[深層インタビュー] "WKリーグ1号日本人"千明「新しい経験をしに来ました」
大韓サッカー協会




※一部要約

南山千明はWKリーグ初の日本人選手だ。
女子サッカー選手としては若くない年齢で、韓国で初めての海外生活になったのは、新しい経験への挑戦意識のためである。

千明は韓国に来て1ヶ月しか経ってない。
先月23日に華川KSPOに入団した千明は、14日の利川大教戦でWKリーグデビュー戦を行なった。
WKリーグで日本人選手がプレーしたのは千明が初めてだった。
千明はデビュー戦を含めて4試合連続先発出場し、華川KSPOの主戦MFとして早くも溶け込んでいる。

華川KSPOの練習場で会った千明は穏やかな様子だった。
千明が華川KSPOに早く適応したのは同僚の助けが大きかった。
主将ソン・ユンヒがルームメートとして生活を助け、在日同胞出身のカン・ユミが通訳を引き受けて他の同僚やコーチングスタッフと疎通をスムーズにしている。
今回のインタビューもやはりカン・ユミの通訳で行われた。

海外生活も、宿舎生活も千明にとっては人生初だ。
日本では普通に出退勤の生活をしていたためである。
「サッカーをするのに良い環境が揃ってます。サッカーに集中しています。サッカー以外の余暇の時間は自由にゆったりと楽しんでます。韓国語の勉強も時々しています。宿舎生活は初めてなので良い経験をしていると思います。みんな親切にしてくれて不便なことはありません」

「シーズン中にチームを移ること自体が難しいことです。まだ適応している段階です。しかし人々が本当によくしてくれて問題ありません。あっ、でも後半期のリーグ開始前に練習(体力練習)したのはすごく大変でした。日本では普通、シーズン中にそのような練習をあまりしません」
突然の変化にギクシャクしたが、千明はこれもまた良い経験になるだろうと笑った。



ワールドカップに向けた"平壌遠征"、その6日間の記録
ノーカットニュース




※一部要約

大韓民国から最も近い国は北韓だ。
大韓民国の最北端から幅4キロの非武装地帯を過ぎれば、すぐに北韓の国境に入る。
だが北韓は最も遠い国でもある。
分断国家のせいで、近い距離に接しているが、往来は簡単には行われない。

2019フランスワールドカップ出場権を狙っている韓国女子サッカー代表もやはり、苦労して北韓の地を踏んだ。
ユン・ドクヨ監督が率いるサッカー代表は2日、2018AFCアジアカップ予選を行うため仁川国際空港から北韓の平壌に移動した。
直行便がなく、中国の北京を経由しなければならない骨の折れる日程だった。
取材陣もやはり選手団と同じ方法で北韓に向かった。

北京で一日休暇を取り、3日に平壌の順安空港に到着した。
2015年に新しく建てられた空港は、いつも考えていた北韓のイメージをひっくり返すほどきれいだった。
空港の職員は明るい表情で人々を迎えた。
だが警戒心も満ちていた。
荷物をすべて取り出し、取材のためにまとめていたノートブックの検査まで、すべて終えてから空港を出ることができた。


20170413030102a.jpg



[南北戦] "長姉"キム・ジョンミの好セーブ×"末っ子"チャン・スルギの同点ゴール・・・1対1の引き分け!
スポーツ朝鮮




※一部要約

大韓民国女子サッカー代表が後半31分のチャン・スルギ(現代製鉄)の同点ゴールによって北韓と劇的な引き分けをおさめた。

ユン・ドクヨ監督が率いる女子サッカー代表チームは7日3時30分、平壌の金日成競技場でキックオフした北韓との2018女子アジアカップ予選B組2次戦で1対1の引き分けをおさめた。

女子代表は5万人の観客でぎっしりと埋まった金日成競技場で、北韓ファンがホームチームを一方的に応援する状況で試合を行った。
5万人の叫び声が絶えない状況で試合が進む中、女子サッカー南北戦では異例の両チーム選手団が集団で激しい神経戦を繰り広げたりもした。
女子代表選手の攻撃展開の状況では、5万人のブーイングが溢れたりもした。


20170407211008078a.jpg

20170407211008078b.jpg

20170407211008078c.jpg

20170407211008078d.jpg



ユン・ドクヨ号、アジアカップ本戦行き赤信号・・・天敵北韓と組分け
スポータルコリア




※一部要約

ユン・ドクヨ号がアジアカップ本戦進出で険しい歩みをすることになった。

AFCは21日、ヨルダン・アンマンで2018AFC女子アジアカップ最終予選の抽選を行った。
そして韓国は北韓と同組になる最悪の組分けになった。
韓国は4月3日から12日まで平壌で最終予選を行う。

女子アジアカップは前大会1~3位の日本、オーストラリア、中国と開催国ヨルダンが本戦に直行し、残りのチームは予選を行う。
最終予選は4組で編成されて最終予選開催を申請した北韓、タジキスタン、パレスチナ、ベトナムで行われる。

韓国としてはアジア最強の戦力を誇る北韓と会う可能性があった。
韓国と北韓は歴代戦績で1勝2分け14敗の絶対的劣勢を記録している。
最近10試合の成績は1分け9敗であるほどだ。

だが憂慮は現実になった。
韓国は北韓、ウズベキスタン、香港、インドとともにB組に編成された。

本戦に直行するためにはグループ1位にならなければならない。
これは北韓をはじめとする相手チームにすべて勝ってこそ可能であるという意味だ。
韓国としてはこれまで当然のように出場していた女子アジアカップ本戦行きを心配しなければならない境遇となった。




女子サッカー南北対決、北韓も困っている
スポーツ朝鮮




※一部要約

女子アジアカップ本戦はワールドカップアジア地区予選を兼ねている。
今回の予選を通過できなければワールドカップの夢まで水の泡となるわけである。
ユン・ドクヨ女子代表監督は「望んでなかった組分け結果になって厳しい状況に置かれた」と率直に打ち明けた。
エースのチ・ソヨンも「荒唐で息詰まる」と心配を示した。

北韓も苦しいのは同じである。
試合の外的要素が大きい。
韓国女子代表を呼び込めばFIFAの規定に準ずる待遇をしなければならない。
自国民がいっぱいになった競技場で、愛国歌を流して太極旗を掲揚しなければならない。
これまで北韓内で太極旗の掲揚、国歌斉唱が行われたことはない。
北韓は2010南アフリカワールドカップ3次予選、最終予選のときにも同じような理由で、韓国戦だけ第3国の中国上海でホーム試合を消化したことがある。
これまで平壌で行われた統一サッカーは、民間次元での幼少年大会などであり、正式大会ではなかったので曖昧にやり過ごすことができた。
だが正式大会である今回の予選で北韓が政治的理由を挙げて規定に違反し、大韓サッカー協会がAFCに意義を提起すれば、没収試合などの懲戒を受けることになる。
北韓にとってはワールドカップ出場のための旅程である今回の予選を放棄することはできないが、特殊な体制上の政治的問題まで考慮しなければならない困った立場であるわけだ。
サッカー協会の関係者は「平壌遠征のためには統一部の許可を受けなければならないなど、手続き上の問題がある」としつつも、「北韓も大会規定を満たして私たちのチームを迎えなければならないだけに、大いに悩むことになるだろう」と予想した。



背水の陣で臨んだ韓国、中国に0-1負け・・・リオ行き挫折
ベストイレブン




※一部要約

必ず勝つと臨んだ運命の中国戦だった。
だが韓国は0-1で惜敗した。

最後まで諦めなかったリオ行きの夢が挫折した。
7日、日本大阪のヤンマースタジアムでリオオリンピックアジア地区女子サッカー最終予選4次戦の韓国と中国の試合が行われた。
韓国は前半42分に決勝ゴールを許して惜しい0-1の敗北を喫した。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング