パク・チソン、「最も惜しい瞬間?2011年の韓日戦のPK戦敗北」
インターフットボール



※一部要約

パク・チソンは個人のキャリアを合わせて最も惜しい瞬間に、9年前の韓日戦のPK戦を挙げた。

2002年に満21歳の年齢でヒディンク監督が率いる大韓民国代表に選出されたパク・チソンは、韓日ワールドカップ4強神話を導いた英雄である。
翌年、オランダのPSVアイントホーフェンに移籍すると、2005年から2012年までイングランドの名門マンチェスター・ユナイテッドで全盛期を過ごした。

現在、国内で家族と時間を過ごしているパク・チソンが、大韓サッカー協会(KFA)が運営するK3-K4リーグ放送に出演し、"LAN線サイン会"に参加した。
"コロナ時局"に合わせて、事前にファンからの様々な質問をまとめていたK3-K4リーグの関係者が、ゲストのパク・チソンと質疑応答の時間を設けた。

ソウル麻谷地区のあるスタジオに参加したパク・チソンに、"現役に戻って再びプレーしたい試合はあるか?"という質問が伝えられた。
パク・チソンの返答は確固としていた。
彼は「2011年のアジアカップ4強戦の韓日戦」と答えた。



"アジア最高はもう思い出?"…Kリーグがホームで韓日戦1分け2敗の恥晒し
国民日報




※一部要約

"アジア最高リーグ"の栄光はもう美しい思い出として残さなければならないのか。
プロサッカーKリーグ1のチームが、ホームで行ったAFCチャンピオンズリーグの韓日戦3試合で1分け2敗の恥をかいた。

水原三星は19日、水原ワールドカップ競技場で行われたACLのG組1次戦でずっと守勢に追い込まれ、後半45分に決勝ゴールを古橋亨梧に許してヴィッセル神戸に0対1で敗れた。

この日の敗北で、KリーグはホームでJリーグに1分け2敗を記録して自尊心に傷を負った。
昨シーズンのKリーグチャンピオンである全北現代は、"暴風獲得"をしてもJリーグチャンピオンの横浜マリノスを相手に2人も退場させられる拙戦をして、1対2で敗れた。
全北と"両強"の蔚山現代も、オウンゴールを決めたFC東京と1対1で辛うじて引き分けた。
23歳以下代表のチョ・ギュソン(全北)が決めたACLデビューゴールが、3試合を合わせてKリーグ選手が決めた唯一の得点であるほど無気力だった。


200220161502567a.jpg


専門家は投資の不在がKリーグとJリーグの悲喜を分けたと見た。
偶然にもJリーグが上手く行き始めた2017年は、財政が充実したときと噛み合わさる。
Jリーグは英国のスポーツ専門企業"パフォーム"と2016年7月、10年で2000億円(約2兆1466億ウォン)の契約を結んだ。
既存の契約金額の何と7倍に達する巨額。
この金が各チームに分配されてルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタも"迎え"ることができた。

一方、Kリーグの中継権料は去年まで60億ウォン水準に過ぎなかった。
大韓サッカー協会が"代表+Kリーグ統合中継権"交渉を推進し、今年結ぶ中継権料の最低金額を年間250億ウォン以上と提案したが、それだけの金額を使うところはなかった。
弱り目に祟り目で、水原やソウルのような大企業クラブまで帯をきつく締めて投資を減らした状態である。

キム・テギルKBSN解説委員は「プロは財政の投入が良くてこそ、選手の質を上げて試合内容に良くすることができる」として、「Jリーグが莫大な予算で名前を聞くだけでわかるほどの選手を連れてきたとするなら、Kリーグは投資が下方平準化されてアジアで競争力が弱まった」と分析した。



[ACL] "1分け1敗"惜しさを残した蔚山-全北、ソウル-水原は自尊心を守るか
ヘラルド経済

200217094402382.jpg


※一部要約

蔚山現代と全北現代は日本チームを相手に自尊心をしわくちゃにした。
FCソウルと水原三星がKリーグの名誉を守る番だ。

11日と12日に並んで2020AFCチャンピオンズリーグGL1次戦を行った蔚山と全北が、初戦から惜しい思いをした。
蔚山はFC東京との試合で、相手のオウンゴールによって1-1の引き分けをおさめ、全北は横浜マリノスに試合中ずっと押される様相を見せて1-2で敗れた。

Kリーグ1の1・2位チームが並んでJリーグチームに勝利できなかったが、まだ失望するの早い。
昨シーズンのKリーグ1の3位ソウルと、FAカップチャンピオンの水原がそれぞれメルボルン・ビクトリーとヴィッセル神戸を相手に、ACL初勝利を狙っている。


200217094402382a.jpg


ソウルはKリーグ1のチームの中で唯一1次戦でオーストラリアチームを相手にするので、負担が少ない。
メルボルン・ビクトリーはACLでKリーグチームを下した経験がわずか一度もないので(15戦8分け7敗)、油断さえしなければ簡単な試合になる見通しである。

鍵は2人の外国人FWアレクサンダル・ペシッチとアドリアーノの活躍だ。
2人とも28日のケダFAとのACLプレーオフには出場しなかったが、メルボルン・ビクトリー戦からは起用される可能性が高い。
両選手が前方で得点チャンスをしっかり活かせば、ソウルは大量得点も狙うに値する。


200217094402382b.jpg


一方、水原は初戦からかなり負担になる相手と会う。
"ワールドクラス"MFアンドレス・イニエスタがいるヴィッセル神戸とG組初戦を行う。

水原の鍵はやはり"イニエスタ封鎖"である。
水原は協力守備でイニエスタの足を縛り、アダム・タガートの"一発"に集中するカウンター戦略で勝利を狙う見通しだ。



Jリーグクラブに並んで苦戦した全北と蔚山、ACL容易ではない
ニュース1




※一部要約

「Kリーグ連覇を続けるのも重要だが、全北にとって最重要の目標はアジア制覇だ」
「もう蔚山はKリーグだけでなくACLとFAカップ、すべての大会で優勝を狙わなければならないチームだ」

去年、正規リーグで歴代級の優勝争いを繰り広げて1位と2位を占めた"現代家"のライバル、全北現代と蔚山現代が2020シーズンを指向するところである。
基本的にKリーグ優勝を争う両チームは、同時にアジアの舞台に視野を広げていて、その挑戦のため質的・量的にスカッドの補強に心血を注いだ。

すでに錚々たる選手が布陣されている両チームのスカッドに、新顔がさらに増えて起きる肯定的なシナジーを発揮すれば、ACL制覇に挑戦できる戦力という内外の評価は少なくなかった。
ところが初戦は期待以下だった。
1試合で、それもシーズン初戦のことで多くの意味を与えるのは無理があるが、バラ色のことだけを話せるものではないという結果が出た。

全北も蔚山も最初のボタンを上手く留められなかった。
口に苦い薬を飲んで始めたというアプローチ程度で済ませるのではなく、冷静に振り返ってみなければならない必要がある。






"チョ・ギュソンデビューゴール"全北、イ・ヨン-ソン・ジュンホの退場重なり横浜に完敗
スポTVニュース




※一部要約

全北現代のアジア制覇の挑戦は開始から暗礁に乗り上げた。

全北は12日、全州ワールドカップ競技場で行われた2020ACL・H組1次戦の横浜Fマリノス戦で、攻守の断絶を露呈して1-2で敗れた。
シドニーFC、上海上港と一緒になった全北は初戦から敗れて16強進出を楽観しづらくなった。







"2人退場"全北、"好セーブショー"ソン・ボムグンがいなければ"5ゴール"決められるところだった
スターニュース




※一部要約

この日の全北はキム・ジンス、キム・ミンヒョク、ホン・ジョンホ、イ・ヨンの順で4バックを設けた。
代表級の守備陣と言っても遜色ないラインナップ。
だがあちこちで呼吸が合わない姿を見せた。
間隔はずっと大きく広がっていたし、GKとのコールプレーも上手くされなかった。

それでも輝いていたのはソン・ボムグンだった。
ソン・ボムグンは1月にタイで行われた2020AFCチャンピオンシップで優勝の主役として活躍した。
もちろん大会中に不安な姿を露呈したりしたが、この日は完全に違う姿を見せた。
試合感覚が絶頂に達した様子だった。

チームは満足するだけの競技力を見せられずに敗れたが、ソン・ボムグンは試合中ずっと輝いていた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング