[単独] "ラインブレーカー"キム・スンデ、全北のユニフォームを着る
スポーツ朝鮮




※一部要約

"ラインブレーカー"キム・スンデが全北のユニフォームを着る。

15日、移籍市場に詳しい複数の関係者は「全北がキム・スンデ獲得について浦項と合意を終えた。メディカルテストなど細部の日程を終えた後、近い内に最終発表するだろう」と伝えた。
全北はKリーグ最高級アタッカーを連れてきて、攻撃陣の強化に成功した。

予想できない驚きの獲得だ。
全北は"核心FW"キム・シヌクを上海申花に送った。
全北はまずデリッチ争奪戦に飛び込んだが、デリッチが慶南行きを選んで意を実現できなかった。
外国人FWに目を向けた。
ジョゼ・モライス監督が要請したKリーグ外の選手が嘱望された。
キム・シヌクの代替者の獲得とは別に、攻撃陣の再編は避けられなかった。



日本、久保の西新聞1面装飾に狂奔…「潜在力を認められた!」
スポTVニュース




※一部要約

日本が久保建英に連日狂奔している。

久保は先月14日、レアル・マドリードに移籍を確定させた。
1軍ではなく2軍のカスティージャから始める。

カスティージャ入団だが、プレシーズンで1軍と同行した。
現在、アメリカで行われているプレシーズンの練習で1軍選手とともにしている。

日本選手がレアル・マドリードに入団し、日本の関心は天を衝いている。
レアル・マドリードのプレシーズン取材で、スペイン記者より日本記者のほうが多いほどだ。

スペイン"アス"は14日、紙面の1面に"KUBO MANIA"というタイトルで久保を載せた。
バルセロナに移籍したアントワーヌ・グリーズマンは久保の下にいた。
スペインメディアの関心も、日本ほどではないが少なくないというのを見せた。

日本メディアは久保がスペインメディアの1面を飾ったことに興奮を隠せなかった。
"サンケイスポーツ"は「久保!スペイン新聞の1面装飾!」と足早に報じた。



"ボルドー移籍"ファン・ウィジョ、ガンバ大阪告別戦フルタイム
MKスポーツ




※一部要約

ジロンダン・ボルドーに移籍するファン・ウィジョが、ガンバ大阪での告別試合を行った。
フルタイムをプレーしたが、ゴールのプレゼントを残せなかった。

ファン・ウィジョは13日午後、日本・大阪のパナソニックスタジアム吹田で行われた2019シーズン日本J1リーグ19ラウンドの清水エスパルス戦に最前方FWでプレーし、90分を消化した。
ファン・ウィジョの告別試合には合計25719人が集まった。

ファン・ウィジョは最前方で積極的な動きを展開した。
だがゴール運がなかった。
後半35分のシュートはゴールポストを叩いた。
3分後のシュートもGKに阻まれた。

それでもファン・ウィジョは勝利のセレモニーを繰り広げた。
ガンバは後半43分に矢島慎也が決勝ゴールを炸裂させ、清水に1-0で勝った。
最近4試合で3勝1敗のガンバは、勝ち点23を記録して残留の希望を育てた。

ファン・ウィジョは清水戦を最後に、日本生活を整理する。
ファン・ウィジョのJリーグ(リーグおよびリーグカップ)通算成績は70試合31ゴールである。

ファン・ウィジョはAマッチ通算27試合で8得点を記録した。
パウロ・ベント監督の就任後に7ゴールを決め、看板FWとしての地位を確立した。



[公式発表] 「難しい決定」チャン・ヒョンス、FC東京を去ってアル・ヒラル移籍
スポTVニュース




※一部要約

チャン・ヒョンスがFC東京を去ってアル・ヒラル(サウジアラビア)に移籍する。

FC東京は13日、クラブ公式HPでチャン・ヒョンスのアル・ヒラル移籍のニュースを発表した。
チャン・ヒョンスは昨シーズンに東京の主将として活躍したが、中東のとてつもないオファーで移籍を決心した。
現地メディアによると、チャン・ヒョンスは年俸33億ウォンを受けることになった。

チャン・ヒョンスは「シーズン中にチームを去るのは難しい決定だったし、心苦しいのが率直な心情だ。今は覚悟を持って新たな挑戦をしたいと思っている。東京での経験を基に、培ったプレーと人間性をサウジでも発揮したい」と語った。




「挑戦したかった」…チャン・ヒョンス、アル・ヒラル移籍公式発表
ベストイレブン




※一部要約

チャン・ヒョンスが加勢するアル・ヒラルは、アル・イテハドとともにサウジアラビア最高の名門クラブとされる。
サウジアラビアリーグだけで15回頂点に上った。
アル・ヒラルにはイ・ヨンピョ、ソル・ギヒョン、チョ・ソンファン、ユ・ビョンスら過去に韓国選手が活動したことがあり、韓国ファンにも馴染みのクラブである。



ファン・ウィジョのボルドー行き、バイアウト設定が"決定的役割"
フットボールリスト




※一部要約

ファン・ウィジョがフランス・リーグアン所属のジロンダン・ボルドーに移籍する最大の役割を果たしたのはバイアウトである。

フランスのメディアと日本の現地関係者は、ボルドーとファン・ウィジョが4年契約を結んだと明かした。
現在、両サイドは大枠での合意を終え、チームの合流時期などを調整していることがわかった。
ボルドーは現在、オーストリアで練習を進めている。
"2019/2020フランス・リーグアン"は8月9日に開幕する。

ファン・ウィジョがヨーロッパに行くことができた理由は、過去の"2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会"を終えて、契約延長で入れられたバイアウト条項である。
ファン・ウィジョは年俸を上げつつも、バイアウト金額は適正水準に維持した。
その金額は200万ユーロ(約26億ウォン)と判明した。

攻撃を補強して新シーズンで好成績を望むボルドーは、韓国代表とガンバ大阪で優れた決定力を見せたファン・ウィジョを選んだ。
ボルドーは資金力が非常に良いというクラブではないが、200万ユーロくらいは支給する余力がある。

サッカー界の関係者は、パウロ・ソウザ監督がアジアで働いていたことも移籍を助けたと予想している。
ソウザ監督は2018シーズンに天津権健を指揮してAFCチャンピオンズリーグの舞台を経験し、韓国代表クォン・ギョンウォンも指導した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング