[韓国・イラン現場レビュー] "ファン・ウィジョチップショットゴール"ベント号、難敵イランと1対1の引き分け、イ・スンウ出場
スポーツ朝鮮




※一部要約

パウロ・ベントサッカー代表監督が果敢に実験し、内容も手にした。

代表は11日午後8時、ソウルワールドカップ競技場で行われたイラン代表との代表親善試合で、後半に1ゴールずつ取って1対1で引き分けた。
後半12分にファン・ウィジョが感覚的なチップショットで重苦しい0の流れを崩した。
イランのゴールが開かれたのは2011年1月のアジアカップから8年4ヶ月ぶり。
イラン戦無勝(6試合)は断ち切れなかったが、ワールドカップ予選を控え、強敵を相手に期待以上のパフォーマンスを繰り広げたという点で得るものが多い一勝負だった。






興奮した日本、「久保デビュー、歴史的瞬間が来た」
スポTVニュース




※一部要約

久保建英のA代表デビューで日本列島が興奮に覆われた。

日本は9日、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとのキリンチャレンジカップに2-0で勝利した。
この試合で久保はAマッチデビュー戦を行った。
満18歳5日。
久保は市川大祐(当時17歳322日)に次いで日本歴代2番目の最年少でAマッチデビューに成功した。

久保のデビューに日本メディアは興奮に陥った。
日本メディア"東京スポーツ"は「日本のオリンピックのエースの株価が急騰している。エルサルバドル戦でデビューした彼は、いたるところで好プレーをしてチームの2-0の勝利に貢献した」と評価した。

試合を見守った長友佑都は「ドラえもんのような選手だ。ドリブル、パスのどちらも良い。すべてを持っている選手」と評価した。
久保がプレーしたエルサルバドル戦は、平均視聴率13.8%を記録した。
果たして久保は日本代表でどのような歴史を作るのか注目されている。



"イ・ガンインと同じ2001年生まれ"久保、Aマッチデビュー…日最年少2位
スポータルコリア




※一部要約

"2001年生まれ"の久保建英がAマッチデビュー戦を行った。

日本は9日午後7時、宮城スタジアムで行われたエルサルバドルとの親善試合に2-0で勝利した。
5日のトリニダード・トバゴとの最初の評価試合に0-0で引き分けた日本は、6月のAマッチ日程を1勝1分けで終えた。

エルサルバドル戦は日本サッカーにとって意味のある日だった。
日本サッカーの未来であり、"日本のメッシ"と呼ばれる久保がAマッチデビュー戦を行ったからだ。
久保は後半22分に南野拓実と交代して競技場を踏んだ。

2001年6月4日生まれの久保は、イ・ガンインと同い年である。
正解に言えばイ・ガンイン(2月19日生まれ)より4ヶ月若い。
だがAマッチデビューは先にした。
エルサルバドル戦に出場した久保は、"18歳5日"の年齢でAマッチの第一歩を踏み出した。

日本サッカー史上2番目に若いデビューだ。
1998年4月1日、韓国を相手にAマッチデビューした市川大祐が17歳322日の年齢で最年少記録を保有中である。



ファン・ウィジョに向けられたベントの信頼…「態度から技量、いずれも最高だ」
ベストイレブン




※一部要約

パウロ・ベント監督が最前方FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)に対する信頼と信心の意を強くあらわした。

ファン・ウィジョは昨シーズンにJリーグ1の16ゴールを含め、公式戦で20ゴールを記録して跳躍した。
だが今シーズンはやや停滞している。
リーグ2ゴールを含め、カップ大会まで合わせて3ゴールに留まっている。

ベント監督はそれでも6月のAマッチ評価試合を控え、ファン・ウィジョを招集した。
ベント監督が2018年8月に就任して以降、ファン・ウィジョはわずか一度も漏れることなく代表メンバーに名前を上げている。
これまでスカッドの中で2人のFWを選抜しながら、ファン・ウィジョだけは据え付けで先発している。

ベント監督は「ファン・ウィジョはこれまでともにして見せてきた姿がとても、ともて良いと言える。すでに代表でともにしたときに、多くのものをもたらしてきた。非常に良い技量と態度を見せた」と高く評価した。
現在の所属チームでの不振はまったく問題にならないという意見である。

続けて「ファン・ウィジョはすでに競争力を十分に示した。私は常に2人のFWを招集してきた。チ・ドンウォン、ソク・ヒョンジュンらを経たし、現在はイ・ジョンヒョプがいるが、ファン・ウィジョはすべての招集のたびにともにした。ファン・ウィジョが所属チームで出場機会が少し減っても、優れた能力を持つ選手だというのは証明されている。これまで練習で見せた姿は最高だった」と強調した。






[オフィシャル] ベント号、6月の2マッチ2連戦のメンバー発表…"シュティーリケの皇太子"イ・ジョンヒョプ抜擢
スポータルコリア




※一部要約

6月のアジアの強豪オーストラリア、イランとの評価試合に出るベント号のメンバーが発表された。

パウロ・ベント監督は27日午前11時、サッカー会館で6月のAマッチ2連戦に出る招集メンバーを発表した。
ベント監督が率いる大韓民国A代表は6月7日午後8時に釜山アジアド競技場でオーストラリア、11日午後8時にはソウルワールドカップ競技場でイランと評価試合を行う。

今回の6月の評価試合は、9月から予定されている2022カタールワールドカップ3次予選を前にした最後の評価試合である。
強豪オーストラリア、イラン戦を通じて、アジアのチームを相手に圧倒的な競技力と結果を出す重要な試験台だ。

ベント号のエースであるソン・フンミンが今回の6月の評価試合に名前を上げた。
6月2日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦の出場と軍事訓練が続いていて出場が不透明だったが、異変なしで参加することになった。

シュティーリケ号の皇太子であるイ・ジョンヒョプ(釜山アイパーク)が、ベント号発足後に初めて招集を受けた。
彼は今シーズンのKリーグ2で大活躍し、ベント号の下で再び試験台に上がる。
また、キム・テファンとソン・ジュノもベント号で初めて名前を上げた。


GK:キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、チョ・ヒョヌ(大邱FC)、ク・ソンユン(コンサドーレ札幌)

DF:キム・ヨングォン(ガンバ大阪)、キム・ミンジェ(北京国安)、パク・ジス(広州恒大)、クォン・ギョンウォン(天津天海)、キム・ムンファン(釜山アイパーク)、ホン・チョル(水原三星)、キム・ジンス(全北現代)、キム・テファン(蔚山現代)、イ・ヨン(全北)

MF:ファン・インボム(バンクーバー・ホワイトキャップス)、チュ・セジョン(牙山ムグンファ)、イ・ジンヒョン(浦項スティーラーズ)、イ・ジェソン(シュタイン・キール)、イ・スンウ(エラス・ヴェローナ)、ナ・ソンホ(FC東京)、ソン・フンミン(トッテナム)、ペク・スンホ(ジローナ)、クォン・チャンフン(ディジョン)、ソン・ジュノ(全北現代)、ファン・ヒチャン(ザルツブルク)

FW:ファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、イ・ジョンヒョプ(釜山アイパーク)



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング