イ・スンウに押された日スターが"ヨーロッパ10ゴール達成"
MKスポーツ




※一部要約

イ・スンウ(ヴェローナ)の4年前の圧倒的な技量に絶望した日本の有望株の切歯腐心が、ヨーロッパプロサッカー進出初年度に1シーズン10得点という実を結んだ。

堂安律(フローニンゲン)は30日、エクセルシオールカフェとのオランダ・エールディビジ33ラウンドのホーム試合(4-0勝ち)で、右ウィングとしてフルタイムを消化して1ゴールを決めた。

1得点を追加した堂安律は今シーズン、カップ大会を含めて30試合10ゴール4アシストになった。
平均77.5分で90分当たりの攻撃ポイント0.54は、ヨーロッパデビューシーズンの選手としては非の打ち所がない成績だ。

堂安律は2014AFC U-16選手権準決勝で先発で出て交代なしで最後までプレーしたが、イ・スンウが2得点して韓国の4強行きを主導するのを防げなかった。

当時、スペイン・ラ・リーガのFCバルセロナが愛重する有望株だったイ・スンウの実力をフィールドで体験した堂安律は、挫折感とともにヨーロッパへの熱望が強くなったという裏話である。



ドルトムント、日MF中島の獲得に関心…移籍金265億
インターフットボール




※一部要約

ボルシア・ドルトムントが日本MF中島翔哉の獲得に関心を持っている。

ポルトガル"ア・ボラ"は25日、「今シーズンの中島はポルティモネンセで非常に印象的な活躍を繰り広げている」として、「そのような状況でブンデスリーガのドルトムントとシュツットガルトが彼に関心を持たないわけにはいかなかった」と伝えた。

中島は東京ヴェルディユースチームを経て、2012年にブロの舞台でデビューした。
その間に日本の各級代表を経て頭角を現し、2014年にFC東京へ移籍することになった。

2016年のAFC U-23チャンピオンシップに参加して日本を優勝に導き、大会最優秀選手に選ばれて注目を集めた。
そして2017年8月にFC東京を去ってポルトガルのポルティモネンセにレンタル移籍した。



[ハン・ジュン] 韓国ヨーロッパ派の現実…ヨーロッパTOP10リーグのアジア地形図
ハン・ジュンのティキ・タカ




※一部要約

昨夜(※10月22日の記事)ヨーロッパサッカーの舞台で韓国と日本選手の対決があった。
イングランド・プレミアリーグでスウォンジー・シティのキ・ソンヨンとレスター・シティの岡崎慎司が争い、フランス・リーグアンではディジョンのクォン・チャンフンがメスの川島永嗣の守るゴールを狙った。
ク・ジャチョルとチ・ドンウォンがアウクスブルクにともに身を置いているドイツ・ブンデスリーガには、あまりにも日本選手が多いので対決が頻繁に繰り広げられる。

21世紀を前後してアジアサッカーはヨーロッパに近づいた。
1998年にイランのFWアリ・ダエイがブンデスリーガ最高の名門バイエルン・ミュンヘンに入団したし、日本のMF中田英寿が2000-01シーズンにASローマ所属でセリエA優勝を達成した。
韓国のMFパク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドで4回プレミアリーグで優勝し、2007-08シーズンにはアジア選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ優勝メンバーになった。

これらの選手が成功事例になり、オーストラリアがアジアサッカー連盟に編入し、今やヨーロッパの主要リーグでアジア選手の活躍を見ることはありふれている。

自国リーグがどれだけしっかりしているかが、その国のサッカーの競争力である。
だが戦術的にも技術的にも、ヨーロッパがサッカーの本場であり、先導的な役割を果たしているのも事実だ。
ヨーロッパにどれだけ多くの選手が進出し、活躍しているのかも競争力の指標の一つである。


102582576a.jpg



"韓国企業買収"AFCテュビズ、二兎を狙う
デイリアン




※一部要約

スポーツビジネス企業スポーティズンが買収したベルギープロサッカー団のAFCテュビズが6日、開幕戦を行なった。

今年で買収4年目を迎えるAFCテュビズは、現地で積んだノウハウを基に、昇格とプラットフォームビジネスの安着を目標にした。

AFCテュビズは2014年にスポーティズンが買収して国内に伝えられた。
チェルシーのエースでありベルギー代表のエデン・アザールがユース時代に成長したクラブとして有名なAFCテュビズは、2015年にKBSの芸能番組"青春FCハングリーイレブン"で国内ファンの認知度がアップした。

買収後に様々な試みを通じて現地の経験を積んだAFCテュビズは今シーズン、いつのときもよりも昇格について強い意志を見せている。

有望株の獲得も多かった。
買収後にヨーロッパで積み重ねたネットワークを基に、ヨーロッパ名門クラブの有望株をレンタル移籍させるプラットフォームビジネス事業が始まった。

アジア選手への関心も放ってはいない。
イ・ジェゴン(22)、オ・ジャンウォン(19)、ハスンジュン(19)ら韓国人有望株の他にも、日本人有望株の坂井大将(20)を獲得した。

AFCテュビズの関係者は「今後、韓国・中国・日本サッカーなど東アジアの有望株について追加獲得を考慮中だ。アジア選手のヨーロッパ舞台進出の橋頭堡の役割を果たすだろう」と明かした。



[オフィシャル] 日MF松井、36歳の年齢で再びヨーロッパ挑戦…ポーランド行き
スポーツソウル




※一部要約

松井大輔(36・ジュビロ磐田)がヨーロッパの舞台に復帰する。

日本J1リーグの磐田は2日、公式HPでベテランMFの松井が欧州リーグに復帰すると発表した。
行き先はポーランド2部リーグのオドラオポーレである。

松井は母国復帰から3年で再び欧州リーグ挑戦を選んだ。
彼は2013年にレヒア・グダニスク所属として半年間ポーランドリーグを経験したことがある。

2000年に京都パープルサンガでプロリーグにデビューした松井は、2004年にフランス2部リーグのル・マンへ移籍した。
その後ロシア、ブルガリア、ポーランドリーグを経て9年間ヨーロッパで走った。
日本代表にも31試合出場した。

2014年に日本の舞台に復帰し、豊富な経験を基に入団2シーズンでチームを昇格に導いた。
だが昨シーズンから出場機会が減り始め、新たな挑戦のためチームを去ることに決めた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング