韓日レジェンドマッチ推進・・・パク・チソンと中田が対決?
ベストイレブン




※一部要約

韓国サッカー最高のレジェンドの1人であるパク・チソンと、日本サッカーが生んだ天才MF中田英寿が中盤で激しい争いを繰り広げる。
最前方ではファン・ソンホンと三浦がゴールゲッターの自尊心対決を行い、最後方を死守するCBの位置に立ったホン・ミョンボと井原は守備ラインを指揮して相手の攻勢を防ぐ。

サッカーファンなら一度くらいは想像してみた、韓日両国のサッカーレジェンドが一堂に会して雌雄を決することが現実になるかもしれない。
いわゆる"韓日レジェンドマッチ"である。
過去数十年間韓国と日本の両国を代表したスーパースターが、日本・静岡総合競技場で大激突の準備をしていることがわかった。

最近、日本サッカー協会(JFA)は大韓サッカー協会(KFA)に公文書を一枚送った。
2017年1月8日、日本・静岡で韓国と日本を代表するサッカースターが一堂に会して、レジェンドマッチを開催しようという提案が含まれた公文書だった。






アン・イクス号、"宿敵"日本を1-0で下して水原JSカップ優勝
マイデイリー




※一部要約

アン・イクス号が宿命のライバル日本を破り、水原JSカップの優勝トロフィーを持ち上げた。

アン・イクス監督が率いる韓国U-19代表チームは22日、水原ワールドカップ競技場で行われた2016水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会3次戦で、チョ・ヨンウクの決勝ゴールを前面に出し日本に1-0の勝利をおさめた。
これで韓国は2勝1分(勝ち点7)けを記録し、ブラジル(1勝2分け、勝ち点5)を抜いて優勝カップを占めた。


20160522165304a.jpg

20160522165304b.jpg



[U-19JSカップ] アン・イクス監督「韓日は本戦を目標にともに成長しよう」
MKスポーツ




※一部要約

開催国の資格で自動出場する2017U-20ワールドカップを準備しているアン・イクス監督が、"2016水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会"を前日に控えて覚悟を明かした。

18日~22日に行われる今大会には韓国とフランス、ブラジルと日本が参加する。
水原ワールドカップ競技場の記者会見室で進められたD-1プレスカンファレンスで、アン・イクス監督は韓日戦に関する質問を受けた。

「韓国と日本はかなり前からサッカーで争っているが、ともに成長することも可能だ」と語り始めたアン・イクス監督は「脱アジアを目標にするパートナー関係だと考えている。今回の対決が、本戦を前にともに発展するきっかけになれば良い」と語った。


■韓国U-19JSカップ日程

5月18日午後8時 vsブラジル@水原ワールドカップ競技場

5月20日午後8時 vsフランス@水原総合運動場

5月22日午後2時50分 vs日本@水原ワールドカップ競技場



グループ・スヌポ、"水原JSカップ"韓日戦のオープニング祝賀舞台に立つ・・・「意義深い経験をできるようになって嬉しい」
亜洲経済




※一部要約

グループ・スヌポ(SNUPER)が"水原JSカップ"の最終戦である韓日戦のオープニング祝賀舞台に上がる。

JSファウンデーション(理事長パク・チソン)は"2016水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会"公式広報大使として活動中のグループ・スヌポが、大会最終日の5月22日に水原ワールドカップ競技場で行われる大韓民国と日本代表の試合に先立ち、オープニング舞台を飾ると明かした。

"水原JSカップ"公式広報大使のスヌポはデビュー4ヶ月で活動曲"守ってあげる"によって各種音楽プログラムチャートを巡航し、芸能番組では"新体育ドル"の容貌を遺憾なく発揮、新たに浮上した大勢アイドルとして知られている。

スヌポは「今回の水原JSカップ公式広報大使として活動し、多様で意義深い経験をできることになって嬉しいと考えている」と所感を伝え、「現在より未来が期待される今大会参加の青少年選手のように、音楽的に着実に発展できるアイドルグループになれるよう努力する」と明かした。



[デンソーカップ] 韓国大学選抜、日本に1-2の逆転負け
大韓サッカー協会




※一部要約

韓国大学選抜チームが日本に惜しい逆転負けを喫した。

ソ・ドンウォン監督(高麗大)が導く韓国大学選抜チームは20日、日本・川崎等々力スタジアムで行われた第13回2016デンソーカップ韓日大学サッカー定期戦で日本に1-2の逆転負けを喫した。
韓国はクク・テジョン(檀国大)の先制ゴールでリードしたが、後半終盤の残り5分で同点ゴールと逆転ゴールを相次いで許して崩れた。

試合後、ソ・ドンウォン監督は「敗北は残念だが日本を圧倒するほどの競技力を見せた。最後の5分間で集中できずに敗れたが、85分間良い試合をした。また、デンソーカップを通じて両国の技量を点検して発展するきっかけとなり、韓国の大学選手のモチベーション誘発に助けとなる意義深い大会だった」と伝えた。

主将のチェ・ジュンギは「前半の開始から良い競技力で圧迫は良かったが、あまり得点できずに試合を楽に解いていくことができなかった。準備期間が短くて多少不十分だったようだが、両チームにとって良い経験だったし、発展のきっかけとなった」と語った。


sptPostArticleImage-96455a.jpg

sptPostArticleImage-96455b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング