冬が終わって吹く薫風…アイドルを彷彿とさせるほどのベント号人気
OSEN




※一部要約

冬が終わったのか。
サッカー界に暖かい薫風が吹いている。

2018インドネシア・ジャカルタ-パレンバンアジア大会で甦ったサッカー熱はウルグアイ戦でも続いた。
この日、ソウルワールドカップ競技場は6万の観客で満杯になった。

アジア大会以降、9月のコスタリカ戦とチリ戦に続いて3試合連続で有効座席売り切れだ。
16日のパナマ戦まで、4試合連続の売り切れを目前にしている。

特に観客の年齢層が代表の未来を明るくさせた。
ほとんどが10代の学生と20代序盤の若年層だった。
相対的に見つけにくかった女性ファンの比重が高まった。

公開オープントレーニングでも、増加したファンのサッカー人気を実感することができた。
午前10時30分に公開予定のオープントレーニングのため、9時からファンは列を作って待っていた。


181013140105433a.jpg


代表は1時間ほど練習をした後、ファンに近づいた。
待っていたファンは選手の名前を叫んでサインと写真撮影を要請した。
選手もやはりファンとの時間を楽しみ、誠実にファンサービスに臨んだ。

惜しい点もあった。
練習場全体を広く使うと、位置によっては選手が1人も来ないところもあった。
練習場の外角にいた女性ファンは、喉が張り裂けんばかりに名前を叫んだが、選手が来ずに泣きべそをかいたりもした。

長い冬が終わったかのように、微細ではあるが暖かい薫風がサッカー界に吹き始めた。
これから韓国サッカー界が久しぶりに戻ってきたこの暖かい風を続けられるか注目されている。


181013140105433b.jpg



サッカー代表の"アイドル化"、女心が揺れる
スポーツソウル




※一部要約

サッカーが"女心"を惹きつけた。

最近、サッカー代表が女性の間で話題に浮上した。
10~20代を中心に、SNSやオンライン上で大きな関心を集めている。
ソン・フンミンやイ・スンウ、キ・ソンヨンのような選手はインスタグラムのフォロワー数が多くの芸能人に劣らない。
9日現在、ソン・フンミンが159万人に肉薄しており、イ・スンウが57万人、キ・ソンヨンが16万に達する。
ワールドカップの星イ・ヨンや、アジア大会で全国区のスターに浮上したファン・ウィジョも10万人突破を目前にしている。
オンラインコミュニティではソン・フンミンとイ・スンウの顔が学校の黒板の上に掛けられた写真が話題になるほどである。
2人の間にBTSのVの写真があるのを見れば、最近のサッカー選手の認知度がどれくらいなのかを計ることができる。






[AG] "歴代級"ファン・ウィジョ、男子サッカー史上初の単一大会ハットトリック2回記録
OSEN




※一部要約

"ゴッド"ファン・ウィジョ(26、ガンバ大阪)が文字通り歴代級の活躍を続けている。

キム・ハクボム監督が率いる2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー代表は27日、ウズベキスタンとの大会8強戦で、延長血戦の末に4-3で辛勝した。

アジア大会の歴代級FWファン・ウィジョのつま先は120分ずっと輝いていた。
チームが2-3でリードされていた後半30分、値千金の同点ゴールを放ってハットトリックを完成させた。
バーレーンとのグループリーグ1次戦に続く大会2回目のハットトリック。
3-3で拮抗していた延長後半の終了直前には、劇的なPKを勝ち取った。
ファン・ヒチャンがキッカーとして出て、血戦を締め括った。

今大会のファン・ウィジョの右足は他の追随を許さない。
韓国の5試合すべてに出場し、右足だけで8ゴールを記録した。
特に角度のないところからニアポストを狙うシュートが一品だった。
郡鶏一鶴だ。
ハットトリックも2回達成し、大会得点ランキング首位を疾走している。

大韓サッカー協会によると、1人の選手が単一国際大会で2回のハットトリックを記録したのは、大韓民国男子各級代表の全体を合わせてファン・ウィジョが初めてだという。

女子サッカーでは2人の選手がいる。
1999年にフィリピンで行われた女子アジアカップで当時のFWチャ・ソンミがグアムと香港を迎えて2回のハットトリックを記録したことがあり、ヨ・ミンジも2009年のAFC16歳以下大会でミャンマーとタイを相手に3ゴールずつ決めた。

一方、ファン・ウィジョは今大会8ゴールで単独得点首位を走っている。
また、歴代の韓国のアジア大会個人得点ランキングでは、19994年の広島大会で計11ゴールを記録したファン・ソンホンに次いで2位に上っている。



「サッカー発展のため」チョン・モンギュサッカー協会長40億ウォン寄付
韓国日報




※一部要約

大韓サッカー協会はチョン・モンギュ会長がサッカー発展のために40億ウォンを寄付したと31日明かした。

チョン会長は「寄付金が新たに選任される代表監督の年俸を支援し、幼少年サッカーを活性化させるために使われてほしい。特に外国の有能な指導者を代表監督に迎える場合、予算不足で困難を経験しないようにしっかり使ってほしい」と頼んだ。

サッカー協会はロシアワールドカップ後に契約が終わった既存のシン・テヨン監督を再信任する代わりに、外国人指令塔を新たに選任する方に糸口を掴み、現在監督候補と接触している。

サッカー協会によると、2013年に首長になったチョン会長はこれまで計29億ウォンを寄付している。
これは各級代表の激励金や2017年のU-20ワールドカップ大会運営費、指導者の海外派遣費などに使われた。
チョン会長はこれとは別に、2015年から"ポニーチョン財団"を通じて、厳しい状況の中学生選手に毎年1億2000万ウォンずつ奨学金を支給している。



訪韓取り消しで謝罪したロナウド、「申し訳ない気持ちです」
ベストイレブン




※一部要約

製品のプロモーションイベントで韓国を訪れる予定だった"スーパースター"クリスティアーノ・ロナウドが、残念ながら日程を取り消した。
最近ユベントス移籍が決まってキャリアで大きな変化が起き、新チームへの適応のため忙しい時間を過ごしているためである。

そのためロナウドは、彼の訪問を待ち焦がれていた韓国ファンのために"謝罪文"を送ってきた。
ロナウドの韓国訪問の日程を調整していたコリアテック側は、報道資料を通じて彼のメッセージを公開した。

「韓国ファンの皆さん、今回のSIXPADプロモーションのために韓国を訪問することができない点について、とても残念に思います。私の状況による難しい決定ですが、皆さんもご存知の通り、私の人生で大きな変化が起きました。今回の日程では、どうしても皆さんと会う時間を作るのが難しかったのです。私を迎えるため素晴らしい準備をしているという便りをよく聞いていたので、なおさら申し訳ない気持ちです。できるだけ早く皆さんのお目にかかれることを期待しています」

ロナウドを待っていたファンにとっては失望感が大きくなるしかないが、彼はできるだけ早く韓国を訪れると約束した。
今夏の出会いは失敗に終わったが、新シーズンにユベントスでロナウドが順調に安着すれば、来夏に彼が韓国に来る機会が再び訪れるかもしれない。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング