[Aマッチ現場3行要約] "キム・シヌク決勝ゴール"韓国、ラトビアに1-0勝ち
スポTVニュース




※一部要約

三行で要約したKEBハナ銀行招請親善試合の韓国vsラトビア。

1.チャン・ヒョンスの抜けた4バック、キム・シヌク-イ・グノのビッグ&スモール2トップ…ラトビア5バック
2.前半:イ・ジェソン大活躍、4試合連続ゴールのキム・シヌク
3.後半:"波状攻勢"繰り広げた韓国、トルコキャンプを2勝1分けで締めくくる






[SPO in アンタルヤ] "GK"キム・スンギュ「チョ・ヒョンウと競争して発展する」
スポTVニュース




※一部要約

韓国サッカー代表は2日午後11時(韓国時間)、トルコ・アンタルヤのタイタニックフットボールセンターで練習を進めた。
韓国は3日、FIFAランキング131位のラトビアと親善試合を行う。

GKキム・スンギュはシン・テヨン監督体制の序盤に重用された。
シン監督は去年行われたロシアワールドカップ最終予選のイラン・ウズベキスタンとの試合、コロンビアとの親善試合でキム・スンギュにゴールを任せた。

だがキム・スンギュは2017東アジアカップ(E-1チャンピオンシップ)の前に負傷で代表に合流できず、様相は変わった。
去年11月のセルビアとの親善試合でAマッチデビュー戦を行ったチョ・ヒョンウが、東アジアカップの2試合で1失点の活躍を繰り広げた。

勢いに乗ったチョ・ヒョンウは新年最初の試合であるモルドバ戦でクリーンシーツを記録した。
一方、ジャマイカ戦で2失点を記録したキム・スンギュは、自分の能力を100%発揮しなければならない状況である。
キム・スンギュはラトビア戦に出場するなら無失点で試合を終えるという覚悟である。



[Aマッチレビュー] "キム・シヌクマルチゴール"韓国、ジャマイカと2-2の惜しい引き分け
インターフットボール

20180130215118168.jpg


※一部要約

シン・テヨン号が惜しい引き分けをおさめた。

シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表は30日、トルコ・アンタルヤのマルダンスタジアムで行われた評価試合で、キム・シヌクの連続ゴールで試合をひっくり返したが、予期せぬミドルで失点を許してジャマイカと2-2の引き分けをおさめた。
これで韓国はモルドバ戦の勝利に続いて2試合無敗行進を続けることになった。


20180130215118168a.jpg

20180130215118168b.jpg

20180130215118168c.jpg

20180130215118168d.jpg



[オフィシャル] シン・テヨン号、3月の遠征評価試合の相手にポーランド確定
インターフットボール




※一部要約

大韓サッカー協会は来年3月28日にポーランドで遠征親善試合を行うことで、今日ポーランドサッカー協会と合意した。
試合時間は韓国時間の明け方3時45分で、開催都市と競技場は今後決まる。

現在FIFAランキング7位のポーランドはロシアワールドカップヨーロッパ予選E組で8勝1分け1敗の成績をおさめ、グループ1位で本戦に進出したヨーロッパの強豪だ。
バイエルン・ミュンヘンで活躍中のFWロベルト・レバンドフスキが代表的な選手である。

ポーランドとの歴代Aマッチの戦績は1戦1勝で2002年のワールドカップで2-0で勝利した。
2011年10月のチョ・グァンレ代表監督時代にソウルワールドカップ競技場で親善試合をして2-2で引き分けを記録したことがある。
だがFIFAが許容する交代人員(6人)を超過してAマッチの記録から除外されている。






シン・テヨン号、ドイツ戦のリハーサルにポーランドの可能性が高まった
スポータルコリア




※一部要約

新しくヨーロッパの強者に登場したポーランドが、シン・テヨン号のドイツ戦に備えた相手になるだろうか。

2018ロシアワールドカップの組み分けが完了した。
もう残りは大会のときまでに着実な準備とともに、最適な評価試合の相手と会ってリハーサルを行わなければならない。
評価試合の相手はワールドカップ出場国の中から選ぶのが最も良い。
その中でポーランドが有力候補に挙げられる。

ポーランドは2006ドイツワールドカップから12年ぶりにワールドカップの舞台に出るチームだ。
FIFAランキングも6位を誇る。
今回のワールドカップ組み合わせ抽選ではAポットを受けるほど、ダークホースに浮上してきたチームである。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング