観客もいない奇怪な南北サッカー、南北関係の現住所を象徴
ニュース1




※一部要約

15日に平壌で行われた韓国・北韓のワールドカップアジア予選の試合は無観客で行われ、これは南北関係の現住所を赤裸々にあらわしす時代の挿絵だと英国のフィナンシャル・タイムズ(FT)が16日報じた。

FTはムン・ジェイン政府発足後に韓国は南北和解政策を繰り広げたが、北韓が今年に入って再びミサイルを発射して南北関係が冷却し、史上初の無観客試合は南北関係の現住所を赤裸々にあらわしていると評価した。

"0-0"の引き分けで終わったこのゲームを前に、韓国は試合を生放送できるように取材陣を送って応援団も派遣する計画だったが、北韓はそうした要請に応じなかった。

これは去年の平昌オリンピックとはまったく異なる風景だ。
2018平昌オリンピックのときは、金正恩北韓国務委員長の妹である金与正最高人民会議代議員が平昌を直々に訪れ、南北が和解する姿を全世界に見せた。

専門家はムン・ジェイン大統領がドナルド・トランプ政府が北韓制裁を緩和するようアメリカを説得できず、韓国の北韓支援も実現させられずに、南北関係が再び冷却の局面に入り込んだためと分析している。

BBCは「2018年の南北関係では有意義な進展があったが、現在は連帯関係がそれほど良くない方」として、1990年の南北統一サッカーから現在の南北関係まで、歴史を簡略に説明した。

BBCは特に、観客がいなかったことについて「かつて見たことのない、世界で最も特異なサッカーダービーになるだろう」と伝えた。



ビエリ「2002ワールドカップ16強戦、私が韓国人なら恥ずかしがった」
スポータルコリア




※一部要約

クリスティアン・ビエリが7日、スペインの"マルカTV"に出演して2002韓日ワールドカップ16強の韓国とのしあいについて振り返った。

ビエリはこのインタビューで2002年韓日ワールドカップ当時、イタリアが16強戦で韓国に敗れて脱落した記憶を語った。
彼は「私たちには勝つチャンスがあったが、ワールドカップで起き得るとは思わないことが起きた。私が韓国人なら恥ずかしかっただろう」と語った。

当時、イタリアは16強戦で韓国と会って1-2で敗れた。
延長線でアン・ジョンファンがゴールデンゴールを決めてイタリアを倒した。

ビエリは「トッティ、マルディーニ、私への韓国のファールは取られなかった。その試合が一つのスキャンダルだという事実はそこにある」とも語った。
その他にビエリは、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシのどちらがより良いのか評価してほしいという質問に「どの歴史を見ても2人の選手が同時にこれだけ多くのゴールを決めたことはなかった」と現役最高のスターを同時に讃えた。



「中国はブラジル2軍、帰化選手を金で補償」ブラジル関心
スポータルコリア




※一部要約

「中国はワールドカップ進出のため、ブラジルBチームになることを選んだ」

31日、ブラジルの"UOLエスポルチ"がブラジル選手の中国帰化の流れを大きく扱った。
このメディアは「中国は2002韓日ワールドカップ以降、20年ぶりにカタールワールドカップ進出を願っている。地球上で最も人口の多い中国のプロジェクトは、ブラジル2軍に変化すること」と語った。

最近、中国サッカー協会は戦力強化のためにエウケソンの帰化を受け入れた。

中国がエウケソンに期待するのは得点力だ。
2013年から中国スーパーリーグでプレーするエウケソンは、通算235試合136ゴールを決めた特級FWである。
実力を証明したエウケソンをマルチェロ・リッピ監督が望み、帰化が実現した。

今後中国はブラジル選手4人の帰化手続きを踏む予定である。
アランやアロイージオ、フェルナンジーニョ、リカルド・グラールら中国の舞台でプレーするブラジル選手が帰化を待っている。
中国の選択は恐ろしい。
ワールドカップのためにすべての方法を動員する体制だ。

それについてブラジルメディアは「帰化対象者4人はそのテーマについて話すことが禁止されている。だがアジアサッカーの関係者によると、彼らはブラジル国籍を放棄する代わりに、金銭的な補償を受けることになる」として、金でブラジル選手を呼び集める中国の行動を説明した。



浮き立つ日本にAFC相槌、久保-安部のエル・クラシコに関心
スポータルコリア




※一部要約

日本の有望株のスペイン進出が好況だ。
久保建英に続いて安部裕葵もFCバルセロナに入団した。

久保と安部の行き先はよりによってスペインの名門であるレアル・マドリードとバルセロナである。
彼らがアジアの舞台に注視し始めたなか、有望株の2人が選ばれた日本は当然浮き立つしかない。

浮き立つ日本にAFCも口添えした。
15日、公式SNSアカウントで久保と安部がそれぞれレアル・マドリード、バルセロナのユニフォームを着た合成写真を掲載した。
ラ・リーガ進出を意味するただの掲示物だが、解釈によっては今後エル・クラシコダービーで彼らの対決を期待する日本の当然の視線に、AFCが報いた格好である。




"久保-安部"を前面に出す日本の野望、"2050年までにワールドカップ優勝の目標"
スポータルコリア




※一部要約

スペインメディア"マルカ"は15日、「バルセロナは日本の最も賢い才能の1人である安部裕葵と契約を結んだ」と伝えた。

久保と安部のスペイン進出は、ヨーロッパ5大リーグで活躍する日本選手がますます増えているということを意味する。
"マルカ"は「日本サッカーは上昇の勢いに乗っている。新しい選手の移籍は偶然ではなく、日本サッカー協会が1990年代末くらいから施行した緻密な戦略の結実だ」と強調した。



[オフィシャル] "韓国に敗北"日本U-20代表、フェアプレー賞受賞
インターフットボール




※一部要約

16強の舞台で韓国に敗北した日本U-20代表が、2019年U-20ワールドカップのフェアプレー賞を授かった。

チョン・ジョンヨン監督が率いる大韓民国U-20代表は16日午前1時、2019FIFAポーランドU-20ワールドカップ決勝戦でウクライナに1-3の逆転負けを記録し、準優勝に留まった。
これで韓国男子サッカー史上初のFIFA主管大会の優勝という夢には挫折したが、すでに新たな歴史は作った。

優勝チームはウクライナだった。
だが最優秀選手を意味するゴールデンボールの主人公はイ・ガンインだった。
イ・ガンインは今大会で2ゴール4アシストを記録して最高の活躍を繰り広げ、準優勝にもかかわらずゴールデンボールの主人公となった。

16強戦で韓国に敗北した日本は、フェアプレー賞を授かった。
FIFAは公式チャンネルで「フェアプレートロフィーは日本が取った」と発表した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング