[ファクトチェック] 金メダルを取れなければ…ソン・フンミンの"兵役問題"はどうなるのか
スポTVニュース




※一部要約

2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会は、ソン・フンミンのサッカー人生がかかっている大会だ。
金メダルを首にかければ兵役恩恵を受け、トッテナムで選手生活を維持することができる。
だが優勝を逃せば兵役問題は複雑になる。
ソン・フンミンが兵役恩恵を受けられない場合、どういう状況が繰り広げられるのか。

スポTVニュースは兵務庁と国軍体育部隊、プロサッカー連盟の関係者を通じて事実関係を確認した。

1992年生まれのソン・フンミンは今年満26歳である。
兵務庁の関係者は「ソン・フンミンがどういう理由で軍隊を延期したのか、確認することはできない。もし国外延期をしたとするなら、満27歳まで延期が可能である。兵役法は誕生日が基準ではなく、1月1日から12月31日までの年齢で見る。ソン・フンミンが国外延期をしたとするなら、満28歳で入営しなければならない」と語った。

尚州尚武は満27歳以下で身体等級3級以上の場合、志願が可能である。

だが高校を中退したソン・フンミンは兵役法上の4級補充役(※補充兵役)なので、志願資格が未達だ。

国軍体育部隊の関係者は「最も重要なのは学歴である。高校卒業、身体等級3級以上でなければならない。検定試験をパスすれば高卒と認定され、志願資格の要件になる」と明かした。

ただし、一つ例外もある。
国軍体育部隊の関係者は「2016年から法が変わり、高校中退者も志願が可能な場合もある。高校中退者は本来補充役に処せられるのだが、本人の希望によっては30日以外に現役の申請をすれば、現役に分類する。だがソン・フンミンが現役申請をしたのかどうかは確認できない事項」と説明した。



なぜ韓国と日本選手の海外進出は差が生じるのか
キム・サンヨルのハーフタイム




※一部要約

「なぜこんな結果が出るのでしょう?」

チ・ソヨン選手がイ・ジェソン選手と武藤嘉紀の移籍ニュースを見た後、このように自嘲混じりの質問をしました。
チ・ソヨン選手だけでなく私もやはり惜しさや羨ましい気持ち、一方では訝しく思いましたから。
「いや、一体なぜ?日本選手がプレミアリーグのチームに行き、我が国の代表選手がブンデスリーガの2部に行かなければならないのか…武藤はワールドカップで1試合しか出場せず、ジェソンは3試合フルタイムをプレーしたのに…」
私たちだけでなく、多くのファンも同じような感情だったでしょう。
KリーグMVP出身で(※リーグを)代表する選手だったので、ビッグリーグでプレーするという期待があったからです。
もちろん細部的な契約事項や正確な移籍の理由はわかりません。
イ・ジェソン選手は熟慮して最善の決定をしたのでしょうけど。

ブンデスリーガ2部のホルシュタイン・キールに移籍したイ・ジェソン選手と、プレミアリーグの名門であるニューカッスルに移籍した武藤嘉紀の移籍を見て、果たしてどのような部分がこのような差を作ったのか考えてみました。

韓国と日本の代表のFIFAランキングは、むしろ韓国がリードしています。
ワールドカップでは日本がより良い成績をおさめたが、相対的だったのでどこが優れているのかはっきり断言するのは難しそうです。
しかしプロリーグのレベルや人気は、認めたくないがJリーグがリードしているのは事実です。
リーグの差がヨーロッパ進出の差を作っているようです。

日本のビッグリーグ進出が多くなるのは、まずクラブの全面的な投資と支援のためです。
過去のフォルランやポドルスキをはじめ、今シーズンにはイニエスタとトーレスがJリーグに進出しました。
全盛期を過ぎたと言われるが、世界的名声のある選手です。
そのような選手を獲得してプレーさせています。
ヴィッセル神戸とサガン鳥栖は両選手を獲得するために巨額の投資をしました。
彼らの獲得のために使った金額は、クラブの全体年俸を上回る水準です。
常識的に考えれば、そのような投資をしてそれに見合った収益を得られるのかについて、疑問が起きるほどです。



"日代表FW"武藤、ニューカッスル行き迫る…移籍金140億
インターフットボール




※一部要約

日本代表FW武藤嘉紀がマインツを去ってニューカッスル・ユナイテッドに移籍する。

英国"スカイスポーツ"は26日、「ニューカッスルが武藤の移籍でマインツと合意した」と公式発表した。

FC東京でプロの舞台にデビューした武藤は、2015-16シーズンを前にマインツに移籍した。
昨シーズンは30試合に出場して10得点5アシストを記録し、そのような活躍を基に2018ロシアワールドカップに日本代表として参加した。

"スカイスポーツ"は「950万ポンド(約140億ウォン)の移籍金で武藤の獲得に合意した」として、「現在武藤はニューカッスルとマインツの移籍金合意をした後、ワークパーミット取得のため東京からニューカッスルに向かっている」と伝えた。



"リバプール移籍"ナビ・ケイタ、腕部位の"戦犯旗"タトゥーで論難
スポーツトゥデイ




※一部要約

最近リバプールに合流したナビ・ケイタが、腕の部位に彫られた戦犯旗タトゥーで論難を醸している。

ケイタは27日にリバプールに合流した。
リバプールは公式HPでケイタのクラブ合流のニュースを伝えた。

だがケイタのタトゥーが国内ファンの間で話題になった。
ケイタの腕の部位には"戦犯旗"が彫られていた。

国内ファンのみならず、アジアの多くの国で戦犯旗は良くないものと認識されている。
"旭日旗"とも言われる戦犯旗は、第2次世界大戦のときの日本軍国主義の象徴のような旗だ。

最近、FIFAが公式チャンネルで広報したワールドカップ映像に戦犯旗が登場したときも、国内ファンの積極的な抗議によって当該の掲示物が削除されたこともあった。



"アーセナル退任"ベンゲル監督、22年ぶりにJリーグ復帰するか
スポータルコリア




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が日本Jリーグ復帰を悩んでいる。

27日の英国"デイリー・メール"によると、ベンゲル監督はJリーグで指導者生活を続ける方案を考えている。

今シーズンを最後にアーセナルの指揮棒を下ろしたベンゲル監督は、指導者を引退しないと決めた状態である。
なので彼はパリ・サンジェルマンの団長も断り、指揮棒を取る新チームを探している。
ヨーロッパ、アメリカの様々なチームが彼に関心を持っているという話も出てきた。

そんな中でJリーグが浮上した。
Jリーグはベンゲル監督の有力な次期行き先の一つになった。
ベンゲル監督とJリーグとの過去の縁のためである。

"デイリー・メール"はベンゲル監督が適切なオファーを受ければ、Jリーグ行きを決めると予想した。
去年ルーカス・ポドルスキ、そして最近ではアンドレス・イニエスタがJリーグ行きを決めたことも、ベンゲル監督の心を掴む要因にあるという分析だ。
22年前にベンゲル監督が名古屋を率いたときも、ギャリー・リネカーら世界的選手がJリーグで走っていた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング