レスター地元紙「レスター、"トッテナムのターゲット"キム・ミンジェ争奪戦に加勢」
スポータルコリア



※一部要約

レスター・シティがキム・ミンジェ争奪戦に加勢したというニュースである。

英国レスターの地元紙"レスターシャー・ライブ"は21日、「レスターがトッテナム・ホットスパーのターゲットであるキム・ミンジェの争奪戦に参戦した。キム・ミンジェはプレミアリーグとセリエAの関心を集めている」と報じた。

英国"90min"も「レスターが"怪物"という異名を持つ選手に関心がある。CBの獲得はブレンダン・ロジャース監督の再優先順位だ。現在、当該ポジションに怪我人が発生した」と説明した。

レスターは急いでCBを探している。
当初はウェスレイ・フォファナを望んでいたが、サンテティエンヌが彼を引き止める必死だ。
これに対してロジャース監督は、別のオプションを考慮中だと伝えられた。



[オフィシャル] 慶南、"インテル・ミラノ出身"ルクと契約解除
スポーツ朝鮮



※一部要約

ルクが最終的に慶南を去った。

慶南は22日、「ルクと相互合意の下で契約を解除した」と発表した。
去年Kリーグ入りしたルクは1年7ヶ月で慶南を去ることになった。

慶南は去年、中国に去ったマルコンの空席を埋めるためにルクを獲得した。
フェイエノールト、インテル・ミラノ、フランクフルト、スポルティング・リスボンなどを経た大物外国人として多くの関心を集めた。

だが期待に達することができなかった。
去年22試合に出場して3ゴール3アシストに終わったルクは、チームが2部に降格した今シーズンも8試合の出場、2ゴールに留まった。

ルクの年俸を負担に思う慶南と、ヨーロッパ復帰を狙うルクの利害関係が一致した。
22日午前に最終レターを交換し、契約解除を終えた。
ルクはオランダ復帰を試みている。



"北韓ロナウド"ハン・グァンソン、カタールの所属チームから放出された模様…「制裁のため」
聯合ニュース



※一部要約

"北韓ロナウド"と呼ばれるサッカー選手のハン・グァンソンが、所属チームであるカタールのアル・ドゥハイルから放出されたものとみられる。

15日のアル・ドゥハイル公式インスタグラムのアカウントに上がってきた2020年の30人の選手リストには、ハン・グァンソンの名前と写真が掲載されてなかった。

先月22日までは公式アカウントの写真にハン・グァンソンの姿が何度も捉えられていたが、最近になって姿をくらましていた。





[インタビュー] "全州城を去ってアル・ナスル"キム・ジンス、「ACL決勝で全北と会うことを願う」
スポーツ東亜



※一部要約

サッカー代表の主戦左SBキム・ジンスが、サウジアラビアの名門アル・ナスルで新たな挑戦に出る。
Kリーグ1の前所属チーム全北現代との契約期間が12月までで、残り4ヶ月しか残っていない状況だったが、アル・ナスルは少なくない移籍金(80万ユーロ・約11億ウォン・推定)を投じて検証されたSBを確保した。

アル・ナスルはキム・ジンスにとって3番目の海外所属チームである。
2012年にアルビレックス新潟(日本)のユニフォームを着てプロデビューした彼は、2014年夏から2016年12月までホッフェンハイム(ドイツ)に身を置き、2017年から今年8月まで全北の一員としてチームのKリーグ1・3連覇の先頭に立った。
Kリーグ通算記録は78試合7ゴール11アシストだ。
今シーズンも15試合で2アシストを上げた。

9月はじめにアル・ナスルへ発つキム・ジンスは、31日に電話通話で「全北城で緑色のユニフォームを着てプレーした3年8ヶ月は、生涯誇らしい記憶として残る」として、「12月に全北とアル・ナスルがAFCチャンピオンズリーグ決勝戦で激突するのを心待ちにしている」と明かした。



PK与えたキム・ミンジェ、また叩いた中メディア「中国でプレーする考えがなさそう」
スポータルコリア



※一部要約

キム・ミンジェ(24、北京国安)が中国スーパーリーグでPKを与えた。
現地メディアは北京の勝利にもかかわらず、キム・ミンジェの競技力を指摘するのに忙しかった。

キム・ミンジェは1日に行われた中国スーパーリーグB組8ラウンドの重慶当代力帆との試合に先発出場してフルタイムを消化した。
最後方で守備を導いたキム・ミンジェは、北京の5-2の大勝に力を加えた。
最近3試合連続で勝利のなかった北京は久しぶりの勝利を手にした。

キム・ミンジェにとっては勝利の喜びより、心残りが少し大きい試合だった。
5-1で終わりそうだった後半45分、相手FWを防ぐ過程で不正確なタックルによってマルシーニョを倒した。
PKが宣言されて結局失点を提供した。

キム・ミンジェのプレーを指摘する声が大きかった。
中国の新郎スポーツは「北京は攻撃力を示したが、守備は相変わらず安心できない。競技力論難のあるキム・ミンジェがまだ改善されていない。キム・ミンジェが振るわず、多くの北京ファンを怒らせている」と鋭い批判をした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング