韓国女子サッカーで初めて日本プロチームの指導者になった彼女
ベストイレブン




※一部要約

海の向こうの日本の地で、韓国女子サッカーで初めて指導者資格証を取った人物がいる。
日本J3リーグの鹿児島ユナイテッドでコーチとして活動中のモク・ソンジョン氏である。
日本サッカー界に韓国人コーチが多くないなか、女性としてその道を切り拓きつつあるモク・ソンジョン氏のしっかりとした目標や夢は興味深い。

モク・ソンジョン氏が日本と縁を結んだのは2013年だった。
最初から日本の舞台で初の女性指導者というタイトルを意識したわけではなかった。
最初は日本に渡って選手生活を続けることに集中するのも忙しかった。

しかし当時モク・ソンジョン氏を指導していた監督が「日本で選手生活をするだけでなく、韓国でできない経験をするのはどうか」とアドバイスし、それをキッカケにU-6チームとU-12チームを指導することになった。
そのときも指導者の道に完全に入るつもりはなかった。
自分でも「当時は指導者が私の道になるとはまったく思わなかった」と告白したほどである。

だが一度することいなればきちんと井戸を掘るモク・ソンジョン氏の性格が発揮された。
はどうせすることになったついでに、少しでもより良く教えたいという考えで熱心に努力した。
自分の授業を聞く子供たちがもっとたくさん発展することを望んだし、勉強しなければ子供たちを教えることに限界があると考え、日本サッカー協会のD級キッズリーダーの資格証を取った。
続けて、どうすればもっと体系的に指導できるのかを悩み、C級まで取って指導者の道に入った。



[パレンバンLive] "痛恨のオウンゴール"韓、日本に1対2の惜敗"決勝挫折"
スポーツ朝鮮

28201812090.jpg


※一部要約

ユン・ドクヨ号が日本との4強戦で惜しくも敗れた。

ユン・ドクヨ監督が率いる大韓民国女子サッカー代表は28日、ジャカルタ-パレンバンアジア大会の日本との4強戦に1対2で惜敗した。

一方、ユン・ドクヨ監督と選手は31日の3-4位決定戦で3回連続銅メダルに挑戦する。


28201812090a.jpg

28201812090b.jpg



[ヨルダンLive] よく戦ったユン・ドクヨ号が4強脱落…日-オーストラリア1対1の引き分け"残忍な場合の数"
スポーツ朝鮮




※一部要約

ユン・ドクヨ号のヨルダンアジアカップ4強行きが惜しくも不発に終わった。
ベトナムとの最終戦に完勝したが、同時刻に同組のオーストラリアと日本が1対1で引き分けてグループ3位に押された。

ユン・ドクヨ監督が率いる女子サッカーA代表は13日、ヨルダン・アンマンのキング・アブドラⅡスタジアムで行われたヨルダン女子サッカーアジアカップB組予選のベトナムとの最終戦に4対0で勝利した。


20180414053505456a.jpg

20180414053505456c.jpg


オーストラリア-日本戦の状況を知らない太極娘子が、最後まで1ゴールでも多く決めるために死力を尽くす姿は涙ぐましかった。
4対0の完勝、3試合無失点の無敗を記録したが惜しくも4強の前で志を成すことができなかった。



[SPO in 千葉、女子韓日戦3行要約] "闘志"の韓国、日本に2-3の惜敗
スポTVニュース




※一部要約

三行で要約した2017東アジアカップ(EAFF E-1フットボールチャンピオンシップ)韓国vs日本。

1.1次戦=運命の韓日戦
2.早い失点、すぐに反撃
3.闘志で作った同点、だが逆転ゴールを許容





日本には"ジャンケン"でも負けてはならないという言葉がある。
それだけ韓日戦の意味は大きい。
ユン・ドクヨ号は東アジアカップの初戦から日本に会った。
大会を控えた出国前、ユン・ドクヨ監督は「1次戦の日本戦が最も重要だ」と語っていた。
韓日戦の意味の他にも、大会の版図を決める可能性が高い試合が初戦だからだ。
ユン・ドクヨ監督は客観的な戦力差は認めたが、後悔なしにするという意思を固めていた。






[深層インタビュー] "WKリーグ1号日本人"千明「新しい経験をしに来ました」
大韓サッカー協会




※一部要約

南山千明はWKリーグ初の日本人選手だ。
女子サッカー選手としては若くない年齢で、韓国で初めての海外生活になったのは、新しい経験への挑戦意識のためである。

千明は韓国に来て1ヶ月しか経ってない。
先月23日に華川KSPOに入団した千明は、14日の利川大教戦でWKリーグデビュー戦を行なった。
WKリーグで日本人選手がプレーしたのは千明が初めてだった。
千明はデビュー戦を含めて4試合連続先発出場し、華川KSPOの主戦MFとして早くも溶け込んでいる。

華川KSPOの練習場で会った千明は穏やかな様子だった。
千明が華川KSPOに早く適応したのは同僚の助けが大きかった。
主将ソン・ユンヒがルームメートとして生活を助け、在日同胞出身のカン・ユミが通訳を引き受けて他の同僚やコーチングスタッフと疎通をスムーズにしている。
今回のインタビューもやはりカン・ユミの通訳で行われた。

海外生活も、宿舎生活も千明にとっては人生初だ。
日本では普通に出退勤の生活をしていたためである。
「サッカーをするのに良い環境が揃ってます。サッカーに集中しています。サッカー以外の余暇の時間は自由にゆったりと楽しんでます。韓国語の勉強も時々しています。宿舎生活は初めてなので良い経験をしていると思います。みんな親切にしてくれて不便なことはありません」

「シーズン中にチームを移ること自体が難しいことです。まだ適応している段階です。しかし人々が本当によくしてくれて問題ありません。あっ、でも後半期のリーグ開始前に練習(体力練習)したのはすごく大変でした。日本では普通、シーズン中にそのような練習をあまりしません」
突然の変化にギクシャクしたが、千明はこれもまた良い経験になるだろうと笑った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング