"2年ぶりに復帰ゴール"カン・スイル、「これまで大変だった・・・今から開始」
ベストイレブン




※一部要約

プロの舞台で復帰ゴールを決めたカン・スイル(ザスパクサツ群馬)が、2年余りの試練を乗り越えて立ち上がった。
最近移籍した群馬で、2試合目に日本舞台のデビューゴールを決めて力強い出発を報せた。

カン・スイルは17日、正田醤油スタジアム群馬で行われた日本J2リーグ14ラウンドの試合で、レノファ山口を相手にプロ復帰ゴールを申告した。
群馬はカン・スイルの同点ゴールに追加ゴールを加え、2-1の逆転勝ちを演じた。
最下位の群馬は21位のカマタマーレ讃岐に勝ち点2差に追いついた。

プロ復帰2試合目で決めたデビューゴールだった。
カン・スイルは13日のリーグ13ラウンドでフルタイムを消化したが、攻撃ポイントを上げられなかった。
そして4日後、カン・スイルは後半13分に左サイドから高橋が上げたクロスを、ニアポストを割るヘッダーに繋げて同点ゴールにした。
カン・スイルはこれまでの気苦労を振り払うように、祈祷セレモニーで復帰ゴールの喜びを満喫した。

そうするだけのことがあった。
約2年ぶりのプロの得点だった。
カン・スイルは済州ユナイテッド所属だった5月23日、全南ドラゴンズ相手に最後のゴールを決めた。
726日ぶりである。
カン・スイルは試合後、<ベストイレブン>とのインタビューで「2試合目でゴールを決められて嬉しい。また戻ってきたということを報せることができて良かった。今日は(相手の守備に)まったく押されなかった。体の状態がだいぶ良くなった。けれどこれからが本番だ」と勝利の所感を明かした。



ユン・ソンヨルの日本女性ファン、"韓国の大学生"になって応援
蹴球ジャーナル




※一部要約

2011年のある日。
日本のある女子小学生が当時J3にいた町田ゼルビア(現在J2リーグ)のホーム競技場を訪れた。
この日、少女は町田でプレーしていた韓国選手ユン・ソンヨル(30、K3リーグ清州シティ)を見てファンになった。
人生の方向が変わったキッカケだった。

6年が経った今年、少女は大学生になった。
日本ではなく韓国の大学に通っている。
高麗大言語学科に入学し、韓国でキャンパスライフを楽しんでいる。
ナカムラ・コトネ(19)は「私が韓国で過ごすことになるとは夢にも思わなかった」と笑った。

東京都南部の町田市に住んでいるナカムラの両親は、サッカーが好きだった。
弟はサッカー選手である。
現在、町田ゼルビアのユースチームでサッカーを学んでいる。
ナカムラはサッカーがあまり好きではなかった。
家族に連れられ、6年前に無理やり競技場へ行った。
そのときユン・ソンヨルを見た。
彼は「熱心にプレーする情熱的な姿が良かった」とユン・ソンヨルのファンになった理由を説明した。

競技場内では応援し、競技場外では手助けした。
ユン・ソンヨルは2011年に日本でプロ生活を始めた。
日本語もわからず環境も不慣れだった。
そのときナカムラの家族がユン・ソンヨルを手助けした。
ユン・ソンヨルは「日本でできることが何もなかった。必要なものはどこで買うのか、銀行口座はどうやって作るのかなど、一から十までナカムラの家族が取り揃えてもらった」と語った。



[単独] "放蕩"カン・スイル、済州の同意なしにJ2群馬行き
スポーツ朝鮮




※一部要約

"放蕩"カン・スイルが再び論難を選んだ。

カン・スイルは最近、日本J2リーグの群馬と2年契約を結んだ。
すでに日本で練習をしていて、復帰戦の日程も出てきた。
だが取材の結果、元所属チームの済州の同意を得ていないことがわかった。

2014年に浦項で可能性を開花させ、2015年に代表チームにまで抜擢され最高の日々を過ごしていたカン・スイルは、その後事件や事故のアイコンになった。
カン・スイルは2015年に韓国ドーピング防止委員会(KADA)が実施したドーピングテストAサンプルの分析結果、メチルテストステロンが検出された。
メチルテストステロンはステロイドの一種で、常用禁止薬品に該当する。
プロサッカー連盟はカン・スイルに15試合の出場停止処分を下し、上級機関の大韓サッカー協会はそれよりも強力な6ヶ月の出場停止懲戒を与えた。

それから程なくして、飲酒をしたままハンドルを握った。
京畿道議政府市で、泥酔状態で運転してタクシーに追突する事故を起こした。
事故当時、同乗していた知人に事故をなすりつけて摘発されるなど、社会的に物議を醸した。
所属チームの済州はカン・スイルの才能を惜しんだが、原則によって任意脱退の処分を下した。



[クラシックレビュー] "エヴァンドロ2ゴール"大邸、ソウルに2-1の勝利・・・2連敗脱出
インターフットボール

20170430174110550.jpg


※一部要約

大邸FCがエヴァンドロのマルチゴールでFCソウルを撃破した。

大邸は30日、大邸スタジアムで行われたKEBハナ銀行Kリーグクラシック8ラウンドで、エヴァンドロのマルチゴールに力づけられ、パク・チュヨンが1ゴールで挽回したFCソウルに2-1の勝利をおさめた。
これで最近の2連敗から脱出し、勝ち点9で反転の出口を開けた。
ソウルは無敗行進(1勝2分け)を3試合で終え、勝ち点12を記録した。


20170430174110550a.jpg

20170430174110550b.jpg



[ソ・ホジョンのキックオフ] 1年後に代表級GKはKリーグにいない?
ソ・ホジョンコラム




※一部要約

16日、札幌ドームで行われたコンサドーレ札幌と川崎フロンターレの2017J1リーグ7ラウンド。
両チームのゴール前には韓国選手が立っていた。
ホームチーム札幌の主戦守門将は25番のク・ソンユン、遠征チーム川崎の1番はチョン・ソンリョンがゴール前を守った。
6ラウンドでは鹿島アントラーズとセレッソ大阪の試合で韓国人GKの対決が繰り広げられた。
鹿島にはクォン・スンテ、セレッソにはキム・ジンヒョンが主戦GKで出た。

現在、J1には7人の韓国人GKがいる。
セレッソはキム・ジンヒョンの他にも20歳以下代表チームのGKアン・ジュンスを擁していて、計6チームに韓国人GKが属している。
1部リーグ全体の3分の1である。
現在J1、J2には計42人の韓国選手が登録されているが、そのうち11人がGKだ。
26%を越える。
1部リーグでは18人中7人を占めていて40%に迫る。

そのGKの面々はすごい。
キム・スンギュ、クォン・スンテ、チョン・ソンリョン、キム・ジンヒョンはシュティーリケ監督体制でA代表チームのGKに選ばれたか、選ばれたりしている。
ク・ソンユンはオリンピック代表出身でA代表チームにもすでに行ったことがある。
今の代表チームが抜擢を検討しているGKの候補群の中で、Jリーグ所属でない選手はキム・ドンジュン(城南)だけだ。


s45291347a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング