黄色いリボン・沈黙応援、Kリーグファンがセウォル号惨事の3周忌で追慕
ジョイニュース24




※一部要約

Kリーグは変わることなくセウォル号惨事を忘れてなかった。

16日、蔚山文殊サッカー競技場、KEBハナ銀行2017Kリーグクラシック6ラウンドの蔚山現代-FCソウルの対決は、沈黙の中で始まった。

この日はセウォル号惨事の3周忌だった。
各種追慕イベントが15~16日に行われた中、文殊サッカー競技場では前半開始後の9分間、静かな雰囲気で試合が行われた。
行方不明者9人のための沈黙応援だった。
両クラブのファンが合意の下で応援しなかった。

観客席にはセウォル号を追慕する黄色いリボンが掲げられていた。
売る団ファンは"リメンバー(REMEMBER)2014・04・16"という横断幕と手すりに黄色の帯をかけていた。
観客席の一部も黄色いリボンで覆われた。

全州総合競技場で行われれた全北現代-尚州尚武戦では、惨事の日のために前半開始後4分16秒間応援しなかった。
特別な檄文は飾られなかったが、それ自体でも追慕の意味があった。

水原三星ファンは水原ワールドカップ競技場で行われた光州FC戦で、"忘れることは、失うということ2014・04・16"を通じてセウォル号の惨事を忘れないようにしようというメッセージを伝えた。

済州ワールドカップ競技場で開かれた済州ユナイテッド-江原FC戦を応援する両チームのファンも、沈黙応援に同調するなど、自発的に追慕した。
"あなたと私、そして私たちのセウォル号"という横断幕がかかった。
韓国プロサッカー連盟の関係者は「特別な追慕イベントの指針を下したことはなかった」と伝えた。
ファンが自発的に追慕したという意味である。



警察、ユン・ギウォン死亡事件の捜査終結・・・「八百長・組織暴力介入の容疑見つからず」
ノーカットニュース

20170213162304.jpg


※一部要約

2011年に亡くなったサッカー選手ユン・ギウォン(当時24歳)の死亡に関して、八百長と組織暴力関与説などに基づいて捜査をしていた警察が、特異点を見つけられずに捜査を終結した。

13日、ソウル瑞草警察署によると、警察は去年2月からユン・ギウォン死亡事件について再捜査を行っていたが、八百長加担の容疑と組織暴力団に脅迫されたという容疑に関してどのような証拠も見つけられなかった。

仁川ユナイテッド所属として活躍していたGKユン・ギウォンは、2011年5月に京釜高速道路下り線にある出会いの広場サービスエリアの駐車場で死亡しているのが発見された。
当時、自身は車両の運転席に座っていて、助手席には燃焼しかけの練炭が残っていた。
遺書はなく現金100万ウォン余りが入った封筒が発見された。

他殺の痕跡は発見されず、国立科学捜査研究所の解剖検査の結果もやはり一酸化炭素中毒による窒息死と判明した。

だが遺族の考えは違った。
ユン・ギウォンの母親は「いつもよく笑っていて前向きな子供だった。自殺する理由がない」と打ち明け、目撃者の陳述を公開して「組織暴力団の脅迫による死」と打ち明けた。



Page Top

ブログパーツ アクセスランキング