我慢できなかったソン・フンミンの不名誉、英BBC「韓国人初の退場」
スポータルコリア

190504220606354.jpg


※一部要約

ソン・フンミンの我慢できない忍耐心が最終的に災いを招いた。

トッテナムは4日午後8時30分、英国ドーセットのバイタリティ・スタジアムで行われた2018/2019イングリッシュ・プレミアリーグ(EPL)37ラウンド遠征で、0-0で前半を終えた。

この日の試合でトッテナムに大きな試練が訪れた。
前半43分にソン・フンミンがレルマと競り合いを繰り広げ、彼を押し退けた。
主審は報復性の行為とみなして彼に退場を下した。

英国公営放送"BBC"もソン・フンミン退場のニュースを素早く伝えた。
BBCは「ソン・フンミンはEPLに進出した韓国選手の中で初めて退場させられた」と注目した。




[EPL] 英専門家「ソン・フンミンの退場は当然だった…だが気の毒だ」
スターニュース

190504222005736.jpg


※一部要約

英国スカイスポーツのサッカー専門家であるレドナップは、ソン・フンミンの退場の状況について「明らかな退場の状況だった」としつつ、「だが私はややソン・フンミンが気の毒に感じられる。なぜならその状況でソン・フンミンは単に判断力を完全になくしていたから」と付け加えた。

一方、ソン・フンミンは今回の退場でシーズン最終戦のエバートンとの試合の欠場が不可避になった。



[単独] ワトフォード、キム・ミンジェに公式獲得オファー…中国の代わりにEPL行きか
スポTVニュース




※一部要約

代表DFキム・ミンジェがついにヨーロッパ・ビッグリーグのオファーを公式オファーを受けた。
プレミアリーグクラブのワトフォードがキム・ミンジェ獲得のために動いた。
北京国安と交渉が仕上げの段階と知られているキム・ミンジェの海外進出の選択肢が、イングランドと中国の2種類のオプションに増えた。

ヨーロッパと韓国を行き来する移籍市場の関係者は、ワトフォードがキム・ミンジェ獲得のためにオファーを送ったと伝えた。
ワトフォードはキム・ミンジェがすでに北京国安と交渉中だという事実を知っている。
北京に次ぐ移籍金を提示できるという意向である。
600万ドル(約67億ウォン)水準の移籍金を策定したことがわかった。

キム・ミンジェは2018シーズンを終えた後、中国スーパーリーグクラブの巨額オファーを受けた。
チェ・ガンヒ監督が就任した天津権健と、2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグで全北と同組に属する北京国安が、全北に公式オファーをした。






ソン・フンミン、中国戦出場のジレンマ…最終的に選手本人の意志にかかっている
スポーツソウル




※一部要約

"ベント号"はアジアカップのグループリーグ2次戦までに2連勝を達成したが、最終順位は確定していない。
16日にUAEアブダビで行われるグループリーグ3次戦の中国との対決でグループ1~2位が決まる。
16強進出チケットを手にした両チームは、グループ1位を取るために一勝負しなければならない。

中国戦を控えた韓国代表の"熱いジャガイモ"は、グループリーグ2次戦後に合流するソン・フンミンの出場の有無である。

当然、体の状態が良くなかったり、負傷があるなら中国戦の出場を諦めなければならない。
16強進出を確定させているだけに、休息してトーナメントに集中することに注力したほうが良い。

だがソン・フンミンのコンディションに大きな問題がなければ、中国戦の出場を強行する可能性が高い。
何よりソン・フンミンは"ベント号"の主将である。
チームのためならある程度の犠牲を耐えなければならない地位だ。

ソン・フンミンは先月から多くの試合を消化している。
去年12月から1月までに行われた所属チームの12試合のうち、ソン・フンミンは11試合に先発出場した。
フルタイムは2試合に過ぎないが、残りの試合でも後半25分以降まで着実に消化した。

ソン・フンミンはホームで行われるマンチェスター・ユナイテッドとのリーグ戦を消化した後、すぐにドバイ行きの航空便を利用して14日午前(現地時間)にUAEに到着する。
16日に行われる中国戦までに2日の余裕がある。
ソン・フンミンが中国戦で先発出場しなくても、ジョーカーとして活用されれば代表の攻撃陣に新たな風を吹き込むことができる。
中国にとってはアジア最高のFWであるソン・フンミンがグラウンドの登場するだけでも威圧感を受ける。
攻撃ポイントなどの目に見える成果がすぐにあらわれなくても、相手の意欲を失わせるためにソン・フンミンの中国戦出場は必要である。



[単独] スールシャールのマンU指令塔就任前、全北の"ポストチェ・ガンヒ"最終候補3人に上がっていた
スポーツ朝鮮




※一部要約

マンUの臨時指令塔として常勝疾走しているノルウェー出身のオレ・グンナー・スールシャール監督が、Kリーグチャンピオン全北現代の"ポストチェ・ガンヒ"候補の最終リスト3人に入っていたことが確認された。

2018年Kリーグ1チャンピオンの全北現代は、13年間チームを率いていたチェ・ガンヒ監督を昨年末に中国スーパーリーグの天津権健へ送った。

その後、足早に次期指令塔を探した。
国内外を問わずに候補群を広げ、外国人指令塔に路線を定めた。
著名な外国人指導者の多くが引き受ける意志を伝えてきた。

その中から全北は最終3人の外国人指令塔候補をモライス、スールシャール、イバンコビッチに決めた。
最終的に全北現代は、様々な条件を考慮してモライス監督を指令塔に迎えた。

全北のクラブ事情に詳しい国内の有名エージェント(匿名要求)は「スールシャール監督は全北現代の指令塔に関心を持っていたし、また全北の招聘候補の最終3人に入っていたのは明らかな事実」と語った。
全北はこの事実の確認について「正しい。最終候補の3人に上がっていた」として否認しなかった。
ある海外サッカー専門家は「全北現代の場合、もう大抵の外国人指導者なら一度くらいは引き受けたい欲を出すほどのクラブに成長した」と評価した。

それではなぜ全北はマンUのレジェンドであるスールシャール、クロアチア出身の名将ブランコ・イバンコビッチの代わりにモライスを選んだのか。
それなりの理由があった。



[公式発表] マンU、"3年目"モウリーニョ監督を電撃更迭
スポTVニュース




※一部要約

マンチェスター・ユナイテッドがジョゼ・モウリーニョ監督を電撃更迭した。

マンチェスター・ユナイテッドは18日、クラブHPでモウリーニョ監督がマンUを去ることになったと発表した。
マンUは「マンUを率いた期間の努力に感謝する。彼の将来の成功を祈る」と発表した。

モウリーニョ監督は2016年にマンUの指揮棒を取った後、UEFAヨーロッパリーグ優勝、リーグカップ優勝などのトロフィーを手にしたが、最近3年目に入ってから急激に下り坂を歩いていた。
最近ではリバプール戦で惨敗して最悪な姿を見せた。

現在、マンUはイングリッシュ・プレミアリーグ17ラウンドを行った状況で、7勝4分け5敗の勝ちて26でリーグ6位である。
4位チェルシーと何と11点差。
現状であればチャンピオンズリーグ進出も難しい状況だ。
これに対してマンUは、モウリーニョ監督の更迭という果敢な決定を選んだ。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング