"26試合25ゴール"ファン・ウィジョ、「ファン・ソンホン先輩に追いつけるよう努力する」
OSEN




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表が21日午後、仁川国際空港から帰国した。
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)やキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、Kリーガー13人など計15人が入国した。
他の海外派選手はオーストラリアから所属チームに直帰した。

ベント号は韓国サッカー史の1ページを飾った。
ベント監督就任後に行った6試合で3勝3分けの無敗行進を続け、1997年に代表専任監督制が施行されて以降、監督デビュー最多無敗記録を作った。

ベント号の皇太子であるファン・ウィジョはこの日の帰国インタビューで「シュート練習をかなりした。DFがポジションを取る前に蹴ろうとするのがチャンスに繋がった」として、「アジア大会から代表と所属チームでゴール感覚を維持している秘訣は、自信が最も大きい。できるだけゴール内にシュートをしようと努力している」と得点行進の秘訣を明かした。

ファン・ウィジョは最近の3ヶ月間で、所属チームと代表で26試合25ゴールを奪った。
今シーズン合わせて33ゴールを記録し、絶頂の得点力を誇示している。

ファン・ウィジョはファン・ウィジョら伝説的なストライカーと比較されることについて「サッカー選手として本当に光栄だ。サッカーを始めたときからファン・ソンホン先輩を見て成長した。ファン・ソンホン先輩に追いつけるよう努力する」と誓った。

ファン・ウィジョは来シーズンに33ゴールを越えるという抱負も伝えた。
「個人的に来シーズンは33ゴール以上を決めたい。来年はさらに発展し、より多くのゴールを決めたい」



足元も好セーブ能力も2%足りないキム・スンギュ、ベント号の守門将争いは振り出しに
OSEN




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は17日に行われたオーストラリアとのAマッチ評価試合で、前半22分のファン・ウィジョの先制ゴールにもかかわらず、後半追加時間にキム・スンギュのキャッチミスで同点ゴールを許して1-1で引き分けた。

キム・スンギュはナンバーワン守門将としての確かな競技力を証明できなかった。
キム・スンギュはベント監督就任後に行ったAマッチ5試合で、3回も先発出場して厚い信任を受けていた。
チョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンが並んで1試合の先発に留まっているのと比べれば、格別な信頼だった。

ベント監督がキム・スンギュを好む理由の中で、ビルドアップ能力を外すことはできない。
3人のGKの中で足元が最も良いという評価を受けている。
だがキム・スンギュは3試合もチャンスを掴みながらも、ビルドアップで合格点を受けられなかった。
数回のパスミスを犯し、危機を自ら招いた。
オーストラリア戦も同様だった。

キム・スンギュはオーストラリア戦でずっと好セーブショーを続けたが、最後のミスで安定感を植え付けられなかった。
競争は現在進行形である。
キム・スンギュは足元と好セーブ能力のどちらも、2018ロシアワールドカップのスターであるチョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンと比べて、確実な優位を占められなかった。






[オーストラリア戦] 終盤の痛恨の失点にVAR専門家「オフサイドではなく正審だ」
スポーツ朝鮮

181117211220647.jpg


※一部要約

残念だがVARは正確だった。
韓国にとって痛恨の失点だったが、オーストラリアの得点は正しかった。

韓国サッカーA代表は17日、ブリスベンのサンコープ・スタジアムで行われたオーストラリアとの親善試合で惜しくも1-1で引き分けた。

オフサイドが疑われるシーンが出た。
CKが私たちのDFに当たって流れた。
オーストラリアのロギッチ(背番号23)がミドルシュートを飛ばした。
キム・スンギュが好セーブをしたが前にこぼれた。
このときオーストラリアのボイル(24番)が寄せてボールに触った。
キム・スンギュも倒れてぶつかった。
そのときボールが再び少し流れ、オーストラリアのルオンゴ(8番)が空のゴールに軽く蹴って決めた。
日本人主審はVARでチェックをした。
しばらくしてオーストラリアの得点を認めた。


181117211220647a.jpg

181117211220647b.jpg



"ワンショットワンキル"ファン・ウィジョ、"事実上のヨーロッパ"オーストラリアにも通用した
マイデイリー




※一部要約

"ワンショットワンキル"の決定力で先制ゴールを放ったファン・ウィジョ(26、ガンバ大阪)が"事実上のヨーロッパ"オーストラリアを相手に得点砲を稼働させ、絶頂のゴール感覚を継続した。

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー大ヒョうあh17日、オーストラリア・ブリスベンのサンコープ・スタジアムで行われたオーストラリアとの11月Aマッチ遠征試合で、ファン・ウィジョの先制ゴールにもかかわらず後半終了直前の失点によって1-1で引き分けた。

ファン・ウィジョが先制ゴールで火蓋を切った。
Aマッチ16試合で出た3回目の得点である。

また、先月のFIFAランキング5位のウルグアイ戦の得点の後、再び得点砲を稼働させた。

ファン・ウィジョの時代だ。
アジア大会で9ゴールで得点王に上がった後、ベント号でも絶頂の感覚を維持している。
日本Jリーグでも最近6試合連続ゴールでガンバの残留を導いた。
恐ろしい上り調子である。

これでファン・ウィジョは迫る2019アジアカップでもワントップの席を事実上手にした。

また、"事実上"ヨーロッパと評価されるオーストラリアを相手にゴールを味わい、ヨーロッパ進出の可能性まで高めた。
ファン・ウィジョはスペイン、ドイツクラブの関心を集めている。



[Aマッチレビュー] "ファン・ウィジョ落雷ゴール!"韓国、オーストラリア遠征で1-1の引き分け…5G無敗行進
InterFootball

181117200026827.jpg


※一部要約

ファン・ウィジョのワンショットワンキルに力づけられた韓国が、オーストラリア遠征で惜しい引き分けをおさめた。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は17日午後5時50分、オーストラリア・ブリスベンのサンコープ・スタジアムで行われたオーストラリアとの11月Aマッチ評価試合に1-1で引き分けた。
これで韓国はベント監督就任から5試合無敗行進(2勝3分け)を継続した。


181117200026827a.jpg

181117200026827b.jpg

181117200026827c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング