[UCL] "メッシ2ゴール炸裂"バルサ、ユベントスに3-0の完勝…D組初勝利申告
スポータルコリア

20170913054138836.jpg


※一部要約

FCバルセロナがメッシの2ゴールを前面に出してユベントスを制圧した。

バルサは13日、カンプ・ノウで行われたユベントスとの2017/2018UEFAチャンピオンズリーグD組1次戦に3-0で勝利した。
メッシが2ゴールを決め、ラキティッチが1ゴールを加えて強敵を倒した。


20170913054138836a.jpg

20170913054138836b.jpg



[UEFA授賞式] "ASローマワンクラブマン"トッティ、2017UEFAプレジデントアワード受賞
スポTVニュース




※一部要約

ASローマだけでプレーした"ワンクラブマン"フランチェスコ・トッティが、UEFAの新設した"2017UEFAプレジデントアワード"を受賞した。

"2017UEFAプレジデントアワード"はクラブに貢献した選手を称える一種の功労賞である。
主人公は"ローマの王子"トッティである。
トッティは1993年に入団してから24年間活躍したレジェンドだ。
ユース時代から含めれば28年である。
トッティはローマのユニフォームを着て計748試合プレーし、301ゴール188アシストを記録した。

トッティは「光栄だ。キャリアで1つのユニフォームだけしか着ないのは私の夢だった。そしてそれを成し遂げた」と所感を明かした。



[UEFA組み合わせ抽選] 2017-18UCL対陣確定…レアル-BVB-トッテナムの死の組誕生
スポTVニュース




※一部要約

UEFAが2017-18シーズンのチャンピオンズリーグの対陣を発表した。

組み合わせ抽選の結果、32チームが各4チームずつ8組に編成された。

死の組にはソン・フンミンのトッテナムとレアル・マドリード、ドルトムント、アポエルが入ったH組と、チェルシーやアトレティコ・マドリード、ASローマ、カラバフが入ったC組である。

ヨーロッパリーグの優勝でチャンピオンズリーグに復帰したマンチェスター・ユナイテッドは、ベンフィカやバーゼルなどと比較的容易な組に編成された。

グループリーグ1次戦は9月13日~14日に行われる。






"平昌オリンピック広報大使"パク・チソン「鋭く爆発力のある広報が必要」
ニュース1




※一部要約

パク・チソンは4日、ソウル中区の韓国プレスセンター20階ナショナルプレスクラブで、イ・ヒボム平昌冬季オリンピック組織委員長から広報大使委嘱札と名刺を渡されたあと、「国内で行われる国際大会の広報大使を引き受けることになって光栄だ。2002韓日ワールドカップを通じて、スポーツがどれほど国民に大きな楽しみを与えられるか知っている。今大会の手助けをできることに感謝する。最善を尽くして広報活動をする」と語った。

続けて「私は国内に住んでなくて、放送活動をするなどの国内広報には制約がある。だが写真や映像撮影などを通じて広報活動をする。今後どれだけ国内に来れるかわからないが、機会があるたびにオリンピック関連イベントに参加する計画」と付け加えた。

サッカー的にアプローチはどのような広報戦術が必要かという質問に、パク・チソンは「サッカーのカウンターのように鋭く爆発力のある広報戦略が必要だ」として、「まだ多くの人々が冬季オリンピックについて知らないと聞いた。一度で強く認識させられる効果的な広報が繰り広げられなければならないだろう」と答えた。

冬季スポーツへの関心も示した。
パク・チソンは「冬季スポーツの中ではどれか一つを挙げるのはできないほど色んな関心がある」として、「これまで多くのメダルを取って韓国人が楽しんでいるショートトラックに、私も関心が高い」とショートトラックにまず言及した。

続けて「ヨナ選手が活躍したフィギュアスケートも楽しんで見ていたが、今回は若い選手が参加するのを見たい。最近良い姿を見せているアイスホッケー、ボブスレーなども挑戦する姿が美しい」として、「挑戦を見守ることは大きな意味があるだろう」と言った。



[UCL現場レビュー] "ロナウドマルチゴール"レアル、ユベントスを4-1で下して優勝・・・初の2連覇
インターフットボール




※一部要約

レアル・マドリードがユベントスを下して2シーズン連続で星の舞台の頂点に上がった。

レアルは4日、ウェールズのミレニアム・スタジアムで行われた2016-17UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦で、ユベントスに4-1の勝利をおさめた。
これでレアルは昨シーズンに続き、2シーズン連続でUCL優勝をして新たな歴史を作った。
UCL改編後に2連覇を達成したチームはレアルが初めてである。


20170604054132501a.jpg

20170604054132501b.jpg

20170604054132501c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング