広州恒大が「爆買い」終了へ、中国人選手中心の編成に方針転換
AFP=時事

【AFP=時事】中国スーパーリーグ(1部)の強豪で、昨季のリーグ王者でもある広州恒大(Guangzhou Evergrande FC)が14日、2020年までに所属選手を中国人だけで固めると発表し、資金力にものをいわせて海外スターを集めた近年の強化方針を180度転換する意向を明らかにした。

 国営新華社(Xinhua)通信によれば、クラブオーナーを務める不動産王の許家印(Xu Jiayin)氏は、2010年代が終わるまでに外国籍選手をすべて放出する計画を持っているという。報道によると、シーズン開幕に向けたイベントの席上で許家印オーナーは「世界最高の指揮官の下で、選手はすべて国内選手で固めるという構成がクラブの理想形になる。われわれの目的は中国サッカーの発展であり、すべてはそこに向けて進めるべきだと考えている」と語ったとされている。

 広州恒大は、不動産大手の恒大集団(Evergrande Group)と、電子商取引(EC)で国内最大手のアリババ(阿里巴巴、Alibaba)が共同保有するクラブで、許家印オーナーは、今までよりも健全な経営にかじを切ることを示唆している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000033-jij_afp-socc




広州、2020年までに外国人選手"0人"を推進
スポータルコリア




※一部要約

広州の財政が悪化したわけではない。
広州は相変わらず多くの資金を誇っている。
それでも外国人選手を出そうとしているのは、中国内のサッカーを眺める視線が変わったためである。
中国サッカー協会はサッカーチームが巨額を投じて外国人選手を獲得することに否定的だ。
特に2~3年間で天文学的金額で外国人選手を獲得すると、すぐに中国サッカー協会が外国人選手獲得の規制とユース選手育成のための規定を作ったほどである。

広州の政策の変化は中国サッカー協会の規定に足並みを揃えるためだ。
規定を強行に施行すれば、巨額を投じて外国人選手を獲得することに負担が生じる。

また先を争って高い身代金の外国人選手を獲得して、財政の健全性に警告が来ている。
クラブを所有する個人や企業の財布は相変わらず分厚いが、数年間ずっと巨額を使うのは負担になるしかない。

現在広州はジャクソン・マルティネス、グラール、アラン、パウリーニョら南米出身選手を保有している。
アジアクォーターではキム・ヒョンイルと6ヶ月の短期契約を結んだ。
負傷中のキム・ヨングォンとも現在契約を維持している。

クラブオーナーの構想が実現されるなら、彼らは2~3年以内に広州を去ることになる。



「私たち、ドローンでサッカーをします」・・・"全州市ドローンサッカーチーム"が出た
聯合ニュース




※一部要約

上空撮影や宅配など様々な用途で活用されている"ドローン"が今やサッカー場にまで入り込んでもう一つのゲーム産業への飛翔を試みる。

全州市は11日、全州ワールドカップ競技場内のドローンサッカー常設体験場でドローンサッカー選手団の創立式を行った。

キム・スンス市場は先月選抜戦によって選ばれたドローンサッカー選手団の23人に任命状を授与した。


20170211105305671a.jpg


全州市ドローンサッカーチームは今後、多様な活動や試合を通じて、全州をドローンサッカーの宗主都市にしていく計画である。

全州市は去年ACLで優勝した全北現代とドローンサッカーチームでブームを作り、全州をサッカー都市に育成していくことにした。



2大山脈のナイキ-アディダス、Kリーグで見るのが難しい理由
アジア経済




※一部要約

Kリーグクラシック(1部)の12チーム、チャレンジ(2部)の10チームの中で、ナイキが作ったユニフォームを着ているチームはない。
アディダスを着ているチームはクラシックの水原三星と蔚山現代、チャレンジの釜山アイパークだけである。
デンマークブランドのヒュンメルを5チーム(全北、仁川、浦項、慶南、水原FC)が身につけ、スペインブランドのホマを3チーム(全南、光州、江原)が着ている。

ナイキとアディダスのロゴをなぜ国内プロサッカーの舞台で見るのが難しいのだろう?
ナイキとアディダスはスポーツブランドの2大山脈である。
アメリカ経済誌フォーブスが去年6月に選定した"2016ブランド価値ランキング"でナイキは275億ドル(31兆ウォン)、売上額300億ドル(34兆ウォン)でスポーツブランドの中で1位だった。
アディダスは価値70億ドル(8兆ウォン)、売上額153億ドル(17兆ウォン)で後に続いた。

ヨーロッパサッカーは両ブランドが争っているメインの舞台だ。
ナイキは2014年8月からヨーロッパ5大リーグ(イングランド、ドイツ、スペイン、イタリア、フランス)の26クラブにユニフォームを供給している。
アディダスは18。
同年のブラジルワールドカップ本戦に上がった32ヶ国の中でナイキはブラジル、イングランド、韓国など10チーム、アディダスはアルゼンチン、ドイツなど9チームのユニフォームを作った。
だがKリーグではどうして?
理由はKリーグが市場として魅力がないというところにある。

ナイキは2013年から中国プロサッカー連盟と"包括契約"して、中国リーグの16チームのユニフォームをすべて供給している。
中国自身が推算したプロサッカーファンの数は約1億人以上。
1億人がすべてナイキのユニフォームを着て応援すれば、広告効果はとてつもないだろう。
ヨーロッパ5大リーグもやはり毎シーズン、各チームのユニフォームが約1300万枚売れる巨大市場である。
それに比べればKリーグは小さい。



恐ろしくなったJリーグ、マンUで得点王になったファン・ペルシ獲得も推進
聯合ニュース




※一部要約

日本プロサッカーJリーグのクラブが続々と特級外国人選手の獲得に乗り出している。

日本メディアのサッカーダイジェストは2日、トルコメディアを引用してサンフレッチェ広島がオランダ代表出身ファン・ペルシの争奪戦に飛び込んだと伝えた。

このメディアは「広島はファン・ペルシ側と接触し、現所属チームのフェネルバフチェに移籍金650万ユーロ(約80億ウォン)を提示した」と説明した。

ファン・ペルシはアーセナルで2011-2012シーズンに得点王を取り、翌年マンチェスター・ユナイテッドで再び得点王になった世界的スタープレーヤーである。

彼は2015年にトルコ・フェネルバフチェに移籍した。

ファン・ペルシはオランダ復帰とアジアリーグ進出で悩んでいることがわかった。



ACミランより高い北京国安・・・9418億ウォンで売却
スポーツ京郷




※一部要約

中国プロサッカーのチームがヨーロッパの名門チームより高値で売れて話題だ。

AFP通信は27日、香港証券取引所を引用し「中国の不動産開発業者であるシノボランドが北京国安の株式64%を中国国際信託投資公司(CITIC)から35億6000万中国元(約6072億ウォン)で買収したと報じた。

この報道によると北京国安の価値は計7億5400万ユーロ(約9418億ウォン)に達する。
ヨーロッパの名門チームであるACミランより高く売れたわけだ。
ACミランは去年8月中国コンソーシアムに売却されたが、その価値は7億4000万ユーロ(約9243億ウォン)と算定された。
ACミランが負債を2億2000万ユーロを抱えてはいるが、驚くべき結果である。

北京国安の価値はヨーロッパの頂点を狙っているスペインの強豪アトレティコ・マドリードよりも高い。
アメリカのブルームバーグ通信の評価によると、去年チャンピオンズリーグ準優勝を占めたアトレティコ・マドリードのクラブ価値は5億6500万ドルから6億1800万ドルの間である。




中北京国安、ACミランより高く売れる・・・9400億ウォン
聯合ニュース




※一部要約

北京は最近、中国スーパーリーグでこれといった成績を出せずにいる。

2009年以降8年間優勝できておらず、昨シーズンも5位に終わった。

だが観客動員は最高水準である。
毎試合4万人以上の観客を動員し、スーパーリーグのリーディングクラブの役割をしっかりと果たしている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング