蔚山、オーストラリア"韓国人入国禁止"でACLパース遠征延期
NEWSIS

200306145806967.jpg


※一部要約

オーストラリアが新型コロナウイルス感染症に関連して韓国人の入国を禁止し、プロサッカー蔚山現代のAFCチャンピオンズリーグのオーストラリア遠征の日程が延期となった。

オーストラリア連邦政府がコロナ19に伴う入国禁止対象国に韓国を追加した。
オーストラリアABC放送によると、韓国から出発する外国人は別のところで14日過ごした後、オーストラリア入国が可能になる。

それにより18日に予定されていた蔚山のパース・グローリーとの2020AFCチャンピオンズリーグGL遠征試合も延期が不可避となった。

蔚山は4日にホームでパースと試合を行う予定だったが、コロナ19の拡散で日程が18日のアウェイ試合に変更されていた。

ソ・テヒョン蔚山事務局長は「18日に試合が行えなくなり、パースと日程を調整中」と明かした。

続けて「チャンピオンズリーグ16強戦が始まる8月の前にさえ試合をすれば良いので、6~7月の間が有力だ。AFCには16日までに希望する変更日を通知しなければならない」と説明した。



ACL1分け1敗の全北現代、このまま行けば"井の中の蛙"になる
スポーツ朝鮮




※一部要約

Kリーグのディフェンディングチャンピオンである全北現代が、アジアチャンピオンズリーグの序盤2試合で振るわない競技力によってファンに大きな失望感を与えた。
先月、ホームで横浜マリノスに大きく押された末に1対2で敗れた。
続けて4日のオーストラリア遠征で、シドニーFCと辛うじて2対2で引き分けた。
1分け1敗。
このままなら"井の中の蛙"になりかねないという話まで出ている。

全北は2月12日、ホーム"全州城"で日本Jリーグチャンピオンの横浜マリノスに衝撃の1敗を喫した。
全北の選手は狼狽の色がありありとしていた。
横浜は全北の"ダッコン(※黙って攻撃)"を凌駕する攻撃サッカーを90分ずっと繰り広げた。
試合内容と結果でどちらも負けた。

全北が属するH組は、横浜が2勝で大きくリードした首位を走っている。
全北とシドニーが1分け1敗で、上海上港はコロナ19の直撃弾を受けてまだ1試合も行っていない。
全北はGLで1~2位になってこそ16強に上がることができる。
これから4試合残っていて、そのうち横浜・上海遠征はさらに負担になり得る。

全北は今年、ACLへの比重を大きくした。
2016年のクラブ史上2回目の制覇以降、4年ぶりのACL優勝を目標にした。
ところが序盤の2試合はその目標にまったく相応しくない結果を出した。
専門家は「まだ4試合残っていて、反転する機会は十分ある。速断するのは早い。だが行った2試合を見ると、全北に良い点数を与えるのは難しい」と語る。



"ハン・ギョウォン同点ゴール"全北、シドニー遠征で2-2の引き分け
OSEN




※一部要約

全北現代がシドニー遠征で、1人退場させられる危機の中でも引き分けを記録した。

全北現代は4日、オーストラリア・シドニーのジュビリー・スタジアムで行われた2020AFCチャンピオンズリーグH組2次戦で、シドニーFCと2-2の引き分けを記録した。
全北はこの日の引き分けにより、H組で1分け1敗を記録することになった。




"2試合の間に何と3人退場"全北、Kリーグ最強の威容はどこに
スターニュース

200304203107534.jpg


※一部要約

去年、Kリーグ1で優勝した全北は、リーグ最強チームとして君臨している。
今年はさらに強化されたスカッドで期待を集めている。
その上、今回は横浜に0-4で大敗したシドニーだったため、全北としては勝ち点3を取らなければならなかった。

だが1次戦に続いて2次戦でもスッキリとした勝利を手にすることができなかった。
何より試合内容とは別に、3人も退場して傷を負った。


200304203107534a.jpg



KリーグのACL序盤の不振、コロナ19のせい?
スポーツ京郷




※一部要約

水原三星が一段下のマレーシアチームに無気力に敗れた。
KリーグがアジアチャンピオンズリーグGL序盤で苦戦を免れなくなっている。
Kリーグチームの全体的な不振に、コロナ19の影響もあるという分析が出ている。

去年のFAカップチャンピオンの水原は、ACLの2試合で2連敗を喫した。
水原は3日に行われた2020ACLのG組2次戦で、ジョホール・ダルル・タクジムに1-2で敗れた。
先月19日にのヴィッセル神戸との1次戦に続き、再び敗れた水原はG組最下位で遅れを取った。
2試合で勝ち点1も積めなかった水原は、16強進出が険難になった。
Kリーグクラブはこの日までにACLで5試合行い、わずか1勝(1分け3敗)しかおさめられない不安な出発を見せた。

水原の競技力は期待値を下回った。
支配率では61-39でリードしたが、シュート数は9-9で同じ、枠内シュートは2-3で押された。
現地の暑くて湿っぽい気候、19時間の長距離移動でコンディションは完全ではなかったが、水原の全体的な競技力はあまりに良くなかった。

水原をはじめとするシーズン序盤のKリーグクラブの不振には、コロナ19の余波もあるという言葉が出ている。
サッカーチームのある関係者は「2月からコロナ19の余波で、各クラブが練習試合などをしっかり行えないうえに、2月末に開幕予定だったKリーグを始められなくて、試合感覚を上げられなかったのが競技力の低下に繋がったようだ」と語った。
水原の1次戦の相手チームだった神戸は、先に自国のスーパーカップとACLを行っていたし、ジョホールもやはりマレーシア・スーパーリーグの開幕戦を正常に行って競技力を上げていた。
一方、Kリーグクラブは公式戦なしで、すぐACLの舞台だけに乗り出している。
コロナ19の影響圏から遠いオーストラリアも、自国のAリーグを正常に行っていて、Kリーグはオーストラリアクラブとの対決でも侮れないと予想されている。
実戦を行えないKリーグ4龍に、試合感覚を上げることが大きな課題として与えられた。



水原、ジョホール遠征で1-2負け…ACL2連敗でG組最下位
聯合ニュース




※一部要約

プロサッカーKリーグ1の水原三星がジョホール・ダルルに首筋を掴まれ、2020AFCチャンピオンズリーグでGL2連敗を喫した。

水原は3日、マレーシア・ジョホール州のイスカンダル・プテリ・スルターン・イブラヒム・スタジアムで行われた2020ACL・G組2次遠征試合でジョホールに1-2で敗れた。


200303235010607a.jpg




水原、マレーシアのジョホールに衝撃負け…ACL2連敗
ノーカットニュース

200303233806849.jpg


※一部要約

水原はヴィッセル神戸とのホーム1次戦の敗北に続いて2連敗を喫した。
特に、去年からのチャンピオンズリーグで5試合連続無勝(1分け4敗)に留まっている。

客観的な戦力は水原が明らかに一枚上だが、コロナ19のため容易ではない旅程だった。

コロナ19の拡散でKリーグ開幕が延期となり、2月19日の神戸戦から試合なしで練習だけをしてきた。
さらに入国禁止を避けてマレーシアに入り、宿舎を発ってから18時間後に決戦の地ジョホールに到着したりもした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング