[単独] "ワールドカップ2回"コスタリカ代表FWウレニャ、光州FC入団
スポーツ朝鮮




※一部要約

コスタリカ代表としてFIFAワールドカップを2回経験した"ビッグネーム"がKリーグ入りする。

Kリーグ1昇格チームの光州FCが、検証されたFWマルコ・ウレニャを獲得するのに成功した。
先週、コロナ19を突破して入国したウレニャとのメディカルテストや契約書のサインをすべて完了し、発表だけを残している。
契約期間は2年。
光州は公開的に移籍市場で主砲フェリペのパートナーを探していた。
昨シーズンのKリーグ2得点王の"怪物"フェリペの孤立を防ぐカードが必要だと判断した。
光州のパク・ジンソプ監督は攻撃型MFを優先順位に置いていたが、思い通りにならなくて、体格の良いフェリペの後方とサイドで呼吸を合わせるセカンドストライカータイプのFWに目を向けた。
それで目についた選手がウレニャだった。
移籍市場の関係者は「ウレニャのネームバリューを見たとき、光州は少なくない金額を投資したようだ」と語った。
光州はウレニャの合流で攻撃陣の構成に終止符を打った。
フェリペやウレニャをはじめとして俊足のウィリアン、Kリーグのベテランのキム・ヒョギ、オリンピック代表ウインガーのオム・ウォンサンら、多彩な攻撃カードを用意した。



[オフィシャル] 富川FC1995、Jリーグ経験の外国人FWバイアーノ獲得
スポーツ東亜




※一部要約

プロサッカーKリーグ2の富川FC1995が日本Jリーグ出身の外国人FWバイアーノ(Jefferson Silva dos Santos)を獲得し、攻撃陣の構成を完了した。

正統ストライカーのバイアーノは2014年にブラジルでデビューし、2018年にJリーグの水戸ホーリーホックに移籍してモンテディオ山形を経て、2シーズン(2018~2019)で着実に試合出場してチームの主戦FWとして活躍した。
Jリーグ通算71試合19ゴール3アシストを記録した。

バイアーノの最前方の攻撃陣営での動きが活発で、パスによる連携プレーに長けた長所を持っている。
また、185センチ84キロの身体条件で、相手DFとの競り合いや空中戦にも強く、富川の攻撃陣に活力を与えると期待されている。

選手団に合流したバイアーノは「富川に来ることになって嬉しい。猪突的な攻撃でゴールをたくさん決めて得点王に挑戦したいし、チームが好成績をおさめて昇格できるようにする」という覚悟を明かした。



"帰ってきたチョンヨン"、11年のヨーロッパ挑戦を締め切ってKリーグで走る
国民日報

200305174702606.jpg


※一部要約

こざっぱりしたスーツ姿のイ・チョンヨンが記者会見場に入ってきた。
新型コロナウイルス(コロナ19)の余波にもかかわらず多くの取材陣が集まり、"帰ってきたスター"に向けてフラッシュを焚いた。
蔚山現代から渡された青いユニフォームを手にした彼は、自分の背番号72を指して明るい笑みを浮かべた。
韓国サッカーの"レジェンド級"選手であるイ・チョンヨンが、11年のヨーロッパ挑戦を締め切ってプロサッカーKリーグに復帰した瞬間だった。

イ・チョンヨンは5日午後、ソウル新門路のサッカー会館で公式入団会見を行い、11年ぶりにKリーグに戻ってきた所感を明かした。
彼は「11年前より今のイ・チョンヨンのほうが、1試合1試合がより切実で大切になった」として、「蔚山とともにKリーグで達成しなければならない(リーグ優勝の)夢を叶えたい」と明かした。

イ・チョンヨンは2009年、21歳の年齢でKリーグのFCソウルを去り、イングランド・プレミアリーグのボルトン・ワンダラーズでヨーロッパ挑戦を始めた。
ボルトンの"エース"として世界的選手の間で脚光を浴びたりもして、2011年には脛骨骨折というおぞましい負傷もしたりするなど、波乱万丈なヨーロッパ生活を経てきた。
その後はクリスタル・パレスを経て、最近ではドイツ・ブンデスリーガ2部のVfLボーフムでプレーしていた。
イ・チョンヨンはサッカー選手の中でも、選ばれた選手だけができる特別な経験をして20代を過ごした。

イ・チョンヨンは「(5ゴール8アシストの活躍をした)ボルトンでの初シーズンが最も記憶に残っている。同僚選手とまだ連絡をやり取りするほど親しく過ごし、私にとって特別なチーム」として、「厳しいときもあったが、振り返れば誰もが簡単にはできない経験をしたようで、すごく幸せだった」と思い浮かべた。
ヨーロッパ生活で最も記憶に残る人物は誰かという質問には「(世話をして)一番苦労した私の妻」と言って淡い微笑を浮かべた。



[オフィシャル] 蔚山、ボーフムとイ・チョンヨン移籍で合意…午後公式入団
スポータルコリア

200303100408902.jpg


※一部要約

蔚山現代がVfLボーフムと代表MFイ・チョンヨン移籍の合意を終えた。

蔚山は3日「イ・チョンヨンの移籍を推進してきた蔚山は2日夜、VfLボーフムから移籍合意書を受け取った。残りの手続きに従い、3日午後にメディカルテストと契約を済ませた後、選手獲得を公式発表する予定」と明かした。




[オフィシャル] "もう蔚山の青い龍!"蔚山現代、イ・チョンヨン獲得…11年ぶりKリーグ復帰
インターフットボール

200303162814465.jpg


※一部要約

今冬の移籍市場で国内最高のMFユン・ビッカラムを獲得して中盤を強化した蔚山現代は、イ・チョンヨン獲得で中央とサイドのどちらでも国内最高の資源を備えることになった。

イ・チョンヨンは「優勝という明確な目標を持つ蔚山現代に来て嬉しい。ワクワクする気持ちでKリーグ復帰を準備していた。クラブから継続的な関心と愛情を示され、入団を決心することになった」と明かした。
続けて「サッカー選手として成長する助けとなったFCソウルとファンにも、感謝の言葉を伝えたい。今は蔚山現代の選手として最善を尽くす姿で報いる」と語り、新たな出発への覚悟を残した。



[単独] "ブルードラゴン"イ・チョンヨン、ボーフムとFA交渉妥結…Kリーグ行き有力
インターフットボール




※一部要約

イ・チョンヨンがボーフムとの交渉の末、自由契約(FA)選手になった。
自由に行き先を選べるイ・チョンヨンはKリーグ行きが有力である。

ドイツサッカーに詳しい関係者によると、イ・チョンヨンはボーフムからFA身分を受けることに成功した。
イ・チョンヨンは2020年6月30日までボーフムと契約している状態だった。

イ・チョンヨンは2018年9月、ドイツ2部リーグのボーフムと1+1の契約を結んだ。
入団後に主軸選手となってシーズン中に再契約に成功し、今シーズンは12試合に出場した。
豊富な経験でクラブ内から信頼されていた。

冬の移籍市場でイ・チョンヨンは移籍を推進した。
しかし障害物があった。
6月までボーフムと契約しているイ・チョンヨンがチームを移すには、移籍金が発生する。

イ・チョンヨン側はボーフムとの長い話し合いの末、自由契約身分を得ることに成功した。
もう移籍金なしでイ・チョンヨンは自由に他クラブへ移籍できる。
関係者によると、イ・チョンヨンは次の行き先にKリーグを選んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング