"不法スポーツ賭博の黒い沼"最終的に破滅した前職Kリーガー
スポーツ東亜




※一部要約

偶然足を踏み入れた"黒い沼"から抜け出せなかった。
新たな人生を見つけようとしたが、ついに犯罪の道から抜け出せなかった。

キム某(32)はプロサッカー選手だった。
2007年にKリーグの首都圏の有力クラブに入団した後、地元の名門チームを経て、2011年に最後のチームに安着した。
着実に出場機会を掴んで光を見そうだった彼のサッカー人生が根こそぎ飛んでいったのは、その年の4月6日のリーグカップのグループリーグの試合だった。
偶然にも相手は直前に身を置いていたクラブだった。

八百長のブローカーから1億2000万ウォンを受け取っていた後輩選手のパク某(32)が渡した金の誘惑を振り払うことができなかった。
不法行為を約束したキム某は、この日の試合に先発出場してフルタイムを消化し、チームは"予定通りに"大敗した。
だがここで終わりではなかった。
前所属チームで親交を深めていたキム某(40)に、八百長をするという情報を流して、先輩が1000万ウォンの不当利益を得る一助となった。

プロサッカーの八百長捜査に入った昌原地方検察庁はその年の6月9日、「八百長に加担したり、不法ベッティングをした容疑で、現職プロサッカー選手5人を拘束起訴し、選手を含む関係者7人を不拘束起訴した」と発表した。
国民体育振興法違反の容疑で拘束されたキム某に、検察は懲役2年6ヶ月・追徴金4000万ウォンを求刑した。
その後キム某はグラウンド復帰をしばらく夢見ていた。
だがサッカー界ではもう立つ場所がなかった。
永久除名の懲戒は解けなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング