全南アン・ヨンウ、Jリーグ行き・・・ノ・サンレ監督「誠実な選手、日本で成功するだろう」
STNスポーツ




※一部要約

全南ドラゴンズの"狂った左脚"アン・ヨンウが日本Jリーグに移籍する。

全南は22日、「全南の主戦サイドアタッカーとして活躍しているアン・ヨンウが、Jリーグのサガン鳥栖への移籍を控えていて、メディカルテストだけを残している」と明かした。

アン・ヨンウは東義大を卒業して2014年に全南ドラゴンズへ入団した。
デビュー新年に新人らしからぬ自信や余裕、鋭さを持っていたアン・ヨンウ。
彼の左脚は全南の代表的な攻撃オプションになり、31試合出場で6ゴール6アシストというずば抜けた活躍を繰り広げた。
これに力づけられてアン・ヨンウは2014仁川アジア大会代表に抜擢され、金メダルを首にかけた。

ノ・サンレ監督も「全南でプレーしている間、自分の役割を十分に果たした選手である。誠実で努力する選手なので、Jリーグでも成功するだろう。毎試合負傷なしに良い活躍をするよう願っている」とアン・ヨンウに激励のメッセージを伝えた。



[青春、日本サッカーに会う] 桜色に染まったキンチョウスタジアム・・・ファン・選手・クラブが一つになった祭りの場
スポーツ東亜




※一部要約

認めたくないが、日本最上位のプロサッカーリーグJリーグは、アジアを代表する最高のリーグの一つと言われる。
単に競技力だけでなく、サッカー市場やインフラ、サポーターの規模などを比べたときも同様である。
Jリーグの興行の秘密が知りたくて行き、現場で感じたJリーグの熱気を生き生きと伝える。

日本での最初の日程はセレッソとFC東京の試合だった。
セレッソは代表GKキム・ジンヒョンの所属でユン・ジョンファン元蔚山監督が指揮していて、国内ファンにも馴染みのチームである。

キックオフ2時間前に着いた競技場はすでに混んでいた。
様々な食事を売るフードトラックの前にファンが並んでいた。
周囲では子供が遊んだり、サポーターが太鼓を叩いて歌っていた。
老若男女が交わる祭りの現場のようだった。

驚くべき点は、人員を除いたみんながピンク色のユニフォームを着ていたということだ。
競技場内のオフィシャルストアの前には、ユニフォームを含めた色んなクラブグッズを買うために人々が集まっていた。
競技場の雰囲気がファンの購買心理を刺激していた。
マフラーなどを買ったファンでいっぱいになった競技場は、桜の光で染まっていた。



[WHY+] Jリーグに吹いた風で有望株も行ってしまった
ゴールドットコム




※一部要約

ファン・ウィジョ(城南FC→ガンバ大阪)、チョン・スンヒョン(蔚山現代→サガン鳥栖)、キム・ボギョン(全北現代→柏レイソル)、マルセロ(済州ユナイテッド→大宮アルディージャ)、チャン・ヒョンス(広州富力→FC東京)。

今夏、Kリーグや韓国国籍の主な選手が日本Jリーグに向かっている。
去年、中継権料のジャックポットを放ったJリーグは、資金力で武装して"コスパ"の高い韓国選手とKリーグで検証された外国人選手を引き込んでいる。

例年と違う選手の歩みは、アジアクォーター制を廃止した中国スーパーリーグと、廃止の手順を踏んでいる中東の様々なリーグの状況のためでもある。

Jリーグに吹く風は、検証された選手だけではない。
今夏にも有望株がJリーグに続々と向かっている。
キム・ドンス(大宮アルディージャ)、イム・スンギョム(名古屋グランパス)、ウォン・ドゥゼ(アビスパ福岡)がその主人公である。

慶煕大出身でハンブルガーSV U-19に入団したキム・ドンスは、夏の移籍市場で大宮に移った。
ドイツの舞台で2軍チーム(4部リーグ)でプレーしていた彼は、潜在力を認められたが1軍昇格に失敗した末、日本の舞台に向かった。



[オフィシャル] チャン・ヒョンス、東京と2年6ヶ月契約・・・「東京の優勝に最善を尽くす」
スポータルコリア




※一部要約

チャン・ヒョンスのFC東京移籍が確定した。

チャン・ヒョンスのエージェントであるインスポコリアは12日、「チャン・ヒョンスが東京に移籍することになった」と明かした。
チャン・ヒョンスは東京と2019年末までの2年6ヶ月契約を結んだ。

チャン・ヒョンスは「実家チーム格の東京に3年6ヶ月ぶりに返ってくることになった。東京にまた入団することができ本当に嬉しくて幸せだ」という所感を伝えた。
続けて「良いチームで良い選手と一緒に試合をすることにワクワクする部分も多い。中国で今年は厳しい状況に置かれていたが、手を差し伸べてくれた東京にすごくありがたみを感じている。東京が優勝できるよう最善を尽くす」と東京が好成績を出すことに貢献すると付け加えた。




[オフィシャル] "A代表資源"チャン・ヒョンス、JリーグFC東京行き確定
スポーツ朝鮮




※一部要約

キャリアは華やかだ。
U-20代表をはじめとして年代別代表の主軸として活躍してきた。
2014年の仁川アジア大会の金メダルメンバーである。
2016年のリオオリンピックのときはワイルドカードで最後方を守った。

2013年のイランとのブラジルワールドカップアジア地区予選を皮切りにA代表での一歩を踏んだチャン・ヒョンスは、その後ずっと招集を受けてきた。
Aマッチ36試合で3ゴールを決めた。

チャン・ヒョンスは187センチで優れた制空権はもちろん、対人マークとビルドアップまで備えているDFだ。
2014年に広州富力のラブコールを受けて中国行きを決めた。
優れた活躍を繰り広げて軟着陸したが、今年に危機が訪れた。

中国サッカー協会が外国人選手の登録規定を変えた。
既存の五人保有五人出場から五人保有三人出場に変更された。
チャン・ヒョンスは今シーズン、リーグ1試合出場に終わっていた。
同時にA代表の危機が重なり、世論の袋叩きに遭ったりもした。
名誉挽回が切実なとき。
チャン・ヒョンスも現実を認めた。
「誰かが負傷しなければ試合に投入されるのが難しい状況だ」

プレーできるチームを見つけなければならなかった。
FC東京が最も積極的だった。
チャン・ヒョンスは自分の価値を再び証明するため、約4年ぶりにJリーグ復帰を決心した。


【関連記事】
ストイコビッチ監督の下で1分もプレーできずにいる広州富力チャン・ヒョンス「無条件に離れなければならない」
FC東京移籍が報じられたチャン・ヒョンスの代理人「細部条件を進めている」「7月初めには結論が出る」
中国人記者「別れが近づいている中国スーパーリーグとアジア枠」「チャン・ヒョンスは三番目の脱出アジア選手に」


淀みがないユン・ジョンファン監督のセレッソ、シーズン初の首位登極
ベストイレブン




※一部要約

ユン・ジョンファン監督が率いるセレッソ大阪の上り調子に淀みがない。
今シーズン開幕後に初めて首位にチームを上げた。

ユン監督が率いるセレッソ大阪は8日、長居スタジアムで行われた2017日本J1リーグ18ラウンドで、柏レイソルに2-1で逆転勝ちした。

この日の勝利に力づけられ、セレッソ大阪は最近リーグ3連勝(公式戦基準で5連勝)とリーグ8試合連続無敗(7勝1分け/公式戦基準で12試練連続無敗)という驚くべき上り調子を続けることに成功した。
ユン監督は柏戦でセレッソを今シーズン開幕後に初めて首位に上げた。
さらに最近のリーグ3連勝はすべて逆転勝ちで、日本メディアはユン監督のリーダーシップを高く評価している。


ユン監督は選手が絶対に諦めない姿勢を見せたことに満足感を示した。
また、蒸し暑い天候にもかかわらず、ファンが最後まで応援したおかげで、選手が試合を諦めなかったとして、周囲にも感謝を伝えた。

残りのシーズンを最後まで見なければならないが、これまでを見るとユン監督は日本で最高の名将の一人にそびえ立った様子だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング