清州プロサッカー団が誕生するか・・・清州市「積極支援」約束
聯合ニュース




※一部要約

議論の段階で毎回失敗に終わっていた清州プロサッカー団創立の動きが表面化している。

2015年12月に清州プロサッカー団創立の動きが起き始めてから、財政支援で常に否定的だった清州市が、肯定的な立場に転じた。

女子プロバスケットを除けば、清州をホームにするプロクラブはない。
清州市が前向きな姿勢を見せ、市民の共感が形成されれば、清州プロサッカー団創立でスピードを出す余地が大きくなった。

16日、K3リーグのクラブである清州シティFCによると、清州市が13日の市議会の事前同意手続きを経て、プロサッカー団創立を支援するという内容の公文書をクラブに送った。

シティFCが4月24日に清州市にプロサッカー団創立を提案してから2ヶ月である。

イ・スンフン市長もプロサッカー団創立に積極的だ。

イ市長は5月に清州総合競技場で行われたU-20サッカー代表のウルグアイとの評価試合の直後、「清州にもプロサッカー団がなければならないと思った」と語っていた。

清州市は9月7~19日に開かれる第29回市議会臨時会で、プロサッカー団支援案件を上程する計画である。
市議会が肯定的な反応を見せれば、来年度の予算案に支援金を編成する方針だ。





シティFCは4月にプロサッカー団創立を提案したとき、年間40億ウォンの支援金を市に要請した。
独自確保と母体企業の出資金20億ウォンを加え、60億ウォンでクラブを運営するという計画である。

市と市議会の支援さえ実現すれば、清州シティFCは2018年のリーグ参加が可能であるとみられる。

清州シティFCは人口85万人の清州市をホームにし、清州総合競技場をホームスタジアムに使う予定である。
クラブ名は清州ユナイテッドや、現在の名称である清州シティFCが検討されている。

清州市の関係者は「プロサッカー団が創立されれば、地域サッカー発展の基盤を備え、地域経済にも活気を吹き込む効果があるだろう」と語った。



中国から押し出された韓国サッカー、Jリーグに突破口を見出す?
ニュース1




※一部要約

韓国サッカーがだんだん中国スーパーリーグで席を失っている。
中国スーパーリーグの江蘇蘇寧で活躍していた代表のホン・ジョンホが事実上放出された。

ホン・ジョンホのエージェンシーであるC2グローバルは13日、「ホン・ジョンホが江蘇の外国人クォーターから除外されたという話を聞いた」と明かした。
事実上、チームを去ることになったわけである。
これでホン・ジョンホはチャン・ヒョンス(東京)、ユン・ビッカラム(済州)、キム・スンデ(浦項)、キム・ヒョンイル(富川)に続いて5番目に今夏中国の舞台を去る韓国選手になった。

これで中国スーパーリーグには、9日に延辺富徳へ移籍したファン・イルスを含めて韓国選手が6人だけ残ることになった。

韓国選手の中国の舞台からの離脱は、シーズン前後に突如変わった外国人選手規定のためというのが最も大きいと見られている。
中国サッカー協会はシーズン開幕前、自国選手により多くの出場機会を与えるため、外国人選手を1試合に3人しか出場させないようにした。

そこに幼少年育成のため、毎試合23歳以下の選手二人を出場リストに入れなければならず、そのうちの1人は先発で出場しなければならないという規定を作った。



"まばらな"水原城・・・今シーズンの平均観客8224人に"ガタッ"
東亜日報




※一部要約

"3818"


20170714030150296a.jpg


12日、Kリーグクラシック(1部)の水原-仁川の試合が行われた水原ワールドカップ競技場を訪れた観客数だ。
平日の夕方だったうえに、アウェイチームが下位圏の仁川(10位)だったという点を考慮しても、予想外に少ない数字である。
Kリーグがクラシックとチャレンジ(2部)に分かれて始まった2013年以降、水原のホーム試合の観客が3000人台に終わったことは初めての出来事だった。
これまでの水原のホーム試合最小観客は、やはり平日だった去年11月2日の仁川戦で4042人だったが、シーズン終盤の雨がフッたり止んだりする日だった。


20170714030150296b.jpg



東京ヴェルディ会長「トッティの行き先、ローマか東京」
ゴールドットコム




※一部要約

「トッティはローマに残るか東京ヴェルディでプレーすることになるだろう」

J2リーグ東京ヴェルディの会長が、ローマで選手生活を終えたトッティの将来について言及した。
東京ヴェルディの会長である羽生英之は、トッティがローマに残るか東京ヴェルディでプレーすることになると語った。

羽生は先週日曜日、J2リーグの試合直後に行なったインタビューで「トッティのエージェントから、今のトッティの選択肢は二つだけであると聞いた。ローマに残るか東京ヴェルディに入団するということだ」と語った。




「可能性は50対50」・・・東京ヴェルディ、トッティ獲得作業を認定
ベストイレブン




※一部要約

トッティが東京行きの飛行機に乗る決心をすれば、東京ヴェルディ側は金銭面の待遇でまったく問題ないと自信を持っている。
もしトッティが東京ヴェルディの緑色のユニフォームを着れば、最近ヴィッセル神戸に合流したルーカス・ポドルスキとともに、最高のスターとしてJリーグの興行に貢献するものとみられる。



CSLとアジアクォーター、別れが近づく
ネイバースポーツ




※一部要約

すべてが順調ならチャン・ヒョンスは今夏に中国を去る可能性が高い。
現在予想されている彼の目的地は、Jリーグ時代の古巣であるFC東京だ。
このニュースは日本メディアで公開され、所属クラブである広州富力も否定しなかった。
特別な変数がない限り、遼寧宏運でプレーしていたオーストラリア代表のロビー・クルーズとジェームス・ホランドに続き、チャン・ヒョンスは3番目に中国スーパーリーグ(CSL)を"脱出"するアジア選手になり得る。
CSLが外国人選手を制限する規定を出し、すぐに中国で活躍していたアジアクォーター資格の選手が一人二人脱出している。

チャン・ヒョンスの歩みは予期できなかったことでもない。
今シーズンを前に中国サッカー協会は各クラブに、外国人選手は最大五人まで保有できるが、その中で試合に出場できる選手は三人の制限した。
結局その被害は、長年CSLの各クラブの守備ラインで中軸的な役割を果たしていたアジア選手にそのまま転嫁された。

新たな政策が発表された後、チャン・ヒョンスはクラブの首脳部と会って自分の将来について言葉を交わし、移籍を求めた。
あまりに突然発表された政策だったので、すぐに新チームを探すことも現実的に難しかった。
結局、選手とクラブがどちらも一歩ずつ譲歩し、夏の移籍市場が開かれてから再び去就を決めることで糸口を掴んだ。


070987752a.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング