パク・ハンソ、西野との3回目の対決も笑った
MKスポーツ




※一部要約

パク・ハンソベトナム監督が西野朗タイ監督との3回目の対決でも再び勝負をつけられなかった。
だがGKのミスで2ゴールを許しても、底力を発揮して"GL脱落"のアッパーカットを飛ばした。

ベトナムは5日、フィリピン・マニラで行ったタイとの2019東南アジア競技大会男子サッカーB組5次戦に2-2で引き分けた。

これで4勝1分け(勝ち点13)を記録したベトナムはB組1位で4強トーナメントに進出した。
7日の準決勝の相手はA組2位のカンボジアだ。

一方、ベトナムに必ず勝たなければならなかったタイ(勝ち点10)は、2ゴール差のリードを守れずにGLで脱落した。
ラオスに完勝したインドネシア(勝ち点12)がB組2位になった。

ベトナムとタイは東南アジアサッカーの長いライバル同士である。
パク監督と西野監督が指揮棒を取り、"司令塔韓日戦"まで加わって競争がさらに激しくなった。

タイの攻勢に苦しんだベトナムは反撃を始めた。
前半15分に1ゴールを挽回した。

ベトナムは後半23分に得たPKに失敗した。
だが幸運があった。
主審はタイGKが先に動いたとして、PKを再び蹴るよう命じた。
パク監督はキッカーを交代した。
ゴール左隅に正確に蹴って決めた。

60年ぶりの東南アジア競技大会金メダルを狙うベトナムは、7日午後9時にカンボジアと4強戦を行う。
勝てば10日午後9時にミャンマー-インドネシア戦の勝者と優勝を争う。



ナ・サンホ「代表、いつも緊張して自らもっと努力」 [GOAL現場インタビュー]
ゴールドットコム




※一部要約

11月30日、FC東京のホームの味の素スタジアムで行われたFC東京対浦和レッズの試合の前半が0-1で終わったとき、現場の雰囲気は重かった。
そのまま試合が終われば、同時刻に行われている川崎戦ですでに勝機を掴んでいる横浜とFC東京の勝ち点差が4に広がり、そのまま横浜の優勝が確定するため。
今シーズン、FC東京のクラブ史上初のリーグ優勝に夢が膨らんだファンにとって、シーズン最後のホーム試合で優勝が飛んでいくのは受け入れ難い痛みだった。

この日の両チームの試合はちょうど後半12分、1人の選手の交代によって変わった。
それがナ・サンホだった。
ナ・サンホは投入されるやいなや、闘志溢れる光る姿で1列目と2列目を行き来して相手守備を撹乱、チームの攻撃に活力を吹き込み、最終的にFC東京のリーグ優勝の可能性を生かす同点ゴールも、ナ・サンホの決定的シュートからのリバウンドシュートから出た。
彼は同点ゴールが炸裂した直後、それに満足せずボールを抱えてセンターサークルに走って、勝利への強い意志を見せてホームのファンの心を掴んだりもした。

ナ・サンホは明らかに、この日の両チームの試合で違いを作った、最も目につく選手の1人だった。

両チームの試合が終わった後、ミックスゾーンでナ・サンホに会ってこの日の試合、リーグ優勝がかかる最終戦、そして東アジアカップの代表に合流する所感とベント監督の信頼などについて尋ねた。


ゴールドットコム:今日の試合は交代投入後にチームが同点にしました。ナ・サンホ選手の役割が決定的でした。

ナ・サンホ:最近の何試合かでプレーできなかったが、今日の試合は優勝のために重要な試合でした。心理的に難しい状況でしたが、その一方では常に準備していました。交代で入っても、自分ができる能力を見せられるよう努力しました。ゴールチャンスの状況でフィニッシュが少し惜しかったですが、(ナ・サンホのシュートが止められた後のリバウンドシュートがゴールに繋がった)それでも優勝のため、最後まで諦めずに努力するつもりです。



[★現場レビュー] "5安打の貧攻"韓国、日本に3-5で苦い逆転負け"プ12準優勝"
スターニュース

191117222700767.jpg


※一部要約

韓国が日本とのプレミア12決勝戦で敗亡、大会2連覇に失敗した。

キム・ギョンムン監督が率いる韓国野球代表は17日午後7時、日本の東京ドームで行われた野球日本代表との2019WBSC(世界野球ソフトボール連盟)プレミア12決勝戦に3-5で敗れた。

2015年の初代大会チャンピオンだった韓国は大会2連覇を狙ったが、惜しくも失敗した。
一方、日本は前回大会の準決勝戦で韓国に喫した3-4の敗北を雪辱し、プレミア12大会で初優勝のトロフィーを掲げた。
大会3位は先の3・4位戦でアメリカを倒したメキシコが占めた。
合計521万ドル(韓貨約60億ウォン)の賞金がかかっていた今大会で、日本は優勝賞金として150万ドル(17億5000万ウォン)、韓国は準優勝賞金75万ドル(8億7500万ウォン)をそれぞれ受けることになった。


191117222700767a.jpg

191117222700767b.jpg

191117222700767c.jpg

191117222700767d.jpg

191117222700767e.jpg



中国も"リッピノーショー"に不満…「年俸260億ウォンを与えて何も言えない」
スポータルコリア




※一部要約

中国"新浪スポーツ"は先月31日夜の報道で「中国サッカーにとってリッピは神も同然だ。リッピが非常識な提案をしても、中国サッカー協会はそれに応じるしかない」と強く批判した。
このメディアはリッピのキャプションに「金がいいのか?」と露骨な非難の意味を含ませた。
リッピ監督は中国サッカー協会から年俸2000万ユーロ(約260億ウォン)を受けていることがわかった。

リッピ監督は12月に釜山で行われるE-1チャンピオンシップで、中国代表を指揮しないと宣言した。
この大会に向かう中国代表もやはり、2軍級で構成する予定である。

中国メディア"21世紀体育"も「もちろんワールドカップ予選がリッピにとっては最重要な試合である。だが東アジアカップも厳然たる公式的な代表の大会だ。この大会が中国サッカーにとって重要ではない大会かと言えば、そうではない」と遠回しに批判した。

このメディアは「東アジアカップでは韓国と日本もやはり、ヨーロッパでプレーする選手が参加できない。韓国と日本はヨーロッパ派の選手が川の水のように流れて溢れている」として、「だが韓日の国内派選手は東アジアカップに真剣に臨む。代表監督にしっかり実力をアピールできるチャンスだからだ」と語った。

韓国と日本は代表内の競争が自然と激しくなる反面、中国サッカー協会がリッピの言いなりになってE-1チャンピオンシップを最初から"捨てる大会"の扱いをしたことに対する批判である。

中国メディアはリッピの代わりにE-1チャンピオンシップで中国の指揮棒を取る李鉄監督(武漢卓爾)にそれなりに期待している。
42歳の若い指導者が今シーズンの中国プロサッカーで突風を起こしている力で、今回のE-1チャンピオンシップで中国指導者の力を見せてくれと言っているのだ。



韓国代表ユニに「リポD」広告があって問題視。「韓国野球の威厳が地に落ちた」とも

WBSCプレミアに挑む野球韓国代表チームがユニフォームに日本語で書かれた『リポビダンD』広告パッチを袖に付着していることが問題視されている。

韓国野球委員会(KBO)が改善に向けて最善を尽くしているが、資本の論理がまず先なので変更するかどうかは不透明だ。

2020年東京五輪の本大会進出を狙う野球韓国代表は、本大会への出場切符がかかったプレミア12を準備するため、11月1日、プエルトリコ代表と強化試合を行った。 試合は4-0で韓国が勝利したが、以前になかった広告が韓国代表ユニフォームにあり、注目を集めた。

当初支給されたユニフォームには、KBOが独自契約した「シェル ・ヒリックス エンジンオイル」の広告だけが付着していた。

ただでさえ、野球韓国代表のユニフォーム会社が日系企業のデサントであることから不適切だという議論が起きている今日この頃だ。

デサントは韓日関係が冷え込む前にいわゆる救援投手として代表チームへの支援を約束した。2013年ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)までユニフォームスポンサーだったナイキとの契約が終わったため、登場したのがデサントだ。

デサントとは2021年までユニフォームスポンサー契約が締結されている。 他のスポンサーを探すのも難しい状況なので、KBOだけでなく大韓野球ソフトボール協会(KBSA)も手をこまねいているしかないのが実情だ。

そんな中、韓国代表ユニフォームの右袖にカタカナで「リポビタンD」の文字が取り付けられた。

リポビタンDは、日本の大正製薬が開発した滋養強壮飲料だ。韓国では、東亜製薬が販売しているバッカスと商標や味が似ていて論争が巻き起こった飲料だ。

https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=7404




191101223659498a.jpg

191101223659498b.jpg



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング