チェ・キュベク、"Jリーグ昇格チーム"V・ファーレン長崎に移籍
インターフットボール




※一部要約

チェ・キュベクが新たなチャンスを求めて日本へ向かう。

Jリーグの移籍市場に詳しいある関係者は1日、「蔚山のDFチェ・キュベクが日本Jリーグの昇格チームであるV・ファーレン長崎に移籍する」と伝えた。
蔚山と長崎は数回の交渉の末にチェ・キュベクの移籍に合意した。
チェ・キュベクは近く日本に渡ってメディカルテストと個人交渉をする予定である。

チェ・キュベクは2016年に全北現代でプロデビューした。
だがKリーグ最強の全北は新人選手が簡単に席を取ることのできないクラブだった。
結局イ・ジョンホ、キム・チャンスと一緒にトレード形式で全北を去り、蔚山のユニフォームを着た。



英ボルトンニュース、「イ・チョンヨン、ボルトン復帰はない」
OSEN




※一部要約

3年ぶりのボルトン・ワンダラーズ復帰が予想されていたイ・チョンヨンが、クリスタルパレスに残留するとみられる。

イ・チョンヨンは"第2の故郷"ボルトンに移籍することが有力とされていた。
イ・チョンヨンのエージェントであるインスポコリア側は31日、彼のボルトンレンタルを公式発表していた。

イ・チョンヨンもやはり「現状ではボルトンへのレンタルが良い決定だと思った。ことを上手く終えられて嬉しいし、今シーズンの残りの日程にすごく期待している」として、「競技場で良い姿を見せられるよう努力する」と所感を明かし、高い期待感をあらわしていた。

だが状況が変わった。
英国ロンドンの地元紙であるクロイドン・アドバタイザーは31日、イ・チョンヨンはボルトンへのレンタルが有力だったが、バカリ・サコがウェストハム戦で負傷してサイドMFの資源が必要になり、最終的にイ・チョンヨンの残留の可能性が高くなったと伝えた。

これに加えて地元紙"ザ・ボルトンニュース"もやはりリアルタイム移籍市場の締め切り報道で「イ・チョンヨンはボルトンに戻らないだろう」と明かした。






[話題の選手] Jリーグ出身水原キム・ボムヨン…韓国語で聞くことになる応援、もうワクワクしている
京仁日報




※一部要約

「運動場のどこにいても私が見えるよう、最善を尽くす姿をお見せします」

プロサッカー水原FCの新たなエンジンの1人であり、Kリーグデビューを控えているキム・ボムヨンがこうして覚悟を固めた。

Jリーグでプロ生活を始めたキム・ボムヨンは両足を自由に使い、速いスピードを備えているサイドMF資源である。
2017シーズンにはCBに転向して良い活躍を見せたこともあり、水原FCのマルチ資源として活用される予定だ。

水原FCとキム・ボムヨンは平行理論を成している。

水原FCは2015年に劇的なKリーグ1部昇格を味わい、1シーズンですぐにKリーグ2部に降格させられたことがある。

キム・ボムヨンは2013シーズンに日本J2リーグのモンテディオ山形でプロ生活を始め、2年目の2015年にチームがJ1リーグに昇格して1年で再び落ち、歓喜と降格の痛みをどちらも経験した。
なので誰よりも水原FCの現状をよく理解している。



[オフィシャル] チ・ドンウォン、ドイツ2部ダルムシュタットにレンタル移籍…アウクスと再契約
スポータルコリア




※一部要約

ダルムシュタットは26日、クラブHPでアウクスブルクからチ・ドンウォンを残りシーズンにレンタルすることで合意したと明かした。
ダルムシュタットはドイツ2部リーグ所属で、現在4勝7分け7敗と16位と遅れを取っていて、降格圏で争っている。

チ・ドンウォンは今シーズンのアウクスブルクで戦力外に分類されていた。
今シーズンの現在まででリーグ3試合の出場に終わっていて困難を経験していた。
今年の後半期が始まってもずっと出場メンバーから除外されて席を失っていたチ・ドンウォンは、プレーするための方策としてレンタルを選んだ。

当初、チ・ドンウォンは揺れた立場のためKリーグ復帰説が膨らんだ。
去年末だけでも、移籍市場に詳しい関係者によると、チ・ドンウォンとKリーグクラブが接触したと発表されていた。
だがこれと言った動きは捉えられなかった。

チ・ドンウォンは代わりにヨーロッパに残って挑戦を続けることにした。
アウクスブルクと1年の契約延長をした彼は、ダルムシュタットへのレンタル移籍を決めた。
チ・ドンウォンは「ダルムシュタットでの活躍を本当に期待している。チームが降格圏から脱出するよう助けになりたい」と覚悟を明かした。

ダルムシュタットのディルク・シュスター監督は過去にアウクスブルクでチ・ドンウォンを指導したことがある。
彼は「チ・ドンウォンは私たちの攻撃陣に多くの柔軟性を提供できると期待している」として、「チ・ドンウォンはブンデスリーガの経験が豊富な野心のある選手で、ダルムシュタットによく合っている」と期待感を見せた。



[GOAL LIVE] 帰ってきたチアゴ、「家族の幸せのため全北を選んだ」
ゴールドットコム




※一部要約

全北現代の今冬の補強で1人目の外国人はブラジル出身の全天候アタッカーのチアゴだった。
就労ビザ発行の問題が解決された22日、全北がキャンプ中の日本沖縄に来たチアゴは、早くもチームに適応していた。

1年6ヶ月ぶりのKリーグ復帰である。
2015年に浦項スティーラース所属で初めて韓国の舞台を踏み、サイドでときどき光る左足が目立つ程度の選手だった。
記録も25試合4ゴール3アシストと平凡だった。
2016年にチアゴは完全に変わった。
城南FCのユニフォームを着た彼はポジションの自由を得て、攻撃の全方位を席巻して隠れた得点力を誇示した。
前半期だけで19試合13ゴール5アシストと固め打ちし、得点首位を走った。

Kリーグを強打したチアゴの活躍像は海外の注目を浴び、シーズン中にサウジアラビアの名門アル・ヒラルに移籍した。
前半期だけプレーして行ってしまったが、チアゴは2016シーズンのKリーグクラシック得点3位に残った。
アル・ヒラル移籍後、新しい環境の適応に苦しんだチアゴは、Kリーグでの勢いを再現できなかった。
昨シーズンはJリーグの清水エスパルスに1年間のレンタルに発ったが、やはり活躍は平凡だった。

全北は1年間のラブコールの末にチアゴを連れてきた。
チェ・ガンヒ監督は昨シーズンからレオナルドの代替者にチアゴを望んでいた。
問題は移籍金だった。
最初にラブコールしたとき、移籍金は150万ドルの値がつけられた。
昨夏も全北はチアゴ獲得を推進したが、移籍金は120万ドル水準だった。
ブラジルの複雑な選手所有権の構造も足を引っ張った。

全北行きを望んでいたチアゴは、アル・ヒラルとの契約を整理して自由契約身分となった。
残りの年俸を諦め、契約金を一部返す方法で解消された。
なぜチアゴは自分に保障されていた金を諦めてでも全北行き、そしてKリーグ復帰を望んだのだろうか?



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング