ソン・フンミン-ク・ジャチョルのみ"晴れ"、ワールドカップ目前に"放出特報"のビッグリーガー
Newsen




※一部要約

ワールドカップを控えているシーズン、ヨーロッパ派に"放出注意報"が発令された。

2017-2018シーズンのヨーロッパサッカー主要リーグが始まって約1ヶ月が過ぎた。
今シーズン後に2018ロシアワールドカップが行われる。
いつもより守戦の席が大切な時期である。
夏の移籍市場ではワールドカップ代表に合流するため、移籍を強行する選手も多かった。
ウェストハム・ユナイテッドのユニフォームを着たジョー・ハート、メンヘングラッドバッハに移籍したマティアス・ギンターらが代表的だ。

ユースチーム所属だったイ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ペク・スンホ(CFペララーダ)、チャン・ギョルヒ(アステラス)ら"バルセロナトリオ"を除けば、夏の移籍市場でチームを移したコリアンビッグリーガーはいなかった。
パク・チュホ、イ・チョンヨンのように所属チームで出場機会を完全に失った選手も、ひとまず残留を選んだ。

結果的に、代表の核心選手にならなければならないヨーロッパビッグリーガーの中で、まともに実戦感覚を維持している選手は珍しい。
シン・テヨン監督にとっても耐え難い状況だ。
10月のAマッチ期間にヨーロッパ遠征評価試合が計画されているが、コンディションもできてない中途半端な代表を率いなければならない立場である。(※最終予選のため国内リーグを延期したのでKリーガーは選ばれない予定)

現在、ワールドカップ天気予報で"晴れ"の表示が浮かぶ選手はソン・フンミンとク・ジャチョルの2人だ。
ソン・フンミンは今のトッテナムの守戦級FWで、唐突にベンチ資源に追いやられる可能性は希薄である。
もちろんハリー・ケイン、クリスティアン・エリクセン、デレ・アリとの競争では押されるが、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ、カップ大会を併行しているトッテナムで、ソン・フンミンは少なくとも40試合以上の出場を保証される見通しだ。



[EPL] "ウィングバックもOK"ソン・フンミン、ポジション変更でも縦横無尽
NEWSIS




※一部要約

最前方の攻撃とウィングバックの守備でどちらも安定的だった。
EPLのトッテナム・ホットスパーでプレーするソン・フンミンが再び多才多能さを誇った。

ソン・フンミンは17日、ロンドンのウェンブリー・スタジアムで行われたスウォンジー・シティとの試合に先発出場した。

三日前にボルシア・ドルトムントとのチャンピオンズリーグでシーズン初ゴールを申告したソン・フンミンは、前方に配置されるという予想とは違い、3バックのウィングバックで試合を始めた。

前半11分に攻撃加担して左足シュートを飛ばしたソン・フンミンは、直後の守備では最前方まで下がって相手の攻撃を遮断した。

前半18分には2回の2対1のパスでスペースを作り出して右足シュートを試みたし、前半37分にはいつの間にか右サイドに移動、鋭いクロスを披露したりもした。

ソン・フンミンは後半に入り、トッテナムの4バック転換と同時にサイドアタッカーに変身した。
ハリー・ケインのパートナーになり、2トップを形成したりもした。
だがソン・フンミンは攻撃ポイントなしに後半29分に交代アウトとなり、トッテナムは0-0で引き分けた。

負傷中のスウォンジー・シティのキソンヨンはメンバーから外れた。



[EPL ISSUE] "77日-5G"デ・ブール、EPL史上最短試合
インターフットボール




※一部要約

フランク・デ・ブール監督が77日-5試合でクリスタルパレスから更迭された。
彼はイングリッシュプレミアリーグの歴史上で最も短い試合で更迭された監督として記録された。

パレスは11日、クラブのHPで「デ・ブール監督と朝に会い、更迭に合意した」と発表した。

続けて「デ・ブール監督の献身と努力に謝意を表する。新監督は近いうちに選任され、デ・ブール監督の幸運を祈る」と伝えた。

一方、デ・ブール監督の後任にはロイ・ホジソン監督が有力であることがわかった。




イ・チョンヨンのミスの後よりによって…パレスのデ・ブール監督、77日で更迭
スポーツ韓国




※一部要約

よりによってイ・チョンヨンのミスの後に起きたことだった。
前日行われたバーンリー戦でイ・チョンヨンはシーズン初の先発出場に成功したが、酷いバックパスのミスを犯した。
そのバックパスから得点が炸裂し、結局この失点でパレスは0-1で敗れた。


[バーンリー-パレス] "5.7点"イ・チョンヨン、バックパスミスで最低評点
スポータルコリア





※一部要約

シーズン初の先発出場をしたイ・チョンヨンが最低評点を受けた。

パレスは10日、ターフ・ムーアで行われた2017/2018イングリッシュプレミアリーグ4ラウンドで、バーンリーに0-1で敗れた。
試合開始3分にクリス・ウッドに先制ゴールを許したのが痛かった。

決勝ゴールの口実をイ・チョンヨンが提供した。
左ウィングで久しぶりに先発のチャンスを得たイ・チョンヨンは、前半3分にハーフラインで相手のプレスを避け、GKにボールをつなげようとしたが、ウッドに取られて失点の原因になった。

致命的なバックパスのミスをしたイ・チョンヨンは挽回するために努力した。
意欲的に相手にプレスして守備にも加わる姿を見せた。
だがいざ必要な攻撃的動きは少なかった。
ウィングの資源にもかかわらず前進性を見せられず、周囲を空回りする時間が多かった。

結局イ・チョンヨンは後半19分に交代してグラウンドを離れた。
イ・チョンヨンについて英国のサッカー統計サイト"フースコアードドットコム"は、評点5.7の低評価を下した。
これはパレスの先発11人の中で最も低い点数である。
バックパスのミスを指摘したわけである。



[EPL 3R] "ラッシュフォード決勝ゴール"マンU、レスターに2-0の完勝…3連勝行進
スポータルコリア




※一部要約

マンUがホームでレスター・シティに完勝した。
新星ラッシュフォードがレスターのゴールネットを揺さぶり、勝利の青い鳥になった。

マンUは27日、マンチェスターにあるオールド・トラフォードで行われた2017/2018シーズン・イングランド・プレミアリーグ3ラウンドのレスター戦に2-0で勝利した。
マンUはレスター戦の勝利で快調の3連勝行進を走った。


20170827032117868a.jpg

20170827032117868b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング