「中国、これも冒涜か?」足セレモニーに相次ぐ反論
国民日報




※一部要約

韓国U-18サッカー代表の優勝トロフィー冒涜論難が佳境に入った。
中国サッカーファンは連日韓国サッカーを狙い、呪詛に近い非難を浴びせている。
だが一部の国内外のサッカーファンの間からは、中国サッカーが過度に鋭敏な反応をしているという批判も出ている。
海外の有名サッカー選手もしているありふれたセレモニーであり、中国の韓国サッカーに対するコンプレックスが凝集されて表出したのではないかという指摘だ。


190601000502636a.jpg


中国の新浪スポーツは30日、「韓国U-18サッカー代表が、パンダカップの優勝トロフィーを踏んで軽蔑する行動を取った。中国サッカーファンにとっては屈辱であり、選手とファンが怒った」として、「中国サッカーファンは韓国に復讐することを待っている」と報じた。

このメディアはまた、日本サッカーを取り上げて韓国サッカーの非マナーを批判した。
新浪スポーツは「日本は2018ロシアワールドカップ16強戦でベルギー相手に敗れた」として、「ファンはとても悲しんだが、泣きながらも応援席に落ちたゴミを拾うなど、畏敬心を抱かせる行動を見せた」と讃えた。



[オフィシャル] "パンダカップの醜態"サッカー協会、公正委を開いて懲戒の有無を決定
スターニュース




※一部要約

大韓サッカー協会がパンダカップ侮辱の醜態について、公正委員会を開いて懲戒の有無を決めると明かした。

大韓サッカー協会は31日、「長らく"尊重"が最高の価値であると選手、指導者、審判および関係者にキャンペーンを展開してきた主体として、今回の状況を深刻に受け入れている」と明かした。

続けて「協会は代表の帰国後に即時、指導者や当該選手との面談を通じて、現場で事件の経緯と一人ひとりの意見を確認した。指導者と選手本人はすべて深く反省している。協会は今回の事件に関して公正委員会を開き、懲戒の有無などを決める予定である。公正委員会は6月中に開催される予定」と付け加えた。

協会は「今回の事件に関して国民に皆様や中国サッカー協会、そして成都サッカー協会に再び頭を下げ、謝罪の言葉を申し上げる。多くの方々の叱責を謙虚に受け入れ、同じことが繰り返されないように万全を期する」と繰り返し謝罪した。






邦本の父親「2回放出された息子、慶南FCに行って嬉しかった」
慶南道民日報




※一部要約

邦本タダハキ(※タダアキ?)(58)氏。
勘の良い人は名前で誰なのかわかっただろう。

慶南FCの核心MFとしての地位を確立した邦本宜裕の父親だ。
22日、ACLのジョホール・ダルル・タクジムとのGL最終戦を直接応援するため、昌原サッカーセンターを訪れた。

試合開始前、バスから降りて父親と少し会った邦本は、劇場ゴールで父親の応援に応えた。

彼とインタビューしながら"やはり血は争えない"と思った。

大学までサッカー選手生活をしていたというタダハキ氏は、日本プロサッカーのJリーグが発足する1年前、腰の負傷でサッカー選手人生を諦めなければならなかったと語った。

その後指導者に転向し、今は日本の大学チームのコーチとして働いていると語った。



チャン・ヒョンス、Jリーグ2試合出場停止の懲戒
日刊スポーツ




※一部要約

日本プロサッカーJリーグのFC東京でプレーするチャン・ヒョンスが、2試合出場停止の懲戒を受けた。

日本サッカー専門メディアのゲキサカは「Jリーグが24日、チャン・ヒョンスに2試合出場停止の処分を下すと発表した」と25日に報じた。
チャン・ヒョンスは22日のサガン鳥栖とのルヴァンカップGL6次戦の遠征試合のとき、CKの状況での競り合い途中に相手選手の顔面を肘で攻撃したのが試合後に確認され、マッチコミッショナーが試合中に審判が見てなかった"非常に悪質的な行為"があったことを報告し、Jリーグ規律委員会(懲戒委員会)で映像確認を終えた。

ゲキサカは「このような確認の過程を経て、日本サッカー協会(JFA)の関連基準に照らして審議した結果、チャン・ヒョンスの行為は"選手らに対する暴行・脅迫および一般観客に対する挑発行為"に該当すると判断され、2試合出場停止の処分を決めた」と説明した。




FC東京チャン・ヒョンス、リーグカップで過激なファールにより2試合出場停止の懲戒
スポーツソウル




※一部要約

チャン・ヒョンスは懲戒により、25日に行われる16ラウンドのセレッソ大阪との遠征試合と、来月1日に行われる大分との14ラウンドのホーム試合で出場が不発になった。
チャン・ヒョンスは今シーズンの12ラウンドまでで10試合に出場し、チームの守備ラインで核心資源として活躍している。



大田市議会議長を今週警察召喚…シチズン選手選抜で介入嫌疑
聯合ニュース




※一部要約

キム・ジョンチョン大田市議会議長がプロサッカー・大田シチズンの選手選抜に介入したという疑惑に関して、早ければ今週に警察に召喚される。

業務妨害の嫌疑を受ける被疑者の身分だ。

20日、警察によれば大田地方警察庁の知能犯罪捜査隊は最近、キム議長に出席を通知し、出席日時を調整している。

キム議長への調査は22日前後になる可能性が高いと伝えられている。

警察は大田シチズンの選手選抜を前に、キム議長がコ・ジョンスシチズン監督に特定の選手を推薦し、選手選抜委員会の業務を妨害したと疑っている。

キム議長が市民クラブである大田シチズンの支援予算の編成などに影響を及ぼし得る地位にいる点を鑑みて、彼の選手推薦が圧力として作用し得るという点を警察は考慮していると伝えられた。

そこで警察がキム議長を、参考人ではなく被疑者として召喚通知した点を考慮したとき、嫌疑の立証のための具体的な手掛かりを掴んでいる可能性も小さくないという分析が出ている。

キム議長が推薦した選手は、シチズンの選手選抜2次テストを通過した15人に含まれていた。

2次テストの後に不正疑惑が膨らみ、選手選抜の過程は中断された。

キム議長は最近、聯合ニュースとの電話で選手推薦の事実を事実を認めながらも、請託ではないという点を強調した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング