韓国、ワールドカップパワーランキング29位…ドイツ1位-日本27位(英ガーディアン)
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表が、英国日刊紙"ガーディアン"の選定したロシアワールドカップパワーランキングで29位を占めた。
1位は"ディフェンディングチャンピオン"のドイツが占めた。

ペルーを最後にロシアワールドカップに進出する32ヶ国がすべて決まった。
まず韓国が所属するアジアからは計5チームが本戦に進出した。
アジア地区最終予選A組2位を記録した韓国を筆頭に日本、イラン、サウジ、オーストラリアがアジア代表として出場する。
永遠の優勝候補イタリアがワールドカップ本線進出に失敗し、常連客のアメリカも脱落の苦杯をなめた。

ワールドカップ進出国がすべて決まった状況で、英国日刊紙"ガーディアン"は16日、ロシアワールドカップ進出国32チームのパワーランキングを選定して発表した。
シン・テヨン監督が率いる韓国は32チーム中29位に終わった。
ワールドカップに初めて出るパナマ、アジアの2チームであるサウジアラビアとオーストラリアが韓国より順位の低いチームだった。

ガーディアンが選定したワールドカップパワーランキングで最も高いチームは"ディフェンディングチャンピオン"ドイツである。
ドイツはヨーロッパ予選で10戦全勝を記録するなど、圧倒的な姿を見せて本戦のチケットを手にしたし、今回のワールドカップで2連覇を狙っている。
その後にブラジル(2位)、スペイン(3位)、フランス(4位)、ベルギー(5位)が続いた。

アジアではイランが26位で最も高評価を受け、日本が27位を記録した。
そこに開催国ロシアも24位に留まった。
最近韓国と評価試合を行ったセルビアとコロンビアはそれぞれ19位と20位だった。



韓-日、ともにロシアワールドカップ"ポット4"確定
MKスポーツ




※一部要約

日本も韓国、サウジアラビアとともにロシアワールドカップ本戦の組み合わせ抽選でポット4に割り当てられた。

11日のセネガルに続いて12日にチュニジア、モロッコがロシアワールドカップ本戦進出を確定させた。
32ヶ国中26ヶ国が決まった。
残り6枚の本戦進出チケットは13日から繰り広げられるプレーオフ2次戦6試合の結果によって決定する。

ロシアワールドカップ本戦の組み合わせ抽選は12月1日にモスクワで行われる予定だ。
32ヶ国が4つのポットに分かれる。
基準は2017年10月のFIFA世界ランキングである。

62位の韓国はサウジアラビア(63位)とポット4が確定していた。
ポット1~3を相手しなければならないポット4は、強豪チームとの対決が避けられない。

アジアではイラン(34位)が唯一ポット3に属している中、日本(44位)もポット3を狙うことができた。
だがチュニジア(28位)、セネガル(32位)が出場して日本はポット4に移った。
モロッコは48位である。

これでポット4は韓国、日本、モロッコ、パナマ、サウジアラビアら5ヶ国が確定した。
韓国は彼らとグループリーグでは会わない。
10月10日にスイスで1-3の完敗を喫したモロッコへの雪辱は、トーナメント以降に可能である。



アディダス、ドイツ-スペインなど2018ワールドカップユニフォーム公開
インターフットボール




※一部要約

アディダスがドイツやスペイン、アルゼンチンなど9ヶ国の代表選手が2018ロシアワールドカップで着用するユニフォームを公開した。

"アディダスフットボール"は6日、公式HPで「ロシアワールドカップで使用されるユニフォームをを公開する」と明かした。
アディダスと契約を結んでいるスペイン、ドイツ、ロシア、日本など各国サッカー協会もすぐに選手がロシアワールドカップで着てプレーするユニフォームを公開した。


20171106192248849a.png


独特の模様が特徴である。
ドイツ代表のユニフォームには正面に金色のパッチとともに黒色のグラフィック模様が入って目を引き、スペイン代表のユニフォームには右側に、メキシコ代表には左右の両サイドに独特のグラフィック模様が入っている。

コロンビア代表とベルギー代表にユニフォームにも、各国を象徴する色のグラフィック模様が入っていて、日本代表のユニフォームにはドット模様が全体的に入っている。



[写真] ハビエル・ミニャーノ-トニ・グランデコーチ、「大韓民国サッカーのため!」
OSEN




※一部要約

大韓民国サッカー代表の新しいコーチ陣に合流したトニ・グランデとハビエル・ミニャーノフィジカルコーチが3日午後、仁川国際空港を通じて入国した。

ハビエル・ミニャーノコーチとトニ・グランデコーチが入国場を出て挨拶している。




"ワールドカップ優勝"スペインコーチ2人がシン・テヨン号に加勢…3日入国
ニュース1




※一部要約

シン・テヨン号のコーチングスタッフに合流するトニ・グランデコーチとハビエル・ミニャーノフィジカルコーチが3日午後、仁川国際空港を通じて入国した。
大韓サッカー協会はこの日午前、2人のコーチの選任を公式発表した。

スペインの名門レアル・マドリードで選手として活躍したグランデコーチは1996年から2007年までレアル・マドリードで首席コーチを歴任した。
この期間に世界的名将ファビオ・カペッロ、フース・ヒディンク、ジョン・トシャック、デル・ボスケ監督を補佐して3度のUEFAチャンピオンズリーグの頂点に上がった。

2008年から去年まではデル・ボスケ監督が率いるスペイン代表の首席コーチとして活動し、2010南アフリカワールドカップと2012ヨーロッパ選手権大会でスペインの優勝に貢献した。

1989年にアトレティコ・マドリードのフィジカルコーチとしてキャリアを始めたミニャーノコーチもやはり、グランデコーチとともにレアル・マドリードとスペイン代表で活動した。

両コーチはコロンビア(10日、水原)、セルビア(14日、蔚山)との試合を控えた6日、水原で招集される代表に合流する予定である。



[単独] シン・テヨン号、外国人コーチ交渉…スペイン全盛期を導いた"トニ・グランデ"
スポTVニュース




※一部要約

韓国サッカーがスペインサッカーと手を握る。
シン・テヨン監督を助ける外国人首席コーチとフィジカルコーチに、スペインサッカー代表の全盛期を導いたトニ・グランデ(70)コーチとハビエル・ミニャーノ(50)フィジカルコーチと交渉中である。

シン・テヨン監督は30日、11月のAマッチに出る代表選手メンバー発表会見で、外国人コーチの招聘交渉が仕上げの段階にあると語った。
シン監督は「おそらく11月から合流するだろう。ほとんど契約は成功段階にあり、最終サインだけが残っていると言える。早ければ来週に入国するのでは」と語った。

シン監督は招聘されるコーチについてヒントを与えた。
「ワールドカップも2回出て、ユーロも2回出て優勝経験のあるコーチだ。私にとってかなりの助け、私たちのチームにかなり役立つと思う」

ヨーロッパの現地関係者は「トニ・グランデが大韓サッカー協会のオファーを受け、関心を持っている」と言った。
関係者は「大韓サッカー協会がコーチングスタッフの一員として試合を準備し、ワールドカップ本戦を準備するコーチを探している。フィジカルコーチも同時に探している。トニ・グランデコーチは興味深いオファーという考えであり、検討中」と言った。

続けて「フィジカルコーチにトニ・グランデとともにデル・ボスケ監督のスタッフとして働いていたハビエル・ミニャーノがオファーをともに受けた。まだ交渉はすべて終わってないが、興味深く、また大韓サッカー協会が良いオファーをした。検討段階」と言った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング