ドラマを抜いたパク・ハンソ症候群、リアルタイム視聴率16%突破
スポTVニュース




※一部要約

ドラマ"運命と怒り"を欠放して、パク・ハンソ監督が指揮するベトナム代表の2018AFFスズキカップ決勝2次戦がSBS TVを通じて生中継された。
リアルタイム視聴率が16%を突破し、パク・ハンソ症候群がバブルではなかったということが証明された。

聯合ニュースは15日、リアルタイム視聴率調査会社ATMAによるとこの日の午後9時30分から11時21分までSBS TVが生中継したベトナム-マレーシア戦の視聴率が16.31%と集計されたと報じた。
ATAMはソウル首都圏700世帯を基準に視聴率を調査している。

期待に応えたパク・ハンソ監督のベトナムは、15日夜にハノイのミーディン国立競技場で行われたスズキカップ決勝2次戦でマレーシアを1-0で下した。
1次戦の2-2の引き分けに続き、1勝1分けで10年ぶりに東南アジア最強を決めるスズキカップの頂点に上った。

SBSによると、1次戦の視聴率は4.706%を記録し、試合後半には何と7%を突破したりもした。
そのような視聴率は韓国プロ野球中継を含め、2018年の一年にケーブルチャンネルで放送されたスポーツプログラムの中で最高の視聴率を占めた。

1次戦の視聴率は2010年以降にケーブルチャンネルで放送されたすべてのスポーツコンテンツの中で最高記録の数値だ。
さらに決勝1次戦の試合は、当日の同時間帯に放送された一部地上波のドラマまで抜く気炎を上げた。
2次戦を地上波で中継したSBSは、優勝セレモニーまで中継した。



ベント「アジアカップのエントリー、すべての可能性を開いている…実力さえあれば」
聯合ニュース




※一部要約

2019AFCアジアカップを前に、最後の"玉石選別"のためにKリーガーなどアジアリーグの選手を呼んだパウロ・ベント代表監督は、「すべての選手に可能性は開かれている」と強調した。

ベント監督はアジアカップに備えた始めて招集練習が行われた11日、蔚山総合運動場で取材陣と会い、「最終エントリーは今回の練習で選手を点検した後に決める」と語った。

ベント監督はKリーガーや日本・中国リーグでプレーする選手で23人のチームを設け、今回の練習を進める。

ヨーロッパでプレーする選手は合流しないだけに、アジアカップ最終エントリーに入るための"生存競争"が繰り広げられる。





彼は「アジアカップエントリーの選抜基準は最終的に実力、クオリティだ。今回の練習で競争し、意志を見せてほしい」として、「これまで固めてきた代表をベースに、選手を見守って発掘するだろう」と付け加えた。

ベント監督はアジアカップ直前、もしくは途中で"ヨーロッパ派"の選手が合流することについては「私たちの代表を経験している選手がいるので、スタイルや戦術はしっかりわかっていると思う」として、「今回は彼らがいないが、いつもと同様に練習し、新しい選手と一つのチームを作れるように努める」と計画を明かした。



日本サッカー、アジアカップ最終メンバー発表…岡崎-香川除外
ニュース1




※一部要約

"サムライブルー"日本サッカー代表が、来年1月にUAEで行われるAFCアジアカップに出るメンバーを発表した。
香川真司、岡崎慎司ら既存の看板がすべて落ちた。

日本サッカー協会は12日、UAEアジアカップに出場する23人の最終エントリーを公開した。
森保一監督は自身が指揮棒を取った後、9月から11月までに招集した選手を中心にメンバーを構成した。

所属チームで出場機会を掴めずにいる岡崎と香川は予想通り脱落した。
すでに代表引退を宣言している本田圭佑まで考えれば、馴染みの名前がすべて落ちた。

代わりに浅野拓磨、堂安律、南野拓実ら若いヨーロッパ派をはじめとする次世代走者でチームを構成した。

日本はウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタンとともにF組でグループリーグを行う。


◇2019アジアカップ参加の日本代表メンバー

ΔGK:東口順昭(ガンバ大阪)、ダニエル・シュミット(ベガルタ仙台)、権田修一(サガン鳥栖)

ΔDF:長友佑都(ガラタサライ)、槙野智章(浦和レッズ)、吉田麻也(サウサンプトン)、佐々木翔(サンフレッチェ広島)、酒井宏樹(マルセイユ)、室屋成(FC東京)、三浦弦太(ガンバ大阪)、冨安健洋(シント=トロイデン)

ΔMF:青山敏弘(サンフレッチェ広島)、原口元気(ハノーファー96)、柴崎岳(ヘタフェ)、遠藤航(シント=トロイデン)、伊東純也(柏レイソル)、中島翔哉(ポルティモネンセ)、南野拓実(ザルツブルク)、守田英正(川崎フロンターレ)、堂安律(フローニンゲン)

ΔFW:大迫勇也(ベルダー・ブレーメン)、浅野拓磨(ハノーファー96)、北川航也(清水Sパルス)



ファン・ウィジョ「アジアカップ、成長の機会になったら…良い勢いを維持しなければ」
NEWSIS




※一部要約

最高の1年を過ごしたサッカー代表FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)が、来年1月にUAEで行われるAFCアジアカップを成長の足場にするという覚悟を明かした。

ファン・ウィジョは12日、蔚山総合運動場での練習を前に、「新年に行われる最初の大会だ。個人的にも良い姿を見せてこそ、より良い舞台、そしてより大きな成長ができるだろう」として、「アジアカップを通じて成長できる機会になれば良い」と語った。

ベント号で不動の1トップの席を確固たるものにしたという評価が支配的である。
アジアカップ最終エントリーの乗船は確定的だ。

今年、日本プロサッカーJリーグで2年目を迎えたファン・ウィジョは、リーグで16ゴールを固め打ちして得点部門3位に名前を上げた。
カップ大会まで含めれば何と21ゴールだ。



イランのアリ・ダエイ「アジアカップ決勝戦、イランと日本の対決」
マイデイリー




※一部要約

アジアカップ最多ゴール記録を持っているイランのアリ・ダエイが、日本のアジアカップ決勝行きを予想した。

ダエイは10日、AFCのHPでアジアカップの展望を伝えた。
1993年から2006年までイラン代表で活躍し、Aマッチ149試合で109ゴールを放ったダエイは、バイエルン・ミュンヘンで活躍して全盛期を過ごすなど、アジアを代表するFWとして活躍した。
ダエイはアジアカップで通算14ゴールを放ち、最多得点者に上がっている。

ダエイはアジアカップの優勝争いについて、「日本が強力な優勝候補だと思う。私たちイランも高いレベルにあると思う。イランが決勝に上がれることを望んでいる」という意をあらわした。
続けて「日本はワールドカップで素晴らしいサッカーを繰り広げることができることを示した。かなりの発展をした。日本とイランがトーナメントの序盤で対決しなければ、両チームが決勝戦で対決する可能性がかなり高い」と強調した。

イランの戦力については「過去2-3年の間にイランはかなり発展した。選手は代表で長い間活躍しているし、互いをよく理解している」と評価した。

一方、韓国は来月UAEで行われるアジアカップで通算3回目の優勝に挑戦する。
韓国は来月7日にフィリピンを相手に大会初戦を行う。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング