イタリアの南北有望株、初戦は冨安だけ出場
フットボールリスト




※一部要約

イタリアで韓国、北韓、日本の21歳有望株3人が激突を準備している。
イタリア・セリエAの前にしたコパ・イタリアの試合では、日本の冨安健洋だけが先発でプレーした。

今シーズンのセリエAはエラス・ヴェローナのイ・スンウ、カリアリのハン・グァンソン、ボローニャの冨安健洋が同時に集まり、北東アジアの有望株3人が争う舞台となった。
17日から19日に行われた"2019/2020コパ・イタリア"3ラウンドには、3チームがすべて参加した。
3ラウンドは昨シーズンのセリエA9位以下と新たに昇格したチームまで、12チームが参加する。
ヴェローナ、カリアリ、ボローニャはすべて3ラウンドの参加基準に含まれていた。

冨安は19日、ボローニャがピサを3-0で下した試合に先発でプレーし、イタリアの舞台でデビュー戦を行った。
ピサはセリエBのクラブである。
日本代表の主戦DFである冨安は、ボローニャが700万ユーロ(約94億ウォン)を投資して野心的に獲得した選手だ。
主戦として出場機会を受ける可能性は高い。

イ・スンウとハン・グァンソンは出場できなかった。
イ・スンウは19日、ヴェローナがクレモネーゼに1-2で敗れた試合でベンチを守った。
ハン・グァンソンは同日、カリアリがキエーボを2-1で下した試合のリストに入らなかった。

イ・スンウと冨安は対決を控えている。
26日に行われるセリエA開幕戦で、ヴェローナとボローニャが対決する。
もし両選手が同時に出場すれば、韓国と日本の代表選手の興味深い対決が見られる。
イ・スンウは青少年代表時代から、日本への強いライバル意識と自信を明らかにしてきた。



ベルギー1部クラブ、イ・スンウに獲得オファー…コン・フオンと同じ釜の飯?(伊メディア)
スポTVニュース




※一部要約

エラス・ヴェローナでプレーしているイ・スンウが、ベルギー1部リーグからオファーを受けた。

イタリアメディア"カルチョ・エラス"は8日にHPで「昨日(7日)、イ・スンウにベルギー1部所属のシント・トロイデンVVが獲得の問い合わせをした」と報じた。
シント・トロイデンは昨シーズンまでKリーグに所属していたベトナムサッカースターのグエン・コン・フオンが所属しているチームだ。

イ・スンウは2017-18シーズンにスペイン・バルセロナを去って、セリエAのエラス・ヴェローナに移籍した。
2017-18シーズンはリーグ14試合1ゴールだったがチームが降格した。
2018-19シーズンのセリエBでは比較的チャンスを多く受けたイ・スンウである。
2018-19シーズンは23試合1ゴール2アシストを記録した。




イ・スンウ、コン・フオンがプレーするベルギークラブからオファーを受ける
ベストイレブン




※一部要約

シント・トロイデンはアジア選手にとってかなり馴染みのあるチームである。
事実上、日本企業が所有しているチームなので、多くの日本選手がこのチームを経て、最近ではKリーグを経験したベトナム代表コン・フオンもシント・トロイデンに入団した。
ビッグリーグへ行きたいアジア選手の"前哨基地"であるわけだ。



"Jリーグは上手くいってる"日本選手のヨーロッパ進出"好況"
STNスポーツ




※一部要約

文字通り好況だ。

ヨーロッパサッカーの夏の移籍シーズンに歩調を合わせ、日本プロサッカーJリーグの選手のヨーロッパ進出が活発に実現している。
9日、日本サッカー専門メディア<ゴールドットコム>など複数のメディアは、鹿島アントラーズのDF安西幸輝がポルトガル1部リーグのポルティモネンセへの移籍に合意したと伝えた。
安西幸輝は2017年までJ2の東京ヴェルディでプレーし、去年に鹿島アントラーズに入団。
今シーズンはJリーグ15試合に出場して3ゴールを記録中である。
3月には日本成人代表メンバーにも初めて名前を上げたりもした。
安西幸輝は「今年24歳で、年齢を見ると海外挑戦は最後のチャンスと思ったため」とヨーロッパ進出挑戦の理由を明かした。
彼は「海外に進出するだけに、日本を代表するDFになってファンに成長した姿を見せたい」と堅い覚悟を明かしたりもした。

先に"日本のメッシ"と呼ばれる久保建英が、スペインの名門レアル・マドリードに入団して大きな話題を集めた。
久保はレアル・マドリードの夏のプレシーズンツアーで、ジネディーヌ・ジダン監督の指揮の下で1軍選手とともに試合に出ると予想される。
現地メディアを見れば久保は1軍にすぐ入るのは難しいと予想されるが、未来は期待されている。
"ライジングスター"安部裕葵もスペインに進出する見通しだ。
安部はバルセロナとの3年契約が有力視されている。
安部は久保と同じく、1軍ではなく3部リーグに該当するバルセロナBでプレーして、技量を引き上げることに注力する。

一方、KリーグはJリーグと違って静かである。
現在、大邸FCのGKチョ・ヒョヌにドイツ・ブンデスリーガ進出が迫っているという説が乱舞しているが、確定したものではない。
チョ・ヒョヌの他には、FWキム・シヌクが巨額の移籍金で中国スーパーリーグの上海申花に移籍したのがすべて。
キム・シヌクは上海申花と3年契約で、年俸総額は170億ウォンに達することがわかっている。



"ファン・ウィジョ獲得説"バンクーバー、イラク代表アドナンを完全で獲得
フットボールリスト




※一部要約

ファン・ウィジョ獲得説で取り沙汰されているチームの一つであるバンクーバー・ホワイトキャップスが、イラク代表の左SBアリ・アドナンを獲得した。
1チームに3人までのサラリーキャップ例外選手の席に、ファン・インボムとアドナンが使われた。

バンクーバーは5日、アドナンの完全移籍のニュースを発表した。
アドナンはイタリア・セリエAのアタランタとウディネーゼで活躍して、今年はじめからレンタルの身分でバンクーバーのユニフォームを着た状態だった。
バンクーバーは今回の完全移籍で投じた移籍金を公開しなかったが、MLS史上最高額という。
契約期間は2021年までで、1年の追加オプションがある。

バンクーバーは最近、ファン・ウィジョの移籍説で名前が上がったチームである。
レナルドゥッツィ会長が最近韓国を訪れた日程でファン・ウィジョの代表戦を観戦し、"フットボールリスト"と会って「7月の移籍市場でFWの獲得を推進中だ。ファン・ウィジョを継続的に見守ったし、候補群の一人」と語ったことがある。

アドナンをレンタルから完全移籍の身分に替えることでサラリーキャップ例外選手(DP)の席が一つ使われ、バンクーバーは3つの席をすべてなくした。
アドナン、ファン・インボム、FWフレディ・モンテーロがすべてだ。
これまでDPを占めていたホアキン・アルダイスを一般選手に回し、アドナンのための席を用意したため獲得が可能だった。

バンクーバーがファン・ウィジョの移籍を推進する場合、年俸を耐えるためにはDPを活用しなければならない可能性が高い。
つまりアドナンの完全移籍は、ファン・ウィジョ獲得の可能性を下げる措置である。
ただし会長、監督らクラブ関係者の多くが優れたFWの獲得を何度も公言していたという点を考慮すれば、どんな方法でも攻撃陣の補強を推進する可能性は高い。



"ベトナム選手初のヨーロッパ進出"コン・フオン「良いモデルになりたい」
STNスポーツ




※一部要約

ベトナム代表の看板スターであるコン・フオンが、ベルギー1部リーグのシント・トロイデン(STVV)に入団した。
レンタル契約でSTVVに入団したベトナムプロサッカーHAGL FC所属のコン・フオンは、ベトナム選手で初めて欧州リーグでプレーすることになった。

2015年にHAGL FCに入団、プロデビューしたコン・フオンは、去年までに79試合に出場して29ゴールを記録した。
コン・フオンは2016年シーズンを前に日本の水戸ホーリーホックにしばらくレンタル移籍をして6試合プレーし、今年は仁川ユナイテッドにレンタル移籍して8試合に出場した後、ヨーロッパ挑戦などを理由にレンタル契約を解除したことがある。

仁川との契約解除後、ヨーロッパの舞台に挑戦したコン・フオンは、6月にタイで行われたキングスカップで活躍して健在さを伝えたこともあった。

一方、2018-19シーズンにリーグ7位を記録して、リーグ中位圏という遵守した成績を上げたSTVVは、今年にコン・フオンなど充実した戦力補強によってリーグ上位圏躍進を狙う。

コン・フオンはDJマネジメントを通じて「海外のヨーロッパで初めてプレーするベトナム選手というタイトルもすごく嬉しいが、同時に重い責任も感じている。ただヨーロッパを経験しに行くというより、必ず成功して後にヨーロッパ進出を夢見るベトナム選手の良いモデルになりたい」と入団の所感を明かした。




コン・フオン、ベルギー1部のシント・トロイデン移籍確定 [公式発表]
スポーツ韓国




※一部要約

シント・トロイデンは日本企業が所有中のクラブで、冨安健洋や遠藤航など日本人選手4人が所属するチームだ。

一方、コン・フオンの今回のヨーロッパ進出は、ベトナム選手で初のヨーロッパ進出ではない。
2009年にレ・コン・ビンがポルトガルのレイションイスでプレーしたことがある。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング