[オフィシャル] 富川FC1995、Jリーグ経験の外国人FWバイアーノ獲得
スポーツ東亜




※一部要約

プロサッカーKリーグ2の富川FC1995が日本Jリーグ出身の外国人FWバイアーノ(Jefferson Silva dos Santos)を獲得し、攻撃陣の構成を完了した。

正統ストライカーのバイアーノは2014年にブラジルでデビューし、2018年にJリーグの水戸ホーリーホックに移籍してモンテディオ山形を経て、2シーズン(2018~2019)で着実に試合出場してチームの主戦FWとして活躍した。
Jリーグ通算71試合19ゴール3アシストを記録した。

バイアーノの最前方の攻撃陣営での動きが活発で、パスによる連携プレーに長けた長所を持っている。
また、185センチ84キロの身体条件で、相手DFとの競り合いや空中戦にも強く、富川の攻撃陣に活力を与えると期待されている。

選手団に合流したバイアーノは「富川に来ることになって嬉しい。猪突的な攻撃でゴールをたくさん決めて得点王に挑戦したいし、チームが好成績をおさめて昇格できるようにする」という覚悟を明かした。



キム・ナミルのFWヤン・ドンヒョン、「Kリーグ100号ゴールを早く更新する」
インターフットボール




※一部要約

キム・ナミル体制の城南FCに移籍したヤン・ドンヒョンが、Kリーグ100号ゴールに一日でも早く到達するという確約である。
今後わずか10ゴールしか残っていない。

昨シーズンが終わった後、城南は新司令塔にキム・ナミル監督を選任した。
キム・ナミル監督は城南をリビルディングするとして、Kリーグの看板FWヤン・ドンヒョンを獲得した。
ヤン・ドンヒョンは16歳だった2002年にフランスFCメスのユースチームに入団し、それから蔚山、釜山、浦項などを経て292試合90ゴール34アシストを記録したストライカーだ。

2017シーズンに19ゴールでKリーグ得点2位、韓国人得点1位になったヤン・ドンヒョンは、2018年と2019年を日本Jリーグのセレッソ大坂とJ2リーグのアビスパ福岡で過ごした。
その後、2年ぶりにKリーグのダークホース城南に華麗に復帰した。

最近、城南のキャンプ地である済州島西帰浦でヤン・ドンヒョンと会った。
彼は「日本で元気に過ごしていた。私の消息が韓国に伝わってなかっただけである。Kリーグを去ったときや、今も体調は変わりない」と応えた。



元代表チョ・ヨンチョル、日5部リーグのティアモ入団
MKスポーツ




※一部要約

代表出身のFWチョ・ヨンチョルが日本5部リーグでサッカー選手生活を続ける。

FCティアモ枚方は3日、2015AFCアジアカップ大韓民国代表FWチョ・ヨンチョルの獲得を公式発表した。

ティアモは関西1部リーグのチームである。
関西リーグは日本の9つの地域リーグの一つで、1部リーグは全国の5部リーグ、2リーグは6部リーグの概念となる。

2019シーズンにチョ・ヨンチョルは日本J2リーグのアルビレックス新潟で、カップ大会を含めて6試合172分をプレーしたが、攻撃ポイントを記録できなかった。
2020年1月31日に契約が満了し、新チームを探してティアモに入団することになった。

チョ・ヨンチョルは左右のウイングとセカンドストライカーを消化する、2列目の全天候アタッカーだ。
新潟や大宮アルディージャ、横浜FCなど日本J1リーグで164試合25得点21アシスト、J2リーグで29試合1得点の活躍をした。

チョ・ヨンチョルは2015アジアカップや2013EAFF E-1チャンピオンシップ、2010広州アジア大会、2008北京オリンピック、2009FIFA U-20ワールドカップ、2008AFC U-19チャンピオンシップなど、代表として主要大会の本戦に数多く参加したアタッカーでもある。

20歳以下代表の時代には17試合15得点で大活躍した核心FWだった。



主将イ・サンミン、MVPウォン・ドゥジェ「監督のオリンピックの目標、私たちも従う」
NEWSIS




※一部要約

キム・ハクボム号の主将イ・サンミンと最優秀選手(MVP)ウォン・ドゥジェが、東京オリンピックで銅メダル以上というキム・ハクボム監督の目標のために努力すると語った。

9回連続オリンピック本戦進出と2020AFC U-23チャンピオンシップ初優勝を達成したキム・ハクボム号が28日午前、仁川空港を通じて故郷に錦を飾った。

キム監督は先にタイ・バンコクで明かしたように、2012ロンドンオリンピックの銅メダル神話を再現するとして「(東京オリンピックで)ロンドンオリンピックの記録を破りたい」と強調した。

主将イ・サンミンは「私たちも監督の考えとまったく同じだ。今は大会が終わったばかりでオリンピックの目標について真剣に考えたことはないが、監督がそのような目標を持っておられるなら、選手も同じ目標に進まなければならない」と力を加えた。

守備型MFで大会MVPを取ったウォン・ドゥジェも「監督がおっしゃるなら当然成し遂げられると思う。選手も努力し、目標を達成できるよう頑張る」とした。



城南、日本でプレーしていたヤン・ドンヒョン獲得
スポーツ京郷




※一部要約

日本で活躍していたFWヤン・ドンヒョンがKリーグの舞台に戻る。
チームは城南FCである。

城南は3日、メディカルテストなどの手続きをすべて終え、ヤン・ドンヒョンを獲得したと明かした。
ヤン・ドンヒョンはKリーグ通算292試合で90ゴール34アシストを記録、Kリーグを代表する国産FWだ。

特に浦項スティーラーズ所属だった2017年には、リーグ19ゴールで国内選手最多得点を記録したりもした。
その後2018年にセレッソ大阪のユニフォームを着て日本に進出した彼は、昨シーズンにはアビスパ福岡でプレーした。

城南は「186センチ80キロのがっしりした体格に経験、技術力まで備えているヤン・ドンヒョンは競り合い、連携プレーなどすべて優れていて、"キム・ナミル号"の主軸FWとして括約する見通し」と期待感を伝えた。

ヤン・ドンヒョンが合流した城南は4日からタイ・チェンマイで1次キャンプを進める。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング