Kリーグでプレーしたパータルの平壌遠征「ホテルの上をミサイルが飛んで行った」
ソウル新聞




※一部要約

「遠征最終日に私たちのホテルの部屋の上からミサイルが発射された。私たちはそのようなことにまったく準備できておらず、早くここを抜け出さなければという思いだけだった」

インドプロサッカー・ベンガルールFCのMFであり、去年国内Kリーグの全北で6試合だけプレーしたエリク・パータルが、世界で最も秘密の国であり、アメリカと激しい核脅威の攻防を繰り広げている北韓遠征に行った所感を、19日に英国BBCで打ち明けて目を引いた。
ベンガルールは国内でもよく知られている4・25サッカークラブとのAFCカップ準決勝のホーム1次戦を3-0でリードした状態で、13日に平壌の綾羅島5・1競技場を訪れて遠征2次戦を0-0で引き分け、タジキスタンのFCイスティクラルとの決勝に進出した。

パータルはソーシャルメディアに文章を上げて平壌遠征が安全なのか心配していたが、AFCが前もって踏査チームを送って安全であるという判断を下し、遠征に発った。
彼は「戦争が起きるかもしれない、それか不安定な地域でサッカーをするということだった。だが北韓は聞いていたものとはまったく違うところだった」と振り返った。

インド・ムンバイを出発して中国・北京を経由し、11日に平壌の順安国際空港に到着したが、係留場に飛行機が一台しかなくて驚いた。
遠征キット、サッカーシューズやサッカーボールなどの手荷物が紛失し、2時間も待たなければならなかった。
すべての店や出入国事務所の職員も退勤していて、電気も通ってない空港でベンガルールの選手だけが残っていた。



チョ・ヨンチョル転役…蔚山キム・ドフン号"千軍万馬"になって戻ってきた
スポーツソウル




※一部要約

チョ・ヨンチョルが尚州尚武で軍服務を終えて蔚山現代に復帰した。

チョ・ヨンチョルは13日、蔚山のクラブハウスに復帰、KリーグクラシックとFAカップの同時優勝を狙っているチームの千軍万馬になって戻ってきた。
ただでさえスボティッチの他にこれといったワントップがいなかったキム・ドフン監督としては、チョ・ヨンチョルの加勢でさらに多彩な攻撃戦術を構想できるようになった。
主力FWであるイ・ジョンホやオルシャらと、どのようなシナジーを出すのかが関心事である。

チョ・ヨンチョルはJリーグの横浜FC、アルビレックス新潟、大宮アルディージャを経てカタールSCで活躍し、2015年7月に故郷のチームでる蔚山に入団した。
その年のシーズン直後に尚州に入団した後、2シーズンで42試合5ゴールを記録した。

チョ・ヨンチョルは「尚州で軍服務をしながら良い経験を多くした。早く転役して蔚山で助けとなり、ファンに愛される選手になりたいという気持ちが大きかった」と語った。
それと同時に「尚州でも蔚山の試合をほとんどチェックしていた。チームが追求しているスタイルや、所属選手がどんな心構えでプレーしているのかよくわかっている。そういう姿に感銘した。私も早くチームに適応し、一員となって手助けしたい」と語った。



"法人カードじゃんじゃん"サッカー協会チョ・ジュンヨン、イ・フェテク、キム・ジュソン、ファンボ・カンら立件
NEWSIS




※一部要約

ゴルフ場、遊興業所などで1億ウォン台の大韓サッカー協会公金を私的に使ったたチョ・ジュンヨン(71・元サッカー監督)元協会長ら、元・現職の役職員が警察に捕まった。

ソウル警察庁知能犯罪捜査隊は大韓サッカー協会のチョ元会長、イ・フェテク(71・元サッカー監督)元副会長、キム・ジュソン(51・元サッカー選手)元事務総長、ファンボ・カン(52・元サッカー監督)元技術委員会委員長ら元・現職役員11人を業務上背任の容疑で不拘束立件したと14日に明かした。

また警察は、現職員イ某(39)氏を詐欺などの容疑で不拘束立件した。

チョ元会長ら11人は、2011年7月から2012年12月まで、業務推進費の名目で支給された法人カードを220回余りかけて、計1億1677万ウォンを私的に使った疑いを受けている。

警察によると、大韓サッカー協会元会長のチョ氏は、在任期間で3回に渡って国際試合に夫人を同行し、約3000万ウォン相当の協会公金を不正に処理した。
彼は協会の法人カードを、知人らとのゴルフ費用に1400万ウォン使ったりもしていた。

イ元副会長、キム元事務総長、ファン元委員長ら10人は、法人カードでゴルフ場133回に5200万ウォン、遊興酒店30回に2300万ウォン、カラオケ11回に167万ウォンを使った。
また、肌の美容などで26回にかけて約1000万ウォンを計算していることが確認された。



[取材ファイル] "ヒディンク招聘"青瓦台請願、後爆風をわかっているのか
スポーツ東亜




※一部要約

9回連続ワールドカップ本戦進出に成功した韓国サッカーをめぐり、ときならぬ論難が起きている。
フース・ヒディンクを代表の指令塔に迎えろという一部の主張のためである。
彼らは各種サッカー掲示板に、2018ロシアワールドカップアジア最終予選で不振だったという理由で、指令塔を交代しなければならないという論理を展開している。
あっぷあっぷしていた代表を、シン・テヨン監督が指揮棒を取ってから、最後の2連戦を無事に終えて目的を達成したという事実は認めようとしない。

むしろ太極戦士の努力と苦労をこき下ろすのに忙しい。

それでもここまでは、"別のやり方で"自分たちのサッカーを愛するファンの情熱と熱望として十分包装することができる。
問題は、最近相次いで青瓦台のHPにあらわれた請願だ。
「ヒディンク監督が韓国代表に肯定的な意志を表明したのは、金のためではなく情緒的な理由だ。現実的に難しいなら、国民募金をしてでも代表の指揮棒を取らせるようにしなければならない」、「ソウル光化門広場に集まり、赤いTシャツを着て"ヒディンク監督就任しろ"と叫ぼう。(政府が)国民のロウソクの民意を裏切らないことを願う」というような内容の請願がHPに上がっている。






北サッカー新星ハン・グァンソン、北核実験でイタリアリーグ退出説
ヘラルド経済




※一部要約

北韓の核実験の余波が、最近の欧州リーグを熱くして人気を呼んでいる北韓"サッカーの新星"ハン・グァンソンの運命に影響を及ぼすのか注目されている。

国際社会の強い憂慮にもかかわらず核実験を強行した北韓に対し、11日に強力な対北制裁案を評決する予定の中、対北制裁の中には北韓への原油提供中断、北韓労働者追放などの内容が含まれていることがわかった。
また、EU次元では北韓労働者の雇用禁止を別途で推進中である。
ヨーロッパに北韓労働者は多くないが、続いている北韓の核開発に警告をするため、直接的にヨーロッパの北韓労働者に対して制裁を加えるということだ。

その場合、ハン・グァンソンがヨーロッパの国の主なターゲットになり得る。
イタリアのプロサッカーチームに移籍したハン・グァンソンは、毎試合ゴールを奪うなど、期待以上の活躍でイタリア現地ファンから大きな歓声を受けている。
ついにはイタリアリーグの名門チームであるユベントス、世界サッカーの最上級リーグであるアーセナル、エバートンまでハン・グァンソンに関心を持っているという裏話である。

国連とEU次元で対北制裁案が決議されれば、ハン・グァンソンのヨーロッパ生活に変化が予想される。

ハン・グァンソンは今年3月にセリエAのカリアリに移籍し、北韓選手で初めてヨーロッパの中央の舞台でゴールを決めた。
昨夏にセリエBのペルージャにレンタルされ、勢いに乗った試合感覚を誇っている。
2部リーグの2試合で一回のハットトリックを記録し、別の試合で1ゴール決めるなど、計4ゴールを決めてチームの連勝を導いた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング