[単独インタビュー] 江原FCの破格の歩みに対するチェ・ムンスンクラブオーナーの考え
スポーツソウル




※一部要約

「投資をせずに成績に執着すればリーグが荒廃します」

ついにクラブオーナーも口を開いた。
今冬のKリーグで最高のイシューだった江原FCの歩みに、サッカー人はすべて未来志向的な観点で見てほしいと強調した。
江原FCのクラブオーナーであるチェ・ムンスン江原道知事は、最近のスポーツソウルとのインタビューで「周囲の人は(江原の選手大挙獲得を見て)今後どうやって持ち堪えるのかと尋ねるが、投資の性格をしっかり理解してほしい」と頼んだ。
チョン・ジョグク、イ・グノ、ムン・チャンジン、オ・ボムソクなど国内トップクラス級の資源を一気に独占した江原は、チョ・テリョン社長を中心に前年比の3倍に達する200億ウォンの予算を策定して勝負をかけた。
プロ野球ネクセンの団長時代に"青田買い"に近いベッティングで成功した経験をKリーグに加えた。
だがスポンサーと広告市場が回復不可能な状態に追い込まれているKリーグで、財政的な負担のある道民クラブが無謀な挑戦を試みたと解釈する意見も少なくない。
チェ知事は「今の市道民クラブは長期的に見る透明な経営、そして選手や監督などの人を家族のように大切にする経営が必要だ。3年ぶりに昇格に成功したので、安定した基盤とシステムを備えなければならないと思う。そのためには投資により競技力だけでなくファン、投資家の心を掴まなければならない」と強調した。
それと同時に「ACL進出という目標を掲げたが、絶対それにこだわるという意味ではない。200億の予算?それは使って消し飛ぶのではない。投資である。目標達成に失敗したらまた収拾すれば良い。あえて例を挙げるなら、高値で連れてきた選手を再び市場に出しても価値はあまり落ちない。少しは損をするがそれを恐れて投資しないのは正しくない」と語った。

Kリーグの関係者は江原の攻撃的投資について、1年後に迫った平昌冬季オリンピックの興行努力に関連性があると分析したりもしている。
国政壟断の事態で地位が失墜したオリンピックである。
今年、平昌アルペンシアスタジアムをホームに使う江原を活用し、オリンピックのブームアップをしようとする意図ということだ。

チェ知事は野心的に連れてきた"ベトナムKリーガー1号"チュオンについても「江原道広報大使に委嘱する予定」と明かした。
彼は「チュオンはベトナムの国民的スターなので大統領も彼のファンだと聞いた。サッカーだけで見るならチュオンを活用して私たちの地域文化も伝え、ベトナムとの交流を増やすことに役立ててほしい」と語った。



FC琉球 前田、新井ら5選手加入
沖縄タイムス

 FC琉球は6日、大阪・阪南大のFW前田央樹(22)、DF新井幹人(22)ら5選手の加入を発表した。ほかの3人は、いずれも韓国籍で建国大(韓国)のMFチェ・ビョンギル(22)、関東社会人リーグ1部VONDS市原のMFカン・ジュガン(22)、柳ケ浦高(大分)のDFキム・ビョンボム(18)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170107-00078849-okinawat-socc




チェ・ビョンギル、日本3部リーグで人生の2幕開始
ヘラルド経済




※一部要約

建国大のチェ・ビョンギルが日本でサッカー人生の第2幕を始める。

チェ・ビョンギルは今月始め、日本・沖縄をホームにするFC琉球に2年契約で入団した。
シンガル高と建国大を卒業したチェ・ビョンギルは、2列目と3列目のポジションをすべて消化できるMFで、安定した攻守の調整とキック能力で大学時代に"シャビ・アロンソ"という別名を得た。

最悪の就職率が出るという予想通り、2017年2月に卒業を控えている大学選手の年末は冷たい風が吹いていた。
チェ・ビョンギルもやはりプロ進出の敷居で挫折する同期を見て、不安であることを隠すのが難しかった。
入団オファーを受けたKリーグチャレンジの1チームとFC琉球の間で検討していた彼は、最終的に日本行きを選んだ。



Jリーグ、優勝賞金だけで233億引き上げ
スポーツ京郷

20161013092603.jpg


※一部要約

日本プロサッカーJリーグが実質的な優勝賞金を21億5000万円(約233億ウォン)に増やす。

読売新聞は13日、Jリーグが強化配分金を賞金項目に新設し、優勝クラブに与える賞金を大幅に増やすことに決めたと報じた。

強化配分金はアジアチャンピオンズリーグ優勝を目標に、各クラブが戦力強化と施設改善に使うように規定した金である。

Jリーグ優勝チームは強化配分金だけで15億円(163億ウォン)に達する。
それにともない、来シーズンにJリーグで優勝したチームは優勝賞金3億円(33億ウォン)と、財源安定のための配分金3億5000万円(38億ウォン)を含め、総額21億5000万円を受けることになる。




日本Jリーグ、賞金大幅上昇・・・優勝すれば233億ウォン
SBSニュース


※一部要約

2位チームにも7億円、約76億ウォンの強化配分金が与えられ、3位チームには3億5000万円、38億ウォン、4位チームには1億8000万円、20億ウォンを受けられる。



"競争力強化"日本Jリーグ、外国人選手の拡大推進
聯合ニュース




※一部要約

日本プロサッカーJリーグが競争力強化のため、外国人選手の拡大を推進することにした。

日本の日刊スポーツは21日、Jリーグが前日に理事会を開いて外国人選手のロースター拡大などの改革方案を議論したと報じた。

現在、Jリーグの各クラブは外国人選手を最大5人まで登録することができる。

外国人選手の人数を制限しているのは、Jリーグで日本選手が出場時間を確保してこそ代表チームの競争力も維持できるという判断に伴うものだった。

だが最近はJリーグ内でチームの拡大などにより日本選手の出場機会が増えたので、外国人選手を増やすことがむしろ競争力を強化できるという主張が拡散した。




日本Jリーグ、ポストシーズンを放棄するのか?
スポーツ京郷




※一部要約

スポーツニッポンは21日、Jリーグが前日に理事会を開き、正規リーグを前後期に分けて各優勝チームと最多勝ち点の3位までがチャンピオンシップに上がり、優勝チームを決める現行制度の廃止の有無を議論したと報じた。

観客減少で悩んでいたJリーグはこの制度の導入により、チャンピオンシップ決勝戦が11年ぶりに地上波で生中継される効果をmチア。
だがサッカーとは合わない制度だという批判と同時に、シーズンを通じて最高の成績を出したチームが肝心の優勝カップを持ち上げられない可能性もあるという公正性の論難が起きていた。



"2001年生まれ+バルサユース"久保、日本Jリーグデビュー?
韓国スポーツ




※一部要約

バルセロナユースチーム出身の久保建英(15・FC東京)が成人の舞台である日本プロサッカーJリーグに登録されるものとみられる。

2001年生まれの彼は日本の代表的な有望株で、今後バルセロナが再獲得する可能性が高いという評価を受けている選手である。

日刊スポーツなどの日本メディアは13日、「21世紀生まれで初めてのJリーガーが誕生することになった」として、「東京U-18ユースチーム所属の彼がもうすぐ成人チームに登録されるものとみられる」と報じた。

現地メディアは「東京は今月16日までに彼を登録する方針を伝えた」として、「これで彼はJリーグの舞台に立つ可能性が高まった。2001年以降に出生した選手では初めて」と付け加えた。


20160913151508232hdee.jpg


2011年に入団テストを経てバルセロナユースチームに入団した彼は、現地から第2のリオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタなどと比較され多くの期待を受けた。

だがバルセロナが2014年に18歳未満の海外選手獲得を禁止する規定を破ってFIFAから懲戒を受け、その過程で実戦の試合に出られなくなり2015年に日本の舞台に戻った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング