英ボルトンニュース、「イ・チョンヨン、ボルトン復帰はない」
OSEN




※一部要約

3年ぶりのボルトン・ワンダラーズ復帰が予想されていたイ・チョンヨンが、クリスタルパレスに残留するとみられる。

イ・チョンヨンは"第2の故郷"ボルトンに移籍することが有力とされていた。
イ・チョンヨンのエージェントであるインスポコリア側は31日、彼のボルトンレンタルを公式発表していた。

イ・チョンヨンもやはり「現状ではボルトンへのレンタルが良い決定だと思った。ことを上手く終えられて嬉しいし、今シーズンの残りの日程にすごく期待している」として、「競技場で良い姿を見せられるよう努力する」と所感を明かし、高い期待感をあらわしていた。

だが状況が変わった。
英国ロンドンの地元紙であるクロイドン・アドバタイザーは31日、イ・チョンヨンはボルトンへのレンタルが有力だったが、バカリ・サコがウェストハム戦で負傷してサイドMFの資源が必要になり、最終的にイ・チョンヨンの残留の可能性が高くなったと伝えた。

これに加えて地元紙"ザ・ボルトンニュース"もやはりリアルタイム移籍市場の締め切り報道で「イ・チョンヨンはボルトンに戻らないだろう」と明かした。






チェルシーで10年プレーしたエッシェン、Kリーグ進出を打診する
スポーツソウル




※一部要約

イングランド・プレミアリーグのチェルシーで活躍して名を知らしめたガーナ出身MFマイケル・エッシェンがKリーグ進出を打診している。

エッシェンは最近韓国人エージェントを選任、Kリーグ行きを調べている。
彼の代理人は「最近エッシェンと韓国進出のため深い話をした。肯定的な流れだった」と明かした。
具体的なチーム名については言葉を慎んだが、いくつかのクラブに関心を示したことがわかった。
チェルシーで2005年から2014年まで活躍した彼は、その後ACミランやパナシナイコスを経て、昨シーズンにインドネシアのプルシブ・バンドゥンでプレーした。
1982年生まれで今年韓国年齢で37歳に達するため、全盛期の技量を発揮するのは難しいが、老練なプレーで中盤に活力を吹き込むことができるというのがエッシェン側の主張である。
彼の代理人は「エッシェンの体の状態は良い。自信があるから韓国進出を狙っている」として、「カメルーンサッカーの英雄サミュエル・エトーなど様々なアフリカ出身の選手がKリーグに関心を示しているところだ」と語った。
続けて「エッシェンの身代金は国内クラブにとっては上位圏に属するかもしれないが、獲得のために不可能な金額ではない」と付け加えた。

エッシェンは唐突にインドネシアのバンドゥンに移籍してプレーしているが、昨シーズンは29試合に出場して良いコンディションをずっと維持している。
全盛期に豊富な運動量と守備力で高い評価を受けていた彼は、インドネシアに来てもセットピースのときに5ゴールを放つなど、ゴール感覚も生きている。
エッシェンはバンドゥンと契約するとき、いつでも移籍金なしで他クラブに行けるという条項を入れた。
そのような状況で春秋制で行われている韓国舞台進出のために体を作っている。



江原FCチョ・テリョン代表「イ・チョンヨン、韓サッカーのためKリーグに来ないと…条件を最大限合わせる」
スターニュース




※一部要約

江原FCのチョ・テリョン代表理事がイ・チョンヨン(29・クリスタルパレス)獲得について積極的に出るという意向を明かした。

江原FCのチョ・テリョン代表理事は29日午後にスターニュースとの通話で、あるメディアが"江原FCがイ・チョンヨン獲得に出た"と伝えたことについて「イ・チョンヨン選手は私たちのKリーグに来なければならないと思う」と明かした。

チョ代表は「Kリーグ、そして大韓民国サッカーファンのためにもイ・チョンヨンがKリーグに来なければならないと思う」として、「私たちのクラブは最大限に条件を合わせる考えがあり、イ・チョンヨンがKリーグ発展のため、また韓国ファンのためにプレーするなら、江原FCが前に立って最大限友好的に協力するだろう」と明かした。

イ・チョンヨンは2009年にボルトンに移籍してから9年イングランドの舞台で走っている。
2015年2月にはクリスタルパレスにチームを移した。
だが次第に主戦競争で押され、今では出場機会すら掴めない状況。
今シーズンはリーグ1試合、リーグカップ2試合に出場しただけである。

江原FCは来シーズンに再びACL進出を目標に走る予定だ。
そのような状況の中で、最近立場が不安なイ・チョンヨンまで懐に抱えられるか関心が集まっている。



トッテナムのソン・フンミン、評点6.3…マンシティのケヴィン・デ・ブライネは10点満点
スポーツ京郷




※一部要約

熱心にプレーしたが評価はそれほど良くなかった。

イングランド・プロサッカー・プレミアリーグ最強のマンチェスター・シティ戦で5試合連続ゴールの挑戦に失敗したソン・フンミンは、77分プレーしたが高い評価を受けられなかった。

ソン・フンミンはマンシティの守備の壁に阻まれ、威嚇的なシュートを見せられなかったし、攻撃ポイントを上げるのに失敗した。
チームも1-4で完敗した。

英国のサッカー統計サイトのフースコアードドットコムはこの日の試合後、ソン・フンミンのプレーに6.3の評点を付けた。
チーム内で5番目である。

マンシティの選手では、この日何度も印象的なパスでマンシティの攻撃手動し、直接得点も上げたケヴィン・デ・ブライネが10点満点を受けた。
続けて2アシストのレロイ・サネが9.4を受け、2ゴールを奪ったラヒーム・スターリングが8.6と評価された。



マンチェスターの乱闘劇に相撲の話を出したベンゲル、なぜ?
スポーツ京郷




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が最近話題になっているマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティの乱闘劇について、厳しい忠告を与えた。
ところがその過程で日本の相撲に言及して関心を集めた。

ベンゲル監督は13日、英国BBC放送のインタビュー映像で「私もその(乱闘劇の)消息を聞いたが、それについて何も見ることができてない」として、「だがそのようなことは大きなダービーマッチでは起こり得ること」と語った。

11日にオールドトラフォードで行われたマンUとマンシティの試合は、マンシティが2-1で勝利した。
だが試合後にマンシティの選手がロッカールームで大音量の音楽をかけて喜びを思う存分あらわし、機嫌の悪くなったモウリーニョ監督が直接マンシティのロッカールームに行って自制を求めた。
その過程でマンシティの選手とモウリーニョ監督の間で舌戦が繰り広げられ、そこにマンUの選手が加勢して雰囲気が険悪になると、最終的に集団の小競り合いにまで広がった。
マンシティのコーチであるミケル・アルテタは、飛んできた飲料のビンに当たって額が裂けたりもした。

ベンゲル監督は「そのような大きな試合で負けた後は、相手に100%の祝福を送るのはすごく難しいこと」と語った後、突然相撲の話を持ち出した。
彼は1995~1996年に日本Jリーグの名古屋グランパスの監督を引き受けた経験があり、日本文化をよく知っている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング