"ベトナムの国民的英雄"パク・ハンソ監督、水原JSカップ全試合観戦
イーデイリー




※一部要約

パク・ハンソベトナムサッカー代表監督が18日に水原ワールドカップ競技場で開催される2018水原JSカップU19国際青少年サッカー大会を訪れる。

JSファウンデーション(※パク・チソンが理事長の財団)は、パク・ハンソベトナム代表監督が忙しい日程の中でベトナムU19代表への応援と激励のため、2018水原JSカップに参加する予定だと11日に明かした。

1月に行われたAFC U-23チャンピオンシップで準優勝を導いたパク・ハンソ監督は、先月30日にヨルダン・アンマンで行われた2019AFCアジアカップ3次予選最終戦でホームのヨルダンと1:1の引き分けを記録し、アジアカップ予選無敗(2勝4分け)でベトナム代表を11年ぶりにアジアカップ本戦に進出させた。

忙しい日程の中で今回の水原JSカップを訪れるパク・ハンソ監督は、「国際大会を通じて今後のベトナムU-23、成人代表を導く次世代の有望株を直接点検する良い機会なので、3試合すべて観戦する計画だ」として、「U-19の有望株選手が今回のJSカップ参加により、良い経験と選手に一歩成長できる機会になることを願う」と明かした。

2018水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会は、開催国の大韓民国とメキシコ、モロッコ、ベトナムの4ヶ国のU-19青少年代表が参加し、18日から22日までの計3日間でフルリーグ方式で大会最強チームを決める。
JSファウンデーションが主催し、大韓サッカー協会主管、水原市がサッカー発展と底辺拡大のため後援する。



"娘バカ"パク・チュホ、人形みたいな容姿"バカになるだろうね"
RPM9




※一部要約

サッカーのパク・チュホ選手がリアルタイム検索後に上がっては下がって、ネチズンの間で話題だ。

パク・チュホは蔚山現代サッカーチームのDFで、1987年生まれである。

ネチズンはパク・チュホの妻と娘に関心を見せている。

2人はまだ結婚式を挙げられてないが、2人の間には人形みたいな娘がいる。

妻のSNSを通じてパク・チュホが娘バカの姿を見せていたりもしている。

一方、2008年にJリーグの水戸ホーリーホックに入団してプロ生活を始めたパク・チュホはジュビロ磐田、バーゼルFC、FSVマインツ05、ドルトムントなどを経て10年近く海外でキャリアを積んだ。
国内の舞台は今回が初めてである。



「中国サッカーに毎年頭にくる…数十年頭にきて寿命が縮んだファン」
朝鮮日報




※一部要約

「名誉も愛国心もない代表を解体しよう!!」

"サッカー崛起"は到底不可能なのか。
22日のウェールズ-中国戦を見守った中国ファンであればそのような懐疑感に陥ったようだ。
中国はこの日、チャイナカップ開幕戦でウェールズに前半だけで4ゴールを許して0対6で大敗した。
一泊二日の旅程で12000キロを飛んできたガレス・ベイル(レアル・マドリード)は63分だけのプレーでハットトリックを達成した。
この試合はライアン・ギグス監督のウェールズ代表指令塔デビュー戦だった。

屈辱的ない敗北に中国ファンの糾弾は一日経った23日まで続いていた。
新浪スポーツには「ちょっとは走る選手を代表に選べ。選手は全員豚だ。どうやって勝つのか」、「こんな代表の豚、ボール1つも扱えない」というような文が列を成している。
あるファンは「頭にくる。毎年腹が立つ。数十年腹が立って寿命が縮んでしまった」と記した。

"名将"マルチェロ・リッピ中国代表監督も自ら失望した様子だ。
彼は2016年の就任から弱体の中国を率いて善戦した。
去年末には「中国は成長段階だ。次第に強くなっている」と自信を見せていた。
サウスチャイナモーニングポスト紙によるとリッピ監督は試合後、沈鬱な表情で会見場にあらわれて「すべて私の過ちだ。このような選手を選んだのは私の失敗だった」と語った。



ワールドカップユニフォームを着てみた選手たち「軽くて楽だ」
聯合ニュース




※一部要約

2018ロシアワールドカップで私たちの代表が着るユニフォームを手にした選手は、機能的な面で概ね肯定的な評価をした。

イ・ジェソンは22日、練習場所であるアイルランド・ダブリンで取材陣と会い、「選手としてはデザインより競技場でプレーするときが重要なのだが、プレーするときにもう少しより自由な感じがする」と新ユニフォームを着た所感を伝えた。

イ・ジェソンは「赤と黒の組み合わせが昔の良き時代も思わせる」として、「選手としても期待しているし、ファンの前でも早く着た姿をお見せしたい」と語った。

キム・ジンスも「まず着用感が良くて楽だ」として、「以前のユニフォームよりもさらに軽くなった感じ」と評価した。

キム・ジンスはデザインについて「スッキリとしていて復古的な感じ」として、「個人の好みによって気に入る気に入らないの差はあるだろうが、選手にとって機能的な面では満足だ」と語った。


20180323054803941a.jpg



村井チェアマン、Jリーグ外国籍選手OB会設立を明言。ジーコ会長、1200人超が対象

 節目のリーグ開幕25周年を迎えるにあたり、挨拶に立った村井満チェアマンは「この25年間Jリーグを牽引してきたのは、Jリーグのビジョンだと考えています」と述べる。そのビジョンとは「日本サッカーの水準の向上」「地域社会における豊かなスポーツ文化の振興」「国際社会への貢献、交流」の3つである。

 その中でも特に「国際社会への貢献、交流」において、村井チェアマンは「この25年間でJリーグに来た外国籍選手が1200人を超えております」と明かし、外国籍選手のOB会を組織するプランを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256310-footballc-socc




Jリーグ"歴代外国人選手の会"組織の理由は
蹴球ジャーナル




※一部要約

パク・ジェリムのJリーグアンテナ

発足25周年を迎えたJリーグが意味のある事業を始めた。
過去に日本でプレーした外国人選手の"OB会"の結成だ。

日本メディア<フットボールチャネル>によると、村井満Jリーグ議長は15日のJリーグ開幕記者会見で、歴代の外国人選手と協力を推進中だと明かした。

1993年に発足したJリーグはコインブラ・ジーコ、カルロス・ドゥンガ、ギャリー・リネカー、ミカエル・ラウドルップ、ドラガン・ストイコビッチら世界的スタープレーヤーが活躍するなど、去年までに約1200人の外国人選手が日本の舞台で走った。

外国人OB会の結成は単なる"思い出の喚起"に終わらない。
Jリーグ広報大使で優れた外国人選手を日本に呼び込む役割も果たすとみられる。
Jリーグでプレーし、引退後にサッカー界の様々な方面で働く彼らの人脈を活用するという意味である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング