[オフィシャル] "暴言-暴行論難"チェ・インチョル監督、女子代表を自主的に辞退
インターフットボール




※一部要約

チェ・インチョル監督が9日、KFA代表戦力強化委員会の選任小委員会で、女子サッカー代表の監督職を辞任するという意思を表明した。
KFA代表はチェ監督の意思を尊重して辞任を受諾することに決めた。

チェ監督は小委員会に伝えた謝罪文で「今回メディアで報じられたことに対する責任を痛感し、代表の監督職を降ろしたい。時間が経ったことなのでなかったことにしたり、正当化できないということをよくわかっているため、申し訳ない気持ち」として、「私の間違った言動で傷ついた選手に、この場を借りて深い謝罪をしたい。傷ついた心を癒やすには、私の謝罪は不十分かもしれない。だが深い反省をしているので、少しでも私の心の込もった謝罪が伝わってほしい」と被害を受けた選手に謝罪の気持ちを伝えた。
また、「最後にもう一度、私の過ちを心から謝罪し、成熟した姿勢を備えた指導者に生まれ変わる」と明かした。

キム・パンゴン委員長は「監督の選任過程が円滑にできない点を申し訳なく思う。監督の力量の点検に多くのエネルギーを注いだが不十分だった。今後の代表監督の資格について、検証を強化する方案を用意する予定」と語った。

キム・パンゴン委員長は10日午前10時にサッカー会館で、女子代表のチェ・インチョル監督辞任および今後の監督選任の手続きに関するブリーフィングを行う予定である。



サッカー協会、チェ・インチョル女子監督"暴行疑惑"事実の有無を確認
NEWSIS




※一部要約

大韓サッカー協会がチェ・インチョル(47)新任女子代表監督の選手暴行説に関して、事実の有無を確認して今後措置をとる方針を決めた。

サッカー協会の関係者は5日、「チェ・インチョル監督への疑惑が膨らんだ。事実の有無を調べる」と語った。

先月29日に女子代表の新任監督として指揮棒を取ったチェ監督は最近、メディアの報道を通じて過去に選手を暴行したという疑惑を受けている。

チェ監督に対する疑惑が事実なら、サッカー協会の人事検証システムは正常に稼働していない。

チェ監督は2012年に現代製鉄の監督に就任し、去年までにWKリーグ6回連続優勝を導いた。

その前には2008年からU-20女子代表を率いて2010FIFA U-20女子ワールドカップ3位の成績を出し、2010年に成人代表を指揮して、その年の広州アジア大会で銅メダルを手にした。

キム・パンゴン協会代表戦力強化委員長はチェ監督を選任して「女子小中高チームをはじめとして、成人代表まですべての年代を指導した経験があり、20年近く女子サッカーの指導者として女子サッカー発展への情熱と意志が格別だった」と明かしていた。



女子サッカーのイ・グンミン、マンシティ入団…チ・ソヨンとチョ・ソヒョンに続いて英舞台
韓国経済TV




※一部要約

女子サッカー代表のイ・グンミンがイングランドの舞台を踏む。

マンチェスター・シティは7日、クラブ公式HPでイ・グンミンと2年契約に合意したと公式発表した。

イ・グンミンはチ・ソヨン(28、チェルシー・レディース)とチョ・ソヒョン(30、ウェストハム)に続いてイングランド女子スーパーリーグ(WSL)に進出した3人目の韓国人選手となった。

イ・グンミンは2010年のFIFA女子U-17ワールドカップのときに韓国の優勝を導き、今年6月にはFIFA女子ワールドカップに韓国代表として参加し、主軸FWでプレーした。

2013年3月6日のキプロスカップの南アフリカ戦でAマッチにデビュー、通算54試合16ゴールを記録した。

国内の女子実業サッカーWKリーグでも代表的なFWとして活躍した。



"ルナールマルチゴール"韓国、女子WCでフランスに0-4の完敗
STNスポーツ




※一部要約

韓国が初戦で完敗した。

韓国女子代表は8日午前4時、フランス・パリにあるパルク・デ・プランスで行われたフランス女子代表との2019FIFA女子ワールドカップA組1次戦に0-4で敗北した。






"一言"によって火の粉…ソン・フンミンの最後のアジアカップは中国で [イ・サンチョルのオデッセイ]
MKスポーツ




※一部要約

わずか3ヶ月前まで大韓サッカー協会(KFA)の国際大会誘致計画に、2023女子ワールドカップはなかった。
2019女子ワールドカップの誘致の乗り出したが、フランスとの競争に押された。
"巡り合わせ"がなかった。
KFAは2023アジアカップ誘致に焦点を合わせた。

かなり前から準備した。
2016年1月、AFCに2023アジアカップ誘致の意志を伝えた。
1年後には公式に誘致の意向書を提出した。
タイやインドネシアの放棄により、競争率は韓国と中国の"2対1"だった。

準備を怠らなかった。
誘致希望都市を受け付けて水原、高陽、華城、天安、全州、光州、釜山、済州など8都市に決めた。

チョン・モンギュKFA会長は中国と競争について、自信をあらわしたりもした。
去年4月のインタビューで、国際情勢が変わったとして「1年前で50%だったとするなら、今は6・70%に可能性が上がった」と明かした。

AFCは2023アジアカップ開催国の決定を先延ばしにした。
当初は2017年11月だったが、延期を繰り返して来月4日に発表する。
AFCが予定通りに進めていれば、どのような結末になっていただろうか。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング