ロナウドと180度違った…ベッカムが見せたワールドクラスのファンサービス
スポータルコリア




※一部要約

さすがデイビッド・ベッカムはスーパースターだった。
7月に国内サッカーファンの公憤を買ったクリスティアーノ・ロナウドとはあまりに違った。

ベッカムが久しぶりに韓国を訪れた。
彼はハングルの日である9日、永登浦のタイムズスクエアでアディダス創立70周年を記念するランニングシューズの発売イベントに参加した。
この日、ベッカムはハングルの日を迎えて"ペク・カラム"というハングル名も授かった。

2002韓日ワールドカップを前にイングランド代表のメンバーとして韓国を訪れたベッカムは、その後親善試合や個人イベントの出席などで何度も韓国を訪れた。
韓国に来るたびに彼は様々なイベントに参加し、完璧なファンサービスを見せた。

この日も同じだった。
彼は多くのファンの前で、一貫して明るく笑みを浮かべた。
ファンサイン会のときは予定にもなかった自撮りタイムも設けて、突然の写真要請にもベッカムを笑みを浮かべた。






"ベルギーインサ(※インサイダーの略、リア充みたいな意味)"イ・スンウ、同僚とイタズラをしながら時間を過ごす…"チーム適応異常なし"
スポータルコリア




※一部要約

ベルギーリーグに挑戦状を出したイ・スンウ(シント・トロイデン)と同僚の和気藹々とした姿が公開された。

イ・スンウと"親友関係"で知られているサンティアゴ・コロンバットがインスタグラムに、ファクンド・コリーディオがイ・スンウにイタズラをする姿を撮影した映像を上げた。
コリーディオはボクシンググローブをはめてこっそりイ・スンウの後ろについて行ってイタズラをし、イ・スンウはコリーディオに蹴りをして対抗した。

映像が上がった後、「試合でプレーできなかったイ・スンウは無視されているのではないか」という憂慮もあったが、コロンバットとイ・スンウはかつてエラス・ヴェローナ時代から親しくしていたので大きな問題はない。
コロンバットがトロイデンにレンタルで来て再会した2人は、水位の高いイタズラをして過ごしていることがわかった。

バルセロナユース出身のイ・スンウは2017年夏にヴェローナに移籍したが、2年間で43試合2ゴールという記録を残したままベルギーリーグに向かった。
だが行政的な手続きを終わらせることができず、まだデビュー戦を行えずにいる。
最近の試合のエントリーからも除外され、韓国サッカー代表の乗船にも失敗した。

イ・スンウの出場が立て続けに不発になっている間、日本人FW鈴木優磨が得点を記録するなど、主戦競争に燃料を投じて火をつけているため、一日でも早く出場機会を得なければならないイ・スンウである。



ロナウド「私の体脂肪が7%なのは正しい…それでも息子とときどきピザを食べる」
スポータルコリア




※一部要約

クリスティアーノ・ロナウドがユーチューブチャンネル"ChrisMD"とインタビューした内容が1日公開された。

このチャンネルはインタビューが2ヶ月前に行われたと映像開始前に伝えた。
序盤に進行者が「体脂肪率が7%くらいと言われているが事実か」と聞くと、ロナウドは自信満々に「7%なのは正しい」として、練習の秘訣を公開した。
ロナウドは「私の生活の60~70%はサッカーに捧げている。それは単に体を鍛える練習をするだけというのではない。最高の試合のために準備するすべてのことを言う」とした。

彼は満34歳だが、身体年齢はそれより10歳以上若いという所見を聞いた。
この日、イタリアメディア"ガゼッタ・デロ・スポルト"はこの映像インタビューを紹介し、ロナウドが自分の練習の秘訣を公開したことに焦点を合わせた。
このメディアによると、ロナウドは「私の成功の秘訣の90%は、体の状態を上手く維持したからだ。練習を上手くやって、回復も上手くやることが重要だ」として、「かといって一日中ジムにいるだけではない。私もサッカーで疲れるときがあり、年をとって自分の体についてもっとよく知ることになって、練習や体の管理が簡単になった。練習で最も重要なのは、量ではなく質」と語った。

ロナウドは映像インタビューで「ときには息子とピザを食べる。退屈な父親になりたくない」と付け加えた。

8分ほどの映像の中では、進行者とロナウドが卓球をするシーンもある。
進行者がロナウドに「卓球は上手いのか」と聞くと、ロナウドは「マンU時代に私がチーム内で最も卓球が上手かった」と自慢したりもした。



元山東監督の主張、「中、体質的にサッカーを上手くするのは難しい」
ベストイレブン




※一部要約

過去に中国スーパーリーグ(CSL)のクラブを指揮したロシアサッカー界の元老ボリス・イグナチェフ監督が、中国サッカーの限界を指摘した。

ロシア・モスクワのメディア<モスコフスキー・コムソモーレツ>によると、イグナチェフ監督は過去に中国で活動した記憶を振り返り、中国サッカーの短所を指摘した。

イグナチェフ監督は「中国は体質的にサッカーを上手くするのは難しい」として、「身体状態や神経・筋肉やその他のデータなどが、中国人はサッカーが上手くないというのを示している。彼らは個人種目では王だが、サッカーやバスケのようなスポーツでは別問題」と主張した。

中国は他スポーツに比べて、不思議なほどサッカーで苦戦しているのが現実だ。
軽視しているのではなく、他のどの国よりも投資を続けたが、数年間停滞状態である。
チームプレー能力の欠如、精神力の不足など、様々な要素がこれまで敗因と分析されてきたg、イグナチェフ監督は中国が最初からサッカーを上手くしにくい体質を持っていると発言したのだ。

にもかかわらずサッカーを諦められない中国は最近、中国サッカー協会(CFA)の決断を皮切りに、帰化人を代表に招き始めた。
外国人を混ぜてもサッカーの発展を成し遂げるという固い意志である。
中国人の特性上、サッカーが簡単ではないというイグナチェフ監督の理論が事実なら、CFAは最も現実的な対策を用意したとも見ることができそうだ。



"ファン・ウィジョフルタイム"ボルドー、"ネイマール決勝ゴール"PSGに敗れる…6G無敗締め切り
エクスポーツニュース




※一部要約

"韓国の看板FW"ファン・ウィジョがフルタイムをプレーしたなか、ボルドーはネイマールに決勝ゴールを許して敗れた。

ファン・ウィジョは29日午前、ヌーヴォ・スタッド・ド・ボルドーで行われたパリ・サンジェルマン(PSG)との2019/20シーズン・フランス・リーグ1・8ラウンドのホーム試合でフルタイムを消化した。

ファン・ウィジョは26日に正規リーグ7ラウンドのアミアン戦でシーズン初の欠場をして、休息を与えられた。
そしてこの日、フランス"最強"PSGを相手に右サイドのFWとして先発出撃した。

彼は前半序盤から快調なコンディションを見せた。
前半14分には相手守備を個人技で突破したりもした。

ファン・ウィジョは後半30分にボルドーで初めて枠内シュートを飛ばしたが、好セーブに阻まれた。
後半44分にはペナルティボックス左側でセカンドボールを打ったが、ゴールに嫌われた。

最近6試合連続無敗を走っていたボルドーは、この日に敗れて3勝3分け2敗でリーグ6位に落ちた。
一方、PSGは6勝2敗で首位に上がった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング