[オフィシャル] "日本ガンバFW"食野、マンシティ入団確定…レンタル有力
インターフットボール




※一部要約

ファン・ウィジョとガンバ大阪でプレーしていた食野亮太郎もチームを去る。
EPL優勝チームのマンチェスター・シティが行き先だ。
ただし食野はワークパーミットを通過できず、すぐにヨーロッパ内の他クラブへレンタルされる可能性が提起されている。

ガンバ大阪は9日、公式HPで「食野をマンシティに送ることを決めた」と発表した。
2017年にガンバ大阪に合流した食野は、2年でチームを移すことになった。

食野はガンバ大阪が大事にしている有望株だった。
今シーズンにU-23チームと1軍を行き来して活躍した。
J3リーグ所属のU-23で8試合8ゴール2アシストを決めるなど大活躍し、1軍でも12試合3ゴールで優れた成績を残した。
サイドの資源で最前方FWも消化できる選手である。

宮本恒靖監督をはじめとして、ガンバ大阪は食野を引き止めることを望んだが、ヨーロッパ進出を望む選手の意思を止められなかったことがわかった。
食野はイングランドの移籍市場の締め切り前に承認を受けたという。
ガンバ大阪はファン・ウィジョをジロンダン・ボルドーに送ったのに続いて、食野までマンシティに移籍させることになった。



BBCも注目、"Jリーグチームにプリシッチのデビュー戦"
ベストイレブン




※一部要約

チェルシーがプレシーズンの試合で川崎フロンターレを相手に敗れた。
プレシーズンとはいえ予想を裏切る異変だった。
英国メディアもこの結果を興味深く注目した。

英国メディアBBCスポーツは20日、「プリシッチのチェルシーデビュー戦はJリーグチームを相手にした敗北だった」と報じた。
プリシッチは新チームに移籍して行った最初の試合で早々に異変の犠牲になったため、限りなく苦々しいようだ。

BBCスポーツは「チェルシーと契約を終えたプリシッチがついに初戦を行ったが、Jリーグチームを相手に納得がいくほどのシーンを作れなかった」と報じた。
BBCはまだ公式のシーズンが始まる前であることを考慮しても、プリシッチが期待には至らなかったという点は明らか出ると分析した。

実際、この日のプリシッチはまだ体が仕上がってない姿を見せ、川崎の組織的プレスに苦戦して自分の存在感を知らしめることができなかった。
今後の追加獲得が不可能なチェルシーの状況を見たとき、BBCスポーツとチェルシーはどちらも、プリシッチがどれだけ自分の役割を果たせるかが重要な鍵になるだろうと予想している。

予期せぬ敗北と残念な評価を受けたプリシッチが今後、プレシーズンと来るリーグ開幕でどのような姿を見せるのか、関心が集まっている。



"ファン・ウィジョ獲得説"バンクーバー、イラク代表アドナンを完全で獲得
フットボールリスト




※一部要約

ファン・ウィジョ獲得説で取り沙汰されているチームの一つであるバンクーバー・ホワイトキャップスが、イラク代表の左SBアリ・アドナンを獲得した。
1チームに3人までのサラリーキャップ例外選手の席に、ファン・インボムとアドナンが使われた。

バンクーバーは5日、アドナンの完全移籍のニュースを発表した。
アドナンはイタリア・セリエAのアタランタとウディネーゼで活躍して、今年はじめからレンタルの身分でバンクーバーのユニフォームを着た状態だった。
バンクーバーは今回の完全移籍で投じた移籍金を公開しなかったが、MLS史上最高額という。
契約期間は2021年までで、1年の追加オプションがある。

バンクーバーは最近、ファン・ウィジョの移籍説で名前が上がったチームである。
レナルドゥッツィ会長が最近韓国を訪れた日程でファン・ウィジョの代表戦を観戦し、"フットボールリスト"と会って「7月の移籍市場でFWの獲得を推進中だ。ファン・ウィジョを継続的に見守ったし、候補群の一人」と語ったことがある。

アドナンをレンタルから完全移籍の身分に替えることでサラリーキャップ例外選手(DP)の席が一つ使われ、バンクーバーは3つの席をすべてなくした。
アドナン、ファン・インボム、FWフレディ・モンテーロがすべてだ。
これまでDPを占めていたホアキン・アルダイスを一般選手に回し、アドナンのための席を用意したため獲得が可能だった。

バンクーバーがファン・ウィジョの移籍を推進する場合、年俸を耐えるためにはDPを活用しなければならない可能性が高い。
つまりアドナンの完全移籍は、ファン・ウィジョ獲得の可能性を下げる措置である。
ただし会長、監督らクラブ関係者の多くが優れたFWの獲得を何度も公言していたという点を考慮すれば、どんな方法でも攻撃陣の補強を推進する可能性は高い。



キム・ボギョン「EPL時代に最も親しかったジョーダン・マッチとの対決に期待」
ゴールドットコム




※一部要約

キム・ボギョンはKリーグ1の仁川ユナイテッドとの試合を前日にした5日、ゴールドットコムと電話インタビューを行った。
彼はACL16強脱落後のチームの雰囲気、Kリーグ1の3強体制、迫る試合になどについて虚心坦懐に自分の意見を語った。

その中で9日の慶南との対決を前に、マッチとの英国時代の記憶を思い出した。
キム・ボギョンは2012年にイングランド・チャンピオンシップ所属のカーディフ・シティに合流し、その年に優勝してプレミアリーグに昇格した。
ジョーダン・マッチは2012年から2年間ともにプレーした。

キム・ボギョンは「外国生活をして最も近くで助けてくれた選手がマッチだった。チームで最も上手く合った。普段に意見も多くやり取りしたし、家も近所に住んで毎日会っていた」と思い出を振り返った。

キム・ボギョンはマッチの韓国行きを喜んだ。
彼は「最初にKリーグに来るという消息を聞いてすごく驚いた。優れた実力を備えているので期待も多かった」と語った。
続けて「連絡してみると"ワクワクして期待してる"と言っていた」とエピソードを打ち明けた。

マッチはKリーグ1とACLで多くの攻撃ポイントは上げられなかったが、EPL出身らしい印象深いプレーを見せてくれた。
キム・ボギョンもやはり「マッチはシーズン序盤に良い姿を見せた。その後、負傷でしばらく停滞していたが、復帰したので試合で良いペースを維持するだろう」と応援した。

マッチは4月の尚州尚武戦で退場させられ、キム・ボギョンと会うことが失敗に終わった。
いつも試合中に激しい姿をしばしば見せるマッチについて尋ねると、キム・ボギョンは「普段は同僚と上手く馴染んでいる。だが英国にいるときも競技場内だけは多血質だった。それだけ勝負欲が強かった」と語った。

シーズン開始5ヶ月で初めて対決を繰り広げることに期待感を隠せなかった。
キム・ボギョンは「初めての対決まで長い時間がかかった。マッチのプレースタイルをよく知っていて、マッチも私のプレースタイルをよく知っている。激しい試合になるだろう。かなり期待している」と語った。



[オフィシャル] 一世を風靡したトーレスが引退発表…23日に引退記者会見
インターフットボール




※一部要約

フェルナンド・トーレスがサッカーシューズを脱ぐ。
トーレスは18年間のサッカー選手人生に終止符を打ち、23日に東京で引退記者会見を行う。

トーレスは21日、自身のツイッターで引退の意思を明かした。
トーレスは「重要なニュースを伝えようと思う。18年間のピリッとした瞬間を後にし、サッカー人生を終えようと思う。23日午前10時に東京で記者会見を行って詳細を語る」と伝えた。

アトレティコ・マドリードで選手生活を始めたトーレスはリバプール、チェルシー、ACミランを経て2014-15シーズンにアトレティコに復帰した。
アトレティコで4シーズン活躍した後、日本Jリーグのサガン鳥栖に移籍し、今年が2シーズン目だった。

特にリバプールでトーレスはスティーブン・ジェラードと幻想的な呼吸を誇り、142試合出場で81ゴールを記録した。

トーレスはスペイン代表でAマッチ110試合に出場して38ゴールを放った。
一時代を風靡したトーレスは引退を宣言し、日本で現役生活の終止符を打つことになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング