して決勝に進出した。



アジアの人口38%だけが見るワールドカップ、参加国拡大の正当性
スポーツ韓国




※一部要約

FIFAの2018決算報告書によると、2018ロシアワールドカップを南米の人口96.5%が視聴し、アジアは38.4%しか視聴しなかった。
なぜこれほどの差が生じたのだろうか。

FIFAは全世界で4歳上の人口の51.3%に該当する35億7200万人がロシアワールドカップを視聴したと伝えた。

これは歴代最多水準で、クロアチアとフランスの決勝戦の場合、1分でも見た人が11億2000万人だったほどである。

だが今回の報告書の興味深い点は、地域別で視聴人口の偏差が激しかったという点だ。
ブラジルやアルゼンチンに代表される"サッカーがすべて"の国が多い南米は、人口の96.5%がワールドカップを視聴したという。
一方、アジアは38.4%しか見なかった。

理由は参加国と人口数の問題である。
世界の人口1・2位である中国(14億1500万人)とインド(13億5400万人、2018統計庁KOSISの資料)がワールドカップの敷居にも入ることができず、ワールドカップの視聴人口は減るしかなかった。
世界の人口3位であるアメリカの人口を4倍にしても中国・インドには届かないほど、中国とインドにはとてつもない人口が集まっている。



日の緻密なサッカー行政、KFAもベントとともに長期プランを立てなければならない
スポーツ朝鮮




※一部要約

苦々しかった。
韓日プロサッカーの格差は2018ロシアワールドカップで明確だった。
内容はもちろん、結果まで日本が圧倒した。
否定できな現実だった。
日本サッカーの上り調子は16強で幕を下ろした。
ただし、ヨーロッパサッカーとは違った色でグループリーグを突破した。
自分たちが立てたビジョンと政策を通じ、数年間準備して結果を生んだ。
しかもワールドカップ開幕のわずか2ヶ月前に代表の首長が変わっている。
それでも競技力は乱高下しなかった。
すでに安定したシステムの中で"ワンチーム"になっていたからだ。





それだけではない。
さらに明るい未来という希望を得た。
17~19歳の年代別代表23人(19歳19人、18歳3人、17歳1人)を選抜し、成人代表のロシア内のベースキャンプに合流させ、11日間一緒に練習を受けさせた。
ポジション別ではGK3人、DF8人、MF8人、FW4人。
特に"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英は、17歳で唯一選ばれた。
彼らはロシアのルビン・カザンU-20との練習試合もした。
当然、日本が行ったワールドカップの試合も観戦した。
4年後のワールドカップをプレーする選手の先経験は、日本サッカーが国際舞台で高い競争力を維持できる強力な力になり得る。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング