レスター地元紙「レスター、"トッテナムのターゲット"キム・ミンジェ争奪戦に加勢」
スポータルコリア



※一部要約

レスター・シティがキム・ミンジェ争奪戦に加勢したというニュースである。

英国レスターの地元紙"レスターシャー・ライブ"は21日、「レスターがトッテナム・ホットスパーのターゲットであるキム・ミンジェの争奪戦に参戦した。キム・ミンジェはプレミアリーグとセリエAの関心を集めている」と報じた。

英国"90min"も「レスターが"怪物"という異名を持つ選手に関心がある。CBの獲得はブレンダン・ロジャース監督の再優先順位だ。現在、当該ポジションに怪我人が発生した」と説明した。

レスターは急いでCBを探している。
当初はウェスレイ・フォファナを望んでいたが、サンテティエンヌが彼を引き止める必死だ。
これに対してロジャース監督は、別のオプションを考慮中だと伝えられた。



[ファクトチェック] "トッテナムではなくラツィオ?"キム・ミンジェ、ヨーロッパ行きはどこに向かってるのか
スポーツ朝鮮



※一部要約

"怪物"キム・ミンジェのヨーロッパ進出は可能なのか。

先月16日、"キム・ミンジェのトッテナム・ホットスパー行き迫る"という報道が出た。
以前から何度も"ヨーロッパクラブのラブコールを受けている"という報道が続いていたが、今度は違った。
"90%以上合意を終えた"、"10日以内に結果が出る"という具体的な話まで出てきた。
キム・ミンジェのヨーロッパ行きを望むファンが多いだけに、当然反響も大きかった。
さらにソン・フンミンがプレーするイングランド・プレミアリーグのトッテナムだった。

しかし、その後は説が続くだけで具体的な進展状況は伝えられなかった。
その間にキム・ミンジェは中国入りし、現在はリーグを消化中である。
正常な体調ではないため、ベストの競技力ではない。
中国メディアがキム・ミンジェ叩きに乗り出すなど、雰囲気は良くないが、キム・ミンジェは依然としてヨーロッパ行きを望んでいる。
最近になって気流が変わっている。
トッテナムよりイタリア・セリエAのラツィオのほうが積極的になっている様子だ。

果たして現在、キム・ミンジェのヨーロッパ行きの可能性はどれくらいなのか。



フェラン・トーレス暴露「私とイ・ガンイン、前監督更迭の元凶に指目された」
スポーツ東亜



※一部要約

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティに入団したフェラン・トーレスが、前所属チームのバレンシアCFで、自分とイ・ガンインが不当な扱いを受けたと暴露した。

マンシティは5日、「バレンシアからフェラン・トーレスの獲得を完了した。トーレスはマンシティと5年契約を結び、2025年までクラブに留まる予定である。主にウインガーの役割を担ってきたトーレスは、バレンシアで昨シーズン44試合6ゴールを記録した」と伝えた。

トーレスはバレンシアでイ・ガンインと同じ釜の飯を食べ、ポジションのライバルとして取り上げられたりもした。
バレンシアでは97試合で9ゴール12アシストを記録した。

バレンシアを去ったトーレスはスペインの"マルカ"に、移籍前のバレンシア内で葛藤があったと打ち明けた。
彼は2019年9月にマルセリーノ・ガルシア・トラル監督が更迭された後、自分とイ・ガンインがその現況に指目されたと主張した。

彼は"マルカ"とのインタビューで、バレンシアの主将ダニ・パレホとの仲が良くないという噂について「1軍で3年間経験を積んでから私は成熟したし、精神的に強くなった。だが私が17歳のとき、彼とは親しくなかった。初めて1軍に入ったとき、私は彼に"おはよう"と言うのに数週間かかった。私は主将が良い人だとは思わない」と語った。

続けて「最も最悪だったのは、マルセリーノ監督更迭から始まった。私とイ・ガンインがマルセリーノ監督更迭の元凶に指目されて注目を集め、私たちは数週間チームとの対話を断たなければならなかった」と打ち明けた。



"トッテナム関心"キム・ミンジェ、中国残留の可能性UP…北京が販売不可の立場
STNスポーツ



※一部要約

北京国安はキム・ミンジェ移籍を望んでいない。

英国<スカイスポーツ>は19日、「キム・ミンジェがチームに残留しろという指示を受けた」として、「北京国安は移籍を許可したくないと言った」と伝えた。

トッテナムがDF獲得のために資源を探していて、キム・ミンジェを適任者として指名したというニュースが出ていた。
それと共に交渉の細部事項を調整中だと伝えられ、ついにヨーロッパ進出の夢が叶えられそうだった。

だが北京国安は巨額のオファーでなければキム・ミンジェを渡す意向がないことがわかった。
トッテナムが提示した移籍金に満足していないという分析だ。

ヨーロッパ進出を狙うキム・ミンジェの野望が実現しない可能性は高そうである。



[単独] キム・ミンジェのトッテナム移籍急流…クラブ間の移籍金調整中
KBS



※一部要約

サッカー代表DFキム・ミンジェのイングランド・プロサッカー、トッテナム行きが急流に乗っている。

ヨーロッパサッカーの移籍市場に詳しい関係者15日、「キム・ミンジェの移籍に関して、北京国安とトッテナムの間で実務交渉が進行している。両クラブとも移籍に肯定的」として、「トテナムは1200万ユーロ(約160億ウォン)の移籍金を提示し、一方の北京はそれより炊きあ1700万ユーロ(約230億ウォン)くらいを提示し、両者が調整しているところ」と伝えた。

キム・ミンジェ獲得はトッテナムのクラブ高位層が積極的に推進したという裏話である。
トッテナムは今シーズン、少なくない守備の不安に苦しめられているが、アジアでも屈指の技量を備えるキム・ミンジェの獲得によって、この問題を解決するという意志である。
トッテナムのCB資源の1人であるヤン・フェルトンゲンは、今シーズンを終えてチームを去ることが有力だ。

キム・ミンジェがトッテナムに移籍すれば、ソン・フンミンと同じ釜の飯を食べることになり、国内サッカーファンの期待が大きい。

中国スーパーリーグは25日に開幕する予定なので、キム・ミンジェのトッテナム移籍確定の有無はその前に輪郭が出てくると予想される。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング