[オフィシャル] オスマル、Jリーグチームにレンタル…ソウル、外国人FW獲得予定
スポータルコリア




※一部要約

FCソウルのオスマルが日本Jリーグへのレンタル移籍を目前にしている。

ソウルの今回の決定は、オスマルが新たに海外舞台への進出に強い熱望をあらわして成されることになった。
すでに昨夏にオスマルはJリーグのビッグクラブへの移籍チャンスがあったが、クラブの強い説得と熱い声援を送ったファンのため、チーム残留を決めたことがあった。
それに対してソウルは、1年のレンタルで新たな舞台での変化と挑戦のチャンスを与えることにした。

オスマルはレンタルでチームを離れるが、今シーズンを前に新たに合流したシン・ジンホ、キム・ソンジュン、ジョン・ヒョンチョルとともに既存のハ・デソン、ソン・ジンヒョン、イ・ソクヒョン、キム・ウォンシク、ファン・ギウクらKリーグで最も強力なMF陣を構築している。
また、スペイン冬季キャンプで組織力をさらに育てて、一段階アップグレードされた中盤の力も披露した。

ソウルは新外国人FWの獲得を通じて得点力を強化し、攻守の戦力の構成をさらに固めるという計画だ。



イ・ジョンヒョプJリーグ進出の裏話…「冷酷な現実でさらなる成長を」
スポーツ朝鮮




※一部要約

「もっと成長して帰ってくることを望むだけです」

釜山アイパークのチェ・マンヒ代表理事は日本に送ったイ・ジョンヒョプのことを考えると、まだ万感が交差するという。

「岸辺に子供を出したようだ」という切なさ、「冷酷な現実を体験してこい」と強く育てたい両親の心情などが複雑に絡まっている。

イ・ジョンヒョプがJリーグの湘南ベルマーレに1年間レンタル移籍するというオフィシャルの報道が出たのは先月22日。
イ・ジョンヒョプは去年11月に"シン・テヨン号"の招集を受けたときに受けたエースの象徴"9番"を湘南で再び受けた。

2017シーズンが終わった後、海外リーグで新たな挑戦をしたいという意向を明かしてから2ヶ月ぶりの結果だった。
イ・ジョンヒョプの移籍推進は、しばらく遅々として進まなかった。
Kリーグにイ・ジョンヒョプを望むチームはなかったし、日本Jリーグも韓国選手の完全移籍金額にケチだったため、突破口が見つからなかった。
イム・サンヒョプを水原三星に送った釜山はイ・ジョンヒョプの残留を望んでいたが、もっと年をとる前に新たな挑戦をしたいという選手の意志が強かった。



チェ・キュベク、"Jリーグ昇格チーム"V・ファーレン長崎に移籍
インターフットボール




※一部要約

チェ・キュベクが新たなチャンスを求めて日本へ向かう。

Jリーグの移籍市場に詳しいある関係者は1日、「蔚山のDFチェ・キュベクが日本Jリーグの昇格チームであるV・ファーレン長崎に移籍する」と伝えた。
蔚山と長崎は数回の交渉の末にチェ・キュベクの移籍に合意した。
チェ・キュベクは近く日本に渡ってメディカルテストと個人交渉をする予定である。

チェ・キュベクは2016年に全北現代でプロデビューした。
だがKリーグ最強の全北は新人選手が簡単に席を取ることのできないクラブだった。
結局イ・ジョンホ、キム・チャンスと一緒にトレード形式で全北を去り、蔚山のユニフォームを着た。



英ボルトンニュース、「イ・チョンヨン、ボルトン復帰はない」
OSEN




※一部要約

3年ぶりのボルトン・ワンダラーズ復帰が予想されていたイ・チョンヨンが、クリスタルパレスに残留するとみられる。

イ・チョンヨンは"第2の故郷"ボルトンに移籍することが有力とされていた。
イ・チョンヨンのエージェントであるインスポコリア側は31日、彼のボルトンレンタルを公式発表していた。

イ・チョンヨンもやはり「現状ではボルトンへのレンタルが良い決定だと思った。ことを上手く終えられて嬉しいし、今シーズンの残りの日程にすごく期待している」として、「競技場で良い姿を見せられるよう努力する」と所感を明かし、高い期待感をあらわしていた。

だが状況が変わった。
英国ロンドンの地元紙であるクロイドン・アドバタイザーは31日、イ・チョンヨンはボルトンへのレンタルが有力だったが、バカリ・サコがウェストハム戦で負傷してサイドMFの資源が必要になり、最終的にイ・チョンヨンの残留の可能性が高くなったと伝えた。

これに加えて地元紙"ザ・ボルトンニュース"もやはりリアルタイム移籍市場の締め切り報道で「イ・チョンヨンはボルトンに戻らないだろう」と明かした。






[話題の選手] Jリーグ出身水原キム・ボムヨン…韓国語で聞くことになる応援、もうワクワクしている
京仁日報




※一部要約

「運動場のどこにいても私が見えるよう、最善を尽くす姿をお見せします」

プロサッカー水原FCの新たなエンジンの1人であり、Kリーグデビューを控えているキム・ボムヨンがこうして覚悟を固めた。

Jリーグでプロ生活を始めたキム・ボムヨンは両足を自由に使い、速いスピードを備えているサイドMF資源である。
2017シーズンにはCBに転向して良い活躍を見せたこともあり、水原FCのマルチ資源として活用される予定だ。

水原FCとキム・ボムヨンは平行理論を成している。

水原FCは2015年に劇的なKリーグ1部昇格を味わい、1シーズンですぐにKリーグ2部に降格させられたことがある。

キム・ボムヨンは2013シーズンに日本J2リーグのモンテディオ山形でプロ生活を始め、2年目の2015年にチームがJ1リーグに昇格して1年で再び落ち、歓喜と降格の痛みをどちらも経験した。
なので誰よりも水原FCの現状をよく理解している。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング