カウントダウンが始まった久保建英のバルサ復帰

 今日、久保建英は17歳になる。バルサのドレッシングルームにタケが戻るカウントダウンが始まった。

 インファンティル昇格後にFIFAの制裁を受けたタケは、しばらくは試合に出場できない状態にも耐えていた。しかし、状況が改善しないことを悟ると、2015年3月に母と弟と共に帰国する。バルセロナに馴染んでいた少年にとっては難しい決断だったが、今後のプランを18歳になったときにバルサに戻るという設定に変更したのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010000-mdjp-socc




バルサは久保を忘れてなかった…2019年に再獲得の計画
スポータルコリア




※一部要約

FCバルセロナが"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英(17、FC東京)を相変わらず注意深く見つめている。

久保は幼少期に天才的な才能を示したアタッカーである。
8歳だった2009年に日本横浜で行われたバルサのサッカーキャンプに参加し、当時テクニカルディレクターだったオスカー・エルナンデスの目に留まり、バルサユースの入団テストを受けた。
そして2011年にバルサユースに入団した。

彼は2015年までバルサの年代別チームでプレーした。
だがバルサが18歳未満の選手の海外移籍を禁止するFIFAの規定に違反して懲戒を受けると、すぐに日本に戻った。

久保は東京ユースで選手生活を続けた。
所属はユースチームだったが、飛び級を繰り返してU-23の試合に続き、1軍の試合にまで出場した。
去年は16歳の年齢でU-20ワールドカップに出場した。
バルサはそんな久保の歩みを一つも逃さず観察していた。

久保をスカウトしたエルナンデスは、久保の家族と相変わらず格別な関係を維持している。
彼は「久保は変わることなくバルサだけを考えている。彼は他チームのオファーには耳を傾けることもない」として、久保がバルサ復帰だけを考えていると伝えた。

バルサユースとラ・マシアを統括しているホセ・マリ・バケーロやギジェルモ・アモールも、久保が日本で成長している姿を着実に点検していた。
アモールは「特別な状況なので、私たちは頻繁に久保や彼の家族と対話している。法的に許される年齢に達し、一定のレベルにあればバルサに戻ってくるだろう」と伝えた。

今シーズンの久保はU-23所属で10回の1軍の試合に出場し、1ゴールを炸裂させている。
年齢を考えれば間違いなく成長の勢いを継続してる。
彼のそのような姿がバルサの期待を満たし、来年の復帰につながるのか注目されている。



[インタビュー] アン・ジュンス、「セレッソでキム・ジンヒョンの系譜を継ぐ」
スポータルコリア




※一部要約

アン・ジュンス(20、鹿児島ユナイテッド)は嘱望されているGKである。
年代別代表を着実に経てきた。
2016年にセレッソ大阪のユニフォームを着た。
プロチーム傘下のユース出身でもない、一般クラブ(議政府U-18)の選手が日本の名門クラブに迎えられた。
そえだけ可能性があるという証拠だ。

盛んに学び、また成長する年齢のアン・ジュンス。
坦々たる大路を歩んでいたが去年6月18日、セレッソU-23で試合中に右腓骨(ふくらはぎ)骨折の負傷をした。
彼は「そのときは実戦感覚が落ちた状況だった。U-20代表での練習試合を除いて、3ヶ月ほど実戦にほとんど出られなかった。チームに復帰して試合に出たが、クロスの処理でボールが顔に当たり、地面に落ちた。つま先がかかって、最初にまさか折れたのかと思った。それで大怪我をした。報告も信じられなかった」と振り返った。

全治3ヶ月の診断を受けたアン・ジュンスは、手術台に上がった。
セレッソの積極的な支援のおかげで、すぐに手術は成功裏に終わり、早く回復することができた。

これはアン・ジュンスをさらに堅固にさせるキッカケとなった。
「選手生活をしていて、リハビリは初めてだった。したことはなかったが、クラブでコントロールしてくれた。このときに体を引き上げ、ウェイトトレーニングでバランスを合わせた。負傷する前よりフィジカルをさらに良くするチャンスだと考え、より熱心にした。しばらく息を整えられたし、心をさらに強くするキッカケとなった」と明かした。



"バルサ出身"15歳の久保を成長させたプロ舞台の経験値
ジョイニュース24




※一部要約

バルセロナユース出身の15歳・久保建英がすでにプロの舞台に先発で出ている。

久保は2日、FC東京U-23所属として日本J3リーグ4ラウンドの鹿児島ユナイテッドとの試合にFWとして先発出場し、フルタイムを消化した。
チームは1-2で敗れたが、久保は何回も突破からのシュートやラストパスで活路を見出すなど、活発な動きを見せた。

彼が属しているFC東京U-23は、名前でわかる通り日本J1の強豪FC東京の傘下チームである。
J3には▲セレッソ大阪▲ガンバ大阪まで、J1クラブの傘下チームが計3つ参加している。
このチームは選手が足りなくて、1軍の23歳以上の選手を最大4人まで(ワイルドカード、フィールドプレーヤー3人・GK1人)起用できる特典も与えられている。

だがこの3クラブを除いた14クラブはすべてプロである。
去年までJ2で1部リーグ昇格まで狙っていたギラヴァンツ北九州や栃木SC、ガイナーレ鳥取、カターレ富山など、それなりに経験豊富なクラブもすべて降格してここまで落ちた。
降格して選手層が薄くなったとはいえ、それでもそれなりに実力を備えているチームだ。

そのような角逐場の中で、久保は日本U-20に招集されたドイツ遠征を理由に参加しなかった1試合を除いて、すべての試合に先発で出場して90分を消化している。
チームの主軸だ。



[単独インタビュー] 江原FCの破格の歩みに対するチェ・ムンスンクラブオーナーの考え
スポーツソウル




※一部要約

「投資をせずに成績に執着すればリーグが荒廃します」

ついにクラブオーナーも口を開いた。
今冬のKリーグで最高のイシューだった江原FCの歩みに、サッカー人はすべて未来志向的な観点で見てほしいと強調した。
江原FCのクラブオーナーであるチェ・ムンスン江原道知事は、最近のスポーツソウルとのインタビューで「周囲の人は(江原の選手大挙獲得を見て)今後どうやって持ち堪えるのかと尋ねるが、投資の性格をしっかり理解してほしい」と頼んだ。
チョン・ジョグク、イ・グノ、ムン・チャンジン、オ・ボムソクなど国内トップクラス級の資源を一気に独占した江原は、チョ・テリョン社長を中心に前年比の3倍に達する200億ウォンの予算を策定して勝負をかけた。
プロ野球ネクセンの団長時代に"青田買い"に近いベッティングで成功した経験をKリーグに加えた。
だがスポンサーと広告市場が回復不可能な状態に追い込まれているKリーグで、財政的な負担のある道民クラブが無謀な挑戦を試みたと解釈する意見も少なくない。
チェ知事は「今の市道民クラブは長期的に見る透明な経営、そして選手や監督などの人を家族のように大切にする経営が必要だ。3年ぶりに昇格に成功したので、安定した基盤とシステムを備えなければならないと思う。そのためには投資により競技力だけでなくファン、投資家の心を掴まなければならない」と強調した。
それと同時に「ACL進出という目標を掲げたが、絶対それにこだわるという意味ではない。200億の予算?それは使って消し飛ぶのではない。投資である。目標達成に失敗したらまた収拾すれば良い。あえて例を挙げるなら、高値で連れてきた選手を再び市場に出しても価値はあまり落ちない。少しは損をするがそれを恐れて投資しないのは正しくない」と語った。

Kリーグの関係者は江原の攻撃的投資について、1年後に迫った平昌冬季オリンピックの興行努力に関連性があると分析したりもしている。
国政壟断の事態で地位が失墜したオリンピックである。
今年、平昌アルペンシアスタジアムをホームに使う江原を活用し、オリンピックのブームアップをしようとする意図ということだ。

チェ知事は野心的に連れてきた"ベトナムKリーガー1号"チュオンについても「江原道広報大使に委嘱する予定」と明かした。
彼は「チュオンはベトナムの国民的スターなので大統領も彼のファンだと聞いた。サッカーだけで見るならチュオンを活用して私たちの地域文化も伝え、ベトナムとの交流を増やすことに役立ててほしい」と語った。



FC琉球 前田、新井ら5選手加入
沖縄タイムス

 FC琉球は6日、大阪・阪南大のFW前田央樹(22)、DF新井幹人(22)ら5選手の加入を発表した。ほかの3人は、いずれも韓国籍で建国大(韓国)のMFチェ・ビョンギル(22)、関東社会人リーグ1部VONDS市原のMFカン・ジュガン(22)、柳ケ浦高(大分)のDFキム・ビョンボム(18)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00078849-okinawat-socc




チェ・ビョンギル、日本3部リーグで人生の2幕開始
ヘラルド経済




※一部要約

建国大のチェ・ビョンギルが日本でサッカー人生の第2幕を始める。

チェ・ビョンギルは今月始め、日本・沖縄をホームにするFC琉球に2年契約で入団した。
シンガル高と建国大を卒業したチェ・ビョンギルは、2列目と3列目のポジションをすべて消化できるMFで、安定した攻守の調整とキック能力で大学時代に"シャビ・アロンソ"という別名を得た。

最悪の就職率が出るという予想通り、2017年2月に卒業を控えている大学選手の年末は冷たい風が吹いていた。
チェ・ビョンギルもやはりプロ進出の敷居で挫折する同期を見て、不安であることを隠すのが難しかった。
入団オファーを受けたKリーグチャレンジの1チームとFC琉球の間で検討していた彼は、最終的に日本行きを選んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング