アン・ジョンファンが母のピットゥー論難に「いつ会ったのか記憶にもない…苦々しい思い」
ファイナンシャルニュース




※一部要約

スポーツ解説者のアン・ジョンファンさんが、母親と母方の叔父に関わるピットゥー(借金+MeToo)報道について、「苦々しい」と辛い心境を吐露した。

25日、SBS funEはアンさんの母親と母方の叔父が事業家のイ某氏から"サッカー選手の息子の世話役"を名目に1億5000万ウォン余りを借りたのに、20年目に「あいつ(アン・ジョンファン)が返す金」と責任を回避していると報じた。

この日、アンさんはイーデイリーとのインタビューで、突然のピットゥー報道に「苦々しい」と心境を明かした。

彼は「母親が"息子の練習、養育"を名目に借りた金のうち、実際に自分が受けた支援や金は一銭もなかった」として、「ときどき"自分がそんな金銭的支援でしっかりと食べ、好条件で運動をしていれば、もっと素晴らしい選手になっていたのではないか"とも考えた」と語った。

それとともに「実際には貧しい暮らしで運動だけに専念したが、それでも確認してから母親の借金が正しければすべて返済してあげ、家を売ったり年俸をすべてつぎ込んで返したりもした」と主張した。

続けて彼は「ところがある瞬間から、実際には借りてないのに借りたと言って金を要求する人々も多くなった」として、「そのときから私も自分の家族を守るべきだという気がした。子供たちがこういう報道を見てどう思うだろうか」と辛い心境を吐露した。

最後にアンさんは「生んでくれた母親だが、いつ会ったのか記憶も思い出せない」として、「もちろん誰かに金を貸した人の気持ちは理解するが、私に連絡もなく"アン・ジョンファン"という"ピットゥー"報道が出ることに自愧感(※自ら恥じる気持ち)がある」と付け加えた。



[チェ・ヨンジェ in UAE] ミックスゾーンでコミュニケーションする日本サッカー協会長
日刊スポーツ




※一部要約

"ミックスゾーン"、別名・共同取材区域と呼ばれるところ。

試合を終えて出てくる選手と取材陣が自由にインタビューできるスペースだ。
記者会見形式の堅さから抜け、司会者も進行者もなしで選手と取材陣が虚心坦懐に言葉をやり取りできる、サッカー場で唯一の場所でもある。

インタビュー対象を別々に指定することはない。
ミックスゾーンを通り過ぎる選手の中から、話したい選手の誰とも言葉を交わすことができる自由が与えられる。
形式から外れた"フリースペース"と言える。

自由に行われるのであらゆる質問が行き来する。
質問用紙がなく、返答を予想することもできない。
ときには意地悪な質問、ときには当惑する質問もここでは許される。
冗談やイタズラも溢れている。
ミックスゾーンで選手と取材陣の笑い声を簡単に聞くことができる理由である。
公式記者会見ではできな話を引き出すときもある。
ときには涙の場所になったりもする。

ミックスゾーンの核心は、そういうわけで"コミュニケーション"だ。

21日、UAEのシャルジャ・スタジアム。
ここで日本とサウジアラビアの2019UAEアジアカップ16強戦が行われた。
試合後、ミックスゾーンに一番最初に姿をあらわした人物は、多くの取材陣を驚かせた。
彼は田嶋幸三日本サッカー協会会長だった。



"韓国8強脱落"シャビの予想、何と80%的中"ベトナムは間違った" [亜カップ現場]
スターニュース




※一部要約

FCバルセロナでプレーしていた"生ける伝説"シャビ・エルナンデスは、今回のアジアカップを前に大会結果を予想した。
現在までにどのくらい合っているのだろうか。

韓国の16強の相手は"中東の伏兵"バーレーンに確定した。
韓国とバーレーンの16強戦は22日午後10時、ドバイのラシッド・スタジアムで行われる。

その他、残りの16強の対戦もすべて確定した。
まず韓国がバーレーンを下せば、8強でカタール-イラク戦の勝者と会う。

アラブ首長国連邦-キルギスタン、オーストラリア-ウズベキスタンの16強マッチアップも確定した。
ここで勝利したチーム同士が8強で対決し、勝てば韓国と準決勝で遭遇することもある。

トーナメントの反対側ではヨルダン-ベトナム、日本-サウジアラビア、タイ-中国、イラン-オマーンの16強マッチアップが完成した。






[単独] スールシャールのマンU指令塔就任前、全北の"ポストチェ・ガンヒ"最終候補3人に上がっていた
スポーツ朝鮮




※一部要約

マンUの臨時指令塔として常勝疾走しているノルウェー出身のオレ・グンナー・スールシャール監督が、Kリーグチャンピオン全北現代の"ポストチェ・ガンヒ"候補の最終リスト3人に入っていたことが確認された。

2018年Kリーグ1チャンピオンの全北現代は、13年間チームを率いていたチェ・ガンヒ監督を昨年末に中国スーパーリーグの天津権健へ送った。

その後、足早に次期指令塔を探した。
国内外を問わずに候補群を広げ、外国人指令塔に路線を定めた。
著名な外国人指導者の多くが引き受ける意志を伝えてきた。

その中から全北は最終3人の外国人指令塔候補をモライス、スールシャール、イバンコビッチに決めた。
最終的に全北現代は、様々な条件を考慮してモライス監督を指令塔に迎えた。

全北のクラブ事情に詳しい国内の有名エージェント(匿名要求)は「スールシャール監督は全北現代の指令塔に関心を持っていたし、また全北の招聘候補の最終3人に入っていたのは明らかな事実」と語った。
全北はこの事実の確認について「正しい。最終候補の3人に上がっていた」として否認しなかった。
ある海外サッカー専門家は「全北現代の場合、もう大抵の外国人指導者なら一度くらいは引き受けたい欲を出すほどのクラブに成長した」と評価した。

それではなぜ全北はマンUのレジェンドであるスールシャール、クロアチア出身の名将ブランコ・イバンコビッチの代わりにモライスを選んだのか。
それなりの理由があった。



[パク・ムンソン] 変わり者・本田圭佑
パク・ムンソン コラム




※一部要約

本田圭佑。

国内サッカーファンにとって少し特異な感じの日本サッカー選手だ。

国内で日本サッカー選手はあまり好感ではない。
歴史的な認識に、地理的なライバル意識などの影響である。
以前の"柴崎事件"が大きな話題になったのもそのためだ。

ところが本田は少し違う。
好感まではなくても、はっきり非好感でもない。
一般的な日本選手とは違う本田の線の太いプレースタイルに、がっしりしたフィジカル、さっぱりとしたFKなどが及ぼすイメージのためだ。

日本でも本田は目立つ選手として有名である。
0トップからサイドアタッカー、2列目の攻撃的MFまですべてでき、日本選手最高の左足無回転FKの能力を持っている本田は、日本でも特別な選手として通じる。
日本選手として初めて3回のワールドカップ本戦で連続ゴールを決めたことと、連続アシストを記録したキャリアだけでも、本田は特別だ。

本田は選手の才能だけで目立っているのではない。
行く道の選択が独特だった。
日本名古屋で上手くプレーし、オランダの小さなクラブであるフェンロに発った。
フェンロが2部に降格しても残り、1シーズンですぐにチームを1部に復帰させた。
フェンロで再び半シーズンプレーし、ヨーロッパの様々なクラブとリーグのラブコールを受けたが、本田が選んだところはロシアのCSKAモスクワだった。
本田はロシア・プレミアリーグでプレーする初めての日本選手であったほど、本田の選択は異例的だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング