チョ・ドンゴン「水原ファンに対する惜しさはない」
蹴球ジャーナル




※一部要約

「よりにとって鳥栖で初めての試合を水原とするとは・・・。本当に妙な感じだった」

去年まで身を置いていた実家チームに会ったサガン鳥栖のFWチョ・ドンゴンは、いくら考えてもすごい縁に笑いを放った。
その笑いには濃い名残が含まれていた。

鳥栖は18日、佐賀県鳥栖市にあるホーム球場でKリーグクラシックの水原三星と親善試合を行った。
この日の親善試合はキム・ミヌに焦点が当てられた。
鳥栖で長く活躍したキム・ミヌは、今シーズンの前に水原へ移籍した。

キム・ミヌが実家チームの鳥栖を相手にしたのなら、鳥栖にも水原が実家の選手がいた。
チョ・ドンゴンである。
水原で4年間活躍したチョ・ドンゴンは最近FAの資格で鳥栖のユニフォームを着た。

この日の試合でチョ・ドンゴンは試合終了残り5分でグラウンドを踏んだ。
出場時間が短く、これといった活躍は見せられなかった。

試合後チョ・ドンゴンは「これから同僚と足をしっかり合わせて良い活躍をしたい」と親善試合だが鳥栖でデビュー戦を行った所感を明かした。
続けて「新たなチームを探すために2ヶ月ほど運動をちゃんとできなかったうえ、鳥栖に来てから練習を10日くらいしかしていない。今日の試合に対して大きな欲はなかった。もちろんもう少し多くプレーして良い姿を見せはしたかった」と付け加えた。





チョ・ドンゴンに水原というチームはどういう意味を持つかと尋ねると、すぐに「惜しかったところである。もう少し上手くやっていればという後悔が残っている」と答えた。
チョ・ドンゴンは2012年から昨シーズンまで、尚州尚武の時代を除いて水原でプレーしていた。
入団したときは名門水原の主砲になるという期待を受けていたが、計73試合で11ゴールを記録するのに終わった。
昨シーズンは24試合に出てわずか4ゴールだった。

不振が重なるとすぐに水原ファンは彼を非難し始めた。
鳥栖移籍のニュースが聞こえると、すぐにそれを歓迎するファンもいた。
惜しいのではないかという質問に「惜しくはない。私が上手くやっていればこんなことはなかった」として理解すると明かした。
チョ・ドンゴンは「また始めるのでJリーグでゴールをたくさん決めて良い選手と認められたい」と誓った。



水原、サガン鳥栖に1-2負け・・・「川崎戦の準備に大きな助け」
インターフットボール




※一部要約

水原三星がACL前最後の評価試合で敗れた。

水原は佐賀県鳥栖市にあるベストアメニティスタジアムで行われたサガン鳥栖との試合に1-2で敗れた。

水原は前半20分にサガン鳥栖の陽平に先制ゴールを許したが、前半40分にジョナタンが同点ゴールを放ち、前半を1-1で終えることができた。

だが後半4分、鎌田大地に失点を許して1-2で再びリードを奪われた。
その後水原は後半15分に11人の選手をすべて交代して選手を点検し、試合は1-2のスコアで終わった。

試合後、ソ・ジョンウォン監督はクラブの公式SNSで「親善試合の場を作ってくれたサガン鳥栖に感謝する。私たちはACL川崎戦を控えて最後の点検が重要で、訓練に大きな比重を置いた」として、「サガン鳥栖の競技力は印象深かった。川崎戦を準備するのに大いに役立ったようだ」と所感を明かした。

一方、水原は22日に場所を神奈川県川崎市等々力陸上競技場に移し、川崎とACL G組1次戦を行う。



水原キム・ミヌが語るウィングバック変身とサガン鳥栖との対決
フットボールリスト




※一部要約

スペインキャンプを行った水原三星MFキム・ミヌの表情は明るかった。
7年間の日本生活を終えて2017シーズンKリーグの舞台に挑戦するキム・ミヌは、水原生活の適応を成功裏に終えた様子だった。

14日、水原三星のクラブハウスで午後の練習を終えてから"フットボールリスト"と会ったキム・ミヌは、水原で送った冬季練習について「馴染んでないことはない。兄さんも弟もみんな身近になった。早く適応することができた」と笑った。
実際に練習を終えてからオリンピック代表時代に親しくしていたたソ・ジョンジンとフザケて明るい様子で歩いてきた。

戦術的な側面で適応した部分のほうが大きい。
水原は今シーズン、3バックにウィングバックを置く戦術をメインにしている。
キム・ミヌはスペイン遠征で、ホン・チョルが軍入隊で抜けた左ウィングバックの席で主に起用された。
「3バックのフォーメーションでウィングバックをしたことが以前あるが、他のチームでしていたことと水原での注文は違う。最初は難しさがあった」と言った。

だがスペイン遠征で十分に成果があったとして良しとした。
「練習をしてフォーメーションについて理解できた。ゲームを通じて選手間の呼吸もかなり合わせた。良いキャンプだった」
ウィングバックにとって攻撃加担は選択ではなく必須である。
キム・ミヌは「チームの組織に合わせてプレーすることが優先だが、ソ・ジョンウォン監督様がもうちょっと攻撃的にしろと注目したできるだけ攻撃的にしようと努力する」と言った。。



韓日レジェンドマッチ推進・・・パク・チソンと中田が対決?
ベストイレブン




※一部要約

韓国サッカー最高のレジェンドの1人であるパク・チソンと、日本サッカーが生んだ天才MF中田英寿が中盤で激しい争いを繰り広げる。
最前方ではファン・ソンホンと三浦がゴールゲッターの自尊心対決を行い、最後方を死守するCBの位置に立ったホン・ミョンボと井原は守備ラインを指揮して相手の攻勢を防ぐ。

サッカーファンなら一度くらいは想像してみた、韓日両国のサッカーレジェンドが一堂に会して雌雄を決することが現実になるかもしれない。
いわゆる"韓日レジェンドマッチ"である。
過去数十年間韓国と日本の両国を代表したスーパースターが、日本・静岡総合競技場で大激突の準備をしていることがわかった。

最近、日本サッカー協会(JFA)は大韓サッカー協会(KFA)に公文書を一枚送った。
2017年1月8日、日本・静岡で韓国と日本を代表するサッカースターが一堂に会して、レジェンドマッチを開催しようという提案が含まれた公文書だった。






[代表チーム訓練] "2列目の実力者"キム・ボギョン、「安定してプレーすることが重要だ」
インターフットボール




※一部要約

一言で狂った存在感だった。
久しぶりに代表チームに復帰したキム・ボギョンが、ものすごい存在感を放ってシュティーリケ号の2列目の実力者になる可能性を見せた。

シュティーリケ監督が率いる韓国代表は11日、天安総合運動場で行われたカナダとのKEBハナ銀行招請サッカー国家代表チーム親善試合で、キム・ボギョンとイ・ジョンヒョプの連続ゴールによって2-0で勝利した。
この日の勝利で韓国代表は雰囲気を反転させ、ウズベキスタン戦を肯定的な雰囲気で準備できるようになった。

もう運命のウズベキスタン戦である。
韓国代表は15日、ソウルワールドカップ競技場でウズベクとの重要な一戦を行う。
現在韓国はA組3位に留まっていて、ウズベク戦の勝利が切実だ。
甘い勝利は忘れた。
カナダ戦で勝利をおさめた韓国代表は、休む間もなくすぐに練習を始め、12日午後4時に坡州にある国家代表トレーニングセンターで練習を実施した。

練習前にキム・ボギョンは「長い間代表チームから遠ざかって戻ってきた。ゴールを決めて勝利を手にし、チャンスを活かせたようで嬉しい。雰囲気を反転したのは良かったし肯定的だった。もっとも重要なのはカナダ戦で自信を見つけたことで、ウズベク戦まで良い流れを持っていかなければならない」とカナダ戦を振り返った。

やはり安定した出場が重要だった。
これまでシュティーリケ監督は代表チームの原則を強調し、所属チームで安定してプレーしている選手を抜擢すると言い、そのような意味でキム・ボギョンは代表チームの原則にピタリと合う選手だった。
今シーズンを前に全北のユニフォームを着たキム・ボギョンは、イ・ジェソンとともにKリーグ最強デュオを結成して大活躍を繰り広げ、リーグ29試合で4ゴール7アシストを記録して確かな復活を知らしめた。

キム・ボギョンは「選手も所属チームで安定して試合でプレーすれば、自ずと体が鋭くなっていくことを感じる。安定して試合でプレーすることがとても重要で、競技力に影響を及ぼす。代表チームは10試合のうち1試合で駄目なら非難を受ける席である。昨日の試合で自信を得たのは幸いだ」と安定した出場を強調した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング