韓国プロ野球球団、日系金融会社とスポンサー契約?
中央日報日本語版

韓国のネクセンが日系貯蓄銀行であるJトラストとネーミングスポンサー契約を調整中だ。球団関係者は「貯蓄銀行であって貸金業者ではない。貸金業者ならば協議はしなかっただろう。決定段階ではないが、具体的な協議をやり取りしたのは間違いでない」と明らかにした。

日系金融会社であるJトラストは日本でカード会社業として注力しているが韓国では貸金業を中心に展開して、最近、貯蓄銀行に方向転換した。Jトラストの代表的な韓国進出企業は親愛貯蓄であり、JT貯蓄銀行、JTキャピタル、ティーエー資産管理貸付有限会社などを運営している。Jトラストは貸金業者からのイメージ脱却を図るのに注力している。最近では女優のコ・ソヨンが同社のイメージ広告を撮影して世論悪化により契約を撤回した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151023-00000013-cnippou-kr




ヒーローズ、メインスポンサーにJトラストを選択の理由
スポーツソウル




※一部要約

イ・チャンソク代表も創立から明るい青写真を提示し、その設計図に合わせて球団を安定的に運営してきた。
だがネクセンはなぜ誰もが知っている国内最高水準の企業ではなく、日系金融企業と手を握ろうと試みたのか。
スポーツソウルは23日、ソウルヒーローズと親愛貯蓄銀行を系列会社に率いているJトラストとのメインスポンサー契約に関して単独報道した。
Jトラストは貸付業をメインにしている日系第2金融圏企業である。

ヒーローズの立場から見れば、事業的な側面で合理的な判断をしたものとみられる。
例えば財閥企業とスポンサー契約を結べば、支援規模を離れて一種の下請けを受けることになる。
甲乙関係が形成される。
メインスポンサーは球団の様々な決定事項に介入することができる。
そしてヒーローズはメインスポンサーの意見を無視することはできない。

そのような側面で、Jトラストは支援金額も相対的に最高水準で球団に介入する可能性は少ない。
ヒーローズはJトラストのロゴを付けて最高のプレーを繰り広げれば良く、Jトラストは確かな広告効果と親近感を手にすることができる。
ヒーローズはやってきた方法通りにチームを運営することができる。
なので日系企業で貯蓄銀行であるという点さえ除けば、ヒーローズの立場ではJトラストは良いパートナーだ。

だが問題はビジネスではなく国民情緒にある。
最近も日本自衛隊の北韓侵入などの論難のように、韓国と日本は相変わらず近くて遠い間柄だ。
この逆風をJトラストとヒーローズが受けている。
Jトラストが純粋な国内の地元企業以上に野球への愛情を持ち、野球発展に貢献するという意志を表明して正攻法に出るのか、でなければ別の選択をするのか、神経が集まっている。



ユン・ソンミン、実家KIAに復帰・・・4年90億ウォンのFA最高額待遇
OSEN




※一部要約

オリオールズ所属の投手ユン・ソンミンが実感KIAに電撃復帰した。

KIAタイガースは投手ユン・ソンミンと4年総額90億ウォンの超特急FA待遇で契約を終えたと6日に電撃発表した。
契約金40億ウォン、年俸12億5000万ウォンだ。
ユン・ソンミンは2013シーズンの後にFA資格を得てオリオールズに入団したが、1年で実家に帰ってきた。

ユン・ソンミンの待遇は歴代FA最高額である。
ストーブリーグでSKに残留した内野手チェ・ジョンは86億ウォンを受け、投手最高額はロッテから斗山に移籍したチャン・ウォンジュンの84億ウォンだった。
だが実際には両選手はどちらも100億ウォンを越えているというのが定説だ。
ユン・ソンミンも実際にはこの金額をはるかに上回っているとみられる。

ボルティモアは2年間の残りの年俸(ボーナスを含む450万ドル)を支給しない条件でユン・ソンミンを解除した。
手続き上、ユン・ソンミンはボルティモアから条件なしで放出され、FA資格でKIAと契約したことになる。

ストーブリーグでこれといった補強がなかったKIAとしては、千軍万馬を得た形になった。
実際、マウンドの不安を一挙に解決できるゴールドカードだ。

ユン・ソンミンは去年の2月にボルティモアと契約期間3年で、基本保障557万ドルで契約した。
入団が一歩遅れて決まった上、就業ビザの問題まで重なって遅れて合流し、結局は傘下のトリプルAノーフォーク・タイズでシーズンを始めた。
成績は23試合(先発18試合)で4勝8敗防御率5.74に終わった。

ユン・ソンミンはKIAの仕上げのキャンプに参加するなど、歯を食いしばって着実に体を作っていた。
だがアメリカに渡る前にバック・ショーウォルター監督が「ユン・ソンミンをMLスプリングキャンプには呼ばないだろう」明かし、衝撃を受けた。
結局、悩んだ末に韓国で再挑戦した方が良いと判断して実家への復帰を決めた。

ユン・ソンミンは「メジャーリーグの舞台にずっと挑戦したかったが、球団の積極的な要請でKIAタイガースでプレーすることに決めた。厳しい時期でも忘れずに応援してくれたKIAファンに良い姿で報いる」と復帰の所感を明かした。




ハンファのファンボット、英BBCでも"新しい概念"と話題
OSEN




※要旨

ハンファ球団が導入した新概念"応援ロボット"が英国でも大きな関心を呼んだ。
新概念の応援として注目している様子だ。

英国公営放送BBCは26日、「韓国プロ野球で応援ロボットが本物のファンの代わりをしている」というタイトルで、ハンファの"応援ロボット(ファンボット)"について詳細に扱った。
野球よりもサッカー、クリケット、ラグビー、乗馬、テニス、F1などのスポーツの人気が圧倒的に多い英国で、野球関連の記事を見つけるのは容易なことではない。
それでも公営放送のBBCがハンファのファンボットにあえて光を当てたのだ。

ハンファは3月に大田球場をリモデリングして、中央右側の外野席にファンボット24機を置いた。
ハンファのユニフォームとジーンズを着た成人サイズのマネキンが、LED電光掲示板を入れられた姿で案内文はもちろん、ファンの応援メッセージを出している。
試合中にファンの顔写真を遅ればすぐに反映してスクリーンを通じて転送されるなど、ファンの感情を共有することができる。
競技場の外でも競技場の中にいるのと同じ感じを与えられるとして、好奇心を醸し出している。


kbo_grid.jpg



[室井の近くて遠い韓日野球] 日本球団職員が感じる韓日の野球中継の違い
スポーツ朝鮮

※要旨

最近はSPO TVが提供する韓国のプロ野球中継のハイライトを見ることができる
韓国プロ野球関連サイトのホームページを見つけるよりも簡単に韓国野球に接することができるようになった

YouTubeで韓国プロ野球を見た日本ハム球団のマーケティング担当者は「日本と感じが少し違う」とした
野球のスタイルの違いではなく、映像の違いが感じられると言った
彼の言った違いとは何だろうか



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング