ソン・フンミンのエージェント「ソン・フンミン、ナポリに移籍できない理由はない」
マイデイリー




※一部要約

フットボールイタリアなどは5日、ソン・フンミンのエージェントであるティース・ブリーマイスターがラジオ・マルテとインタビューした内容を紹介した。
ブリーマイスターは「ナポリに選手を移籍させたことはない。だがそういうことをしてみたい。マラドーナのためである。マラドーナは私が最も好きな選手であり、ナポリで活躍した」と伝えた。

特に「ソン・フンミンがナポリに行けない理由はない。サッカーでは絶対にないと言えることはない。ソン・フンミンはイタリアが好きで、イタリア料理やイタリアの人々を好む」として、「多額の費用のため、トッテナムから移籍するのは容易ではないが、将来は誰にもわからない」という意をあらわした。

ドイツ・ブンデスリーガでプロデビューしたソン・フンミンは、2015-16シーズンからトッテナムで活躍し、プレミアリーグだけで通算135試合に出場して44ゴール21アシストを記録した。
ソン・フンミンはプレミアリーグでアジア選手の個人最多ゴール記録を保有中であり、イングランドの舞台で着実に活躍を繰り広げている。




「ソン・フンミン、マラドーナがプレーしたナポリに送りたい」エージェントの発言が波紋
OSEN




※一部要約

プレミアリーグ上位チームのトッテナムでもスターのソン・フンミンが、一段下のイタリアリーグで、そこでも名門チームではないナポリに行く理由はまったくない。
エージェントが明かした理由はやや呆れる。
自分がディエゴ・マラドーナのファンというもの。

選手を代弁するエージェントなら、選手がさらに成長できるように、機会を開いておかなければならない。
そうでなければ、事業的な観点から最大限の利益を得られるチームへの移籍を狙うのが常識だ。
ソン・フンミンのナポリ行きは何の利益もない。
ソン・フンミンがナポリ行きを切望している状況でもない。

一方、スペインの名門レアル・マドリードがソン・フンミンを望むという報道も出てきた。
英国メディア"スポーツ・モール"は5日、「今回の移籍市場でレアルはソン・フンミンを狙っている。レアルはエリクセンよりソン・フンミンに関心がある」と明かした。



本田、「金は必要ない…マンU!私を獲得してほしい」逆オファー
スポータルコリア




※一部要約

自由の身である本田圭佑がマンチェスター・ユナイテッド行きを希望した。

先日、英国"ザ・サン"が「シーズン開始後にマンUは離脱者が続出している」と憂慮し、現在登録されているチームがない選手5人を補強方案として提示した。
そのうちの1人に本田が取り上げられた。

現在マンUはマーカス・ラッシュフォード、アントニー・マルシャル、ポール・ポグバ、ルーク・ショーらが負傷中である。
さらにリーグ6試合で8ゴールが物語っている通り、決定力で問題があらわれている。
一発のあるゴールゲッターが必要だ。

そして、しばらくして本田が自分の立場を明かした。
27日、公式SNSで「オファーしてほしい」とした。
内容には「金は必要ない。素晴らしいチーム、素晴らしい選手と一緒にプレーしたい」とマンUに逆獲得オファーを要請した。






[オフィシャル] "日本ガンバFW"食野、マンシティ入団確定…レンタル有力
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョとガンバ大阪でプレーしていた食野亮太郎もチームを去る。
EPL優勝チームのマンチェスター・シティが行き先だ。
ただし食野はワークパーミットを通過できず、すぐにヨーロッパ内の他クラブへレンタルされる可能性が提起されている。

ガンバ大阪は9日、公式HPで「食野をマンシティに送ることを決めた」と発表した。
2017年にガンバ大阪に合流した食野は、2年でチームを移すことになった。

食野はガンバ大阪が大事にしている有望株だった。
今シーズンにU-23チームと1軍を行き来して活躍した。
J3リーグ所属のU-23で8試合8ゴール2アシストを決めるなど大活躍し、1軍でも12試合3ゴールで優れた成績を残した。
サイドの資源で最前方FWも消化できる選手である。

宮本恒靖監督をはじめとして、ガンバ大阪は食野を引き止めることを望んだが、ヨーロッパ進出を望む選手の意思を止められなかったことがわかった。
食野はイングランドの移籍市場の締め切り前に承認を受けたという。
ガンバ大阪はファン・ウィジョをジロンダン・ボルドーに送ったのに続いて、食野までマンシティに移籍させることになった。



BBCも注目、"Jリーグチームにプリシッチのデビュー戦"
ベストイレブン




※一部要約

チェルシーがプレシーズンの試合で川崎フロンターレを相手に敗れた。
プレシーズンとはいえ予想を裏切る異変だった。
英国メディアもこの結果を興味深く注目した。

英国メディアBBCスポーツは20日、「プリシッチのチェルシーデビュー戦はJリーグチームを相手にした敗北だった」と報じた。
プリシッチは新チームに移籍して行った最初の試合で早々に異変の犠牲になったため、限りなく苦々しいようだ。

BBCスポーツは「チェルシーと契約を終えたプリシッチがついに初戦を行ったが、Jリーグチームを相手に納得がいくほどのシーンを作れなかった」と報じた。
BBCはまだ公式のシーズンが始まる前であることを考慮しても、プリシッチが期待には至らなかったという点は明らか出ると分析した。

実際、この日のプリシッチはまだ体が仕上がってない姿を見せ、川崎の組織的プレスに苦戦して自分の存在感を知らしめることができなかった。
今後の追加獲得が不可能なチェルシーの状況を見たとき、BBCスポーツとチェルシーはどちらも、プリシッチがどれだけ自分の役割を果たせるかが重要な鍵になるだろうと予想している。

予期せぬ敗北と残念な評価を受けたプリシッチが今後、プレシーズンと来るリーグ開幕でどのような姿を見せるのか、関心が集まっている。



"ファン・ウィジョ獲得説"バンクーバー、イラク代表アドナンを完全で獲得
フットボールリスト




※一部要約

ファン・ウィジョ獲得説で取り沙汰されているチームの一つであるバンクーバー・ホワイトキャップスが、イラク代表の左SBアリ・アドナンを獲得した。
1チームに3人までのサラリーキャップ例外選手の席に、ファン・インボムとアドナンが使われた。

バンクーバーは5日、アドナンの完全移籍のニュースを発表した。
アドナンはイタリア・セリエAのアタランタとウディネーゼで活躍して、今年はじめからレンタルの身分でバンクーバーのユニフォームを着た状態だった。
バンクーバーは今回の完全移籍で投じた移籍金を公開しなかったが、MLS史上最高額という。
契約期間は2021年までで、1年の追加オプションがある。

バンクーバーは最近、ファン・ウィジョの移籍説で名前が上がったチームである。
レナルドゥッツィ会長が最近韓国を訪れた日程でファン・ウィジョの代表戦を観戦し、"フットボールリスト"と会って「7月の移籍市場でFWの獲得を推進中だ。ファン・ウィジョを継続的に見守ったし、候補群の一人」と語ったことがある。

アドナンをレンタルから完全移籍の身分に替えることでサラリーキャップ例外選手(DP)の席が一つ使われ、バンクーバーは3つの席をすべてなくした。
アドナン、ファン・インボム、FWフレディ・モンテーロがすべてだ。
これまでDPを占めていたホアキン・アルダイスを一般選手に回し、アドナンのための席を用意したため獲得が可能だった。

バンクーバーがファン・ウィジョの移籍を推進する場合、年俸を耐えるためにはDPを活用しなければならない可能性が高い。
つまりアドナンの完全移籍は、ファン・ウィジョ獲得の可能性を下げる措置である。
ただし会長、監督らクラブ関係者の多くが優れたFWの獲得を何度も公言していたという点を考慮すれば、どんな方法でも攻撃陣の補強を推進する可能性は高い。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング