全世界の5818万人がKリーグの試合を見た
毎日新聞



※一部要約

今年一年でプロサッカーKリーグ1の中継放送を全世界の約5818万人が見守ったことがわかった。

3日、韓国プロサッカー連盟によると、全世界43ヶ国で約5818万人の海外ファンが今シーズンのKリーグをオンライン中継サービスや海外TVチャンネルなどを通じて楽しんだ。

プロ連盟の関係者は「開幕戦の6試合を海外37ヶ国の約1700万人が視聴したのをはじめ、その後ブラジルやフランス、スペイン、英国などの国に中継を送出する海外メディアが追加され、43ヶ国の5800万人以上がKサッカーを見守った」と説明した。

試合中継だけでなくハイライト、映像コンテンツを制作して配信するニューメディアプラットフォームも人気を呼んだ。
ニューメディアプラットフォームの"ダグアウト"と"433"がプロ連盟とパートナー関係を結び、独自のHPとソーシャルメディアなどを通じて提供するKリーグ1の映像コンテンツの視聴者数も全世界で約5380万人に達する。

大邸FCの関係者は「欧州リーグに劣らないほどKリーグ1のレベルが高い上、熱い攻撃サッカーで試合の迫力感が高い。試合のハイライトだけでなく、面白みが中心のコンテンツや戦術分析のコンテンツなど、ファンの多様な需要を満たせるコンテンツの提供も人気要因だ」と分析した。



Kリーグ、8年ぶりに新エンブレム公開…新たなBIは"ダイナミックピッチ"
スターニュース



※一部要約

韓国プロサッカー連盟がKリーグの新エンブレムを公開した。

連盟は5日午後3時にソウル弘恩洞のスイスグランドホテルで行われた"ハナワンキューKリーグ大賞授賞式2020"で、Kリーグのエンブレムを含む新たなブランドアイデンティティ(BI)を発表した。

新たに定義したKリーグのBI"ダイナミックピッチ(Dynamic Pitch)"は、選手の躍動的なプレーやファンの情熱的な応援によって世界で最もダイナミックなリーグを作っていくという意味を込めた。





イ・ガンイン、久保に押された…身代金100億近く下落(CIES)
マネーS



※一部要約

バレンシアのMFイ・ガンインの身代金が、以前の調査より700万ユーロ(韓貨約92億ウォン)近く下落したという調査結果が出た。

FIFA傘下の国際スポーツ研究所(CIES)が3日に発表した"5大ビッグリーグ所属の2000年以降出生の選手の市場価値"の報告書で、イ・ガンインの身代金は1560万ユーロ(約205億ウォン)と明かした。
選手全体で37位に該当する。

イ・ガンインは3月にCIESが行った同一の調査で、2200万ユーロ(約290億ウォン)の身代金で全体22位に上がっていた。
わずか7ヶ月で価値が100億ウォン近く下落したわけだ。

"日本の未来"と呼ばれる久保建英(ビジャレアル)は4840万ユーロ(約640億ウォン)と評価され、全体13位に上がった。



"2年連続逆転優勝"全北、Kリーグドラマの"主演"となった
スポータルコリア



※一部要約

全北は1日午後3時に全州ワールドカップ競技場で行われたハナワンキューKリーグ1・2020・27ラウンドで大邸FCに2-0の勝利をおさめた。

また劇的な逆転優勝だ。
実際、シーズン中盤まで優勝は蔚山が有力だった。
イ・チョンヨンやホン・チョルらを獲得して戦力を補強した蔚山は、単独首位を走って15年ぶりのリーグ優勝に迫った。
だがシーズン最後に向かうほど差が少しずつ縮まり始めた。



どこであれ1位だけが記憶され、2位は記憶の中からすぐ忘れられる。
実際、全北は2年連続で"助演"になるところだった。
去年、全北は蔚山が最後の浦項スティーラーズ戦に1-4で敗北したため、多得点でリードして劇的に優勝カップを掲げた。
多くの人が全北の逆転優勝を"奇跡"と表現した。

全北はそのような"奇跡"を1年で再現した。
引退を控えていたイ・ドングを筆頭に、選手が切実さで試練を克服し、Kリーグの歴史に残る優勝記録を新たに作った。
そんな全北はKリーグドラマの"主演"となってハッピーエンドで2020シーズンを終えた。



キム・イェジ議員、Kリーグの現住所は果たして
日刊トゥデイ



※一部要約

国会文化体育観光委員会のキム・イェジ議員(国民の力、比例代表)がアジアサッカー連盟(Asian Football Confederation:AFC)所属の46ヶ国を対象にAFCのHPやサッカー関連のインターネットポータルサイトの"Transfer Market"に公示された資料を確認した結果、2019年基準で我が国のプロサッカーがAFCで毎年算定するAFCクラブポイントの順位では5位と上位圏にあるが、興行の尺度である平均観客と運動場の占有率では東南アジア国家にも届かない水準であることがわかった。

AFCクラブポイントは最近4年間の当該国家所属クラブのAFC大会成績を基準に算定するポイントで、クラブの競技場内での競争力を定量化したものと見ることができる。

2019年基準で46ヶ国を対象に順位をつけた結果、我が国はサウジアラビアに続いて62.65点で5位にランクされた。

これは2位だった2017年より3段階落ちた順位で、FIFAランキング40位でありアジアの強豪(アジア3位)の大韓民国のプロサッカーリーグの成績としては残念な結果かもしれないが、莫大な資金力の中国や中東国家と着実に上位圏に留まっているという点は鼓舞的だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング