[イ・ソンモのアシスト+] イニエスタ?Jリーグは"エンターテイメント"で勝負する
ゴールドットコム




※一部要約

「Jリーグは外部から見るときは上手くいっているように見えるかもしれないが、実際は下落傾向だ。最大の問題はリーグの平均観客年齢がますます上がっているということである。新しい観客の流入がますます減っているという意味だ。さらにEPLなどヨーロッパサッカーと比べたとき、クオリティで勝負できないという悩みも抱えている。なのでJリーグには別のアプローチが必要だった」(タスク・オオカワ"ゴールドットコムジャパン"編集長)

日本は世界のどの国よりも"エンターテイメント"事業が発達した国である。

韓国でもかなり以前から流行っている"アイドル文化"だけでなく、日本と韓国を越えて全世界的に人気を呼んでいる"漫画"あるいは"アニメーション"などは、日本という国の商業的な売上を上げるだけでなく、ブランド価値を高めるのに貢献している。
また、日本のコメディアンはずっと前から全世界のどの国よりも高く認められていて、彼らの一挙手一投足が国全体のイシューになったりもする。
色んな面から日本は、多様な分野で"人を楽しませる"ということを本質にしているエンターテイメント事業に、ずっと前からたくさんの投資をしている国である。
あるいは、そのような"楽しさ"を追求するのは、彼らの契約的な目標である以前に、日本という国全体の指向なのかもしれない。

5日、44000人が入場したFC東京とヴィッセル神戸の現場でも、そのような彼らのエンターテイメントを追求して、また楽しむ指向をあちこちで如実に感じられた。
一言で、直接目にして確認したJリーグの現場は"スポーツ"だけでなく、徹底して準備された"エンターテイメント"の場だった。

FC東京対ヴィッセル神戸の対決を前に、日本だけでなく海外でも最大の関心事だったのは、イニエスタ欠場のニュースだった。
7月に神戸に入団して、行くところが常に"売り切れの行列"を起こして大きな話題を呼んだイニエスタは、家族の問題でシーズン中にスペインへしばらく戻ったのだが、よりによってその期間が日本最大の都市である大阪と日本の両都市の遠征試合の期間と重なったのだ。
韓国を含む外信から、イニエスタの欠場に対して日本サッカーファンの不満が強いという報道が続いたりもした。

そのような問題に対し、FC東京側は日本以外の国では見るにはかなり"荒唐"な、だが冒頭に言及した通りコメディアンがどの国よりも高く認められている日本では極めて彼ららしい"解決策"を持ち出したのだが、イニエスタと容姿が似ているコメディアンを起用して、両チームの試合に入場させるというものだった。



「サッカー発展のため」チョン・モンギュサッカー協会長40億ウォン寄付
韓国日報




※一部要約

大韓サッカー協会はチョン・モンギュ会長がサッカー発展のために40億ウォンを寄付したと31日明かした。

チョン会長は「寄付金が新たに選任される代表監督の年俸を支援し、幼少年サッカーを活性化させるために使われてほしい。特に外国の有能な指導者を代表監督に迎える場合、予算不足で困難を経験しないようにしっかり使ってほしい」と頼んだ。

サッカー協会はロシアワールドカップ後に契約が終わった既存のシン・テヨン監督を再信任する代わりに、外国人指令塔を新たに選任する方に糸口を掴み、現在監督候補と接触している。

サッカー協会によると、2013年に首長になったチョン会長はこれまで計29億ウォンを寄付している。
これは各級代表の激励金や2017年のU-20ワールドカップ大会運営費、指導者の海外派遣費などに使われた。
チョン会長はこれとは別に、2015年から"ポニーチョン財団"を通じて、厳しい状況の中学生選手に毎年1億2000万ウォンずつ奨学金を支給している。



[アジアNow] スーパースターを獲得したJリーグ、日本文化の広報まで"効果バンバン"
スポーツソウル




※一部要約

Jリーグのスター選手獲得が日本サッカーだけでなく、日本文化まで広報する効果までもたらしている。

Jリーグはアンドレス・イニエスタとフェルナンド・トーレスの効果に揺れている。
イニエスタを獲得した神戸は、ホーム試合・遠征試合を問わず売り切れの行列を続けていて、イニエスタのユニフォームは生産が需要に追いつかないほど飛ぶように売れている。
サガン鳥栖のユニフォームを着たトーレスもやはり、とてつもないスポットライトを浴びて一挙手一投足が話題になっている。






[鳥栖LIVE] サガン鳥栖のトーレスエフェクト、必ず伝えたい実体②
ベストイレブン




※一部要約

羨ましがるだけでなく、日本のようにワールドスターを獲得しなければならないという声は韓国内でも少なくない。
Kリーグで有名な選手がプレーすれば、明らかに効果があるという期待の心理を持っているファンはかなりいる。
だが今の韓国文化、より正確にはコンテンツに関する消費文化とスポーツを眺める認識が改まらない限り、誰かが巨額を投資したとしても、何も残らないだろう。
その投資額はその(※スター)選手が去ってしまえば、為す術もなく空中に蒸発する金に過ぎないだろう。

韓国では現場観戦でなければ、スポーツを有料で視聴するという概念がかなりぼやけている。
最近、某スポーツ専門チャンネルがエル・クラシコを有料中継をしたとき、ファンの反応がとても抵抗的だったと記憶している。
それは当然のことである。
そんなことはほとんどなかったからだ。

もちろんスポーツを離れれば変化はあるだろう。
歌手は音源の収益を上げており、映画はIPTVで有料決済する時代が来た。
十数年前まで"不法複製"は金のない人のための必要悪という認識があったが、今は"犯罪"と誰もが認識している。
要するにコンテンツに金を払って買う文化が生まれた。
幸いなことである。

だが特にスポーツに限っては相変わらず違う。
様々な文化コンテンツの中でプロスポーツ中継は、人々にとって無料で見ることができ、当然そうするべきであり、あるいは意味のない水準に過ぎない少しの視聴料くらいで済ませられるものという雰囲気が強い。
Kリーグだけでなく、韓国のプロスポーツが資金力を基に発展するには、そのような文化はなくならなければならない。
ファンが至近距離から、あるいは部屋で世界レベルに相応しい試合を見たいのなら、金を出さなければならない。


20180723121833931a.jpg



[鳥栖LIVE] "トーレスエフェクト"、必ず伝えたい実体
ベストイレブン




※一部要約

ともに練習してから10日を越えたのに、まだ「不思議だ」という所感を残したDFキム・ミンヒョクのように、アジアの舞台では見られそうにない"大物"フェルナンド・トーレスを目にするのは不思議だった。
おそらくベストアメニティスタジアムを訪れたファンや、鼻っ柱の高い日本メディアも同じ心情だっただろう。
一方で、最も至近距離にいる"部外者"の視線では羨ましくもあった。
おそらくトーレスやアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキが日本Jリーグ入りをしたというニュースに接したとき、多くの韓国サッカーファンがそういう感情を覚えただろう。

なので悩みに陥った。
やはりKリーグはこのような選手を抱えることができないのではないかという疑問だ。
そしてJリーグや中国スーパーリーグのスター選手獲得をめぐって、ファンの間で論争が起きる。
ある人が言う、鶏が先か卵が先かに近い消耗的な論争である。
その論争の応えを少しでも見つけるため、トーレスがプレーするサガン鳥栖のホーム鳥栖を訪れた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング