[オフィシャル] ペク・スンホ、バルサを去ってジローナ移籍…3年契約
インターフットボール




※一部要約

ペク・スンホがバルセロナを去ってジローナFCに巣を移す。
安定した出場機会を得るために新たな挑戦を決心したのだ。

ジローナFCは21日、クラブのHPで「バルセロナからペク・スンホを獲得した。ペク・スンホはパララーダでプレーすることになるだろう」とペク・スンホ移籍のニュースを公式発表した。
契約期間は2020年までの3年である。

ペク・スンホの移籍はある程度予想されていたことだった。
6月末にバルセロナBが2部リーグに昇格し、その後出場機会がはっきりと減ったからである。
非ヨーロッパ出身選手は2人しか出場できないという規定が困難に陥れた。

最終的にペク・スンホは最近、新チーム探しに乗り出した。
折しもプリメーラリーガに昇格したジローナFCがペク・スンホに関心を示した。
すぐに1軍に合流するのではない。
ペク・スンホは2軍格のパララーダ-ジローナBでプレーする見通しである。
パララーダ-ジローナBは3部リーグに属している。

ペク・スンホは今シーズンにパララーダ-ジローナBで実戦感覚をつけてから、今後の状況によって1軍の招集を受けるものとみられる。
新たな挑戦に出たペク・スンホにとって、ジローナ行きが成長のための足場になることができるのか注目されている。



イタリアメディア「ヴェローナ、イ・スンウのレンタル獲得に乗り出した」
ニュース1




※一部要約

イタリア・セリエA昇格チームのエラス・ヴェローナがイ・スンウにずっと関心を示している。

イタリアメディアのスポートメディアセットは20日、「ヴェローナがイ・スンウのレンタル獲得のためバルセロナと協議に入った」と報じた。

ヴェローナは今夏の移籍市場でずっとイ・スンウにラブコールを送っている。
先月28日にイタリアメディアは「ヴェローナが引退を宣言したアントニオ・カッサーノの空席を埋める適任者としてイ・スンウに目をつけた」と初めて伝えたことがあった。

イタリアメディアは9日には「ヴェローナがイ・スンウをまずレンタルしてから、完全移籍を望んでいる」と報じたこともある。

今回、スポートメディアセットは「開幕戦でナポリに1-3で敗れたヴェローナが、残りの移籍期間で攻撃陣の強化を望んでいる。そのためにイ・スンウの獲得を狙っている」とした。

イ・スンウに関心を示しているエラス・ヴェローナは、昨シーズンにセリエBの2位になり、今シーズンにセリエAへ昇格した。



"韓国企業買収"AFCテュビズ、二兎を狙う
デイリアン




※一部要約

スポーツビジネス企業スポーティズンが買収したベルギープロサッカー団のAFCテュビズが6日、開幕戦を行なった。

今年で買収4年目を迎えるAFCテュビズは、現地で積んだノウハウを基に、昇格とプラットフォームビジネスの安着を目標にした。

AFCテュビズは2014年にスポーティズンが買収して国内に伝えられた。
チェルシーのエースでありベルギー代表のエデン・アザールがユース時代に成長したクラブとして有名なAFCテュビズは、2015年にKBSの芸能番組"青春FCハングリーイレブン"で国内ファンの認知度がアップした。

買収後に様々な試みを通じて現地の経験を積んだAFCテュビズは今シーズン、いつのときもよりも昇格について強い意志を見せている。

有望株の獲得も多かった。
買収後にヨーロッパで積み重ねたネットワークを基に、ヨーロッパ名門クラブの有望株をレンタル移籍させるプラットフォームビジネス事業が始まった。

アジア選手への関心も放ってはいない。
イ・ジェゴン(22)、オ・ジャンウォン(19)、ハスンジュン(19)ら韓国人有望株の他にも、日本人有望株の坂井大将(20)を獲得した。

AFCテュビズの関係者は「今後、韓国・中国・日本サッカーなど東アジアの有望株について追加獲得を考慮中だ。アジア選手のヨーロッパ舞台進出の橋頭堡の役割を果たすだろう」と明かした。



[SPOイシュー] 自ら要望した2軍行き、ボス監督がパク・チュホを知らないことはない
スポTVニュース




※一部要約

ボルシア・ドルトムントにパク・チュホの席がないというのは否定できない事実だ。
だがピーター・ボス監督がパク・チュホの存在すら知らない。
ドイツサッカーの現地事情に詳しい関係者は「あり得ないこと」と言った。

マインツでプレーしていた時期に最高の左SBの1人と評価されていたパク・チュホにとって、ドルトムント挑戦は悪夢となった。
マインツを去ってドルトムントの指揮棒を手にしたトーマス・トゥヘル監督のラブコールで"夢のチーム"に入ったパク・チュホは、激しい競争と不運な負傷で立場が狭まった。
弱り目に祟り目で、トゥヘル監督までチームを去った。

ヨーロッパサッカーの現地消息筋によると、パク・チュホはすでに1月の移籍市場から積極的に移籍するチームを探していた。
実際、ヨーロッパの有力な移籍専門メディアに、パク・チュホの名前が何度も上がったり下がったりした。
様々な条件や選択肢について調べたが、意味のある段階まで進展した交渉は突然決裂し、夏の移籍市場まで待たなければならない状況になった。
対策なしに構えて座っていたわけではない。

パク・チュホは2016-17シーズンの後半期に、2軍の試合に参加した。
慣例上、ベテラン年代の選手は出場機会が減った状況でも2軍には降りていかない。
国内ではパク・チュホが2軍に降格させられたような表現をされたが、実際にはパク・チュホがトゥヘル監督を訪れて要請した2軍行きだった。

当時、大韓民国代表の"FIFAワールドカップロシア2018"アジア最終予選の状況が危うくなり、シュティーリケ監督が訪ねてきた。
シュティーリケ監督は代表抜擢のため試合感覚を引き上げてくれと言い、パク・チュホは感覚を回復するため2軍の試合でもプレーするとして、トゥヘル監督を訪れたのだ。
この要請がなければパク・チュホが2軍の試合でプレーすることはなかっただろう。



新たな巣を探すペク・スンホ-イ・スンウ、プレシーズンで交錯した評価
スポーツ朝鮮




※一部要約

新たな巣を探してるペク・スンホとイ・スンウのプレシーズンの評価が交錯している。

まずペク・スンホはプレシーズンを行っているバルセロナBでも最高の技量を見せている選手と評価されている。
9日、カタルーニャの地元紙は「バルセロナはプレシーズンで最高の選手の1人であるペク・スンホを送らなければならない。ペク・スンホはジェラルド・ロペス監督の戦術を導く核心の役割を果たしただけでなく、短いインパクトでも良いレベルのチームからオファーを受けた」と報じた。

その一方、「ペク・スンホの成長と競技力を見たが、バルセロナBの選手構成のため他チームへ去ることを防ぐことができない状況」と惜しさをあらわした。

バルセロナBではペク・スンホにレンタル移籍を勧めている状況である。
ペク・スンホもすでに他チームからオファーを受け、選択だけが残っている。
最近ではスペイン・プリメーラリーガに昇格したジローナFCの2軍が関心を示している。

地元紙は「明確な事実は、ペク・スンホが去らなければならないということである。ペク・スンホは政策に基づいた数クラブのオファーを受け取っている状況だ。ペク・スンホの意中は2部リーグのチームか外国でプレーしたいうことである。ただし3部リーグでプレーするのが最も理想的な終着地になるだろう。その舞台は国籍制限がないため」と説明した。





一方、イ・スンウへの評価は薄情だ。
ペク・スンホとイ・スンウはどちらも非ヨーロッパ圏クォーター制限でバルセロナを去らなければならないという立場は同じだが、ニュアンスはまったく違う。
このメディアはイ・スンウがバルセロナBで1分もプレーできなかったと伝えた。
イ・スンウは出場できる25人以外のメンバーに入り、残りの10人と一緒に練習していることがわかった。
地元紙は「バルセロナはフベニールA以降の(プロ契約をしなければならない)チーム構成において、イ・スンウに対する期待がないものとみられる」と伝えた。
同時に「イ・スンウはバルセロナBの許可を得てチームに遅れて合流したが、出場グループとは関わってない」とした。
最後に「2019年に契約が満了するイ・スンウは、バルセロナに残るチャンスを掴もうと必死になっている」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング