マンシティ、日163cmのウィンガー伊藤の獲得に関心
OSEN




※一部要約

マンチェスター・シティが日本出身のウィンガー伊藤達哉を狙っている。

マンシティのニュースを専門に扱っているシティ・ウォッチは7日、日本メディアの報道を引用してマンシティが伊藤に関心を見せているビッグクラブのうちの1チームだと報じた。

163センチの短身ウィンガーの伊藤は両サイドをどちらも消化できる能力を持っている。
今シーズンにドイツ・ブンデスリーガの舞台にデビューし、7試合を消化して潜在力を存分に誇っている。

伊藤に関心を見せているクラブはマンシティの他にもインテル・ミラノ、ベンフィカ、トリノ、シャルケ、フランクフルト、ヴォルフスブルク、PSVアイントホーフェン、レッドブル・ザルツブルクなどである。
特に香川真司らがドイツで成功をおさめているブンデスリーガnビッグクラブが関心を見せている。

Aマッチ経験が一度もない伊藤がマンシティに移籍することになれば、ワークパーミットの発給を受けられないので、すでに多くの期待の主がそうしてきたようにNACブレダやFCジローナのようなところにレンタルで経験を積む見通しだ。

一方、ハンブルクは2013年に柏レイソル所属だった伊藤と契約を結んだ。



[EPL現場レビュー] "ソン・フンミン37分"トッテナム、レスター・シティに1対2の完敗
スポーツ朝鮮

20171129064009374.jpg


※一部要約

トッテナムが不振に陥った。

トッテナムは28日、レスターのキングパワースタジアムで行われたレスター・シティとのEPL14ラウンドの遠視試合に1対2で敗れた。
これでトッテナムは最近3回のEPLの試合で1分け2敗の不振に陥った。
ソン・フンミンは後半12分に交代出場した。
活発な姿を見せたが攻撃ポイントは上げられなかった。


20171129064009374a.jpg

20171129064009374b.jpg



2ゴール飛ばしたソン・フンミン、決勝ゴールでも評点酷評「チャンスを無駄に」
Newsen




※一部要約

ビッグクラブのFWはゴールを決めるだけでは高評価を受けられない。
ソン・フンミンがそうだった。

トッテナムのソン・フンミンは11月5日、ウェンブリーで行われたクリスタルパレスとのプレミアリーグ11ラウンドの試合で、後半18分に豪快なミドルシュートでゴールネットを割った。
ソン・フンミンはフルタイム出場をして、チームはソン・フンミンの先制決勝ゴールによって1-0で勝利した。

決勝ゴールを記録したソン・フンミンだったが、多くのメディアが付けた評点はそれほど良くなかった。
チーム内で下位圏に終わった。

デイリー・メールはソン・フンミンに6点をつけた。
チーム内最高点のパウロ・ガッサニーガGKが7点、最低点のオーリエが5点だった。
ソン・フンミンは先発出場選手の中でハリー・ケイン、ムサ・シソコと同点で、ソン・フンミンより評点の悪い選手はオーリエとダニー・ローズの2人だけだった。
事実上、チーム内の低評点である。

スカイスポーツの評点は多少良かった。
ソン・フンミンには7点が与えられた。
GKガッサニーガが9点で最高点であり、その後をダビンソン・サンチェス、ヤン・フェルトンゲン、ローズが8点で続いている。
エリック・ダイアーがソン・フンミンと同じ7点を受けた。
チーム内の中間点数である。



"なぜ…"キ・ソンヨン-イ・チョンヨン、EPL最悪のチームで感じる降格の危機
スポーツ韓国




※一部要約

奇妙だ。
"親友"キ・ソンヨンとイ・チョンヨンの所属チームであるスウォンジー・シティとクリスタルパレスは今シーズン開始2ヶ月で、最悪のチームとしての歩みを見せている。
このまま行けば降格が当然になる他ない両チームに所属している双龍だ。

スウォンジー・シティは5日、リバティ・スタジアムで行われたEPL11ラウンドのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCとのホーム試合に0-1で敗れた。
キ・ソンヨンは中央守備型MFとして先発出場したが大きな活躍もなく、チームに敗北とともに振るわなかった。

前半29分にゴールを奪われたスウォンジーは、息苦しい競技力だけを繰り返して無気力に敗れた。

試合中ずっと嘆かわしい競技力で敗北が当然だったスウォンジーは、この日の敗北で何と4連敗に陥った。
11試合で2勝2分け7敗の勝ち点8で、20チーム中18位の降格圏に入っている。



[ハン・ジュン] 韓国ヨーロッパ派の現実…ヨーロッパTOP10リーグのアジア地形図
ハン・ジュンのティキ・タカ




※一部要約

昨夜(※10月22日の記事)ヨーロッパサッカーの舞台で韓国と日本選手の対決があった。
イングランド・プレミアリーグでスウォンジー・シティのキ・ソンヨンとレスター・シティの岡崎慎司が争い、フランス・リーグアンではディジョンのクォン・チャンフンがメスの川島永嗣の守るゴールを狙った。
ク・ジャチョルとチ・ドンウォンがアウクスブルクにともに身を置いているドイツ・ブンデスリーガには、あまりにも日本選手が多いので対決が頻繁に繰り広げられる。

21世紀を前後してアジアサッカーはヨーロッパに近づいた。
1998年にイランのFWアリ・ダエイがブンデスリーガ最高の名門バイエルン・ミュンヘンに入団したし、日本のMF中田英寿が2000-01シーズンにASローマ所属でセリエA優勝を達成した。
韓国のMFパク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドで4回プレミアリーグで優勝し、2007-08シーズンにはアジア選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ優勝メンバーになった。

これらの選手が成功事例になり、オーストラリアがアジアサッカー連盟に編入し、今やヨーロッパの主要リーグでアジア選手の活躍を見ることはありふれている。

自国リーグがどれだけしっかりしているかが、その国のサッカーの競争力である。
だが戦術的にも技術的にも、ヨーロッパがサッカーの本場であり、先導的な役割を果たしているのも事実だ。
ヨーロッパにどれだけ多くの選手が進出し、活躍しているのかも競争力の指標の一つである。


102582576a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング