「ソン・フンミン、悪質コメントに苦痛を受けている」…英ザ・サン憂慮
マイデイリー




※一部要約

バックタックルで退場したソン・フンミンが悪質コメントに苦しめられている。

トッテナムは4日、英国リバプールのグディソン・パークで行われたエバートンとの2019-20シーズンのプレミアリーグ(EPL)11ラウンド遠征試合で1-1の引き分けをおさめた。

ソン・フンミンはレッドカードを受けて退場させられた。
後半33分、アンドレ・ゴメスに向けてタックルを試みて、それからセルジュ・オーリエと衝突してゴメスの足首が骨折する大怪我を負った。

精神的ショックを受けたソン・フンミンは、自分のせいでゴメスが負傷したという苦しさで顔を覆った。

弱り目に祟り目で、ソン・フンミンに向けて無差別な攻撃も始まった。
エバートンの一部のファンは差別発言をし、オンライン上でも悪質コメントがソン・フンミンに向けられている。

英国メディアのザ・サンは5日、「ソン・フンミンが悪質コメントに苦痛を受けている」と伝えた。

実際、一部の非常識なネチズンがソン・フンミンを卑下する発言を吐き出している。



日もソン・フンミン退場を特筆大書、「危険なファールのソン・フンミンがショックで号泣」
スポータルコリア




※一部要約

ソン・フンミンのバックタックル退場について、日本メディアも注意深く見守った。

4日、日本"フットボールチャンネル"は「エバートンMFに足首重傷のファールをしたソン・フンミンがショックで号泣」というタイトルの報道をした。
"フットボールゾーン"も「韓国代表ソン・フンミンが相手の重傷で衝撃の涙、危険なタックルで即退場」と関連ニュースを伝えた。

ソン・フンミンはエバートンとのイングランド・プレミアリーグ11ラウンド遠征試合で、トッテナムの先制ゴールをアシストした。
だが後半33分、エバートンのアンドレ・ゴメスを阻んでバックタックルをして、このタックルで重心を失ったゴメスはトッテナムDFセルジュ・オーリエとぶつかってから足首骨折の負傷をした。

ソン・フンミンはゴメスの負傷の状態が深刻だと知り、頭を抱えて涙を流した。
主審はイエローカードを出そうとしたが、ゴメスの負傷の酷さを確認してからレッドカードに変えて退場を命じた。

"フットボールゾーン"は「ソン・フンミンは衝撃のためか、クラブスタッフに体を預けなければすぐにでも倒れそうだった」と、ソン・フンミンが大きな衝撃を受けたと伝えた。
"フットボールチャンネル"は「ソン・フンミン以外の選手はゴメスの状態を見て頭を抱えた」と、選手がゴメスの負傷を心配したと付け加えた。



ソン・フンミンら11月のAマッチ代表確定…チュ・セジョン、ベント号復帰
イーデイリー




※一部要約

ソン・フンミン、イ・ガンインら2022カタールワールドカップアジア地区2次予選の遠征試合および、ブラジルとの親善試合に出る代表23人が確定した。

パウロ・ベント代表監督は24日午前、サッカー会館で記者会見を行って今月に行われる2回のAマッチに出るサッカー代表リストを発表した。

これまでワールドカップ2次予選とAマッチに出場してきた主軸選手がほぼそのまま抜擢された。

10月のメンバーと比較して目についた選手はチュ・セジョンである。
去年のロシアワールドカップのメンバーだったチュ・セジョンは、しばらく代表に選ばれてなかったが、今回再び抜擢された。
ワールドカップ2次予選が始まってから初めての代表抜擢だ。
代わりに先月のメンバーの中からペク・スンホ、イ・ジェイク、イ・ドンギョンが外れた。

ベント監督は「チュ・セジョンが久しぶりにペク・スンホの席にまた来たが、これは戦術・技術的なオプションだ」として、「今回の2試合、特に重要な初戦(レバノン戦)を控えて、チュ・セジョンは私たちが必要としていてよく知っている選手なので、役に立つだろうと思った」と抜擢の理由を明かした。


△2022カタールワールドカップアジア2次予選レバノン戦およびブラジルとの親善試合の招集代表リスト(23人)

ゴールキーパー(GK)=キム・スンギュ(蔚山)、チョ・ヒョヌ(大邱)、ク・ソンユン(コンサドーレ札幌)

ディフェンダー(DF)=キム・ヨングォン(ガンバ大阪)、キム・ミンジェ(北京国安)、パク・ジス(広州恒大)、ホン・チョル(水原)、キム・ジンス、イ・ヨン、クォン・ギョンウォン(以上全北)、キム・ムンファン(釜山)

ミッドフィルダー(MF)=ファン・インボム(バンクーバー)、チョン・ウヨン(アル・サッド)、チュ・セジョン(FCソウル)、イ・ジェソン(シュタイン・キール)、ソン・フンミン(トッテナム)、クォン・チャンフン(フライブルク)、ファン・ヒチャン(ザルツブルク)、ナ・サンホ(FC東京)、イ・ガンイン(バレンシア)、ナム・テヒ(アル・サッド)

ストライカー(FW)=ファン・ウィジョ(ボルドー)、キム・シヌク(上海申花)



「途方に暮れる」ソン・フンミン涙で退場、リプレーできないほどの大怪我
スポTVニュース




※一部要約

トッテナムは4日、英国リバプールのグディソン・パークで行われた2019-20シーズンのプレミアリーグ11ラウンドに1-1で引き分けた。

トッテナムは後半中盤まで1本の枠内シュートも記録できなかった。
振るわない状況でソン・フンミンとデレ・アリがゴールを合作した。
ソン・フンミンのリーグ3回目のアシストである。

先制ゴールの後に試合を主導したが、ソン・フンミンの笑いは長続きできなかった。
後半32分にアンドレ・ゴメスの腕が当たって、口に水を含んで吐き出したソン・フンミンは、サイドの守備に加担してゴメスにタックルを試みた。
タイミングがやや遅れたタックルだった。
ゴメスはそのままピッチに倒れ、マーティン・アトキンソン主審は警告を用意した。
すぐにレッドカードに色が変わった。

退場は問題ではなかった。
ゴメスはソン・フンミンのタックルで倒れた後、セルジュ・オーリエと2次衝突した。
ソン・フンミンのタックルのシーンまでは中継画面にあらわれたが、その後のシーンは出なかった。
オーリエと衝突し、足首の向きが完全に変わるほどの大怪我をした。
すぐにエバートンの選手がゴメスを囲み、医療スタッフが応急処置をした。
ゴメスは救急車に移されて病院へ向かった。

長い負傷の治療時間で12分の追加時間が与えられた。
不透明な状況の中でもトッテナムは集中しなければならなかった。
後半追加時間8分にジェンク・トスンが頭で同点ゴールを作った。
数的不利の中で同点を許したトッテナムは、勝ち点1に満足しなければならなかった。






ソン・フンミンのエージェント「ソン・フンミン、ナポリに移籍できない理由はない」
マイデイリー




※一部要約

フットボールイタリアなどは5日、ソン・フンミンのエージェントであるティース・ブリーマイスターがラジオ・マルテとインタビューした内容を紹介した。
ブリーマイスターは「ナポリに選手を移籍させたことはない。だがそういうことをしてみたい。マラドーナのためである。マラドーナは私が最も好きな選手であり、ナポリで活躍した」と伝えた。

特に「ソン・フンミンがナポリに行けない理由はない。サッカーでは絶対にないと言えることはない。ソン・フンミンはイタリアが好きで、イタリア料理やイタリアの人々を好む」として、「多額の費用のため、トッテナムから移籍するのは容易ではないが、将来は誰にもわからない」という意をあらわした。

ドイツ・ブンデスリーガでプロデビューしたソン・フンミンは、2015-16シーズンからトッテナムで活躍し、プレミアリーグだけで通算135試合に出場して44ゴール21アシストを記録した。
ソン・フンミンはプレミアリーグでアジア選手の個人最多ゴール記録を保有中であり、イングランドの舞台で着実に活躍を繰り広げている。




「ソン・フンミン、マラドーナがプレーしたナポリに送りたい」エージェントの発言が波紋
OSEN




※一部要約

プレミアリーグ上位チームのトッテナムでもスターのソン・フンミンが、一段下のイタリアリーグで、そこでも名門チームではないナポリに行く理由はまったくない。
エージェントが明かした理由はやや呆れる。
自分がディエゴ・マラドーナのファンというもの。

選手を代弁するエージェントなら、選手がさらに成長できるように、機会を開いておかなければならない。
そうでなければ、事業的な観点から最大限の利益を得られるチームへの移籍を狙うのが常識だ。
ソン・フンミンのナポリ行きは何の利益もない。
ソン・フンミンがナポリ行きを切望している状況でもない。

一方、スペインの名門レアル・マドリードがソン・フンミンを望むという報道も出てきた。
英国メディア"スポーツ・モール"は5日、「今回の移籍市場でレアルはソン・フンミンを狙っている。レアルはエリクセンよりソン・フンミンに関心がある」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング