韓国アマチュア野球の現住所、代表チームも変わってこそ生きられる
スポーツ京郷




※一部要約

プロ野球の新人ドラフトは8月中旬に開かれる。
この次期について高校野球では不満が多い。
プロ入団が確定した選手は心理的にたるんで、実力向上が最も際立つ後半期をまるごとふいにするという指摘だ。
今大会でも証明された。
ドラフト直後に行われた国際大会で、すでに進路が決まったエリート選手にしっかりとした意欲が生まれるわけがない。
今回の代表チームでは20人中17人がプロ指名選手だった。

高校の監督は毎年プロで新人の競争力が落ちる部分も、ドラフトの時期と無関係ではないという見解である。
選手のためにはドラフトの開催時期を10月末以降に先送りするべきだという主張だ。
だが現実的には容易ではない。
プロチームはすぐに新人選手を11月の練習から合流させ、実際に技量の把握に入らなければならない。
ますます新入生の選抜に困難を経験している大学の入試選考とも重なる時期である。
互いに頭を突き合わせないと解決できない難題だ。

歳月の流れによって世代も以前とは違う。
だが変わってはならない価値もある。
まさに太極マークの意味だ。
ある代表チームの関係者は「選手が感じる代表チームの自負心が以前とは異なる」と語った。
年が経つほど選手の個人指向はさらに強まっていて、技量を離れて闘志が以前とは違う。

大会を見守ったアマチュア野球の関係者たちは皆、「日本が羨ましい」と言った。
日本野球は今大会でも準優勝に留まってまだ世界青少年大会で優勝できていない。
それでも準備過程だけは韓国よりもすでにはるかにリードしていて、競技力で感じることができた。
何と4000校あまりの高校から選抜された高校最高のスタープレーヤーなのだが、宿舎でも練習のときでも一糸不乱に動く姿が印象的だった。
近年では見るのが難しかったコールドゲームの完敗を喫した日本戦は、"目つき"から押されたという内部分析も出てきた。






U18日本、7回コールドで韓国撃破!世界一に王手!清宮はマルチ
スポニチアネックス

 野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)第8日は4日、各地でスーパーラウンドが行われ、1次リーグA組首位通過の日本は、甲子園で1次リーグB組1位の韓国と対戦。12―0と7回コールド勝ちし、1次ラウンドから7戦全勝。スーパーラウンドは1次リーグの対戦成績を持ち越すため4勝0敗となり、出場国で唯一無敗のまま6日に行われる決勝進出が決定。悲願の世界一へ王手を懸けた。6日の決勝(甲子園)で日本は米国と対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000112-spnannex-base




[青少年代表チーム] 韓国、日本に衝撃のコールド負け・・・決勝挫折
スポーツワールド




※一部要約

決勝進出が挫折した。

イ・ジョンド雪岳高監督が導く韓国青少年野球代表チームが、宿敵日本にコールド負けをする屈辱を受けて頭を下げた。

代表チームは4日、大阪阪神甲子園球場で行われた第27回世界青少年野球選手権大会スーパーラウンド2次戦の日本との試合で、0-12のコールド負けを喫した。
スーパーラウンドの戦績は2勝2敗になった。
日本は4勝で決勝進出が確定した。



"オーストラリアリーグ"ク・デソン、退場後に観客席へボールを投擲
OSEN




※一部要約

オーストラリアのプロ野球(ABL)でまだ現役として活躍中のク・デソン(45、シドニー・ブルーソックス)が、試合中に退場させられる事件が起きた。

ク・デソンは9日、キャンベラ・キャバルリーとの試合で、チームが7-3でリードしていた8回裏に勝利を守るために登板した。
だがアウトカウントを一つ取るまでに2失点し、ストライクゾーンを巡って審判と口論をして退場までさせられる経験をした。

登板したときはチームの勝利は確かなものと見られた。
この日までにク・デソンは3試合に登板して3日2/3イニングを5奪三振無失点セーブ1とペースが良かった。
だがこの日は2塁打を2つも許すなど、退場させられるまでにすでに2点を許していた。



延長50回で決着…中京が崇徳下す、両投手完投
読売新聞

 兵庫県明石市の明石トーカロ球場で開かれている軟式野球の全国高校選手権で31日、前日まで3日間で延長四十五回を戦っても0―0で勝負がつかず、継続試合となった中京高(東海・岐阜)―崇徳高(西中国・広島)の準決勝の続きが行われ、延長五十回に中京が3点を挙げ、3―0で決着がついた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140831-00050032-yom-spo&pos=4




日本の高校野球で4日間延長50回の血闘
毎経ドットコム




※一部要約

日本の高校野球で、4日間で何と延長50回まで行く血闘が繰り広げられた。
さらに驚くべきことは、両チームの先発投手が何と700球前後の投球数を記録してどちらも完投したという点だ。

サンケイスポーツなど多くの日本メディアによると、第59回日本全国軟式野球高校大会準決勝で、岐阜県代表中京高校と広島県代表崇徳高校が何と4日間の試合を行った。
勝負は50回表に2点タイムリーヒットと内野ゴロで3点を取った中京高校が3-0で勝った。

50イニングの完投勝利をおさめた松井の投球数は709。
やはり50イニングの完投をした石岡の投球数は689だった。




"過去の甲子園の英雄"キム・ドンミンのもう一つの野球の話
マニアレポート




※要旨

日本で野球をしている選手の目標は"プロ進出"ではない。
"甲子園"に出ることが夢だという。
"全国日本高校野球選手権大会"の本戦進出を意味する。

甲子園進出に特別な意味がある理由は、すべての参加校が"激しい地区予選"を経ているためである。
日本にある高校野球部は4000校をゆうに超えるが、甲子園に招待される学校は50に満たないためだ。
単純な競争率だけでもおよそ100:1になる。
まさにこのような舞台に足を踏み入れた"韓国人留学生"がいた。
2008年当時、無名だった飯塚高等学校を甲子園に進出させたキム・ドンミン(23)がその主人公だ。


甲子園の思い出を大事にして"第2の人生"を生きるキム・ドンミンの野球の話

楊亭初-社稷中を卒業後に釜山高校へ進学したキム・ドンミンは、1学年を終えると同時に日本留学を決心した。
野球を見る目をもう少し育てるためだった。
だが彼が進学した学校は、全国の舞台とはまったく縁がなかった。
むしろ彼が入学するまでは親善試合ですら一度も勝てなかった。
チームメイトもほとんどが「勉強の延長線上」で野球をやっている場合が多かった。

そのような雰囲気の飯塚高校に"変化"の風が吹いたのは、キム・ドンミンという韓国少年によるものだった。
自ら夜間練習を始めたのがキッカケだった。
当時の飯塚高校野球部では、夜間練習をするというのは考えもしないことだった。
彼が先にやり始めて、他のチームメイトも1人2人と彼を真似し始めた。
飯塚高校野球部の"夜間練習"が定例化した瞬間だった。
それはすぐに結果としてあらわれた。
野球部のある高校だけで120校あまりある福岡で堂々と優勝し、甲子園に進出したためである。
そしてその大会だけで0.485の好打撃を誇った彼は、たとえチームが1回戦で脱落する苦杯をなめても、本人は福岡経済大学に進学することができた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング