[SWイシュー] また登場した戦犯旗・・・AFC次元で制裁が必要だ
スポーツワールド




※一部要約

戦犯旗がまたACLの舞台に登場した。
毎シーズン漏れなく登場する戦犯旗にACL次元での対策が急がれる。

状況はこうだった。
Kリーグクラシック水原三星とJリーグ川崎フロンターレとの"2017AFCチャンピオンズリーグ"G組5次戦が行われた25日の水原ワールドカップ競技場。
両チームともこの試合の結果によって16強の行方が分かれるだけに、試合前から悲壮さが漂っていた。
やがて選手団の入場を伝える音楽が鳴り響き、両チームを代表するヨム・ギフンとチョン・ソンリョンが姿をあらわした。
このとき川崎サポーターがいた遠征応援席の一角から戦犯旗が姿をあらわした。

川崎サポーターの間から登場したのではなかった。
遠征観客席の席にいたサポーターは、日本とブラジルの国旗だけを掲げていた。
その他は応援の文面が書かれた大型横断幕がすべてだった。
サポーターの間からは戦犯旗がなかった。
だがサポーターから離れて座っていた男性観客二人が禍根だった。
川崎ファンとみられる彼らは、選手団の登場を伝える音楽が競技場に鳴り響くと、すぐにカバンの中に隠していた戦犯旗を取り出して日本国旗とともに掲げた。
水原三星の関係者は急いで案内要員を送って制裁した。
クラブ関係者は「すぐに戦犯旗を押収し、案内要員を周囲に配置して監視するようにした」と説明した。

去年の3月2日、浦項スティールヤードで行われた浦項スティーラースと浦和レッズとの試合でも戦犯旗が登場した。
ACLの舞台で戦犯旗への制裁が強化されると、形象化する巧妙な手口を使い始めた。
当時彼らは応援席の2階上段から1階下段までの席にかけてユニフォーム型の大型垂れ幕を広げているとみられた。
一見、単なるユニフォームだが、詳しく見ると赤地に白の櫛目文様が戦犯旗を形象化していた。

FIFAはグラウンド内で政治的な行動を禁止している。
IOCもやはりオリンピック憲章50条で政治的な行動を禁止するとはっきりと明示している。
戦犯旗は毎年ACLの舞台で論難を起こしている。
この日も戦犯旗を掲げた二人の川崎ファンは退場させられなかった。
クラブ側は退場を求めたが、アリ・ジェブリル(パレスチナ)マッチコミッショナーがこれを阻止した。
戦犯旗への明確な制裁措置がないためである。
毎年繰り返されるこの論難を寝かせるためには、AFC次元で制裁できるように各国リーグ次元で要求しなければならないときだ。



"サッカー韓流"の時代は暮れるのか・・・イ・ジャンス更迭は"中国派"試練の序幕
日刊スポーツ




※一部要約

イ・ジャンス長春亜泰監督の電撃的更迭は中国スーパーリーグで活躍中の韓国人指導者と"中国派"に差し迫っている試練の序幕である。

中国メディア新華網は17日、イ監督が成績不振を理由に更迭されたと報じた。
クラブ側は「監督更迭ではなく休息の次元」としつつも、具体的な休息期間を明かさずにいる。

イ監督は去年5月に長春と計5年(2年+3年オプション)の長期契約を結んだ。
長春はイ監督が6つの中国チームで指導者のキャリアを積んで、去年序盤に就任して降格圏にいたチームを生かすと、すぐに手厚い待遇をした。

だが"大陸の星"も成績の前ではどうしようもなかった。
イ監督は2017シーズンの開幕戦で上海上港に1-5で大敗を喫したのに続き、15日には上海申花を相手に2-3で敗れた。
長春は今シーズンの前にイングランド・プレミアリーグ出身のFWオディオン・イガロを移籍金1710万ポンドで獲得するなど、大々的な投資をした。
だがチーム成績が全体の16チーム中で最下位(1分け4敗)に終わると、すぐにクラブ首脳部が刀を抜いたことがわかった。
イ監督と契約を結んで1年ほどしか経っていない時期なので衝撃が大きい。

現在、スーパーリーグにはイ監督を含めて計4人の韓国人指令塔が活躍中である。
その中でリーグ共同6位に上がっているチャン・ウェリョン重慶力帆監督を除き、チェ・ヨンス江蘇蘇寧監督やパク・テハ延辺富徳まで下位圏を転々としている。
ホン・ミョンボ監督が指揮する杭州緑城は1部リーグでもない甲級リーグ(2部リーグ)に留まっている。
現状が続けば他の韓国人監督もいつどのように切られるのかわからない。

指導者だけが危機なのではない。
中国サッカー協会は今年から外国人選手の出場を、1試合当たり従来の4人から3人に制限することに決めた。
この規定は中国に進出している計10人の韓国人選手の被害が大きい。
ホン・ジョンホ(28・江蘇)くらいを除けば、試合に安定して出ている選手を見つけるのは難しい。



ワールドカップに向けた"平壌遠征"、その6日間の記録
ノーカットニュース




※一部要約

大韓民国から最も近い国は北韓だ。
大韓民国の最北端から幅4キロの非武装地帯を過ぎれば、すぐに北韓の国境に入る。
だが北韓は最も遠い国でもある。
分断国家のせいで、近い距離に接しているが、往来は簡単には行われない。

2019フランスワールドカップ出場権を狙っている韓国女子サッカー代表もやはり、苦労して北韓の地を踏んだ。
ユン・ドクヨ監督が率いるサッカー代表は2日、2018AFCアジアカップ予選を行うため仁川国際空港から北韓の平壌に移動した。
直行便がなく、中国の北京を経由しなければならない骨の折れる日程だった。
取材陣もやはり選手団と同じ方法で北韓に向かった。

北京で一日休暇を取り、3日に平壌の順安空港に到着した。
2015年に新しく建てられた空港は、いつも考えていた北韓のイメージをひっくり返すほどきれいだった。
空港の職員は明るい表情で人々を迎えた。
だが警戒心も満ちていた。
荷物をすべて取り出し、取材のためにまとめていたノートブックの検査まで、すべて終えてから空港を出ることができた。


20170413030102a.jpg



[総合] ドルトムントのバスに向けて3回爆発、ドルト-モナコのUCL8強1次戦が一日延期
スポーツ朝鮮




※一部要約

ドルトムントとASモナコが繰り広げる予定だったヨーロッパチャンピオンズリーグ8強1次戦が一日延期となった。
突然のチームバス爆発のためだった。

ドイツ現地時間午後7時だった。
ドルトムント選手団を乗せたバスがホテルから出てスタジアムの方へ向かった。
試合が行われるジグナル・イドゥナ・パルクまで残り約10キロで3回爆発が起きた。
この衝撃でチームバスの窓が壊れ、DFバルトラが負傷したことがわかった。

現在ドイツ警察は爆発の原因を分析中である。
警察関係者は「現在、爆発の原因と爆発場所について確実な情報を明かすのは難しい」と発表した。


20170412085007932a.jpg


ハンス・ヨアヒム・ヴァツケドルトムントCEOは「選手団のバスに向けて爆発物の攻撃があった」として、「チーム全体が衝撃を受けた。このようなシーンを想像することもできなかった」と明かした。

UEFAは両チーム関係者と地元当局、ホームスタジアムの関係者と緊急会議をした。
そして試合開始残り15分で延期を宣言した。



ハン・グァンソン、北韓選手初のセリエA得点・・・「初ゴールを決めて嬉しい」
聯合ニュース




※一部要約

北韓青少年代表チーム出身のハン・グァンソンがイタリア・セリエAで、北韓選手として初めてゴールを決めた。

ハン・グァンソンは10日、スタディオ・サンテーリアで行われたトリノFCとのホーム試合で、1-3でリードされていた後半36分にマルコ・サウと交代してグラウンドを踏んだ。

彼は敗色濃厚だった後半追加時間、チームメイトの左サイドからのクロスをヘディングシュートにつなげて得点を記録した。

北韓選手がヨーロッパ5大リーグ(イングランド・プレミアリーグ、セリエA、ドイツ・ブンデスリーガ、スペイン・プリメーラリーガ、フランス・リーグ・アン)で得点を記録したのは今回が初めてである。

ハン・グァンソンは試合後の記者会見で「初ゴールを決められてとても嬉しい。クラブと監督様、チームメイトに感謝する」と語った。

この日、カリアリは2-3で敗れた。

カリアリはセリエA20クラブ中13位を走っている。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング