"コロナ19"地域社会の感染非常…大邸FCの開幕戦どうするのか
スポーツ京郷




※一部要約

大邸・慶北地域で新型コロナウイルス感染症(コロナ19)の地域社会感染が憂慮され、開幕を控えているKリーグに対策の準備が求められる。

大邸FCのある関係者は19日、「コロナ19が突如拡散し、クラブオーナーである大邸市と緊急対策を議論しているのは事実」として、「開幕戦(29日)の延期、あるいは遠征試合への切り替えなどが議論された。プロサッカー連盟とこの問題で早急に話をする」と明かした。

大邸市は大邸・慶北地域だけで、この日13人の確診者が出て緊張している。
複数の施設の防疫について強化の必要性が提起される一方、感染の恐れのあるイベントはキャンセルか延期が必要だという立場が伝えられた。
29日に江原FCと開幕戦を行う大邸もその対象に含まれた。
去年にサッカーの春を導き出した大邸は、開幕戦を行えば1万席を少し越える観客席が売り切れると予想される人気クラブだ。

大邸は江原との開幕戦を延期するか遠征に切り替えれば、3月21日の浦項スティーラースとのKリーグ1・4ラウンドまでホーム試合の日程がなく、1ヶ月近くの時間を稼ぐことができる。
だが大邸の開幕戦の日程を変更するには、利害関係者などをまず説得しなければならない。
開幕戦の延期はプロサッカー連盟の許可が必要な事案であり、遠征試合に変更する場合も相手の江原が受け入れてこそ行える。



"新型コロナ"連盟の徹底した備え、ACLでも光った
インターフットボール

200211212510813.jpg


※一部要約

新型コロナに対するKリーグの備えは徹底していた。
韓国プロサッカー連盟は問診票の作成、マスク配布、熱画像カメラの運営によって新型コロナに徹底して備え、ACLでも光った。

蔚山現代は11日午後7時30分、蔚山文殊サッカー競技場で行われた2020シーズンAFCチャンピオンズリーグF組1次戦で、FC東京と1-1の引き分けを記録した。

試合以外で目につくシーンが他にあった。
新型コロナに対する韓国プロサッカー連盟の対応。
連盟は今回のACL1次戦を前に、試合を観戦するすべての観客に入場ゲートで問診票を作成するようにして、提出してから競技場に入場できるよう措置を取った。


200211212510813a.jpg

200211212510813b.jpg

200211212510813c.jpg


素早い措置もあった。
この日の試合を見に来たある日本の観客が、熱画像カメラの体温測定の結果、38度を越えることが確認されてすぐに隔離所に案内され、近隣の病院に移動した。
そこに連盟は、マスクの品切れ現象にもかかわらず関係者が忙しく動いて大量のマスクを用意し、観客に提供して新型コロナの感染に備えた。

憂慮した不便や混雑はなかった。
連盟は新型コロナに徹底して備えると同時に、観客の不便を最小化するよう努力し、観客は大きな不平もなく秩序正しい姿で競技場に入った。
今や私たちの観戦文化も先進的に変わっていた。



"新種コロナ憂慮"中国チームとのACL試合延期…Kリーグも再調整
フットボールリスト




※一部要約

新種コロナウイルスの拡散を防ぐため、"2020AFCチャンピオンズリーグ"GLに参加する中国スーパーリーグチームの試合日程が、すべて4月以降に延期された。

AFCは4日、マレーシア・クアラルンプールにあるAFC本部で、韓国プロサッカー連盟を含めたACL参加国の関係者を集めて緊急対策会議を開いた。
その結果、一部の日程を変更することで合意した。

2月に行うことにしていたKリーグクラブの中国チーム相手のホーム試合は、特別な事情がない限りすべて4・5月に延期する。
11日に計画されていたソウル対北京の試合は4月28日、12日の水原三星対広州は4月29日に行う。
蔚山現代対上海申花も今月18日から5月19日、全北現代対上海上港は19日から5月20日に延ばされた。

それに伴い16強1・2次戦も調整された。
5月26・27日に計画されていた1次戦は6月16・17日なり、2次戦も23・24日に行う。
ただし8強戦の日程は変動しない。

Kリーグの日程も延期されたACLの試合日と重なることになり、変動が避けられないものとみられる。
Kリーグ1の既存の10ラウンドは4月30日から5月3日まで、18ラウンドは6月23日から24日までである。
連盟はこの部分についても今後公示すると明かした。



"ロナウドノーショー"主催社にサッカーファン1人あたり37万ウォン賠償の判決
ハンギョレ




※一部要約

去年のプロサッカー親善試合のとき、クリスティアーノ・ロナウドが出場せずに起きた、いわゆる"ロナウドノーショー(※No Show)"に関する最初の民事訴訟で、裁判所はサッカーファンの手を上げた。

仁川地方裁判所民事51単独のイ・ジェウク判事は4日、イ某氏らサッカー試合の観客2人がイタリア・ユベントス親善戦の主催社であるザ・フェスタを相手にした損害賠償訴訟で、原告一部勝訴の判決を下した。
イ判事はイ氏ら2人にそれぞれ37万1000ウォンを支給するようザ・フェスタに命じた。
ただし、イ判事はこの日の法廷で宣告の理由について明かさなかった。




"ロナウドノーショー"主催社、サッカーファン1人あたり37万1000ウォン賠償すべき
聯合ニュース




※一部要約

ロナウドは去年7月26日、ソウルワールドカップ競技場で行われたKリーグ選抜チーム(チームKリーグ)とユベントスとの親善試合に出場せず、ベンチだけに座って"ノーショー"論難を醸した。

イ氏ら観客2人は、ロナウドが絶対に出場するという主催社の広告が虚偽・誇張に該当し、チケット代などを払い戻さなければならないとして民事訴訟を起こした。

去年7月末に損害賠償の訴状が裁判所に受理され、その後同年12月と先月に続けて弁論期日が開かれ、この日に宣告公判が進められた。

ネイバー"ロナウド事態訴訟カフェ"の会員87人も去年8月、ザ・フェスタを相手に1人あたり95万ウォンずつ、合計8280万ウォンの損害賠償を請求する訴訟をソウル中央地方法院に起こした。



"大田シチズン選手不正選抜の容疑"コ・ジョンス元監督起訴
聯合ニュース




※一部要約

プロサッカーK2リーグの大田シチズンのコ・ジョンス元監督が、選手選抜の決定で不法介入した容疑で裁判に渡された。

大田地検は30日、業務妨害などの容疑でコ元監督とキム・ジョンチョン大田市議会議長を起訴したと明かした。

コ元監督は2018年12月頃、キム議長から知人の息子の選抜の要請を受け、プロ選手の資質が足りない知人の息子を合格者リストに含めた容疑を受けている。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング