"南野PK決勝ゴール"日本、パナマ戦1-0勝利"3G無失点無敗"
OSEN



※一部要約

日本が南野拓実(リバプール)の決勝ゴールで勝利を手にした。

日本は14日にオーストリア・グラーツのメルクールアリーナで終わったパナマとの親善試合で、後半に炸裂した南野のPK得点をしっかり守って1-0で勝利した。

これで日本は最近2連勝を走っていた。
日本は10月のカメルーンとの試合に0-0で引き分けた後、コートジボワールとの試合では1-0で勝利したことがある。
3試合で無失点試合を繰り広げ、無敗(2勝1分け)行進を続けた。

一方、パナマは最近の4試合無敗行進を締め切った。
パナマはニカラグアと0-0で引き分けた後、グアテマラとの試合に2-0で勝ち、コスタリカとの2連戦にどちらも1-0で勝利、最近3連勝を走っていた。
パナマは2018年10月の日本との親善試合に0-3で敗れたことがある。

前半を0-0で終えた日本は、後半15分に南野がボックス内で相手のファールを誘った。
久保のスルーパスを受けた南野は相手GKに躓いてPKを取った。
直接キッカーに乗り出した南野は、落ち着いて蹴って得点に成功した。
その後、追加点を上げられなかった日本は無失点で試合を終えて勝利を手にした。
パナマは後半33分に1人退場してさらに厳しい試合をした。



「久保-中井もSONのようになれば」…"SON"の活躍に驚いた内田
スポータルコリア



※一部要約

日本代表出身でブンデスリーガを走っていた内田篤人が後輩の成長を望んだ。

日本"サッカーダイジェスト"は23日、サッカーシューズを脱いだ内田のインタビューを伝えた。
彼は大韓民国の主将ソン・フンミンの活躍に驚きを伝え、日本代表にもソン・フンミンのような選手が現れることを願った。

右SBの内田は2010年にシャルケ04のユニフォームを着てドイツ生活を始めた。
シャルケだけで7シーズンの間、153試合に出て主軸選手として活躍した。
その後、古巣の鹿島アントラーズに復帰してプレーし、8月に引退を宣言した。

ドイツで成長した彼は、ソン・フンミンをよく知っていた。
特に日本代表で活躍しただけに、ライバル意識も隠さなかった。

内田は自分が相手にしたソン・フンミンの成長の勢いに驚いた。
彼は「ソン・フンミンはすごい。ドイツで会ったときはあれほどの選手じゃなかった。もちろんシュート力は優れていた」と磨かれていなかった原石時代のソン・フンミンを思い出した。

彼は「ソン・フンミンはイングリッシュ・プレミアリーグに移籍した後、見違えるほど成長した。おそらく金もたくさん稼いでいるのだろう。羨ましい」とソン・フンミンの成長を機転を利かせて伝えた。

内田はレアル・マドリード所属でビジャレアルにレンタル中の久保建英と、レアルユースにいる中井卓大に言及した。

内田は「久保と中井が技量を磨き上げてヨーロッパで活躍してほしい」と後輩選手がソン・フンミンのようにそびえ立ってほしいという願いを伝えた。



"イ・ガンイン欠場"バレンシア、"久保退場"ビジャレアルに1-2負け…パレホ"短剣"
インターフットボール



※一部要約

イ・ガンインと久保建英のミニ韓日戦は実現しなかった。
バレンシアは昨シーズンまで活躍していたパレホに決勝ゴールを許し、結局敗れた。

バレンシアは18日午後11時、エスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われた2020-21シーズンのスペイン・プリメーラリーガ6ラウンドでビジャレアルに1-2で敗北した。





「存在感の大きくなったイ・ガンイン先発、久保はベンチ」対決を控えて現地注目
スターニュース



※一部要約

イ・ガンインと久保建英の対決が迫っている。
現地メディアの注目を浴びた。

スペインメディアのエル・ペリオディコ・メディテラネオは16日、"ビジャレアル-バレンシアの対決のライバル、久保とイ・ガンイン"というタイトルの記事を出した。

バレンシアとビジャレアルは18日、エスタディオ・デ・ラ・セラミカで2020~21シーズンのプリメーラリーガ6ラウンドを行う。

最も関心を集めるポイントは断然韓日戦だ。
イ・ガンインと久保が再び対決するか、サッカーファンの帰趨が注目されている。
現地も同じだ。

メディアは韓国と日本の歴史的ライバル関係に光を当て、スポーツでの競争関係にも注目した。
ラ・リーガで代表的な選手がイ・ガンインと久保である。
彼らは若い年齢でスペインに来たという共通点がある。
年齢も19歳で同じで、能力のある選手だ。



ソン・フンミン、イ・ガンイン、ファン・ウィジョ、ファン・ヒチャン総出動、メキシコに続いてカタール相手
毎日新聞



※一部要約

ソン・フンミン(トッテナム)、ファン・ヒチャン(ライプツィヒ)らヨーロッパ派が加勢した最精鋭の太極戦士がメキシコに続いてカタールと対決する。

大韓サッカー協会は「パウロ・ベント監督が率いる代表が11月17日、2022ワールドカップ開催国のカタールとオーストリアでAマッチを行う」と14日に明かした。

これで11月のAマッチの2回の評価試合の相手国がどちらも決まった。
代表は翌月15日にメキシコと最初のAマッチを行い、2日後にカタールを相手にする。

チョン・ハンジンKFA事務総長は「カタールは次のワールドカップで好成績をおさめるため、代表への投資を惜しまない。カタールの積極的な投資や最近の戦績を見れば容易ではない相手なので、良い評価試合になるだろう」と期待した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング