亜のプレミアリーグを夢見るJリーグの"親東南アジア戦略"
STNスポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJリーグが隠れている東南アジアのファンと金を確保するため、中長期的に親東南アジア戦略を着実に実行、加速化させている。
45億のアジア大陸で約7.5%(約6億人)の東南アジア史上を確保し、Jリーグを"アジアのサッカーハブ"にするため、"野心"溢れる作業の真っ最中だ。

Jリーグの計画は2010年から本格的に始まった。
2010南アフリカワールドカップ以降にタイや台湾、フィリピンの公営放送を中心にJリーグを録画中継、あるいはハイライトを編成して送り出した。
日本プロサッカー連盟の主導で東南アジア市場に向けて信号弾を撃った。
その後はJリーグ所属の各クラブが大規模な弾丸舞台でバックアップした。
各クラブは主要な東南アジアの国のプロチームと姉妹提携などを通じてリーグと相互の発展を図ってきた。
1部リーグだけでなくJ2リーグも開拓市場に飛び込んだ。
年が過ぎるほど市場規模は大きくなるなど、拡大・多様性も確保した。
ミャンマー、シンガポール、カンボジアなどのいわゆるサッカー後進国と呼ばれる国を入れる"包容政策"も目についた。
Jリーグ・東南アジア間の親睦はさらに強化され、専門性も深まった。
Jリーグはプロサッカーの運営、管理、マーケティングなどの運営ノウハウを惜しみなく渡し、相手選手が相手国のリーグでプレーできるようにする制度や環境も再整備する努力を惜しまなかった。


20170321172737217a.jpg



Jリーグに"暴風投資"の英パフォームグループ、韓国進出
フットボールリスト




※一部要約

世界最大のデジタルコンテンツおよびメディア企業の"パフォームグループ(Perform Group)"が韓国のスポーツ市場を狙う。
国内スポーツおよび文化事業の専門企業"ワクティ(WAGTI)"と手を握り、本格的な市場参入を狙っている。

パフォームグループはアジアサッカーの潜在力を高く評価し、様々なビジネスを展開中である。
2016年始めに中国最大のインターネットポータルサイトのバイドゥと手を握ってゴールドットコムチャイナをランチングし、同年7月には日本プロサッカーJリーグと10年間で計2100億円(約2兆ウォン)に達する超大型中継権契約を結んで大きな関心を集めた。

パフォームグループとワクティは20日、ソウル市江南区新沙洞にあるワクティの事務室でパートナーシップ調印式を行なった。
この日の調印式にはパフォームメディアのゴールドットコムグローバル総責任者のマーティン・ジョーンズとカン・ジョンフンワクティ代表が同席してパートナーシップを締結した。

ワクティ(WAGTI)はパートナーシップを通じてパフォームグループが運営中の世界最大規模(計37ヶ国)のサッカー専門メディアであるゴールドットコム(Goal.com)の韓国エディションを統括する。
またオンラインショッピングモールとサッカーキャンプなどの様々な事業を通じて、大韓民国のサッカー文化の多様性と水準を高め、"サッカーのすべて"を発展させるロードマップも構想中である。

パフォームグループが韓国パートナーにワクティを選んだのは、国内のどこよりもワクティ構成員のグローバルスポーツ市場に対する豊富な経験や国際的ビジネス感覚に注目したためというのがワクティの説明である。
構成員は国内最多のオリンピックおよびグローバルスポーツマーケティングの経験を基に、平昌オリンピックのスポンサーマーケティング代行業務やグローバルスポーツイベントライセンス事業を展開し、業界に新風を起こしている。



"熱いスタート"Kリーグ、開幕ラウンドの観客13万突破・・歴代最多
スポーツ朝鮮




※一部要約

2017年KEBハナ銀行Kリーグが熱い関心の中で第一歩を踏んだ。

10万を超えるサッカーファンがKリーグ競技場を訪れた。
計13万4468人の観客がクラシックとチャレンジの試合が行われた11のサッカー場を訪れた。
Kリーグクラシックとチャレンジがスタートしてから歴代最多観客である。

クラシック1ラウンドには計9万8353人の観客が競技場を訪れ、歴代クラシック(2013年以降)の開幕ラウンド最多観客を記録した。
2位は2015シーズンの8万3871人で3位は2016シーズンの8万3192人である。

チャレンジの舞台にも計3万6115人の観客が競技場を訪れ、歴代チャレンジ(2013年以降)の開幕ラウンド最多観客を記録した。
2位は2015年の3万4853人、3位は2016年の2万7948人である。




"13万4468人"Kリーグ2017、歴代開幕ラウンド最多観客
Newsen

20170305184203.jpg


※一部要約

FCソウルと水原三星のスーパーマッチが行われたクラシック公式開幕戦には計3万4376人の観客が競技場を訪れ、歴代クラシック開幕ラウンドの試合別最多観客(2位は2016年の全北vsソウルの32695人)を記録した。

一方、Kリーグクラシック2017はKBS、KBS N、MBC Sports+2、SPOTV+、SPOTV2チャンネル等を通じて全試合中継される予定である。
今シーズンからは中継放送の質を高めるためにカメラ台数を増やすなど、多様な試みを続ける計画だ。



世界に伸びるKリーグ、7月中に東南アジアオールスター戦推進
スポーツ韓国




※一部要約

Kリーグが7月にブランドマーケティングの一環として東南アジアオールスター戦開催を推進する。

プロサッカー連盟は今年、オールスター休息期の7月25日から8月1日の間にベトナムかインドネシアで合同オールスター戦を開催するため、当該国のプロ連盟と協議をしていると2日明かした。

Kリーグでファン投票と監督推薦で選抜されたオールスターが、当該国を訪れてオールスターチームや特定クラブと対決する形式である。

連盟の関係者は「東南アジアオールスター戦はKリーグのブランドを利用したマーケティングで、当該地域のサッカー市場を先行獲得するための一環」として、「オールスター戦が開催される国やチームを今月中には確定する計画」と説明した。

オールスター戦が実現すれば、選手の移動日程や興行などを考えると、週末の7月29日か30日に行われる可能性が高い。

連盟は去年も中国スーパーリーグと合同オールスター戦を推進した。
2008年と2009年に日本Jリーグとオールスター戦を行なった経験を活かし、中国市場にもKリーグを伝えるためのものだった。

だが中国代表が2018ロシアワールドカップアジア地区最終予選に劇的に進出し、国家対抗戦に近いオールスター戦を負担に感じた中国の拒否によって失敗に終わった。



プロサッカー連盟、満場一致でクォン・オガプ総裁推戴
ジョイニュース24




※一部要約

韓国プロサッカー連盟がクォン・オガプ臨時総裁を第11代総裁に推戴した。

プロ連盟は24日午前、ソウル新門路のサッカー会館で代議員総会を開き、理事会を通過したクォン総裁推戴案を承認した。
それに伴いクォン総裁は2021年までの4年任期を消化する。

クォン総裁は2013年にプロ連盟総裁に就任してクラシック・チャレンジ(2部リーグ)間の昇降制の定着を導いた。
また、自身が社長を引き受けていた現代オイルバンクをKリーグのタイトルスポンサーに誘致する成果も上げた。

プロ連盟の関係者は「クォン総裁は総会に参加しなかった。すでに長く総裁職をしてきたので、特別な立場表明はないだろう。この日の総会ではホ・ジョンム副総裁が総裁受諾演説を代読した」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング