[パク・コンウォンのサッカー現場] キム・ジョンソン監督、FC琉球の波乱を起こす
ベストイレブン




※一部要約

2018シーズンの日本Jリーグで最も注目に値することがあるなら、J3リーグのチャンピオンになったFC琉球だろう。
30ラウンドを消化した現在、計17チームが出場する2018・J3リーグで19勝6分け5敗で優勝とJ2リーグ昇格をどちらも確定させた状態である。
2位の鹿児島ユナイテッドとの勝ち点差が12にもなるほど琉球の突風は誰も予想できないことであり、琉球の優勝と昇格が注目されるのは2種類の理由がある。

まずは本土から遠く離れた沖縄のチームとして初めてJ2リーグに進出したという点だ。
2003年に創立された琉球は、沖縄県と中心都市の那覇をホームにしている。
1800年代半ばでもここは"琉球王国"という別の独立国家があった。
朝鮮王朝実録にも"琉球国"という名称で取り上げられた厳然たる国家だった。

だが日本に強制併合されて歴史が途切れた。
今は日本人とほとんど同化されたという話も出てくるが、独立運動主義者も存在するほど本土とは異なる情緒を持つところだ。
そういうところをホームにするチームが史上初めて2部リーグに上がったという点は、意味が格別だと言える。

2つ目はこのチームを率いている指令塔の出身のためである。
FC琉球は今年で満54歳の朝鮮総連系サッカー人であるキム・ジョンソン監督の指揮の下で昇格が実現した。
東京生まれで東京朝鮮高校サッカー部でサッカー界に入門し、現役時代には在日朝鮮FC・ジュビロ磐田・コンサドーレ札幌などで活躍して1998年に引退した。



"日GKレジェンド"川口、満43歳の年齢で現役引退宣言
スポーツソウル




※一部要約

不惑を越えた日本サッカーGKの"生けるレジェンド"川口能活(43・相模原)が現役引退を宣言した。

川口は4日、所属チームの相模原を通じて今シーズンを最後に選手生活を終えることにしたと発表した。
1995年にJリーグの横浜マリノスでプロデビューした川口は、2001年に日本人GKとして初めてヨーロッパ進出に成功、イングランド・ポーツマスに入団して2シーズンプレーした。
その後デンマーク・ノアシェラン(2003~2004)を経て2005年にジュビロ磐田でJリーグ復帰をした。
2014年にJ2リーグのFC岐阜から放出された後、2016年にJ3リーグ所属の相模原で選手生活を続けていた。
去年にJ3リーグで満41歳11ヶ月1日の年齢でフルタイムをプレーし、J3最高齢出場記録を打ち立てたりもした。

代表のユニフォームを着た川口の姿は、国内ファンにも馴染みである。
23歳以下代表時代に日本サッカーを28年ぶりにオリンピック本戦に上げ、1996年のアトランタオリンピックに出場した。
グループリーグのブラジル戦で相手の28本のシュートを防いで1-0の勝利を牽引、"マイアミの奇跡"を作った主役だった。
その後、A代表の主戦守門将に成長して、1998年のフランスワールドカップをはじめとして2002韓日ワールドカップ、2006ドイツワールドカップ、2010南アフリカワールドカップまで4回連続でワールドカップ本戦の舞台を踏んだ。
Aマッチ116試合をプレーしてセンチュリークラブにも加入した。

川口は今シーズンの相模原でも5試合をプレーして健在な姿を見せた。
だが拍手をされるときに去ることを選択、1975年生まれの百戦老将GKはユニフォームを脱ぐことになった。



Jリーグ外人出場修正案…1部5人-2部4人-3部3人
MKスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJ1リーグが、2019シーズンから1チーム当たり最大5人が1試合に出場できる。

日本の"スポーツ報知"は10日、「Jリーグ事務局が2019シーズンから施行する外国人選手クォーター拡大の修正案を9日に各クラブへ提案した」と伝えた。

外国人選手の試合エントリー(出場および待機)登録数をJ1リーグ5人、J2リーグ4人、J3リーグ3人に拡大する。

当初はJ1~J3リーグまですべて1チーム当たり最大5人の出場が可能な方案だったが、クラブの意見を反映して差をつけた。

Jリーグはリーグ競争力強化のため、外国人選手の比重を増やしている。
まず外国人選手の保有限度を廃止する方向である。

提携国クォーターのタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、イラン、カタール出身の選手は外国人選手として扱われない。



韓国女子サッカーで初めて日本プロチームの指導者になった彼女
ベストイレブン




※一部要約

海の向こうの日本の地で、韓国女子サッカーで初めて指導者資格証を取った人物がいる。
日本J3リーグの鹿児島ユナイテッドでコーチとして活動中のモク・ソンジョン氏である。
日本サッカー界に韓国人コーチが多くないなか、女性としてその道を切り拓きつつあるモク・ソンジョン氏のしっかりとした目標や夢は興味深い。

モク・ソンジョン氏が日本と縁を結んだのは2013年だった。
最初から日本の舞台で初の女性指導者というタイトルを意識したわけではなかった。
最初は日本に渡って選手生活を続けることに集中するのも忙しかった。

しかし当時モク・ソンジョン氏を指導していた監督が「日本で選手生活をするだけでなく、韓国でできない経験をするのはどうか」とアドバイスし、それをキッカケにU-6チームとU-12チームを指導することになった。
そのときも指導者の道に完全に入るつもりはなかった。
自分でも「当時は指導者が私の道になるとはまったく思わなかった」と告白したほどである。

だが一度することいなればきちんと井戸を掘るモク・ソンジョン氏の性格が発揮された。
はどうせすることになったついでに、少しでもより良く教えたいという考えで熱心に努力した。
自分の授業を聞く子供たちがもっとたくさん発展することを望んだし、勉強しなければ子供たちを教えることに限界があると考え、日本サッカー協会のD級キッズリーダーの資格証を取った。
続けて、どうすればもっと体系的に指導できるのかを悩み、C級まで取って指導者の道に入った。



Jリーグでプレーする人材を探す…Jリーグ招請入団テスト開催
スポーツ京郷




※一部要約

日本サッカーに挑戦状を出す若い血を探す。

韓日スポーツエージェンシーのシノスポーツとソラセレクトが、9月に天安と議政府で4回にかけて"日本プロサッカーJリーグ招請入団テスト"を行う。

サッカーでプロの舞台にデビューするのは、わずか1%しか成し遂げられない奇跡である。
優れた才能を備えている選手でも、負傷など様々な理由で夢を諦めるケースが多い。
すでに3年が過ぎたが、サッカー版"未生"と言われる青春FCが少なくない反響を起こした理由である。
青春FCは、一度諦めた選手が挑戦をする多様な舞台を作るキッカケとなった。

今回のJリーグ招請入団テストも、そのようなケースである。
Jリーグは外国人クォーター廃止の議論を始め、ブラジルに次いで最も多くの外国人選手を輩出している韓国の人材を探している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング