FAになったコ・ミョンジン、韓国-中東-日本から"熱い関心"
フットボールリスト




※一部要約

FA資格を得たコ・ミョンジン(31)にほぼすべてのアジアが注目している。

移籍市場に詳しい関係者の多くは、コ・ミョンジンを韓国や中東、そして日本のすべてが欲しがっていると明かした。
ある関係者は「韓国とカタール(アル・ラーヤン)で実力を検証されたし、移籍金もない選手なので関心を示すチームが多い」と語った。

夏の移籍市場の締め切りを一週間後にしているKリーグ1チームの多くは、コ・ミョンジンを連れてくるために努めている。
上位圏チームはもちろん、下位圏にいるチームも即戦力としてコ・ミョンジンを迎えようとしている。
MFの品薄状態が広がっているため、多くのチームがコ・ミョンジンに注目している。



[直接インタビュー] "10ゴール+J2得点1位"イ・ヨンジェ、「ワンタッチで決める」
スポTVニュース




※一部要約

FWイ・ヨンジェは日本J2リーグクラブ・ファジアーノ岡山の勝利のお守りだ。
2019シーズンにファジアーノが記録した5回の勝利のすべてにイ・ヨンジェの得点があった。
栃木との26日のリーグ15ラウンド遠征試合で、後半8分に先制ゴールを決めたイ・ヨンジェは、プロデビュー後に初めてリーグ二桁得点を達成した。
栃木に同点ゴールを許して1-1で引き分けたが、イ・ヨンジェは2019シーズンのJ2リーグ得点で単独首位に上がった。

20歳になる前にフランスの名門クラブ・ナントでプロキャリアを始めたイ・ヨンジェの全盛期が、今まさに開かれている。
2014年の仁川アジア大会で金メダルを首にかけたイ・ヨンジェは、着実な出場機会を求めて日本J2リーグに向かったが、期待ほどの得点を上げられなかった。
2016シーズンに京都サンガ所属でリーグ7ゴールを決め、昇格プレーオフに進出させて能力を認められたが、ファジアーノに移籍した2018シーズンには負傷により11試合のプレーで1ゴールを決めるのに留まった。

10号ゴールを記録した興奮が冷めやらないままスポTVニュースとインタビューを行ったイ・ヨンジェは、淡々と最近の得点行進を説明した。

「率直に去年は負傷で長く休んだりもしたし、試合出場もあまりできませんでした。今年は覚悟をして準備することはあったが、特に新しい練習法や、新しいことを準備したことはありません。体の管理とコンディションの管理に神経をかなり使いましたが、私もこんなに早いペースは初めてなので驚きです」



[インタビュー] J2リーグ"得点2位"イ・ヨンジェ「10ゴールを越えて20ゴールに挑戦する」
フットボールリスト




※一部要約

今シーズンの日本J2リーグで驚くべき得点力を見せている選手がいる。
A代表に招集されることができず人々の関心外にやや押し出された名前、ファジアーノ岡山でプレーしているイ・ヨンジェだ。

去年、京都サンガを去って岡山に移籍したイ・ヨンジェは、今シーズンのJ2リーグ11試合に出場して7ゴールを記録している。
シーズン序盤の歩みは印象的である。
イ・ヨンジェは2ラウンドで最初の得点砲を稼働すると、その後9試合で6ゴールを炸裂させた。
現在、鈴木孝司(FC琉球、8ゴール)に次いでJ2リーグ得点2位に名前を上げている状態だ。
鈴木孝司がPKで2得点を加えている反面、イ・ヨンジェは純度の高い得点を見せている。

29日、"フットボールリスト"との電話インタビューを行ったイ・ヨンジェは「シーズン序盤から多くのゴールが炸裂してよく寝付けそうだったが、毎ラウンド緊張しながら試合を準備していると、ゴールを多く決めても睡眠を気楽に取ることができなかった」と笑った。

それもそのはずで、イ・ヨンジェは昨シーズンにとりわけ苦しい1年を過ごした。
疲労骨折で足首を負傷し、手術後のリハビリまで5ヶ月の時間が流れた。
そこにハムストリングの負傷や細かな負傷まで重なり、9ヶ月近くの苦しい時間を過ごさなければならなかった。
1シーズン丸ごとフイにしたわけだ。
毎シーズン30試合以上を着実に出場していたが、昨シーズン11試合の出場に留まった理由である。



[単独] "ベトナムのメッシ"コン・フオン、仁川レンタル確定"Kリーグ入り"
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ベトナムのメッシ"グエン・コン・フオン(24、ホアンアイン・ザライ)がKリーグの舞台を走る。

7日、Kリーグの移籍市場に詳しい関係者によると、「コン・フオンと仁川の交渉が仕上げの段階だ。近い内に発表があるだろう」と語った。
コン・フオンのエージェントである・ドンジュンDJマネジメント代表は「仁川がコン・フオンのレンタル獲得を推進している」として、「両クラブは合意を済ませ、契約書のサインだけが残っている。就労ビザが発行され次第入国し、来週中に入団式をする予定」と確認した。

2016年に仁川、2017年に江原にレンタルで獲得したMFチュオンに続いて二人目のベトナム出身Kリーガーの誕生である。

コン・フオンはパク・ハソン監督が率いるベトナムサッカー代表の看板FWで、"ベトナムのメッシ"というあだ名で呼ばれるベトナム最高のサッカースターだ。
去年の23歳以下チャンピオンシップ準優勝の核心メンバーとして活躍した後、去年末にAFFスズキカップ優勝を導き、先月のUAEアジアカップでも5試合に出て2ゴールを炸裂させ8強行きに貢献した。

コン・フオンはアジアカップ後にアジアのビッグクラブ移籍を推進した。
彼はあるインタビューで「来シーズンの目標は韓国や日本などの舞台に出ていくこと」と語った。
コン・フオンは2016年にJリーグ2の水戸ホーリーホックでレンタル生活をした経験がある。
タイの名門ブリーラム・ユナイテッドなどとリンクされていたコン・フオンは、仁川の手を握った。
仁川は可能性を備えている水準級のFWをアジアクォーターの席に加えた。



「一瞬一瞬が競争」…4年目Jリーガーのパク・ジョンスが伝える傭兵暮らし
イーデイリー




※一部要約

「傭兵生活4年目…もう一度考えてみると日本で気楽に過ごした時間はありませんね」

韓国から来た足元と制空権の優れたDF。
2016年に日本プロサッカーJリーグの横浜F.マリノスでデビューし、2018年から柏レイソルで活躍しているパク・ジョンスに付いたニックネームである。
慶煕高-慶煕大出身のパク・ジョンスは、2015年夏にJリーグを代表するチームの一つである横浜F.マリノスに練習生として入団した。
練習生としてチームに入ったパク・ジョンスがチームで席を取るまでに、長い時間はかからなかった。
彼はプロの舞台で生き残るため、日本語を学んで筋力運動をするなど、多くの時間を投資した。

努力の結果は競技力にあらわれた。
パク・ジョンスはプロデビュー初年度に、リーグとカップ大会を含めて25試合に出場し、チームの主軸に生まれ変わった。
パク・ジョンスが新人にもかかわらず多くのチャンスを与えられた理由は、マルチポジションの消化能力だ。
パク・ジョンスは本業のCBはもちろん、守備型MFまで消化できる。
Jリーグデビュー戦もCBではなく守備型MFとして行った。
彼は「CBと守備型MFを行き来したおかげで、プロ初シーズンから多くの試合に出ることができた」として、「2つのポジションが持つ魅力は違うが、とても面白い。どちらのポジションでも1人分以上の役割を果たせる自信がある」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング