マインツ岡崎、W杯後初試合で決勝弾!!好反応で押し込み
夕刊フジ

 サッカーの欧州リーグ予選3回戦第1戦は7月31日、各地で行われ、日本代表FW岡崎慎司(28)が所属するマインツ(ドイツ)はホームでアステラス(ギリシャ)に1-0で先勝した。マインツの今季最初の公式戦に岡崎はフル出場し、前半終了間際に決勝点を奪った。

 W杯ブラジル大会後最初の試合。右クロスを韓国代表の具滋哲が落としたボールに鋭く反応。ゴール前で倒れ込みながら右足で押し込んだ。ヒュルマンド新監督の船出を白星で飾り、これで指揮官の信頼も厚くなるだろう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00000001-ykf-spo




[映像] ク・ジャチョル、シーズン初の攻撃ポイント・・・ヨーロッパ予選で決勝ゴールをアシスト
スポーツ朝鮮




※一部要約

先発出場したク・ジャチョルはシーズン初の公式戦で77分を消化して攻撃ポイントまで記録し、爽やかな出発をみせた。

ク・ジャチョルの同僚パク・チュホも堂々と先発出場して70分を消化し、堅い競争力を誇示した。
パク・チュホはドイツのサッカー専門誌キッカーから"昨シーズンのブンデスリーガ守備手の7位"という好評を受けている。

http://youtu.be/uWdDOPh0wao

http://youtu.be/zxTGr6a0UvI






信頼して使ったスペインデュオ"トーレス、マタ"史上初のグランドスラムを達成
スポタルコリア




※要旨

チェルシーのトーレスとマタが欧州サッカー史上初のグランドスラムの偉業を達成した

トーレスとマタは2012/2013UEFAヨーロッパリーグ決勝のベンフィカとの試合で2-1の勝利に貢献し、ヨーロッパカップを持ち上げることになった

これでトーレスとマタはワールドカップ、欧州選手権、チャンピオンズリーグに続きもう一つのメジャー大会を優勝した主人公となった

これまでヨーロッパの選手で4つの大会にすべて優勝した選手は一人もいなかった

「信じて使うスペイン産」という言葉がある
今チェルシーは最高のスペイン産を持つようになった
史上初のグランドスラムを達成したトーレスとマタがいるからだ




長友、インテル救った!ギリギリ同点弾

 サッカーの欧州リーグは20日、各地で1次リーグが開幕。H組ではインテル・ミラノ(イタリア)の日本代表DF長友佑都(26)が、ホームでのルビン(ロシア)戦の後半ロスタイムに劇的な同点ゴールを決めて敗戦の窮地を救い、2-2で引き分けた。

 ストライカーばりの一撃だった。格下のルビンを相手に1-2で迎えた後半ロスタイム。長友がドリブルで中盤を上がり、右前方にパスを送ると、そのままゴール前へ。FWミリトからの右クロスをボレーで左隅にたたき込み、土壇場で同点に持ち込んだ。

 「時間もなかったので、中に入ってゴールを狙おうと思った。しっかり当ててコントロールできて良かった」と右手を突き上げて喜んだ。

(後略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120921-00000013-ykf-spo



◆ネチズン反応

インテルがヨーロッパリーグ
没落したね



この猿は上手なことは上手だよ
奮発しろコリアンリーガーたち


Page Top

ブログパーツ アクセスランキング