"投資クラブ"全北現代が夏市場で財布を開く、団長「CBとFWを獲得する」
スポーツ朝鮮




※一部要約

現代車グループを親企業に持つ全北現代は、Kリーグに投資するクラブとして最初に挙げられる。
チョン・ウィソン現代自動車グループ首席副会長が、サッカービジネスに継続的な関心を示している。
全北現代は1年に400億ウォン(推定)余りを着実に使っている。
彼らは選手スカッドの面で他の追随を許さないが、現状に満足せず絶えず強くなろうと補強作業を進行中である。
ペク・スングォン全北団長は「私たちはリーグ制覇のタイトルをずっと防衛しなければならない。また、Kリーグを越えてアジア、そして世界の舞台で認められたい」と語る。

全北現代は夏の選手移籍市場を準備している。
エージェント業界では、全北の活発な水面下の動きが感知されている。
Kリーグで指折りのあるエージェントは「全北はCBの補強に血眼になっている。クォン・ギョンウォンやチャン・ヒョンスらの名前が上がったり下がったりしている」と伝えた。
また一部からは、全北が負傷でシーズンアウトとなったアドリアーノの空白を埋めるため、様々なチャンネルを稼働させているという言葉が出てきている。

全北にとってCBの補強作業は喫緊の課題である。
ジョゼ・モライス監督も最近のインタビューで「CBが必要だ。現在の選手では怪我のリスクがあり、不足している面がある」と語った。

全北の最初の獲得候補はクォン・ギョンウォン(天津天海)になりそうだ。
クォン・ギョンウォンは全北出身である。
現在は代表のCBでもある。
クォン・ギョンウォンは今年末に軍入隊を控えており、夏には国内に戻るのが避けられない境遇だ。
2年前に中国でプレーしていたユン・ビッカラムのケースとまったく同じである。
国内プロチームに籍を置いてこそ、尚州尚武のような軍チームに選抜されることができる。

また、傑出した外国人FWの補強も急ピッチで進む見通しである。
全北は守備中心のチームと会うことが多き。
そのようなチームを破るためには、セットピースで強みを見せなければならないというのがクラブの考えだ。

全北は今冬にキム・ミンジェ(北京国安)を送り、代わりにキム・ミンヒョクやチェ・ヨンジュン、ムン・ソンミン、ハン・スンギュらを獲得した。
今夏に全北はさらに強くなるため、再び財布を開く予定である。



電通に韓国とアジア市場の未来を問う
ベストイレブン




※一部要約

韓国メディア:電通にJリーグの2兆ウォン契約のビハインドストーリーを聞いてみた」の続き


市場の論理で見たとき、2兆ウォンを越える中継権は過分とみられる。
サッカーコンテンツ(試合)の量とうい側面では、Jリーグでなくとも投資する対象があるからだ。
最近ダビド・ビジャ、フェルナンド・トーレス、ルーカス・ポドルスキ、アンドレス・イニエスタらの世界的スターを相次いで獲得しているのとは別に、ヨーロッパ5大リーグなどのメインストリームに比べてJリーグの魅力が落ちるのは明らかである。

「率直にプラットフォームの立場では、今は価値が不足していても、毎年1000試合のコンテンツなら投資して価値を十分に引き上げられるだろうと判断した。スポーツOTTプラットフォームの特殊性も作用した。地上波は当該の時間に1試合しか中継できない。だがスポーツOTTプラットフォームは同時に10試合行われていてもすべて中継が可能で、視聴者は好みによってコンテンツを選択できる。そのようなことが画期的な観点だ。様々な形の試合が、コンテンツとしてはとても適切だ。もちろんJリーグの価値も反映された。コンテンツそのものの力も確実に持っている」

アジアパートを別個で管理し、韓国や周辺の市場についても熟知しているようだった。
韓国ではマーケティング企業のチームトゥエルブに出資し、戦略的提携も結んだ。
事実上、韓国市場の拠点の役割をチームトゥエルブが果たしている。
今度行われる東アジアカップなど、韓国市場にも事業を伸ばしている。
その他、タイやベトナムを筆頭とした東南アジア市場に、かなりの投資を注いでいる。
そして韓日両国の市場の差(規模を除く)がどこから始まっているのかを聞かないわけにはいかなかった。



Jリーグの2兆ウォンのジャックポット契約"ビハインドストーリー"
ベストイレブン




※一部要約

2016年、世界サッカーの主流から外れていた日本Jリーグが、グローバル市場を驚かせた。
リーグ中継権を放送局でもない、ストリーミング業者のDAZNに2100億円(約2兆1000億ウォン)に達する巨額で売ったからだ。
その背景にはスポーツマーケティング企業の"電通(Dentsu)"がいた。
電通に会い、契約の裏に隠された話と、韓国やアジア市場の未来について聞いてみた。

まず電通に馴染みの薄い読者のために、紹介からする。
電通は日本最高のスポーツマーケティング企業で、この分野のグローバルリーディングカンパニーでもある。
冒頭から電通に言及した理由はまさにこの企業が、JリーグとDAZN JAPAN(契約主体はパフォームグループ)が2兆ウォンを越える中継権契約を結ぶのに大きな役割を果たしたためである。
2014年にJリーグのマーケティング代理店となった電通は、今回のDAZNとの契約でもリーグエージェントとして関わった。
契約の内幕を知るために、ヨシヒロ・オオイ室長に会った。
そして電通がどんな企業なのか、どうやってマンモス契約を締結できたのか、さらには韓国とアジアの市場についてどう思っているのかを2時間かけて尋ねた。





ヨシヒロ・オオイ(Yoshihiro Oi)

-日本慶応大学学士
-日本中央大学大学院経営学博士
-FIFA CIES Forum日本ディレクター
-元電通アジアサッカー事業部長
-現電通グローバルサッカー事業室長



大田市議会議長を今週警察召喚…シチズン選手選抜で介入嫌疑
聯合ニュース




※一部要約

キム・ジョンチョン大田市議会議長がプロサッカー・大田シチズンの選手選抜に介入したという疑惑に関して、早ければ今週に警察に召喚される。

業務妨害の嫌疑を受ける被疑者の身分だ。

20日、警察によれば大田地方警察庁の知能犯罪捜査隊は最近、キム議長に出席を通知し、出席日時を調整している。

キム議長への調査は22日前後になる可能性が高いと伝えられている。

警察は大田シチズンの選手選抜を前に、キム議長がコ・ジョンスシチズン監督に特定の選手を推薦し、選手選抜委員会の業務を妨害したと疑っている。

キム議長が市民クラブである大田シチズンの支援予算の編成などに影響を及ぼし得る地位にいる点を鑑みて、彼の選手推薦が圧力として作用し得るという点を警察は考慮していると伝えられた。

そこで警察がキム議長を、参考人ではなく被疑者として召喚通知した点を考慮したとき、嫌疑の立証のための具体的な手掛かりを掴んでいる可能性も小さくないという分析が出ている。

キム議長が推薦した選手は、シチズンの選手選抜2次テストを通過した15人に含まれていた。

2次テストの後に不正疑惑が膨らみ、選手選抜の過程は中断された。

キム議長は最近、聯合ニュースとの電話で選手推薦の事実を事実を認めながらも、請託ではないという点を強調した。



"第2、第3のコン・フオンが来る"…Kリーグ、東南アジアクォーター新設
ニュース1




※一部要約

2020シーズンからKリーグに東南アジア(ASEAN)クォーターが新設される。
発展の可能性が大きい海外市場と評価される東南アジア地域を積極的に活用するための方便である。

韓国プロサッカー連盟は18日に第5次理事会を開き、来シーズンからアセアンクォーターを新設する方案を議決した。

東南アジアクォーターにはアセアン(ASEAN)加盟国でAFC会員国であることをどちらも満たす選手が該当する。
1967年に創設された東南アジア国際機構アセアンの現在の加盟国はタイ、マレーシア、インドネシア、ミャンマー、ベトナム、フィリピン、シンガポール、ラオス、カンボジア、ブルネイら10ヶ国である。

これに伴い各クラブは最大5人の外国人選手(国籍不問の3人+AFC加盟国1人+ASEAN加盟国1人)を保有できる。
試合での出場も5人すべて可能だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング