豊田、蔚山を去って半年でJリーグ復帰
蹴球ジャーナル




※一部要約

韓国サッカーの適応は容易ではなかった。
豊田陽平が手ぶらで日本に帰る。

日本<佐賀新聞>は、今シーズンのKリーグ前半期に蔚山現代でレンタル選手としてプレーしていた豊田陽平が、元の所属チームであるサガン鳥栖に復帰すると7日報じた。
当初の契約は1年のレンタルだったが、両クラブが協議して6ヶ月で終わらせた。
選手もJリーグ復帰を望んでいることがわかった。

豊田は2011年に2部リーグのサガン鳥栖で23ゴールを放って得点王を取った。
チームも1部に昇格した。
それから2016年まで毎年二桁得点を記録し、看板ストライカーとして活躍した。
同じ釜の飯を食べていたキム・ミヌとの呼吸も良かった。
2013~2015年には日本代表でもプレーした。

去年、サガン鳥栖の主戦競争で押された豊田は、今シーズンにKリーグで突破口を見つけようとした。
だが期待以下だった。
ACLに7試合、Kリーグ1に9試合出場したが、2ゴールに終わった。
結局、特別な印象を残せずにKリーグを去った。



レアル・ベティス、"ドラゴンボール"活用のオフィシャルで広告効果"大当たり"(映像)
ゴールドットコム




※一部要約

レアル・ベティスが乾貴士獲得の発表方法にアニメーション映像を選んだ。
日本の代表的アニメーションであるドラゴンボールやドラえもんをパロディにした映像である。

スペイン・プリメーラリーガのレアル・ベティスが、日本人選手の乾貴士と2021年までの契約を結んだ。
乾は2018ロシアワールドカップにも参加する、日本のベテラン代表選手だ。

乾はドイツ2部リーグのVfLボーフムを経てフランクフルト、スペインのエイバルに至るまでヨーロッパの舞台で活躍し、様々なクラブの関心を集めてきた。
169センチ59キロの小さな体格の乾は、速いドリブルと鋭いパス能力を持っていて、MFとしてプレーメーカーの役割で卓越している。

レアル・ベティスは乾貴士獲得の発表方法にアニメーション映像を選んだ。
オフィシャル映像がレアル・ベティスの公式ツイッターに掲載され、現在の紹介数は約230万を記録中である。
日本の代表的アニメーションのドラゴンボールやドラえもんをパロディにした映像である。



カウントダウンが始まった久保建英のバルサ復帰

 今日、久保建英は17歳になる。バルサのドレッシングルームにタケが戻るカウントダウンが始まった。

 インファンティル昇格後にFIFAの制裁を受けたタケは、しばらくは試合に出場できない状態にも耐えていた。しかし、状況が改善しないことを悟ると、2015年3月に母と弟と共に帰国する。バルセロナに馴染んでいた少年にとっては難しい決断だったが、今後のプランを18歳になったときにバルサに戻るという設定に変更したのだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010000-mdjp-socc




バルサは久保を忘れてなかった…2019年に再獲得の計画
スポータルコリア




※一部要約

FCバルセロナが"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英(17、FC東京)を相変わらず注意深く見つめている。

久保は幼少期に天才的な才能を示したアタッカーである。
8歳だった2009年に日本横浜で行われたバルサのサッカーキャンプに参加し、当時テクニカルディレクターだったオスカー・エルナンデスの目に留まり、バルサユースの入団テストを受けた。
そして2011年にバルサユースに入団した。

彼は2015年までバルサの年代別チームでプレーした。
だがバルサが18歳未満の選手の海外移籍を禁止するFIFAの規定に違反して懲戒を受けると、すぐに日本に戻った。

久保は東京ユースで選手生活を続けた。
所属はユースチームだったが、飛び級を繰り返してU-23の試合に続き、1軍の試合にまで出場した。
去年は16歳の年齢でU-20ワールドカップに出場した。
バルサはそんな久保の歩みを一つも逃さず観察していた。

久保をスカウトしたエルナンデスは、久保の家族と相変わらず格別な関係を維持している。
彼は「久保は変わることなくバルサだけを考えている。彼は他チームのオファーには耳を傾けることもない」として、久保がバルサ復帰だけを考えていると伝えた。

バルサユースとラ・マシアを統括しているホセ・マリ・バケーロやギジェルモ・アモールも、久保が日本で成長している姿を着実に点検していた。
アモールは「特別な状況なので、私たちは頻繁に久保や彼の家族と対話している。法的に許される年齢に達し、一定のレベルにあればバルサに戻ってくるだろう」と伝えた。

今シーズンの久保はU-23所属で10回の1軍の試合に出場し、1ゴールを炸裂させている。
年齢を考えれば間違いなく成長の勢いを継続してる。
彼のそのような姿がバルサの期待を満たし、来年の復帰につながるのか注目されている。



Jリーグ、ホームページに"トーレス獲得"上げて"びっくり"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーJリーグの公式HPに最高級ストライカーのフェルナンド・トーレスの日本行きのニュースが上がり、慌てて取り下げるハプニングが起きた。

Jリーグは30日、公式HPに"トーレスがアトレティコ・マドリードを去ってサガン鳥栖に移籍する"というニュースを掲載した。
記事の日付は31日18時14分、"鳥栖がトーレスを完全移籍で獲得"という内容だった。

この記事が数十分間掲載され、日本サッカーファンの間で騒動が起きた。
ツイッターを通じてこの記事がリツイートされてニュースが広がった。


20180531060308010a.jpg


だがこのニュースは事実ではなかった。
Jリーグ側はここ記事を直ぐに削除した。
今は問題の記事を見ることができない。
Jリーグ側は「単なる予想で準備しておいた原稿が、ミスによってウェブサイトに公開された。原因については調査中」として、「移籍はまだ決まってない」と釈明した。

その後JリーグはHPでこの記事について公式謝罪文を上げた。
Jリーグは「鳥栖の移籍選手に関して、事実と異なる記事を公開した」として、「鳥栖を含む関係者の皆様とファンの皆様に、誤解を与えた点を謝罪する」とした。



[単独] イ・グノが"実家"蔚山のユニフォームを着る、最終調整だけが残った
スポーツ朝鮮




※一部要約

江原FCのFWイ・グノが5年6ヶ月ぶりに実家チームの蔚山現代のユニフォームを再び着る。

28日、Kリーグの移籍市場の頼りに詳しい複数の関係者は「イ・グノが今夏の移籍市場で蔚山に巣を移す予定だ。蔚山-江原間で移籍形態の最終調整だけが残った」と耳打ちした。

蔚山はクロアチアの名門ディナモ・ザグレブに移籍したオルシャの空白を埋めるため、イ・グノを指名した。
蔚山は今年はじめにもイ・グノの獲得に乗り出していた。
だが江原が20億ウォン以下では絶対イ・グノを移籍させられないという立場を維持し、獲得が失敗に終わったことがあった。

鍵は江原が設定しているバイアウトである。
江原との契約期間が2年残っているイ・グノのバイアウトは100万ドル(約10億ウォン)だ。
江原はバイアウト金額をすべて貰いたい立場である。
一方の蔚山は移籍金交渉を望んでいる。

イ・グノは4年ぶりに再びワールドカップ出場のチャンスを掴んでいたが、予期せぬ負傷でシン・テヨン号の招集初日に落馬した。
だがKBSサッカー解説委員として惜しさを慰めたイ・グノは、今夏蔚山に5年6ヶ月ぶりに復帰、実家チームでサッカー人生の最後を過ごせるようになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング