ファン・ウィジョ、日本Jリーグでシーズン初ゴール…アシストまで大活躍
聯合ニュース




※一部要約

ファン・ウィジョが日本プロサッカーJリーグでシーズン初ゴールを爆発させた。

ファン・ウィジョは2日、日本静岡県清水のIAIスタジアム日本平で行われた清水エスパルスとの2019Jリーグ2ラウンド遠征試合で、後半28分に追加ゴールを炸裂させてチームの4-2の勝利に貢献した。

彼は後半13分にアデミウソンが記録したチームの2点目をアシストし、1ゴール1アシストの大活躍を繰り広げた。

DFキム・ヨングォンとオ・ジェソクも先発出場し、ガンバ大阪の勝利に力を加えた。

清水からはDFファン・ソッコが先発で出たし、北韓代表出身FWチョン・テセも後半に交代投入された。



"エヴァンドロ整理"FCソウル、追加外国人選手の獲得は"時間がさらに必要"
スポTVニュース




※一部要約

FCソウルがエヴァンドロを整理して、外国人選手の保有限度にゆとりを確保した。

FCソウルが外国人選手クォーターで1席をさらに用意した。
ソウルには2019シーズンの準備でオスマルがレンタル復帰し、ペシッチとアジアクォーターのアリバエフで外国人の選手陣を設けた。

2018シーズンからチームで活躍していたエヴァンドロが問題だった。
ソウルは契約解除を望んでいたが、期間が残っていた状態で残留に固執していて悩み事として残っていた。

開幕前に状況が変わった。
カン・ミョンウォンソウル団長は19日、「エヴァンドロとの契約整理がほぼできたと見て構わない」と語った。

ソウルはエヴァンドロと決別したが、新外国人選手を獲得するには時間がさらに必要な見通しである。
カン団長は「後続の選手獲得についてはっきり言えることはない」と言葉を慎んだ。



慶南、ヨーロッパ派"長身FW"ルク・カスタイニョス獲得
OSEN




※一部要約

慶南FCがオランダ出身FWルク・カスタイニョス獲得を公式発表した。

カスタイニョスは188センチの大きな身体条件を持つFWで、オランダの年代別ユース代表で活躍した。
2009年にフェイエノールトで初めてプロデビューした。
2010年にはソン・フンミン、ネイマール、ロメル・ルカクらとともにFIFA選定の10代有望株候補23人に入ったりもした。

その後インテル・ミラノやFCトゥウェンテ、スポルティングなどヨーロッパ有数のチームでプロ生活を続け、サッカーファンに深い印象を残した。

先に慶南は、英国プレミアリーグ出身のジョーダン・マッチ獲得に成功し、Kリーグファンを驚かせたことがある。
一般的なビッグリーグ出身の選手とは違い、比較的早い年齢でアジアの舞台に進出して、年齢や体力的な面で強みを持っているマッチのように、カスタイニョスもまた選手として熟した26歳の年齢で慶南に入団した。

名将キム・ジョンブ監督の下で、"ビッグネーム"のカスタイニョスとマッチがKリーグにどんな風を起こすのか期待される。

カスタイニョスは20日から選手団に合流し、チームに適応する予定である。



[バンコクインタビュー] ソン・ジュフン、「慶南、簡単には崩れないチームだと感じた」
スポータルコリア




※一部要約

「日本で慶南FCの試合を見た。簡単には崩れないチームだと感じられた」

ソン・ジュフンが韓国で新たな挑戦に出る。
これまで日本Jリーグだけで活躍していた彼は、初めてのKリーグチームに慶南を選んだ。
理由は明確だった。
慶南の色に魅了され、慶南から提示されたビジョンが響いた。
簡単には崩れないチーム。
これはソン・ジュフンが夢見ていたチームと一致していた。

ソン・ジュフンは現在(※1月の記事)、タイ・バンコクで慶南とともに新シーズンを準備中である。
ソン・ジュフンは「慶南に9日に合流した。2週くらい時間が過ぎた。まず同じ言語を使うのがすごく良い。練習はこれまでやってきたのと違うが、兄たちと楽しく過ごしている」と慶南での生活を伝えた。

ソン・ジュフンは2014年に日本J1リーグのアルビレックス新潟でプロ生活の第一歩を踏んだ。
容易ではない道だった。
デビューシーズンに6試合しか出場できず、翌年J2リーグの水戸ホーリーホックにレンタルで離れた。
水戸で競技力を積んでから2017年に再び新潟に復帰、昨シーズンまで主戦選手として大活躍した。

韓国での初めてのプロ生活なので、ぎこちないのは当然だった。
ソン・ジュフンは「Jリーグと比べて練習量が違う。どうしても慶南の強度が高い。だがそういう部分から精神力が出るようだ。苦しい状況で出る力だ。日本での練習も大変だったが、限界を克服したり、乗り越えようとするレベルまでではなかった」と慶南とJリーグチームの違いを論じた。



増田はチームとともに"背水の陣"を敷いた
ベストイレブン




※一部要約

増田が帰ってきた。
実力と人性と誠実さを備えた姿でKリーグファンの愛をたっぷりと受けていた増田が、ソウルイーランドFCのユニフォームを着て帰ってきた。
いつの間にか34歳になった増田の目標は明確だ。
"Kリーグ2優勝"。
前年度のリーグ最下位クラブが設定しにくいその目標を、益田は堂々と口にした。
彼の覚悟は目標と同じく気丈で固い。
また切迫している。

増田と会ったところは、ソウルイーランドの選手が宿泊しているホテルのロビーの閑静な場所だった。
彼はやや疲れているように見えた。
日程がギリギリでやむを得ず深夜に行われたのだが、そのため身体のリズムを重視する増田にとっては、疲れる時間帯だったためである。
それにもかかわらず増田はプロらしい姿をずっと維持していた。
疲労の素振りは隠し、浅い微笑みとともに落ち着いて対話を続けた。

彼に投げかけた最初の質問はやはり、"なぜKリーグに帰ってきたのか"だった。
増田は短く明瞭な返事を伝えた。
「ソウルイーランドから提示されたビジョンより、自分で判断した。優勝のためにここに来た」



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング