微細粉塵の空爆に無防備、息詰まるサッカー場
蹴球ジャーナル




※一部要約

"ティ~"、"ティ~"と携帯電話がまた鳴った。
毎日のように微細粉塵警報の文字が飛び込んでくる。
春の招かざる客が今年も違わず訪れた。
微細粉塵が空をぼうっと覆っている。
外出するときにマスクは必需品になった。
野外活動を自制しなければならないなら、外に出ないのが上策だ。
だがサッカー場は違う。
試合が行われれば選手、指導者、観客、進行要員はどうすることもできず微細粉塵を吸う。
適当な対策もないのでさらに問題である。

環境部は27日、超微細粉塵の予報基準を先進国レベルに大きく強化した。
年を重ねるにつれて微細粉塵による被害が深刻化しているという傍証だ。
"悪い"段階の基準を51㎍/m³以上から36㎍/m³に下げた。

世界保健機関(WHO)の国際がん研究所は2013年、微細粉塵を1群発がん物質に区分して「肺がんはもちろん、膀胱がんとの関連性も見える」と語った。
微細粉塵の"非常に悪い"段階で1時間息をするのは、密閉された空間で1時間40分タバコの煙を吸い込むのと同じという研究結果もある。

四方が開けたサッカー場は微細粉塵にそのまま晒される。
選手やファンら、競技場にいる皆が被害者である。
特に選手は健康に直撃弾を受ける。
試合中には呼吸の量が倍に増える。
体を解す時間まで合わせれば、約2時間発がん物質を吸い込むわけだ。



[速報] チェ・ガンヒ監督、全北クラブを通じて「亡くなった元スカウトに会った」と確認
スポTVニュース




※一部要約

チェ・ガンヒ監督が「亡くなった元スカウトA氏に会った事実がある」と全北のクラブ関係者が確認した。

全北の関係者は17日、スポTVニュースとの電話通話で「チェ・ガンヒ監督とスカウトA氏が13日会っていたと監督に確認した。どんな言葉を交わしたのかはまだわからない」と語った。

全北現代の元スカウトA氏は16日午前、全州ワールドカップ競技場で亡くなったまま発見された。
A氏は発見当時、首をくくったまま倒れていて、遺書は発見されなかった。

この事件を担当している警察関係者は「A氏は14日にチェ・ガンヒ監督と会うと妻に話してから家に帰ってこなかった。その後全州ワールドカップ競技場で亡くなったまま発見された」と語った。

A氏がチェ・ガンヒ監督に会ってから亡くなるまで、2~3日の時間があったと把握される。
チェ監督がクラブに伝えた言葉によると、13日に会った可能性が高い。



全北現代の元スカウトが亡くなったまま競技場で発見、審判買収事件の関与が影響を与えたのか
スポーツQ


去年5月に記者会見で公式謝罪の立場を明かしているイ・チョルグン元団長とチェ・ガンヒ監督


※一部要約

韓国サッカーにいたたまれないニュースが伝えられた。
全北現代の元スカウトがホーム競技場で冷たい遺体で発見された。
サッカーファンは大きな衝撃に包まれた。

16日、全北警察庁によると、午前8時頃に全州ワールドカップ競技場の西門付近で、全北の元スカウトであるA氏が亡くなったまま発見された。

競技場に出勤した全北のクラブ職員であるイ氏が発見し、警察に通報した。
A氏は首をくくったまま倒れていて、周囲に遺書は発見されなかった。

全北のある関係者は「予想できないことが起きて非常に困惑していて、何も言うべきことがない」と語り、別の要人も「言葉では表現できなほど良い人だったし、サッカーを本当に愛していた人だった。本当にあまりにも残念である」と故人の冥福を祈った。

去年、Kリーグを騒がせた全北の審判買収事件と切り離して考えるのは簡単ではない。
A氏は2013年に二人の審判に数百万ウォンを果たした容疑で裁判になった。
当時A氏は対価性はなかったとして抗弁したが、裁判所は彼の主張を受け入れず、懲役刑(※懲役6ヶ月執行猶予2年)を宣告した。

サッカーファンはインターネットのポータルサイトやサッカー関連コミュニティで、全北に攻撃的反応を見せている一方、ともに故人の冥福を祈っている。



"不法スポーツ賭博の黒い沼"最終的に破滅した前職Kリーガー
スポーツ東亜




※一部要約

偶然足を踏み入れた"黒い沼"から抜け出せなかった。
新たな人生を見つけようとしたが、ついに犯罪の道から抜け出せなかった。

キム某(32)はプロサッカー選手だった。
2007年にKリーグの首都圏の有力クラブに入団した後、地元の名門チームを経て、2011年に最後のチームに安着した。
着実に出場機会を掴んで光を見そうだった彼のサッカー人生が根こそぎ飛んでいったのは、その年の4月6日のリーグカップのグループリーグの試合だった。
偶然にも相手は直前に身を置いていたクラブだった。

八百長のブローカーから1億2000万ウォンを受け取っていた後輩選手のパク某(32)が渡した金の誘惑を振り払うことができなかった。
不法行為を約束したキム某は、この日の試合に先発出場してフルタイムを消化し、チームは"予定通りに"大敗した。
だがここで終わりではなかった。
前所属チームで親交を深めていたキム某(40)に、八百長をするという情報を流して、先輩が1000万ウォンの不当利益を得る一助となった。

プロサッカーの八百長捜査に入った昌原地方検察庁はその年の6月9日、「八百長に加担したり、不法ベッティングをした容疑で、現職プロサッカー選手5人を拘束起訴し、選手を含む関係者7人を不拘束起訴した」と発表した。
国民体育振興法違反の容疑で拘束されたキム某に、検察は懲役2年6ヶ月・追徴金4000万ウォンを求刑した。
その後キム某はグラウンド復帰をしばらく夢見ていた。
だがサッカー界ではもう立つ場所がなかった。
永久除名の懲戒は解けなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング