グループ・スヌポ、"水原JSカップ"韓日戦のオープニング祝賀舞台に立つ・・・「意義深い経験をできるようになって嬉しい」
亜洲経済




※一部要約

グループ・スヌポ(SNUPER)が"水原JSカップ"の最終戦である韓日戦のオープニング祝賀舞台に上がる。

JSファウンデーション(理事長パク・チソン)は"2016水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会"公式広報大使として活動中のグループ・スヌポが、大会最終日の5月22日に水原ワールドカップ競技場で行われる大韓民国と日本代表の試合に先立ち、オープニング舞台を飾ると明かした。

"水原JSカップ"公式広報大使のスヌポはデビュー4ヶ月で活動曲"守ってあげる"によって各種音楽プログラムチャートを巡航し、芸能番組では"新体育ドル"の容貌を遺憾なく発揮、新たに浮上した大勢アイドルとして知られている。

スヌポは「今回の水原JSカップ公式広報大使として活動し、多様で意義深い経験をできることになって嬉しいと考えている」と所感を伝え、「現在より未来が期待される今大会参加の青少年選手のように、音楽的に着実に発展できるアイドルグループになれるよう努力する」と明かした。



[デンソーカップ] 韓国大学選抜、日本に1-2の逆転負け
大韓サッカー協会




※一部要約

韓国大学選抜チームが日本に惜しい逆転負けを喫した。

ソ・ドンウォン監督(高麗大)が導く韓国大学選抜チームは20日、日本・川崎等々力スタジアムで行われた第13回2016デンソーカップ韓日大学サッカー定期戦で日本に1-2の逆転負けを喫した。
韓国はクク・テジョン(檀国大)の先制ゴールでリードしたが、後半終盤の残り5分で同点ゴールと逆転ゴールを相次いで許して崩れた。

試合後、ソ・ドンウォン監督は「敗北は残念だが日本を圧倒するほどの競技力を見せた。最後の5分間で集中できずに敗れたが、85分間良い試合をした。また、デンソーカップを通じて両国の技量を点検して発展するきっかけとなり、韓国の大学選手のモチベーション誘発に助けとなる意義深い大会だった」と伝えた。

主将のチェ・ジュンギは「前半の開始から良い競技力で圧迫は良かったが、あまり得点できずに試合を楽に解いていくことができなかった。準備期間が短くて多少不十分だったようだが、両チームにとって良い経験だったし、発展のきっかけとなった」と語った。


sptPostArticleImage-96455a.jpg

sptPostArticleImage-96455b.jpg



[現地インタビュー] ファン・ヒチャン、「40%にしかならないようだ」
マイデイリー




※一部要約

シン・テヨン号をオリンピック本戦に導いてオーストリアに復帰したファン・フィチャンはすぐに負傷して3週間以上練習を休んだ。
絶好調だったコンディションが落ちて気に障ったりもしたが、ファン・フィチャン「再始動だ」と明るく笑った。

ファン・フィチャンは28日、ザルツブルクで行われたオーストリア・ウィーンとのオーストリア・ブンデスリーガ24ラウンドのホーム試合で、後半24分に交代で投入されてザルツブルクの4-1の完勝に力を加えた。

試合後、ミックスゾーンで会ったファン・フィチャンは「体の状態は40%にしかならないようだ。3週くらい休んで、呼吸や体力的に難しかった試合だった」と語った。
ファン・フィチャンは日本とのオリンピック予選決勝戦でプレーできず、ザルツブルクに復帰した。
だがすぐチーム練習中に太腿を負傷して3週間の治療とリハビリをした。
実践感覚が落ちたのはそのためである。

実際、試合のホイッスルがなるとすぐにファン・フィチャンはそのままグラウンドに横たわって呼吸する姿を見せた。
ファン・フィチャンは「監督様は本当にすごく走るサッカーをする。前方からの守備を絶えず要求する。息切れして大変だった。試合後にすぐ監督様も、すごく大変だったのかと尋ねた」と説明した。

物足りなさも残る。
親しい間柄である日本出身の南野拓実がチームの4点目を放つのを見守らなければならなかった。
ファン・フィチャンと違って南野は、オリンピック予選後に負傷なしでコンディションを維持した。
ファン・フィチャンは「他の選手について気を使わず、私がすべきことをすれば良いチャンスが来ると思う」と自分だけの道を行くと言った。



[ACL] "露出禁止-星を眺める運動"水原-ガンバの激しい情報戦
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ドーハでやられた痛恨の逆転負け、ビッグバードで必ず返す"

水原三星が24日に水原ワールドカップ競技場で行われるガンバ大阪とのACL初戦を前に掲げたスローガンだ。

今回の水原-ガンバの試合はミニ韓日戦である。
韓国オリンピック代表はカタール・ドーハのACL23歳以下チャンピオンシップ決勝で日本に2対3で逆転負けしたことがある。

最も最近行われた宿命の韓日戦の敗北後に行われ、水原の2016シーズンの開始を知らせるホーム試合なので、サッカーファンの関心が高い。

水原クラブが"復讐"をキーワードにしたスローガンを前面に出したのもそのためである。
当然クラブはビッグマッチを控えていれば、観戦ポイントなどを含めたマッチリポートを配布して雰囲気を盛り上げるものだ。

だが水原は今回の関連資料の公開をしないことにした。
ガンバ側が水原を偵察するため、血眼になっているという諜報が入ったからである。



"シン・テヨン号"イ・スルチャン、「日本、また会えば仕返しする」
ベストイレブン




※一部要約

全南ドラゴンズのSBイ・スルチャンが2016リオオリンピックに向けて強い熱望を見せた。
韓日戦への思いも同時に明かした。

最近タイ冬季練習を終えたイ・スルチャンは、全南-ホマの用品後援協約式とユニフォーム発表会が行われた19日午後、光陽専用球場で「今シーズンはリーグ戦で多くプレーし、今年のオリンピックに出場するのが目標だ」とリオオリンピックへの熱望をあらわした。

イ・スルチャンは最近カタールで終わった2016AFC U-23チャンピオンシップで、シン・テヨン号のサイド要員として縦横無尽の活躍をした。
シン・テヨン監督の注文によって、DFであるにもかかわらず攻撃で多くの役割を遂行した。
イ・スルチャンは「短期トーナメントでどうやって体を管理しなければならないのかなど、運営的な側面でたくさん学ぶことができた。途中途中で監督様がローテーションを回して体力的には無理がなかった」と、この大会を通じて多くのことを学んだと語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング