ポチェッティーノ監督、「ソン・フンミンorヤンセン、交代投入で悩み」
インターフットボール




※一部要約

トッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がヴィンセント・ヤンセンを絶賛し、ソン・フンミンについて話を切り出した。

トッテナムは5日、ロンドンのホワイト・ハート・レーンでエバートンとEPL27ラウンドを行う。

試合を控えてポチェッティーノ監督は、英国"スカイスポーツ"とのインタビューで「試合を分析しなければならない。私はベンチにいるソン・フンミンとヤンセンについて、誰を送り出すのか悩んできた。私たちはたいていハリー・ケインの代替者にソン・フンミンを選んできた」とヤンセンとソン・フンミンに言及した。




「ソン・フンミンは交代資源・・・ヤンセンと競争」ポチェッティーノ監督の意図は?
スポーツワールド




※一部要約

ポチェッティーノ監督はエバートン戦で3バック戦術を使う予定だ。
3バック戦術を使えば攻撃陣の構成はハリー・ケインを中心にクリスティアン・エリクセンとデレ・アリを配置する。
ソン・フンミンの席はベンチである。
もちろん4バックに切り替えて2列目に3人配置する場合は、ソン・フンミンが左サイドのFWに入る。
だがポチェッティーノ監督は今シーズンほとんど3バックを使っている。

そんな中で変化が起きたようだ。
ヴィンセント・ヤンセンの登場である。
ポチェッティーノ監督は「私は常に率直で公正であろうと努力してきた。この数週間のヤンセンの練習態度は私に大きな満足感を与えた」と評価した。
続けて「ヤンセンは練習場で戦う必用があることを悟った。とても肯定的な現象だと思う」と称えた。

これはソン・フンミンの席を脅かす発言である。
ケインのバックアップにソン・フンミンではなくヤンセンを使うという意志を表現したのだ。
3バック戦術とヤンセンの成長、ソン・フンミンの越えなければならない山として現れた。



レスター、ラニエリ後任に"消防士"ヒディンク指名
インターフットボール




※一部要約

おとぎ話はサッドエンディングだった。
ラニエリ監督を更迭したレスター・シティが"消防士"フース・ヒディンク監督の選任を考慮している。

英国"テレグラフ"は26日、「レスターがかつてチェルシーを臨時で率いたヒディンク監督をラニエリ監督の代替者に指名した。レスターはラニエリ監督の理想的な代替者としてヒディンク監督を考えている」と報じた。

レスターがヒディンク監督を望むりゆうは簡単である。
ヒディンク監督が過去に見せた指導力のためだ。
オランダ代表、レアル・マドリード、韓国代表、オーストラリア代表、ロシア代表などを指導して世界的な名将と認められ、昨シーズンもモウリーニョ監督に代わって臨時監督職を引き受けて成功裏にシーズンを終えた記憶がある。
これに対してレスターは混乱を収拾するためにヒディンク監督を望んでいる。




ヒディンク、「私はサッカーへの情熱が大きくレスター行きの可能性はある」
OSEN




※一部要約

ヒディンク監督が語り始めた。
彼はオランダ日刊紙デ・テレグラフで「レスターと接触したことはない」としつつも、「私はサッカーへの情熱が非常に大きく、レスター行きの可能性を排除しない」と言った。

シェイクスピア監督代行が率いたレスターは先月28日、リバプールを3-1で下してリーグ15位に上がった。

ヒディンク監督は「レスターはラニエリ監督更迭後に代行とともに上手くやり遂げた」として、「リバプール相手に自分たちを証明した」と称えた。



[レスター-リバプール] ラニエリなしでラニエリ色を出したレスター
スポータルコリア

20170228065312188.jpg


※一部要約

昨シーズンのレスター・シティの奇跡の童話はスピード感が命だった。
残酷童話に変わった今シーズンは味気なかった。
中途半端だった。
そういうレスターがリバプール相手に自分たちの長所を取り戻した。

レスターがリーグ5連敗から脱出した。
レスターは28日、ホームのキングパワースタジアムで行われたEPL26ラウンドで、リバプールを3-1で下した。
ヴァーディの連続ゴールとドリンクウォーターの幻想的なゴールによって完勝を手にした。

低迷した雰囲気を一気に変えた。
レスターは先週、英国サッカー界を驚かす決定を下した。
昨シーズンに夢のようなEPL優勝を導いたラニエリ監督を1シーズンで成績不振を理由に更迭した。
いくら優勝監督であっても少し振るわなければ職場を失うしかない冷酷な勝負の世界を見せた。


20170228065312188a.jpg


この日は違った。
ラニエリ監督は去ったがグラウンド内では彼の色が展開されていた。
監督代行体制でも主戦の変化なしに4-4-2で臨んだレスターは、試合序盤からたくさん走り、素早く動いて内容のある攻撃を繰り広げた。

レスターファンは後半半ばに一斉に起立して、スマートフォンでフラッシュセレモニーを通じて去ったラニエリ監督に感謝をあらわした。
ラニエリ監督はいなかったが、彼のサッカーで歓喜を味わったことへの感謝の表現だった。


20170228065312188b.jpg



[EFL決勝現場レビュー] "ズラタン2ゴール"マンU、サウサンプトンを退けてEFLカップ優勝
スポーツ朝鮮




※一部要約

マンUが2016~2017シーズンのイングランド・フットボールリーグカップで優勝した。

マンUは26日、ロンドンのウェンブリーで行われたサウサンプトンとのEFLカップ決勝で、2ゴールを決めたズラタン・イブラヒモビッチの活躍により3対2で勝利した。
マンUは通算5回目のEFLカップ優勝トロフィーを掲げた。


20170227035903a.jpg

20170227035903b.jpg

20170227035903c.jpg



[オフィシャル] レスター・シティ、ラニエリ監督電撃更迭
スポーツ朝鮮




※一部要約

レスター・シティは結局クラウディオ・ラニエリ監督を更迭した。

デイリー・メール、BBCなど複数の英国メディアは23日、一斉にラニエリ監督更迭のニュースを伝えた。
レスター・シティもこの日公式声明でラニエリ監督の更迭を発表した。

レスター・シティは"ラニエリ監督はレスター・シティを優勝に導いた。クラブ133年の歴史で最高の快挙だった"と言った。
その一方で"現在クラブの国内リーグの成績はかなり良くない。クラブの理事陣はリーダーシップの交代を決めることになった。胸が痛む決定だったがクラブの将来のために必要だった"と更迭理由をはっきりと明かした。
スリヴァッダナプラバは「レスター・シティを買収してから7年間で最も難しい決定」として、「クラブの未来に責任を負う義務を持っている。私的な感情はまったくない」と言った。




[オフィシャル] レスター、奇跡の優勝をもたらしたラニエリ更迭
ゴールドットコム




※一部要約

レスターは今シーズン、プレミアリーグで5勝6分け14敗で17位に落ち込んでいる。
17位は18~20位までの3チームが毎シーズン降格するプレミアリーグで生存圏のマジノ線を意味する。
特にレスターは最近、プレミアリーグで行った10試合の成績が1勝2分け7敗に終わっていて深刻な不振を経験していた。

だがレスターはプレミアリーグでは不振だが、クラブ史上初めて進出したUEFAチャンピオンズリーグではG組1位で16強に進出した。
さらにレスターはわずか1日前の23日、セビージャを相手にチャンピオンズリーグ16強1次戦の遠征試合で、2ゴールを先に許したが不屈の闘志を発揮して遠征ゴールを記録し、1-2で敗れたが2次戦のホーム試合で逆転の可能性を残している。

一方、イングランドサッカーの歴史で1部リーグのディフェンディングチャンピオンが降格した事例は、1936-37シーズンに優勝してから1937-38シーズンに2部に降格したマンチェスター・シティが唯一である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング