日本サッカー留学を手伝う"エースウェイ"
スポーツ東亜




※一部要約

日本の主要大学が韓国サッカーの有望株の需給に積極的に飛び込んだ。

サッカー部を運営している10の日本の大学は最近、エースウェイ(Aceway・代表ナム・ギム)を通じて韓国選手のスカウトに乗り出すという意志を伝えた。
時期は2月からで、日本の主要大学のコーチングスタッフやスカウトが国内の高校大会の現場を直接訪れ、選手発掘および点検に出る計画だ。

国内のU-18(18歳以下・サンウ高)とU-22(22歳以下・ソウルデジタル大学)のクラブを同時運営しているエースウェイは、国内のアマチュア選手の日本サッカー留学を手伝っている。
同時にJリーグ入団を目的に、大阪堺にあるエースウェイジャパン(Aceway Japan)の成長にも心血を注いでいて、日本の多くのサッカー人との活発な交流を続けている。



大学サッカー、ますます激しくなる就職寒波に溜息
蹴球ジャーナル




※一部要約

冬が帰ってきた。
水銀柱が氷点下に下がって降りしきる雪も舞い散る。
大学サッカー界はすでにカチコチに凍りついた。
就職寒波のためである。
特に卒業を控えている4年生選手は漠々たる未来に溜息ばかりついている。
プロチームが4年生に見向きもしないためである。

今シーズンのKリーグが幕を下ろした。
クラシック(1部)とチャレンジ(2部)の各クラブはすでに来年のための準備に入った。
徐々に大学選手のプロ入団のニュースが聞こえてくる。

しかし大学サッカー界の雰囲気は明るくない。
プロチーム入団の選手数が以前より大幅に減ったためである。
首都圏A大学の監督は「プロチームに選手を送ることは、空の星を掴むように大変だ」と溜息をついた。

特に2015年度を最後にKリーグ新人ドラフトが廃止されて各クラブが腰のベルトをきつく締め、以前より選手団の規模が小さくなった。
当然新人の数も減った。
今は2~3人をプロに送るだけで同僚監督の羨望を買う。



日本Bチームが2017アジア大学サッカー優勝
国際ニュース




※一部要約

日本Bチームが太白総合競技場で行われた2017アジア大学サッカー大会で優勝した。
日本Bチームは27日、韓国Aチームとの決勝戦で、後半終了前の2対2の同点という状況で、上田選手の決勝ゴールによって3対2で韓国Aチームを退けた。
上田選手は大会得点王になった。

この前に行われた3-4位決定戦では、タイチームが韓国Bチームを2対0で退けて3位になった。
これで日本Bチームが優勝、韓国Aチームが準優勝、タイチームが3位を占めた。

一方、アジア大学サッカー連盟と韓国大学サッカー連盟が主催し、アジア大学サッカー連盟と太白市サッカー協会が主管する今大会は、韓国・日本・イラン・」タイなどアジア7ヶ国の10チーム、400人余りの大学サッカー選手が参加して技量を争った。




2017アジア大学サッカー大会は日本Bチームの優勝
プレシアン

art_1506502208.jpg


※一部要約

27日、江原の太白総合競技場で行われた"2017アジア大学サッカー大会"決勝で韓国Aチームを2-3で下した日本Bチームが、優勝トロフィーを持ってキム・ヨンシク市長と記念撮影している。
大会MVPは日本Bチームのイトウ・アツキが受賞した。



韓国サッカーの根元を丈夫に…U-15サッカー先進化方案協議会の初会合
スポーツソウル




※一部要約

韓国サッカーの根元である小中等部の選手がどうすれば学業とスポーツを併行してしっかりと成長できるか。
一線の現場で悩むだけでは解決しにくい問題である。
大人の政策一つ、不正行為一つで直接的な影響を受けるのは若い学生選手であるだけに、大人の責任が大きい。
学生としての教育と、スポーツ選手としての実力向上を同時に成し遂げられる方法を考える意義のある席が用意された。

ソウル蘆原区のコンヌン中学校で23日、第1次U-15サッカー先進化方案協議会が開かれた。
韓国中等サッカー連盟と大韓体育会、ソウル特別市教育庁が共同で主催し、ソウル特別市市議会のムン・サンモ議員が主管した席だった。
"勉強をする学生選手"を作るための文化体育観光部と教育部の方針が、実際にスポーツ部を運営している学校や指導の現場ではどう感じているのか、どのような変化が必要なのかについて様々な意見が行き来した。





この日の席では結論を出すより、変化と改善の必要性を共感し、どの部分が修正補完されるべきなのかを共有することに優先的な意味があった。
競技力向上ではなく、効率的で透明な運営方法に焦点を置いて議論したことも重要な部分だった。
苦しさを吐露するだけに終わらず、検討可能な代案も出て来るなど、意味のある時間だった。
各界の要人が集まった初の協議会を基に、タスクフォースチームを構成して緊密な疎通を続け、現実的な成果を上げる計画である。
イ・ヨンス大韓サッカー協会副会長は「問題点を指摘し、変化と改善をはじめる席である。時代や環境が変化し、一線の現場が困難を経験している。現場の変化とともに制度の改善が強く求められているとき」と意味を与えた。



スポーツ界の慣行に"急制動"…父兄から数千万ウォンを受けていたサッカー監督を立件
聯合ニュース




※一部要約

父兄から慣行的に金を受け取ってきたサッカー監督が、初めて請託禁止法の対象である公職者に分類されて処罰を受けることになった。

今回の事件により、これまで父兄の金が監督のポケットにずっと入ってきたスポーツ界の悪習にブレーキが掛かるものとみられる。

全北任実警察署は不正請託及び金品等の収受禁止に関する法律の違反容疑で、全北のある大学のサッカー監督キム某(54)氏を不拘束立件したと8日に明かした。

監督に金を渡したハン某(50)氏など父兄20人も同容疑で立件された。

キム氏はいわゆる請託禁止法が施行された去年9月28日から3月17日まで、ハン氏などから月給や活動費の名目で3500万ウォン余りを受けた疑いを受けている。

警察はキム氏が学校と1年単位で契約していたので、請託禁止法の適用対象である"公職者"に該当すると判断した。

キム氏は学校から150万ウォンの月給を受けていたにもかかわらず、父兄から月給名目で500万ウォン、活動費の名目で100万ウォンを受けていたことが明らかとなった。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング