[ハン・ジュン] 韓国ヨーロッパ派の現実…ヨーロッパTOP10リーグのアジア地形図
ハン・ジュンのティキ・タカ




※一部要約

昨夜(※10月22日の記事)ヨーロッパサッカーの舞台で韓国と日本選手の対決があった。
イングランド・プレミアリーグでスウォンジー・シティのキ・ソンヨンとレスター・シティの岡崎慎司が争い、フランス・リーグアンではディジョンのクォン・チャンフンがメスの川島永嗣の守るゴールを狙った。
ク・ジャチョルとチ・ドンウォンがアウクスブルクにともに身を置いているドイツ・ブンデスリーガには、あまりにも日本選手が多いので対決が頻繁に繰り広げられる。

21世紀を前後してアジアサッカーはヨーロッパに近づいた。
1998年にイランのFWアリ・ダエイがブンデスリーガ最高の名門バイエルン・ミュンヘンに入団したし、日本のMF中田英寿が2000-01シーズンにASローマ所属でセリエA優勝を達成した。
韓国のMFパク・チソンはマンチェスター・ユナイテッドで4回プレミアリーグで優勝し、2007-08シーズンにはアジア選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグ優勝メンバーになった。

これらの選手が成功事例になり、オーストラリアがアジアサッカー連盟に編入し、今やヨーロッパの主要リーグでアジア選手の活躍を見ることはありふれている。

自国リーグがどれだけしっかりしているかが、その国のサッカーの競争力である。
だが戦術的にも技術的にも、ヨーロッパがサッカーの本場であり、先導的な役割を果たしているのも事実だ。
ヨーロッパにどれだけ多くの選手が進出し、活躍しているのかも競争力の指標の一つである。


102582576a.jpg



"韓国企業買収"AFCテュビズ、二兎を狙う
デイリアン




※一部要約

スポーツビジネス企業スポーティズンが買収したベルギープロサッカー団のAFCテュビズが6日、開幕戦を行なった。

今年で買収4年目を迎えるAFCテュビズは、現地で積んだノウハウを基に、昇格とプラットフォームビジネスの安着を目標にした。

AFCテュビズは2014年にスポーティズンが買収して国内に伝えられた。
チェルシーのエースでありベルギー代表のエデン・アザールがユース時代に成長したクラブとして有名なAFCテュビズは、2015年にKBSの芸能番組"青春FCハングリーイレブン"で国内ファンの認知度がアップした。

買収後に様々な試みを通じて現地の経験を積んだAFCテュビズは今シーズン、いつのときもよりも昇格について強い意志を見せている。

有望株の獲得も多かった。
買収後にヨーロッパで積み重ねたネットワークを基に、ヨーロッパ名門クラブの有望株をレンタル移籍させるプラットフォームビジネス事業が始まった。

アジア選手への関心も放ってはいない。
イ・ジェゴン(22)、オ・ジャンウォン(19)、ハスンジュン(19)ら韓国人有望株の他にも、日本人有望株の坂井大将(20)を獲得した。

AFCテュビズの関係者は「今後、韓国・中国・日本サッカーなど東アジアの有望株について追加獲得を考慮中だ。アジア選手のヨーロッパ舞台進出の橋頭堡の役割を果たすだろう」と明かした。



[オフィシャル] 日MF松井、36歳の年齢で再びヨーロッパ挑戦…ポーランド行き
スポーツソウル




※一部要約

松井大輔(36・ジュビロ磐田)がヨーロッパの舞台に復帰する。

日本J1リーグの磐田は2日、公式HPでベテランMFの松井が欧州リーグに復帰すると発表した。
行き先はポーランド2部リーグのオドラオポーレである。

松井は母国復帰から3年で再び欧州リーグ挑戦を選んだ。
彼は2013年にレヒア・グダニスク所属として半年間ポーランドリーグを経験したことがある。

2000年に京都パープルサンガでプロリーグにデビューした松井は、2004年にフランス2部リーグのル・マンへ移籍した。
その後ロシア、ブルガリア、ポーランドリーグを経て9年間ヨーロッパで走った。
日本代表にも31試合出場した。

2014年に日本の舞台に復帰し、豊富な経験を基に入団2シーズンでチームを昇格に導いた。
だが昨シーズンから出場機会が減り始め、新たな挑戦のためチームを去ることに決めた。



[GOAL単独インタビュー] チャン・ギョルヒ「バルセロナ時代、失敗とは思わない」
ゴールドットコム




※一部要約

「世界最高のチームで多くのことを学んだ。バルセロナ時代が失敗だとは思わない」

2011年にバルセロナユースに入団してから多くのファンの期待を受けていた有望株チャン・ギョルヒは最近、バルセロナユースで過ごした6年を整理してギリシャ1部リーグのアステラス・トリポリスとプロ契約した。
チャン・ギョルヒはすでに新しいユニフォームを着てプレシーズンの試合に出場するなど、速いスピードで新チームに適応している。

だが新チームに移籍してから未来へ向けて走る前に、彼にとってバルセロナで過ごした6年はどういう意味があったのだろう。
彼と6月バルセロナで直接会い、また彼の新チーム入団が公式発表された後に電話を通じて、チャン・ギョルヒ本人が直接語ったバルセロナ時代への所感を聞いてみた。

チャン・ギョルヒは「6年間バルセロナで生活して適応もかなりしたし、そこにいる韓国人の方々で親しくなった人も多かった。そういう人たちと別れるという点はちょっと残念だった」として、「また、バルセロナで過ごして、ここがまるで故郷のように気楽だったが、そういうところを去るのも残念な部分だった」と語り始めた。

彼は続けて「また、実際に新しいチームに行くので、現地の言葉をよく知らない部分もあって緊張したりもする」として、「幸いチームに7、8人くらいスペイン語を話す同僚がいて大きな問題はなく、監督もやはりスペイン語ができる」と語った。



2年間で2兆5000億・・・中企業、なぜヨーロッパクラブを買うのか
ネイバースポーツ




※一部要約

ヨーロッパサッカーに関心の高い韓国サッカーファンならすでに知っている話である。
最近いくつかのヨーロッパ伝統の強豪が中国資本を背にして、再び名家再建に熱を上げている。
イタリア・ミラノの名門クラブであるインテル・ミラノは蘇寧スポーツが最大の株主で、ACミランも元イタリア首相のベルルスコーニが保有していた株式99.93%を中国ロッソネリスポーツに売却した。

中国プロサッカーを風靡したワンダグループはアトレティコ・マドリード、中国ホテルチェーン業界の新興強者セブンデイズグループ(7 Days Group Holdings Limited)の創業者である鄭南雁はフランス・リーグアンのニースをそれぞれ買収した。
最近の2年間で中国資本がヨーロッパの名門クラブを買収するのに投資した金額だけでも150億中国元(約2兆5000億ウォン)に達する。
だがそのような熱風が続く可能性は高くない。
その理由は何だろう?


531516640728a.jpg


まず中国資本が海外クラブの買収に乗り出した背景から調べよう。
初期の中国資本の海外進出は概ねスポンサー形式で成り立っていて、実質的にクラブを買収するケースは珍しかった。
しかし2014年9月、中国国務院がスポーツ産業の発展に関する"46号文書"を発表して状況は逆転した。
中国企業は国策に支えられて積極的に海外資産の買収に乗り出し、同時に自国のスポーツ産業市場との連動を試みた。

ヨーロッパクラブの買収に必要な金額が予想より高くなかったことも、中国資本の海外進出に弾みを加えた。
イタリアやスペインのクラブは国家次元の長期的な経済不況の余波で、売却価格自体がそれほど高い方ではなかった。
企業の国際ブランド価値と認知度向上を望んでいた中国企業にとっては、海外サッカークラブの買収が好機になったわけである。
事実、中国資本が純粋にサッカーを好きでヨーロッパクラブの買収を推進したと見るのは難しい。
そこには徹底的に資本の論理が内在していた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング