"ロナウドノーショー"主催社にサッカーファン1人あたり37万ウォン賠償の判決
ハンギョレ




※一部要約

去年のプロサッカー親善試合のとき、クリスティアーノ・ロナウドが出場せずに起きた、いわゆる"ロナウドノーショー(※No Show)"に関する最初の民事訴訟で、裁判所はサッカーファンの手を上げた。

仁川地方裁判所民事51単独のイ・ジェウク判事は4日、イ某氏らサッカー試合の観客2人がイタリア・ユベントス親善戦の主催社であるザ・フェスタを相手にした損害賠償訴訟で、原告一部勝訴の判決を下した。
イ判事はイ氏ら2人にそれぞれ37万1000ウォンを支給するようザ・フェスタに命じた。
ただし、イ判事はこの日の法廷で宣告の理由について明かさなかった。




"ロナウドノーショー"主催社、サッカーファン1人あたり37万1000ウォン賠償すべき
聯合ニュース




※一部要約

ロナウドは去年7月26日、ソウルワールドカップ競技場で行われたKリーグ選抜チーム(チームKリーグ)とユベントスとの親善試合に出場せず、ベンチだけに座って"ノーショー"論難を醸した。

イ氏ら観客2人は、ロナウドが絶対に出場するという主催社の広告が虚偽・誇張に該当し、チケット代などを払い戻さなければならないとして民事訴訟を起こした。

去年7月末に損害賠償の訴状が裁判所に受理され、その後同年12月と先月に続けて弁論期日が開かれ、この日に宣告公判が進められた。

ネイバー"ロナウド事態訴訟カフェ"の会員87人も去年8月、ザ・フェスタを相手に1人あたり95万ウォンずつ、合計8280万ウォンの損害賠償を請求する訴訟をソウル中央地方法院に起こした。



[アブダビ現場レビュー] ブラジルに"レベル差実感"韓国、0-3の完敗…ベント号"2敗目"
スポータルコリア




※一部要約

パウロ・ベント監督が指揮する韓国サッカー代表が、南米最強のブラジルの壁を実感した。

韓国は午後10時30分、UAEアブダビのムハンマド・ビン・ザーイド・スタジアムで行われたブラジルとの評価試合でパケタ、コウチーニョ、ダニーロに連続ゴールを許して0-3で完敗した。

これで韓国は2019アジアカップのカタールとの8強戦に続いてFIFAランキング3位のブラジル戦まで、ベント監督就任後に2敗目を喫した。
補薬を飲んだブラジルは最近のAマッチ5試合無勝から脱した。








日本、ベネズエラに惨敗…韓日戦以来2年ぶりに"ホーム4失点"
MKスポーツ




※一部要約

日本の森保号が"吹田惨事"を体験した。
ベネズエラをホームに呼んで何と4ゴールを許して完敗した。

日本サッカーA代表は19日、吹田で行われたベネズエラとの親善試合に1-4で大敗した。
キックオフ33分でサロモン・ロンドンに3ゴールを許した。
ベネズエラの世界ランキングは26位で、28位の日本より4段階高い。

森保一監督の就任後、1試合での最多失点タイ記録だ。
2019年の南米サッカー連盟コパ・アメリカのGL1次戦でチリに0-4で大敗したことがある。

今回のベネズエラ戦の場所は遠征ではなくホームだった。
日本がホームで4ゴールを許したのは、2017東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1チャンピオンシップ韓日戦の1-4の敗北以来、2年ぶりだ。






[アブダビLIVE] ブラジル戦敗北の雪辱を夢見るキム・ヨングォン、「必ず勝ちたい」
ベストイレブン




※一部要約

「ブラジル相手にはいつも負けた記憶しかない。今回は必ず勝ちたい」

パウロ・ベント監督が率いる韓国サッカー代表がブラジルとのAマッチ親善試合を4日後に控え、アラブ首長国連邦のアブダビで練習を再開した。
14日午後3時、レバノンと2022FIFAカタールワールドカップアジア2次予選の4次戦に0-0で引き分けた後、15日深夜にアブダビのベースキャンプに戻った。

19日にアブダビのモハメド・ビン・ザーイド・スタジアムでブラジルと親善試合を控えているベント号は15日午後5時、ブラジル戦に備えた練習を始めた。
前日にレバノン戦を消化した選手もすべて練習に参加して回復訓練を行った。
試合でプレーしなかった選手は正常に練習した。

練習前に行われたインタビューで、副主将のキム・ヨングォンがブラジル戦の記憶を思い出した。
まずキム・ヨングォンは「昨日、選手同士で話を一度した。(※レバノンと引き分けて)良くない雰囲気で行くことはできない。改めてブラジル戦を準備することにした。難しい試合はこれからも多いが、そのたびに引けをとってはならない」と、レバノン戦で引き分けた後に選手が雰囲気の雰囲気を試みていると伝えた。



[単独] ベント号、11月にブラジルとの対決推進…"場所がネック"
スポータルコリア




※一部要約

ベント号が11月のAマッチ期間中でブラジル代表との対決を推進中だ。

サッカー界のニュースに詳しい関係者は30日、"スポータルコリア"を通じて「大韓サッカー協会が11月のAマッチ期間中にブラジル代表との親善試合を推進している」と明かした。

パウロ・ベント監督が率いる大韓民国サッカー代表の11月のAマッチ日程はまだ確定していない。
Aマッチ期間中では2022カタールワールドカップアジア地区2次予選のレバノン遠征(11月14日)だけが確定している。
評価試合の日程は11月19日が有力である。

11月の評価試合は2019年に最後に誘致できる親善試合の日程である。
1ヶ月後、東アジアサッカー連盟(EAFF)E-1チャンピオンシップに出るため、協会もかなり前から11月の評価試合の相手を決めるのに心血を注いできた。
9月のAマッチ評価試合(ジョージア戦)の日程が海外で行われたのも、国内での評価試合の誘致に重きを置いたのが理由だった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング