本田が率いるカンボジア、ラオス制圧…"6Gで初勝利"
スターニュース




※一部要約

日本サッカー代表の本田圭佑が率いるカンボジアがラオスに完勝をおさめた。
"監督"本田は6試合で初勝利を上げる感激を享受した。

本田が率いるカンボジアサッカー代表は20日午後8時30分、カンボジアにあるプノンペン競技場で行われたラオスとの"2018東南アジア連盟チャンピオンシップ(以下スズキカップ)"グループリーグA組3次戦に3-1で勝利した。
前半だけで2ゴールを決め、簡単に試合を手にした。






イ・スンウ「韓日戦勝利は当然のこと…だが警戒心を失わない」 [秋夕特集]
スポーツソウル




※一部要約

イ・スンウは愛される選手だ。
可愛い外貌と目立つキャラクターで常に注目を浴びる。
彼の足にボールがつけば、十中八九決定的シーンがあらわれる。
競技場に投入された瞬間から最後まで、観客の視線を惹きつける。
無邪気に吐き出しているようだが、彼の言葉には常に根拠がある。
自分音ベストゴールを尋ねる質問にも「代表に行けばいつも格好良く決める」と粋に答える。
成功の秘訣もまた「した通りにする」という。
イ・スンウだから、彼の機知に富む返事にもっと信頼が置ける。

2018ロシアワールドカップ代表メンバーが発表された瞬間から、今月韓国で行われた代表評価試合まで、イ・スンウは自分がなぜ愛される選手なのかを証明した。
わずか1年前、U-20代表にいた彼は、5月から自分のサッカー人生を一気に変えた。
名門ACミランを相手にセリエAデビューゴールを決めると、代表に選ばれてワールドカップの舞台に立った。
アジア大会で金メダルを首にかけた。
決勝戦で宿敵日本のゴールを激しく揺さぶった後だった。
秋夕特集のインタビューのため、18日にイタリア・ヴェローナにいる彼の自宅の前でスポーツソウルと単独で会った席でも、イ・スンウはこう語った。
「韓日戦の勝利は当然だ。なので勝ってもすごく嬉しいということはない。負ける試合に勝ってこそ嬉しいのだろう、勝つ試合に勝ってもね…」
特有の笑みが浮かぶ。


180921091014193a.jpg



“韓国のメッシ”が「日本の自尊心を踏みにじるセレモニー」に「本当に知らなかった」と弁明

 U-23韓国代表のFWイ・スンウがアジア大会決勝のU-21日本代表戦(延長2-1)で物議を醸したゴールパフォーマンスについて口を開いた。韓国『中央日報』が伝えている。

 問題となっていたのは、イ・スンウがゴール直後に日本のトヨタ自動車株式会社の看板によじ登り、両耳に手をつけて喜んだパフォーマンス。当時、韓国『国際新聞』では「偶然にもイ・スンウが上がった看板は、日本の自動車企業のトヨタのものだった。彼の意図とは関係なく、結果的に日本の自尊心を踏みにじるセレモニーとなった」と報じていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-01876300-gekisaka-socc




日メディアの難癖…「イ・スンウ、日本の自尊心を踏みにじって知らなかったと弁明」
OSEN




※一部要約

日本メディアが相変わらずアジア大会決勝戦の敗北について不満をあらわしている。

日本の"ゲキサカ"は15日、韓国メディアを引用して2018アジア大会決勝当時のイ・スンウのセレモニーについて怒りをあらわした。

韓国は1日、日本との2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー決勝戦で、延長戦の末に2-1で勝利して大会2連覇に成功した。



ドイツメディア「ファン・ヒチャン、独2部リーグには過分な選手」と絶賛
スポータルコリア




※一部要約

「ファン・ヒチャンは最終的にイングランドでプレーすることになるだろう。彼はトップスターになる資質がある」

ファン・ヒチャンは夏の移籍市場が締め切られる直前、オーストリア・ザルツブルクからドイツ・ハンブルクSVにレンタル移籍した。
ファン・ヒチャンは2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会とAマッチの日程でまだハンブルクに合流してないが、現地の期待感は相当である。

実際にハンブルクのラルフ・ベッカー団長は、ファン・ヒチャンがコスタリカとの親善試合だけのプレーで早期合流することを願った。
ベッカー団長は5日、地元放送"NDR"で「ファン・ヒチャンがより早くチームに合流することを望んでいた。だがパウロ・ベント監督は私たちの要請を断った。残念だがベント監督の決定を受け入れなければならなかった」と遺憾をあらわした。

9日のドイツ日刊紙"SHZ"に掲載されたコラムでも、ファン・ヒチャンに向けられた現地の評価を伺うことができる。

このコラムは「ファン・ヒチャンは昨シーズン、UEFAヨーロッパリーグでザルツブルクのセンセーションを導いた主役である。現在、彼の市場価値は1000万ユーロ(約129億ウォン)」だとして、「なのでファン・ヒチャンは2部リーグのチームでは決して望めない選手だ。それでもベッカー団長は来夏までファン・ヒチャンを手にした。攻撃で違いを作れるファン・ヒチャンを連れてきたのは、ベッカー団長の傑作」と歓呼した。

ハンブルクがファン・ヒチャンの成功を確信している要因は、韓国選手が証明した能力にある。
「ドイツはワールドカップで韓国に0-2で敗れ、韓国選手がどれだけ優れた能力を備えているのか知っている。ファン・ヒチャンの代表のチームメイトであるイ・ジェソンも最近、ホルシュタイン・キールで活躍している。また、ハンブルクはソン・フンミンを覚えている。現在、トッテナム・ホットスパーのトップスターである彼は、ハンブルクでキャリアを始めた。ファン・ヒチャンもイングランドでプレーすることになるだろうし、まずはハンブルクに大きな喜びをもたらすだろう」と強調した。



[ジャカルタAG] 日広告看板を踏んだイ・スンウ、「お前らは23歳」日の拙劣さまで踏んで立った
STNスポーツ




※一部要約

しっかりとした新鋭イ・スンウ(エラス・ヴェローナ)が、日本の拙劣さまで踏んで立った。

1日、韓国と日本の2018ジャカルタ・パレンバンアジア大会男子サッカー決勝戦が行われたインドネシアのパカンサリスタジアム。
拮抗していた延長前半3分、弱冠二十歳の新鋭イ・スンウが日本のゴールネットを揺さぶった。

薄氷の勝負から出た非常に貴重な得点。
イ・スンウはすぐに準備していたセレブレーションをするために出た。
彼はコーナーフラッグの方へ移動し、広告看板を踏んで立ち上がった。
イ・スンウは両手を両耳に当てた後、叫び声を満喫してもっと大きな応援を求めるようなジェスチャーをした。
ファンは歓喜に包まれ、代表はこのゴールでファン・ヒチャンの追加点まで加えた。
それによって、その後1失点したが勝利することができた。
金メダルもやはり代表のものになった。

様々な面から貴重な金メダルだ。
今回の金メダルで韓国はアジア大会2連覇を達成した。
また、通算5回目の金メダル獲得に成功し、アジアの虎の容貌をしっかりと誇示した。

今回の金メダルで選手団20人全員が兵役特例を受けることになったのも幸運である。
すでにビッグリーグで活躍中のソン・フンミンは、ヨーロッパ生活を心配なく続けられることになった。
また、ビッグリーグではない選手も貴重な2年間を自己開発に注力できるようになった。

だが、その何よりも、決勝戦で日本を破った金メダルというのは意味が大きい。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング