英メディア、ソン・フンミンを酷評「一貫性がない、ケインの空白を埋めるか疑問」
Newsen




※一部要約

トッテナム・ホットスパーのソン・フンミンは3月19日、ロンドンのホワイトハートレーンで行われたサウサンプトンとの試合に先発出場し、約75分を消化してから交代させられた。
ソン・フンミンは攻撃ポイントを記録できなかったがチームは2-1で勝利した。

ソン・フンミンは最前方FWで先発出場した。
12日のミルウォールとのFAカップで主砲のハリー・ケインが負傷離脱し、ソン・フンミンに出場機会が回ってきた。

アイルランド版"インディペンデント"は試合後、"ソン・フンミンはハリー・ケインの空白の中、サウサンプトン戦でどうプレーしたか"というタイトルの記事を報じた。
このメディアは静かだったソン・フンミンに酷評を残した。

前方プレスの面では高評価を出した。
インディペンデントは「ソン・フンミンは継続的にサウサンプトンの守備陣を圧迫し、パスを急かせて自分たちのプレーをできないように妨げた」と記した。

それ以外に好評を探すのは難しかった。
ソン・フンミンの動きは実質的に効果がなかったと要約された。
インディペンデントは「3-4-2-1のフォーメーションでソン・フンミンは自分のスピードを利用して後ろのスペースに入る役割を与えられた。ときどきソン・フンミンはサイドから飛び出してエリクセンやデンベレにチャンスを与えようとしたが、効果はなかった」として、「鋭い進入で有効なチャンスを作ったりもしたが、ソン・フンミンが作った結果は不十分だった」と評価した。

フィニッシュ能力では酷評が出た。
インディペンデントは「ソン・フンミンはミルウォールとのFAカップでハットトリックを記録したが、ソン・フンミンがそのような競技力を安定して見せられるかは相変わらずクエスチョンマークがつく」と記した。
ソン・フンミンの弱点に挙げられる起伏の問題を指摘したのだ。
このメディアは「トッテナムは中盤から得点を放ったし、ソン・フンミンは"ケインがいなくてもトッテナムはFWの問題に対処できるか"という命題を証明するほどのインパクトを残すのには困難を経験した」と評した。

総評の部分でインディペンデントは「24歳のFWがケインの空白を埋められるかは未知数である。ひとまずソン・フンミンは良い例示を作ることに失敗した」と記した。



[EPL] ソン・フンミン-キ・ソンヨン-イ・チョンヨンすべて欠場、所属チームは"一斉に勝利"
スポーツ韓国




※一部要約

憂鬱な週末だった。
英国プロサッカーのプレミアリーグ(EPL)の舞台で走っているソン・フンミンとイ・チョンヨン、キ・ソンヨンが皆グラウンドを踏むことができなかった。
偶然にも彼らが欠場した中で、各所属チームは一斉に勝報を響かせた。

イ・チョンヨンは5日午前0時、ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンとの遠征試合で出場メンバーから除外された。

この日の除外でイ・チョンヨンは先月1日のAFCボーンマス戦から5試合連続で待機メンバーにさえ名前を上げられなくなった。
事実上"戦力外"と評価されている様子だ。

彼が抜けた中で所属チームのクリスタルパレスはWBAに2-0で完勝してリーグ2連勝を走った。

同時刻にやはりキ・ソンヨンもグラウンドを踏むことができなかった。
彼はリバティ・スタジアムで行われたバーンリー戦のメンバーから外れた。

先に負傷で戦列から離脱していた彼は、最近個人練習を始めたことが伝えられていたが、この日の試合メンバーからは除外された。

キ・ソンヨンは先月1日のサウサンプトン戦を最後に1ヶ月以上復帰できずにいる。

彼が抜けた中でスウォンジー・シティは、2-2で拮抗していた後半追加時間に炸裂したフェルナンド・ジョレンテの劇的決勝ゴールに力づけられバーンリーに逆転勝ちをおさめた。

5日午後10時30分にホワイト・ハート・レーンで行われたトッテナムとエバートンの試合では、ソン・フンミンが韓国選手の中で唯一待機メンバーに名前を上げた。

ただソン・フンミンでさえもグラウンドを踏むことができなかった。
マウリシオ・ポチェッティーノ監督はハリー・ウィンクスとムサ・シソコ、ヴィンセント・ヤンセンを順に投入して3枚の交代カードをすべて使った。

ソン・フンミンがリーグ戦で欠場したのは去年8月のリバプール戦以降161日ぶりである。

ソン・フンミンが抜けた中でトッテナムは、ハリー・ケインのマルチゴールとデレ・アリの決勝ゴールを前面に出し、エバートンを3-2で下して2位をしっかりと守った。



ポチェッティーノ監督、「ソン・フンミンorヤンセン、交代投入で悩み」
インターフットボール




※一部要約

トッテナム・ホットスパーのマウリシオ・ポチェッティーノ監督がヴィンセント・ヤンセンを絶賛し、ソン・フンミンについて話を切り出した。

トッテナムは5日、ロンドンのホワイト・ハート・レーンでエバートンとEPL27ラウンドを行う。

試合を控えてポチェッティーノ監督は、英国"スカイスポーツ"とのインタビューで「試合を分析しなければならない。私はベンチにいるソン・フンミンとヤンセンについて、誰を送り出すのか悩んできた。私たちはたいていハリー・ケインの代替者にソン・フンミンを選んできた」とヤンセンとソン・フンミンに言及した。




「ソン・フンミンは交代資源・・・ヤンセンと競争」ポチェッティーノ監督の意図は?
スポーツワールド




※一部要約

ポチェッティーノ監督はエバートン戦で3バック戦術を使う予定だ。
3バック戦術を使えば攻撃陣の構成はハリー・ケインを中心にクリスティアン・エリクセンとデレ・アリを配置する。
ソン・フンミンの席はベンチである。
もちろん4バックに切り替えて2列目に3人配置する場合は、ソン・フンミンが左サイドのFWに入る。
だがポチェッティーノ監督は今シーズンほとんど3バックを使っている。

そんな中で変化が起きたようだ。
ヴィンセント・ヤンセンの登場である。
ポチェッティーノ監督は「私は常に率直で公正であろうと努力してきた。この数週間のヤンセンの練習態度は私に大きな満足感を与えた」と評価した。
続けて「ヤンセンは練習場で戦う必用があることを悟った。とても肯定的な現象だと思う」と称えた。

これはソン・フンミンの席を脅かす発言である。
ケインのバックアップにソン・フンミンではなくヤンセンを使うという意志を表現したのだ。
3バック戦術とヤンセンの成長、ソン・フンミンの越えなければならない山として現れた。



レスター、ラニエリ後任に"消防士"ヒディンク指名
インターフットボール




※一部要約

おとぎ話はサッドエンディングだった。
ラニエリ監督を更迭したレスター・シティが"消防士"フース・ヒディンク監督の選任を考慮している。

英国"テレグラフ"は26日、「レスターがかつてチェルシーを臨時で率いたヒディンク監督をラニエリ監督の代替者に指名した。レスターはラニエリ監督の理想的な代替者としてヒディンク監督を考えている」と報じた。

レスターがヒディンク監督を望むりゆうは簡単である。
ヒディンク監督が過去に見せた指導力のためだ。
オランダ代表、レアル・マドリード、韓国代表、オーストラリア代表、ロシア代表などを指導して世界的な名将と認められ、昨シーズンもモウリーニョ監督に代わって臨時監督職を引き受けて成功裏にシーズンを終えた記憶がある。
これに対してレスターは混乱を収拾するためにヒディンク監督を望んでいる。




ヒディンク、「私はサッカーへの情熱が大きくレスター行きの可能性はある」
OSEN




※一部要約

ヒディンク監督が語り始めた。
彼はオランダ日刊紙デ・テレグラフで「レスターと接触したことはない」としつつも、「私はサッカーへの情熱が非常に大きく、レスター行きの可能性を排除しない」と言った。

シェイクスピア監督代行が率いたレスターは先月28日、リバプールを3-1で下してリーグ15位に上がった。

ヒディンク監督は「レスターはラニエリ監督更迭後に代行とともに上手くやり遂げた」として、「リバプール相手に自分たちを証明した」と称えた。



[レスター-リバプール] ラニエリなしでラニエリ色を出したレスター
スポータルコリア

20170228065312188.jpg


※一部要約

昨シーズンのレスター・シティの奇跡の童話はスピード感が命だった。
残酷童話に変わった今シーズンは味気なかった。
中途半端だった。
そういうレスターがリバプール相手に自分たちの長所を取り戻した。

レスターがリーグ5連敗から脱出した。
レスターは28日、ホームのキングパワースタジアムで行われたEPL26ラウンドで、リバプールを3-1で下した。
ヴァーディの連続ゴールとドリンクウォーターの幻想的なゴールによって完勝を手にした。

低迷した雰囲気を一気に変えた。
レスターは先週、英国サッカー界を驚かす決定を下した。
昨シーズンに夢のようなEPL優勝を導いたラニエリ監督を1シーズンで成績不振を理由に更迭した。
いくら優勝監督であっても少し振るわなければ職場を失うしかない冷酷な勝負の世界を見せた。


20170228065312188a.jpg


この日は違った。
ラニエリ監督は去ったがグラウンド内では彼の色が展開されていた。
監督代行体制でも主戦の変化なしに4-4-2で臨んだレスターは、試合序盤からたくさん走り、素早く動いて内容のある攻撃を繰り広げた。

レスターファンは後半半ばに一斉に起立して、スマートフォンでフラッシュセレモニーを通じて去ったラニエリ監督に感謝をあらわした。
ラニエリ監督はいなかったが、彼のサッカーで歓喜を味わったことへの感謝の表現だった。


20170228065312188b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング