日の期待感上昇、"新たなビッグ3"並んで得点砲稼働
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本サッカー界が揺れている。
新たなビッグ3の誕生に期待感をあらわしている。

日本メディアのスポーツ報知は4日、「日本代表の顔とも言える南野拓実(ザルツブルク)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、堂安律(フローニンゲン)がリーグですべてゴールを決めた。新たなビッグ3が並んでチームの勝利に貢献し、2019UAEアジアカップ出場で肯定的な姿を見せた」と報じた。




EPLウォルバーハンプトン、"日新星"中島獲得秒読み
スポーツアジア




※一部要約

日本サッカー界の新たな星に浮上したポルティモネンセのウィンガー中島翔哉のビッグリーグ入りが秒読みに入った。

ポルトガルメディア"ア・ボラ"は6日、イングリッシュ・プレミアリーグのウォルバーハンプトン・ワンダラーズとポルティモネンセが中島翔哉の移籍交渉が仕上げの段階に至ったと報じた。
移籍金は約2000万ユーロ(約260億ウォン)と予想されるとこのメディアは付け加えた。

昨シーズン29試合に出場して10ゴール10アシストを記録し、ヨーロッパの舞台に軟着陸した中島は、俊足を主な武器にしたドリブル突破能力や鋭いクロス、冷静なフィニッシュ能力を持っていて、ヨーロッパで高い評価を受けてきた。



マンシティ-ユベントス-アトレティコ、日・堂安律の獲得に関心?
スポTVニュース




※一部要約

ヨーロッパのビッグクラブが堂安律の獲得に関心を持っている。

堂安律は日本が誇る新鋭MFだ。
攻撃の2列目全般で活躍する堂安は、2018年9月に日本A代表でもデビューした。
2017-18シーズンからオランダ・エールディビジのフローニンゲンにレンタルされて活躍した後、今シーズンには完全移籍をした。
昨シーズンの記録はリーグ29試合出場で9ゴール4アシスト。
今シーズンも9試合ですべてフルタイム出場して1ゴール1アシストを上げている。

英国公営メディア"BBC"と日刊紙"ミラー"は25日、堂安に対するヨーロッパのビッグクラブの関心を報じた。




マンチェスター・シティ、日有望株・堂安律の獲得に関心
InterFootball


※一部要約

英国"ミラー"は25日、「マンシティが日本の有望株・堂安律の獲得に関心を持っている」として、「だが所属チームのフローニンゲンは来夏までに約500万ポンド(韓貨約73億ウォン)では堂安を売りたくないだろう」と伝えた。

成人の舞台で頭角を現している堂安に向けて、マンシティをはじめとするビッグクラブの関心が続いている。
"ミラー"は「マンシティ以外にもユベントスやアトレティコ・マドリードが堂安の獲得に関心を見せている」と付け加えた。



武藤嘉紀、韓国アイドルを圧倒するイケメン美貌
NextDaily




※一部要約

サッカー選手武藤嘉紀が話題の中、彼の容姿が目を引いている。

武藤嘉紀は温かそうな容姿と優れたサッカーの実力で多くのファンを保有している。

特に武藤嘉紀は普段、自身のSNSアカウントに色んな写真を上げて、ファンとコミュニケーションをしている。

武藤嘉紀は26歳の姿らしく、いつもエネルギー溢れるシーンが入った写真を多く掲載している。

また、武藤嘉紀の写真に接したネチズンは様々な反応を見せた。



危機のマンU-ニューカッスルの先発ラインナップ発表、キ・ソンヨンメンバー外
Newsen




※一部要約

キ・ソンヨンが強豪マンUを相手に欠場する。

マンチェスター・ユナイテッドとニューカッスル・ユナイテッドの"2018-2019イングランド・プレミアリーグ"8ラウンドの試合が10月7日、英国マンチェスターのオールド・トラフォードで行われる。

両チームはどちらも最近の雰囲気が悪い。
マンUは最近の公式戦で4試合連続無勝である。
ジョゼ・モウリーニョ監督は更迭論に苦しめられている。
選手団内でも監督との葛藤があるというニュースが続いた。

ニューカッスルは今シーズンに勝利がない。
2分け5敗でリーグ18位である。
シーズン序盤にトッテナム、チェルシー、マンシティ、アーセナルの強豪と続けて会ったりしたが、最近2試合でクリスタル・パレス、レスター・シティを相手にも1分け1敗に終わった。

ニューカッスルはジョンジョ・シェルヴェイ、モハメド・ディアメで中盤を構成した。
マンUはロメル・ルカク、ポール・ポグバ、ネマニャ・マティッチら主力選手をほとんど先発に投入した。
アレクシス・サンチェスはベンチから試合を始める。



「静かだった」ソン・フンミン最低評点5点、ラメラに最高8点
Newsen




※一部要約

ソン・フンミンがチーム内共同最低点を受けた。

トッテナム・ホットスパーは9月23日、英国ブライトンのアメックス・スタジアムで行われた"2018-2019イングランド・プレミアリーグ"6ラウンドの遠征試合で、ブライトン&ホーヴ・アルビオンに2-1で勝利した。
エリック・ラメラの決勝ゴールがトッテナムに勝ち点3をもたらした。

先発出場したソン・フンミンはおとなしい方だった。
前半に3本のシュートを試みたソン・フンミンは、後半22分にラメラと交代して競技場を出た。
代表の日程で休息期が短かったソン・フンミンは最近、試合の出場時間を流動的にしている。

試合後、英国の"フットボールロンドン"が発表した選手評点で、ソン・フンミンはチーム内最低点の5点を受けた。
このメディアはソン・フンミンに「早い時間にクロスバーを越えるシュートがあったがが、この大韓民国のスターは再び静かな試合をした」という評を残した。

最高点は決勝ゴールの主人公ラメラだった。
ラメラは得点シーンでカウンターの始まりと終わりを担った。
左サイドからボールを展開した後、ボックス内に侵入してダニー・ローズのクロスを正確に処理した。
ラメラは今シーズン、リーグ戦を交代出場だけで3試合消化し、2ゴール1アシストを記録中だ。

フットボールロンドンはラメラに評点8をつけて「再び重要な貢献だった。トッテナムの2ゴール目の始まりと終わりだった。サイドで攻撃性をさらに吹き込み、仕上げは完璧だった。試合を再び変えた」と記した。

一方、ソン・フンミンとともにクリスティアン・エリクセン、キーラン・トリッピアー、エリック・ダイアーが5点で最低点を受けた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング