[オフィシャル] チョン・モンギュ、FIFA評議会委員の再選に失敗…韓国サッカー外交の危機
スポーツソウル




※一部要約

チョン・モンギュ大韓サッカー協会会長が、ッファイ評議会委員の再戦に失敗した。

AFCは6日、マレーシア・クアラルンプールで総会を開き、任期4年のFIFA評議会委員のアジア(男性)を担う5人を選んだ。
2017年に無血入城で2年任期のFIFA評議会委員職に当選したチョン会長は再戦に挑戦したが、8人の候補者のうち1人が辞退して7人に減った状況にもかかわらず、上位5人以内に入ることができなかった。

チョン会長はアジア5地域から1人ずつ選ぶAFC副会長職でも落選した。
モンゴルの候補との票対決で押された。

チョン会長の落選により、韓国サッカーは外構で大きな問題を経験する見通しだ。
チョン会長は二度の挑戦の末に2年前に評議会委員に当選し、チョン・モンジュン前大韓サッカー協会名誉会長が2011年にFIFA副会長から落選して失った韓国外交の立地を回復させたが、今回再び苦杯をなめた。






[オフィシャル] 賞罰委の結果…"ファン・ギョアンのサッカー場遊説"慶南、制裁金2000万ウォンの懲戒
スポータルコリア




※一部要約

慶南FCが制裁金2000万ウォンの懲戒を受けた。

ファン・ギョアン代表とカン・ギユン候補を含めた自由韓国党の選挙運動員は、先月30日に昌原サッカーセンターで行われたKリーグ1・4ラウンドの慶南-大邸FC戦を訪れ、4.3補欠選挙の遊説を繰り広げた。
競技場の外ではなく中まで入ってきて選挙運動を行ったことが問題となった。

2日に行われた賞罰委員会で、慶南の懲戒が決定した。
午前10時から行われた賞罰委員会は、チョ・ナムドン(委員長、弁護士)、ホ・ジョンム(連盟副総裁)、オ・セグォン(大韓サッカー協会賞罰委員)、ユン・ヨンギル(教授)、ホン・ウナ(教授)、キム・カラム(弁護士)らが参加し、長時間にわたって討議を進めた。
賞罰委員のうちイ・ジュンジェ弁護士だけが参加しなかった。

連盟の定款第5条"政治的中立および差別の禁止"によると、"連盟は行政および事業を遂行するにあたって政治的中立を守る"とされている。
これを破ればホームのクラブは10点以上の勝ち点削減、あるいは無観客でのホーム試合進行、第3地域でのホーム試合開催、2000万ウォン以上の制裁金、警告などの懲戒を受けることになる。

賞罰委員会の結果、慶南は制裁金2000万ウォンの懲戒を受けることになった。
連盟は午後3時頃に行われた公式ブリーフィングで「クラブが政治的中立の義務を直接的、積極的に違反した事案ではないという点などを考慮し、勝ち点減点や無観客試合などの重い懲戒ではなく制裁金2000万ウォンの懲戒に決めた」と明かした。






ファン・ギョアン、サッカー場選挙遊説論難…自韓党「規定を知らなかった」
NEWSIS




※一部要約

ファン・ギョアン自由韓国党代表が、30日にKリーグの試合が行われた慶南の昌原サッカーセンターで選挙支援の遊説をした。
これは大韓サッカー協会とプロサッカー連盟の規定違反だという指摘が出た。

FIFAもサッカー場内での政治活動は徹底して禁じている。

慶南の過失が認められた場合、勝ち点削減や制裁などの懲戒を受けることがある。

協会と連盟はそれぞれ定款3条と5条に、政治的中立を守ってあらゆる形態の差別を禁止するとうい内容を置いてある。

自由韓国党の関係者は「チケットを買って入場したし、ひとまず選挙法上の問題はない」として、「現場で決定が行われているので(協会・連盟の規定は)知らなかった部分だ。そして"押し入った"というがそうではない」と語った。



慶南FCがファン・ギョアンの強行遊説で勝ち点10剥奪の危機…「止めたが競技場に押し入ってきた」
アジア経済




※一部要約

自由韓国党のファン・ギョアン代表が30日、プロサッカーKリーグ1の慶南FCと大邸FCの試合が行われた昌原サッカーセンターで遊説を強行し、罪のないクラブが被害を受ける危機に瀕した。

ファン代表はこの日、慶南昌原を訪れてカン・ギユン昌原・城山補欠選挙候補とともに選挙運動を展開した。
特に昌原サッカーセンターを訪れ、赤色の自由韓国党のジャンパーを着て支持を訴えた。

問題はこのような遊説行為が、競技場内での選挙運動を厳格に禁じている韓国プロサッカー連盟の指針から外れているという点である。

慶南FC側は「当時、競技場周辺が混乱している状況で、ファン代表側が競技場内に押し入ってきて、すでに手のつけようのない状況だった」として、「故意に入場を許したのではない」と釈明した。



チャン・ヒョンスら兵役特例要員8人、捜査を受ける
デイリアン




※一部要約

奉仕活動時間を偽って提出して物議を醸したチャン・ヒョンス(28・FC東京)ら、兵役特例の恩恵を受けた芸術および体育要員が捜査を受ける方針である。

国会国防委員会所属のキム・ビョンギ議員(共に民主党)は24日、芸術および体育要員84人のうち47人の奉仕活動実績に問題があるという事実を確認したと発表した。

特に彼らのうち、チャン・ヒョンスら虚偽提出による取り消しの実績時間が24時間以上の8人については、文化体育観光部と兵務庁の主管の下で捜査するという方針だ。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング