"アーセナル退任"ベンゲル監督、22年ぶりにJリーグ復帰するか
スポータルコリア




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が日本Jリーグ復帰を悩んでいる。

27日の英国"デイリー・メール"によると、ベンゲル監督はJリーグで指導者生活を続ける方案を考えている。

今シーズンを最後にアーセナルの指揮棒を下ろしたベンゲル監督は、指導者を引退しないと決めた状態である。
なので彼はパリ・サンジェルマンの団長も断り、指揮棒を取る新チームを探している。
ヨーロッパ、アメリカの様々なチームが彼に関心を持っているという話も出てきた。

そんな中でJリーグが浮上した。
Jリーグはベンゲル監督の有力な次期行き先の一つになった。
ベンゲル監督とJリーグとの過去の縁のためである。

"デイリー・メール"はベンゲル監督が適切なオファーを受ければ、Jリーグ行きを決めると予想した。
去年ルーカス・ポドルスキ、そして最近ではアンドレス・イニエスタがJリーグ行きを決めたことも、ベンゲル監督の心を掴む要因にあるという分析だ。
22年前にベンゲル監督が名古屋を率いたときも、ギャリー・リネカーら世界的選手がJリーグで走っていた。



"怪物DF"キム・ミンジェの株価上昇、英リバプール・トッテナム・アーセナル求愛
スポーツ朝鮮




※一部要約

"怪物DF"キム・ミンジェ(22・全北)の株価が英国で沸き上がっている。

28日、英国サッカー専門メディアのチームトークが「リバプール、トッテナム、アーセナルが昨シーズンのKリーグヤングプレーヤー賞を受賞したキム・ミンジェの獲得を望んでいる」と報じた。

英国日刊紙エクスプレスの週末版である"サンデーエクスプレス"も「リバプール、トッテナム、アーセナルがキム・ミンジェに関心を持っている。彼の能力がヨーロッパビッグクラブの目を引きつけている」と伝えた。

現地メディアの"フットボールインサイダー"もやはり「リバプール、トッテナム、アーセナルの獲得対象であるキム・ミンジェは去年8月にAマッチデビューし、5試合をプレーした。189センチのジャイアンツは去年11月にKリーグヤングプレーヤー賞を受賞した」と説明した。

それと同時に「トッテナムはソン・フンミンのおかげでキム・ミンジェを望んでいるライバルチームより一歩リードしている」とした。


20180429083607433a.jpg



"ヨーロッパ派点検"キム・ハクボム「ソン・フンミンのAGの意思確認、私も選ぶ考え」
スポTVニュース

20180424174317059.jpg


※一部要約

キム・ハクボムU-23代表監督がヨーロッパ出張を終えた所感を発表した。
彼は最大の関心事だったソン・フンミン(26、トッテナム・ホットスパー)に会い、「アジア大会出場の意思を確認したし、自分の選ぶ考え」と明確な意思を明かした。
ただまずは6月に繰り広げられるワールドカップが先という事実を再び強調した。

キム監督は2日にヨーロッパ派選手のコンディションを見守るために出国し、約3週間ぶりに帰ってきた。
ヨーロッパ派選手のコンディションとともに、年齢に関係なく抜擢する"ワイルドカード"3人のうちの1人として指名していたソン・フンミンの出場の意思を確認するためだった。
キム監督は今回の日程で"ソン・フンミンのアジア大会出場の意思"を確認してきたことがわかった。

キム監督は「ソン・フンミンは今回の日程の対象ではなかった。日程が合ったのであって話をして、練習するのを見て食事をした。だがワールドカップが先だ。ソン・フンミンはアジア大会に対する情熱が大きいのを感じた」と語った。


20180424174317059a.jpg


キム監督は抜擢が有力なソン・フンミンやファン・ヒチャン以外に、去年ワールドカップでプレーしたイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ペク・スンホ(ジローナ)、ソ・ヨンジェ(ハンブルク)、キム・ジョンミン(リーフェリング)らの競技力も確認した。

彼は「ペク・スンホやイ・スンウだけでなくソ・ヨンジェ、キム・ジョンミン選手も見てきた。(※アウストリア・ウィーンの)イ・ジンヒョンは負傷でチェックできなかった。残りの選手はすべてチェックした。会って食事もして意思も確認した。選抜の関係は会議を経て選ぶだろう。選手は熱心にしていた。私が年齢の幅を広げたので、若い選手もやってやろうという意思を示した」と語った。

キム監督は翌月のロシアワールドカップ代表の招集時期に合わせて一度選手を招集し、焼き入れをする方法を考えている。


20180424174317059b.jpg



[速報] ベンゲル監督、22年でアーセナルと別れ…「感謝する」
スポTVニュース




※一部要約

アーセン・ベンゲルアーセナル監督が22年でチームを去る。

アーセナルは20日、クラブHPでベンゲル監督との別れを発表した。
ベンゲル監督は今シーズンまでチームを率いてからアーセナルを去る。

ベンゲル監督は「クラブと綿密な検討や議論の末に、私は今シーズン後に退くのが適切な時期だと感じた。多くの時間を良いクラブに献身する特権を与えてくれたアーセナルに感謝する」と別れの挨拶を残した。

ベンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮棒を取った後、22年間チームを率いた。
2003-04シーズンにはイングリッシュ・プレミアリーグで無敗優勝という大記録を残したこともある。

昨シーズン、アーセナルはベンゲル監督就任後に初めてUEFAチャンピオンズリーグに進出できなかった。
今シーズンもやはりそうなる可能性が高い。
ベンゲル監督は成績への負担感を感じてチームを去るものとみられる。



[EPLレビュー] "ポグバ後半2ゴール"マンU、マンシティに3-2の逆転勝ち…早期優勝阻止
インターフットボール

20180408032410094.jpg


※一部要約

優勝がかかった歴史的なマンチェスターダービーの勝者はマンチェスター・ユナイテッドだった。
"論難の中心"ポール・ポグバが後半だけで2ゴールを奪ってマンUの勝利を導き、マンシティの早期優勝を阻止した。

マンチェスター・ユナイテッドは8日、英国マンチェスターにあるエティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・シティとのイングリッシュ・プレミアリーグ(EPL)33ラウンド、別名マンチェスターダービーでポグバの後半の2ゴールに力づけられて3-2で逆転勝ちした。
この日の勝利でマンUはリーグ5連勝と同時に勝ち点71でリーグ2位を守り、マンシティの早期優勝を阻止した。


20180408032410094a.jpg

20180408032410094b.jpg

20180408032410094c.jpg


[試合結果]

マンシティ(2):コンパニ(前半25分)、ギュンドアン(前半30分)
マンU(3):ポグバ(後半8分)、ポグバ(後半10分)、スモーリング(後半24分)



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング