日代表出身石川「韓国、スウェーデンに勝つ確率70%」
ノーカットニュース




※一部要約

日本代表出身の石川直宏が、スウェーデンと激突する韓国の優勢を予想した。

17日、ロシアのニジニ・ノヴゴロド・スタジアムでは韓国とスウェーデンの練習と公式記者会見が行われた。
韓国とスウェーデンは18日、同場所で2018ロシアワールドカップ初戦を行う。

もう実戦だけが残った状況。
この日の両チームの練習を見守った石川は、韓国勝利の可能性を高く見た。

彼は「韓国が勝つ確率を70%くらいと予想する」として、「先制ゴールが試合の流れで重要になるだろう」と明かした。

石川は日本代表出身で、Aマッチに6回出場した。
今回は選手ではなく放送局の解説陣としてワールドカップを訪れ、韓国・スウェーデン戦を観戦する予定である。



火がついたファン・ウィジョ、ハットトリック炸裂…ガンバ、リーグカップ8強進出
スポータルコリア




※一部要約

ファン・ウィジョの得点砲に火がついた。
プロデビュー後に初のハットトリックを達成し、ガンバ大阪の8強進出を導いた。

ファン・ウィジョは9日午後、磐田ヤマハスタジアムで行われたジュビロ磐田との2018Jリーグ・ルヴァンカップのプレーオフ2次戦に先発出場し、3ゴールを固め打ちした。
ガンバは3-2で勝利し、1・2次戦にどちらも勝って8強に上がった。

ファン・ウィジョは0-1でリードされていた前半26分の同点ゴールを皮切りに後半5分、、後半21分に連続ゴールを炸裂させてハットトリックを達成した。
ガンバは後半26分に追加失点したが1点差のリードを守って勝利した。

ガンバのSBオ・ジェソクも先発出場した。
彼はサイドを固く守って勝利の一助となった。

8強に進出したガンバは抽選でルヴァンカップ8強の相手が決まる。
8強1次戦は9月5日に行われる。



豊田、蔚山を去って半年でJリーグ復帰
蹴球ジャーナル




※一部要約

韓国サッカーの適応は容易ではなかった。
豊田陽平が手ぶらで日本に帰る。

日本<佐賀新聞>は、今シーズンのKリーグ前半期に蔚山現代でレンタル選手としてプレーしていた豊田陽平が、元の所属チームであるサガン鳥栖に復帰すると7日報じた。
当初の契約は1年のレンタルだったが、両クラブが協議して6ヶ月で終わらせた。
選手もJリーグ復帰を望んでいることがわかった。

豊田は2011年に2部リーグのサガン鳥栖で23ゴールを放って得点王を取った。
チームも1部に昇格した。
それから2016年まで毎年二桁得点を記録し、看板ストライカーとして活躍した。
同じ釜の飯を食べていたキム・ミヌとの呼吸も良かった。
2013~2015年には日本代表でもプレーした。

去年、サガン鳥栖の主戦競争で押された豊田は、今シーズンにKリーグで突破口を見つけようとした。
だが期待以下だった。
ACLに7試合、Kリーグ1に9試合出場したが、2ゴールに終わった。
結局、特別な印象を残せずにKリーグを去った。



カウントダウンが始まった久保建英のバルサ復帰

 今日、久保建英は17歳になる。バルサのドレッシングルームにタケが戻るカウントダウンが始まった。

 インファンティル昇格後にFIFAの制裁を受けたタケは、しばらくは試合に出場できない状態にも耐えていた。しかし、状況が改善しないことを悟ると、2015年3月に母と弟と共に帰国する。バルセロナに馴染んでいた少年にとっては難しい決断だったが、今後のプランを18歳になったときにバルサに戻るという設定に変更したのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010000-mdjp-socc




バルサは久保を忘れてなかった…2019年に再獲得の計画
スポータルコリア




※一部要約

FCバルセロナが"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英(17、FC東京)を相変わらず注意深く見つめている。

久保は幼少期に天才的な才能を示したアタッカーである。
8歳だった2009年に日本横浜で行われたバルサのサッカーキャンプに参加し、当時テクニカルディレクターだったオスカー・エルナンデスの目に留まり、バルサユースの入団テストを受けた。
そして2011年にバルサユースに入団した。

彼は2015年までバルサの年代別チームでプレーした。
だがバルサが18歳未満の選手の海外移籍を禁止するFIFAの規定に違反して懲戒を受けると、すぐに日本に戻った。

久保は東京ユースで選手生活を続けた。
所属はユースチームだったが、飛び級を繰り返してU-23の試合に続き、1軍の試合にまで出場した。
去年は16歳の年齢でU-20ワールドカップに出場した。
バルサはそんな久保の歩みを一つも逃さず観察していた。

久保をスカウトしたエルナンデスは、久保の家族と相変わらず格別な関係を維持している。
彼は「久保は変わることなくバルサだけを考えている。彼は他チームのオファーには耳を傾けることもない」として、久保がバルサ復帰だけを考えていると伝えた。

バルサユースとラ・マシアを統括しているホセ・マリ・バケーロやギジェルモ・アモールも、久保が日本で成長している姿を着実に点検していた。
アモールは「特別な状況なので、私たちは頻繁に久保や彼の家族と対話している。法的に許される年齢に達し、一定のレベルにあればバルサに戻ってくるだろう」と伝えた。

今シーズンの久保はU-23所属で10回の1軍の試合に出場し、1ゴールを炸裂させている。
年齢を考えれば間違いなく成長の勢いを継続してる。
彼のそのような姿がバルサの期待を満たし、来年の復帰につながるのか注目されている。



"アーセナル退任"ベンゲル監督、22年ぶりにJリーグ復帰するか
スポータルコリア




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が日本Jリーグ復帰を悩んでいる。

27日の英国"デイリー・メール"によると、ベンゲル監督はJリーグで指導者生活を続ける方案を考えている。

今シーズンを最後にアーセナルの指揮棒を下ろしたベンゲル監督は、指導者を引退しないと決めた状態である。
なので彼はパリ・サンジェルマンの団長も断り、指揮棒を取る新チームを探している。
ヨーロッパ、アメリカの様々なチームが彼に関心を持っているという話も出てきた。

そんな中でJリーグが浮上した。
Jリーグはベンゲル監督の有力な次期行き先の一つになった。
ベンゲル監督とJリーグとの過去の縁のためである。

"デイリー・メール"はベンゲル監督が適切なオファーを受ければ、Jリーグ行きを決めると予想した。
去年ルーカス・ポドルスキ、そして最近ではアンドレス・イニエスタがJリーグ行きを決めたことも、ベンゲル監督の心を掴む要因にあるという分析だ。
22年前にベンゲル監督が名古屋を率いたときも、ギャリー・リネカーら世界的選手がJリーグで走っていた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング