[オフィシャル] マンU、ルカク獲得を公式発表・・・移籍金合意
スポータルコリア




※一部要約

最終的にロメル・ルカクを抱えたのはマンチェスター・ユナイテッドだった。
マンUはチェルシーを出し抜いてルカク獲得に成功し、順調に補強作業を進められるようになった。

マンUは8日、クラブの公式チャンネルでルカク獲得のニュースを伝えた。
発表によると、マンUはエバートンとルカク獲得で合意し、メディカルを進めると伝えた。





今夏の移籍市場でFW獲得に死活をかけていたマンUは、大いに心配事を減らすことができた。
ズラタン・イブラヒモビッチが自由契約でチームを去り、事実上残っていた最前方の資源はマーカス・ラッシュフォードくらいだった。
ルカクという検証されたFWを連れてきて、来シーズンのリーグ-チャンピオンズリーグの日程に備えられるようになった。



[公式発表] キ・ソンヨン、膝の負傷でシーズン序盤欠場
インターフットボール




※一部要約

スウォンジー・シティのMFキ・ソンヨンが膝の手術で2017-18シーズンの開幕戦に欠場する。

スウォンジーは3日、公式HPで「キ・ソンヨンが新シーズンの開幕戦に欠場する。キ・ソンヨンは膝の手術でシーズン序盤の欠場が不可避になった。彼はカタールとのワールドカップアジア最終予選で膝を負傷し、その後韓国で小さな手術を受けた」とキ・ソンヨン欠場のニュースを伝えた。

スウォンジーは「キ・ソンヨンはスウォンジーのアメリカツアーが終わるまで韓国に留まり、リハビリに専念するだろう。クラブのメディカルチームはキ・ソンヨンの負傷の具合を見るため韓国へ向かった。まだ復帰の日は決まってないが、今回の負傷で長期欠場はしないと予想している」とキ・ソンヨンがシーズン序盤に欠場すると見通した。


20170703200515676a.png



イ・チョンヨン、デ・ブール体制"放出1位"に指名される
スポータルコリア




※一部要約

新監督を迎えてもイ・チョンヨンの立場は大きく変わらない見通しだ。

5月に去ったサム・アラダイス監督の後任を探していたパレスは、過去にアヤックスとインテルなどで指導力を誇示したフランク・デ・ブール監督を新たな指令塔に選任した。

自ずと昨シーズンにリーグ・カップ大会などで計20試合(1アシスト)しか出場できなかったイ・チョンヨンの立場で、変化の可能性も議論された。
だが放出対象に含まれているのは相変わらずだった。

ロンドン地元紙"クロイドン・アドバタイザー"は5月末、「イ・チョンヨンは去ることもできたが残留し、主戦競争のため戦った。だがアラダイス監督体制でも確実なインパクトを見せられなかった」と暗い未来を予告したことがある。

今回は放出説まで浮上した。
英国"フットボール・ロンドン"は27日、"EPL初歩"のデ・ブール監督が親しいロナルド・クーマン監督のアドバイスを求めるだろうとして、何人かの選手の移籍を予想し、イ・チョンヨンの名前も含まれた。

"フットボール・ロンドン"は「無用のものを除去しなければならない(Get rid of the deadwood)。クーマン監督は無慈悲にクレバリー、デウロフェウら不要な資源を可能な限り早く放出した」として、「パレスにも同じような選手がいる。ジョーダン・マッチ、イ・チョンヨンらがチームをまず去るだろう」と説明した。



トッテナムのソン・フンミン、レスター戦で20・21ゴール炸裂・・・"レアルかな?"
フォーカスニュース




※一部要約

トッテナムのソン・フンミンがレスター・シティとの2016-17プレミアリーグ37ラウンドで2ゴールを記録し、チームの6-1の大勝を牽引した。

ソン・フンミンは19日、キングパワースタジアムで行われたレスター・シティとの遠征試合で、前半36分と後半26分にそれぞれ1ゴールずつ決めてリーグ13・14号ゴールであり、シーズン20・21号ゴールを記録した。

これでソン・フンミンはチャ・ボングン元監督がレバークーゼン時代の1985-86シーズンに記録した韓国人のヨーロッパ1シーズン最多ゴールの19ゴールを更新した。


2017051901065348423_M.jpg


ソン・フンミンの幻想的な活躍に、国内サッカーファンも様々は反応を吐き出した。
彼らはポータルサイトで「フンミンよダメだ、レアルに行こう」、「ソン・フンミンは上手くやったしチームが本当に良かった」、「ソン・フンミンの21号ゴールを祝福。私がソン・フンミン時代に生きているのが本当に気持ち良い」、「起伏さえちょっと減らせばアジアレベルでは越えられない壁になるだろう」といった反応を見せた。



存在感を失ったイ・チョンヨン、国内Uターンを悩むときである
スポータルコリア




※一部要約

"ブルードラゴン"イ・チョンヨン(29、クリスタルパレス)が自分の未来のために決断を下すときが来た。

イ・チョンヨンが再び欠場した。
彼は14日に行われたハル・シティとのプレミアリーグ37ラウンドに欠場した。
6日のマンチェスター・シティ戦で後半に交代出場して33分ほどプレーし、2連続出場を期待していたが、相変わらずイ・チョンヨンの席はなかった。

イ・チョンヨンはマンシティ戦ではっきりと良い姿を見せたわけでもない。
マンシティ戦の前まで13試合連続で欠場し、実践感覚は明らかに落ちていた。
与えられた時間で熱心にプレーしたが、それだけだった。

イ・チョンヨンのハル・シティ戦欠場も、マンシティ戦の不振が作用した公算が高い。
サム・アラダイス監督のイ・チョンヨンを眺める視線が変わってないということを示したのである。

イ・チョンヨンはパレスと来年6月まで契約している。
契約期間は残り1年である。
アラダイス監督のイ・チョンヨンの起用を見たとき、パレスがイ・チョンヨンと再契約する可能性は極めて低い。
これまでイ・チョンヨンはパレスで31試合に出場して1ゴールを決めただけである。
31試合中、交代出場は22試合に達する。

イ・チョンヨンは残り1年間、パレスでもう一度挑戦することができる。
パレスは今シーズン残留したので、来シーズンもプレミアリーグで走る。
選手としてプレミアリーグの舞台にいるということほど、光栄なことはない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング