アジア大会に続いてU-16チャンピオンシップでも"韓日戦"実現するか
スポーツ韓国

181004074201226yduw.jpg


※一部要約

再び決勝戦の舞台でサッカー韓日戦が実現する可能性が出た。
今回は16歳以下青少年代表だ。

キム・ジョンス監督が率いるU-16代表は4日午後9時45分、2018AFC U-16チャンピオンシップ4強戦のタジキスタン戦を控えている。

もしタジキスタンを下して決勝に進出すれば、日本-オーストラリア戦の勝利チームと大会優勝をかけて争うことになる。

状況的に"決勝韓日戦"が実現する可能性は低くない。
客観的な戦力で韓国はタジキスタンに、日本はオーストラリアにそれぞれ上回っているからだ。

ウィリアムヒルなどのブックメーカーもやはり、韓国がタジキスタンに楽勝をおさめると予想していて、日本もやはりオーストラリアに優勢だという予想を一斉に出している状況である。


181004074201226yduwa.jpg


もし韓国と日本が大会決勝に進出すれば、2018アジア大会の続いて再び決勝戦でサッカー韓日戦が繰り広げられる。

範囲をもう少し広げれば、去年12月のEAFF E-1チャンピオンシップのときも、"優勝"をかけて韓日戦が繰り広げられた。

大会がフルリーグ方式で行われ"トーナメントの決勝"ではなかったが、当時は韓国が勝てば優勝、日本は引き分けでも優勝だった状況という点で、決勝戦と変わらなかった。

そして当時に韓国は日本を4-1で大破し、敵地で優勝カップを掲げた。


181004074201226yduwb.jpg


AFC U-16チャンピオンシップ決勝で韓日戦が実現したことはない。
韓国は4回、日本は3回決勝に上っているが、互いに決勝の相手になったことはまだない。

もし決勝戦で向き合うことになれば、韓国と日本はどちらも"大会最多優勝"という記録をかけて対決することになるという点で、その意味はより大きくなる見通しだ。

2回ずつ頂点に上っている韓国と日本は、北韓や中国など他の4チームとともにこの大会で共同最多優勝を記録中である。



[442.interview] ファン・ウィジョがもう一度作るファン・ウィジョの人脈
FourFourTwo




※一部要約

ファン・ウィジョの2018年を要約するキーワードは"反転"だ。
2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会を前後し、極と極に変わる評価を経験した。

大会前、ワイルドカードに選抜されたときにも"人脈論難"の中心に立った。
全身に突き刺さる冷たい視線に耐えなければならなかった。
アジア大会が終わってすぐ、世論は劇的に変わった。
「ファン・ウィジョがいなければどうなるところだったか」という賛辞が溢れた。
さらに"キングウィジョ"、"ガッ(※God)ウィジョ"というあだ名まで出てきた。
2回のハットトリックを含めて7試合9ゴールで、金メダル獲得の功績を立てた。
言葉より重い決定力で価値を証明した。
パウロ・ベント代表新任監督の注目も引き、A代表にも再乗船した。
とてつもない反転である。

所属チームのガンバ大阪でも活躍を続けているところだ。
15日のJリーグ復帰戦で、ヴィッセル神戸を相手に2-1の逆転勝ちを導く決勝ゴールを決めた。
「所属チームと代表で着実に良い活躍を続けたい」という誓いを守っている。
インタビューは日本に出国する前に国内で行われた。
2・3日間隔でタイトに続いたアジア大会が終わり、"ベント号1期"メンバーとして緊張感溢れる日程が続いたが、「苦しいことをすべて忘れるほど(金メダルの)達成感が大きい」として明るい笑みを浮かべた。

ファン・ウィジョの"あの人脈"を再整理することで、アジア大会の後日談を伝える。


180921163916436a.jpg



イ・スンウ「韓日戦勝利は当然のこと…だが警戒心を失わない」 [秋夕特集]
スポーツソウル




※一部要約

イ・スンウは愛される選手だ。
可愛い外貌と目立つキャラクターで常に注目を浴びる。
彼の足にボールがつけば、十中八九決定的シーンがあらわれる。
競技場に投入された瞬間から最後まで、観客の視線を惹きつける。
無邪気に吐き出しているようだが、彼の言葉には常に根拠がある。
自分音ベストゴールを尋ねる質問にも「代表に行けばいつも格好良く決める」と粋に答える。
成功の秘訣もまた「した通りにする」という。
イ・スンウだから、彼の機知に富む返事にもっと信頼が置ける。

2018ロシアワールドカップ代表メンバーが発表された瞬間から、今月韓国で行われた代表評価試合まで、イ・スンウは自分がなぜ愛される選手なのかを証明した。
わずか1年前、U-20代表にいた彼は、5月から自分のサッカー人生を一気に変えた。
名門ACミランを相手にセリエAデビューゴールを決めると、代表に選ばれてワールドカップの舞台に立った。
アジア大会で金メダルを首にかけた。
決勝戦で宿敵日本のゴールを激しく揺さぶった後だった。
秋夕特集のインタビューのため、18日にイタリア・ヴェローナにいる彼の自宅の前でスポーツソウルと単独で会った席でも、イ・スンウはこう語った。
「韓日戦の勝利は当然だ。なので勝ってもすごく嬉しいということはない。負ける試合に勝ってこそ嬉しいのだろう、勝つ試合に勝ってもね…」
特有の笑みが浮かぶ。


180921091014193a.jpg



U-16代表、"挑戦者の姿勢"でアジア制覇挑戦
蹴球ジャーナル

9081_15643_011.jpg


※一部要約

アジア制覇を狙う16歳以下代表が、"挑戦"をスローガンにした。

韓国U-16代表は20日、マレーシア・クアラルンプールで開かれるアジアU-16チャンピオンシップ本戦に出場する。
D組に属してオーストラリア(22日)、アフガニスタン(25日)、イラク(28日)とグループリーグを繰り広げる。
4組の上位2チームが8強トーナメントに上がる。
4位以内に入れば来年のペルーU-17ワールドカップ出場権を手にする。

韓国は唯一この大会で力を出せなかった。
2002年にUAEで開かれた大会で通算2回目の優勝を達成して以降、頂点に登ることができなかった。
特に2016年のインド大会では、グループリーグで脱落する屈辱を受けて、ワールドカップ出場権まで逃した。

キム・ジョンス監督は「これまでは大会で好成績を出せなかった。私たちは挑戦する立場だということを選手に強調している」として、「1次目標はワールドカップの出場権を手にすることで、ひいては優勝まで狙う」と明かした。






“韓国のメッシ”が「日本の自尊心を踏みにじるセレモニー」に「本当に知らなかった」と弁明

 U-23韓国代表のFWイ・スンウがアジア大会決勝のU-21日本代表戦(延長2-1)で物議を醸したゴールパフォーマンスについて口を開いた。韓国『中央日報』が伝えている。

 問題となっていたのは、イ・スンウがゴール直後に日本のトヨタ自動車株式会社の看板によじ登り、両耳に手をつけて喜んだパフォーマンス。当時、韓国『国際新聞』では「偶然にもイ・スンウが上がった看板は、日本の自動車企業のトヨタのものだった。彼の意図とは関係なく、結果的に日本の自尊心を踏みにじるセレモニーとなった」と報じていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180915-01876300-gekisaka-socc




日メディアの難癖…「イ・スンウ、日本の自尊心を踏みにじって知らなかったと弁明」
OSEN




※一部要約

日本メディアが相変わらずアジア大会決勝戦の敗北について不満をあらわしている。

日本の"ゲキサカ"は15日、韓国メディアを引用して2018アジア大会決勝当時のイ・スンウのセレモニーについて怒りをあらわした。

韓国は1日、日本との2018ジャカルタ-パレンバンアジア大会男子サッカー決勝戦で、延長戦の末に2-1で勝利して大会2連覇に成功した。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング