KFA、「スコラーリ-ハリルホジッチとの接触は事実無根、断定報道の自制を要請」
OSEN




※一部要約

A代表の新任指令塔を探している大韓サッカー協会が申し入れをした。

大韓サッカー協会は9日、「代表監督の選任に関し、最近スコラーリやハリルホジッチなど、まったく接触してない監督に対する噂が外信を通じて国内メディアで記事化されている」として、「これはサッカーファンに多くの混乱と先入観をもたらすだけでなく、実際の監督候補者との交渉にも否定的影響を及ぼす恐れがある」と憂慮をあらわした。

続けて「今後の監督候補者とのスムーズな協議のため、最終の監督選任を発表する前までは監督候補者との接触の有無や、キム・パンゴン委員長の日程について一切公式的なコメントをしない計画」として、「公式に確認されてない外信発の噂性ニュースについて、断定的な報道を自制してほしい」と頼んだ。

国内の多くのメディアは最近、外信の報道を引用してスコラーリ監督やハリルホジッチ監督らが、韓国A代表の新監督に名前を上げたと伝えたことがあった。



世界の強豪チーム、ロシアワールドカップ前に私たちとの評価試合を敬遠していた
アジア経済




※一部要約

ロシアワールドカップで巡航しているチームをはじめとして、ワールドカップ予選で脱落したヨーロッパや南米の強豪チームが、ワールドカップ前に我が国との評価試合を敬遠していたという事実が確認された。

大韓サッカー協会が5日に開いた記者懇談会である関係者は、「ボリビア、ホンジュラスのワールドカップ前の評価試合の相手に問題があった」という指摘について「世界的な強豪チームとの評価試合を内部でも考慮し、接触したが容易ではなかった。費用について問題はまったくなかった。ただし、私たちの代表との試合を嫌がるチームもあったし、場所や時間などの細部事項を調整してダメだったこともあった」と明かした。

ワールドカップ前の評価試合に対する問題提起は、ワールドカップへのブームアップ造成や国民の関心・呼応を高めるために、強豪チームとの勝負が必要だったが、そうできなかったために出てきた。
結果的に私たちの代表は強豪チームと評価試合ができず、国民の関心が低調な中でグループリーグで脱落した。
最終戦でドイツに勝った結果は、このような状況を考慮すれば奇跡に近かった。



[SPOレビュー] "乾マルチゴール"日本、パラグアイに4-2勝ち…6試合ぶりに勝利
スポTVニュース

20180612235636116.jpg


※一部要約

日本がワールドカップ前の最後の評価試合で勝利した。
Aマッチで6試合ぶりに勝利した。

日本は12日、オーストリア・インスブルックのティヴォリ・シュタディオンで行われたパラグアイとの評価試合に4-2で勝利した。
2018FIFAロシアワールドカップH組でともに編成されているコロンビア戦に備えて行われた。

日本はスイス(0-2)、ガーナ(0-2)、ウクライナ(1-2)戦の敗北で最近のAマッチで3連敗していた。
その前の試合であるマリ(1-1)、韓国(1-4)戦を合わせれば5試合勝利がなかったが、パラグアイ戦の勝利で無勝の輪を断ち切った。


20180612235636116a.jpg

20180612235636116b.jpg

20180612235636116c.jpg


◆試合情報
評価試合、日本vsパラグアイ、2018年6月12日午後10時05分(韓国時間)、ティヴォリ・タジアム(オーストリア)

日本4-2(0-1)パラグアイ
得点:51'63'乾、90+2香川/32'ロメロ、77'サンタンデール(OG)、90+1オルティス



韓国、セネガルに負け…ネチズン猛非難「やはり負けると思った」「日本に備えたセネガルの模擬試験だった」
MBN




※一部要約

"韓国・セネガル"の試合に接したネチズンの反応が熱い。

11日午後、オーストリアで2018ロシアワールドカップ"韓国"対"セネガル"の評価試合が行われた。

この日、韓国代表はセネガルを相手に0-2の敗北を経験した。
これでシン・テヨン号はオーストリアで行われた2回の評価試合を1分け1敗で終えた。

サッカーファンは韓国代表がセネガルに負けると、"2018ロシアワールドカップ"に対する憂慮をあらわした。

韓国・セネガルの試合のニュースに接したネチズンは「ふふふふ、やっぱり負けると思ってた」、「これが現実であり実力だ」、「日本に備えたセネガルの模擬試験だった」などの反応を見せた。

一方、韓国の"2018ロシアワールドカップ"の試合日程は18日21時にスウェーデン、24日0時にメキシコ、27日23時にドイツとする。



シン・テヨン号、セネガルとの非公開評価試合で0-2の敗北
NEWSIS

20180612004502566.jpg


※一部要約

2018ロシアワールドカップを控え、詰めの点検に乗り出したシン・テヨン号がセネガルに捕まった。

韓国は11日午後3時30分(現地時間・韓国時間午後10時30分)、オーストリア・グレーディヒで行われたセネガルとの評価試合に0-2で敗れた。
最終リハーサルで望んでいた結果を得られなかった韓国は、重い足取りでロシア行きの飛行機に乗ることになった。

最近3試合の成績は1分け2敗である。
出征式で行われたボスニア・ヘルツェゴビナ戦に1-3で負け、オーストリア入り後に初めてしたボリビア戦では0-0で引き分けた。

この日の試合は非公開Aマッチで進められた。
観客や取材陣なしで選手と両国の関係者、審判、試合進行要員らだけが席を守った。

オーストリアでの全日程を終えた選手団は12日、ロシアのベースキャンプであるサンクトペテルブルクに入る。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング