ファン・ヒチャン、SVリート戦でシーズン8号ゴール爆発・・チームは6-1の完勝
Newsen




※一部要約

ファン・ヒチャンが得点砲を稼働した。

レッドブル・ザルツブルクは2月20日に行われたSVリートとのオーストリアブンデスリーガ25ラウンド遠征試合で6-1の大勝を手にした。
最前方FWで先発出場したファン・ヒチャンは後半36分得点に成功した。

ファン・ヒチャンは今シーズンにリーグで5ゴール、ヨーロッパリーグで2ゴール、カップ大会で1ゴールを加えて計8ゴールを放っている。
ザルツブルクはリーグ22試合を14勝4分け4敗の勝ち点46で単独首位を走っている。




ファン・ヒチャン"8号ゴール"に隠された日本FW南野の大活躍
スポータルコリア




※一部要約

大韓民国のファン・ヒチャンはこの日、ソリアーノと共に2トップのFWで先発出場して90分のフルタイムを走った。
この日チームの6ゴール目をPKで成功させて大勝の一助となった。





だがスポットライトを受けた選手は他でもなく、この日ハットトリックを記録した日本人FW南野だった。
この日右サイドの攻撃手で出た南野は90分のフルタイムを出場し、ハットトリックを記録しただけでは物足らず、後半26分にはラドジェビッチのゴールをアシストするなど、満点の活躍を繰り広げた。

オーストリア現地メディアもやはり南野を絶賛した。
ウィーンの地元紙"クーリア"は「南野祭りだった。ザルツブルクは南野のおかげで勝った」と報じ、"シュテンダード"もまた「力、技術を基にザルツブルクの大勝を助け、リーグ9号ゴールを記録して得点ランキングもリーグ2位に上がった」と絶賛を惜しまなかった。

一方、ファン・ヒチャンは最近安定した出場機会を基に主戦の地位を固めた。
最近はリーグ7試合連続出場で先発出場し、2得点を上げた。
同じアジア出身として南野と善意の競争が期待されるところである。



ポルトガルメディア「ソク・ヒョンジュン、ポルトを去ってハンガリーリーグに行く」
スポTVニュース




※一部要約

ヨーロッパ残留かKリーグ復帰か。
岐路に立っていたソク・ヒョンジュンがヨーロッパ挑戦を続けるものとみられる。
今度はハンガリーリーグである。

13日、ポルトガルメディアは「FCポルトがソク・ヒョンジュンの状況を先ほど解決した」として、「ハンガリーリーグのデブレツェンにレンタル移籍する」と報じた。
続けて「ソク・ヒョンジュンはすでにハンガリーにいて、デブレツェンの発表があるだろう」と付け加えた。

ヴィトーリアFC、FCフローニンゲンで活躍したソク・ヒョンジュンは去年1月にポルトに移籍した。
"ポルトガルの名門"ポルトの壁は高かった。
主戦競争で押されたソク・ヒョンジュンは7ヶ月余りの後にトラブゾンスポルにレンタルされて機会を狙った。

トラブゾンスポルとのレンタル契約が早期に終わったソク・ヒョンジュンは、すべての可能性を開いておき、最終的にハンガリーを選んだ。
デブレツェンは2016-17シーズンのハンガリー1部リーグで12チーム中10位を走っている。




[オフィシャル] ソク・ヒョンジュン、ハンガリーのデブレツェンに移籍確定
インターフットボール




※一部要約

デブレツェンは13日、HPでソク・ヒョンジュンのレンタル獲得を公式発表した。

昨夏にソク・ヒョンジュンはFCポルトで出場機会を掴むためにトルコ進出を決めた。
ソク・ヒョンジュンはトラブゾンスポルへレンタル後、10月までは主戦の席を確保しそうだった。

だが最も重要な得点がなかった。
9月22日に5部チームを相手にしたカップ大会でゴールをしてから得点記録は止まっていた。

結局トラブゾンスポルは得点力を見せられなかったソク・ヒョンジュンとのレンタル契約を解除した。
移籍締切の最後にフランスのバスティア移籍が不発となり残念な思いをして、ソク・ヒョンジュンはポルトに戻らなければならなかった。

だが戻ってきたポルトにも彼の席はなく、結局ハンガリーリーグ進出を決めたのである。



ヨーロッパの舞台を踏んだキム・ジェウ「アジア出身の先入観を破る自信を得た」
スポーツソウル




※一部要約

"シン・テヨン号"のDFであるキム・ジェウ(19・SVホルン)はサッカー人生で忘れられない時間を過ごしている。
彼は去年1月、スポーツソウルの高校有望株企画シリーズの"明日に向かって走れ"で6人目の主人公として扱われた選手である。
キム・ジェウは去年1月にはU-20代表チーム乗船とヨーロッパ進出を漠然とした夢だけに考えていた。
だがわずか1年で彼の望みは現実になった。
彼は高校生としては異例の去年8月にオーストリア2部リーグのホルンに入団してヨーロッパの舞台を踏み、去年12月と先月にU-20代表チームの済州島とポルトガルのキャンプに合流して太極マークを付けた。
10代で夢を叶えたキム・ジェウとU-20代表チームのキャンプ地であるポルトガル・トロイアで会い、彼のヨーロッパ生活を尋ねてみた。

キム・ジェウのヨーロッパ進出は突然実現した。
去年8月にホルンの関係者が韓国を訪れてキム・ジェウの活躍像を直接見守ってから入団オファーをし、彼はホルンのラブコールを聞いて2週でオーストリアに発った。
彼は「入団オファーを受けてかなり悩んだ。だがどうせ行かなければならない道なら早くやってみようという考えでオーストリア行きを決めた。急に事が進んで友人にちゃんと挨拶できずに行ったくらいだった」と記憶を思い出した。
去年8月にチームに合流したキム・ジェウは、10月に就労ビザが発行されたことで翌日にデビュー戦を行った。
高校でFWからDFにポジションを転向した彼は、ずっとCBの選手としてやってきた。
だがホルンではSBに変身した。
彼は190センチ台の長身なのでSBへの転向は異彩を放った。
彼は「チームに合流したとき、監督がSBへの転向を希望した。新たな挑戦をしてみたかった」として、「私たちのチームの両SBは190センチ台だ。CBの中には207センチの同僚もいる」と言って笑った。



[公式発表] 水原三星クォン・チャンフン、フランス・ディジョンに移籍
インターフットボール




※一部要約

水原三星-ディジョンの両クラブは18日、クォン・チャンフン選手の移籍に最終合意した。

水原はヨーロッパのより大きな舞台に挑戦したいというクォン・チャンフン選手の意志を尊重し、クラブユース出身選手の将来のために大乗的な次元で今回の移籍を決めることにした。

水原ユース出身初の代表であるクォン・チャンフン選手は、水原の4年間で109試合プレーして22ゴール9アシスト(Kリーグ90試合18ゴール7アシスト、FAカップ6試合1ゴール2アシスト、ACL13試合3ゴール)を記録した。

クォン・チャンフンは水原ユース出身でヨーロッパ進出1号である。

クォン・チャンフンは「長く夢見てきたヨーロッパリーグ進出の夢が叶ってとても嬉しい。何より難しい決断を下したクラブに感謝を申し上げる。水原ユース出身選手としては初めてヨーロッパに進出するという使命感を持ち、もっと上手くやってみせる。これまで多くの愛を送ってくださった水原ファンを失望させないよう最善を尽くす」と所感を明かした。




"2年ぶりのヨーロッパリーガー"クォン・チャンフンの挑戦に拍手を
デイリアン




※一部要約

クォン・チャンフンのヨーロッパ舞台の挑戦は様々な面で意味がある。
特に代表を一度でも経験した選手の中では、2014年12月にファン・ヒチャンのザルツブルク進出から約2年ぶりに誕生したヨーロッパ派だ。

最近代表で活躍している大多数の選手は、ヨーロパではなく中国に目を向けていた。

ヨーロッパに安着するのは難しかった。
現在ヨーロッパでプレーしているコリアンリーガーは、主戦競争で困難を経験して寒い冬を過ごしている。

すでにキム・ボギョンとユン・ソギョンらが限界を痛感してアジアの舞台に戻った。
またホン・ジョンホのように好条件でヨーロッパを去って中国の舞台に進出したこともあった。

簡単ではないヨーロッパの舞台に今回はクォン・チャンフンが堂々と挑戦状を差し出した。
一時は中国や中東からクォン・チャンフンへの求愛の手が絶えなかったが、彼は金よりも夢のためにフランス進出を選んだ。

フランスリーグで優れた活躍をすれば、スペイン・プリメーラリーガや英国プレミアリーグ進出も狙うことができる。
代表チームの先輩パク・チュヨンはASモナコで二桁得点に成功してアーセナルのユニフォームを着たりもした。

まだ満22歳のクォン・チャンフンは韓国サッカーの10年を担うべき未来である。
代表とリオオリンピック代表を経てスターに成長したクォン・チャンフンだが、現状に安住せず先進サッカーに触れるためフランス行きの飛行機に身を乗せた。

何よりクォン・チャンフンは夢のために金銭的利益を諦め、簡単ではない道を選んだ。
挑戦そのものだけで彼の選択は拍手を受けて当然である。



水原、仏ディジョンとクォン・チャンフンの移籍交渉突入・・・"入団秒読み"
聯合ニュース




※一部要約

プロサッカーKリーグクラシックの水原三星が"核心MF"クォン・チャンフンの移籍に関してフランスリーグ1のディジョンFCOと本格的な交渉を始める。
クォン・チャンフンのディジョン入団はもう秒読みに入った。

水原の関係者は13日、聯合ニュースとの電話に「前日夜にディジョンからクォン・チャンフンの移籍条件を明示した公式文書が届いた」として、「クォン・チャンフンがヨーロッパ進出を望んでいる状況で、選手の将来を考えて肯定的に交渉に入る予定」と明かした。

ディジョンは今シーズン、正規リーグの19ラウンドまでで20チーム中勝ち点19で15位に留まっている。
降格圏である18位チームとは勝ち点1差なので、2部リーグ降格を心配しなければならない境遇である。

そのためディジョンは戦力強化のため、中盤で得点力とパス力を兼ね備えているクォン・チャンフンにラブコールを送った。

水原の関係者は「クォン・チャンフンがヨーロッパ進出を望んでいるので、選手の立場で交渉に入る」として、「クォン・チャンフンはまだ兵役が解決されておらず、移籍金も低評価にされる他ないのは残念だ」と語った。




[単独] 水原三星クォン・チャンフンのフランス・ディジョン入団確定
スポーツ朝鮮




※一部要約

水原によるとディジョンからクォン・チャンフンへの獲得オファーが初めて入ったのは12月初めである。
当時ディジョンは6ヶ月のレンタルでクォン・チャンフンを無料で使った後、完全移籍を決めるという条件を提示した。

水原は即座に断った。
当時クラブ関係者は「水原と韓国サッカーの浮かんできた星であるクォン・チャンフンの自尊心があるのに、とりあえず使ってみて移籍を決めるという条件はとんでもないことだ」と語った。

その後12月末くらいにディジョン側から再びオファーが来たという。
その代わり、クラブからの公式手続きではなくてエージェントを通じた口頭で伝えられたオファーだった。

水原は「エージェントを通じて伝えられた話は、移籍金100万ユーロの移籍だった。だが100万ユーロの金額では難しいという立場と同時に、文書などの公式的な形態のオファーをしっかり提出しろと言った」として、「こうした言葉が行き来した状態で、ディジョン側とは具体的に何の交渉も行っていない」と説明した。

だが12日に状況が変わった。
ディジョン側から具体的な条件を提示した。
当初の移籍金より上がった金額である。
クォン・チャンフンのヨーロッパ進出の意志がはっきりとしていて、挙国的な次元でクォン・チャンフンの移籍を受け入れることにした。
クォン・チャンフンの移籍金は120万ユーロで、今後クォン・チャンフンがヨーロッパの他リーグに移籍する場合は水原が移籍金の一部を受けることがわかった。

クォン・チャンフンは両クラブ間の最終交渉のため、13日にスペイン現地練習のため出国した水原選手団から外れて国内に留まることにした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング