進化したイ・スンウ、"ソル・ギヒョン元所属チーム"アンデルレヒト遠征出撃準備
スポTVニュース



※一部要約

20-21ベルギーリーグの初戦を気持ち良く始めたイ・スンウが、2ラウンドの出撃を準備する。
イ・スンウの所属チームであるシント・トロイデンの2ラウンドの相手は、ソル・ギヒョン慶南FC監督の元所属チームであるアンデルレヒト。

昨シーズンに残念な成績表を受けたイ・スンウにとって、1ラウンドは希望を見せた一勝負だった。
後半14分に中村敬斗と交代してグラウンドの入ったイ・スンウは、投入1分で存在感を示した。
サイドからクロスが上がってきてボールが横に流れると、すぐにノンストップシュートを試みて、そのボールをコリーディオが押し込んで決勝ゴールを作り出した。
イ・スンウがゴールの起点になったのだ。

そのようなイ・スンウの活躍に、シント・トロイデンのケビン・マスカット監督は「イ・スンウが試合に影響を及ぼした。投入されてすぐ2ゴール目に関与したし、その後も絶え間ないプレスでチームに貢献した」と讃えた。

国内ファンの期待感も当然大きくなっている。
現地メディアの厚い評価に、ネチズンは「今シーズンは自分の役割を果たしそうだ」、「まだ若いので常勝疾走するように願う」などの激励を惜しまなかった。
「最も強力な練習だった」と語るほど、今シーズンを熱心に準備してきたイ・スンウが、2ラウンドではどういう姿を見せるだろうか。



イ・スンウ、ベルギーリーグ開幕戦で交代出場…シント・トロイデン、ヘントに2-1勝利
ニュース1



※一部要約

昨シーズンに主戦争いで困難を経験したイ・スンウが開幕戦で交代出場、今シーズンを期待させた。

イ・スンウは9日に行われたヘントとの2020-21シーズンのベルギー・ジュピラーリーグ1ラウンドで、後半に交代投入されて2-1の勝利に力を加えた。




シント・トロイデンのイ・スンウ"決勝ゴール関与"…開幕戦勝利導く
ゴールドットコム



※一部要約

シント・トロイデンは前半2分に鈴木優磨の先制ゴールでリードしたが、前半43分にヘントのイゴール・プラストゥンに同点ゴールを許し、1-1の拮抗した接戦を繰り広げた。

シント・トロイデンは雰囲気反転のため、後半13分にイ・スンウを交代で投じた。
イ・スンウは投入されるやいなや、積極的な動きで2分後にチームの2点目に貢献した。

その後もイ・スンウは2回、胸トラップからのボレーシュートを試みるなど、積極的な姿を見せた。

イ・スンウの関与で開幕戦に勝利を手にしたシント・トロイデンは、スカッとする出発を報せた。



[単独] ベント号の皇太子ファン・インボム、ロシアのルビン・カザン行き確定
スポーツ朝鮮



※一部要約

ベント号の皇太子ファン・インボムが、夢に描いた"ヨーロッパ"に向かう。

ヨーロッパの移籍市場に詳しいある関係者は9日、本紙に「ファン・インボムがロシア・プレミアリーグのルビン・カザンに移籍する。契約を完了した。メディカルテストだけ残す状況」と明かした。
ルビン・カザンは、バンクーバーがこれまで要求してきた250万ユーロ(約35億ウォン)以上の移籍金を満たしたことがわかった。
契約期間は3年。

大田シチズンユース出身で、大田でプロデビューしたファン・インボムは、2019年1月にアメリカプロサッカー(MLS)のバンクーバーに移籍して1年半以上プレーした。
カナダに身を置きながらも、ヨーロッパへの熱望を隠さなかった。
ドイツやクロアチアなど、他からも関心を示されていたが、最も積極的に求愛したルビン・カザンを最終的に選んだ。

カザンは2018年のロシアワールドカップで"シン・テヨン号"が奇跡を起こしたところだ。
2018年6月27日、韓国はディフェンディングチャンピオンのドイツを2対0で退けて全世界を驚かせた。
ワールドカップ以降に代表の主力選手に浮上したファン・インボムは、そのカザンで新たな挑戦に出る。



イ・スンウ、親善戦2試合連続得点砲"シーズン期待感上昇"
OSEN



※一部要約

イ・スンウが2試合連続で得点砲を稼働、シーズンの期待感を高めた。

イ・スンウは31日明け方に終わったプレシーズンのワースラント-ベフェレンとの親善試合に先発出場、3-1でリードしていた後半30分に楔砲を記録した。
3-0でリードしていたシント・トロイデンは後半6分にPKを許して3-1で追撃されていたが、イ・スンウの得点で勝機を固めた。

非公開で行われたこの日の試合で、イ・スンウは2ゴールを炸裂させた日本の伊藤達哉とともに攻撃を率いてチームの4-1の勝利を導いた。

これでイ・スンウは、25日のSVズルテ・ワレヘムとの試合に続いて親善戦2試合連続得点砲を稼働させた。
イ・スンウはワレヘムとの試合で、0-1でリードされていた前半13分にPKで同点ゴールを記録、チームの3-2の勝利を導いたことがある。



[ベルギー通信] イ・スンウわずか12分の出場、ライバルの中村は大活躍
フットボールリスト



※一部要約

前の試合で不要な退場をした余波で、監督に睨まれたのだろうか。
イ・スンウはプレシーズンの4試合目で、後半に交代投入されて12分間グラウンドを踏むのに留まった。
一方、ライバルの中村敬斗は大活躍した。

シント・トロイデンは22日、KVCウェステルローと行った練習試合に1-0で勝利した。
相手チームのウェステルローは、昨シーズンのベルギー2部リーグで惜しくも昇格プレーオフを逃した後、1部に再挑戦するチームである。

試合の流れは両チームとも引かずに攻防をやり取りして対等に流れていった。
シント・トロイデンの選手の試合感覚も、過去3試合で大きく上がっている様子だった。
試合の均衡は前半33分に崩れた。
左サイドのサンティアゴ・コロンバットのクロスが相手DFに当たり、屈折してオウンゴールに繋がった。

拮抗した流れが続いた後半33分、イ・スンウが投入された。
中村と交代投入されたイ・スンウは、4-2-3-1の右サイドに位置した。
中央攻撃型MFだった過去3試合とは違った。

シント・トロイデンはプレシーズン4試合の中で最も良い競技力で勝利を手にした。
だがその中心にイ・スンウがいなったというのが残念な部分だ。
さらに、ライバルの中村敬斗は先発出場して78分間良い姿を見せた。

今回の対戦でケビン・マスカット監督は、過去の試合と違い、後半開始と同時にどのような交代しなかった。
イ・スンウの投入も、残り時間の戦術的変化というより、先発出場した選手の体力配分の次元に映った。
シーズン開幕が2週間先に迫った中、マスカット監督が重用する選手の輪郭もあらわれている。
イ・スンウのプレシーズン最初のスタートは、ケビン・マスカット監督の目に留まって好評から始まったが、その後はただの一度も先発出場が叶わなかった。
18日の練習試合で不要な退場まで出て、現在の見通しは若干暗くなった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング