シント・トロイデン監督更迭、イ・スンウに好材料か悪材料か
スポーツワールド




※一部要約

もう一度変化が感知された。
司令塔の交代でイ・スンウのベルギー生活に疑問符がさらに大きくなった。

ベルギー・ジュピラーリーグで11位を走っているシント・トロイデンは26日、クラブの公式チャンネルでマーク・ブレイス監督との決別を公式発表した。
ブレイス監督とともにしていたコーチ陣もチームを去る。

更迭の理由は成績。
7位だった昨シーズンの最終結果よりかなり遅れた現状が問題だった。

司令塔を交代しただけに、チーム内に変化がある予定だ。
特にイ・スンウの立場が変わるものとみられる。
彼は夏にイタリア・セリエAのエラス・ヴェローナを去ってシント・トロイデンのユニフォームを着た。
FCバルセロナユース出身というネームバリューより、"出場"を通じた"成長"に重きを置いた結果だった。

だがまだデビュー戦も行えていない。
グラウンドを走るイ・スンウの姿を期待していたファンは冷やかし始め、ついには各種パロディで嘲笑する水準にまでなった。

現地メディアは過去に留まっていて期待以下の練習や(※練習試合で相手選手を負傷させる)不要なタックルなど、様々な理由を提起し、その中で核心はブレイス監督の指向だった。
ブレイス監督は新入生よりも既存の資源を出場させることに比重を置き、それによってイ・スンウがチャンスを受けられなかったというのが骨子である。
監督との不和説まで提起された理由だ。

そのような状況で監督が変わるのは、イ・スンウにとって絶好の機会である。
新たに就任する監督体制で、新たな競争が始まるからだ。
もちろんこれはあくまでも新首長がゼロベースを宣言したときの話である。

もし監督が変化より、今シーズンの残りの日程を既存の資源を使って残留だけに重点を置き、来シーズンから新しい枠組みを作ろうとするなら、イ・スンウにとってはもう一つの悪材料でしかない。

結局は練習場で光るものを見せ、新監督のお墨付きを貰うのが唯一の脱出口だ。
手遅れになる前に訪れた千金のようなチャンスを活かすのは本人の役目である。



[ベルギー通信] STVV監督、「イ・スンウ出場する」…シャルルロワ相手にデビュー
スポータルコリア




※一部要約

イ・スンウが長く待った末にベルギーデビューする。

シント・トロイデンのマーク・ブレイス監督は22日、スポルティング・シャルルロワ戦のホーム試合でイ・スンウの出場を予告した。
現在11位のシント・トロイデンは25日深夜4時、スタイエンでスポルティング・シャルルロワを相手に2019/2020ベルギーファースト ディビジョンA25ラウンドを行う予定だ。

ブレイス監督はスポルティング・シャルルロワ戦の前に行った記者会見で「イ・スンウを起用するだろう」と語った。
それによってイ・スンウがスポルティング・シャルルロワ戦に出場することを期待させた。

イ・スンウは8月末にシント・トロイデンに入団した。
だが入団後に行われた11回の公式戦でただの一度も出場リストに名前を上げられないまま、2軍で練習していた。





それによって監督やコーチ陣との摩擦など、イ・スンウの欠場について様々な憶測が乱舞した。
そのたびにブレイス監督と立石敬之CEOが「イ・スンウはチームに適応することが優先」と一蹴してきた。

イ・スンウも現状を受け入れ、落ち着いて出場機会を待った。
そして今その機会が来た。



"1軍9試合欠場"イ・スンウ、U-21の試合にコン・フオンと出場
スポータルコリア




※一部要約

ベルギーリーグデビュー戦がまた失敗に終わったイ・スンウが、U-21チームの試合を消化した。

"BAOMOI"や"VTC NEWS"、"BONGDA"など多数のベトナムメディアは29日、シント・トロイデンU-21とOHルーヴェンU-21の試合結果を伝えた。
"ベトナムのメッシ"コン・フオンの先発出場のニュースを伝えたこのメディアは、イ・スンウが後半に交代出場したと明かした。
シント・トロイデンU-21はルーヴェンU-21に1-6で敗れた。

イ・スンウはU-21の試合を通じて実戦感覚を維持しているものとみられる。
イ・スンウはシント・トロイデン移籍後、まだ1軍デビュー戦を行えずにいる。
31日に行われるメヘレンとの2019/2020ベルギー・ジュピラーリーグ13ラウンド遠征試合の招集リストにも入らず、9試合連続欠場が確定した。

デビューがずっと遅れているイ・スンウは最近、練習中にコーチと言い争いをしたというニュースが伝えられ、現地メディアの評判も良くない状況である。
マーク・ブレイス監督は「イ・スンウの出場は本人にかかっている。過去にとらわれず、現在の自分にもっと投資しなければならない」とアドバイスした。

イ・スンウは28日、"スポータルコリア"を通じて「シーズンは長いので選手として準備し、常にチャンスが来たときに逃すまいと努力する」と語った。



イ・スンウの試練、ベルギーデビュー戦また霧散…"もう6回目"
スターニュース




※一部要約

イ・スンウのベルギーリーグデビュー戦がまたも失敗に終わった。
最近はベント号でも招集を受けられないなか、リーグでも試練を経ているイ・スンウだ。

イ・スンウの所属チームであるシント・トロイデンは6日、コルトレイクを相手に2019~20シーズン・ベルギーリーグの遠征試合を行う。

シント・トロイデンは先の4日、コルトレイク戦に出る招集リストを発表した。
だが今回もイ・スンウの名前は抜けていた。

イタリアの舞台を走っていたイ・スンウは、8月30日にシント・トロイデンへ移籍し、新たな出発を告げたようだった。
それから練習試合にも出場し、正規シーズンの出場への期待感を高めた。

だが移籍序盤にビザの発行など、行政の問題でデビューが繰り返し延期となり、その後6試合の間にグラウンドを踏めずにいる。

今回のラウンドの後、全世界で10月のAマッチが繰り広げられる。
イ・スンウは21日のアンデルレヒトとの遠征試合でベルギーの舞台でのデビューを狙う。



"ベルギーインサ(※インサイダーの略、リア充みたいな意味)"イ・スンウ、同僚とイタズラをしながら時間を過ごす…"チーム適応異常なし"
スポータルコリア




※一部要約

ベルギーリーグに挑戦状を出したイ・スンウ(シント・トロイデン)と同僚の和気藹々とした姿が公開された。

イ・スンウと"親友関係"で知られているサンティアゴ・コロンバットがインスタグラムに、ファクンド・コリーディオがイ・スンウにイタズラをする姿を撮影した映像を上げた。
コリーディオはボクシンググローブをはめてこっそりイ・スンウの後ろについて行ってイタズラをし、イ・スンウはコリーディオに蹴りをして対抗した。

映像が上がった後、「試合でプレーできなかったイ・スンウは無視されているのではないか」という憂慮もあったが、コロンバットとイ・スンウはかつてエラス・ヴェローナ時代から親しくしていたので大きな問題はない。
コロンバットがトロイデンにレンタルで来て再会した2人は、水位の高いイタズラをして過ごしていることがわかった。

バルセロナユース出身のイ・スンウは2017年夏にヴェローナに移籍したが、2年間で43試合2ゴールという記録を残したままベルギーリーグに向かった。
だが行政的な手続きを終わらせることができず、まだデビュー戦を行えずにいる。
最近の試合のエントリーからも除外され、韓国サッカー代表の乗船にも失敗した。

イ・スンウの出場が立て続けに不発になっている間、日本人FW鈴木優磨が得点を記録するなど、主戦競争に燃料を投じて火をつけているため、一日でも早く出場機会を得なければならないイ・スンウである。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング