日サッカー大宮もファーベーク元監督を追悼…昇格PO戦で黙祷
聯合ニュース




※一部要約

日本プロサッカーJ2リーグの大宮アルディージャも、癌と戦って亡くなったピム・ファーベーク元監督を追悼した。

63歳で28日に亡くなったファーベーク監督はJ2リーグの発足を控えた1998年7月、大宮で初の外国人司令塔として就任してプロチームとしての礎を築いた。

大宮は29日、クラブのHPに森正志代表理事の名前で「ピム・ファーベーク監督の突然の訃報にクラブ関係者全員が深い悲しみに包まれている。クラブを代表して哀悼の意を表し、安らかに永眠することを心より祈る」と追悼文を載せた。

森代表は「Jリーグ進出を控えてプロクラブにしていく過程で、グラウンド内外で専門性を植え付けクラブの礎を築いた」と故人の業績を讃えた。

それとともに大宮は、12月1日に日本埼玉のNACK5スタジアム大宮でモンテディオ山形と行うJ1昇格プレーオフ1ラウンドの前に黙祷し、選手は喪章をつけてプレーすると明かした。

一方、2003シーズンにファーベーク監督の指揮を受けた京都パープルサンガ(現・京都サンガFC)もこの日、クラブのHPに声明を出して「サッカーに対して誰よりも誠実で、選手と職員に配慮するとても暖かい指導者だった」と故人の冥福を祈った。



"ユ・サンチョル監督の闘病記事にも"…悪質コメントの悪霊、スポーツも蝕んでいる
スポーツ朝鮮




※一部要約

「口にするのも難しいほどです。人がどうしてあんなことできるのか…」

24日の尚州戦を終え、私的な席で会ったイ・チョンス仁川戦力強化部長は首を横に振った。
ユ・サンチョル仁川監督に対する悪質コメントのためだった。

ユ監督は19日、クラブの公式チャンネルで自身の体調を明かした。
膵臓がん4期。
現役時代から情熱的で献身的だったユ監督だっただけに、ファンは大きな衝撃を受けた。
サッカー界では応援の波が続いた。
ともにぶつかっていた同僚監督は「ユ監督は強い。必ず乗り越える」と応援のメッセージを送った。
ファンも参加した。
オン・オフラインで力を与えた。
ユ監督は「応援の声に接するたびに鼻先がジーンとして、胸もジーンとする。本当に感謝する。私は絶対に諦めないという思いがさらに強まった」と感謝した。

だが一部のファンの中では違った。
ユ監督の闘病の記事にも悪質コメントを書き込んだ。
その事実を知ったイ室長は大きな衝撃を受けた。
ユ監督も同じである。
イ室長は「監督が記事についたコメントを読んでいる。ほとんど応援のメッセージだ。それを通じて多くの力を貰っているとおっしゃっている。だがところどころに衝撃的なコメントがある。口にするのも難しい水準だ。ユ監督も見て大きな衝撃を受けた」とした。
続けて「私への悪口ではないが、後輩として、人として耐えられなかった。すべてキャプチャーした。シーズンが終わったら措置を取るつもり」と憤りを爆発させた。



Kリーグで30秒間の起立拍手が起きた理由…ユ・サンチョル監督の快癒を祈願
SBS




※一部要約

ユ・サンチョル仁川ユナイテッド監督の快癒を祈る時間がプロサッカーKリーグのグラウンドに用意されました。

韓国プロサッカー連盟は今日(23日)と明日に行われるKリーグ1・37ラウンドの6試合と、Kリーグ2のFC安養-富川FCの準プレーオフで、最近膵臓がん闘病の事実を明かしたユ・サンチョル監督の快癒を祈る時間を設けることにしました。

今日、蔚山現代と全北現代が対決した蔚山総合運動場でも、ユ監督の早い回復を望む人々の心が一つに集まりました。

両チームの選手が並んだとき、電光掲示板には"ユ・サンチョル監督の快癒を心から祈ります"という文面があらわれました。

それから両チームの選手団や審判陣、そして観客が30秒間ユ監督を応援する気持ちを込めて起立拍手を送り、サポーターは"ユ・サンチョル"を連呼しました。






ユ・サンチョル監督告白「膵臓がん4期の診断を受けた、戦って乗り越える」
スターニュース




※一部要約

ユ・サンチョル仁川ユナイテッド監督が、クラブの公式SNSで自身の健康状態を公開した。

ユ・サンチョル監督は19日午後、仁川ユナイテッドの公式SNSで「愛する仁川ファンの皆さん、韓国サッカーを愛するすべてのサッカーファンの皆さん、こんにちは。仁川ユナイテッド監督のユナイテッドです」と文を切り出した。

ユ監督は「私がこうしてファンの皆さんに挨拶することになった理由は、様々な話や噂がされている私の健康状態について、もう自分が直接ファンの皆さんに申し上げるべきだという気がしたため」と明かした。

ユ監督は「私は10月中旬頃、体に黄疸の症状があらわれるなどの異常な兆候が発生し、すぐに病院を訪れて精密検査を受けました。そして検査の結果、膵臓がん4期という診断を受けることになりました」と語った。

続けて「これは確実に私にとって受け入れがたい診断でした。しかし私はこれを受け入れなければなりませんでした。私のせいで選手やチームが被害を受ける姿を見せたくなかったため」と付け加えた。



現役サッカー選手「日本チームと訴訟中」知人を騙して金横領
KBS




※一部要約

現役プロサッカー選手が「日本サッカーチームとの訴訟で金が必要だ」という嘘で知人を騙し、金を横領して懲役刑を宣告されました。

ソウル中央地方法院の刑事9単独は詐欺の容疑で起訴されたサッカー選手イ某氏に、懲役1年執行猶予2年を宣告して社会奉仕200時間を命じました。

3月に自分が騙されていることを知ることになった知人がイ氏を警察に告訴し、警察は9月にイ氏を拘束して起訴の意見で検察に送致しました。

裁判所は「被害者が示談して処罰を望んでいない点、同種の犯罪で処罰を受けた前歴がない点など、様々な条件を総合した」と量刑の理由を明かしました。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング