[イ・ソンピルのNOW東京] 日本、"ワールドカップに向かう過程"だけに集中
ジョイニュース24




※一部要約

比較的落ち着いてEAFF E-1チャンピオンシップを報じてきた日本メディアが少しずつ変わっている。
韓日戦という特殊性まで考えたら尚更そうである。

日本サッカー代表は14日、日本東京の国立練習センター味の素西が丘練習場で1時間20分ほど体を解した。
短い時間だったがギュッと組まれた練習プログラムで、寒い天気を忘れさせた。

日本の取材陣も熱を帯びた取材競争をしていた。
全員Jリーガーで構成され、2018ロシアワールドカップ本戦に出る完全な代表ではないが、一つになり代表が向かう過程を集中して見守った。
本戦ではコロンビア・セネガル・ポーランドと属している日本は16強進出に死活をかけている。

練習の雰囲気は楽しそうだった。
去年までFCソウルでプレーして、国内ファンにも馴染みの高萩洋次郎は笑いの海に溺れていた。
フィジカルコーチが高萩と小林悠の名前を呼んで集中しろとイタズラっぽく注意をするなど、雰囲気は韓国戦に備えるチームのようには見えなかった。

代表の楽しそうな雰囲気は日本メディアにも影響を及ぼした。
大きく変らなった。
ヨーロッパでプレーする香川真司、岡崎慎司、ホンダ圭佑やイングランド・プレミアリーグ、ドイツ・ブンデスリーガ、スペイン・プリメーラリーガのニュースを伝えるのに熱を上げた。

だがあるメディアが作ったロシアワールドカップのガイドブックを見るだけでも、韓国選手のキャリアや特徴が几帳面に記されていた。
主な活動半径もはっきりと表記されていた。
それだけ韓国については十分わかっているという意味である。



東アジアの頂点をかけて16日に韓日戦…「無条件に勝たなければならない」
毎日経済




※一部要約

韓国男子サッカー代表が2連続で東アジアの頂点に挑戦する最後の関門で、運命の韓日戦に出る。

シン・テヨン監督が率いる代表は16日午後7時15分から日本東京の味の素スタジアムで行われる2017EAFF E-1チャンピオンシップの日本との男子の部最終3次戦を行う。

最終戦の相手である日本が2連勝で首位にいる。
韓日戦で勝ったチームが優勝カップを持っていく。

代表は先の2試合で無敗の成果を上げているが、試合の詳細な内容ではやや惜しい面をあらわしたりもしている。

中国との1次戦ではリードを守れず後半に同点ゴールを奪われ2-2で引き分け、北韓との2次戦では相手のオウンゴールによって辛うじて勝った。






キム・シンウク、「日本戦、7年間無勝をよくわかっている」
OSEN




※一部要約

「日本戦、7年間無勝をよくわかっている」

シン・テヨン号が韓日戦を控えた13日、日本東京の味の素スタジアムで練習を行った。

最前方FWキム・シンウクは練習前に行ったインタビューで「日本戦は事実上の決勝戦だ。多くのファンが見ておられるはずなので、素晴らしい試合をして大きな楽しみを差し上げたい」と明かした。

彼は「中国戦で失点を許したのが残念で、北韓戦では交代投入されて追加ゴールを決められなかったのが惜しい。補完して良い試合ができるようにする」と説明した。

7年間勝利のない日本戦については「選手もそういう点をよくわかっている。必ず一つになってジンクスを破りたい。日本はパスプレーが優れているが、もう選手も適応しているので違う試合をすることができるだろう」と強調した。



"シン・テヨン号"、12月16日に東京で最初の韓日戦
ノーカットニュース




※一部要約

78回目の"韓日戦"が12月に日本・東京で行われる。

東アジアサッカー連盟(EAFF)は8日、公式HPで12月に日本で行われる2017EAFF東アジアカップの対陣を確定して発表した。

シン・テヨン監督が率いるサッカー代表は12月9日に中国と1次戦を行ってから12日に北韓を相手にする。
"宿敵"日本との試合は16日である。
4ヶ国がフルリーグ方式で試合をして、全試合は東京の味の素スタジアムで行われる。

韓国は中国との歴代戦績で18勝12分け2敗と一方的な優位を記録中だ。
だが3月の長沙遠征で史上初の遠征負けを喫して自尊心に傷を負った。
北韓との戦績は6勝8分け1敗である。

"宿敵"日本との戦績もやはり40勝23分け14敗で優位を記録中だが、2010年10月にソウルで行われた73回目の試合に0-0で引き分けてから、4試合で2分け2敗に終わって最近5試合で勝利がない。



[U-20] "最年少"日久保の覚悟「高いところへ向かっていく」
ジョイニュース24




※一部要約

日本U-20代表に史上最年少で抜擢されたFCバルセロナユース出身の久保建英が硬い覚悟を明かした。

久保は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われたホンジュラスとのU-20代表との親善試合で、後半17分に交代出場して試合に活気を吹き込んだ。

FIFA U-20ワールドカップの前に行う最後の親善試合だった。
日本はこの試合で3-2の勝利をおさめ、その後行われた30分の非公式練習試合でも1-0の勝利をおさめた。
久保はこの練習試合ではフルタイムを消化した。

"兄"とは多くて5歳差があるが、久保は活気に満ちた姿で試合を解いていった。
相手守備の中に陣取っている状況でも、ボールを持ってドリブルを仕掛けるなど、積極的に攻撃を試みた。

Jリーグで監督経験が豊富な西野朗日本サッカー協会技術委員長が「(久保の)クオリティは本当に高い」と舌を巻いたほどである。

久保はこの日の試合後、日本サッカー専門誌"フットボールチャンネル"とのインタビューで「目標は変わらない。どうせするなら高いところを狙いたい」と硬い抱負を明かした。

久保はイ・スンウ、ペク・スンホらと同様に、FCバルセロナユース出身である。
日本に戻ってからはFC東京とプロ契約を結び、各種記録を塗り替えた。
Jリーグ最年少出場記録(15歳5ヶ月1日)と最年少得点記録(15歳10ヶ月11日)も彼のものである。

今回の日本U-20代表にも抜擢され、日本代表史上最年少記録を持つことになった。
今大会に参加する選手の中では、セネガルのニアンに続いて2番目に若い。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング