"イ・サンホ飲酒運転"FCソウル謝罪「大きな責任を感じる」
デイリアン




※一部要約

飲酒運転をして摘発され、懲役刑の執行猶予を宣告されたイ・サンホの所属チームFCソウルが公式謝罪した。

イ・サンホは9月に泥酔状態で運転中、警察の取り締まりで摘発され、それをクラブと連盟に知らせていなかったが、最近に裁判所の有罪判決で当該の事実が把握された。

これについて韓国プロサッカー連盟は飲酒運転で裁判所から有罪判決を宣告されたイ・サンホに対し、賞罰委員会の開催を通じた懲戒の前に、Kリーグ公式戦出場を60日間禁じる活動停止措置を下した。

事態の深刻性を認識したFCソウルもすぐに謝罪した。

ソウルはクラブ公式チャンネルで「12月6日午後5時頃、報道機関の取材陣の問い合わせ電話で、初めてイ・サンホ選手の飲酒運転の内容に接した」として、「その後、選手に関連の内容が事実であることを確認し、規定によって即刻韓国プロサッカー連盟への報告措置を進めた」と明かした。

続けて「7日に選手との面談はもちろん、様々なチャンネルを通じてより詳細な事実関係を把握した。FCソウルは今回の事案の深刻性を考慮し、これに適当な懲戒の手続きを進行中である」と伝えた。

それとともにソウルは「理由の如何を問わず所属選手の過ちについて大きな責任を感じる。また、これによって心を痛めたファンの皆様に心から謝罪の言葉を申し上げる」として、「今後このようなことが再発しないよう最善の努力を尽くす」



イ・チャンミンの処罰の水位…警察「死亡事故だが執行猶予可能」
スポTVニュース




※一部要約

死亡交通事故を起こした済州ユナイテッドのイ・チャンミンはどういう処罰を受けることになるだろうか。

イ・チャンミンは5日、済州の西帰浦市の道路でランドローバーSUVを運転中、向かい側から来る軽自動車と衝突した。
軽自動車に乗っていたホン某氏(68、女性)が亡くなり、同乗者2人が怪我をした。

警察関係者は「片道1車線で事故が起きた。双方向で交流するカーブだった。モーニングの後部座席に座っていた人が亡くなった。運転手は重傷、もう一名は軽症である。重傷者の命は深刻な状況ではない」と語った。

警察関係者は「以前は(被害者が)死亡すればすぐに拘束された。だが今は不拘束捜査の原則によって調査が進められ、合意期間も与えられる。合意されればほとんど執行猶予が出る。交通事故は過失だ。故意ではない。裁判所はこのような点を考慮する方である」と語った。

イ・チャンミンの死亡交通事故の調査結果は、早ければ来週中に出てくる見通しだ。



済州ユナイテッド所属の選手が交通事故…相手運転手ら3人死傷
聯合ニュース




※一部要約

済州ユナイテッドFC所属のプロサッカー選手A氏(25)が死亡交通事故を起こした容疑で警察の捜査を受ける予定である。

6日、西帰浦消防署などによると、5日午後8時49分頃にランドローバーSUVを運転していたサッカー選手A氏が、向かい側から来た乗用車と衝突した。

この事故で乗用車に乗っていたホン某氏(68、女性、慶南)が重傷で病院に運ばれたが亡くなった。

乗用車に同乗していたイ某氏(52、女性)ら2人も怪我をした。

A氏には大きな負傷がないことがわかった。

警察はランドローバーの車両が中央車線を越えて事故を起こしたと見て、A氏を立件・捜査する予定である。

また、目撃者を相手に正確な事故原因を調べている。



ベント監督「チャン・ヒョンス除外、代表にとって戦力の損失…残念だ」
イーデイリー




※一部要約

パウロ・ベントサッカー代表監督が、代表資格永久剥奪という重い懲戒を受けたチャン・ヒョンス(FC東京)について残念に思う気持ちを隠せなかった。

チャン・ヒョンスは兵役関連の奉仕活動の証明書類を操作した事実が露呈し、大韓サッカー協会から1日に代表資格永久剥奪と罰金3000万ウォンの重い懲戒を受けた。

ベント監督にとっては当然、物足りなさが大きい。
チャン・ヒョンスはベント監督が韓国代表の指令塔に就任してから、不動の主戦DFとして活躍した。
ベント監督体制下で行ったAマッチ4試合にすべて出場し、そのうち3試合に先発出場した。

ベント監督は先月のウルグアイとのAマッチで2-1の勝利をおさめた後、守備の責任を担ったチャン・ヒョンスについて「過去については言及する必要もないし、してもいけない。ただし、これまでの招集3試合だけ見れば高いレベルのサッカーを見せた」として、「未来にかなり役立つ選手であり、満足している。特に関心を持って保護しなければならないだろう」と語ったこともあった

だがベント監督はもうチャン・ヒョンスを連れて試合を行えなくなった。
ベント監督はこの日、代表メンバー発表の席でもそうした複雑な心境をあらわした。

ベント監督は「公正委員会で下した懲戒を受け入れなければならない」としつつも、「競技力的な側面から見たとき、戦力の損失だと思う。この選手が持つ技術的、戦術的理解度や経験的な面は、私たちのチームにとって大きな助けになることができた。残念だ」と語った。



"チャン・ヒョンスの実名公開は国会に嘘をついたから"
世界日報




※一部要約

「チャン・ヒョンス選手が嘘さえつかなければここまでにはならなかったでしょう」

最近会った正しい未来党のハ・テギョン議員室の関係者は、兵役特例の奉仕活動を膨らませた疑惑が露呈したサッカー代表出身チャン・ヒョンス(27、FC東京)についてこう語った。

9月のジャカルタ・パレンバンアジア大会で野球代表のオ・ジファン(LGツインズ)の金メダル獲得以降、全社会的に兵役特例制度の改善に対する要求が激しかった。
その前の8月にハ議員は、国防委の全体会議で「ヴァイオリンやピアノのようなクラシック音楽のコンクールで1等になれば兵役特例を与えるのに、大衆音楽でビルボード1位になっても兵役特例を与えない」と指摘したりもしていた。

特例制度に対する批判が提起される間、兵役免除者らの奉仕活動についての最初の問題提起は先月2日に出てきた。
世界日報は<2~3時間の才能寄付で1日最大16時間の認定"皇帝奉仕">というタイトルの記事を出した。
記事の中でチャン・ヒョンスはサッカー選手B氏として登場した。

記事では、芸術・体育兵役免除者は4週間の基礎軍事訓練を受けてから2年10月以内に特技活用の奉仕活動を544時間履修しなければならないが、この基準は一般の奉仕活動者の一日最大8時間の認定とは異なっていて"特典"論難があると指摘した。
芸術・体育要員は一日最大16時間まで認められることができて"皇帝奉仕"という批判が出て、要員と機関の意向さえ合えばいくらでも時間の操作が可能だという指摘が提起された。

ハ議員は23日、報道資料を出して「A選手はオフシーズンを利用して集中的に奉仕活動をしたと書類で提出したが、証明写真を検討した結果、A選手が奉仕活動をしたと主張している12月18日は大雪注意報が発令されており、大雪で運動場はすべて雪原だった」と主張し、虚偽の奉仕活動疑惑を提起した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング