シン・テヨン号のワールドカップ出征式評価試合"大邸-全州"開催を推進
聯合ニュース




※一部要約

2018ロシアワールドカップに出場する韓国サッカー代表のワールドカップ出征式を兼ねた2回の国内評価試合が、非首都圏の競技場で行われる見通しだ。

最近2回のヨーロッパ遠征評価試合を終えた代表は、ロシアワールドカップの"開幕3週前の月曜日"である5月21日に再招集される。

代表は国内でワールドカップ出征式を兼ねた2回の評価試合を行った後、6月3日にワールドカップ事前キャンプのオーストリア・ザルツブルクに発つ。

国内評価試合は5月28日にホンジュラス、6月1日にボスニア・ヘルツェゴビナとの対決が予定されているが、試合場所と時間は確定していない。
2回の評価試合にはソン・フンミンを含むワールドカップに出る代表選手が総出動する。






【F東京】張が森重にポーランド対策伝授…韓国代表DF、27日対戦黒星

 F東京の韓国代表DF張賢秀(チャン・ヒョンス、26)が29日、日本代表DF森重真人(30)にポーランド対策3か条を授けた。韓国は27日、ロシアW杯で日本代表と同組のポーランドに2―3で敗れ「相手がうまいと認めないといけない」と脱帽した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180329-00000273-sph-socc




「先制ゴールを与えても諦めるな」…チャン・ヒョンスが日本に伝えたポーランド戦の対策
OSEN




※一部要約

30日、日刊スポーツやスポーツ報知ら日本メディアは韓国代表のチャン・ヒョンスが日本代表DFの森重真人にポーランドとの試合について助言した。

日本は2018ロシアワールドカップでポーランドと同組に編成された。
韓国は28日のポーランドとの評価試合に2-3で敗れた。

チャン・ヒョンスはポーランドのエースであるレバンドフスキについて「上手いのを認める」と語った。
チャン・ヒョンスは試合前に何度も映像を見て試合に臨んだが、実力差を感じるしかなかったと打ち明けた。

チャン・ヒョンスは前半32分にレバンドフスキが韓国DF4人の間からヘディングゴールで先制ゴールを炸裂させたシーンについて、「ボールが来る前、背後にいるのを確認した。ところがクロスの瞬間には前にいた」と明かした。

チャン・ヒョンスは試合後に映像を見て分析した。
それについてチャン・ヒョンスは「マークのタイミングは遅くなかった。良い形とタイミングで入ってきた。動くボールを受けるタイミングは格が違う」と説明した。



シン・テヨン監督「守備不安、5月には改善させる」
スポーツワールド




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる韓国サッカー代表がヨーロッパ遠征評価試合の日程を終えて29日帰国した。
海外派と国内派を総動員したシン・テヨン号は、ヨーロッパの強豪北アイルランド(1-2)、ポーランド(2-3)と激戦を繰り広げたが残念ながら惜敗した。
弱点としてきされていた守備不安は相変わらず解消されなかったし、攻撃でも細かな仕上げの不足によってヨーロッパチームと相変わらずの格差を確認した2連戦だった。

シン監督は「良い競技力を見せたが相変わらず守備不安を感じている。特の試合終盤に集中力が落ちたのが残念だ。5月の最終招集のときに組織力を整えて守備力を改善する」として、「今回の2連戦で個人的に得た所得は多い。ワールドカップで相手にするスウェーデンとドイツに備えて動いた。攻撃は先制ゴールも決めたし、2ゴール差を追いついたりもした。試合内容は遅れをとってなかったと感じている」と所感を伝えた。

シン監督は「4月はヨーロッパに行く計画がない。Kリーグの選手も見なければならない。エントリーの80%は確定したが、残りの20%は誤答ノートを通じて埋めていく。最終エントリーは時間的な余裕を持って補完していく」として、「イ・チャンミン(済州)、ファン・ヒチャン(ザルツブルク)は覇気があり相手とよくぶつかった。経験を積めば必要な資源になるだろう」と語った。



日本、ウクライナに衝撃負け"本田また口?"
デイリアン




※一部要約

日本サッカー代表が3試合連続無勝の沼に落ちた。

ハリルホジッチ監督が率いる日本代表は27日、ベルギー・リエージュで行われたウクライナとのAマッチ評価試合に1-2で敗れた。

この日の敗北で日本はマリ戦(1-1引き分け)を含めてヨーロッパ遠征Aマッチ2連戦を1分け1敗で終えた。
去年12月の東アジアカップで韓国に1-4で敗れた後、3試合連続で勝利をおさめられなかった。

ハリルホジッチ監督は総力戦を繰り広げた。
2018ロシアワールドカップで同組に属するポーランドに備えてウクライナ戦に出た。
本田圭佑、長谷部誠、長友、川島、牧野、柴崎、原口らが総出動した。
マリ戦の先発メンバーから8人を変える強気の姿勢を示したが、結果は思わしくなかった。

特に全盛期が過ぎた本田の不振が目についた。
動きが鈍く日本の攻撃スピードを低下させた。
かと言って個人戦術が優れていたわけでもない。
わずか1本のシュートも記録できなかった。
ハリルホジッチ監督は後半19分に本田をベンチに呼び込んだ。

試合後、本田は「悔しいが私の誤ちだ。良い競技力を見せられなかった」として、「ただ残念なのは、ウクライナが後半に急激な体力低下を見せた。もう少しプレーしていればという気がした」と語った。

本田はマリ戦直後に日本代表の不振に厳しい忠告を与えたことがあった。
彼は27日、サンケイスポーツとのインタビューで「今の私たちは不必要なことに執着している。全体的にレベルがかなり落ちる」と声を高めた。

ウクライナ戦はマリ戦と違うメンバーで出た。
その中心に本田がいた。
本田がまた小言を吐き出すのか関心が集まっている。



"膝負傷"キム・ジンス、正確な診断のため日本行き
スポーツトゥデイ




※一部要約

キム・ジンスの所属チームの全北関係者は29日、スポーツトゥデイとの電話で「キム・ジンスが負傷部位の正確な診断のため日本に行く」と明かした。

キム・ジンスは24日、英国北アイルランド・ベルファストのウィンザーパークで行われたAマッチ評価試合の北アイルランドとの試合で、前半35分に左膝の痛みを訴えて交代した。

キム・ジンスは代表主治医の1次診断で膝内側靭帯が損傷していることが確認され、ポーランドとの評価試合に同行しなかった。
キム・ジンスは27日に早期帰国して精密診断を受けた結果、回復までに6週が予想されるという診断を受けた。

キム・ジンスの手術の有無や今後のリハビリ日程は、日本で検査を終えてから具体化されるものとみられる。

全北関係者は「キム・ジンスのリハビリ日程、手術の有無などはまだはっきりと出ていない状態」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング