Kリーグの"改名"にはマーケティング-海外市場開拓の真意も
蹴球ジャーナル




※一部要約

「Kリーグの大衆化に大いに役立つだろう」

韓国プロサッカーが"改名"をして約2週間が過ぎた。
プロサッカー連盟は先月22日、1~2部リーグの名称を"Kリーグ1"・"Kリーグ2"に変更すると発表した。
2013年から使用していた既存のKリーグクラシック、Kリーグチャレンジは今シーズンまで併記され、2019年からは完全になくなる。
ファンの間では相変わらず賛否が交錯しているが、サッカー界の従事者は概ね肯定的である。

すでに2016年からいくつかのクラブは、既存のKリーグの名称がスポンサー誘致活動などで役に立たないとう理由で、プロ連盟に変更を要請していた。
クラシックとチャレンジという表現は固定ファンには定着したが、一般大衆にとってはサッカー用語として直ちには受け入れられなかったという。
多くのメディアも既存の名称を使うとき、括弧を使って説明していた。

これに対してプロ連盟理事会は去年2月、リーグ名称の補完・変k脳についての案件を通過させた。
その後の9ヶ月間で内部の意見収斂と法律の検討を経てから、11月の理事会で最終決定を下した。
プロ連盟は新名称が"拡張性"と"直感性"を備えていると言った。
今後のディビジョンシステム拡大に備えた布石であると同時に、一般大衆と外国人に1~2部の意味を簡単に伝えられるということだ。



[チェ・ヒョンギルのスポーツエッセイ] 羨ましいドイツ…Kリーグの観客はお元気ですか
スポーツ東亜




※一部要約

観客のいないプロスポーツに意味がないということは幼い子供でもみんな知っている。
見ている人々に楽しさと感動を与えるために存在するのがプロスポーツだ。
感動の大きさの分だけ種目のブランド価値も高くなる。

ところが現実は簡単ではない。
試合があっても観客がいないことはざらにある。

プロサッカーKリーグを見てみよう。
ここも常に観客が悩みである。
シーズン開幕前はファンサービスを約束し、競技場を訪れて欲しいと手を差し伸べる。
だが実際にシーズンが始まると、その約束は霞んでくる。
時間が経つほど雰囲気は弱まり、冷え冷えとした観客席が毎年繰り返される。

プロサッカー連盟は今回もファンのためのリーグを約束した。
クォン・オガプ総裁は新年の辞でファンのための楽しみと見どころ溢れるKリーグを作ると語った。
速くて迫力溢れる試合でファンを楽しませることができるように連盟やクラブ、選手のすべてが最善を尽くすと誓った。
雄大に見えても大した意味はない。
毎年見てきたお世辞である。
重要なのは実を結ぶことだ。

Kリーグの観客数は足踏みしている。
いや、数字上で見ると縮小している。

昨シーズンのクラシック(1部)の総観客数は148万5197人だった。
1試合当たり平均6486人で、去年の観客179万4855人(1試合当たり平均7872人)と差が大きく出ている。
チャレンジ(2部)まで合わせても総観客は190万人程度である。

我が国全体のサッカー観客は年間200万人にも満たないということだ。



"海外中継権販売"Jリーグ、「アジアのバルセロナとレアル・マドリード、私たちが作る」
日刊スポーツ




※一部要約

「日本Jリーグをアジア版イングランド・プレミアリーグにすることが目標です」

最近、日本東京のJFAハウスで会った小山恵日本プロサッカー連盟国際業務担当者は、Jリーグ(1部)の最終目標についてこう語った。
小山氏は「浦和レッズが2017年のAFCチャンピオンズリーグで優勝したが、ここで満足してない」として、「今後アジアの舞台を号令するバルセロナやレアル・マドリードを作ることが究極的目標」と明かした。

Jリーグの自信の背景には"メガトン級"の海外中継権販売にある。
Jリーグは2017シーズンから英国のスポーツメディア専門企業パフォーム(Perform)グループと10年間の中継権契約を結んだ。
Jリーグは中継権料として計2000億円(約2兆2000億ウォン)を受ける大当たりをしたのだ。
前のシーズンの契約の約7倍である。

"大当たり"の秘訣は足早なマーケティングだ。
東アジア市場を開拓しようとしていたパフォームグループの動きを早くに感知したJリーグは、Kリーグやスーパーリーグ(中国)とは徹底的に差別化して、日本のインフラと性向を浮き彫りにする戦略を展開した。
韓国より人口が多く潜在的なサッカーファンが多い点を強調する一方、中国との競争では人口比のモバイル利用者が上回っている点を強調したのである。
小山氏は「日本の20代のスマートフォン利用率(男性94.2%・女性97.8%)は100%に近く、インターネット網がしっかりと構築されている」として、「国民のスポーツ熱が高いという点も契約に影響を与えた要因に挙げられる」と分析した。



[パク・サンギョンのJサッカー] "51歳"三浦、Kリーグでは可能だろうか?
スポーツ朝鮮




※一部要約

三浦知良(51・横浜FC)が来年も"現役"でプレーする。

三浦の現役延長。
もう驚くべきニュースではない。
去年もJ2で12試合に出場して1ゴールを記録し、最高齢出場および得点記録を塗り替えた。
「いつ引退するかは私もわからない。おそらく脚が動かなくなったとき、体が動かなくなったときじゃないだろうか」と何度も明かしてきた彼の口からは、去年も"引退"という単語が出てこなかった。
三浦は最近何年の続けてきた"グアム個人キャンプ"で新シーズンを準備中である。

もしかしたら選手個人よりもクラブがより望んでいた再契約なのではと思う。
横浜FCは1999年に解体された横浜フリューゲルスのファンが十匙一飯で作ったチームである。
2001年にJ2に参加したが、1部リーグの舞台に立ったのは2007年の一度だけだ。
"万年2部チーム"なので、財政だけでなく観客動員など何一つ思わしくない。
2005年に入団して14シーズン目に突入する三浦の存在が輝くしかない。
個人、企業のスポンサーシップのオファーをはじめとして、ホームや遠征の観客動員、メディアを通じた広報効果など、多くの横浜FCの関連ニュースは三浦に関連している。
"三浦がチームを食わせている"という言葉が訳もなく出ているのではない。
クラブにとっては、三浦が"引退"に言及するか戦々恐々としているのかもしれない。



"今年もプレーする"…三浦、横浜FCと1年の再契約成功
ニュース1




※一部要約

日本サッカーの生ける伝説三浦知良が日本J2リーグの横浜FCと再契約に成功、現役生活を続けることになった。

横浜FCは11日、「三浦と1年の契約延長に合意した」と発表した。
これで三浦は1986年にサントス(ブラジル)でプロデビューしてから33年間プロ生活を続けることになった。

三浦は「今シーズンも無事、再契約を終えた。チャンスが来ればいつでも最善を尽くす」と明かした。

三浦は日本サッカーの生ける伝説である。
1967年生まれの三浦は徹底した自己管理とサッカーへの情熱で、50歳を越えても現役生活を続けている。

徐々に出場時間とチャンスは減っているが、三浦はまだ横浜FCが必要とする瞬間に競技場へ入り、自分の技量を繰り広げている。
去年はリーグ11試合に出場して1ゴールを決め、Jリーグ最高齢得点記録も打ち立てた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング