"シン・テヨンの男"ソン・ジュフン、新風を起こすか
ジョイニュース24




※一部要約

シン・テヨン韓国代表監督の中にはソン・ジュフン(アルビレックス新潟)が入っていた。

シン・テヨン監督は25日、サッカー会館でロシア・モロッコと評価試合を行う選手23人を発表した。
全員海外派だけで構成された代表は類例を探すのが難しい。

その中で注目を集める選手が1人いた。
ソン・ジュフンである。

シン監督の愛弟子でもある。
彼は2016リオデジャネイロオリンピックのとき抜擢が有力だったが、負傷で落馬して代表に名前を上げられなかった。
シン監督は「当時はソン・ジュフンをベストメンバーと見ていた」と振り返り、「出国の一日前に怪我をしてともにできなかったが、その後もずっと見ていた」と継続的な関心を持っていたと語った。

彼は「(今回の機会に)選んでみるべきだと思った。(ソン・ジュフンは)我が国のストッパーが持っていないワイルドさを持っている。テストしてみる良い機会だと思う」と語り、ソン・ジュフンを選んだ理由を説明した。

彼が言った"ワイルドさ"とは、体格的な優位を意味する可能性が高い。
日本のサッカーデータ分析サイトである"フットボールラボ"は、ソン・ジュフンを評価し、守備の状況での制空権に17点をつけた。
比較的高い点数である。

またソン・ジュフンは、"フットボールラボ"が評価した守備ポイントを121.06点取っている。
90分単位で換算すれば5.91点だが、これはリーグの全選手の中で50位に該当する数値である。
昨シーズンまで仁川で活躍し、今シーズンに日本の舞台でも良い活躍を続けているマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)が9点台で6位になっているので、ソン・ジュフンの記録はすごく高い数値とは見られない。

もちろんこの記録だけでソン・ジュフンの未来を予測することはできない。
シン・テヨン監督のサッカーをよくわかっている点、また今シーズンにチームが苦戦している中でも安定して機会を与えられ、主軸選手に位置している点は鼓舞的だ。
初の成人代表に抜擢されたソン・ジュフンがどんな姿を見せるのか関心が傾く。



日J2リーガーウォン・ドゥジェ選手、母校漢陽大に1億ウォン寄付
イーデイリー




※一部要約

日本プロサッカー2部リーグの"J2リーグ"で活躍中のウォン・ドゥジェ選手が、後輩のために使ってくれとして母校の漢陽大に1億ウォンを寄付した。

4日、漢陽大(総長イ・ヨンム)によると、生活スポーツ学部2年まで終えてから休学中のウォンさんはこの日、漢陽大ソウルキャンパス本館で行われた発展基金伝達式に参加して、1億ウォンを学校のサッカー部に寄付した。

ウォンさんは「後輩のサッカー選手の練習費を少しでも支援したかったし、後輩の技量がさらに向上してほしい」と語った。

ウォンさんは6月にJ2のアビスパ福岡に入団した。
彼はデビュー戦だった7月29日のモンテディオ山形戦で先発出場し、試合の最優秀選手に選ばれたりもした。

一方、ウォンさんは2015年に満18歳以下サッカー代表、満19歳以下サッカー代表で活躍したことがある。



カン・スイル-イ・ヨンジェ-イム・スンギョム、J2リーグで並んで得点砲
スポーツソウル




※一部要約

Jリーガー3人のつま先が火を吹いた。

20日に行われた日本J2リーグ29ラウンドでFWカン・スイル(ザスパクサツ群馬)とイ・ヨンジェ(京都サンガ)、DFイム・スンギョム(名古屋グランパス)が並んで得点砲を稼働した。
3ゴールとも意味のあるゴールだった。

2017シーズン途中に群馬に合流したカン・スイルは、この日のツエーゲン金沢とのホーム試合に先発出場して同点ゴールを記録した。
彼はこのゴールで3試合連続ゴールを記録し、好調を維持した。
群馬は1-1で試合を終えて勝ち点1を手にした。

京都サンガのイ・ヨンジェは大分トリニータを相手に前半39分に先制ゴールを炸裂させた。
最近主戦競争で押し出され、後半途中にジョーカーとして出場した彼にとって、久しぶり先発出場して悲しさを振り払うスッキリとしたヘディングゴールだった。
チームはリードを守れず2-2の引き分けをおさめた。

イム・スンギョムはプロデビューゴールを成功させた。
最近名古屋グランパスに驚きの入団をした彼は、すぐに主戦DFの席を取った。
アビスパ福岡戦でも問題なく先発出場して試合を1失点に防いだのはもちろん、2-1でリードしていた後半33分には追加ゴールまで記録し、チームの勝利に輝かしい功績を立てた。



木浦市庁チョン・フンソン、日本FAカップの痛みを飛ばした
蹴球ジャーナル




※一部要約

ナショナルリーグ木浦市庁のチョン・フンソンがFAカップでチームの歴史を新たに作る上で先頭に立った。
何より日本での痛みを晴らすことになった嬉しかった。

FAカップ8強の中で唯一の実業チームである木浦市庁がプロチームを下す変事を起こした。
9日、Kリーグチャレンジの城南FCとの遠征試合で、予想外の3-0の完勝をおさめて準決勝に上がった。
2009年の創立から初めての4強進出である。

先鋒の右ウィングであるチョン・フンソンが、試合が始まってすぐ先制ゴールの主人公になった。
前半1分に城南のペナルティエリアでDFのボールを奪った。
慌てたDFがチョン・フンソンを押し、主審は躊躇なくPKを宣言した。
チョン・フンソンは直接キッカーで出て決勝ゴールを炸裂させた。

雰囲気に乗った木浦市庁は城南を追い込んだ。
前半24分に追加ゴールを決めた。
チョン・インファンのクロスを、イ・インギュがヘディングでゴールを決めた。
その直前にチョン・フンソンが猪突的にDFに寄せてボールを奪ったからこそ可能だった。
木浦市庁は前半41分にキム・ヨンウクの楔のゴールで城南を完全に崩した。



「一番の間違いは飲酒運転…自分自身がすごく哀れ」
中央SUNDAY




※一部要約

カン・スイルはソウルのカン氏の始祖である。
駐韓アメリカ軍だった父親はカン・スイルが赤ん坊のときにアメリカへ帰った。
彼は下働きで自分の世話をしていた母親が寝付くと、すぐに気を引き締めてサッカーに邁進した。
東豆川~仁川の往復6時間を電車と地下鉄で行き来して3週間プロテストを受けた。
昼にパン一個を食べて運動したこともあった。
そうしてプロサッカーの仁川ユナイテッドに練習生として入団した。

2008年2月に仁川のグアムキャンプで会ったカン・スイルは、"今シーズンに11試合で4ゴール決めて、2010南アフリカワールドカップの代表選手になる"という目標をホワイトボードに書いた。
パワーに優れ柔軟なFWに成長したカン・スイルは2015年6月、シュティーリケ関東の招集を受けて夢に描いた代表となった。
だがAマッチデビュー戦の前日、カン・スイルは"ドーピング陽性反応が出た"という通知を受けた。
ヒゲを生やすために発毛剤を塗り、それで禁止薬品の成分が検出されたのだ。
代表が滞在していたマレーシアから1人で帰国したカン・スイルの前には、さらに険しい時間が待っていた。
彼は5つの期間からそれぞれ異なる懲戒処分を受けた。
カン・スイルはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴したが、最終的にFIFAが定めた2年の資格停止を受け入れなければならなかった。
懲戒期間に飲酒運転で摘発され、「まだしっかりしてない」という声も聞かれた。

カン・スイルは現在、日本プロサッカーJ2のザスパクサツ群馬所属である。
カン・スイルは資格停止期間が終わった後、2回目の出場試合(5月17日)でゴールを決めた。
次の試合はアシスト、その次の試合はまたゴールを記録した。
そんな中でアキレス腱の負傷が訪れた。
今は練習と治療を併行している。
その渦中に"カン・スイルは所属チームの済州ユナイテッドの同意なしに移籍した"として、彼を"蕩児"扱いする記事が出た。

先月末、カン・スイルが練習している群馬県前橋を訪れた。
東京から北に2時間のところだった。
カン・スイルは「私を見に訪れたのですか?」と喜んだ。
練習を見守ってから一緒に昼食を食べた。
彼は自分の生涯を小説に書けばよく売れそうだと苦笑いした。


20170806030021888a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング