[SPOイシュー] ファン・インボムのドイツ行き?「公式な交渉はない。無資格の代理人が乱立」
スポTVニュース




※一部要約

「ファン・インボム選手のエージェントは一体何人なんですか?」

代表MFファン・インボム(22、大田シチズン)のドイツ進出説が提起されている。
ファン・インボムは入隊前から見込みがあり、ヨーロッパクラブの注目を浴びていた。
だが肝心なファン・インボムの移籍交渉の権利を持つ当事者は、事実無根という立場である。

2015年に大田シチズンで、誕生日基準で満18歳の年齢でデビューし、クラブ最年少デビューゴールの記録を打ち立てて頭角を現したファン・インボムが、Kリーグに4年残っている理由は兵役だった。
ファン・インボムは2017年に義務警察として牙山ムグンファに入団した。

2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会の金メダルでヨーロッパ行きの障害物がなくなり、ヨーロッパ進出への期待感が高まっている。

最近、大田シチズンとイ・ヨンジュン代表は、ドイツの数クラブからファン・インボムの移籍金について問い合わせを受けたと語った。
様々なエージェントがクラブを訪れ、ファン・インボムの獲得はどうかというオファーをしたということだ。
ファン・インボムのエージェントは一体何人なのかという言葉まで聞いた。

ファン・インボムの移籍が実現するには、まず大田シチズンに公式オファーをしなければならない。
その過程で、ファン・インボムの個人交渉権はイヴァンスポーツにある。



"Aマッチデビューゴール"ファン・インボム、ベント号の真の"皇太子"狙う
ノーカットニュース




※一部要約

ファン・インボム(大田)はパウロ・ベント監督の"皇太子"になれるか。

韓国サッカー代表は16日、天安総合運動場で行われたパナマとの評価試合で2対2の引き分けをおさめた。

この日の試合ではパク・チュホとファン・インボムが並んでAマッチデビューゴールを打ち上げ、ベント号での激しい主戦競争に燃料を投下して火をつけた。
Aマッチ38試合でゴールを決めたパク・チュホは、31歳273日でAマッチデビューゴールを決め、韓国サッカー史上3番目の最高齢デビューゴール記録の主人公となった。

だがこの日の試合ではファン・インボムのデビューゴールのほうが大きな注目を浴びた。
ベント監督就任後にAマッチデビュー、そして4試合連続出場のファン・インボムが初めて先発出場したパナマ戦でゴールまで上げて、勢いに乗った自分の競技力を誇った。

ファン・インボムは若い年齢だが、Kリーグで多くの試合を消化している。
ジャカルタ・パレンバンアジア大会では金メダル獲得で輝かしい功績を打ち立てた。
個人技に優れるという点で、ファン・インボムに早くもポルトガルなどヨーロッパから注目されているだけに、ベント監督も着実に重用している。

オーストラリア遠征で行われる11月のAマッチでは、ファン・インボムがベント監督の"皇太子"にそびえ立つ最も近いチャンスになる見通しだ。



中国メディア、「キム・ヨングォンの足を引っ張った広州、とても非人道的な行動
InterFootball




※一部要約

中国現地もキム・ヨングォンの移籍を妨げた広州恒大を非難した。

2018FIFAロシアワールドカップで韓国サッカー代表の守備の核心として新たに浮上したキム・ヨングォンの歩みがぎゅうぎゅうに縛られている。
ワールドカップ後にすぐヨーロッパの舞台に巣を移すという予測とは異なり、まだ中国リーグを抜け出せていない。
広州が高い移籍金を策定しているのが大きかった。

国内ではすでに広州への非難の声が出ている。
中国現地も例外ではない。
中国メディア"新浪スポーツ"は18日、「広州はキム・ヨングォンとの契約が1年しか残ってないのに、士気で負担になる移籍金を策定した。広州はキム・ヨングォンを安値で売り渡すのが嫌だった」と報じた。

だがキム・ヨングォンは2012年から広州でプレーし、長らくチームのために献身してきた選手である。
最後まで引き止めるより、ヨーロッパ進出を手助けするほうがさらに見栄えが良かった。
"新浪スポーツ"もやはり、「多くのクラブはキム・ヨングォンのような選手に感謝をあらわし、移籍金を安く策定したり、最初から無料で解放したりもする。広州の行動はとても非人道的だった」と伝えた。

最後に「キム・ヨングォンは長らく広州のヒーローとして活躍した。だが広州は彼を単なる傭兵としか見てなかった。広州の正しくない行動に、チームメイトも非常に憤っている状態」と明かした。



ドイツメディア「ファン・ヒチャン、独2部リーグには過分な選手」と絶賛
スポータルコリア




※一部要約

「ファン・ヒチャンは最終的にイングランドでプレーすることになるだろう。彼はトップスターになる資質がある」

ファン・ヒチャンは夏の移籍市場が締め切られる直前、オーストリア・ザルツブルクからドイツ・ハンブルクSVにレンタル移籍した。
ファン・ヒチャンは2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会とAマッチの日程でまだハンブルクに合流してないが、現地の期待感は相当である。

実際にハンブルクのラルフ・ベッカー団長は、ファン・ヒチャンがコスタリカとの親善試合だけのプレーで早期合流することを願った。
ベッカー団長は5日、地元放送"NDR"で「ファン・ヒチャンがより早くチームに合流することを望んでいた。だがパウロ・ベント監督は私たちの要請を断った。残念だがベント監督の決定を受け入れなければならなかった」と遺憾をあらわした。

9日のドイツ日刊紙"SHZ"に掲載されたコラムでも、ファン・ヒチャンに向けられた現地の評価を伺うことができる。

このコラムは「ファン・ヒチャンは昨シーズン、UEFAヨーロッパリーグでザルツブルクのセンセーションを導いた主役である。現在、彼の市場価値は1000万ユーロ(約129億ウォン)」だとして、「なのでファン・ヒチャンは2部リーグのチームでは決して望めない選手だ。それでもベッカー団長は来夏までファン・ヒチャンを手にした。攻撃で違いを作れるファン・ヒチャンを連れてきたのは、ベッカー団長の傑作」と歓呼した。

ハンブルクがファン・ヒチャンの成功を確信している要因は、韓国選手が証明した能力にある。
「ドイツはワールドカップで韓国に0-2で敗れ、韓国選手がどれだけ優れた能力を備えているのか知っている。ファン・ヒチャンの代表のチームメイトであるイ・ジェソンも最近、ホルシュタイン・キールで活躍している。また、ハンブルクはソン・フンミンを覚えている。現在、トッテナム・ホットスパーのトップスターである彼は、ハンブルクでキャリアを始めた。ファン・ヒチャンもイングランドでプレーすることになるだろうし、まずはハンブルクに大きな喜びをもたらすだろう」と強調した。



イ・ジェソンに続いてファン・ヒチャン、ドイツ2部は"機会の地"になるか
Newsen




※一部要約

2018年の夏の移籍市場の最後に、ドイツの舞台を踏む韓国人選手が1人さらに増えた。
昨シーズンまでオーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクで活躍していたFWファン・ヒチャンが、ドイツ2.ブンデスリーガのハンブルクに1年のレンタル移籍をした。
先の7月にホルシュタイン・キールに入団したイ・ジェソンに続いて、ファン・ヒチャンもドイツ2部リーグの生活を始める。

現実的な選択である。
レッドブル・ザルツブルクは世界的な飲料企業である親企業の資金力を前面に出して自国リーグを征服し、ヨーロッパのクラブ対抗戦まで消化しているが、オーストリア・ブンデスリーガのレベルはヨーロッパのビッグリーグと比べると大きく不足している。
ザルツブルクは昨シーズン、ヨーロッパリーグ4強になるなど大きく躍進したが、負傷が多かったファン・ヒチャンは主戦競争でもやや押され、リーグ12ゴールを記録した2016-2017シーズンに比べて成績が大きく落ちた。
オーストリアリーグ5ゴールは、ビッグリーグに直行して主戦競争を勝ち抜くには物足りない成績だった。

もしかしたらザルツブルクに留まることもできた時点で、昨シーズンから着実に移籍説が出ていたハンブルクに入団した。
昨シーズンに成績不振で2部リーグ降格を味わっても、ハンブルクは相変わらず北ドイツを代表する名門クラブである。
ファン・ヒチャンが今シーズンの活躍を基にドイツの舞台に適応すれば、ハンブルクとともに、あるいは他のブンデスリーガのチームに移籍してビッグリーグを踏むことができる。

長くドイツはアジア選手にとって機会の地だった。
ドイツ・ブンデスリーガは就労ビザの規定が厳しいイングランド・プレミアリーグや、非ヨーロッパ選手の規制があるスペイン・プリメーラリーガ、イタリア・セリエAよりもアジア選手を受け入れやすい構造である。
合理的な文化で有名なドイツらしく、実力さえ十分であれば、より安いアジア選手を拒否しなかった。
実際、チャ・ボングンをはじめとして過去にバイエルン・ミュンヘンで活躍したアリ・カリミ、ブンデスリーガ優勝も経験した香川真司、ソン・フンミンやク・ジャチョルらアジア出身選手がとりわけ多かった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング