地震追慕の腕章を捨てた?チェ・ソングン「ありえない」
蹴球ジャーナル




※一部要約

最近、日本のインターネットコミュニティサイトに「韓国人選手が地震追慕の腕章を捨てた?!」というタイトルの掲示物が上がってきた。
続くコメントにJ1サガン鳥栖で活躍中のチェ・ソングンのプロフィール写真と、黒い腕章なしで試合をプレーしているチェ・ソングンの後ろ姿が見えた。

今月中旬、日本九州熊本県と大分県にリヒター6~7規模の強震が襲った。
山崩れや建物崩壊などにより、数多くの死傷者が発生した。
Jリーグも隣接地域の縁故チームの16~17日の試合を取り消した。

サガン鳥栖も16日のヴィッセル神戸とのホーム試合を飛ばした。
3日後、横浜Fマリノスとのカップ大会の遠征試合は予定通り行われた。
チェ・ソングンはキム・ミヌ、ペク・ソンドン、キム・ミンヒョクらの韓国人選手とともに18人の出場メンバーに名前を上げて横浜遠征に発った。

両チームの先発選手は地震の犠牲者を追慕する黒い腕章をつけて出場した。
交代メンバーに入ったチェ・ソングンは前半11分に突然投入された。
彼も黒い腕章をつけていた。
だが試合が終わったとき、彼の腕には腕章がなかった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング