[単独] "ベトナムのメッシ"コン・フオン、仁川レンタル確定"Kリーグ入り"
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ベトナムのメッシ"グエン・コン・フオン(24、ホアンアイン・ザライ)がKリーグの舞台を走る。

7日、Kリーグの移籍市場に詳しい関係者によると、「コン・フオンと仁川の交渉が仕上げの段階だ。近い内に発表があるだろう」と語った。
コン・フオンのエージェントである・ドンジュンDJマネジメント代表は「仁川がコン・フオンのレンタル獲得を推進している」として、「両クラブは合意を済ませ、契約書のサインだけが残っている。就労ビザが発行され次第入国し、来週中に入団式をする予定」と確認した。

2016年に仁川、2017年に江原にレンタルで獲得したMFチュオンに続いて二人目のベトナム出身Kリーガーの誕生である。

コン・フオンはパク・ハソン監督が率いるベトナムサッカー代表の看板FWで、"ベトナムのメッシ"というあだ名で呼ばれるベトナム最高のサッカースターだ。
去年の23歳以下チャンピオンシップ準優勝の核心メンバーとして活躍した後、去年末にAFFスズキカップ優勝を導き、先月のUAEアジアカップでも5試合に出て2ゴールを炸裂させ8強行きに貢献した。

コン・フオンはアジアカップ後にアジアのビッグクラブ移籍を推進した。
彼はあるインタビューで「来シーズンの目標は韓国や日本などの舞台に出ていくこと」と語った。
コン・フオンは2016年にJリーグ2の水戸ホーリーホックでレンタル生活をした経験がある。
タイの名門ブリーラム・ユナイテッドなどとリンクされていたコン・フオンは、仁川の手を握った。
仁川は可能性を備えている水準級のFWをアジアクォーターの席に加えた。



「一瞬一瞬が競争」…4年目Jリーガーのパク・ジョンスが伝える傭兵暮らし
イーデイリー




※一部要約

「傭兵生活4年目…もう一度考えてみると日本で気楽に過ごした時間はありませんね」

韓国から来た足元と制空権の優れたDF。
2016年に日本プロサッカーJリーグの横浜F.マリノスでデビューし、2018年から柏レイソルで活躍しているパク・ジョンスに付いたニックネームである。
慶煕高-慶煕大出身のパク・ジョンスは、2015年夏にJリーグを代表するチームの一つである横浜F.マリノスに練習生として入団した。
練習生としてチームに入ったパク・ジョンスがチームで席を取るまでに、長い時間はかからなかった。
彼はプロの舞台で生き残るため、日本語を学んで筋力運動をするなど、多くの時間を投資した。

努力の結果は競技力にあらわれた。
パク・ジョンスはプロデビュー初年度に、リーグとカップ大会を含めて25試合に出場し、チームの主軸に生まれ変わった。
パク・ジョンスが新人にもかかわらず多くのチャンスを与えられた理由は、マルチポジションの消化能力だ。
パク・ジョンスは本業のCBはもちろん、守備型MFまで消化できる。
Jリーグデビュー戦もCBではなく守備型MFとして行った。
彼は「CBと守備型MFを行き来したおかげで、プロ初シーズンから多くの試合に出ることができた」として、「2つのポジションが持つ魅力は違うが、とても面白い。どちらのポジションでも1人分以上の役割を果たせる自信がある」と語った。



"Kリーグカムバック"キム・ボギョン「いつの間にか31歳…蔚山で背水の陣を敷かなければなりません」
スポーツソウル




※一部要約

「いつの間にか31歳…。蔚山で背水の陣を敷かなければなりません」

蔚山現代で1年6ヶ月ぶりにKリーグに帰ってきた"万能MF"キム・ボギョンは、物静かに柔らかく語りながらも、今シーズンの覚悟を尋ねると目つきが変わってこのように言った。
キム・ボギョンは8日、蔚山のクラブハウスで行ったスポーツソウルとの単独インタビューで「蔚山と出会い、今シーズンの優勝への強い意志を感じた。私もやはり跳躍への切実な気持ちがあり、上手く合致した」として、「頭の中はただ優勝するという考えのみ」と語った。

日本Jリーグでプロデビューした後、"パク・チソンの後継者"という修飾語を得て2列目で特別な才能を誇った彼は、2012~2015年にカーディフ・シティとウィガン・アスレティックで活躍してプレミアリーグとチャンピオンシップで活躍した。
そんな中で2015年にJリーグの松本山雅を経て、2016年に全北現代に移籍してKリーブの舞台を初めて踏んだ。
1年6ヶ月の間にリーグはもちろん、ACL優勝のトロフィーも掲げ、2017年夏に柏移籍で再び日本へ行った。
だが柏が去年2部に降格し、キム・ボギョンの去就に関心が向けられていたが、今年に14年ぶりのリーグ頂点奪還とACL好成績の夢を抱いて、移籍市場で"台風の目"に浮上した蔚山とレンタルで縁を結ぶことになった。
彼は2020年まで柏と契約している。
彼は「選手にとっては継続して高いレベルの舞台でプレーしなければならないと思った。柏は当初残留を望んでいたが、(Jリーグではなく)Kリーグチームならレンタルを許諾したみたいだ」として、「蔚山と交渉し、移籍が一瀉千里に進んだ」と語った。






蔚山現代、"パク・チソンの後継者"キム・ボギョンをレンタルで獲得
ニュース1




※一部要約

蔚山現代サッカーチームが柏レイソルから代表出身の万能MFキム・ボギョンをレンタルで獲得したと3日に明かした。

キム・ボギョンは中盤で中央とサイドをどちらも消化できるMFで、ロンドンオリンピックや南アフリカワールドカップ、ブラジルワールドカップなど各級年代別代表で多様な国際大会の参加経験を持っている。

特にプロデビュー後、"パク・チソンの後継者"というあだ名でも知られたキム・ボギョンは、2012年から2015年までイングランドのカーディフ・シティとウィガン・アスレティック所属でプレミアリーグとチャンピオンシップリーグで活躍した経験もある。

キム・ボギョンの豊富な経験は、14年ぶりのリーグ優勝とともにAFCチャンピオンズリーグでも好成績を狙っている蔚山にとって、大きな力となる見通しだ。

4日に始まる蔚山のチーム練習に合流して冬季キャンプを始めることになるキム・ボギョンは、メディカルテストの結果だけを残している。



"コンディションが落ちてもクラスを信じる"蔚山の獲得方針
フットボールリスト




※一部要約

蔚山現代は成長の可能性より"クラス"に重点を置いて選手を獲得する。
キム・ドフン監督の指向である。

蔚山はFWチュ・ミンギュ、MFキム・ソンジュンの獲得に近づき、キム・ボギョンもやはり獲得を打診中であることがわかった。
チュ・ミンギュとキム・ソンジュンは異変がなければ3日頃に獲得の手続きを終える見通しだ。
キム・ボギョンもやはり獲得を推進中である。

蔚山が選手の成長の可能性より、過去に取ったピークをさらに重視するのは、キム監督が影響を及ぼしていることがわかった。
スタープレーヤー出身のキム監督は、選手の最大能力がすでの検証されている場合、そこに大きな期待をかける指向を持っている。

蔚山は昨夏にもイ・グノ、エスクデロを獲得したことがある。
どちらもKリーグで素晴らしい姿を見せた選手だ。
エスクデロが期待ほどの活躍ができない中でも着実に出場機会を与えた点もやはり、"過去にFCソウルで見せた姿を再現する"という期待があったためだった。
主戦の中でもパク・チュホなど、検証された選手への選好度が高い方だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング