"ファン・ヒチャン挽回ゴール"ザルツブルク、フランクフルトに1-4の大敗…16強不透明
インターフットボール

200221044711886.jpg


※一部要約

ザルツブルクがフランクフルトに大敗し、16強進出に赤信号が灯った。
ファン・ヒチャンが孤軍奮闘して挽回ゴールを放ったが、結果をひっくり返すには力不足だった。

ザルツブルクは21日午前2時55分、コメルツバンクアリーナで行われたアイントラハト・フランクフルトとのUEFAヨーロッパリーグ32強1次戦のアウェイ試合に1-4で敗れた。
ザルツブルクは一週間後にホームで2次戦を行うが、この日の大敗で事実上16強進出が難しくなった。


200221044711886a.jpg

200221044711886b.jpg



"4分で決勝ゴール"アトレティコ、"ディフェンディングチャンピオン"リバプール1-0で制圧
スポTVニュース

200219065316110.jpg


※一部要約

アトレティコ・マドリードの窒息守備にリバプールが泣いた。
サウール・ニゲスの先制ゴールを最後まで守って16強2次戦に発つ。

アトレティコは19日午前5時、ワンダ・メトロポリターノで行われた2019-20シーズンUEFAチャンピオンズリーグ16強1次戦で、リバプールに1-0で勝った。
4分の先制ゴールで16強進出の優位に立つことになった。
次のラウンド進出はアンフィールドで決まる。


200219065316110a.jpg

200219065316110b.jpg

200219065316110c.jpg




窒息守備に苦戦したリバプール、アトレティコ遠征で0-1の敗北
フットボールリスト




※一部要約

イングリッシュ・プレミアリーグで常勝疾走しているリバプールが、アトレティコ・マドリード遠征で首根っこを押さえられた。



"ホランドマルチゴール"ドルトムント、パリ・サンジェルマンにホームで勝利
MKスポーツ




※一部要約

エルリング・ホランドがチャンピオンズリーグで2ゴールを上げ、ドルトムントは16強1次戦で勝利をおさめた。

ドルトムントは19日、ジグナル・イドゥナ・パルクで行われた2019-20シーズンUEFAチャンピオンズリーグ16強1次戦のホーム試合に2-1で勝利した。




"ホランドまたマルチゴール"ドルトムント、PSG2-1制圧…8強青信号
インターフットボール

200219070511911.jpg


※一部要約

200219070511911a.jpg

200219070511911b.jpg


[試合結果]

ドルトムント(2):ホランド(後24、32)
PSG(1);ネイマール(後30)



[速報] マンチェスター・シティ、2年間チャンピオンズリーグ出場停止の重い懲戒確定
フットボールリスト




※一部要約

UEFAがマンチェスター・シティに今後2シーズンの間、ヨーロッパクラブ対抗戦(チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなど)出場禁止の懲戒を下した。
これによってマンシティはプレミアリーグでどのような成績をおさめようと、2020/2021・2021/2022シーズンのチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場資格が剥奪される。
現在参加している2019/2020シーズンのチャンピオンズリーグは完走できる。
UEFAはマンシティに3000万ユーロ(約400億ウォン)に達する巨額の罰金も払わせる。

UEFAがマンシティに重い懲戒を下した罪状は、FFP(財政的フェアプレー)違反である。
UEFAはマンシティがスポンサーシップの売上を膨らませた一方、クラブオーナーのシェイク・マンスールが所有するシティフットボールグループからFFP規定で制限している金額を超過する規模の支援を受けていたとして、このような懲戒を下した。

一方、マンシティ側はUEFAがEメールのハッキングなど、不法な方法で調査を進めて証拠を集めたと反発している。
マンシティは去年6月、国際スポーツ仲裁委員会にこの懸案を告訴したことがあるが、受け入れられなかった。
マンシティは今回の決定に控訴すると発表したが、まだ具体的な対応策は発表されていない。




懲戒控訴を予告したマンシティ「UEFAの判決予想していた」
ゴールドットコム




※一部要約

マンシティは公式発表文で「UEFAの懲戒発表に失望したが、驚きではなかった」と明かした。
マンシティは「2018年12月にUEFA調査官は、本格的な調査が始まってもいない時点から、我がクラブに下す懲戒の程度をすでに教えていた。その後のUEFAの調査過程には欠陥があったし、調査内容まで何度も流出する状況が起きて、私たちはすでにどのような懲戒が下されるのか予想できていた」と説明した。

続けてマンシティは「端的に言えば今回の調査を進め、判決を下し、すべての決定をしたのは全面的にUEFAだった」として、「本クラブはできるだけ速やかに国際スポーツ仲裁裁判所に構成な判決を要請する」と明かした。



リバプール、南野狙う…バイアウト114億発動(英タイムズ)
スポータルコリア




※一部要約

リバプールが南野拓実の獲得を推進中だ。

南野は今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグのリバプールとの二度のGLで大活躍し、強烈な印象を残した。
首長であるユルゲン・クロップ監督が賛辞を送り、リバプールファンも獲得を催促した。

この望みが現実になる可能性が高まった。
英国"タイムズ"は12日、「リバプールがザルツブルクのスター南野拓実に近づいた。契約することもあり得る」と報じた。

"タイムズ"によると、クロップ監督が攻撃型MFの役割を消化した南野の能力を高く評価している。
ボール保持、パスなどのクオリティに魅了されていることがわかった。
1月の移籍市場で動く理由だと説明した。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング