実務者が伝える"ドイツサッカー早期留学の虚と実"
スポーツワールド




※一部要約

「サッカー留学を悩んでるのだけど・・・」

2002韓日ワールドカップ以降、ヨーロッパや南米へのサッカー留学がブームを起こした。
中・高校生時代から海外に出ていき、先進サッカーを身につけるという意図だった。
おかげでキ・ソンヨン、チ・ドンウォン、ソン・フンミンという韓国サッカーの大黒柱が誕生した。
最近は"10代の青年"ペク・スンホ、イ・スンウ、チャン・ギョルフィ(以上FCバルセロナ)がスペインで大活躍を繰り広げ、韓国サッカーを導く最高の期待の主として脚光を浴びている。
なのでサッカー留学に対する父兄の関心がますます高まっている。
だが実際のサッカー早期留学について、明確で具体的な情報を得るのは容易ではない。
なので中途半端なサッカー早期留学によって現地適応に失敗し、手ぶらで帰ってくることが数多い。
心理的に最も不安定な時期の青少年期に離れる留学であるだけに、熟慮してから留学を決めるべきである。
これについて、ドイツ現地でサッカー留学やエージェント事業をしているチャン・ヒョングヮンDFSMSPORT代表を通じて、ドイツサッカー早期留学の虚と実について聞いてみた。






[デンソーカップ] 韓国大学選抜、日本に1-2の逆転負け
大韓サッカー協会




※一部要約

韓国大学選抜チームが日本に惜しい逆転負けを喫した。

ソ・ドンウォン監督(高麗大)が導く韓国大学選抜チームは20日、日本・川崎等々力スタジアムで行われた第13回2016デンソーカップ韓日大学サッカー定期戦で日本に1-2の逆転負けを喫した。
韓国はクク・テジョン(檀国大)の先制ゴールでリードしたが、後半終盤の残り5分で同点ゴールと逆転ゴールを相次いで許して崩れた。

試合後、ソ・ドンウォン監督は「敗北は残念だが日本を圧倒するほどの競技力を見せた。最後の5分間で集中できずに敗れたが、85分間良い試合をした。また、デンソーカップを通じて両国の技量を点検して発展するきっかけとなり、韓国の大学選手のモチベーション誘発に助けとなる意義深い大会だった」と伝えた。

主将のチェ・ジュンギは「前半の開始から良い競技力で圧迫は良かったが、あまり得点できずに試合を楽に解いていくことができなかった。準備期間が短くて多少不十分だったようだが、両チームにとって良い経験だったし、発展のきっかけとなった」と語った。


sptPostArticleImage-96455a.jpg

sptPostArticleImage-96455b.jpg



[SS映像] 日高校サッカーチームの"踊る"フリーキックゴールが話題
スポーツソウル




※一部要約

日本のある高校サッカー大会から出た画期的なFK方法が話題を集めている。

12日、英国の複数メディアは「日本の高校サッカーチームの独特なFK方法」というタイトルでFKシーンが入った映像を紹介した。

報道によると、10日に日本で行われた"第94回全国高等学校サッカー大会"決勝戦で、東福岡高校の選手が"踊るFK"の方法で相手の国学院久我山高校のゴールを破った。

この日出たFKでは、東福岡の3選手がFK地点の前で肩を組み、一歩ずつツカツカと後ろに下がる姿を見せた。
これはまるで相手守備の壁の前で踊っているようだった。

一方、2日の英国チャンピオンシップ(2部リーグ)のバーミンガム・シティとブラッドフォードの試合では、同じようなFKゴールが出て話題を集めたことがある。

https://youtu.be/QynTXIt1oJY?t=2s



城南FC U-18、"韓日最強交流戦"で国見高校に4対0の勝利
スポーツ朝鮮




※一部要約

城南FC U-18が国見高校に4対0で勝利をおさめて3戦全勝を記録した。

城南は29日、エイチエムスポーツと浦項市が共催した第3回2015浦項韓国日本U-18最強交流戦で、キム・ミンギュのハットトリックとキム・ドンウクの追加ゴールを前面に出して4対0で国見高校を大破した。

27日のV・ファーレン長崎戦(2対0)と28日の国府高校戦(2対0)で勝利をおさめた城南はこの日、国見高校に勝って3戦全勝を記録して最優秀チームに選ばれた。

今大会を主管したエイチエムスポーツのチェ・ジョンファン代表は「今回の交流戦に参加した韓日両国のチームが、それぞれ異なる色を持つ相手との試合を通じて、一段発展したきっかけになるものだと信じている」と所感を伝えた。

第3回2015浦項韓国日本U-18最強交流戦は27日に始まって29日までの3日間の日程で進められた。
城南とセレッソが3試合で全勝をおさめたが、ゴール得失でリードした城南が最優秀チームに選ばれ、キム・ジョンミン(光州)と羽村楓也(岡山)が韓日両チームの指導者が選んだ最優秀選手に選ばれた。



[インタビュー] 指導者ユ・サンチョルの過去と現在、そして未来
スポーツ朝鮮




※一部要約

「準優勝だけ3回したらトラウマができそうだ(笑)」

蔚山大は最近"優勝福"がなかった。
去年の春季大学サッカー連盟戦と全国体育大会南帯部、今年の秋期大学サッカー連盟戦など、3大会で相次いで準優勝に終わった。
頂点の前で頭を下げた記憶が愉快なはずない。
だが蔚山大はわずか数年前まで"まあまあな"地域チームだった。
優勝圏の戦力に変貌した背景にはユ・サンチョル監督がいた。

"指導者ユ・サンチョル"のプロデビューは痛みだった。
2011年7月の大田シチズン赴任当時、勝負操作の波紋で満身創痍だったチームをまとめた。
翌年も死力を尽くしたが、"初心者監督の限界"を越えられなかった。
2012年12月に成績不振の責任を取って監督職から退いた後、Kリーグ広報大使として活動したが、心を満たすには力不足だった。
2014年1月、蔚山大監督に白衣従軍するのに時間はかからなかった。

蔚山大に赴任してからまず最初にした仕事は、選手と意思疎通することだった。
数年間振るってなかった蔚山大だったので、"反転"が尚更必要だった。
程なくして望んでいる色が少しずつ出始めた。
成績も後に続いた。
韓国大学サッカー連盟は11月にベトナムで行われる韓中日大学連盟戦に出る大学選抜チームの司令塔に、ユ監督を選任した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング