歴史の中に消えた警察サッカーチーム…牙山サッカーの明日は?
スポーツ東亜




※一部要約

"警察サッカーチーム"牙山ムグンファが歴史の中に消えた。

パク・ドンヒョク監督が率いる牙山は4日、イ・スンシン総合運動場で行われた釜山アイパークとのKリーグ2・2019の22ラウンドホーム試合(0-1負け)で、警察チームとしての終わりを告げた。

義務警察制度が廃止され、チーム運営の基本である"選手需給"が不可能になった状況で牙山は今シーズンのリーグ参加が不透明な状況だったが、クラブ解体は傘下ユースの大会出場不可に繋がりかねないという点を挙げて世論の説得に乗り出し、既存のプロ選手を編入させてシーズンに参加することができた。

牙山は40人余り(警察の14人を含む)でチームを設けてきたが、12人が12日に転役を控えている。
残りの義務警察はイ・ミョンジュとチュ・セジョンの2人だけだが、彼らも9月には身分が変わる。
警察の選手は普段、内務生活をして訓練も受け、試合のスケジュールによってチームに合流する"二軒"生活をしてきた。
牙山が今回の釜山戦を"警察サッカー団の公式お別れ試合"と早くから釘を差していた理由である。

もう牙山は残りの30人余りでチームを運営しなければならない。
豊かではないが残りのシーズンの消化は不可能ではない。
本当の問題は、選択の瞬間も訪れたという点だ。
2020年にもリーグに続けて参加するには、市民クラブ転換が必須である。
それ以外は解体しかない。

韓国プロサッカー連盟は2020年度の参加チーム構成のため、「9月末までにプロチーム転換について答えてほしい」と牙山に伝えた状態だ。
これに対して牙山側は「もう少し待ってほしい」という立場だが、時間が解決できる問題ではない。

サッカー界は警察サッカーチームとは別に、牙山サッカーの存続を望んでいる。
だが異常な構造でプロリーグに参加することも望んでいない。
果たして牙山サッカーの明日はどうなるのか。



ノーショーロナウド「No]…最新サッカーゲームの表紙モデル相次いで除外
MKスポーツ




※一部要約

12年ぶりの訪韓を"ノーショー(※no show)"事態で物議を醸したクリスティアーノ・ロナウドが、人気サッカーゲームの表紙モデルから除外される屈辱を受けた。

EAスポーツの"FIFA 20"に続き、コナミの"PES 2020"も表紙モデルでロナウドを無視した。





全世界のファンが期待していた"メッシvsロナウド"の表紙は選ばれなかった。
ロナウドは"PES"シリーズの2012年および2013年の表紙モデルとして活動したことがある。

一方、"PES 2020"は9月10日に発売される。
"FIFA 20"の発売日は9月27日である。



"ナルカンド"ロナウドは最初からプレーする気がなかった
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ナルカンド(※悪辣な強盗+ロナウド)"クリスティアーノ・ロナウドは最初からプレーする気がなかった。

"ロナウドノーショー"の後爆風が激しい。
26日にソウルワールドカップ競技場で行われたユベントスとチームKリーグの親善試合で、"主演"ロナウドはついにプレーしなかった。
ロナウドを見るために巨額を投じた65000人余りのファンは怒った。
直ちに集団訴訟に出た。
主催社のザ・フェスタは連日言論プレーをして、自分たちも被害者だと抗弁している。
プロサッカー連盟もユベントス側に抗議書簡を送り、直接言論ブリーフィングに出て対応した。

肝心の当事者ロナウドは沈黙している。
サッリ監督は「筋肉が良くない」と言ったが、ロナウドは復帰後に初めて上げたインスタグラムに、憎らしい表情でランニングマシンに乗っていた
すぐイベントに参加する余裕まで見せた。
ファンがさらに怒った理由である。
実際、ザ・フェスタの進行がいくら未熟だったとしても、プロサッカー連盟が(※厳しい日程の中で試合日を)間違った日に決めたとしても、ロナウドがわずか1分でも試合でプレーしていれば、これほど問題が大きくなることはなかっただろう。

だがロナウドは最後までグラウンドにそっぽを向いた。
ウォーミングアップすらしなかった。
すでにファンサイン会も参加しなかったロナウドは、ベンチにも最も遅く座った。
ザ・フェスタとユベントスの契約によると、ロナウドは必ず45分以上出場しなければならなかった。
例外条項はウォームアップ注の負傷、試合中の負傷だけだった。
いずれも該当しなかった。
だがサッリ監督は「ロナウドの体調が良くなかったので前日に欠場が決まった」と説明し、それは明らかに契約違反だった。

より正確には、守る意思がなかった。
スポーツ朝鮮の取材結果、ロナウドは試合出場に対する意思がなかった。
ユベントスの中国での日程を担当した現地の代理店をよく知る国内エージェントは「ロナウドが韓国に来る前、中国の代理店側の関係者が"おそらくロナウドはプレーしない"と言った。"ロナウドは中国での日程のせいですごく疲れて癇癪を起こした"と言った」と語った。
続けて「ユベントス側の関係者がオロオロしながらロナウドと話していたが、ロナウドはすべて冷酷に断ったと言っていた」として、「おそらくユベントスの関係者は早くにロナウドがプレーしないということも知っていただろう」と説明した。

また別の関係者もやはり「ロナウドの中国でのスケジュールはすごく窮屈だった。すでに怒っていた状態だったし、試合でプレーしない可能性が高いという話がかなり出回っていた」と語った。

それでも試合を強行し、さらに試合時間に遅れた。
そこに試合時間を短縮してほしいというカプチルまでした。
これは韓国ファンに対する完璧な欺瞞である。
私たちがロナウドに、ユベントスに怒らなければならない理由だ。



[Jリーグ新] 単なる親善試合?Jリーグワールドチャレンジ、中心に"リーグとファン"がいた
スポータルコリア




※一部要約

イ・ガンソン通信員=Jリーグが野心的に企画した2019明治安田生命Jリーグワールドチャレンジは成功裏に幕を下ろした。
今大会は19日夜に横浜の日産スタジアムで、2018シーズンJリーグ優勝チームの川崎フロンターレと、2018-2019ヨーロッパリーグ優勝チームのチェルシーの対決が繰り広げられた。

今大会は単なる海外有名チームの招待親善試合ではなく、Jリーグが企画した一つの大会だった。
一から十まで繊細に気を使い、今大会を準備したという。
そしてその中心にはJリーグとファンがいた。
海外有名チームに焦点が合わせられないよう、絶え間なく努力したという。

Jリーグ連盟広報部のクヌギタ・ヒロト氏は「Jリーグクラブの国際試合経験を積み、多くの人々が魅力あるサッカーを見られるようにするため、一週間リーグ日程を飛ばした」として、「その中でJリーグワールドチャレンジは特に連盟でも神経を使う大会だった。単なる親善試合ではない、一つの大会」と言い、Jリーグワールドチャレンジ開催の背景を語った。






[K-ISSUE] 人気が折れないKリーグ、125試合で100万観客突破
インターフットボール

190716054225670.jpg


※一部要約

Kリーグ1の興行熱が尋常ではない。
3月の開幕から4ヶ月あまりで100万の観客を突破し、去年と比べて2ヶ月16日早い数値である。

韓国プロサッカー連盟は14日、Kリーグ1・2019の21ラウンドがすべて終了した後、公示で「Kリーグ1は125試合で1,022,032人の観客を動員し、去年と比べて61試合、2ヶ月16日早く100万の観客を突破した」と伝えた。

125試合でKリーグ1は平均8176人の観客を動員した。
2018ロシアワールドカップの善戦、アジア大会金メダル、U-20ワールドカップ準優勝など、韓国サッカーの好材料がKリーグでも続き、Kリーグ構成員の努力がさらに増した結果だった。


190716054225670a.jpg

190716054225670b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング