[インタビュー] MLS副社長が明かした"産業的成功"の秘訣
フットボールリスト




※一部要約

2015年のリーグ平均観客21574人。
メジャーリーグサッカー(MLS)はサッカー不毛の地と呼ばれたアメリカのスポーツ産業の地図を変えていっている。

MLSは1993年12月に創立され、準備期間を経て1996年に最初のシーズンを始めて2015年に20周年を迎えた。
MLSは比較的サッカー人気の低かったアメリカのプロスポーツ市場で急成長の勢いを見せている。
去年の平均観客21574人はNFL、MLBに次いで三番目に多い数字である。

MLSは興行と商業的成功という二兎を同時に追っている。
世界的なスターを自分たちのシステムに無理なく定着させることに成功し、ヨーロッパサッカーにはないプレーオフとドラフトでアメリカ人の関心を掴んだ。

(※1月)22日、MLSの消費者製品上級副社長のマリベス・タワーズに会った。
タワーズ副社長はこの日の午後、ソウルのインペリアル・パレスホテルで行われた"The Next Sport Agenda II"の講演のため、初めて韓国を訪れた。
タワーズ副社長はワーナー・ブラザース、フォックス・キッズなどでライセンシング、マーチャンダイジング関連業務まで遂行した、この分野の専門家である。
タワーズ副社長からMLS成長の背景や今後の目標を聞いてみた。


─最近MLSの産業的成功が目立っている。

そうだ。
あらゆる分野で大きな成長を遂げている。
MLSはアメリカの他のスポーツのリーグと比較して、とても若いリーグだ。
今ちょうど20年になった。
最近の3~4年間で成し遂げた成長は大きかった。
入場収入と各クラブの価値の面で、非常に肯定的な成長の勢いを見せている。
中継権の市場もやはり、去年に新たな契約を結んで大きく成長した。


─去年、平均観客が2万人を越えた。その要因は何なのか?

2015年のリーグ平均観客21574人だった。
前年比で13%増加した数値で、新記録である。
今のMLSは転換点にあると思う。
MLSの核心観客は18~34歳の若年層だ。
実際にサッカーをしながら育った世代で、彼らの子供もやはりサッカーをしている。
実際にサッカーを楽しんだ彼らが、自然とファン層に吸収されたと見ることができる。
特に女性観客がそうである。
MLSの女性観客はほとんどが、若い頃にサッカーをしてきた人々だ。
他のスポーツのリーグとは差別化される部分である。
また調査の結果、熱狂的な競技場の雰囲気が、ファンを競技場に再訪させる要因となっている。
韓国と同様に、MLSはサポーターズグループが存在する。
試合毎にとても熱狂的な応援の雰囲気を主導しているが、その雰囲気を楽しむために競技場を訪れるファンが多い。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング