牙山ムグンファ「来年のKリーグ参加は決まってない」協議で訂正
STNスポーツ




※一部要約

牙山ムグンファが13日、訂正報道資料を通じて「牙山市の動きにクラブが拡大解釈した結果、2019シーズンのリーグ参加および2020シーズンの市民クラブ創立の有無に関して、決まっていることはない」として、「クラブの慎重ではない判断によって、リーグ参加および市民クラブ創立を長らく待って下さっていた牙山ムグンファプロサッカー団のファンと、牙山市民に正確な事実関係を伝えられなかった点に深く謝罪を申し上げる」と伝えた。

牙山は12日、報道資料を配布して、来シーズンのKリーグ参加と2020シーズンの市民クラブ創立の可能性を伝えていた。

牙山は「12月20日までに市民クラブへの転換を確定させた場合、プロサッカー連盟が来年のKリーグ2参加の機会の付与と、14人の選手が所属選手として残れるように協力するだろう」と各提案を明かしていた。

だが確定ではなく協議中の事案に訂正し、「牙山は2019Kリーグ2参加の有無などを総合的に検討し、早い期間内に正確な事実関係を伝えられるよう最善の努力をする」と語った。



[Kリーグ決算①] "157万"有料観客最高値、Kリーグは"進化"している
InterFootball




※一部要約

ぱっと目には見られないが、確実にKリーグは進化している。
今年はKリーグ1・2を合わせて合計157万人の有料観客が入場して最近6年間で最高値を記録し、VARの全面施行、統合マーチャンダイジング事業、Kリーグデータポータル、Kリーググラウンド公認制、八百長根絶など、多様な努力によってKリーグはゆっくりとだが少しずつ進化していた。

韓国プロサッカー連盟は11日午後1時30分、サッカー会館で12月2週目のKリーグ週間ブリーフィングを通じて、2018年のKリーグを決算する時間を取った。
全北現代の優勝で幕を下ろしたKリーグ1では様々な記録が溢れ、Kリーグが継続して発展しているということを証明した。

特に注目すべきは、Kリーグの有料観客だ。
連盟は今年から無料チケットの根絶、有料観客の拡大を通じてクラブの財政健全化に貢献するため、全体観客ではなく有料観客だけを公式発表している。
そのような状況で、2018年だけでKリーグ1・2を合わせて合計1570585人の有料観客が入場し、最近6年間で最高値を記録した。

これまでKリーグは"彼らだけのリーグ"という嘲弄を受け、観客がずっと減少しているという話が多かったが、実情は違った。
最近6年間で最も多くの観客が訪れた2013年と比較したとき、当時は合計228万人の観客がKリーグを訪れたが、有料観客は約141万人に過ぎなくて、2016年も有料観客は151万人だった。
それと比較したとき、今年は約157万人の有料観客が訪れて、憂慮とは異なり有料観客が増加していることを証明した。



2018シーズンの観客数で見る韓中日プロサッカー
毎日経済




※一部要約

アジアサッカーの中心は韓国、中国、日本が属する北東アジアである。
アジアの虎・韓国はワールドカップだけで1986年から9回連続で出場し、計10回出場した。
10回出場はアジア最多出場数であるのはもちろん、世界の舞台でも15番目に該当する。
ワールドカップ最高成績は4位とアジアで断然独歩的だ。

韓国ほとではないが日本もまた盟主の役割を担ってきた。
ワールドカップ本戦デビューは少し遅い1998年が最初だったが、その後は一度も欠かすことなくワールドカップ本戦の舞台に皆勤している。
本戦16強を3回も経験し、オリンピックでもかつて銅メダルを取ったことがある。

中国は韓国や日本と比べてまだ道程が遠い。
ワールドカップ本戦の舞台に一度進出しただけで、国際舞台でこれといった成績を出すことができていない。
だがプロリーグを中心に、ここ数年間発展している。
中国のプロサッカーリーグであるスーパーリーグの舞台には、オスカルやハルクのような最高の選手が天文学的な金額を受けて活躍している。
今後がさらに期待されているのが中国サッカーである。

サッカーの競技力だけで見たとき、北東アジアのこの3ヶ国の順位は長らく韓国・日本・中国の順だった。
だが今は日本がほぼ韓国と対等なレベルまで上がってきたと評価され、中国が両国を追いかけている姿だ。

だが各国のプロサッカーリーグを見たときは少し異なる様相である。
皆が共感しているように、各国のプロサッカーリーグはその国のサッカーのレベルを示す根幹であり、柱のような存在だ。
サッカーに関する限りは先進国の集合体と言えるスペイン・ドイツ・フランス・イタリア・英国など、ヨーロッパの主要なプロリーグはすべて現代サッカーをリードしていて、ワールドカップでも最上位圏の成績を上げている国である。
つまり、プロリーグのレベルは即ちその国のサッカーを映す鏡のようなものだ。



[K-アウォーズ] "6回目の監督賞"チェ・ガンヒ、「Kリーグ、投資が答えだ」
InterFootball




※一部要約

歴代6回目の監督賞を受賞した全北現代のチェ・ガンヒ監督が、"投資"の重要性を力説して授賞式を輝かせた。

韓国プロサッカー連盟は3日午後、グランドヒルトンホテルでKリーグアウォーズ2018の授賞式を開催した。
授賞式には今年1年のKリーグを輝かせた選手と監督が参加し、席を彩った。

今シーズンのKリーグ最高の監督にはチェ・ガンヒ監督が選ばれた。
チェ監督は2009シーズンを皮切りに2011、2014、2015、2017シーズンまで計5回の監督賞を受賞していた。
そして今シーズンまで監督賞を懐に抱え、個人通算6回目の受賞を手にした。

監督賞のトロフィーを授かったチェ監督は、「ありがとうございます。1年中苦労し、チームのために献身した我々の選手に感謝を伝える。全州城はもちろん、どんな遠征試合でも選手に力を加えたサポーター、ファンに感謝する。黙々と背後から選手団を支援してくれたペク・スングォン団長以下、職員にも感謝する」と謝意を伝えた。

続けてチェ監督は「もう馴染みのKリーグを去って中国の舞台へ行くことになった。蔚山のキム・ドフン監督が"どうやって投資を受けるのか"と尋ねたので、"毎日総裁の事務室に行け"と伝えた。Kリーグが発展するためには投資がなければならない」と締めくくり、"投資だけが生き残る道"と伝えた。



[パク・コンウォンのサッカー現場] Jリーグが手にした切り札、ホームグロウン+外国人クォーター撤廃
ベストイレブン




※一部要約

最近、日本Jリーグを眺める韓国サッカー界の話題の一つが、Jリーグの外国人クォーター拡充だ。
日本Jリーグは先月25日、理事会を開いて2019年に1チーム当たりで保有可能な外国人クォーターを増やすことにした。
2019シーズンは1部リーグ基準で1チーム当たり5人を保有でき、今後はますます外国人クォーターを伸ばす計画である。

日本Jリーグはクラブとリーグの同時発展のため、いわゆる"2030計画"を立てている。
クラブとリーグが同時に発展するためには、一つの成長戦略を共有して推進しなければならないというビジョンが含まれている。
サッカー・コミュニティ・ビジネスを大きな軸として、人々のための発展方向へ進まなければならないというのが大きな骨子だ。
つまり、より多くの人々がJリーグを楽しむことができてこそ、商業的側面からJリーグがより大きな舞台に成長すると見ている。

そのような視覚に立脚してJリーグが下した結論は、クラブの戦力が強まらなければならないということだ。
そのためにクラブ間の競争ももっと激しくなるべきであり、それを通じて育った選手を惜しみなく海外に進出させて世界に乗り出すJリーグのイメージを作り、その選手が代表で大活躍して日本サッカーのブームを起こさなければならないと見ている。
そのような好循環構造が、再びJリーグの競争力を一段階アップグレードさせると見ているのだ。

クラブの競争力強化のためにJリーグが用意したカードは二種類である。
1つ目はイングランド・プレミアリーグが試みているホームグロウン制度だ。
自国で育てた有望株を優先的に活用させる制度のホームグロウンは、2019年から適用される。
ホームグロウンに関しては4年計画が準備されているが、2019年は1部リーグ基準で2人を義務的に使わなければならない。
2021年には3人に増え、2022年には4人のホームグロウン選手を起用しなければならない。
ちなみに2022年からは2部リーグと3部リーグのチームも、1人ずつホームグロウン選手を試合出場メンバーに入れなければならない。
徐々にホームグロウンは適用範囲を広げて、自国内の選手の技量をさらに向上させるということだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング