リバプール南野、EPLデビューに続く二重の慶事…女優の柳と熱愛認定
STNスポーツ




※一部要約

南野拓実が二重の慶事を迎えた。

リバプールFCは24日、モリニュー・スタジアムで行われた2019/20シーズン・イングリッシュ・プレミアリーグ24ラウンドのウォルヴァーハンプトンとの試合に2-1で勝利した。

この日の試合では南野がEPLデビュー戦を行った。
南野は1月の冬の移籍市場でリバプールに合流した後、エバートンFCとのFAカップでデビューした。
だが試合前までEPLデビューはできていない状況だった。
サディオ・マネの急な負傷の不運に、ユルゲン・クロップ監督は彼に出場を指示した。

前半33分に交代投入された南野は、試合中に印象的な姿を見せられなかった。
だがリバプールが長期的な観点から管理している南野なので、出場だけでも実りのある試合だった。

南野はEPLデビューに加え、熱愛という二重の慶事を迎えた。
日本メディア<ニュースポストセブン>は24日、「南野が女優の柳ゆり菜と熱愛中だ。2人は柳の姉のカップルの紹介で親しくなり、熱愛まで発展した。同じ大阪出身という点も、恋愛で大きな役割を果たした。2人は現在、日本とヨーロッパを行き来して国際恋愛している」と報じた。



英メディア、「南野、スピードに追いつくのに苦しむ」…EPLデビュー戦評価
インターフットボール

200124084610147.jpg


※一部要約

南野拓実がプレミアリーグデビュー戦を行った。
目立たなかったが無難な評価を受けた。

リバプールは24日早朝5時、英国ウェスト・ミッドランズにあるモリニュー・スタジアムで行われたウォルヴァーハンプトンとの2019-20イングリッシュ・プレミアリーグ24ラウンド遠征試合に2-1で勝利した。

リードを掴んでいたリバプールは安定的に試合を導き始めていた。
だが前半32分に悪材料が訪れた。
攻撃の核心サディオ・マネが負傷したのだ。
これに対してリバプールは南野を投入し、悪材料を乗り越えようとした。
南野のプレミアリーグデビュー戦だった。

左サイドに配置された南野は活発な動きを見せたが、印象的な姿ではなかった。
ザルツブルクで見せていた光る動きもやはりなかった。

目立った活躍はなかったし、自ずと高評価を受けるのは難しかった。
英国"リバプールエコー"は南野に評点6を与え、「投入直後は左ウイングでプレーしたが、ハーフタイム後には右MFでプレーした。時々試合のスピードに追いつくのに苦しんだ」と明かした。
英国"エクスプレス"もやはり、評点6とともに「依然としてプレミアリーグに適応中だ。指示事項はしっかり遂行した」とした。




「スーパー…チームに完璧に溶け込んでいる」…クロップ、リバプールデビューの南野を絶賛
OSEN

200124112207374.jpg


※一部要約

日本人としては9人目にEPLデビュー戦を行った南野は、この日に58分ほどを消化した。
だがこれといった活躍像は見せられなかった。
南野はモハメド・サラーとロベルト・フィルミーノの下、あるいはサイドに位置して主に同僚のプレーを助けることに集中した。

だがクロップ監督の考えは違った。
リバプールの公式HPによると、クロップ監督は試合後の記者会見で「スーパー(Super)」だったと評し、「サディオ・マネが離脱する状況になり、今夜はいつもと違うプレーをした。守備時は4-4-2で、攻撃時はいつものようなシステム(4-3-3)だ。もしディヴォック・オリジを投入すれば、試合があまりに早い時間から攻撃的になってしまう」と明かした。

続けて彼は「タキ(南野の愛称)はもう私たちと2~3週練習したし、最近では別のポジションでプレーした。FAカップの試合では中央でプレーしたが、今回は右サイドと左ウイングでプレーした。彼はそうやってプレーできるし、私たちには彼が必要だ。だが彼はウインガーではないと思う。彼はライン間でプレーする選手」と説明した。

特に彼は「タキにとっては本当に難しかっただろう。彼は投入直後にふくらはぎを強張らせ、ハーフタイムのときに治療を受けなければならなかった。何の異常もないことを望む。大丈夫だろう。最初のEPLの試合は本当に良かった。チームにも完璧に溶け込んでいるのが本当に良かった」と評価した。


200124112207374a.jpg



「南野、2試合連続ベンチ…EPLデビューまた延期」日嘆く
スポータルコリア




※一部要約

リバプールが優勝へ向けて加速ペダルを踏んだが、日本は嬉しくなかった。
南野拓実のリーグデビュー戦がまた失敗に終わったからだ。

リバプールは20日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの2019/2020イングリッシュ・プレミアリーグ23ラウンドで、フィルジル・ファン・ダイクとモハメド・サラーの連続ゴールで2-0の勝利をおさめた。
これで13連勝を疾走、勝ち点64で圧倒的な首位を走っている。

この日のリバプールはマヌラ(サディオ・マネ、ロベルト・フィルミーノ、サラー)を前面に出して強大な火力を誇示した。
緊張感溢れていて、ライバル戦のためいつもより交代で慎重にならざるを得なかった。
そのため移籍してから1ヶ月も経っていない、まだ適応中の南野にチャンスが与えられるわけがなかった。

これを見守った日本は、深い溜め息をついた。
日本のフットボールチャンネルは「リバプールは13連勝を走ったが、南野はまたベンチを守った」と嘆いた。

ゲキサカもやはり試合内容と結果を伝えて「南野は待機リストに名前を上げたが、サラー・フィルミーノ・マネが先発で出た。3選手によってEPLデビュー戦は延期となった」と心残りを吐露した。




南野が1月の獲得で2位になり日メディア、「ズラタンを抜いた!」
スポータルコリア




※一部要約

英国"インディペンデント"は20日、"1月の移籍市場トップ20"を選定した。
現在までに成立した移籍に順位をつけたのだ。
21日、日本"サッカーダイジェスト"はこれを引用して「(南野が)ズラタンを抜いた」というタイトルの報道をした。

1位はザルツブルクからドルトムントに移籍したアーリング・ホランドだった。

続けて2位はザルツブルクでホランドとともにプレーした南野が名前を上げた。
"インディペンデント"は「ザルツブルクで最高のプレーを繰り広げた。洗練されたプレーをし、成長を期待できる」という評を残した。

LAギャラクシーからACミランに移籍したズラタン・イブラヒモビッチは7位だった。
"サッカーダイジェスト"は「現在の評価、長期的な成長、市場価値など、インディペンデント独自の基準で、南野はイブラヒモビッチより高かった」と称賛した。

南野はリバプール移籍後、多くのヨーロッパ現地メディアの関心を集めている。
リバプールデビュー戦は行ったが、プレミアリーグデビューはまだ実現していない。
2試合連続ベンチに留まっただけである。
まだ序盤だが高い評価とは正反対の立場だ。



[現場REVIEW] "ファン・ダイク-サラーゴール"リバプール、マンUを2-0で制圧…22G無敗行進
スポTVニュース




※一部要約

リバプールの無敗行進は続く。

リバプールは20日1時30分、アンフィールドで行われた2019-20シーズン・イングリッシュ・プレミアリーグ23ラウンドで、マンチェスター・ユナイテッドに2-0の勝利をおさめた。
これでリバプールは勝ち点64でリーグ1位、マンUは勝ち点34で5位になった。


200120032511851a.jpg

200120032511851b.jpg

200120032511851c.jpg



マンUレジェンドのパク・チソン「ヨーロッパで様々な経験、韓国サッカーの接ぎ木方法を模索中
東亜ドットコム




※一部要約

パク・チソンは17日、ソウル三成洞で行われたコーラー×マンチェスター・ユナイテッド・グローバルパートナーシップ記念マンUレジェンド招請イベントに参加した。
マンU公式スポンサーであるコーラーは、マンUアンバサダーとして活動中のパク・チソンを招請し、プレスセッションをはじめとしてファンイベント、VIPイベントなどを行った。

最近、大韓サッカー協会の幼少年本部長をやめたパク・チソンは「最大の理由は距離のため。英国にいて韓国の仕事をしなければならない状況だった。直面すべきことがあったがしっかり遂行できないと思い、ヨーロッパで学ぶべきことがまだ多いと思った」と語った。

彼は、自分が学んだヨーロッパの幼少年政策を韓国サッカーに接ぎ木する方法については「私が学んだことをすぐ韓国サッカーに活用するのか考えるのは時期尚早だと思う。重要なのは今どのようにヨーロッパがしていて、どういう方向に行うのかを学んでから決まるだろう」と伝えた。

同時に「そのときの韓国の実情がどう変わるかわからない。どの席でどういう仕事をするのかはまだわからない。全体的なシステムを学んでいる。何が本当に好きなのかを探しているところだ。必ず何かをするというより、何をするのかを見つけている段階だと思う」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング