[パク・コンウォンのサッカー現場] クラブ健全経営の滋養分、Jリーグクラブライセンス
ベストイレブン




※一部要約

Kリーグは合理的なJリーグの行政を多く借用している。
その中で最も大きな影響を受けた制度があるなら、クラブライセンス制度だろう。
AFCチャンピオンズリーグ参加に最も重要な物差しの一つであるクラブライセンス制度がAFC加盟国に積極的に導入された最大の原動力は、日本が吹き込んだ。
もちろんクラブライセンスの源流はドイツなどのヨーロッパ国家である。
だが鈴木徳昭AFC競技局長が主導的に導入し、Jリーグがアジアで最も積極的にクラブライセンス制度を定着させて周辺国に伝えたため、日本が原動力と見て差し支えない。

日本Jリーグ事務局を訪れて最も重点的に見ようとしたのもクラブライセンスだ。
事実、アジアリーグのクラブライセンスはそれぞれ自国の事情に合わせて適用しているのが実情だが、日本はヨーロッパに準ずる厳しい規定を適用し、遵守するかどうかを問い詰めている。
3年連続で経営赤字になればクラブライセンスが取り消しになったり、競技場の施設をしっかり揃えられなくて、優秀な成績をおさめても昇格できないチームを日本でしばしば見ることができる。

青影宜典Jリーグ経営戦略部長兼クラブライセンスマネージャーに会い、詳しい内幕を聞いた。
英国の有名会計法人デロイトに在職し、一時は破産した大分トリニータの経営コンサルタントとしてJリーグと縁を結んだ青影マネージャーは、Jリーグのライセンスを外部から眺めるとき、最も重要に考えなければならないことを、"審判者"ではなく"ガイド"であるという見方だと語った。
実際にクラブライセンスは、連盟が正しい方向を提示できない場合、批判を受けるのにちょうど良い制度である。



Jリーグ外人出場修正案…1部5人-2部4人-3部3人
MKスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJ1リーグが、2019シーズンから1チーム当たり最大5人が1試合に出場できる。

日本の"スポーツ報知"は10日、「Jリーグ事務局が2019シーズンから施行する外国人選手クォーター拡大の修正案を9日に各クラブへ提案した」と伝えた。

外国人選手の試合エントリー(出場および待機)登録数をJ1リーグ5人、J2リーグ4人、J3リーグ3人に拡大する。

当初はJ1~J3リーグまですべて1チーム当たり最大5人の出場が可能な方案だったが、クラブの意見を反映して差をつけた。

Jリーグはリーグ競争力強化のため、外国人選手の比重を増やしている。
まず外国人選手の保有限度を廃止する方向である。

提携国クォーターのタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、イラン、カタール出身の選手は外国人選手として扱われない。



[現場リポート] 台風が来ても3万人が訪れる…Jリーグの熱いファンの心
スポータルコリア




※一部要約

大雨は降ったが競技場は3万人以上が訪れた。
天気とは関係なく常に競技場を訪れるファンの姿が、Jリーグの持つ力だった。

日本は9月28日から1日明け方まで、台風24号チャーミーの影響圏に入った。
9月29日には台風が沖縄を北上して東京都は影響を受け、大雨が降り始めた。
テレビでは休む間もなく台風のニュースを伝えた。

だがファンの足を止めることはできなかった。
本格的な影響を受ける9月30日の試合は安全のためキャンセルされたが、9月29日の試合には雨の中でも多くのファンが競技場を訪れた。
FC東京と清水エスパルスのJ1リーグ28ラウンドが行われた味の素スタジアムも同じだった。






キム・ギヒが経験したMLS「一緒に楽しむ文化が力」
ゴールドットコム




※一部要約

キム・ギヒが活躍中のシアトル・サウンダーズはアメリカプロサッカーMLSで最高の人気チームだ。
シアトルは今シーズン、ホームで1試合当たりの平均観客数が40623人。

また、キム・ギヒはMLSに移籍してアメリカの舞台を経験するのはもちろん、ズラタン・イブラヒモビッチらのビッグリーグ出身FWとぶつかる機会が増えた。
彼は24日、イブラヒモビッチが身を置くLAギャラクシーとの2018シーズンMLS29ラウンドの遠征試合にも先発出場し、フルタイムを消化した。
キム・ギヒは5月を皮切りに4ヶ月以上、シアトルが行った21試合で連続先発出場中である。

シアトルはこの日、ギャラクシーに0-3の大敗を喫した。
だがキム・ギヒが守備の核として活躍中のシアトルはこの日の前までの3ヶ月間、13試合連続で相手を無失点か1失点で防いでいた。
実際、シアトルは今シーズンにわずか32ゴールしか許しておらず、MLSの計23チームの中で最小失点を記録中だ。
キム・ギヒは最近数年間でシアトルの主戦DFであり、ロシアワールドカップに出場したパナマ代表の主将ロマン・トーレスとの主戦競争を勝ち抜き、毎試合先発出場している。
すでに彼は今シーズン、MLSが毎ラウンド後に選定する今週のチーム(ベストイレブン)にも3回入っている。

キム・ギヒはギャラクシー戦を終えた後、ロッカールームで取材陣と会い、大敗したことに惜しさをあらわしながらも、この半年ほどで経験したアメリカの舞台には十分満足していると語った。




プロサッカー連盟、警察サッカーチームの募集中断に反発「猶予期間が必要」
NEWSIS




※一部要約

警察庁が運営するプロサッカーKリーグの牙山ムグンファが、今年から新規選手を充員しない方針を決め、クラブが存廃の危機に置かれた。

プロサッカー連盟は18日、サッカー会館でブリーフィングを開いて「警察庁は選手の募集中断を連盟や牙山のクラブら、利害関係者との事前調整なしで一方的に通知した」として、「後続の対策もなしにこのような決定を下したことに遺憾を表する」と明かした。

連盟は18日、選手の募集中断に抗議する公文書を警察庁と警察大学に送る計画である。

連盟は「牙山ムグンファ創立のとき、警察大学は牙山市や連盟と運営協約書を締結した。警察サッカーチームの運営に深刻な問題が発生したら、三者協議で調整しなければならないと明示されているが、警察大学はこれを無視した」と明かした。

警察庁が選手選抜を中断すれば、牙山ムグンファは2019シーズンに14選手しか残らず、クラブ別登録選手の最少人員である20人を満たせず、リーグに参加できない。

キムチーム長は「今後、警察大学との協議して代案を提示する」として、「警察大学が選手の募集中断で猶予期間を置き、2020シーズンから牙山を市民クラブに転換する方案が検討されている」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング