"Kリーグデビュー"ペク・ソンドン、"胸"に刻んだク・ジャチョルのアドバイス
OSEN




※一部要約

「水原FCのゴールネットを破け」

去年末に水原FCは驚きの獲得をした。
2010ロンドンオリンピックでホン・ミョンボ号の一員として銅メダルを手にしたペク・ソンドンの獲得を発表した。

ペク・ソンドンは韓国サッカー期待の主だった。
多くの期待の主がいたが、彼もやはり多くの期待を受けていた。
U-20とU-23を経てオリンピック代表で活躍した。

2012年にJリーグのジュビロ磐田でプロ生活を始め、サガン鳥栖とVファーレン長崎を経て113試合プレーした。
Jリーグではもう多くの経験を積んだ選手。

多くの経験をしている選手だが、Kリーグは今シーズンにデビューする。
Jリーグでメディアやファンとたくさん交感していた彼は嬉しそうに挨拶し、韓国でサッカーをするのが楽しいと言った。

Kリーグ復帰で受けたアドバイスについて、ペク・ソンドンは落ち着いて語った。
彼は「(ク・)ジャチョル兄さんは"水原FCのゴールネットを破ってしまおう"という言葉を頂いた。ゴールをたくさん決めろというアドバイスで、頑張れという応援だった。(オ・)ジェソク兄さんと(チョン・)ウヨン兄さんも頑張れと伝えてくれた」と応えた。



[オフィシャル] ソウルイーランドFC、アジアクォーターでMF和田篤紀獲得
ヘラルド経済




※一部要約

ソウルイーランドFCがアジアクォーターでMF和田篤紀を獲得して中盤の補強に成功した。

ソウルイーランドは15日、日本国籍のMF和田篤紀を獲得したと伝えた。

ソウルイーランドは篤紀の基本技を高評価した。
柔らかいボールタッチとボールキープを基にしたパスと攻撃展開能力が優れているという点で、キム・ビョンス監督の指名を受けた。
篤紀は南海キャンプからチームに合流して練習試合と訓練で既存の選手と足並みを揃えてきた。

篤紀は「私を必要としてくれたチームに感謝する。サッカースタイルが異なる韓国に来て挑戦してみたかった。これからもっと努力して成長すた選手になりたいし、熱心にプレーしてチームが昇格するのにも助けになりたい」と覚悟を明かした。

ソウルイーランドのキム・ビョンス監督は「中盤でパスを前につなげる過程で、1テンポ速い連結で攻撃を上手く解決していける能力を備えている選手だ。南海から見守っているが私たちのチームのサッカースタイルに合っていて、攻守のつなぎの役割をしっかり果たしてくれることができる選手であるとして気に入った。良い活躍をするだろう」と期待感をあらわした。



ポルトガルメディア「ソク・ヒョンジュン、ポルトを去ってハンガリーリーグに行く」
スポTVニュース




※一部要約

ヨーロッパ残留かKリーグ復帰か。
岐路に立っていたソク・ヒョンジュンがヨーロッパ挑戦を続けるものとみられる。
今度はハンガリーリーグである。

13日、ポルトガルメディアは「FCポルトがソク・ヒョンジュンの状況を先ほど解決した」として、「ハンガリーリーグのデブレツェンにレンタル移籍する」と報じた。
続けて「ソク・ヒョンジュンはすでにハンガリーにいて、デブレツェンの発表があるだろう」と付け加えた。

ヴィトーリアFC、FCフローニンゲンで活躍したソク・ヒョンジュンは去年1月にポルトに移籍した。
"ポルトガルの名門"ポルトの壁は高かった。
主戦競争で押されたソク・ヒョンジュンは7ヶ月余りの後にトラブゾンスポルにレンタルされて機会を狙った。

トラブゾンスポルとのレンタル契約が早期に終わったソク・ヒョンジュンは、すべての可能性を開いておき、最終的にハンガリーを選んだ。
デブレツェンは2016-17シーズンのハンガリー1部リーグで12チーム中10位を走っている。




[オフィシャル] ソク・ヒョンジュン、ハンガリーのデブレツェンに移籍確定
インターフットボール




※一部要約

デブレツェンは13日、HPでソク・ヒョンジュンのレンタル獲得を公式発表した。

昨夏にソク・ヒョンジュンはFCポルトで出場機会を掴むためにトルコ進出を決めた。
ソク・ヒョンジュンはトラブゾンスポルへレンタル後、10月までは主戦の席を確保しそうだった。

だが最も重要な得点がなかった。
9月22日に5部チームを相手にしたカップ大会でゴールをしてから得点記録は止まっていた。

結局トラブゾンスポルは得点力を見せられなかったソク・ヒョンジュンとのレンタル契約を解除した。
移籍締切の最後にフランスのバスティア移籍が不発となり残念な思いをして、ソク・ヒョンジュンはポルトに戻らなければならなかった。

だが戻ってきたポルトにも彼の席はなく、結局ハンガリーリーグ進出を決めたのである。



"ヨーロッパ残留かKリーグ復帰か"ソク・ヒョンジュンの去就、今月末に決定
スポTVニュース




※一部要約

トラブゾンスポル(トルコ)と決別し、ポルト(ポルトガル)でも立場の狭いソク・ヒョンジュンが苦悩に陥った。
ヨーロッパ残留とKリーグ復帰をめぐって選択の岐路に立った。

トラブゾンスポルは1日にソク・ヒョンジュンとの契約解除を発表した。
ポルトで主戦競争から押され、トラブゾンスポルへのレンタルで雰囲気の反転を試みたが、結局成功的な結果を出すことはできなかった。
ヨーロッパサッカーの冬の移籍市場は閉じられたので、ヨーロッパ内の移籍も容易ではなさそうに見える。
現在移籍が可能なリーグはロシア、ギリシャ、スウェーデン、ノルウェーなど制限的であり、兵役問題などの個人的な事情まであるのでヨーロッパでずっと夢を続けることは簡単ではないだろうという意見がある。

ソク・ヒョンジュンの知人によると、休暇を取っているソク・ヒョンジュンはすべての可能性を開いている。
彼は「(ソク・ヒョンジュンの去就に関して)1位は移籍が可能なヨーロッパのリーグに移ることだ。冬の移籍市場は終わったが、それでもロシアや北欧など移籍できるリーグは結構ある」として、「ヨーロッパ内の移籍が上手く進まなかったとき、Kリーグ復帰で糸口を掴むだろう。Kリーグ開幕前の2月末までには行き先が決まるだろう」と語った。

ソク・ヒョンジュンはポルト移籍前、ヴィトーリアFCやFCフローニンゲンでプレーしてゴール感覚をつけた。
シュティーリケ監督の招集を受けて代表チームでも大活躍したのがこのときである。
悩みは深いが迅速で賢い選択が必要だ。



エッシェン、アデバヨール、ドログバ・・・Kリーグで見るところだった"スター"
フットボールリスト




※一部要約

先日フランスメディア"ルディスポール"の報道でコートジボワールのFWディディエ・ドログバが済州ユナイテッドと接触した事実が明かされた。
済州はすでに外国人選手の構成を終えていて、ドログバ獲得を打診したのはすでに期間が過ぎたことだった。

実現はしなかったが、ドログバがKリーグの舞台でプレーしていれば興味深いことになっていただろう。
ドログバは40近い年齢になったが、モントリオール・インパクト所属として、2016シーズンのメジャーリーグサッカーでリーグ22試合に出場し10ゴールを記録した。
相変わらず優れた技量を維持している。

韓国サッカーファンに人気の高いEPLの舞台で走っていたスターが終期を迎えたり再起の足場を用意するために、Kリーグ進出に関心を持ち始めた。
ヨーロッパ地域をベースにあるエージェントは、アジアリーグに対する選手の好感が上がっていて、巨額の条件を提示している中国の他に韓国でプレーすることに関心を示している選手は少なくないと伝えた。

実際、江原FCはボルトン・ワンダラーズでイ・チョンヨンと同じ釜の飯を食べたフランス青少年代表出身FWのダビド・ヌゴグと獲得交渉をしたりもした。
ヌゴグはパリ・サンジェルマンユース出身で、2006年にプロデビューして2008/2009シーズンから2010/2011シーズンまでリバプールで活躍した選手である。

江原が身代金の高いヌゴグの代わりに、若くて将来性のある選手を獲得することに舵を切って最終交渉は決裂した。

ヌゴグとガーナ代表を共にしていたマイケル・エッシェンもあるKリーグクラブと公式に接触した。
チェルシーで全盛期を過ごし、レアル・マドリードとACミランでも活躍したエッシェンは、2015年夏にギリシャクラブのパナシナイコスと2年契約を結んだが、去年11月に双方合意の下で契約解除した。

当時エッシェンはKリーグ進出に好感を見せ、韓国人のエージェントに公式委任状を発行した。
エッシェンは2006年6月、ワールドカップを前に行った韓国との評価試合で1ゴール1アシストを上げて3-1の勝利を導いた。
大会後、10月にガーナ代表と共に来韓して再び韓国戦で3-1の勝利を導く過程で決定的なゴールを決めた。
韓国サッカーとの縁は良い。

実際にある企業クラブと交渉が進められたが、事務局とコーチングスタッフの間で意見が違って失敗に終わった。
具体的な水準の議論が続いたが、十字靭帯の負傷から競技力が低下し、年齢の高いエッシェンの活躍の可能性について負担があった。
韓国行きが失敗に終わったエッシェンは現在、ブラジルリーグ進出を推進していることがわかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング