[オフィシャル] "暴言-暴行論難"チェ・インチョル監督、女子代表を自主的に辞退
インターフットボール




※一部要約

チェ・インチョル監督が9日、KFA代表戦力強化委員会の選任小委員会で、女子サッカー代表の監督職を辞任するという意思を表明した。
KFA代表はチェ監督の意思を尊重して辞任を受諾することに決めた。

チェ監督は小委員会に伝えた謝罪文で「今回メディアで報じられたことに対する責任を痛感し、代表の監督職を降ろしたい。時間が経ったことなのでなかったことにしたり、正当化できないということをよくわかっているため、申し訳ない気持ち」として、「私の間違った言動で傷ついた選手に、この場を借りて深い謝罪をしたい。傷ついた心を癒やすには、私の謝罪は不十分かもしれない。だが深い反省をしているので、少しでも私の心の込もった謝罪が伝わってほしい」と被害を受けた選手に謝罪の気持ちを伝えた。
また、「最後にもう一度、私の過ちを心から謝罪し、成熟した姿勢を備えた指導者に生まれ変わる」と明かした。

キム・パンゴン委員長は「監督の選任過程が円滑にできない点を申し訳なく思う。監督の力量の点検に多くのエネルギーを注いだが不十分だった。今後の代表監督の資格について、検証を強化する方案を用意する予定」と語った。

キム・パンゴン委員長は10日午前10時にサッカー会館で、女子代表のチェ・インチョル監督辞任および今後の監督選任の手続きに関するブリーフィングを行う予定である。



サッカー協会、チェ・インチョル女子監督"暴行疑惑"事実の有無を確認
NEWSIS




※一部要約

大韓サッカー協会がチェ・インチョル(47)新任女子代表監督の選手暴行説に関して、事実の有無を確認して今後措置をとる方針を決めた。

サッカー協会の関係者は5日、「チェ・インチョル監督への疑惑が膨らんだ。事実の有無を調べる」と語った。

先月29日に女子代表の新任監督として指揮棒を取ったチェ監督は最近、メディアの報道を通じて過去に選手を暴行したという疑惑を受けている。

チェ監督に対する疑惑が事実なら、サッカー協会の人事検証システムは正常に稼働していない。

チェ監督は2012年に現代製鉄の監督に就任し、去年までにWKリーグ6回連続優勝を導いた。

その前には2008年からU-20女子代表を率いて2010FIFA U-20女子ワールドカップ3位の成績を出し、2010年に成人代表を指揮して、その年の広州アジア大会で銅メダルを手にした。

キム・パンゴン協会代表戦力強化委員長はチェ監督を選任して「女子小中高チームをはじめとして、成人代表まですべての年代を指導した経験があり、20年近く女子サッカーの指導者として女子サッカー発展への情熱と意志が格別だった」と明かしていた。



"父兄暴行疑惑"チョン・ジョンソン監督、待機発令中にも父兄動員で"酒席"
アジア経済




※一部要約

父兄への性的暴行と横領の疑惑を受けているチョン・ジョンソンソウル彦南高等学校サッカー部監督であり、韓国高等学校サッカー連盟会長が、無期限の待機発令を受けている状態でも、選手の父兄に酒席を設けるようにしていたことがわかった。

25日にKBSは、チョン監督が11日に開幕した全国高校サッカー大会が行われた慶南陜川のある旅館で、父兄と数回酒席を設けたと報じた。
大会が始まってからはほぼ一日も欠かさず、深夜まで酒席があったというのが父兄の説明である。
食事と酒のすべてを父兄が用意したことがわかった。

チョン監督は現在、横領と性的暴行の疑惑により、学校では待機発令の状態である。
高校サッカー連盟では会長職務が停止している状態だ。

だが父兄は依然としてチョン監督の影響力を恐れていると伝えられた。
ある父兄は「目をつけられたら子供が試合でプレーできないかと思って…リーグの時間をすべて(※プレーして)満たさなければ、大学に入るのにも問題がある」と説明した。

これについてチョン監督側は「父兄ではなく知人との酒席」と釈明した。



レンタルされた有望株、飲酒運転で物議、今後の去就は?
スポーツ朝鮮




※一部要約

年代別代表にまでなった有望株が飲酒運転で物議を醸した。

最近AクラブにレンタルされたB選手が、Aクラブに飲酒運転摘発の事実を伝えてきた。
プロサッカー連盟はAクラブを通じてそのような事実を受けた。
B選手の元所属チームのCクラブも認知していることがわかった。

B選手は今夏、Kリーグ1のCクラブから、Kリーグ2のAクラブにレンタルされた。
Cクラブはこれからチームの守備の未来を担う有望株と評価し、経験を積ませる次元でAクラブにレンタルで送った。
B選手は着実に試合に出ている間、最近江南で飲酒運転で摘発され、一歩遅れてAクラブにそのような事実を告白して世間に伝わった。

韓国プロサッカー連盟は去年、賞罰規定の改正で飲酒運転に関する懲戒の程度を強化した。
血中アルコール濃度の数値が免許停止に該当すれば8試合~15試合以下の出場停止、500万ウォン以上の制裁金の懲戒を受ける。
免許取り消しなら15試合~25試合以下の出場停止、800万ウォン以上の制裁金の懲戒が下される。

B選手の血中アルコール濃度の数値は免許停止の水準に該当することがわかった。
とりあえずB選手は飲酒運転の事実をクラブに伝えたため、加重処罰は避けるものとみられる。
Aクラブは会議でB選手を元所属クラブに送り返す方向に決めた。
Aクラブは26日の選手運営委員会の手続きでそのような事実を最終的に決める予定だ。

連盟もやはり賞罰委員会でB選手への懲戒を決める見通しである。
だが最近の雰囲気を考慮し、重い懲戒が予想される。
去年だけで4人(キム・ウンソン、パク・ジュンテ、ハン・ソクミン、イ・サンホ)が飲酒運転で懲戒を受けた。
パク・ジュンテとイ・サンホは飲酒運転の事実を隠蔽して15試合の出場停止と制裁金の懲戒を受けた。

キム・ウンソンは自主的に申告して連盟から15試合と制裁金800万ウォンの懲戒を受けた。
だが水原が契約を解除して無籍身分となり、最近になってセントラルコーストと1年契約を結んだ。
青天の霹靂を迎えたCクラブも、B選手重い懲戒を下す予定だ。
B選手は事実上、退出が有力な状況である。



"被疑者"コ・ジョンス、起訴意見検察送致…選手不正選抜疑惑
フットボールリスト




※一部要約

大田シチズンの選手不正選抜疑惑に関して、コ・ジョンス元監督が被疑者の身分で検察に送致された。

大田地方警察庁は23日、コ・ジョンス元監督を含む元・現職大田クラブ関係者、キム・ジョンチョン大田市議会議長ら12人を起訴意見で検察に送致した。

当該の事件は2018年に行われた選手選抜テストのとき、採点表が操作されたという情報提供で捜査が始まった。
キム・ジョンチョン議長は当時、指揮棒を取っていたコ・ジョンス監督に特定の選手を推薦した疑惑を受けている。

警察は選手推薦で圧力が作用したと見て、当該の過程で不正請託と対価性の有無を調べた。
コ・ジョンス元監督は5月に更迭され、警察の取り調べ当時の参考人身分から、取り調べ後に被疑者の身分に切り替えられた。

一方、大田は5月のチェ・ヨンギュ代表理事就任後、高強度の革新方案を用意して施行に乗り出している。
透明な選手選抜を含め、クラブ正常化のための自力救済努力に力を入れている状況だ。
最近では地元企業から2億ウォンの発展後援金を誘致した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング