Kリーグが不法スポーツ賭博の清算宣言、最後まで見つけ出す
スポーツ朝鮮




※一部要約

プロサッカー連盟が不法スポーツ賭博の清算を宣言した。

最近、サッカー界で再び頭をもたげた不法スポーツ賭博の事件が出発点となった。
衝撃だった。
青少年代表を過ごした江原FC所属のA選手が、不法スポーツ賭博のベッティングの容疑で検察の捜査を受けている。
検察はすでにA選手の銀行通帳の取り引き内訳を確認した。
A選手は警察の調査で、大学時代に好奇心で不法スポーツ賭博サイトを知ることになり、海外スポーツの試合でベッティングをしたという事実を認めた。

A選手は警察の調査からKリーグ1の試合出場メンバーから外れた。
江原側は検察の捜査終了までA選手を正規リーグの試合に出場させない方針である。

これに対して連盟は、警戒心を感じて再び不法ベッティングなどのスポーツ関連の不正行為の実態と、不正防止活動の現況をチェックした。

射倖産業統合監督委員会の報告書によると、不法賭博市場の規模は2015年基準でおよそ84兆ウォンと推算されている。
その中で不法スポーツ賭博が占める割合は、市場の26%(約22兆ウォン)と推定される。
22兆ウォンは合法事業のスポーツTOTOの6倍に達する規模である。
一般人1700人を対象に行われた不法賭博関連のアンケート調査の結果によると、対象者のうち8.5%、不法賭博経験者のうち55.7%が「不法スポーツ賭博を経験したことがある」とも答えていた。



[単独] 検察、青少年代表出身の江原FC選手を不法スポーツ賭博の容疑で捜査
スポーツ朝鮮




※一部要約

検察が江原FC所属のA選手に対し、不法スポーツ賭博のベッティングの容疑で調査を行っていることが明らかとなった。

検察はすでにA選手の銀行通帳の取り引き内訳を確認した。
A選手は検察の調査に、大学時代に好奇心で不法スポーツ賭博のサイトを知ることになり、海外スポーツの試合でベッティングしたことを認めた。

青少年代表として過ごしたA選手は、検察の調査以降はKリーグ1の試合出場メンバーから外れている。
江原では検察の捜査終了までA選手を正規リーグの試合に出場させない方針である。

前途有望なA選手の不法スポーツ賭博でのベッティング容疑は、警察がA選手の詐欺容疑を調査する過程であらわれた。
彼は中古サイトにユニフォームを上げ、購入者から先に代金の送金を受けた。
そしてユニフォームを購入者に送らず、購入者が詐欺容疑で警察に申告した。
警察がA選手の詐欺容疑を調査する過程でA選手の通帳の取り引き内訳を把握し、過去の不法スポーツ賭博のベッティング取り引きの痕跡を発見したのである。

検察はA選手の追加容疑とA選手の母校B大学出身選手の不法スポーツ賭博のベッティングまで捜査を拡大している。
A選手は江原FCでKリーグ入団後は不法スポーツ賭博のベッティングをしてないと主張している。
専門家は「最近の学校スポーツの選手は、スポーツ賭博の誘惑に事実上無防備にさらされている。学校では指導者が選手に運動以外の時間で誤った行動を管理するのが難しい状況」と語っている。
スポーツTOTOの専門家は「不法スポーツ賭博の市場は、政府の強力な制裁の意思にもかかわらず規模が縮小せずにいると推定されている。将来、我が国のスポーツを引っ張っていく有望株が、学生の身分で不法スポーツ賭博の誘惑に簡単にはまる現実は残念だ」と語った。



微細粉塵の空爆に無防備、息詰まるサッカー場
蹴球ジャーナル




※一部要約

"ティ~"、"ティ~"と携帯電話がまた鳴った。
毎日のように微細粉塵警報の文字が飛び込んでくる。
春の招かざる客が今年も違わず訪れた。
微細粉塵が空をぼうっと覆っている。
外出するときにマスクは必需品になった。
野外活動を自制しなければならないなら、外に出ないのが上策だ。
だがサッカー場は違う。
試合が行われれば選手、指導者、観客、進行要員はどうすることもできず微細粉塵を吸う。
適当な対策もないのでさらに問題である。

環境部は27日、超微細粉塵の予報基準を先進国レベルに大きく強化した。
年を重ねるにつれて微細粉塵による被害が深刻化しているという傍証だ。
"悪い"段階の基準を51㎍/m³以上から36㎍/m³に下げた。

世界保健機関(WHO)の国際がん研究所は2013年、微細粉塵を1群発がん物質に区分して「肺がんはもちろん、膀胱がんとの関連性も見える」と語った。
微細粉塵の"非常に悪い"段階で1時間息をするのは、密閉された空間で1時間40分タバコの煙を吸い込むのと同じという研究結果もある。

四方が開けたサッカー場は微細粉塵にそのまま晒される。
選手やファンら、競技場にいる皆が被害者である。
特に選手は健康に直撃弾を受ける。
試合中には呼吸の量が倍に増える。
体を解す時間まで合わせれば、約2時間発がん物質を吸い込むわけだ。



[速報] チェ・ガンヒ監督、全北クラブを通じて「亡くなった元スカウトに会った」と確認
スポTVニュース




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が「亡くなった元スカウトA氏に会った事実がある」と全北のクラブ関係者が確認した。

全北の関係者は17日、スポTVニュースとの電話通話で「チェ・ガンヒ監督とスカウトA氏が13日会っていたと監督に確認した。どんな言葉を交わしたのかはまだわからない」と語った。

全北現代の元スカウトA氏は16日午前、全州ワールドカップ競技場で亡くなったまま発見された。
A氏は発見当時、首をくくったまま倒れていて、遺書は発見されなかった。

この事件を担当している警察関係者は「A氏は14日にチェ・ガンヒ監督と会うと妻に話してから家に帰ってこなかった。その後全州ワールドカップ競技場で亡くなったまま発見された」と語った。

A氏がチェ・ガンヒ監督に会ってから亡くなるまで、2~3日の時間があったと把握される。
チェ監督がクラブに伝えた言葉によると、13日に会った可能性が高い。



全北現代の元スカウトが亡くなったまま競技場で発見、審判買収事件の関与が影響を与えたのか
スポーツQ


去年5月に記者会見で公式謝罪の立場を明かしているイ・チョルグン元団長とチェ・ガンヒ監督


※一部要約

韓国サッカーにいたたまれないニュースが伝えられた。
全北現代の元スカウトがホーム競技場で冷たい遺体で発見された。
サッカーファンは大きな衝撃に包まれた。

16日、全北警察庁によると、午前8時頃に全州ワールドカップ競技場の西門付近で、全北の元スカウトであるA氏が亡くなったまま発見された。

競技場に出勤した全北のクラブ職員であるイ氏が発見し、警察に通報した。
A氏は首をくくったまま倒れていて、周囲に遺書は発見されなかった。

全北のある関係者は「予想できないことが起きて非常に困惑していて、何も言うべきことがない」と語り、別の要人も「言葉では表現できなほど良い人だったし、サッカーを本当に愛していた人だった。本当にあまりにも残念である」と故人の冥福を祈った。

去年、Kリーグを騒がせた全北の審判買収事件と切り離して考えるのは簡単ではない。
A氏は2013年に二人の審判に数百万ウォンを果たした容疑で裁判になった。
当時A氏は対価性はなかったとして抗弁したが、裁判所は彼の主張を受け入れず、懲役刑(※懲役6ヶ月執行猶予2年)を宣告した。

サッカーファンはインターネットのポータルサイトやサッカー関連コミュニティで、全北に攻撃的反応を見せている一方、ともに故人の冥福を祈っている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング