バスケ・カーリング「日本チームを招待せず」…韓日関係悪化でスポーツ交流も凍りつく
韓国日報




※一部要約

日本の輸出規制などで韓日関係も悪くなり、両国間のスポーツ交流も凍りついている。

江陵市は16~18日に江陵カーリングセンターで行う予定だった韓中日女子カーリング親善大会に、日本を招待しないことを5日に決めた。
悪化した韓日関係の状況で、日本チームを除いて中国チームだけを招待することにした。

韓国女子バスケットボール(WKBL)もまた、24日から31日まで束草体育館で開催予定のパク・シンジャカップサマーリーグから日本を排除する見通しである。
WKBLの関係者は「政治とスポーツは別と見るべきという原則論もあるが、最近の韓国と日本の関係は非常に特殊な状況と判断された」と明かした。

また、男女プロバスケ球団の日本キャンプはほとんどキャンセルになった。
男子プロバスケは10球団のうち、7球団が日本キャンプを計画していたが、すべてキャンセルした。

女子プロバレーボールもKGC人参公社が初めて日本キャンプをキャンセルする計画を発表し、続けて5日に現代建設も日本キャンプのボイコットを決めた。



"韓日メッシ"イ・ガンインVS久保、東京オリンピックで対決するか?
KBS




※一部要約

リオネル・メッシのように大きくない体格に、素早くもボールをキープする能力やドリブルに優れた選手を、大抵はメッシと呼ぶ傾向がある。
そのような理由でロナウドやジダンは多くないが、メッシはどの国にも1人くらいいるという笑い話がサッカー界にはある。

中国サッカーではエスパニョールに進出したウー・レイが中国のメッシと呼ばれ、パク・ハンソ号のコン・フオンはベトナムのメッシと呼ばれ、タイではソングラシンがメッシという称号を受けている。
大韓民国のメッシはイ・ガンインで、日本では久保建英が日本のメッシと呼ばれる。

その中でイ・ガンインと久保は様々な面で似ているところがあり、比較対象として取り上げられるに値する。
両選手は2001年度に生まれた同い年で、若い年齢で注目を浴びた。
2人とも左利きであり、満10歳の年齢だった2011年に並んでヨーロッパに進出したという点も同じだ。






チリにボコボコ…名が泣く"日本のイ・ガンイン"久保建英
国民日報




※一部要約

日本が2019南米サッカー選手権大会のコパ・アメリカでチリに大敗した。
日本でイ・ガンインのように次世代エースに成長している久保建英は世界の高い壁を実感した。

日本は18日、チリと行ったC組1次戦に0対4で敗れた。
同組でウルグアイに0対4で敗れたエクアドルとともにC組共同3位である。
8強進出のための現実的な戦略として、エクアドルとの3位争いに集中する可能性が高まった。

日本はJリーグを中心に構成した選手団を派遣した。
日本のFC東京からレアル・マドリード・カスティージャ(2軍)に移籍を確定させた久保建英も合流した。
久保は日本でイ・ガンインのような位置づけを持つ。
イ・ガンインと久保はともに2001年生まれだ。

日本メディアはイ・ガンインと久保が今後、スペイン・プリメーラリーガで善意の競争を繰り広げると見ている。
ただしイ・ガンインは2019FIFA U-20ワールドカップでゴールデンボールを受賞し、久保より先んじている。

久保に向けられた日本メディアと世論の高い期待感は、チリ戦で虚しく崩れてしまった。
久保は何も見せられなかった。
久保は4-4-2のフォーメーションで最前方の2トップの左FWとsちえ先発出場したが、チリのゴールを脅かせなかった。
零敗を喫したこの試合で攻撃ポイントも作れなかった。






[現場REVIEW] "オ・セフン千金決勝ゴール"韓国、日本に1-0勝ち…8強でセネガルと激突
スポTVニュース

190605044022926.jpg


※一部要約

韓国が運命の韓日戦に勝って8強に上がった。

韓国は5日、ポーランドのルブリンスタジアムで行われた2019FIFA U-20ワールドカップ16強の日本との試合で、オ・セフンの決勝ゴールによって1-0の勝利をおさめた。
韓国は8強戦でセネガルと4強のチケットをかけて争う。


190605044022926a.jpg

190605044022926b.jpg

190605044022926c.jpg

190605044022926d.jpg



[U20ワールドカップ] ポーランドで"散歩セレモニー"を夢見る太極戦士
聯合ニュース




※一部要約

南アフリカワールドカップを控えていた2010年5月24日、日本の埼玉スタジアム。
当時、マンチェスター・ユナイテッドで活躍していた韓国サッカー代表キャプテンのパク・チソンが前半6分、日本に先制ゴールを放った。

それから相手サポーターの前を無表情でゆっくり走って過ぎ去っていった。
いわゆるパク・チソンの"散歩セレモニー"。
特別な言葉やジェスチャーがあったわけではないが、日本の観客席は沈黙に陥った。
この日、日本は韓国を供え物にしてワールドカップ出征式を祝おうとしていたところだった。

その後、このセレモニーはサッカー韓日戦勝利の象徴となった。
当時、韓国は後半追加時間のパク・チュヨンのPKゴールにより2-0で勝った。
パク・チソンのゴールは決勝ゴールになった。

太極戦士は宿敵日本との対決の勝利の喜びを、しばしば散歩セレモニーであらわした。

日本東京で行われた2017EAFF E-1チャンピオンシップの日本との男子部最終戦で、後半24分にヨム・ギフンが韓国の優勝を予感させる4ゴール目を放った後、選手は一斉に"散歩セレモニー"を再演した。

やはり日本と対決した2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会決勝では、延長戦にファン・ヒチャンが決勝ゴールを決めた後、日本の応援側にゆっくり散歩するように走っていった。
韓国は2-1で日本を退けて大会2連続で頂点に上った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング