「ソン・フンミン、悪質コメントに苦痛を受けている」…英ザ・サン憂慮
マイデイリー




※一部要約

バックタックルで退場したソン・フンミンが悪質コメントに苦しめられている。

トッテナムは4日、英国リバプールのグディソン・パークで行われたエバートンとの2019-20シーズンのプレミアリーグ(EPL)11ラウンド遠征試合で1-1の引き分けをおさめた。

ソン・フンミンはレッドカードを受けて退場させられた。
後半33分、アンドレ・ゴメスに向けてタックルを試みて、それからセルジュ・オーリエと衝突してゴメスの足首が骨折する大怪我を負った。

精神的ショックを受けたソン・フンミンは、自分のせいでゴメスが負傷したという苦しさで顔を覆った。

弱り目に祟り目で、ソン・フンミンに向けて無差別な攻撃も始まった。
エバートンの一部のファンは差別発言をし、オンライン上でも悪質コメントがソン・フンミンに向けられている。

英国メディアのザ・サンは5日、「ソン・フンミンが悪質コメントに苦痛を受けている」と伝えた。

実際、一部の非常識なネチズンがソン・フンミンを卑下する発言を吐き出している。



"ファン・ヒチャンの同僚"南野、サラーとともにUCL今週のチーム選定…ファン・ヒチャン不発
OSEN




※一部要約

リバプールを驚かせたファン・ヒチャンの同僚・南野拓実が、ヨーロッパサッカー連盟が選定した今週のチームに選ばれた。

UEFAは4日、2019-20シーズンチャンピオンズリーグの今週のチームを選定して発表した。
2日から3日までの各GL2次戦で優れた活躍をした選手のうち、ポジション別で11人を選定した。

リバプールを緊張させたザルツブルクの活躍が話題だった。
ザルツブルクは3日のリバプール戦で立て続けに3ゴールを奪われた後、ファン・ヒチャンの1ゴール1アシストの活躍によって3-3に追いついた。
後半24分にサラーの決勝ゴールが炸裂してリバプールが4-3で勝った。
ファン・ヒチャンは前半39分にゴールを決め、後半11分に南野のゴールまでアシストして大活躍した。

ヨーロッパサッカー連盟はファン・ヒチャンの同僚・南野拓実を今週のチームベスト11のFWに選定した。

ファン・ヒチャンは南野と同じく1ゴール1アシストを記録したが、惜しくもリストから外れた。



"ヨーロッパチャンピオン相手にボレー"…日本が南野に惚れた
ベストイレブン




※一部要約

ファン・ヒチャンがファン・ダイクを崩す瞬間を韓国ファンが楽しんだとき、日本メディアはファン・ヒチャンのアシストを受けてゴールを成功させた南野拓実の大活躍に光を当てた。

3日明け方4時、アンフィールドで2019-2020UEFAチャンピオンズリーグ32強E組2次のリバプールとレッドブル・ザルツブルクの試合が行われた。
ザルツブルクは3-4で敗れたが前半39分にファン・ヒチャン、後半10分に南野拓実、後半15分にアーリング・ホーランドのゴールを前面に出して印象的な試合を繰り広げた。

ファン・ヒチャンと南野という、韓国と日本の2人のアタッカーが並んでリバプール相手に追撃ゴールを炸裂させた日だった。
韓国メディアとファンはファン・ヒチャンは炸裂させたザルツブルクの初ゴールがより記憶に残っただろうが、日本メディアはやはり南野のボレーゴールがより印象深かったようだ。

南野は後半10分にファン・ヒチャンの左足クロスを受け、簡潔なボレーでリバプールの顎下まで追撃した。
日本メディア<サッカーキング>は「南野がヨーロッパチャンピオン相手に躍動的なゴールを記録した」とボレーゴールに光を当て、「UCL初得点を記録し、圧倒的なプレーを披露した。ザルツブルクはリバプールに惜敗した」と説明した。
実際、南野は素晴らしいボレーゴールを記録してアンフィールドを凍りつかせ、ユルゲン・クロップリバプール監督の虚しい笑みを誘った。

韓国と日本の両選手がともにヨーロッパの舞台で印象的な活躍を繰り広げたなか、韓国とは異なり南野の活躍像に集中して喜ぶ日本メディアの反応が興味深い。


191003072926427a.jpg



[UCL現場レビュー] "サラー2ゴール"リバプールが"ファン・ヒチャン1ゴール-1アシスト"ザルツブルクに4対3で勝利
スポーツ朝鮮




※一部要約

ファン・ヒチャンが1ゴール1アシストを記録した。
だがザルツブルクは惜しくも敗れた。
リバプールが辛勝した。

リバプールは2日夜、英国リバプールのアンフィールドで行われたザルツブルクとの2019~2020シーズンUEFAチャンピオンズリーグE組2次戦に4対3で勝利した。




英BBC、ザルツブルクに「アンフィールドで負けたがよく戦った」と絶賛
インターフットボール




※一部要約

英国"BBC"のクリス・サットン記者は「ザルツブルクは自分たちのプレーに自信があった。アンフィールドでこのようなプレーを繰り広げるチームは多くない。ザルツブルクは今シーズンだけで57ゴールを記録中だ。今日のようにリバプールの守備陣が弱く見える姿は初めて見た」として、敗北したザルツブルクを絶賛した。



"UELデビュー"ウー・レイ、決定的チャンス逃す…中メディア、「試合を決められたのに…」
OSEN




※一部要約

中国サッカー界の自負心ウー・レイが、ヨーロッパ対抗戦の公式デビュー戦に先発出場したが、攻撃ポイントを記録できずに残念な思いをした。

ウー・レイは20日午前4時、スペイン・バルセロナのRCDEスタジアムで行われた2019-2020シーズンのヨーロッパリーグ(UEL)H組1次戦のフェレンツヴァーロシュとの試合に出場したが、攻撃ポイントを上げられなかった。
エスパニョールは1-1の引き分けを記録した。

ウー・レイは4-4-2の前方FWのポジションに立って出場した。
前方で活発に動いて相手ゴールを狙ったが、まともなチャンスはできなかった。

ウー・レイは前半と後半に威嚇的な攻撃を試みたが、相手GKに阻まれた。
この日、ウー・レイは4本のシュートのうち、枠内シュートを2本記録した。
だがオフサイドを5回もおかした。

特に1-1で拮抗していた後半29分、ウー・レイはアドリア・ペドロサのクロスを受けるために身を投げだしたが、シュートにまで繋げられなかった。
これについて中国メディア"新浪スポーツ"は「ウー・レイが試合を決めるチャンスを掴んだが、逃してしまった」と惜しさをあらわした。

ウー・レイは奮闘したが、チームの勝利を導けなかった。
サッカー統計専門業者"フースコアード"はウー・レイに対して評点6.4を与えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング