"膝負傷"シャルケ内田、21ヶ月ぶりに復帰
スポーツ東亜




※一部要約

負傷に苦しめられていた内田篤人がグラウンドに復帰した。

内田は去年3月のレアル・マドリードとのCL16強戦で膝の負傷に遭い、試合に出ることができなかった。
負傷の程度は深刻で、内田は引退まで直面することになった。

最終的に内田は昨夏に手術をして復帰を熱望した。
その結果21ヶ月が過ぎた現在、ついに試合に出場できる水準まで回復した。

内田は9日に行われたザルツブルクとのヨーロッパリーグの試合に出場した。
この消息を聞いた香川真司は「同じサッカー選手としてすごく嬉しい。早く一緒に代表チームでもしたい」と伝えた。

一方、内田は鹿島アントラーズ所属だった2010年5月にシャルケへ移籍した。
その後彼は2010南アフリカワールドカップ、2011アジアカップ、2013FIFAコンフェデレーションズカップ、2014ブラジルワールドカップをすべて消化し、日本になくてはならない核心DFとして位置づけられていた。



セビージャ、リバプールに3-1の完勝・・・史上初のヨーロッパ3連覇
ベストイレブン




※一部要約

セビージャがリバプールを完全に制圧し、史上初のUEFAヨーロッパリーグ3連覇を達成した。

セビージャは19日、スイス・バーゼルにあるザンクト・ヤコブ・パルクで行われた2015-2016UEFAヨーロッパリーグ決勝戦でリバプールに3-1で完勝した。
これでセビージャは過去に自分たちが2回打ち立てた2連覇(2006・2007年、2014・2015年)の記録を破り、3連覇の新紀元を成し遂げた。


20160519053904a.jpg

20160519053904b.jpg



[ヨーロッパ8強] "ロブレン劇的ゴール"リバプール、ドルトムントに4-3で逆転勝ち・・・総計5-4で4強行き
スポータルコリア




※一部要約

クロップダービーの最後の勝者はリバプールだった。
ユルゲン・クロップ監督のリバプールが、追加時間に炸裂したロブレンの劇的ゴールに力付けられてドルトムントを下し4強進出に成功した。

リバプールは15日、アンフィールドで行われたUEFAヨーロッパリーグ8強2次戦のドルトムントとの試合で、4-3のピリッとした逆転勝ちを記録した。
これでリバプールは1、2次戦合計5-4で4強のチケットを手にした。


20160415060203a.jpg

20160415060203b.jpg

20160415060203c.jpg



[ヨーロッパ8強レビュー] "オリジゴール"リバプール、ドルトムント遠征で1-1の引き分け・・・4強行きの可能性↑
インターフットボール




※一部要約

ユルゲン・クロップ監督が導くリバプールがドルトムント遠征で引き分けをおさめ、4強行きの可能性を高めた。

リバプールは8日、ヴェストファーレンスタジアムで行われたヨーロッパリーグ8強1次戦のドルトムントとの試合で、オリジのゴールに力付けられて1-1の引き分けを記録した。
遠征で得点に成功したリバプールは、多少有利な高地を先に獲得した。








ヨーロッパ8強対陣確定、"ドルトムント-リバプール"のクロップダービー
スポータルコリア




※一部要約

UEFAヨーロッパリーグ8強の対陣が完成した。

ELはUEFAチャンピオンズリーグより多くの関心を集めることはできないが、かなりのレベルで見どころ溢れる大会だ。

それだけでなくEL優勝チームはUEFAチャンピオンズリーグに進出できる資格が与えられる。

何より唯一ELで生き残っている海外派のパク・チュホの活躍に注目が向く。
パク・チュホの所属チームであるドルトムントは、リバプールと対決を繰り広げる。

パク・チュホは最近多くの試合に姿をあらわせられなくなっているが、今シーズンのELで4試合1ゴール1アシストを記録し、今後の試合でも出場が期待される。

また、昨シーズンの優勝チームであるセビージャは同じスペインリーグ所属のアスレティック・ビルバオと対決する。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング