J1札幌入りの国見高校・FW中島大嘉「最終目標はバロンドール」

 大器が新たな一歩を踏み出した。J1札幌への入団が内定した長崎・国見高校のFW中島大嘉(3年)が1日、同校で会見を行い「これからも感謝の気持ちを忘れずに、プレーでも言葉でも示していきたい」と意気込みを示した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/116703adcc9b33f54297f7de7afb572574661e32




2002年生まれの日有望株、「私のライバルはハートランド…目標はバロンドール」
ベストイレブン



※一部要約

日本Jリーグクラブのコンサドーレ札幌は最近、将来が期待される高校の有望株を1人獲得した。
中島大嘉だ。

コンサドーレ札幌によると、2002年生まれの中島は188センチ78キロの体格を備える最前方FWでスピードと高さを兼ね備え、ゴール前の決定力が優れたタイプだという。



[Interビュー] "JリーグベストXI"GKムン・キョンゴン、「代表を夢見ます…ビルドアップに自信」
インターフットボール



※一部要約

日本で存在感を増しているムン・キョンゴンが、大韓民国代表乗船を夢見ている。

1995年生まれのムン・キョンゴンは釜山の金井小、昌寧中、釜慶高を経て光云大学4年に在学中だった2017年夏、日本J1リーグの大分から入団テストのオファーを受けた。
ムン・キョンゴンの技量に満足した大分はすぐにプロ契約を結んだ。
だがプロの壁は高かった。
大分のゴールはベテランGK高木が堅く守っていた。

3年間プロデビューを思い焦がれていたムン・キョンゴンは5日、YBCルヴァンカップ・ガンバ大阪戦で1軍デビュー戦を行った。
それからJ1リーグの川崎戦、横浜Fマリノス戦、コンサドーレ札幌戦、柏レイソル戦までリーグ4試合連続で先発の機会を得た。
その中で最も近い試合の柏戦で、Jリーグのメイン放送会社"DAZN"が選定する12ラウンドベストイレブンに選ばれた。

長い間待った末にリーグデビュー戦を行ったムン・キョンゴンに、"インターフットボール"が電話インタビューした。


─J1リーグデビューおめでとう。3年間苦労した。

大分に入団して3年間、すごく寂しくて大変だった。
ワイフのおかげで耐えることができた。(若い年齢だが結婚を早くにした)
恋人関係を続けていたが、今年2月に婚姻届を出した。
すぐ日本に渡ってきて新婚生活中である。
コロナ19事態が起きてからは韓国に一度も入れていない。



Jリーグでプレーする韓国選手、コロナ19の危険の中でも自分の役割ぴょんぴょん
スポーツ朝鮮



※一部要約

日本のコロナ19の状況が尋常ではない。

日本メディアNHKによると、23日に日本全域で確認されたコロナ19新規確診者は745人。
累積確診者は2月の集団感染状態が起きたクルーズ船搭乗者(712人)を含めて63503人に増えた。

不透明な状況の中でも、グラウンド上の競争は続いている。
2月の開幕後に開店休業状態になった日本Jリーグは、6月を起点にグラウンドを開放した。
Jリーグでプレーする韓国人選手もやはり、自分の役割をしっかり果たしてチームの上り調子に力を加えている。

今シーズンに川崎と再契約したチョン・ソンリョンは主戦GKの席を堅く守っている。
川崎はチョン・ソンリョンの好セーブショーで10勝1分け1敗を記録、首位を走っている。

最近新たな挑戦に出たオ・ジェソクも適応を終えた様子だ。
2013年にガンバ大阪のユニフォームを着たオ・ジェソクは、夏の移籍市場で名古屋に巣を移した。
7月の合流後、少しずつ呼吸を整えてきたオ・ジェソクは、最近2試合連続で交代出場してポジションを取っている様子だ。
オ・ジェソク側の関係者は「コロナ19の予防に気を使い、元気に過ごしている。新チームで熱心に練習して適応している」と伝えた。

代表DFキム・ヨングォンもやはり、チームで中軸的な役割を担っている。
風邪で最近2試合出られなかったキム・ヨングォンは、23日に行われた鹿島とのアウェイ試合に先発出場した。
キム・ヨングォンの安定した守備でチームは1対1の引き分けを記録、連敗の危機から脱した。



"日イケメンDF"内田、膝の負傷により32歳で早い引退
スターニュース



※一部要約

日本サッカー代表としてよく顔を見せていた内田篤人(32、鹿島アントラーズ)が早い現役引退を宣言した。
膝の負傷に苦しめられた末に決断を下した。

日本の朝日新聞やスポニチアネックスによると、内田は23日にホームの鹿島サッカースタジアムで行われた2020Jリーグ12ラウンド・ガンバ大阪戦を最後に、現役選手生活を終えた。

この日、前半16分に同僚の負傷で交代投入された内田は74分間プレーし、後半追加時間に劇的な同点ゴールの起点となった。



"3年ぶり"Jリーグデビューのムン・キョンゴンGK、「嬉しくて泣きました」
インターフットボール



※一部要約

日本の舞台でリーグデビュー戦を行ったムン・キョンゴン(25、大分トリニータ)GKが涙を拭った。

Jリーグには最高級の韓国GKが並んでいる。
キム・ジンヒョン(33、セレッソ大阪)やチョン・ソンリョン(35、川崎フロンターレ)、クォン・スンテ(35、鹿島アントラーズ)、キム・スンギュ(29、柏レイソル)らが活躍中だ。
2017年に日本へ渡ったムン・キョンゴンも長く待った末、J1リーグで足を踏み出した。

ムン・キョンゴンは金井小、昌寧中、釜慶高を経て光云大学4年に在学中だった2017年、大分から練習試合参加のオファーを受けた。
日本で行われたテストで技量を認められたムン・キョンゴンは、すぐに大分とプロ契約を結んだ。

主戦争いは激しかった。
大分のゴールは主戦GKの高木が堅く守っていた。
ムン・キョンゴンは3シーズンの間、サブのポジションで能力を磨き上げた。
結局、2019年にクラブが先に再契約をオファーした。

粘り強く辛抱したムン・キョンゴンは5日、YBCルヴァンカップ(Jリーグカップ)2ラウンドのガンバ大阪との試合で1軍デビュー戦を行った。
試合は1-1で終わった。
ムン・キョンゴンは冷静なセーブとともに、水準級のビルドアップの技術も認められた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング