[Aマッチレビュー] "ルカク決勝ゴール"ベルギー、日本戦3連敗脱出…1-0の辛勝
インターフットボール

20171115064105213.jpg


※一部要約

ベルギーがついに日本を破った。

ベルギーは15日午前4次45時、ヤン・ブレイデルスタディオンで行われた評価試合で日本に1-0の勝利をおさめた。
これでベルギーは日本戦3連敗から脱し、勝利とともに15試合(11勝4分け)無敗行進を走った。
日本は3試合無勝(1分け2敗)の泥沼に陥った。


20171115064105213a.jpg

20171115064105213b.jpg

20171115064105213c.jpg



[Aマッチ現場レビュー] "ク・ジャチョル千金PKゴール"韓国、セルビアと1-1の引き分け…2G無敗行進
スポータルコリア

20171114215112149.jpg


※一部要約

ク・ジャチョルが値千金の同点ゴールで韓国を救った。
シン・テヨン号はコロンビア戦に続いて2試合連続無敗行進を走った。

シン・テヨン監督が率いる韓国代表は14日午後8時、蔚山文殊競技場でのセルビアとのKEBハナ銀行招請サッカー代表親善試合で1-1の引き分けをおさめた。
シン・テヨン号はコロンビア戦の2-1の勝利に続いて2試合連続無敗行進を走ることになった。


20171114215112149a.jpg

20171114215112149b.jpg

20171114215112149c.jpg



セルビア監督「韓国サッカーは大きく発展…タフな試合を予想」
ニュース1




※一部要約

ムラデン・クルスタイッチセルビア監督が、韓国サッカーは過去と比べて発展したとして、タフな試合を予想した・

セルビアは14日午後8時、蔚山文殊競技場で韓国と評価試合を行う。
クルスタイッチ監督は試合前日の13日、文殊競技場で行われた記者会見で「12日午後に初練習をした。韓国の歓待をありがたく思う」として、「韓国はワールドカップに出場するチームなので良いチームだ。タフな試合になると予想する。良い試合をできるようにする」との意向を明かした。

クルスタイッチ監督の訪韓は今回が初めてではない。
彼は2000年にユーゴスラビア代表として韓国を訪問、2回の評価試合をした経験がある。

クルスタイッチ監督は「選手時代の2000年と今の韓国サッカーを比べると、(韓国が)発展したことがわかる。これは国際大会でおさめた成績から知ることができる」として、「韓国相手に競技場で印象的な競技力を引き出せるように準備している」と明かした。

セルビアは10日に行った中国との評価試合に2-0で勝ったことがある。
そのときセルビアは、相対的に優位な体格と力を全面に出して完勝した。

クルスタイッチ監督は「(セルビアの)身体的条件が優れているので自然と出てくるプレーだ。(韓国戦では)特に体格的な優位を活かす戦術やサッカーについては考えていない」と伝えた。



"キム・スンギュの天下"GK競争、セルビア戦で変化?
スポーツ朝鮮




※一部要約

発足4ヶ月のシン・テヨン号の女房役はキム・スンギュ(27・ヴィッセル神戸)だった。

5回のAマッチのうち4回もゴールを守った。
イラン、ウズベキスタンとのロシアワールドカップアジア地区最終予選2連戦をどちらも無失点で守った。
だがロシアとの10月の評価試合で4失点して、"0行進"に終止符を打った。
10日のコロンビア戦でも2-0リードの状況でヘディングゴールを許して再び失点を記録した。

シン・テヨンA代表監督がキム・スンギュ以外のGK資源を実験したのはたった1回だった。
モロッコとの評価試合でキム・ジンヒョン(30・セレッソ大阪)を出して変化を与えた。
だがキム・ジンヒョンは試合開始10分で2失点、1対3の敗北を防げなかった。

来るセルビア戦でGK競争の構図に再び火がつくのか関心事である。
コロンビア戦で試験台に上がったキム・スンギュに代わって、キム・ジンヒョンにチャンスを与えることもできる状況だ。
キム・ジンヒョンは所属チームのセレッソ大阪でリーグ3試合とカップ決勝戦の計4試合で、わずか2失点に終わっている。
代表の先輩チョン・ソンリョンが所属する川崎フロンターレとのリーグカップ決勝戦では、無失点で優勝の一助となってKO勝ちをおさめた。
10月のAマッチを終えてから神戸で4試合6失点を記録しているキム・ジンヒョンを上回る記録である。

女房役の特権は想像以上だ。
競争に勝てば坦々たる大路が広がる。
実力だけでなく安定感を要する特殊なポジションの運命である。
"不動の女房役"の席を占めるため、GKの争いはそのたびに熱くならざるをえない。



カルドナの人種差別を誘発したキ・ソンヨンの"英国式悪態"…過去に"猿セレブレーション"も話題
世界日報




※一部要約

キ・ソンヨンが人種差別行為を誘発した英国式悪態が論難である。
キ・ソンヨンは以前から感情的な行動により、グラウンド内外で何度も論難に覆われたことがある。

10日午後8時、水原ワールドカップ競技場で行われたサッカー代表の評価試合で、韓国はコロンビアに2-1で勝利した。

この日の試合でコロンビアのエドウィン・カルドナが、韓国のキ・ソンヨンに向けて目を両端に伸ばして目玉をひっくり返す行為をして論難になった。

これに対してカルドナはコロンビアサッカー協会を通じて謝罪の映像まで上げ、大韓サッカー協会はコロンビアサッカー協会側に当該選手の懲戒要請の計画を明かした。

キ・ソンヨンもまた、試合後のインタビューで「人種差別行為は絶対に容認できない」と不快な心境を明かした。

だが今回の事態の発端にはキ・ソンヨンの成熟してない行為があった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング