[SPO CRITIC] "身代金の期待値と実金額の間"試験台に立ったイ・スンウ
スポTVニュース




※一部要約

韓国で行われた2017FIFA U-20ワールドカップ16強戦の敗北、そしてFCバルセロナBエントリー進入失敗は、FWイ・スンウに対するファンの心と視線を、絶対的支持者から冷静な観察者のそれに変えた。

幼少年の札を下ろしてからバルサでの地位を確保できなかったイ・スンウは、プレーできるチームを探しに出た。
そして2017-18シーズン、ヨーロッパサッカーの夏の移籍市場の最後に反転のキッカケを作った。
イタリア・セリエAクラブのエラス・ヴェローナに入団した。
2000年にペルージャに入団したアン・ジョンファンから命脈が切れていたイタリアの舞台で、進出2号選手になった。

イタリア進出の事実とともに、イ・スンウは高い移籍金と年俸でも話題になった。
国内の有力日刊紙は、イ・スンウの移籍金が150万ユーロ(約20億ウォン)、年俸が65万ユーロ(約8億8000万ウォン)と報じた。
だがこの情報はファンによって真偽論難に覆われた。

イタリアの代表的なスポーツ専門日刊紙"ガゼッタ・デロ・スポルト"が7日に報じた資料によると、ヴェローナの最高年俸選手は主将パッツィーニで200万ユーロ(約27億2000万ウォン)を受けていた。
2年前(58万ユーロ)から3倍以上上がっている。
イ・スンウの税引き後の年俸は、国内の報道で伝えられたものとは差があった。
25万ユーロ(約3億4000万ウォン)で、ヴェローナの選手団28人中16番目である。
中間級だ。
先に報じられていたようにあまり高い方ではないが、ファビオ・ペッキア監督の年俸が25万ユーロ(セリエA20チームの監督の中で最低)という点を考慮すれば、少ない金額ではない。

税引き前ならイ・スンウの年俸は40万ユーロ(約5億5000万ウォン)水準である。
オプションが発動されても、先に伝えられた65万ユーロとは距離がある。
"スポTVニュース"はその事実をイ・スンウ側の関係者に問い合わせた。
「選手の年俸に関しては事実を確認する事案ではない。確かなのは、イタリア現地メディアの報道でも、国内メディアの報道でも、推測性の記事ということであり、契約の当事者が明かしたものではないということ」と答えた。
結局はすべて推測である。
実際の契約内容は本人とクラブだけが知っている。

イタリア・セリエA選手の年俸の現況は毎年"ガゼッタ・デロ・スポルト"が公開している。
クラブが発表した公式資料ではないが、イタリアで最も公信力のあるメディアが取材して公開している情報という点で、信憑性が高い。



[オフィシャル] パク・チュホ、BVBで背番号なし…UCLメンバーも除外
スポータルコリア




※一部要約

パク・チュホの立場が大幅に下がった。
2017/2018シーズンのドルトムントで背番号も割り当てられず、チャンピオンズリーグのメンバーでも除外された。

UEFAは6日、チャンピオンズリーグに参加するクラブのスカッド登録を発表した。
ドルトムントは死のH組に属してレアル・マドリード、トッテナム・ホットスパー、アポエルと激突する。

発表されたメンバーにパク・チュホの名前はなかった。
チャンピオンズリーグでメンバー外なのはある程度予想されたことだった。

ピーター・ボス監督の構想からも完全に外れた。
ドルトムントが公式HPで発表した今シーズンの1軍選手団で、パク・チュホは背番号を割り当てられなかった。
さらにドイツの移籍専門メディア"トランスファーマルクト"は、パク・チュホをドルトムント2軍に分類した。






"帰化オファー"バルサ、「イ・スンウを諦めてない」
OSEN




※一部要約

FCバルセロナはイ・スンウについて完全には諦めてなかった。
可能性について十分に認め、ずっと見守る見通しだ。

イ・スンウがバルセロナを去ってセリエAエラス・ヴェローナに移籍する。
30日、イタリアメディアはヴェローナが移籍金21億ウォンを払ってイ・スンウを獲得すると伝えた。
イ・スンウの関係者も「31日にイタリアへ向かう。メディカルテストを受けて契約を結ぶだろう」と明かした。
イ・スンウはヴェローナと4年契約を結ぶ予定である。

イ・スンウのヴェローナ移籍が完了すれば、セリエAでプレーする2人目の韓国選手となる。
2000年から2年間ペルージャでアン・ジョンファンが活躍して以降、15年間セリエAは韓国選手と縁を結ぶことができなかった。

これまでイ・スンウはバルセロナと綱引きを繰り広げていた。
イ・スンウはバルセロナを去って他リーグに移籍することをとても悩んでいた。
バルセロナBをはじめとして、スペインプロ2部リーグはEU市民権がない選手を2人までしか保有できない。
最近バルセロナBは、ブラジルの名門パルメイラスの攻撃型MFヴィチーニョを連れてきて、残りの一席をホンジュラス代表FWチョコ・ロサーノで埋めた。



[単独] イ・スンウ、イタリア1部リーグのヴェローナ行き確定…完全移籍
スポーツソウル




※一部要約

今夏の移籍市場を熱い雰囲気にさせたイ・スンウの行きさが決まった。

イ・スンウはセリエAのヴェローナのユニフォームを着る。
移籍市場に詳しい関係者は30日、「ヴェローナとイ・スンウ、バルセロナの三者間の合意がすべて終わった」として、「イ・スンウはレンタルではなく完全移籍でヴェローナに巣を作ることになる」と明かした。
移籍金は150万ユーロの約20億ウォンで、将来が嘱望されるイ・スンウの価値をしっかりと認められた。
彼は30日にイタリアへ渡ってメディカルテストを受け、異常がなければ入団を終える。
契約期間は4年である。

イ・スンウは5月のU-20ワールドカップで、韓国サッカーの新星であることが再び確認された。
ギニアとのGL1次戦の先制決勝ゴール、アルゼンチンとの2次戦で幻想的な先制ゴールを放ち、U-20代表の序盤の2連勝を導いた。
そんな彼にヨーロッパの多くのチームがラブコールを送ったのは当然だった。
イタリアやスペイン、オランダ、フランス、ベルギー、スイスなどヨーロッパ全域から求愛の手が続いたが、最後まで争ったチームはヴェローナとディナモ・ザグレブだった。
イ・スンウとバルセロナは、熟慮してからヴェローナを選んだものとみられる。

イ・スンウは最初からあまりディナモ・ザグレブを念頭に置いてなかったことがわかった。
どうせなら5大"ビッグリーグ"でチャンスが欲しいという気持ちで、自分に積極的だったヴェローナのオファーにずっと関心を向けていた。
その他にMSLなど非ヨーロッパクラブも巨額の移籍金を持って誘惑したが、イ・スンウは最初からそれを排除した。

イ・スンウの行き先が移籍市場終盤に決まったのは、彼にラブコールを送ったクラブが多かった反面、バルセロナ側が完全移籍よりレンタルに固執したためである。
イ・スンウはどのクラブであっても完全移籍で行くことを望んでいた。
当初は交渉期限を25日までとしていたヴェローナは、その後も門を開けてイ・スンウを待っていたとみられる。
移籍金や年俸はチーム内でも水準級で、イ・スンウ側も満足している。
バルセロナは最近まで、今年3年の再契約をしてから、1年のレンタルでヴェローナに行くことを勧めていたが、終盤に彼の完全移籍を認めた。
代わりに2019年までの2年間に、決まった移籍金で彼を再び連れてこられるバイバック条項を入れた。



[オフィシャル] バルサ、デンベレを基本移籍金1395億ウォンで獲得…5年契約
スポータルコリア




※一部要約

バルセロナがついにネイマールの代替者を確保した。
ドルトムントのドリブラー、ウスマン・デンベレを獲得して攻撃陣の構成を終えた。

バルセロナは25日、クラブ公式HPでデンベレの獲得を公式化した。
バルセロナとデンベレは5年契約を結んだ。
公式的な移籍金は基本金1億5000万ユーロ(約1395億ウォン)にオプションが加わったと明かした。

デンベレは今夏の移籍市場が開かれる前からバルセロナがサイド補強のため指名していた資源である。
交渉が順調ではなく中断していたデンベレの獲得は、ネイマールの移籍で再点火していた。




[オフィシャル] バルセロナ、ウスマン・デンベレ獲得確定…移籍金1397億+α
インターフットボール




※一部要約

デンベレはすでにドルトムントの練習に無断で参加せずに懲戒を受けていた。
それだけ気持ちが浮ついていたという意味である。
多くのメディアによると、デンベレ本人もバルセロナ移籍を望んでいたことがわかった。

最終的にバルセロナがドルトムントと言葉を交わし、デンベレの獲得に合意した。
現地メディアによるとバルセロナのバルトメウ会長が直接乗り出し、5年契約でデンベレの獲得合意を引き出したという。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング