選任条件に合うU-23監督候補、チェ・ヨンスとキム・ハクポム
スポーツソウル




※一部要約

プロの経験と成果、自分なりのサッカー哲学、そこに自信まで…。

キム・パンゴン代表監督選任委員会委員長はU-23代表新監督の選任基準として、様々な要件を提示した。
まずプロクラブの経験だ。
Kリーグでチームを率いて成果を上げたキャリアが必要である。
Kリーグはもちろん、短期大会のトーナメントで結果を出した指令塔は良い点数を受ける。
アジア大会、オリンピックを目標にプレーするだけに、国際大会の経験もなくてはならない。
明確な指導哲学も要求される。
自分だけの特色でチームを作るノウハウがあってこそ、短期間で組織力を備えることができるためだ。
精神的な部分も見る。
自信、愛国心、犠牲精神、情熱も評価に含まれる。
キム委員長はこの条件を基に、候補3~4人を厳選して検討してから選任作業に入る予定である。

厳しい条件だ。
国内監督の中にこれだけのキャリアを持つ指導者は多くない。
さらにキム委員長は、現役のKリーグ監督は候補から外すと釘を差した。
Kリーグ開幕が1ヶ月先に迫っている時点であり、常道に反するという考えである。
最終的には無職状態の監督を探さなければならない。



[U23] アジア大会6ヶ月前、"消防士"を見つけられるだろうか
スポーツ韓国




※一部要約

U-23サッカー代表の司令塔の席が"空席"になった。
2018インドネシア・ジャカルタアジア大会をわずか半年前にした時点である。

大韓サッカー協会は6日、「キム・ポンギル監督との契約を解除した」と公式発表した。
キム・パンゴン代表監督選任委員長は「1月に中国で開催されたAFC U-23チャンピオンシップに参加した代表の競技力などを総合的に評価した結果」と説明した。

実際、先月のキム・ポンギル号は濃い失望感だけを抱かせた。
大会の4強まで上がりはしたが、一貫して苦しい競技力に終わって批判を受けた。
結局ウズベキスタンとの4強戦に1-4で惨敗した後、カタールとの3位決定戦でも跪いて世論が沸き立った。
最終的にキム監督は就任後5ヶ月で退くことになった。

これで大韓サッカー協会は"消防士"を探さなければならない状況になった。
問題は時期だ。
アジア大会までわずか半年しか残っていない。
新たにチームを構成し、色を付けるためにはギリギリの時間である。
しかも韓国の目標は金メダルだ。
どの監督にとっても容易ではない状況である。

しかも今回のアジア大会はいつのときよりも多くの関心を集めている。
ワイルドカードで選出が有力なソン・フンミン(トッテナム・ホットスパー)の兵役免除の有無がかかっているため。
彼にとっては今大会が兵役特例の恩恵を受けられる事実上最後のチャンスだ。

もし事がこじれてしまえば、ソン・フンミンに向けられたサッカーファンの全面的な支持と同じくらいの批判世論と向き合うこともあり得る。
そのようなリスクを甘受しながらU-23代表の指揮棒を手にする誰かが現れるのかは未知数だ。



[公式発表] サッカー協会、キム・ポンギルU-23代表監督と契約解約…後任は
スターニュース




※一部要約

大韓サッカー協会がキム・ポンギル23歳以下代表監督と決別することに決めた。

6日、大韓サッカー協会によると、代表監督選任委員会(委員長キム・パンゴン)が6日に選任小委員会を開き、キム・ポンギルU-23代表監督との契約を中途解約することに決めた。
去年9月に選任されたキム・ポンギル監督の当初の任期は、8月のジャカルタアジア大会までだった。

23歳以下代表は1月27日にウズベキスタンの優勝で終わった"2018AFC U-23チャンピオンシップ"で4位に終わり、優勝に失敗した。
同時に今大会3位にまで与えられる"2020 U-23チャンピオンシップ"のトップシード権獲得も失敗に終わっていた。

一方、キム・パンゴン委員長は7日午前10時にサッカー会館2階記者室で、選任小委員会の結果と今後の監督選任に関するブリーフィングをする計画である。



[U-23レビュー] "ファン・ヒョンスPKミスキック"韓国、カタールに0-1負け…4位で終了
インターフットボール

20180126193257726.jpg


※一部要約

最終戦でも希望は見られなかった。
韓国がカタールに敗れて大会を4位で終えた。

キム・ポンギル監督が率いる大韓民国U-23代表は26日、昆山スポーツセンターで行われた2018AFC)U-23選手権3-4位決定戦でカタールに0-1で敗れた。

反転はなかった。
怒った世論を鎮めるための勝利が必要だった。
だが最終戦でも無気力な姿を繰り返した韓国は、カタールのカウンターにやられた。
その結果、大会3位までに与えられる2020東京オリンピックアジア予選のトップシードの割り当てにも失敗した。


20180126193257726a.jpg

20180126193257726b.jpg

20180126193257726c.jpg



[パク・サンギョンのJサッカー] "脱亜"を叫ぶ日サッカー、"アジア"という基本がない
スポーツ朝鮮




※一部要約

日本サッカーの今冬はひときわ寒い。

野心的に出港した"森保ジャパン"が頭を下げた。
優勝を目標に出港したAFC U-23アジアチャンピオンシップ8強戦でウズベキスタンに0対4で大敗した。
前半だけで3ゴールを許した内容や、4失点の結果ともに先月末の東アジアカップ韓国戦を思い出させる。

日本現地の雰囲気は淡々としている。
サンケイスポーツくらいが"東京オリンピック世代の屈辱的な敗北"と伝えただけで、ほとんどのメディアは試合結果を淡々と伝えた。
東アジアカップのときシン・テヨン号に1対4の惨敗を喫したハリルホジッチ監督に対しては激しい批判が出たが、すぐにおさまったのと同じような様相である。






Page Top

ブログパーツ アクセスランキング