イニエスタ、日神戸ファンに初対面の挨拶…「アジアを征服する」
聯合ニュース




※一部要約

日本Jリーグ・ヴィッセル神戸のユニフォームを着たスペインサッカーのスターであるアンドレス・イニエスタが、日本神戸を訪れてファンに初対面の挨拶をした。

イニエスタは26日、背番号8が書かれた新たなユニフォームを着て、ヴィッセル神戸のホームである神戸ノエビアスタジアムで行われた歓迎式に参加したと日本共同通信などが伝えた。

競技場には8000人以上のファンが訪れ、"レジェンド"の神戸入りを歓迎した。

イニエスタは「(日本進出は)私にとって大きな挑戦」として、「最善を尽くしてチームに貢献する」と語った。

彼はヴィッセル神戸がJリーグで優勝し、可能であればアジアまで征服することを望むと付け加えた。

現在ヴィッセル神戸は15ラウンドが終わったJリーグで6位を走っている。






チョン・ウヨン「閃くセットプレーを期待する」
NEWSIS




※一部要約

2017東アジアカップの日本戦で幻想的な無回転FKでゴールを炸裂させて深い印象を残したチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸)が、ロシアワールドカップへの期待感をあらわした。

チョン・ウヨンは2018ロシアワールドカップでFKのチャンスが訪れたとき、専門キッカーとして活用される可能性が高い。

26日、坡州NFCで行われた練習を終えてインタビューをしたチョン・ウヨンは「巻いたキックと無回転FKを準備している」として、「チャンスが来れば逃さないつもり」と語った。

チョン・ウヨンは「相手チームはすべて私たちより強いチームなので、セットプレーにたくさん気を使っている」として、「何か閃くプレーが出ないだろうかと期待している」と明かした。

彼は「坡州に入った瞬間、ワールドカップが始まったと思う」として、「ヨーロッパ派もそうだし、国内選手も同じく完全な状態ではない。スウェーデン戦に焦点を合わせているが、国内での評価試合をしっかり準備することも重要だ」と強調した。

チョン・ウヨンは「スウェーデンは長身選手を活かした"ポンサッカー(ロングボール)"を駆使するチームだ。セカンドボールのカバー練習もかなりしている」と説明した。



[ソ・ホジョンのキックオフ] イニエスタプロジェクト、Kリーグにはない夢
ソ・ホジョンコラム




※一部要約

アンドレス・イニエスタ。
過去10年間で最高の座にいて、サッカー史全体を合わせて最高のMFが誰なのかを論争するとき、言及される名前だ。
彼が22年間身を置いたFCバルセロナを去ることを決心して、次の行き先に注目が集中した。
最終的にイニエスタを抱いたのは、スペインから最も遠い日本Jリーグのクラブ・ヴィッセル神戸だった。
中国、中東クラブの求愛もあったが、イニエスタはあえてアジアの果てに向かった。

ヴィッセル神戸はイニエスタというビッグネームに相応しい成果を上げているビッグクラブではない。
1部リーグに復帰した4年前からアジア最高のクラブになるという目標を立てているが、日本最高からも距離が遠い。
1部リーグでおさめた最高成績は7位。
リーグカップ、日王杯などでも決勝の舞台に上がったことはない。
相変わらずワールドカップだとしても、84年生まれのイニエスタが万年中下位圏のチームを、優勝にまで導く影響力を発揮するのは容易ではない。

すでに昨シーズン合流したルーカス・ポドルスキの影響力も大きくなかった。
ヴィッセル神戸と関西ダービーを繰り広げるセレッソ大阪は、ディエゴ・フォルランを獲得しても2部リーグに降格する衝撃を経験した。
ヴィッセル神戸が今後3年間でイニエスタに支払う900億ウォンを越える金を、自国代表や水準級外国人選手の獲得に投資するほうが、トロフィーを手に入れる可能性は高いだろう。


78238162a.jpg



イニエスタがJリーグ動かした、来季外国人枠撤廃へ

 イニエスタがJを動かした。Jリーグが、外国籍選手枠撤廃の検討に入ったことが22日、分かった。この日、東京・文京区のJFAハウスで実行委員会を開き、各クラブの代表者に伝えた。このほど、ヴィッセル神戸はバルセロナからアンドレス・イニエスタ(34)獲得に成功。すでに外国人選手枠が埋まっていることなどで、チームが不利益を受ける可能性がある。その改善策として来季からの外国人枠緩和&撤廃が実施される見込みとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180523-00217035-nksports-socc




イニエスタ効果?日Jリーグが外国人選手制限廃止を推進
スポータルコリア




※一部要約

現在Jリーグはクラブ別に外国人選手6人を登録できる。
そのうちの1人はパートナーシップを結んだタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、マレーシア、カタール出身の選手になる。
実際の保有限度は5人で、試合のエントリーには4人を含めることができる。

最終的にイニエスタのためにJリーグが乗り出して規定を変える。
現在、神戸はドイツ代表出身のルーカス・ポドルスキを含めてFWウェリントン、レアンドロ、韓国代表のキム・スンギュ、チョン・ウヨン、タイ代表のティーラトンまで6人の外国人選手がいる。
現行通りならばティーラトンを除く誰かがチームを去らなければならない。
外国人選手へのオファーが止めれるか、緩和されればイニエスタを連れてくるのに大きな問題はない。



イニエスタ、神戸入団合意!20日バルサ最終戦後に来日、会見へ

 今季限りでスペイン1部バルセロナを退団する同国代表MFアンドレス・イニエスタ(34)がJ1神戸に入団することで合意したことが17日、分かった。イニエスタがバルセロナでの最終戦となる20日(日本時間21日)のRソシエダード戦後に発表され、その後、来日して会見が行われる見込み。いよいよJリーグに世界屈指のプレーヤーがやってくる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180518-00000069-sph-socc




イニエスタ、日ヴィッセル神戸と移籍合意…21日発表(日メディア)
インターフットボール




※一部要約

イニエスタは去年10月、バルセロナと再契約を結んだ。
そのときバルセロナは「残りの選手生活をすべてバルセロナとともにできるように終身契約を結んだ」と説明した。
だが"中国"という変数が登場した。
中国スーパーリーグのチームがイニエスタに熱い求愛を送り、イニエスタもやはり中国行きを肯定的に検討し、バルセロナとの別れが既成事実化した。

具体的な行き先は明かさなかったが、バルセロナを相手にすることはないと釘を差し、ヨーロッパ内の移籍はしないと断言した。

当初は中国移籍に傾いているようだった。
だがイニエスタは日本移籍に急旋回し、最終的に神戸行きを選んだ。

一方、"スポーツ報知"は「イニエスタは来週日本を訪れて入団記者会見を行い、合流時点はワールドカップ後の8月になる」と伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング