交通事故に遭った尚州尚武、負傷者も練習する選手もより切実になった思い
スポーツ朝鮮



※一部要約

ヒヤッとした交通事故。
尚州尚武は雰囲気を作ってより固くなることができるだろうか。

キム・テワン監督が率いる尚州は、開幕前に交通事故に遭った。
29日午前、慶北の尚州市咸昌邑允直十字路で、尚州選手団を乗せたバンと1tトラックが衝突した。
この事故でバンに乗っていた選手5人と支援スタッフ1人、トラック搭乗者3人ら全9人が負傷した。
彼らは5月9日の開幕を前に、大型バスとバンに分かれてコロナ19の検査を受けに行く途中だった。

選手団と支援スタッフらの負傷者は、直ちに近くの病院に移動して検査を受けた。
選手団を引率していた支援スタッフが顔面を負傷した。
選手団はあまり怪我をしていないという。
ただし、選手団は安静のため病院に入院した状態である。



"進路探しメンター"に変身したファン・ウィジョ、青少年らとオンライン会遇
イーデイリー



※一部要約

ファン・ウィジョが大韓サッカー協会のスポーツ進路探しプログラム"ドリーム(Dream) KFA"に登場し、参加者と楽しい時間を過ごした。

KFAは29日午後、ソウル鍾路区のサッカー会館で"ドリーム(Dream) KFAオンタクト(Online Contact)"を実施した。
"ドリーム(Dream) KFA"は2014年から実施している社会貢献教育活動の一環で、スポーツ関係の進路を希望する青少年に職探しの機会を提供するプログラムである。

今回の"ドリーム(Dream) KFA"は、コロナ19のため以前のように参加者がサッカー会館に集まらずに画面で行われた。
中・高校生のオンライン授業の時間を考慮し、午後5時から始まった。
オンライン画面に繋げて行われるので、今回の"ドリーム(Dream) KFA"は"オンタクト"という名称が別についた。
選ばれた中・高校生の22人はそれぞれ個別の場所で、事前に伝えられた画面連結プログラムに接続して"ドリーム(Dream) KFA"と会った。

ファン・ウィジョは3月にコロナ19でフランスリーグが中断され、現在韓国に滞留している。
そのとき"ドリーム(Dream) KFA"の趣旨を伝え聞き、代表の才能寄付の次元で快く参加を決めた。

メンタリングの時間を通じて、ファン・ウィジョは参加者と忘れられない思い出を積んだ。
事前に集めた参加者の質問に誠実に答えて雰囲気を盛り上げた。
2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会金メダルの後日談からフランス生活まで、様々な話が"ドリーム(Dream) KFA"を駆け巡った。



株価高まったKリーグ…羨ましい中日「しばらく世界1リーグー商業的利益↑?」
OSEN




※一部要約

Kリーグが開幕日を確定させた後、中継権販売などで連日朗報を伝えている。
これに対して隣国の中国と日本が羨ましそうな視線を送っている。

韓国プロサッカー連盟は27日現在までに世界10ヶ国に2020シーズンKリーグの中継権を販売し、海外オンラインコンテンツのプラットフォーム3ヶ所にも映像使用権を販売したと明かした。
開幕日確定のニュースが伝えられた後、多くの国からKリーグの中継権購買に関する問い合わせが相次いでいると付け加えた。

Kリーグは東アジアでは台湾に続いて2番目、アジア10大主要リーグでは最初に"ポストコロナ"時代を迎える。
これに対してリーグ開幕と再開の日程が不透明な中国と日本が羨ましそうな視線を送っている。

中国メディア"チタンスポーツ"は、Kリーグの海外中継権販売のニュースを伝えて「ヨーロッパ5大リーグ、中国スーパーリーグ(CSL)、Jリーグなどがすぐに始まらなければ、Kリーグがしばらく世界1位のリーグとなる。世界から中継権契約の問い合わせがあるのがその証拠」と分析した。
続けて「Kリーグはリスクを感受して開幕し、経済的な利益を得ることになるだろう」と予想した。

日本の反応も大きく変わらない。
中国のように羨ましそうな視線を露骨にあらわすことはなかったが、Kリーグの状況を詳細に伝えた。
日本メディア"ヤフースポーツ"は「ベラルーシなどが国内リーグを行い、他国の注目や中継に対する需要が高まっている」として、「Kリーグも現在同じような状況」と伝えた。



[オフィシャル] プロサッカー連盟、Kリーグ選手協の年俸削減の議論提案を歓迎
スターニュース




※一部要約

韓国プロサッカー連盟が、韓国プロサッカー選手協会の年俸削減に関する議論の提案について、歓迎の立場を明かした。

コロナ19の事態による全世界的な景気低迷減少が表面化している。
国際通貨基金(IMF)は今年、世界経済の成長率がマイナスを記録すると予想し、韓国の経済成長率もやはり1998年の外国為替危機以来、22年ぶりにはじめてマイナスになると発表した。

サッカー産業も経済危機から自由ではない。
世界各国のリーグが中断あるいは開幕延期の状態にある。
入場収入や中継権料など、各種収入の急激な減少で大きな損失が発生した各国のリーグやクラブ、選手は自己救済策の用意に忙しい。

Kリーグもやはり危機的状況である。
連盟は今年、Kリーグ全体の売上損失が約575億ウォンに達すると推定したことがある。
去年のKリーグ全体売上の約15%に該当する金額である。
景気低迷が長期化すれば、クラブが親企業や地方自治体から受ける支援金がさらに減少することも憂慮されている状況だ。

連盟はこのようなKリーグの危機的状況で、選手協がリーグとクラブの困難を理解して先に年俸削減についての協議を提案してきたことを歓迎するという立場を17日に明かした。

また、合理的かつ実効性のある方案を導き出すため、選手協と積極的なコミュニケーションをする予定だと伝えた。



英コロナ深刻化して…ソン・フンミン結局帰国
世界日報




※一部要約

国内で腕骨折の手術の後、所属チーム復帰のため英国に戻ったソン・フンミンが、ヨーロッパ内のコロナ19拡散で結局国内へUターンした。

ソン・フンミンは28日、英国ロンドン発の航空便で仁川空港を通じて入国した。
コロナ19拡散でイングランド・プレミアリーグの再開が遅れ、ロンドン郊外近くのエンフィールドにあるチームの練習センターまで暫定閉鎖されて団体練習も不可能になり、結局リハビリに集中するため帰国を選んだ。

先月16日、アストン・ビラとのEPL26ラウンドの試合で右腕骨折の負傷をした彼は、韓国入りして2月21日に手術を受けた後、今月はじめに英国に戻った。
英国入国直後に2週間の自宅隔離を経た後、16日にトッテナムに合流してリハビリに突入した状態だった。
韓国に戻ったソン・フンミンは、ヨーロッパ発の入国者に対する政府の指針に従い、再び14日間の自宅隔離に入った。

ソン・フンミンは国内でトッテナムが提供する遠隔練習プログラムを消化し、リハビリを続ける予定である。

チーム復帰の時期はEPL再開の日程によって、クラブと競技して決まると予想される。
だが28日基準で確診者が17000人を越えて死亡者が1000人を上回るほど、英国内でのコロナ19拡散の傾向が尋常ではなく、かなりの期間を国内に留まるしかないものとみられる。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング