[インタビュー] クォン・スンテ、「私が鹿島で駄目なら全北に泥を塗る」
スポータルコリア




※一部要約

クォン・スンテはKリーグ最高のGKと認められていた。
彼は去年まで3年連続でKリーグクラシックベスト11を取った。
彼が3年間GKで最高の席を占めている間に全北現代はKリーグクラシック(2014、2015)とACL(2016)で優勝した。

そしてクォン・スンテは2017年になるとすぐ新たな挑戦を選んだ。
彼は日本J1リーグ最高の名門チームである鹿島アントラーズのオファーを受けて移籍した。
GKは海外進出の機会が少ない。
選手生活の終盤に入ったクォン・スンテは、鹿島移籍が初めてであり最後の機会だと感じた。
全北はそれを知って受け入れた。

クォン・スンテは1月末に鹿島のユニフォームを着た。
鹿島で生活して1ヶ月ほどの時間を過ごした。
短時間と見ることができるが、彼は早くもチームに適応した。
そしてデビュー戦だった18日の浦和レッズとの富士ゼロックススーパーカップで鹿島の3-2の勝利に力を加えてトロフィーを取った。

続く21日の蔚山現代とのACL E組1次戦でも守備陣を指揮して試合をコントロール、2-0の無失点勝利をもたらした。
鹿島としてはシーズン開幕から早くもクォン・スンテ獲得の効果を享受した。
クォン・スンテも負担だったデビュー戦を無難に行って自信を持つことができた。

彼は22日、"スポータルコリア"との電話で「思っていたより身体が早く仕上がっていて幸運」だと言い、「私がここで駄目なら全北に泥を塗ることになる」として、鹿島で成功をおさめて韓国GKの実力を見せると伝えた。




終始一貫して攻めた済州、ラミレスの一発に崩れる
ベストイレブン




※一部要約

済州ユナイテッドは終始一貫して江蘇蘇寧を追い込んだ。
だが後半に正規時間残り1分でラミレスに痛恨の決勝ゴールを許して惜しい敗北を喫した。

済州は22日、済州ワールドカップ競技場で行われた2017AFCチャンピオンズリーグH組1ラウンドで、チェ・ヨンス監督が率いる江蘇に0-1で敗れた。

ホームで開催された試合だったが遠征と変わらない雰囲気だった。
江蘇は1000人ほどの遠征応援団がサポーター席を埋めた。
一方の済州はホームチームという事実が面目を失うほどの少ない観客の中で試合を行った。
だが済州はへこたれずに序盤から江蘇を追い詰めた。





済州は後半終盤までマグノや朴珍鋪(※カタカナ表記は自主規制)らがポジションを分け隔てず波状攻撃を繰り広げた。
だが後半44分に混戦の状況でラミレスに痛恨の決勝ゴールを許して敗北の頸木を抱えた。
ずっと追い込んでいただけに余計惜しい敗北だった。



[ACLレビュー] "守備不安-重苦しい攻撃"水原、川崎と1-1の引き分け・・・"初勝利失敗"
インターフットボール




※一部要約

守備は不安で攻撃は重苦しかった。
水原三星がチョン・ソンリョンの川崎フロンターレ遠征で引き分けをおさめた。

水原は22日、日本川崎の等々力スタジアムで行われた川崎との2017AFCアジアチャンピオンズリーグG組1次戦に1-1で引き分けた。
これで水原のACL日本遠征連勝は失敗に終わった。


20170222205015974a.jpg

20170222205015974b.jpg

20170222205015974c.jpg




水原三星、川崎とACL1次戦で1-1の引き分け・・・日本遠征4連勝に失敗
スポーツソウル




※一部要約

水原三星は川崎戦でDFの集中力不在のため何度も危機を迎えた。
先制失点も守備陣のミスから始まった。
守備陣営でのパスミスが発端となって川崎にカウンターのチャンスを提供し、結局相手に容易く得点を許した。
失点には繋がらなかったが前半35分にも水原ベンチが胸を撫で下ろすシーンが出た。
GKシン・ファヨンがビルドアップのためイ・ジョンソンへパスをしたが、ボールタッチが長くなって相手に奪われた。
水原三星は相手の鋭い攻撃によって守備陣が揺れたというより、守備陣営で雑なゴール処理と集中力不足のせいで失点の危機を何度も迎えたことが、改善しなければならない課題として残った。



[ACLプレビュー] 水原の進化した3-4-3、最初の試験台はチョン・ソンリョン
スポータルコリア




※一部要約

水原三星が"進化した3バック"を公開する。
冬の間に磨き上げた3バック戦術の鋭さでかつての同僚を狙う。

ソ・ジョンウォン監督が率いる水原は22日、日本川崎で川崎フロンターレと2017アジアチャンピオンズリーグG組1次戦を行う。
険難だった去年の最後にプレゼントを手にし、アジアの舞台で名誉挽回の第一歩を踏み出す。

今年の水原のキーワードは3バックである。
あまりに守備が不安定で苦肉の策で持ち出した去年の3バックではない。
ソ・ジョンウォン監督は今シーズンの準備で早くから3バックをメインの戦術に指定した。
守備的で古い3バックではなく、攻撃的で現代サッカーの長所を持っている3バックを運営するため、去年末にヨーロッパサッカー紀行に発ってヨーロッパクラブの3バック活用法を目に留めた。






"ハルク決勝ゴール"FCソウル、上海に跪く
OSEN




※一部要約

FCソウルが"ブラジルパワー"に跪いた。

ファン・ソンホン監督が率いるFCソウルは21日、ソウルワールドカップ競技場で行われた2017アジアチャンピオンズリーグF組の初戦で、ハルクに決勝ゴールを許して上海上港に0-1で敗れた。
FCソウルは新年最初の試合で勝ち点獲得に失敗し、不安な出発をした。

ソウルはGL突破のために上海遠征試合に勝たなければならない負担を抱えることになった。


20170221212204a.jpg

20170221212204b.jpg

20170221212204c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング