エッシェン、インドネシア・バンドンと契約解除…バリ移籍の見通し
スポータルコリア




※一部要約

過去にチェルシーで活躍したガーナ出身のスターであるマイケル・エッシェンが自由契約身分になった。

エッシェンは去年、インドネシアのプルシブ・バンドンと契約した。
移籍の初シーズンで29試合に出場して5ゴール1アシストを上げて優れた技量を見せた。
エッシェンはバンドンでの生活に満足し、契約延長を考慮していた。
だが最近、バンドンがエッシェンを放出したことがわかった。

その理由はバンドンの外国人選手保有の問題のためである。
バンドンは外国人FWを獲得し、外国人選手が5人になった。
インドネシアリーグが保有できるのは4人のため、1人送り出さなければならなかった。
バンドンはエッシェンを放出対象に決め、チームから送り出した。

バンドンの関係者は「私たちは規定を守らなければならなかった」として仕方のない放出だったと伝えた。

エッシェンはバンドンを出たが、インドネシアリーグを去らない様子だ。
現在彼はバリ・ユナイテッドと接触中であることがわかった。



ドルトムント、日MF中島の獲得に関心…移籍金265億
インターフットボール




※一部要約

ボルシア・ドルトムントが日本MF中島翔哉の獲得に関心を持っている。

ポルトガル"ア・ボラ"は25日、「今シーズンの中島はポルティモネンセで非常に印象的な活躍を繰り広げている」として、「そのような状況でブンデスリーガのドルトムントとシュツットガルトが彼に関心を持たないわけにはいかなかった」と伝えた。

中島は東京ヴェルディユースチームを経て、2012年にブロの舞台でデビューした。
その間に日本の各級代表を経て頭角を現し、2014年にFC東京へ移籍することになった。

2016年のAFC U-23チャンピオンシップに参加して日本を優勝に導き、大会最優秀選手に選ばれて注目を集めた。
そして2017年8月にFC東京を去ってポルトガルのポルティモネンセにレンタル移籍した。



「キ・ソンヨンに関心がある」…ACミラン、夏に獲得の可能性(伊メディア)
スポータルコリア




※一部要約

イタリアの名家ACミランがスウォンジー・シティとの契約満了を控えているキ・ソンヨンの獲得の可能性を予想している。

イタリアメディア"カルチョメルカート"は24日、「キ・ソンヨンはミランのマッシミリアーノ・ミラベッリ団長が獲得に関心を見せているMF」と説明し、「ミランは最近、キ・ソンヨンをじっくりと観察した」と明かした。

このメディアは「ミラベッリ団長はキ・ソンヨンをサンダーランド時代から十分知っている」と伝え、「キ・ソンヨンは中盤の2列目と3列目のどちらでもプレーできる選手で、視野と戦術的感覚が優れていて、セットピースの技術が非常に良い」と評価した。

それと同時に韓国代表でAマッチ90試合以上をプレーし、2012ロンドンオリンピック銅メダル、2015オーストラリアアジアカップ準優勝など、国際経験が豊富であるとキャリアを詳細に羅列した。

ミラベッリ団長は来月中旬から来シーズンの戦力構成のため、急いで動くと伝えられた。
ミランはキ・ソンヨンがルーカス・ビリアの代わりをできると考えている。
キ・ソンヨンの技術的特徴が守備ラインを守るのに卓越していると評価してジャコモ・ボナヴェントゥーラ、フランク・ケシエよりもビリアの役割を引き継ぐと予想した。

キ・ソンヨンは今シーズンを最後にスウォンジーとの契約が満了する。
新たに就任したカルロス・カルバリャル監督の信任を受け、契約延長を考慮している状況である。
ミランもキ・ソンヨンの契約期間を知っている。
このメディアは「キ・ソンヨンは6月にスウォンジーと契約が満了する。非EUでも経済的な支出が少なく、メリットは十分である」と移籍の利点を付け加えた。



[オフィシャル] オスマル、Jリーグチームにレンタル…ソウル、外国人FW獲得予定
スポータルコリア




※一部要約

FCソウルのオスマルが日本Jリーグへのレンタル移籍を目前にしている。

ソウルの今回の決定は、オスマルが新たに海外舞台への進出に強い熱望をあらわして成されることになった。
すでに昨夏にオスマルはJリーグのビッグクラブへの移籍チャンスがあったが、クラブの強い説得と熱い声援を送ったファンのため、チーム残留を決めたことがあった。
それに対してソウルは、1年のレンタルで新たな舞台での変化と挑戦のチャンスを与えることにした。

オスマルはレンタルでチームを離れるが、今シーズンを前に新たに合流したシン・ジンホ、キム・ソンジュン、ジョン・ヒョンチョルとともに既存のハ・デソン、ソン・ジンヒョン、イ・ソクヒョン、キム・ウォンシク、ファン・ギウクらKリーグで最も強力なMF陣を構築している。
また、スペイン冬季キャンプで組織力をさらに育てて、一段階アップグレードされた中盤の力も披露した。

ソウルは新外国人FWの獲得を通じて得点力を強化し、攻守の戦力の構成をさらに固めるという計画だ。



イ・ジョンヒョプJリーグ進出の裏話…「冷酷な現実でさらなる成長を」
スポーツ朝鮮




※一部要約

「もっと成長して帰ってくることを望むだけです」

釜山アイパークのチェ・マンヒ代表理事は日本に送ったイ・ジョンヒョプのことを考えると、まだ万感が交差するという。

「岸辺に子供を出したようだ」という切なさ、「冷酷な現実を体験してこい」と強く育てたい両親の心情などが複雑に絡まっている。

イ・ジョンヒョプがJリーグの湘南ベルマーレに1年間レンタル移籍するというオフィシャルの報道が出たのは先月22日。
イ・ジョンヒョプは去年11月に"シン・テヨン号"の招集を受けたときに受けたエースの象徴"9番"を湘南で再び受けた。

2017シーズンが終わった後、海外リーグで新たな挑戦をしたいという意向を明かしてから2ヶ月ぶりの結果だった。
イ・ジョンヒョプの移籍推進は、しばらく遅々として進まなかった。
Kリーグにイ・ジョンヒョプを望むチームはなかったし、日本Jリーグも韓国選手の完全移籍金額にケチだったため、突破口が見つからなかった。
イム・サンヒョプを水原三星に送った釜山はイ・ジョンヒョプの残留を望んでいたが、もっと年をとる前に新たな挑戦をしたいという選手の意志が強かった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング