Jリーグ、ハン・スンギュよ来い…4チームが貪欲な目つき、スペインも関心
スポTVニュース




※一部要約

2018シーズンKリーグのヤングプレーヤー賞を受けたMFハン・スンギュ(22、蔚山現代)が、日本Jリーグの関心を集めている。
欧州リーグランキング1位に上がっているスペイン・ラ・リーガのクラブもハン・スンギュ獲得を検討している。

サッカー界の移籍市場に詳しい関係者は、2018シーズンに輝かしい活躍を繰り広げたハン・スンギュが、2019シーズンを準備するJ1リーグクラブの関心を集めていると伝えた。
J1リーグの中位圏3~4チームがハン・スンギュ獲得のために動きを見せている。

2017年に蔚山に入団したハン・スンギュは5年契約を結んでいる。
まだ蔚山と契約が3年残っている。
J1リーグのチームはハン・スンギュ獲得のために移籍金を支払う意向があることがわかった。



"違約金変更+長期再契約検討"ガンバ大阪はファン・ウィジョを引き止めたがっている
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ガッ(※God)ウィジョ"ファン・ウィジョに向けられたガンバ大阪の関心が熱い。

ファン・ウィジョとガンバ大阪の契約満了は2019年6月である。
ガンバ大阪はファン・ウィジョを絶対に引き止めたい。
日本のサッカー専門メディア・サッカーダイジェストは2日、「ガンバ大阪はアジア大会直後にファン・ウィジョのJリーグ内移籍に関して、違約金の設定額を変更した。ガンバ大阪の高位関係者は簡単に手を出せない金額と伝えた」と報じた。
それに留まらない。
ガンバ大阪は今冬にファン・ウィジョとの長期再契約を検討中であることがわかった。

このメディアは「唯一の心配はファン・ウィジョの年齢だ。ヨーロッパに挑戦する時期としてはギリギリでもある。将来の挑戦を望んでいる場合、違約金の設定がどれくらいなのかが大きな焦点」と付け加えた。

一方、シーズンを終えたガンバ大阪は、ファン・ウィジョとの再契約交渉に突入する予定と伝えられた。
ファン・ウィジョはガンバ大阪の解団式で「(今後)どうなるかあまりわからない。アジアカップで活躍すれば(ヨーロッパからも)オファーが来るのではないかと思う」と慎重な姿を見せた。



[単独] "J1残留"サガン鳥栖、ソ・ジョンウォン監督選任決定
スポTVニュース




※一部要約

水原三星監督で最終戦を行ったソ・ジョンウォン監督が、日本J1リーグクラブ・サガン鳥栖の監督に内定した。

日本サッカー界の事情に詳しい関係者によると、10月にイタリア出身のフィッカデンティ監督を成績不振で更迭したサガン鳥栖は、ソ監督を後任候補として交渉した。
関係者は2日、スポTVニュースに「鳥栖がソ・ジョンウォン監督を後任に決めた」と伝えた。
細部の条件は未定である。

2018シーズンJ1リーグは1日、34ラウンドの日程を最後に終えた。
最終戦まで残留争いが熱かった。
12位横浜Fマリノスから16位ジュビロ磐田までの5チームが勝ち点41でタイとなった。
ゴール得失差でジュビロが昇降プレーオフに落ちた。
17位柏レイソル、18位Vファーレン長崎はJ2リーグ降格が確定した。

14位で2019シーズンもJ1リーグで活動することになったサガン鳥栖は、後任監督の選任作業でスピードを出すことになった。
J2リーグに落ちれば後任監督の交渉に支障をきたすこともあり得た。

2011年から2014年までユン・ジョンファン監督体制で最初の全盛期を迎えたサガン鳥栖は、現在チョ・ドンゴン、アン・ヨンウ、キム・ミンヒョクら3人の韓国選手を保有しているチームであり、キム・ミヌやチェ・ソングンらが活躍して韓国と縁の深いチームである。
クラブの運営スタッフが韓国サッカーに交換を持っていて効果もあった。



日メディア"ガンバ大阪、ファン・ウィジョと契約延長に合意"
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本メディアのスポーツ報知は2日、"ガンバ大阪がファン・ウィジョと契約延長に合意することがわかった"と報じた。

ファン・ウィジョは今シーズンにリーグだけで16ゴールを決め、チームのJリーグ1残留の先頭に立った。
特に9月のAマッチ以降に行った7試合で続けて攻撃ポイントを稼働させ、チームの9連勝を導いたりもした。
実際、ガンバ大阪は1日にファン・ウィジョなしで行った柏レイソルとのリーグ最終戦に2対4で敗れた。

勢い乗った攻撃力を披露したファン・ウィジョ。
所属チームはもちろん、大韓民国代表でも大活躍を繰り広げた。
ユニフォームを分けずに繰り広げた活躍に、ヨーロッパ進出説も咲いた。

スポーツ報知は"ファン・ウィジョに海外クラブからラブコールが来る可能性は残っているが、残留が基本路線だとみられる"と伝えた。






イニエスタ、「神戸、より高いところへ連れていきたい」
ベストイレブン




※一部要約

Jリーグで最初のシーズンを終えるアンドレス・イニエスタが、練習後に公式インタビューに出て今後の覚悟を明かした。
彼は所属チーム・ヴィッセル神戸の可能性は十分だとして、来シーズンには同僚とともにより大きな目標を達成すると誓った。

イニエスタは「シーズン毎に補強しなければならない」として、「(神戸は)素晴らしい選手が集まっていて、将来有望な人たちも多い。みんなが来シーズンのために成長しなければならない」と語った。

続けて「神戸をJリーグで最高のクラブにするという挑戦をしている。チームをより高いところへ連れていきたい」と日本に来たときの考えを忘れてないことを強調した。

指令塔まで交代させるなど、神戸位はイニエスタを取ったのに今シーズンに紆余曲折が本当に多かった。
2018Jリーグでは11位にしゃがんでいる状態だ。
ACLのチケットを取るという序盤の目標とは完全に逆の結果を迎えたわけである。

だが2018シーズンがもたついたとしても、止まることはできない。
脇目で見ている人々の口をあんぐりさせる莫大な投資をしたため、遠くない時期に必ず結果を出さなければならない。
ACLのチケットになるのか、国内大会の成績になるのか、何かが必要である。
なのでイニエスタも迎えた。

インタビューから考えてみると、イニエスタは相変わらず自分の任務を明確に認識しているようだ。
彼が来シーズンにどんな結果を引き出すのか注目される。
神戸には魔術師の助けが切実だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング