"コロナ19確診"サッカー代表8人が中央医療院移送…2人退院
NEWSIS



※一部要約

メキシコおよびカタールとの評価試合のためオーストリアに行き、新型コロナウイルス感染症で確診になった韓国サッカー代表の選手とスタッフが26日午前、チャーター機で入国してから国立中央医療院(NMC)に移送された。
そのうち2人は退院した。

サッカー代表は合計48人のうちコロナ19に感染した人員は、選手とスタッフを合わせて合計11人である。
選手7人、スタッフ4人だ。

確診者8人が入国直後、国立中央医療院に移送された。
スタッフは4人全員、選手は7人のうち4人だけが入国した。

選手4人はチョ・ヒョヌ(蔚山現代)、イ・ドンジュン、キム・ムンファン(以上釜山アイパーク)、ナ・サンホ(城南FC)だとわかった。
チョ・ヒョヌ選手はチャーター機に乗る前に実施したコロナ19検査で陰性判定を受けたが、国内確診者の隔離解除基準を満たしておらず他の確診者と一緒に移動したという。

クォン・チャンフン(フライブルク)、ファン・ヒチャン(ライプツィヒ)、ファン・インボム(ルビン・カザン)ら残りの選手3人は所属チームのあるドイツとロシアへ向かった。



[オフィシャル] "優勝挑戦"蔚山、ACL出場リスト確定…チョ・ヒョヌOUT-ホン・チョルIN
インターフットボール



※一部要約

今シーズンのリーグとFAカップで惜しくも準優勝に留まった蔚山現代がアジア征服に乗り出す。
コロナ確診判定を受けたチョ・ヒョヌは惜しくも外れたが、依然として強い戦力を誇る。

蔚山は21日午後10時にカタール・ドーハのエデュケーション・シティ・スタジアムで上海とAFCチャンピオンズリーグF組2次戦を行う。

蔚山はKリーグ1得点王のジュニオをはじめとしてイ・チョンヨン、ユン・ビッカラム、イ・ドンギョン、シン・ジノ、キム・インソン、パク・チュホ、キム・テファン、コ・ミョンジン、ウォン・ドゥジェ、チョン・スンヒョンら核心選手を大挙入れた。

一方、蔚山は今シーズンのACLでFC東京、上海申花、パース・グローリーと同組に編成された。
2月11日に文殊サッカー競技場で行われたFC東京とのグループリーグ1次戦で1対1の引き分けをおさめた。
その後、コロナ19の余波でACLが中断し、9ヶ月が過ぎてからカタールで中立試合で残り5試合を消化することになった。

今回の上海戦ではチョ・スヒョクがゴールを守る見通しだ。
チョ・スヒョクは仁川ユナイテッド時代にキム・ドフン監督の信頼を受けて最後方を死守していた。
2017年に蔚山入りして4シーズンの間でリーグ20試合に出場(17失点)した。

201120224659250a.jpg



英メディアの憂慮…「ソン・フンミン、コロナ確診のファン・ヒチャンとセレモニーをした」
OSEN



※一部要約

英国メディアがソン・フンミンの体の状態に神経を尖らせている。

英国"HITC"は9日(※19日の間違い)、「トッテナムファンはソン・フンミンがAマッチで撮った写真について悲しんでいる」として、最近コロナ確診判定を受けたファン・ヒチャンとのゴールセレモニーの写真を公開した。

コロナの第2余波が激しい。
韓国代表も今回のAマッチ期間に8人近い確診者が出た。
特にカタール戦で先制ゴールを決めてフルタイムを消化したファン・ヒチャンも、試合後にコロナ陽性が確認された。

ファン・ヒチャンのゴールセレモニーの写真を見たHITCは「トッテナムのソン・フンミンもファン・ヒチャンのゴールセレモニーを祝った。問題はファン・ヒチャンがコロナ陽性反応を示したこと」と憂慮した。

HITCは「ソン・フンミンがコロナに罹っても驚きではない。ファン・ヒチャンは韓国代表で発生した10件のコロナ陽性の一部に過ぎない。7人の選手と3人のスタッフが感染した」と溜め息をついた。

トッテナムは地獄の日程を控えている。
マンチェスター・シティ-チェルシー-アーセナルと順にリーグ戦を行うだけでなく、ヨーロッパリーグの試合も控えている。

HITCは「もしソン・フンミンが隔離されなければならないなら、こうした重要な試合を逃すだろう。モウリーニョ監督は明らかに地獄の日程でソン・フンミンがともにすることを望んでいるだろう」と強調した。



[公式発表] 全北、ACLをソン・ジュノ-イ・ジュヨンなしで出る…コロナ予防の次元
インターフットボール



※一部要約

トレブルに挑戦する全北現代が核心選手2人を除いたままアジアチャンピオンズリーグに出場する。

全北は19日にクラブ公式SNSで「お伝えします。大韓民国サッカー代表のオーストリア遠征試合に参加したソン・ジュノ、イ・ジュヨン選手は今回のAFCチャンピオンズリーグのカタール遠征に参加できなくなりました」と発表した。

代表内で広がったコロナ拡散から全北選手団を保護するための趣旨である。
代表は今回のオーストリア遠征期間でチョ・ヒョヌ(蔚山)、クォン・チャンフン(フライブルク)、ファン・インボム(ルビン・カザン)、イ・ドンジュン(釜山)、キム・ムンファン(釜山)、ナ・サンホ(城南)、ファン・ヒチャン(ライプツィヒ)がコロナ19の検査で陽性反応を示した。

彼らと動線が重なったソン・ジュノとイ・ジュヨンはACLの開催地カタールではなく、韓国に移動して隔離に入る予定だ。
ソン・ジュノとイ・ジュヨンはそれぞれ守備型MFと左SBを担い、全北の"ダブル"に大きな力を加えた選手である。
全北は「コロナ19感染予防と我々の選手の安全を最優先に考慮し、韓国復帰を決めました。ファンの皆様、広い理解をお願いします」と付け加えた。

全北は横浜Fマリノス、シドニーFC、上海上港とともにH組に属している。
先に1分け1敗をおさめている全北は、横浜に続いてグループ2位に位置している。
全北の次の日程は22日の上海戦、25日のシドニー戦、1日の横浜戦、4日の上海戦である。
今シーズンのKリーグ1とFAカップで優勝した全北は、ACLまで優勝すればアジア初のトレブルを達成することになる。



"親善試合"に過ぎないのにサッカー協会はなぜ8人集団確診でも試合をするのか
スポーツ韓国



※一部要約

ワールドカップではない。
ワールドカップでもしないほうが正しいのではないか。
たかが"親善試合"に過ぎない。
オーストリア到着後に合計3回のコロナ19検査をして、するたびに確診者が出てきている。
選手6人と協会職員2人がコロナ19で確診になったのに、大韓サッカー協会はカタールとの評価試合を強行するという立場だ。

パウロ・ベント監督が率いるサッカー代表は17日午後10時にオーストリアのBSFZアリーナでAマッチ評価試合のカタールとの試合を行う。

15日のメキシコ戦に2-3で破れる前、2回の検査で何と7人が確診となった。
サッカー協会の職員1人とチョ・ヒョヌ、クォン・チャンフン、ファン・インボム、イ・ドンジュンに続いてキム・ムンファン、ナ・サンホまで選手6人が確診となった。

さらに16日に発表されたコロナ19・3次検査では協会の職員1人が追加で確診となり、何と8人もコロナ19に罹った。

世論は悪化している。
何と8人が確診となったのに、"評価試合"のカタール戦を行うと明かしたためである。
メキシコ戦は判断を下すのに時間が足りなかったとしても、カタール戦は明らかにこの間の状況を認知して判断できたのに、試合強行を選んだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング