セレッソ移籍を控えているヤン・ドンヒョン、Jリーグ全方位獲得の信号弾
ゴールドットコム




※一部要約

浦項スティーラースのストライカーヤン・ドンヒョンのJリーグ・セレッソ大阪移籍が表面化している。
今シーズンのKリーグの国内FWの中で最高の実績を見せているヤン・ドンヒョンが、セレッソの積極的なオファーを受けている。
ユン・ジョンファン監督が率いているセレッソは、伝統的に多く韓国選手を迎えている近しいクラブである。

浦項は26日、「セレッソから公式オファーが入ってきたのは事実だ。今はクラブ間の交渉段階である」と語った。
浦項との契約が1年残っているヤン・ドンヒョンとしては、Jリーグ移籍を選ぶ可能性が非常に高い。
セレッソは具体的な移籍金まで提示したほど、強いラブコールを送っている。
浦項とセレッソの両者間の交渉が合意に至れば、選手との交渉が進められる。

今シーズンのヤン・ドンヒョンの大活躍を見て、浦項が憂慮していた状況でもあった。
リビルディングが進められていた浦項で、ヤン・ドンヒョンは主要得点源として看板の役割をこなしていた。
得点ペースが絶頂に達した前半期には、代表乗船の可能性が着実に言及されていた。
スポットライトが大きかっただけに、海外からの関心も大きくなった。

最近、中継権の大当たりで資金力が上がったJリーグが積極的に出てきた。
アジアクォーターを廃止する前でもFWよりはDFにより関心を見せていた中国スーパーリーグとは違い、Jリーグは韓国FWに多く魅力を持っている。



[単独] "Kリーグ代表ストライカー"ヤン・ドンヒョン、セレッソ大阪移籍
日刊スポーツ




※一部要約

プロサッカーKリーグクラシック(1部)を代表するストライカーのヤン・ドンヒョン(31・浦項スティーラース)が、来年から日本Jリーグ(1部)平定に出る。

Jリーグ移籍市場の関係者は26日、「ヤン・ドンヒョンが最近セレッソ大阪入団に合意し、いくつかの細部事項のみを調整中だ。近いうちに契約書に最終サインする予定」と明かした。
セレッソは近いうちにヤン・ドンヒョン獲得を公式発表する予定である。
契約期間は2年だという。

今シーズン18ゴールを炸裂させたヤン・ドンヒョンは、現在リーグ全体得点2位、国内選手の中では1位を疾走中の特級ゴールゲッターだ。
得点10位圏内で地元産選手はヤン・ドンヒョンと5位のチュ・ミンギュ(27・尚州尚武)の2人だけである。

2005年にプロに入門したヤン・ドンヒョンは、力と身体条件で優勢な外国人FWが勢力を伸ばす中でも、ずっと最高級FWの席を守ってきた。
Kリーグ通算記録は289試合出場で89ゴールである。

セレッソはユン・ジョンファン元蔚山現代監督が今シーズンから率いているチームだ。
セレッソは今シーズン中盤までリーグ首位を走る突風を起こしていたが、終盤に底力の不足で4位まで押され、優勝争いから遠ざかった。



ポドルスキを抱えた日神戸、今度はスナイデル獲得推進
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本J1のヴィッセル神戸がウェズレイ・スナイデルの獲得に挑戦しているというニュースだ。

スポーツニッポンは28日、"神戸がフランスリーグ1のニースで活躍中のスナイデルの獲得に乗り出した"と伝えた。
この新聞は複数の関係者から引用して"神戸は数年前から狙っていたスナイデル獲得のため、水面下の作業に入った"として、"ニースと1年契約を結んでいるスナイデルは来夏自由契約身分になる。冬の移籍で合意すれば違約金が発生するが、神戸は様々な方案を考慮している"と付け加えた。
それと同時に"スナイデルとガラタサライで一緒にプレーした神戸のFWポドルスキとのホットラインが期待される"と寸評した。




Jリーグ神戸、ポドルスキに続いてスナイデルまで獲得?
ノーカットニュース




※一部要約

スナイデルがポドルスキと同じ釜の飯を食べた間柄という点も、神戸にとっては興味をそそる部分である。
もしスナイデルがJリーグに渡るなら、来シーズンの神戸の攻撃力はリーグ最高に評価される見通しだ。

スナイデルはオランダ代表で131試合に出場し、31ゴールを記録中である。
131試合はオランダ代表史上最多出場記録だ。



[SPO CRITIC] "身代金の期待値と実金額の間"試験台に立ったイ・スンウ
スポTVニュース




※一部要約

韓国で行われた2017FIFA U-20ワールドカップ16強戦の敗北、そしてFCバルセロナBエントリー進入失敗は、FWイ・スンウに対するファンの心と視線を、絶対的支持者から冷静な観察者のそれに変えた。

幼少年の札を下ろしてからバルサでの地位を確保できなかったイ・スンウは、プレーできるチームを探しに出た。
そして2017-18シーズン、ヨーロッパサッカーの夏の移籍市場の最後に反転のキッカケを作った。
イタリア・セリエAクラブのエラス・ヴェローナに入団した。
2000年にペルージャに入団したアン・ジョンファンから命脈が切れていたイタリアの舞台で、進出2号選手になった。

イタリア進出の事実とともに、イ・スンウは高い移籍金と年俸でも話題になった。
国内の有力日刊紙は、イ・スンウの移籍金が150万ユーロ(約20億ウォン)、年俸が65万ユーロ(約8億8000万ウォン)と報じた。
だがこの情報はファンによって真偽論難に覆われた。

イタリアの代表的なスポーツ専門日刊紙"ガゼッタ・デロ・スポルト"が7日に報じた資料によると、ヴェローナの最高年俸選手は主将パッツィーニで200万ユーロ(約27億2000万ウォン)を受けていた。
2年前(58万ユーロ)から3倍以上上がっている。
イ・スンウの税引き後の年俸は、国内の報道で伝えられたものとは差があった。
25万ユーロ(約3億4000万ウォン)で、ヴェローナの選手団28人中16番目である。
中間級だ。
先に報じられていたようにあまり高い方ではないが、ファビオ・ペッキア監督の年俸が25万ユーロ(セリエA20チームの監督の中で最低)という点を考慮すれば、少ない金額ではない。

税引き前ならイ・スンウの年俸は40万ユーロ(約5億5000万ウォン)水準である。
オプションが発動されても、先に伝えられた65万ユーロとは距離がある。
"スポTVニュース"はその事実をイ・スンウ側の関係者に問い合わせた。
「選手の年俸に関しては事実を確認する事案ではない。確かなのは、イタリア現地メディアの報道でも、国内メディアの報道でも、推測性の記事ということであり、契約の当事者が明かしたものではないということ」と答えた。
結局はすべて推測である。
実際の契約内容は本人とクラブだけが知っている。

イタリア・セリエA選手の年俸の現況は毎年"ガゼッタ・デロ・スポルト"が公開している。
クラブが発表した公式資料ではないが、イタリアで最も公信力のあるメディアが取材して公開している情報という点で、信憑性が高い。



[オフィシャル] パク・チュホ、BVBで背番号なし…UCLメンバーも除外
スポータルコリア




※一部要約

パク・チュホの立場が大幅に下がった。
2017/2018シーズンのドルトムントで背番号も割り当てられず、チャンピオンズリーグのメンバーでも除外された。

UEFAは6日、チャンピオンズリーグに参加するクラブのスカッド登録を発表した。
ドルトムントは死のH組に属してレアル・マドリード、トッテナム・ホットスパー、アポエルと激突する。

発表されたメンバーにパク・チュホの名前はなかった。
チャンピオンズリーグでメンバー外なのはある程度予想されたことだった。

ピーター・ボス監督の構想からも完全に外れた。
ドルトムントが公式HPで発表した今シーズンの1軍選手団で、パク・チュホは背番号を割り当てられなかった。
さらにドイツの移籍専門メディア"トランスファーマルクト"は、パク・チュホをドルトムント2軍に分類した。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング