韓日代理戦争!パク・ハンソマジック…列島を飲み込んでしまえ!
スポーツワールド




※一部要約

"パク・ハンソマジック"が日本列島まで飲み込む勢いだ。

パク・ハンソ監督が率いるベトナムサッカー代表は24日夜10時、日本との"2019UAEアジアカップ"8強戦に出る。
グループリーグ3位で16強の最終列車に乗ったベトナムは、8強戦でヨルダンをPK戦の末に4-2(1-1)で勝利した。
ベトナム史上2回目のアジアカップ8強進出だ。

ベトナムはすでに熱狂に陥った。
市民は街頭に飛び出して"パク・ハンソマジック"を叫んで歓呼している。
ベトナムメディアによると、国営テレビ"VTV"のベトナム-日本戦の中継放送の広告料は30秒基準で8億ドン、韓貨で約3800万ウォンに策定した。
これは2018ロシアワールドカップ決勝戦の中継放送の広告料と同じである。
パク・ハンソ号はすでにスズキカップ決勝戦で30秒基準9億5000万ドン(約4千600万ウォン)を取り、歴代最高の広告料を記録したことがある。
それだけ関心が"関心"している。

日本戦に立ち向かうベトナムの最大の武器は"パク・ハンソマジック"だ。
自信を前面に出して勢いを活かすという意志である。
先にパク・ハンソ監督はベトナムサッカーの歴史を作った。
ベトナムU-23サッカー代表を率いた2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会のグループリーグで日本を相手に1-0の勝利をおさめた。
ベトナムサッカー史上で日本戦初勝利だった。
当時、日本U-23代表監督は、現在アジアカップで日本A代表を率いる森保一監督である。





もしベトナムが日本を破れば、金の座布団に座る。
パク・ハンソ監督はすでにベトナムサッカー代表に40億ウォンを越える金をもたらした。
そこに大会8強戦に進出する活躍で、ベトナム文化体育観光部を含め現地の銀行と企業から30万4000ドル(約3億4000万ウォン)のスポンサー支援金、ベトナムサッカー連盟(VFF)とVFF会員から6万5000ドル(約7000万ウォン)を受けた。

日本を破ってベトナムサッカー史上初の4強に進出すれば、組織委員会から報奨金100万ドル(約11億3000万ウォン)を追加で受ける。
すべての面で"パク・ハンソマジック"だ。



[アジアカッププレビュー] 吉田がソン・フンミンを防ぐか…最大の難敵は日本
スポTVニュース




※一部要約

12ゴール9アシストですでに2018-19シーズンで20号攻撃ポイントを突破したトッテナムのFWソン・フンミンは、イングランド・プレミアリーグの舞台で東アジアFWの概念を変えている。
2019年のAFCアジアカップに参加する選手の中で最高のスターに挙げられるソン・フンミンは、アジアレベルを超えた独歩的選手に選ばれる。

ソン・フンミンの韓国がアジアカップ優勝候補0位に挙げられる中、59年ぶりの優勝の挑戦で最大の難敵に挙げられるチームは日本だ。

韓国は日本で行われた2017年の東アジアカップで日本に4-1で大勝して優勝したが、国内派で構成された試合だったという点で、両チームの戦力の根拠にはなりにくい結果だった。
2018年のロシアワールドカップで韓国はドイツを下したがグループリーグで脱落したし、日本は16強に進出する成果を出した。






本田が率いるカンボジア、ラオス制圧…"6Gで初勝利"
スターニュース




※一部要約

日本サッカー代表の本田圭佑が率いるカンボジアがラオスに完勝をおさめた。
"監督"本田は6試合で初勝利を上げる感激を享受した。

本田が率いるカンボジアサッカー代表は20日午後8時30分、カンボジアにあるプノンペン競技場で行われたラオスとの"2018東南アジア連盟チャンピオンシップ(以下スズキカップ)"グループリーグA組3次戦に3-1で勝利した。
前半だけで2ゴールを決め、簡単に試合を手にした。






イ・スンウ「韓日戦勝利は当然のこと…だが警戒心を失わない」 [秋夕特集]
スポーツソウル




※一部要約

イ・スンウは愛される選手だ。
可愛い外貌と目立つキャラクターで常に注目を浴びる。
彼の足にボールがつけば、十中八九決定的シーンがあらわれる。
競技場に投入された瞬間から最後まで、観客の視線を惹きつける。
無邪気に吐き出しているようだが、彼の言葉には常に根拠がある。
自分音ベストゴールを尋ねる質問にも「代表に行けばいつも格好良く決める」と粋に答える。
成功の秘訣もまた「した通りにする」という。
イ・スンウだから、彼の機知に富む返事にもっと信頼が置ける。

2018ロシアワールドカップ代表メンバーが発表された瞬間から、今月韓国で行われた代表評価試合まで、イ・スンウは自分がなぜ愛される選手なのかを証明した。
わずか1年前、U-20代表にいた彼は、5月から自分のサッカー人生を一気に変えた。
名門ACミランを相手にセリエAデビューゴールを決めると、代表に選ばれてワールドカップの舞台に立った。
アジア大会で金メダルを首にかけた。
決勝戦で宿敵日本のゴールを激しく揺さぶった後だった。
秋夕特集のインタビューのため、18日にイタリア・ヴェローナにいる彼の自宅の前でスポーツソウルと単独で会った席でも、イ・スンウはこう語った。
「韓日戦の勝利は当然だ。なので勝ってもすごく嬉しいということはない。負ける試合に勝ってこそ嬉しいのだろう、勝つ試合に勝ってもね…」
特有の笑みが浮かぶ。


180921091014193a.jpg



“韓国のメッシ”が「日本の自尊心を踏みにじるセレモニー」に「本当に知らなかった」と弁明

 U-23韓国代表のFWイ・スンウがアジア大会決勝のU-21日本代表戦(延長2-1)で物議を醸したゴールパフォーマンスについて口を開いた。韓国『中央日報』が伝えている。

 問題となっていたのは、イ・スンウがゴール直後に日本のトヨタ自動車株式会社の看板によじ登り、両耳に手をつけて喜んだパフォーマンス。当時、韓国『国際新聞』では「偶然にもイ・スンウが上がった看板は、日本の自動車企業のトヨタのものだった。彼の意図とは関係なく、結果的に日本の自尊心を踏みにじるセレモニーとなった」と報じていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-01876300-gekisaka-socc




日メディアの難癖…「イ・スンウ、日本の自尊心を踏みにじって知らなかったと弁明」
OSEN




※一部要約

日本メディアが相変わらずアジア大会決勝戦の敗北について不満をあらわしている。

日本の"ゲキサカ"は15日、韓国メディアを引用して2018アジア大会決勝当時のイ・スンウのセレモニーについて怒りをあらわした。

韓国は1日、日本との2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー決勝戦で、延長戦の末に2-1で勝利して大会2連覇に成功した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング