"Kリーグカムバック"キム・ボギョン「いつの間にか31歳…蔚山で背水の陣を敷かなければなりません」
スポーツソウル




※一部要約

「いつの間にか31歳…。蔚山で背水の陣を敷かなければなりません」

蔚山現代で1年6ヶ月ぶりにKリーグに帰ってきた"万能MF"キム・ボギョンは、物静かに柔らかく語りながらも、今シーズンの覚悟を尋ねると目つきが変わってこのように言った。
キム・ボギョンは8日、蔚山のクラブハウスで行ったスポーツソウルとの単独インタビューで「蔚山と出会い、今シーズンの優勝への強い意志を感じた。私もやはり跳躍への切実な気持ちがあり、上手く合致した」として、「頭の中はただ優勝するという考えのみ」と語った。

日本Jリーグでプロデビューした後、"パク・チソンの後継者"という修飾語を得て2列目で特別な才能を誇った彼は、2012~2015年にカーディフ・シティとウィガン・アスレティックで活躍してプレミアリーグとチャンピオンシップで活躍した。
そんな中で2015年にJリーグの松本山雅を経て、2016年に全北現代に移籍してKリーブの舞台を初めて踏んだ。
1年6ヶ月の間にリーグはもちろん、ACL優勝のトロフィーも掲げ、2017年夏に柏移籍で再び日本へ行った。
だが柏が去年2部に降格し、キム・ボギョンの去就に関心が向けられていたが、今年に14年ぶりのリーグ頂点奪還とACL好成績の夢を抱いて、移籍市場で"台風の目"に浮上した蔚山とレンタルで縁を結ぶことになった。
彼は2020年まで柏と契約している。
彼は「選手にとっては継続して高いレベルの舞台でプレーしなければならないと思った。柏は当初残留を望んでいたが、(Jリーグではなく)Kリーグチームならレンタルを許諾したみたいだ」として、「蔚山と交渉し、移籍が一瀉千里に進んだ」と語った。






蔚山現代、"パク・チソンの後継者"キム・ボギョンをレンタルで獲得
ニュース1




※一部要約

蔚山現代サッカーチームが柏レイソルから代表出身の万能MFキム・ボギョンをレンタルで獲得したと3日に明かした。

キム・ボギョンは中盤で中央とサイドをどちらも消化できるMFで、ロンドンオリンピックや南アフリカワールドカップ、ブラジルワールドカップなど各級年代別代表で多様な国際大会の参加経験を持っている。

特にプロデビュー後、"パク・チソンの後継者"というあだ名でも知られたキム・ボギョンは、2012年から2015年までイングランドのカーディフ・シティとウィガン・アスレティック所属でプレミアリーグとチャンピオンシップリーグで活躍した経験もある。

キム・ボギョンの豊富な経験は、14年ぶりのリーグ優勝とともにAFCチャンピオンズリーグでも好成績を狙っている蔚山にとって、大きな力となる見通しだ。

4日に始まる蔚山のチーム練習に合流して冬季キャンプを始めることになるキム・ボギョンは、メディカルテストの結果だけを残している。



"コンディションが落ちてもクラスを信じる"蔚山の獲得方針
フットボールリスト




※一部要約

蔚山現代は成長の可能性より"クラス"に重点を置いて選手を獲得する。
キム・ドフン監督の指向である。

蔚山はFWチュ・ミンギュ、MFキム・ソンジュンの獲得に近づき、キム・ボギョンもやはり獲得を打診中であることがわかった。
チュ・ミンギュとキム・ソンジュンは異変がなければ3日頃に獲得の手続きを終える見通しだ。
キム・ボギョンもやはり獲得を推進中である。

蔚山が選手の成長の可能性より、過去に取ったピークをさらに重視するのは、キム監督が影響を及ぼしていることがわかった。
スタープレーヤー出身のキム監督は、選手の最大能力がすでの検証されている場合、そこに大きな期待をかける指向を持っている。

蔚山は昨夏にもイ・グノ、エスクデロを獲得したことがある。
どちらもKリーグで素晴らしい姿を見せた選手だ。
エスクデロが期待ほどの活躍ができない中でも着実に出場機会を与えた点もやはり、"過去にFCソウルで見せた姿を再現する"という期待があったためだった。
主戦の中でもパク・チュホなど、検証された選手への選好度が高い方だった。



北代表FWアン・ビョンジュンの水原FC入りが仕上げの段階
京仁日報




※一部要約

プロサッカー水原FCが北韓サッカー選手の獲得を推進していることが確認された。

地元のサッカー界によると、水原FCは日本プロサッカーJリーグ2のロアッソ熊本所属のFWアン・ビョンジュン獲得の作業が仕上げの段階だという。

アン・ビョンジュンは日本国籍の僑胞選手(※日本語のウィキペディアだと朝鮮国籍)で、2007年にFIFA17歳以下ワールドカップ大会で北韓代表として活躍した。
ロンドンオリンピック予選とロシアワールドカップ予選でも北韓国旗を付けてプレーした。

Jリーグでプロデビューしたアン・ビョンジュンは101試合20ゴールを記録していて、2013シーズンに川崎フロンターレでプロ生活を始めて2015シーズンにジェフ、2016シーズンに金沢を経て日本で6年目の活動をしている。

特に今シーズンには36試合に出場して10ゴール6アシストを記録し、デビューから最高のパフォーマンスを見せている選手で、左右のサイドとストライカーでも活用が可能なマルチ資源である。

地元のサッカー界の関係者は「北韓選手の獲得費用は、外国人選手の獲得と比べれば費用的な次元で負担にならない。南北の平和ムードが形成されている状況の中で、水原FCが北韓選手を獲得すれば南北交流でも助けになれないだろうかと思う」と語った。



"セレッソと別れ"ユン・ジョンファン、「クラブの判断…仕方ない」
ベストイレブン




※一部要約

セレッソ大阪と決別するユン・ジョンファン監督が、比較的淡々とした心境をあらわした。

セレッソは19日、クラブHPでユン監督との決別を公式発表した。
セレッソは「ユン監督と今シーズンを最後に契約を満了し、契約を延長しないことで合意した。過去2シーズンの間に彼が見せた努力に感謝する」と明かした。

2016年に蔚山現代を去ったユン監督はその後、セレッソの指揮棒を取って就任新年に日王杯とリーグカップ優勝など2冠王を達成し、指導力を認められた。
だが2018シーズンは期待以下の成績で立場が狭くなった。
セレッソはユン監督と来シーズンをともにしないことにした。

ユン監督がセレッソの決定に口を開いた。
彼は20日、練習後に「何と言えばいいのだろうか。仕方のない部分だ。この世界はもともとこうである。(セレッソとの)契約も終わった。クラブの判断だ。自分の思い通りになるものではない」と淡々とした心情を明かした。

だがセレッソはユン監督が有終の美を飾れるように配慮している。
セレッソは残りのシーズンをユン監督に指揮を任せる計画だ。
現在リーグ8位にランクされているセレッソは、24日に柏レイソルとホーム試合を行い、来月1日には横浜Fマリノスと最終戦を行う。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング