全北、キム・ボギョン再獲得…3年ぶりにまた緑色のユニフォームを着る
ニュース1




※一部要約

全北現代がMFキム・ボギョンを再び抱えた。

全北は2019Kリーグ1MVPであり、2016年の全北のAFCチャンピオンズリーグ優勝の主役であるキム・ボギョンキム・ボギョンを再獲得したと5日明かした。

全北はAFCチャンピオンズリーグ優勝の栄光を再現するため、アジア最高の中盤の構成が絶対に必要だと見て、キム・ボギョンが最適だという判断により獲得を推進した。

全北は"パスマスター"キム・ボギョンを中心にロペスやイ・スンギらが繰り広げる連携プレーに、キム・ボギョン特有の創造的プレーから出る多様な攻撃ルートに大きな期待をかけている。

キム・ボギョンは昨シーズン、Kリーグ35試合に出て13ゴール9アシストを記録し、リーグMVPとベスト11に上がって自身の真価を証明した。
特に鋭いFKは、全北の攻撃により大きな力を与えるものとみられる。



チョン・スンヒョン、Jリーグを去り実家チームの蔚山現代に2年半ぶりの復帰
ニュース1




※一部要約

チョン・スンヒョンがAFCチャンピオンズリーグ優勝やFIFAクラブワールドカップなどで経験を積んだ後、実家チームの蔚山現代に2年ぶりに復帰する。

蔚山現代は「日本Jリーグの鹿島アントラーズで活躍した代表CB出身のチョン・スンヒョンを獲得した」と3日明かした。

チョン・スンヒョンは蔚山ユースの現代高校出身で、2015年にプロデビューして2017年にサガン鳥栖へ移籍した。
2018年に鹿島アントラーズにチームを移して活躍した後、2020シーズンを前に実家チーム蔚山への復帰を確定させた。

チョン・スンヒョンは2016年のリオオリンピック出場以降、2018年にはFIFAワールドカップのエントリーに含まれるなど、国際大会を経験した。
同年に鹿島アントラーズでAFCチャンピオンズリーグの頂点に上がってFIFAクラブワールドカップにも出場、レアル・マドリードを相手にするなど意義のある経験を積んだ。
様々な経験を積んだチョン・スンヒョンの獲得により、AFCチャンピオンズリーグに出場する蔚山現代の国際舞台での競争力が強化されると予想されている。



"代表GK"チョ・ヒョヌ、蔚山移籍確定…キム・スンギュはJリーグ復帰
インターフットボール




※一部要約

大邸の"守門将"チョ・ヒョヌが蔚山現代に移籍する。
2019シーズンの蔚山のゴールを守った代表GKキム・スンギュはJリーグに復帰し、現在までは柏レイソルが有力だ。

Kリーグの移籍市場に詳しい関係者は「チョ・ヒョヌが蔚山に移籍する。現在チョ・ヒョヌは軍事訓練を受けているので、軍事訓練が終わってからメディカルテストを受けて蔚山とサインする予定だ。すでに確定的」と明かした。

チョ・ヒョヌが移籍し、もう1人の代表GKキム・スンギュは日本Jリーグに復帰する。
この関係者は「キム・スンギュは日本Jリーグに復帰し、柏に移籍するのが有力」と伝え、キム・スンギュの事情を知る関係者も「キム・スンギュが日本の舞台に戻る。すぐ発表があるだろう」と語った。






"チョ・ヒョヌNO"全北、ソン・ボムグンとの同行は続く
スポーツ東亜




※一部要約

全北の便りに詳しいサッカー人は29日、「ソン・ボムグンは全北を去らない。2020シーズンもずっと残る」と明かした。
全北も「ソン・ボムグンが新たな行き先を探すことはない」と残留に釘を差した。

すでに全北は"移籍不可"の方針を選手に伝えたことが確認された。
現在、ソン・ボムグンはキム・ハクボム監督が率いるU-22代表に選ばれ、来年1月にタイで開催される2020AFC U-23チャンピオンシップに備えている。

ソン・ボムグンは2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会の金メダルで兵役恩恵を得たが、キム監督は確実なGKが必要だと判断し、クラブも選出を快諾した。

ソン・ボムグンは2018シーズンの全北合流後、着実に主戦でプレーした。
デビューシーズンは30試合18失点に終わった。
今年も38試合で32失点に抑えた。
0点台の防御率に持ちこたえた彼の活躍の中で、全北は2017シーズンから3年連続でKリーグ1の頂点を守った。

当然ラブコールがあった。
シーズン中にもベルギーのあるクラブが接触してきたし、日本Jリーグのサガン鳥栖名古屋グランパスと交渉のテーブルが開かれそうになった。
だが選手の考えは同一だった。
「チームが先に捨てない限り、全北に残りたい」という意思だった。

全北が新たな守門将の獲得をまったく考慮してなかったわけではない。
2018ロシアワールドカップでスターダムに上がったチョ・ヒョヌを真剣に考慮していたのも事実である。
だが全北の最終判断は、最後までクラブに真正性を示したソン・ボムグンだった。

AG(※アジア大会)出場を条件に大邸と再契約を約束していたチョ・ヒョヌが、契約延長をずっと先送りして、結局来年の1月1日付でFA身分を取得することになるという点はかなり魅力的だったが、依然として雑音が続いていて、無理なアプローチは得にならないというのが全北の判断である。

もちろん全北は最大限の待遇をするという意思だ。
ソン・ボムグンとの契約期間は3年残っている。



[単独] "Kリーグ1の支配者"キム・ボギョンの全北完全移籍が秒読み…中国が終局の変数
スポーツ東亜




※一部要約

2019年Kリーグ1の最優秀選手(MVP)キム・ボギョンの"チャンピオン"全北現代入団が秒読みに入った。

Kリーグの複数の消息筋は29日、「キム・ボギョンが全北のユニフォームを着ることを決心した。2019シーズンが終わった直後から交感があり、最近入団合意に至ったと聞いている」と耳打ちした。

様々な移籍市場の関係者もやはり「選手が全北側にすでに移籍の意思を伝えた」として、「最後の海外挑戦とKリーグでのロングランをめぐって熟慮している。国内残留を最終決心すれば、無条件で全北に安着するだろう」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング