2ゴール飛ばしたソン・フンミン、決勝ゴールでも評点酷評「チャンスを無駄に」
Newsen




※一部要約

ビッグクラブのFWはゴールを決めるだけでは高評価を受けられない。
ソン・フンミンがそうだった。

トッテナムのソン・フンミンは11月5日、ウェンブリーで行われたクリスタルパレスとのプレミアリーグ11ラウンドの試合で、後半18分に豪快なミドルシュートでゴールネットを割った。
ソン・フンミンはフルタイム出場をして、チームはソン・フンミンの先制決勝ゴールによって1-0で勝利した。

決勝ゴールを記録したソン・フンミンだったが、多くのメディアが付けた評点はそれほど良くなかった。
チーム内で下位圏に終わった。

デイリー・メールはソン・フンミンに6点をつけた。
チーム内最高点のパウロ・ガッサニーガGKが7点、最低点のオーリエが5点だった。
ソン・フンミンは先発出場選手の中でハリー・ケイン、ムサ・シソコと同点で、ソン・フンミンより評点の悪い選手はオーリエとダニー・ローズの2人だけだった。
事実上、チーム内の低評点である。

スカイスポーツの評点は多少良かった。
ソン・フンミンには7点が与えられた。
GKガッサニーガが9点で最高点であり、その後をダビンソン・サンチェス、ヤン・フェルトンゲン、ローズが8点で続いている。
エリック・ダイアーがソン・フンミンと同じ7点を受けた。
チーム内の中間点数である。



"なぜ…"キ・ソンヨン-イ・チョンヨン、EPL最悪のチームで感じる降格の危機
スポーツ韓国




※一部要約

奇妙だ。
"親友"キ・ソンヨンとイ・チョンヨンの所属チームであるスウォンジー・シティとクリスタルパレスは今シーズン開始2ヶ月で、最悪のチームとしての歩みを見せている。
このまま行けば降格が当然になる他ない両チームに所属している双龍だ。

スウォンジー・シティは5日、リバティ・スタジアムで行われたEPL11ラウンドのブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFCとのホーム試合に0-1で敗れた。
キ・ソンヨンは中央守備型MFとして先発出場したが大きな活躍もなく、チームに敗北とともに振るわなかった。

前半29分にゴールを奪われたスウォンジーは、息苦しい競技力だけを繰り返して無気力に敗れた。

試合中ずっと嘆かわしい競技力で敗北が当然だったスウォンジーは、この日の敗北で何と4連敗に陥った。
11試合で2勝2分け7敗の勝ち点8で、20チーム中18位の降格圏に入っている。



[ハン・ジュン] 韓国ヨーロッパ派の現実…ヨーロッパTOP10リーグのアジア地形図
ハン・ジュンのティキ・タカ




※一部要約

昨夜(※10月22日の記事)ヨーロッパサッカーの舞台で韓国と日本選手の対決があった。
イングランド・プレミアリーグでスウォンジー・シティのキ・ソンヨンとレスター・シティの岡崎慎司が争い、フランス・リーグアンではディジョンのクォン・チャンフンがメスの川島永嗣の守るゴールを狙った。
ク・ジャチョルとチ・ドンウォンがアウクスブルクにともに身を置いているドイツ・ブンデスリーガには、あまりにも日本選手が多いので対決が頻繁に繰り広げられる。

21世紀を前後してアジアサッカーはヨーロッパに近づいた。
1998年にイランのFWアリ・ダエイがブンデスリーガ最高の名門バイエルン・ミュンヘンに入団したし、日本のMF中田英寿が2000-01シーズンにASローマ所属でセリエA優勝を達成した。
韓国のMFパク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドで4回プレミアリーグで優勝し、2007-08シーズンにはアジア選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ優勝メンバーになった。

これらの選手が成功事例になり、オーストラリアがアジアサッカー連盟に編入し、今やヨーロッパの主要リーグでアジア選手の活躍を見ることはありふれている。

自国リーグがどれだけしっかりしているかが、その国のサッカーの競争力である。
だが戦術的にも技術的にも、ヨーロッパがサッカーの本場であり、先導的な役割を果たしているのも事実だ。
ヨーロッパにどれだけ多くの選手が進出し、活躍しているのかも競争力の指標の一つである。


102582576a.jpg



[通信員リポート] キ・ソンヨン「代表の競技力は私が見ても問題…組織力が最も重要」
スポーツ東亜




※一部要約

10月21日、スウォンジーのリバティ・スタジアムでスウォンジー・シティ-レスター・シティのイングリッシュプレミアリーグ10ラウンドが行われた。
キ・ソンヨンはハーフタイムに交代投入され、49分間出場した。
負傷から回復したキ・ソンヨンは9ラウンドのハダースフィールド戦に続いてシーズン2回目の交代出場をした。

レスター・シティは降格圏の順位(18位)のため、最近シェイクスピア監督が更迭されて不安な状況で試合を始めたが、フェデリコ・フェルナンデのオウンゴールと岡崎慎司のゴールのおかげで2-1で勝ち、14位に跳躍した。

10月18日、英国現地メディアでポール・クレメント監督がキ・ソンヨンに言及した。
「体力的にも強く、非常に素晴らしい技術的な選手だ。負傷から回復して嬉しい。スウォンジーは現在、フィールドのどこからでもゴールが必要な状況だ。かつてキ・ソンヨンは得点にも加担していたし、今後も出場するときはアシストや得点でチームを助けられる選手」と褒めた。
試合後にキ・ソンヨンは韓国取材陣を迎えた。
試合、負傷、代表に関して様々な返答をした。


─今シーズンの最も長い出場である49分をプレーしたが所感は?

今日、後半45分をすべてプレーしてとても満足している。体は思ったよりだいぶ良くなったようだ。試合に勝たなければならなかったので、それは少し残念である。


─体の状態は?

ちゃんと作っている。負傷して手術をすれば恐れが生まれる。それを克服するのに時間が多少かかった。今は100%ではないが、かなり良くなった。試合で多くプレーすればするほど100%のコンディションに近づくだろう。



ソン・フンミン-ク・ジャチョルのみ"晴れ"、ワールドカップ目前に"放出特報"のビッグリーガー
Newsen




※一部要約

ワールドカップを控えているシーズン、ヨーロッパ派に"放出注意報"が発令された。

2017-2018シーズンのヨーロッパサッカー主要リーグが始まって約1ヶ月が過ぎた。
今シーズン後に2018ロシアワールドカップが行われる。
いつもより守戦の席が大切な時期である。
夏の移籍市場ではワールドカップ代表に合流するため、移籍を強行する選手も多かった。
ウェストハム・ユナイテッドのユニフォームを着たジョー・ハート、メンヘングラッドバッハに移籍したマティアス・ギンターらが代表的だ。

ユースチーム所属だったイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ペク・スンホ(CFペララーダ)、チャン・ギョルヒ(アステラス)ら"バルセロナトリオ"を除けば、夏の移籍市場でチームを移したコリアンビッグリーガーはいなかった。
パク・チュホ、イ・チョンヨンのように所属チームで出場機会を完全に失った選手も、ひとまず残留を選んだ。

結果的に、代表の核心選手にならなければならないヨーロッパビッグリーガーの中で、まともに実戦感覚を維持している選手は珍しい。
シン・テヨン監督にとっても耐え難い状況だ。
10月のAマッチ期間にヨーロッパ遠征評価試合が計画されているが、コンディションもできてない中途半端な代表を率いなければならない立場である。(※最終予選のため国内リーグを延期したのでKリーガーは選ばれない予定)

現在、ワールドカップ天気予報で"晴れ"の表示が浮かぶ選手はソン・フンミンとク・ジャチョルの2人だ。
ソン・フンミンは今のトッテナムの守戦級FWで、唐突にベンチ資源に追いやられる可能性は希薄である。
もちろんハリー・ケイン、クリスティアン・エリクセン、デレ・アリとの競争では押されるが、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、カップ大会を併行しているトッテナムで、ソン・フンミンは少なくとも40試合以上の出場を保証される見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング