「中国、これも冒涜か?」足セレモニーに相次ぐ反論
国民日報




※一部要約

韓国U-18サッカー代表の優勝トロフィー冒涜論難が佳境に入った。
中国サッカーファンは連日韓国サッカーを狙い、呪詛に近い非難を浴びせている。
だが一部の国内外のサッカーファンの間からは、中国サッカーが過度に鋭敏な反応をしているという批判も出ている。
海外の有名サッカー選手もしているありふれたセレモニーであり、中国の韓国サッカーに対するコンプレックスが凝集されて表出したのではないかという指摘だ。


190601000502636a.jpg


中国の新浪スポーツは30日、「韓国U-18サッカー代表が、パンダカップの優勝トロフィーを踏んで軽蔑する行動を取った。中国サッカーファンにとっては屈辱であり、選手とファンが怒った」として、「中国サッカーファンは韓国に復讐することを待っている」と報じた。

このメディアはまた、日本サッカーを取り上げて韓国サッカーの非マナーを批判した。
新浪スポーツは「日本は2018ロシアワールドカップ16強戦でベルギー相手に敗れた」として、「ファンはとても悲しんだが、泣きながらも応援席に落ちたゴミを拾うなど、畏敬心を抱かせる行動を見せた」と讃えた。



[オフィシャル] "パンダカップの醜態"サッカー協会、公正委を開いて懲戒の有無を決定
スターニュース




※一部要約

大韓サッカー協会がパンダカップ侮辱の醜態について、公正委員会を開いて懲戒の有無を決めると明かした。

大韓サッカー協会は31日、「長らく"尊重"が最高の価値であると選手、指導者、審判および関係者にキャンペーンを展開してきた主体として、今回の状況を深刻に受け入れている」と明かした。

続けて「協会は代表の帰国後に即時、指導者や当該選手との面談を通じて、現場で事件の経緯と一人ひとりの意見を確認した。指導者と選手本人はすべて深く反省している。協会は今回の事件に関して公正委員会を開き、懲戒の有無などを決める予定である。公正委員会は6月中に開催される予定」と付け加えた。

協会は「今回の事件に関して国民に皆様や中国サッカー協会、そして成都サッカー協会に再び頭を下げ、謝罪の言葉を申し上げる。多くの方々の叱責を謙虚に受け入れ、同じことが繰り返されないように万全を期する」と繰り返し謝罪した。






今度もGKのミス…タイに敗れた開催国中国、相変わらず最下位
ベストイレブン




※一部要約

ホストとして出た中国サッカーが、ホームで辱めを受けた。

中国U-18サッカー代表は27日、中国成都で行われた2019パンダカップ・インターナショナルトーナメント大会で、タイU-18代表に0-2で敗れた。
これで中国は2日前にニュージーランドに0-2で敗れたのに続き、無得点の2連敗をおさめて4ヶ国中で最下位の席を維持した。

ディフェンディングチャンピオンでもある中国は29日夜7時、韓国との最終戦を控えている。(※3-0で韓国勝利)
だが韓国は2連勝をおさめて単独首位を走っているアジアの強豪だ。
韓国は開幕戦でタイを2-1で下したのに続き、ニュージーランドを4-0で大破して早期に優勝を確定させた。

一方、2014年に始まったパンダカップは今年で6回目の小規模トーナメントで、25日から29日までの4泊5日で中国成都で行われている。
以前とは違って今年はU-18レベルで行われている。
前の大会ではU-19代表が参加していた。
前の大会では中国が優勝した。



[現場REVIEW] "枠内シュート1本"韓国、"優勝候補"ポルトガルに0-1の惜敗
スポTVニュース




※一部要約

韓国が"優勝候補"ポルトガルに崩れた。

韓国は25日午後10時30分、ポーランドのビエルスコビャワ・スタジアムで行われた2019FIFAポーランドU-20ワールドカップF組1次戦で、ポルトガルに0-1で敗北した。
これでポルトガルはグループ1位、韓国はグループ4位で大会を始めた。


190526002420642a.jpg

190526002420642b.jpg

190526002420642c.jpg



Jリーグの2兆ウォンのジャックポット契約"ビハインドストーリー"
ベストイレブン




※一部要約

2016年、世界サッカーの主流から外れていた日本Jリーグが、グローバル市場を驚かせた。
リーグ中継権を放送局でもない、ストリーミング業者のDAZNに2100億円(約2兆1000億ウォン)に達する巨額で売ったからだ。
その背景にはスポーツマーケティング企業の"電通(Dentsu)"がいた。
電通に会い、契約の裏に隠された話と、韓国やアジア市場の未来について聞いてみた。

まず電通に馴染みの薄い読者のために、紹介からする。
電通は日本最高のスポーツマーケティング企業で、この分野のグローバルリーディングカンパニーでもある。
冒頭から電通に言及した理由はまさにこの企業が、JリーグとDAZN JAPAN(契約主体はパフォームグループ)が2兆ウォンを越える中継権契約を結ぶのに大きな役割を果たしたためである。
2014年にJリーグのマーケティング代理店となった電通は、今回のDAZNとの契約でもリーグエージェントとして関わった。
契約の内幕を知るために、ヨシヒロ・オオイ室長に会った。
そして電通がどんな企業なのか、どうやってマンモス契約を締結できたのか、さらには韓国とアジアの市場についてどう思っているのかを2時間かけて尋ねた。





ヨシヒロ・オオイ(Yoshihiro Oi)

-日本慶応大学学士
-日本中央大学大学院経営学博士
-FIFA CIES Forum日本ディレクター
-元電通アジアサッカー事業部長
-現電通グローバルサッカー事業室長



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング