ソウル、"2032年夏季オリンピック"国内誘致都市に選定…「歴史性、経済性でソウルをリード」
エムスプルニュース




※一部要約

ソウル市が"2032年夏季オリンピック"の国内誘致都市に得ればれた。

2月11日、忠清北道鎮川の国家代表選手村で行われた大韓体育会代議員総会で、ソウルが釜山を下して"2032年夏季オリンピック国内誘致都市"に選ばれた。
無記名投票で行われた誘致戦で、ソウルは全体49票のうち過半数の24票以上を取った。

ソウル市は去年すでに「2032年の南北オリンピック同時開・閉幕式を行う」と発表していた。
釜山市は1月28日に市議本会議で"2032年夏季オリンピック大会釜山・平壌共同開催誘致同意案"を採択し、一歩遅れて誘致戦に飛び込んだ。

ソウルが国内誘致都市に選ばれたが、2032年のソウル・平壌夏季オリンピックが確定したわけではない。
南北韓国の他に中国、オーストラリア、ドイツなども夏季オリンピックの誘致に関心を見せていることがわかった。

文化体育観光部は15日にスイス・ローザンヌのIOC本部を訪れ、2032年の夏季オリンピック共同誘致の意向書を渡す予定だ。



「この条件なら認定」アジアカップ優勝のためにイランが掲げた条件
WIKITREE




※一部要約

イラン政府がアジアカップ優勝のために軍免除の恩恵を与えることを考慮している。

5日、アメリカのスポーツメディア"フォックススポーツ"は「イランのスポーツ青少年部長官Masoud Soltanifarが、"兵役対象者についてアジアカップ優勝時に軍免除の恩恵を与える方案を考慮している"と発表した」と報じた。

現在、イラン代表選手で兵役対象者は7人である。
イラン代表のエースであるサルダル・アズムン、サイード・エザトラヒ、アリ・レザ・ビランヴァンド、アリレザ・ジャハンバクシュ、マジド・ホセイニ、アリ・ゴリザデ、メフディ・トラビが軍免除対象者に含まれている。

だがイラン徴兵部は原則を強調している。
徴兵部のスポークスマンMousa Kamaliは最近の論評で「法に基づいた軍免除はオリンピック、アジア大会、世界選手権大会でメダルを取った選手だけに該当する。兵役免除候補に取り上げられている7人は資格がない」と言及した。

イランで現役服務対象者は、身体検査を終えてから2年間軍服務を遂行しなければならない。

6日、オーストラリアメディア"ザ・ロア"は、「イラン国内で軍免除を与えるべきという世論が力を増していて、状況がひっくり返ることもあるという観測が出ている」と伝えた。



キム・ハクボム-ファン・ウィジョが星になった日でも…ある市会議員の卑怯な沈黙は続いた
OSEN




※一部要約

韓国サッカーの新たな星が浮上した日でも卑怯な沈黙は続いた。

大韓サッカー協会は18日午後、ソウルのJWマリオット東大門スクエアで"2018KFA授賞式"を開催した。
この日の授賞式で最も関心を集めたのは、8月に国民すべてを熱狂させたアジア大会代表だった。

2018インドネシア・ジャカルタ-パレンバンアジア大会でキム・ハクボム号は、ファン・ウィジョとソン・フンミン、チョ・ヒョヌの活躍を前面に出して史上初の大会2連覇を達成した。

単なるアジア大会金メダルを越えて、韓国サッカー全体の熱気を蘇らせる快挙だった。
この熱気はそのまま新たに船出したベント号に続いた。
実際、国内で行われた4回の評価試合はすべて売り切れ、サッカー界を揺るがした。

まずキム・ハクボム監督が今年の男性指導者に選ばれた。
彼はファン・ウィジョとチョ・ヒョヌ、ソン・フンミンら適切なワイルドカードの抜擢と、果敢な戦術でアジア大会2連覇を導いた功労が認められた。

今年の男子選手にはファン・ウィジョが選ばれた。
激しい投票の結果、彼は合計218点でソン・フンミン(トッテナム・171点)、チョ・ヒョヌ(大邱FC・62点)を抜いて2018年の大韓民国最高の選手に選ばれた。
総投票者53人のうち70%近くの36人がファン・ウィジョを1位にした。


181219084233382a.jpg



牙山ムグンファ「来年のKリーグ参加は決まってない」協議で訂正
STNスポーツ




※一部要約

牙山ムグンファが13日、訂正報道資料を通じて「牙山市の動きにクラブが拡大解釈した結果、2019シーズンのリーグ参加および2020シーズンの市民クラブ創立の有無に関して、決まっていることはない」として、「クラブの慎重ではない判断によって、リーグ参加および市民クラブ創立を長らく待って下さっていた牙山ムグンファプロサッカー団のファンと、牙山市民に正確な事実関係を伝えられなかった点に深く謝罪を申し上げる」と伝えた。

牙山は12日、報道資料を配布して、来シーズンのKリーグ参加と2020シーズンの市民クラブ創立の可能性を伝えていた。

牙山は「12月20日までに市民クラブへの転換を確定させた場合、プロサッカー連盟が来年のKリーグ2参加の機会の付与と、14人の選手が所属選手として残れるように協力するだろう」と各提案を明かしていた。

だが確定ではなく協議中の事案に訂正し、「牙山は2019Kリーグ2参加の有無などを総合的に検討し、早い期間内に正確な事実関係を伝えられるよう最善の努力をする」と語った。



ト・ジョンファン「FCバルセロナ、南北単一サッカーチームとの試合を要請」
ソウル新聞




※一部要約

スペイン・プロサッカーの名門クラブFCバルセロナが、来年7月に南北単一サッカー代表と試合がしたいという意向を伝えてたことがわかった。

ト・ジョンファン文化体育観光部長官は、大山文化財団が発行する季刊"大山文化"冬号に掲載されたインタビューで、南北関係で発生する難局を克服する方法を説明し、その内容を明かした。

ト長官は「サッカー選手のリオネル・メッシが所属するFCバルセロナが、来年7月に南北単一サッカー代表と試合がしたいという意向を伝えてきた」として、「多くの国で南北がともにする隊列に参加すると言っている」と説明した。

また、「2032年にオリンピックを共催しようという提案を南北首脳が発表すると、すぐ国際オリンピック委員会(IOC)がどうやって交際するのかスイスのIOC本部を訪れて説明してほしいという書簡を送った」とも伝えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング