チョ・ヨンヒョン、ペク・ドンギュのAFC懲戒軽減・・・一息ついた済州
スポーツ東亜

20170721054542732.jpg


※一部要約

AFCから重い懲戒を受けた済州ユナイテッドのチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの処罰が軽減された。

AFCは再審の結果、チョ・ヨンヒョンの出場停止を6ヶ月から3ヶ月に軽減した。
ただし、1年間の猶予期間に同様の事件が起きれば、追加で3ヶ月の停止を受けるという条件をつけた。
ペク・ドンギュは既存の3ヶ月資格停止から2ヶ月に軽減された。
2人の懲戒の適用時点は懲戒が確定した6月9日が基準である。
これに伴い、チョ・ヨンヒョンは9月9日のFCソウルとの遠征試合から出場できる。
ペク・ドンギュは8月13日の江原FCとの遠征試合から出場できるようになった。

今回のAFCの懲戒軽減では、済州が提出した再発防止のための選手の誓約書と嘆願書が大きな影響を及ぼしたことがわかった。
済州のチョ・ソンファン監督は「再審議で懲戒の程度は下がったが、それより重要なのは再びこうしたことがあってはならないという点である。相手の挑発があっても冷静に対処できなければならない。ファンには試合だけでなくマナーでも良い姿を見せるため努力する」と語った。


20170721054542732a.jpg



AFC、再審の末に済州チョ・ヨンヒョン-ペク・ドンギュの懲戒軽減
スターニュース




※一部要約

済州ユナイテッドのチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュに対するAFCの懲戒が軽減された。

AFCは9日、HPで5月31日に日本の埼玉スタジアム2002で行われた済州-浦和の"2017AFCチャンピオンズリーグ"16強2次戦で起きた衝突事件に対して懲戒を下したことがある。

当時、AFC懲戒委員会はチョ・ヨンヒョンに6ヶ月の出場停止に制裁金2万ドル(約2200万ウォン)を科した。
ペク・ドンギュは3ヶ月の出場停止に制裁金15000ドル(1700万ウォン)を受けた。

クォン・ハンジンには2試合の出場停止と1000ドル(110万ウォン)が科された。
済州は罰金4万ドル(約4500万ウォン)を受けた。
これに対して済州は正確な真相把握のため、選手団とコーチングスタッフを一堂に集めて全数調査を終え、当時の映像や写真、陳述などの十分な資料を確保してからAFCに再審議を要請した。



[SWイシュー] 誤審、誰が責任を負うのか・・・AFC、重い懲戒が"論難"である理由
スポーツワールド




※一部要約

果たして6ヶ月の資格停止懲戒を受けるほどの過ちだったのか。
AFCの理解できない重い懲戒が俎上に載った。

今回のAFCの懲戒の中で最も理解できない部分は、チョ・ヨンヒョンの6ヶ月資格停止である。
済州DFチョ・ヨンヒョンは先月31日、浦和レッズとの"2017ACL"16強2次戦で、相手の興梠慎三にバックタックルのファールをしたという理由で警告を受け、累積警告にともなう退場を喫した。
だがそのシーンをスロー画面で振り返って見ると、誤審であったことが確認できる。
静止画にあらわれているように、興梠慎三のキックの足とチョ・ヨンヒョンのタックルの足の間にボールがある。
タックルの瞬間は身体接触がまったくなかった。
明白な誤審である。

もちろんチョ・ヨンヒョンは退場している中で、審判と身体接触があった。
重い懲戒となった。
AFC懲戒委員会も審判との身体接触によって重い懲戒を下した。
だがそもそも主審が誤審をしなければ、出てこなかったシーンである。
AFC懲戒委員会は懲戒の議論の過程でその点を考慮すべきだった。
もし今回の"2017FIFA U-20ワールドカップコリア"大会のようにVAR(ビデオ判読システム)が導入されていれば、退場も選手と審判の身体接触も起きなかった事案だった。

ペク・ドンギュの3ヶ月資格停止も同じだ。
ペク・ドンギュの棒量は明らかに反省すべき部分である。
グラウンドで暴力は理由を問わず行ってはならない。
だが3ヶ月資格停止については疑問が残る。
今回の事件とオーバーラップするシーンがある。
2015シーズンのACLで起きた"ナム・テヒ暴行事件"だ。
当時、ナム・テヒは試合終了後にロッカールームへ向かっていた過程で、追いかけてきたファビアン・エストヤノフに暴行された。
だがAFC懲戒委員会はそのとき、エストヤノフに6試合出場停止の懲戒しか下さなかった。
懲戒の基準は何なのか。
疑問だけが生い茂る。



"ペク・ドンギュと阿部の和解を仲介してほしい"・・・要請を拒否した高萩
ベストイレブン




※一部要約

日本メディア<スポニチ>は、2017AFCチャンピオンズリーグで浦和レッズのMF阿部勇樹を押し退ける行為でAFCから重い懲戒を受けた済州DFペク・ドンギュをはじめとする済州選手が、あるKリーグ関係者を通じて高萩と接触したと報じた。
この報道によると、高萩はペク・ドンギュをはじめとする済州選手と阿部が和解できる場を仲介してほしいという要請を受けたことがわかった。

しかし高萩はその要請を拒否したことがわかった。
<スポニチ>によると、高萩は「私はそれほど役に立たないだろう。そしてこれは当事者間の問題」と拒否の理由を明らかにしたという。

済州は31日、埼玉スタジアムで行われた2017AFCチャンピオンズリーグ16強2ラウンドに0-3で完敗し、試合終了のホイッスルの前後で浦和選手と深刻な物理的衝突を起こした。
そのときペク・ドンギュは浦和MF阿部を荒っぽく押し退ける行為をして、日本メディアからの非難を一身に受け、事態が手におえないほど大きくなると、すぐに済州の関係者を通じて阿部に直接会って謝罪の意を伝えたいという意志をあらわしたことがある。
しかし浦和側はこれに対して公式的な反応を出さずにいて、それで知韓派の高萩を通じて和解の場を作ろうとしたものとみられる。
しかし高萩はこれを拒否してしまった。

一方、済州は9日にAFCから当該の事件に関して重い懲戒を受けた。
浦和は論難の中心に立ったズラタン・リュビヤンキッチ、槙野智章がなんの懲戒も受けず、クラブだけが2万ドルの罰金刑を課せられた。
済州は強く反発して控訴するという意志を明確にし、浦和もクラブの公式HPで懲戒の結果を検討した後に公式見解を発表するという意志をあらわした。


【関連記事】
【ACL】韓国メディア「ペク・ドンギュが阿部勇樹に日本謝罪遠征」「済州としては悔しいがペク・ドンギュの大乗的な決心」
【ACL】韓国ネチズン反応:AFCが済州に資格停止と制裁金の懲戒、済州側「韓国プロサッカー連盟と控訴の手続き」


日メディア、AFCの済州懲戒と控訴の雰囲気を先を争って報道
スポーツ朝鮮




※一部要約

済州がAFCの懲戒を受けた。

AFCは9日、HPに"済州のDFチョ・ヨンヒョンに資格停止6ヶ月と制裁金2万ドルの懲戒を下す"と明かした。
その他にペク・ドンギュには3ヶ月の資格停止と制裁金1万5000ドル、クォン・ハンジンに2試合の出場停止と1000ドル、クラブに制裁金4万ドルを課した。

日本メディアはAFCの判定発表のニュースを速報で伝えた。
スポーツ報知など複数のメディアは、済州の懲戒水準と重い懲戒を受けることになった背景を説明した。
サッカー専門メディアのフットボールチャンネルの場合、韓国メディアの記事を引用して「済州は処分に従わず異議申し立てを準備している様子」と報じた。


20170609202817462a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング