チュニジア監督「韓国との親善戦反対」…理由は?
フットボールリスト




※一部要約

ナビル・マールールチュニジア代表監督が韓国とする親善試合に反対したというニュースが出てきた。

チュニジアメディアは13日、マールール監督がチュニジアサッカー協会会長に韓国とヨーロッパでする親善試合(10月10日)をしないでほしいと語っていたと報じた。

マールール監督は、ヨーロッパに飛んで韓国と試合をするなら、7日にギニアと行う"2018ロシアワールドカップ"アフリカ予選5次戦をしくじるかもしれないと心配した。
彼は「ギニアとの試合の3日後に試合をしなければならない」と憂慮した。

チュニジアはA組で3勝1分けの1位である。
来月7日に3位のギニアとする試合で勝てば、本戦に直行できる。
チュニジアはワールドカップに4回出場している。
最後に出たワールドカップは"2006ドイツワールドカップ"である。
チュニジアはFIFAランキング34位だ。

「韓国とする親善戦を受諾すれば、選手の集中力が乱れるだろう。私たちは集中力の分散を望んでない。ギニアのコナクリでギニアに勝ち、ロシアワールドカップ本戦に行くチャンスを掴みたいからだ」

チュニジア監督の望みは叶わなかった。
韓国とチュニジアは10日、当初の場所であったフランス・カンヌではなくスイスの某所で試合をすることにした。
大韓サッカー協会は「ほとんど場所は決まった。最後の確認中」と言った。

マールール監督は2015年にクウェートを率いて"2015オーストラリアアジアカップ"で韓国と対決したことがある。



日本、11月にヨーロッパでブラジル-フランスと親善試合を推進
日刊スポーツ




※一部要約

6回連続ワールドカップ本戦進出を確定させた日本サッカー代表が、11月にヨーロッパでブラジル-フランスと遠征評価試合を行う。

日本のスポーツ紙である日刊スポーツは16日、「ハリルホジッチ監督が率いる日本サッカー代表が11月、強豪のブラジル・フランスとの親善試合を通じて競争力をテストする」と報じた。
日刊スポーツは「日本サッカー協会は11月6~14日の間にヨーロッパで両国と試合をするように最終調整中であることがわかった」と付け加えた。

ブラジルはFIFAランキング2位、フランスは8位の強豪チームであり、ワールドカップ優勝経験を誇る世界的な強豪である。
10月のAマッチデイ期間に国内でニュージーランド(113位)、ハイチ(48位)と対決した翌月、ブラジル-フランスと対決する日程だ。

日刊スポーツは「ブラジル-フランス2連戦の最終確定は、フランスのヨーロッパ予選の結果のため、10月以降になるものとみられる」と付け加えた。




日本サッカー代表、11月にブラジル-フランスと遠征Aマッチ
スポーツソウル




※一部要約

両チームとも来年のロシアワールドカップ本戦で優勝候補に挙げられるほど水準級の実力を誇っていて、2010年以降8年ぶりに本戦(※決勝トーナメント)行きを狙う日本にとっては良い評価試合になるものとみられる。
ブラジルは開催国のロシアを除いて、一番最初に来年の本戦行きを確定させた。
FIFAランキングはドイツに続いて2位を記録していて、世界的FWネイマールを保有している。
フランスはFIFAランキング8位でブラジルよりやや落ちるが、去年のヨーロッパサッカー選手権大会で準優勝を占め、世界サッカーの強者に戻っている。
ムバッペ、デンベレ、ポグバら歴代移籍金2~4位に該当する選手をすべて連れている。

11月に日本がブラジル・フランスと激突し、本戦に落ちた中国もやはりヨーロッパの強豪ベルギー、ウェールズと対決することになり、9回連続本戦進出を達成してもふらついている韓国が、どういう評価試合で戦力の焼入れをするのか注目されることになった。
大韓サッカー協会は11月に国内評価試合の原則を定めてから相手チームを探している。
ウルグアイ、コスタリカなど中南米チームが候補に上がっている。



シン・テヨン号、10月にヨーロッパでロシア・チュニジアと会う
スポーツ朝鮮




※一部要約

シン・テヨン監督が率いるA代表の10月のヨーロッパ遠征2連戦が準備された。

大韓サッカー協会は来月7日にモスクワでロシアと親善試合をすることが確定したと8日に明かした。
正確な時間と競技場は今後決めることにした。

2018ロシアワールドカップ本戦までもう1年も残っていない。
紆余曲折の末に9回連続ワールドカップ本戦進出に成功したシン・テヨン号は、10月と11月に並んで行われる2回の親善試合を通じて、来年6月の本戦の前までに競技力を向上させる計画である。

最初の旅程はロシア遠征だ。
世界ランキング62位のロシアは、ワールドカップが自国で開催されて自動出場権を得た。
国際舞台と評価試合であまり会う国ではないロシアは、2014ブラジルワールドカップのグループリーグ1次戦で監督と激突した。
当時、ロシアはGKアキンフェエフのミスで韓国と1対1で引き分けた。

千辛万苦の末に9回連続ワールドカップ本戦進出を達成したシン・テヨン号は、ロシアを相手にしてからフランス・カンヌに移動、10日午後10時30分にチュニジアと親善試合を行う。



[オフィシャル] シン・テヨン号、10月10日に仏でチュニジアと親善試合確定
スターニュース

20170907135728071.jpg


※一部要約

大韓サッカー協会は7日午後、「来月10日の夜10時30分(韓国時間)にフランス・カンヌでチュニジアと親善試合を行うことが確定した」と公式発表した。

大韓サッカー協会は「これまでにチュニジアサッカー協会と事前調整を終えていたが、ワールドカップ最終予選の結果によって開催の有無が流動的だったので公式発表できない状況だった」と説明した。

現在FIFAランキング34位のチュニジアは、2018ロシアワールドカップアフリカ最終予選A組で3勝1分けをおさめて1位を走っていて、本戦でも会うかもしれない相手である。

歴代戦績は1分け1敗だ。
2002年のヒディンク監督時代にチュニジアと初めて対決して0-0で引き分け、2014年のブラジルワールドカップ本戦参加の前にソウルで行われた出征式の試合に0-1で敗れたことがある。

一方、大韓サッカー協会はチュニジア戦の前に行われる10月7日の評価試合の相手と場所は現在調整中で、近いうちに発表する予定である。

今年最後のAマッチ期間である11月には、ホームで2回の親善試合を行う。
大韓サッカー協会は「ワールドカップ最終予選がすべて終わったので、相手を早く確定する予定」と説明した。


20170907135728071a.jpg

20170907135728071b.jpg



"雰囲気満点"浦和vsドルトムント・・・玉に瑕の"旭日旗"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーのJリーグが精魂を込めて企画した祝祭の場に58327人のファンが訪れ、競技場を熱く盛り上げた。
だが政治的な意図を存分に盛り込んだ旭日旗が相変わらずはためき、眉をひそめさせた。

15日、日本の埼玉にある埼玉スタジアム2002で、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017の浦和レッズとボルシア・ドルトムントの試合が行われた。
Jリーグが1部リーグの試合日程をすべて中断して広報に熱を上げたほど、比重はかなり大きかった。

実際、試合開始前から熱い熱気が感知された。
14日、市内のあるサッカー用品店を訪れると、すぐにドルトムントのユニフォーム、その中でも日本人選手である香川真司の名前がプリントされたシャツが前面にかかっていた。
ほぼ同じ時期にバルセロナの選手が日本を訪れ、バルセロナのユニフォームもかかっていたが、規模では比較にならなかった。

サッカー用品店の関係者は「ドルトムントのユニフォームだけでなく、関連用品、それとともに日本代表ユニフォームだけでなく売れている」と嬉しい悲鳴を上げた。

そのような状況と噛み合わさり、この日競技場へ向かう道はまさに雲の観衆だった。
競技場に向かうほどドルトムントと浦和のユニフォームを着たファンの数が増え、埼玉スタジアムの最寄り駅である浦和美園駅に着くと、すぐに数が急増した。


20170716070116249a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング