"雰囲気満点"浦和vsドルトムント・・・玉に瑕の"旭日旗"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーのJリーグが精魂を込めて企画した祝祭の場に58327人のファンが訪れ、競技場を熱く盛り上げた。
だが政治的な意図を存分に盛り込んだ旭日旗が相変わらずはためき、眉をひそめさせた。

15日、日本の埼玉にある埼玉スタジアム2002で、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017の浦和レッズとボルシア・ドルトムントの試合が行われた。
Jリーグが1部リーグの試合日程をすべて中断して広報に熱を上げたほど、比重はかなり大きかった。

実際、試合開始前から熱い熱気が感知された。
14日、市内のあるサッカー用品店を訪れると、すぐにドルトムントのユニフォーム、その中でも日本人選手である香川真司の名前がプリントされたシャツが前面にかかっていた。
ほぼ同じ時期にバルセロナの選手が日本を訪れ、バルセロナのユニフォームもかかっていたが、規模では比較にならなかった。

サッカー用品店の関係者は「ドルトムントのユニフォームだけでなく、関連用品、それとともに日本代表ユニフォームだけでなく売れている」と嬉しい悲鳴を上げた。

そのような状況と噛み合わさり、この日競技場へ向かう道はまさに雲の観衆だった。
競技場に向かうほどドルトムントと浦和のユニフォームを着たファンの数が増え、埼玉スタジアムの最寄り駅である浦和美園駅に着くと、すぐに数が急増した。


20170716070116249a.jpg



[UAE現場レビュー] "苦しい攻撃力"韓国、イラクと0-0の引き分け・・・カタール戦"非常"
インターフットボール




※一部要約

苦しい攻撃力の中で大韓民国サッカー代表がイラクと引き分けた。

シュティーリケ監督が率いる韓国は8日、UAEで行われたKEBハナ銀行招請評価試合でイラクと0-0の引き分けをおさめた。

評価試合で満足できない結果を出した代表は、14日午前4時にドーハで行われる2018FIFAロシアワールドカップアジア地区最終予選8次戦で、運命のカタール戦を負担感の中で行うことになった。


20170608035334180a.jpg

20170608035334180b.jpg

20170608035334180c.jpg



[U-20レビュー] "チョ・ヨンウク-ペク・スンホゴール"韓国、セネガルと2-2の引き分け・・・評価試合3G無敗
インターフットボール




※一部要約

すべての準備が終わった。
シン・テヨン号がセネガルとの最終模擬試験で引き分けをおさめた。

シン・テヨン監督が率いる大韓民国U-20代表は14日、高陽総合運動場で行われたKEBハナ銀行招請FIFA U-20ワールドカップコリア出征式試合のセネガルとの評価試合で、2-2の引き分けをおさめた。
これで韓国はサウジアラビア、ウルグアイ戦の勝利に続いてセネガル戦で引き分け、評価試合3試合無敗行進を記録した。


20170514165429422a.jpg

20170514165429422b.jpg

20170514165429422c.jpg



[サッカー] ウルグアイ監督「韓国が会うアルゼンチン、私たちと似たスタイル」
ニュース1




※一部要約

シン・テヨン号は11日午後、清州総合運動場で行われたウルグアイU-20代表との評価試合で、前半39分に出たイ・スンウの先制ゴールと、終了直前のカン・ジフンの追加ゴールで2-0の勝利をおさめた。

ウルグアイは強豪がひしめく南米予選を1位で通過したチームである。
客観的戦力で優勝圏に近いという評価を受けている。
そのようなチームを相手に無失点の勝利をおさめたというのは、かなり鼓舞的なことだ。
弱点と指摘されていた守備の方で相変わらず不安な姿を見せたというのは惜しかったが、2-0は自信を持てる結果である。

ウルグアイ代表を率いるファビアン・コイト監督は、韓国の戦力に拍手を送った。
コイト監督は試合後の公式記者会見で「韓国の速いリズムに私も驚いたし、私たちの選手も驚いただろう」と讃えた。

続けて「私たちは数日前まで中国で練習をして、一昨日韓国に入ってきた。コンディションは良くない」として、「コンディションを上げなければならないので、この試合はかなり重要だった。これから大会が開幕する前までにコンディションを調整するだろう」と計画を伝えた。

コイト監督は「韓国の戦力を見ると、十分に好成績をおさめられると思う。攻撃のリズムがとても良い。攻撃の切り替えも速い」として、「韓国が本戦で会うアルゼンチンは私たちとスタイルが似ている。守備は安定的だが、攻撃は爆発的だ」という言葉でヒントを投げかけて善戦を祈った。



[U-20評価試合レビュー] "明確な実力差"シン・テヨン号、全北との評価試合で0-3の完敗
インターフットボール




※一部要約

兄たちの壁は高かった。
シン・テヨン号が全北現代に完敗した。

シン・テヨン監督が導く大韓民国U-20代表は26日、全州ワールドカップ競技場で行われた全北との評価試合に0-3で完敗した。
最終メンバー発表を控えているシン・テヨン号にとって意義深い経験だった。


20170426185319631a.jpg

20170426185319631b.jpg

20170426185319631c.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング