スポーツも超微細粉塵非常…サッカーAマッチは「最悪のときはキャンセル可能」(総合)
聯合ニュース




※一部要約

史上最悪の超微細粉塵が連日猛威を振るい、スポーツ界も対策の準備で非常事態となった。

超微細粉塵が深刻な室外スポーツ競技を強行すれば、選手はもちろん観客が長時間、超微細粉塵に露出して健康を害することもあるからだ。

競技団体は対策の準備に忙しい。

1日にプロサッカーが幕を上げた中で韓国プロサッカー連盟は、超微細粉塵の"警報"状況が続けば、試合をキャンセルあるいは延期できる根拠をすでに用意した。

プロサッカー連盟は6日、Kリーグ1の12クラブとKリーグ2の10クラブに公文書を送り、超微細粉塵の発令に伴う試合のキャンセルなどを喚起した。

連盟の関係者は「突然の試合のキャンセルによるクラブ関係者と競技場を訪れた観客の混乱を防ぐ次元で、規定の内容をもう一度伝えた」として、「クラブはチケットの払い戻しなど、キャンセルに伴う対策を用意しなければならないだろう」と説明した。

3月のAマッチを控えている大韓サッカー協会も、超微細粉塵が心配事である。

サッカー協会はAマッチが行われる時間に超微細粉塵が最悪の状況である場合、"Aマッチそのものをキャンセルできる"という内部の立場を決めた。






アン・ジョンファンが母のピットゥー論難に「いつ会ったのか記憶にもない…苦々しい思い」
ファイナンシャルニュース




※一部要約

スポーツ解説者のアン・ジョンファンさんが、母親と母方の叔父に関わるピットゥー(借金+MeToo)報道について、「苦々しい」と辛い心境を吐露した。

25日、SBS funEはアンさんの母親と母方の叔父が事業家のイ某氏から"サッカー選手の息子の世話役"を名目に1億5000万ウォン余りを借りたのに、20年目に「あいつ(アン・ジョンファン)が返す金」と責任を回避していると報じた。

この日、アンさんはイーデイリーとのインタビューで、突然のピットゥー報道に「苦々しい」と心境を明かした。

彼は「母親が"息子の練習、養育"を名目に借りた金のうち、実際に自分が受けた支援や金は一銭もなかった」として、「ときどき"自分がそんな金銭的支援でしっかりと食べ、好条件で運動をしていれば、もっと素晴らしい選手になっていたのではないか"とも考えた」と語った。

それとともに「実際には貧しい暮らしで運動だけに専念したが、それでも確認してから母親の借金が正しければすべて返済してあげ、家を売ったり年俸をすべてつぎ込んで返したりもした」と主張した。

続けて彼は「ところがある瞬間から、実際には借りてないのに借りたと言って金を要求する人々も多くなった」として、「そのときから私も自分の家族を守るべきだという気がした。子供たちがこういう報道を見てどう思うだろうか」と辛い心境を吐露した。

最後にアンさんは「生んでくれた母親だが、いつ会ったのか記憶も思い出せない」として、「もちろん誰かに金を貸した人の気持ちは理解するが、私に連絡もなく"アン・ジョンファン"という"ピットゥー"報道が出ることに自愧感(※自ら恥じる気持ち)がある」と付け加えた。



[ドバイ・イシュー] イ・チョンヨンが投げかけた話題、もう犠牲の時代は終わらなければならない
スポーツ朝鮮




※一部要約

戦争の痛みを体験した韓国は、短期間でとてつもない成長をおさめた。

圧縮成長の過程で最もたくさん強調された言葉は"大義"だ。
成長という"大義"の下、"小義"は立つ瀬がなかった。
犠牲を強要され、そうすべきであると考えた。
スポーツも同じだ。
昔も今もスポーツは国威宣揚の先鋒だった。
外国を相手に勝利することが愛国であり、私たちはその勝利に熱狂した。
なので胸に太極マークを付けた代表には"大義"がさらに強調された。
勝利のための"選手"だけがいて、"個人"はなかった。
そのような基調は最近まで続いていた。
スポーツ選手には常に"犠牲"という修飾語が付いた。

19日午前、UAE現地で取材していた記者団に、大韓サッカー協会のメッセージが運ばれた。
"ブルードラゴン"イ・チョンヨンが家族の結婚式に参加するため帰国するという。
ドイツで復活したイ・チョンヨンは、再び代表の主軸として位置づけられた。
フィリピンとの1次戦で後半に投入されて大活躍したイ・チョンヨンは、その後キルギスタン・中国戦に先発出場した。
そのような核心選手が大会途中に負傷ではなく個人的理由でチームをしばらく空けることになった。
これまでの代表にはなかった、驚くべきニュースだった。

先述したように、韓国で代表は特別な意味がある。
常に全体が優先だった。
その中で個人は献身し、犠牲となった。
個人の人生はますます重要な価値に浮上しているが、選手は例外だった。
おそらく数十年間で数えきれないほど多くの選手が沈黙していただろう。
犠牲は闘魂という名前でラッピングされた。
なのでそのような雰囲気を破ったイ・チョンヨンの勇気は驚くべきであり、喜ばしい。



"イ・サンホ飲酒運転"FCソウル謝罪「大きな責任を感じる」
デイリアン




※一部要約

飲酒運転をして摘発され、懲役刑の執行猶予を宣告されたイ・サンホの所属チームFCソウルが公式謝罪した。

イ・サンホは9月に泥酔状態で運転中、警察の取り締まりで摘発され、それをクラブと連盟に知らせていなかったが、最近に裁判所の有罪判決で当該の事実が把握された。

これについて韓国プロサッカー連盟は飲酒運転で裁判所から有罪判決を宣告されたイ・サンホに対し、賞罰委員会の開催を通じた懲戒の前に、Kリーグ公式戦出場を60日間禁じる活動停止措置を下した。

事態の深刻性を認識したFCソウルもすぐに謝罪した。

ソウルはクラブ公式チャンネルで「12月6日午後5時頃、報道機関の取材陣の問い合わせ電話で、初めてイ・サンホ選手の飲酒運転の内容に接した」として、「その後、選手に関連の内容が事実であることを確認し、規定によって即刻韓国プロサッカー連盟への報告措置を進めた」と明かした。

続けて「7日に選手との面談はもちろん、様々なチャンネルを通じてより詳細な事実関係を把握した。FCソウルは今回の事案の深刻性を考慮し、これに適当な懲戒の手続きを進行中である」と伝えた。

それとともにソウルは「理由の如何を問わず所属選手の過ちについて大きな責任を感じる。また、これによって心を痛めたファンの皆様に心から謝罪の言葉を申し上げる」として、「今後このようなことが再発しないよう最善の努力を尽くす」



イ・チャンミンの処罰の水位…警察「死亡事故だが執行猶予可能」
スポTVニュース




※一部要約

死亡交通事故を起こした済州ユナイテッドのイ・チャンミンはどういう処罰を受けることになるだろうか。

イ・チャンミンは5日、済州の西帰浦市の道路でランドローバーSUVを運転中、向かい側から来る軽自動車と衝突した。
軽自動車に乗っていたホン某氏(68、女性)が亡くなり、同乗者2人が怪我をした。

警察関係者は「片道1車線で事故が起きた。双方向で交流するカーブだった。モーニングの後部座席に座っていた人が亡くなった。運転手は重傷、もう一名は軽症である。重傷者の命は深刻な状況ではない」と語った。

警察関係者は「以前は(被害者が)死亡すればすぐに拘束された。だが今は不拘束捜査の原則によって調査が進められ、合意期間も与えられる。合意されればほとんど執行猶予が出る。交通事故は過失だ。故意ではない。裁判所はこのような点を考慮する方である」と語った。

イ・チャンミンの死亡交通事故の調査結果は、早ければ来週中に出てくる見通しだ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング