[ヨーロッパ8強] "ロブレン劇的ゴール"リバプール、ドルトムントに4-3で逆転勝ち・・・総計5-4で4強行き
スポータルコリア




※一部要約

クロップダービーの最後の勝者はリバプールだった。
ユルゲン・クロップ監督のリバプールが、追加時間に炸裂したロブレンの劇的ゴールに力付けられてドルトムントを下し4強進出に成功した。

リバプールは15日、アンフィールドで行われたUEFAヨーロッパリーグ8強2次戦のドルトムントとの試合で、4-3のピリッとした逆転勝ちを記録した。
これでリバプールは1、2次戦合計5-4で4強のチケットを手にした。


20160415060203a.jpg

20160415060203b.jpg

20160415060203c.jpg



[ヨーロッパ8強レビュー] "オリジゴール"リバプール、ドルトムント遠征で1-1の引き分け・・・4強行きの可能性↑
インターフットボール




※一部要約

ユルゲン・クロップ監督が導くリバプールがドルトムント遠征で引き分けをおさめ、4強行きの可能性を高めた。

リバプールは8日、ヴェストファーレンスタジアムで行われたヨーロッパリーグ8強1次戦のドルトムントとの試合で、オリジのゴールに力付けられて1-1の引き分けを記録した。
遠征で得点に成功したリバプールは、多少有利な高地を先に獲得した。








ヨーロッパ8強対陣確定、"ドルトムント-リバプール"のクロップダービー
スポータルコリア




※一部要約

UEFAヨーロッパリーグ8強の対陣が完成した。

ELはUEFAチャンピオンズリーグより多くの関心を集めることはできないが、かなりのレベルで見どころ溢れる大会だ。

それだけでなくEL優勝チームはUEFAチャンピオンズリーグに進出できる資格が与えられる。

何より唯一ELで生き残っている海外派のパク・チュホの活躍に注目が向く。
パク・チュホの所属チームであるドルトムントは、リバプールと対決を繰り広げる。

パク・チュホは最近多くの試合に姿をあらわせられなくなっているが、今シーズンのELで4試合1ゴール1アシストを記録し、今後の試合でも出場が期待される。

また、昨シーズンの優勝チームであるセビージャは同じスペインリーグ所属のアスレティック・ビルバオと対決する。






[UELレビュー] "ソン・フンミン挽回ゴール"トッテナム、ドルトムントに1-2負け・・・総合1-5で8強挫折
インターフットボール

20160318065604.jpg


※一部要約

ソン・フンミンが最前方ストライカーとして出場し、挽回ゴールを成功させたがチームの敗北を防げなかった。

トッテナムは18日、ホワイトハートレーンで行われたUEFAヨーロッパリーグ16強2次戦で、オーバメヤンにマルチゴールを許してドルトムントに1-2の敗北を記録した。

1次戦で0-3の完敗を喫したトッテナムは、今回の対戦でも失点を許して合計スコア1-5でドルトムントに跪いた。
結局トッテナムは脱落してドルトムントが8強進出に成功した。


20160318065604a.jpg

20160318065604b.jpg

20160318065604c.jpg



"養蜂業者"ソン・フンミン、むしろ蜜蜂に刺された
インターフットボール




※一部要約

蜜蜂軍団のドルトムントに会えば強くなる男ソン・フンミンがむしろ蜜蜂にチクリと刺された。

トッテナムは11日、ジグナル・イドゥナ・パルクで行われたドルトムントとのUEL16強1次戦に0-3で敗れた。
この試合でソン・フンミンは先発名簿に名前を上げたが無得点で後半21分にベンチへ退いた。

実はソン・フンミンはドルトムントに会えば強かった。
これは記録でも知ることができる。
ソン・フンミンはハンブルクとレバークーゼンのユニフォームを着てブンデスリーガで活躍していたとき、ドルトムント相手に6試合で何と5ゴールも浴びせて1試合あたり0.8ゴールを記録した。

今回の試合の前にソン・フンミンも自信を見せていた。
ソン・フンミンは試合前「私はブンデスリーガで活躍した5年間にドルトムントを相手にした。特に2012年、ハンブルクにいたとき2ゴールを記録して3-2で勝った試合は最も重要だった瞬間」と振り返った。

続けてソン・フンミンは「ドルトムントはとても素晴らしいチームだ。だがドルトムント相手に良い記憶を持っているので今回の対決は興味深い。私たちは刺激を受けて良い結果を得られるはず」と勝利を確信した。

だがポチェッティーノ監督は主戦選手の大部分を外してリーグに集中する姿を見せた。
自然とトッテナムはドルトムントに押され、試合もやはり0-3で完敗を記録した。

サッカー統計サイトの"フースコアード"もやはりソン・フンミンにチーム内で3番目に低い評点を与えた。
ソン・フンミンは6.3点を受け、チームメイトもやはり全員低い評点を受けた。

ソン・フンミンもやはり今回の対戦について「こうして大敗するとは思わなかった。とても残念な結果でチームの雰囲気もやはり静かだ。ドルトムントが良い試合をした。今は2次戦を考えるときだ」と所感を明かした。

もしかしたら神が与えた決定的なチャンスかもしれなかったドルトムント戦は虚しく終わった。
危機のソン・フンミンがこれからどんな姿を見せれるのか、ファンの関心が集中している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング