"コロナ19"強打…Kリーグ理事会、選手団の残りの基本給削減10%勧告案決議
スポTVニュース



※一部要約

韓国プロサッカー連盟が、新型コロナウイルス感染症(コロナ19)による"苦痛分担勧告案"を用意して議決した。

プロ連盟は19日、サッカー会館で2020年度の第5次理事会を開いた。

最も関心を集めた選手団の賃金削減については、"勧告"案で議決した。
コロナ19事態による景気不況の深化、試合数縮小や無観客試合の進行などにより、Kリーグを取り巻く経営環境が急速に悪化しているという点を考慮し、"選手-クラブの共生のためのコロナ19苦痛分担勧告案"を議決した。

各クラブと選手が相互合意で今シーズンの残りの基本給(9~12月)の一部を調整するよう勧告した。
勧告案では年俸調整のガイドラインも含まれた。
まずKリーグ全体の選手のうち、約36%にあたる基本給3600万ウォン以下の選手は勧告対象から除外される。

残りの選手は基本給3600万ウォンを超過する部分に限り、残り4ヶ月分の基本給の10%を下方修正する内容である。



観客を受け入れたら損害?…Kリーグ有観客転換のアイロニー
スポーツ京郷



※一部要約

プロサッカーKリーグが心待ちにしていた有観客試合の開始を知らせたが、まだ明るく笑えないでいる。

コロナ19拡散防止のため物理的(社会的)距離を置く原則を厳格に守って、期待していた観客収入よりも費用が増えたためである。

地方クラブのある関係者は3日、記者との通話で「プロスポーツにおいてファンと現場で交感する道が開けたのは歓迎すべきこと」としつつも、「今のところは収入よりも費用のほうが多くかかる」と語った。

「ファンの叫び声がなくて練習試合をしている気分」と語っていた選手も久しぶりに笑った。
オンライン前売り券という不便さを喜んで感受したファンも、グラウンドを走る選手を拍手の声で応援した。

先週末のKリーグの平均観客は1068人。
1部リーグで最多観客を動員した全北現代・浦項スティーラーズ戦ですら2959人の入場に終わった。
すべてのサッカー場に"電子出入りリスト"を導入するための設備と、観客統制に投入される人材を充当するための費用が、収入より多かった背景である。
クラブは今後、入場の許容基準が30~40%まで増えるように望んでいる。

プロサッカー連盟の関係者は「政府の指針に従い、設備と人材を投入して費用が増えたのは事実。一部のクラブでは通常より2倍増えた人材を動員している」としつつも、「それでも短期的な損害より、Kリーグの正常化という側面で長く見ようというのが我々の立場」と伝えた。



プロ連盟「観客がコロナ19確診受けてもリーグ中断なし」
フットボールリスト



※一部要約

Kリーグが制限的な有観客に切り替える中で、競技場を訪れた観客がコロナ19の確診を受けてリーグ中断はない。

韓国プロサッカー連盟は、8月1日から始まる制限的観客入場を前に配布した、新型コロナウイルス感染症対応マニュアルに関するブリーフィングを28日に開催した。

連盟はアウェイ応援席を運営しない条件で、競技場全体の観客収容人員の10%以内で観客入場を許容すると発表した。
これに関して連盟は「公式にはアウェイ席を運営しない。だがアウェイのファンが認められた座席に個人的に入場して、アウェイチームを応援することまで防ぐのは不可能だ。アウェイ席を開放しないのは、集団行動を防ぐため」と説明した。

連盟は「入場時やトイレを利用するときも1メートル以上の間隔維持が必須である。底面に印をつける予定だ。10%の観客を狭いスペースに密集させていれば意味がない。アウェイ席を除き、できるだけ広いスペースを活用して観客を分散させてほしいとクラブ側に要請した」と語った。

連盟はKリーグ開幕前に"Kリーグコロナ19対応マニュアル"で、選手団に有症状者および確診者発生時の対応方法などが入った事項を案内したことがある。
選手の中から有症状者が出てくれば直ちに隔離措置の後で診断検査を受けることになり、検査結果で陰性なら隔離解除され、陽性なら確定患者との接触者は最低2週間の自宅隔離となる。
接触者の範囲に当たるチームの試合は最低2週以上順延され、疫学調査官の調査結果によって連盟が日程再開時を決めることになる。
ただし、観客がコロナ19の確診を受けた場合は、中断措置が取られない。
連盟は「競技場を訪れた観客がコロナ19の確診を受けても、リーグは中断されない」と明かした。



"185億"イ・ガンインの市場価値、"411億"久保の半分以下に下落
スポータルコリア



※一部要約

イ・ガンインが久保建英の市場価値の半分にも及ばない状況となった。

"トランスファーマーケット"は23日、一部の選手の市場価値を再調整した。
再調整の対象選手の中には久保もいた。
"トランスファーマーケット"は久保の市場価値を2700万ポンド(約411億ウォン)に上方修正した。
4月8日にコロナ19の影響で1215万ポンド(約185億ウォン)に下落した後、2ヶ月で2倍以上跳ね上がった。

"トランスファーマーケット"による久保の市場価値の再調整は、今シーズンの活躍が反映された結果だった。
久保はマジョルカでシーズン36試合に出て4ゴール5アシストを記録した。
マジョルカは降格したが、久保はレンタル選手の身分でも"エース級"の活躍を繰り広げた。

一方、イ・ガンインは1215万ポンドの市場価値を維持した。
だが今シーズンは低調な活躍で、価値上昇の機会を作れなかった。
また、久保との市場価値も半分に満たなかった。



Kリーグ「尚州市の市民クラブ撤回、無責任…金泉市が尚武ホームの予定」
スポーツ韓国



※一部要約

尚州市が尚武を諦め、市民クラブに転換するという計画を放棄した。
Kリーグ側はこれについて「事前協議なしで無責任」と批判し、金泉市が国軍体育舞台(尚武サッカーチーム)の新たなホームとして有力だと明かした。

プロサッカー連盟は23日、ソウル鍾路区新門路のサッカー会館で週間ブリーフィングを行い、尚武について言及した。

尚州市は22日の公式発表で、現・尚武の市民クラブ転換計画を撤回すると明かした。
それについて、連盟に対して批判的な立場も取った。
これに連盟側は「尚州市は創立が難しいという立場を連盟にまず伝えて競技していれば良かった。特に、最も重要な幼少年選手の進路に関して、連盟と優先順位をおいて話してほしかったのに、そうしなかった。無責任だと思う」と語った。

補欠選挙によって新しく尚州市長が入ってきて、変化の気流について感知できなかったという指摘について、連盟側は「2019年にすでに尚州市は、2021年に市民クラブを創立する予定であり、2020年にもう1年だけ尚武のホーム契約を増やしたいという意志を明かしていた。また、研究も行われ、3月にその結果が出て肯定的だった」として、「市長が変わってから行われた公聴会にも連盟の関係者は参加したし、雰囲気を肯定的に見ていた。一連の過程から見て、市民クラブ転換に準備過程が進行中だと認識していた」と語った。

尚武は2021シーズンから、慶北の金泉市をホームにする可能性が非常に高い。
「現在、尚武側と金泉市、連盟まですべて順調に話が進行中だ。6月30日までに申込書を出さなければならないが、大きな異常がなければ金泉市が新たなホームにあると思う」として、「すでに金泉市にはバレーボール団もあり、市がプロスポーツチームを好んでいる。金泉市が放棄することはないと思う」として、事実上、金泉市が新たな尚武のホームになる可能性が高いと見た。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング