[単独] ベント号、11月にブラジルとの対決推進…"場所がネック"
スポータルコリア




※一部要約

ベント号が11月のAマッチ期間中でブラジル代表との対決を推進中だ。

サッカー界のニュースに詳しい関係者は30日、"スポータルコリア"を通じて「大韓サッカー協会が11月のAマッチ期間中にブラジル代表との親善試合を推進している」と明かした。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表の11月のAマッチ日程はまだ確定していない。
Aマッチ期間中では2022カタールワールドカップアジア地区2次予選のレバノン遠征(11月14日)だけが確定している。
評価試合の日程は11月19日が有力である。

11月の評価試合は2019年に最後に誘致できる親善試合の日程である。
1ヶ月後、東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1チャンピオンシップに出るため、協会もかなり前から11月の評価試合の相手を決めるのに心血を注いできた。
9月のAマッチ評価試合(ジョージア戦)の日程が海外で行われたのも、国内での評価試合の誘致に重きを置いたのが理由だった。



"ロナウドノーショー"観客、初の刑事告訴…「65000人のファンを欺罔」
NEWSIS




※一部要約

いわゆる"ロナウドノーショー(No Show)"事態のときの観客の一部が、主催社と韓国サッカー連盟、チケット販売社を対象に初の刑事告訴状を出した。

被害観客の法律代理人を引き受けたキム・ミンギ弁護士は20日、この事件を捜査中のソウル水西警察署にザ・フェスタのロビン・チャン代表と韓国プロサッカー連盟のクォン・オガプ総裁を詐欺の疑いで、NHNチケットリンクのコ・ヨンジュン代表を業務上横領の疑いで告訴する告訴状を提出した。

"ロナウド事態訴訟カフェ"はこの日、文書を通じて「クリスティアーノ・ロナウド選手が最低45分出場するという広告に騙され、一般的なチケット代よりはるかに高い値段を払って競技場を訪れた」として、「65000人のサッカーファンに欺罔して損害を与えたザ・フェスタと韓国サッカー連盟は刑事処罰を受け、速やかに被害者の損害を全額賠償しなければならない」と主張した。

続けて「事態の円満な解決のため、ザ・フェスタと韓国サッカー連盟に解決策の用意を促したが、彼らは真の謝罪や解決策なしに、時間が過ぎて人々の記憶からこの事件が忘れられることだけを願っているようだ」と批判した。






「ヒディンク、リーグにも来ないで金だけを稼ぎに来た」中メディアの露骨な非難
スターニュース




※一部要約

中国メディアが自国のオリンピック代表を率いているフース・ヒディンク監督に対し、露骨な非難を吐き出した。

中国新浪スポーツは10日、「ヒディンク監督に1年間で中国にどれくらい滞在しているか聞け。また、スーパーリーグ(中国プロサッカー)には何回見に行き、代表を何回練習させたのか。監督を雇用するとき、賃金と成績の相関関係に焦点を合わせなければならない」と指摘した。

ヒディンク監督は去年9月に中国オリンピック代表監督に就任した。
目標は2020東京オリンピック本戦進出である。
オリンピック本戦のチケットはアジアに4枚与えられるが、日本が開催国としてすでに1枚確保している。
残り3枚のチケットは2020年1月にタイで行われるAFC U-23チャンピオンシップ本戦で、3位以内の成績を上げてこそ手にすることができる。
簡単ではない。

そのような状況で、9月の2回の評価試合で勝利をおさめられず、危機論が急浮上した。
北韓との6日の試合に1-1で引き分け、8日はベトナムに0-2で敗れた。
特にパク・ハンソ監督が率いるベトナムに敗れたのが大きな打撃だった。
こうして中国メディアが立ち上がった。

新浪スポーツは「ヒディンク監督は中国に滞在せずリーグを見てないのに、良い選手を選べるのか。これが中国サッカーの発展になるだろうか」と尋ね、「オリンピック監督とA代表監督は試合が始まる数日前に国内に入り、スーパーリーグを見て選手を見つける必要がない。なぜなら世界で多くの給与を貰う有名人だからだ」と皮肉った。

それとともに中国サッカー協会に強く建議した。
このメディアは「外国人監督は中国サッカー発展のためになるのか。彼らは単に金を稼ぎに来ただけだ。金が入ってきたらすぐに去る」と非難し、「これから外国の監督と契約を結ぶときには、必ずリーグ戦を観戦して選手を見守るという条件を入れてほしい。でなければ中国サッカー代表は永遠にワールドカップに進出できないし、3流チームのままだろう」と憤った。



"勝負は冷たい"ヒディンク監督、「パク・ハンソのベトナム、勝ちたい」
スポTVニュース




※一部要約

2002韓日ワールドカップダービーが9月に行われる。
フース・ヒディンク監督とパク・ハンソ監督が親善試合で会う。
格別な縁でも勝負の世界は冷たい。

ヒディンク監督の中国U-22代表とパク・ハンソ監督のベトナムU-22代表が8日午後6時50分に会う。
両監督は9月の評価試合で2020東京オリンピックに向けたロードマップと戦力の点検に乗り出す。

ヒディンク監督とパク・ハンソ監督は2002韓日ワールドカップで韓国の監督と主席コーチとして会った。
韓国は両監督の優れたリーダーシップでワールドカップ4強神話を成し遂げた。
17年前に同じチームで同苦同楽したが、今は敵として会う。








[Aマッチレビュー] "久保ゴールポスト+デビューゴール霧散"日本、パラグアイを2-0で制圧
インターフットボール




※一部要約

日本がパラグアイを制圧して4試合ぶりにAマッチ勝利のニュースを伝えた。
後半に交代投入された久保建英は感覚的な左足シュートを試みたが、ゴールポストに阻まれてデビューゴールのチャンスを逃した。

日本は5日午後7時20分、鹿島サッカースタジアムで行われた親善試合でパラグアイに2-0で勝利した。
6月のコパ・アメリカに招待チームの資格で出場したが2分け1敗で脱落した日本は、4試合ぶりにAマッチの勝利を手にした。

日本がまず先制ゴールを放った。
前半23分に長友のクロスが守備に当たって屈折したボールを、大迫がノンストップ左足シュートでパラグアイのゴールネットを揺さぶった。

雰囲気を上げた日本は追加ゴールを作り出した。
華麗なパスプレーでスペースを作った日本は、前半30分に南野が酒井のクロスを受けて軽く得点を上げた。

日本は後半23分、交代投入された久保が角度のない状況から強力なシュートをしたが、クロスバーを強打して惜しい思いをした。

その後パラグアイが挽回ゴールのために日本の守備陣を攻略しようとしたが、思い通りにならなかった。
これ以上のゴールは出ず、試合は日本の2-0の勝利で終わった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング