[ACL] 済州、"Kリーグの自尊心"守った・・・浦和を下して8強青信号
MKスポーツ




※一部要約

"Kリーグの自尊心"済州ユナイテッドがAFCチャンピオンズリーグ8強進出に青信号を灯した。

済州は24日、済州総合運動場で行われた2017AFCチャンピオンズリーグ16強1次戦で、マルセロとチン・ソンウクの連続ゴールで浦和レッズを2-0で撃破した。

AFCチャンピオンズリーグに参加したKリーグ4チームの中で、唯一GLを突破した済州は、浦和を下して8強進出の可能性を高めた。
31日に行われる遠征2次戦で1ゴール差で敗れても8強進出のチケットを手にする。

マグノとファン・イルスを最前方に出した済州は、試合開始7分で最初のゴールを決めた。
ファン・イルスがサイドから上げたクロスをマルセロが頭で受けて決めた。

浦和の反撃を辛うじて防いだ済州は、後半47分に一度のカウンターで追加ゴールを炸裂させた。
守備のゾーンで奪ったボールを繋げて受けたチン・ソンウクが、単独で決めて楔のゴールを記録した。



[ACL記者会見] ファン・イルス「浦和戦にすべて勝って気持ち良く代表チームに合流する」
スポータルコリア




※一部要約

済州ユナイテッドのファン・イルスが浦和レッズ戦の勝利と同時に、生涯初の太極マークを胸につける意を明かした。

済州は24日午後3時、済州総合競技場で行われる2017AFCチャンピオンズリーグ16強1次戦で浦和レッズと激突する。

試合開始前日の公式記者会見に参加したファン・イルスの顔には、自信が滲み出ていた。
彼は「Kリーグを代表する気持ちでホーム1次戦で勝利をおさめて遠征2次戦に行けるようにする」と語った。

続けてファン・イルスは「浦和戦に備えて特に個人的に準備したことはない。済州には良い選手が多いからである。選手個人ではなくチームで浦和の守備を突破できるよう努力する」と語った。

ファン・イルスは最近、済州で最もペースの良い選手に挙げられている。
ファン・イルスは今シーズン、リーグ8試合に出て1ゴール1アシストを記録した。
攻撃ポイントは少ないが、攻守にかけて献身的な活躍をしている。

ACLの舞台は生涯初の代表抜擢というプレゼントまでもたらした。
ガンバ大阪戦での幻想的な楔のゴールによって済州のACL16強行きのチケットをプレゼントし、その日の試合を観戦したシュティーリケ監督に強い印象を残した。

浦和との2連戦の後に代表へ合流するファン・イルスは「チームが良くて運良く抜擢された。浦和との2連戦にすべて勝って、気持ち良く代表に合流できるようにする」と強い自信を見せた。



チョン・モンギュ会長「2030ワールドカップを中・日・北と共催挑戦」
ジョイニュース24




※一部要約

FIFA評議会委員に選任されたチョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が中国・日本・北韓とともに2030ワールドカップ共同開催に力を集中すると伝えた。

チョン会長は14日、U-20サッカー代表とセネガルとの評価試合を観戦するため、高陽総合運動場を訪れて取材陣と会った。

2011年にチョン・モンジュン元サッカー協会会長が5選に失敗してから、6年ぶりに執行部に韓国人の要人が名前を上げたという点に意味がある。
チョン会長も前回の選挙に挑戦して失敗してから、再挑戦で成功した。

チョン会長は「FIFA評議会委員選出でアジアサッカーとKリーグ発展のために努める。責任感も感じている」と語った。

決して簡単な選挙ではなかった。
シェイク・アハマドオリンピック評議会(OCA)会長が金品などの不正問題で出馬を撤回する前までは競争体制だった。
アジア各国を行き来して支持を訴えたチョン会長は「結果は無難だったが、過程は簡単ではなかった。アジアと世界サッカーのために努力する」と答えた。

チョン会長の目標は2030年ワールドカップを中国・日本はもちろん、北韓と共同誘致をすることである。
彼は「2026年はアジアの開催が難しい。韓・中・日と北韓まで一緒にすれば、北東アジアの平和貢献が可能だ。今回の総会では話を交わす機会がなかったが、これから十分対話する余裕はあるだろう」と伝えた。

「韓・中・日が一緒にすれば、FIFAも悪くないと考えるのではないか。財政的な面で特に良いことだと思う」と良い環境であるということを明かした。



KリーグのACL、成績だけでなく興行も振るわなかった
スポーツソウル




※一部要約

Kリーグは今年のACLで成績はもちろん、興行でも不振を免れることができなかった。

今年国内で行われた12回のACLのグループリーグの試合の総観客は57151人、1試合当たりの平均観客は4763人と集計された。
東アジアのライバル中国と日本に大きく遅れた水準である。
最近、自国のスーパーリーグの人気が爆発している中国は1試合当たり平均35638人で爆発的な集客を誇った。
日本は平均12690人のファンがACLのホーム試合を訪れた。

Kリーグは今年、全北がACL出場チケットを手にすることができず、成績と興行である程度の損害が予想されていた。
成績では3チームが16強に上がれないなど、実際に直撃弾を受けた。
観客もやはり変わらなかった。
全北が参加した去年は、GLの国内ホーム観客は1試合当たり9490人だった。
一昨年も9350人を記録、1万人を少し下回ったが大きな損失はなかった。
ACLは火曜日と水曜日などの平日に行われる。
なので韓国社会の構造上、ファンが競技場を訪れるのは容易ではない。
注目すべきチームは蔚山である。
蔚山は3回のホーム試合の総観客が3824人、平均1275人に終わった。
蔚山は当初、ACLに出る資格はなかったが、全北が出場禁止の懲戒を受け、プレーオフを経てGLに進出した。
なのでクラブ内でも3年ぶりのアジアの舞台への進出を喜んだ。
いざGLが始まると、競技場はガランと空いていた。
中国チームとは同組に属していなくて、ブリスベン戦は1303人、ムアントン戦は1327人、鹿島戦は1194人で、東アジアのGL観客記録で最下位の1・2・3位をすべて占めた。



[サッカー] FIFA会長、"評議会委員当選"チョン・モンギュ会長に祝賀書信
ニュース1




※一部要約

FIFA評議会委員に当選したチョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が、ジャンニ・インファンティーノ会長から祝賀書信を受けた。

書信によると、インファンティーノ会長は「チョン・モンギュ会長の多様な経験や経営およびスポーツへの幅広い理解、そして素晴らしい人柄はこれから世界のサッカー界のために大いに役立つと信じて疑わない」として、「FIFAにも影響力のある貢献をするだろうと信じている。何より、私たち皆が愛している美しいサッカーの発展のため、力になるだろう」とメッセージを伝えた。





チョン・モンギュ会長は8日にバーレーン・マナマで行われたAFC総会で、アジアに割り当てられたFIFA評議会委員に選出された。
任期は2019年までの2年である。

チョン会長の当選は、韓国サッカーにとっても喜ばしい便りだった。
韓国は1994年から2011年までの17年間FIFA執行員をしていたチョン・モンジュン大韓サッカー協会名誉会長以降、FIFA執行部で活動する要人を排出できずに困難を経験してきた。
チョン・モンギュ会長が6年ぶりに執行部に入り、サッカー外交でも再び力を得ることになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング