[オ・ジャンウン引退③] オ・ジャンウン、指導者の出発に先立って…"勉強"しようとする理由
スポータルコリア




※一部要約

指導者として新たな出発を準備するオ・ジャンウンが、今後の覚悟を明かした。

オ・ジャンウンは最近引退を発表し、指導者として新たな出発を準備している。
最近、これまでプロ生活を助けてくれた人々に挨拶回りをしているオ・ジャンウンは、プロ初の所属チームであるFC東京にも行ってきた。
こおで10日間自分を指導した監督やコーチはもちろん、ともにした選手やクラブ職員に会ってアドバイスを聞いた。

オ・ジャンウンは「プロ初の所属チームだっただけに、挨拶しなければという考えで来たのだが、より多くのことを得た。長い時間が姿が、覚えている方々が多くて感謝の気持になった」として、「指導者として新たな出発を準備すると言ったので、激励もかなりして下さった。力をかなり貰った」と所感を明かした。

続けてオ・ジャンウンは「日本にいてプロチームとユースチームの練習はもちろん、J1リーグからJ3リーグまでできるだけサッカーをたくさん見てきた。多くのところへ行き、サッカーやユースシステムについても見て回ることができた。短い10日だったが、少しでも勉強ができる時間だった」と語った。



[インタビュー] 東京オリンピック、"マルチ"と言えばウォン・ドゥジェ…キム・ハクボム号の期待の主に
スポータルコリア




※一部要約

ウォン・ドゥジェの目標は明確だ。
今回だけは"最後"まで行くこと。

キム・ハクボム号が手まめに焼入れ中である。
様々な所属チームに広がっている選手を暇さえあれば招集し、チェックしている。
今月にはFIFAのAマッチ期間を迎えて、坡州NFCで練習した。
当初おさえていたシリアとの2連戦がキャンセルになって仁川大、FC安養と練習試合を行った。

最終ターゲットは来年夏の東京オリンピック。
本格的な日程も始まった。
2020年1月にタイで行われるAFC U-23チャンピオンシップ本選の組み合わせ抽選の結果が26日に出る。
この大会で3位以内に入ってこそ、オリンピック本戦行きのチケットを手にすることができる。
オリンピックメダル獲得時に与えられる兵役恩恵も欠かせないのが事実だ。

このチームに着実に入ってきたアビスパ福岡所属のウォン・ドゥジェは注目に値する。
1997年生まれで漢陽大2年在学中に日本へ向かった資源。
日本の名DF出身の井原正巳当時福岡監督の求愛があった。
いつの間にかプロキャリアだけで満2年である。
2017FIFA U-20ワールドカップで、負傷により途中で落馬したため、今回はより切実に迫っている。



[現場レポート] ヤン・ドンヒョンとウォン・ドゥジェに向けられた福岡の太極旗応援
スポータルコリア




※一部要約

競技場に入ってすぐ見えたのは、観客席の手すりにかかった太極旗だった。
そしてその横にはハングルで書かれた掛け図があった。

先月31日、福岡のレベルファイブスタジアムでは福岡と愛媛FCの2019日本J2リーグ30ラウンドが行われた。
競技場を訪れて気になった点は、2人の韓国人選手に対する応援の雰囲気だった。
福岡のファンはチームのために献身するヤン・ドンヒョン、ウォン・ドゥジェに惜しみない応援を送った。

ヤン・ドンヒョンは今年、セレッソ大阪から福岡の移籍して活躍中である。
ウォン・ドゥジェは漢陽大在学中だった2017年に福岡へ移籍し、3シーズン主戦DF兼MFでプレーしている。


190901130021875a.jpg


特にヤン・ドンヒョンへの応援が大きかった。
ヤン・ドンヒョンはこの日の試合では得点できなかったが、J2リーグで10ゴールを炸裂させた。
福岡が愛媛戦に3-0で勝利し、チーム得点で31ゴールを記録しているのを見たとき、ヤン・ドンヒョンはチーム得点の30%を担っていた。

ファンはヤン・ドンヒョンのそうした活躍をよく知っていた。
なので試合前、北側スタンドにいたサポーターを中心に、ヤン・ドンヒョンの名前を叫んで力を吹き込んだ。
試合中にはヤン・ドンヒョンがシュートを試み、相手陣内に進入するたびに歓呼した。



[写真] ムゴシャ-チェ・キュベック、"一触触発"
OSEN




※一部要約

仁川と済州が引き分けに終わり、降格圏脱出に失敗した。

仁川と済州は18日、仁川サッカー専用競技場で行われたKリーグ1・2019の26ラウンドの対決で0-0の引き分けを記録した。
勝利をおさめれば降格圏脱出の機会があった仁川と済州は、仲良く勝ち点1ずつを追加した。

仁川は4勝7分け15敗の勝ち点19で慶南と同率になったが、多得点で押されて順位の反騰に失敗した。
済州は勝ち点を追加したが3勝9分け14敗の勝ち点18で最下位に留まった。

後半終盤、仁川のムゴシャと済州のチェ・キュベックが神経戦を繰り広げている。




[フォト] チェ・キュベック、惜しい挨拶
日刊スポーツ




※一部要約

試合後、チェ・キュベックら選手がファンに挨拶している。



誤審論難のJリーグ、VAR早期導入を検討…2020年から?
MKスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJリーグが頻繁な誤審のため、2020年からビデオ判定(VAR)を施行する見通しだ。
当初の計画を1年前倒しして施行する方案を検討している。

村井満Jリーグ理事長は30日、日本東京のJFAハウスで記者会見を行い、J1リーグのVAR導入の時期を、来年から実施することを考えていると明かした。

5月17日の浦和レッズ-湘南ベルマーレ戦に続いて、13日の横浜Fマリノス-浦和戦で誤審論難が膨らみ、VAR早期施行の必要性が台頭した。

村井理事長は「VARは審判陣の疎通を支援するツールで、効果的な可能性を否定することはできない。導入時期を前倒しするよう協議中である。状況によっては2020年からJ1リーグで施行することができる」と語った。

J2およびJ3リーグまでの拡大施行方案や、追加副審の配置については今後決める計画だ。

一方、Kリーグは2017年7月からVARを施行している。
VARは世界的な流れである。
2018FIFAロシアワールドカップをはじめとして、主な国際大会でもVARが導入されている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング