"義理の男"黒田、日シリーズを終えて引退する
OSEN




※一部要約

義理の男・黒田博樹が引退する。

黒田は18日、広島市内のホテルで記者会見を行い、今回の日本シリーズを最後に引退するという意思を表明した。
NPBリーグ、メジャーリーグ、そして再びNPBに復帰し、今年までの20年間の現役生活に終止符を打つ。

黒田は今年、右肩と右足首に痛みを抱えながらも24試合に登板し、10勝8敗防御率3.09を記録した。
特に2010年から7年連続二桁勝利を手にしている。
チームの精神的支柱で25年ぶりのセントラル・リーグ優勝の主役だった。

広島で124勝、LAドジャースとニューヨーク・ヤンキースで79勝を上げ、203勝184敗を記録した。
2015年に20億円を超えるメジャーリーグの残留要請を振り切って、8年ぶりに実家に復帰してカープの風を起こした。

今年、広島で悲願の初優勝を導いて現役生活を終えることになった。
黒田は予定通りに日本シリーズ1次戦に先発登板する。
日本ハムの怪物・大谷翔平と対決を繰り広げる日本シリーズが、最後に投げる舞台になるものとみられる。
素敵な復活をして素晴らしい優勝と同時に見事な引退まで、義理の男らしい歩みを見せた。




"引退"黒田「9回を投げられない身体に息苦しさがあった」
マイデイリー




※一部要約

黒田は常に先発投手として完投できるスタイルを望んでいたと言い、「9回を投げられない身体では、他の選手に手本を示せない息苦しさがいつもあった」と打ち明けた。

黒田こそ毎試合着実に多くのイニングを投げる投手だった。
ニューヨーク・ヤンキース時代には2011年から3年連続200イニング以上を投げ、メジャーリーグ最後のシーズンだった2014年には、数え年で不惑にもかかわらず199イニングを投げる驚くべき投球を見せた。



"10勝"大谷完封勝ち、日本ハム4年ぶりの優勝
OSEN




※一部要約

日本ハムファイターズの大谷翔平が3年連続10勝と同時にチームの優勝を導いた。

大谷は28日、所沢の西武ドームで行われた西武ライオンズとの試合に先発登板し、9イニング1被安打1フォアボール15奪三振無失点で完封勝ちを手にした。
日本ハムは大谷の完封で西部に1-0の勝利。
日本ハムはシーズン86勝(53敗3分け)をおさめてマジックナンバーが消滅。
2012年以降4年ぶりにパシフィック・リーグの頂点に上った。
また、歴代7回目のリーグ優勝。
大谷はシーズン10勝(4敗)を刈り取って3年連続二桁勝利を記録した。
防御率は1.86になった。




"やり遂げた"大谷、10勝-100安打-20ホームラン同時達成の快挙
マイデイリー




※一部要約

大谷が現代野球ではなかなか見られない10勝-100安打-20ホームラン同時達成に成功した。

大谷は国内ファンに"怪物投手"として知られている。
プレミア12で160キロに迫る直球を前面に出して韓国をカチコチに縛り、昨シーズンに所属チームの日本ハムでも15勝5敗防御率2.24を記録、パシフィック・リーグ最多勝、勝率、防御率1位を記録した。
彼の投球を見れば、まるで漫画の中のキャラクターが紙を破って出てきたようだった。



"30イニング無失点・10ホームラン"大谷「果敢に勝負した」
マイデイリー




※一部要約

"怪物"大谷翔平がニックネームに相応しい活躍でチームの勝利を主導した。

大谷は3日、福岡ヤフオクドームで行われたソフトバンクホークスとの遠征試合に先発登板、大活躍して日本ハムの2-0の勝利を導いた。

大谷は試合後、"スポーツ報知"とのインタビューで「1番打者として起用されてすごく驚いたが、果敢に勝負しようとした。ホームランのための最良のヒッティングポイントは分かっているが、運もあった」とこの日の試合を振り返った。




"10K無失点+10号砲"ワンマンショー大谷7連勝疾走(総合)
OSEN




※一部要約

この日の大谷の投手公式記録は8イニング5被安打10奪三振2四死球無失点。
防御率はこれまでの2.06から1.90に下げて1点台に突入した。
最近の7連勝でシーズン8勝(4敗)を達成した。
最近4試合で30イニング無失点をしている。
打席では2打数1安打(1ホームラン)2四球1三振で3出塁した。
シーズン打率は3割3分9里となった。



大谷、読売戦で163キロ・・・日本最高球速
聯合ニュース




※一部要約

"怪物投手"大谷翔平が日本プロ野球の歴代最高球速を記録したと5日のスポーツニッポンが報じた。

大谷はこの日、東京ドームで行われた読売ジャイアンツとのインターリーグ戦に先発登板し、4回1死満塁でルイス・クルーズ相手に時速163キロを投じた。

投球スピードは"公認記録"ではない。
スピードガンの位置や測定時点によって球速が違って出てくるためだ。

だが剛速球投手の"球速競争"は野球ファンの関心を引く要素である。

韓国プロ野球ではラダメス・リズがLGツインズでプレーしていた2012年9月5日のサムスンライオンズとの試合で投じた時速162キロの球が"最高球速"として知られている。




"163キロ"怪力大谷、日最高球速更新
OSEN




※一部要約

日本舞台の最高球速は大谷と読売の抑え投手だったマーク・クルーンが持っていた162キロだ。
大谷はこれで日本舞台の歴代最速を投げる投手として登極した。
今シーズンを前に肉体改造プロジェクトに突入するなど、力をつけるために格別な努力をしていた大谷の記録更新は、ある程度予見されていた。



怪力の大谷、5G連続ホームラン"シーズン8号"
OSEN




※一部要約

"怪物"大谷翔平がまたホームランを打った。
すでに5試合連続ホームランだ。

大谷は17日、北九州市民球場で行われた2016日本プロ野球のソフトバンクホークスとの遠征試合で3番指名打者で出場、1回表の初打席からリック・バンデンハーク相手にレフトオーバーの2ランホームランを炸裂させ、機先を制した。
打者として5試合連続ホームランだ。




"怪力"大谷、ホームランでバンデンハークの15連勝を防いだ
マイデイリー




※一部要約

バンデンハークはこの日の試合の前まで日本プロ野球新記録の14連勝を走っていた。
この日15連勝に挑戦したが、大谷のホームランなどで頭を下げた。
日本プロ野球入場後、初めての負け。
去年に9勝無敗防御率2.52を記録したバンデンハークは今年、5連勝を達成してから初めて敗北を抱えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング