[公式記者会見] 韓国戦を控えるコロンビア監督、「最高の戦力で出る」(一問一答)
インターフットボール




※一部要約

シン・テヨン監督が率いる大韓民国サッカー代表は10日、水原ワールドカップ競技場で南米の強豪コロンビアと激突する。
その後コロンビアは中国へ渡って評価試合を行い、韓国は14日に蔚山でセルビアと対決する。

評価試合を前に韓国とコロンビアが9日、試合が行われる水原ワールドカップ競技場で公式記者会見を行った。

先にコロンビアのホセ・ペケルマン監督は「今年の親善試合はアフリカ、ヨーロッパ、アジアのチームと試合をした。様々な大陸、国と試合をすることが助けになると判断し、ワールドカップの準備のために必要だ。特に今回の11月のAマッチで韓国・中国と評価試合をする理由は、アジアサッカーをきちんと知りたかったためである」と所感を明かした。

2018ロシアワールドカップ本戦進出に成功したコロンビアは、FIFAランキング13位を誇る南米の強豪である。
今回の韓国戦でもハメス・ロドリゲス、フアン・クアドラード、カルロス・バッカら世界的選手を招集し、ワールドカップ本戦の準備のため総力戦を予告した。






"ファルカオの空白なし"コロンビア、"バッカ-ハメス"で満たす
スポーツソウル




※一部要約

大韓民国サッカー代表の警戒対象が多くなった。
エースのラダメル・ファルカオが負傷で抜けたが、コロンビアは何の心配もない。
錚々たるFWがファルカオの空席を満たす。

韓国とコロンビアは10日、水原ワールドカップ競技場で評価試合を行う。
コロンビアは評価試合を控え、主戦級選手を大挙招集した。
ファルカオが負傷で抜けた中、ハメス・ロドリゲス、フアン・クアドラードらが名前を上げた。

コンディションの良いファルカオの招集メンバー除外は明らかに残念だが、代わりにコロンビアは他の選手でその空白を最小化する計画である。
コロンビアメディア"asコロンビア"は8日、「ファルカオは抜けたが代表は何の問題もない。カルロス・バッカ、ドゥバン・サパタ、ミゲル・ボルハという代替者らがいる」と報じた。
ファルカオ級ではないが、十分な戦力を設けたというのが現地の反応だ。

何よりもロドリゲスの存在も大きな関心である。
ロドリゲスはAマッチ51試合に出場して21ゴール14アシストを記録している。
このメディアは「ハメスはコロンビアのすべてのFWと合わせてことがある。"ファルス9(※偽の9番)"でも良い姿を見せた」と期待感をあらわした。

ファルカオはいないがロドリゲス、バッカら空席を満たす選手は多い。
シン・テヨン号がコロンビア相手にどのような姿を見せるのか期待が集まっている。



韓国サッカーが"ポゼッションの罠"から脱却するには
韓国日報




※一部要約

キム・ハクボム元城南FC監督の携帯電話は365日のうち300日はオフにしている。
主に外国にいるためである。
彼は無名選手出身だが、指導者としては韓国最高の知略家の1人に挙げられる。
ニックネームもアレックス・ファーガソン元マンチェスター・ユナイテッド監督を当てつけた"ハクボムソン"だ。
"研究する指令塔"でもある。
プロ監督だったときも、シーズン後の年末にはいつもヨーロッパや南米に行っていた。
他の人々が休暇を楽しんでいるときは、自ら車を運転してプロの試合と練習場を訪れた。
"在野の人"のときは言うまでもない。
ユースの練習プログラムまで調べないと気がすまない。

去年9月に城南の指揮棒を下ろしたキム元監督は、その年の12月からスペインに一ヶ月以上いた。
今年始めにしばらく帰国し、再びブラジルとアルゼンチンに発ち、二ヶ月半以上留まって6月に帰ってきた。
12日にソウルのあるコーヒーショップで会った彼の顔は日焼けしていた。






[U-20現場レビュー] ウルグアイ、PK戦の末にポルトガルを下して4強進出・・・ベネズエラと対決
インターフットボール

20170604210232737.jpg


※一部要約

ウルグアイがPK戦の末に開催国の大韓民国を下したポルトガルを制圧し、4強進出に成功した。

ウルグアイは4日、大田ワールドカップ競技場で行われたFIFA U-20ワールドカップコリア2017 8強戦で、ポルトガルに2-2の引き分けの後のPK戦の末、5-4で勝利をおさめた。
これでウルグアイは4強進出に成功し、アメリカを倒して上ってきたベネズエラと6月8日に大田で対決する。


20170604210232737a.jpg

20170604210232737b.jpg

20170604210232737c.jpg



[サッカー] ウルグアイ監督「韓国が会うアルゼンチン、私たちと似たスタイル」
ニュース1




※一部要約

シン・テヨン号は11日午後、清州総合運動場で行われたウルグアイU-20代表との評価試合で、前半39分に出たイ・スンウの先制ゴールと、終了直前のカン・ジフンの追加ゴールで2-0の勝利をおさめた。

ウルグアイは強豪がひしめく南米予選を1位で通過したチームである。
客観的戦力で優勝圏に近いという評価を受けている。
そのようなチームを相手に無失点の勝利をおさめたというのは、かなり鼓舞的なことだ。
弱点と指摘されていた守備の方で相変わらず不安な姿を見せたというのは惜しかったが、2-0は自信を持てる結果である。

ウルグアイ代表を率いるファビアン・コイト監督は、韓国の戦力に拍手を送った。
コイト監督は試合後の公式記者会見で「韓国の速いリズムに私も驚いたし、私たちの選手も驚いただろう」と讃えた。

続けて「私たちは数日前まで中国で練習をして、一昨日韓国に入ってきた。コンディションは良くない」として、「コンディションを上げなければならないので、この試合はかなり重要だった。これから大会が開幕する前までにコンディションを調整するだろう」と計画を伝えた。

コイト監督は「韓国の戦力を見ると、十分に好成績をおさめられると思う。攻撃のリズムがとても良い。攻撃の切り替えも速い」として、「韓国が本戦で会うアルゼンチンは私たちとスタイルが似ている。守備は安定的だが、攻撃は爆発的だ」という言葉でヒントを投げかけて善戦を祈った。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング