バネガ「本物の髪か?」"毛髪移植"嘲弄…コンテは「後で来い!」
スポータルコリア



※一部要約

インテル・ミラノのアントニオ・コンテ監督が怒った。
エベル・バネガが敏感な部分に触れたからだ。

インテル・ミラノは22日、ドイツ・ケルンのラインエネルギーシュタディオンで行われた2019/2020UEFAヨーロッパリーグ決勝で、セビージャに2-3で逆転負けした。
インテル・ミラノは準優勝に留まった。

優勝失敗も悲痛だが、コンテ監督が試合中に怒った。
前半途中に審判の判定に不満をあらわす過程で、タッチライン近くにいたバネガが、コンテ監督を嘲弄する姿が捉えられた。

バネガはコンテ監督を見つめたまま、自分の頭を擦る行為をした。
現地メディアによると、バネガは「本物か一度見てみよう」と言ったと伝えられている。

コンテ監督はバネガの嘲弄に怒りを抑えられなかった。
彼はバネガに向けて「試合後に来い!」と大声を張り上げた。
幸い、コーチングスタッフがコンテ監督を落ち着かせて、衝突までには至らなかった。





"ラ・リーガジンクス"マンU 、セビージャに1-2の逆転負け…決勝挫折
スポTVニュース

200817055633561.jpg

※一部要約

マンチェスター・ユナイテッドがセビージャに痛恨の逆転負けを許し、ヨーロッパリーグ決勝支出に失敗した。
"ラ・リーガジンクス"に再び泣いた。

マンU は17日午前4時、ドイツ・ケルンのラインエネルギーシュタディオンで行われた2019-20UEFAヨーロッパリーグ4強戦で、セビージャに1-2で逆転負けした。
シュートと枠内シュート数のどちらも上回ったが、決定力不足で涙をのんだ。
2年前に16強脱落の苦味をもたらしたセビージャに"復讐"を狙ったが、無為に終わった。

200817055633561a.jpg

200817055633561b.jpg

200817055633561c.jpg

200817055633561d.jpg



「韓サッカーは並外れている、私たちにはないフィジカル」…中メディアの羨望
ベストイレブン




※一部要約

ある中国メディアが、韓国サッカー選手は自分たちと日本にないフィジカル的強みを備えているとして、羨ましさを間接的にあらわした。

最近、中国<新浪スポーツ>は数年間での中国サッカーの成長の勢いが鈍いことについて「日本選手はシステムに強みを見せる。韓国選手はフィジカルが非常に良い。これは中国と日本の選手には見つけにくい(韓国だけの)強みだ」と惜しさをあらわした。

中国サッカーは習近平主席の"サッカー崛起"の下で自国のスーパーリーグを膨張させるなど、最近の数年間で莫大な投資を浴びせた。
それにもかかわらず、成人代表はもちろん、青少年レベルでも苦戦を免れていない。
マルチェロ・リッピやフース・ヒディンクのような名将を連れてきて座らせても、簡単には既存のレベルを脱することができていない。

それについて<新浪スポーツ>は、選手の力量そのものが不足していることを原因と指摘した。
<新浪スポーツ>は「韓国選手は人口数に比べて、中国選手よりフィジカル的にも潜在力の側面でも優秀だ。中国サッカーは高いフィジカル能力を備える選手を発掘することについての重要性を見逃しているようだ」と、中国サッカーの人材発掘能力や自国選手の持って生まれた資質の不足を批判した。



[ヨーロッパレビュー] "沈没するエメリ号"アーセナル、フランクフルトに1-2の逆転負け…7試合連続無勝
インターフットボール

191129065502282.jpg


※一部要約

アーセナルが鎌田大地に2ゴールを許してアイントラハト・フランクフルトに敗北した。
7試合連続無勝を記録したウナイ・エメリ監督は最悪の危機に陥った。

アーセナルは29日明け方5時、英国ロンドンのエミレーツ・スタジアムで行われたフランクフルトとの2019-20ヨーロッパリーグF組5次戦のホーム試合に1-2で敗れた。

これでアーセナルは7試合連続無勝で勝ち点の追加に失敗し、32強進出を確定されられなかった。
一方、フランクフルトは勝ち点9になって1位のアーセナルをピタッと追撃した。


191129065502282a.jpg

191129065502282b.jpg

191129065502282c.jpg



"UELデビュー"ウー・レイ、決定的チャンス逃す…中メディア、「試合を決められたのに…」
OSEN




※一部要約

中国サッカー界の自負心ウー・レイが、ヨーロッパ対抗戦の公式デビュー戦に先発出場したが、攻撃ポイントを記録できずに残念な思いをした。

ウー・レイは20日午前4時、スペイン・バルセロナのRCDEスタジアムで行われた2019-2020シーズンのヨーロッパリーグ(UEL)H組1次戦のフェレンツヴァーロシュとの試合に出場したが、攻撃ポイントを上げられなかった。
エスパニョールは1-1の引き分けを記録した。

ウー・レイは4-4-2の前方FWのポジションに立って出場した。
前方で活発に動いて相手ゴールを狙ったが、まともなチャンスはできなかった。

ウー・レイは前半と後半に威嚇的な攻撃を試みたが、相手GKに阻まれた。
この日、ウー・レイは4本のシュートのうち、枠内シュートを2本記録した。
だがオフサイドを5回もおかした。

特に1-1で拮抗していた後半29分、ウー・レイはアドリア・ペドロサのクロスを受けるために身を投げだしたが、シュートにまで繋げられなかった。
これについて中国メディア"新浪スポーツ"は「ウー・レイが試合を決めるチャンスを掴んだが、逃してしまった」と惜しさをあらわした。

ウー・レイは奮闘したが、チームの勝利を導けなかった。
サッカー統計専門業者"フースコアード"はウー・レイに対して評点6.4を与えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング