Kリーグ「尚州市の市民クラブ撤回、無責任…金泉市が尚武ホームの予定」
スポーツ韓国



※一部要約

尚州市が尚武を諦め、市民クラブに転換するという計画を放棄した。
Kリーグ側はこれについて「事前協議なしで無責任」と批判し、金泉市が国軍体育舞台(尚武サッカーチーム)の新たなホームとして有力だと明かした。

プロサッカー連盟は23日、ソウル鍾路区新門路のサッカー会館で週間ブリーフィングを行い、尚武について言及した。

尚州市は22日の公式発表で、現・尚武の市民クラブ転換計画を撤回すると明かした。
それについて、連盟に対して批判的な立場も取った。
これに連盟側は「尚州市は創立が難しいという立場を連盟にまず伝えて競技していれば良かった。特に、最も重要な幼少年選手の進路に関して、連盟と優先順位をおいて話してほしかったのに、そうしなかった。無責任だと思う」と語った。

補欠選挙によって新しく尚州市長が入ってきて、変化の気流について感知できなかったという指摘について、連盟側は「2019年にすでに尚州市は、2021年に市民クラブを創立する予定であり、2020年にもう1年だけ尚武のホーム契約を増やしたいという意志を明かしていた。また、研究も行われ、3月にその結果が出て肯定的だった」として、「市長が変わってから行われた公聴会にも連盟の関係者は参加したし、雰囲気を肯定的に見ていた。一連の過程から見て、市民クラブ転換に準備過程が進行中だと認識していた」と語った。

尚武は2021シーズンから、慶北の金泉市をホームにする可能性が非常に高い。
「現在、尚武側と金泉市、連盟まですべて順調に話が進行中だ。6月30日までに申込書を出さなければならないが、大きな異常がなければ金泉市が新たなホームにあると思う」として、「すでに金泉市にはバレーボール団もあり、市がプロスポーツチームを好んでいる。金泉市が放棄することはないと思う」として、事実上、金泉市が新たな尚武のホームになる可能性が高いと見た。



Kリーグ、"宗主国"英国上陸…BBC生中継
フットボールリスト

200508085530802.jpg

※一部要約

大韓民国プロサッカー、Kリーグがサッカー宗主国に上陸する。

英国の国営放送である"BBC"が、Kリーグの生中継を推進している。
中継権に詳しい消息筋によると、BBCは放送やインターネット、モバイル、スマートTVなどのオンライン動画サービス(OTT)を通じてKリーグの生中継を検討中である。
公式発表はないが、BBCのホームページでKリーグを検索すると、中継関連の準備状況を一部把握できる。

英国はコロナ19で最も多い打撃を受けている国の一つだ。
強力な封鎖政策が施行中である。
サッカーはもちろん、すべてのスポーツが止まっている。
多くの国民が最も喉の渇きを感じている種目はやはりサッカーだ。
2ヶ月間サッカー中継がない。
Kリーグは一筋の光である。

一部の国ではコロナ19に関係なくプロサッカーリーグを進行中だが、サッカーの実力や中継放送など、様々な面から高レベルを持つリーグを見つけるのは大変だ。
BBCがKリーグを考慮している理由である。

生中継が確定すれば、すぐの8日に全州ワールドカップ競技場で開催される全北現代と水原三星のKリーグ1・2020開幕戦が各自宅で隔離中の英国サッカーファンを訪れる。
現地時間の午前11時で、時差による視聴の負担もない。

ただし、その後のラウンドも生中継が行われるかは議論中である。
全北と水原の試合の反応が影響を及ぼすだろうというのが消息筋の伝言だ。
歴史と伝統のサッカー専門プログラムである"マッチオブザデー"の生中継になる可能性は高い。



株価高まったKリーグ…羨ましい中日「しばらく世界1リーグー商業的利益↑?」
OSEN




※一部要約

Kリーグが開幕日を確定させた後、中継権販売などで連日朗報を伝えている。
これに対して隣国の中国と日本が羨ましそうな視線を送っている。

韓国プロサッカー連盟は27日現在までに世界10ヶ国に2020シーズンKリーグの中継権を販売し、海外オンラインコンテンツのプラットフォーム3ヶ所にも映像使用権を販売したと明かした。
開幕日確定のニュースが伝えられた後、多くの国からKリーグの中継権購買に関する問い合わせが相次いでいると付け加えた。

Kリーグは東アジアでは台湾に続いて2番目、アジア10大主要リーグでは最初に"ポストコロナ"時代を迎える。
これに対してリーグ開幕と再開の日程が不透明な中国と日本が羨ましそうな視線を送っている。

中国メディア"チタンスポーツ"は、Kリーグの海外中継権販売のニュースを伝えて「ヨーロッパ5大リーグ、中国スーパーリーグ(CSL)、Jリーグなどがすぐに始まらなければ、Kリーグがしばらく世界1位のリーグとなる。世界から中継権契約の問い合わせがあるのがその証拠」と分析した。
続けて「Kリーグはリスクを感受して開幕し、経済的な利益を得ることになるだろう」と予想した。

日本の反応も大きく変わらない。
中国のように羨ましそうな視線を露骨にあらわすことはなかったが、Kリーグの状況を詳細に伝えた。
日本メディア"ヤフースポーツ"は「ベラルーシなどが国内リーグを行い、他国の注目や中継に対する需要が高まっている」として、「Kリーグも現在同じような状況」と伝えた。



[オフィシャル] プロサッカー連盟、Kリーグ選手協の年俸削減の議論提案を歓迎
スターニュース




※一部要約

韓国プロサッカー連盟が、韓国プロサッカー選手協会の年俸削減に関する議論の提案について、歓迎の立場を明かした。

コロナ19の事態による全世界的な景気低迷減少が表面化している。
国際通貨基金(IMF)は今年、世界経済の成長率がマイナスを記録すると予想し、韓国の経済成長率もやはり1998年の外国為替危機以来、22年ぶりにはじめてマイナスになると発表した。

サッカー産業も経済危機から自由ではない。
世界各国のリーグが中断あるいは開幕延期の状態にある。
入場収入や中継権料など、各種収入の急激な減少で大きな損失が発生した各国のリーグやクラブ、選手は自己救済策の用意に忙しい。

Kリーグもやはり危機的状況である。
連盟は今年、Kリーグ全体の売上損失が約575億ウォンに達すると推定したことがある。
去年のKリーグ全体売上の約15%に該当する金額である。
景気低迷が長期化すれば、クラブが親企業や地方自治体から受ける支援金がさらに減少することも憂慮されている状況だ。

連盟はこのようなKリーグの危機的状況で、選手協がリーグとクラブの困難を理解して先に年俸削減についての協議を提案してきたことを歓迎するという立場を17日に明かした。

また、合理的かつ実効性のある方案を導き出すため、選手協と積極的なコミュニケーションをする予定だと伝えた。



Kリーグ開幕"慎重に慎重に"…「来週までのコロナ19の状況が重要」
聯合ニュース




※一部要約

韓国プロサッカー連盟は新型コロナウイルス感染症の拡散で無期限延期となったKリーグの開幕時点について、"慎重モード"をずっと維持している。

最近はコロナ19新規確診者の発生が減少傾向だが、依然として状況が好転したと安心できる段階ではないという判断からである。

プロサッカー連盟の関係者は14日、「政府が19日まで"強化された社会的距離の確保"を施行している状況であり、今週と来週までのコロナ19新規確診者の発生推移が、開幕日程の議論開始で最も重要なポイント」として、「政府が社会的距離の確保の期間を延長すれば、議論を再び先送りしなければならない」と明かした.

Kリーグは当初2月29日に開幕する予定だったが、コロナ19拡散で無期限延期となった。

コロナ19の状況のため4月の開幕も事実上不発となり、5月開幕を見据えなければならない状況だが、簡単に開幕の日程を決められずにいる。

プロサッカー連盟の関係者は「私たちが任意で開幕日を決めることはできない。政府の指針に従わなければならず、各地方自治体から競技場の使用の許諾もしなければならない」として、「様々な状況を考慮して開幕可能な日が決まれば、理事会を通じて決定するだろう」と説明した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング