城南、日本でプレーしていたヤン・ドンヒョン獲得
スポーツ京郷




※一部要約

日本で活躍していたFWヤン・ドンヒョンがKリーグの舞台に戻る。
チームは城南FCである。

城南は3日、メディカルテストなどの手続きをすべて終え、ヤン・ドンヒョンを獲得したと明かした。
ヤン・ドンヒョンはKリーグ通算292試合で90ゴール34アシストを記録、Kリーグを代表する国産FWだ。

特に浦項スティーラーズ所属だった2017年には、リーグ19ゴールで国内選手最多得点を記録したりもした。
その後2018年にセレッソ大阪のユニフォームを着て日本に進出した彼は、昨シーズンにはアビスパ福岡でプレーした。

城南は「186センチ80キロのがっしりした体格に経験、技術力まで備えているヤン・ドンヒョンは競り合い、連携プレーなどすべて優れていて、"キム・ナミル号"の主軸FWとして括約する見通し」と期待感を伝えた。

ヤン・ドンヒョンが合流した城南は4日からタイ・チェンマイで1次キャンプを進める。



[単独] "Kリーグ1の支配者"キム・ボギョンの全北完全移籍が秒読み…中国が終局の変数
スポーツ東亜




※一部要約

2019年Kリーグ1の最優秀選手(MVP)キム・ボギョンの"チャンピオン"全北現代入団が秒読みに入った。

Kリーグの複数の消息筋は29日、「キム・ボギョンが全北のユニフォームを着ることを決心した。2019シーズンが終わった直後から交感があり、最近入団合意に至ったと聞いている」と耳打ちした。

様々な移籍市場の関係者もやはり「選手が全北側にすでに移籍の意思を伝えた」として、「最後の海外挑戦とKリーグでのロングランをめぐって熟慮している。国内残留を最終決心すれば、無条件で全北に安着するだろう」と伝えた。



"正統9番FW+日本で10ゴール"ヤン・ドンヒョン、国内復帰するか [Kリーグ顕微鏡]
スポーツ韓国




※一部要約

最近封切られた映画"白頭山"の溶岩より熱い決定力を誇る"溶鉱炉"ヤン・ドンヒョン(福岡)が、国内の舞台に復帰するだろうか。

ヤン・ドンヒョンは今シーズン、日本Jリーグ2所属で10ゴールを炸裂させた。
移籍後の初シーズンの記録としては無難な成績である。
さらに10ゴールをすでにシーズン中盤に完成させたという点を考慮すれば、圧倒的な攻撃力を誇示したと見ることもできる。

ヤン・ドンヒョンは今シーズンはじめ、Jリーグ1のセレッソ大阪から福岡に移籍した。
移籍と同時に彼はチームの看板ストライカーを奪った。
降格圏のチームである福岡を1人で立て直した、文字通り"青年家長"だった。
ベテランとして日本選手に経験を伝授し、1トップストライカーとして前方で戦闘的に競り合ってゴールを狙った。
さらに外国人選手という孤独さとも戦わなければならなかった。



"13-1"サッカーのスコアで合ってる?日Jリーグ発足後のゴール記録を更新
MKスポーツ




※一部要約

"13-1"、プロ野球ではなくプロサッカーの公式戦のスコアだ。

24日、日本J2リーグで柏レイソルが京都サンガを相手に、何と12ゴール差の大勝をおさめた。
ケニア出身FWマイケル・オルンガが何と8ゴールを固め打ちした。

1993年に発足したJリーグの各種記録を新たに作った。
柏は前半8分のオルンガのゴールを皮切りに、合計13回も京都のゴールネットを破った。
33分にハットトリックを達成したオルンガは、後半だけで5ゴールをさらに決めた。

1試合最多得点(これまでは12ゴール)、最多得点差勝利(これまでは8ゴール差)、選手の1試合最多得点(これまでは5ゴール)の記録を順に更新した。
しばらく破るのが難しい記録である。

DF2人が負傷で早くに交代した京都は、守備に穴が空いた。
中田一三京都監督は「受け入れ難いスコアだ。これ以上言うことはない」と大きな衝撃を受けた。

オルンガは「ジュニア時代に7ゴールを決めたのが、個人の1試合最多得点だった。私がJリーグの得点新記録を打ち立てたのは同僚のおかげ。目標だったシーズン20ゴールを達成した。それより嬉しいのはJ2リーグ優勝」と所感を明かした。



[オ・ジャンウン引退③] オ・ジャンウン、指導者の出発に先立って…"勉強"しようとする理由
スポータルコリア




※一部要約

指導者として新たな出発を準備するオ・ジャンウンが、今後の覚悟を明かした。

オ・ジャンウンは最近引退を発表し、指導者として新たな出発を準備している。
最近、これまでプロ生活を助けてくれた人々に挨拶回りをしているオ・ジャンウンは、プロ初の所属チームであるFC東京にも行ってきた。
こおで10日間自分を指導した監督やコーチはもちろん、ともにした選手やクラブ職員に会ってアドバイスを聞いた。

オ・ジャンウンは「プロ初の所属チームだっただけに、挨拶しなければという考えで来たのだが、より多くのことを得た。長い時間が姿が、覚えている方々が多くて感謝の気持になった」として、「指導者として新たな出発を準備すると言ったので、激励もかなりして下さった。力をかなり貰った」と所感を明かした。

続けてオ・ジャンウンは「日本にいてプロチームとユースチームの練習はもちろん、J1リーグからJ3リーグまでできるだけサッカーをたくさん見てきた。多くのところへ行き、サッカーやユースシステムについても見て回ることができた。短い10日だったが、少しでも勉強ができる時間だった」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング