[単独] アジアサッカーの新たな枠組みが開かれる…AFC、"ネイションズリーグ"3年以内の導入有力
韓国日報




※一部要約

アジアでもUEFAネイションズリーグの形態の国家対抗リーグ戦が3年以内に導入されるものとみられる。
"アジアネイションズリーグ(仮称)"が現実化すれば、AFCアジアカップに代表されるアジアサッカーの国家対抗戦が通年で行われることになり、FIFAのAマッチデイの風景も大きく変わる。

最近のAFCの関係者によると、AFCはリーグ形態の国家対抗戦アジアネイションズリーグを導入する方向で進め、具体的な施行案を立てている。
これは今年から北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)と南米サッカー連盟(CONMEBOL)がUEFAネイションズリーグと同じような国家対抗リーグ戦を施行することに決め、今後のAマッチデイの期間にアジア諸国は同大陸、あるいはアフリカのチームとだけ試合を行わなければならない可能性が高くなった環境などを考慮しての判断であるとみられる。

実際、韓国などのアジア諸国は去年にUEFAネイションズリーグが始まった後、Aマッチデイの期間にヨーロッパの強豪チームと評価試合を行うことができない身分となった。
パウロ・ベント監督が率いる韓国代表は去年にコスタリカやチリ、ウルグアイ、パナマらヨーロッパ以外のチームと評価試合を行い、日本もまた韓国と評価試合の相手を交代して試合を行うなど、事情は似ていた。
だが今年から北中米と南米までネイションズリーグの体制に突入することになり、アジアのチームはワールドカップやコンフェデレーションズカップを除けば、事実上ヨーロッパ・北中米・南米の強豪と対決する機会がほとんどなくなる。





アジアネイションズリーグの導入が確定すれば、2023年のアジアカップ予選もこの大会で代替される可能性が高まる。
また、AFCが稼ぐ中継権料、スポンサー収益などが全体の会員国に等しく分配され、UAEアジアカップで急成長した東南アジアの国の反射利益も同時に上がり、サッカー底辺の上向き平準化もできるという見通しが出てくる。

ただし、導入までに解決すべき課題も多い。
まずAFCが目標に設定したネイションズリーグ導入の予定時期が2022年のカタールワールドカップ3次予選(2021年)および本戦(2022年)の時期と重なるうえ、ヨーロッパとは違って国家間の移動距離も長く、大会の運営方法を決めるのにかなりの陣痛が予想される。
そこに相対的にヨーロッパ派の選手が多い韓国や日本の場合、自国選手の所属チームとの摩擦が大きくなる可能性が高い。
AFCの関係者は「基本的な施行時期と方向が設定されれば、各国協会と十分な議論を経るだろう」と伝えた。



新年初ゴールを逃したファン・ウィジョ「アジアカップではもっと多くの得点に挑戦」
聯合ニュース




※一部要約

「最後の決定力で惜しさがかなり残ります」

2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会"金メダルの主役"ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)が、新年初日に繰り広げられたサウジアラビアとの評価試合で、ベント号の"2019年1号ゴール"達成に失敗した。

ファン・ウィジョは1日、UAEアブダビのバニーヤース・スタジアムで行われたサウジアラビアとの評価試合で、ベント号の最前方1トップストライカーとして出場し、後半14分に交代するまでゴールセレモニーをすることができなかった。

ファン・ウィジョは特に後半10分、ペナルティエリアの左サイドを突破したファン・ヒチャンのグラウンダークロスを受けてゴール正面からシュートを試みたが、ボールがゴール左を抜けて決定的チャンスを逃した。

去年のアジア大会で得点王(9ゴール)を占め、ベント号でも3ゴールを固め打ちするなど、所属チームでの活躍を含めて33ゴールを決めたファン・ヒチャンは、59年ぶりのアジアカップ優勝に向けた代表の"最高兵器"に数えられる。

そのため、2019年の新年初日に行われたサウジアラビアとの評価試合で、ベント号の"新年1号ゴール"の主人公になると期待を集めたが、最終的にゴールを味わうことはできなかった。



"キ・ソンヨンPKミス"ベント号、サウジ評価試合で"無得点引き分け"
聯合ニュース

190101025804981.jpg


※一部要約

59年ぶりのアジアカップ頂点奪還に挑戦する韓国サッカー代表が"ソン・フンミンの空白"を痛感し、サウジアラビアとの"最終模擬試験"で虚しい攻防の末に無得点で引き分けた。

パウロ・ベント監督が率いる代表は1日、UAEアブダビのバニーヤース・スタジアムで行われたサウジアラビアとの評価試合で、キ・ソンヨンのPKミスにより0-0で引き分けた。

ベント号は今回の対戦でアジアカップのグループリーグ1・2次戦に出られないソン・フンミンの空白を埋める"代替戦術"として変形3バック戦術を稼働させたが、得点に失敗して惜しい思いをした。


190101025804981a.jpg

190101025804981b.jpg



"26試合25ゴール"ファン・ウィジョ、「ファン・ソンホン先輩に追いつけるよう努力する」
OSEN




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表が21日午後、仁川国際空港から帰国した。
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)やキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、Kリーガー13人など計15人が入国した。
他の海外派選手はオーストラリアから所属チームに直帰した。

ベント号は韓国サッカー史の1ページを飾った。
ベント監督就任後に行った6試合で3勝3分けの無敗行進を続け、1997年に代表専任監督制が施行されて以降、監督デビュー最多無敗記録を作った。

ベント号の皇太子であるファン・ウィジョはこの日の帰国インタビューで「シュート練習をかなりした。DFがポジションを取る前に蹴ろうとするのがチャンスに繋がった」として、「アジア大会から代表と所属チームでゴール感覚を維持している秘訣は、自信が最も大きい。できるだけゴール内にシュートをしようと努力している」と得点行進の秘訣を明かした。

ファン・ウィジョは最近の3ヶ月間で、所属チームと代表で26試合25ゴールを奪った。
今シーズン合わせて33ゴールを記録し、絶頂の得点力を誇示している。

ファン・ウィジョはファン・ウィジョら伝説的なストライカーと比較されることについて「サッカー選手として本当に光栄だ。サッカーを始めたときからファン・ソンホン先輩を見て成長した。ファン・ソンホン先輩に追いつけるよう努力する」と誓った。

ファン・ウィジョは来シーズンに33ゴールを越えるという抱負も伝えた。
「個人的に来シーズンは33ゴール以上を決めたい。来年はさらに発展し、より多くのゴールを決めたい」



足元も好セーブ能力も2%足りないキム・スンギュ、ベント号の守門将争いは振り出しに
OSEN




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は17日に行われたオーストラリアとのAマッチ評価試合で、前半22分のファン・ウィジョの先制ゴールにもかかわらず、後半追加時間にキム・スンギュのキャッチミスで同点ゴールを許して1-1で引き分けた。

キム・スンギュはナンバーワン守門将としての確かな競技力を証明できなかった。
キム・スンギュはベント監督就任後に行ったAマッチ5試合で、3回も先発出場して厚い信任を受けていた。
チョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンが並んで1試合の先発に留まっているのと比べれば、格別な信頼だった。

ベント監督がキム・スンギュを好む理由の中で、ビルドアップ能力を外すことはできない。
3人のGKの中で足元が最も良いという評価を受けている。
だがキム・スンギュは3試合もチャンスを掴みながらも、ビルドアップで合格点を受けられなかった。
数回のパスミスを犯し、危機を自ら招いた。
オーストラリア戦も同様だった。

キム・スンギュはオーストラリア戦でずっと好セーブショーを続けたが、最後のミスで安定感を植え付けられなかった。
競争は現在進行形である。
キム・スンギュは足元と好セーブ能力のどちらも、2018ロシアワールドカップのスターであるチョ・ヒョヌとキム・ジンヒョンと比べて、確実な優位を占められなかった。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング