KFA「日-中に押された中継権収入…市場価値を発展させる」
フットボールリスト




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)が用意した統合中継権(代表+Kリーグ)の交渉は事実上難しくなった。
だがKFA側は韓国市場の発展のために最低限の価値は守ると明かした。

当初、KFAは韓国プロサッカー連盟とともに、野心的な統合中継権の販売を推進した。
だが1・2次交渉のどちらも流札となり、最初に描いた構想通りには流れなかった。
結局、Kリーグ開幕を控えていた連盟は、KFAと分離して交渉を進めた。
連盟側は新たな中継放送会社を近く発表するものとみられる。

KFAも急なのは同じである。
5日、イ・ジョンソプ広報マーケティングチーム室長は「3月中にAマッチがある。中継権に関してずっと競技中だ。AFCパッケージのように長期間の試合数を保証する契約交渉を進めてきたが、接点を見つけるのが容易ではなかった。現在としては3月の試合を別個でパッケージ化するか、これまで通り交渉を継続するか、中継放送会社側と協議している。様々な方法をめぐって考えている」と伝えた。

韓国の中継権市場を守らなければならないという点も強調した。
イ室長は「協会の欲と考えることもできる。だが国内の中継権市場が形成されてなければ、結局はグローバル的にも韓国市場は弱くなる」と語った。

続けてイ室長は「AFC中継権に関する収入源だけ見ても日本や中東のほうが良い。中国も急浮上したしオーストラリアが上がってきている。もう私たちはさらに後ろへ押された。国際市場でも韓国の市場価値の重要性がますます落ちている。最低限の価値は守らなければならないと思う。守って発展させようという私たちの意志と、放送会社との間の接点を見つけるのが鍵」と現状を説明した。



"KFA×Kリーグ"統合中継権の販売が失敗に終わった理由は?
ソ・ヒョンウクコラム




※一部要約

大韓サッカー協会とプロサッカー連盟の"サッカー代表-Kリーグ統合中継権"の事業者選定入札が流札した。
プロサッカー連盟は13日、Kリーグ中継権の優先交渉者にJTBCを選定したと発表した。
大韓サッカー協会は、AマッチとKリーグの中継権を抱き合わせ販売することにした戦略が撤回されたことを公式に認めたわけだ。

統合中継権の販売はプロサッカー連盟の総裁を経て大韓サッカー協会の会長職を引き受けたチョン・モンギュ会長の、主要な公約事業の一つである。
Aマッチの中継権とKリーグの中継権をパッケージにまとめて販売しようとする構想は、かなり前から議論されてきたアイディア。
相対的に高い人気を持つAマッチの中継権を媒介に、Kリーグの中継権の価値を上げ、編成の拡大と収益の増大を狙えるという点で期待感を集めた。

だがこのアイディアが出てきた当初から多くの時間が流れ、その間にサッカー界はもちろん、メディアの環境も大いに変わった。
放送局がサッカー中継権によって収益を上げられないのはずっとで、視聴者の観覧パターンもやはり、テレビではなく様々なメディアに多角化された。
そのような状況で大韓サッカー協会が統合中継権の最低入札価格を大きく上げたのは、結果的に敗着となってしまった。

大韓サッカー協会は去年11月、AマッチとKリーグの中継権をまとめて売る統合中継権の事業者選定入札に突入し、年間最低250億ウォンで4年契約、つまり4年で合計1000億ウォンを基本の入札条件として出した。
既存の金額だった年間160億(推定)から大きく引き上げられた金額で、4年基準では約360億ウォン高い金額である。

地上波放送局のある関係者は、協会が既存の契約者(地上波3社)と優先交渉をせずに公開入札を選んだことに驚いたとして、このように語った。
「数百億ウォン単位のスポーツ中継権を購買できる放送局はかなり限定的だ。だが公開入札、それも既存の金額より50%以上引き上げられた金額を入札価格に提示したのを見て、"確かな買い手がいるのだろう"と思った。そうじゃなければ理解できない販売方法だからだ」

だが期待(?)に反して、この提示額を払うところはなかった。
最低入札価格に提示された金額があまりに高いうえ、放送局すべてがパッケージ販売自体を負担に考えたからだ。
結局、1次入札は流札となり、コンソーシアム形態の入札を許容した2次入札もやはりそっぽを向かれて再び流札となった。
市場の状況把握からコンテンツの価値判断にわたって失敗したというのが、放送関係者の評価である。



全北現代ロペスが70億で上海上港移籍、発表だけ残す
スポーツ朝鮮




※一部要約

全北は4年間ともにしてきたロペスを送り、新外国人FWを獲得することにした。
ロペスの売却による移籍金収入を、新FW獲得に投資するのだ。
全北はロペスを上海上港に送り、移籍金600万ドル(推定)の収入が発生する。
我が国の金額で約70億ウォンに達する巨額である。
近いうちに全北と上海の両クラブが細部条件を済ませ、サイン後に発表する予定だ。

全北は最近のKリーグで最高の成績を上げつつも、毎シーズンチームの核心選手を売り、その金で再投資している。
代表FWキム・シヌク、DFキム・ミンジェ、MFキム・ボギョンらを売った。
キム・シヌクを昨夏中国の上海申花に送り、70億ウォン以上を稼いだ。
キム・ミンジェは去年はじめに北京国安へ移籍させ、巨額の移籍金が発生した。
キム・ボギョンは2017年夏に日本の柏レイソルに行き、今月はじめに再獲得した。

国内屈指のエージェントは「ロペスは新たなモチベーションを見つけた。巨額年俸のオファーを受けた。全北も上海上港の巨額移籍金のオファーを拒否するのは難しかっただろう」と語った。
ロペスは去年のKリーグ最高年俸選手で、16億5210万ウォンを受けていた。
上海上港では年俸が2倍以上に上る見通しである。

全北はロペス移籍の空白を埋めるため、代替選手を探しているところだ。
2月12日のアジアチャンピオンズリーグGL初戦(横浜マリノス)を控え、時間は残っている。
上海上港が28日にACLプレーオフに勝利すれば、全北と同組で対決を繰り広げることになる。



大韓サッカー協会、ナイキと最大・最長のパートナー契約
MKスポーツ




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)がナイキと歴代最大の金額で最長期のパートナー契約を結んだ。

KFAはナイキコリアと今年から2031年まで、2400億ウォン・プラスアルファでパートナー社契約を結んだ。
1年200億ウォン(現物含む)に達する歴代最大規模である。
期間も合計12年で、これまでで最も長いKFAパートナー契約だ。




サッカー協会、ナイキと"12年で2400億+α"超大型契約
NEWSIS




※一部要約

サッカー協会は今回の契約で、韓国サッカー及び代表の競争力強化のための安定した財源を確保した。
ナイキはワールドカップ本戦9回連続進出、世界初のオリンピック8回連続進出などの優れた成果を上げている韓国サッカーと、パートナーシップを強固にすることになった。



[公式発表] KFA「Kリーグ中継権、優先交渉者にJTBC選定」
スポータルコリア




※一部要約

大韓サッカー協会(KFA)と韓国プロサッカー連盟は、"Kリーグ中継権"の優先交渉者にJTBCを選定すると13日明かした。

1月13日午後3時に受付を締め切った"サッカー代表-Kリーグ統合中継権"事業者選定2次入札で、最低提案金額(年間250億ウォン)以上の金額を使うところはなかった。
ただし、協議過程でKリーグ中継について積極的な意向を明かしたJTBCを、Kリーグ中継権の優先交渉者に選定することに決めたとサッカー協会とプロ連盟が明かした。
KFAは最高の条件を提示したJTBCとKリーグ中継権交渉を先に済ませ、Aマッチを含む代表戦は時間を持って議論する計画である。

KFAのイ・ジョンソプ広報マーケティング室長は「統合中継権交渉で最も難しかった事案がKリーグ中継だった」として、「JTBCがKリーグに意志を積極的に表明した点も大きく作用した。10台以上の中継カメラを活用してクオリティの高い中継映像の制作を約束したし、自社チャンネル中心の編成を提案するなど、協会と連盟が最優先に考慮していた条件を満たした」と明かした。

イ室長は今後の手続きについて「Kリーグ交渉の大きな枠組みは、JTBCと協議が終わった。金額を含めた細部事項はKリーグとJTBCが実務交渉によって決める予定」として、「Aマッチを含む代表の中継権は、サッカー協会が時間を設けてじっくり進める計画」と語った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング