[Kリーグフォーカス] コン・フオン効果を見たKリーグ、東南アジアクォーターを導入するときが来た
スポータルコリア




※一部要約

ベトナム現地では今シーズンにKリーグに進出したグエン・コン・フオン(24、仁川ユナイテッド)の一挙手一投足が報じられている。
Kリーグへの関心も同時に高まっている。
コン・フオンを通じた効果が直接的に来ただけに、Kリーグも変化を試みるときが来た。
"東南アジアクォーター"の導入だ。

今シーズンのKリーグの話題の一つは、ベトナム代表出身のグエン・コン・フオンである。
パク・ハンソ監督が率いるベトナム代表の核心選手として国内でも名前が知られている彼は、1月に仁川に入団した。
そして現在までにKリーグ1の5試合を消化し、Kリーグに適応している。
3日の大邸、6日の全北戦で2試合連続出場をしている。

コン・フオンの以前にも東南アジア出身の選手がKリーグの舞台に立っていた。
同じベトナム出身では2016~2017年に仁川、江原でプレーしたチュオンがいる。
タイ出身のピヤポン・ピウオンは1984年から1986年までの3年間にピヤポン・ピウオンはラッキー金星(現ソウル)でプレーし、1985年にはベスト11・得点王・アシスト王をすべてさらい、Kリーグで最も成功した東南アジア出身の選手として活躍した。
フィリピンとスペインの二重国籍のシルバ(2015)も大田所属でKリーグの舞台でプレーしたことがある。



イニエスタ2アシストも…ヴィッセル神戸、広島に2-4の逆転負け
スポTVニュース




※一部要約

アンドレス・イニエスタがマルチアシストを記録したが、ヴィッセル神戸は勝利できなかった。

ヴィッセル神戸は14日午後、日本神戸のノエビアスタジアムで行われた2019シーズンJ1リーグ7ラウンドの試合で、サンフレッチェ広島に2-4で敗れた。

神戸は前半15分にイニエスタのパスを受けたウェリントンの先制ゴールでリードした。
広島は前半23分にパトリックが同点ゴールを決めたが、前半28分にイニエスタのパスを古橋が得点にして神戸がリードした。
イニエスタはリーグ7試合で3アシストを記録中である。

後半に逆転劇が繰り広げられた。
広島は後半20分に柏、後半24分と後半28分に渡が立て続けに得点して結果を変えた。

先に大邸FCとのAFCチャンピオンズリーグのホーム試合でも2-0の完勝をおさめた広島は、最近の公式戦で6連勝を走った。
リーグ7試合で5勝2分けを記録し、首位に上がっている。



[ソ・ヒョンウク] "関心急上昇"Kリーグ、今年は明らかに違う
ビューティフルゲーム




※一部要約

2019シーズンKリーグ1の最初の1ヶ月は興味深かった。
観客が増えて視聴率が上がり、相次ぐ話題の中で面白い試合が続出した。
もしかするとKリーグに関心のない人からは「それでも井の中の蛙」という声を聞くかもしれない。
だがどうした。
それが事実だ。
まだ"大勢"になるだけの規模ではないだろうが、それでもファン層が拡張されて、面白いニュースがかなり増えているのがはっきり目に見えている。

Kリーグが伸びているという診断は、単に"感"だけではない。
リーグの人気を把握するのに役立つ指標が、一斉に大幅上昇している。
まず観客数を見てみよう。
5R現在の2019シーズンKリーグ1の平均有料観客数は9451人である。
去年の同時期の有料観客数が7502人だったのと比較すれば、約2000人増えたという変化だ。
割合で問うなら25%増加したので、これほどなら"爆発的"という表現を使っても過度ではない水準である。
例年と同様に、開幕ラウンドから比べて次第に観客数が減っていて、まだ速断するには早いが、少なくとも"スタート"だけは印象的なシーズンと言うに値する。
(Kリーグ2の場合は現在までに集計された4R基準で、去年に比べて平均観客が700人ほど増えた。数値は少ないが、それでも30%増えたという点に注目するべきだ)






"国際化"に尽力するラ・リーガ、韓国に注目の理由「韓国のファンはサッカーを知っている」
ゴールドットコム




※一部要約

「ラ・リーガは国際化に尽力しており、韓国は私たちにとって非常に重要な市場だ。収益のためでもなく、ビジネスのためでもない。韓国にはすでにサッカー文化が定着している。また、韓国のサッカーファンはサッカーを本当に感じて理解できる」

リーグの"国際化"を夢見るラ・リーガ、彼らはリーグのブランド価値を世界的にさらに高め、国際的な規模の広いファン層を確保することに努めている。
"国際化"と"成長"という明確な目標を立て、成功的な成果を上げているラ・リーガは、韓国市場に注目している。
理由は何なのか。
ラ・リーガのアジアコミュニケーション担当のハビエル・イバニェスと会ってラ・リーガの成長の動力、そして韓国市場の重要性などについて言葉を交わした。

2013年にハビエル・テバスがラ・リーガの新任会長に就任した。
テバス会長がラ・リーガの経営を担い、特に強調したのが"リーグの国際化"である。
テバス会長のビジョンは、ラ・リーガがスペインを越えて全世界的に人気を得て、愛されるリーグに成長しなければならないというものだった。
そして彼はラ・リーガの哲学を変え始めた。

ラ・リーガのアジアコミュニケーションの担当者ハビエル・イバニェス氏は、テバス会長のビジョンと情熱のおかげで「働きがいがある」として、全職員が一つの目標に向かって努力してシナジーを出していると伝えた。
それと同時に「ラ・リーガの真の望みは成長だ。だがスペイン内での成長には限界があり、目を外に向けると外に多くの国が見えた」として、テバス会長の指揮の下でラ・リーガは"成長"と"国際化"という明確な目標を立てることができたと伝えた。



熱かったKリーグの熱気、去年の比べて観客44・7%増加
ゴールドットコム




※一部要約

全国に降った微細粉塵も、Kリーグの開幕を待ち望んでいたファンの情熱を防げなかった。

先週末に行われたKリーグ1の1ラウンドでは、6試合の総有料観客79355人、1試合あたりで平均観客13226人が入場したことがわかった。
去年のKリーグ1の1ラウンドで合計54854人、1試合あたりで平均9142人が入場したのに比べて44.7%増加した数値である。

全北と大邸の公式開幕戦が行われた全州ワールドカップ競技場には21250人が集まった。
去年に公式観客集計方法が有料観客基準に変更されてから、全北が記録した最多観客である。





競技場を訪れた多くの観客の応援に報いるように、選手も優れた競技力を披露した。
Kリーグ1・2の11試合を合わせて、0:0で引き分けた試合は1試合もなかった。
3ゴール以上出た試合は5試合にもなった。

Kリーグの熱気は今週も続く見通しだ。
5日(火)と6日(水)には慶南と大邸、全北と蔚山がAFCチャンピオンズリーグのグループリーグ1次戦を行う。

9日(土)と10日(日)にはKリーグ1とKリーグ2の2ラウンドが行われる。
大邱は9日の済州戦で新競技場のDGB大邱銀行パークを初お披露目する。
昨年のAFCチャンピオンズリーグ8強で激突した水原と全北が9日に対決するなど、興味深いマッチアップが待っている。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング