バスケ・カーリング「日本チームを招待せず」…韓日関係悪化でスポーツ交流も凍りつく
韓国日報




※一部要約

日本の輸出規制などで韓日関係も悪くなり、両国間のスポーツ交流も凍りついている。

江陵市は16~18日に江陵カーリングセンターで行う予定だった韓中日女子カーリング親善大会に、日本を招待しないことを5日に決めた。
悪化した韓日関係の状況で、日本チームを除いて中国チームだけを招待することにした。

韓国女子バスケットボール(WKBL)もまた、24日から31日まで束草体育館で開催予定のパク・シンジャカップサマーリーグから日本を排除する見通しである。
WKBLの関係者は「政治とスポーツは別と見るべきという原則論もあるが、最近の韓国と日本の関係は非常に特殊な状況と判断された」と明かした。

また、男女プロバスケ球団の日本キャンプはほとんどキャンセルになった。
男子プロバスケは10球団のうち、7球団が日本キャンプを計画していたが、すべてキャンセルした。

女子プロバレーボールもKGC人参公社が初めて日本キャンプをキャンセルする計画を発表し、続けて5日に現代建設も日本キャンプのボイコットを決めた。



[コパC組③] 日本、エクアドルと1-1で引き分けて脱落…パラグアイ8強行き
スポータルコリア




※一部要約

遅れて発動がかかった日本が、エクアドルと引き分けて8強進出に失敗した。

日本は25日午前8時、ブラジル・ベロ・オリゾンテのミネイロン競技場で行われた2019コパ・アメリカC組3次戦で、中島翔哉の先制ゴールにもかかわらずエクアドルと1-1の引き分けに終わった。
これで2分け1敗の勝ち点2でグループ3位に留まった。
B組3位のパラグアイに得失点差で遅れを取り、8強行きのチケットを逃した。
エクアドルは1分け2敗の勝ち点1で最下位を記録した。


190625100413723a.jpg

190625100413723b.jpg



コパ・アメリカを軽んじた日本、降り注ぐ批判
国民日報




※一部要約

2019南米サッカー選手権(コパ・アメリカ)に招待された日本サッカー代表への批判が続いている。
オリンピック(U-23)戦力の選手団を構成したからだ。
日本は2020東京オリンピック開催国である。

コパ・アメリカに参加している日本代表の平均年齢は22.3歳。
出場12ヶ国の中で最も若い。
選手団23人のうち、Aマッチ経験のない選手が何と17人に達するほどである。
来年の東京オリンピックを備えた選手構成で代表を設けた状況と見ることができる。
オリンピックは3枚のワイルドカードを除けば、残りの選手は23歳以下の選手で代表を設けなければならない。

コパ・アメリカは南米国家の最強者の席を決める、サッカー選手権大会だ。
1916年に始まり、100年を超える歴史を持つ。
大陸カップの中で最も長い歴史を誇る大会で、南米にとっては特別な意味があると見ることができる。
アルゼンチンやブラジルなど、ほとんどのチームが最精鋭で戦力を構成した。
今回の日本代表の選手構成に「大会への尊重がない」という批判が出る理由はそのためである。

ラフェエル・ドゥダメルベネズエラ監督が最初に苦言を呈した。
大会中に「日本の選手構成は大会への尊重が欠如している」として、「日本、特に23歳以下の選手で構成されたチームの招待には同意できない」と語った。

エドゥアルド・ベリッソパラグアイ監督もやはり意見をともにした。
「参加チーム数が少なくて招待チームが必要なら、地理的に近くてレベル差も大きくない北中米のチームを招待すれば良い」と語った。
日本の招待が理解できないという不満を遠回しに語ったわけだ。






[コパC組②] "三好マルチゴール"日本、ウルグアイと接戦の末に2-2で引き分け
スポータルコリア




※一部要約

1次戦で大敗を喫した日本がウルグアイと引き分けをおさめた。

日本は21日午前8時、ブラジルのアリーナ・ド・グレミオで行われたウルグアイとの2019コパ・アメリカ・ブラジルC組2次戦で2-2の引き分けを記録した。








「中国、これも冒涜か?」足セレモニーに相次ぐ反論
国民日報




※一部要約

韓国U-18サッカー代表の優勝トロフィー冒涜論難が佳境に入った。
中国サッカーファンは連日韓国サッカーを狙い、呪詛に近い非難を浴びせている。
だが一部の国内外のサッカーファンの間からは、中国サッカーが過度に鋭敏な反応をしているという批判も出ている。
海外の有名サッカー選手もしているありふれたセレモニーであり、中国の韓国サッカーに対するコンプレックスが凝集されて表出したのではないかという指摘だ。


190601000502636a.jpg


中国の新浪スポーツは30日、「韓国U-18サッカー代表が、パンダカップの優勝トロフィーを踏んで軽蔑する行動を取った。中国サッカーファンにとっては屈辱であり、選手とファンが怒った」として、「中国サッカーファンは韓国に復讐することを待っている」と報じた。

このメディアはまた、日本サッカーを取り上げて韓国サッカーの非マナーを批判した。
新浪スポーツは「日本は2018ロシアワールドカップ16強戦でベルギー相手に敗れた」として、「ファンはとても悲しんだが、泣きながらも応援席に落ちたゴミを拾うなど、畏敬心を抱かせる行動を見せた」と讃えた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング