村井チェアマン、Jリーグ外国籍選手OB会設立を明言。ジーコ会長、1200人超が対象

 節目のリーグ開幕25周年を迎えるにあたり、挨拶に立った村井満チェアマンは「この25年間Jリーグを牽引してきたのは、Jリーグのビジョンだと考えています」と述べる。そのビジョンとは「日本サッカーの水準の向上」「地域社会における豊かなスポーツ文化の振興」「国際社会への貢献、交流」の3つである。

 その中でも特に「国際社会への貢献、交流」において、村井チェアマンは「この25年間でJリーグに来た外国籍選手が1200人を超えております」と明かし、外国籍選手のOB会を組織するプランを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180215-00256310-footballc-socc




Jリーグ"歴代外国人選手の会"組織の理由は
蹴球ジャーナル




※一部要約

パク・ジェリムのJリーグアンテナ

発足25周年を迎えたJリーグが意味のある事業を始めた。
過去に日本でプレーした外国人選手の"OB会"の結成だ。

日本メディア<フットボールチャネル>によると、村井満Jリーグ議長は15日のJリーグ開幕記者会見で、歴代の外国人選手と協力を推進中だと明かした。

1993年に発足したJリーグはコインブラ・ジーコ、カルロス・ドゥンガ、ギャリー・リネカー、ミカエル・ラウドルップ、ドラガン・ストイコビッチら世界的スタープレーヤーが活躍するなど、去年までに約1200人の外国人選手が日本の舞台で走った。

外国人OB会の結成は単なる"思い出の喚起"に終わらない。
Jリーグ広報大使で優れた外国人選手を日本に呼び込む役割も果たすとみられる。
Jリーグでプレーし、引退後にサッカー界の様々な方面で働く彼らの人脈を活用するという意味である。



“韓国版新幹線”は駅弁販売なし 座席はやや窮屈

 平昌冬季五輪が9日、開幕する。スポーツ報知では文化社会部の甲斐毅彦記者(47)が現地入り。五感をフルに使った生リポートを連日お届けします。第1回目の7日はスケート競技などの会場となる東海岸の江陵市ルポ。大学時代は冬山に登り、真冬でも半袖で通す「報知で最も寒さに強い記者」も、熱々のカップラーメンが凍りつく想定外の気候に、「寒い!」。日本では決して口にしたことがない単語が出るほどの極寒の地で、いよいよ熱い戦いが始まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180207-00000276-sph-spo




江陵行きのKTXに乗った日記者「座席は狭く弁当もない」
ノーカットニュース




※一部要約

日本のスポーツ専門紙"スポーツ報知"は7日、KTXを利用してオリンピック氷上種目が行われる江陵まで移動した所属記者が感じた点を記事化した。

このメディアの甲斐毅彦記者は「仁川国際空港から江陵に行くため"韓国版新幹線"と言われる高速鉄道KTXに搭乗した」として、「仁川空港を発ってから速度が速くなり、まるで"京成スカイライナー(日本の成田空港と市内を連結する列車)"に乗っている気分だった」と伝えた。

この記者は続けて「ソウル駅を過ぎて列車が徐々に加速してきた。最高時速の300キロまでではなかった。普段新幹線に乗っている感じでは220キロくらいだったと思う」と付け加えた。

江陵までの所要時間や費用まで詳しく説明したこの記者は、「ムン・ジェイン大統領がオリンピック競技場の視察をしたとき、専用列車で食べたツルニンジンやソバの入った弁当を食べたかったが、列車では弁当の販売をしてなかった。缶コーヒーと菓子のある自販機があるだけだった」と残念がった。

当初、KTXには弁当を予約して客室で貰うサービスなどがあったが、今年の1月1日から中止された。
客室を通っておやつを販売していたカートもやはり、去年の12月29日付で姿を消した。

座席についての不満もあった。
彼は「(KTXの)座席はセマウル号と比べて若干窮屈である。新幹線N700(2007年1月運行)系の列車より座席の間隔が狭い」と評価した。



今になりお詫びします…イ・チョンス"15年ぶり"に頭を下げる、なぜ?
スポーツソウル




※一部要約

イ・チョンスが15年ぶりに謝罪した。

イ・チョンスは"シュートフォーラブ(※小児がん患者を支援するためのキャンペーン)"メンバーのババンバやマネージャーとともに、2003年に入団して韓国初のラ・リーガ選手として活躍したレアル・ソシエダを訪れている。
マムズタッチの後援で行われている"イ・チョンスの根本ツアー"がタイトルである。
特に22日にはホームのアノエタを訪問、レアル・ソシエダとセルタ・デ・ビーゴのラ・リーガの試合をVIP席で観戦した。

彼は試合前、アノエタのあちこちを回って感慨に浸った。
競技場の壁には彼が2003年9月17日にUEFAチャンピオンズリーグのグループリーグに出場したときの写真がかかっていて、心を和ませた。
ロッカールームで自分が体を解していた場所、ロッカーの傍に座ってポーズをとる時間も持った。
そしてこれまでできなかった謝罪もした。






「毎日ノートを持ってハングルの勉強」…晩学の移籍生豊田の蔚山適応期
スポーツソウル




※一部要約

「毎日ノートを持ってハングルの勉強をしました」

今冬、Kリーグクラシックの蔚山現代に電撃移籍した日本代表出身FW豊田陽平は"晩学の海外移籍生"だ。
2010年にユン・ジョンファン監督が率いていたサガン鳥栖に入団してから7シーズン連続で二桁得点に成功するなど、Jリーグトップクラスのゴールゲッターとしてプレーした。
2013年は日本代表に抜擢されて東アジアカップに参加し、2015年のオーストラリアアジアカップでも活躍した。
いつの間にか数え年で30半ばになり、選手の晩年を過ごしている彼が韓国行きを選んだことは、日本国内でも話題になった。
鳥栖で選手生活を終えるとみられていたが、自ら挑戦を選んだためである。
去年、イタリア出身のマッシモ・フィッカデンティ監督体制で出場時間が急減したことも一役買った。






マンチェスターの乱闘劇に相撲の話を出したベンゲル、なぜ?
スポーツ京郷




※一部要約

アーセン・ベンゲル監督が最近話題になっているマンチェスター・ユナイテッドとマンチェスター・シティの乱闘劇について、厳しい忠告を与えた。
ところがその過程で日本の相撲に言及して関心を集めた。

ベンゲル監督は13日、英国BBC放送のインタビュー映像で「私もその(乱闘劇の)消息を聞いたが、それについて何も見ることができてない」として、「だがそのようなことは大きなダービーマッチでは起こり得ること」と語った。

11日にオールドトラフォードで行われたマンUとマンシティの試合は、マンシティが2-1で勝利した。
だが試合後にマンシティの選手がロッカールームで大音量の音楽をかけて喜びを思う存分あらわし、機嫌の悪くなったモウリーニョ監督が直接マンシティのロッカールームに行って自制を求めた。
その過程でマンシティの選手とモウリーニョ監督の間で舌戦が繰り広げられ、そこにマンUの選手が加勢して雰囲気が険悪になると、最終的に集団の小競り合いにまで広がった。
マンシティのコーチであるミケル・アルテタは、飛んできた飲料のビンに当たって額が裂けたりもした。

ベンゲル監督は「そのような大きな試合で負けた後は、相手に100%の祝福を送るのはすごく難しいこと」と語った後、突然相撲の話を持ち出した。
彼は1995~1996年に日本Jリーグの名古屋グランパスの監督を引き受けた経験があり、日本文化をよく知っている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング