初・中キングオブキング戦廃止・・・大学Cゼロルール拡大
蹴球ジャーナル




※一部要約

学生サッカーに大きな変化が起きる。
来年から初等と中等リーグのキングオブキング戦が行われない。
大学サッカーではCゼロルールが全面適用される。

大韓サッカー協会は17日、サッカー会館で理事会を開き、2009年から行われてきた初・中リーグのキングオブキング戦を来年から廃止し、圏域リーグだけを行うことに決めた。
これまで初等部と中等部は、3月から10月まで地域別に分かれてリーグ戦を行なった後、各圏域の上位チームを集めてキングオブキング戦を行なっていた。

しかし行き過ぎた競争により、キングオブキング戦が"楽しむ幼少年サッカー文化の定着"というリーグ発足の趣旨に合わないという指摘が提起されていた。
トーナメント形式で若い選手が多大な圧迫を受けるということである。
またサッカー協会は、選手が上級学校進学のためキングオブキング戦の前に転校する現実があるので、一線の指導者がキングオブキング戦の廃止を建議したと説明した。
ただし、高等部では現在のようにリーグとともにキングオブキング戦をずっと開催する計画である。

この日の理事会ではまた、"勉強する選手"育成のため、来年からCゼロルールに同意する大学のみをUリーグに参加させることにした。
Cゼロルールというのは、2学期の全体科目の平均単位がC未満の選手は、大学リーグに参加できないようにする制度である。
したがって、来年のUリーグに参加する2学年以上の選手は、今年の1・2学期の平均単位がC以上でなければならない。
今年は大学スポーツ総長協議会所属の大学のみに適応された。



J2首位チームに挑戦状を出した漢陽大ウォン・ドゥゼ
スポータルコリア




※一部要約

ウォン・ドゥゼ(19、漢陽大)がJ2首位チームのアビスパ福岡に向かう。

1997年11月生まれのウォン・ドゥゼは大学でも屈指の優秀な才能。
雲湖高在学当時、アン・イクス監督が率いていたU-18代表と縁を結んだ。
所属校では中央MFを消化していたが、代表ではCBのオプションとして待機していた。


20170626174525991a.jpg


漢陽大進学後は最前方FW、守備型MFを兼ねていた。
新入生時代にFWの任務を遂行したウォン・ドゥゼは、去年の水原JSカップでも最前方でプレーした。
フランスU-19との対決で深い印象を残したりもした。

今シーズンは守備型MFとして活躍した。
負傷のためU-20ワールドカップ参加のタイミングは逃したが、漢陽大では主軸の役割をやり遂げた。


20170626174525991b.jpg



[青春、青春に会う] 「Kリーグデビューが目標」日留学生択真の夢
スポーツ東亜




※一部要約

プロ進出に向けて全力を注いでいるUリーグ(大学リーグ)には2774人の選手がプレーしている。
3000人近くの選手の中に、唯一の日本国籍の選手がいる。
漢陽大学体育学科2年の"石橋択真"だ。

択真は去年、外国人特技者選考で漢陽大学体育学科に入学した日本人サッカー選手である。
日本九州熊本県の秀岳館高校を卒業した彼は、日本の監督の推薦で韓国の地を踏んだ。
日本から交換学生や留学生の身分で韓国の地を踏む大学生は多いが、このようにエリート選手が韓国で選手生活を続けるケースは多くない。
択真は今年、大学2年生になった。
韓国生活2年目を迎えた所感を聞くと、すぐに択真は「去年と比べてたくさんの試合を消化できて嬉しい」と笑った。
実際に択真は今シーズン、漢陽大学所属としてUリーグ、春季連盟戦、FAカップなどで充実した活躍を見せている。

択真の強みはパスである。
守備型MFの席で活躍している択真は、正確なパスを基に試合を運営する能力に優れている。
チョン・ジェグォン漢陽大監督とコーチングスタッフもやはり、択真のパス能力をインタビューで讃えたことがある。



K.I.S FC U-18、日本列島をターゲットに盛大な第一歩
スポータルコリア




※一部要約

K.I.Sコリア国際高等学校U-18が遠大な夢を抱いて第一歩を踏み出した。

K.I.S FC U-18は18日午後、キム・ジョンナムOBサッカー会長を含むサッカー人の祝福の中で、正式に創立を宣言した。
カン・ヨンチョル元成均館大監督が指揮棒を取り、18人のサッカー有望株がともにすることを誓った。

KFA(大韓サッカー協会)分析委員として2002韓日ワールドカップ、2006ドイツワールドカップ、2010南アフリカワールドカップの分析を引き受けたカン監督は、蔚山現代の首席コーチ、成均館大監督などを歴任した指導界のベテランである。
早期にP級指導者ライセンスを取得し、18年間日本の高校サッカーチームを指導した。
4300余りのチームの中で3位入賞を果たして大きなイシューを起こしたこともある。

カン監督に指揮棒を任せたK.I.S FC U-18は、既存のものとは異なる方向を追求する。
中途半端な運動マシーンに終わらずに、人間性や知性を兼ね備えた社会人の養成を目標に設定した。

サッカー面ではJリーグ進出や日本の大学進学を見据える。
学生の本分で教科カリキュラムも十分整えた。
世界化の流れに合わせて全科目の授業を英語・日本語で進める。



[442.talk] チェ・テウク監督、「練習量と成績、比例しない」
FourFourTwo




※一部要約

「幼少年時代の練習量があまりにも多い。短時間でも100%集中できるようにさせる練習のほうがもっと有効だ」

ソウルイーランドU-15ユースチームのチェ・テウク監督が、国内サッカーに意味のある話題を投げかけた。
12日午前、ソウルのスピークパフォーマンスセンターに用意された"サッカー選手の父兄のためのトークコンサート"からである。
この日のトークコンサートの主題は"負傷"だった。
選手の主な関心事である負傷管理とリハビリだけでなく、予防の重要性を点検する席だった。

質的水準の高い選手になるためには若い時期から細心の管理が必要である。
この時期は特に両親の役割が重要だ。
子供の身体的、心理的な変化を誰よりも敏感に把握できる存在だからである。
様々な状況であらわれる怪我のリスクを減らす役割をすることができる。

「多くて1日4回練習があった。明け方、午前、午後、夜間まで練習した。筋肉の負傷ができたら休まなければならないのに、回復する余裕がなかった」
指導者が練習を多くさせる理由は、"間違った幻想"のためである。
練習を多くすれば選手が動いていると信じるようになる「自己満足に近い」という説明だ。

同席したチョン・テソク医学博士も意見を加えた。
チョン博士は城南FCとU-20代表チームの主治医を経験し、大韓サッカー協会技術委員としても活動している。
彼は「最近サッカー協会が15-18歳の選手を対象に実施した質問によると、国内選手は一週間に平均24時間ほどの練習をしている」として、「ヨーロッパの15歳の選手を基準として比較してみると、バルセロナやアヤックスなどは一週間に平均15時間を越えない」と説明した。
良い試合が練習量と比例することはないが、負傷発生リスクは練習量と正比例する。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング