[速報] マンチェスター・シティ、2年間チャンピオンズリーグ出場停止の重い懲戒確定
フットボールリスト




※一部要約

UEFAがマンチェスター・シティに今後2シーズンの間、ヨーロッパクラブ対抗戦(チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグなど)出場禁止の懲戒を下した。
これによってマンシティはプレミアリーグでどのような成績をおさめようと、2020/2021・2021/2022シーズンのチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの出場資格が剥奪される。
現在参加している2019/2020シーズンのチャンピオンズリーグは完走できる。
UEFAはマンシティに3000万ユーロ(約400億ウォン)に達する巨額の罰金も払わせる。

UEFAがマンシティに重い懲戒を下した罪状は、FFP(財政的フェアプレー)違反である。
UEFAはマンシティがスポンサーシップの売上を膨らませた一方、クラブオーナーのシェイク・マンスールが所有するシティフットボールグループからFFP規定で制限している金額を超過する規模の支援を受けていたとして、このような懲戒を下した。

一方、マンシティ側はUEFAがEメールのハッキングなど、不法な方法で調査を進めて証拠を集めたと反発している。
マンシティは去年6月、国際スポーツ仲裁委員会にこの懸案を告訴したことがあるが、受け入れられなかった。
マンシティは今回の決定に控訴すると発表したが、まだ具体的な対応策は発表されていない。




懲戒控訴を予告したマンシティ「UEFAの判決予想していた」
ゴールドットコム




※一部要約

マンシティは公式発表文で「UEFAの懲戒発表に失望したが、驚きではなかった」と明かした。
マンシティは「2018年12月にUEFA調査官は、本格的な調査が始まってもいない時点から、我がクラブに下す懲戒の程度をすでに教えていた。その後のUEFAの調査過程には欠陥があったし、調査内容まで何度も流出する状況が起きて、私たちはすでにどのような懲戒が下されるのか予想できていた」と説明した。

続けてマンシティは「端的に言えば今回の調査を進め、判決を下し、すべての決定をしたのは全面的にUEFAだった」として、「本クラブはできるだけ速やかに国際スポーツ仲裁裁判所に構成な判決を要請する」と明かした。



[単独] キ・ソンヨンのエージェントにインタビュー「来週立場発表、キ・ソンヨン苦しんでる」
スポーツ朝鮮




※一部要約

韓国サッカーの中心だったキ・ソンヨンが最近、国内サッカーで最大の関心事に浮上した。

最近ニューカッスル・ユナイテッドと契約解除したからKリーグ復帰を推進し、国内サッカーの世論はすべて"キ・ソンヨン場"になるほどだった。

長期間の海外リーグ生活を終えてKリーグに戻るという事実に国内サッカーファンは興奮し、復興期に入ったKリーグの興行にも助けになるという見通しが優勢だったからだ。

だが国内最強の全北現代と元所属チームのFCソウルのキ・ソンヨン争奪戦が拡大し、多くの論難と憶測が出回った。

一部のファンのオンライン世論では、キ・ソンヨン獲得をめぐる様々な葛藤説が上塗りされ、混乱だけが加重されている。

そのためキ・ソンヨンは不本意に混雑した状況に立つことになった。
そんな中でキ・ソンヨン復帰説の後、初めてキ・ソンヨン側の立場表明が出てきた。

キ・ソンヨンのエージェントを受け持つC2グローバルのチュ・ヨング理事は7日、スポーツ朝鮮とのインタビューで「不本意に混乱が広がっている状況は残念」として、「来週中にキ・ソンヨンの去就などを含む、整理された立場を発表する」と語った。

これまでメディアの報道などによって伝えられた内容は正確な事実と異なる部分が少なくなく、それによって不要な論難が拡大再生産されているというのがC2グローバル側の説明である。

チュ理事はキ・ソンヨンが置かれた現在の心境を伝えたりもした。
「キ・ソンヨンがエージェントと悩んだ末にKリーグ復帰を決めたのは、純粋に善意のためだった。故国に戻り、これまで受けてきた愛をファンに恩返しし、Kリーグ発展のために微力でも加えることが道理だと考えた」とチュ理事は背景を説明した。

「キ・ソンヨンはまだ試合で熱心にプレーしなければならない選手だ。これ以上時間をかけられない理由でもある。できるだけ早く"道"を見つけられるよう、慎重に悩んでいる」と付け加えた。



[単独] キ・ソンヨンすでに帰国、イ・チョンヨンもKリーグ復帰推進
KBS




※一部要約

1日、イングランド・プロサッカー・プレミアリーグのニューカッスルと双方合意で契約を終わらせたキ・ソンヨンが、Kリーグ復帰を打診している。
ニューカッスルを去ったキ・ソンヨンが国内復帰を最も希望しているという英国現地メディアの報道が出て、Kリーグチームの中で全北が交渉を進めているという国内報道がこれを後押しした。

KBSの取材結果、キ・ソンヨンは3日に帰国した。
サッカー界の複数の関係者とキ・ソンヨン側によると、去年末からニューカッスルの許可を得て新チームを探してきたキ・ソンヨンは、これまで中東・中国・アメリカの舞台への移籍を悩んできたことがわかった。

2年前からキ・ソンヨンに巨額年俸を提示し、積極的な獲得の意志を見せてきた中国スーパーリーグ。
そして中東ではサウジアラビアのアル・ナスルがキ・ソンヨンに強力なラブコールを送ってきたことがわかった。
しかし、サッカー選手としての人生と家族との将来を考慮し、国内復帰に方向を変えたという。

そんな中でキ・ソンヨンとFCソウルでともにプレーし、"双龍"と呼ばれたイ・チョンヨンもKリーグ復帰を推進していることがわかり、国内ファンの期待感を高めている。

今夏にボーフムとの契約期間が終わるイ・チョンヨンもやはり、去年末から新チームを探しているところだった。
海外現地エージェントを通じて中東カタールリーグや、中国スーパーリーグの方で移籍を推進していたイ・チョンヨンが、新たな方向を定めたところはKリーグの蔚山。
イ・チョンヨン移籍説が出回り、蔚山は団長次元で積極的な協議に入ったことが取材の結果確認された。



リバプール南野、EPLデビューに続く二重の慶事…女優の柳と熱愛認定
STNスポーツ




※一部要約

南野拓実が二重の慶事を迎えた。

リバプールFCは24日、モリニュー・スタジアムで行われた2019/20シーズン・イングリッシュ・プレミアリーグ24ラウンドのウォルヴァーハンプトンとの試合に2-1で勝利した。

この日の試合では南野がEPLデビュー戦を行った。
南野は1月の冬の移籍市場でリバプールに合流した後、エバートンFCとのFAカップでデビューした。
だが試合前までEPLデビューはできていない状況だった。
サディオ・マネの急な負傷の不運に、ユルゲン・クロップ監督は彼に出場を指示した。

前半33分に交代投入された南野は、試合中に印象的な姿を見せられなかった。
だがリバプールが長期的な観点から管理している南野なので、出場だけでも実りのある試合だった。

南野はEPLデビューに加え、熱愛という二重の慶事を迎えた。
日本メディア<ニュースポストセブン>は24日、「南野が女優の柳ゆり菜と熱愛中だ。2人は柳の姉のカップルの紹介で親しくなり、熱愛まで発展した。同じ大阪出身という点も、恋愛で大きな役割を果たした。2人は現在、日本とヨーロッパを行き来して国際恋愛している」と報じた。



英メディア、「南野、スピードに追いつくのに苦しむ」…EPLデビュー戦評価
インターフットボール

200124084610147.jpg


※一部要約

南野拓実がプレミアリーグデビュー戦を行った。
目立たなかったが無難な評価を受けた。

リバプールは24日早朝5時、英国ウェスト・ミッドランズにあるモリニュー・スタジアムで行われたウォルヴァーハンプトンとの2019-20イングリッシュ・プレミアリーグ24ラウンド遠征試合に2-1で勝利した。

リードを掴んでいたリバプールは安定的に試合を導き始めていた。
だが前半32分に悪材料が訪れた。
攻撃の核心サディオ・マネが負傷したのだ。
これに対してリバプールは南野を投入し、悪材料を乗り越えようとした。
南野のプレミアリーグデビュー戦だった。

左サイドに配置された南野は活発な動きを見せたが、印象的な姿ではなかった。
ザルツブルクで見せていた光る動きもやはりなかった。

目立った活躍はなかったし、自ずと高評価を受けるのは難しかった。
英国"リバプールエコー"は南野に評点6を与え、「投入直後は左ウイングでプレーしたが、ハーフタイム後には右MFでプレーした。時々試合のスピードに追いつくのに苦しんだ」と明かした。
英国"エクスプレス"もやはり、評点6とともに「依然としてプレミアリーグに適応中だ。指示事項はしっかり遂行した」とした。




「スーパー…チームに完璧に溶け込んでいる」…クロップ、リバプールデビューの南野を絶賛
OSEN

200124112207374.jpg


※一部要約

日本人としては9人目にEPLデビュー戦を行った南野は、この日に58分ほどを消化した。
だがこれといった活躍像は見せられなかった。
南野はモハメド・サラーとロベルト・フィルミーノの下、あるいはサイドに位置して主に同僚のプレーを助けることに集中した。

だがクロップ監督の考えは違った。
リバプールの公式HPによると、クロップ監督は試合後の記者会見で「スーパー(Super)」だったと評し、「サディオ・マネが離脱する状況になり、今夜はいつもと違うプレーをした。守備時は4-4-2で、攻撃時はいつものようなシステム(4-3-3)だ。もしディヴォック・オリジを投入すれば、試合があまりに早い時間から攻撃的になってしまう」と明かした。

続けて彼は「タキ(南野の愛称)はもう私たちと2~3週練習したし、最近では別のポジションでプレーした。FAカップの試合では中央でプレーしたが、今回は右サイドと左ウイングでプレーした。彼はそうやってプレーできるし、私たちには彼が必要だ。だが彼はウインガーではないと思う。彼はライン間でプレーする選手」と説明した。

特に彼は「タキにとっては本当に難しかっただろう。彼は投入直後にふくらはぎを強張らせ、ハーフタイムのときに治療を受けなければならなかった。何の異常もないことを望む。大丈夫だろう。最初のEPLの試合は本当に良かった。チームにも完璧に溶け込んでいるのが本当に良かった」と評価した。


200124112207374a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング