移籍有力となっているキ・ソンヨン、セルティックで復活するか
スポーツ朝鮮




※一部要約

キ・ソンヨン(ニューカッスル)が全盛期の始まりを告げたセルティックで復活できるか。

サッカー専門メディア"フットボールインサイダー"などの英国現地メディアは26日、キ・ソンヨンのセルティック行きに関する内容を一斉に報じた。
現地メディアは、セルティックを率いるニール・レノン監督が1月の移籍市場でキ・ソンヨンの復帰を推進していると明かした。

セルティックはキ・ソンヨンにとって忘れられないチームだ。
キ・ソンヨンは2010年から2012年までセルティクのユニホームを着て、87試合プレーして11ゴール9アシストを記録した。
入団新年は適応に苦しんだが、2シーズン目から確固たる主戦に位置づけられた。
セルティックでの活躍によってスウォンジー・シティに移籍し、イングランド・プレミアリーグに足を踏み入れ、スウォンジー・シティとサンダーランドで良い活躍を繰り広げた。
その間に南アフリカ、ブラジル、ロシアで三度のワールドカップも経験した。

だがキ・ソンヨンは現在のチームのニューカッスルでまったく機会を掴めずにいる。
昨シーズンにラファエル・ベニテス監督がいたときは重用されたが、今シーズンにスティーヴ・ブルース監督が就任してからは3試合でプレーしたのがすべて。
ブルース監督は最近のインタビューで「キ・ソンヨンが主戦でプレーできないのを認めなければならない。他チームの戸を叩く権利がある」と語った。

これでキ・ソンヨンの移籍説が膨らんだ。
来夏に契約が満了するが、ニューカッスルにとっては1月の移籍市場で彼を送ってこそ、移籍金を手にすることができる。

キ・ソンヨンにとってもセルティック行きは悪くないカード。
キ・ソンヨンももう30代に入った。
現実的にEPLの舞台で主戦としてプレーするのが難しいのなら、次善策を見つけるのが賢明かもしれない。
金をたくさん貰えても、中東や中国のクラブに行くには多少早い時点でもある。



イ・スンウ、感激のベルギーリーグデビュー…攻撃ポイントは"0"
聯合ニュース




※一部要約

イ・スンウがベルギープロサッカーのシント・トロイデンに移籍して4ヶ月で感激のデビュー戦を行った。

イ・スンウは27日、ベルギー・ベフェレンにあるフレシエル競技場で終わったワースラント-ベフェレンとのジュピラーリーグ21ラウンド遠征試合で、チームが0-1でリードされていた後半24分に交代投入され、試合が終わるときまでプレーした。

イ・スンウは8月30日にイタリア・ヴェローナからシント・トロイデンに巣を移した後、一度もグラウンドを踏めなかった。

4ヶ月ぶりの実戦に出たイ・スンウは、2列目アタッカーの席でグラウンドを活発に走ったが、これまでの悲しみを吹き飛ばす攻撃ポイントは上げられなかった。




イ・スンウ、ベルギーリーグデビュー…攻撃ポイントは次に
スポーツ京郷




※一部要約

ボールを持つ機会は多くなかったし、期待した攻撃ポイントは後日に先送りすることになったが、可能性と存在感を十分アピールした。

シント・トロイデンは5試合無勝(1分け4敗)を続け、6勝5分け10敗(勝ち点23)で16チーム中11位になった。



ライバルだけで14人、イ・スンウのデビュー不発はともすれば予見された結果
スポーツワールド




※一部要約

結局"また"という単語がついた。
イ・スンウのベルギー舞台のデビュー戦は"また"不発となった。

シント・トロイデンは15日、ズルテ・ワレヘムとの2019~2020シーズン・ベルギーリーグ19ラウンドの遠征試合で1-5の大敗をした。
これで6勝4分け9敗を記録したシント・トロイデンは10位になった。
今回の対戦は韓国サッカーの間で注目を集めていた一勝負。
"コリアンメッシ"と呼ばれたイ・スンウが、移籍後に2回目の招集リストに名前を上げたことが理由である。

スペインの名門FCバルセロナユース出身のイ・スンウは多くの期待を受けていた有望株だったが、期待ほどの成長ができなかった。
グラウンドでより多くの時間を確保するため初めて行ったエラス・ヴェローナでは、43試合で2ゴール3アシストに終わった。

もう一度主戦に躍進するため選んだベルギーの舞台では、まだ攻撃ポイントどころかデビュー自体をできずにいる。
彼がシント・トロイデンのユニフォームを着て走った試合は、リザーブの2試合がすべて。

チャンスがなかったわけではない。
不和説に覆われた前任監督の更迭後に立場の変化が感知され、実際に1日のKRC戦では初めて招集リストに入った。

だが出場までは続かなかった。
今回のズルテ・ワレヘム戦でも招集リストに入って出場の可能性を期待させたが、結局グラウンドを踏めなかった。

イ・スンウはなぜプレーできないのか。
"ライバルがあまりに多い"という結論を出すことができる。

イ・スンウは2列目のすべてと最前方でプレーできるが、チーム内の当該ポジションを消化する資源が14人もいる。

メインポジションの左ウイングに絞っても、イ・スンウよりはるかにチーム内の立場が堅い選手が2人いる。
現状だけを見たとき、出場を期待しにくいのが現実だ。

それでもまったく不可能というわけではない。
今シーズンの日程はまだかなり残っているうえ、他の選手の負傷や累積警告など様々な変数が起きる可能性がある。

持っている潜在力だけは確かな資源なので、練習場で黙々と内功を積めば、いつか訪れるチャンスを掴めるはずだ。



[取材ファイル] イタリア-ドイツ-スペイン、タガート獲得に感心「金より夢」
スポTVニュース




※一部要約

2019シーズンのKリーグ1得点王を占めたオーストラリア代表FWアダム・タガートが、移籍市場の熱いジャガイモに浮上した。
日本メディアを中心にいくつかのJリーグクラブがタガートの獲得に関心を見せているという報道が出たし、サッカー界の移籍市場の関係者によると、カタールなどの西アジアや中国スーパーリーグのクラブもタガートを獲得リストに上げている。

タガートへの関心はアジアリーグに限らない。
ヨーロッパの移籍市場に詳しい関係者によると、ヨーロッパビッグリーグの中下位圏チームもタガートを獲得するための動きを見せている。
夏から着実にタガートの活躍を見てきたクラブが複数ある。

関係者によると、タガートの獲得に関心を表明したのはイタリア・セリエAやドイツ・ブンデスリーガのクラブ、スペイン・ラ・リーガの中下位圏クラブである。
ドイツとスペインのクラブはすぐ1月の移籍市場で動く可能性もある。
イタリア・セリエAは複数のクラブがタガートの活躍像を見てきたことがわかった。

オーストラリアのパース・グローリーで2010年にプロキャリアを始めたタガートは、ニューカッスル・ジェッツで2013-14シーズンにオーストラリアAのリーグ25試合16得点の活躍を繰り広げた後、2014年にイングランドクラブのフルハムに移籍してヨーロッパの舞台に挑戦したことがある。
当時は負傷などで定着に失敗した。

スコットランドクラブのダンディー・ユナイテッドに2015-16シーズンはレンタルされ、2016年に実家チームのパース・グローリーに戻った後、ブリスベン・ロアーを経て2019シーズンに水原三星へ移籍して再び海外の舞台に挑戦した。

サッカーキャリアの新たな刺激や挑戦を求めたタガートは、2018-19シーズン前半期にオーストラリアAリーグで18試合11ゴールを固め打ちし、2019シーズンのKリーグ1の舞台でも33試合20ゴールを記録して得点王に上がった。
この活躍によってオーストラリア代表に復帰し、背番号10をつけて重用されている。
2019年に4回のAマッチに出て3ゴールを記録したタガートの決定力に、様々なチームが関心を送っている。



[オフィシャル] イ・スンウまたデビュー不発、2試合連続リスト除外
スターニュース




※一部要約

大韓民国のFWイ・スンウのデビュー戦がまた次の延期された。

イ・スンウの所属チームであるシント・トロイデンは8日、2019~2020ベルギー・ファーストディビジョンA18ラウンドでクラブ・ブルージュとホーム試合を行う。
試合前にシント・トロイデンは招集リストを発表した。
イ・スンウの名前はなかった。

イ・スンウは2試合連続で招集リストから除外された。
1日にKRCヘンクとの遠征試合で招集リストに入って期待を集めたが、グラウンドを踏むことができなかった。
5日のズルテ・ワレヘムとのベルギーカップ16強戦では招集リストから外れた。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング