"イ・スンウには短かった13分"S.トロイデン、ヘンクに1-2の敗北
スポータルコリア



※一部要約

イ・スンウに十分な時間は与えられなかった。
シントトロイデンはヘンクに敗れ、下位圏を脱することができなかった。

シントトロイデンは8日午前に行われた2020/2021ベルギープロリーグ12ラウンドでヘンクに1-2で敗れた。
勝ち点9を維持したシントトロイデンは15位に順位を下げた。

シントトロイデンは後半36分、アサモアに代えてイ・スンウを投入して攻撃に力をさらに加えた。
ヘンクはエブエ・クアシを入れて守備を強化した。

イ・スンウには時間があまりに短かった。
追加時間は4分与えられたが、ボールを持てる機会はあまり来なかった。
後半追加時間にはデ・リッダーが退場する不運もあった。

イ・スンウはわずか一度のチャンスで強力な右足ミドルシュートを試みたりしたが、方向が惜しかった。
結局追加ゴールは生まれず、試合はシントトロイデンの1-2の敗北で終わった。



イ・スンウはハクボムソン(※キム・ハクボム+ファーガソン)が差し出した機会を掴まなければならない
スポーツ京郷



※一部要約

2016年に韓国サッカーは新たな"10番のエース"が登場するだろうという期待感に興奮した。
当時、スペインの名門FCバルセロナのユースでプレーするイ・スンウがその主人公だった。
イ・スンウはその年、AFC U-16チャンピオンシップの日本との8強戦で1-0のリードをしていた後半、ハーフライン前から60メートルを単独でドリブルしてGKまでかわして決めたゴールによって、全世界的なスポットライトを受けた。
GKを含めて守備7人を無用の長物にしたこのゴールは、A代表を含めて歴代の代表で最高のゴールとも評価されるほど輝いた。
先の先制ゴールもやはり、ノールックパスから2対1のパスで守備の背後のスペースに侵入して作り出したイ・スンウの作品だった。

イ・スンウが11月中旬にベトナムの3ヶ国親善大会に出場する韓国U-23代表の招集を受けた。
キム・ハクボム監督のイ・スンウ抜擢は意外だと受け取られた。
イ・スンウは2018年のジャカルタ・パレンバンアジア大会に出場し、キム監督の指揮で金メダルを取った選手であり、すでに兵役特例の恩恵を受けている。
その後、2018年のロシアワールドカップではA代表選手で抜擢されるなど、上位レベルの選手だった。

イ・スンウは2011年、仁川ユナイテッド幼少年チームでプレーしていて、スペインの名門FCバルセロナのスカウトを受けた。
イ・スンウは2011~2012シーズン、26試合に出場して38ゴール18アシストを記録するなど、ずば抜けた技量を初披露して恐ろしいスピードで成長した。
小さい体格(170センチ)にもかかわらず同年代の選手の中で際立った技量を持ち、"コリアンメッシ"という別名も得た。
2017年にはFIFA選定のU-20ワールドカップで注目すべき選手にも選ばれた。



日・奥川、ファン・ヒチャンのいないザルツブルクで奮戦
MKスポーツ



※一部要約

日本人MFの奥川雅也はファン・ヒチャンと南野拓実が去ったレッドブル・ザルツブルクで1人活動中だ。

ザルツブルクは1日、2020-21オーストリア・プロサッカー1部リーグ6ラウンド のホーム試合で、スワロフスキー・ティロルに5-0で勝利した。
奥川は1アシストで勝利に貢献した。

今シーズン、奥川はザルツブルクの公式戦9試合に出て2得点2アシストである。
UEFAチャンピオンズリーグの予選で1ゴール1アシストの活躍をし、オーストリアのカップ・リーグで1得点1アシストを加えた。

奥川は2018-19シーズンにホルシュタイン・キールで、ドイツ2部リーグ19試合5得点1アシストの活躍をしたのを足場としてザルツブルクに入団し(※正確にはザルツブルクへのレンタルバック)、2019-20シーズンから42試合13得点8アシストを記録している。

ヨーロッパ進出前に日本では1部リーグのキャリアがなく、J2リーグ5試合1得点とJ3リーグ4試合1アシストがすべてだった。
だがオーストリアリーグ最強のザルツブルクで実力を発揮し、移籍市場専門メディア"トランスファーマルクト"の評価基準で日本人の10位以内に入る価値を認められている。



汗もかけなかったイ・スンウ…後半終盤に交代出場
マニアレポート



※一部要約

イ・スンウが後半終盤に交代出場した。

イ・スンウは26日午前にスタイエンで行われた2020-2021シーズンのベルギー・ジュピラーリーグ10ラウンドのスタンダール・リエージュとのホーム試合で、チームが2-0でリードしていた後半40分にオレクサンドル・フィリーポフと交代してグラウンドを踏んだ。

3ラウンドから7試合連続で先発したイ・スンウはこの日、ベンチから試合を始めた。
出場時間もそれほど多く与えられなかった。

前半37分のデュカン・ナゾンの先制ゴールに続き、後半28分にスティーブ・デ・リッダーの追加ゴールで勝負をさらに手繰り寄せたシントトロイデンは、結局2-0で試合を終えた。

開幕戦勝利の後に3分け5敗の不振を続けてきたシントトロイデンは、9試合ぶりの勝利とともにシーズン勝点を9に増やした。



ファン・インボム、フースコアード-ソファスコアで今週のチーム総取り
ゴールドットコム



※一部要約

3試合連続で攻撃ポイントを記録したファン・インボム、各種サッカー専門メディアのロシア・プレミアリーグ今週のチームに選定。

ルビン・カザンに移籍したファン・インボムが、ロシア・プレミアリーグの舞台で自分の価値を証明している。

統計記録をベースに試合を分析するサッカー専門メディア"フースコアード"と"ソファスコア"は、ロシア・プレミアリーグ9ラウンドの日程を終えた29日、それぞれ今週のチームを選定した。
両メディアは分析対象に選んだ各リーグのラウンド毎の日程が終わると、今週のチームを選定してポジション別にリーグ内で最高の活躍を繰り広げた選手に光を当てている。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング