韓日戦で成長したシン・テヨン、再び韓日戦の前に立つ
ニュース1




※一部要約

2016年1月31日。
シン・テヨン監督にとって絶対に忘れられない日だ。
当時のシン監督は、突如病状が悪化して指揮棒を下ろしたイ・グァンジョン監督の代わりにU-23代表の指令塔になり、カタール・ドーハで行われたAFC U-23チャンピオンシップに参加した。

大会はその年の夏にブラジルで開催されるリオオリンピックアジア予選を兼ねていたので、より大きな関心を集めていた。
3位まで資格が与えられていたが、準備する時間が多くなく憂慮が少なくなかったU-23代表は常勝疾走して決勝進出、早期にリオ行きを確定させた。
そして急な消防士として飛び込んだシン・テヨン監督のリーダーシップも手厚い評価を受けた。

しかし最後に冷水が浴びせられた。
1月31日に行われた大会決勝戦の結果のためだった。
最後の相手は宿敵日本だった。
最後の結実の直前で止まり、準優勝に終わったことでも惜しさが残り、よりによって相手が日本だったので余計に苦々しかったが、内容を知ればさらに虚しかった。

当時、韓国は前半20分にクォン・チャンフンの先制ゴール、そして後半2分にジン・ソンウクが追加ゴールを決めて勝機を掴んだ。
あまりにも一方的に追い詰めたので、若い選手はまるで勝ったかのように興奮したが、それが災いのもとになった。
漏れていたシャンパンに酔った韓国は、その後いつまでも取り沙汰された悲劇の主人公になった。



[A-メンバー] "早期招集"シン・テヨン号、東アジアカップメンバー発表…MVPイ・ジェソン抜擢-キム・ミンジェ復帰
インターフットボール




※一部要約

2017東アジアカップ優勝のため早期招集を選んだシン・テヨン号が、東アジアカップ出場メンバーを発表した。
KリーグMVPに輝いたイ・ジェソンが相変わらず信任を得て、負傷から回復したキム・ミンジェも復帰した。

コロンビアとセルビアとの2連戦で大反転を成し遂げたシン・テヨン号が、東アジアカップ優勝を目標に早期招集を選んだ。
シン・テヨン号は27日に蔚山で東アジアカップに出場する選手を早期招集し、組織力固めに乗り出す。

E-1カップは2003年に創設された東アジアカップの新たな名称だ。
今大会では男子代表と女子代表ともに韓国、中国、日本、北韓の4ヶ国が出場して、優勝をかけて一勝負繰り広げる。
シン・テヨン監督が率いる韓国代表は9日の中国戦を皮切りに12日に北韓戦、16日に日本戦を行う。


20171121100812847a.jpg


#シン・テヨン号、東アジアカップ出場メンバー(24人)

GK:キム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、キム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、チョ・ヒョンウ(大邱FC)

DF:チャン・ヒョンス(FC東京)、クォン・ギョンウォン(天津権健)、チョン・スンヒョン(サガン鳥栖)、キム・ジンス(全北現代)、コ・ヨハン(FCソウル)、キム・ミヌ(水原三星)、チェ・チョルスン(全北現代)、ユン・ヨンソン(尚州尚武)、キム・ミンジェ(全北現代)

MF:チョン・ウヨン(重慶力帆)、チュ・セジョン(FCソウル)、イ・ミョンジュ(FCソウル)、ユン・イルロク(FCソウル)、キム・ソンジュン(城南FC)、イ・ジェソン(全北現代)、イ・チャンミン(済州ユナイテッド)、イ・グノ(江原FC)、ヨム・ギフン(水原三星)

FW:イ・ジョンヒョプ(釜山アイパーク)、ジン・ソンウク(済州ユナイテッド)、キム・シンウク(全北現代)

待機メンバー:キム・ドンジュン(城南FC)、キム・ミンヒョク(サガン鳥栖)、キム・ヨングォン(広州恒大)、ホン・チョル(尚州尚武)、キム・テファン(尚州尚武)、イ・スンギ(全北現代)、イ・チャンドン(済州ユナイテッド)


20171121100812847b.jpg



[APBC] "実力差痛感"ソン・ドンヨル号、日本に雪辱失敗…準優勝で仕上げ
マイデイリー




※一部要約

韓国は予選で日本に喫した敗北を雪辱できなかった。

ソン・ドンヨル監督が率いる韓国野球代表は19日、東京ドームで行われた2017アジアプロ野球チャンピオンシップ(APBC)の日本との決勝戦に0-7で敗れた。
韓国は日本との予選敗北の雪辱に失敗し、準優勝で大会を終えた。


20171119220451182a.jpg

20171119220451182b.jpg

20171119220451182c.jpg



韓国、オーストラリア-シリア-ベトナムとU-23チャンピオンシップD組編成
スポータルコリア




※一部要約

キム・ボンギル監督が率いる韓国U-23代表がオーストラリア、シリア、ベトナムと同組に編成された。

AFCは2日、来年1月に中国で開催される2018AFC U-23チャンピオンシップ本戦の組み分けを行った。

去年カタールで行われた大会で準優勝を占めた監督はシードを受けた。
そして抽選の結果、オーストラリア、シリア、ベトナムを相手にすることになった。
ベトナムとは7月のU-23チャンピオンシップ予選に続いて本戦でも同組に属することになった。

U-23チャンピオンシップはオリンピックが開催される年ではオリンピック予選を兼ねる。
だが来年にオリンピックはないので、特に世界大会の予選は行われない。

韓国はキム・ボンギル監督にU-23代表の指揮棒を任せた。
キム・ボンギル監督は有能な1995年生まれ以下の選手を点検しているところである。
Kリーグの日程が終わる11月末にU-23代表メンバーを発表し、大会の準備に入るとみられる。



[オフィシャル] キム・ボンギル監督、2018アジア大会代表を率いる…オリンピック監督は未定
インターフットボール




※一部要約

かつて仁川ユナイテッドを成功裏に導いたキム・ボンギル監督が、大韓民国U-23代表監督に就任した。

大韓サッカー協会は26日、サッカー会館でキム・ホゴン技術委員長の主催で2017第7次技術委員会を開催した。
技術委はこの席で大韓民国U-23サッカー代表監督の選任と、フース・ヒディンク監督の役割について議論し、午前11時に結果ブリーフィングをした。

キム・ボンギル監督は2005年の全南ドラゴンズ首席コーチを皮切りに、2008年に仁川のコーチ陣に合流した。
その後2010年と2012年に二度の監督代行を経て、2012シーズンの途中に正式監督に選任され、優れた指導力を発揮した。

キム・ホゴン委員長は「来年アジア大会の予選が行われる。東京オリンピックもやはり23歳以下の選手が参加する。今年20歳になった選手が参加するとみられる。アジア大会とオリンピックの監督を分離して運営するだろう」と選任の背景を説明した。

続けてキム・ホゴン委員長は「アジア大会の代表を引き受ける監督には、キム・ボンギル元仁川ユナイテッド監督を選任した。キム・ボンギル監督は仁川を引き受けて指導力を発揮した。好評価を受けている。キム・ボンギルかtのクが韓国サッカーの柱になるU-23代表をしっかり導いて欲しい。東京オリンピックの監督は選任していない」と明かした。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング