警察、ユン・ギウォン死亡事件の捜査終結・・・「八百長・組織暴力介入の容疑見つからず」
ノーカットニュース

20170213162304.jpg


※一部要約

2011年に亡くなったサッカー選手ユン・ギウォン(当時24歳)の死亡に関して、八百長と組織暴力関与説などに基づいて捜査をしていた警察が、特異点を見つけられずに捜査を終結した。

13日、ソウル瑞草警察署によると、警察は去年2月からユン・ギウォン死亡事件について再捜査を行っていたが、八百長加担の容疑と組織暴力団に脅迫されたという容疑に関してどのような証拠も見つけられなかった。

仁川ユナイテッド所属として活躍していたGKユン・ギウォンは、2011年5月に京釜高速道路下り線にある出会いの広場サービスエリアの駐車場で死亡しているのが発見された。
当時、自身は車両の運転席に座っていて、助手席には燃焼しかけの練炭が残っていた。
遺書はなく現金100万ウォン余りが入った封筒が発見された。

他殺の痕跡は発見されず、国立科学捜査研究所の解剖検査の結果もやはり一酸化炭素中毒による窒息死と判明した。

だが遺族の考えは違った。
ユン・ギウォンの母親は「いつもよく笑っていて前向きな子供だった。自殺する理由がない」と打ち明け、目撃者の陳述を公開して「組織暴力団の脅迫による死」と打ち明けた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング