韓国アマチュア野球の現住所、代表チームも変わってこそ生きられる
スポーツ京郷




※一部要約

プロ野球の新人ドラフトは8月中旬に開かれる。
この次期について高校野球では不満が多い。
プロ入団が確定した選手は心理的にたるんで、実力向上が最も際立つ後半期をまるごとふいにするという指摘だ。
今大会でも証明された。
ドラフト直後に行われた国際大会で、すでに進路が決まったエリート選手にしっかりとした意欲が生まれるわけがない。
今回の代表チームでは20人中17人がプロ指名選手だった。

高校の監督は毎年プロで新人の競争力が落ちる部分も、ドラフトの時期と無関係ではないという見解である。
選手のためにはドラフトの開催時期を10月末以降に先送りするべきだという主張だ。
だが現実的には容易ではない。
プロチームはすぐに新人選手を11月の練習から合流させ、実際に技量の把握に入らなければならない。
ますます新入生の選抜に困難を経験している大学の入試選考とも重なる時期である。
互いに頭を突き合わせないと解決できない難題だ。

歳月の流れによって世代も以前とは違う。
だが変わってはならない価値もある。
まさに太極マークの意味だ。
ある代表チームの関係者は「選手が感じる代表チームの自負心が以前とは異なる」と語った。
年が経つほど選手の個人指向はさらに強まっていて、技量を離れて闘志が以前とは違う。

大会を見守ったアマチュア野球の関係者たちは皆、「日本が羨ましい」と言った。
日本野球は今大会でも準優勝に留まってまだ世界青少年大会で優勝できていない。
それでも準備過程だけは韓国よりもすでにはるかにリードしていて、競技力で感じることができた。
何と4000校あまりの高校から選抜された高校最高のスタープレーヤーなのだが、宿舎でも練習のときでも一糸不乱に動く姿が印象的だった。
近年では見るのが難しかったコールドゲームの完敗を喫した日本戦は、"目つき"から押されたという内部分析も出てきた。






U18日本、7回コールドで韓国撃破!世界一に王手!清宮はマルチ
スポニチアネックス

 野球のU―18(18歳以下)ワールドカップ(W杯)第8日は4日、各地でスーパーラウンドが行われ、1次リーグA組首位通過の日本は、甲子園で1次リーグB組1位の韓国と対戦。12―0と7回コールド勝ちし、1次ラウンドから7戦全勝。スーパーラウンドは1次リーグの対戦成績を持ち越すため4勝0敗となり、出場国で唯一無敗のまま6日に行われる決勝進出が決定。悲願の世界一へ王手を懸けた。6日の決勝(甲子園)で日本は米国と対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150904-00000112-spnannex-base




[青少年代表チーム] 韓国、日本に衝撃のコールド負け・・・決勝挫折
スポーツワールド




※一部要約

決勝進出が挫折した。

イ・ジョンド雪岳高監督が導く韓国青少年野球代表チームが、宿敵日本にコールド負けをする屈辱を受けて頭を下げた。

代表チームは4日、大阪阪神甲子園球場で行われた第27回世界青少年野球選手権大会スーパーラウンド2次戦の日本との試合で、0-12のコールド負けを喫した。
スーパーラウンドの戦績は2勝2敗になった。
日本は4勝で決勝進出が確定した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング