[K-POINT] 幕を下ろした"歴代級"ACL競争、最後はソウルが笑った
インターフットボール




※一部要約

FCソウルは1日午後3時、大邱にあるDGB大邸銀行パークで行われたKリーグ1最終戦で、大邸と0-0の引き分けをおさめた。
この日の引き分けでソウルは、大邸の追撃を振り切ってACL進出権を手にすることに成功した。

それこそ歴代級のACL競争だった。
リーグ最終戦の結果まで見守らなければならないほど、競争が激しかった。
シーズン序盤にはソウルが簡単にアジアチャンピオンズリーグのチケットを取ると見られていた。
それだけ良い競技力を見せていて、蔚山や全北と肩を並べていたからだ。

だがシーズンは長く、状況は変わった。
今シーズンにDGB大邸銀行パークを開場してKリーグの興行を導いた大邸FC、4月にキム・キドン監督に監督交代を断行した浦項が凄まじい勢いで上がってきた。
シーズン中盤にはキム・ビョンス監督が江原まで"ビョンスボール"をしっかり具現化し、4位圏争いを深化させた。

一方、ソウルはシーズン末に進むほどペースが落ちた。
上位スプリット進入を前に敗北が頻発し、凸凹した競技力を見せた。
1試合も勝利できずに大邸の追撃を許した。
そこに下位スプリットに落ちた水原三星がFAカップで優勝をおさめ、ACL進出権を一枚持っていった。
これでリーグ4位に与えられるACLプレーオフのチケットが3位に与えられることになり、状況はさらに複雑化した。

結局、最後に笑ったのは、それでもシーズン序盤に勝点をしっかり積み上げたソウルだった。
この日だけはソウルも楽しさを捨て、実利的なサッカーで大邸を防いだ。
引き分けでも3位を守れるという点が大きく作用した。
これでソウルは3位(勝ち点56、得点53)で、蔚山との東海岸ダービーに勝利した浦項(勝ち点56、得点49)を多得点でかわして3位を守り、歴代級のACL競争の勝者となった。



オイルマネーを前面に出す中東、アジアサッカーの勢力図を変えるか
京郷新聞




※一部要約

アジアサッカーに構造変化が起きている。
韓・中・日に代表される東アジアの絶対的な強勢が終わり、"オイルマネー"を前面に出す中東勢力の反撃が始まった。

サウジアラビアのアル・ヒラルは24日、日本埼玉で終わったアジアチャンピオンズリーグ決勝2次戦で、日本の浦和レッズを2-0で下して頂点に上がった。

俗に中東と呼ばれる西アジア諸国がアジアクラブ対抗戦のACLで優勝したのは、AFCがACLの規模を拡大した2011年以降で初めてである。

一部ではアル・ヒラルの優勝が、ACL決勝戦で東西アジアが初めて会う制度的な恩恵を享受したと批判している。
当初は東西の交流が8強から始まって4強、そして決勝戦まで先送りしたのは明白な事実だ。

だが西アジア諸国が卓越した政治力でACLの制度を変更したこと自体が一つの力である。
さらに今年はじめにカタールがUAEで行われたアジア国家対抗戦のアジアカップで優勝した点を考慮すれば、競技力の面でも変化を認めなければならないという声が高まってもおかしくない。

西アジア諸国に力が加わるもう一つの変化も感知された。

AFCが外国人選手規定の手入れを悩んでいる中、2021年から1チームあたり最大6人登録と4人出場に変更されるという報道が出た。
従来の規定は国籍に関係なく3人出場と、AFC加盟国出身の選手1人がさらにプレーできた。
西アジア諸国はACLの権威を高めて競争力を強化するには、レベルの高い外国人選手がもっと多くプレーしなければならないという立場である。

ともかく外国人選手の比重が上がるほど、資金力が勝敗を決める主な変数になるはずだ。
アル・ヒラルのACL優勝を牽引したバフェティンビ・ゴミスも、東アジアでは簡単には見つけにくいレベルの選手である。
ゴミスはかつてフランス代表としてユーロ2008に参加した選手で、昨夏トルコのガラタサライからアル・ヒラルに入団した当時、移籍金だけで600万ドル(約70億ウォン)に達した。
ひとまずAFCは23日のAFC総会で、この案に最終結論を下すことを先送りしたが、変化は避けられないものとみられる。



"180分無失点"チャン・ヒョンス、アル・ヒラルACL優勝を牽引…Jリーグ3連覇失敗
MKスポーツ




※一部要約

チャン・ヒョンスがアル・ヒラルの19年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ優勝を牽引した。

チャン・ヒョンスは24日、埼玉スタジアム2002で行われた浦和レッズとの2019AFCチャンピオンズリーグ決勝2次戦で、90分間守備を担ってアル・ヒラルの2-0の勝利を導いた。

7月にFC東京からアル・ヒラルに移籍したチャン・ヒョンスは、4ヶ月で優勝請負人になった。
アル・ヒラルの守備を担った彼は、決勝の1・2次戦で1ゴールも許さなかった。

アル・ヒラルは1991年、2000年に続いて通算3回目のアジア最強クラブに登極した。
浦項スティーラーズ(大韓民国)と最多優勝タイ記録を打ち立てた。

浦和の敗北で日本JリーグのAFCチャンピオンズリーグ3連覇も失敗に終わった。
Jリーグチームがアジアクラブ対抗戦の決勝で敗れたのは、2001年のジュビロ磐田以来18年ぶりである。
当時、磐田は水原三星に0-1で負けた。


191124230101654a.jpg



ACL狙う大邸FC、残り2試合に死活をかける
スポーツワールド




※一部要約

AFCチャンピオンズリーグのチケット確保のために退くことのできない大邸FCが、江原遠征に出る。

大邸は3日午後2時、春川松岩スポーツタウンで江原FCとKリーグ1・2019・37ラウンドの試合を行う。

今シーズンのKリーグ1が終結に向かっている。
36ラウンドまで行った現在、1チームあたり2試合を残している。
大邸は江原、ソウルを相手に最後の2試合を行う。
勝ち点51を積んでいる大邸は3位のソウル(勝ち点55)と勝ち点4、5・6位の江原と浦項(勝ち点50)と勝ち点1差を維持している。

3位を目標にしている大邸は、2試合とも勝利して場合の数を確かめなければならない。
江原戦と同時刻に行われる試合で、ソウルが浦項に勝利すればソウルは3位を確定でき、大邸が江原に勝利をおさめてソウルが敗れれば、12月1日午後3時にDGB大邱銀行パークで行われる最終戦で両チームが3位をかけて勝負を繰り広げるものとみられる。

大邸が今度の試合で江原を相手に勝利をおさめてACL進出挑戦を続けられるか、ファンの関心が集まっている。



2019AFCチャンピオンズリーグ決勝、韓国人対決霧散
ノーカットニュース




※一部要約

2019年のAFCチャンピオンズリーグの韓国人対決が失敗に終わった。

浦和レッズは23日、中国広州の天河スタジアムで行われた広州恒大との2019AFCチャンピオンズリーグ4強2次戦に1対0で勝利した。

1次戦に2対0で勝利していた浦和は遠征でも勝利し、1・2次戦合計3対0で上回った。
広州で活躍している韓国代表DFパク・ジスはフルタイムの活躍をしたが、チームの敗北を防げなかった。

これで今シーズンのAFCのチャンピオンズリーグ決勝はアル・ヒラル(サウジアラビア)と浦和の対決に決まった。
両チームは2017年に続いて2年ぶりに再び決勝で会う。
2年前は浦和が優勝した。

アル・ヒラルは元代表DFチャン・ヒョンスがプレーしている。
アル・ヒラルは現在、サッカー代表で活躍するナム・テヒとチョン・ウヨンが活躍するアル・サッド(カタール)を下して決勝に進出した。

一方、日本Jリーグは2017年の浦和に続いて2018年の鹿島アントラーズまで、最近のAFCチャンピオンズリーグで優勝チームを輩出している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング