"UELデビュー"ウー・レイ、決定的チャンス逃す…中メディア、「試合を決められたのに…」
OSEN




※一部要約

中国サッカー界の自負心ウー・レイが、ヨーロッパ対抗戦の公式デビュー戦に先発出場したが、攻撃ポイントを記録できずに残念な思いをした。

ウー・レイは20日午前4時、スペイン・バルセロナのRCDEスタジアムで行われた2019-2020シーズンのヨーロッパリーグ(UEL)H組1次戦のフェレンツヴァーロシュとの試合に出場したが、攻撃ポイントを上げられなかった。
エスパニョールは1-1の引き分けを記録した。

ウー・レイは4-4-2の前方FWのポジションに立って出場した。
前方で活発に動いて相手ゴールを狙ったが、まともなチャンスはできなかった。

ウー・レイは前半と後半に威嚇的な攻撃を試みたが、相手GKに阻まれた。
この日、ウー・レイは4本のシュートのうち、枠内シュートを2本記録した。
だがオフサイドを5回もおかした。

特に1-1で拮抗していた後半29分、ウー・レイはアドリア・ペドロサのクロスを受けるために身を投げだしたが、シュートにまで繋げられなかった。
これについて中国メディア"新浪スポーツ"は「ウー・レイが試合を決めるチャンスを掴んだが、逃してしまった」と惜しさをあらわした。

ウー・レイは奮闘したが、チームの勝利を導けなかった。
サッカー統計専門業者"フースコアード"はウー・レイに対して評点6.4を与えた。



[SPO CRITIC] 東アジア発展方案、"東アジア版ヨーロッパリーグ"創設はどうだろう?
スポTVニュース




※一部要約

2017年12月は久しぶりに代表サッカーで熱かった。
それぞれ異なる理由で負けられない東アジアサッカーのライバルが、10日余りの間に熱戦を行った。
韓国代表の通算4回目の優勝で第7回東アジアカップ(2017EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ)は幕を下ろした。
外見上は似ているが、それぞれ異なるスタイルのサッカーで面白みを与えた。

東アジアカップを現場で取材じて帰ってきてから余韻が深い。
東アジアサッカーの共生発展のための悩みも深まった。

活発な交流のための前提条件は、移動が簡単でなければならないという点である。
アジアは一つにまとまるには、ヨーロッパのように移動がスムーズにいかない。
AFCチャンピオンズリーグは結局、西アジアのチームと東アジアのチームが決勝戦でのみ会うように大会方式を変更した。
事実上、西アジアチャンピオンズリーグと東アジアチャンピオンズリーグが別に行われた後、決勝戦でキングオブキング戦を行う形式である。
文化的にも言語的にも違いが大きい。

東アジアに大きく分けるにしても、東南アジアと東アジアの距離や気候の差も大きい。
すぐにアジアを東西に分離するのは難しい。
東アジア地域の10ヶ国が加入している東アジアサッカー連盟(EAFF)は今年創立15周年を迎えて共生発展のためのシンポジウムを開き、今回の東アジアカップを基点により活発な交流を誓った。

ホン・ミョンボ大韓サッカー協会専務理事は、韓中日と北韓サッカーの名士を招待して行った東アジアサッカーシンポジウムのパネル討論で、活発な交流が必要な理由に、それぞれ異なるプレースタイルに対する適応力を若い頃から育てられるという点を挙げた。
東アジアの選手もサッカーの基本技や身体能力、運動能力でヨーロッパや南米との差を縮めているが、相変わらず試合運営能力で差を感じている。



英スカイスポーツ、「ズラタン、膝の負傷でシーズンアウト」
インターフットボール




※一部要約

ズラタン・イブラヒモビッチは結局、残りシーズンをすべてプレーできないものとみられる。

英国メディア"スカイスポーツ"は22日、自身の情報を引用して「イブラヒモビッチが膝の負傷で残りシーズンをすべて欠場するものとみられる」と報じた。

マンUは21日、オールドトラフォードで行われたアンデルレヒトとのUEFAヨーロッパリーグ8強2次戦に2-1で勝利した。
これで計3-2で勝利したマンUは4強でセルタ・デ・ビーゴと対決する。

だがマンUはあまり笑えなかった。
核心FWのイブラヒモビッチが負傷で倒れたからである。
後半終了直前、イブラヒモビッチはジャンプ後の着地の過程で膝に深刻な負傷を負った。
イブラヒモビッチは痛みを訴え競技場に倒れ、すぐにマルシャルと交代した。




ズラタン、アメリカで膝の手術・・・2018年までOUT
スポータルコリア




※一部要約

複数のメディアは22日、「ズラタンはアメリカ・ピッツバーグに渡って手術を受ける計画だ。ズラタンの膝は整形外科の権威フレディ・フー教授が執刀する」と報じた。

復帰時期は2018年と推定されている。
ESPNは「ズラタンは深刻な膝靭帯の負傷をした。少なくとも来年1月まで復帰できない」と伝えた。



"膝負傷"シャルケ内田、21ヶ月ぶりに復帰
スポーツ東亜




※一部要約

負傷に苦しめられていた内田篤人がグラウンドに復帰した。

内田は去年3月のレアル・マドリードとのCL16強戦で膝の負傷に遭い、試合に出ることができなかった。
負傷の程度は深刻で、内田は引退まで直面することになった。

最終的に内田は昨夏に手術をして復帰を熱望した。
その結果21ヶ月が過ぎた現在、ついに試合に出場できる水準まで回復した。

内田は9日に行われたザルツブルクとのヨーロッパリーグの試合に出場した。
この消息を聞いた香川真司は「同じサッカー選手としてすごく嬉しい。早く一緒に代表チームでもしたい」と伝えた。

一方、内田は鹿島アントラーズ所属だった2010年5月にシャルケへ移籍した。
その後彼は2010南アフリカワールドカップ、2011アジアカップ、2013FIFAコンフェデレーションズカップ、2014ブラジルワールドカップをすべて消化し、日本になくてはならない核心DFとして位置づけられていた。



セビージャ、リバプールに3-1の完勝・・・史上初のヨーロッパ3連覇
ベストイレブン




※一部要約

セビージャがリバプールを完全に制圧し、史上初のUEFAヨーロッパリーグ3連覇を達成した。

セビージャは19日、スイス・バーゼルにあるザンクト・ヤコブ・パルクで行われた2015-2016UEFAヨーロッパリーグ決勝戦でリバプールに3-1で完勝した。
これでセビージャは過去に自分たちが2回打ち立てた2連覇(2006・2007年、2014・2015年)の記録を破り、3連覇の新紀元を成し遂げた。


20160519053904a.jpg

20160519053904b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング