"シン・テヨン号"、12月16日に東京で最初の韓日戦
ノーカットニュース




※一部要約

78回目の"韓日戦"が12月に日本・東京で行われる。

東アジアサッカー連盟(EAFF)は8日、公式HPで12月に日本で行われる2017EAFF東アジアカップの対陣を確定して発表した。

シン・テヨン監督が率いるサッカー代表は12月9日に中国と1次戦を行ってから12日に北韓を相手にする。
"宿敵"日本との試合は16日である。
4ヶ国がフルリーグ方式で試合をして、全試合は東京の味の素スタジアムで行われる。

韓国は中国との歴代戦績で18勝12分け2敗と一方的な優位を記録中だ。
だが3月の長沙遠征で史上初の遠征負けを喫して自尊心に傷を負った。
北韓との戦績は6勝8分け1敗である。

"宿敵"日本との戦績もやはり40勝23分け14敗で優位を記録中だが、2010年10月にソウルで行われた73回目の試合に0-0で引き分けてから、4試合で2分け2敗に終わって最近5試合で勝利がない。



[U-20] "最年少"日久保の覚悟「高いところへ向かっていく」
ジョイニュース24




※一部要約

日本U-20代表に史上最年少で抜擢されたFCバルセロナユース出身の久保建英が硬い覚悟を明かした。

久保は15日、静岡県のエコパスタジアムで行われたホンジュラスとのU-20代表との親善試合で、後半17分に交代出場して試合に活気を吹き込んだ。

FIFA U-20ワールドカップの前に行う最後の親善試合だった。
日本はこの試合で3-2の勝利をおさめ、その後行われた30分の非公式練習試合でも1-0の勝利をおさめた。
久保はこの練習試合ではフルタイムを消化した。

"兄"とは多くて5歳差があるが、久保は活気に満ちた姿で試合を解いていった。
相手守備の中に陣取っている状況でも、ボールを持ってドリブルを仕掛けるなど、積極的に攻撃を試みた。

Jリーグで監督経験が豊富な西野朗日本サッカー協会技術委員長が「(久保の)クオリティは本当に高い」と舌を巻いたほどである。

久保はこの日の試合後、日本サッカー専門誌"フットボールチャンネル"とのインタビューで「目標は変わらない。どうせするなら高いところを狙いたい」と硬い抱負を明かした。

久保はイ・スンウ、ペク・スンホらと同様に、FCバルセロナユース出身である。
日本に戻ってからはFC東京とプロ契約を結び、各種記録を塗り替えた。
Jリーグ最年少出場記録(15歳5ヶ月1日)と最年少得点記録(15歳10ヶ月11日)も彼のものである。

今回の日本U-20代表にも抜擢され、日本代表史上最年少記録を持つことになった。
今大会に参加する選手の中では、セネガルのニアンに続いて2番目に若い。



英メディア、ソン・フンミンを酷評「一貫性がない、ケインの空白を埋めるか疑問」
Newsen




※一部要約

トッテナム・ホットスパーのソン・フンミンは3月19日、ロンドンのホワイトハートレーンで行われたサウサンプトンとの試合に先発出場し、約75分を消化してから交代させられた。
ソン・フンミンは攻撃ポイントを記録できなかったがチームは2-1で勝利した。

ソン・フンミンは最前方FWで先発出場した。
12日のミルウォールとのFAカップで主砲のハリー・ケインが負傷離脱し、ソン・フンミンに出場機会が回ってきた。

アイルランド版"インディペンデント"は試合後、"ソン・フンミンはハリー・ケインの空白の中、サウサンプトン戦でどうプレーしたか"というタイトルの記事を報じた。
このメディアは静かだったソン・フンミンに酷評を残した。

前方プレスの面では高評価を出した。
インディペンデントは「ソン・フンミンは継続的にサウサンプトンの守備陣を圧迫し、パスを急かせて自分たちのプレーをできないように妨げた」と記した。

それ以外に好評を探すのは難しかった。
ソン・フンミンの動きは実質的に効果がなかったと要約された。
インディペンデントは「3-4-2-1のフォーメーションでソン・フンミンは自分のスピードを利用して後ろのスペースに入る役割を与えられた。ときどきソン・フンミンはサイドから飛び出してエリクセンやデンベレにチャンスを与えようとしたが、効果はなかった」として、「鋭い進入で有効なチャンスを作ったりもしたが、ソン・フンミンが作った結果は不十分だった」と評価した。

フィニッシュ能力では酷評が出た。
インディペンデントは「ソン・フンミンはミルウォールとのFAカップでハットトリックを記録したが、ソン・フンミンがそのような競技力を安定して見せられるかは相変わらずクエスチョンマークがつく」と記した。
ソン・フンミンの弱点に挙げられる起伏の問題を指摘したのだ。
このメディアは「トッテナムは中盤から得点を放ったし、ソン・フンミンは"ケインがいなくてもトッテナムはFWの問題に対処できるか"という命題を証明するほどのインパクトを残すのには困難を経験した」と評した。

総評の部分でインディペンデントは「24歳のFWがケインの空白を埋められるかは未知数である。ひとまずソン・フンミンは良い例示を作ることに失敗した」と記した。



韓日レジェンドマッチ推進・・・パク・チソンと中田が対決?
ベストイレブン




※一部要約

韓国サッカー最高のレジェンドの1人であるパク・チソンと、日本サッカーが生んだ天才MF中田英寿が中盤で激しい争いを繰り広げる。
最前方ではファン・ソンホンと三浦がゴールゲッターの自尊心対決を行い、最後方を死守するCBの位置に立ったホン・ミョンボと井原は守備ラインを指揮して相手の攻勢を防ぐ。

サッカーファンなら一度くらいは想像してみた、韓日両国のサッカーレジェンドが一堂に会して雌雄を決することが現実になるかもしれない。
いわゆる"韓日レジェンドマッチ"である。
過去数十年間韓国と日本の両国を代表したスーパースターが、日本・静岡総合競技場で大激突の準備をしていることがわかった。

最近、日本サッカー協会(JFA)は大韓サッカー協会(KFA)に公文書を一枚送った。
2017年1月8日、日本・静岡で韓国と日本を代表するサッカースターが一堂に会して、レジェンドマッチを開催しようという提案が含まれた公文書だった。






アン・イクス号、"宿敵"日本を1-0で下して水原JSカップ優勝
マイデイリー




※一部要約

アン・イクス号が宿命のライバル日本を破り、水原JSカップの優勝トロフィーを持ち上げた。

アン・イクス監督が率いる韓国U-19代表チームは22日、水原ワールドカップ競技場で行われた2016水原JSカップU-19国際青少年サッカー大会3次戦で、チョ・ヨンウクの決勝ゴールを前面に出し日本に1-0の勝利をおさめた。
これで韓国は2勝1分(勝ち点7)けを記録し、ブラジル(1勝2分け、勝ち点5)を抜いて優勝カップを占めた。


20160522165304a.jpg

20160522165304b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング