[ソ・ヒョンウク] 大阪でJリーグの春を妬む
ソ・ヒョンウクコラム




※一部要約

大阪を縁故地としているサッカーチームのセレッソは、私たちにとってファン・ソンホンで馴染みのチームである。
代表の主戦級選手が大挙日本へ渡っていた時代、ファン・ソンホンはセレッソのユニフォームを着てJリーグ得点王になった。
日本が今の中東や中国のように、ヨーロッパと南米の有名なベテランを獲得していた時代だった。
その頃ファン・ソンホンのチームとして私たちに身近になったセレッソはノ・ジョンユン、コ・ジョンウン、ハ・ソッチュら90年代のスターから、最近のキム・ボギョンやキム・ジンヒョンまで、韓国サッカーと縁の深いチームである。
少し前にはユン・ジョンファン監督が指揮棒を手にしたので、その縁は当分続きそうだ。

大阪の春は見事に咲く桜で有名だが、4月の中旬が過ぎる頃に着いた大阪は、桜の花がほとんどなかった。
だが桜という意味のスペイン語セレッソ(cerezo)をチーム名に選んだサッカーチームは、長期間の停滞を乗り越え、今まさに開花を始めたところである。
2部リーグで2年過ごし、3年ぶりにJ1に復帰したセレッソは、昨シーズンに蔚山の指揮棒を手にしていたユン・ジョンファン監督を首長に迎えた。

サガン鳥栖を率いてJリーグで指導力を認められたユン監督が就任したが、シーズン開幕前の現地評価は冷ややかだった。
昇格したばかりのチーム、さらに戦力強化で大きな投資をするのが難しいチーム状況を考慮すれば、上位圏躍進は簡単ではないように見えたのだろう。

シーズンが始まってからもそのような評価は合っているとみられた。
開幕戦から3ラウンドまで、セレッソは2分け1敗に終わってたった1勝もおさめられなかった。
だが続く4ラウンドから、セレッソは無失点の3連勝をおさめて一気に先頭圏に跳躍した。
そして迎えることになった7ラウンドの試合がまさにガンバ大阪との"大阪ダービー"だった。


260001147a.png



つまらないKリーグ?クラシックの観客はなぜ減ったのか
スポーツ朝鮮




※一部要約

Kリーグの根幹はファンである。

プロスポーツの存在理由だ。
見る人がいなければ意味がない。
クラブごとに観客集めに熱を上げる理由である。
スター選手が高年俸を受けられる理由も、多くの観客が見ているおかげだ。

桜満開な春だが、Kリーグには相変わらず冷たい風が吹いている。
観客が減っている。
3年ぶりに5ラウンド基準で平均観客1万人の壁が崩れた。

2015年の5ラウンドまでのクラシック平均観客は10732人だった。
当時、1・2ラウンドの平均観客数は実観客の集計を始めた2012年以降で最多だった。
その後下降傾向を歩んだ。
2016年に10166人に減ると、今シーズンには5ラウンドまでで9622人の平均観客を記録した。

スタートは良かった。
1ラウンドで最多観客を記録した。
クラシック-チャレンジ(2部リーグ)を含めて、開幕ラウンドに計134468人(クラシック98353人、チャレンジ36115人)が殺到した。
韓国プロサッカー連盟は序盤の興行のためにソウル-水原の"スーパーマッチ"、"東海岸ダービー(蔚山-浦項)"、"湖南ダービー(全北-全南)"、"月光ダービー(光州-大邱)"の計4試合のダービーを最初のラウンドに編成した。
だが"一時的効果"が起きただけだった。
時間が経つと、潮が引くようにファンの足が減った。

クラシックの観客、なぜ減ったのだろう?



亜のプレミアリーグを夢見るJリーグの"親東南アジア戦略"
STNスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJリーグが隠れている東南アジアのファンと金を確保するため、中長期的に親東南アジア戦略を着実に実行、加速化させている。
45億のアジア大陸で約7.5%(約6億人)の東南アジア史上を確保し、Jリーグを"アジアのサッカーハブ"にするため、"野心"溢れる作業の真っ最中だ。

Jリーグの計画は2010年から本格的に始まった。
2010南アフリカワールドカップ以降にタイや台湾、フィリピンの公営放送を中心にJリーグを録画中継、あるいはハイライトを編成して送り出した。
日本プロサッカー連盟の主導で東南アジア市場に向けて信号弾を撃った。
その後はJリーグ所属の各クラブが大規模な弾丸舞台でバックアップした。
各クラブは主要な東南アジアの国のプロチームと姉妹提携などを通じてリーグと相互の発展を図ってきた。
1部リーグだけでなくJ2リーグも開拓市場に飛び込んだ。
年が過ぎるほど市場規模は大きくなるなど、拡大・多様性も確保した。
ミャンマー、シンガポール、カンボジアなどのいわゆるサッカー後進国と呼ばれる国を入れる"包容政策"も目についた。
Jリーグ・東南アジア間の親睦はさらに強化され、専門性も深まった。
Jリーグはプロサッカーの運営、管理、マーケティングなどの運営ノウハウを惜しみなく渡し、相手選手が相手国のリーグでプレーできるようにする制度や環境も再整備する努力を惜しまなかった。


20170321172737217a.jpg



Jリーグに"暴風投資"の英パフォームグループ、韓国進出
フットボールリスト




※一部要約

世界最大のデジタルコンテンツおよびメディア企業の"パフォームグループ(Perform Group)"が韓国のスポーツ市場を狙う。
国内スポーツおよび文化事業の専門企業"ワクティ(WAGTI)"と手を握り、本格的な市場参入を狙っている。

パフォームグループはアジアサッカーの潜在力を高く評価し、様々なビジネスを展開中である。
2016年始めに中国最大のインターネットポータルサイトのバイドゥと手を握ってゴールドットコムチャイナをランチングし、同年7月には日本プロサッカーJリーグと10年間で計2100億円(約2兆ウォン)に達する超大型中継権契約を結んで大きな関心を集めた。

パフォームグループとワクティは20日、ソウル市江南区新沙洞にあるワクティの事務室でパートナーシップ調印式を行なった。
この日の調印式にはパフォームメディアのゴールドットコムグローバル総責任者のマーティン・ジョーンズとカン・ジョンフンワクティ代表が同席してパートナーシップを締結した。

ワクティ(WAGTI)はパートナーシップを通じてパフォームグループが運営中の世界最大規模(計37ヶ国)のサッカー専門メディアであるゴールドットコム(Goal.com)の韓国エディションを統括する。
またオンラインショッピングモールとサッカーキャンプなどの様々な事業を通じて、大韓民国のサッカー文化の多様性と水準を高め、"サッカーのすべて"を発展させるロードマップも構想中である。

パフォームグループが韓国パートナーにワクティを選んだのは、国内のどこよりもワクティ構成員のグローバルスポーツ市場に対する豊富な経験や国際的ビジネス感覚に注目したためというのがワクティの説明である。
構成員は国内最多のオリンピックおよびグローバルスポーツマーケティングの経験を基に、平昌オリンピックのスポンサーマーケティング代行業務やグローバルスポーツイベントライセンス事業を展開し、業界に新風を起こしている。



"熱いスタート"Kリーグ、開幕ラウンドの観客13万突破・・歴代最多
スポーツ朝鮮




※一部要約

2017年KEBハナ銀行Kリーグが熱い関心の中で第一歩を踏んだ。

10万を超えるサッカーファンがKリーグ競技場を訪れた。
計13万4468人の観客がクラシックとチャレンジの試合が行われた11のサッカー場を訪れた。
Kリーグクラシックとチャレンジがスタートしてから歴代最多観客である。

クラシック1ラウンドには計9万8353人の観客が競技場を訪れ、歴代クラシック(2013年以降)の開幕ラウンド最多観客を記録した。
2位は2015シーズンの8万3871人で3位は2016シーズンの8万3192人である。

チャレンジの舞台にも計3万6115人の観客が競技場を訪れ、歴代チャレンジ(2013年以降)の開幕ラウンド最多観客を記録した。
2位は2015年の3万4853人、3位は2016年の2万7948人である。




"13万4468人"Kリーグ2017、歴代開幕ラウンド最多観客
Newsen

20170305184203.jpg


※一部要約

FCソウルと水原三星のスーパーマッチが行われたクラシック公式開幕戦には計3万4376人の観客が競技場を訪れ、歴代クラシック開幕ラウンドの試合別最多観客(2位は2016年の全北vsソウルの32695人)を記録した。

一方、Kリーグクラシック2017はKBS、KBS N、MBC Sports+2、SPOTV+、SPOTV2チャンネル等を通じて全試合中継される予定である。
今シーズンからは中継放送の質を高めるためにカメラ台数を増やすなど、多様な試みを続ける計画だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング