[キム・テソクのサッカー一杯] "帰化宣言"セシーニャに必要なこと、韓国人になろうという意志
ベストイレブン



※一部要約

Kリーグで大活躍を繰り広げる外国人選手が、帰化の意志を明かしたというニュースが出ると反応はかなり熱い。
顔つきのまったく異なる異邦人が、しかも優れた実力を備えている外国人が、韓国サッカー代表のユニフォームを着た姿は想像だけでも興味深い。

最近、大邸FCのエースであるセシーニャが、そのような意志を見せて話題である。
セシーニャは韓国メディアとのインタビューで、自分をはじめとする家族がどれだけ韓国を愛しているか、そして韓国代表選手になりたいという熱望を見せた。
Kリーグ最高の外国人といえるセシーニャのそうした意志の表出は、もし代表に抜擢されれば戦力に大きな影響を及ぼすため、サッカーファンの関心が熱くならざるを得ない。

セシーニャのように、優れた技量を持つ選手が代表に合流するなら、いつでも歓迎だ。
何より、現在の代表には"魔法使い"気質を持つ選手がかなり稀だという点で、尚更そうである。
ゴールゲッターとして存在感を持つソン・フンミンとは違い、セシーニャはポジションとプレースタイル的に、流れを変えられる選手であることは間違いない。
さらに、パウロ・ベント韓国サッカー代表監督と直接コミュニケーションが可能な選手という点を考慮すれば、またベント監督がセシーニャを重用するつもりがなるなら、その効果は非常に大きいだろう。
今のパフォーマンスであれば、国籍を離れて欲しい選手であることは間違いない。



サッカー選手4人、ダンベルで手首の靭帯を損傷して現役入隊逃れ
NEWSIS



※一部要約

兵務庁は、故意に手首の靭帯を損傷させ、兵役法に違反したK3リーグ出身のサッカー選手4人を摘発したと3日明かした。

兵務庁特別司法警察の捜査結果によると、彼ら4人はダンベルを握った手首を垂らしてから、無理に回す手法で靭帯を損傷させ、補充役に兵役を減免された容疑を受けている。

彼らは兵務庁の兵役判定検査の規則上、手首の靭帯損傷で手術を受ければ、補充役の処分を受けるという事実を知り、集団チャットルームで手法を共有したことがわかった。
彼らがその手法を他の同僚選手に伝えた状況も明らかとなった。




現役を逃れるため丈夫な手首を破壊…バレてしまったK3リーグの選手
中央日報

200703131404601.jpg

※一部要約

兵務庁は「補充役で服務すればK3リーグで選手として活動できる」として、「現役で入隊すればキャリアの断絶が憂慮されるので、兵役免除を試みたと調査された」と明かした。



[単独] "水原の息子"クォン・チャンフン、KリーグUターン迫る…"実家"水原三星有力
スポーツ東亜



※一部要約

また1人、欧州リーガーがKリーグにカムバックする兆しだ。
韓国サッカー代表のサイドアタッカー、クォン・チャンフンが国内復帰を密かに打診している。
現時点で最有力の行き先は実家チーム、Kリーグ1の水原三星である。

Kリーグの複数の消息筋は24日、「ドイツ・ブンデスリーガで活躍中のクォン・チャンフンが、慎重にKリーグUターンを準備している。実家チームの水原のユニフォームを着る可能性が高い」と耳打ちした。
詳細な交渉条件は確認されてないが、水原と選手側が活発に交感を交わしているという。

水原の厳しい暮らし向きを考慮すると、確実な礼遇をしてあげられるかは未知数だ。
親企業がサムスン電子から第一企画に移管されて以降、毎年選手団の運営費を減らしており、ヨーロッパの舞台で競争力を発揮したクォン・チャンフンの年俸は大きな負担になり得る。

実際、親企業の無関心によって財政状況の良くない水原は、今年末に契約期間が満了するチームない唯一の代表である左SBホン・チョルと再契約できなかったし、契約上のバイアウト(50万ドル・約6億ウォン)以上の移籍金を提示した蔚山現代に譲る羽目になった。



Kリーグ「尚州市の市民クラブ撤回、無責任…金泉市が尚武ホームの予定」
スポーツ韓国



※一部要約

尚州市が尚武を諦め、市民クラブに転換するという計画を放棄した。
Kリーグ側はこれについて「事前協議なしで無責任」と批判し、金泉市が国軍体育舞台(尚武サッカーチーム)の新たなホームとして有力だと明かした。

プロサッカー連盟は23日、ソウル鍾路区新門路のサッカー会館で週間ブリーフィングを行い、尚武について言及した。

尚州市は22日の公式発表で、現・尚武の市民クラブ転換計画を撤回すると明かした。
それについて、連盟に対して批判的な立場も取った。
これに連盟側は「尚州市は創立が難しいという立場を連盟にまず伝えて競技していれば良かった。特に、最も重要な幼少年選手の進路に関して、連盟と優先順位をおいて話してほしかったのに、そうしなかった。無責任だと思う」と語った。

補欠選挙によって新しく尚州市長が入ってきて、変化の気流について感知できなかったという指摘について、連盟側は「2019年にすでに尚州市は、2021年に市民クラブを創立する予定であり、2020年にもう1年だけ尚武のホーム契約を増やしたいという意志を明かしていた。また、研究も行われ、3月にその結果が出て肯定的だった」として、「市長が変わってから行われた公聴会にも連盟の関係者は参加したし、雰囲気を肯定的に見ていた。一連の過程から見て、市民クラブ転換に準備過程が進行中だと認識していた」と語った。

尚武は2021シーズンから、慶北の金泉市をホームにする可能性が非常に高い。
「現在、尚武側と金泉市、連盟まですべて順調に話が進行中だ。6月30日までに申込書を出さなければならないが、大きな異常がなければ金泉市が新たなホームにあると思う」として、「すでに金泉市にはバレーボール団もあり、市がプロスポーツチームを好んでいる。金泉市が放棄することはないと思う」として、事実上、金泉市が新たな尚武のホームになる可能性が高いと見た。



"進路探しメンター"に変身したファン・ウィジョ、青少年らとオンライン会遇
イーデイリー



※一部要約

ファン・ウィジョが大韓サッカー協会のスポーツ進路探しプログラム"ドリーム(Dream) KFA"に登場し、参加者と楽しい時間を過ごした。

KFAは29日午後、ソウル鍾路区のサッカー会館で"ドリーム(Dream) KFAオンタクト(Online Contact)"を実施した。
"ドリーム(Dream) KFA"は2014年から実施している社会貢献教育活動の一環で、スポーツ関係の進路を希望する青少年に職探しの機会を提供するプログラムである。

今回の"ドリーム(Dream) KFA"は、コロナ19のため以前のように参加者がサッカー会館に集まらずに画面で行われた。
中・高校生のオンライン授業の時間を考慮し、午後5時から始まった。
オンライン画面に繋げて行われるので、今回の"ドリーム(Dream) KFA"は"オンタクト"という名称が別についた。
選ばれた中・高校生の22人はそれぞれ個別の場所で、事前に伝えられた画面連結プログラムに接続して"ドリーム(Dream) KFA"と会った。

ファン・ウィジョは3月にコロナ19でフランスリーグが中断され、現在韓国に滞留している。
そのとき"ドリーム(Dream) KFA"の趣旨を伝え聞き、代表の才能寄付の次元で快く参加を決めた。

メンタリングの時間を通じて、ファン・ウィジョは参加者と忘れられない思い出を積んだ。
事前に集めた参加者の質問に誠実に答えて雰囲気を盛り上げた。
2018年のジャカルタ-パレンバンアジア大会金メダルの後日談からフランス生活まで、様々な話が"ドリーム(Dream) KFA"を駆け巡った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング