マンU、"マンチェスター・ダービー"で2-0完勝…PL5位にジャンプ-チェルシー猛追撃
OSEN




※一部要約

マンチェスター・ユナイテッドがマンチェスター・シティとのマンチェスター・ダービーで勝利を味わって順位を上げた。

マンチェスター・ユナイテッドは9日、英国マンチェスターのオールド・トラフォードで行われたプレミアリーグ29ラウンドのマンチェスター・シティとの"マンチェスター・ダービー"で、アントニー・マルシャルの先制ゴールにより2-0で勝利した。




"マクトミネイ楔ゴール"マンU、マンシティに2-0勝利
マイデイリー

200309033509020.jpg


※一部要約

マンUはこの日の勝利で12勝9分け8敗(勝ち点45)を記録してリーグ5位に上がった。
リーグ2位のマンシティは18勝3分け7敗(勝ち点57)を記録することになった。



日メディア努めて慰労「南野は最低点を受けたが最高点を与えたところもある」
スポTVニュース




※一部要約

南野拓実が相変わらず低調な競技力を見せたが、日本メディアは努めて慰めた。

南野は4日、英国ロンドンのスタンフォード・ブリッジで行われたイングランドFAカップ16強のチェルシー戦に先発出場したが、チームは0-2で敗れた。

南野は先発出場してフルタイムをプレーしたが、攻撃ポイントはなかった。
活躍も全体的に低調だった。
多くのリバプール選手の競技力が良くなかった中で、南野もやはり特別な活躍がなかった。

この日の現地メディアの評価も良くなかったが、南野への期待が大きい日本メディアは努めて慰めた。
英国"デイリー・メール"は南野に5点を与えた。
最低点だ。
逆に"Squawka"は最高点を与えた。
"サンケイスポーツ"はこの2つを根拠に「最低点を受けたりもしたが、最高点を与えたところもあり、評価が分かれた」と分析した。

だがやや曖昧な主張だ。
最高点を与えた"Squawka"は、"デイリー・メール"より1点高い6点だった。
この日はリバプール選手の競技力が全体的に低調だったため、6点が最高点だった。
最低点も最高点も大きな差はなかったが、相反する評価があったと主張した。



"枠内シュート1本"リバプール、ワトフォード遠征で0-3の完敗…無敗優勝挫折
OSEN




※一部要約

リバプールは1日、ヴィカレージ・ロードで行われたイングランド・プレミアリーグ28ラウンドのワトフォード遠征に0-3で大敗した。

今シーズン27試合無敗で勝ち点79をマークしていた"無敵軍団"リバプールは、19位のワトフォードに足首を掴まれて無敗優勝の夢が挫折した。

一方、ワトフォードは前の8試合(1分け7敗)で勝利がなかったが、リバプールを相手に圧倒的な競技力で大異変を演出し、ジャイアントキリングに成功した。


200301042612159a.jpg

200301042612159b.jpg



ソン・フンミン、英国復帰時に2週間の自宅隔離…英政府指示
ゴールドットコム




※一部要約

腕の手術を理由にシーズン途中に帰国したソン・フンミンが、近いうちに英国に戻れば約2週間の自宅隔離をしてから所属チームのトッテナムに合流することになる。

ソン・フンミンは17日、トッテナムがアストンビラを相手にしたイングランド・プレミアリーグ26ラウンドのアウェイ試合の途中、右肘付近の橈骨を骨折する負傷に遭った。
それから彼が19日に入国した後、21日にソウルの病院で手術を受けた。
現在、手術後に休みをとっているソン・フンミンは、リハビリを経てからトッテナムに合流する計画だった。
問題はソン・フンミンが帰国した後、国内で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の事態が深刻化し、彼のトッテナム合流時点も不透明になったこと。

わずか27日まではソン・フンミンのトッテナム復帰に大きな問題がないように見えていた。
英国日刊紙"デイリー・メール"などは、韓国でコロナ19の感染者が最も多く発生した大邸慶北地域から遠く離れたところに留まっているという事実を確認したとして、彼が復帰しても東アジア地域から来た入国者を対象にした、英国政府が下した2週間の自宅隔離の指示を守らなくても良いと明かしていた。

だが約2日間で、トッテナムもソン・フンミンの復帰に関して、政府の指示事項に従うことにした。
英国公営放送"BBC"をはじめとして日刊紙"デイリー・メール"や"ミラー"などは、コロナ19が韓国はもちろんアジア地域に一波万波広がっている事態の深刻性を把握したトッテナムが、現在のソン・フンミンの症状発現の有無に関わらず、英国政府の指示事項から例外に離れないという事実を受け入れたと報じた。
これによってソン・フンミンは、英国に戻れば2週間の自宅隔離をしてからトッテナムに復帰する。

ジョゼ・モウリーニョ監督は現地メディアに「クラブが政府から受けた指示事項を私に伝えれば、私はそれに従わなければならない」と語った。
彼は「ソニー(ソン・フンミンの愛称)がソウルから戻ってくれば、政府の指示に従うことになるだろう。彼の英国復帰直後、私たちとはともにできないという意味だ。まだ彼がどこにいることになるのか、具体的な情報は私も知らない」と説明した。



[速報] マンチェスター・シティ、2年間チャンピオンズリーグ出場停止の重い懲戒確定
フットボールリスト




※一部要約

UEFAがマンチェスター・シティに今後2シーズンの間、ヨーロッパクラブ対抗戦(チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなど)出場禁止の懲戒を下した。
これによってマンシティはプレミアリーグでどのような成績をおさめようと、2020/2021・2021/2022シーズンのチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場資格が剥奪される。
現在参加している2019/2020シーズンのチャンピオンズリーグは完走できる。
UEFAはマンシティに3000万ユーロ(約400億ウォン)に達する巨額の罰金も払わせる。

UEFAがマンシティに重い懲戒を下した罪状は、FFP(財政的フェアプレー)違反である。
UEFAはマンシティがスポンサーシップの売上を膨らませた一方、クラブオーナーのシェイク・マンスールが所有するシティフットボールグループからFFP規定で制限している金額を超過する規模の支援を受けていたとして、このような懲戒を下した。

一方、マンシティ側はUEFAがEメールのハッキングなど、不法な方法で調査を進めて証拠を集めたと反発している。
マンシティは去年6月、国際スポーツ仲裁委員会にこの懸案を告訴したことがあるが、受け入れられなかった。
マンシティは今回の決定に控訴すると発表したが、まだ具体的な対応策は発表されていない。




懲戒控訴を予告したマンシティ「UEFAの判決予想していた」
ゴールドットコム




※一部要約

マンシティは公式発表文で「UEFAの懲戒発表に失望したが、驚きではなかった」と明かした。
マンシティは「2018年12月にUEFA調査官は、本格的な調査が始まってもいない時点から、我がクラブに下す懲戒の程度をすでに教えていた。その後のUEFAの調査過程には欠陥があったし、調査内容まで何度も流出する状況が起きて、私たちはすでにどのような懲戒が下されるのか予想できていた」と説明した。

続けてマンシティは「端的に言えば今回の調査を進め、判決を下し、すべての決定をしたのは全面的にUEFAだった」として、「本クラブはできるだけ速やかに国際スポーツ仲裁裁判所に構成な判決を要請する」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング