ソン・フンミン-ハン・グァンソンが一緒にプレーする?アジア大会"サッカー単一チーム"の可能性急上昇
スポーツソウル




※一部要約

韓国サッカーを代表するソン・フンミン(26・トッテナム)と北韓サッカーの新星ハン・グァンソン(20・カリアリ)が、韓半島の旗の下で一緒にプレーすることができるだろうか。

2018ジャカルタ-パレンバン夏季アジア大会で南北共同入場が推進される中、単一チームの有無も話題として登場する見通しだ。
特の双方ともに人気の高いサッカーの単一チームの構成が、8月の開幕前までの4ヶ月間で注目を集めるものとみられる。
イングランド・プレミアリーグで大活躍して"ワールドクラス"に生まれ変わったソン・フンミンと溢れる才能で韓国サッカー期待の主になったイ・スンウ(20・ヴェローナ)が、北韓の今後の10年を背負うFWハン・グァンソンやチェ・ソンヒョク(20・ペルージャ)とともに金メダルに向けてプレーする画も排除できなくなった。

南北平和協力祈願の南側芸術団を引率しているト・ジョンファン文化体育観光部長官は2日、キム・イルグク北韓体育長官と会って面談した後、アジア大会のときの南北選手団の共同入場の意志を合わせた。
ト長官はこの日、「4月27日の南北首脳会談が終わった後、実務の議論をして書面の合意など具体的に段階を踏みたい」として、「ジャカルタでも一緒にするかについての後続議論をすれば良い」と明かした。
この日言及された共同入場は大きな問題がない限り行われると予想される。
先月の平昌パラリンピックでの北側の主張のように、韓半島の旗に独島を含める問題で意見が交錯するかもしれないが、大きな障害物ではない。

問題は単一チームの結成である。
北韓はウェイトリフティングや体操、ダイビングなど一部の種目でオリンピックや世界選手権大会で優勝するなどの世界的実力を持っているが、残りの種目では韓国との実力差が大きいのが現実だ。
特に一つのチームになってプレーする球技種目の競争力が落ちる。
野球は北韓ではほとんどしない。
そのような面から、キム・ジョンウン北韓国務委員長が愛情を持つサッカーは、平昌冬季オリンピックの女子アイスホッケーのように、今回のアジア大会で単一チーム"コリア"を象徴できる代表的種目に挙げられる。
男女ともに南と北が力を合わせれば金メダルまで近づけるという点、1991年のポルトガル世界青少年サッカー選手権大会(現20歳以下ワールドカップ)で韓半島の旗の下で戦い、8強まで行った甘い記憶もプラス要因である。
実際、4年前の仁川アジア大会で南と北は男子サッカー決勝で会い、韓国が金メダルを取った。
女子サッカーでは準決勝で北韓が韓国に勝って優勝まで行き、韓国は銅メダルを取った。

難関もある。
男子の部はアジア大会が兵役問題を解決する2大ルートの一つなので、北韓選手が来ればエントリー入り可能な南側の選手が被害を受けることになる。
組織力も解決しなければならない。
平昌オリンピックで女子アイスホッケー単一チームは、大会のわずか2週間前に構成が確定して論難の中心になった。
女子の部は去年4月の平壌遠征での小競り合いなど、南北の女子選手が毎年対決していてライバル意識が強くなり、和合に誘導することが課題だ。



北サッカー代表監督「経済状況が悪くさらに留まることはできない」
聯合ニュース




※一部要約

北韓サッカー代表のヨルン・アンデルセン(ノルウェー)監督が31日、「私はさらに留まりたくはない」として、経済難を理由に北韓を去るという意向を明かした。

アンデルセン監督はこの日、ロイター通信とのインタビューで「興味のあることだったし、多くのことを学んで経験した」として、「だが経済的な状況が優れず、さらに留まることは可能ではない」と語った。

2016年5月に北韓サッカーの指令塔に就任したアンデルセン監督は、この日で契約が満了した。

最近、香港代表監督説に包まれたアンデルセン監督は「2年が経ったので次の段階に進みたい。アジアに留まることを願っている」と付け加えた。

彼は「今の北韓はさらに強まったし、私たちは最近の試合でその点を目撃した」として、「いくつかのオファーを受けたが、どこへ行くのかはまだ決めてない」と語った。



[平昌] ト・ジョンファン長官「当初の開幕式聖火リレーのサッカー選手1位はソン・フンミン」
MBC




※一部要約

戊戌年新年初日の2018平昌冬季オリンピックで我が国選手団の二つ目の金メダル獲得シーンを現場で見守ったト・ジョンファン文化体育観光部長官の顔はとても明るかった。

平昌オリンピック開幕式から太極戦士が出場するところならどこでも訪れ応援してきたト長官は16日、圧倒的な技量により男子スケルトンで表彰台の主人公になったユン・ソンビンを激励した後、「17日のショートトラックでも金メダルだ出れば、我が国の順位はもう少し上がるだろう」と喜んだ。

ト長官はこの日、平昌で行わえた記者懇談会で平昌オリンピック開幕後の所感を明かし、オリンピックの裏話も公開した。

ト長官は「秋から平昌オリンピック開・閉会式が行われる平昌をずっと訪れていたが、9日のときほど天気が良かったことはなかった」として、「本当に天が助けがあった」と語った。

強風と酷寒で開幕式が支障をきたすところだったが、いつのときよりも良い天候で開幕式を成功裏に行うことができたと安堵の溜息をついた。



[平昌アイスホッケー] "ランディー・ヒスオリンピック初ゴール"単一チーム、日本に1対4の"惜敗"
スポーツ朝鮮




※一部要約

単一チームが歴史的なオリンピック初ゴールを記録した末に日本に惜敗した。

サラ・マリー監督が率いる南北アイスホッケー単一チームは14日、江陵ホッケーセンターで行われた日本との2018平昌冬季オリンピックB組3次戦で1対4(0-2、1-0、0-2)で惜しくも敗れた。
単一チームは7戦全敗1得点-106失点で絶対的劣勢だった日本を迎え、とてつもない闘魂を発揮した。
9分31秒にランディー・ヒス・グリフィンの歴史的な初ゴールまで炸裂した。
韓国アイスホッケーのオリンピックで最初のゴールであり、6年ぶりに炸裂した日本戦のゴールだった。
スイス(0対8)、スウェーデン(0対8)に続いて日本に惜敗した単一チームはグループリーグを3戦全敗で終えた。
単一チームはこれから順位決定戦を行う。


20180214184231000a.jpg

20180214184231000b.jpg

20180214184231000c.jpg

20180214184231000d.jpg



CAS、チョン・モンジュン元FIFA副会長の懲戒を解除…サッカー関連活動の再開可能
ニュース1




※一部要約

チョン・モンジュン元FIFA副会長のFIFAから受けた制裁が解除された。

国際スポーツ仲裁裁判所(CAS)は9日、チョン元副会長に対する制裁を解除し、罰金5万スイスフランも取り消した。
これでチョン元副会長は国内および国際サッカー関連の活動を再開できることになった。

CASはFIFAが課した5年の制裁期間を1年3ヶ月に軽減し、制裁は2017年1月7日に満了したと決めた。
CASは、FIFAが手続きを遅らせたためチョン元副会長が早く制裁から脱する機会を持てなかったと指摘した。

チョン元副会長は、CASが既存の制裁を全面的に取り消さなかったことに対して遺憾を表明した。
チョン元副会長は「この4年間は私の名誉と自負心が毀損された苦痛のときだったが、FIFAが再びサッカーファンの尊敬と愛を受ける団体になるために努力する」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング