[U-20レビュー] "チョ・ヨンウク-ペク・スンホゴール"韓国、セネガルと2-2の引き分け・・・評価試合3G無敗
インターフットボール




※一部要約

すべての準備が終わった。
シン・テヨン号がセネガルとの最終模擬試験で引き分けをおさめた。

シン・テヨン監督が率いる大韓民国U-20代表は14日、高陽総合運動場で行われたKEBハナ銀行招請FIFA U-20ワールドカップコリア出征式試合のセネガルとの評価試合で、2-2の引き分けをおさめた。
これで韓国はサウジアラビア、ウルグアイ戦の勝利に続いてセネガル戦で引き分け、評価試合3試合無敗行進を記録した。


20170514165429422a.jpg

20170514165429422b.jpg

20170514165429422c.jpg



[サッカー] ウルグアイ監督「韓国が会うアルゼンチン、私たちと似たスタイル」
ニュース1




※一部要約

シン・テヨン号は11日午後、清州総合運動場で行われたウルグアイU-20代表との評価試合で、前半39分に出たイ・スンウの先制ゴールと、終了直前のカン・ジフンの追加ゴールで2-0の勝利をおさめた。

ウルグアイは強豪がひしめく南米予選を1位で通過したチームである。
客観的戦力で優勝圏に近いという評価を受けている。
そのようなチームを相手に無失点の勝利をおさめたというのは、かなり鼓舞的なことだ。
弱点と指摘されていた守備の方で相変わらず不安な姿を見せたというのは惜しかったが、2-0は自信を持てる結果である。

ウルグアイ代表を率いるファビアン・コイト監督は、韓国の戦力に拍手を送った。
コイト監督は試合後の公式記者会見で「韓国の速いリズムに私も驚いたし、私たちの選手も驚いただろう」と讃えた。

続けて「私たちは数日前まで中国で練習をして、一昨日韓国に入ってきた。コンディションは良くない」として、「コンディションを上げなければならないので、この試合はかなり重要だった。これから大会が開幕する前までにコンディションを調整するだろう」と計画を伝えた。

コイト監督は「韓国の戦力を見ると、十分に好成績をおさめられると思う。攻撃のリズムがとても良い。攻撃の切り替えも速い」として、「韓国が本戦で会うアルゼンチンは私たちとスタイルが似ている。守備は安定的だが、攻撃は爆発的だ」という言葉でヒントを投げかけて善戦を祈った。



[U-20評価試合レビュー] "明確な実力差"シン・テヨン号、全北との評価試合で0-3の完敗
インターフットボール




※一部要約

兄たちの壁は高かった。
シン・テヨン号が全北現代に完敗した。

シン・テヨン監督が導く大韓民国U-20代表は26日、全州ワールドカップ競技場で行われた全北との評価試合に0-3で完敗した。
最終メンバー発表を控えているシン・テヨン号にとって意義深い経験だった。


20170426185319631a.jpg

20170426185319631b.jpg

20170426185319631c.jpg



チョ・ドンゴン「水原ファンに対する惜しさはない」
蹴球ジャーナル




※一部要約

「よりにとって鳥栖で初めての試合を水原とするとは・・・。本当に妙な感じだった」

去年まで身を置いていた実家チームに会ったサガン鳥栖のFWチョ・ドンゴンは、いくら考えてもすごい縁に笑いを放った。
その笑いには濃い名残が含まれていた。

鳥栖は18日、佐賀県鳥栖市にあるホーム球場でKリーグクラシックの水原三星と親善試合を行った。
この日の親善試合はキム・ミヌに焦点が当てられた。
鳥栖で長く活躍したキム・ミヌは、今シーズンの前に水原へ移籍した。

キム・ミヌが実家チームの鳥栖を相手にしたのなら、鳥栖にも水原が実家の選手がいた。
チョ・ドンゴンである。
水原で4年間活躍したチョ・ドンゴンは最近FAの資格で鳥栖のユニフォームを着た。

この日の試合でチョ・ドンゴンは試合終了残り5分でグラウンドを踏んだ。
出場時間が短く、これといった活躍は見せられなかった。

試合後チョ・ドンゴンは「これから同僚と足をしっかり合わせて良い活躍をしたい」と親善試合だが鳥栖でデビュー戦を行った所感を明かした。
続けて「新たなチームを探すために2ヶ月ほど運動をちゃんとできなかったうえ、鳥栖に来てから練習を10日くらいしかしていない。今日の試合に対して大きな欲はなかった。もちろんもう少し多くプレーして良い姿を見せはしたかった」と付け加えた。





チョ・ドンゴンに水原というチームはどういう意味を持つかと尋ねると、すぐに「惜しかったところである。もう少し上手くやっていればという後悔が残っている」と答えた。
チョ・ドンゴンは2012年から昨シーズンまで、尚州尚武の時代を除いて水原でプレーしていた。
入団したときは名門水原の主砲になるという期待を受けていたが、計73試合で11ゴールを記録するのに終わった。
昨シーズンは24試合に出てわずか4ゴールだった。

不振が重なるとすぐに水原ファンは彼を非難し始めた。
鳥栖移籍のニュースが聞こえると、すぐにそれを歓迎するファンもいた。
惜しいのではないかという質問に「惜しくはない。私が上手くやっていればこんなことはなかった」として理解すると明かした。
チョ・ドンゴンは「また始めるのでJリーグでゴールをたくさん決めて良い選手と認められたい」と誓った。



水原、サガン鳥栖に1-2負け・・・「川崎戦の準備に大きな助け」
インターフットボール




※一部要約

水原三星がACL前最後の評価試合で敗れた。

水原は佐賀県鳥栖市にあるベストアメニティスタジアムで行われたサガン鳥栖との試合に1-2で敗れた。

水原は前半20分にサガン鳥栖の陽平に先制ゴールを許したが、前半40分にジョナタンが同点ゴールを放ち、前半を1-1で終えることができた。

だが後半4分、鎌田大地に失点を許して1-2で再びリードを奪われた。
その後水原は後半15分に11人の選手をすべて交代して選手を点検し、試合は1-2のスコアで終わった。

試合後、ソ・ジョンウォン監督はクラブの公式SNSで「親善試合の場を作ってくれたサガン鳥栖に感謝する。私たちはACL川崎戦を控えて最後の点検が重要で、訓練に大きな比重を置いた」として、「サガン鳥栖の競技力は印象深かった。川崎戦を準備するのに大いに役立ったようだ」と所感を明かした。

一方、水原は22日に場所を神奈川県川崎市等々力陸上競技場に移し、川崎とACL G組1次戦を行う。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング