オ・ジャンウン、FC東京とユースチームのコーチ契約…指導者として新たな出発
スポータルコリア




※一部要約

プロとして19年活躍したオ・ジャンウンが、指導者として新たな出発をする。

オ・ジャンウンは最近、JリーグFC東京のユースチームのコーチとして契約を終え、新たな出発を準備している。
彼はFC東京で低学年チームとジュニアユースチームのコーチを引き受け、選手を指導する。
それだけでなく、東京に住む韓国人のためのサッカープログラムを企画し、様々な活動をする計画だ。

オ・ジャンウンにとってFC東京は特別な意味のあるチームである。
2002年、15歳のオ・ジャンウンにプロ入団のオファーをしたチームがFC東京だからだ。
チーム初の韓国人選手だったオ・ジャンウンは4年余りの期間、FC東京のユニフォームを着て活躍した。
その後Kリーグの大邸、蔚山、水原など、プロで合計19年間の選手生活をして、去年7月に現役生活を終えた。



"水原とさらに4年"キム・ミヌ、「水原行き、苦心の末に決定…優勝したい」
ベストイレブン




※一部要約

水原三星と4年契約を結んでKリーグに残ったキム・ミヌが、自分がプレーする間に必ず優勝トロフィーを掲げたいという希望を伝えた。

水原は冬の移籍市場で"FA交渉1順位"である韓国代表出身のマルチプレーヤーキム・ミヌを捕まえた。
水原は4年契約を提示したことがわかった。
これでキム・ミヌは水原で選手キャリアを終える可能性が高まった。

水原としては戦力として大きな利益になる獲得だ。
キム・ミヌは現存する韓国最高のマルチプレーヤーである。
メインポジションの左SBに加えてサイドアタッカー、中央MF、攻撃型MFなどを消化できる。
実力と性格を兼ね備え、"ヨム主将"ヨム・ギフンに続く次期主将1位に挙げられる。

キム・ミヌはサガン鳥栖と水原をめぐって悩み、水原を選んだ。
サガン鳥栖はキム・ミヌがプロキャリアの第一歩を踏み出し、7年間苦楽をともにしたクラブである。
サガン鳥栖が日本J2リーグ所属の時代から始まって昇格まで導き、J1リーグでもともに時間を過ごした。
そのため最近の韓日情勢とは別に、キム・ミヌ個人にとっては愛情が格別にならざるを得ないチームである。



Kリーグ1釜山、EPL・代表出身DFユン・ソギョンをレンタルで獲得
NEWSIS




※一部要約

プロサッカーKリーグ1の釜山アイパークが、イングランド・プレミアリーグ(EPL)出身であり代表選手として過ごしてきたユン・ソギョンを獲得した。

釜山は12日、「守備強化のため左SB選手のユン・ソギョンをレンタルで獲得した」と伝えた。

2009年に全南ドラゴンズでデビューしたユン・ソギョンは、2013年から2016年までサッカー宗主国イングランドの舞台でプレーした。

クイーンズ・パーク・レンジャーズ所属でイングランド1部のプレミアリーグの舞台を踏んだ。
23試合プレーした。
2部のチャンピオンシップを経験したりもした。
その後デンマークと日本で活躍し、2018年にFCソウルを通じて国内に帰ってきた。

去年は江原FCのユニフォームを着て28試合に出場した。



日本に戻るキム・スンギュ、柏レイソルのゴールを守る
ベストイレブン




※一部要約

説が流れていた話が現実となった。
韓国代表の守門将キム・スンギュが日本クラブの柏レイソルに入団した。

柏は10日午後、HPで蔚山現代でプレーしていたキム・スンギュを完全移籍の形式で獲得したと発表した。
柏はまだメディカルテストの手続きが残っているという点を強調し、そのメディカルテストが終われば正式に契約書にサインすると便りを伝えた。

一方、柏はキム・スンギュを獲得による外国人クォーターの整理のため、チーム内にいた韓国人DFパク・ジョンスをサガン鳥栖に再レンタルで送ったと伝えた。
パク・ジョンスは去年の後半期にサガン鳥栖へレンタル移籍した後、元所属チームの柏に戻ったが、再びサガン鳥栖のユニフォームを着ることになった。






[単独] 全北MFハン・スンギュ、日本Jリーグレンタル打診・・・湘南ベルマーレ有力
スポーツ東亜




※一部要約

Kリーグ1チャンピオン全北現代の"特級MF"ハン・スンギュが、日本Jリーグへ向かうものとみられる。
新たな行き先は湘南ベルマーレが有力である。

Kリーグの移籍市場に詳しい複数の関係者は8日、「ハン・スンギュがJリーグで2020シーズンを送る見通しだ。国内外の様々なチームが争奪戦に飛び込んだが、湘南ベルマーレが最も積極的な姿勢を取ったと聞いている」と耳打ちした。

全北は新シーズンの準備で比較的大幅なリビルディングを進めている。
最小規模のスカッド運営を計画するジョゼ・モライス監督の方針により、全北は自由契約(FA)身分を得た選手とともに、一部の主戦級資源を送り出している。

蔚山現代でプレーした2018シーズンにKリーグ1のヤングプレーヤー賞を受賞し、去年全北のユニフォームを着たハン・スンギュと、実力が検証された"ラインブレーカー"キム・スンデ(江原FC)が対象になった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング