日メディアの"度を越した"ソン・フンミン非難、「コカイン吸引を意味」
OSEN




※一部要約

ウ・チュンウォン記者

日本メディアのソン・フンミンに対する非難が度を越している。

ソン・フンミンは26日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われたコロンビアとの評価試合で、前半17分に先制ゴールを炸裂させた。

この日、ソン・フンミンは相手の荒いプレーで困難が多かった。
トッテナムの同僚であるDFダビンソン・サンチェスの加撃についてソン・フンミンは「サッカーは身体がぶつかるスポーツなので、そういうことで感情を害することはない」として、「サンチェスに腰をぶつけれらた。クラブの同僚だが、運動場でぶつかるスポーツという点で理解している。特別に話したことはない」と明かした。

だが日本メディアはソン・フンミンの試合後の行動について、絶えず非難を浴びせている。
日本メディアはソン・フンミンが試合後、コロンビアのバリオスにした行動を問題とみなした。
コロンビア現地メディアの報道を引用、「コロンビア選手は口数が多いというジェスチャーを取り、人種差別」として、「醜い行動」と非難した。
だがサッカーファンは「バリオスのマナーのない行為を一喝したもの」という反応を見せた。

コロンビアの非常識な行動については口を閉ざしている。
コロンビアの主軸選手であるハメス・ロドリゲスとラダメル・ファルカオが先に狼藉を働いた。
ハメスは試合中ずっと激しい競り合いと神経戦を行い、興奮した姿を見せた。
ファルカオもやはり同じだった。
彼は後半43分、ホン・チョルが守備の過程で受けた衝撃で倒れたとき、韓国の医務陣が持ってきた応急キットを投げ捨てる常識外の行動を見せて警告を受けた。

すでに一度非難を吐き出している日本メディアが再び始まった。
フットボールゾーンウェブは南米メディアの報道をずっと引用した。
このメディアは南米メディアBOLAVIPが「ソン・フンミンの行動はコロンビア選手を激怒させる行為だと説明した」と伝えた。

弱り目に祟り目で、ソン・フンミンの行動はマリファナやコカインに対する否定的な意味を込めていたと説明した。
パラグアイメディアのCRONICAを引用、「コロンビアはマリファナやコカインなどの薬物を最も多く生産する国なので、その薬物を吸う国という意味の動作のようだ」と伝えた。

特にフットボールゾーンウェブは「ソン・フンミンはコロンビア撃破の主人公だが、彼の試合後の挑発行為が世界に波紋を起こしている」と報じた。



[★現場] "韓物品を投擲"ファルカオの非マナー爆発、実力もマナーも負けた
スターニュース




※一部要約

ファルカオの非マナー行為がサッカーファンの眉をひそめさせた。
オフザボールの状況で、韓国代表選手団が使う物品(応急キットボックス)を投げた。

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表は26日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われたコロンビア代表との親善試合に2-1で勝利した。

コロンビアは実力でもマナーでも負けた。
非マナーの状況は後半43分頃に発生した。
コロンビアのCKを韓国守備陣がよく防いだ。
続いてチョ・ヒョヌがグラウンドに倒れてオフザボールの状況が発生した。

コロンビアは1-2で負けていた。
状況が差し迫っていた。
特にハメス・ロドリゲスやファルカオのようなスタープレーヤーはなおさら急ぐしかなかった。

だがその瞬間に彼らの非マナープレーが出た。
韓国が時間をかけたと判断したからなのか、不満混じりのジェスチャーをいっぱいに取った。

ついにファルカオの非マナー行為が爆発した。
韓国選手が使う応急キットボックスを突然ラインの外へ向けて投げ捨てたのだ。
自国でもなく、韓国選手が使うものだった。
明らかな非マナー行為だった。

コロンビア選手は試合後も敗北を認められない姿を見せ、韓国ファンのブーイングを一身に受けた。
コロンビアは実力でもマナーでも負けた。






"日本戦決勝ゴール"ファルカオ「韓国と日本は似ている」
マイデイリー




※一部要約

コロンビアのFWファルカオが韓国戦への意欲をあらわした。

ファルカオは24日、アス・コロンビア版で26日にソウルで行われる韓国との評価試合についての所感を伝えた。
ファルカオは22日に行われた日本との対決で、PK決勝ゴールを成功させてコロンビアの1-0勝利を導いた。

ファルカオは韓国のスタイルについて「韓国と日本は似ているスタイル」として、「日本はもう少し技術的な能力がある。韓国はフィジカルを犠牲にする試合をする。だが両者とも似ているチームで、とてもダイナミックだ。カウンターにも長けている。火曜日までに足りない部分を補完する。私たち自身がしっかり準備することが最も重要」という意をあらわした。




コロンビアのファルカオが見た違い、「韓国はフィジカル、日本は技術」
OSEN




※一部要約

ファルカオはコロンビアの雰囲気について「新しく何かを成し遂げようという肯定的な雰囲気」として、「遠くの東アジアまで遠征に来たが、誰一人として油断している選手はいない。勝利のため一つになろうという姿勢」と説明した。

また、ファルカオは「そういう意味で新チームでの初戦であった日本戦の勝利は本当に大きな意味があった」として、「韓国戦でもまずは勝利を最初の目標にして、選手間の詳細な戦術を確認しようとしている。コパ・アメリカまでの時間は多くない」と意志を確認した。

一方、韓国はコロンビアを相手にAマッチの歴代戦績で3勝2分け1敗とリードしている。
特に2017年11月に行われた試合では、ソン・フンミンがマルチゴールを成功させて2-1で勝利した。



「ケイロスは韓国の主敵」…コロンビアメディア、拳ジャガイモ事件に照明
ベストイレブン




※一部要約

韓国戦を控えているコロンビアのメディアが、カルロス・ケイロスコロンビア代表監督と韓国代表の関係にスポットを当てて、チェ・ガンヒ元代表監督に拳ジャガイモを飛ばした過去のエピソードまで紹介した。

スペイン<マルカ>のコロンビア版は、26日午後8時にソウルワールドカップ競技場で行われる親善試合のコロンビア戦を前に、"ケイロス監督は韓国の主敵だ"というヘッドライン記事を載せた。

このメディアは2013年6月18日に蔚山文殊競技場で行われた2014FIFAブラジルワールドカップアジア地区最終予選の韓国-イラン戦を紹介し、当時ケイロスかのt句が1-0で勝利を確定させた後でチェ監督に向けて拳ジャガイモを飛ばした事件にスポットを当てた。

その他に、ケイロス監督は韓国を相手にとても強い姿を見せてきた。
まるで韓国がどの手を使うのか知っている人間であるかのように、上手に韓国を料理した。
ケイロス監督就任後、イランは韓国に一度も負けたことがない。
4勝1分けの圧倒的優位を見せてきた。
すべて1-0の勝利であり、就任から最後の対決までの5試合で1ゴールも許さない底力を誇示した。

そんな彼が今度はコロンビア代表の指揮棒を手にして韓国遠征に出る。
2017年8月31日のFIFAロシアワールドカップアジア地区最終予選の試合(0-0の引き分け)以来、約1年7ヶ月ぶりの韓国遠征である。
韓国にとっては死神と変わらないケイロス監督が、韓国戦の無敗記録を6試合に伸ばすのかに関心が集まる。
韓国としては"ケイロスジンクス"を払い落とさなければならない課題に直面した。


190324115206320.png



[現場リアクション] ファン・ウィジョ、"ワールドクラス"ハメス-ファルカオとの対決に「学んで成長する」
インターフットボール




※一部要約

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表は22日午後8時、蔚山文殊サッカー競技場で行われた親善試合でボリビア(60位)を1-0で制圧した。
26日にソウルワールドカップ競技場で行われるコロンビア(12位)との対決にも勝利するという覚悟だ。

ベント号のストライカーであるファン・ウィジョは、ボリビア戦にジョーカーで投入された。
0-0だった後半17分にチ・ドンウォンと交代して投入され、すぐに威嚇的なシュートで火蓋を切った。
攻撃ポイントは積めなかったが、期待を満たすほどのインパクトを残した。

試合を終えた後、ファン・ウィジョは「ベント監督が私とドンウォン兄さんに特別に言ったことはなかった。ドンウォン兄さんも良い選手だし、私もやはり競争を通じて多くを学んでいる。それぞれの長所を互いに習得しようとしている」と善意の競争でともに成長すると伝えた。

舞台をソウルに移してFIFAランキング12位のコロンビアと一戦を繰り広げる。
コロンビアにはハメス・ロドリゲスとラダメル・ファルカオという2人の世界的選手がいる。

ファン・ウィジョは彼らとの出会いについて「素晴らしい選手が多い強いチームとの対決は、学んで成長するキッカケである。良い試合になるだろう」と期待感をあらわし、「今回の3月の2連戦で両方勝ちたい」とボリビア戦に続いてコロンビア戦でも勝利をおさめると誓った。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング