「ポドルスキ、日本ヴィッセル神戸入団予定」
聯合ニュース




※一部要約

ドイツ戦車軍団の一軸を担ったFWルーカス・ポドルスキが日本プロサッカーJリーグのヴィッセル神戸に入団する見通しである。

ビルトなどドイツメディアは17日、一斉にポドルスキがヴィッセル神戸入団を控えていると伝えた。

ビルトは「ポドルスキは中国スーパーリーグの北京国安から入団オファーを受けたが、日本でプレーするために断った」と報じた。

ポドルスキは2003年にFCケルンでプロ生活を始め、バイエルン・ミュンヘンやアーセナルなど主要クラブで中心選手として活躍した。

特にドイツ代表で大活躍した。
彼はAマッチ129試合で48得点に成功した。

彼は2015年7月からトルコプロサッカーのガラタサライでプレーしているが、昨シーズンは負傷で技量が落ちて10試合出場3ゴールに終わった。




ドイツメディア「ポドルスキ、日本神戸に移籍・・年俸100億
スポーツ韓国




※一部要約

ドイツメディアによるとポドルスキは神戸から契約期間3年で800万ユーロ(約100億ウォン・ボーナスを含む)の年俸のオファーを受けたと伝えられた。

昨シーズン、日本Jリーグで7位になった神戸はすでに先月からポドルスキ獲得を推進してきた。
代表GKキム・スンギュの所属チームでもある。



水原、仏ディジョンとクォン・チャンフンの移籍交渉突入・・・"入団秒読み"
聯合ニュース




※一部要約

プロサッカーKリーグクラシックの水原三星が"核心MF"クォン・チャンフンの移籍に関してフランスリーグ1のディジョンFCOと本格的な交渉を始める。
クォン・チャンフンのディジョン入団はもう秒読みに入った。

水原の関係者は13日、聯合ニュースとの電話に「前日夜にディジョンからクォン・チャンフンの移籍条件を明示した公式文書が届いた」として、「クォン・チャンフンがヨーロッパ進出を望んでいる状況で、選手の将来を考えて肯定的に交渉に入る予定」と明かした。

ディジョンは今シーズン、正規リーグの19ラウンドまでで20チーム中勝ち点19で15位に留まっている。
降格圏である18位チームとは勝ち点1差なので、2部リーグ降格を心配しなければならない境遇である。

そのためディジョンは戦力強化のため、中盤で得点力とパス力を兼ね備えているクォン・チャンフンにラブコールを送った。

水原の関係者は「クォン・チャンフンがヨーロッパ進出を望んでいるので、選手の立場で交渉に入る」として、「クォン・チャンフンはまだ兵役が解決されておらず、移籍金も低評価にされる他ないのは残念だ」と語った。




[単独] 水原三星クォン・チャンフンのフランス・ディジョン入団確定
スポーツ朝鮮




※一部要約

水原によるとディジョンからクォン・チャンフンへの獲得オファーが初めて入ったのは12月初めである。
当時ディジョンは6ヶ月のレンタルでクォン・チャンフンを無料で使った後、完全移籍を決めるという条件を提示した。

水原は即座に断った。
当時クラブ関係者は「水原と韓国サッカーの浮かんできた星であるクォン・チャンフンの自尊心があるのに、とりあえず使ってみて移籍を決めるという条件はとんでもないことだ」と語った。

その後12月末くらいにディジョン側から再びオファーが来たという。
その代わり、クラブからの公式手続きではなくてエージェントを通じた口頭で伝えられたオファーだった。

水原は「エージェントを通じて伝えられた話は、移籍金100万ユーロの移籍だった。だが100万ユーロの金額では難しいという立場と同時に、文書などの公式的な形態のオファーをしっかり提出しろと言った」として、「こうした言葉が行き来した状態で、ディジョン側とは具体的に何の交渉も行っていない」と説明した。

だが12日に状況が変わった。
ディジョン側から具体的な条件を提示した。
当初の移籍金より上がった金額である。
クォン・チャンフンのヨーロッパ進出の意志がはっきりとしていて、挙国的な次元でクォン・チャンフンの移籍を受け入れることにした。
クォン・チャンフンの移籍金は120万ユーロで、今後クォン・チャンフンがヨーロッパの他リーグに移籍する場合は水原が移籍金の一部を受けることがわかった。

クォン・チャンフンは両クラブ間の最終交渉のため、13日にスペイン現地練習のため出国した水原選手団から外れて国内に留まることにした。



[オフィシャル] 全北、"国家代表DF"キム・ジンス獲得"公式発表"
スターニュース




※一部要約

代表SBキム・ジンスが全北現代の緑のユニフォームを着て全州城を走る。

全北現代は12日、「守備補強のためにブンデスリーガTSG1899ホッフェンハイムの代表SBキム・ジンスを獲得した」と公式発表した。

キム・ジンスは鋭いオーバーラップを得意として、積極的な守備もやはり強みである。
キム・ジンス獲得で全北は「4バックラインの堅さはもちろん、さらに攻撃的なサッカーを繰り広げることができるだろう」と明かした。

全北の緑のユニフォームを4年間着ることになったキム・ジンスは、全北全州生まれで2012年に日本のアルビレックス新潟でプロの舞台にデビューした。
その後2014年にドイツ・ブンデスリーガのホッフェンハイムに移籍し、ヨーロッパ進出に成功した。
24歳の年齢で日本とドイツで102試合に出場し、すでに多くの経験を積んでいる。


20170112141810a.jpg



[インタビュー] イ・ボムヨンの日本1年、「失敗者で戻ったのではない」
フットボールリスト




※一部要約

2016シーズン、Kリーグを代表するGK3人(チョン・ソンリョン、キム・スンギュ、イ・ボムヨン)は並んで日本Jリーグの舞台に進出した。
すでにキム・ジンヒョンとク・ソンユンがそれぞれセレッソ大阪とコンサドーレ札幌でプレーしていた中、代表級GKがすべて日本に向かったのである。

彼らの中で2017シーズンに国内の舞台に戻った選手はイ・ボムヨンが唯一だ。
イ・ボムヨンがプレーしたアビスパ福岡は18チーム中最下位を記録して2部リーグに降格した。
江原FCに移籍して1年で日本の舞台を去ったイ・ボムヨンは、失敗者のように見えた。
5日、江陵のシーマークホテルで行われた江原FC始務式の現場で会ったイ・ボムヨンの表情は明るかった。

イ・ボムヨンは物足りなさで終わった1年の日本生活に意味がなくはなかったと言った。
なぜ帰ってくることになったのか、そしてどんなことを得てきたのか、スポットライトの中心にいる江原のナンバー1に選ばれたイ・ボムヨンの話を聞いてみよう。


─釜山とアビスパで連続して降格を経験した。降格したチームの共通点はあったのだろうか?

前半期までは雰囲気の戦いである程度は押されてなかった。一度崩れ始めると回復不可能なまで落ちた。釜山で2014年は降格の危機から一度生き残った。シーズンをしていると再起のチャンスが明らかに来る。その当時を考えると、崩れそうになった瞬間に底まで行ず生き返った。降格したシーズンは再起できるキッカケを掴めずに崩れた。アビスパは後半期の開始と同時に崩れた。古参選手と新人選手の雰囲気をどうやって作るのかが重要である。降格への不安、試合が上手くいかないときに雰囲気をちゃんと作ってこそ抜け出せる。再起する雰囲気が作られなかった。


─失点が最も多いチームだった。個人的な活躍はどうだったのか?

まず降格したチームのGKだったので。私にすごくボールが来る。他のどのチームよりも。Jリーグはシーズンが終わったら選手に関する統計が詳細に出て来る。私は昨シーズン、18チームのGKの中でファインプレー率が6位だった。まあ、失点率は17位。最下位から2番目。記録から見るとファインプレーもたくさんした。それだけボールが多く来たし、GKにとっては失点するしかない部分があった。ファインプレーをしたとき、FWが助けないと。


─アビスパは最小得点チームだった。34試合で26得点。

0-1でリードされているとき。あるいは1-1のとき。このときが重要だ。0-1の状況から0-2になると崩れる確率が高まる。このときFWが得点して追いつくか逆転するか。釜山でもそうだったが後ろでたくさん防いでも、攻撃がチャンスで得点できなければ再び相手の攻撃になる。防ぐには限界がある。60~70分まではよく持ち堪える。このとき1ゴール決めていればという物足りなさがあった。このときに得点していれば、雰囲気は我々のほうにやってくる。GKにとってはできるだけ失点せず、残りの部分はMFとFWの助けを受けなければならない。江原には素晴らしいFWが多い。私たちは十分高い目標を立てるだけのメンバーだ。



独メディア、「キム・ジンス、20億ウォンで全北に移籍予定」
OSEN




※一部要約

ドイツメディアがキム・ジンスの全北移籍を予想した。
8日、ドイツメディア"ビルト"は「キム・ジンスが故郷に帰る」として、「キム・ジンスはACL優勝チームの全北に移籍するだろう」と報じた。

"ビルト"によるとキム・ジンスの全北移籍は仕上げの段階である。
"ビルト"は「ホッフェンハイムと全北は合意点を見出した。ホッフェンハイムは全北から160万ユーロ(約20億ウォン)を移籍金として受けることにした。もう仕上げの手続きだけが残った」と明かした。

2014年にアルビレックス新潟からキム・ジンスを獲得したホッフェンハイムは、今シーズンにキム・ジンスを戦力外に設定した。
昨シーズンから立場が狭くなったキム・ジンスは、今シーズンたった1試合も出場できてなかった。
出場選手リストにも名前を上げられず、ベンチにも座れてなかった。

キム・ジンスを放出することに決めたホッフェンハイムにとって、キム・ジンスの移籍は損することがない商売である。
2014年にキム・ジンスの移籍金に100万ユーロ(約13億ウォン)を支出したホッフェンハイムは、キム・ジンスを戦力外に分類したにもかかわらず、契約期間が1年6ヶ月残っているという理由で移籍金を求めたものとみられる。




全北、キム・ジンス"20億ウォンで獲得合意報道"否認
OSEN




※一部要約

全北のある関係者は「キム・ジンスの移籍についてホッフェンハイムと合意したことはない」とはっきり線を引いた。
「仕上げの手続きだけが残った」と伝えた"ビルト"の報道とまったく異なる立場である。

全北がキム・ジンスの獲得に関心があるのは事実だ。
キム・ジンスも全北移籍について否定的ではない。

問題はホッフェンハイムの態度である。
ホッフェンハイムはキム・ジンスを完全な戦力外の資源として扱っている。
それでもとんでもない移籍金を要求している。

全北はホッフェンハイムが策定した160万ユーロの移籍金が高いという立場である。
全北のチェ・ガンヒ監督はキム・ジンスの獲得に関心があるというのは認めつつも、移籍金があまりにも高いという反応を見せた。
ホッフェンハイムがキム・ジンスの移籍金を160万ユーロに固執するなら、移籍の成功は容易ではないように見える。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング