[オ・ジャンウン引退③] オ・ジャンウン、指導者の出発に先立って…"勉強"しようとする理由
スポータルコリア




※一部要約

指導者として新たな出発を準備するオ・ジャンウンが、今後の覚悟を明かした。

オ・ジャンウンは最近引退を発表し、指導者として新たな出発を準備している。
最近、これまでプロ生活を助けてくれた人々に挨拶回りをしているオ・ジャンウンは、プロ初の所属チームであるFC東京にも行ってきた。
こおで10日間自分を指導した監督やコーチはもちろん、ともにした選手やクラブ職員に会ってアドバイスを聞いた。

オ・ジャンウンは「プロ初の所属チームだっただけに、挨拶しなければという考えで来たのだが、より多くのことを得た。長い時間が姿が、覚えている方々が多くて感謝の気持になった」として、「指導者として新たな出発を準備すると言ったので、激励もかなりして下さった。力をかなり貰った」と所感を明かした。

続けてオ・ジャンウンは「日本にいてプロチームとユースチームの練習はもちろん、J1リーグからJ3リーグまでできるだけサッカーをたくさん見てきた。多くのところへ行き、サッカーやユースシステムについても見て回ることができた。短い10日だったが、少しでも勉強ができる時間だった」と語った。



[オ・ジャンウン引退②] オ・ジャンウンの恩師が…指導者として新たに出発する弟子に
スポータルコリア




※一部要約

19年前もそうだったし、今でも弟子への信頼は確かだった。

15歳の幼い少年がプロに入団した当時、「オ・ジャンウンのサッカーに対する姿勢を見ろ。この選手は成功するだろう」と力説した長澤徹当時FC東京コーチが、指導者として新たな出発を準備するオ・ジャンウンに「選手に続いて指導者でも成功するだろう」と弟子の前途に拍手を送った。

最近選手生活を引退して、これまで助けてくれた人々に感謝の挨拶をしているオ・ジャンウンは、自分のプロ初の所属チームであるFC東京に行ってきた。
ここで10日間、自分を指導した恩師はもちろん、ともにした選手やクラブ職員と会って思い出を振り返った。

その中でFC東京U-23の徹監督にとって、オ・ジャンウンは息子のような弟子だった。
当時FC東京のコーチとしてオ・ジャンウンを指導した徹氏は、FC東京を経た韓国選手にオ・ジャンウンの話をした。
徹氏からオ・ジャンウンの話を聞いたオ・ジェソクは「ジャンウン兄さんの話をするときにこみ上げているように見えた。それだけ特別な選手だったようだ」と語るほど、徹氏にとってオ・ジャンウンは特別な選手だった。

オ・ジャンウンについて聞くと、徹氏は「自分との戦いに勝つ方法を知っている選手だった。15歳の幼い年令のオ・ジャンウンに会ったとき、彼が持つ成熟した態度と姿勢に驚いた。こういう姿勢を持つ選手なら、何をしても成功すると思った」と彼を回想した。

徹氏はオ・ジャンウンをプロの舞台に適応させるため、物心両面で助けた。
特に、若い選手がメンタル的に揺れないように、継続的な対話を通じて彼とコミュニケーションした。
オ・ジャンウンも「コーチは選手と心からコミュニケーションする指導者だった。いつも練習後に円状に集まって座り、選手と対話したりした」として、「正しい選手に成長することができるよう、練習を分析して、今後改善しなければならない点についても頻繁に話した」と徹氏との思い出を振り返った。



[オ・ジャンウン引退①] 15年経ってもFC東京がオ・ジャンウンを覚えている理由
スポータルコリア




※一部要約

15年という時間が経ったが、まだこの少年の姿を皆が覚えていた。

最近選手生活を終えたオ・ジャンウンがプロで最初の所属チームであるJ1リーグのFC東京を訪れ、選手生活の思い出を振り返った。
長い時間が経ったが、オ・ジャンウンとともにした選手はもちろん、FC東京の職員やファンまでがオ・ジャンウンを覚えていた。

オ・ジャンウンはFC東京所属で様々な記録を作った選手である。
まずFC東京所属で初めての韓国人選手だ。
満15歳の若い年齢でFC東京に入団し、早くにプロ生活を始めた。
自国選手との過酷な競争の中で出場機会を掴み、2002年4月に16歳8ヶ月の年齢でプロデビュー戦を行い、これは当時のJ1リーグ最年少出場記録となった。

4年余りの期間をFC東京で活躍したオ・ジャンウンは2004シーズンを最後に、Kリーグの大邸FCに移籍した。
その後蔚山現代、水原三星、城南FC、大田シチズンを経て、合計19年という期間をプロとして生き残り、最近選手生活を終えた。






スペインメディア、「ビルバオレジェンドのスサエタ、ガンバ大阪に行く」
ベストイレブン




※一部要約

アンドレス・イニエスタのJリーグ進出後、スペイン選手に対する日本選手の関心が高まっている雰囲気だ。
今度はアスレティック・ビルバオのフランチャイズスターであるマルケル・スサエタがガンバ大阪のユニフォームを着る。

スペインメディア<エル・ムンドデポルティーボ>は、2007年から数えて13年アスレティック・ビルバオだけで活躍し、2018-2019シーズンを最後に自由契約身分となったスサエタが、ガンバ大阪入団を考慮していると伝えた。
<エル・ムンドデポルティーボ>は、スサエタはどのチームでキャリアを続けるかまだ明かしていないが、Jリーグでキャリアを終わらせようとしていると報じた。

今年で満31歳のスサエタは、アスレティック・ビルバオだけで507試合プレーして、ビルバオファンにレジェンドとして崇められているウイング資源だ。
彼の出場数はビルバオの歴代5位に該当する。
ファン・ウィジョ移籍後に攻撃力が落ちたガンバ大阪は、その弱点を埋めるためにスサエタにアプローチしたものとみられる。






[インタビュー] "ベント号GK"ク・ソンユン「フンミン兄さんがミスキックしたから私が止めたみたいだった」
スポTVニュース




※一部要約

3月のAマッチ、6月のAマッチ、そして9月のAマッチまで代表抜擢。
ク・ソンユンにはもう"A代表GK"のイメージができた。
2回のA代表招集を経験してク・ソンユンはより高い目標ができ、新たなことを学び、さらに努力すると言った。

パウロ・ベントサッカー代表監督は26日、サッカー会館でカタールワールドカップアジア地区2次予選に出るリストを公開した。
ワールドカップ10回連続出場を狙う韓国は、2次予選でレバノン、北韓、トルクメニスタン、スリランカとH組に割り当てられ、翌月5日にトルコ・イスタンブールでジョージアと評価試合を行い、10日のトルクメニスタン遠征でアジア2次予選の初戦を行う。

2015年の東アジアカップ、2017年11月のAマッチのときも代表に選ばれたク・ソンユンは、自分でも"なぜ選ばれたのだろう"と疑問を感じるほどだった。
確信が足りなかった。
だが2019年3月の代表抜擢のときは「自信がある」と語っていた彼である。
立て続けに6月、9月までA代表に選ばれた。
代表GKとしての地位を固めている。

だがク・ソンユンは「それでもまだ私はJリーグ、Kリーグで良い活躍をしているGKが多いと思う。(キム・)スンギュ、(チョ・)ヒョヌ兄さんはワールドカップを経験した兄である。Aマッチ経験も多い。私はまだAマッチ経験がない。ベント監督になって連続で選ばれているだけで、まだスンギュ、ヒョヌ兄さんのように当然選ばれる選手のイメージではない。いつ変わるかわからない。常に練習のたびに熱心にして、毎日毎日長所を少しでも多く見せてアピールしようと準備している。善意の競争も必要だが、まだ"当然選ばれないと"という考えはない」として、さらに努力すると語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング