Jリーグ、優勝賞金だけで233億引き上げ
スポーツ京郷

20161013092603.jpg


※一部要約

日本プロサッカーJリーグが実質的な優勝賞金を21億5000万円(約233億ウォン)に増やす。

読売新聞は13日、Jリーグが強化配分金を賞金項目に新設し、優勝クラブに与える賞金を大幅に増やすことに決めたと報じた。

強化配分金はアジアチャンピオンズリーグ優勝を目標に、各クラブが戦力強化と施設改善に使うように規定した金である。

Jリーグ優勝チームは強化配分金だけで15億円(163億ウォン)に達する。
それにともない、来シーズンにJリーグで優勝したチームは優勝賞金3億円(33億ウォン)と、財源安定のための配分金3億5000万円(38億ウォン)を含め、総額21億5000万円を受けることになる。




日本Jリーグ、賞金大幅上昇・・・優勝すれば233億ウォン
SBSニュース


※一部要約

2位チームにも7億円、約76億ウォンの強化配分金が与えられ、3位チームには3億5000万円、38億ウォン、4位チームには1億8000万円、20億ウォンを受けられる。



"競争力強化"日本Jリーグ、外国人選手の拡大推進
聯合ニュース




※一部要約

日本プロサッカーJリーグが競争力強化のため、外国人選手の拡大を推進することにした。

日本の日刊スポーツは21日、Jリーグが前日に理事会を開いて外国人選手のロースター拡大などの改革方案を議論したと報じた。

現在、Jリーグの各クラブは外国人選手を最大5人まで登録することができる。

外国人選手の人数を制限しているのは、Jリーグで日本選手が出場時間を確保してこそ代表チームの競争力も維持できるという判断に伴うものだった。

だが最近はJリーグ内でチームの拡大などにより日本選手の出場機会が増えたので、外国人選手を増やすことがむしろ競争力を強化できるという主張が拡散した。




日本Jリーグ、ポストシーズンを放棄するのか?
スポーツ京郷




※一部要約

スポーツニッポンは21日、Jリーグが前日に理事会を開き、正規リーグを前後期に分けて各優勝チームと最多勝ち点の3位までがチャンピオンシップに上がり、優勝チームを決める現行制度の廃止の有無を議論したと報じた。

観客減少で悩んでいたJリーグはこの制度の導入により、チャンピオンシップ決勝戦が11年ぶりに地上波で生中継される効果をmチア。
だがサッカーとは合わない制度だという批判と同時に、シーズンを通じて最高の成績を出したチームが肝心の優勝カップを持ち上げられない可能性もあるという公正性の論難が起きていた。



"2001年生まれ+バルサユース"久保、日本Jリーグデビュー?
韓国スポーツ




※一部要約

バルセロナユースチーム出身の久保建英(15・FC東京)が成人の舞台である日本プロサッカーJリーグに登録されるものとみられる。

2001年生まれの彼は日本の代表的な有望株で、今後バルセロナが再獲得する可能性が高いという評価を受けている選手である。

日刊スポーツなどの日本メディアは13日、「21世紀生まれで初めてのJリーガーが誕生することになった」として、「東京U-18ユースチーム所属の彼がもうすぐ成人チームに登録されるものとみられる」と報じた。

現地メディアは「東京は今月16日までに彼を登録する方針を伝えた」として、「これで彼はJリーグの舞台に立つ可能性が高まった。2001年以降に出生した選手では初めて」と付け加えた。


20160913151508232hdee.jpg


2011年に入団テストを経てバルセロナユースチームに入団した彼は、現地から第2のリオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタなどと比較され多くの期待を受けた。

だがバルセロナが2014年に18歳未満の海外選手獲得を禁止する規定を破ってFIFAから懲戒を受け、その過程で実戦の試合に出られなくなり2015年に日本の舞台に戻った。



[スタジアム紀行] ⑥Jリーグ エンタープライズ、がっしりしたマーチャンダイジングの"根本"
インターフットボール




※一部要約

日本のプロサッカーJリーグは1993年に発足した。
これは1983年に発足した韓国のプロサッカーKリーグよりちょうど10年遅れの出発だった。
日本はJリーグを始める前、海外の多くのサッカーリーグを参考にしながら、数年間リーグが遠くに進んでいく方向性を研究した。
すでにプロ野球が国民的スポーツとして認められていた日本だったので、緻密に縁故地を選定し、遠い未来まで見据えてリーグ運営計画を細かく樹立した。
その結果、日本のプロサッカーは各地域に根を下ろしてしっかりと成長することができた。

驚くべき点は、その当時作られたリーグの長期計画に、各クラブのマーチャンダイジング商品開発に関する部分も含まれていることである。
リーグが始まって何と30年はゆうに超えているのに、まだチケット販売やスポンサーシップ以外に特別な収益創出をできずにいるKリーグとは異なり、Jリーグはその開始から収益多角化構造を作っておいたわけである。
今まさにマーチャンダイジング商品開発の重要性を理解した我が国のスポーツ産業と比べると、何と20年以上は先に進んでいるのだから、改めて驚くほかない部分である。

筆者は2015年12月に漢陽大スポーツ産業学科DeMerS(スポーツデザイン、マーチャンダイジング、セールス)の日本研修課程で、Jリーグと日本サッカー代表チームのマーチャンダイジング販売を担当しているJリーグ子会社Jリーグ エンタープライズのマーケティング部に身を置いているマエダ・アキヒコから、日本サッカー産業でマーチャンダイジング商品システムがどのような方式で運営されているのか、直接聞いてみる機会を持った。


20160514125405a.jpg



J3にもG大阪 来季4クラブセカンドチーム参入
日刊スポーツ

 ハリルホジッチ監督が就任以降、口を酸っぱくして言う難題に、解決の道筋が見えてきた。来季のJ3に東京、G大阪、鳥栖、C大阪の4クラブのセカンドチームが参入することが分かった。日本サッカー発展のため「育成抜きには語れない。育成年代でしっかりとしたトレーニングが必要。さらに自国リーグ若い選手が活躍する環境があれば、代表は強くなる」と指摘してきた育成の改革となる。

 今回手を挙げた4クラブは有望な若手を抱えながら、出場機会を得られていない現状打破へ、赤字覚悟で参入を決断した。参入に要する年間予算は少なくとも5000万円以上とみられ、府県内の小規模スタジアムを使用するなど経費を抑えて運営していく。今日6日のJリーグ実行委員会で議題に上がり、今月の理事会で承認されれば来季の参入が正式に決定。ブンデスリーガでは主流となる、多くの若手が経験を得てステップアップする土台が、Jリーグにも出来上がる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151006-00000017-nksports-socc




Jリーグ2軍、3部リーグ参加へ・・・韓国に示唆するところは?
スポーツソウル




※一部要約

Jリーグクラブも若い選手の実戦経験の不足に悩みを抱えていることが分かった。
これを解決する方法を探し、3部リーグ参加を検討することになった。
Jリーグ実行委員会を経て、近いうちに理事会の承認を受ける予定である。
J3は12クラブに22歳以下代表チームまでの計13クラブが今年参加している。
それに加えて来年はJリーグ2軍の4チーム、JFLから昇格する1チームの計18クラブがリーグを作り上げることになる。

Jリーグ2軍チームのJ3参加は、日本のシステムを観察してベンチマーキングすることが多いKリーグにも、多くの示唆する点を投げかけるものとみられる。
2013年に就任したクォン・オカプ韓国プロサッカー連盟総裁は「任期中に3~4部リーグまで作りたい」という目標を明かしたこともある。
現在2軍リーグがない状況で、ナショナルリーグを中心にプロ3部リーグを作り、そこにKリーグクラシック2軍が参加する方案を提示することができる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング