"被疑者"コ・ジョンス、起訴意見検察送致…選手不正選抜疑惑
フットボールリスト




※一部要約

大田シチズンの選手不正選抜疑惑に関して、コ・ジョンス元監督が被疑者の身分で検察に送致された。

大田地方警察庁は23日、コ・ジョンス元監督を含む元・現職大田クラブ関係者、キム・ジョンチョン大田市議会議長ら12人を起訴意見で検察に送致した。

当該の事件は2018年に行われた選手選抜テストのとき、採点表が操作されたという情報提供で捜査が始まった。
キム・ジョンチョン議長は当時、指揮棒を取っていたコ・ジョンス監督に特定の選手を推薦した疑惑を受けている。

警察は選手推薦で圧力が作用したと見て、当該の過程で不正請託と対価性の有無を調べた。
コ・ジョンス元監督は5月に更迭され、警察の取り調べ当時の参考人身分から、取り調べ後に被疑者の身分に切り替えられた。

一方、大田は5月のチェ・ヨンギュ代表理事就任後、高強度の革新方案を用意して施行に乗り出している。
透明な選手選抜を含め、クラブ正常化のための自力救済努力に力を入れている状況だ。
最近では地元企業から2億ウォンの発展後援金を誘致した。



"父兄性的暴行・横領疑惑"チョン・ジョンソン会長、サッカー協会公正委へ回付
イーデイリー




※一部要約

高校監督の時代に父兄の金を横領し、性的暴行をした疑惑を受けているチョン・ジョンソン(53)韓国高校サッカー連盟会長が懲戒を受ける。

大韓サッカー協会は9日、サッカー会館で非常対策会議を開き、チョン・ジョンソン会長に対してスポーツ公正委員会への回付を決めた。
スポーツ公正委は委員の日程調整を経て、12日に会議を開いてチョン会長への懲戒の程度を議論する計画である。

サッカー協会の関係者は「今回の事件は警察が現在捜査中だが、あまりに罪の質が悪い重大な懸案のため、スポーツ公正委委員会の招集を要請した」と説明した。

サッカー代表出身のチョン会長は、ソウル江南の某高校の監督だったとき、父兄から各種名目で数千万ウォンを横領した容疑で、今年5月から警察の捜査を受けている。
また、学生の大学入学の便宜を図るとして、第三者を通じて金品を受けた容疑も受けているチョン会長は、最近では父兄を性的暴行したという疑惑まで受けている。



"3人死傷者"交通事故を起こした済州UTDイ・チャンミン選手に禁固刑
NEWSIS




※一部要約

去年、済州で交通事故を起こして3人の死傷者を出した済州ユナイテッドFC所属のイ・チャンミンサッカー選手に禁固刑が宣告された。

済州地裁は8日、交通事故特例法(スピード違反・中央線侵犯・前方不注意)違反容疑で裁判にかけられたイ・チャンミン選手に、禁固10ヶ月執行猶予2年を宣告した。

イ・チャンミン選手は去年11月5日8時48分頃、済州西帰浦市好近洞付近の道路で、自身のランドローバー車両を運転していて、対向のモーニング車両と衝突した。

この事故でモーニングの後部座席に座っていたホン某(69・女性)さんが大怪我をして、119で病院に運ばれたが亡くなった。
また、モーニングの運転者と別の同乗者である2人も全治8~12週の大怪我をした。
被害者は西帰浦市の某リゾートで働く同僚で、退勤途中で事故に遭った。

調査結果、当時イ選手は制限速度時速30キロの道路を時速100キロの速度で車両を走らせ、中央線を越えてモーニング車両と衝突したことが明らかとなった。
血中アルコール濃度は測定されなかった。



「ロナウド45分出場条項も信じられない」訴訟団、"ザ・フェスタは契約書を公開せよ"
OSEN




※一部要約

"ロナウド訴訟カフェ"法律支援団はロナウド事態の被害者から訴訟の委任を受け、先月29日午後に株式会社ザ・フェスタを相手に損害賠償請求の訴訟を起こした。
彼らは1日午前、ザ・フェスタの事務室の前で記者会見を行って立場を表明した。

試合を主催したザ・フェスタ側は「試合前にロナウドは45分以上出場の義務条項について十分認知していたが、それを履行しなかった。ユベントス側に契約不履行を通知し、違約金の返還を進行中」と明かした。

だが、そもそもユベントスがロナウドの45分以上出場の義務条項を入れてなかった可能性も提起された。
"ロナウド事態訴訟カフェ"法律支援団のキム・ミンギ団長は1日、ザ・フェスタの前で行った記者会見で「ロナウドが45分プレーすることになっていたという契約条項も信頼できない」として、ザ・フェスタを相手に「ユベントスとの契約を透明に公開せよ」と要求した。

続けて訴訟団は「ザ・フェスタが韓国プロサッカー連盟、大韓サッカー協会と結んだ契約も透明に公開せよ」と主張した。
大韓サッカー協会を取り上げた理由については「最上位の団体であるサッカー協会は、サッカー連盟の事業承認団体として一定の責任がある」と明かした。

Kリーグはクォン・オガプ総裁の次元でユベントスに公文書を送り、遺憾をあらわしたことがある。
これに対してユベントスは「ロナウドを除いて残りの選手は出場した。ユベントスが韓国ファンを欺いたというKリーグの主張は受け入れられない」と反論した。

ザ・フェスタ側は「ユベントスが過ちを認め、近いうちに再び韓国を訪れてファンに謝罪する用意がある」と明かしていた。
だがユベントス側の頑固な立場から推察すると、謝罪訪問もまた信じ難いという指摘が出ている。



[単独] 「プロ連盟の抗議を明確に拒絶」…ユベントス会長の返信単独入手
YTN




※一部要約

"ロナウドノーショー(※no show)"などの論難を招いたユベントスが、無責任な態度で韓国ファンを無視したという韓国プロサッカー連盟の抗議書簡に正面から反論しました。

YTNが単独入手した、アンドレア・アニェッリ会長がプロサッカー連盟のクォン・オガプ総裁宛てに送った返信を見ると、アニェッリ会長はファンを無視する無責任で傲慢な行動というクォン総裁の批判を絶対に受け入れないと明かしました。

また、当初は27日に試合をすることにしていたが、Kリーグの要請で26日に変更し、それに伴うリスクの可能性を事前に強調したと説明した。

試合でプレーしなかったロナウドについては、筋肉の疲労が溜まって休息が必要だという医療スタッフのアドバイスにしたがったものと付け加えました。

その他にアニェッリ会長は、試合が遅れたことについても韓国の警察がエスコートを提供しなかったとして、当時の交通環境を咎めました。

ユベントスは先月26日、Kリーグ選抜と親善試合に遅刻して遅延の事態を招き、代表選手のロナウドが契約条件と違って試合でプレーせずにファンの激しい非難に直面しました。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング