[SWイシュー] タイリーグの中継権料が"777億"なのにKリーグはせいぜい60億?
スポーツワールド




※一部要約

韓国サッカーが中継権事業で金座布団に座れるだろうか。

大韓サッカー協会(以下KFA)とKリーグを主管する韓国プロサッカー連盟(以下連盟)が手を取り合った。
代表戦およびKリーグの中継権事業者選定のため、公開入札に乗り出した。
共同の意志を持って"サッカー"というコンテンツの価格に、市場で再評価を受けようという試みだ。

当然の手順である。
韓国サッカーは2018FIFAロシアワールドカップから巡航している。
GL最終戦で"世界的強豪"ドイツに2-0で完勝して全国民的な愛を再び受けることに成功、2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会優勝、2019FIFA U-20代表準優勝など、立て続けに伝えられた朗報とともに、世間の大きな注目を集めた。

そこに"ハナワンキューKリーグ1・2 2019"が、観客記録で初や更新を達成して大当たりしている。
サッカー人気が着実に増加する流れに合わせ、10年余りの間停滞している中継権の価格(年60億ウォン水準)も変えるという連盟とKFAの意である。



2部リーグに降格した済州ユナイテッドの運命は
スポーツ東亜




※一部要約

"風前の灯火"済州ユナイテッドの運命はどうなるのか。

Kリーグ1の済州は24日、水原三星とホーム試合に2-4で敗れ、残りの最終戦の結果に関係なく来年度のKリーグ2降格が確定した。
企業クラブでは歴代3回目の侮辱である。
2015年に釜山アイパークが昇降プレーオフで初めて苦杯をなめ、去年に全南ドラゴンズが最下位になって自動降格という屈辱を味わった。

だが本当の気掛かりは来シーズンからだ。
済州より先に降格した多くのクラブが、簡単には再昇格できていないという意味深なメッセージを投げかけている。
もちろん企業クラブでも例外はなかった。
2016年からKリーグ2でシーズンを始めた釜山はまだ上位リーグに上がれずにいて、今年初めてKリーグ2を経験した全南は全体10クラブのうち6位に終わった。

降格クラブが困難を経験する理由は大きく2つある。
Kリーグ1でキャリアを続けたがる選手が大挙離脱して戦力が弱まり、親企業をはじめとする主要スポンサーの支援が減り、腰紐をきつく締めなければならないという悪循環が主な要因だ。
済州はSKという国内屈指の大企業をバックにしているが、来年からの運命は大言壮語できない。
現在保有しているユン・イルロク、ユン・ビッカラムのような代表級資源の残留の有無も不確かである。
1982年に創立し、翌年からKリーグと歴史をともにしてきた"元年メンバー"済州の未来が明るく感じられない理由だ。



サッカー統合中継権ジャックポット炸裂するか…最低入札額250億ウォン
NEWSIS




※一部要約

サッカー界が野心的に推進中の統合中継権事業がジャックポットを炸裂させられるか。
雰囲気は悪くない。

大韓サッカー協会と韓国プロサッカー連盟は最近、代表戦とKリーグ1・2の統合中継権事業者の選定のため、公開入札に乗り出した。
公正で透明な過程のために、外部機関のサムジョン会計法人に入札主管を任せた。

入札最低提案金額は年間250億ウォンである。
今年の大韓サッカー協会(100億ウォン)と韓国プロサッカー連盟(60億ウォン)の合算中継権料の160億ウォン(以上推定値)より、90億ウォン近く増した金額だ。

協会と連盟は今年までに中継権事業者の選定を終える計画である。

応募資格は放送局に限らない。
コンソーシアムを組むのはダメだが、ポータル、通信社、ケーブル、海外企業、エージェンシーなど、応募可能な業者の範囲を大きく拡大した。

選ばれた業者は来年から最低4年以上、(※A)代表を含めた各級年代別代表の試合はもちろん、オールスター戦を除くKリーグ全試合の中継放送および第三者に再販売できる独占的権利を行使できる。

例えば海外企業が中継権を取った後、それを地上波やポータル、ケーブルチャンネルなどと交渉して中継権を再び売ることができる形態だ。



[SWイシュー] "アシアナ航空"買収のチョン・モンギュKFA会長、遠征の多い代表の"翼"つけるか
スポーツワールド




※一部要約

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が率いるHDCグループがアシアナ航空を抱えた。
海外遠征試合の多い韓国サッカー代表にも好材料として作用するか注目が集まっている。

国籍2位の航空会社であるアシアナ航空の新オーナーが決まった。
12日に売却優先対象者に"HDC現代産業開発-未来アセット大宇コンソーシアム"を選定した。
HDC現代産業開発がアシアナ航空買収の手続きを終えれば、持株会社のHDCグループは財界20位圏の大企業に跳躍する。

チョン・モンギュ会長が引き受けている大韓サッカー協会にも肯定的影響を及ぼすという期待感が大きい。
特に国家間の対抗戦が毎年行われ、相対的に海外遠征試合がずっと行われるので、"航空"の側面でより効率的な行政が可能になり得る。

それだけではない。
最近は欧州リーグで活躍する選手が増え、航空便がさらに重要になった。
代表招集時の航空便は大韓サッカー協会が提供する。

サッカーは発展している。
飛行に伴う選手団のコンディション調整も試合に影響を与え得る。
そのような部分で、大韓サッカー協会の首長が運営する企業が航空会社を抱えたというのは、好材料として作用することができる。






ハナ金融グループが大田シチズンを買収…市と投資協約
ニュース1




※一部要約

これまで市民クラブとして運営されてきたプロサッカー団の大田シチズンを、ハナ金融グループが買収する。

大田市は5日午後3時20分、市庁大会議室でハナ金融グループと大田シチズンの投資誘致協約を締結すると明かした。

ホ・テジョン市長は「8月にハナ金融グループへ"大田シチズン投資誘致提案書"を提出した後、約2ヶ月間交渉した」として、「厳しい条件の中でも我が市の投資誘致要請を受諾し、これから社会貢献事業の次元で大田シチズンを名門クラブに育てるというハナ金融グループに深く感謝する」と語った。

1997年に創立した大田シチズンは、創立初期は大田と忠清の企業がコンソーシアムを形成して発足したが、経営悪化などにより企業が相次いで放棄を宣言し、2006年から市民クラブとして再発足した。

それによって(※企業クラブから市民クラブになって)年間70億~80億ウォンの大田市財政が投入される悪循環が続き、成績も2016年以降は2部リーグに留まり、現在10チーム中9位の不振を繰り返していた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング