[単独] "水原の息子"クォン・チャンフン、KリーグUターン迫る…"実家"水原三星有力
スポーツ東亜



※一部要約

また1人、欧州リーガーがKリーグにカムバックする兆しだ。
韓国サッカー代表のサイドアタッカー、クォン・チャンフンが国内復帰を密かに打診している。
現時点で最有力の行き先は実家チーム、Kリーグ1の水原三星である。

Kリーグの複数の消息筋は24日、「ドイツ・ブンデスリーガで活躍中のクォン・チャンフンが、慎重にKリーグUターンを準備している。実家チームの水原のユニフォームを着る可能性が高い」と耳打ちした。
詳細な交渉条件は確認されてないが、水原と選手側が活発に交感を交わしているという。

水原の厳しい暮らし向きを考慮すると、確実な礼遇をしてあげられるかは未知数だ。
親企業がサムスン電子から第一企画に移管されて以降、毎年選手団の運営費を減らしており、ヨーロッパの舞台で競争力を発揮したクォン・チャンフンの年俸は大きな負担になり得る。

実際、親企業の無関心によって財政状況の良くない水原は、今年末に契約期間が満了するチームない唯一の代表である左SBホン・チョルと再契約できなかったし、契約上のバイアウト(50万ドル・約6億ウォン)以上の移籍金を提示した蔚山現代に譲る羽目になった。



オ・ジェソク、ガンバを去って名古屋で新たな挑戦 [単独]
OSEN

200624165209411.jpg

※一部要約

オ・ジェソクがが名古屋グランパスに移籍する。

オ・ジェソク側の関係者は24日、「新たな挑戦に出る。Kリーグ復帰への悩みも多かったが、オ・ジェソクは日本でもっと挑戦するという強い意志を隠さなかった。一両日中に名古屋と契約を結び、一ヶ月後にチームに合流する予定」と明かした。

2012年のロンドンオリンピックにサッカー代表の一員として参加したオ・ジェソクは、水原と江原を経て2013年に日本のガンバ大阪へ移籍した。



オスマルがJリーグに去った理由、「クラブの野心が見られなかった」
ベストイレブン




※一部要約

FCソウルのMFオスマルが、突然セレッソ大阪にレンタルで離れた2年前の記憶を振り返った。
彼はスペインのラシン・サンタンデールとタイのブリーラム・ユナイテッドを経て、2014年からKリーグで活動中である。

タイでアジアサッカーを経験してキャリアを積んだオスマルは、2014年にソウルに入団した。
すぐに主戦のポジションを奪い、毎シーズンほぼ全試合に出るほど貢献度が高かった。
2017シーズンも33試合に出て4得点を記録したほど、活躍が優れていた。

そんなオスマルは2018シーズン開幕前、Jリーグのセレッソ大阪に発った。
レンタル移籍だったが、、その後(※完全)移籍説が提起されたりもした。
オスマルはスペイン<アス>とのインタビューで、当時をこう振り返った。
「クラブに多くの変化があった。チームは監督を交替したし、メンタリティに変化があることを悟った。彼らからリーグ首位になる気持ちや発展しようという野心が見られなかった」



[単独] "ワールドカップ2回"コスタリカ代表FWウレニャ、光州FC入団
スポーツ朝鮮




※一部要約

コスタリカ代表としてFIFAワールドカップを2回経験した"ビッグネーム"がKリーグ入りする。

Kリーグ1昇格チームの光州FCが、検証されたFWマルコ・ウレニャを獲得するのに成功した。
先週、コロナ19を突破して入国したウレニャとのメディカルテストや契約書のサインをすべて完了し、発表だけを残している。
契約期間は2年。
光州は公開的に移籍市場で主砲フェリペのパートナーを探していた。
昨シーズンのKリーグ2得点王の"怪物"フェリペの孤立を防ぐカードが必要だと判断した。
光州のパク・ジンソプ監督は攻撃型MFを優先順位に置いていたが、思い通りにならなくて、体格の良いフェリペの後方とサイドで呼吸を合わせるセカンドストライカータイプのFWに目を向けた。
それで目についた選手がウレニャだった。
移籍市場の関係者は「ウレニャのネームバリューを見たとき、光州は少なくない金額を投資したようだ」と語った。
光州はウレニャの合流で攻撃陣の構成に終止符を打った。
フェリペやウレニャをはじめとして俊足のウィリアン、Kリーグのベテランのキム・ヒョギ、オリンピック代表ウインガーのオム・ウォンサンら、多彩な攻撃カードを用意した。



[オフィシャル] 富川FC1995、Jリーグ経験の外国人FWバイアーノ獲得
スポーツ東亜




※一部要約

プロサッカーKリーグ2の富川FC1995が日本Jリーグ出身の外国人FWバイアーノ(Jefferson Silva dos Santos)を獲得し、攻撃陣の構成を完了した。

正統ストライカーのバイアーノは2014年にブラジルでデビューし、2018年にJリーグの水戸ホーリーホックに移籍してモンテディオ山形を経て、2シーズン(2018~2019)で着実に試合出場してチームの主戦FWとして活躍した。
Jリーグ通算71試合19ゴール3アシストを記録した。

バイアーノの最前方の攻撃陣営での動きが活発で、パスによる連携プレーに長けた長所を持っている。
また、185センチ84キロの身体条件で、相手DFとの競り合いや空中戦にも強く、富川の攻撃陣に活力を与えると期待されている。

選手団に合流したバイアーノは「富川に来ることになって嬉しい。猪突的な攻撃でゴールをたくさん決めて得点王に挑戦したいし、チームが好成績をおさめて昇格できるようにする」という覚悟を明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング