[EPL 3R] "ラッシュフォード決勝ゴール"マンU、レスターに2-0の完勝…3連勝行進
スポータルコリア




※一部要約

マンUがホームでレスター・シティに完勝した。
新星ラッシュフォードがレスターのゴールネットを揺さぶり、勝利の青い鳥になった。

マンUは27日、マンチェスターにあるオールド・トラフォードで行われた2017/2018シーズン・イングランド・プレミアリーグ3ラウンドのレスター戦に2-0で勝利した。
マンUはレスター戦の勝利で快調の3連勝行進を走った。


20170827032117868a.jpg

20170827032117868b.jpg



プレミアリーグが世界最高のサッカーリーグになった秘訣は?CNNの分析
スポーツ京郷




※一部要約

イングランドプレミアリーグが世界最高のサッカーリーグになったのは、各国の選手を積極的に獲得したからだとアメリカCNNが分析した。

CNNは15日、「プレミアリーグが2017~2018シーズンで26回目のシーズンを迎えた」として、プレミアリーグが現在世界最高のサッカーリーグと評価される理由について伝えた。
今シーズンのプレミアリーグの選手のうち、英国出身は39%である。
残りの61%は世界67ヶ国から来た外国選手だ。
CNNは「プレミアリーグが現体制でスタートした1992~1993シーズンは英国選手が71%を占めていて、外国選手は55人だけだった」として、「当時は南アフリカ、アジア、イタリア、ポルトガルの選手は1人もいなかったし、フランスの選手もエリック・カントナ1人だけだった」と伝えた。

その後プレミアリーグは外国監督と外国選手の獲得を増やし、本格的に世界化に突入した。
1996年にアーセナルの指揮棒を手にしたフランス出身の名将アーセン・ベンゲル監督は、1997~1998シーズンに非英国出身の監督で初めてプレミアリーグの頂点に立った。
オランダ出身でアーセナルの看板FWとして活躍したデニス・ベルカンプがリーグ16ゴールでリーグ優勝を導いた。
ベンゲルの優勝とベルカンプの活躍は、自惚れていた英国サッカー界にとって大きな衝撃であると同時に挑戦となった。

2002~2003シーズンにはプレミアリーグのクラブ別20人のスカッドで外国選手の比重が58%を占めた。
オランダ代表でマンチェスター・ユナイテッドの主戦FWとしてプレーしたルート・ファン・ニステルローイが25ゴールで得点王になり、1998フランスワールドカップ優勝メンバーのフランス代表ティエリ・アンリがアーセナルのユニフォームを着て得点2位(24ゴール)になった。
そのとき得点10傑のうち7人が英国外国籍の選手だった。
その中にはオーストラリア出身のマーク・ビドゥカ(20ゴール)とハリー・キューウェル(14ゴール)もいた。



イ・チョンヨンとキ・ソンヨン欠場、憂鬱な開幕戦…ソン・フンミンまで?
デイリアン




※一部要約

ソン・フンミン、キ・ソンヨン、イ・チョンヨンのコリアンプレミアリーガー3人衆のスタートが順調ではない。
ともすれば開幕戦で全員姿を消す状況に置かれた。

クリスタルパレスは12日、ロンドンのセルハースト・パークで行われた"2017-18イングリッシュプレミアリーグ"開幕戦のハダースフィールド・タウンとの試合に0-3で敗れた。

この日、イ・チョンヨンは交代メンバーに名前を上げたが、結局グラウンドを踏むことができなかった。

イ・チョンヨンは昨シーズンのプレミアリーグで15試合の出場に終わり、そのうち先発出場は4回に過ぎなかったほど主戦競争で完全に押し出され、手に負えない時間を過ごした。

今シーズンはフランク・デ・ブール監督の就任とともに雰囲気の反転を狙っているが、ついに招請を受けることができなかった。
流れを奪われているのにデ・ブール監督がイ・チョンヨンを無視したことから見て、この先も出場機会を掴むのは容易ではなさそうだ。

そんな中、所属チームのパレスはプレミアリーグがスタートしてから初めて昇格したハダースフィールドに完敗し、憂鬱な出発を伝えた。



[EPL1R] "ジルー決勝ゴール"アーセナル、レスターに4-3勝ち…スッキリとしたスタート
スポータルコリア




※一部要約

アーセナルがリーグ開幕戦でゴールの嵐を固め打ちしてスッキリとしたスタートを見せた。

アーセナルは12日、ロンドンのエミレーツスタジアムで行われたレスターとの2017/2018イングリッシュプレミアリーグ1ラウンドでラカゼット、ウェルベック、ラムジー、ジルーのゴールによって4-3で勝利した。

これでチェルシーとの2017FAコミュニティシールドで勝利していたアーセナルは、リーグまでその勢いを続けた。








スウォンジー監督「キ・ソンヨン、9月中旬の戻ってくる」…イラン戦欠場"ダメ押し"
スポーツソウル




※一部要約

膝の手術からリハビリ中のキ・ソンヨンについて、所属チームであるスウォンジー・シティのポール・クレメント監督は、来月中旬の復帰を予想した。
それに伴い、今月末から始まる"2018ロシアワールドカップアジア最終予選"イラン戦とウズベキスタン戦の出場が事実上挫折した。

スウォンジーはキ・ソンヨンの負傷に関するクレメント監督のインタビューを5日にHPで掲載した。
キ・ソンヨンは6月14日の最終予選8次戦のカタール戦の後、膝の炎症の手術を受けてリハビリに入った。
回復には3ヶ月かかるというのがクレメント監督の考えである。
「キ・ソンヨンは手術を受け、3ヶ月が経ってから戻ってくるだろう」という彼は、「6月中旬に手術をしたので、9月中旬に試合をすることができそうだ」と言った。
シン・テヨン代表監督もキ・ソンヨンのイラン戦とウズベキスタン戦の活用はほとんど諦めた表情である。
それに伴い、核心MFであり主将のキ・ソンヨンの代案をどう見つけるのかが課題に浮上した。

だがクレメント監督はキ・ソンヨンのクラスを讃え、彼の復帰を待ち焦がれていた。
「2016~2017シーズンの最後の4~5試合で、私たちにとって非常に重要な選手ということを証明した」というクレメント監督は、「今シーズンも私たちのチームが良い姿で終えられるのに必要な存在だ。良いサッカー選手である。スウォンジーに合う典型的な選手だ」と好評した。




キ・ソンヨン、ワールドカップ予選イラン・ウズベク戦プレーできない…9月復帰確定
ヘラルド経済




※一部要約

韓国代表のシン・テヨン監督は14日に代表メンバーを発表する予定だが、体の状態が確実ではないキ・ソンヨンを選出するのは現実的に難しそうに見える。

さらには所属チームが"9月以降に復帰"と釘を差している状態なので、韓国に呼んで練習させるのもかなり負担なことである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング