中メディア「イ・スンウ、日本選手が多いチームに行くのか?」
MKスポーツ




※一部要約

エラス・ヴェローナのFWイ・スンウが、ベルギー1部リーグのシント・トロイデン入団が有力である。
中国メディアは最近、韓国の反韓感情のためか、"日本人の多いチームに韓国の人気スターが移籍するのか?"という反応だ。

中国"新浪スポーツ"は「イ・スンウは"韓国のメッシ"と呼ばれる。シント・トロイデンは鈴木優磨、ダニエル・シュミット、伊藤達也ら日本選手が何人もいる」と報じた。

シュミットはドイツ-アメリカ系GKで現日本代表である。
MF伊藤は2019コパ・アメリカの日本代表に抜擢された。
FW鈴木は2018AFCチャンピオンズリーグMVP出身だ。

シント・トロイデンは2017年11月に日本のDMMが株式100%を買い入れて話題になった。
DMMはインターネット通信販売およびオンデマンドビデオ事業を主力とする企業である。

DMMはシント・トロイデンを買収した後、日本選手を9人獲得した。
彼らのうち6人は別の欧州国家のリーグに移籍した。
日本サッカーのヨーロッパ進出の橋頭堡に急浮上した。

"新浪スポーツ"は「イ・スンウは11歳でFCバルセロナの育成ユースシステムであるラ・マシアに合流した。優れた活躍で"韓国のメッシ"という別称を得た」と紹介した。



PSV、日・堂安獲得のニュースを発表して旭日旗使用
インターフットボール




※一部要約

パク・チソンとイ・ヨンピョら韓国人選手がプレーしたことのあるオランダの名門クラブPSVアイントホーフェンが、日本代表の堂安律を獲得し、日本の旭日旗を使ったイメージを上げて論難になるものとみられる。

PSVは28日、公式SNSで「移籍が完了した。堂安はPSVのユニフォームを着ることになった」として、獲得の事実を発表した。
日本代表でプレーする攻撃型MFの堂安は、ガンバ大阪からオランダのフローニンゲンに移籍し、1年でPSVに席を移すことになった。

問題はPSVが堂安獲得を発表したときに使ったグラフィックイメージだった。
このグラフィックでは、PSVのユニフォームカラーが加えられた日本特有の衣装を着た堂安の姿が描かれていた。
堂安の背景には旭日旗が入れられていた。


190828104449066a.png


PSVの当該SNSではまだ多くの反応は上がってなかった。
ただし、一部の外国人を中心に旭日旗の使用について問題意識が出ているところだ。
あるファンは「この旗を使用するなんて、本心か?」と反問し、"歴史認識"、"世界2次対戦"という文を書くファンもいた。



[単独] イ・スンウがベルギー行き…シント・トロイデンと3年契約
中央日報




※一部要約

"韓国サッカー期待の主"イ・スンウのヨーロッパサッカー挑戦の3幕が始まる。
スペイン・イタリアに続くイ・スンウの新たな挑戦の舞台はベルギーだ。

ヨーロッパサッカーの移籍市場に詳しい関係者は27日、中央日報との電話に「イ・スンウが欧州リーグの夏の移籍市場の最後にベルギープロ1部リーグクラブのシント・トロイデン行きに合意した」として、「完全移籍で契約期間はオプションを含めて3年(2+1年)である。エースを象徴する背番号10を保証された」と語った。
移籍金はクラブと選手の合意によって公開されなかったが、600万ユーロ(81億ウォン)水準と推定される。

"イ・スンウを連れてきて看板スターに育てる"という契約を実行するため、シント・トロイデンは財布をパッと開いた。
ヴェローナで60万ユーロ(8億ウォン)水準だったイ・スンウの年俸を80万ユーロ(10億8000万ウォン・手取り)に引き上げた。
1924年に創立し、100年に迫るクラブの歴史を合わせて最高額だ。
そこに出場手当て、得点手当て、ヨーロッパクラブ対抗戦進出手当てなど、様々なオプションがつく。
家や車も別途提供される。

シント・トロイデンは成長の可能性が高い有望株を獲得し、水準級の選手に育てた後、高い身代金を受けて売る"ベルギーサッカー界の巨商"である。
先月、日本代表DF冨安健洋をボローニャに送って700万ユーロ(94億ウォン)、オプションを満たせば最大1000万ユーロ(135億ウォン)を稼いで話題の中心に立った。
冨安を獲得したとき、前所属チームのアビスパ福岡に支払った移籍金は100万ユーロ(14億ウォン)だった。



克明になった"バルサ出身"ペク・スンホとイ・スンウの代表での温度差
スポーツワールド




※一部要約

FCバルセロナ出身という点では同じだが、最近の代表での歩みは差を見せている。
ペク・スンホとイ・スンウのことだ。

大韓民国サッカー代表を率いるパウロ・ベント監督は26日、9月のAマッチ2連戦を行う26人の選手リストを公開した。
持続的なサッカー哲学の共有を強要するベント監督なので大きな変化はなかったが、2019年から着実に招集を受けていたイ・スンウが外れて世間の注目を集めている。

イ・スンウは"コリアンメッシ"として、世界的な名門のバルサでユース時代を過ごしたほど、嘱望されていた資源である。
ただし、成人の舞台を踏んでからは期待ほどの成長ができなかった。
2017年に定期的な出場のためにイタリア・セリエA所属のヴェローナに巣を移したが、それすらも容易ではなかった。
初シーズンは合計16試合に出場して1ゴールしか決められず、2部リーグに落ちた翌年も27試合に出て、出場時間だけは増えたが1ゴール3アシストに終わってFWとして合格点を与えにくい成績を残した。

弱り目に祟り目で、ベント監督の招集からも除外された。
彼が抜けたところにはベテランのイ・チョンヨンやイ・ガンインらに置き換わった。
代表での出場時間が明らかに減り、結局は除外にまで繋がった。
ポジションのライバルが手強い点、現在の状態が正常ではないという点などを無視するわけにはいかないが、競技力が期待以下というのが最大の問題だ。





それとは反対に、バルサ同期のペク・スンホの状況ははるかに良い。
リーグ開幕から2試合すべてに除外されるなど、所属チームの状況は大きく変わらないが、太極マークを付けることではイ・スンウとの温度差が明確だ。
6月に続いて再び9月の代表リストに名前を上げた。

チャンスが来たときに実力を誇ったおかげである。
ペク・スンホはイラン戦で守備型MFとして出場し、期待以上の活躍を繰り広げた。
代表を引退したキ・ソンヨンの代替者に取り上げられるほどだ。
ペク・スンホが今回も既存の資源と良い呼吸を再び見せれば、不動の主戦まで狙える。

一時はともに韓国サッカーの未来を担うと期待を受けていたバルサデュオが、次第に相反する道を歩んでいる。



[オフィシャル] "日本のメッシ"久保、カスティージャの代わりに"1部"マジョルカへ
スポータルコリア




※一部要約

日本のメッシと呼ばれる新星の久保建英が、レンタル移籍とともに初シーズンを3部リーグの代わりに1部リーグのスペイン・プリメーラリーガでプレーする機会を掴んだ。

RCDマジョルカは23日、公式チャンネルで久保獲得のニュースを発表した。
契約は1年のレンタルで2020年夏まで留まる。

久保は今夏、FC東京を去ってレアル・マドリードに入団した。
彼は今回のプレシーズンで1軍リストに名前を上げ、最初の契約通り2軍のカスティージャに戻った。

レアルは久保がカスティージャのプレシーズンで良い姿を見せ、1軍のプロの舞台で経験を積むことを望んだ。
久保もやはり3部リーグのカスティージャの代わりに、1部リーグであるプリメーラリーガでの経験を希望し、望み通りとなった。

久保が着実な出場とともに成果を上げれば、レアル1軍入りの時期はさらに早まるだろう。
マジョルカもやはり久保獲得出攻撃の強化に成功し、今シーズンの期待値を上げた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング