[インタビュー] "ガンバ入団"キム・ヨングォン、「Jリーグ優勝、ACL進出が目標」
スポータルコリア




※一部要約

ガンバ大阪の日本J1リーグ優勝、ACL進出、そしてJリーグ最高DF。
韓国サッカーの守備の"キング"からガンバ大阪の守備の"キング"に変身する。

キム・ヨングォンは1月、中国の広州恒大を去ってガンバに移籍した。
キム・ヨングォンは広州の主戦DFとして活躍していたが、外国人選手が3人しか出場できない中国スーパーリーグの規定により、出場機会が減少していた。

この状況が続けばキム・ヨングォンの被害はさらに大きくなるしかなかった。
なので彼は2018ロシアワールドカップを終えた後に移籍を模索した。
そしてキム・ヨングォンはガンバのオファーを受け入れて移籍した。
2010年から2012年夏までFC東京、大宮アルディージャで活躍していた彼としては、約7年ぶりのJリーグ復帰だった。

キム・ヨングォンは4日からガンバのチーム練習に参加した。
現在、チーム適応中のキム・ヨングォンは23日、ホーム競技場であるパナソニックスタジアム吹田で横浜F.マリノスを相手にJ1リーグ開幕戦を行う。



Jリーグ進出のナ・サンホ「たくさん学んでさらに大きく成長する」
南道日報




※一部要約

「たくさん学んで成長したナ・サンホを見せます」

ナ・サンホが日本の舞台で第一歩を踏み入れた。
去年、光州FCから東京FCに移籍したナ・サンホは現在、日本で適応期を過ごしている。
1月はじめに日本へ出国した後、29日まで沖縄で行われた東京FCの1次キャンプに参加するなど、本格的なシーズンの準備に得入した。

光州の錦湖高を卒業して2017年に光州FCに入団したナ・サンホは去年、アジア大会とAマッチ代表メンバーに名前を上げて国内外の多くのクラブからラブコールを受けた。
最終目的地を東京に決め、Jリーガーという新たな挑戦に乗り出した。

彼は最近、南道日報との電話インタビューで「かなり悩んだ末に決めた海外進出だ。光州とファンのおかげで得たチャンスだと思う。できるだけ早く適応するように努め、Kリーグと同じようにJリーグでも活躍できるよう努力する」と明かした。

20代序盤、初めての海外進出だが彼は意外と淡々としていた。
若い頃から宿舎で生活し、家族と離れているのに慣れ(?)ているためだ。
ナ・サンホは「実際に宿舎で生活していると、名節も家に帰れないことが多い。海外で暮らしても変わらないと思う。両親は喜びつつも、心配されているようだ」と語った。



ロッベン、日Jリーグ進出のため代理人選任
OSEN




※一部要約

アリエン・ロッベンの日本Jリーグ進出の可能性が提起された。

日本メディアは29日、「6月にバイエルン・ミュンヘンとの契約が終わるロッベンは現在、新たなチームを探している。中国や中東の多くのクラブからオファーを受けているなか、日本も関心を持って争奪戦に出た」と報じた。

続けて「ロッベンはJリーグクラブとの交渉を引き受ける代理人を選任した状況だ。ロッベンがJリーグに関心を見せるのは、家族のためである。家族が日本生活について肯定的であることがわかった」と伝えた。

オランダ代表の主将を歴任したロッベンはチェルシー-レアル・マドリードを経てバイエルン・ミュンヘンで活躍した。

もしロッベンがJリーグに移籍することになれば、新たなスタートして脚光を浴びることができる。
すでにJリーグにはアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが活躍している。
彼らは競技力よりファンを競技場に導く役割を果たしている。



"新たな出発"キム・ミンヒョク、「ドング兄さんはトーレスより優れている」
OSEN




※一部要約

「トーレスよりドング兄さんのほうが優れているようです」

日本Jリーグのサガン鳥栖で愛を受けていたキム・ミンヒョクは、Kリーグ1最高の全北現代に移籍した。
CBキム・ミンジェの移籍に備えて代表出身のキム・ミンヒョクが選択を受けた。

サガン鳥栖時代にキム・ミンヒョクは日本選手を圧倒する体格と強靭な精神力を基に、多くの愛を受けていた。
チームが最高の座に上がったわけではなかったが、キム・ミンヒョクは外国人選手でも自分の役割を十分に果たした。

2014年のサガン鳥栖入団から5年の生活を整理し、全北の冬季キャンプが行われている日本・指宿で会ったキム・ミンヒョクは「日本の小都市で小さなクラブにいたのだが、Kリーグ最高クラブに移籍したので考える余裕もない。まだ完璧に適応したわけではない。早く適応してコーチングスタッフと同僚、そしてファンに認められるよう努力する」と覚悟を明かした。



"ファン・ウィジョ+キム・ヨングォン"ガンバ大阪、韓最高の選手を抱えた
STNスポーツ




※一部要約

日本J1リーグのガンバ大阪が、韓国サッカー代表DFキム・ヨングォンを獲得した。

ガンバ大阪は26日、公式HPで「キム・ヨングォンが広州恒大を去ってガンバ大阪に合流する」と伝えた。
背番号は19である。

これでガンバ大阪は既存のオ・ジェソク、ファン・ウィジョに続いてキム・ヨングォンまで懐に抱え、3人の代表出身韓国選手を保有することになった。
特に現在、韓国最高のFWとDFを言われるファン・ウィジョとキム・ヨングォンを当時に保有し、迫る新シーズンの成績を期待させた。


190127085334154a.png



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング