大岩鹿島監督、「支配率で押されても結果は支配した」
ベストイレブン




※一部要約

大岩剛鹿島アントラーズ監督が水原三星遠征試合で勝利したことについて、満足だという反応を見せた。
水原にボール支配率で押される試合をしたが、様々な要件を考慮して出した全体的な戦略は上手くいったと自評した。

ソ・ジョンウォン監督が率いる水原三星は21日、水原ワールドカップ競技場で行われた2018AFCチャンピオンズリーグH組2ラウンドのホーム鹿島アントラーズ戦に1-2で敗れた。
水原は前半8分と後半14分に鹿島のFW金崎に続けて失点して引きずられ、後半43分に炸裂したクリストバムの1ゴールに満足しなければならなかった。

試合後に大岩監督は「今日の試合で勝敗を決したのは最初のゴールだった。そのゴールを決めて機先を制したのが分岐点だった。全体的に選手が攻守に渡って熱心にプレーしてくれた」と勝因を指摘した。

水原のエース・デヤンを効果的に防いだ点について大岩監督は「攻撃的なとても良い選手を防ぐのは簡単ではなかった」と指摘し、「だが昌子源と植田直通らDFがよくやった。セカンドボールの状況になったとき上手く対処した」と封鎖の原動力を指摘した。

通常、日本クラブが韓国チームを相手にするときは支配率で優位を占めるが違う様相になったという反応に、大岩監督は余り気を使わないという姿勢を取った。
大岩監督は「水原の攻撃力が優れているうえに遠征試合だった。グラウンドコンディションも考えた」と語り、「何より結果に集中した。効果的にゴールを決めようとした。支配率は落ちたかもしれないが、試合は支配したと思う」と語った。

クォン・スンテが主戦GKの曽ヶ端に代わって遠征試合でゴールを守ったことに関しては「Kリーグ経験があるから意図的に先発で送り出したのではない。GKだけでなく全ポジションで激しい競争をしていて、曽ヶ端とクォン・スンテも同じだ。どの選手が出ても信頼している」と語った。

一方、記者会見に同席した鹿島勝利の主役である金崎は、次のこのような結果を出すという抱負を明かした。
金崎は「遠征試合だが勝ち点3が目標だった。前の試合では引き分けたが、今日の試合はどうしても勝ちたかった。まだチームがすべき課題は多い。これからも良い結果を出せるようにする」と語った。



[ACL現場レビュー] "チョン・ジェヨン落雷ゴール"蔚山、川崎に2-1勝ち…F組首位跳躍
スポータルコリア

20180220205218360.jpg


※一部要約

蔚山現代がホームで貴重な勝ち点3を手にした。
チョン・ジェヨンとイ・ヨンジェが並んで得点し、蔚山勝利の青い鳥になった。

蔚山は20日、蔚山文殊競技場で行われた2018AFCチャンピオンズリーグF組2次戦の川崎フロンターレ戦に2-1で勝利した。
蔚山はオーストラリア遠征での引き分けに続いて2試合無敗でF組首位に上がった。
まだ上海上港とメルボルン・ヴィクトリーの試合が終わってない中での結果である。


20180220205218360a.jpg

20180220205218360b.jpg



[ACL] 蔚山キム・ドフン監督「ホームで勢いを維持する」
スターニュース




※一部要約

蔚山現代のキム・ドフン監督がホームでの勝利を誓った。

キム・ドフン監督は19日、ACLグループリーグ2次戦の川崎フロンターレとの試合を前日にした事前記者会見に参加した。

蔚山は13日に行われたメルボルン・ヴィクトリーとの1次戦遠征で3-3の引き分けをおさめた。
今はホームで初勝利を狙っている。
蔚山は20日午後7時、蔚山文殊競技場で川崎と2018AFCチャンピオンズリーグF組2次戦を行う。


─試合前の所感は。

ホームでのACL初戦を行う。
最初のオーストラリア遠征では競技力や結果が目標に達することができなかったが、最初の試合であることを考慮すれば悪くなかった。
ホームでその勢いを維持する。


─オーストラリア遠征では守備で問題を露呈したが。

先制ゴールの雰囲気を維持したかったが、すぐに失点してそうはできなかった。
試合後に選手と、得点後に慌てず自分たちのペースを維持しようと語った。



海外チームの韓国選手、ACL1ラウンドはどうだったのか
蹴球ジャーナル




※一部要約

Kリーグチームだけでなく海外チームの韓国選手もアジア舞台を走った。

ACL本戦グループリーグ1ラウンドが12~14日に行われた。
Kリーグの4チームは2勝1分け1敗で比較的悪くない成績をおさめた。
済州ユナイテッドが負けただけで全北現代、水原三星が勝ち鼓を鳴らし、蔚山現代は引き分けた。
去年の1ラウンドでKリーグの4チームは1分け3敗に終わっていた。

アジア各国で活躍中の韓国選手も初戦の成績表を受けた。
東アジアクラブ所属の選手はKリーグチームと対決を繰り広げた。
セレッソ大阪の守門将キム・ジンヒョンは14日、済州戦でゴールを守って1-0の勝利を導いた。
同チームのFWヤン・ドンヒョンは交代出場して約14分間活躍した。
セレッソはユン・ジョンファン監督が指揮している。

柏レイソルのMFキム・ボギョンは13日、全北遠征でフルタイムの活躍をしたが、チームは2-3で敗れた。
同チームのDFパク・ジョンスは交代で10分プレーし、ユン・ソギョンは試合メンバーから外れた。
同日、川崎フロンターレの守門将チョン・ソンリョンは上海上港戦に0-1で敗れて頭を下げた。
鹿島アントラーズのGKクォン・スンテは上海申花戦(1-1)に欠場した。



[ACL ISSUE] 日柏GK、韓日戦2試合7失点の"悪夢"
インターフットボール




※一部要約

日本Jリーグを代表する"守門将"中村航輔が韓国の悪夢に苦しめられている。

全北現代は13日、全州ワールドカップ競技場で行われた2018AFCチャンピオンズリーグE組1次戦で、柏レイソルとのミニ韓日戦で3-2の逆転勝ちをした。

全北は前半10分に柏のロペスに奇襲ゴールを許し、前半27分に江坂任に追加ゴールを献上して崩れたようだった。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング