[ブームアップ!Kリーグ] 神戸和牛・ゴールラインバー…サッカー場で文化を売ってみよう
韓国日報




※一部要約

「ドイツプロサッカーのブンデスリーガでは、試合が行われる日にはファンが少なくとも一食、多ければ二食して楽しみます。なぜ韓国はそれができないのですか?」

4日、ソウル松坡区のロッテワールドタワーで行われたドイツ・ブンデスリーガクラブ招待イベントで、韓国サッカーのレジェンドであるチャ・ボングン元監督が、国内プロサッカーKリーグの競技場で"食べる楽しみ"が足りないことについて惜しさを伝えた。
2004年から7年間、Kリーグ・水原三星の監督を引き受けていた彼は、Kリーグの食品販売条件の限界を知らずに投げかけた話ではない。
彼は「(ドイツは)サッカーが上手なだけではない。文化的要因も作用した」と語った。
Kリーグファンが試合前後で今より長く競技場に留まることのできる環境が作られれば、サッカー場を中心にもう一つの飲食文化を発展さられると解釈できる。

アメリカやヨーロッパ、日本を含めた海外プロサッカー団は、競技場の内外の食品販売にかなりの力を入れている。
もちろん海外リーグの場合は概ねクラブが食品販売権を持っていて、収益創出と直結するという点がKリーグと異なるが、私たちのクラブもプロスポーツの重要な文化として、競技場内のF&Bの活性化に悩まなければならないという点は明らかだとみられる。
観客にとって"食べる楽しみ"は競技場訪問の満足度を高め、新たなファンを引っ張ってこられる機会になり得る。



最後まで興味津々だったKリーグ1の順位争い…もう最後のラウンドが行われる
スポーツ東亜




※一部要約

首位も、6位争いも激しかった。
もちろん最下位の争いも依然として興味津々だった。

Kリーグ1・2019が6日、同時間帯に繰り広げられた33ラウンドを最後に、全体レースの8部目を越えた。
もう上(1~6位)・下位(7~12位)に分かれて、1チームあたり5試合ずつを消化するファイナル(スプリット)ラウンドを残すだけだ。

Kリーグ1ファイナルA(※上位スプリット)に起死回生したのは浦項スティーラーズだった。
前ラウンドまで不安な6位に留まっていた浦項は6日、浦項スティールヤードで行われた蔚山現代との"東海岸ダービー"で、スカッとする2-1の逆転勝ちを手にしてシーズン14勝目(6分け13敗・勝ち点48)を申告、5位に上がってファイナルAに安着した。

今シーズン序盤に深刻な浮き沈みを経験して下位圏を彷徨っていた浦項は、4月にチェ・スンホ前監督と決別し、主席コーチとして活動していたキム・ギドン監督に指揮棒を任せて反転に成功した。

それでも蔚山はすべてを失ったわけではない。
「依然として自分たちが1位」というキム・ドフン監督の言葉通り、首位は守った。
同日に仁川ユナイテッド遠征に出た2位の全北現代が無得点で引き分けを記録したからだ。
ただし差は縮まった。
蔚山が勝ち点69を維持した反面、全北は1点を追加して勝ち点68になった。

32ラウンドまで7位にランクされていた尚州尚武は、江原FCをホームに呼んで2-1の勝利を手にして6位安着の希望を膨らませたが、浦項の逆転勝ちで気持ちの良いシナリオに傍点を打てなかった。
尚州は前ラウンドまで5位を走っていた江原と勝ち点で同率(46)になったが、多得点(江原48ゴール・尚州42ゴール)で押されて7位、惜しくもファイナルB(※下位スプリット)でシーズンを終えることになった。
上位スプリット入りの"マジノ線"である6位は江原が占めた。

下位圏の勢力図にも亀裂が生じた。
10位の慶南FCが済州ユナイテッド遠征で2-1の勝利を手にして、勝ち点28で一歩飛び出した。
12位の済州が勝ち点23で縛られている間、全北と対等に戦った11位の仁川も勝ち点26になって一息ついた。



サッカーセミプロ3・4部リーグ推進に30チーム申請…来年発足
SBS




※一部要約

韓国サッカーのプロリーグとアマチュアリーグの架け橋的役割を果たすことになる、セミプロの3・4部リーグのK3とK4の発足が可視化されています。

大韓サッカー協会は先月30日までに、実業サッカー・ナショナルリーグの8チームとアマチュアK3リーグの20チーム、創立希望のチームを対象に、KFA3・4部リーグの参加申し込みを受けた結果、合計30チームが申し込んだことがわかりました。

ナショナルリーグの8チームのうち、江陵市庁を除く7チームが参加申し込みをしました。

アマチュアK3リーグの上位リーグ12チームと下位8チーム、合計20チームはすべてK3、K4の発足に参加します。

彼らの他に仁川南洞区や慶南晋州市、京畿道議政府市の3チームが追加で創立を目標に参加申込書を出しました。

サッカー協会はクラブ資格審議委員会を構成し、申請チームについて書類審査と現地実態調査を経て、K3とK4の参加チームを12月中に確定する方針です。

協会は今年3月26日にアマチュアの5・6・7部リーグに該当するK5・K6・K7を発足させました。

来年にK3とK4が発足すれば、プロであるKリーグ1・Kリーグ2とともに、7部まで続くディビジョンシステムが完成します。



清州ホームのプロサッカー団誕生するか…清州FC創立申込書を提出
ニュース1




※一部要約

忠北清州をホームにK3クラブを運営している清州FCが、プロサッカー団創立を公式化した。

清州FCは30日、韓国プロサッカー連盟にプロサッカー団創立申込書を提出した。

当初、清州FCはクラブ運営費の一部を地方自治体から支援される方案を考慮していたが、運営の効率性などのため、コンソーシアム形態の企業クラブとして運営する計画である。

清州FCはプロクラブの運営に50~55億ウォンが必要だと見ている。

清州市とは24日にホーム協約を結び、市はホーム球場の清州総合運動場の使用料を減免することにした。

K3チームの清州FCは2015年からプロサッカー団創立の計画を立てていたが、志を果たせていなかった。

直近の2017年には清州市の協力まで受けて条例案を作り、清州市議会の敷居まで上がっていたが、常任委の敷居を越えられず苦杯をなめていた。



イ・ガンインの立場が急変か…バレンシアのクラブオーナー、刀を抜いた
スポータルコリア




※一部要約

バレンシアが監督を置き換えた。

スペイン"コペ"、"オンダ・セロ"など現地複数メディアが関連話を伝えた。
ピーター・リムバレンシアクラブオーナーが、マルセリーノ・ガルシア・トラル監督を更迭することにしたという。
続けてクラブ側が公式発表を出した。

予想外の歩みである。
もちろん摩擦がなかったわけではない。
選手獲得や起用、プレースタイルなどで、マルセリーノとクラブの間には妙な気流が流れていた。
ただし、昨シーズンのスペイン・プリメーラリーガの上位圏でUEFAチャンピオンズリーグ本戦行きを導いた功労者を排除することはできなかった。

イ・ガンインにとってもかなりの影響を及ぼしそうだ。
マルセリーノ監督体制で1軍デビュー戦、1軍昇格まで成し遂げたイ・ガンインは、その後静かだった。
ときどきチャンスを得ることはあったが、出場時間に飢えていたのが事実。
レンタルまで失敗に終わり、状況はさらに苦しかった。
新監督が来るだけに、将来がどうどう展開するのか見守っているところだ。




「涙を堪えられない状況」バレンシア選手団、マルセリーノ更迭に動揺
STNスポーツ




※一部要約

バレンシアは12日、公式HPで「マルセリーノ・ガルシア・トラル監督を監督職から解任する」と発表した。
すぐに「マルセリーノの監督の後任に、我がクラブはアルベルト・セラーデス監督を選任する」と伝えた。

マルセリーノ監督は暗黒期を過ごしたバレンシアを、連続でUEFAチャンピオンズリーグ進出チームにした名将。
昨シーズンはコパ・デル・レイ優勝をもたらし、自分の能力を再び証明したりもした。
だが更迭ですべてが水泡に帰した。

バレンシア選手団もマルセリーノ監督更迭に大きく動揺していることがわかった。
同日、スペインメディア<スーペル・デポルテ>は「現在、選手団の多くの選手がマルセリーノ監督更迭を受け入れずにいる。涙を流している選手もいる」と付け加えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング