怒ったサッカーファン、ついにロウソクを持つ…「ヒディンクを選任しろ」
世界日報




※一部要約

韓国サッカー代表と大韓サッカー協会の歩みに角を生やしたサッカーファンが、ついにロウソクまで持ち出す。

ソウル鍾路警察署の関係者は「23日土曜日の14時から17時の間にサッカー協会会館の前で"サッカーを愛する国民"の集いが集会を開く」と伝えた。

代表はシュティーリケ監督が更迭され、シン・テヨン監督が新たに就任した後に行った2018ロシアワールドカップ最終予選で、続けざまの拙戦の末に、漁夫の利でワールドカップ本戦行きのチケットを手にした。

合わせて主将を引き受けたキム・ヨングォン選手の失言論難、拙戦の後で見せたシン・テヨン監督の胴上げなど代表の身内の祝福論難、ヒディンク財団からキム・ホゴン大韓サッカー協会副会長に送ったメッセージに関する真実の攻防など、絶え間ない論難が続き、韓国サッカーファンの怒りがおさまるとは考えづらい。

青瓦台の請願および提案掲示板には、フース・ヒディンク監督を選任しろという内容の請願文と、それに同意する文が終わることなく上がってきている。




"ヒディンクを連れてこい"サッカーファンが午後2時にロウソク集会を予告
釜山日報




※一部要約

集会を予告したサッカーファンは、ヒディンク監督の就任に加え、サッカー協会の刷新を求めている。
また、別のネチズンはコメントで「何よりもサッカー協会の無原則で一方的な行政に厳しい忠告を与えなければならない」として、「横領事件のような不正や、無能で無責任な行政に対する改善も要求しなければならない」と言った。



イ・チョンヨンの同僚サコ、"ドラゴンボールZ"サッカーシューズを履いて試合
フットボールリスト




※一部要約

イ・チョンヨンの同僚バカリ・サコが日本漫画"ドラゴンボールZ"のサッカーシューズを履いて試合に出た。

サコは16日、サウサンプトンとの"2017/2018イングリッシュプレミアリーグ"5ラウンドの試合(0-1負け)で、特別なサッカーシューズを履いてプレーした。
後半3分にルーベン・ロフタス-チークと交代したとき、日本の有名マンガである"ドラゴンボールZ"が描かれたサッカーシューズを履いていた。

彼はN社のマーキュリアルスーパーフライVを履いているが、この製品の右足と左足にそれぞれ"ドラゴンボールZ"の主人公である孫悟空とベジータが描かれていた。
孫悟空とベジータは覚醒した"超サイヤ人"状態で咆哮している。






[海外サッカー] ベッカムの助言「韓国は強いチーム…楽しまないと」
NEWSIS




※一部要約

世界的サッカースターのデービッド・ベッカムが思い浮かべた韓国サッカーの印象は精神力、肉体的な強さだった。

AIAグループのグローバル広報大使の資格で韓国を訪れたベッカムは20日午後、松坡区のソウル蚕室ロッテワールドタワーで行われた記者懇談会で、韓国サッカーに関する質問に「韓国サッカーは精神的、身体的に強い。成功的な業績を残す準備のできたチーム」と語った。

小奇麗なスーツ姿でイベント場所に入ったベッカムは、AIAグループが戦略的に推進しているヘルス&ウエルネスサービスのAIAバイタリティーに関することを話し始めた。

物静かな口調で、引退後の家族との健康的な生活について紹介した彼は、記者会見でサッカーに関する質問が出ると、すぐに目を輝かせた。

ベッカムは"ワールドカップに出る韓国サッカーに助言をしてほしい"という要請に、「サッカーの話をするのはいつも嬉しい。質問してくれてありがとう」として、本格的に返事をし始めた。

ベッカムは、最近の韓国サッカーが手に負えない時間を過ごしていることについて「代表は常に難しい時期を経験することがあり得る。イングランドもやはり、良いときも悪いときもあった。代表では常にあり得る現象」と説明した。



[UEFA授賞式] "ASローマワンクラブマン"トッティ、2017UEFAプレジデントアワード受賞
スポTVニュース




※一部要約

ASローマだけでプレーした"ワンクラブマン"フランチェスコ・トッティが、UEFAの新設した"2017UEFAプレジデントアワード"を受賞した。

"2017UEFAプレジデントアワード"はクラブに貢献した選手を称える一種の功労賞である。
主人公は"ローマの王子"トッティである。
トッティは1993年に入団してから24年間活躍したレジェンドだ。
ユース時代から含めれば28年である。
トッティはローマのユニフォームを着て計748試合プレーし、301ゴール188アシストを記録した。

トッティは「光栄だ。キャリアで1つのユニフォームだけしか着ないのは私の夢だった。そしてそれを成し遂げた」と所感を明かした。



ドイツのスポーツ研究チーム「サッカー選手、タトゥーをすれば技量が3~5%落ちる」
聯合ニュース




※一部要約

「タトゥーはサッカー選手の技量を落とします。サッカー界で禁止しなければなりません」

ドイツ・ケルン大学のインゴ・フロベーゼ教授のチームは最近、タトゥーがサッカー選手に悪影響を与えることがあるという内容の研究結果を発表して注目されている。

ドイツのスポーツ通信社SIDは24日にそのような研究内容を紹介し、ブンデスリーガでタトゥーをする行為を禁止するべきというフロベーゼ教授の主張を伝えた。

フロベーゼ教授は「タトゥーをした選手は約3~5%技量が落ちた。タトゥーををしたことによって皮膚の汗調節機能と体温調整能力が落ち、技量低下に繋がった」と明かした。




ドイツのスポーツ研究チーム「サッカー選手、タトゥーをすれば技量が3~5%落ちる」
SBS




※一部要約

またフロベーゼ教授は「タトゥーをすることは皮膚に毒を植えるのと同じ」として、「血管を通じて微量のインクが体中を浸透する。もし私がブンデスリーガの責任者なら、タトゥーを禁止するだろう」と付け加えた。

SIDは「最近、少なくないブンデスリーガクラブが選手のタトゥーについて否定的な見解を出している」として、「ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルトは5月にタトゥーをしたギジェルモ・バレラに警告を与えたりもした」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング