早期招集はない…シン・テヨン号、ロシア行きの"最終ロードマップ"は?
スポーツソウル




※一部要約

2018ロシアワールドカップ本戦に出場する"シン・テヨン号"が5月21日に最終練習に出る。

大韓サッカー協会の関係者は「シン・テヨン監督が率いるサッカー代表は、規定により5月21日から坡州サッカー代表トレーニングセンター(NFC)に集まり、焼入れをする予定」として、「それより一週間前の5月14日に最終エントリーを発表する」と明かした。
代表は当初、5月15~16日に行われるACL16強2次戦の後に早期招集する方法を模索したが、同月19~20日に行われるKリーグ1の日程の延期が難しい状況で、韓国がF組の属していてワールドカップの日程が比較的後の方であるため規定に伴う正規招集を決めた。

本戦の競争力を測る評価試合はまず国内で5月28日にホンジュラス戦、6月1日にボスニア・ヘルツェゴビナ戦の2回に渡って行われる。
ボスニア・ヘルツェゴビナ戦は国内で最後のAマッチなので、試合後に出征式も行われる。

続けて6月3日にキャンプ地のオーストリア・ザルツブルクに出国する代表は、6月7日に現地で南米ボリビアとAマッチを行い、3日後の10日にはセネガルと非公開練習試合を行う。
6月12日にロシアワールドカップのベースキャンプであるサンクトペテルブルクに入る。
"シン・テヨン号"はサンクトペテルブルクに滞在し、グループリーグの試合が行われるたびに当該都市へチャーター機で移動する。



"ビッグチームの不振"、似ているようで違う韓日のリーグ序盤の勢力図
フットボールリスト




※一部要約

2018シーズンが始まったばかりだが、韓国と日本の序盤のリーグ勢力図は、世間の予想を梳いていっている。
大きな人気を集めているチームが下位圏で遅れを取っていて、予想できないチームが上がっている格好だ。

日本Jリーグの浦和レッドダイヤモンズは2日、堀孝史監督の更迭を正式発表した。
去年7月、ミハイロ・ペトロビッチ監督の後任で就任して、浦和を"2017ACL"優勝に導いた堀監督は開幕からわずか5試合で解任された。

浦和は日本Jリーグを代表する人気クラブである。
昨シーズンはリーグ7位に留まって振るわなかったが、1試合当たりの平均観客で33542にが集まってホームの熱狂的な雰囲気を演出した。
Jリーグ、日王杯、ACLなど多くの大会で好成績をおさめた伝統があるためだ。

昨シーズン、アジアの頂点に上がったので今シーズンへの期待は大きかった。
アンドリュー・ナバウト、クエンテン・マルティノス、武富孝介ら主戦級選手も新たに獲得した。
だがシーズンが開幕してから見せた姿は失望だった。
5試合で2分け3敗に終わって勝てずにいる。
ゴールを決められないFWが問題だ。
チームの攻撃を担っていたラファエル・シルバが中国に移籍し、空席を他の選手が担えずにいる。
ズラタン・リュビヤンキッチの1ゴールと興梠慎三のPKが、FWが決めたゴールのすべて。

FCソウルの不振は浦和と似ている。
ソウルは4ラウンドを終えた現在、リーグ10位に留まっている。
2分け2敗でまだ勝利がない。
シーズン開幕前にエヴァンドロ、アンデルソン、チョン・ヒョンチョル、キム・ソンジュンらを獲得して選手団に変化を与えたが、ファン・ソンホン監督が望む攻撃的サッカーが出ずにいる。



ファン・ウィジョ、マルチゴールでJ1リーグ得点首位…ヤン・ドンヒョンは初ゴール申告
スポータルコリア




※一部要約

ガンバ大阪のファン・ウィジョが2試合連続マルチゴールを炸裂させて得点首位に上がった。
セレッソのヤン・ドンヒョンはJ1リーグデビューゴールを炸裂させた。

ガンバは3月31日、東京の味の素スタジアムで行われたFC東京との2018日本J1リーグ5ラウンドに2-3で敗れた。
ガンバのオ・ジェソクは後方で奮闘したが、勝利につながらなかった。
東京のチャン・ヒョンスはフルタイムをプレーして勝利に力を加えた。

ファン・ウィジョはこの日の2ゴールにより、4ラウンドの柏レイソル戦の2ゴールに続いて2試合連続2ゴールを記録した。
得点順位でも首位に上がった。
リーグカップを含めたシーズン得点でも5ゴールで鋭い容貌を見せている。


20180401081704756a.jpg


ユン・ジョンファン監督が率いるセレッソ大阪は、大阪のキンチョウスタジアムで行われた湘南ベルマーレとのホーム試合に2-1で勝利した。
先発出場したヤン・ドンヒョンは前半13分、アーク右側から左足のミドルシュートで湘南のゴールネットを揺さぶった。
ヤン・ドンヒョンはセレッソ入団後にJ1リーグで初ゴールを記録した。



[パク・サンギョンのJサッカー] 統合MDを定着させた日、Kリーグもできる
スポーツ朝鮮




※一部要約

"革新と変化"という言葉で成し遂げられるものではない。
多くの挫折と名残を通じてうんざりするほど得た教訓である。

反転のためにもがいているKリーグの足取りはさらに早くなっている。
統合マーチャンダイジング(MD)事業の推進が世間に公開された。
各クラブの入場券、マーチャンダイジング商品の販売を統合管理し、付加価値を高めるという発想である。
共生や変化、究極的な発展のための歩みに、サッカー界の従事者だけでなくファンも良い結果を願っている。


20180327052003887a.jpg


Kリーグの統合MDは実は今回が初めてではない。
2013年にソウル東大門にKリーグストアが扉を開いたことがあった。
Kリーグ1・2部のチームが作ったMD商品を一つの空間で販売する形態だった。
ファンの大きな関心を集め、実際にオフライン売り場を訪れた人々もいた。
結果は残念だった。
千差万別の製品の質だけでなく、数量や消費者ニーズとかけ離れた商品だけだった。
アクセシビリティというオフラインの限界からも脱することができなかった。
いつからかKリーグストアのニュースは聞こえなくなった。
5年前の失敗を再び繰り返してはならない。
徹底した原因分析と補完策が必要な理由である。



[サッカーピープル] "プロ10年"GKキム・ジンヒョン、「私にとってワールドカップそして"ワンクラブマン"というのは…」
スポーツ東亜




※一部要約

孤独な自分自身との戦いの記憶は数日前のようだが、すでに10年が流れた。
代表守門将キム・ジンヒョン(31・セレッソ大阪)は2009シーズンにプロデビューして、今年で10回目のシーズンを過ごしている。

これまで一度も視線を回したことはない。
ただ日本、それも1チームだけで10年目である。
舞台を別にしただけだ。
所属チームの降格と昇格、栄誉と恥辱をともにしてJリーグとJ2リーグは行き来したが、別のユニフォームは着たことがない。

もう30代序盤、青々しい青春をそのまま捧げてプレーした日々より、これプレーできる日々が少なくなったのも事実である。
冷酷なプロの世界で大言壮語はできなくても、"ワンクラブマン"という単語を慎重に持ち出すときになった。

だがキム・ジンヒョンは低姿勢になった。
最近、大阪堺のセレッソ大阪のクラブハウスで会った彼は、「クラブに無理な契約延長の条件を提示しなかったので10年間留まることになったようだ」と笑った。
率直に実感が湧かない。
日本では1チームにすべてを捧げる選手が比較的ありふれている。
16年目を迎えた選手でもこれといって特別ではないところである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング