浮き立つ日本にAFC相槌、久保-安部のエル・クラシコに関心
スポータルコリア




※一部要約

日本の有望株のスペイン進出が好況だ。
久保建英に続いて安部裕葵もFCバルセロナに入団した。

久保と安部の行き先はよりによってスペインの名門であるレアル・マドリードとバルセロナである。
彼らがアジアの舞台に注視し始めたなか、有望株の2人が選ばれた日本は当然浮き立つしかない。

浮き立つ日本にAFCも口添えした。
15日、公式SNSアカウントで久保と安部がそれぞれレアル・マドリード、バルセロナのユニフォームを着た合成写真を掲載した。
ラ・リーガ進出を意味するただの掲示物だが、解釈によっては今後エル・クラシコダービーで彼らの対決を期待する日本の当然の視線に、AFCが報いた格好である。




"久保-安部"を前面に出す日本の野望、"2050年までにワールドカップ優勝の目標"
スポータルコリア




※一部要約

スペインメディア"マルカ"は15日、「バルセロナは日本の最も賢い才能の1人である安部裕葵と契約を結んだ」と伝えた。

久保と安部のスペイン進出は、ヨーロッパ5大リーグで活躍する日本選手がますます増えているということを意味する。
"マルカ"は「日本サッカーは上昇の勢いに乗っている。新しい選手の移籍は偶然ではなく、日本サッカー協会が1990年代末くらいから施行した緻密な戦略の結実だ」と強調した。



[オフィシャル] "韓国に敗北"日本U-20代表、フェアプレー賞受賞
インターフットボール




※一部要約

16強の舞台で韓国に敗北した日本U-20代表が、2019年U-20ワールドカップのフェアプレー賞を授かった。

チョン・ジョンヨン監督が率いる大韓民国U-20代表は16日午前1時、2019FIFAポーランドU-20ワールドカップ決勝戦でウクライナに1-3の逆転負けを記録し、準優勝に留まった。
これで韓国男子サッカー史上初のFIFA主管大会の優勝という夢には挫折したが、すでに新たな歴史は作った。

優勝チームはウクライナだった。
だが最優秀選手を意味するゴールデンボールの主人公はイ・ガンインだった。
イ・ガンインは今大会で2ゴール4アシストを記録して最高の活躍を繰り広げ、準優勝にもかかわらずゴールデンボールの主人公となった。

16強戦で韓国に敗北した日本は、フェアプレー賞を授かった。
FIFAは公式チャンネルで「フェアプレートロフィーは日本が取った」と発表した。



「U-20サッカー代表に兵役恩恵を」…兵務庁「検討したことがない」
聯合ニュース




※一部要約

青瓦台の国民請願掲示板には12日、"FIFA U-20ワールドカップで優勝したら選手に兵役恩恵を与えよう"という文章が上がった。

書いた人物は「国民経済の苦しい現実に、大人が国民に希望を与えられない現実の中で、若い青少年がすでに決勝へ進出して国民に希望を与えている」と記した。

また、「もし決勝でウクライナを破って優勝すれば、これは2002年のワールドカップ4強に勝る結実」として、「海外でプレーする選手をはじめとして、すべての選手の未来を開かせる意味で、特別法により兵役免除の恩恵を与えることを切望する」と付け加えた。

国威を宣揚したスポーツ選手に与えられる兵役特例の範囲拡大に賛成する比率が、以前よりさらに高まっているという調査結果も出た。

世論調査専門機関のリアルメーターが12日、19歳以上の男女を対象に調査した結果によると、回答者の504人中55.2%が"スポーツ選手の兵役特例の拡大"に賛成した。
反対の回答率は36.6%だった。

リアルメーターは「賛成の世論は1年前より大幅増加した」と分析した。

だが現在、政府次元で兵役特例が検討されたことはない。

兵務庁側は"兵役恩恵"の主張について「今のU-20に関して、現在兵務庁で検討していることはない」と明かした。



[現場REVIEW] "負けたがよく戦った"韓国、ウクライナに1-3の逆転負け…惜しい準優勝で締めくくり
スポTVニュース




※一部要約

目前で優勝カップが消えた。
先制ゴールを決めて最後まで戦ったが、試合をひっくり返せなかった。
史上初の優勝を狙ったが、準優勝で大会を締めくくった。

韓国は16日午前1時、ポーランド・ウッチにあるウッチスタジアムでキックオフしたウクライナとの2019FIFA U-20ワールドカップ決勝戦に1-3で敗れた。
韓国は前半5分にイ・ガンインのPKでリードしたが、ウクライナに3ゴールを許して跪いた。


190616030625599a.jpg

190616030625599b.jpg

190616030625599c.jpg



興奮した日本、「久保デビュー、歴史的瞬間が来た」
スポTVニュース




※一部要約

久保建英のA代表デビューで日本列島が興奮に覆われた。

日本は9日、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとのキリンチャレンジカップに2-0で勝利した。
この試合で久保はAマッチデビュー戦を行った。
満18歳5日。
久保は市川大祐(当時17歳322日)に次いで日本歴代2番目の最年少でAマッチデビューに成功した。

久保のデビューに日本メディアは興奮に陥った。
日本メディア"東京スポーツ"は「日本のオリンピックのエースの株価が急騰している。エルサルバドル戦でデビューした彼は、いたるところで好プレーをしてチームの2-0の勝利に貢献した」と評価した。

試合を見守った長友佑都は「ドラえもんのような選手だ。ドリブル、パスのどちらも良い。すべてを持っている選手」と評価した。
久保がプレーしたエルサルバドル戦は、平均視聴率13.8%を記録した。
果たして久保は日本代表でどのような歴史を作るのか注目されている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング