パク・チソンが卒業論文を提出したCIESはどんな組織?
MKスポーツ




※一部要約

パク・チソンの卒業論文が"FIFAマスター"に提出され、生涯二度目の大学院過程が事実上終わった。

FIFAマスターはスポーツ経営・法律・人文学分野の1年の大学院スポーツ役員プログラムである。
国際スポーツ研究センター(CIES)が主催し、FIFAが請け合っている。

CIESは"プロサッカー移籍価値推定値"の研究でも有名である。
2016-17シーズン終了後、1位は2億1070万ユーロ(2810億6057万ウォン)のネイマール。
科学的な根拠で移籍金を推算するという目標で、2013年から発表している。

特定の選手を獲得するための合理的な金額コンサルティングもしている。
CIESは同じ選手であっても、裕福さなどクラブごとに異なる状況を把握し、オーダーメイド金額を提示することがわかっている。



"切れ長の目セレモニー"、韓国語で謝罪も非難殺到・・・結局SNSを非公開
東亜ドットコム




※一部要約

人種差別と解釈されかねないセレモニーをしたウルグアイU-20代表MFフェデリコ・バルベルデが、韓国ファンを意識して韓国語で謝罪したが、国内サッカーファンの怒りはなかなかおさまらずにいる。

ウルグアイは4日、大田ワールドカップ競技場で行われた2017FIFA U-20ワールドカップのポルトガルとの8強戦で、2-2で引き分けた後のPK戦の末に4強行きのチケットを手にした。
PK戦のスコアは5-4。

問題のシーンは後半に出た。
バルベルデが後半3分にPKを成功させた後、両人差し指を自分の両目の端に当て、目尻を両側に引っ張るセレモニーをした。
当該の行為はアジア人をバカにする行為とみなされ、人種差別的な行為と解釈される余地が多い。

この日の試合後、バルベルデは自身のツイッターに韓国語で「人種差別的なセレモニーではなく、友人のための個人的なセレモニーでした。私が意図したのは人種差別ではありません。申し訳ありません」と書いた。
U-20ワールドカップ開催国韓国のサッカーファンを意識したものとみられる。



韓国-ポルトガルのハイライトを見た日本の反応、痛快-セルフディス-レベル認定の間
スポーツQ




※一部要約

痛快さと現実の自覚、優れた競技力について認定。

2017FIFA20歳以下ワールドカップ16強の韓国とポルトガルのハイライトを見守った、宿敵日本ネチズンの反応である。

韓国とポルトガルは30日、2017FIFA U-20ワールドカップ16強戦を行なった。
結果は1-3で韓国の敗北。
不安な守備で先に3ゴールを献上した韓国は、後半のイ・サンホンの挽回ゴールでも試合をひっくり返すことができなかった。

日本はその前に行われたベネズエラとの16強で、延長戦の末に0-1で敗れた。
一部のネチズンは脱落の痛みを韓国の敗北でなだめたりした。

"ポルトガルが韓国に1-3の敗北をもたらした"という毎日新聞の記事に、「韓国が負けたというニュースを見るとなぜか嬉しい」、「ポルトガル最高だ。おめでとう」、「負けたのか?(笑)」、「開催国として敗北を受け入れられないとかいう話はするな」などのコメントが多くの推薦を受けた。



ユン・ソンヨルの日本女性ファン、"韓国の大学生"になって応援
蹴球ジャーナル




※一部要約

2011年のある日。
日本のある女子小学生が当時J3にいた町田ゼルビア(現在J2リーグ)のホーム競技場を訪れた。
この日、少女は町田でプレーしていた韓国選手ユン・ソンヨル(30、K3リーグ清州シティ)を見てファンになった。
人生の方向が変わったキッカケだった。

6年が経った今年、少女は大学生になった。
日本ではなく韓国の大学に通っている。
高麗大言語学科に入学し、韓国でキャンパスライフを楽しんでいる。
ナカムラ・コトネ(19)は「私が韓国で過ごすことになるとは夢にも思わなかった」と笑った。

東京都南部の町田市に住んでいるナカムラの両親は、サッカーが好きだった。
弟はサッカー選手である。
現在、町田ゼルビアのユースチームでサッカーを学んでいる。
ナカムラはサッカーがあまり好きではなかった。
家族に連れられ、6年前に無理やり競技場へ行った。
そのときユン・ソンヨルを見た。
彼は「熱心にプレーする情熱的な姿が良かった」とユン・ソンヨルのファンになった理由を説明した。

競技場内では応援し、競技場外では手助けした。
ユン・ソンヨルは2011年に日本でプロ生活を始めた。
日本語もわからず環境も不慣れだった。
そのときナカムラの家族がユン・ソンヨルを手助けした。
ユン・ソンヨルは「日本でできることが何もなかった。必要なものはどこで買うのか、銀行口座はどうやって作るのかなど、一から十までナカムラの家族が取り揃えてもらった」と語った。



[サッカー] 誤審審判"無期限割り当て停止"で54日ぶりに復帰で論難
ニュース1




※一部要約

誤審論難で無期限割り当て停止を受けたキム・ソンホ主審が54日ぶりに復帰した。
韓国プロサッカー連盟は、これだけの懲戒なら十分だという立場である。

キム・ソンホ主審は13日、昌原サッカーセンターで行われたKリーグチャレンジの慶南FCとソウルイーランドFCの試合の主審を引き受けた。

3月21日に連盟審判委員会は、キム・ソンホ主審に無期限割り当て停止の懲戒を下した。
キム・ソンホ主審は3月19日にソウルワールドカップ競技場で行われたFCソウルと光州FCの試合で、ソウルが0-1でリードされていた後半16分にソウルのイ・サンホンのクロスが光州DFパク・ドンジンの手に当たったとして、PKを宣言した。
だが中継画面にあらわれたスロー映像を確認した結果、ボールはパク・ドンジンの背中に当たったことが明らかとなった。

これについて連盟審判会議は、判定評価会議を開いてキム・ソンホ主審に無期限割り当て停止の懲戒を下した。
パク・インソン副審は試合中に無線でPKの意見を伝えたにもかかわらず、分析の過程でそれを否認し、資質が疑わしいという理由で退出させられた。

元々Kリーグクラシック(1部リーグ)の主審だった彼は、Kリーグチャレンジ(2部リーグ)で復帰した。
Kリーグ全体では7試合の割り当て停止を受けてから懲戒が解けた。

連盟関係者は「最近の3~4年で勝敗に直結する誤審を犯した審判には3試合の懲戒を下していて、5試合以上の割り当て停止を下したことはない。それだけ7試合の割り当てを受けなかったのは重い懲戒である。これほどであれば十分だと判断した」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング