"ロナウドノーショー"でも熱いKリーグ…すでに去年の観客124万人を突破しそう
マイデイリー




※一部要約

蒸し暑い天候でもKリーグ熱は高い。

プロサッカー連盟は13日、サッカー会館で週間ブリーフィングを行い「70%ほど進行した今シーズンの累計観客が、すでに昨シーズンの総観客に迫った」と明かした。

続けて「Kリーグ1・2のどちらも今週末のラウンドで去年の総観客を越えるだろう」と付け加えた。

連盟が公開した資料によると、Kリーグ1・2019の25ラウンドまでの累計観客は120万7597人である。
去年の38ラウンド総観客の124万1320人に迫る数字だ。

今週末の26ラウンドで、1試合あたりの平均観客で8051人が入場すれば、累計観客数が昨シーズンの総観客を越えることになる。

昨シーズンの1試合あたりの平均観客は5265人だった。
今年の平均観客は昨シーズンよりも52.9%も増加したのだ。

Kリーグ2も23ラウンドまでの累計観客が30万4953人で、去年の総観客31万627人に迫っている。

プロサッカーは6月にユベントスの"ロナウドノーショー"事件があった中でも興行を継続している。



"NO SHOW"対処もスーパースターのメッシ、SNSで直接謝罪
ベストイレブン




※一部要約

リオネル・メッシがアメリカツアーに出られなくなった。
メッシは自分の出場を待っていたアメリカファンに向けて、SNSで直接誠意に満ちた謝罪のメッセージを伝えた。

メッシは最近、ふくらはぎを負傷した。
バルセロナはクラブHPの声明書を通じ、メッシが負傷で痛みを感じて練習を中断し、プレシーズンの日程をともにできないと伝えた。

誰よりもこのニュースが残念だったのは、アメリカのメッシファンだった。
メッシを含めたバルセロナ選手団は8日と11日にアメリカで、ナポリを相手にアメリカのファンの前でプレーする計画だったからである。

これに対してメッシは直接SNSに謝罪文を残した。
メッシは「アメリカのファンとともにしたかったが、負傷でそれができなくなった。だが私たちはすぐに会えるはずだ。アメリカファンの愛にいつも感謝を申し上げる」として、アメリカのファンの虚脱した心を慰めた。

メッシは直接謝罪文を残すほど、アメリカツアーを尊重する姿を見せた。
これに対してアメリカファンもやはり、惜しさの中でもメッシの早い回復を願っている。



「ロナウド45分出場条項も信じられない」訴訟団、"ザ・フェスタは契約書を公開せよ"
OSEN




※一部要約

"ロナウド訴訟カフェ"法律支援団はロナウド事態の被害者から訴訟の委任を受け、先月29日午後に株式会社ザ・フェスタを相手に損害賠償請求の訴訟を起こした。
彼らは1日午前、ザ・フェスタの事務室の前で記者会見を行って立場を表明した。

試合を主催したザ・フェスタ側は「試合前にロナウドは45分以上出場の義務条項について十分認知していたが、それを履行しなかった。ユベントス側に契約不履行を通知し、違約金の返還を進行中」と明かした。

だが、そもそもユベントスがロナウドの45分以上出場の義務条項を入れてなかった可能性も提起された。
"ロナウド事態訴訟カフェ"法律支援団のキム・ミンギ団長は1日、ザ・フェスタの前で行った記者会見で「ロナウドが45分プレーすることになっていたという契約条項も信頼できない」として、ザ・フェスタを相手に「ユベントスとの契約を透明に公開せよ」と要求した。

続けて訴訟団は「ザ・フェスタが韓国プロサッカー連盟、大韓サッカー協会と結んだ契約も透明に公開せよ」と主張した。
大韓サッカー協会を取り上げた理由については「最上位の団体であるサッカー協会は、サッカー連盟の事業承認団体として一定の責任がある」と明かした。

Kリーグはクォン・オガプ総裁の次元でユベントスに公文書を送り、遺憾をあらわしたことがある。
これに対してユベントスは「ロナウドを除いて残りの選手は出場した。ユベントスが韓国ファンを欺いたというKリーグの主張は受け入れられない」と反論した。

ザ・フェスタ側は「ユベントスが過ちを認め、近いうちに再び韓国を訪れてファンに謝罪する用意がある」と明かしていた。
だがユベントス側の頑固な立場から推察すると、謝罪訪問もまた信じ難いという指摘が出ている。



[単独] 「プロ連盟の抗議を明確に拒絶」…ユベントス会長の返信単独入手
YTN




※一部要約

"ロナウドノーショー(※no show)"などの論難を招いたユベントスが、無責任な態度で韓国ファンを無視したという韓国プロサッカー連盟の抗議書簡に正面から反論しました。

YTNが単独入手した、アンドレア・アニェッリ会長がプロサッカー連盟のクォン・オガプ総裁宛てに送った返信を見ると、アニェッリ会長はファンを無視する無責任で傲慢な行動というクォン総裁の批判を絶対に受け入れないと明かしました。

また、当初は27日に試合をすることにしていたが、Kリーグの要請で26日に変更し、それに伴うリスクの可能性を事前に強調したと説明した。

試合でプレーしなかったロナウドについては、筋肉の疲労が溜まって休息が必要だという医療スタッフのアドバイスにしたがったものと付け加えました。

その他にアニェッリ会長は、試合が遅れたことについても韓国の警察がエスコートを提供しなかったとして、当時の交通環境を咎めました。

ユベントスは先月26日、Kリーグ選抜と親善試合に遅刻して遅延の事態を招き、代表選手のロナウドが契約条件と違って試合でプレーせずにファンの激しい非難に直面しました。



ノーショーロナウド「No]…最新サッカーゲームの表紙モデル相次いで除外
MKスポーツ




※一部要約

12年ぶりの訪韓を"ノーショー(※no show)"事態で物議を醸したクリスティアーノ・ロナウドが、人気サッカーゲームの表紙モデルから除外される屈辱を受けた。

EAスポーツの"FIFA 20"に続き、コナミの"PES 2020"も表紙モデルでロナウドを無視した。





全世界のファンが期待していた"メッシvsロナウド"の表紙は選ばれなかった。
ロナウドは"PES"シリーズの2012年および2013年の表紙モデルとして活動したことがある。

一方、"PES 2020"は9月10日に発売される。
"FIFA 20"の発売日は9月27日である。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング