日本は"WC16強"-亜カップ決勝"…その間に韓国は"脱落-脱落"
スポーツ韓国




※一部要約

2018ロシアワールドカップを前に日本は最悪の状況を迎えた。
3月のAマッチでマリに1-1、ウクライナに1-2で敗れてワールドカップ懐疑論に直面すると、日本サッカー協会はワールドカップ3ヶ月前に果敢にハリルホジッチ監督を更迭した。

消防士として西野朗監督が選任され、全世界はワールドカップの3ヶ月前に韓国を交代した日本のワールドカップ失敗を予想した。

だがいざ蓋を開けてみると、日本はワールドカップ16強に進出した。
そして再び交代した森保一監督体制下で、日本は大会最強の戦力に数えられていたイランまで下して2019アジアカップ決勝まで進出した。

その間に韓国はワールドカップでグループリーグ脱落、アジアカップ8強で脱落していた。
2014ブラジルワールドカップでともに大失敗を味わい、2015アジアカップでは日本が8強脱落、韓国が準優勝で韓国がリードしていたのに、4年間で韓国と日本サッカーの格差はかなり広がった。
韓国と日本は永遠の好敵手でありライバルなのに、一気に格差が生まれた様子だ。

日本は28日午後11時にアラブ首長国連邦のアル・アインで行われた2019AFCアジアカップ4強のイラン戦で、大迫勇也の2ゴールによって3-0で勝利して決勝に進出した。



アジアの人口38%だけが見るワールドカップ、参加国拡大の正当性
スポーツ韓国




※一部要約

FIFAの2018決算報告書によると、2018ロシアワールドカップを南米の人口96.5%が視聴し、アジアは38.4%しか視聴しなかった。
なぜこれほどの差が生じたのだろうか。

FIFAは全世界で4歳上の人口の51.3%に該当する35億7200万人がロシアワールドカップを視聴したと伝えた。

これは歴代最多水準で、クロアチアとフランスの決勝戦の場合、1分でも見た人が11億2000万人だったほどである。

だが今回の報告書の興味深い点は、地域別で視聴人口の偏差が激しかったという点だ。
ブラジルやアルゼンチンに代表される"サッカーがすべて"の国が多い南米は、人口の96.5%がワールドカップを視聴したという。
一方、アジアは38.4%しか見なかった。

理由は参加国と人口数の問題である。
世界の人口1・2位である中国(14億1500万人)とインド(13億5400万人、2018統計庁KOSISの資料)がワールドカップの敷居にも入ることができず、ワールドカップの視聴人口は減るしかなかった。
世界の人口3位であるアメリカの人口を4倍にしても中国・インドには届かないほど、中国とインドにはとてつもない人口が集まっている。



日の緻密なサッカー行政、KFAもベントとともに長期プランを立てなければならない
スポーツ朝鮮




※一部要約

苦々しかった。
韓日プロサッカーの格差は2018ロシアワールドカップで明確だった。
内容はもちろん、結果まで日本が圧倒した。
否定できな現実だった。
日本サッカーの上り調子は16強で幕を下ろした。
ただし、ヨーロッパサッカーとは違った色でグループリーグを突破した。
自分たちが立てたビジョンと政策を通じ、数年間準備して結果を生んだ。
しかもワールドカップ開幕のわずか2ヶ月前に代表の首長が変わっている。
それでも競技力は乱高下しなかった。
すでに安定したシステムの中で"ワンチーム"になっていたからだ。





それだけではない。
さらに明るい未来という希望を得た。
17~19歳の年代別代表23人(19歳19人、18歳3人、17歳1人)を選抜し、成人代表のロシア内のベースキャンプに合流させ、11日間一緒に練習を受けさせた。
ポジション別ではGK3人、DF8人、MF8人、FW4人。
特に"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英は、17歳で唯一選ばれた。
彼らはロシアのルビン・カザンU-20との練習試合もした。
当然、日本が行ったワールドカップの試合も観戦した。
4年後のワールドカップをプレーする選手の先経験は、日本サッカーが国際舞台で高い競争力を維持できる強力な力になり得る。



韓国、8月のFIFAランキング57位…"ワールドカップ優勝"フランスが1位躍進
スポーツトゥデイ




※一部要約

新しいFIFAランキングが公開された。
2018ロシアワールドカップで優勝したフランスが1位に上がったなか、韓国は57位を維持した。

FIFAは16日、公式HPで8月のランキングを公開した。
2018ロシアワールドカップ後に初めて公開されたランキングであり、ワールドカップの成績によって大きな変動があった。

ロシアワールドカップで1勝2敗の成績で16強進出に失敗した韓国は57位を維持した。
一方、16強進出に成功した日本は前のランキングより6段階も跳ね上がって55位に位置して韓国を抜いた。

AFC加盟国の中ではイランが前の順位よりも5段階上がり、共同32位になり最も高い順位を記録した。
43位を記録したオーストラリアがその後に続いた。

一方、ワールドカップ優勝の栄光を手にしたフランスは、なんと6段階も上がって1位になった。
ベルギーとブラジルがその後に続いた。

一方、前のランキングで1位だったドイツはなんと14段階も落ちて15位まで押し出された。



[SPO TALK] "鹿島デビュー"チョン・スンヒョン「2022カタールWCの主戦DFが目標」
スポTVニュース




※一部要約

鹿島アントラーズに移籍したチョン・スンヒョンがデビュー戦を成功裏に行った。
チョン・スンヒョンは5日、清水エスパルスとの試合に先発出場し、後半追加時間に決勝ゴールをアシストした。
FKの状況でチョン・スンヒョンがヘディングでボールを落とし、西大伍が体を投げ出してゴールネットを揺さぶった。
鹿島の後方を堅く守ったチョン・スンヒョンの活躍に力づけられ、清水を1-0で下した。

チョン・スンヒョンはスポTVニュースとのインタビューで、デビュー戦を行った所感や移籍を決心した背景、ワールドカップの舞台での経験や長期的目標を明かした。

チョン・スンヒョンは先月23日、チームない最高水準の年俸を受けて鹿島アントラーズに移籍した。
サガン鳥栖で27試合プレーし、2ゴールを決めた。
所属チームでの活躍を基に、2018ロシアワールドカップ最終メンバー23人にも入った。
ワールドカップに出場はできなかったが、可能性は十分認められた。

ワールドカップ後、チョン・スンヒョンに対するJリーグおよびKリーグ、西アジアのラブコールが殺到した。
全北現代とサウジアラビアの名門アル・イテハドなどが獲得を推進した。

だがチョン・スンヒョンはJリーグの鹿島アントラーズを選んだ。
チョン・スンヒョンは「最も活躍できるチームを選んだ。未来のための決定」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング