"ファン・ヒチャン排除"オルモまで上げたライプツィヒ、天才監督の意中がわからずもどかしい
STNスポーツ



※一部要約

"天才"ユリアン・ナーゲルスマン監督の意中がわからないので、もどかしくならざるを得ない。

RBライプツィヒは5日、ドイツ・ザクセン州ライプツィヒにあるRBアリーナで行われた2020/21シーズンUEFAチャンピオンズリーグH組3次戦のパリ・サンジェルマンFCとの試合に2-1で勝利した。

ライプツィヒが直前の試合であるマンチェスター・ユナイテッド戦の0-5の大敗を乗り越えて立ち上がったその瞬間、競技場にファン・ヒチャンはいなかった。
ファン・ヒチャンはPSG戦に備えたリストには招集されたが、この日に先発はもちろん交代でも出場できなかった。

直前のシーズンにライプツィヒの姉妹クラブRBザルツブルクで大活躍したファン・ヒチャンである。
なので今夏ライプツィヒに移籍して多くの期待を受けた。
だがファン・ヒチャンは現在、すべての大会で6試合の出場(リーグ4、ポカール1、UCL1)に留まっている。
それすら、ポカールの出場を除けばすべて交代出場に留まっている。

そのような状況でファンはPSG戦にファン・ヒチャンの反転を期待したが、今回の対戦では最初から排除されて衝撃を受けた。
しかもファン・ヒチャンの入るポジションに攻撃型MFのダニ・オルモをFWとして起用したというのがさらに衝撃的だった。

単に適応期と見るのも無理がある。
ファン・ヒチャンと入団同期のクライファート、ベンヤミン・ヒンリヒス、アレクサンダー・セルロートらは少なからず先発出場もするなど、チャンスを与えられているからだ。

満33歳で最年少UCL4強行き監督など、多くの記録を持っている天才監督ナーゲルスマンである。
戦術的な理由で彼を排除しているのかもしれないし、適応期のため配慮を理由に彼を排除しているのかもしれない。
別の理由で彼を排除しているのかもしれない。
その正確な意中がわからないので、もどかしさが増している状況だ。



メッシ「去ります」FAXで契約破棄を要請
スポーツ京郷



※一部要約

リオネル・メッシがバルセロナとの決別を決心した。

26日、英国BBCによるとメッシはクラブにFAXを送り、契約終了を公式に要請した。
彼は毎シーズン終了時に契約を破棄できる条項を発動し、同行を終えようとしている。
メッシとバルセロナの契約は2021年までである。

当初、契約破棄は6月が過ぎれば効力を失っていたが、新型コロナウイルス感染症で今シーズンの日程が延び、発効できるとマルカは説明していた。

UEFAチャンピオンズリーグのバイエルン・ミュンヘン戦で2-8の惨敗をして、ロナルド・クーマン新任監督体制への不満がメッシの今回の決定を導いた。

メッシは2004年にバルセロナでプロデビューし、何と16年をワンクラブマンとして過ごした。
彼はバルセロナのユニフォームを着て731試合を行い、634ゴール285アシストを上げた。




メッシ、移籍要請書提出!バルサ去ることを決心…マンシティ、インテル挙がる
スターニュース



※一部要約

アルゼンチンのTYCスポーツは26日、速報で「メッシがFAXでチームを去りたいという意向をバルセロナに伝えた」と明かした。

メディアは「メッシはマンチェスター・シティ、インテル・ミラノ、あるいはアルゼンチンリーグやアメリカの舞台(MLS)に行くこともあり得る」と予想した。
また、様々なメディアを通じてユベントス、パリ・サンジェルマンなどが取り上げられている。



"トレブル達成!"バイエルン、UCL決勝でPSGを1-0で下して優勝
ゴールドットコム

200824055318876.jpeg

※一部要約

バイエルン・ミュンヘンがヨーロッパの舞台の頂点に立った。
彼らは7年ぶりにビッグイヤーを持ち上げ、ヨーロッパ最高のチームとなった。

23日後後、ポルトガル・リスボンで2019-20UEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が行われた。
バイエルンとパリ・サンジェルマンが会った。
キングスレイ・コマンの決勝ゴールとマヌエル・ノイアーの好セーブショーが、バイエルンにビッグイヤーをもたらした。
7年ぶりにビッグイヤーを抱えたバイエルンは、通算6回目のUCL優勝を達成した。
PSGは準優勝となった。

200824055318707a.jpg




ミュンヘン、チャンピオンズ初の全勝優勝…敗北を知らなかった歴代級のシーズン
スポTVニュース

200824060935365.jpg

※一部要約

ドイツ・ブンデスリーガ、DFBポカールに続いてチャンピオンズリーグ優勝まで。
ミュンヘンは2012-13シーズン以来、2回目のトレブルに成功した。

チャンピオンズリーグの歴史も新たに作った。
歴代で初めて11戦全勝無敗でチャンピオンズリーグ優勝に成功したチームとして名前を残した。



リヨン、マンシティに3対1で勝利!10年ぶりに4強!マンシティは3シーズン連続8強で膝
スポーツ朝鮮



※一部要約

マンシティが再び挫折した。
リヨンが10年ぶりにヨーロッパチャンピオンズリーグ4強に上がった。

リヨンは16日明け方、ポルトガル・リスボンで行われたUCL8強戦でマンシティを3対1で退けた。

200816062011829a.jpg




"チャンピオンズリーグ4強確定"…独ブンデスリーガvs仏リーグ1に圧縮
スポーツ東亜

200816060622247.jpg

※一部要約

今回のチャンピオンズリーグ4強はドイツ・ブンデスリーガとフランス・リーグ1の対決になった。
まずブンデスリーガのRBライプツィヒとバイエルン・ミュンヘンが4強に上がった。

また、リーグ1最強チームのパリ・サンジェルマンと共に、最高変事の主人公オリンピック・リヨンがチャンピオンズリーグ決勝行きをかけて争う4強進出に成功した。

現在としてはパリとミュンヘンのチャンピオンズリーグ決勝戦が予想されている。
だがボールは丸く、一発勝負は簡単には予測できない。



"分け目の大勝"ミュンヘン、バルサに8-2の記録的な大勝…4強安着
インターフットボール



※一部要約

バイエルン・ミュンヘンがFCバルセロナを制圧してチャンピオンズリーグ4強に安着した。

ミュンヘンは15日午前4時、ポルトガルのエスタディオ・ダ・ルスで行われた2019-20シーズンUEFAチャンピオンズリーグ8強戦で、バルセロナに8-2で大勝した。
これでミュンヘンは4強行きに成功し、大会優勝に一歩近づいた。






"衝撃的な大敗"バルセロナ、バイエルンの猛攻に"お手上げ"
STNスポーツ

200815054931060.png

※一部要約

それこそ衝撃的な大敗だった。
バルセロナはバイエルンの猛攻にお手上げとなり、凄惨な姿で今シーズンのチャンピオンズリーグで荷物をまとめた。




"孤軍奮闘"メッシ、ミュンヘン戦の評点6.8…それでも自分の役割は果たした
スポータルコリア

200815060014232.jpg

※一部要約

このような状況でメッシができることはほとんどなかった。
彼はルイス・スアレスと2トップでミュンヘンのゴールを破ろうと努めた。
だが全体的に崩れていたバルサを救うには力不足だった。

ヨーロッパのサッカー統計メディア"フースコアードドットコム"は、メッシに評点6.8を与えた。
バルサのほとんどの選手が4あるいは5点台に落ちていたのに比べて、高い点数を受けた。
だがメッシはバルサ史上最悪の試合の中心に立ち、頭を上げることができなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング