"シン・テヨンの男"ソン・ジュフン、新風を起こすか
ジョイニュース24




※一部要約

シン・テヨン韓国代表監督の中にはソン・ジュフン(アルビレックス新潟)が入っていた。

シン・テヨン監督は25日、サッカー会館でロシア・モロッコと評価試合を行う選手23人を発表した。
全員海外派だけで構成された代表は類例を探すのが難しい。

その中で注目を集める選手が1人いた。
ソン・ジュフンである。

シン監督の愛弟子でもある。
彼は2016リオデジャネイロオリンピックのとき抜擢が有力だったが、負傷で落馬して代表に名前を上げられなかった。
シン監督は「当時はソン・ジュフンをベストメンバーと見ていた」と振り返り、「出国の一日前に怪我をしてともにできなかったが、その後もずっと見ていた」と継続的な関心を持っていたと語った。

彼は「(今回の機会に)選んでみるべきだと思った。(ソン・ジュフンは)我が国のストッパーが持っていないワイルドさを持っている。テストしてみる良い機会だと思う」と語り、ソン・ジュフンを選んだ理由を説明した。

彼が言った"ワイルドさ"とは、体格的な優位を意味する可能性が高い。
日本のサッカーデータ分析サイトである"フットボールラボ"は、ソン・ジュフンを評価し、守備の状況での制空権に17点をつけた。
比較的高い点数である。

またソン・ジュフンは、"フットボールラボ"が評価した守備ポイントを121.06点取っている。
90分単位で換算すれば5.91点だが、これはリーグの全選手の中で50位に該当する数値である。
昨シーズンまで仁川で活躍し、今シーズンに日本の舞台でも良い活躍を続けているマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪)が9点台で6位になっているので、ソン・ジュフンの記録はすごく高い数値とは見られない。

もちろんこの記録だけでソン・ジュフンの未来を予測することはできない。
シン・テヨン監督のサッカーをよくわかっている点、また今シーズンにチームが苦戦している中でも安定して機会を与えられ、主軸選手に位置している点は鼓舞的だ。
初の成人代表に抜擢されたソン・ジュフンがどんな姿を見せるのか関心が傾く。



[パク・サンギョンのJサッカー] 台風も阻止できなかったファン心と韓GK、そしてポドルスキ
スポーツ朝鮮




※一部要約

先週末。
日本列島は連休期間ずっと震えていた。

第18号台風"タリム"の勢いが猛烈だった。
タリムは九州に上陸した後、本州を経て北海道まで豪雨と強風を吹き付けた。
あちこちで発生した死傷者や被災者で、連休気分どころではなかった。
Jリーグも一部が中断した。
J2の愛媛-京都、熊本-福岡、J3のセレッソU-23-北九州戦が延期になった。

16日に神戸-札幌戦が行われた兵庫県の神戸総合競技場を訪れた。
試合時間が迫るほど風雨は強くなった。
競技場を訪れるファンにとっては不運な日だった。
神戸は今シーズン、開閉式ドームのノエビアスタジアムと神戸総合競技場を交互にしてホーム試合の日程を行っている。
偶然にも野外試合の日程が決まった日に台風が来たのである。
空っぽの観客席を頭の中に描いて競技場を訪れた。
私たちがよく知っている浦和、鹿島などの強豪チームとは違い、地方の中小規模チームがどんな風景を描いているのかも気になった。


20170921053115267a.jpg



Jリーガーのチャン・ヒョンスとキム・ミンヒョクが決勝ゴール、東京とサガン鳥栖の勝利の一等功臣
スポーツ朝鮮




※一部要約

コリアンJリーガーの活躍が目立った。
チャン・ヒョンス、キム・ミンヒョクが決勝ゴールを放った。

韓国サッカーA代表のMFチャン・ヒョンスは16日、東京の味の素スタジアムで行われたベガルタ仙台との2017Jリーグのホーム試合で、後半22分に決勝ゴールを放ってチームの1-0勝利を牽引した。
太田のCKアシストをヘディングゴールで決めた。
チャン・ヒョンスはCBで先発フルタイム出場、決勝ゴールまで上げる大活躍を繰り広げた。
チャン・ヒョンスは最近、シン・テヨン号でも核心選手として活躍した。

3連敗を断ち切った東京は勝ち点36で10位にランクした。

サガン鳥栖のキム・ミンヒョクは16日、ヴァンフォーレ甲府とのホーム試合で、試合終了直前に"劇場ゴール"を上げてチームの2対1の勝利を導いた。
CBとして先発出場したキム・ミンヒョクは、後半追加時間にイボルバのアシストを受けてゴールネットを揺さぶった。

サガン鳥栖のDFチョン・スンヒョンは、0-1でリードされていた後半20分にやはりイボルバのアシストを受けて同点ゴールを放った。

サガン鳥栖はコリアンデュオの活躍で貴重な勝ち点3を手にした。
2連敗から脱出したサガン鳥栖は勝ち点37で9位。



ホン・ミョンボ-チェ・ヨンス-ナム・ギイル…Jリーグ、若い韓国監督を狙う
フットボールリスト




※一部要約

日本Jリーグが若い韓国人監督の招聘に乗り出す。

Jリーグは通常、毎年9月に来シーズンの計画を立てる。
既存の監督との再契約の有無を含む選手団の構成などを悩んだ後、10月から実践に入る。
最近、日本メディアが続けて来シーズンの監督候補群を発表している理由である。
このところの日本メディアの報道で一つの脈絡を見つけることができる。
韓国人監督だ。
ガンバ大阪はホン・ミョンボ元杭州緑城監督を候補群に挙げ、FC東京はチェ・ヨンス元江蘇蘇寧監督を候補にしている。

Jリーグのニュースに詳しいある関係者は"フットボールリスト"との通話で「多くの日本チームが韓国監督に関心を持っているのは事実だ」として、「すでに韓国監督と接触しているチームもあるほどだ。9月に候補群の整理が終われば、本格的な交渉に入るだろう。少なくとも1~2チームくらいは2018シーズンを韓国人監督とともにするだろう」と語った。

Jリーグは日本でプレー経験のあるホン元監督やチェ元監督の他にも、若い指導者に注目している。
光州FCを昇格させたナム・ギイル元監督も多くの関心を集めている。
多くのJリーグチームは、厳しい状況でも光州を昇格させ、クラシック昇格後も良い姿を見せていたナム元監督を見守っている。
特にナム元監督は戦術的な能力が優れているという評価も受けている。



"鹿島守護神"クォン・スンテ、指の負傷が回復しても欠場が続く内部事情
スポータルコリア




※一部要約

今シーズン、日本J1リーグの鹿島アントラーズでずば抜けた活躍を繰り広げていたクォン・スンテが主戦グローブを放した。
指の負傷から回復したが、試合に出場できずにいる。
何があったのか?

クォン・スンテは去年、全北現代のACL優勝を導いてから鹿島に移籍した。
彼は長く鹿島のゴールを守ってきたベテランGK曽ヶ端準を抜いて、シーズン序盤から主戦GKとして活躍していた。

彼は左指の負傷で交代アウトになった7月2日の柏レイソル戦まで、鹿島の主戦GKだった。
柏戦までJ1リーグで12試合、ACLで7試合プレーして鹿島のゴールを守っていた。

だが負傷から回復してからはベンチを守る時間が長くなっている。
彼は8月26日のセレッソ大阪戦で交代GKとして名前を上げてから9日の大宮アルディージャ戦まで、鹿島の4試合のうち3試合を交代選手としてベンチで見ているだけだった。

主戦競争で押されたとみられるが、クォン・スンテの欠場は鹿島のチーム内の事情と関連している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング