"雰囲気満点"浦和vsドルトムント・・・玉に瑕の"旭日旗"
ジョイニュース24




※一部要約

日本プロサッカーのJリーグが精魂を込めて企画した祝祭の場に58327人のファンが訪れ、競技場を熱く盛り上げた。
だが政治的な意図を存分に盛り込んだ旭日旗が相変わらずはためき、眉をひそめさせた。

15日、日本の埼玉にある埼玉スタジアム2002で、明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017の浦和レッズとボルシア・ドルトムントの試合が行われた。
Jリーグが1部リーグの試合日程をすべて中断して広報に熱を上げたほど、比重はかなり大きかった。

実際、試合開始前から熱い熱気が感知された。
14日、市内のあるサッカー用品店を訪れると、すぐにドルトムントのユニフォーム、その中でも日本人選手である香川真司の名前がプリントされたシャツが前面にかかっていた。
ほぼ同じ時期にバルセロナの選手が日本を訪れ、バルセロナのユニフォームもかかっていたが、規模では比較にならなかった。

サッカー用品店の関係者は「ドルトムントのユニフォームだけでなく、関連用品、それとともに日本代表ユニフォームだけでなく売れている」と嬉しい悲鳴を上げた。

そのような状況と噛み合わさり、この日競技場へ向かう道はまさに雲の観衆だった。
競技場に向かうほどドルトムントと浦和のユニフォームを着たファンの数が増え、埼玉スタジアムの最寄り駅である浦和美園駅に着くと、すぐに数が急増した。


20170716070116249a.jpg



鳥栖のユニフォームにチョン・スンヒョン「スンちゃんと呼んで」
蹴球ジャーナル




※一部要約

「スンちゃんと呼んでください」

最近蔚山現代からJリーグのサガン鳥栖に移籍したチョン・スンヒョンが、新チームで初めて挨拶をした。
鳥栖市の地元紙"佐賀新聞"は4日鳥栖に合流したチョン・スンヒョンが、初練習をしてから入団記者会見を行なったと5日に報じた。

チョン・スンヒョンは「色んなチームからオファーを受けた。その中で鳥栖が最も積極的だった」として、「Jリーグで一番良い選手になることが目標だ。韓国のように情熱的なプレーをするだろう」と誓った。

初練習を終えたチョン・スンヒョンは「日本サッカーは技術が優れた選手が多いという印象だった。練習してみると肉体的、精神的にも強いようだ」として、「同僚とクラブ職員が歓迎してくれたので良い姿を見せたい。戦う準備をしてこのチームに来た」と意志を固めた。






ムン大統領「2030年ワールドカップの北東アジア共同開催を希望」
韓国日報




※一部要約

ムン・ジェイン大統領がジャンニ・インファンティーノFIFA会長に、2030年ワールドカップの北東アジア共同開催を希望するというメッセージを伝えた。

青瓦台の関係者によるとムン大統領は12日、青瓦台でインファンティーノ会長と会い「2030年ワールドカップの北東アジア共同開催を希望する」と語った。
これに対してインファンティーノ会長は「近いうちに習近平国家主席に会うため、中国に行ったとき習主席にも聞いてみたい」と堪えた。

インファンティーノ会長は11日に水原ワールドカップ競技場で行われたU-20ワールドカップ決勝戦を観戦し、この日に大韓サッカー協会にしばらく寄ってチョン・モンギュ大韓サッカー協会会長とともに青瓦台を訪れた。

ムン大統領はこの日、「サッカーは貧しい国と強い国が肩を並べて楽しめるスポーツ」として、「過去にサッカーは南北関係にも貢献した」とも強調した。

ムン大統領は「韓国人が最も好きなスポーツはサッカー」として、「日本とワールドカップを共同開催し、今回のU-20ワールドカップも開催した。私も個人的にサッカーがスポーツの中で最も平等で民主的なスポーツだと考えている」と明かした。
インファンティーノ会長は「ムン大統領の当選にお祝い申し上げる。今大会を立派に主催した韓国国民の皆様に感謝の言葉を申し上げる」と答えた。






[取材ファイル] プロサッカーと軍務・・・入隊のためのKリーグ"Uターン"まで
SBS




※一部要約

韓国サッカー最高の"テクニシャン"の一人に挙げられるユン・ビッカラム選手がKリーグ復帰を控えています。
2015年12月に済州を去って中国スーパーリーグの延辺に移籍してから1年6ヶ月ぶりです。
延辺との契約期間は3年残っていますが、KリーグへのUターンを決めることになった理由は兵役のためです。

軍人チームの尚州尚武や警察サッカーチームの牙山でプレーするには入隊直前のシーズンにKリーグでプレーしなければならないというプロサッカー連盟の規定により、国内舞台の復帰を決めました。
ユン・ビッカラムだけでなく、海外でプレーしている1990年生まれの選手も次々とKリーグ復帰を打診していて、夏の移籍市場が熱く燃え上がる見通しです。
最近、スタープレーヤーの海外流出で人気が落ちたKリーグにとっても、"干天の慈雨"のような便りです。

尚州尚武と牙山警察サッカーチームの選手選抜の年齢制限は満27歳です。
当初は尚武が満27歳、警察サッカーチームが満29歳と違っていたのですが、公平性を理由に2016年に警察サッカーチームが選手選抜の年齢基準を2年下げて、両チームとも満27歳に統一されました。


20170607223714106a.jpg



"カタール断交"シュティーリケ号、カタール遠征でもう一つの変数
スポータルコリア




※一部要約

シュティーリケ号のカタール入りが険しくなった。
アラブ圏国家の"カタール断交"の飛び火が韓国サッカー代表にも飛んできた。

シュティーリケ監督が率いるサッカー代表は14日、カタールと2018ロシアワールドカップアジア最終予選8次戦を行う。
それに先立って代表は先週、UAEに移動して現地適応に乗り出していた。

当初、代表はUAEで体を作り、8日にイラクと評価試合をしてカタールに移動する計画だった。
航空便でUAEからカタール・ドーハに移動すれば、かかる時間はせいぜい1時間余りなので、コンディション調整に大きな問題はなかった。

だが湾岸協力会議(GCC)所属のサウジアラビアとUAE、バーレーン、エジプト、イエメン、モルディブら7ヶ国が6日にカタールとの断交を宣言した。
彼らはカタールが湾岸近隣諸国と摩擦を起こしているイランを擁護して利益を得る様子を見せると、すぐに強硬な対応に出た。
UAEが最も積極的な姿を見せ、カタールとの断交を宣言して陸路と領空、領海などすべての道を閉ざした。

UAEで現地練習を始めた代表にとっては、青天の霹靂のようなものである。
UAEからカタールに移動する方法が消え、予想できない被害を受けることになった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング