キ・ソンヨン、ヨーロッパで挑戦続ける…スペイン行き有力
エクスポーツニュース




※一部要約

国内復帰が不発となったキ・ソンヨンの行き先がスペインに決まった雰囲気だ。
キ・ソンヨンが再びヨーロッパで挑戦を続ける。

KBSは18日、「キ・ソンヨンは様々な海外クラブのラブコールを受けた。悩んだ末にスペイン行きを選んだ」と報じた。

キ・ソンヨンは先月末、ニューカッスル・ユナイテッドと相互間の契約を解除し、国内復帰を推進した。
だが元所属チームだったソウルとの交渉が決裂し、国内復帰が失敗に終わった。
ソウルの許諾なしでは他の国内クラブに移籍できないという契約により、海外に目を向けた。

英語圏であると同時に好環境のアメリカを選ぶ可能性もあったが、キ・ソンヨンはヨーロッパで挑戦を続けることを選んだ。
キ・ソンヨンを望んでいるチームはSBウエスカだ。
ウエスカは現在、スペイン2部リーグで4位になっている。
昇格直行圏の2位とは勝ち点差1に過ぎない。
ただし2位のレアル・サラゴサが2試合行っていない。



キム・ナミルのFWヤン・ドンヒョン、「Kリーグ100号ゴールを早く更新する」
インターフットボール




※一部要約

キム・ナミル体制の城南FCに移籍したヤン・ドンヒョンが、Kリーグ100号ゴールに一日でも早く到達するという確約である。
今後わずか10ゴールしか残っていない。

昨シーズンが終わった後、城南は新司令塔にキム・ナミル監督を選任した。
キム・ナミル監督は城南をリビルディングするとして、Kリーグの看板FWヤン・ドンヒョンを獲得した。
ヤン・ドンヒョンは16歳だった2002年にフランスFCメスのユースチームに入団し、それから蔚山、釜山、浦項などを経て292試合90ゴール34アシストを記録したストライカーだ。

2017シーズンに19ゴールでKリーグ得点2位、韓国人得点1位になったヤン・ドンヒョンは、2018年と2019年を日本Jリーグのセレッソ大坂とJ2リーグのアビスパ福岡で過ごした。
その後、2年ぶりにKリーグのダークホース城南に華麗に復帰した。

最近、城南のキャンプ地である済州島西帰浦でヤン・ドンヒョンと会った。
彼は「日本で元気に過ごしていた。私の消息が韓国に伝わってなかっただけである。Kリーグを去ったときや、今も体調は変わりない」と応えた。



"Kリーグ復帰霧散"キ・ソンヨン、警告込められた心境「弄べば傷つく」
ソウル新聞




※一部要約

Kリーグ復帰が失敗に終わったキ・ソンヨンが意味深な文を残した。

キ・ソンヨンは11日、自身のインスタグラムストーリーで「嘘で私を傷つけるなら、私も真実で傷つけることができる。私を弄ぶな。私が弄びだしたらあなたも良くないだろう」という内容の文を英文で載せた。





先にキ・ソンヨンのKリーグ復帰が失敗に終わったというニュースが伝えられ、国内ファンを落胆させた。
キ・ソンヨンの所属会社C2グローバルはこの日、「FCソウルと全北現代の両クラブとの交渉を終了する」として、「今シーズンにKリーグに復帰することは、極めて特別な変数が起きない限りはないだろう」と伝えた。

キ・ソンヨンのインスタグラムストーリーの文は、Kリーグ復帰が失敗に終わったこのような状況について、話せなかった内部事情があるものとみられる。
怒りと警告の意味が込められ、交渉の背景に気がかりが高まっている。

最近イングランド・プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドとの契約を解除したキ・ソンヨンは、国内復帰を打診していた。



[単独] キ・ソンヨンのエージェントにインタビュー「来週立場発表、キ・ソンヨン苦しんでる」
スポーツ朝鮮




※一部要約

韓国サッカーの中心だったキ・ソンヨンが最近、国内サッカーで最大の関心事に浮上した。

最近ニューカッスル・ユナイテッドと契約解除したからKリーグ復帰を推進し、国内サッカーの世論はすべて"キ・ソンヨン場"になるほどだった。

長期間の海外リーグ生活を終えてKリーグに戻るという事実に国内サッカーファンは興奮し、復興期に入ったKリーグの興行にも助けになるという見通しが優勢だったからだ。

だが国内最強の全北現代と元所属チームのFCソウルのキ・ソンヨン争奪戦が拡大し、多くの論難と憶測が出回った。

一部のファンのオンライン世論では、キ・ソンヨン獲得をめぐる様々な葛藤説が上塗りされ、混乱だけが加重されている。

そのためキ・ソンヨンは不本意に混雑した状況に立つことになった。
そんな中でキ・ソンヨン復帰説の後、初めてキ・ソンヨン側の立場表明が出てきた。

キ・ソンヨンのエージェントを受け持つC2グローバルのチュ・ヨング理事は7日、スポーツ朝鮮とのインタビューで「不本意に混乱が広がっている状況は残念」として、「来週中にキ・ソンヨンの去就などを含む、整理された立場を発表する」と語った。

これまでメディアの報道などによって伝えられた内容は正確な事実と異なる部分が少なくなく、それによって不要な論難が拡大再生産されているというのがC2グローバル側の説明である。

チュ理事はキ・ソンヨンが置かれた現在の心境を伝えたりもした。
「キ・ソンヨンがエージェントと悩んだ末にKリーグ復帰を決めたのは、純粋に善意のためだった。故国に戻り、これまで受けてきた愛をファンに恩返しし、Kリーグ発展のために微力でも加えることが道理だと考えた」とチュ理事は背景を説明した。

「キ・ソンヨンはまだ試合で熱心にプレーしなければならない選手だ。これ以上時間をかけられない理由でもある。できるだけ早く"道"を見つけられるよう、慎重に悩んでいる」と付け加えた。



[単独] キ・ソンヨンすでに帰国、イ・チョンヨンもKリーグ復帰推進
KBS




※一部要約

1日、イングランド・プロサッカー・プレミアリーグのニューカッスルと双方合意で契約を終わらせたキ・ソンヨンが、Kリーグ復帰を打診している。
ニューカッスルを去ったキ・ソンヨンが国内復帰を最も希望しているという英国現地メディアの報道が出て、Kリーグチームの中で全北が交渉を進めているという国内報道がこれを後押しした。

KBSの取材結果、キ・ソンヨンは3日に帰国した。
サッカー界の複数の関係者とキ・ソンヨン側によると、去年末からニューカッスルの許可を得て新チームを探してきたキ・ソンヨンは、これまで中東・中国・アメリカの舞台への移籍を悩んできたことがわかった。

2年前からキ・ソンヨンに巨額年俸を提示し、積極的な獲得の意志を見せてきた中国スーパーリーグ。
そして中東ではサウジアラビアのアル・ナスルがキ・ソンヨンに強力なラブコールを送ってきたことがわかった。
しかし、サッカー選手としての人生と家族との将来を考慮し、国内復帰に方向を変えたという。

そんな中でキ・ソンヨンとFCソウルでともにプレーし、"双龍"と呼ばれたイ・チョンヨンもKリーグ復帰を推進していることがわかり、国内ファンの期待感を高めている。

今夏にボーフムとの契約期間が終わるイ・チョンヨンもやはり、去年末から新チームを探しているところだった。
海外現地エージェントを通じて中東カタールリーグや、中国スーパーリーグの方で移籍を推進していたイ・チョンヨンが、新たな方向を定めたところはKリーグの蔚山。
イ・チョンヨン移籍説が出回り、蔚山は団長次元で積極的な協議に入ったことが取材の結果確認された。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング